ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

終端抵抗

索引 終端抵抗

終端抵抗(しゅうたんていこう)とは、コンピュータ機器や、無線機器などで使用するケーブルの末端に取り付ける電子部品。 ケーブル末端での信号の不要反射を防ぐためにケーブル末端の抵抗器により高周波信号のエネルギーを消費させるもの(インピーダンス整合参照)。取り付けなくても機器の利用は可能であるが、実際には動作が不安定になるなどの問題が発生することが多い。 コンピュータ機器では、SCSI機器やイーサネット等で使用され、ターミネータと呼ばれることもある。.

14 関係: ネットワーク・アナライザワットトランシーバー (無線機)アンテナインピーダンス整合イーサネット入力インピーダンス短絡自動火災報知設備電子部品電気標準器送信機Small Computer System Interface抵抗器

ネットワーク・アナライザ

ネットワーク・アナライ.

新しい!!: 終端抵抗とネットワーク・アナライザ · 続きを見る »

ワット

ワット(watt, 記号: W)とは仕事率や電力、工率、放射束、をあらわすSIの単位(SI組立単位)であるJIS Z 8203:2000 国際単位系 (SI) 及びその使い方。.

新しい!!: 終端抵抗とワット · 続きを見る »

トランシーバー (無線機)

このように大きな据え置き型でも『トランシーバー』である。(ケンウッド TS-2000) トランシーバー (transceiver) とは、無線電波の送信機能と受信機能を兼ね備えた無線機または回路ブロックである。TRX と略される。送信機を表す transmitter と受信機を表す receiver とを合わせた造語である。一般的に、送信機と受信機は、回路に共通した部分が多いため、共用できる回路を共用し、一つの機器として作られたものである。 一般的に送信機、受信機(Bluetooth受信機など)として販売されている物であっても内部的には送受信機(トランシーバー)である場合もある。 無線にあまり興味のない層には携帯型トランシーバーだけをトランシーバーと呼ぶかのような誤解が見られ、広辞苑では第4版までは「携帯用」無線通話機との誤った語釈だったが、語源から分かるように送信機と受信機を一体化したものがトランシーバーである。据え置き型の無線機も送信機と受信機が一体になっていればトランシーバーである。広辞苑の語釈も第5版からは訂正され、携帯用の字句が削除されている。.

新しい!!: 終端抵抗とトランシーバー (無線機) · 続きを見る »

アンテナ

アンテナ(antenna)とは、高周波エネルギーを電波(電磁波)として空間に放射(送信)したり、逆に空間の電波(電磁波)を高周波エネルギーへ相互に変換(受信)する装置のことで、日本語だと空中線と呼ばれ、英語における本来の意味だと昆虫の触角を意味している。  アンテナは、その用途から送信用と受信用に分けられるが、可逆性を備えている物なら送受信の兼用が可能である。.

新しい!!: 終端抵抗とアンテナ · 続きを見る »

インピーダンス整合

インピーダンス整合(インピーダンスせいごう、impedance matching)とは、一例としては電気信号の伝送路において、送り出し側回路の出力インピーダンスと、受け側回路の入力インピーダンスを合わせることである。概念として、より広く力学一般に、音響その他の振動系に拡張できる。損失なく最大の効率で伝送を行うために、また特に高周波では整合がとれていない接続部分で反射が起きるため、整合するよう設計しなければならない。.

新しい!!: 終端抵抗とインピーダンス整合 · 続きを見る »

イーサネット

イーサネット (Ethernet) はコンピューターネットワークの規格の1つ。世界中のオフィスや家庭で一般的に使用されている有線のLAN (Local Area Network) で最も使用されている技術規格で、OSI参照モデルの下位2つの層である物理層とデータリンク層に関して規定している。 現代の有線LANは、OSI参照モデルの下位2層に相当するイーサネットとそれ以上の層を規定した「TCP/IPプロトコル」の組み合わせが一般的である。.

新しい!!: 終端抵抗とイーサネット · 続きを見る »

入力インピーダンス

単純な電源と負荷の回路図 入力インピーダンス(にゅうりょくインピーダンス、Input Impedance)とは、ある電気回路や電子機器の、入力側から見たインピーダンスである。負荷インピーダンス(ふかインピーダンス、Load Impedance)、外部インピーダンス(がいぶインピーダンス、External Impedance)とも。.

新しい!!: 終端抵抗と入力インピーダンス · 続きを見る »

短絡

短絡(たんらく, Short circuit)は、電気回路の二点が相対的に低いインピーダンスで電気的に接続される状態。英語で短絡を意味する short circuit から「ショート」または「ショート回路」ともいう。「ショート」はこれの日本式省略である。 ここでは、事故による短絡に限定して述べる。.

新しい!!: 終端抵抗と短絡 · 続きを見る »

自動火災報知設備

自動火災報知設備のシステム概略図 自動火災報知設備(じどうかさいほうちせつび)は、感知器を用いて火災により発生する熱や煙を自動的に検知し、受信機、音響装置(ベル)を鳴動させて建物内に報知することにより、避難と初期消火活動を促す設備である。日本では消防用設備、火災報知機の一種であり消防法と条例により、一定面積以上の建物や店舗がある雑居ビル・重要文化財などの防火対象物に設置が義務付けられている。略称で「自火報(じかほう)設備」とも呼ばれる。.

新しい!!: 終端抵抗と自動火災報知設備 · 続きを見る »

電子部品

電子部品(でんしぶひん、electronic component)とは、電子回路の部品のことである。.

新しい!!: 終端抵抗と電子部品 · 続きを見る »

電気標準器

電気標準器 (でんきひょうじゅんき) とは、電気計器の校正用の高精度な電気諸量の標準である。.

新しい!!: 終端抵抗と電気標準器 · 続きを見る »

送信機

送信機(そうしんき)は情報を送り出す電気通信装置を意味する。日本語では電波を使った送信機を指す場合が多く、本項ではこの無線通信における送信機について記述する。.

新しい!!: 終端抵抗と送信機 · 続きを見る »

Small Computer System Interface

(スモール コンピュータ システム インターフェース、小型計算機システムインタフェース)、略して (スカジー)は、主に周辺機器とコンピュータなどのハードウェア間のデータのやりとりを行うインタフェース規格の一つである。SCSIを使用可能にするインタフェース装置をSCSIインタフェースと呼ぶ。ANSI(米国規格協会)によって規格化されている。.

新しい!!: 終端抵抗とSmall Computer System Interface · 続きを見る »

抵抗器

抵抗器(ていこうき、resistor)とは、一定の電気抵抗値を得る目的で使用される電子部品であり受動素子である。通常は「抵抗」と呼ばれることが多い。 電気回路用部品として、電流の制限や、電圧の分圧、時定数回路などの用途に用いられる。集積回路など半導体素子の内部にも抵抗素子が形成されているが、この項では独立した回路部品としての抵抗器について述べる。.

新しい!!: 終端抵抗と抵抗器 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

ダミーロード擬似負荷終端

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »