ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

紀元前540年

索引 紀元前540年

紀元前540年(きげんぜんごひゃくよんじゅうねん)は、西暦(ローマ暦)による年。 紀元前1世紀の共和政ローマ末期以降の古代ローマにおいては、ローマ建国紀元214年として知られていた。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前540年と表記されるのが一般的となった。.

73 関係: 劇作家南イタリア古代ローマ古代ギリシア大アイアース子産安寧天皇宋 (春秋)中国干支平公 (宋)平公 (晋)年表仏滅紀元余祭マイナス (ギリシア神話)マケドニア王国ユダヤ暦リュキアローマ建国紀元ローマ暦ヴェーリア (アシェーア)ヘール・ボップ彗星ディオニューソスベトナム呉 (春秋)アミュンタス1世アンフォラアケメネス朝エピカルモスエクセキアスキュロス2世クサントスコス島哀公 (陳)共和政ローマ神武天皇即位紀元簡公 (鄭)紀年法紀元前1世紀紀元前450年羊舌キツ燕 (春秋)韓起西暦襄公 (衛)...黄河辛酉霊侯 (蔡)霊王 (楚)陳 (春秋)陳無宇恵公 (燕)楚 (春秋)檀君紀元武公 (曹)朝鮮昭公 (魯)新バビロニア斉 (春秋)日本曹 (春秋)景公 (秦)景公 (斉)景王 (周)晋 (春秋)1997年 インデックスを展開 (23 もっと) »

劇作家

劇作家(playwright, dramatist)は、演劇の上演のために書かれる戯曲の作者。戯曲家と呼ばれることもある。日本においては演出家を兼ねている者が多い。現在までその作品が残っている最も古い劇作家としては、紀元前5世紀頃のアイスキュロス、ソフォクレス、エウリピデスなどの古代ギリシアにおける悲劇作家達が挙げられる。その作品である戯曲は、通常は俳優によって観客の前で演劇として上演するために執筆される。戯曲の中には、上演を目的とせず読まれることを目的に書かれたレーゼドラマや、戯曲の形式をとってはいるが上演は意図していない作品もある。 「プレイライト」という発音になる英語の playwright は、「play(プレイ.

新しい!!: 紀元前540年と劇作家 · 続きを見る »

南イタリア

南イタリア8州(サルデーニャが入っている) 南イタリア(みなみイタリア)は、イタリアの南部地域の呼称。メッツォジョールノ(Mezzogiorno:イタリア語で正午の意味)という俗称もあり、これは統一の英雄であるジュゼッペ・ガリバルディによって広められた。.

新しい!!: 紀元前540年と南イタリア · 続きを見る »

古代ローマ

古代ローマ(こだいローマ、Roma antiqua)は、イタリア半島中部に位置した多部族からなる都市国家から始まり、領土を拡大して地中海世界の全域を支配する世界帝国までになった国家の総称である。当時の正式な国号は元老院ならびにローマ市民(Senatus Populusque Romanus)であり、共和政成立から使用されて以来滅亡まで体制が変わっても維持された。伝統的には476年のロムルス・アウグストゥルスの退位をもって古代ローマの終焉とするのが一般的であるが、ユスティニアヌス1世によってイタリア本土が再構成される554年までを古代ローマに含める場合もある。ローマ市は、帝国の滅亡後も一都市として存続し、世界帝国ローマの記憶は以後の思想や制度に様々な形で残り、今日まで影響を与えている。.

新しい!!: 紀元前540年と古代ローマ · 続きを見る »

古代ギリシア

この項目では、太古から古代ローマに占領される以前までの古代ギリシアを扱う。.

新しい!!: 紀元前540年と古代ギリシア · 続きを見る »

大アイアース

大アイアース(Αἴας, Aiās, Ajax)は、ギリシア神話に登場する英雄である。長母音を省略してアイアスとも表記する。 アイアースはサラミース島の王テラモーンの子で、トロイア戦争にはサラミース人を率いて12隻の船と共に参加した。オイレウスの子アイアース(小アイアース)と区別するために大アイアースと呼ばれる。また、『イーリアス』などの叙事詩では、小アイアースと組にして両アイアースなどと呼ばれる。 同じくトロイア戦争に参加したテウクロスとは異母兄弟。トロイア戦争でギリシア勢に参加した英雄では、アキレウスに次ぐ強さを誇った。テラモーンはアキレウスの父ペーレウスの兄弟であり、アイアースとアキレウスとはいとこ同士である。.

新しい!!: 紀元前540年と大アイアース · 続きを見る »

子産

子産(しさん、? - 紀元前522年)は、春秋時代の鄭に仕えた政治家。姓は姫、氏は国、諱は僑、字は子産。「公孫僑」とも呼ばれる。祖父は鄭の穆公、父は子国(公子発)、子は国参(子思)。弱小国の鄭を安定させる善政を行い、中国史上初の成文法を定めたとされる。.

新しい!!: 紀元前540年と子産 · 続きを見る »

安寧天皇

安寧天皇(あんねいてんのう、綏靖天皇5年 - 安寧天皇38年12月6日)は、日本の第3代天皇(在位:綏靖天皇33年7月15日 - 安寧天皇38年12月6日)。 和風諡号は、『日本書紀』では「磯城津彦玉手看天皇(しきつひこたまてみのすめらみこと)」、『古事記』では「師木津日子玉手見命」。 神武天皇(初代天皇)の孫。『日本書紀』・『古事記』とも系譜の記載のみに限られ、欠史八代の1人に数えられる。.

新しい!!: 紀元前540年と安寧天皇 · 続きを見る »

宋 (春秋)

宋(そう、紀元前1100年ごろ-紀元前286年)は、中国大陸に周代、春秋時代、戦国時代に亘って存在した国である。都は商邱。.

新しい!!: 紀元前540年と宋 (春秋) · 続きを見る »

中国

中国(ちゅうごく)は、ユーラシア大陸の東部を占める地域、および、そこに成立した国家や社会。中華と同義。 、中国大陸を支配する中華人民共和国の略称として使用されている。ではその地域に成立した中華民国、中華人民共和国に対する略称としても用いられる。 本記事では、「中国」という用語の「意味」の変遷と「呼称」の変遷について記述する。中国に存在した歴史上の国家群については、当該記事および「中国の歴史」を参照。.

新しい!!: 紀元前540年と中国 · 続きを見る »

干支

干支(かんし、えと、中国語:干支、ピンイン:gānzhī)は、十干と十二支を組み合わせた60を周期とする数詞。暦を始めとして、時間、方位などに用いられる。六十干支(ろくじっかんし)、十干十二支(じっかんじゅうにし)、天干地支(てんかんちし)ともいう。.

新しい!!: 紀元前540年と干支 · 続きを見る »

平公 (宋)

平公(へいこう、? - 紀元前532年)は、春秋時代の宋の君主(在位前576年 - 前532年)。姓は子、名は成。共公の子。紀元前576年、共公に代わって戚での会盟に参加した。この年に共公が死去すると、司馬の蕩沢(子山)が公子肥を殺害し、華元をも殺そうとした。華元は晋に亡命しようとしたが、魚石がこれを引き止め、華元は帰国した。華喜と公孫師が蕩氏を攻め、蕩沢を殺害した。魚石は楚に亡命し、平公は宋公に擁立された。紀元前573年、楚が宋の彭城を奪い、魚石を彭城に封じた。紀元前572年、晋・魯・宋・衛などの連合軍が彭城を包囲し、魚石を殺して彭城を宋に返還した。紀元前546年、宋の大夫の向戌の働きかけで晋の趙武・楚の屈建・魯の叔孫豹・蔡の公孫帰生・衛の石悪・陳の孔奐・鄭の良霄らが宋の都に参集し、2度目の弭兵の会が開かれた。紀元前532年、平公は在位44年で死去した。.

新しい!!: 紀元前540年と平公 (宋) · 続きを見る »

平公 (晋)

平公(へいこう、? - 紀元前532年)は、中国春秋時代の晋の君主(在位:紀元前557年 - 紀元前532年)。姓は姫。諱は彪。悼公の子。悼公が早世したため幼くして君主となったが、羊舌肸(叔向)などの賢臣の補佐を得て晋の覇権を維持し、大過なくこの世を去った。 紀元前557年、平公が即位したばかりの頃、湛阪の戦いで楚に勝利した。 紀元前555年、平公は斉と争い霊公を破って臨淄まで攻め込んだ。翌紀元前554年、帰国の途上で正卿の荀偃(中行偃)が死去。 欒盈を追放して六卿の力を弱めようとしたが、欒盈はのちに亡命先から帰国して叛乱を起こした。欒盈の軍は瞬く間に首都・絳に侵入し、平公は自殺しようとしたが士鞅(范鞅)にとめられた。のちに叛乱軍は正卿の士匄(范匄・士鞅の父)によって鎮圧され、欒氏の宗族は滅ぼされた。 紀元前573年、士匄の死後、趙武が正卿になった。趙武は賢臣・羊舌肸の献言をよく聞き入れ、徳義をもって国を治めたので晋は栄えた。次の正卿の韓起の代になってもそれは同じであった。 晋が宋において「(多国間軍縮平和協定)」を主催し、初めて南方の大国・楚との和議がなったあと、紀元前544年、呉から聖人として名高い季札が晋にやってきた。季札は「晋の政権はこの三家(趙・魏・韓)に帰するでしょう」と予言した。 羊舌肸が秦の使者の接待役を命じる際に、子朱と争った。平公はこれを聞いて「晋は盛んになるだろうか。臣下の争うところは重大である」と(それだけ国事に真剣になってくれているのだ、と判断して)言うと、側に控えていた師曠は「公室はおそらく衰微するでしょう。臣下が徳ではなく力で競争しています」と言った。.

新しい!!: 紀元前540年と平公 (晋) · 続きを見る »

年表

年表(ねんぴょう)とは、歴史上の出来事を起こった年とともに年代順に並べたものである。タイムラインとも言う。 横方向に構成される場合(通常は左から右へと年代が下る)と縦方向に構成される場合がある。通常は歴史年表のことをいうが、科学史年表や音楽史年表のように特定のテーマのみの出来事を扱った年表もある。テーマ別の年表については「年表一覧」を参照のこと。.

新しい!!: 紀元前540年と年表 · 続きを見る »

仏滅紀元

仏滅紀元(ぶつめつきげん、Buddhist calendar)とは、釈迦が入滅したとされる年、またはその翌年を元年とする紀年法である。 仏暦(ぶつれき)ともいう。東南アジアの仏教徒の多い国などで用いられている。.

新しい!!: 紀元前540年と仏滅紀元 · 続きを見る »

余祭

余祭(よさい、? - 紀元前544年、在位:紀元前547年 - 紀元前544年)は、春秋時代の呉の第3代の王。姓は姫。別名は戴呉、あるいは句戴とも表記される。寿夢の子、諸樊の弟、余昧、季札の兄。 前548年冬12月、兄の諸樊が戦死すると、その跡を継いで王となった。しかし、紀元前544年夏5月、舟に乗り移動しながら各地を視察する巡回に出向いたときに、脚を切断され門衛にされた越の捕虜によって惨殺された(『春秋左氏伝』)。.

新しい!!: 紀元前540年と余祭 · 続きを見る »

マイナス (ギリシア神話)

マイナス(希: Μαινάδη, 英語: Maenad)はディオニューソス、バックスの女性信奉者である。ギリシア神話、ローマ神話に登場する。マイナデスは複数形。 マイナスは「わめきたてる者」を語源とし、狂暴で理性を失った女性として知られる。彼女らの信奉するディオニューソスはギリシア神話のワインと泥酔の神である。ディオニューソスの神秘によって、恍惚とした熱狂状態に陥った女性が、暴力、流血、性交、中毒、身体の切断に及んだ。彼女らは通常、キヅタ(常春藤)でできた冠をかぶり、子鹿の皮をまとい、テュルソスを持ち運んでいる姿で描かれる。そこで未開時代に見合った粗野で奔放な踊りを踊る。 ローマ神話では、ディオニューソスに対応するバックスに狐の皮(bassaris)を身につけさせる傾向が強くなった後、マイナスはBassarids(またはBacchae、 Bacchantes)としても知られることとなった。 説話におけるマイナスの振舞はエタノールの酩酊作用を説明しようとしたものである。エタノールは時として、素面ではとてもできないような破廉恥な所行の原因となる(原文のintoxicationはここでは「酩酊」の方があっているだろう)-->。 エウリピデースの悲劇、『バッコスの信女』の中で、テーバイのマイナデスが自分を崇拝しないということで、ペンテウスがディオニューソス崇拝を禁じた所、マイナデスに殺されてしまった。ディオニューソスはペンテウスの従兄弟だったのだが、彼をマイナデスの待つ森に誘き寄せた。そこでマイナデスはペンテウスを切り裂き、バラバラにした。マイナデスの中には母親アガウエーもまじっており、彼女がわが子の首を切り落とす場面がクライマックスである(その首はライオンのものと信じられていた)。 マイナデスの一党はオルペウスも殺した。 ギリシア芸術において、水とワインを混合する時に用いる混酒器(クラテール、:en:kraters)ギリシアのワインは濃く、水で割って飲むのが一般的だったにディオニューソスと戯れるマイナデスがしばしば描かれた。そこでは熱狂したマイナデスが林を駆け、たまたま出会った動物を八つ裂きにし皆殺しにする場面が描かれている。 ディオニューソスの呪いが女性の正気を失わせた他の例は、:en:Icarius(→ディオニューソス#神話),:en:Butes,:en:Dryas, 及び:en:Minyadesを参照されたい。.

新しい!!: 紀元前540年とマイナス (ギリシア神話) · 続きを見る »

マケドニア王国

マケドニア王国(Μακεδονικό βασίλειο)は、紀元前7世紀に古代ギリシア人によって建国された歴史上の国家である。現在のギリシャ共和国西マケドニア地方・中央マケドニア地方の全域と、マケドニア共和国南東部ドイラン・ボグダンツィ・ゲヴゲリヤ及び南西部レセン・オフリド各基礎自治体の一部、ブルガリア・ブラゴエヴグラト州のギリシャとの国境地帯、アルバニアのポグラデツ県・コルチャ県・デヴォル県の一部にまたがる地域にあった。北西ギリシア方言群のひとつであるマケドニア方言を話した。.

新しい!!: 紀元前540年とマケドニア王国 · 続きを見る »

ユダヤ暦

ユダヤ暦(ユダヤれき、הלוח העברי、Hebrew calendar)は、ユダヤ人の間で使われている暦法である。.

新しい!!: 紀元前540年とユダヤ暦 · 続きを見る »

リュキア

リュキア(Lycia, リュキア語では Trm̃misa, ギリシア語では Λυκία)は古代の地名で、現トルコ南沿岸のアンタルヤ県とムーラ県の地域にあたる。古代にはこの地域には多くの都市国家があり、強く連携していた。また、ローマ帝国の時代にはリュキア属州と名づけられた属州であった。.

新しい!!: 紀元前540年とリュキア · 続きを見る »

ローマ建国紀元

ーマ建国紀元(ローマけんこくきげん、Ab urbe condita, AVC/AUC, a.v.c./a.u.c.)は、初代ローマ王ロームルスが古代ローマを建国したとされる、西暦換算で紀元前753年を元年(紀元)とする紀年法である。古代ローマで使われていた暦法であるローマ暦(ロームルス暦)とは異なる。 西暦2000年はAUC 2753年、東ローマ帝国が滅んだ西暦1453年はAUC 2206年となる。.

新しい!!: 紀元前540年とローマ建国紀元 · 続きを見る »

ローマ暦

ーマ暦(ローマれき)は、古代ローマで使用されていた暦法。狭義には、古代ギリシア暦を元にしてつくられた暦法を言う。ローマ建国紀元とは異なる。広義には、改暦されたユリウス暦もローマ暦に含める。さらに広義には、ユリウス暦を改暦して使用されたグレゴリオ暦も含む。本項では、ユリウス暦より以前のローマ暦について述べる。.

新しい!!: 紀元前540年とローマ暦 · 続きを見る »

ヴェーリア (アシェーア)

ヴェーリア地区は、イタリアのカンパーニア州サレルノ県アシェーアに属する、遺跡の残る地区である。ヴェーリアという地名は、古代都市エレア(Elea)のラテン語名ウェリア(Velia)にちなむ。この古代都市は、本来、マグナ・グラエキア時代に当たる紀元前538年から同535年頃にギリシャ人たちによって建造されたもので、当時はヒエレ(Hyele)といった。この町が有名なのは、哲学者パルメニデスやゼノンも含むエレア派の根拠地だったためである。 古代エレアのアクロポリスの遺跡はかつては岬にあったものの、現在は内陸にあり、中世にカステッランマーレ・デッラ・ブルカ(Castellammare della Bruca)と改称した。.

新しい!!: 紀元前540年とヴェーリア (アシェーア) · 続きを見る »

ヘール・ボップ彗星

ヘール・ボップ彗星(ヘール・ボップすいせい、Comet Hale-Bopp、公式符号 C/1995 O1)は、1997年に非常に明るくなった彗星である。「1997年の大彗星 (The Great Comet of 1997)」とも呼ばれている。HB彗星と略称されることもある。 おそらく20世紀で最も広く観測されたであろう彗星である。18か月もの期間にわたって肉眼で見ることができ、これはそれまで記録を保持していたの2倍にもなった。 ヘール・ボップ彗星は1995年7月23日に太陽から非常に遠い位置で発見され、太陽の近くを通過する頃には非常に明るくなるのではという期待が高まった。彗星の明るさをある程度正確に予想するのは非常に難しいが、ヘール・ボップ彗星は1997年4月1日の近日点通過の頃には、予想通りかそれを超える明るさになった。 彗星核が50kmと極めて大きかった。過去に観測された彗星の中でも最大級であると推定されている。公転周期は約2530年と考えられている。 1997年の春には、地球にあまり接近しなかったにも拘らず、-1等級前後の明るさになり、約3か月もの間肉眼で楽に見える状態が続いた。写真を撮ると、尾が明るく長く写り、白いダスト・テイル(塵の尾)と、青いイオン・テイル(イオンの尾)をはっきりと区別することができた。 ヘール・ボップ彗星の出現は、彗星についてはここ数十年無かったようなパニックを誘発した度合いもまた注目すべきものだった。彗星に続いて宇宙人の宇宙船がやってくるという噂が非常に広がり、カルト団体であるヘヴンズ・ゲートの信者の集団自殺を引き起こした。.

新しい!!: 紀元前540年とヘール・ボップ彗星 · 続きを見る »

ディオニューソス

ヘレニズム時代の原物を模した2世紀のローマのディオニューソス像 ディオニューソス(ΔΙΟΝΥΣΟΣ, Διόνυσος, )は、ギリシア神話に登場する豊穣とブドウ酒と酩酊の神である。この名は「若いゼウス」の意味(ゼウスまたはディオスは本来ギリシア語で「神」を意味する)。オリュンポス十二神の一柱に数えられることもある。 聖獣は豹、虎、牡山羊、牡牛、牡鹿、蛇、イルカ、狐、ロバで、聖樹は葡萄、蔦であり、先端に松笠が付き葡萄の蔓や蔦が巻かれたテュルソスの杖、酒杯、豊穣の角もその象徴となる。また、アメシストとの関係も深い。 日本語では長母音を省略してディオニュソス、デオニュソスとも呼ぶ。別名にバッコス(Βάκχος, Bakkhos)があり、ローマ神話ではバックス(Bacchus)と呼ばれ、豊穣神のリーベルと、エジプトではオシリスと同一視された。.

新しい!!: 紀元前540年とディオニューソス · 続きを見る »

ベトナム

ベトナム社会主義共和国(ベトナムしゃかいしゅぎきょうわこく、)、通称 ベトナム()は、東南アジアのインドシナ半島東部に位置する社会主義共和国。首都はハノイ。ASEAN加盟国、通貨はドン、人口9,250万人(2014年末)。 国土は南北に細長く、北は中華人民共和国、西はラオス、南西はカンボジアと国境を接する。東は南シナ海に面し、フィリピンと相対する。.

新しい!!: 紀元前540年とベトナム · 続きを見る »

周(しゅう、、紀元前1046年頃 - 紀元前256年)は、中国古代の王朝。殷を倒して王朝を開いた。紀元前771年の洛邑遷都を境に、それ以前を西周、以後を東周と、2つの時期に区分される。国姓は姫(き)。周代において中国文明が成立したとみられる。.

新しい!!: 紀元前540年と周 · 続きを見る »

呉 (春秋)

呉(ご、拼音:wú、紀元前585年頃 - 紀元前473年)は、中国の春秋時代に存在した君国の一つ。現在の蘇州周辺を支配した。君主の姓は姫。元の国号は句呉(こうご、くご)。 勾呉の表記もなされる。 中国の周王朝の祖、古公亶父の長子の太伯(泰伯)が、次弟の虞仲(呉仲・仲雍)と千余家の人々と共に建てた国である。虞仲の子孫である寿夢が国名を「句呉」から「呉」に改めた。 紀元前12世紀から紀元前473年夫差王まで続き、越王の勾践により滅ぼされた。 国姓は姫(き)。.

新しい!!: 紀元前540年と呉 (春秋) · 続きを見る »

アミュンタス1世

アミュンタス1世(希:Ἀμύντας Aʹ、ラテン文字転記:Amyntas I、在位:紀元前547年 - 紀元前498年)は、アルゲアス朝のマケドニア王である。 アミュンタス1世は先代の王アルケタス1世の子で、次代の王アレクサンドロス1世の父である。 パイオニア人がアケメネス朝ペルシアに征服された後、アミュンタスの許にペルシア王ダレイオス1世から服属を要求する使節のペルシア人が来て、アミュンタスはそれに応じた。その時開かれた宴においてペルシア人たちがマケドニアの女性たちに対して狼藉を働いた。アミュンタスは我慢していたが、王子のアレクサンドロスは腹を立てて使節たちに女装させた刺客を差し向けて殺した。この事件はアレクサンドロスが帰らぬペルシアの捜索隊の隊長を買収したため事なきを得た。 また、アミュンタスは他国と初めて国交を結んだマケドニア王であり、アテナイの僭主ヒッピアスと同盟を結んだ。ヒッピアスが国を追われた際、アミュンタスはアンテムスという町を提供しようとしたが、ヒッピアスはそれを断ってシゲイオン(ヒッピアスの父ペイシストラトスの子ヘゲシストラトスが治める都市)に向かった。.

新しい!!: 紀元前540年とアミュンタス1世 · 続きを見る »

アンフォラ

トルコ、ボドルム城に展示されたアンフォラ アンフォラもしくはアンポラ(amphora、複数形は amphorae もしくは amphoras)とは陶器の器の一種で、2つの持ち手と、胴体からすぼまって長く伸びる首を有する。 アンフォラは最初、紀元前15世紀ごろのレバノンからシリアの海岸に現れて古代世界に広まり、古代ギリシア・ローマにおいては、ブドウ、オリーブ・オイル、ワイン、植物油、オリーブ、穀物、魚、その他の必需品を運搬・保存するための主要な手段として用いられた。 ドレッセル 1B タイプのアンフォラ1: 縁 2: 首 3: 持ち手 4: 肩 5: 胴 6: 脚 アンフォラはギリシア時代から産業として生産され、地中海世界で7世紀ごろまで使用された。その後、木や皮の容器がアンフォラにかわって使用されたようである。 海洋考古学者にとってもアンフォラは有益である。沈没船のアンフォラからは、しばしば難破した船の時代や国籍を知ることができるのである。それらは時折、もとの内容物がまだ残るほどの、たいへんよい保存状態で発見される。そこから、古代地中海の人々の食習慣や売買システムなど、貴重な情報を得ることができるのである。 アンフォラには2種類のタイプが存在する。ひとつは首と胴体とが鋭い角度で接続するネック・タイプ、もうひとつは首と胴体とが連続して湾曲線を描くワンピース・タイプである。 後期幾何学様式のアッティカの大きなアンフォラ。紀元前725年 – 紀元前700年 ネック・タイプのアンフォラは、古代ギリシア時代の初期には一般的に用いられたが、紀元前7世紀ごろから徐々にワンピース・タイプへと切り替わっていった。ほとんどのアンフォラは底部を尖った形に作ってあり、柔らかい地面に突き立てることによって真っ直ぐに保つことができる。 アンフォラの高さにはさまざまな種類がある。大きなタイプで1.5メートルの高さがあるかと思えば30センチ以下のものもあり、最も小さなタイプは「amphoriskoi(小さなアンフォラ)」と呼ばれた。多くのものは45センチの高さである。いくつかの種類に重要な規格統一が見られる。一例として、ワインのアンフォラはおよそ39リットルの容量を標準とし、ローマ帝国では「アンフォラ (amphora quadrantal)」という単位が生まれた。全体では、約66種類のアンフォラが確認されている。 高度な装飾が描かれたアンフォラが、社会的・儀礼的目的のため数多く生産された。その図案は、他の実用的な種類のものとはかなり異なる。例えば、広い口と丸い基部を持ち、表面が艶出しされて、人物像や幾何学的紋様で装飾されている、といったものである。こういった「パナシナイコ・アンフォラ (現代ギリシャ語:Παναθηναϊκός αμφορέας)(Panathenaic Amphorae)」は、しばしば賞与の品とされた。「我はアテネよりの賞与なり」の銘を刻まれたアンフォラが残っているが、これは、紀元前6世紀から紀元前2世紀にかけて行われたパナシナイコ・フェスティバル (Panathenaic Festival) のトロフィーである。 装飾アンフォラは、葬儀にも用いられた。主に葬儀に用いられたのは、アンフォラの一種ルートロフォロス (loutrophoros) である。アンフォラが死者の遺灰の容器として使われる一方、特大の花瓶も墓碑として用いられた。 ギリシアのアンフォラ。女神アテナが描かれている。 「アンフォラ」という言葉はラテン語で、ギリシア語の「 Αμφορέας 」に由来する。これは「両側に」を意味する「amphi-」と、「pherein(運ぶ)」から派生した「phoreus(運搬器)」とが結合してできた語である。.

新しい!!: 紀元前540年とアンフォラ · 続きを見る »

アケメネス朝

アケメネス朝(古代ペルシア語: 𐏃𐎧𐎠𐎶𐎴𐎡𐏁 ハカーマニシュ、Ἀχαιμένης アカイメネース)は、古代オリエントに存在した王朝・帝国・遊牧国家。.

新しい!!: 紀元前540年とアケメネス朝 · 続きを見る »

エピカルモス

のエピカルモス(ギリシャ語:Επίχαρμος ὁ Κῷος.)またはエピカルムス・コミクス・シュラクサヌス(ラテン語:Epicharmus Comicus Syracusanus)は古代ギリシアの劇作家、哲学者。エピカルモスが生きていたのは、おおよそ紀元前650年から紀元前560年までの100年間と信じられている。最初の喜劇作家たちの1人で、ドーリア人とシケリア人の喜劇形式を考案したとよく言われる。アリストテレスは、エピカルモスとポルミスが喜劇の筋を発明したと言っている。エピカルモスに関する情報のほとんどはアテナイオス、ディオゲネス・ラエルティオスの著作とスーダ辞典に依っている。長文のテキストの断片がいくつかのパピルスの中に見つかったが、穴だらけで解読することは困難である。しかし、古代の大勢の著作家たちの本の中に、注釈や引用がある。たとえば、プラトンは『ゴルギアス』と『テアイテトス』の中でエピカルモスに言及し、『テアイテトス』の中ではソクラテスに、エピカルモスは喜劇の、そしてホメロスは悲劇の、それぞれの詩の第一人者と言わせている。その他の古代の著作家たちによるエピカルモスの引用は、ピカード=ケンブリッジの『古歌、悲劇、喜劇』や、カッセルとオースティンの『希臘喜劇詩人』の中に収められている。.

新しい!!: 紀元前540年とエピカルモス · 続きを見る »

エクセキアス

ディオニューソスと息子オイノピオーン。アッティカ黒絵式アンフォラ。紀元前540年から紀元前530年ごろ。大英博物館 (B 210) エクセキアス(Εξηκίας、Exekias)は古代ギリシアの陶芸家および陶器の絵付師で、おおよそ紀元前550年から紀元前525年のアテナイで活動した。彼の作品の多くはエトルリアなど地中海各地に輸出され、アテネに残っている作品は一部である。エクセキアスは主に黒絵式陶器を作った。これは黒色で像のシルエットを描き、乾いたところに刻線で細かい描写をし、時には赤や白の彩色を施してから焼く方式である。エクセキアスは黒絵式陶器の独自の極めて精緻な作品を残した陶芸家および絵付師として知られている。陶器絵付師アンドキデス (en) はエクセキアスの弟子の1人とされている。.

新しい!!: 紀元前540年とエクセキアス · 続きを見る »

キュロス2世

ュロス2世(古代ペルシャ語: 𐎤𐎢𐎽𐎢𐏁 、Κῦρος キューロス、کوروش、紀元前600年頃 - 紀元前529年)は、アケメネス朝ペルシアの初代国王(諸王の王:紀元前550年 - 紀元前529年)。古代エジプトを除く全ての古代オリエント諸国を統一して空前の大帝国を建設した。現代のイラン人は、キュロスをイランの建国者と称えている。.

新しい!!: 紀元前540年とキュロス2世 · 続きを見る »

クサントス

ントス (リュキア語: Arñna, Ξάνθος, Ksantos) は古代リュキアの都市である。現在のトルコ南部で地中海に面するアンタルヤ県にあり、早い時代の文献では、クサントスの言葉自体が、リュキア全体を意味していた。1988年に、ユネスコの世界遺産に、レトーンとともに登録された。.

新しい!!: 紀元前540年とクサントス · 続きを見る »

コス島

島(Κώς / Kos)は、エーゲ海南東部、ドデカネス諸島にあるギリシャ領の島。.

新しい!!: 紀元前540年とコス島 · 続きを見る »

哀公 (陳)

哀公(あいこう)は、春秋時代の陳の君主(在位前568年 - 前534年)。姓は媯、名は弱。成公の子として生まれた。成公の後をうけて陳国の君主となった。 哀公3年(紀元前566年)、楚軍が陳を包囲した。 35年(紀元前534年)、哀公は病床についた。3月、哀公の弟の公子招が公子偃師を殺害し、公子留を世子に立てた。公子招が兵を出して哀公を包囲したため、4月に哀公は自ら縊死した。9月、楚の公子弃疾が兵を率いて陳を包囲した。11月、陳はひとたび滅んだ。.

新しい!!: 紀元前540年と哀公 (陳) · 続きを見る »

共和政ローマ

共和政ローマ(きょうわせいローマ)は、紀元前509年の王政打倒から、紀元前27年の帝政の開始までの期間の古代ローマを指す。 この時期のローマは、イタリア中部の都市国家から、地中海世界の全域を支配する巨大国家にまで飛躍的に成長した。帝政成立以後ではなく地中海にまたがる領域国家へと発展して以降を「ローマ帝国」と呼ぶ場合もある。また、1798年に樹立されたローマ共和国 (18世紀)、1849年に樹立されたローマ共和国 (19世紀)と区別するために「古代ローマ共和国」と呼ばれることもある。.

新しい!!: 紀元前540年と共和政ローマ · 続きを見る »

神武天皇即位紀元

武天皇即位紀元(じんむてんのうそくいきげん)または神武紀元は、『日本書紀』の記述をもとに設定された日本の紀年法である。古事記や日本書紀で日本の初代天皇とされる神武天皇の即位は、日本書紀に「辛酉の年」とある。それが、江戸前期の暦学者渋川春海の編纂による「日本長暦」において(西暦でいう)紀元前660年と比定され、また渋川の推理による当時の暦によるその1月1日が、現在の暦(グレゴリオ暦)の2月11日と比定されたものが、そもそも神代のことであり、特に改める必要もないとしてそのまま通用している(詳細は注および後述)。この即位年を明治に入り神武天皇即位紀元の元年と制定した。 異称は皇紀(こうき)、即位紀元、皇暦(すめらこよみ、こうれき)、神武暦(じんむれき)、日紀(にっき)等。 西暦#time: Y年(本年)は、神武天皇即位紀元年に当たる。.

新しい!!: 紀元前540年と神武天皇即位紀元 · 続きを見る »

(しん、、紀元前778年 - 紀元前206年)は、中国の王朝。周代、春秋時代、戦国時代にわたって存在し、紀元前221年に中国を統一したが、紀元前206年に滅亡した。統一から滅亡までの期間(紀元前221年 - 紀元前206年)を秦朝、秦代と呼ぶ。国姓の本姓は、氏は趙。統一時の首都は咸陽。.

新しい!!: 紀元前540年と秦 · 続きを見る »

簡公 (鄭)

簡公(かんこう、紀元前?年 - 紀元前530年)は、鄭の第17代君主。釐公の子。.

新しい!!: 紀元前540年と簡公 (鄭) · 続きを見る »

紀年法

紀年法(きねんぽう)とは、年を数えたり、記録する方法をいう。.

新しい!!: 紀元前540年と紀年法 · 続きを見る »

紀元前1世紀

ーマ帝国の成立。紀元前27年にオクタウィアヌスが「アウグストゥス」の称号を得てローマの帝政時代が始まった。画像はヴァティカン美術館所蔵の「プリマポルタのアウグストゥス」。 エジプト女王クレオパトラ7世。絶世の美女として知られるが、衰勢のプトレマイオス朝存続のためにローマの有力者と結ばざるを得ない事情があった。画像は19世紀フランスの画家ジャン・レオン・ジェロームの歴史画で、女王とユリウス・カエサルの出会いの状況を描いている。 カッシウスやブルートゥスに暗殺された。画像は暗殺直後を描いたジャン・レオン・ジェロームの歴史画。 アグリッパによって建設された。 ケルト人の消長。カエサルの遠征でアルプス以北のガリアは共和政ローマに帰服した。これらの地に住んでいたケルト人(ガリア人)たちはラ・テーヌ文化の担い手とも考えられている。画像はラ・テーヌ文化を代表するグンデストルップの大釜。 アンティオコス1世により独特な墳墓が営まれた。 王昭君。前漢と匈奴の和平のために呼韓邪単于へと嫁ぐことになった悲劇の女性として語り継がれた。画像は明治時代の菱田春草の「王昭君図」。 銅鐸の祭祀。荒神谷遺跡と並ぶ古代出雲を代表する加茂岩倉遺跡からは39個の銅鐸が出土した。これら銅鐸の製作年代は弥生時代中期から後期にわたる。画像は島根県立古代出雲歴史博物館での展示の様子。 紀元前1世紀(きげんぜんいっせいき、きげんぜんいちせいき)は、西暦による紀元前100年から紀元前1年までの100年間を指す世紀。紀元前を区分する最後の世紀でもある。紀元1世紀の直前の世紀である。「紀元0世紀」というものは存在しない。 なお、天文学やISO 8601では、紀元前1年を西暦0年と定めている(詳細は「紀元前1年#西暦0年」または「0年#西暦0年」を参照のこと)。.

新しい!!: 紀元前540年と紀元前1世紀 · 続きを見る »

紀元前450年

紀元前450年は、ローマ暦の年である。当時は、「第二次十人委員会の年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元304年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前302年と表記されるのが一般的となった。.

新しい!!: 紀元前540年と紀元前450年 · 続きを見る »

羊舌キツ

羊舌 肸(ようぜつ きつ、生没年不詳)は、中国春秋時代の晋の公族・政治家。姓は姫、氏は羊舌、諱は肸、字は叔向。羊舌職の子。同母兄に羊舌赤(伯華)、同母弟に羊舌鮒(叔魚)、異母弟に羊舌虎(叔虎)。平公の傅をつとめ、該博をもって知られた賢人。.

新しい!!: 紀元前540年と羊舌キツ · 続きを見る »

燕 (春秋)

燕(えん、紀元前1100年頃 - 紀元前222年)は、中国に周代、春秋時代、戦国時代にわたって存在した国。春秋十二列国の一つ、また戦国七雄の一つ。河北省北部、現在の北京を中心とする土地を支配した。首都は薊(けい)で、現在の北京にあたる。燕都・薊城の遺蹟は北京市西城区に所在する。.

新しい!!: 紀元前540年と燕 (春秋) · 続きを見る »

韓起

韓 起(かん き、? - 紀元前514年)は、中国春秋時代の晋の政治家、将軍。姓は姫、氏は韓、諱は起、諡は宣。韓厥の庶子。韓宣子と呼ばれる。 韓起は庶子と言う立場上、当主の座とは無縁の立場にあったが、嫡兄の韓無忌が不治の病に罹って嫡子の座を辞退した為、韓起が兄に代わって、紀元前566年に韓厥の後を継いで韓氏当主になった。 その6年後の紀元前560年、正卿・中軍の将の智罃と下軍の佐の士魴とが相次いで亡くなり、順送り人事で荀偃(中行偃)と士匄が昇進した後の上軍の将の後任として、悼公からその地位に任じられるが、韓起はそれを辞退し、代わりに父の韓厥が後見していた趙武を推挙した。悼公はその謙虚さに感じ入り、韓起を趙武のすぐ下の上軍の佐に任命した。これ以降韓起は、趙武と共に国政に当たっていく事になる。 その後韓起は、趙武や羊舌肸(叔向)と共に晋と楚の講和に尽力し、紀元前546年に弭兵の会にて楚や斉、鄭、宋等の周辺諸国との講和を実現させるに至る。 紀元前541年に趙武が死去した後、韓起はその後任として正卿・中軍の将となる。だが、父の韓厥が清貧を貫いて家産を余り残さなかった為に、正卿としての活動がやり難い事を叔向に語った。これに対して叔向は「かつての欒氏や郤氏は裕福であり高慢であった為に人の恨みを買って滅びました。今あなたは貧乏であるので徳義を行う事が出来ます。」と逆にその清貧さを祝った。これを聞いた韓起は「滅びる所をあなたのお陰で長らえる事が出来ました。先祖桓叔以下、感謝致します」と額づいて叔向に礼を言った。 紀元前514年に病没。死後、「宣」を諡され、韓宣子と呼ばれる。 Category:春秋戦国時代の人物 Category:紀元前514年没.

新しい!!: 紀元前540年と韓起 · 続きを見る »

衛の位置 衛(えい、紀元前11世紀 - 紀元前209年)は、中国の周代・春秋時代から戦国時代にかけて河南省の一部を支配した諸侯国。 衛の始祖は周の文王の九男の康叔である。三兄の管叔鮮等が殷より周を攻め、四兄の周公旦が乱を鎮めた後に、康叔は周より衛君に封じられ、二分された殷の遺民の一方を民とし朝歌を都とした。 第8代頃侯の時、多くの財物を周王朝に献上したことから侯爵に叙された。第10代武公の時には、周の幽王が犬戎に殺されると、兵を率いて犬戎討伐に駆けつけ、その功により周王室から公爵に叙された。 その領土は狭いとはいえ、黄河流域の中原の中心地であり、先進地帯であった。しかしそのため、衛は周辺諸国との折衝に忙殺されることになる。紀元前660年には狄により滅ぼされるが、斉の桓公の助力により国を復活した。のちには亡命時代の晋の文公を冷遇して他国へ移らせ、孔子を迎え入れた時にも冷遇して他国へ追いやるなど、優秀な人材が滞在してもすぐに出国してしまう状況であった。また、公族の一人であった商鞅は魏を経て秦に仕えて活躍している。 戦国時代には韓・魏の半属国状態となり、紀元前240年には秦に事実上滅ぼされるものの、名目的には細々と続き、最終的には最後の君主・衛君角が紀元前209年に秦の二世皇帝(胡亥)に廃されることによって滅んだ。.

新しい!!: 紀元前540年と衛 · 続きを見る »

西暦

西暦(せいれき)とは、キリスト教でキリスト(救世主)と見なされるイエス・キリストが生まれたとされる年の翌年を元年(紀元)とした紀年法である。ラテン文字表記はヨーロッパ各国で異なるが、日本語や英語圏では、ラテン語の「A.D.」又は「AD」が使われる。A.D.またADとは「アンノドミニ (Anno Domini)」の略であり、「主(イエス・キリスト)の年に」という意味。西暦紀元、キリスト紀元ともいう。 今年は2018年 (JST) である。西ヨーロッパのキリスト教(カトリック教会、および後のプロテスタント)地域から徐々に普及し(後述)、西欧諸国が世界各地で進めた植民活動などによって伝わった結果、現在において世界で最も広く使われている紀年法となっている。 しかし、19世紀以降においては、非キリスト教徒との関係から、ADをCommon Era(略:CE、「共通紀元」の意)へ、同時に紀元前(BC)をBefore Common Era(BCE)に切り替える動きが広まっている。.

新しい!!: 紀元前540年と西暦 · 続きを見る »

襄公 (衛)

襄公(じょうこう、紀元前?年 - 紀元前535年)は、衛の第28代君主。献公の子。.

新しい!!: 紀元前540年と襄公 (衛) · 続きを見る »

魯(ろ)は、中国の王朝名・地名。地名としての魯は現在の中国山東省南部を指す。山東省全体の略称(雅名)としても用いられる。 王朝としての魯(紀元前1055年 - 紀元前249年)は、中国大陸に周代、春秋時代、戦国時代に亘って存在した国である。代々の魯公(魯の君主)の爵位は侯爵であり、姓は姫(き)である。首府は曲阜。 周公旦(周王朝の開祖である武王の弟で、武王の子成王を補佐した)の子伯禽が成王によって封ぜられて成立した。 春秋時代に入ってからは、晋・斉・楚といった周辺の大国に翻弄される小国となる。しかも、国内では、魯の公族である三桓氏が政治の実権を握り、国政はたびたび混乱した。 しかしながら、この混乱した小国が思想史・文化史に果たした役割は大きい。周王朝の礼制を定めたとされる周公旦の伝統を受け継ぎ、魯には古い礼制が残っていた。この古い礼制をまとめ上げ、儒教として後代に伝えていったのが、魯の出身である孔子であり、その一門である。孔子が儒教を創出した背景には、魯に残る伝統文化というものがあったからともいえる。ちなみに孔子が魯に仕えていたのは若年時のみで(?)、老年期まで各国に弟子と共に放浪していた。なお、「春秋」は、隠公元年(紀元前722年)から、哀公14年(紀元前481年)までの魯国の年次記録が基になっている。 孔子の死後、国としての魯はますます衰退し、事実上として三桓氏に分割されてしまう。魯公室は細々と生き残るが、紀元前249年に楚に併合され、滅亡した。.

新しい!!: 紀元前540年と魯 · 続きを見る »

黄河

河流域 黄河(こうが、、ファンフー)とは、中国の北部を流れ、渤海へと注ぐ川。全長約5,464kmで、中国では長江(揚子江)に次いで2番目に長く、アジアでは長江とエニセイ川に次いで3位、世界では6番目の長さである。なお、河という漢字は本来固有名詞であり、中国で「河」と書いたときは黄河を指す。これに対し、「江」と書いたときは長江を指す。現在の中国文明の直接の母体である黄河文明を育んだ川であり、中国史上において長江と並び巨大な存在感を持つ河川である。.

新しい!!: 紀元前540年と黄河 · 続きを見る »

辛酉

辛酉(かのととり、しんゆう)は、干支の一つ。 干支の組み合わせの58番目で、前は庚申、次は壬戌である。陰陽五行では、十干の辛は陰の金、十二支の酉は陰の金で、比和である。.

新しい!!: 紀元前540年と辛酉 · 続きを見る »

霊侯 (蔡)

霊侯(れいこう、生年不詳 - 紀元前531年)は、春秋時代の蔡の君主。姓は姫、名は般。景侯の子。蔡の太子となった。紀元前543年、姫般は楚から妻を迎えたが、景侯が彼女と密通した。姫般は景侯を殺害して、自ら即位した。紀元前538年、霊侯は楚の霊王の主催する申の会合に参加した。楚と諸侯の連合軍とともに呉に進攻した。翌年、再び楚および諸侯とともに呉に進攻した。紀元前531年、霊侯は楚の霊王に申に招かれ、酒に酔いつぶれたところを殺害された。在位12年。楚の公子弃疾の攻撃により、蔡は陥落し、蔡はひとたび滅亡した。.

新しい!!: 紀元前540年と霊侯 (蔡) · 続きを見る »

霊王 (楚)

霊王(れいおう、? - 紀元前529年、在位:紀元前540年 - 紀元前529年)は、中国の春秋時代の楚の第27代君主、第10代の王。姓は羋、氏は熊。諱は囲、のちに虔と改名した。共王の次男。.

新しい!!: 紀元前540年と霊王 (楚) · 続きを見る »

蔡(さい、)、紀元前11世紀 - 紀元前447年)は周代に中国に存在した侯国。国姓は姫姓。首都は上蔡(現在の河南省駐馬店市上蔡県の南西)にあり、そこを中心として現在の河南省上蔡県一帯を領土とした。後、首都を新蔡(現在の河南省駐馬店市新蔡県)に遷した。周の武王が実弟・蔡叔度を侯爵に封じたのが始まり。紀元前531年楚に攻められて新蔡を追われ、首都を下蔡(現在の安徽省淮南市鳳台県)に遷したが、のち楚の恵王に滅ぼされた。.

新しい!!: 紀元前540年と蔡 · 続きを見る »

鄭(てい、紀元前806年 - 紀元前375年)は、中国の西周時代から春秋戦国時代まで存在した国。姓は姫、爵位は伯爵。現在の中華人民共和国河南省に位置した。 周の宣王の同母弟、姫友(桓公)が鄭(現在の陝西省渭南市華州区)に封じられたことに始まる。幽王の時、桓公は西周滅亡の混乱を避け、国民とともに東虢(とうかく)と鄶(かい)の間に遷った。 次の武公は即位すると、まず東虢と鄶を攻め滅ぼし、都を新鄭に定めた。武公・荘公は東周の平王の卿士となり周の再建をたすけた。しかし荘公はやがて周朝と反目するようになり、親征してきた周王直卒の連合軍を大破した。荘公には即位時からの謀臣として祭仲という賢臣がいたが、荘公の子である厲公は祭仲と対立し、暗殺しようとしたが事前に露見し、君主の座から逃げ出して副首都に逃げた。厲公は祭仲がいなくなった後、復位した。 その頃、斉の桓公が東方の覇者となり、その会盟に参加したもののむやみやたらと強い自尊心の為に会盟から脱退していた。その後、周の恵王が即位した際に再度卿士として政権の中枢へ返り咲いた。その後も鄭は王族である自尊心が強くみられ、それにより晋の文公(この時は重耳と名乗っていた)が諸国放浪中に鄭国内に立ち寄った際にも、厲公の子である文公は「流浪中の老人」と重耳を揶揄して粗略な扱いをしたために重耳から睨まれ、重耳が晋君に即位した後に誅されることとなった。 以降、晋と楚の二大勢力の狭間で、晋に属しながらも楚に表向きには従う、という、いわゆる「面従腹背」を繰り返し、それを嫌った楚の荘王による討伐軍を受けることになり、いわゆる邲の戦いへと発展することになった。このように春秋時代初期は強国であったが、小国であるが故に晋と楚との二大勢力による争いに巻き込まれ、徐々に衰退・没落した。それでも、名宰相として有名な子産が、土地制度・軍制・税制・法制を改革して国力を整理・増強し、外交にも手腕を振るったことで一時は荘公以来の全盛期となった。しかしそれも子産の死後は再び振るわなくなった。 紀元前375年、韓に滅ぼされた。.

新しい!!: 紀元前540年と鄭 · 続きを見る »

陳 (春秋)

陳(ちん、紀元前11世紀 - 紀元前478年)は、周代の諸侯国のひとつ。国姓は嬀。 周の武王が舜の子孫を捜索して嬀満を見出し、これを陳(現代の河南省淮陽県)に封じたのが国の始まりとされる。陳は小国の地位を脱することができず、南方で楚が台頭すると、これに従属するようになった。春秋時代には晋・楚の二大国の争いに翻弄され、さらには呉の台頭によって圧迫を受けた。紀元前478年に陳は楚の恵王によって滅ぼされた。 余談となるが、話はさかのぼって紀元前672年に陳の厲公の子の陳完が斉に亡命した。後にこの陳完の子孫が田氏を名乗るようになった。田氏は斉国内で大きな勢力を持つにいたり、紀元前386年には公室を簒奪して斉の君主となった。.

新しい!!: 紀元前540年と陳 (春秋) · 続きを見る »

陳無宇

陳 無宇(ちん むう、生没年不詳)は、中国春秋時代の斉の政治家。姓は嬀、氏は陳、あるいは田、諱は無宇、諡は桓。父は陳須無(陳文子)。霊公、荘公光、景公の3代に仕える。陳桓子、田桓子とも呼ばれる。田開、田乞、田書の父。.

新しい!!: 紀元前540年と陳無宇 · 続きを見る »

恵公 (燕)

恵公(けいこう、生年不詳 - 紀元前535年)は、春秋時代の燕の君主。名は款。懿公の子。紀元前545年、懿公の後を受けて燕国の君主となった。 紀元前539年、恵公は大夫たちを解任して、寵臣を大夫に立てようとしたため、大夫たちの反発を受けた。寵臣宋を殺害されると、恵公は斉に亡命した。 紀元前536年、斉の景公が晋に赴き、燕に対する共同の出兵を申し入れた。晋の平公はこれを受け入れ、晋と斉の連合軍が燕を攻撃した。紀元前535年、燕の国人たちは屈服し、恵公は帰国できたが、まもなく死去した。.

新しい!!: 紀元前540年と恵公 (燕) · 続きを見る »

楚 (春秋)

楚(そ - 紀元前223年)は、中国に周代、春秋時代、戦国時代にわたって存在した王国。現在の湖北省、湖南省を中心とした広い地域を領土とした。首都は郢と称したが、名前が同じだけで場所は何度か変わっている。.

新しい!!: 紀元前540年と楚 (春秋) · 続きを見る »

檀君紀元

1956年に韓国で発行された記念切手。上部に「4289年12月4日」と檀君紀元で表記されている 檀君紀元(だんくんきげん)は、朝鮮神話の最初の王檀君王倹の即位を紀元とする紀年法である。「檀紀」(だんき)とも呼ばれる。 『三国遺事』や『東国通鑑』の檀君即位の記述(「中国の堯の即位から50年目」)や『世宗実録地理志』にある記述(「唐堯的即位二十五年・戊辰」、堯の即位から25年目)などを根拠に檀君即位の年を西暦紀元前2333年とし、これを檀紀元年としている。(『桓檀古記』に含まれる「檀君世紀」をもとにしたという説は誤り)但し、『三国史記』には檀君という王がいたことは全く書かれていない。また、檀君神話は朝鮮の古くからの独立を示すための創作説話だろうと推測されており、国家としての檀君朝鮮の実在性も認められない。堯の即位から25年目とは、明の太祖朱元璋の即位年(1368年)と李氏朝鮮の李成桂の即位(1392年)をなぞらえたものと考えられている。 西暦年は、檀紀年である。.

新しい!!: 紀元前540年と檀君紀元 · 続きを見る »

武公 (曹)

武公(ぶこう、? - 紀元前528年)は、春秋時代の曹の君主(在位前555年 - 前528年)。姓は姫、名は勝。成公の子として生まれた。成公の後をうけて曹国の君主となった。在位27年。.

新しい!!: 紀元前540年と武公 (曹) · 続きを見る »

朝鮮

統一旗 朝鮮(ちょうせん、チョソン、조선)は、朝鮮半島および済州島、巨文島、鬱陵島など周囲の島嶼・海域を併せた地域を表す呼称。ユーラシア大陸の東端に位置し、北西に中華人民共和国、北東にロシア、南東に対馬海峡西水道(朝鮮海峡)を隔てて日本と隣接する。 この地の全域を、大韓民国(韓国)も朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)も共に自国の領土に定めており、両国の領土は完全に一致重複している。しかし現実は朝鮮戦争以降、軍事境界線(38度線)を境に北半部は北朝鮮が、南半部は韓国が実効支配している。.

新しい!!: 紀元前540年と朝鮮 · 続きを見る »

昭公 (魯)

昭公(しょうこう、生年不詳 - 紀元前510年)は、魯の第25代君主。名は稠。襄公の子。紀元前542年、異母兄の姫野が死去すると、即位した。紀元前517年、昭公は季孫氏を討って大敗した。昭公は斉に逃れ、後に晋に移ったが、魯に帰ることはなかった。紀元前510年、昭公は晋の乾侯の地で死去した。 Category:魯の君主 Category:紀元前510年没.

新しい!!: 紀元前540年と昭公 (魯) · 続きを見る »

新バビロニア

新バビロニア(しんバビロニア、紀元前625年 - 紀元前539年)は、ナボポラッサルによりメソポタミア南部のバビロニアを中心に建国され、アケメネス朝ペルシアのキュロス2世によって征服されるまで、地中海沿岸地域に至る広大な領土を支配した帝国。首都はバビロン。以前はカルデア王国とも呼ばれたが、現在の研究によればナボポラッサルはカルデア人ではなく、この呼称は正しいとはいえない。.

新しい!!: 紀元前540年と新バビロニア · 続きを見る »

斉 (春秋)

斉(齊、せい、Qí、紀元前1046年 - 紀元前386年)は、周代、春秋時代、戦国時代初頭に亘って現在の山東省を中心に存在した国(諸侯)。周建国の功臣太公望によって立てられた国である。姓は姜、氏は呂であるため、戦国時代の斉(嬀斉・田斉)などと区別して姜斉または呂斉とも呼ばれる。紀元前386年に有力大夫の田和によって乗っ取られ、姜斉はこの時点で滅ぼされた。首都は臨淄。.

新しい!!: 紀元前540年と斉 (春秋) · 続きを見る »

日本

日本国(にっぽんこく、にほんこく、ひのもとのくに)、または日本(にっぽん、にほん、ひのもと)は、東アジアに位置する日本列島(北海道・本州・四国・九州の主要四島およびそれに付随する島々)及び、南西諸島・伊豆諸島・小笠原諸島などから成る島国広辞苑第5版。.

新しい!!: 紀元前540年と日本 · 続きを見る »

曹 (春秋)

曹(そう、紀元前1046年頃 - 紀元前487年)は、中国大陸に西周から春秋時代にわたって存在した小国である。君主の姓は姫(き)、都は陶丘(今の山東省菏沢市定陶区の南西)。 創始者は周の武王の弟の曹叔振鐸。紀元前637年、晋の公子である重耳(後の文公)が亡命の旅の途中に曹を訪れた。時の君主共公は重耳の駢胸(一枚肋(あばら))を覗こうとして、臣下の釐負羈に諌められた。後に、紀元前632年、文公が攻撃し、共公を捕虜とした時には、釐負羈一族の住居は無事だった。また、同姓の国を滅ぼすようでは覇者となれないとの忠告もあり、共公を曹に帰国させた。最後の君主曹伯陽の時代、紀元前499年に、ある人が土地の神によって曹国の滅亡を相談している夢を見た。夢の中では、始祖の曹叔振鐸が滅亡は公孫彊が現われてからにしてほしいと神たちに頼んだので、その時は事なきを得た。後に、実際に公孫彊という人物が曹伯陽に気に入られ、政治の実権を取ることで世に出るようになった。公孫彊の勧めで晋との盟に背き、宋を攻撃した。その翌年の紀元前487年に宋によって滅ぼされた。.

新しい!!: 紀元前540年と曹 (春秋) · 続きを見る »

景公 (秦)

景公(けいこう、? - 紀元前537年)は、秦の第13代公。桓公の子。.

新しい!!: 紀元前540年と景公 (秦) · 続きを見る »

景公 (斉)

景公(けいこう)は、春秋時代の斉の第26代君主。母の穆孟姫は魯の公族出身の宰相叔孫僑如の娘。霊公の子で荘公光の異母弟。娘は呉の闔閭の子の太子波(太子終纍)に嫁いだ。.

新しい!!: 紀元前540年と景公 (斉) · 続きを見る »

景王 (周)

景王(けいおう)は周朝の第24代王。霊王の子。 父同様に子沢山で、姫朝、太子の姫寿、姫猛、姫匄などがいた。 同母兄の太子姫晋が早世したため、太子となり父の後を継いだ。 庶長子の王子朝(姫朝)を差し置いて、嫡子の姫寿を太子に定めたが早世したため、その同母弟の姫猛(悼王)を太子にした。 Category:周の王 Category:紀元前520年没.

新しい!!: 紀元前540年と景王 (周) · 続きを見る »

晋 (春秋)

晋(しん、紀元前11世紀 - 紀元前376年)は、現在の中国山西省に西周代、春秋時代にわたって存在した国家である。始めは唐と呼ばれていたが、後に晋と改める。国姓は姫である。首府は翼、後に曲沃の分家が翼の宗家に取って代わった際に名を改め、絳と呼ばれるようになった。.

新しい!!: 紀元前540年と晋 (春秋) · 続きを見る »

1997年

この項目では、国際的な視点に基づいた1997年について記載する。.

新しい!!: 紀元前540年と1997年 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »