ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

紅海

索引 紅海

左側の細長い海域が紅海 紅海(こうかい、יַם סוּף, البحر الأحمر, Mer Rouge)は、アフリカ東北部と、アラビア半島とに挟まれた湾である。 長さ2250km、幅最大355km、面積438,000km2、平均水深491m、最深部2211m。海水は強い蒸発作用(少ない降雨)、流入河川無し、インド洋との限られた循環などにより塩分濃度は3.6%-3.8%と高い。北部にはシナイ半島があり、チラン海峡を通じてアカバ湾とつながっている。また、北西部にはスエズ湾があり、スエズ湾はスエズ運河を経て地中海とつながっているほか、南部はバブ・エル・マンデブ海峡を経てアデン湾とつながっている。同海峡は国際海峡である。 域内には大きな島嶼は無く、沿岸部に小島嶼が数多くある。エリトリアのダフラク諸島、サウジアラビアのファラサン諸島、イエメンのカマラン島などがある。 2011年12月から2012年1月にかけ、イエメン沖のズバイル諸島で海底火山の活動によって新しい島が生まれた。.

38 関係: 塩分濃度始新世地中海地溝マントルチラン島チラン海峡バブ・エル・マンデブ海峡ヨルダンヘロドトスパーミルファラサン諸島ダフラク諸島アラビア半島アデン湾アフリカアカバ湾インド洋イエメンイスラエルエリュトゥラー海案内記エリトリアエジプトカマラン島シナイ半島シャドワン島ジブチスーダンスエズ運河スエズ湾サンガネーブ海洋国立公園とドンゴナーブ湾=ムカッワー島海洋国立公園サウジアラビア国際水路機関国際海峡噴火海底火山2007年

塩分濃度

塩分濃度(えんぶんのうど、salinity)は、水に溶けている塩の量である。 ここで言う「塩分」とは、塩化ナトリウム だけでなく、硫酸マグネシウム や硫酸カルシウム そして炭酸水素塩などの塩類を含める場合が多い。 オーストラリアや北アメリカでは、この語が往々にして土壌に含まれる塩分を示唆し得る。.

新しい!!: 紅海と塩分濃度 · 続きを見る »

始新世

始新世(ししんせい、Eocene)は地質時代の一つで、約5,600万年前から約3,390万年前 までの期間。新生代の第二の時代。古第三紀の第二の世。.

新しい!!: 紅海と始新世 · 続きを見る »

地中海

地中海(ちちゅうかい、Mare Mediterraneum)は、北と東をユーラシア大陸、南をアフリカ大陸(両者で世界島)に囲まれた地中海盆地に位置する海である。海洋学上の地中海の一つ。.

新しい!!: 紅海と地中海 · 続きを見る »

地溝

地塁 (Horst) と地溝 (Graben) 地溝(ちこう、)とは、ほぼ平行に位置する断層によって区切られ、峡谷の形状をなしている地塊および地形のことである。侵食によってできた谷とは異なり、基本的に正断層の活動によって形成される。 グラーベンともいい、その語源の Graben はドイツ語で「溝」を表す。地溝帯やリフト()も同義語である。類義語にリフトバレー(rift valley、裂谷)がある。これは広義の地溝のうち、拡大しているプレートの境界(発散型境界)のことをさすことが多いが、それに限らず地溝全般をさすこともある。.

新しい!!: 紅海と地溝 · 続きを見る »

マントル

マントル(mantle, 「覆い」の意)とは、惑星や衛星などの内部構造で、核(コア)の外側にある層である。 地球型惑星などでは金属の核に対しマントルは岩石からなり、さらに外側には、岩石からなるがわずかに組成や物性が違う、ごく薄い地殻がある。.

新しい!!: 紅海とマントル · 続きを見る »

チラン島

チラン島(チランとう、جزيرة تيران)はチラン海峡中央部にあるサウジアラビア領の島。面積は80平方キロメートル。エジプトに貸与されており、ラス・ムハマンド国立公園の一部となっている。 チラン海峡を管制できる要衝の位置にあり、アカバ湾の奥にはイスラエルのエイラトの港があることにより、特にアラブ側にとり重要性が高い。イスラエルの建国とその後の軍備増強を受けて、サウジアラビアがエジプトに軍派遣を要請し、1950年代以降はエジプト軍が管理している。現在、島はエジプトとアメリカ合衆国の軍事要員が駐留しているのみであり、民間人は居住していない。 島を経由し、シナイ半島とサウジアラビアを結ぶ架橋計画が検討されている。2016年4月、エジプトがサウジとの首脳会談でチラン島とその近くにあるサナフィル島の領有権がサウジにあると表明したことに対して、エジプト国内では抗議デモが発生した。 この合意に対して、エジプトの最高行政裁判所が2017年1月に「無効」判断を示したが、エジプト議会が2017年6月14日に合意を承認。これに対して再び抗議デモが発生した。.

新しい!!: 紅海とチラン島 · 続きを見る »

チラン海峡

チラン海峡(チランかいきょう)は、アカバ湾と紅海の境界にある海峡。シナイ半島先端部とアラビア半島北西部との間にある。海峡の中央部にはチラン島があり、海峡の幅は8km。 中東戦争においては、エジプトなどによって海峡封鎖が行われ、イスラエル船舶の通航が不能の時期があった。第四次中東戦争後はエジプト・イスラエル平和条約が結ばれ、シナイ半島駐留多国籍軍監視団の監視により、自由通航が行われている。 エジプト領海内は、エジプト・シナイ半島のリゾート地シャルム・エル・シェイクから、日帰りで出かけられるダイナミックなダイビング・ポイントとしても有名である。 サウジのサルマン国王は2016年4月、エジプトのシシ大統領と会談し、エジプトに対する経済支援の一環として、40億ドルを投じてチラン島を経由する橋を架けることを表明した。この会談でエジプト政府がチラン、サナフィル両島の領有権がサウジにあると表明したことに対して、エジプト国内では抗議デモが発生した。.

新しい!!: 紅海とチラン海峡 · 続きを見る »

バブ・エル・マンデブ海峡

バブ・エル・マンデブ海峡(バブ・エル・マンデブかいきょう、、)は、アラビア半島南西部のイエメンと東アフリカのエリトリア、ジブチ国境付近の海峡である。この海峡で紅海とアデン湾を分け、その先のアラビア海へと続いている。マンデブ海峡 (Mandeb Strait) と呼称されることも多い。 海峡の幅は30kmほどしかなく、しかも東部にはペリム島(イエメン領)、西部にはサワビ諸島(ジブチ領)があり、航路はさらに限られる。 名の由来はアラビア語の「涙の門」である。これは海峡の幅が狭くまた潮の流れが急で、しかも毎年11月から数ヶ月ほどは季節風が強くインド洋の方向から地中海の方へ向けて吹くため、地中海からインド洋へ航海する帆船にとっては海峡を通過するのが極めて困難だったことを表して「涙の門」と船乗りから呼ばれたものと伝えられる。また名前の由来にはもうひとつアラビアとアフリカを分断した大地震の伝説に由来するという説もある。 世界の航海・海運や地政学上の重要な海峡(チョークポイント)であり、イギリス、フランス、イタリアが競って周囲を植民地にしていった。第四次中東戦争中はエジプト海軍が駆逐艦2隻を同海峡に派遣し、(当時友好国同士であった)イランからイスラエル向け石油の流通を海上封鎖した。この海峡に面するジブチには現在も、フランスやアメリカ合衆国、日本、中国などが部隊派遣や拠点展開を行っている。.

新しい!!: 紅海とバブ・エル・マンデブ海峡 · 続きを見る »

ヨルダン

ヨルダン・ハシミテ王国(ヨルダン・ハシミテおうこく、)、通称ヨルダンは、中東・西アジアに位置する立憲君主制国家である。首都はアンマン。イスラエル、パレスチナ暫定自治区、サウジアラビア、イラク、シリアと隣接する。イスラエル・パレスチナ暫定自治区とはヨルダン川と死海が境である。 立憲君主制をとり、イスラームの預言者ムハンマドの従弟アリーとムハンマドの娘ファーティマの夫妻にさかのぼるハーシム家出身の国王が世襲統治する王国である。 国民の半数余りは中東戦争によってイスラエルに占有されたパレスチナから難民として流入した人々(パレスチナ難民)とその子孫である。.

新しい!!: 紅海とヨルダン · 続きを見る »

ヘロドトス

ヘロドトスの胸像 ヘロドトス(ヘーロドトス、Ἡρόδοτος, Hēródotos、羅:Herodotus、紀元前485年頃 - 紀元前420年頃)は、古代ギリシアの歴史家。今日まで伝承されている最初の歴史書、『歴史』の著者であることから、「歴史の父」とも呼ばれる。.

新しい!!: 紅海とヘロドトス · 続きを見る »

パーミル

パーミルあるいはプロミルとは、1000分の1を1とする単位。記号は‰ (Unicode U+2030、文字参照は &permil)。英語では あるいは 、イタリア語では あるいは (ペル ミッレ)と表記され、日本語では千分率という。プロミルはドイツ語の を片仮名表記したもの。ラテン語で「」は「~ごとに」を意味し、「」などの語源でもある「」は「千」を意味する。 である。したがって、例えば、 となる。.

新しい!!: 紅海とパーミル · 続きを見る »

ファラサン諸島

ファラサン諸島(ファラサンしょとう、جزر فرسان)は紅海南東部にある諸島。サウジアラビア領であり、ジーザーンの沖約40kmに位置する。砂漠地帯であり、植生はほとんどない。アラビアガゼルが生息しているほか、渡り鳥の飛来地となっている。最も大きな島はファラサーン島。 Category:サウジアラビアの地形 Category:紅海の島 Category:ジーザーン州.

新しい!!: 紅海とファラサン諸島 · 続きを見る »

ダフラク諸島

ダフラク諸島は紅海南西部にあるエリトリア領の諸島。124個の小島からなり、有人の島は4つほどである。ダラック諸島とも呼ばれる。 歴史的にはエリュトゥラー海案内記に諸島の記載が見られ、7世紀頃からイスラム教の影響を受けた。その後、エチオピアの支配を経て、16世紀からはオスマン帝国領となっている。19世紀にイタリアの植民地となり、第二次世界大戦後にエチオピア領となる。冷戦期にはソ連海軍が駐留していたこともあった。1991年にエリトリアの独立に伴い、エリトリア領となった。ベドウィン系のラシャイダ人が多く住む。.

新しい!!: 紅海とダフラク諸島 · 続きを見る »

アラビア半島

アラビア半島(アラビアはんとう、شبه الجزيرة العربية、単にアラビアとも)は、アジアとアフリカを繋ぐ場所に位置する西アジア南西の巨大な半島である。アラビア語では「アラブの島」を意味するジャジーラ・アルアラブと呼ばれている。半島としては世界最大である。.

新しい!!: 紅海とアラビア半島 · 続きを見る »

アデン湾

アデン湾(1860年の地図) アデン湾(アデンわん、Gulf of Aden)は、インド洋の北西側にあり、北はアラビア半島、南はアフリカ大陸のソマリア半島に挟まれた東西に細長い湾。湾の西側には、バブ・エル・マンデブ海峡を介して紅海が広がっている。東はアラビア海へ繋がる。イエメン、ジブチ、ソマリアと接している。.

新しい!!: 紅海とアデン湾 · 続きを見る »

アフリカ

衛星画像 NASA) 南部アフリカ アフリカ(ラテン語:Āfrica、英語:Africa)は、広義にはアフリカ大陸およびその周辺のマダガスカル島などの島嶼・海域を含む地域の総称で、六大州の一つ。阿州。漢字表記は阿弗利加。.

新しい!!: 紅海とアフリカ · 続きを見る »

アカバ湾

右側の海がアカバ湾(左側の海はスエズ湾) アカバ湾(アカバわん、خليج العقبة, Gulf of Aqaba)は、紅海の北奥、シナイ半島の東側にある、南北に細長く伸びる湾。チラン海峡より北側にある。両岸はエジプトとサウジアラビアであるが、最奥部にはイスラエルのエイラト、ヨルダンのアカバの各港があり、4ヶ国の国境が集中している。イスラエルではエイラト湾(מפרץ אילת)とよばれている。 地学的には、紅海から続く大地溝帯の一部であり、さらに死海へと連なっている。.

新しい!!: 紅海とアカバ湾 · 続きを見る »

インド洋

インド洋(印度洋、インドよう、英:Indian Ocean、羅:Oceanus Indicus オーケアヌス・インディクス)は、太平洋、大西洋と並ぶ三大洋の一つである。三大洋中最も小さい。面積は約7355万平方kmである。地球表面の水の約20パーセントが含まれる。インド洋の推定水量は292131000km³である。「インド洋」の名はインドに由来する。.

新しい!!: 紅海とインド洋 · 続きを見る »

イエメン

イエメン共和国(イエメンきょうわこく、الجمهورية اليمنية)、通称イエメンは、中東のアラビア半島南端部に位置する共和制国家である。ただし、インド洋上の島々の一部も領有している。.

新しい!!: 紅海とイエメン · 続きを見る »

イスラエル

イスラエル国(イスラエルこく、מְדִינַת יִשְׂרָאֵל メディナット・イスラエル、دولة إسرائيل ダウラト・イスラーイール、State of Israel )、通称イスラエルは、中東のパレスチナに位置する国家。北にレバノン、北東にシリア、東にヨルダン、南にエジプトと接する。ガザ地区とヨルダン川西岸地区を支配するパレスチナ自治政府(パレスチナ国)とは南西および東で接する。地中海および紅海にも面している。首都はエルサレムであると主張しているが、国際連合などはテルアビブをイスラエルの首都とみなしている(エルサレム#首都問題を参照)。 イスラエルは、シオニズム運動を経て1948年5月14日に建国された。建国の経緯に根ざす問題は多い。版図に関するものではパレスチナ問題がよく報道される。.

新しい!!: 紅海とイスラエル · 続きを見る »

エリュトゥラー海案内記

『エリュトゥラー海案内記』(エリュトゥラーかいあんないき、Περίπλους τῆς Ἐρυθράς Θαλάσσης、 Periplus Maris Erythraei、Periplus of the Erythraean Sea)は、古代のインド洋近辺における海洋貿易についてギリシア語で記された航海案内書。10世紀の版がハイデルベルク大学図書館に、14・15世紀の写本が大英博物館に所蔵される。.

新しい!!: 紅海とエリュトゥラー海案内記 · 続きを見る »

エリトリア

300px エリトリア国(エリトリアこく)、通称エリトリア(ኤርትራ, إرتريا )は、アフリカの角とよばれるアフリカの北東部にある国である。 西にスーダン、南にエチオピア、南東部にジブチと国境を接し、北は紅海に面し、紅海対岸側にはサウジアラビアとイエメンがある。1350km以上にも及ぶ紅海に面した長い海岸線を持ち、領海域には、およそ350の島があり、世界でも最も船舶交通が混雑する海域である。1991年5月29日にエチオピアからの独立を宣言し、1993年5月24日に独立が承認された。首都はアスマラ。 独立以降、書記長のイサイアス・アフェウェルキによって選出された国会議員で一党独裁状態が続いている。「アフリカのシンガポール」というスローガンを掲げて、同国を手本にした国作りを進めている。周辺諸国との紛争や兵役、抑圧的な政治体制により大量の国民が国外に脱出して国際的な難民問題になっている Human Rights Watch。.

新しい!!: 紅海とエリトリア · 続きを見る »

エジプト

プト・アラブ共和国(エジプト・アラブきょうわこく、جمهورية مصر العربية)、通称エジプトは、中東・アフリカの共和国。首都はカイロ。 西にリビア、南にスーダン、北東にイスラエルと隣接し、北は地中海、東は紅海に面している。南北に流れるナイル川の河谷とデルタ地帯(ナイル・デルタ)のほかは、国土の大部分が砂漠である。ナイル河口の東に地中海と紅海を結ぶスエズ運河がある。.

新しい!!: 紅海とエジプト · 続きを見る »

カマラン島

マラン島は紅海南東部にあるイエメン領の島。面積は約180km。北北東から南南東に延びた島であり、長さ約18km幅約7km。砂漠気候下にあり、植生には乏しい。島の周囲にはサンゴ礁が見られる。.

新しい!!: 紅海とカマラン島 · 続きを見る »

シナイ半島

ナイ半島(シナイはんとう、ヘブライ語: חצי האי סיני Chetzi HaYi Sinai شبه جزيرة سيناء. Shibh Jazīrat Sīnā')は、西アジアのアラビア半島とアフリカ大陸北東部の間にある半島。スエズ運河が開鑿前は、アフリカ大陸とユーラシア大陸を繋ぐ地峡であった。北は地中海、南は紅海、東はアカバ湾、西はスエズ湾にそれぞれ面している。南へ向けた三角形の形状をしており、南端にはムハンマド岬。南部にはシナイ山がある。 行政上はエジプト・アラブ共和国の北シナイ県と南シナイ県にあたる。2013年の人口は59万2222人金谷美紗「揺れるシナイ半島 イスラーム過激派の台頭と民主化への影響」、『中東研究』519号(2014年2月)。。住民の多くはベドウィンである。南シナイ県は紅海とアカバ湾にはさまれた三角形で、沿岸地方で観光開発が行われ、外国人観光客が訪れる高級リゾート地がある。また、紅海は美しいダイビングスポットとして知られる。北シナイ県は西にスエズ運河、東にはイスラエルに面し、北東端でパレスチナ国(パレスチナ自治区)ガザ地区と接する。.

新しい!!: 紅海とシナイ半島 · 続きを見る »

シャドワン島

ャドワン島()とは、スエズ湾の入り口に浮かぶエジプト領の島。.

新しい!!: 紅海とシャドワン島 · 続きを見る »

ジブチ

ブチ共和国(ジブチきょうわこく)、通称ジブチは、アフリカ北東部に位置する共和制国家。首都はジブチ市。公用語はアラビア語でアラビア半島に極めて近いアラブ連盟の加盟国であるため、中東に含まれる場合もある。エリトリア、エチオピア、ソマリアと接し、紅海、アデン湾に面する。.

新しい!!: 紅海とジブチ · 続きを見る »

スーダン

ーダン共和国(スーダンきょうわこく、جمهورية السودان、Republic of the Sudan)、通称スーダンは、北東アフリカに位置する国家である。首都はハルツームである。エジプト、リビア、チャド、中央アフリカ、南スーダン、エチオピア、エリトリアと国境を接し、東は紅海に面している。 アルジェリア、コンゴ民主共和国に次いでアフリカ大陸で3位の面積を有する。2011年7月に南スーダン共和国が分離独立する前は、面積2,505,813km2とアフリカ大陸最大の国土を有していた。.

新しい!!: 紅海とスーダン · 続きを見る »

スエズ運河

運河(スエズうんが、アラビア語:قناة السويس)は、エジプトのスエズ地峡(スエズちきょう)に位置し、地中海と紅海(スエズ湾)を結ぶ、海面と水平な人工運河である。船だけではなく、大東電信会社の電信ケーブルも運河を通った。.

新しい!!: 紅海とスエズ運河 · 続きを見る »

スエズ湾

湾(スエズわん、アラビア語:خليج السويس、Khalyj as-Suways)は、紅海の北端に位置し、東のアカバ湾と共に西からシナイ半島を挟んでいる湾である。アフリカとアジアの大陸の境界は、スエズ湾の中央線上とされている。長さ314km、幅最大32km。水深は最大でも18m。 スエズ湾は、2800万年前にできた比較的新しいリフト盆地である。アフリカ大陸から伸びた大地溝帯が紅海をつくり、さらにスエズ湾とアカバ湾に分かれたと考えられている。この割れ目はアカバ湾からさらに死海へと続く。湾の入り口から北北西に延びた終端には、エジプトのスエズ市とスエズ運河の入り口がある。湾の入り口付近に古いジェムサ油田・ガス田があるほか、湾内には多数の油田が分布する。.

新しい!!: 紅海とスエズ湾 · 続きを見る »

サンガネーブ海洋国立公園とドンゴナーブ湾=ムカッワー島海洋国立公園

ンガネーブ海洋国立公園とドンゴナーブ湾=ムカッワー島海洋国立公園(サンガネーブかいようこくりつこうえんとドンゴナーブわん=ムカッワーとうかいようこくりつこうえん)は、スーダンの紅海沿岸及び海域に設定された2つのを対象とするUNESCOの世界遺産リスト登録物件である。紅海唯一の環礁や紅海最大級の湾を擁する自然美、生態系などが評価されたもので、スーダンの世界遺産としては初の自然遺産となった。.

新しい!!: 紅海とサンガネーブ海洋国立公園とドンゴナーブ湾=ムカッワー島海洋国立公園 · 続きを見る »

サウジアラビア

ウジアラビア王国(サウジアラビアおうこく、المملكة العربية السعودية)、通称サウジアラビアは、中東・西アジアの国家。首都はリヤド。サウード家を国王に戴く絶対君主制国家。世界2位の原油埋蔵量を持つ国であり、石油(原油)をアメリカ合衆国をはじめ世界中に多く輸出している。イスラム教最大の聖地メッカ(マッカ)と第2のマディーナ(メディナ)を擁する。世界銀行の定義では高所得国に分類され、アラブ諸国で唯一G20に加盟しているが、産業の多様性には乏しく、天然資源開発が主要産業となっている。 サウジアラビアにおける死刑や信教の自由、女性の人権など欧州と異なる文化、法体制に対しては批判もある。.

新しい!!: 紅海とサウジアラビア · 続きを見る »

国際水路機関

加盟申請中 国際水路機関(こくさいすいろきかん、International Hydrographic Organization、IHO)は、1967年に採択された国際水路機関条約に基づき、海図などの改善により航海を容易かつ安全にすることを目的に設立された国際機関。本部所在地はモナコ。IHO は大洋水深総図の作成に参画している。世界の海域の境界と名称を記載した『大洋と海の境界』の編集・出版も手がける。これらの出版は英語、フランス語、スペイン語で行われている。.

新しい!!: 紅海と国際水路機関 · 続きを見る »

国際海峡

国際海峡(こくさいかいきょう International straits)もしくは国際航行に使用されている海峡(こくさいこうこうにしようされているかいきょう Straits used for international navigation)とは、国連海洋法条約によって定義された国際航行を定められた範囲で自由に行える海峡のことである。.

新しい!!: 紅海と国際海峡 · 続きを見る »

噴火

火山噴火 リダウト山の大噴火 噴火(ふんか、)とは、火山からマグマや火山灰などが比較的急速に地表や水中に噴き出すことである。火山活動(かざんかつどう、)の一つで、マグマの性質によって、規模や様式にさまざまなものがある。気象庁では、火口から固形物が水平あるいは垂直距離でおよそ100 - 300mの範囲を越したものを「噴火」として記録することになっている。.

新しい!!: 紅海と噴火 · 続きを見る »

山湾(日本) スワンエイジ湾(イギリス) 湾(わん)は、海や湖の一部で、陸に入り込んだ領域。英語では規模の大きなものをgulf(ガルフ)、小さなものをbay(ベイ)と呼ぶ。.

新しい!!: 紅海と湾 · 続きを見る »

海底火山

ナー観測による南極ブランスフィールド海峡の海底火山の立体図 海底から噴出するマグマ。縞模様が見える。 1963年、スルツェイ島の噴火。海底噴火により新島を形成した。 スルツェイ式噴火: 1 水蒸気の雲; 2 火山灰(Cupressoid ash); 3 クレーター; 4 水; 5 溶岩と火山灰の層; 6 地層; 7 火道管; 8 マグマ溜り; 9 岩脈 枕状溶岩 海底火山(かいていかざん、)は、海底に存在する火山。.

新しい!!: 紅海と海底火山 · 続きを見る »

2007年

この項目では、国際的な視点に基づいた2007年について記載する。.

新しい!!: 紅海と2007年 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

エリトラ海エリスラ海

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »