ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

羅針図

索引 羅針図

Pedro Reinel (1504) の古い海図にある羅針図 羅針図(らしんず)またはコンパスローズ(compass rose、コンパス図とも)とは、地図や海図に東西南北の方位を示すために置かれる図形である。また、古い方位磁針(羅針盤)の文字盤の目盛付きの模様も意味する。羅針図の考え方は今日のあらゆる航行システムに取り入れられており、海図、無指向性無線標識(NDB)、超短波全方向式無線標識(VOR)、グローバル・ポジショニング・システム(GPS) といった機器や装置に見られる。方位磁針が考案されたのは11世紀だが、それ以前にも羅針図に相当する方位を示すものとしてウィンドローズがあり、風の吹いてくる方向を方位に対応させたものだったDan Reboussin (2005).

23 関係: 十字架中世地図北磁極北極点フルール・ド・リスフロリダ大学アネモイアメリカ気象学会アラブ人アングリカン・コミュニオンエルサレムエドワーズ空軍基地グラード (単位)グローバル・ポジショニング・システム真北無指向性無線標識風配図超短波全方向式無線標識海図方位方位磁針

十字架

ラテン十字 ギリシャ十字 十字架(じゅうじか)はイエス・キリストが磔刑に処されたときの刑具と伝えられ、主要なキリスト教教派が、最も重要な宗教的象徴とするもの。イエスの十字架を象り、立体のものを作ったり画布や板に描いたものを崇敬の対象とする。また、祈祷の一部として手で自分の胸に画いたり、相手の頭上に画いたりする。.

新しい!!: 羅針図と十字架 · 続きを見る »

中世

中世(ちゅうせい、英語:middle ages)は、狭義には西洋史の時代区分の一つで、古代よりも後、近代または近世よりも前の時代を指す。17世紀初頭の西洋では中世の観念が早くも定着していたと見られ、文献上の初見は1610年代にまでさかのぼる。 また、広義には、西洋史における中世の類推から、他地域のある時代を「中世」と呼ぶ。 ただし、あくまでも類推であって、西洋史における中世と同じ年代を指すとは限らないし、「中世」という時代区分を用いない分野のことも多い。 また、西洋では「中世」という用語を専ら西洋史における時代区分として使用する。 例えば英語では日本史における「中世」を通常は「feudal Japan」(封建日本)や「medieval Japan」(中世日本)とする。.

新しい!!: 羅針図と中世 · 続きを見る »

地図

地図(ちず、英:mapブリタニカ百科事典「地図」 マップ、chart チャート)とは、地球表面の一部または全部を縮小あるいは変形し、記号・文字などを用いて表した図。.

新しい!!: 羅針図と地図 · 続きを見る »

北(きた)は、地表に沿って北極点に向かう方位。天の北極を鉛直に下ろして水平面と交わる方位。東西が相対的な位置関係にあるのに対して南北は絶対的な位置関係にある。.

新しい!!: 羅針図と北 · 続きを見る »

北磁極

北磁極(ほくじきょく、英: North Magnetic Pole)とは、天体の北半球の地表面で、磁力線の方向が鉛直になっている地点である。磁北極(じほっきょく)ともいう。以下、特に断らない限り、地球の北磁極について述べる。.

新しい!!: 羅針図と北磁極 · 続きを見る »

北極点

北極点(ほっきょくてん、)とは、自転する天体の最北端、北緯90°の地点のことである。自転軸と天体表面が交差する2点のうち1つである。以下、特に断らないかぎり地球の北極点について述べる。 北極点は、歴史時代においては北極海の氷上に位置しており、現在においてはカフェクルベン島の北713.5kmの海上(氷上)とされている(北極点に一番近い陸地については地球最北の陸地を参照のこと)。 テラのMODISから観測した北極点.

新しい!!: 羅針図と北極点 · 続きを見る »

フルール・ド・リス

フルール・ド・リス(仏語:fleur-de-lis もしくは fleur-de-lys)は、アヤメ(アイリス)の花を様式化した意匠を指し、特に紋章の場合は政治的、王権的、芸術的、表象的、象徴的な意味をも持つ。.

新しい!!: 羅針図とフルール・ド・リス · 続きを見る »

フロリダ大学

フロリダ大学(英語: University of Florida、FloridaまたはUFとも呼ばれる)は、アメリカ合衆国フロリダ州ゲインズビルに本部を置く州立大学である。1853年に設置された。フロリダ州で最古、最大規模の大学で、フロリダ大学システムでは2番目、アメリカ合衆国では3番目の大きさを誇る。.

新しい!!: 羅針図とフロリダ大学 · 続きを見る »

アネモイ

fe) 所蔵 アネモイ(古典ギリシア語:Ἄνεμοι, Anemoi, 「風」の意)は、ギリシア神話の風の神たちである。東西南北の各方角を司っており、各々が様々な季節・天候に関連付けられていた。 アネモイは、あるときには一陣の突風として表現され、またあるときは翼を備えた人間として擬人化される。『オデュッセイア』においては、風神アイオロスの厩舎に繋がれた馬として描写された。ヘーシオドスによれば、星空の神アストライオスが父で、暁の女神エーオースが母である。 主要なアネモイは4柱いる。ボレアースは冷たい冬の空気を運ぶ北風で、ノトスは晩夏と秋の嵐を運ぶ南風であり、ゼピュロスは春と初夏のそよ風を運ぶ西風であった。東風のエウロスはいかなる季節とも関連付けられておらず、ヘーシオドスによる『神統記』や、後代の『オルペウス賛歌』の中で言及されていない唯一の上位のアネモイである。このほか、北東、南東、北西、南西の風を表現する下位の4柱が言及される。 ローマ神話においてアネモイにあたる神格はウェンティ(古典ラテン語:Venti, 「風」の意)である。ウェンティはアネモイとは名前こそ異なるが、その他の点では非常によく似ていた。.

新しい!!: 羅針図とアネモイ · 続きを見る »

アメリカ気象学会

アメリカ気象学会(アメリカきしょうがっかい、英:American Meteorological Society 略称:AMS )は大気科学や海洋学、水文学を扱う学会である。 1919年にマサチューセッツ州のブルーヒルズ天文台のチャールズ・フランクリン・ブルックスらによって創立され、当初の会員は米国陸軍通信隊やアメリカ気象局のメンバーから構成され、最初に発刊された機関紙、Bulletin of the American Meteorological Societyはアメリカ気象局で発刊され月度の天候記録を掲載していた。1930年代以降の大気科学の発展があり、学術誌、Journal of Meteorologyが発行されるようになった。現在は11.000人を越える会員がいる。本部はマサチューセッツ州ボストンにある。.

新しい!!: 羅針図とアメリカ気象学会 · 続きを見る »

アラブ人

アラブ人(アラブじん、العرب،عربي)は、おもにアラビア半島や西アジア、北アフリカなどのアラブ諸国に居住し、アラビア語を話し、アラブ文化を受容している人々。 7世紀にムハンマド(マホメット)によってイスラム教が開かれ、中東・北アフリカを中心に勢力を拡大した。 もともとアラビア人をアラブと呼ぶが、日本では誤訳から始まった呼び方で定着した。.

新しい!!: 羅針図とアラブ人 · 続きを見る »

アングリカン・コミュニオン

アングリカン・コミュニオン(Anglican Communion)は、カンタベリー大主教座とのフル・コミュニオン関係にあり、カンタベリー大主教座の重要性を認める諸教会によって構成された、聖公会の諸教会の集まり。 英国植民地時代の教会が最初に独立した管区になった1850年代以降に使われるようになった用語であるマーク・チャップマン (著), 岩城聰・監訳 (翻訳)『聖公会物語 ー英国国教会から世界へー』17頁、かんよう出版 (2013/10/5) ISBN 9784906902200。組織形態が作り始められたのは1867年のランベス会議以降のことである。 英国国教会・カンタベリー大主教座との関係から「アングリカン」との名があるが、などの、英国国教会に直接の由来を持たない幾つかの教会もコミュニオンに加わっている。.

新しい!!: 羅針図とアングリカン・コミュニオン · 続きを見る »

エルサレム

ルサレムまたはイェルサレムは、イスラエルおよびパレスチナ自治区にある都市。 イスラエルはエルサレムが自国の「首都」であると宣言しているものの、国際連合など国際社会はこれを認めておらず、イスラエルの首都はテルアビブであるとみなしている。したがって、イスラエルと国交を持つ諸国も、大使館や領事館はエルサレムでなくテルアビブに置いてきた。ただし、2017年になってアメリカ合衆国のドナルド・トランプ大統領はエルサレムをイスラエルの首都であると明言し、さらにアメリカ大使館をテルアビブからエルサレムに移転する方針を明らかにした。.

新しい!!: 羅針図とエルサレム · 続きを見る »

エドワーズ空軍基地

ドワーズ空軍基地(エドワーズくうぐんきち、Edwards Air Force Base)は、アメリカ合衆国のカリフォルニア州の東部にあるアメリカ空軍の基地である。モハーヴェ砂漠のロジャース乾湖(ミューロック乾湖)に作られている。さまざまな機体のテスト飛行が行われる航空機開発の拠点として知られ、スペースシャトルの帰還時にケネディ宇宙センターへの帰還が困難なときには同基地に帰還することで知られている。.

新しい!!: 羅針図とエドワーズ空軍基地 · 続きを見る »

グラード (単位)

ラード (grade) は角度の単位である。英語ではゴン(gon)という。他に、グレード(grade)、グラディアン(gradian)という呼称もある。本項では「グラード」で統一して説明する。 1グラードは直角(90度)の100分の1である。すなわち、1回転(360度)は400グラードとなる。メートル法で、角度も十進法の体系にしようとして導入が試みられたが、普及しなかった単位である。 グラードの倍数単位には、グラードの100分の1のセンチグラード(cg)と、センチグラードの100分の1のセンチセンチグラード(cc)がある。.

新しい!!: 羅針図とグラード (単位) · 続きを見る »

グローバル・ポジショニング・システム

船舶用GPS受信機 グローバル・ポジショニング・システム(Global Positioning System, Global Positioning Satellite, GPS、全地球測位システム)とは、アメリカ合衆国によって運用される衛星測位システム(地球上の現在位置を測定するためのシステムのこと)を指す。 ロラン-C(Loran-C: Long Range Navigation C)システムなどの後継にあたる。.

新しい!!: 羅針図とグローバル・ポジショニング・システム · 続きを見る »

真北

真北 (しんぽく)とは、ある地点を通過する経線あるいは子午線が示す北、つまり北極点の方向である。すなわち、普通に言う北である。北半球では北極星の方向とほぼ同じであるが、厳密には異なっている(詳細は天の北極や歳差を参照)。 これに対し磁北(じほく)と呼ばれる磁石で表示される北(北磁極)を基準にする北がある。磁北と真北はずれているので、地図を利用する際にはどちらを基準にしているのか注意する必要がある。現在の日本中心部(北日本・沖縄などを除く)では、真北に対して磁北が約7度西側にずれている(「西偏(せいへん)」)。つまり、偏角は-7°である。 古代の建物や墳丘のうち、東西南北の方角を意識して建設されているものは、ほとんどが真北を利用している。 磁北は飛行機の航行用などに使用され、ほとんどの飛行機は磁方位で飛行しており、空港の滑走路番号は磁方位で表示している。.

新しい!!: 羅針図と真北 · 続きを見る »

無指向性無線標識

無指向性無線標識(むしこうせい むせんひょうしき、、NDB)は、主に中波を用いて航空機の航法援助を行う無線標識。標識局では、全方向に無指向性の電波を発射している。航空機上でADF(自動方向探知機)を用いることにより、無線標識の方向を探知する。また、2個以上の無線標識局を探知することにより、現位置が判明する。近年では同様の情報が得られより精度が高いVORに置き換えられつつある。.

新しい!!: 羅針図と無指向性無線標識 · 続きを見る »

風配図

アメリカ・ニューヨーク州ラガーディア空港の風配図 風配図(ふうはいず)またはウインドローズ(wind rose)とは、ある地点のある期間における、各方位の風向および風速の頻度を表した図。その場所の卓越風や、その他風の特徴を知ることを主な目的として作成される。 その土地の風の傾向を知りたい場合、単純に数時間ごとの風向・風速のデータを一目するだけでは分からない場合がある。期間が長い場合は特にそうで、このようなときに風配図を作ると一目で風の傾向が分かる。 建築物を立てる際や土地利用を考える際などに用いられることがある。例えば、臭気が漏れる可能性のある畜産場や工場などを新たに作る際に風配図を用いて、住宅街の風上にならない土地を選定するといった予防措置が取れる。また、風力発電用の風車を立てる際に、年間を通して同一風向・一定以上の風力という安定した風が得られるような場所を探すのにも便利である。航空機は離陸・着陸ともに風上に向けて進行するため、滑走路建設にあたり、季節によって風向が変わることを考慮し年間を通じた風配図が用いられる。 風配図においては、中心点を中心に8方位~36方位(大体16方位が多い)程度に方位を分け、各方位において、その方位の風の出現頻度を色や棒の長さなどで表現する。また、各方位で、風速ごとに細分したり、時間ごとに細分したりする方法もあり、書き方によってさまざまな表現が可能である。完成した図は極座標表示のレーダーチャートのようなデザインをしている。.

新しい!!: 羅針図と風配図 · 続きを見る »

超短波全方向式無線標識

超短波全方向式無線標識施設(ちょうたんぱ ぜんほうこうしき むせんひょうしき しせつ、VHF Omnidirectional Range、VOR)は、VHF帯(超短波帯)の電波を用いる航空機用無線標識。標識局を中心として航空機がどの方向にいるかを知ることができる。多くの場合DMEと併設される。.

新しい!!: 羅針図と超短波全方向式無線標識 · 続きを見る »

海図

海図(かいず、nautical chart)は、水路図誌の一種で航海のためにつくられた主題図 (Thematic Map) 。航海のために必要な水路の状況、すなわち水深、底質、海岸地形、海底危険物、航路標識などが、正確に見やすく表現されている。一定規模以上の船舶には、備え付けることが義務づけられている。.

新しい!!: 羅針図と海図 · 続きを見る »

方位

十二支の方位盤(大阪天満宮で撮影) 河原町駅) 方位(ほうい)とは、ある地点における水平面内の方向を、基準となる一定の方向との関係で表した物。または、基準となるべき幾つかの方向に付けた名称である。方角(ほうがく)もほぼ同義である。.

新しい!!: 羅針図と方位 · 続きを見る »

方位磁針

方位磁針 護衛艦の主羅針儀 方位磁針(ほういじしん)は、磁石の作用を用いて方位を知るための道具である。 用いられる場面や仕様の違いにより、単に「磁針」と呼ばれたり、「方位磁石」「コンパス」「磁気コンパス」(電子コンパス)「羅針盤(らしんばん)」などとも呼ばれることもある。.

新しい!!: 羅針図と方位磁針 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

コンパスローズコンパス図

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »