ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

第6落下傘軽歩兵旅団

索引 第6落下傘軽歩兵旅団

6「アルモガバルス」落下傘軽歩兵旅団(だい6アルモガバルスらっかさんけいほへいりょだん、スペイン語:Brigada de Infantería Ligera Paracaidista "Almogávares" VI、略語:BRIPAC)は、スペイン陸軍の旅団の一つ。スペイン外人部隊と共にスペイン陸軍の空中機動部隊を構成している、陸軍の最精鋭部隊。.

29 関係: ミストラル (ミサイル)マドリードマドリード州ムルシア州ユンカースボスニア・ヘルツェゴビナ和平履行部隊アラゴン王国アルモガバルスアルカラ・デ・エナーレスアストゥリアス公イラクエアボーンオート・メラーラMod56 105mm榴弾砲クルディスタンコソボスペイン外人部隊スペイン領サハラスペイン語スペイン陸軍国際連合緑の行進西サハラL118 105mm榴弾砲SIAI-マルケッティ旅団10月17日15世紀1953年

ミストラル (ミサイル)

ミストラル(Mistral)は、フランスのマトラ社(現在のMBDA社)製の対空ミサイル。軽量小型で短射程の打ち放し式ミサイルであり、即応性に優れたミサイルである。1989年より原型機であるS1の配備が開始され、1997年には改良型のM2が配備に入った。 マトラ社は、積極的にファミリー展開しており、歩兵の携帯式防空ミサイルシステム(MANPADS)を基本として、車載型の近距離防空ミサイル、艦載型の近接防空ミサイル、ヘリコプター搭載の近距離空対空ミサイルまで幾つかの型式が作られている。 しばしば発射機の名称で呼ばれるが、ミサイル自体は基本的に共通である。25ヶ国に採用され、15,000基以上のミサイルを販売している。.

新しい!!: 第6落下傘軽歩兵旅団とミストラル (ミサイル) · 続きを見る »

マドリード

マドリード(Madrid)は、スペインの首都である。マドリード州の州都であり、マドリード州の唯一の県であるマドリード県の県都でもある。 人口は約325万人。2011年の都市圏人口は541万人であり、世界第57位、欧州では第5位である。 紋章はイチゴノキとクマ。 スペイン中央部のメセタ地帯のマンサナーレス川沿いに広がる。近郊にはモストレス、アルカラ・デ・エナーレス、ヘタフェなどの都市があり、マドリード首都圏を形成している。 ヨーロッパ屈指の世界都市であり、アメリカのシンクタンクが2017年に発表した総合的な世界都市ランキングにおいて、世界15位の都市と評価された。.

新しい!!: 第6落下傘軽歩兵旅団とマドリード · 続きを見る »

マドリード州

マドリード州(Comunidad de Madrid)は、スペインを構成する自治州の一つ。マドリード県(Provincia de Madrid)1つからなる一県一州の自治州である。スペインの首都マドリードがあり、州都・県都もマドリードとなる。スペインの県としては、人口・人口密度ともに第一位である。また、州としてもアンダルシア州.

新しい!!: 第6落下傘軽歩兵旅団とマドリード州 · 続きを見る »

ムルシア州

ムルシア州(Comunidad Autónoma de la Región de Murcia)は、スペインを構成する自治州の一つ。直訳すると「ムルシア地方」自治州となる。ムルシア県1つからなる一県一州の自治州である。 スペインの南東部、アンダルシーア州、カスティーリャ=ラ・マンチャ州、バレンシア州に挟まれた所に位置し、地中海に面している。行政の州都はムルシアだが、議会はカルタヘーナに置かれている。 温暖な気候を利用して果物・野菜・花卉が栽培されており、スペインのみならずヨーロッパ諸国へ輸出されている。.

新しい!!: 第6落下傘軽歩兵旅団とムルシア州 · 続きを見る »

ユンカース

ユンカース(Junkers、戦前はユンケルスの表記も見られた)は、ドイツの航空機・エンジンメーカーである。正式な社名はユンカース航空機・発動機製作株式会社(Junkers Flugzeug- und Motorenwerke AG)。前身は1895年にフーゴー・ユンカースが設立したボイラーおよびラジエータ製造を手がけるユンカース&Co温水器製造社(Junkers & Co. Warmwasser-Apparatefabrik)。第一次世界大戦を通じて全金属製航空機製造大手へと成長し、第二次世界大戦ではドイツ空軍へ軍用機を供給した。.

新しい!!: 第6落下傘軽歩兵旅団とユンカース · 続きを見る »

ボスニア・ヘルツェゴビナ

1992年-1998年の国旗 1992年-1998年の国章 ボスニア・ヘルツェゴビナは、東ヨーロッパのバルカン半島北西部に位置する共和制国家。首都はサラエボで、ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦とスルプスカ共和国のふたつの構成体からなる連邦国家でもある。 ほぼ三角形の国土を持ち、国境のうち北側と南西側2辺でクロアチア、東側1辺でセルビア、モンテネグロと接する。ユーゴスラビアからの独立時、独立の可否や国のあり方をめぐってボシュニャク人、クロアチア人、セルビア人がそれぞれ民族ごとに分かれてボスニア・ヘルツェゴビナ紛争で戦った。.

新しい!!: 第6落下傘軽歩兵旅団とボスニア・ヘルツェゴビナ · 続きを見る »

和平履行部隊

和平履行部隊(わへいりこうぶたい、英:Implementation Force, IFOR)は、ボスニア・ヘルツェゴビナに展開していた平和維持部隊。1995年のボスニア・ヘルツェゴビナ紛争終結のためのデイトン合意に基づき設置された。北大西洋条約機構(NATO)指揮下の多国籍部隊であり、非NATO参加国も含め32ヶ国が参加している。兵力は約6万名、強制力をもって武装勢力の兵力引き離しや和平合意の実施を行うものとされた。 国連安保理決議1031に基づいており、国際連合保護軍(UNPROFOR)の任務も引き継ぎ、活動期間は1995年12月-1996年12月までの1年間とされた。IFORは和平実施に成果を挙げ、1996年12月より引き続きNATO指揮下の平和安定化部隊(SFOR)に任務が引き継がれた。 Category:多国籍の部隊と編成 Category:ボスニア・ヘルツェゴビナの歴史 Category:ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争 Category:NATO.

新しい!!: 第6落下傘軽歩兵旅団と和平履行部隊 · 続きを見る »

アラゴン王国

アラゴン王国(アラゴンおうこく、アラゴン語: カタルーニャ語: スペイン語:Reino de Aragón)は、中世後期のイベリア半島北東部、現在のスペインのアラゴン州に存在した王国。.

新しい!!: 第6落下傘軽歩兵旅団とアラゴン王国 · 続きを見る »

アルモガバルス

マジョルカ征服の際のアルモガバルス アルモガバルス (アラゴン語: Almogabars, カタルーニャ語: Almogàvers, スペイン語: Almogávares, アラビア語: al-Mugavari)は、アラゴン王国に仕えた傭兵集団。イベリア半島でのキリスト教徒のレコンキスタで活躍した。14世紀、彼らはイタリア、十字軍国家、レバントでも傭兵となった。.

新しい!!: 第6落下傘軽歩兵旅団とアルモガバルス · 続きを見る »

アルカラ・デ・エナーレス

アルカラ・デ・エナーレス(Alcalá de Henares)は、スペインの都市。Henaresは第2音節にアクセントが落ちるのでアルカラ・デ・エナーレスのように発音される。またアルカラ・デ・エナレスの表記も見られる。スペイン中央のマドリード州東部に位置する。人口は約20万人。「アルカラ」はアラビア語の「城」という語に由来する。アンダルシアにある同名の都市(アルカラ・デ・グアダイラとアルカラ・ラ・レアル)と区別するため「デ・エナーレス」を加える。 15世紀末以来の大学都市で、世界遺産に登録されている。また、ミゲル・デ・セルバンテスの出生地としても知られる。.

新しい!!: 第6落下傘軽歩兵旅団とアルカラ・デ・エナーレス · 続きを見る »

アストゥリアス公

アストゥリアス公紋章 モントブランク公としての紋章 サルベラ伯及びバラゲー領主としての紋章 アストゥリアス公()、アストゥリアス女公()は、スペイン国王の推定相続人に与えられる称号。王太子に相当するが、ある時点で王家に該当する人物(性別不問)が居ない場合、スペイン国外にいる権利者がこの称号を帯びることもある。推定相続人以外の王子・王女にはinfanta)の称号が与えられる。 フランシスコ・フランコが王政復古を前提にフアン・カルロスを後継者とした際には、アストゥリアス公ではなくスペイン公()の称号を用いた。 現在は1978年憲法第57条第2項で、国王の推定相続人に与えられることが規定されており、フェリペ6世の長女レオノールがこの称号を有している。.

新しい!!: 第6落下傘軽歩兵旅団とアストゥリアス公 · 続きを見る »

イラク

イラク共和国(イラクきょうわこく、、)、通称イラクは、中東・西アジアの連邦共和制国家である。首都はバグダードで、サウジアラビア、クウェート、シリア、トルコ、イラン、ヨルダンと隣接する。古代メソポタミア文明を受け継ぐ土地にあり、世界で3番目の原油埋蔵国である。.

新しい!!: 第6落下傘軽歩兵旅団とイラク · 続きを見る »

エアボーン

演習において落下傘降下を行うアメリカ軍 エアボーン(Airborne)は、兵員を高速で長距離移動させたり、敵の背後に部隊を展開させることを目的として、飛行中の輸送機から兵員が落下傘降下すること。グライダーを利用することもある。 日本語では日本陸軍の造語である「空中挺進(くうちゅうていしん)」または「空輸挺進(くうゆていしん)」を略した「空挺(くうてい)」と称され、陸上自衛隊では「空挺」と言う語をそのまま用いている。「挺進」を「挺身」と書く場合があるが、挺身には「身を捨てる」という意味があり、危険を顧みず自身の身を捨てて敵陣中に降下する姿を形容した語である。 これとは別に航空機が離陸した状態のこと。転じて離陸タイミング、離陸した瞬間を指す場合もある。.

新しい!!: 第6落下傘軽歩兵旅団とエアボーン · 続きを見る »

オート・メラーラMod56 105mm榴弾砲

ート・メラーラMod.56 105mm榴弾砲(オート・メラーラMod56 105ミリりゅうだんほう、)とは、イタリアのオート・メラーラ社が1950年代にイタリア陸軍アルピーニ山岳部隊の火力支援用に設計した山岳用榴弾砲(山砲)である。.

新しい!!: 第6落下傘軽歩兵旅団とオート・メラーラMod56 105mm榴弾砲 · 続きを見る »

クルディスタン

CIAの発表したクルド人居住地域の地図 クルディスタン(クルド語 كوردستان / Kurdistan)は、トルコ東部、イラク北部、イラン西部、シリア北部とアルメニアの一部分にまたがり、ザグロス山脈とタウルス山脈の東部延長部分を包含する、伝統的に主としてクルド人が居住する地理的領域のこと。チグリス・ユーフラテス川の中上流域を中心に広がる山岳地域。面積は約392,000km2。 「クルド人の地/国」を意味する。ペルシア語ではコルデスターンといい、イランには同名の州コルデスターン州が存在する。イラクでは自治区のクルディスタン地域、シリアでは自治区のロジャヴァを構成する。 クルディスタンという名称は、12世紀にセルジューク朝のアフマド・サンジャルがエルデランに相当する地域(今日のイランのコルデスタン州とほぼ一致)に設置した州の名前として、はじめて使われた。.

新しい!!: 第6落下傘軽歩兵旅団とクルディスタン · 続きを見る »

コソボ

ボ共和国(コソボきょうわこく、Republika e Kosovës)は、バルカン半島中部の内陸部に位置する国家。北東をセルビア、南東をマケドニア共和国、南西をアルバニア、北西をモンテネグロに囲まれている。.

新しい!!: 第6落下傘軽歩兵旅団とコソボ · 続きを見る »

スペイン外人部隊

ペイン外人部隊(Legión Española)は、1920年にスペイン陸軍内に創設された外人部隊である。.

新しい!!: 第6落下傘軽歩兵旅団とスペイン外人部隊 · 続きを見る »

スペイン領サハラ

ペイン領サハラ(スペインりょうサハラ、、、Sahra'a al Isbaniya)は、1844年から1975年までのスペイン統治下時の西サハラ地域の名称。この地域はスペイン帝国の最後の象徴であり、モロッコとモーリタニア、現地の住民の主張だけではなく、主に国際連合による植民地化解決への国際的な圧力によって放棄された。主権は紛争下にある。人口9万4千人(1974年)、面積26万6千km²だった(この範囲は現在も変わっていない)。.

新しい!!: 第6落下傘軽歩兵旅団とスペイン領サハラ · 続きを見る »

スペイン語

ペイン語(スペインご、)もしくはカスティーリャ語(カスティーリャご、)は、インド・ヨーロッパ語族イタリック語派に属する言語。略して西語とも書く。.

新しい!!: 第6落下傘軽歩兵旅団とスペイン語 · 続きを見る »

スペイン陸軍

ペイン陸軍の紋章 スペイン陸軍(スペイン語:Ejército de Tierra de España)はスペインの陸軍。.

新しい!!: 第6落下傘軽歩兵旅団とスペイン陸軍 · 続きを見る »

国際連合

国際連合(こくさいれんごう、United Nations、联合国、聯合國、Organisation des Nations unies、略称は国連(こくれん)、UN、ONU)は、国際連合憲章の下、1945年に設立された国際機関である。 第二次世界大戦を防げなかった国際連盟の反省を踏まえ、1945年10月24日、51ヵ国の加盟国で設立された。主たる活動目的は、国際平和と安全の維持(安全保障)、経済・社会・文化などに関する国際協力の実現である。 英語表記の「United Nations」は、第二次世界大戦中の枢軸国に対していた連合国が自陣営を指す言葉として使用していたものが継続使用されたものであるが、日本語においては誤訳され「国際連合」と呼ばれる。 2017年5月現在の加盟国は193か国であり、現在国際社会に存在する国際組織の中では、敵国条項が存在するなど第二次世界大戦の戦勝国の色が強いものの、最も広範・一般的な権限と、普遍性を有する組織である。.

新しい!!: 第6落下傘軽歩兵旅団と国際連合 · 続きを見る »

緑の行進

緑の行進(みどりのこうしん)は、1975年11月、モロッコ政府によって調整された戦略的大規模デモンストレーション。これによってスペインは、モロッコとの係争地域西サハラの割譲を余儀なくされた。.

新しい!!: 第6落下傘軽歩兵旅団と緑の行進 · 続きを見る »

西サハラ

西サハラ(にしサハラ、صحراء غربية aṣ-Ṣaḥrā’ al-Gharbīyah、ベルベル語:Taneẓroft Tutrimt、Sahara Occidental、Western Sahara)は、アフリカ大陸北西部の大西洋岸にある地域で、北から時計回りにモロッコ、アルジェリア、モーリタニアに接している。1976年まではスペイン領サハラで、リオ・デ・オロとサギア・エル・ハムラ地区より成っていた。面積26万6000平方キロメートル、人口約57万人(2015年推定)。 帰属については議論があり、亡命政権であるサハラ・アラブ民主共和国とモロッコ王国が領有を主張している。国際連合の「非自治地域リスト」に1960年代以来掲載されている。 多くの地域をモロッコが実効支配(不法占拠)しているが、モロッコによる領有権の主張は大多数の国から認められていない。サハラ・アラブ民主共和国は「砂の壁」の東側の地域を実効支配し、アフリカ諸国と中南米諸国を中心に国家として承認されている。しかし、欧米や日本などの先進諸国はモロッコとの関係上からサハラ・アラブ民主共和国を国家としては承認しておらず、また同国は国際連合にも加盟できていない。モロッコとサハラ・アラブ民主共和国それぞれの実効支配地域については砂の壁の項を参照。.

新しい!!: 第6落下傘軽歩兵旅団と西サハラ · 続きを見る »

L118 105mm榴弾砲

ペイン外人部隊のL118 105mm榴弾砲 L118 105mm榴弾砲(;直訳はL118軽量砲)は、イギリス製の榴弾砲である。1970年代にイギリス陸軍に採用され、アメリカ合衆国がM119として制式化したのを始めとして、世界中で広く使用されている。.

新しい!!: 第6落下傘軽歩兵旅団とL118 105mm榴弾砲 · 続きを見る »

SIAI-マルケッティ

SIAI-マルケッティ (SIAI-Marchetti) は、過去に存在したイタリアの企業。SIAIは、Società Italiana Aeroplani Idrovolanti(水上機と航空機のイタリア企業)の略。 改称前のサヴォイア・マルケッティ (Savoia-Marchetti) が有名。.

新しい!!: 第6落下傘軽歩兵旅団とSIAI-マルケッティ · 続きを見る »

旅団

旅団(りょだん、Brigade)は、陸軍編成上の単位のひとつで、師団よりも小さく、連隊と同等又はこれよりも大きい単位で、1,500名から6,000名程度の兵員によって構成される部隊をいう。日本語にいう旅団の語は古代中国の軍隊の単位である旅に由来する。「Brigade」はケルト語のbriga(争い)に由来するという。 英軍のBrigadier(准将あるいは上級大佐)は本来は「旅団の長」そのものであった。よって、諸外国の陸軍では旅団長には伝統的には准将級(旧ロシア帝国軍や現在のロシア陸軍・ブラジル陸軍・中華民国陸軍等准将を置かない軍隊では少将)が充てられてきたが、アメリカ陸軍では大佐が充てられ、中国人民解放軍ではそれぞれ上級大佐・大佐に相当する大校・上校が充てられる。また、ドイツ連邦軍、ポルトガル軍等では准将が充てられる事もあれば、大佐の旅団長の例も珍しくない。 将官の階級を3段階として准将級の階級を置かなかった旧日本陸軍では少将が、将官の階級を2段階とした陸上自衛隊では陸将補(少将相当)がそれぞれ充てられる。.

新しい!!: 第6落下傘軽歩兵旅団と旅団 · 続きを見る »

10月17日

10月17日(じゅうがつじゅうななにち、じゅうがつじゅうしちにち)はグレゴリオ暦で年始から290日目(閏年では291日目)にあたり、年末まであと75日ある。.

新しい!!: 第6落下傘軽歩兵旅団と10月17日 · 続きを見る »

15世紀

大航海時代。大西洋を渡り新世界を発見したコロンブス。 マチュ・ピチュ遺跡。アンデス山麓に属するペルーのウルバンバ谷に沿いの尾根にある遺跡で標高2430mの高さにある。用途は未だ明らかでない所もあるが、15世紀に建造されたインカ帝国の技術の高さを反映している。 National Museum of Anthropology (Mexico)蔵)。 香辛料の魅惑。15世紀には東方との交易路はオスマン帝国に遮断される事になり、香辛料の供給不足が大きな問題となった。画像は1410年代に描かれた『世界の記述(東方見聞録)』の挿絵で、インドでの胡椒採収が取り上げられている。 エンリケ航海王子。ポルトガルは東方への航路の開発を推進したが、その中心となったのは「航海王子」の名を持つエンリケ王子である。サグレスに設置した「王子の村」が航海士の育成に貢献したことはよく知られている。画像は「サン・ヴィセンテの祭壇画」で聖人のすぐ右隣に位置する黒帽で黒髭の人物が王子ととされているが異論もある。 キルワの大モスク跡。 サマルカンド近郊のウルグ・ベク天文台。ティムール朝の君主ウルグ・ベクは天文学に造詣が深く「ズィージ・スルターニー」のような精緻な天文表も作成させた。 Musée des Augustins蔵)。 ロシア正教会の自立。東ローマ帝国の衰退に伴い「タタールの軛」を脱したロシアでは独自の組織が形成され文化的にも新たな展開が見られた。画像はこの時代を代表するモスクワ派のイコン(聖画像)でアンドレイ・ルブリョフの「至聖三者」(モスクワのトレチャコフ美術館蔵)。 グルンヴァルトの戦い(タンネンベルクの戦い)。ポーランド・リトアニア連合軍がドイツ騎士団を破り、東方植民の動きはここで抑えられた。画像はこの戦いを描いたポーランド人画家ヤン・マテイコの歴史画(ワルシャワ国立美術館蔵)。 天文時計で1410年頃作成されてから、後世の補修はあるものの今日まで動いているものである。 プラハ大学学長ヤン・フスの火刑。コンスタンツ公会議の決定によりカトリック教会と相容れぬ異端の徒として処刑されたが、これがチェック人の憤激を呼び起こすことになった。 オルレアンの乙女ジャンヌ・ダルク。劣勢のフランス軍を鼓舞し百年戦争の終結に大きな役割を果たしたが魔女裁判で火刑に処せられた。 グーテンベルク聖書(42行聖書)』の「創世記」。 『中世の秋』。歴史家ホイジンガはこの題名でこの時代のブルゴーニュ公国の歴史を描いた。画像はヤン・ファン・エイクの「宰相ロランの聖母」。ロランはこの国の宰相で、背後にはブルゴーニュのオータンの風景が広がる。 ブルネレスキの巨大なドーム建築で知られる「花の聖母教会(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)」。 ボッティチェリの「春(プリマヴェーラ)」。メディチ家などの文化支援活動に支えられてルネサンス文化が花開いた。画像の中心の女神は美と愛の女神ウェヌス(ヴィーナス)で、その周囲を多くの神々が取り囲んでいる(ウフィッツィ美術館蔵)。 サイイド朝からローディー朝へ。北インドではデリーを中心にイスラム系王朝が続いた。画像はデリーのローディー・ガーデン内にあるサイイド朝の君主ムハンマド・シャーの霊廟。この公園の敷地にはローディー朝君主たちの霊廟もある。 タイを支配したアユタヤ朝は上座部仏教を保護し東南アジアでも有数の国家となっていた。画像はアユタヤに残るワット・プラ・シーサンペットで、1448年にボーロマトライローカナート王により建立された寺院である。 万里の長城。モンゴル人を漠北に追い払ってからもその侵入に備え明代には長城が幾度となく修復・増築を繰り返されていた。画像は1404年に「慕田峪長城」と名付けられた長城で北京市の北東に位置するもの。 鄭和の南海大遠征。永楽帝時代には明の国威を示す大艦隊が各地に派遣された。画像は1417年にベンガルから運ばれたキリンを描いた「瑞應麒麟図」。 「仁宣の治」。明は仁宗洪熙帝と続く宣宗宣徳帝の時代に安定期を迎えた。画像は明の宣宗宣徳帝の入城を描いたもの(台北故宮博物院蔵)。 如拙「瓢鮎図」。禅宗の流入は「五山文学」や「舶来唐物」などを通じて室町時代の文化に大きな影響を与えた。この「瓢鮎図」も将軍足利義持の命で描かれた水墨画で数多くの禅僧の画讃がつけられている。京都妙心寺塔頭退蔵院の所蔵。 文化を極めた。 応仁の乱。将軍後継をめぐる守護大名の争いで京都の町は焦土と化した。以後足利将軍の権威は衰え下剋上の時代へと進むことになる。画像は応仁の乱を描いた「紙本著色真如堂縁起」(真正極楽寺蔵)。 15世紀(じゅうごせいき)とは、西暦1401年から西暦1500年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: 第6落下傘軽歩兵旅団と15世紀 · 続きを見る »

1953年

記載なし。

新しい!!: 第6落下傘軽歩兵旅団と1953年 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

第6アルモガバルス落下傘軽歩兵旅団第6「アルモガバルス」落下傘軽歩兵旅団

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »