ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

紀元前16世紀

索引 紀元前16世紀

アガメムノンのマスク。アテネ国立考古学博物館蔵。 ファイストスの円盤。クレタ島のイラクリオン考古学博物館蔵。 紀元前16世紀(きげんぜんじゅうろくせいき)は、西暦による紀元前1600年から紀元前1501年までの100年間を指す世紀。.

60 関係: 古代エジプト夏 (三代)夏商周年表プロジェクト天子天乙世紀年表二里岡文化二里頭文化伊尹ミノア文明ミケーネミタンニネブラ・ディスクハレハットゥシャハットゥシリ1世ムルシリ1世ヤムハドラバルナ1世トトメス1世ヘブリディーズ諸島ヒッタイトピュロステリピヌテーベティリンスフルリ人ファイストスの円盤ドクター・フーアメンホテプ1世アレッポアトランティスアテネ国立考古学博物館アガメムノンのマスクイアフメス1世イオルコスウーニェチツェ文化エジプト第15王朝エジプト第16王朝エジプト第17王朝エジプト第18王朝カルナック神殿カルケミシュカーメスカッシート人クレタ島クズルウルマク川スコットランド...サウス・ウイスト島王家の谷西暦黄河鄭州市河南省易姓革命放伐 インデックスを展開 (10 もっと) »

古代エジプト

古代エジプト(こだいエジプト、Ancient Egypt)は、古代のエジプトに対する呼称。具体的にどの時期を指すかについては様々な説が存在するが、この項においては紀元前3000年頃に始まった第1王朝から紀元前30年にプトレマイオス朝が共和制ローマによって滅ぼされるまでの時代を扱う。.

新しい!!: 紀元前16世紀と古代エジプト · 続きを見る »

夏 (三代)

夏(か、紀元前1900年頃 - 紀元前1600年頃 )は、中国の史書に記された最古の王朝。夏后ともいう。夏・殷・周を三代という。『史記』『竹書紀年』などの史書には初代の禹から末代の桀まで14世17代、471年間続いたと記録されている。殷に滅ぼされた。従来、伝説とされてきたが、近年、考古学資料の発掘により実在の可能性もある。.

新しい!!: 紀元前16世紀と夏 (三代) · 続きを見る »

夏商周年表プロジェクト

夏商周年表プロジェクトは、 夏商周年表を作成したプロジェクトを指し、具体的な年代が判明していなかった中国古代の三代について、具体的な年代を確定させた中華人民共和国の第九次五カ年計画のプロジェクトの1つである。 中国語では、夏商周断代工程と呼称された(工程とはプロジェクトの意味)。.

新しい!!: 紀元前16世紀と夏商周年表プロジェクト · 続きを見る »

天子

天子(てんし)とは、中国や日本で用いられた君主の称号。天命を受けて天下を治める者の意。中国の周王や漢代以降の皇帝、日本の大王・天皇の別号として用いられた。 王は天(天帝)の子であり天命により天下を治めるとする古代中国の思想を起源とする。周代、周公旦によって「天帝がその子として王を認め王位は家系によって継承されていく。王家が徳を失えば新たな家系が天命により定まる」という「天人相関説」が唱えられ、天と君主の関係を表す語として「天子」が用いられるようになったという。秦の始皇帝により、天下を治める者の呼称が神格化された皇帝へと変わると、天子の称は用いられなくなったが、漢代にいたり儒教精神の復活をみると、再び天子の称が用いられるようになり、それは皇帝の別名となった。 皇帝の支配は、空間(領土)の支配と時間(暦と年号)に及び、皇帝以外の者の支配は許されなかった。前漢の武帝は、太陰暦と太陽暦を合体した太初暦を制定。皇帝の下した暦を用いるのが、皇帝の主権を認めた証拠となり、これを「正朔を奉ずる」と言った。皇帝は天帝に対しては天の子=天子として天を祭る儀礼を司り、それは皇帝だけに許された神聖儀礼として清朝に至るまで連綿と引き継がれた。密教における十二天の日天子・月天子としても用いられそれらが支配する太陽と月の世界のことを指す。 中国の影響を多く受けた日本でも、天子は大王・天皇の別名として用いられ、聖徳太子は「日出る処の天子、書を、日没する処の天子に致す。恙なきや」と記した国書を隋の煬帝に送っている。律令においては天皇が祭祀において用いる称号として規定されているが、天皇を指す語の1つとして広く使われるようになる。.

新しい!!: 紀元前16世紀と天子 · 続きを見る »

天乙

天乙(てんいつ、紀元前1600年頃)は商朝の初代王。名は履。殷墟出土の甲骨文占卜には、大乙、名は唐、成と見える。湯王(湯)、太乙、成湯、成唐とも呼ばれる。 それまでの勢力を制圧し中原の覇権を得て、亳に王都を築営した。殷の建国者として実在の可能性が高い。.

新しい!!: 紀元前16世紀と天乙 · 続きを見る »

世紀

世紀(せいき)とは、西暦を100年単位で区切った範囲に対しての呼称である。百年紀。“century”(英 /ˈsenʧɚi/ センチュリー)の訳語(語源はラテン語で「百」を意味する"centum")である。「世紀」を「C」という略記号で表すことがある(例えば、“20C ”は20世紀を表す)。 世紀は紀元後については、西暦元年(1年)から100年区切りごとに一単位として数える序数で表現される。また紀元前の世紀は、紀元前1年から遡って100年区切りごとに数える。このため、紀元0年が存在しないことと同様に、「0世紀」というものは存在しない。例えば、21世紀は英語で“The 21st (twenty-first) century ”と表現される「21番目の世紀」「第21世紀」という意味である。 また、天文学では時間的な「量」の単位としてユリウス世紀(.

新しい!!: 紀元前16世紀と世紀 · 続きを見る »

年表

年表(ねんぴょう)とは、歴史上の出来事を起こった年とともに年代順に並べたものである。タイムラインとも言う。 横方向に構成される場合(通常は左から右へと年代が下る)と縦方向に構成される場合がある。通常は歴史年表のことをいうが、科学史年表や音楽史年表のように特定のテーマのみの出来事を扱った年表もある。テーマ別の年表については「年表一覧」を参照のこと。.

新しい!!: 紀元前16世紀と年表 · 続きを見る »

亳(はく)は、古代中国の地名である。殷の都があったと伝えられる。 『史記』によれば、商はたびたび居住地を変えたが、天乙(成湯)に至ってはじめて亳に遷った。湯は夏王朝を滅ぼして殷の王になり、亳がその都になった。後、帝仲丁が都を隞に移し、その後も転々としたが、帝盤庚が成湯の故地に遷ってまた都を置いた。後、帝武乙のときにまた亳を去って黄河の北に都を移した。 河南省の二里岡遺跡に比定する説がある。.

新しい!!: 紀元前16世紀と亳 · 続きを見る »

二里岡文化

二里岡文化の栄えた範囲 二里岡文化(二里崗文化、にりこうぶんか、Erligang culture, 紀元前1600年頃-紀元前1400年頃)は、中国の黄河中流から下流を中心に栄えた青銅器時代の文化。河南省鄭州市で発見された二里岡遺跡からその名をとっており、殷の建国初期の都城と考えられている。.

新しい!!: 紀元前16世紀と二里岡文化 · 続きを見る »

二里頭文化

二里頭遺跡1号宮殿の平面図 1号宮殿の復元図 黒陶酒觚 青銅酒爵 二里頭遺跡三期から出土した陶器に刻まれた文字 二里頭文化の範囲を示した図 二里頭文化(にりとうぶんか、二里头文化、, Erlitou culture, 紀元前2100年頃-紀元前1800年頃または紀元前1500年頃)は、中国の黄河中流から下流を中心に栄えた新石器時代から青銅器時代初期にかけての文化であり、都市や宮殿を築いた。殷初期と考えられる二里岡文化に先行する。.

新しい!!: 紀元前16世紀と二里頭文化 · 続きを見る »

伊尹

伊尹 (いいん) は、夏末期から殷 (商) 初期にかけての政治家。商の成立に大きな役割を果たした。諱は摯(し)。.

新しい!!: 紀元前16世紀と伊尹 · 続きを見る »

ミノア文明

レタ島ミノア文明地図 ミノア文明(ミノアぶんめい)は、エーゲ文明のうち、クレタ島で栄えた青銅器文明のことである。伝説上のミノス王にちなみ、ミノス文明とも呼ばれるが、クレタ文明と呼ばれることもある。.

新しい!!: 紀元前16世紀とミノア文明 · 続きを見る »

ミケーネ

ミケーネ(古代ギリシア語:Μυκῆναι;ミュケーナイ、現代ギリシア語:Μυκήνες;ミキネス)は、ギリシャ・ペロポネソス地方アルゴリダ県市の古代都市。ペロポネソス半島東部に位置し、の2km西に位置する。1872年に、ハインリヒ・シュリーマンによって遺跡が発掘され、古代ギリシア以前の文明が発見された。これは、この地の名をとってミケーネ文明と呼ばれる。 近隣の都市としては、約30キロ北東にコリント、10キロ南にアルゴスが位置している。 ミケーネの遺跡は、獅子門、円形墳墓A、王室、アトレウスの墳墓が有名で、そのいずれも巨大な切り石を用いた建築である。ミノア文明のものに比べ、これらは非開放的で求心的、かつ重装備である。.

新しい!!: 紀元前16世紀とミケーネ · 続きを見る »

ミタンニ

'''ミタンニ'''の版図 ミタンニ(ヒッタイト語:Mi-ta-an-niあるいはMi-it-ta-ni、アッシリア語: Ḫa-ni-gal-bat - 「ハニガルバト」)はフルリ人が紀元前16世紀頃メソポタミア北部のハブル川上流域を中心に建国した王国である。多民族社会で戦士階級に支配される封建的国家であり、支配階級はインド・アーリア語派の出自を持つと推定される(後述)。.

新しい!!: 紀元前16世紀とミタンニ · 続きを見る »

ネブラ・ディスク

ネブラ・ディスク (英:Nebra sky disk、独:Himmelsscheibe von Nebra) は、2002年に保護されたドイツ中央部、ザーレラント地方の街近くのミッテルベルク先史時代保護区で1999年に発見されたとされる、青銅とその上に大小幾つかの金が張られた円盤である。この円盤は、初期の青銅器時代ウーニェチツェ文化とかかわる天文盤と考えられ、紀元前17世紀からのこの時代の終わりには、ヨーロッパの北部がウーニェチツェ人の独占を逃れて、原材料(銅とスズ)とそれらを加工する技術において、中部ヨーロッパの流通ネットワークに参加することができたとみられる。.

新しい!!: 紀元前16世紀とネブラ・ディスク · 続きを見る »

ハレ

ハレ 地名 (Halle).

新しい!!: 紀元前16世紀とハレ · 続きを見る »

ハットゥシャ

ハットゥシャ(ヒッタイト語: 𒊭 - URUHattuşa)またはハットゥシャシュ (Hattuşaş)は、トルコの首都アンカラより東に145kmのボアズカレ(旧・ボアズキョイ)近郊、海抜1000mほどの丘陵地帯にある遺跡。紀元前17世紀 - 紀元前13世紀に繁栄したヒッタイト帝国の都。.

新しい!!: 紀元前16世紀とハットゥシャ · 続きを見る »

ハットゥシリ1世

ハットゥシリ1世(Hattušili I, ? - 紀元前1540年頃)は、ヒッタイトの大王。ハットゥシャに遷都して支配体制を固め、また外征を行ってヒッタイト(古王国)をオリエントの強国の地位に押し上げた。.

新しい!!: 紀元前16世紀とハットゥシリ1世 · 続きを見る »

ムルシリ1世

ムルシリ1世(Muršili I, ? - 紀元前1530年頃)は、ヒッタイトの大王。アナトリアから長駆バビロンまで侵攻し、バビロン第1王朝を崩壊させる。義兄弟に殺害され王位を簒奪された。.

新しい!!: 紀元前16世紀とムルシリ1世 · 続きを見る »

ヤムハド

ヤムハド(Yamhad、 Jamhad、 Yamkhad)は古代のシリアにあったアムル人の王国。その中心はハルペ(ハラプ、ハルパ)の街(現在のハラブ、別名アレッポ)にあった。アムル人のほかにもフルリ人が住んでおり、フルリ文化の影響がみられる。ヤムハド王国は青銅器時代中期、紀元前19世紀頃から紀元前17世紀後半頃にかけて栄え、南の王国カトナと争った。ヤムハドは最終的に紀元前16世紀、ヒッタイトにより滅ぼされている。 ヤムハドの中心はハルペ(今日のアレッポ)で、その周辺の広い範囲を勢力圏としていた。その正確な範囲は分からないが、主に現在のシリア北部からトルコ南東部が領域だった。シリア砂漠の北、「肥沃な三日月地帯」の北部一帯を占めたヤムハドは、豊かな農業地帯のほかメソポタミアから地中海を結ぶ交易路を手中に収め、1世紀半にわたり北シリア・北メソポタミアに君臨する豊かで強力な国家となった。ハルペにはキプロス島の銅、中央アジアの錫、アナトリアやレバノンの山から切りだされる木材、エーゲ海やメソポタミアの奢侈品などがもたらされ、こうした物資を中継したほか、周囲の農村からの穀物や織物などを各地に輸出した。 ヤムハドではフルリ人も多く、アムル人の信仰するヤムハドの主神・風の神(Hadad、アッカド語: )のほかに、フルリ人の信仰する同様の風の神テシュブ(Teshub)が祀られた。アレッポ人が信仰した神は、メソポタミアの東にあるヌジから地中海側のウガリット、北の小アジアに至る幅広い範囲で信仰される風神が土着化したものである。.

新しい!!: 紀元前16世紀とヤムハド · 続きを見る »

ラバルナ1世

ラバルナ1世(Labarna I, ? - 紀元前1565年頃)は、ヒッタイトの大王。ヒッタイト古王国初代の王。.

新しい!!: 紀元前16世紀とラバルナ1世 · 続きを見る »

トトメス1世

トトメス1世(Thutmose I、在位:紀元前1524年 - 1518年、あるいは紀元前1506年 - 1493年)は、古代エジプト第18王朝の第3代ファラオ(王)。.

新しい!!: 紀元前16世紀とトトメス1世 · 続きを見る »

ヘブリディーズ諸島

ヘブリディーズ諸島。オレンジの島々をアウター・ヘブリディーズ、赤をインナー・ヘブリディーズと呼ぶ ヘブリディーズ諸島(英語:pron,;, スコットランド・ゲール語:Innse Gall)は、スコットランド西岸に広範囲に広がる島嶼部の総称である。この島嶼部は、インナー・ヘブリディーズとアウター・ヘブリディーズの2つのグループに分けられる。これらの島々は中石器時代にさかのぼる長い歴史を持ち、ケルト人、ノース人、英語を話す人々からの相次ぐ占領で、住民の文化は影響を受けてきた。島の名にこれらの影響が反映されている 。.

新しい!!: 紀元前16世紀とヘブリディーズ諸島 · 続きを見る »

ヒッタイト

ヒッタイト(英:Hittites)は、インド・ヨーロッパ語族のヒッタイト語を話し、紀元前15世紀頃アナトリア半島に王国を築いた民族、またはこの民族が建国したヒッタイト帝国(王国とも)を指す。なお、民族としてのヒッタイトは、ヒッタイト人と表記されることもある。 他の民族が青銅器しか作れなかった時代に、高度な製鉄技術によりメソポタミアを征服した。最初の鉄器文化を築いたとされる。 首都ハットゥシャ(現在のトルコのボアズキョイ遺跡)の発掘が進められている。.

新しい!!: 紀元前16世紀とヒッタイト · 続きを見る »

ピュロス

ピュロス軍の進路 ピュロス(希:Πύρρος、羅:Pyrrhus、紀元前319年 - 紀元前272年)は、古代ギリシアのエピロス王(在位:紀元前286年 - 紀元前284年および紀元前273年 - 紀元前272年)、およびマケドニア王(在位:紀元前286年 - 紀元前284年および紀元前273年 - 紀元前272年)である。ピュッロスあるいはピュルロス、ピュロス1世とも表記される。戦術の天才として名高い。.

新しい!!: 紀元前16世紀とピュロス · 続きを見る »

テリピヌ

テリピヌとは.

新しい!!: 紀元前16世紀とテリピヌ · 続きを見る »

テーベ

テーベ(Θῆβαι, Thēbai)は古代エジプトの。古代エジプト語ではワセト(Waset)と呼ばれた。この都市は地中海から800キロメートル南、ナイル川の東に位置する。都市の遺跡は現代のエジプトのルクソールの中に広がっている。テーベは上エジプト第4州(権杖のノモス Sceptre nome)の主要都市であり、新王国時代のエジプトの首都であった。テーベは貴重な鉱物資源と交易ルートがあるヌビアと東部砂漠に近接していた。この都市はであり、その全盛期にはエジプトで最も富裕な都市であった。テーベの市域には、カルナックとルクソールが本来立っていたナイル川東岸と、上流階級と王家の墓地と葬祭殿群によるがある西岸地区が含まれる。.

新しい!!: 紀元前16世紀とテーベ · 続きを見る »

ティリンス

ティリンス(ティーリンス)(古代ギリシア語:Τίρυνς、現代ギリシャ語:Τίρυνθα、Tiryns)は、ギリシャのペロポネソス半島アルゴリス県にあるミケーネ文明の遺跡。ナフプリオの北に位置する。現代ギリシャ語から、ティリンタとも呼ばれる。.

新しい!!: 紀元前16世紀とティリンス · 続きを見る »

フルリ人

フルリ人(Hurrian)またはフリ人は、古代オリエントで活動した人々。紀元前25世紀頃から記録に登場する。彼らは北メソポタミア、及びその東西の地域に居住していた。彼らの故郷は恐らくコーカサス山脈であり、北方から移住してきたと考えられるが、確かではない。現在知られている彼らの根拠地はスバル(Subar)の地であり、ハブール川流域や後には北メソポタミアと歴史的シリアのいたるところで小国を形成した。フルリ人達が建てた国の中で最も大きく、有力であったのはミタンニ王国であった。.

新しい!!: 紀元前16世紀とフルリ人 · 続きを見る »

ファイストスの円盤

ファイストスの円盤(ファイストスのえんばん)とは、1908年7月3日にクレタ島南岸のファイストス宮殿(もしくは神殿)の内部でイタリア人ルイジ・ペルニエル (Pernier) によって発見された厚さ2.1cm、直径16cmの粘土製の考古学上の遺物である。粘土のひもを渦巻き状に巻いて作ったことが分かっている。紀元前1600年代、宮殿は火災によって被害を受けており、ファイストスの円盤も焼き固められた状態で見つかった。ファイストスの円盤はクレタ島のイラクリオン考古学博物館(en)に収蔵されており、一般にも公開されている。.

新しい!!: 紀元前16世紀とファイストスの円盤 · 続きを見る »

ドクター・フー

- 『ドクター・フー』(Doctor Who)は、1963年からイギリスBBCで放映されている世界最長のSFテレビドラマシリーズである。.

新しい!!: 紀元前16世紀とドクター・フー · 続きを見る »

アメンホテプ1世

アメンホテプ1世(在位:紀元前1551年 - 紀元前1524年)は、古代エジプト第18王朝の第2代ファラオ(王)。即位名はジェセルカラー。意味は「聖なるはラーの魂」。.

新しい!!: 紀元前16世紀とアメンホテプ1世 · 続きを見る »

アレッポ

アレッポ(حلب(Halab), Halep、Alep, イタリア語・Aleppo)は、シリア(シリア・アラブ共和国)北部にある都市である。トルコとの国境に近い。人口は2008年現在で約167万人あり、シリア最大の都市である。 アラブ語では「新鮮な乳」の意味の「ハラブ」と呼ぶ。アレッポはシリア地方でも最古の都市の内の一つで、古代にはハルペ (Khalpe) の名で知られた。古代ギリシア人は、ユーフラテス川流域(メソポタミア)と地中海の中間に当たる戦略上の要地であるこの町を占領してベロエア (Beroea) と呼んだこともある。もともとは、クウェイク川両岸の広くて肥沃な谷にある、幾つかの丘の集まりの上に建てられた都市だった。 ハラブ県の領域は市の周辺16,000 km²に及びアル=バーブ、サフィラ、マンビジ、アイン・アル=アラブなどの近郊農村都市を抱え、住民は370万人にのぼる。2007年の推計では4,393,000人とシリア最大の県である。 かつてレバント貿易で賑わう国際市場であったが、列強の近代鉄道政策がイズミルを選好した。現在、アレッポ国際空港で中東や欧州各国と結ばれている。.

新しい!!: 紀元前16世紀とアレッポ · 続きを見る »

アトランティス

大西洋の中央にアトランティスが描かれたアタナシウス・キルヒャーによる地図。南が上のため、右側がアメリカ、左側がアフリカである。1699年 アムステルダムで出版 アトランティス(Ατλαντίς)は、古代ギリシアの哲学者プラトンが著書『ティマイオス』Тίμαιος及び『クリティアス』Κριτίαςの中で記述した、大陸と呼べるほどの大きさを持った島と、そこに繁栄した王国のことである。強大な軍事力を背景に世界の覇権を握ろうとしたものの、ゼウスの怒りに触れて海中に沈められたとされている。 中世ヨーロッパの知識人にとって、プラトンのアトランティスの記述は『ティマイオス』の一節に過ぎず、注目されなかった。16-17世紀の西洋世界では、南北アメリカ大陸というキリスト教の世界観に収まらない新天地の発見により、その先住民の起源と大陸が生まれた経緯を説明するために、さまざまな理論が考案され、アトランティスもその説明に用いられた。16世紀の学者にはアトランティス大陸の存在を疑う人もいたが、世間から尊敬を集める人々の多くは信じており、彼らが世間から怪しく思われることもなかった。フランシス・ベーコンは、ユートピア小説『ニュー・アトランティス』(1601年、未完)でアメリカをアトランティスの残骸とする説を寓話として紹介し、広く普及させた。ベーコンの寓話は当時の地理の知識に基づいても明らかな作り話だったが、あり得ること、本当のことと捉える人もおり、架空の物語が疑似歴史の分野で史実と捉えられるようになっていった。アメリカ大.

新しい!!: 紀元前16世紀とアトランティス · 続きを見る »

アテネ国立考古学博物館

アテネ国立考古学博物館(アテネこくりつこうこがくはくぶつかん、, )は、ギリシア共和国のアテネに存在する国立博物館である。 ギリシア中のさまざまな古代遺跡から集められた最重要な遺物の数々を収蔵している。.

新しい!!: 紀元前16世紀とアテネ国立考古学博物館 · 続きを見る »

アガメムノンのマスク

アガメムノンのマスクは、ミケーネで1876年にハインリヒ・シュリーマンによって発見された遺物である。この仮面は、金でできた葬儀用の仮面であり、埋葬穴(円形墓群Aの5号墓)にあった死体の顔の上で発見された。シュリーマンは、伝説上のギリシアの指導者アガメムノーンの死体を発見したと信じ、この仮面の名前はここから来ている。しかしながら、現代の考古学的調査は、この仮面が紀元前1550年から1500年のもので、これまで言われてきたアガメムノンの活動期より早いことを示唆している。それにもかかわらず、アガメムノンのマスクという呼称は、依然としてそのまま残っている。この仮面は、現在はアテネの国立考古学博物館に展示されている。.

新しい!!: 紀元前16世紀とアガメムノンのマスク · 続きを見る »

イアフメス1世

イアフメス1世(AhmoseⅠ/AhmosisⅠ、在位:紀元前1570年 - 1546年)は、古代エジプト第18王朝の初代ファラオ(王)。第17王朝のセケンエンラー・タア2世は父、カーメス王は兄(もしくは叔父)である。王妃はイアフメス・ネフェルトイリ(イアフメス・ネフェルタリ)。 誕生名「イアフメス」(Ahmose/Ahmosis)の意味は「(月神)イアフ(Iah)の造りしもの、イアフに生み出されしもの」。即位名「ネブペフティラー」(Nebpehtire)の意味は「力の主は(太陽神)ラー(Ra、Re)」。.

新しい!!: 紀元前16世紀とイアフメス1世 · 続きを見る »

イオルコス

イオルコス(Ιωλκός / Iolkós)は、ギリシャ共和国テッサリア地方マグニシア県のヴォロス市に属する一地区。 古代ギリシア時代の都市イオールコス(Ιωλκός; Iolcos or Iolkos, Iolcus)の名を受け継ぐ。パガシティコス湾の北にあったイオールコスは、ギリシア神話におけるアルゴー船の出航地として知られる。ただし、古代イオールコスの所在地はディミーニ遺跡(:en:Dimini)付近とも言われており、現在の行政区画であるイオルコス地区とは必ずしも一致しない。.

新しい!!: 紀元前16世紀とイオルコス · 続きを見る »

ウーニェチツェ文化

当時のヨーロッパ中央部。(4), (5), (6a), (6b), (7), (8), (11), (13), (16), (17)はウーニェチツェ文化西部群。(18a), (18b), (19)はウーニェチツェ文化東部群。のち西部群は墳墓文化へ、東部群はトシュチニェツ文化(の西部群)へと発展。さらに後になると両者は骨壺墓地文化へと発展。 ウーニェチツェ文化(英語:Únětice culture)は紀元前2300年から紀元前1600年にかけての中央ヨーロッパの青銅器時代の考古文化。 名称はプラハの北東郊外にこの文化の遺跡があるウーニェチツェ地区から採られた。中核部はチェコ、ドイツ中部と南部、ポーランド西部と中部に広がっている。.

新しい!!: 紀元前16世紀とウーニェチツェ文化 · 続きを見る »

エジプト第15王朝

プト第15王朝の領域 エジプト第15王朝(紀元前1663年頃 - 紀元前1555年頃)は第2中間期時代の古代エジプト王朝。いわゆるヒクソス(ヘカウ・カスウト「異国の支配者達」の意)と呼ばれる異民族によって立てられた王朝である。この王朝についての後世のエジプト人の記録は敵意に満ちており、圧制を敷いてエジプト人を苦しめたとされているが、現代ではこのエジプト人の記録が酷く誇張されたものであることを明らかにされているセーテルベルク 1973, p.150。少なくとも第15王朝の支配領域に居住したエジプト人達が「異民族統治」を強く意識したのかどうかはかなり疑わしい屋形ら 1998, pp 454。20世紀の調査によってヒクソスが大軍をもってエジプトに侵入した可能性はほとんど否定されているからである。第15王朝はやがて異民族の追放を掲げたテーベの政権(第17、第18王朝)によってエジプトから放逐された。.

新しい!!: 紀元前16世紀とエジプト第15王朝 · 続きを見る »

エジプト第16王朝

プト第16王朝(紀元前17世紀頃 - 紀元前16世紀頃)は古代エジプト第2中間期の王朝。.

新しい!!: 紀元前16世紀とエジプト第16王朝 · 続きを見る »

エジプト第17王朝

プト第17王朝の領域 エジプト第17王朝(紀元前1663年頃 - 紀元前1570年または紀元前1580年頃 - 紀元前1550年頃)は、第2中間期時代の古代エジプト王朝。いわゆるヒクソス(ヘカ・カスウト 異国の支配者達の意)が下エジプト(ナイル川三角州地帯)に第15王朝を建てて支配権を握っていた時代に、テーベ(古代エジプト語:ネウト、現在のルクソール)を中心とした上エジプト(ナイル川上流)で支配権を持った。当初は第15王朝の権威に対し臣従していたが、やがて異民族追放を大義名分として第15王朝と戦いこれを滅ぼしてエジプトを統一した。これを以って第2中間期の終焉、新王国時代の始まりとされる。また慣習的にエジプト統一を成し遂げたイアフメス1世からは第18王朝とされているが、第17王朝と第18王朝は完全に連続した政権である。 ヒクソスに関する諸問題についてはヒクソス、第15王朝の政治史についてはエジプト第15王朝を参照。.

新しい!!: 紀元前16世紀とエジプト第17王朝 · 続きを見る »

エジプト第18王朝

プト第18王朝(紀元前1570年頃 - 紀元前1293年頃)は新王国時代最初の古代エジプト王朝。政権としては第2中間期のテーベ(古代エジプト語:ネウト、現在のルクソール)政権である第17王朝と完全に連続した政権であるが、エジプト統一を成し遂げたイアフメス1世以降は第18王朝とするのが慣例となっている。エジプトの再統一による国力増大によって数々の大規模建築が残され、ヌビア、シリア地方に勢力を拡大し、オリエント世界に覇を唱えた。 「古代エジプトのナポレオン」と称されたトトメス3世、世界初の一神教ともいわれるアテン神信仰を追求したアメンヘテプ4世(アクエンアテン)、黄金のマスクによって知られるトゥトアンクアメン(ツタンカーメン)、女性としては初めてエジプトに実質的な支配権を確立したハトシェプスト、など、古代エジプトの代表的な王が数多くこの王朝に属している。王朝後半には王統が断絶したと考えられているが、最後の王ホルエムヘブはその混乱を克服し、宰相ラムセス1世を後継者に指名した。彼が第19王朝を開き、新王国の繁栄はなおも継承された。.

新しい!!: 紀元前16世紀とエジプト第18王朝 · 続きを見る »

カルナック神殿

ルナック神殿平面図 (標記: 英語)* モンチュの神域 - Precinct of Montu * アメン=ラーの神域 - Precinct of Amen-Re* ムトの神域 - Precinct of Mut カルナック神殿(カルナックしんでん、معبد الكرنك 、Karnak Temple、Temple of Karnak 、またはカルナック神殿複合体、Karnak Temple Complex)は、古代エジプトの神殿複合体であり、カルナク (Karnak 〈〉) とも記される大英博物館 古代エジプト百科事典 (1997)、130-132頁。エジプトの首都カイロからナイル川を南におよそ670キロメートルさかのぼった古代エジプト 王・神・墓 (2002)、34頁東岸に位置し、新王国時代(紀元前1550-1069年頃大英博物館 古代エジプト百科事典 (1997)、599-607頁)に繁栄した古代の首都テーベ(古名ワセト大英博物館 古代エジプト百科事典 (1997)、344頁、現在のルクソールとその近辺)に建てられた磯崎新の建築談義 #1 (2001)、79頁。その巨大都市テーベの一部であるカルナック複合体の名は、近隣にあって一部を取り囲む、ルクソールの北およそ3キロメートルにある現代の村、エル=カルナックより名付けられている。西岸には歴代の王が眠る王家の谷や貴族の墓、ハトシェプスト女王葬祭殿などがある。歴代の王が寄進して増改築を重ね拡張された巨大な複合体であり古代エジプト神殿大百科 (2002)、48-50頁、中心はアメン神(アモンエジプトの神々事典 (1997)、24-27頁、アムン、アメン=ラー、アムン=ラー大英博物館 古代エジプト百科事典 (1997)、42-44頁、101頁)に捧げられたアメン大神殿(アメン=ラーの神域)となっている古代エジプト神殿大百科 (2002)、154頁。.

新しい!!: 紀元前16世紀とカルナック神殿 · 続きを見る »

カルケミシュ

ルケミシュ(Carchemish、古代ギリシャおよび古代ローマでは「エウロプス」 Europus と呼ばれた)は、古代オリエントの大国・ミタンニやヒッタイトの重要都市。現在は、トルコとシリアの国境線上に位置する。旧約聖書に書かれたバビロニアとエジプトの決戦の舞台でもある。考古学者T.E.ロレンスが中東を調査していた1910年代前半、この地は地元民から、聖書内の都市ジェラブルス(Jerablus)と結び付けられてジャラブロス(Jarablos、Jarâblos)と呼ばれていた。これが崩れた地名がジェラブリス(Djerabis)である。現在、トルコ・シリア国境のすぐ南にはカラブルス(Carablus)の町がある。国境のトルコ側にはカルカミス(Karkamis)の町がある。.

新しい!!: 紀元前16世紀とカルケミシュ · 続きを見る »

カーメス

ヒクソスに勝利したことを記したカーメスの石碑(ルクソール博物館)。 カーメス(在位:紀元前1573年 - 1570年)は、古代エジプト第17王朝の最後のファラオ(王)。第18王朝のイアフメス1世は弟(もしくは甥)である。父はセケンエンラー・タア2世。父王を挑発して誘い出し、戦死させたヒクソスの第15王朝と戦った。この戦いにおいて王は自ら先頭に立って進撃し、アポピス王との戦いに勝利を収めた。カルナックのアメン神殿に奉納された勝利の記念碑はこのときの勝利を記念したものである。しかし、凱旋直後に亡くなり、ヒクソスを完全に滅ぼすことはできなかった。悲願達成は弟(もしくは甥)のイアフメスに受け継がれる。.

新しい!!: 紀元前16世紀とカーメス · 続きを見る »

カッシート人

ッシート人 (Kassites) は紀元前2000年期半ば頃にバビロニアで活動した民族、または集団の名称。アッカド語ではカッシュ (Kaššu)、での自称はガルズ (Galzu) である。.

新しい!!: 紀元前16世紀とカッシート人 · 続きを見る »

クレタ島

レタ島(Κρήτη / Kriti; Crete)は、ギリシャ共和国南方の地中海に浮かぶ同国最大の島。古代ミノア文明が栄えた土地で、クノッソス宮殿をはじめとする多くの遺跡を持つ。また、温暖な気候や自然景観から地中海の代表的な観光地でもある。 クレタ島は島全体で、ギリシャ共和国の広域自治体であるペリフェリア(地方)を構成する。首府はイラクリオ(イラクリオン)。.

新しい!!: 紀元前16世紀とクレタ島 · 続きを見る »

クズルウルマク川

ルウルマク川(クズル川 - 、マラシャンタ - ヒッタイト語: Maraššantiya、ハリュス川 - Ἅλυς / Halys)はトルコを流れる川。トルコに水源と河口の両方がある川としては最長である。クズルは赤を、ウルマクは川を意味するつまり「赤い川」という意味となる。水力発電に使われている。底が浅いので船舶の航行には適さない。.

新しい!!: 紀元前16世紀とクズルウルマク川 · 続きを見る »

スコットランド

ットランド()は、北西ヨーロッパに位置するグレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)を構成するカントリーの一つ。1707年の合同法によってグレートブリテン王国が成立するまでは独立した王国(スコットランド王国)であった。 スコットランドはグレートブリテン島の北部3分の1を占め、本島と別に790以上の島嶼部から構成される。 首都のエディンバラは第2の都市であり、ヨーロッパ最大の金融センターの一つである。最大の都市であるグラスゴーは、人口の40%が集中する。 スコットランドの法制度、教育制度および裁判制度はイングランドおよびウェールズならびに北アイルランドとは独立したものとなっており、そのために、国際私法上の1法域を構成する。スコットランド法、教育制度およびスコットランド教会は、連合王国成立後のスコットランドの文化および独自性の3つの基礎であった。しかしスコットランドは独立国家ではなく、国際連合および欧州連合の直接の構成国ではない。.

新しい!!: 紀元前16世紀とスコットランド · 続きを見る »

サウス・ウイスト島

ウス・ウイスト島 (South Uist、Uibhist a Deas)は、スコットランド、アウター・ヘブリディーズ諸島の島。手つかずの自然と、考古学的な関心をもたれる土地である(イギリス唯一の、先史時代のミイラが発見されている)。住民のほとんどがゲール語を話し、90%がカトリック教徒である。.

新しい!!: 紀元前16世紀とサウス・ウイスト島 · 続きを見る »

王家の谷

王家の谷(おうけのたに)は、エジプト、テーベ(現ルクソール)のナイル川西岸にある岩山の谷にある岩窟墓群のこと。古代エジプトの新王国時代の王たちの墓が集中していることからこの名があり、24の王墓を含む64の墓が発見されている。西の谷と東の谷があり、東の谷に60、西の谷に4の墓がある。 新王国時代以前の王の墓の多くが盗掘にあっていたことから、トトメス1世によってはじめて自分の墓のありかを隠す目的でこの谷に初めて岩窟墓が建設された。その後の長い歴史の中で王家の谷にある墓の多くも盗掘を受けたが、1922年に発掘されたツタンカーメン(トゥトアンクアメン)王の墓は唯一未盗掘で、副葬品の財宝が完全な形で発見された。 墓にはKV1~KV64という名前がつけられている。KVはKings Valleyの頭字語、数値は発見順の連番である。ただし西の谷の墓はWVで始まり、WV22~WV25となっている。 墓の中での撮影は写真、ビデオとも禁止されている。外では可。 2014年、ミイラ約50体が埋葬された共同墓地が新たに発見された。.

新しい!!: 紀元前16世紀と王家の谷 · 続きを見る »

西暦

西暦(せいれき)とは、キリスト教でキリスト(救世主)と見なされるイエス・キリストが生まれたとされる年の翌年を元年(紀元)とした紀年法である。ラテン文字表記はヨーロッパ各国で異なるが、日本語や英語圏では、ラテン語の「A.D.」又は「AD」が使われる。A.D.またADとは「アンノドミニ (Anno Domini)」の略であり、「主(イエス・キリスト)の年に」という意味。西暦紀元、キリスト紀元ともいう。 今年は2018年 (JST) である。西ヨーロッパのキリスト教(カトリック教会、および後のプロテスタント)地域から徐々に普及し(後述)、西欧諸国が世界各地で進めた植民活動などによって伝わった結果、現在において世界で最も広く使われている紀年法となっている。 しかし、19世紀以降においては、非キリスト教徒との関係から、ADをCommon Era(略:CE、「共通紀元」の意)へ、同時に紀元前(BC)をBefore Common Era(BCE)に切り替える動きが広まっている。.

新しい!!: 紀元前16世紀と西暦 · 続きを見る »

黄河

河流域 黄河(こうが、、ファンフー)とは、中国の北部を流れ、渤海へと注ぐ川。全長約5,464kmで、中国では長江(揚子江)に次いで2番目に長く、アジアでは長江とエニセイ川に次いで3位、世界では6番目の長さである。なお、河という漢字は本来固有名詞であり、中国で「河」と書いたときは黄河を指す。これに対し、「江」と書いたときは長江を指す。現在の中国文明の直接の母体である黄河文明を育んだ川であり、中国史上において長江と並び巨大な存在感を持つ河川である。.

新しい!!: 紀元前16世紀と黄河 · 続きを見る »

鄭州市

鄭州市(ていしゅうし、、)は、中華人民共和国河南省に位置する地級市。河南省の省都である。中国の中原地区第一大都市である。中国の鉄道中心、アジア第一の鉄道操車場である。殷の時代より3,500年の歴史をもつ国家歴史文化名城である。商の時代中国の首都であった、中国八大古都(西安、南京、洛陽、北京、開封、杭州、安陽、鄭州)である。.

新しい!!: 紀元前16世紀と鄭州市 · 続きを見る »

桀(けつ、ピン音:Jié)は夏の最後の帝。名は履癸。『史記』などにあるように、一般には帝桀の父は帝発とされているが、一説に帝皐の子。.

新しい!!: 紀元前16世紀と桀 · 続きを見る »

殷(いん、、紀元前17世紀頃 - 紀元前1046年)は、中国の王朝である。文献には天乙が夏を滅ぼして王朝を立てたとされ、考古学的に実在が確認されている中国最古の王朝である。商(しょう、)、商朝ともよばれる。紀元前11世紀に帝辛の代に周によって滅ぼされた(殷周革命)。.

新しい!!: 紀元前16世紀と殷 · 続きを見る »

河南省

河南省(かなんしょう、中国語:河南省、拼音:Hénán Shěng、英語:Henan)は、中華人民共和国の省の1つ。地域の大部分が黄河の南にあるため河南と称された。古の豫州があったことから、略称は豫である。省都は鄭州市。古代の中原の中心地であり、中国の中でも歴史のある地域である。.

新しい!!: 紀元前16世紀と河南省 · 続きを見る »

易姓革命

易姓革命(えきせいかくめい)は、古代中国において、孟子らの儒教に基づく、五行思想などから王朝の交代を説明した理論。.

新しい!!: 紀元前16世紀と易姓革命 · 続きを見る »

放伐

放伐(ほうばつ)とは、中国史において、次の天子となるべき有徳の諸侯などが、無道な暴君や暗君を天下のために、討伐して都から追放するという行為である。.

新しい!!: 紀元前16世紀と放伐 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

紀元前1550年紀元前1595年紀元前1600年

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »