ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

第7機甲旅団 (イギリス軍)

索引 第7機甲旅団 (イギリス軍)

7機甲旅団()とは、イギリスの機甲旅団のひとつ。第二次世界大戦で活躍したを再編成して発足した。通称は師団時代と同じ「砂漠のネズミ」(The Desert Rats)。湾岸戦争やイラク戦争などに参加した。.

31 関係: 平和安定化部隊バスラバスラ国際空港ロイヤル・アングリアン連隊ロイヤル・スコットランド連隊ボスニア・ヘルツェゴビナヘルマンド州プリシュティナデイリー・メールデイリー・テレグラフデイリー・エクスプレスフィリップ・ハモンド和平履行部隊アフガニスタン戦争イラク戦争イカロス出版イギリスイギリス陸軍イギリス陸軍ライン軍団イタリアのエジプト侵攻カンダハールカーブルクルセーダー作戦コンパス作戦コソボ紛争シャットゥルアラブ川第二次世界大戦装甲部隊KFOR湾岸戦争旅団

平和安定化部隊

SFORの活動に従事するスペイン軍 平和安定化部隊(へいわあんていかぶたい Stabilisation Force, SFOR)とは、東ヨーロッパ・旧ユーゴスラヴィアのボスニア・ヘルツェゴビナに展開していた平和維持部隊。 1995年のボスニア・ヘルツェゴビナ紛争終結のためのデイトン合意に基づき設置された和平履行部隊(IFOR)の任務を引き継ぐものである。北大西洋条約機構(NATO)を中心に1996年に創設された。多国籍部隊であり、のべ37ヶ国が参加している。部隊の目的はボスニア・ヘルツェゴビナにおいて、軍事力を行使し兵力引き離し・停戦監視および治安維持活動を実施することにある。 IFORの活動期限は1995年12月から1996年12月までの1年間であった。IFORは成果を挙げたが、引き続き軍の駐留必要性が認められ、安保理決議1088によりSFORが編成された。SFORは非NATO諸国も参加しているが、NATO指揮機構下にあり、指揮官は各国の持ち回りであった。 編成当初兵力は約3万人であり、IFORの6万人と比較し削減されており、2004年までに7千人となった。2004年12月からは欧州連合指揮下の欧州連合部隊 アルテア(EUFOR Althea)に任務を譲り、SFORは解散した。.

新しい!!: 第7機甲旅団 (イギリス軍)と平和安定化部隊 · 続きを見る »

バスラ

バスラ(アル=バスラ、, al-Baṣrah)は、イラク南東、シャットゥルアラブ川の右岸にある港湾都市。.

新しい!!: 第7機甲旅団 (イギリス軍)とバスラ · 続きを見る »

バスラ国際空港

バスラ国際空港(バスラこくさいくうこう、)は、イラクバスラ県バスラにある国際空港である。.

新しい!!: 第7機甲旅団 (イギリス軍)とバスラ国際空港 · 続きを見る »

ロイヤル・アングリアン連隊

イヤル・アングリアン連隊(Royal Anglian Regiment)は、イーストアングリアン旅団(East Anglian Brigade)隷下の連隊を統合して1964年に編成された、イングランドの戦列歩兵連隊である。複数の1個大隊編成の連隊を統合し、複数大隊編成とした新しいタイプの大型連隊(Large regiment)であり、イギリス陸軍で最初にこのタイプに編成された連隊である。連隊番号は、元の連隊の番号を繋げて「第9, 10, 12, 16, 17, 44, 48, 56, 58 歩兵」とされる。.

新しい!!: 第7機甲旅団 (イギリス軍)とロイヤル・アングリアン連隊 · 続きを見る »

ロイヤル・スコットランド連隊

イヤル・スコットランド連隊(Royal Regiment of Scotland)はスコットランドの歩兵連隊であり、複数の1個大隊編成の連隊を統合して複数大隊編成とした、現在のイギリス陸軍に於ける新しいタイプの大型連隊(Large regiment)の一つ。14のスコットランド歩兵連隊が統合を繰り返し、2006年に編成された。統合された連隊の番号を繋げると、”第1, 21, 25, 42, 71, 72, 73, 74, 75, 78, 79, 91, 92, 93 歩兵”となる。.

新しい!!: 第7機甲旅団 (イギリス軍)とロイヤル・スコットランド連隊 · 続きを見る »

ボスニア・ヘルツェゴビナ

1992年-1998年の国旗 1992年-1998年の国章 ボスニア・ヘルツェゴビナは、東ヨーロッパのバルカン半島北西部に位置する共和制国家。首都はサラエボで、ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦とスルプスカ共和国のふたつの構成体からなる連邦国家でもある。 ほぼ三角形の国土を持ち、国境のうち北側と南西側2辺でクロアチア、東側1辺でセルビア、モンテネグロと接する。ユーゴスラビアからの独立時、独立の可否や国のあり方をめぐってボシュニャク人、クロアチア人、セルビア人がそれぞれ民族ごとに分かれてボスニア・ヘルツェゴビナ紛争で戦った。.

新しい!!: 第7機甲旅団 (イギリス軍)とボスニア・ヘルツェゴビナ · 続きを見る »

ヘルマンド州

ヘルマンド州(Helmand、ダリー語表記で هلمند)は、アフガニスタン南部の州である。ヘルマンド州の面積は約5万8305平方キロメートル(34州中1位)、州の総人口は87万9500人(34州中11位)、人口密度は15人/平方キロ(34州中32位)。ヘルマンド県と表記されることもある。州都はラシュカルガー。.

新しい!!: 第7機甲旅団 (イギリス軍)とヘルマンド州 · 続きを見る »

プリシュティナ

プリシュティナ(Prishtina / Prishtinë、Приштина / Priština、Pristina)は、コソボの首都および基礎自治体。2008年にセルビアからの独立を宣言したコソボ共和国の首都と定められているが、セルビアはコソボ共和国の独立を認めておらず、コソボ・メトヒヤ自治州の州都としている。 近隣の都市としては、約95キロ北東のニシュ、約80キロ南のスコピエ(マケドニア共和国の首都)などが挙げられる。1990年代のコソボ紛争で深刻な打撃を受け、現在も復興の途にある。 基礎自治体(コムーナ / オプシュティナ)としてのプリシュティナの面積は524km2、人口19.8万人。プリシュティナ都市部は14.5万人(2011年国勢調査)。コソボで最も人口の多い都市である。.

新しい!!: 第7機甲旅団 (イギリス軍)とプリシュティナ · 続きを見る »

デイリー・メール

『デイリー・メール』(The Daily Mail)は、1896年創刊のイギリスでもっとも古いタブロイド紙。発行部数は『ザ・サン』(The Sun)紙に次いで第2位。.

新しい!!: 第7機甲旅団 (イギリス軍)とデイリー・メール · 続きを見る »

デイリー・テレグラフ

デイリー・テレグラフ(The Daily Telegraph)は、1855年に創刊されたイギリスの一般紙サイズの新聞。姉妹紙のサンデー・テレグラフ は、1961年に創刊。イギリスの一般紙サイズの新聞では発行部数は1位。.

新しい!!: 第7機甲旅団 (イギリス軍)とデイリー・テレグラフ · 続きを見る »

デイリー・エクスプレス

デイリー・エクスプレス(Daily Express)は、イギリスのタブロイド紙。1900年創刊。1日平均の発行部数は625,952部である。.

新しい!!: 第7機甲旅団 (イギリス軍)とデイリー・エクスプレス · 続きを見る »

フィリップ・ハモンド

フィリップ・アンソニー・ハモンド(Philip Anthony Hammond, 1955年12月4日 -) は、イギリスの政治家。2016年7月13日から財務大臣を務め、1997年からラニーメード・アンド・ウェイブリッジ選挙区選出の庶民院(下院)議員。2014年7月15日から2016年7月13日まで外務・英連邦大臣を務めた。 ハモンドは1997年の選挙で庶民院議員となる。2005年デーヴィッド・キャメロンによって影の雇用年金大臣に任命され、2007年の改造では影の財務省主席政務官に就任した。 2010年5月に成立した第1次キャメロン内閣では運輸大臣に任命されS. Rahimi and D. Frantzis, The Daily Telegraph, 15 Jul 2014。枢密院入りした。2011年10月にリアム・フォックス国防大臣がスキャンダルで辞任し、後継人事としてハモンドが国防大臣に就任。2014年7月には外務・英連邦大臣に就任した。 2016年7月中旬にテリーザ・メイによって財務大臣に任命された。.

新しい!!: 第7機甲旅団 (イギリス軍)とフィリップ・ハモンド · 続きを見る »

和平履行部隊

和平履行部隊(わへいりこうぶたい、英:Implementation Force, IFOR)は、ボスニア・ヘルツェゴビナに展開していた平和維持部隊。1995年のボスニア・ヘルツェゴビナ紛争終結のためのデイトン合意に基づき設置された。北大西洋条約機構(NATO)指揮下の多国籍部隊であり、非NATO参加国も含め32ヶ国が参加している。兵力は約6万名、強制力をもって武装勢力の兵力引き離しや和平合意の実施を行うものとされた。 国連安保理決議1031に基づいており、国際連合保護軍(UNPROFOR)の任務も引き継ぎ、活動期間は1995年12月-1996年12月までの1年間とされた。IFORは和平実施に成果を挙げ、1996年12月より引き続きNATO指揮下の平和安定化部隊(SFOR)に任務が引き継がれた。 Category:多国籍の部隊と編成 Category:ボスニア・ヘルツェゴビナの歴史 Category:ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争 Category:NATO.

新しい!!: 第7機甲旅団 (イギリス軍)と和平履行部隊 · 続きを見る »

アフガニスタン戦争

アフガニスタン戦争(アフガニスタンせんそう)は、アフガニスタンを舞台に起こったさまざまな戦争を指して用いられた呼称である。 かつては、19世紀に起こったイギリスの二次にわたるアフガニスタン侵攻と、1919年のアフガニスタンとイギリスの戦争、すなわち三次にわたるアフガン戦争を指して言うことが多かった。 1978年以来のソ連軍・アフガニスタン人民民主党政府とムジャーヒディーンとの戦闘、1989年のソビエト連邦軍撤退以降のムジャーヒディーンやターリバーンの戦闘、そして2001年のアメリカ同時多発テロ事件後「対テロ戦争」の名目で始まったNATOおよび北部同盟によるターリバーン攻撃アフガニスタン侵攻に至る紛争は総称してアフガニスタン紛争などと呼ばれるが、このそれぞれの戦争の段階、もしくは統一してアフガニスタン戦争と呼ばれることも多い。(名称に関する詳細はアフガニスタン紛争).

新しい!!: 第7機甲旅団 (イギリス軍)とアフガニスタン戦争 · 続きを見る »

イラク戦争

イラク戦争(イラクせんそう)とは、アメリカ合衆国が主体となり2003年3月20日から、イギリス、オーストラリアと、工兵部隊を派遣したポーランド等が加わる有志連合によって、イラク武装解除問題の大量破壊兵器保持における進展義務違反を理由とする『イラクの自由作戦』の名の下に、イラクへ侵攻したことで始まった軍事介入である。 正規軍同士の戦闘は2003年中に終了し、同年5月にジョージ・W・ブッシュにより「大規模戦闘終結宣言」が出たが、アメリカが指摘した大量破壊兵器の発見に至らず、さらにイラク国内の治安悪化が問題となり、戦闘は続行した。2010年8月31日にバラク・オバマにより改めて「戦闘終結宣言」と『イラクの自由作戦』の終了が宣言され、翌日から米軍撤退後のイラク単独での治安維持に向けた『新しい夜明け作戦』が始まった。 そして2011年12月14日、米軍の完全撤収によってバラク・オバマが、イラク戦争の終結を正式に宣言した。.

新しい!!: 第7機甲旅団 (イギリス軍)とイラク戦争 · 続きを見る »

イカロス出版

イカロス出版株式会社(イカロスしゅっぱん)は東京都新宿区市谷本村町2番3号に本社を置く出版社である。英字表記はIKAROS PUBLICATIONS LTD.。.

新しい!!: 第7機甲旅団 (イギリス軍)とイカロス出版 · 続きを見る »

イギリス

レートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島々から成る同君連合型の主権国家である。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されている。 また、イギリスの擬人化にジョン・ブル、ブリタニアがある。.

新しい!!: 第7機甲旅団 (イギリス軍)とイギリス · 続きを見る »

イギリス陸軍

イギリス陸軍の非儀式用旗 イギリス陸軍(イギリスりくぐん、British Army)は、イギリス連合王国(United Kingdom)の陸軍。現在では、海軍、空軍と共にイギリス軍を構成している。.

新しい!!: 第7機甲旅団 (イギリス軍)とイギリス陸軍 · 続きを見る »

イギリス陸軍ライン軍団

イギリス陸軍ライン軍団(イギリスりくぐんラインぐんだん、British Army of the Rhine、BAOR)は、イギリス陸軍の編成の一。ドイツ駐留部隊であり、歴史上2回編成された。.

新しい!!: 第7機甲旅団 (イギリス軍)とイギリス陸軍ライン軍団 · 続きを見る »

イタリアのエジプト侵攻

イタリアのエジプト侵攻(イタリアのエジプトしんこう)とは、第二次世界大戦の北アフリカ戦線においてイタリア王国(以下「イタリア」と記す。)がイギリス、イギリス連邦及び自由フランスに対しとった攻勢である。 この侵攻における当初の目標はスエズ運河の制圧だった。イタリア軍がイタリア領リビア(以下「リビア」と記す。)からスエズに到達するためには、エジプト王国(以下「エジプト」と記す。)北部を通過する必要があった。何度か攻撃は延期され、さらに攻勢の規模は当初よりも縮小された。 最終的に目標はエジプトへの侵攻と、その前面の敵部隊に対し攻撃を行なうことになった。 イタリア軍はこの攻勢で約エジプト領内へ侵攻した一方、イギリス軍の遅滞作戦部隊とは接触したものの、その主力部隊との本格的な交戦の機会はなかった。遅滞作戦は第7機甲師団 中の1個旅団強の部隊(第7支援群 )がこれにあたった。第7機甲師団及びインド第4歩兵師団の残りの部隊から成るイギリス軍の主力は、イタリア軍が侵入した地点から約離れたマルサ・マトルー (مرسى مطروح) に設定された主防衛陣地へ配置された。.

新しい!!: 第7機甲旅団 (イギリス軍)とイタリアのエジプト侵攻 · 続きを見る »

カンダハール

ンダハール(Kandahar ダリー語: قندهار Qandahār)は、アフガニスタンの都市。アルガンダブ川渓谷に位置する同国南部の主要都市でカンダハール州の州都。人口は450,300人 (2006年の公式推計)で、カーブルに次いでアフガニスタン第2の都市である。標高は海抜1,005 m、31°37′N 65°43′E。 アフガニスタンの最大民族パシュトゥーン人の居住地域にあり、パキスタンのペシャーワルと並ぶパシュトゥーン人の主要都市。アジアハイウェイの路線上にあり、北はウルーズガーン州のタリンコート、東はガズニーを経てカーブルに通じ、西はヘラート・ファラーを経てイランのホラーサーン地方および中央アジアに至る。南に進めば国境を越えてパキスタン領バローチスタンのクエッタに至り、インダス川下流域の大平原からインド亜大陸へと通ずる交通の要衝で、国際空港もある。 羊、羊毛、綿花、絹、フェルト、穀物、果物、ドライフルーツ、タバコの主要な交易センターである。周辺地域はザクロとブドウをはじめ質の良い果物を産出し、市内には多くの果物加工工場が稼働している。 カンダハールの名前は、前4世紀の征服者アレクサンドロス(Alexandoros)の「xandoros」の部分が転訛したとの説があるがAlexander the Great: his towns - Alexandria in Arachosia...

新しい!!: 第7機甲旅団 (イギリス軍)とカンダハール · 続きを見る »

カーブル

ーブル市(カーブルし、)は、アフガニスタンの首都、カーブル州の州都。日本の主だった報道機関各社は「カブール」という呼称を用いているが、学術的にも一般的にも「カーブル」が妥当である。現地語での発音も「カーブル」に近い。 ヒンドゥークシュ山脈の南縁、カイバル峠の麓の沿いの狭小な丘陵に位置する標高約1,800mの町。商業が非常に活発であるほか、皮革・家具・ガラス工業、テンサイ糖の生産なども行われる。アフガニスタンの経済的・文化的中心地で国内最大の都市である。1931年に開学された同国を代表する最高学府である国立カーブル大学はこの都市にある。ガズニー、カンダハール、ヘラート、マザーリシャリーフとアフガニスタン国内を一周する環状の高速道路で結ばれている。 3000年以上の歴史を持ち、古くから"文明の十字路"と呼ばれた。現在、数十年続いた戦災からの復興の途上にある。カトマンズと並び、ヒッピーの聖地と言われていた時期もある。.

新しい!!: 第7機甲旅団 (イギリス軍)とカーブル · 続きを見る »

クルセーダー作戦

ルセーダー作戦(クルセーダーさくせん、Operation Crusader)は、第二次世界大戦中の1941年11月18日から12月30日に北アフリカで行われた枢軸国軍に対するイギリス連邦諸国軍を含むイギリス軍(以下「イギリス軍」と記す。)の反攻作戦のことである。 1940年9月、イタリア軍は自国の植民地リビアから、東のエジプトへ侵攻したが、イギリス軍の12月9日に発動したコンパス作戦により逆に攻め込まれ、リビアのキレナイカ地方から撤退した。これに危機感を抱いたドイツのヒトラーは1941年2月、エルヴィン・ロンメルを司令官としてドイツアフリカ軍団を北アフリカへ派遣した。そこで、ロンメルは直ちに反撃を開始し、イギリス軍をエジプトまで追い込んだものの、トブルクを陥落させることができず、そのまま包囲する形勢となった。 これに対し、イギリス軍は2度の反攻作戦を実施したが、いずれも失敗に終わった。双方は戦力の充実を図り、それぞれ攻勢作戦を準備したが、11月18日にイギリス軍が先手をとってこの攻撃作戦(クルセーダー作戦)を開始した。これに対し、ロンメルは敵軍の側面を攻撃し、一時イギリス軍は退却した。ロンメルは東の国境方面へ装甲部隊を侵攻させ一気にイギリス軍の兵站線を切断し殲滅を図った。しかしそこで敵の抵抗に遭い、さらに補給の状況も悪化していたためいったんトブルクの西方ガザラまで撤退した。けれどもここでもイギリス軍の攻撃に耐え切れず、損害を抑えるようにしながらエル・アゲイラまで退却した。これにより、トブルクは枢軸国軍の包囲から解放され、キレナイカ地方はイギリス軍が支配することとなった。.

新しい!!: 第7機甲旅団 (イギリス軍)とクルセーダー作戦 · 続きを見る »

コンパス作戦

ンパス作戦(コンパスさくせん、Operation Compass)は、1940年12月8日から1941年2月9日まで行われた、イギリス軍による北アフリカ方面での反攻作戦。 この戦いで伊リビア総軍は戦力の過半とキレナイカ地方を喪失し、英砂漠軍の優勢が決定的になった。.

新しい!!: 第7機甲旅団 (イギリス軍)とコンパス作戦 · 続きを見る »

コソボ紛争

ボ紛争(コソボふんそう、アルバニア語:Lufta e Kosovës、セルビア語:Рат на Косову и Метохијиは、バルカン半島南部のコソボで発生した2つの武力衝突を示す。.

新しい!!: 第7機甲旅団 (イギリス軍)とコソボ紛争 · 続きを見る »

シャットゥルアラブ川

ャットゥルアラブ川(شط العرب、Shatt al-Arab)またはアルヴァンド川(اروندرود、Arvand)は、チグリス川とユーフラテス川の合流によって形成され、イランとイラクの国境地帯を流れながらペルシャ湾に注ぐ川。長さは200km。イラク領のバスラ、イラン領のホラムシャハル、アーバーダーンなどの港湾都市が川沿いに連なり、両国の重要な航路となっている。.

新しい!!: 第7機甲旅団 (イギリス軍)とシャットゥルアラブ川 · 続きを見る »

第二次世界大戦

二次世界大戦(だいにじせかいたいせん、Zweiter Weltkrieg、World War II)は、1939年から1945年までの6年間、ドイツ、日本、イタリアの日独伊三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリス、ソビエト連邦、アメリカ 、などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の巨大戦争。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻と続くソ連軍による侵攻、そして英仏からドイツへの宣戦布告はいずれもヨーロッパを戦場とした。その後1941年12月の日本とイギリス、アメリカ、オランダとの開戦によって、戦火は文字通り全世界に拡大し、人類史上最大の大戦争となった。.

新しい!!: 第7機甲旅団 (イギリス軍)と第二次世界大戦 · 続きを見る »

装甲部隊

戦車戦闘団 装甲部隊(そうこうぶたい)は、装甲戦闘車両(AFV)を中核とした部隊。歩兵部隊と対になる概念。機甲部隊(機械化装甲部隊)、戦車部隊、機械化部隊とも。.

新しい!!: 第7機甲旅団 (イギリス軍)と装甲部隊 · 続きを見る »

KFOR

KFOR(Kosovo Force)、コソボ治安維持部隊(コソボちあんいじぶたい)は、1999年6月10日に採択された国連安保理決議1244に基づき、北大西洋条約機構(NATO)指揮の下、当時ユーゴスラビア連邦共和国のセルビア共和国(2008年にセルビア共和国として独立)統治下にあったコソボ・メトヒヤ自治州(2008年2月17日にコソボ共和国として独立を宣言)において治安維持を担う国際安全保障部隊である。 同決議に基づき暫定行政を行う民生部門は国際連合コソボ暫定行政ミッション(UNMIK)という。.

新しい!!: 第7機甲旅団 (イギリス軍)とKFOR · 続きを見る »

湾岸戦争

湾岸戦争(わんがんせんそう、Gulf War、حرب الخليج الثانية)は、1990年8月2日のイラクによるクウェート侵攻をきっかけに、国際連合が多国籍軍(連合軍)の派遣を決定し、1991年1月17日にイラクを空爆して始まった戦争である。.

新しい!!: 第7機甲旅団 (イギリス軍)と湾岸戦争 · 続きを見る »

旅団

旅団(りょだん、Brigade)は、陸軍編成上の単位のひとつで、師団よりも小さく、連隊と同等又はこれよりも大きい単位で、1,500名から6,000名程度の兵員によって構成される部隊をいう。日本語にいう旅団の語は古代中国の軍隊の単位である旅に由来する。「Brigade」はケルト語のbriga(争い)に由来するという。 英軍のBrigadier(准将あるいは上級大佐)は本来は「旅団の長」そのものであった。よって、諸外国の陸軍では旅団長には伝統的には准将級(旧ロシア帝国軍や現在のロシア陸軍・ブラジル陸軍・中華民国陸軍等准将を置かない軍隊では少将)が充てられてきたが、アメリカ陸軍では大佐が充てられ、中国人民解放軍ではそれぞれ上級大佐・大佐に相当する大校・上校が充てられる。また、ドイツ連邦軍、ポルトガル軍等では准将が充てられる事もあれば、大佐の旅団長の例も珍しくない。 将官の階級を3段階として准将級の階級を置かなかった旧日本陸軍では少将が、将官の階級を2段階とした陸上自衛隊では陸将補(少将相当)がそれぞれ充てられる。.

新しい!!: 第7機甲旅団 (イギリス軍)と旅団 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »