ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

築城 (城)

索引 築城 (城)

築城(ちくじょう)とは、城を建築することを指す。城取り(しろとり)とも。.

27 関係: 城門塀 (城郭)大工天守岡山城建築建築工事建物住宅土塁土木工事地形図面石垣職人要塞野戦築城虎口構 (建築)櫓 (城郭)江戸城本丸日本建築学会曲輪普請

城(しろ)とは、敵に攻め込まれた際の防御拠点として設けられた建築物。.

新しい!!: 築城 (城)と城 · 続きを見る »

城門

城門(じょうもん)とは城郭、城壁の門をいう。.

新しい!!: 築城 (城)と城門 · 続きを見る »

松本城の堀 大坂城の堀 堀(ほり)は、敵や動物の侵入を防ぐため、古代から近世にわたって、城、寺、豪族の住居、集落、古墳などの周囲に掘られた溝のことである。.

新しい!!: 築城 (城)と堀 · 続きを見る »

塀 (城郭)

城郭の塀(へい)について解説する。塀とは、城を取り囲む城壁や城塁の上に建てられる壁のことである。おもに、城の攻め手による攻撃を回避するために建てられる。.

新しい!!: 築城 (城)と塀 (城郭) · 続きを見る »

大工

大工(だいく)とは、主として木造建造物の建築・修理を行う職人のこと。古くは建築技術者の職階を示し、木工に限らず各職人を統率する長、または工事全体の長となる人物をさしていた、番匠(ばんじょう)とも。現在の建築業界においてはさまざまな新しい技術や工法、新建材の知識はもとより、建築工程をまとめる過程において建築業務に携わる他職人や業者の関連業務知識が必要とされる場合があり、現在でも木造建築の建築業務などにおいては実質的現代棟梁であるとされる場合が多い。.

新しい!!: 築城 (城)と大工 · 続きを見る »

天守

天守(てんしゅ)とは、日本の戦国時代以降の城に建てられた象徴的な建造物の名称。日本の建築学の学術用語である。俗語は天守閣(てんしゅかく)。ヨーロッパの城の象徴的建築である「keep tower」の日本語訳として使われることもある。後述するが、建物の用途については諸説ある。.

新しい!!: 築城 (城)と天守 · 続きを見る »

岡山城

岡山城の縄張り1974年度・国土航空写真より 岡山城(おかやまじょう)は、日本の城。岡山県岡山市北区にある国指定の史跡。別名は烏城(うじょう)、金烏城(きんうじょう)一般的に烏城を使う場合が圧倒的に多い。また、松本城も通称「烏城」と呼ばれるが、混同を避けるため岡山城を「うじょう」、松本城を「からすじょう」と呼んでいる。。.

新しい!!: 築城 (城)と岡山城 · 続きを見る »

建築

建築(けんちく)とは、人間が活動するための空間を内部に持った構造物を、計画、設計、施工そして使用するに至るまでの行為の過程全体、あるいは一部のこと。また、そのような行為によって作られた構造物そのものを指すこともある。後者は建築物とも呼ばれる。.

新しい!!: 築城 (城)と建築 · 続きを見る »

建築工事

建築工事(けんちくこうじ)とは、総合的な企画、指導、調整のもとに建築物を建設する工事で、建築確認を必要とする建築の新築工事、増築工事、改築工事等を遂行する。 日本においては建設業法による建設工事28業種の一つに建築一式工事(けんちくいっしきこうじ)ある。 国土交通省総合政策局の建設工事受注動態統計調査で、 Ⅱ.公共機関からの受注工事(1件500万円以上の工事)の分類では建築に関して以下の通りの項目がある。 7 教育・病院 8 住宅・宿舎 9 庁舎 10 再開発 11 土地造成 12 鉄道・軌道 13 郵便 Ⅲ.民間等からの受注工事 の分類では「建築・建築設備工事」とし、以下の通りとしている。.

新しい!!: 築城 (城)と建築工事 · 続きを見る »

建物

建物(たてもの)とは、土地に定着する工作物のうち、屋根、柱および壁を有し、原則として人間の居住、作業空間、物品の保管等に用いられる建築物のことである。.

新しい!!: 築城 (城)と建物 · 続きを見る »

住宅

住宅(じゅうたく)は、人の居住を用途とする建築物。「住居」とも言う。生活範囲となる環境を含める場合もある。 ひとつの敷地に一世帯が居住する「一戸建(て)」(戸建(て)、個人住宅とも言う。建築基準法においては専用住宅)と、複数世帯が居住する「集合住宅」(建築基準法においては共同住宅)とに大別される。また、自己が所有し居住する持ち家と、他人が所有する住宅を借りて居住する貸家(貸間)・賃貸住宅に分けることもできる。 その形には、社会の変化に応じて流行もあり、和風住宅、洋風、欧風住宅といった呼び名があり、また、高齢者の在宅ケアなどのための同居する人が増えるようになり、二世帯、三世帯住宅や、高齢者住宅、バリアフリー住宅といった呼称も出てきた。.

新しい!!: 築城 (城)と住宅 · 続きを見る »

土塁

土塁(どるい、earthwork fortification)とは、敵や動物などの侵入を防ぐために築かれた土製の堤防状の壁である。.

新しい!!: 築城 (城)と土塁 · 続きを見る »

土木工事

土木工事(どぼくこうじ)とは、建設工事のうち、土木事業に関する工事。.

新しい!!: 築城 (城)と土木工事 · 続きを見る »

地形

地形(ちけい、英語:landform)は、地球表面の不均衡のことである。なお、日本語の日常語では地表の高低や起伏の形を指す。.

新しい!!: 築城 (城)と地形 · 続きを見る »

図面

図面(ずめん)とは、何かの機能や構造、配置を描いた図。 多くは、電気・電子機器、機械や土木建築物の設計結果を記した設計図を指す。 図面は、設計成果だけではなく、実測図、地図といった現状を示した図面等もある。 設計図面は 、部分やオブジェクトといったある一連の図、建物や製造指示を、二次元ダイアグラムで記述し伝達するために用いられる。通常、紙に描画もしくは印刷されるものを指すが、現在はデジタルファイルの形態をとることもある。 設計図面は、アーキテクチャ、エンジニアリング、または計画といった技術的な事項においての伝達のために用いられている。これらの分野での目的は、サイト/敷地、建物、製品またはコンポーネントといった意図するものを幾何学的特徴で捉えることで伝達事項を正確かつ明確にすることである。 設計図面は、プレゼンテーションまたは配向の目的でおこなうこともある。 設計図面の目的は、既存の場所または物体を描写し建設または製造業者が施工もしくは製造を実現することを可能にする十分な情報を伝えることである。 設計図面の作製方法、及びそれらを作製する技術は、作図技術と呼ばれる。 設計図面は、より正確には正投影などの他は、物体を見下ろした平面図やフロアプランなどのように単一のビューで把握するために描写されている。 製作施工図は、土木図面や建築図面などの構造図、機械製図、電気図面や配管図面などでの製造図といった設計図面の一種で、エンジニアリング製品または建築物を建設に必要な設計図書の一部である。エンジニアリングでは、これらの図面は指定された寸法や角度を、製造するために必要なすべてのデータが表示されている。.

新しい!!: 築城 (城)と図面 · 続きを見る »

石垣

石垣(いしがき、stone fence、stone wall)は、石を組み上げて作られた壁、もしくは柵のこと。「石積み」「石塁(せきるい)」も同様に用いられる。.

新しい!!: 築城 (城)と石垣 · 続きを見る »

職人

職人(しょくにん、、)とは、自ら身につけた熟練した技術によって、手作業で物を作り出すことを職業とする人のことである。 日本では江戸時代の士農工商の「工」にあたるが、歴史的に彼らを尊ぶ伝統があり、大陸より帰化した陶芸工や鉄器鍛冶は士分として遇された。 彼らの持つ技術は職人芸(しょくにんげい)とも呼ばれる。 「職人」は主に工業として物を作る人間を指すことが多く、陶磁器などでも芸術作品として作る者は一般に「陶芸家」などと呼ばれる。また、転じて熟練した技術を持つスポーツ選手の通称あるいは異名としても使われている。.

新しい!!: 築城 (城)と職人 · 続きを見る »

要塞

堡式城郭の例。オランダのブールタング 要塞(ようさい)とは、外敵等から戦略上重要な地点を守る為に築かれた構築物。とりで(砦、堡、塞)、城砦(じょうさい)、城堡(じょうほ)ともいう。.

新しい!!: 築城 (城)と要塞 · 続きを見る »

野戦築城

野戦築城(やせんちくじょう、Field Fortification)は、軍隊が野戦を実行している際、必要に応じて攻撃・防御を問わず防護性を高めつつ戦闘力の発揮を容易にするための、土地に施す工事とその結果建設された各種構築物のことを言う。.

新しい!!: 築城 (城)と野戦築城 · 続きを見る »

虎口

大阪城大手門枡形虎口 虎口(こぐち)とは中世以降の城郭における出入り口のことで、「こぐち」には狭い道・狭い口という意味がある。「小口」とも書く。「虎口(ここう)」とよむ場合は、中世の戦場や陣地における危険な場所を意味する。.

新しい!!: 築城 (城)と虎口 · 続きを見る »

構 (建築)

構(かまえ)とは、中世・近世日本の城郭において、敵の侵入を防止するために区切られた区画のこと。曲輪と同じ意味で用いられることがある。.

新しい!!: 築城 (城)と構 (建築) · 続きを見る »

櫓 (城郭)

日本の近世城郭の櫓群(大坂城本丸東面の三重櫓と多門櫓 1865年頃) 櫓(やぐら)とは、城郭内に防御や物見のために建てられた仮設または常設の建築物である。 日本では、石垣や土塁の上に木造の建築を建てて、攻め手への攻撃と防御を有利に働かせた。多くの例は、通常の窓のほかに攻撃用の小規模な開口を複数箇所設けてある。 一方、ヨーロッパの城では、中世からルネサンス期の城にも櫓(Hoarding)がある。多くは石造城壁上の木造物で、城壁上の敵に対して攻撃可能な開口部が設けられる。 ここでは、おもに日本の城の櫓について解説する。.

新しい!!: 築城 (城)と櫓 (城郭) · 続きを見る »

江戸城

江戸城(えどじょう)は、武蔵国豊嶋郡江戸(現在の東京都千代田区千代田)にあった日本の城である。江戸時代においては江城(こうじょう)という呼び名が一般的だったと言われ、また千代田城(ちよだじょう)とも呼ばれる。 江戸城は麹町台地の東端に、扇谷上杉氏の家臣太田道灌が築いた平山城である。近世に徳川氏によって段階的に改修された結果、総構周囲約4里と、日本最大の面積の城郭になった。 徳川家康が江戸城に入城した後は徳川家の居城、江戸幕府の開幕後は幕府の政庁となる。明治維新後の東京奠都で宮城(きゅうじょう)となった。以後は吹上庭園が御所、旧江戸城西ノ丸が宮殿の敷地となっている。その東側にある旧江戸城の中心部である本丸・二ノ丸と三ノ丸の跡は皇居東御苑として開放されている。南東側の皇居外苑と北側の北の丸公園は常時開放され、それらの外側は一般に利用できる土地になっている。 国の特別史跡に指定されている。.

新しい!!: 築城 (城)と江戸城 · 続きを見る »

本丸

本丸(ほんまる)とは、日本の城の中核となる曲輪(くるわ)の名称である。一の曲輪・本曲輪・一の丸(『日葡辞書』)とも称される。中世城郭では、本城、実城(みじょう)、詰丸などと呼ばれ、城によって呼び名が異なる。日本の中世考古学においては主郭(しゅかく)と呼称される。 また、比喩的に、物事の本質、組織の中核を指すために用いることがある。.

新しい!!: 築城 (城)と本丸 · 続きを見る »

日本建築学会

一般社団法人日本建築学会(いっぱんしゃだんほうじんにほんけんちくがっかい、英称:Architectural Institute of Japan、略称 AIJ)は、建築に関する学術・技術・芸術の進歩発達をはかることを目的とし、1886年(明治19年)に設立された日本の学会。日本学術会議協力学術研究団体。.

新しい!!: 築城 (城)と日本建築学会 · 続きを見る »

曲輪

多数の曲輪で構成された中世山城(千早城) 曲輪(くるわ)は、城の内外を土塁、石垣、堀などで区画した区域の名称である。郭(くるわ)とも書く。 主要な曲輪内には、曲輪の出入り口である虎口を封鎖する門を始め、最前線の塀、物見や攻撃を与える櫓が建てられる。主郭では司令本部となる城主の居所のほか、兵糧を備蓄する蔵、兵たちの食事を仕込む台所などの建造物が建てられていた。戦時、それぞれの曲輪には守備を担当する兵たちが駐屯した。.

新しい!!: 築城 (城)と曲輪 · 続きを見る »

普請

普請(ふしん)とは、普く(あまねく)請う(こう)とも読み広く平等に奉仕(資金・労力・資金の提供)を願う事であり、社会基盤を地域住民で作り維持していく事を指し、現在では公共の社会基盤を受益する共同の人々または公共事業により建設(建築と土木を併せ建設という)および修繕、維持する事。.

新しい!!: 築城 (城)と普請 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

築城術要塞化

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »