ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

第7空中機動軽歩兵旅団

索引 第7空中機動軽歩兵旅団

7「ガリシア」空中機動軽歩兵旅団(だい7ガリシアくうちゅうきどうけいほへいりょだん、スペイン語:Brigada de Infantería Ligera Aerotransportable "Galicia" VII、略語:BRIL VII)は、スペイン陸軍の旅団の一つ。空中機動を可能とする軽歩兵部隊で編成され、多様な多国籍作戦に投入される。.

26 関係: 平和安定化部隊北大西洋条約機構ポンテベドラレバノンボスニア・ヘルツェゴビナパキスタンパキスタン地震ア・コルーニャ県アフガニスタンアストゥリアス州ガリシア州コソボシエロスペイン語スペイン陸軍サンティアゴ・デ・コンポステーラ国際連合国際連合保護軍国際治安支援部隊第2外人部隊旅団第6落下傘軽歩兵旅団無原罪の御宿りKFOR旅団1966年1月24日

平和安定化部隊

SFORの活動に従事するスペイン軍 平和安定化部隊(へいわあんていかぶたい Stabilisation Force, SFOR)とは、東ヨーロッパ・旧ユーゴスラヴィアのボスニア・ヘルツェゴビナに展開していた平和維持部隊。 1995年のボスニア・ヘルツェゴビナ紛争終結のためのデイトン合意に基づき設置された和平履行部隊(IFOR)の任務を引き継ぐものである。北大西洋条約機構(NATO)を中心に1996年に創設された。多国籍部隊であり、のべ37ヶ国が参加している。部隊の目的はボスニア・ヘルツェゴビナにおいて、軍事力を行使し兵力引き離し・停戦監視および治安維持活動を実施することにある。 IFORの活動期限は1995年12月から1996年12月までの1年間であった。IFORは成果を挙げたが、引き続き軍の駐留必要性が認められ、安保理決議1088によりSFORが編成された。SFORは非NATO諸国も参加しているが、NATO指揮機構下にあり、指揮官は各国の持ち回りであった。 編成当初兵力は約3万人であり、IFORの6万人と比較し削減されており、2004年までに7千人となった。2004年12月からは欧州連合指揮下の欧州連合部隊 アルテア(EUFOR Althea)に任務を譲り、SFORは解散した。.

新しい!!: 第7空中機動軽歩兵旅団と平和安定化部隊 · 続きを見る »

北大西洋条約機構

北大西洋条約機構(きたたいせいようじょうやくきこう)は、北大西洋条約に基づき、アメリカ合衆国を中心とした北アメリカ(=アメリカとカナダ)およびヨーロッパ諸国によって結成された軍事同盟である。前身はブリュッセル条約 (1948年)。 略称は頭字語が用いられ、英語圏では、North Atlantic Treaty Organization を略した NATO(ネイトー)と呼ばれ、日本やドイツ語圏では NATO(ナトー)、フランス語圏・スペイン語圏・ポルトガル語圏等では OTAN(オタン)と呼ばれる。.

新しい!!: 第7空中機動軽歩兵旅団と北大西洋条約機構 · 続きを見る »

ポンテベドラ

リシア州内の位置 ポンテベドラ(Pontevedra)は、スペインガリシア州の南西部、リアス・バイシャスに位置する都市で、ポンテベドラ県の県都である。ガリシア7都市(7 cidades)のひとつに数えられる。レレス川河岸とリア・デ・ポンテベドラ沿岸にある。近隣の自治体バーロ、カンポ・ラメイロ、コトバーデ、ア・ラマ、ポイオ、ポンテ・カルデーラス、ビラボーアとコマルカ(県と市町村の中間単位、コマルカ・デ・ポンテベドラ)を構成する。 ガリシア統計局によると、2012年の人口は82,684人(2010年:81,981人、2009年:81,576人、2007年:80,191人、2004年:78,715人)。県内ではビーゴに次ぐ、2番目の規模の都市である。 ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は69.09%(2001年)。.

新しい!!: 第7空中機動軽歩兵旅団とポンテベドラ · 続きを見る »

レバノン

レバノン共和国(レバノンきょうわこく、)、通称レバノンは、西アジア・中東に位置する共和制国家。北から東にかけてシリアと、南にイスラエルと隣接し、西は地中海に面している。首都はベイルート。.

新しい!!: 第7空中機動軽歩兵旅団とレバノン · 続きを見る »

ボスニア・ヘルツェゴビナ

1992年-1998年の国旗 1992年-1998年の国章 ボスニア・ヘルツェゴビナは、東ヨーロッパのバルカン半島北西部に位置する共和制国家。首都はサラエボで、ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦とスルプスカ共和国のふたつの構成体からなる連邦国家でもある。 ほぼ三角形の国土を持ち、国境のうち北側と南西側2辺でクロアチア、東側1辺でセルビア、モンテネグロと接する。ユーゴスラビアからの独立時、独立の可否や国のあり方をめぐってボシュニャク人、クロアチア人、セルビア人がそれぞれ民族ごとに分かれてボスニア・ヘルツェゴビナ紛争で戦った。.

新しい!!: 第7空中機動軽歩兵旅団とボスニア・ヘルツェゴビナ · 続きを見る »

パキスタン

パキスタン・イスラム共和国(パキスタン・イスラムきょうわこく、اسلامی جمہوریہ پاکِستان)、通称パキスタンは、南アジアの国家で、イギリス連邦加盟国である。首都はイスラマバード。最大の都市はカラチ。面積は80万kmで日本 (38万km) の約2倍程。東はインド、北東は中華人民共和国、北西はアフガニスタン、西はイランと国境を接し、南はインド洋に面する。国土の中心部を流れるインダス川の流域に国民の75%以上が住み、人口の増加が著しい国の一つである。.

新しい!!: 第7空中機動軽歩兵旅団とパキスタン · 続きを見る »

パキスタン地震

パキスタン地震(パキスタンじしん).

新しい!!: 第7空中機動軽歩兵旅団とパキスタン地震 · 続きを見る »

ア・コルーニャ県

ア・コルーニャ県(ガリシア語:Provincia da Coruña)は、スペイン北西部のガリシア州の4つの県のうちのひとつ。現在の県は1833年ハビエル・デ・ブルゴスによって創設された(それ以前の県についてはラ・コルーニャ県 (歴史)参照)。東は同州のルーゴ県、南はポンテベドラ県に接し、北と西は大西洋に面している。県都はア・コルーニャ。カスティーリャ語による県名はラ・コルーニャ県(Provincia de la Coruña)。.

新しい!!: 第7空中機動軽歩兵旅団とア・コルーニャ県 · 続きを見る »

アフガニスタン

アフガニスタン・イスラム共和国(アフガニスタン・イスラムきょうわこく)、通称アフガニスタンは、中東・中央アジアに位置する共和制国家。内陸国であり、分離したパキスタンが南及び東に、西にイラン、北にタジキスタン、トルクメニスタン、ウズベキスタンで、国の東端(ワハーン回廊)は中華人民共和国に接する。首都はカーブル。 パシュトゥーン人(狭義のアフガーン人)のほか、タジク人、ハザーラ人、ウズベク人、トルクメン人などの数多くの民族が住む多民族国家でもある。.

新しい!!: 第7空中機動軽歩兵旅団とアフガニスタン · 続きを見る »

アストゥリアス州

アストゥリアス州(西:Principado de Asturias、アストゥリアス語:Principáu d'Asturies)は、スペインを構成する自治州の一つ。原語名はアストゥリアス公(Príncipe de Asturias)の領土を意味する。アストゥリアス州はアストゥリアス県1つからなる一県一州の自治州である。州都はオビエド。 イベリア半島の北部に位置し、東はカンタブリア州、南はカスティーリャ・イ・レオン州、西はガリシア州に接し、北岸はカンタブリア海に面している。.

新しい!!: 第7空中機動軽歩兵旅団とアストゥリアス州 · 続きを見る »

ガリシア州

リシア州(Galicia、あるいはGaliza)は、スペインの自治州の1つである。スペイン北西に位置し、南はポルトガル、東はアストゥリアス州とカスティーリャ・イ・レオン州に接し、北と西は1490キロメートルの海岸で大西洋とカンタブリア海に面する。州都はサンティアゴ・デ・コンポステーラ。自治州政府はシュンタ・デ・ガリシア(Xunta de Galicia)。.

新しい!!: 第7空中機動軽歩兵旅団とガリシア州 · 続きを見る »

コソボ

ボ共和国(コソボきょうわこく、Republika e Kosovës)は、バルカン半島中部の内陸部に位置する国家。北東をセルビア、南東をマケドニア共和国、南西をアルバニア、北西をモンテネグロに囲まれている。.

新しい!!: 第7空中機動軽歩兵旅団とコソボ · 続きを見る »

シエロ

(Cielo).

新しい!!: 第7空中機動軽歩兵旅団とシエロ · 続きを見る »

スペイン語

ペイン語(スペインご、)もしくはカスティーリャ語(カスティーリャご、)は、インド・ヨーロッパ語族イタリック語派に属する言語。略して西語とも書く。.

新しい!!: 第7空中機動軽歩兵旅団とスペイン語 · 続きを見る »

スペイン陸軍

ペイン陸軍の紋章 スペイン陸軍(スペイン語:Ejército de Tierra de España)はスペインの陸軍。.

新しい!!: 第7空中機動軽歩兵旅団とスペイン陸軍 · 続きを見る »

サンティアゴ・デ・コンポステーラ

ンティアゴ・デ・コンポステーラ(Santiago de Compostela)は、スペイン北西端部ガリシア州のア・コルーニャ県の都市で、ガリシア州の州都である。コマルカ・デ・サンティアーゴに属する。ガリシア統計局によると、2012年の人口は95,671人(2010年:94,824人)で、州内ではビーゴ、ア・コルーニャ、オウレンセ、ルーゴに次ぐ5番目の人口規模の街である。住民呼称はcompostelán/-lá、santiagués/-esa、またpicheleiro/-aなどが使われる。本都市を中心に近隣の自治体アメス、ボケイション、ブリオン、テオ、バル・ド・ドゥブラ、ベドラとコマルカ(県と市の中間単位、コマルカ・デ・サンティアーゴ)を構成している。 サンティアゴ・デ・コンポステーラには自治州政府()が置かれ、ガリシア州の政治の中心であると同時に、宗教的には大司教座が置かれている。旧市街は1985年にUNESCO世界遺産に登録されており、また、エルサレム、バチカンと並ぶキリスト教三大巡礼地のひとつでもあり、世界遺産に登録されているサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路の終着地でもある。 ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は35.92%(2011年)。.

新しい!!: 第7空中機動軽歩兵旅団とサンティアゴ・デ・コンポステーラ · 続きを見る »

国際連合

国際連合(こくさいれんごう、United Nations、联合国、聯合國、Organisation des Nations unies、略称は国連(こくれん)、UN、ONU)は、国際連合憲章の下、1945年に設立された国際機関である。 第二次世界大戦を防げなかった国際連盟の反省を踏まえ、1945年10月24日、51ヵ国の加盟国で設立された。主たる活動目的は、国際平和と安全の維持(安全保障)、経済・社会・文化などに関する国際協力の実現である。 英語表記の「United Nations」は、第二次世界大戦中の枢軸国に対していた連合国が自陣営を指す言葉として使用していたものが継続使用されたものであるが、日本語においては誤訳され「国際連合」と呼ばれる。 2017年5月現在の加盟国は193か国であり、現在国際社会に存在する国際組織の中では、敵国条項が存在するなど第二次世界大戦の戦勝国の色が強いものの、最も広範・一般的な権限と、普遍性を有する組織である。.

新しい!!: 第7空中機動軽歩兵旅団と国際連合 · 続きを見る »

国際連合保護軍

国際連合保護軍(こくさいれんごうほごぐん、United Nations Protection Force,UNPROFOR)は、ユーゴスラビア紛争において旧ユーゴスラビア領域に展開した国際連合平和維持活動。1992年2月21日の国際連合安全保障理事会決議743に基づき設立された。 当初任務はクロアチアにおけるクロアチアとセルビア人勢力との停戦監視および国連保護区(UNPA)の非武装化・治安維持にあたった。1992年6月29日の国際連合安全保障理事会決議761により人道支援物資の供給のため、サラエボ空港への展開も開始している。ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争の拡大に伴い、ボスニア・ヘルツェゴビナ域内にも展開を行なった。 1992年12月からは、ユーゴスラビア連邦共和国のマケドニア共和国にも予防展開を行なっている。その後、1995年3月に改編して国際連合クロアチア信頼回復活動(UNCRO)、ボスニア・ヘルツェゴビナの国際連合保護軍、マケドニアの国際連合予防展開軍(UNPREDEP)に分離した。 デイトン合意に基づき、ボスニア・ヘルツェゴビナにおける治安維持は、北大西洋条約機構中心の和平履行部隊(IFOR)が担当することとなり、UNPROFORは1995年12月20日をもって任務を移行させている。.

新しい!!: 第7空中機動軽歩兵旅団と国際連合保護軍 · 続きを見る »

国際治安支援部隊

国際治安支援部隊(こくさいちあんしえんぶたい 英: International Security Assistance Force)は、国際平和活動のひとつ。アフガニスタンの治安維持を通じアフガニスタン政府を支援する目的で、2001年12月5日のボン合意に基づく2001年12月20日の国連安保理決議1386号により設立された。当初は有志国の集まりからなる多国籍軍により構成されていたが、現在は北大西洋条約機構(NATO)が統括する。略称はISAF(アイサフ)。 ISAFの作戦本部はアフガニスタンのカーブルにあり、司令本部はオランダのNATOブルンスム統合軍司令部に置かれる。いずれも、欧州連合軍最高司令官(Supreme Allied Commander Europe: SACEUR)の指揮下にある。 2014年末に任務を終了し、アフガニスタン政府へ治安権限移譲を行った。.

新しい!!: 第7空中機動軽歩兵旅団と国際治安支援部隊 · 続きを見る »

第2外人部隊旅団

2「レイ・アルフォンソ13世」外人部隊旅団(だい2レイアルフォンソ13せいがいじんぶたいりょだん、スペイン語:Brigada de la Legión "Rey Alfonso "XIII" II、略称:BRILEG)は、スペイン陸軍の旅団の一つ。空中機動を可能とする軽歩兵部隊で編成され、スペイン外人部隊の中核をなしている。.

新しい!!: 第7空中機動軽歩兵旅団と第2外人部隊旅団 · 続きを見る »

第6落下傘軽歩兵旅団

6「アルモガバルス」落下傘軽歩兵旅団(だい6アルモガバルスらっかさんけいほへいりょだん、スペイン語:Brigada de Infantería Ligera Paracaidista "Almogávares" VI、略語:BRIPAC)は、スペイン陸軍の旅団の一つ。スペイン外人部隊と共にスペイン陸軍の空中機動部隊を構成している、陸軍の最精鋭部隊。.

新しい!!: 第7空中機動軽歩兵旅団と第6落下傘軽歩兵旅団 · 続きを見る »

無原罪の御宿り

無原罪の御宿り(むげんざいのおんやどり、Immaculata Conceptio Beatae Virginis Mariae)とは、聖母マリアが、神の恵みの特別なはからいによってフスト・ゴンサレス 著、鈴木浩 訳『キリスト教神学基本用語集』244頁、教文館 (2010/11)、ISBN 9784764240353、原罪の汚れととがを存在のはじめから一切受けていなかったとする、カトリック教会における教義である。新要理書編纂特別委員会/編、日本カトリック司教協議会/監修(2003年)『カトリック教会の教え』106頁 - 107頁、カトリック中央協議会、ISBN 9784877501068。無原罪懐胎(むげんざいかいたい)とも言う。 1854年に正式に信仰箇条として宣言決定された(バチカンのウェブサイト)。.

新しい!!: 第7空中機動軽歩兵旅団と無原罪の御宿り · 続きを見る »

KFOR

KFOR(Kosovo Force)、コソボ治安維持部隊(コソボちあんいじぶたい)は、1999年6月10日に採択された国連安保理決議1244に基づき、北大西洋条約機構(NATO)指揮の下、当時ユーゴスラビア連邦共和国のセルビア共和国(2008年にセルビア共和国として独立)統治下にあったコソボ・メトヒヤ自治州(2008年2月17日にコソボ共和国として独立を宣言)において治安維持を担う国際安全保障部隊である。 同決議に基づき暫定行政を行う民生部門は国際連合コソボ暫定行政ミッション(UNMIK)という。.

新しい!!: 第7空中機動軽歩兵旅団とKFOR · 続きを見る »

旅団

旅団(りょだん、Brigade)は、陸軍編成上の単位のひとつで、師団よりも小さく、連隊と同等又はこれよりも大きい単位で、1,500名から6,000名程度の兵員によって構成される部隊をいう。日本語にいう旅団の語は古代中国の軍隊の単位である旅に由来する。「Brigade」はケルト語のbriga(争い)に由来するという。 英軍のBrigadier(准将あるいは上級大佐)は本来は「旅団の長」そのものであった。よって、諸外国の陸軍では旅団長には伝統的には准将級(旧ロシア帝国軍や現在のロシア陸軍・ブラジル陸軍・中華民国陸軍等准将を置かない軍隊では少将)が充てられてきたが、アメリカ陸軍では大佐が充てられ、中国人民解放軍ではそれぞれ上級大佐・大佐に相当する大校・上校が充てられる。また、ドイツ連邦軍、ポルトガル軍等では准将が充てられる事もあれば、大佐の旅団長の例も珍しくない。 将官の階級を3段階として准将級の階級を置かなかった旧日本陸軍では少将が、将官の階級を2段階とした陸上自衛隊では陸将補(少将相当)がそれぞれ充てられる。.

新しい!!: 第7空中機動軽歩兵旅団と旅団 · 続きを見る »

1966年

記載なし。

新しい!!: 第7空中機動軽歩兵旅団と1966年 · 続きを見る »

1月24日

1月24日(いちがつにじゅうよっか、いちがつにじゅうよんにち)はグレゴリオ暦で年始から24日目に当たり、年末まであと341日(閏年では342日)ある。.

新しい!!: 第7空中機動軽歩兵旅団と1月24日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

第7「ガリシア」空中機動軽歩兵旅団第7空中機動軽歩兵旅団「ガリシア」

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »