ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

第6装甲旅団 (ドイツ連邦陸軍)

索引 第6装甲旅団 (ドイツ連邦陸軍)

6装甲旅団(だい6そうこうりょだん、ドイツ語:Panzerbrigade 6)は、ドイツ連邦陸軍の旅団の一つ。最後は第2装甲擲弾兵師団隷下にあって、旅団隷下部隊はニーダーザクセン州のヘッセン州およびノルトライン=ヴェストファーレン州に駐屯していた。1981年までは第34装甲旅団と呼称されていた。.

21 関係: 大佐ノルトライン=ヴェストファーレン州ハン・ミュンデンヴァールブルクヴォルフハーゲンヘッシシュ・リヒテナウヘッセン州フルダタールドイツ語ドイツ陸軍 (ドイツ連邦軍)ニーダーザクセン州アレンドルフカッセル准将第14装甲旅団 (ドイツ連邦陸軍)第2装甲擲弾兵師団 (ドイツ連邦陸軍)旅団1975年1993年4月1日9月30日

大佐

大佐(たいさ、だいさ)とは、軍隊の階級のひとつ。.

新しい!!: 第6装甲旅団 (ドイツ連邦陸軍)と大佐 · 続きを見る »

ノルトライン=ヴェストファーレン州

ノルトライン=ヴェストファーレン州(標準ドイツ語:Nordrhein-Westfalen, 低ザクセン語:Noordrhien-Westfalen)は、ドイツの16ある連邦州の一つである。 州別の人口数は国内第1位で、人口密度も都市州を除いてトップである。ヨーロッパを代表する工業地帯であるルール地方は州の南西部に位置し、これまで(西)ドイツ経済を牽引してきた。ドイツ全体で12ある人口50万人以上の都市の内、5つがこの州に集まる。州都デュッセルドルフをはじめ、ケルン、ドルトムント、エッセン、デュースブルクがそれである。また、東西分断時代の西ドイツの首都であったボンもこの州内にある。.

新しい!!: 第6装甲旅団 (ドイツ連邦陸軍)とノルトライン=ヴェストファーレン州 · 続きを見る »

ハン・ミュンデン

ハン・ミュンデン (Hann.

新しい!!: 第6装甲旅団 (ドイツ連邦陸軍)とハン・ミュンデン · 続きを見る »

ヴァールブルク

ヴァールブルク (Warburg, -burg の発音について、翻訳元のWikipediaドイツ語版やWiktionaryでは /bʊʁk/ としているが、Duden Aussprachewörtetbuch および小学館独和大辞典では /bʊrk/ としており、本記事では後者を採った。, Warb(e)rich, Warburgum または Varburgum) は、ドイツ連邦共和国ノルトライン=ヴェストファーレン州東部デトモルト行政管区のヘクスター郡に属す都市である。この街は中級中心都市であり、人口約 23,000人を擁するヴァールブルガー沃野最大の都市である。ヴァールブルクは1010年頃に初めて文献上の記録がなされている。まとまった集落として本市が初めて記録されているのは 1036年である。ヴァールブルクは中世にはヴェストファーレンのハンザ同盟に加盟していた。1815年から1974年まではヴァールブルク郡の郡庁所在地であった。2012年3月19日以後ヴァールブルクは「Hansestadt」(ハンザ都市)を公的な添え名として用いているノルトライン=ヴェストファーレン州内務・自治省:, 2012年3月19日付け(2015年3月21日 閲覧)。都市の景観は、歴史的建造物、石造あるいは木組みの家屋と山の尾根に位置するその立地により特徴づけられる。ヴァールブルクは現在も市壁や塔の大部分が遺されていることから「ヴェストファーレンのローテンブルク」と称される。.

新しい!!: 第6装甲旅団 (ドイツ連邦陸軍)とヴァールブルク · 続きを見る »

ヴォルフハーゲン

ヴォルフハーゲン (Wolfhagen) は、ドイツ連邦共和国ヘッセン州北部のカッセル郡に属す小都市で、木組み建築の歴史的中核部を有している。.

新しい!!: 第6装甲旅団 (ドイツ連邦陸軍)とヴォルフハーゲン · 続きを見る »

ヘッシシュ・リヒテナウ

ヘッシシュ・リヒテナウ (Hessisch Lichtenau) は、ドイツ連邦共和国ヘッセン州ヴェラ=マイスナー郡に属す小都市である。この街は2006年に第46回ヘッセンの日の会場となった。.

新しい!!: 第6装甲旅団 (ドイツ連邦陸軍)とヘッシシュ・リヒテナウ · 続きを見る »

ヘッセン州

ヘッセン州(Land Hessen)は、ドイツに16ある連邦州のひとつ。州都は、州南西部に位置するヴィースバーデン。経済の中心都市は州南部に位置するフランクフルトである。グリム兄弟の生地ハーナウを起点として北へ、グリム童話ゆかりの地を結ぶドイツ・メルヘン街道や、木組み建築の町、アルスフェルトなどの観光地がある。.

新しい!!: 第6装甲旅団 (ドイツ連邦陸軍)とヘッセン州 · 続きを見る »

フルダタール

フルダタール (Fuldatal) は、ドイツ連邦共和国ヘッセン州北部のカッセル郡に属す町村(以下、本項では便宜上「町」と記述する)である。.

新しい!!: 第6装甲旅団 (ドイツ連邦陸軍)とフルダタール · 続きを見る »

ドイツ語

ドイツ語(ドイツご、独:Deutsch、deutsche Sprache)は、インド・ヨーロッパ語族・ゲルマン語派の西ゲルマン語群に属する言語である。 話者人口は約1億3000万人、そのうち約1億人が第一言語としている。漢字では独逸語と書き、一般に独語あるいは独と略す。ISO 639による言語コードは2字が de、3字が deu である。 現在インターネットの使用人口の全体の約3パーセントがドイツ語であり、英語、中国語、スペイン語、日本語、ポルトガル語に次ぐ第6の言語である。ウェブページ数においては全サイトのうち約6パーセントがドイツ語のページであり、英語に次ぐ第2の言語である。EU圏内では、母語人口は域内最大(ヨーロッパ全土ではロシア語に次いで多い)であり、話者人口は、英語に次いで2番目に多い。 しかし、歴史的にドイツ、オーストリアの拡張政策が主に欧州本土内で行われたこともあり、英語、フランス語、スペイン語のように世界語化はしておらず、基本的に同一民族による母語地域と、これに隣接した旧支配民族の使用地域がほとんどを占めている。上記の事情と、両国の大幅な領土縮小も影響して、欧州では非常に多くの国で母語使用されているのも特徴である。.

新しい!!: 第6装甲旅団 (ドイツ連邦陸軍)とドイツ語 · 続きを見る »

ドイツ陸軍 (ドイツ連邦軍)

ドイツ陸軍(ドイツりくぐん、ドイツ語:Deutsches Heerもしくは単にHeer)は、ドイツ連邦共和国の陸軍。組織の位置としては、ドイツ連邦国防省における軍事機構分野(Militärische Organisationsbereiche)の軍隊(Streitkräfte)で軍備部門(Teilstreitkraft)にあたる。 本稿では他の時代や体制のドイツ陸軍と区別するため必要に応じて、ドイツ連邦陸軍、連邦陸軍、西ドイツ陸軍、統一ドイツ陸軍および新生陸軍もしくは新陸軍の呼称を用いる。.

新しい!!: 第6装甲旅団 (ドイツ連邦陸軍)とドイツ陸軍 (ドイツ連邦軍) · 続きを見る »

ニーダーザクセン州

ニーダーザクセン州(ドイツ語:Land Niedersachsen、低ザクセン語:Land Neddersassen、ザーターフリジア語:Lound Läichsaksen、英語:Lower Saxony)は、ドイツ連邦共和国を構成する16の連邦州のひとつで、ドイツ北西部に位置する。低地ザクセン州とも訳される。州都はハノーファー。.

新しい!!: 第6装甲旅団 (ドイツ連邦陸軍)とニーダーザクセン州 · 続きを見る »

アレンドルフ

アレンドルフ (Allendorf) は、ドイツの地名。.

新しい!!: 第6装甲旅団 (ドイツ連邦陸軍)とアレンドルフ · 続きを見る »

カッセル

ッセル (Kassel、1926年までは Cassel が公式な表記であった)は、ドイツ連邦共和国ヘッセン州の都市。同州北部の大学都市で、フランクフルト・アム・マイン、ヴィースバーデンに次ぐヘッセン州第3位の都市である。 カッセルは歴史上、ヘッセンの首都の一つであり、1277年から1866年まで首都機能が置かれていた。この街は現在、同名の行政管区および郡の行政庁舎所在地(ただし郡には属さない郡独立市)である。また、ヘッセン州に10ある上級中心都市の一つである。 フルダ川の両岸に広がるカッセルは、国際的には特に、カッセルのヴァッサーシュピールが行われるハービヒツヴァルトのベルクパルク・ヴィルヘルムスヘーエ(直訳すると「山の公園ヴィルヘルムスヘーエ」)や1955年から 4、5年ごとに開催される芸術祭ドクメンタで知られている。このためカッセルは1999年3月から「ドクメンタ・シュタット」というニックネームを公式に称している。 カッセルの人口は1899年に10万人を超え、これにより大都市の仲間入りをした。現在()のカッセルの人口は 人である。.

新しい!!: 第6装甲旅団 (ドイツ連邦陸軍)とカッセル · 続きを見る »

准将

准将(じゅんしょう)は軍隊の階級の一。北大西洋条約機構の階級符号では、OF-6に相当する。最下級の将官あるいは最上級の佐官に区分され、少将の下、大佐の上に位置する。国によっては存在しないこともある。英語では陸軍や空軍の場合、通常ブリガディア(brigadier)ないしブリガディア・ジェネラル(brigadier general)と呼称するが、フランス陸軍などのように、ブリゲード・ジェネラル(brigade general、旅団将軍)と表現することもある。なお海軍の場合、同格とされるコモドール(commodore)は、その職制から通常日本語では代将と呼称される事が多く、少将や下級少将を准将相当官とするなど国によってその表現はまちまちである。陸海空軍でそれぞれ呼称が異なる准将を総称しOne-star rankと呼ぶこともある。.

新しい!!: 第6装甲旅団 (ドイツ連邦陸軍)と准将 · 続きを見る »

第14装甲旅団 (ドイツ連邦陸軍)

14装甲旅団「ヘッシシャー・レーヴェ(ヘッセン獅子)」(だい14そうこうりょだん、ドイツ語:Panzerbrigade 14 "Hessischer Löwe")は、ドイツ連邦陸軍の旅団の一つ。旅団司令部をノイシュタットに置き、旅団隷下部隊はヘッセン州に駐屯していた。創隊から1981年までは第6装甲旅団に指定されていた。.

新しい!!: 第6装甲旅団 (ドイツ連邦陸軍)と第14装甲旅団 (ドイツ連邦陸軍) · 続きを見る »

第2装甲擲弾兵師団 (ドイツ連邦陸軍)

2装甲擲弾兵師団(ドイツ語:2.

新しい!!: 第6装甲旅団 (ドイツ連邦陸軍)と第2装甲擲弾兵師団 (ドイツ連邦陸軍) · 続きを見る »

旅団

旅団(りょだん、Brigade)は、陸軍編成上の単位のひとつで、師団よりも小さく、連隊と同等又はこれよりも大きい単位で、1,500名から6,000名程度の兵員によって構成される部隊をいう。日本語にいう旅団の語は古代中国の軍隊の単位である旅に由来する。「Brigade」はケルト語のbriga(争い)に由来するという。 英軍のBrigadier(准将あるいは上級大佐)は本来は「旅団の長」そのものであった。よって、諸外国の陸軍では旅団長には伝統的には准将級(旧ロシア帝国軍や現在のロシア陸軍・ブラジル陸軍・中華民国陸軍等准将を置かない軍隊では少将)が充てられてきたが、アメリカ陸軍では大佐が充てられ、中国人民解放軍ではそれぞれ上級大佐・大佐に相当する大校・上校が充てられる。また、ドイツ連邦軍、ポルトガル軍等では准将が充てられる事もあれば、大佐の旅団長の例も珍しくない。 将官の階級を3段階として准将級の階級を置かなかった旧日本陸軍では少将が、将官の階級を2段階とした陸上自衛隊では陸将補(少将相当)がそれぞれ充てられる。.

新しい!!: 第6装甲旅団 (ドイツ連邦陸軍)と旅団 · 続きを見る »

1975年

記載なし。

新しい!!: 第6装甲旅団 (ドイツ連邦陸軍)と1975年 · 続きを見る »

1993年

この項目では、国際的な視点に基づいた1993年について記載する。.

新しい!!: 第6装甲旅団 (ドイツ連邦陸軍)と1993年 · 続きを見る »

4月1日

4月1日(しがつついたち)は、グレゴリオ暦で年始から91日目(閏年では92日目)にあたり、年末まであと274日ある。誕生花はカスミソウ、クロッカス。 日本や一部の国では4月1日は会計年度・学校年度の初日である。この日は政府機関、企業などで多くの制度の変更、新設、発足が行われ、異動や新入学など大きな変化が起こる日である。.

新しい!!: 第6装甲旅団 (ドイツ連邦陸軍)と4月1日 · 続きを見る »

9月30日

9月30日(くがつさんじゅうにち)はグレゴリオ暦で年始から273日目(閏年では274日目)にあたり、年末まであと92日ある。9月の最終日である。.

新しい!!: 第6装甲旅団 (ドイツ連邦陸軍)と9月30日 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »