ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

背中

索引 背中

ヒトの背中のイラスト 背中(せなか、back)とは、背の中央広辞苑 「せなか 背中」。 人間(ヒト)の背の中央あたり。頸部の下あたりから胴のくびれあたりまで。動物の体の地面に面している側(腹)の反対側を「背」と言うが、その面の中央あたり。.

46 関係: おんぶ坂下門外の変威嚇婚姻色安藤信正居合道人間広背筋後背位保護色僧帽筋リュックサックヒトティー (球技)フェンシングドライバーアルマジロウェヌスのえくぼオポッサムコモリグモゴルフサソリ哺乳類動物甲羅騎士道警告色背負子背泳ぎ走幅跳肩甲骨肋骨脊椎膵癌膵臓腋の下椅子武士道昆虫標本

おんぶ

おんぶ(負んぶ)は、一人の人物をもう一人の人物が背中に担ぐ行為。育児や遊戯、歩行に支障がある人の移動などで行われる。通常は背負う側が両手を後ろに回し、背負われる側の腰のやや前方を両手で持って体重を支えるが今泉吉晴 「 」 - 『幼児の教育』、お茶の水女子大学, 1978、2018年3月17日閲覧。、おんぶしながら両手を自由にするために「おぶい紐」などの補助具を用いる場合もある 毛利子来、山田真『育児辞典 暮らし編』岩波書店 2007年 第2刷、ISBN 9784000098779 pp.112-113.

新しい!!: 背中とおんぶ · 続きを見る »

坂下門外の変

坂下門外の変(さかしたもんがいのへん)は、文久2年1月15日(1862年2月13日)に、江戸城坂下門外にて、尊攘派の水戸浪士6人が老中安藤信正(磐城平藩主)を襲撃し、負傷させた事件。.

新しい!!: 背中と坂下門外の変 · 続きを見る »

威嚇

威嚇(いかく)は、実際の攻撃ではなく、それに似た姿や様子を見せることで対象を脅かすことである。往々にして自らの身を守るために自らの力を誇示する行為である。しかし、攻撃の糸口として威嚇が使われる場合もある。 カタツムリやカメにみられるような専守防衛とは違い、攻撃的な防衛手段としてしられる。.

新しい!!: 背中と威嚇 · 続きを見る »

婚姻色

婚姻色(こんいんしょく、米:Breeding color)とは魚類や両生類、爬虫類などの一部の動物種で繁殖期に現れる平常時とは異なった体色や斑紋である。これは雌雄ほぼ同じ形に表れるものもあるが、別の形で現れる例が多く、性的二形の例である。あるいは片方だけに顕著な例もある。これらは異性の識別や性行動の触発に役立つとされる。特に雄がディスプレイをする種では雄に派手な例が多い。.

新しい!!: 背中と婚姻色 · 続きを見る »

安藤信正

安藤 信正(あんどう のぶまさ)は、陸奥磐城平藩の第5代藩主。安藤家第10代。幕末に若年寄、次いで老中を務めた。磐城平藩第4代藩主安藤信由の長男。母は大河内松平信明の娘。幼名は欽之進、後に欽之介。元服時の初名は信睦(のぶゆき)、老中在職中に信行(のぶゆき)、さらに信正へ改名している。.

新しい!!: 背中と安藤信正 · 続きを見る »

尻、臀(しり、buttocks)とは、一般に四足動物(とくに哺乳類)における胴の後方(ヒトのような直立動物においては下後方)、肛門周囲の部位のこと。臀部(でんぶ)。 位置としては骨盤の後方にあたり、大腿部を支える筋肉などが集中するため、筋肉質に盛り上がる。ヒトの場合、直立姿勢の関係から、背面が平らになっているため、この部分だけが後方に突き出し、なお目立つ部分となっている。 鳥類における尾羽部分または尾羽が生えている部分を尻と称することもある。昆虫類においても、胴の最後部を尻と呼ぶことがある。トカゲのような爬虫類においては、肛門周囲ではあっても尻とは通常は呼ばない。しかし、その尾を尻尾(しっぽ)と称する。食肉としてはイチボとランプが尻の肉に相当する。 俗に「けつ」、「おかま」、「おいど」、「いしき」、「アナル」と呼ばれることがある。古語では「いさらい」、「ゐさらひ」、「いざらい」とも表記する。丁寧語では「お尻」または「おけつ」。盛り上がったやや平坦な部分を「尻っぺた」や「けつっぺた」とも呼ぶ。排泄や性にまつわる部位であることなどから、世界各国においてさまざまな隠語・俗語がある。.

新しい!!: 背中と尻 · 続きを見る »

居合道

居合道(いあいどう)とは、古武道の抜刀術(居合術)を現代武道化したものである。.

新しい!!: 背中と居合道 · 続きを見る »

人間

人間(にんげん、英: human beingジーニアス和英辞典「人間」)とは、以下の概念を指す。.

新しい!!: 背中と人間 · 続きを見る »

広背筋

広背筋(こうはいきん)は、背部の筋肉の棘腕筋のうち、下方に三角形をなす筋肉である。 第5胸椎(Th5)~第5腰椎(L5)の棘突起、仙骨、腸骨稜、第9~12肋骨を起始とし、下部から上外側方、上部から水平に外側方に向かって走り、上腕骨の上部小結節稜に付着する。.

新しい!!: 背中と広背筋 · 続きを見る »

後背位

後背位(こうはいい)とは性交体位の一種である。.

新しい!!: 背中と後背位 · 続きを見る »

保護色

海底の砂利の上を泳ぐヒラメ。 保護色(ほごしょく)とは、体色及び模様に見られる適応である。生物が体の色によって、背景と見分けがつきにくくなっている場合に、その体色のことを言う。.

新しい!!: 背中と保護色 · 続きを見る »

僧帽筋

僧帽筋(そうぼうきん、trapezius (muscle))は人間の背中の一番表層にある筋肉である。 英名は「台形」を意味する語に由来し、首、左右の肩、第十二胸椎がつくる四角形から命名されたものである。和名はカトリック教会の一派であるカプチン会修道士のフードに見立てたことによる。オランダ語のMonnikskapspierと同じ語源である。 肩と首の間をさわりながら正面で片手や両手でおもりを持つ事により、僧帽筋が動くことを感じることが出来る 僧帽筋の起始は外後頭隆起から正中を下に下りるように、項靱帯、上項線、第七~第十二胸椎まで続き、停止は鎖骨の外側1/3、肩峰、肩甲骨の肩甲棘である。筋線維は首からの物は下に走り、その後腕の方に向かって横に走る。背中からの物は逆に上に走り同じように腕の方に向かう。筋繊維が異なった方向に走行しているので、多くの動作が可能になっている。 上方の筋線維は肩甲骨を持ち上げ、中間付近の筋線維は内側に引っ張り、下方の筋線維は下に下げ、上方と下方の筋線維が両方収縮するときは回転させる。 支配神経は副神経であり、知覚は頸神経第三枝、第四枝が司る。 スポーツ選手のドーピング問題に関して、アナボリックステロイドの影響が大きく表れる箇所として僧帽筋が挙げられる。僧帽筋が異常に発達している選手には、ステロイド使用の可能性が考えられる。.

新しい!!: 背中と僧帽筋 · 続きを見る »

リュックサック

ドイター製リュックサック リュックサック(、、:背に負う袋の意)は、荷物を入れて担ぐための袋である。登山、軍事などその用途は広く日常生活でもよく用いられる。そのため様々な呼ばれ方をする。背嚢(はいのう)、リュック、ザック()、バックパック()、ナップサック()などがある。.

新しい!!: 背中とリュックサック · 続きを見る »

ヒト

ヒト(人、英: human)とは、広義にはヒト亜族(Hominina)に属する動物の総称であり、狭義には現生の(現在生きている)人類(学名: )を指す岩波 生物学辞典 第四版 p.1158 ヒト。 「ヒト」はいわゆる「人間」の生物学上の標準和名である。生物学上の種としての存在を指す場合には、カタカナを用いて、こう表記することが多い。 本記事では、ヒトの生物学的側面について述べる。現生の人類(狭義のヒト)に重きを置いて説明するが、その説明にあたって広義のヒトにも言及する。 なお、化石人類を含めた広義のヒトについてはヒト亜族も参照のこと。ヒトの進化については「人類の進化」および「古人類学」の項目を参照のこと。 ヒトの分布図.

新しい!!: 背中とヒト · 続きを見る »

ティー (球技)

ティー (tee) は、球技で、ボールを載せて、打ち(あるいは蹴り)やすくする用具。 ゴルフ、ティーボール、アメリカンフットボールなど、様々な競技で使う。.

新しい!!: 背中とティー (球技) · 続きを見る »

フェンシング

フェンシング(fencing)は、ヨーロッパで発祥した剣を用いるスポーツ競技である。.

新しい!!: 背中とフェンシング · 続きを見る »

ドライバー

ドライバー、ドライバとは.

新しい!!: 背中とドライバー · 続きを見る »

アルマジロ

アルマジロ(Armadillo)は、哺乳綱異節上目被甲目(Cingulata)に属する動物の総称。アルマジロ科(Dasypodidae)のみが現生する。.

新しい!!: 背中とアルマジロ · 続きを見る »

ウェヌスのえくぼ

ウェヌスのえくぼ(dimples of Venus あるいは Venusian dimples)は、人体の背面下部、のちょうど上にしばしば見られる、矢状面に対照的なくぼみ。これらは骨盤の仙骨と腸骨が連結する、1対の仙腸関節のちょうど外(浅部)にあたる。 「ウェヌスのえくぼ」(dimples of Venus)という名称は、正式な用語ではないながら、仙腸関節の浅部にあたる部位の形状を指すものとして医療従事者の間で歴史的に受け容れられてきた。ラテン語名では fossae lumbales laterales(腰椎の横のくぼみ)と呼ばれ、英語ではほかに back dimples, butt dimplesなどとも呼ばれる。これらのくぼみは、と皮膚のあいだに伸びている短い靱帯によってつくられている。これらは遺伝によると考えられている。 この部位には、ほかにのような、表面の皮膚までの別の靱帯があるが、これらは、胸部の中にあったり、そして胸筋の主な筋膜と皮膚のあいだに見出される。 外科解剖学においては、「ウェヌスのえくぼ」(Dimple of Venus)という用語に別の用法がある。仙骨後面に対照的にある1対のくぼみを指すもので、ここには静脈道も含まれる。この「ウェヌスのえくぼ」は、仙骨の上部の関節面をさがすための目印として利用されており、脊柱の外科手術において仙骨椎弓根スクリューを取り付けるガイドの役割を果たす。 「ウェヌスのえくぼ」は、その名がローマ神話の美の女神であるウェヌスに由来することに示されるように、美のしるしであるとしばしば信じられている。.

新しい!!: 背中とウェヌスのえくぼ · 続きを見る »

オポッサム

タオポッサムのイラスト オポッサム は、有袋類オポッサム目オポッサム科の総称である。1目1科。アメリカ大陸に分布する。オーストラリアでは、双前歯目のポッサムのことをオポッサムということがある。.

新しい!!: 背中とオポッサム · 続きを見る »

コモリグモ

モリグモ(子守蜘蛛)は、クモ綱クモ目コモリグモ科 に属するクモの総称である。雌親が卵と幼虫を腹部で保護する習性があることから、この名がある。.

新しい!!: 背中とコモリグモ · 続きを見る »

ゴルフ

ルフのフルスイング ゴルフ(スコットランド語: Gowf, 英語: Golf)は、コース(Course)においてクラブ(Club)といわれる道具で静止したボール(Ball)を打ち、ホール(Hole、カップとも)と呼ばれる穴にいかに少ない打数で入れられるかを競う球技の一種。一人で行う競技であり、対戦はコンペティティブ・ペーシェンスとして行われスコアで比較される。 スポーツとして広く親しまれているが、一般人によるプレイはレジャーとして位置付けられる場合が多い。漢字では孔球と表記される。.

新しい!!: 背中とゴルフ · 続きを見る »

サソリ

リ(蠍、蝎)は、節足動物門鋏角亜門クモ綱サソリ目 Scorpiones に属する動物の総称である。前に鋏、尾に毒針を持つが、命にかかわる毒を持つものはごく一部の種類である。 少なくとも4億3千万年以上前から存在したことが確認されており、現存する陸上生活史を持つ節足動物としては世界最古にあたる(ただし初期のサソリは水生動物であり、陸上進出自体はヤスデに後れをとった)。.

新しい!!: 背中とサソリ · 続きを見る »

哺乳類

哺乳類(ほにゅうるい、英語:Mammals, /ˈmam(ə)l/、 学名:)は、脊椎動物に分類される生物群である。分類階級は哺乳綱(ほにゅうこう)とされる。 基本的に有性生殖を行い、現存する多くの種が胎生で、乳で子を育てるのが特徴である。ヒトは哺乳綱の中の霊長目ヒト科ヒト属に分類される。 哺乳類に属する動物の種の数は、研究者によって変動するが、おおむね4,300から4,600ほどであり、脊索動物門の約10%、広義の動物界の約0.4%にあたる。 日本およびその近海には、外来種も含め、約170種が生息する(日本の哺乳類一覧、Ohdachi, S. D., Y. Ishibashi, M. A. Iwasa, and T. Saitoh eds.

新しい!!: 背中と哺乳類 · 続きを見る »

動物

動物(どうぶつ、羅: Animalia、単数: Animal)とは、.

新しい!!: 背中と動物 · 続きを見る »

甲羅

羅(こうら)とは、多くの動物グループに見られる背側の外骨格または殻状の部位である。カラパス。背部に持つことを強調して背甲(はいこう)とも。カメは腹甲もある。.

新しい!!: 背中と甲羅 · 続きを見る »

くび(首、頸, neck)とは頸部(けいぶ)、すなわち、人体において頭(頭部)と胴体をつなぐ部位である。 日本語ではまた、頭部そのものを指す場合もある。.

新しい!!: 背中と首 · 続きを見る »

騎士道

岐路に立つ騎士(ヴィクトル・ヴァスネツォフ画、1878) 16世紀ごろの西洋鎧と馬鎧 メトロポリタン美術館展示品 騎士の叙任(エドモンド・レイトン画、1901) 騎士道(きしどう、)は、ヨーロッパで成立した騎士階級の行動規範。.

新しい!!: 背中と騎士道 · 続きを見る »

警告色

警戒色の例(ナナホシテントウ ''Coccinella septempunctata'') 警告色(けいこくしょく、Warning colouration)は、生物がもつ派手な体色のことをいう。警戒色、危険色とも言う。主に有毒の生物に見られる色彩であり、捕食者など自分に害を及ぼす他の生物に対する警告の役目を担う。動物、植物を問わず、さらには人間の社会生活にまで広く応用されている。.

新しい!!: 背中と警告色 · 続きを見る »

背(せ).

新しい!!: 背中と背 · 続きを見る »

背負子

背負子を背負う富士山の山小屋の従業員 背負子(しょいこ)とは、荷物を括りつけて背負って運搬するための枠からなる運搬具『絵引 民具の事典』p.353。。梯子状であることから「背負い梯子」とも呼ばれ、呼称にはしょいわく、おいこ、せいたなどがある。キャリーボーンもほぼ同様の構造のものである。 山村における薪の運送など、自動車による輸送が普及するまで、主に長距離を運搬するための道具として用いられた。 木・竹やアルミニウムなどを用いた左右の縦棒に結合した枠に繊維や皮製の背負縄を取り付け、使用するたびに背当てを当てて用いる。背当てが背負子にあらじめ取り付けられていることもある。比較的重い荷物を背中に背負って運ぶために用いるもので、同様の運搬具には背負籠や背負縄がある。 一般には左右両方に背負縄があるが、一本の背負縄で胸から掛けて用いるものもある。 背負子は荷物を木枠にくくりつけて用いるものであるが、木枠の下部に爪と呼ばれる荷台があるものとないものとがある。 近年災害時の要救助者移送に背負子を活用する動きがあり、避難用に特化した背負子式避難器具の開発も行われている。.

新しい!!: 背中と背負子 · 続きを見る »

背泳ぎ

背泳ぎ(せおよぎ、backstroke)は、水泳で、仰向けの姿勢で泳ぐ泳ぎ方である。「背泳」(はいえい)とも呼ばれる。.

新しい!!: 背中と背泳ぎ · 続きを見る »

走幅跳

走幅跳(はしりはばとび)は、陸上競技の跳躍競技に属する種目で、助走をつけて遠くへ跳ぶ能力を競う競技。 サムネイル.

新しい!!: 背中と走幅跳 · 続きを見る »

肩(かた、英:shoulder)とは、.

新しい!!: 背中と肩 · 続きを見る »

肩甲骨

肩甲骨(けんこうこつ、英名: shoulder blade、羅名: scapula、pl.

新しい!!: 背中と肩甲骨 · 続きを見る »

肋骨

肋骨(ろっこつ)は、胸部内臓を覆う骨である。あばら骨とも言い、脊椎から内臓を取り囲む形で付いている。ほとんどの脊椎動物には肋骨があり、外界からの衝撃から内臓を保護する役割を果たしている。.

新しい!!: 背中と肋骨 · 続きを見る »

脊椎

脊椎(せきつい)は一般的に背骨といわれている部分を指す。動物の身体を重力から支える役割を持っている。動物を脊椎の有無によってヒトを含む脊椎動物と無脊椎動物に分けることは古くから行われてきたが、実際には脊椎を持つ脊椎動物は動物全体の中の一つの亜門にすぎない。.

新しい!!: 背中と脊椎 · 続きを見る »

腋、脇(わき).

新しい!!: 背中と脇 · 続きを見る »

膵癌

膵癌(すいがん、Pancreatic cancer)は、膵臓から発生した癌腫。膵臓癌(すいぞうがん)とも呼ぶ。早期発見が非常に困難な上に進行が早く、きわめて予後は悪い。このため、「膵臓癌は見つかった時点で手遅れ」とも言われる。 膵臓の位置。膵頭部に総胆管が走行しており、これが癌に巻き込まれると黄疸が出現する。.

新しい!!: 背中と膵癌 · 続きを見る »

膵臓

膵臓(すいぞう、pancreas)は、脊椎動物の器官のひとつで、膵液と呼ばれる消化酵素を含む液体を分泌し、それを消化管に送り込む外分泌腺である。 また、魚類以外の脊椎動物の膵臓の中には、ランゲルハンス島(らんげるはんすとう)と呼ばれる球状の小さな細胞の集塊が無数に散らばっている。ランゲルハンス島は、1個1個が微小な臓器と考えられ、インスリン、グルカゴンなどのホルモンを血液中に分泌する内分泌腺である。なお、魚類のランゲルハンス島は膵臓ではなく肝臓近辺に散在する。 したがって膵臓全体として見ると、両生類以上の脊椎動物の膵臓は、2つの機能を持つといえる。.

新しい!!: 背中と膵臓 · 続きを見る »

腰(こし)とは、大まかな意味では脊柱の下部から骨盤までを指すが、解剖学的には腰椎周囲の背部を指す。側腹筋・後腹筋などの腹筋群、浅背筋・深背筋など背筋群や腱膜が重なり合うことで強固な筋肉機構を作り上げており、体幹の屈曲・伸展・回旋等に非常に重要な役割を持つ。英語のwaistからウエストとも言う。.

新しい!!: 背中と腰 · 続きを見る »

腕(うで、かいな)とは、人間の肩から手までの部分のこと。 人間の腕は医学的には、上肢(じょうし)と呼ばれる事が多い。腕は肘を境に、肩に近い方を上腕(じょうわん)、手の方を前腕(ぜんわん)という。.

新しい!!: 背中と腕 · 続きを見る »

腋の下

腋の下、脇の下(わきのした、axilla)は、人体の部位の一つ。単に腋、脇(わき)とも呼ばれる。.

新しい!!: 背中と腋の下 · 続きを見る »

椅子

椅子(いす、seat)とは、こしかけるために作られたものや、こしかけるために使われているものOxford Dictionary, "seat".

新しい!!: 背中と椅子 · 続きを見る »

武士道

武州忍藩士・吉田庸徳(慶応4年(1868年)、下岡蓮杖撮影) 武士道(ぶしどう)は、日本の近世以降の封建社会における武士階級の倫理・道徳規範及び価値基準の根本をなす、体系化された思想一般をさし、広義には日本独自の常識的な考え方をさす。これといった厳密な定義は存在せず、時代は同じでも人により解釈は大きく異なる。また武士におけるルールブック的位置ではない思想である。一口に武士道と言っても千差万別であり、全く異なる部分が見られる。.

新しい!!: 背中と武士道 · 続きを見る »

昆虫標本

昆虫標本(こんちゅうひょうほん)とは、昆虫採集などによって得られた昆虫を研究、特に分類学的研究に耐えるよう保存処置をした標本である。昆虫は外骨格が発達しており、乾燥させるだけで数百年以上研究の実用に耐える保存性を示すので乾燥標本とすることが多い。また、この処理で色が変わらないものも多く、観賞性にも優れているため、鑑賞目的に作られることも多い。.

新しい!!: 背中と昆虫標本 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

背面

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »