ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

第4歩兵師団 (アメリカ軍)

索引 第4歩兵師団 (アメリカ軍)

4歩兵師団()は、アメリカ陸軍の師団の一つ。.

49 関係: 師団北大西洋条約機構ナジャフ県ノルマンディー上陸作戦ノースカロライナ州バービル県バグダード県モースルユタ・ビーチヴェルダンパリの解放ヒュルトゲンの森の戦いティクリートフランクフルト・アム・マインフォート・フッドダウルベトナム共和国ベトナム戦争アメリカ陸軍アメリカ陸軍総軍アーネスト・ヘミングウェイイラク戦争オマハ・ビーチオマール・ブラッドレーカルバラー県シェルブール=オクトヴィルジークフリート線ジェームズ・ヴァン・フリートタイニン省サッダーム・フセインC4Iシステム第101空挺師団 (アメリカ軍)第173空挺旅団 (アメリカ軍)第1軍 (アメリカ軍)第82空挺師団 (アメリカ軍)第一次世界大戦第二次世界大戦J・D・サリンジャーSボート機甲師団歩兵朝鮮戦争11月11日12月10日12月14日1917年1918年4月6日9月12日

師団

師団(しだん、Division)は、軍隊の部隊編制単位の一つ。旅団・団より大きく、軍団・軍より小さい。師団は、主たる作戦単位であるとともに、地域的または期間的に独立して、一正面の作戦を遂行する能力を保有する最小の戦略単位とされることが多い。多くの陸軍では、いくつかの旅団・団または連隊を含み、いくつかの師団が集まって軍団・軍等を構成する。 師団の編制については、国や時期、兵科によって変動が大きいが、21世紀初頭現代の各国陸軍の師団は、2~4個連隊または旅団を基幹として、歩兵、砲兵、工兵等の戦闘兵科及び兵站等の後方支援部隊などの諸兵科を連合した6千人から2万人程度の兵員規模の作戦基本部隊である。多くの国において師団長には少将が補せられるが、日本やブラジル等中南米の幾つかの国のように中将が補せられる国もあり、またソ連・ロシアや東ドイツ等の旧東欧諸国では大佐が務める例も見られる。 師団は、幕僚部(師団参謀部・師団副官部・師団法務部など)を固有する、最小の部隊でもある。.

新しい!!: 第4歩兵師団 (アメリカ軍)と師団 · 続きを見る »

北大西洋条約機構

北大西洋条約機構(きたたいせいようじょうやくきこう)は、北大西洋条約に基づき、アメリカ合衆国を中心とした北アメリカ(=アメリカとカナダ)およびヨーロッパ諸国によって結成された軍事同盟である。前身はブリュッセル条約 (1948年)。 略称は頭字語が用いられ、英語圏では、North Atlantic Treaty Organization を略した NATO(ネイトー)と呼ばれ、日本やドイツ語圏では NATO(ナトー)、フランス語圏・スペイン語圏・ポルトガル語圏等では OTAN(オタン)と呼ばれる。.

新しい!!: 第4歩兵師団 (アメリカ軍)と北大西洋条約機構 · 続きを見る »

ナジャフ県

ナジャフ県 ナジャフ県(ナジャフけん、アラビア語:محافظة النجف Muḥāfaẓat an-Najaf)は、人口およそ90万人を擁するイラクの県。県都のナジャフとクーファが主要都市で、シーア派の聖地があり、住民はシーア派が多数を占める。 隣接する県は5つで、北にカルバラー県、北北東にバービル県、東北にカーディーシーヤ県、東にムサンナー県、西にアンバール県がある。.

新しい!!: 第4歩兵師団 (アメリカ軍)とナジャフ県 · 続きを見る »

ノルマンディー上陸作戦

ノルマンディー上陸作戦(ノルマンディーじょうりくさくせん、Invasion of Normandy)は、第二次世界大戦中の1944年6月6日に連合軍によって行われたドイツ占領下の北西ヨーロッパへの侵攻作戦。正式作戦名「ネプチューン作戦」(Operation Neptune)。なお上陸からパリ解放までの作戦全体の正式名称はオーヴァーロード作戦(Operation Overlord)。 最終的に200万人近い兵員がドーバー海峡を渡ってフランス・コタンタン半島のノルマンディー海岸に上陸した。2018年現在に至るまで歴史上最大規模の上陸作戦である。 本作戦は夜間の落下傘部隊の降下から始まり、続いて上陸予定地への空襲と艦砲射撃、早朝からの上陸用舟艇による敵前上陸が行われた。上陸作戦に続くノルマンディー地方の制圧にはドイツ軍の必死の抵抗により2ヶ月以上要した。 ノルマンディー上陸はヨーロッパ戦線の転機となった作戦であり、第二次世界大戦中最もよく知られた戦いの一つでもある。本作戦で用いられた用語「D-デイ」は作戦決行日を表し、現在では主に作戦開始当日の1944年6月6日について使われる。.

新しい!!: 第4歩兵師団 (アメリカ軍)とノルマンディー上陸作戦 · 続きを見る »

ノースカロライナ州

ノースカロライナ州(State of North Carolina)は、アメリカ合衆国の南東部に位置する州の1つである。2010年国勢調査による人口は9,535,483人だった。合衆国50州の中で、陸地面積では第28位、人口では第10位である。州都はローリー市で、最大都市はシャーロット市である。 州の北はバージニア州に、西はテネシー州に、南はジョージア州とサウスカロライナ州にそれぞれ接している。州の東側は大西洋に面している。州内には100の郡がある。元はタバコと家具の生産地として知られたが、過去50年間でバイオテクノロジーや金融分野など多様な経済に転換してきた。 州域の標高は大西洋岸の海面から、アメリカ合衆国東部では最高地点である標高6,684フィート (2,037 m) まで変化が激しい。海岸平原の気候は大西洋に強く影響されている。州の大半は温暖湿潤気候帯に入っている。西部の海岸から300マイル (480 km) 以上入った山岳地では亜熱帯山岳気候になる。.

新しい!!: 第4歩兵師団 (アメリカ軍)とノースカロライナ州 · 続きを見る »

バービル県

バービル県 バービル県(バービルけん、アラビア語:محافظة بابل Muḥāfaẓat Bābil)は、バグダードの南方にあるイラクの県で、県都はヒッラ。人口は約170万人。.

新しい!!: 第4歩兵師団 (アメリカ軍)とバービル県 · 続きを見る »

バグダード県

バグダード県 バグダード県(バグダードけん、アラビア語:محافظة بغداد Muḥāfaẓat Baḡdād)は、イラクのチグリス川流域に位置する県で、首都と県都を兼ねた都市バグダードとその近郊を管轄している。面積はイラクの県で最も小さいが、人口およそ600万人を擁する。 イラク戦争終結後の現在も反米テロが続発している。 隣接する県は4つで、北にサラーフッディーン県、東にディヤーラー県、南にバービル県、西にアンバール県がある。.

新しい!!: 第4歩兵師団 (アメリカ軍)とバグダード県 · 続きを見る »

モースル

モースル(日本での報道などでの表記は通常モスル,, al-Mawsil, または, アッシリア語:, 'Ninewa')は、イラク北部の中心的な都市。 古代のニネヴェの遺跡と世界有数の石油生産で知られる。バグダードの396km北西にあり、北緯36度22分、東経43度07分。市街はチグリス川の両岸に広がり、5つの橋で結ばれている。ニーナワー県の県都。.

新しい!!: 第4歩兵師団 (アメリカ軍)とモースル · 続きを見る »

ユタ・ビーチ

ユタ・ビーチに移動中の完全装備のアメリカ軍の攻撃部隊。後ろに上陸用舟艇があり、混雑した海岸。1944年6月6日 ユタ・ビーチ上陸地図 ユタ・ビーチ(Utah Beach)は、1944年6月6日、連合国のノルマンディ侵攻作戦であるオーバーロード作戦における最初の攻撃であるネプチューン作戦における5つの上陸地点の1つの連合国側のコードネームである。 ユタは、上陸用舟艇がもっと利用可能と分かった時、計画段階の最後に侵攻計画に加えられた。 もちろん、重要な拠点ではあるが、アメリカ第4歩兵師団は比較的少ない抵抗で上陸した。対照的にオマハ・ビーチは激戦となった。ユタ・ビーチは3マイルの長さがあり、5つの上陸地点のうち最も西側で、プップヴィル(Pouppeville) と ラ・マドレーヌ(La Madeleine)の間にあった。 この上陸のための事前演習は、「タイガー演習(exercise Tiger)」の名称で1944年4月にイングランド南西部デヴォン州スラプトン(Slapton)海岸で行われた。訓練では上陸部隊に対する海軍の護衛が不足、ナチス・ドイツのSボートによる攻撃を許し、749人のアメリカ兵が死亡、300人が負傷した。ユタ・ビーチ上陸時の損害は、他地点と比較すると少なかったが、事前の空挺降下の損害も含むと、必ずしも損害が少なくはなかった。.

新しい!!: 第4歩兵師団 (アメリカ軍)とユタ・ビーチ · 続きを見る »

ヴェルダン

ヴェルダン(Verdun)は、フランスの北東部、ロレーヌ地方ムーズ県の都市である。ムーズ川(独: マース川)の沿岸にあって要塞都市を形成しており、長きに亘ってドイツとの係争の対象となった。ヴェルダン・シュル・ムーズ(Verdun-sur-Meuse)とも言われ、人口は25,000人である。 なお、起源はローマ時代のガリアの町ウェロドゥヌムであり、メス-ランスを結ぶ街道と、地中海-北海を結ぶ水路の交点に当たる為、この時代からローマの要地とされた。.

新しい!!: 第4歩兵師団 (アメリカ軍)とヴェルダン · 続きを見る »

パリの解放

二次世界大戦におけるパリの解放(パリのかいほう、Libération de Paris)とは、1944年8月19日から8月25日に行われた戦いである。西部戦線とフランスの歴史における大きな節目であった。.

新しい!!: 第4歩兵師団 (アメリカ軍)とパリの解放 · 続きを見る »

ヒュルトゲンの森の戦い

ヒュルトゲンの森の戦い(ヒュルトゲンのもりのたたかい、Battle of Hürtgen Forest)とは第二次世界大戦後期、ドイツ・オランダ国境にあるヒュルトゲンの森において行われたアメリカ軍とドイツ軍の戦いである。第二次世界大戦中のドイツ国内での戦いの中で最も長い戦いで、アメリカ軍はそれまでにない長期戦を強いられることとなったRegan, More military blunders, p.178.

新しい!!: 第4歩兵師団 (アメリカ軍)とヒュルトゲンの森の戦い · 続きを見る »

ティクリート

ティクリート(تكريت、Tikrit)は、チグリス川沿い、バグダードの北西140kmの位置にあるイラクの都市。スンニー・トライアングルの一角をなす。人口約25万人。.

新しい!!: 第4歩兵師団 (アメリカ軍)とティクリート · 続きを見る »

フランクフルト・アム・マイン

マインハッタン」とも呼ばれるフランクフルト・アム・マインのスカイライン フランクフルト・アム・マイン (Frankfurt am Main) は、ドイツ連邦共和国ヘッセン州に属す郡独立市である。一般にフランクフルトと通称される。人口 72万人を超えるヘッセン州最大の都市(2016年現在)であり、ドイツ全体でもベルリン、ハンブルク、ミュンヘン、ケルンに次ぐ第5の都市である。 (PDF, 25.1 MB)(2013年2月28日 閲覧)、広義のライン=マイン大都市圏の総人口は550万人である。--> 中世以来、フランクフルトはドイツの中心都市の一つであった。794年には初めて文献に記録され、中世盛期の帝国自由都市であった。13世紀のライン都市同盟に参加している。 1806年まで神聖ローマ皇帝の選挙が行われる諸侯会議が開催された地であり、1562年以降は皇帝の戴冠式もこの都市で挙行された。1816年からドイツ連邦の議会がフランクフルト自由都市で開催され、1848年から49年にかけてはフランクフルト国民議会が開催された。1866年の普墺戦争により都市国家としての独立を喪失し、プロイセンに併合された。フランクフルトの人口は、1875年に10万人、1928年には50万人を超えた。 現在のフランクフルトは国際金融の中心地であり、工業や産業の中心でもある。経済的側面から世界都市の一つに数えられており、欧州中央銀行、ドイツ連邦銀行、フランクフルト証券取引所、ドイツ銀行、コメルツ銀行、ドイツ復興金融公庫、、(ヘラバ)の本社がある。ここに挙げきれない金融機関も多数存在する。  工業・産業・交通の要衝でもある。メッセ・フランクフルトは、世界最大の見本市会場の一つである。フランクフルト空港は世界最大級のハブ空港であり、鉄道についてもヨーロッパ最大級のターミナル駅であるフランクフルト中央駅がある。また、道路においてもフランクフルト・ジャンクションはドイツで最も自動車交通量が多いジャンクションの1つである。フランクフルトの は、データ転送量において世界最大のインターネット中継点である。.

新しい!!: 第4歩兵師団 (アメリカ軍)とフランクフルト・アム・マイン · 続きを見る »

フォート・フッド

フォート・フッド(Fort Hood)はアメリカ合衆国テキサス州中部の町キリーンに所在するアメリカ陸軍の基地。第3軍団、第1騎兵師団などの駐屯地となっている。敷地は880平方キロメートルあり、5万人以上が勤務するアメリカ陸軍の基地としては最大の規模である。.

新しい!!: 第4歩兵師団 (アメリカ軍)とフォート・フッド · 続きを見る »

ダウル

ダウル(Ad-Dawr الدور)は、イラクのサラーフッディーン県にある村。ドゥール(Ad-Dur)とも表記する。 2003年12月13日、イラク戦争のにおいてサッダーム・フセインが逮捕された時、フセインが隠れていた場所として知られている。 2014年6月、ISILの侵攻を受け、支配下に入る。 2015年3月2日、イラク軍がサラーフッディーン県で空爆支援を受ける約3万人の兵士と民兵を投入した大規模な奪還作戦を開始し、ティクリート、ダウル、アラムの3ヵ所の戦線に進軍。 2015年3月8日、イラク軍がダウル中心部をISILから奪還。9ヵ月ぶりにイラク支配下に戻った。.

新しい!!: 第4歩兵師団 (アメリカ軍)とダウル · 続きを見る »

ベトナム共和国

ベトナム共和国(ベトナムきょうわこく、)は、1955年から1975年までベトナム南部に存在した国家である。ベトナム国に続き、北緯17度線以南の地域を領土としていたことから、南ベトナムと略称される。.

新しい!!: 第4歩兵師団 (アメリカ軍)とベトナム共和国 · 続きを見る »

ベトナム戦争

ベトナム戦争(ベトナムせんそう, Vietnam War)は、インドシナ戦争後に南北に分裂したベトナムで発生した戦争の総称。第二次インドシナ戦争(Second Indochina War)ともいわれた。ベトナム社会主義共和国では米国戦争()、対米抗戦()、抗米救国戦争()などと呼ばれる。.

新しい!!: 第4歩兵師団 (アメリカ軍)とベトナム戦争 · 続きを見る »

アメリカ陸軍

アメリカ陸軍(アメリカりくぐん、United States Army, 略称:USA)は、アメリカ合衆国の陸軍である。.

新しい!!: 第4歩兵師団 (アメリカ軍)とアメリカ陸軍 · 続きを見る »

アメリカ陸軍総軍

アメリカ陸軍総軍()は、アメリカ陸軍の主要司令部の一つ。部隊規模は総軍で、陸軍最大の部隊規模を誇り、常備軍・州兵・陸軍予備役をあわせて約800,000名の将兵が所属している。.

新しい!!: 第4歩兵師団 (アメリカ軍)とアメリカ陸軍総軍 · 続きを見る »

アーネスト・ヘミングウェイ

アーネスト・ミラー・ヘミングウェイ(Ernest Miller Hemingway、1899年7月21日 - 1961年7月2日)は、アメリカ合衆国出身の小説家・詩人。ヘミングウェイによって創作された独特で、シンプルな文体は、冒険的な生活や一般的なイメージとともに、20世紀の文学界と人々のライフスタイルに多大な影響を与えた。ヘミングウェイは、ほとんどの作品を1920年代中期から1950年代中期に書き上げて、1954年にノーベル文学賞を受賞するに至った。彼は、6つの短編集を含めて7冊の小説と2冊のノンフィクション小説を出版した。3冊の小説、4つの短編集、3冊のノンフィクション小説が死後、発表された。これらは、アメリカ文学の古典として考えられている。.

新しい!!: 第4歩兵師団 (アメリカ軍)とアーネスト・ヘミングウェイ · 続きを見る »

イラク戦争

イラク戦争(イラクせんそう)とは、アメリカ合衆国が主体となり2003年3月20日から、イギリス、オーストラリアと、工兵部隊を派遣したポーランド等が加わる有志連合によって、イラク武装解除問題の大量破壊兵器保持における進展義務違反を理由とする『イラクの自由作戦』の名の下に、イラクへ侵攻したことで始まった軍事介入である。 正規軍同士の戦闘は2003年中に終了し、同年5月にジョージ・W・ブッシュにより「大規模戦闘終結宣言」が出たが、アメリカが指摘した大量破壊兵器の発見に至らず、さらにイラク国内の治安悪化が問題となり、戦闘は続行した。2010年8月31日にバラク・オバマにより改めて「戦闘終結宣言」と『イラクの自由作戦』の終了が宣言され、翌日から米軍撤退後のイラク単独での治安維持に向けた『新しい夜明け作戦』が始まった。 そして2011年12月14日、米軍の完全撤収によってバラク・オバマが、イラク戦争の終結を正式に宣言した。.

新しい!!: 第4歩兵師団 (アメリカ軍)とイラク戦争 · 続きを見る »

オマハ・ビーチ

アメリカ第2歩兵師団、1944年6月7日 1944年6月6日のオマハビーチの地図 オマハビーチのドイツ軍の壕の跡 オマハビーチ (Omaha Beach) は、1944年6月6日、連合国のノルマンディ侵攻作戦、オーバーロード作戦における最初の攻撃であるネプチューン作戦における5つの上陸地点の1つの連合国側のコードネーム。海岸はサントノリーヌ=デ=ペルテ (Sainte-Honorine-des-Pertes) とヴィエルヴィル=シュル=メール (Vierville-sur-Mer) 間の3.5マイル (5.6km) の距離である。 ポワント・デュ・オック (Pointe du Hoc) から向かったアメリカ軍のレンジャー部隊の8個中隊と共に、アメリカ第29歩兵師団は海岸の西側の側面を攻撃した。アメリカ第1歩兵師団は東側からのアプローチを行った。これは、この戦争において、北アフリカ、シチリア島に続く3回目の強襲上陸であった。オマハビーチの上陸部隊の主目標は、サン=ロー (Saint-Lô) の南に進出する前にポール=アン=ベッサン (Port-en-Bessin) とヴィル川 (Vire River) 間の橋頭堡を守ることであった。.

新しい!!: 第4歩兵師団 (アメリカ軍)とオマハ・ビーチ · 続きを見る »

オマール・ブラッドレー

マール・ネルソン・ブラッドレー(Omar Nelson Bradley、1893年2月12日 - 1981年4月8日)は、アメリカの軍人。第二次世界大戦中に北アフリカおよびヨーロッパでアメリカ陸軍を率いた有名な野戦司令官の一人。.

新しい!!: 第4歩兵師団 (アメリカ軍)とオマール・ブラッドレー · 続きを見る »

カルバラー県

ルバラー県 カルバラー県(カルバラーけん、アラビア語:محافظة كربلاء Muḥāfaẓat Karbalāʾ)は、イラクの県。県都はカルバラー。.

新しい!!: 第4歩兵師団 (アメリカ軍)とカルバラー県 · 続きを見る »

シェルブール=オクトヴィル

ェルブール=オクトヴィル(Cherbourg-Octeville)は、フランス北西部、イギリス海峡に突き出すコタンタン半島先端に位置する港湾都市である。バス・ノルマンディー地域圏マンシュ県に属する。2000年にシェルブールとオクトヴィルが合併し、現在の名称となった。 2016年1月1日、シェルブール=オクトヴィルおよびエクルドルヴィル=アンヌヴィル、ラ・グラスリー、クルクヴィル、トゥールラヴィルの合併により、シェルブール=アン=コタンタン(Cherbourg-en-Cotentin)となった。.

新しい!!: 第4歩兵師団 (アメリカ軍)とシェルブール=オクトヴィル · 続きを見る »

ジークフリート線

'''ジークフリート線の敷設図''' ジークフリート線(赤)は特に南部においてはマジノ線(青)と10km程度の間隔で向き合っていた。マジノ線と比べると、一部欠けている部分や二重になっている部分が目立つ。 ジークフリート線(ジークフリートせん、Westwall(Siegfried-Linie), Siegfried Line)は、1930年代後半にドイツのフランス国境地帯を中心に構築されたドイツの対フランス要塞線。第一次世界大戦中に構築された防衛線(ヒンデンブルク線)に端を発する。ドイツの伝説上の英雄ジークフリートの名を冠してジークフリート線と呼ばれた。 バーゼル(ドイツ・フランス・スイス三角点国境の街)付近からアーヘン(ベルギー国境の街)まで続く。第二次世界大戦勃発後には対オランダ国境まで延伸され、その全長は約630kmに及んだ。.

新しい!!: 第4歩兵師団 (アメリカ軍)とジークフリート線 · 続きを見る »

ジェームズ・ヴァン・フリート

ェームズ・アルワード・ヴァン・フリート(James Alward Van Fleet、1892年3月19日 - 1992年9月23日)は、アメリカ合衆国の軍人。第二次世界大戦および朝鮮戦争中、アメリカ陸軍司令官を務めた。.

新しい!!: 第4歩兵師団 (アメリカ軍)とジェームズ・ヴァン・フリート · 続きを見る »

タイニン省

タイニン省()は、ベトナムの省(地方自治体)の一つ。省都はタイニン市。東南部に位置し、カンボジアと国境を接している。.

新しい!!: 第4歩兵師団 (アメリカ軍)とタイニン省 · 続きを見る »

サッダーム・フセイン

ッダーム・フセイン(アラビア語:صدام حسين 、1937年4月28日 - 2006年12月30日)は、イラク共和国の政治家。スンナ派のアラブ人であり、イラク共和国の大統領、首相、革命指導評議会議長、バアス党地域指導部書記長、イラク軍最高司令官を務めた。軍階級は元帥。日本語の慣例では、彼の名をサダム・フセイン、または単にフセインと表記することが多いが、本項ではサッダームと表記する(詳細はフルネームの節を参照)。.

新しい!!: 第4歩兵師団 (アメリカ軍)とサッダーム・フセイン · 続きを見る »

C4Iシステム

C4Iシステム(C Quadruple I system シー・クォドルプル・アイ・システム、Command Control Communication Computer Intelligence system)は、軍隊における情報処理システム。指揮官の意思決定を支援して、作戦を計画・指揮・統制するための情報資料を提供し、またこれによって決定された命令を隷下の部隊に伝達する。すなわち、動物における神経系に相当するものであり、部隊の統制や火力の効率的な発揮に必要不可欠である。.

新しい!!: 第4歩兵師団 (アメリカ軍)とC4Iシステム · 続きを見る »

第101空挺師団 (アメリカ軍)

101空挺師団(101st Airborne Division)は、アメリカ陸軍の師団の1つ。ニックネームはスクリーミングイーグルス(Screaming Eagles, 「叫ぶ鷲」)で、モットーは「運命とのランデブー」("Rendezvous With Destiny")。編成自体は1918年から行われているが、本格的な運用は第二次世界大戦が始まってからであった。.

新しい!!: 第4歩兵師団 (アメリカ軍)と第101空挺師団 (アメリカ軍) · 続きを見る »

第173空挺旅団 (アメリカ軍)

173空挺旅団戦闘団()は、アメリカ陸軍の旅団戦闘団。師団の隷下に入らない独立空挺旅団として、優れた戦略機動性を備えている。.

新しい!!: 第4歩兵師団 (アメリカ軍)と第173空挺旅団 (アメリカ軍) · 続きを見る »

第1軍 (アメリカ軍)

1軍(だいいちぐん、First U.S. Army "First In Deed"(Reserve))は、アメリカ陸軍における軍のひとつ。予備役の召集訓練と運用等を統括している。.

新しい!!: 第4歩兵師団 (アメリカ軍)と第1軍 (アメリカ軍) · 続きを見る »

第82空挺師団 (アメリカ軍)

82空挺師団(だいはちじゅうにくうていしだん、U.S.Army 82nd Airborne Division)は、アメリカ陸軍の師団の一つ。第18空挺軍団隷下の緊急展開部隊として常に一部の部隊は即応体制を敷いている。ニックネームはオールアメリカン(エンブレムAAはAll Americanから)、師団創設時、出身者が48州(当時)全てに及んだ為このように呼ばれることとなる。 第18空挺軍団の空挺部隊の中では第101空中強襲師団がヘリボーン作戦に重点を置いているのに対し、エアボーン作戦に重点を置いている。 2006年、師団はモジュラー・フォース化改編を受けて、4個の歩兵旅団戦闘団から編成されるように再編成された。.

新しい!!: 第4歩兵師団 (アメリカ軍)と第82空挺師団 (アメリカ軍) · 続きを見る »

第一次世界大戦

一次世界大戦(だいいちじせかいたいせん、World War I、略称WWI)は、1914年7月28日から1918年11月11日にかけて戦われた世界大戦である。.

新しい!!: 第4歩兵師団 (アメリカ軍)と第一次世界大戦 · 続きを見る »

第二次世界大戦

二次世界大戦(だいにじせかいたいせん、Zweiter Weltkrieg、World War II)は、1939年から1945年までの6年間、ドイツ、日本、イタリアの日独伊三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリス、ソビエト連邦、アメリカ 、などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の巨大戦争。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻と続くソ連軍による侵攻、そして英仏からドイツへの宣戦布告はいずれもヨーロッパを戦場とした。その後1941年12月の日本とイギリス、アメリカ、オランダとの開戦によって、戦火は文字通り全世界に拡大し、人類史上最大の大戦争となった。.

新しい!!: 第4歩兵師団 (アメリカ軍)と第二次世界大戦 · 続きを見る »

J・D・サリンジャー

ェローム・デイヴィッド・サリンジャー(Jerome David Salinger、1919年1月1日 - 2010年1月27日)は、アメリカ合衆国の小説家。『ライ麦畑でつかまえて』などで知られる。晩年は一切作品を発表せず、公にも姿を見せない隠遁生活を送った。.

新しい!!: 第4歩兵師団 (アメリカ軍)とJ・D・サリンジャー · 続きを見る »

Sボート

Sボート、ドイツ語では「Schnellboot(シュネルボート)」と呼ばれるこの高速艇は、第二次世界大戦中にドイツ海軍が使用した高速戦闘艇である。イギリスではこの艇を指してEボートと呼称したが、これは「Enemy」にちなんだものである。"Eilboot"(アイルボート、急速艇を意味)の可能性もあるとされる。 Sボートはきわめて高速の艦艇であり、40ノット以上で巡航し、またその木製船体は磁気機雷原を無傷で横断可能であることを意味した。この艇は外洋によく適合し、また約700海里と、アメリカ軍のPTボートやイギリスの高速魚雷艇よりも相当に長距離の航続能力を備えた。結果として、イギリス海軍はよりよく適合したバージョンの高速魚雷艇を開発し、これはフェアマイルDの船体設計を用いることとなった。シュネルボートは通商破壊などを行っており、Uボートに次ぐ戦果を挙げたといわれている。 現代のドイツにおいては、魚雷艇とミサイル艇を含めた高速戦闘艇全体をSchnellbootと呼ぶ。魚雷艇とミサイル艇を区別する必要がある場合は、前者をTorpedoschnellboot(魚雷高速艇)、後者をFlugkörperschnellboot(ミサイル高速艇)と表記する。また、建造当初のアルバトロス級ミサイル艇のように艦対艦ミサイル発射機と対艦攻撃用の533mm魚雷発射管を混載する高速戦闘艇についてはTorpedo-Flugkörperschnellboot(魚雷-ミサイル高速艇)と表記されることがある。.

新しい!!: 第4歩兵師団 (アメリカ軍)とSボート · 続きを見る »

機甲師団

機甲師団(きこうしだん)とは、戦車部隊を中心に、戦車に随伴する自動車化・機械化された歩兵部隊、同じく自動車化された工兵・砲兵・偵察・通信などの諸兵科の部隊から構成される師団のこと。機甲とは、機械化装甲の略称として第二次世界大戦前から使用されており、現在陸上自衛隊でも使用されている用語である。同様の部隊で編成される、機械化歩兵部隊が主体であるものは機械化歩兵師団と呼ばれている。イギリスのArmoured Division、アメリカのArmored Division、ドイツのPanzerdivisionなどが相当するが、日本語訳は書籍・雑誌の出版社・著者・訳者によって表記が異なっており、特にドイツ軍について装甲師団の語も多く用いられている。戦車師団と呼ばれることもあるが、戦車部隊の比率がより大きいものが区別されている場合もある。加登川幸太郎『ドイツ戦車軍団』(朝日ソノラマ)前書きによると、同書の中で加登川は第二次大戦末までの師団以上の部隊について、原語の意味と編成から、また混同を減らす意味から、ドイツを「装甲」、アメリカを「機甲」、イギリスを「機械化」、フランスを「軽機械化」および「戦車」、ソ連・イタリアを「戦車」と呼び分けている。連隊以下はすべて「戦車」である。 第一次世界大戦後に塹壕戦から機動戦への戦術開発の結果、第二次世界大戦で真価を発揮した電撃作戦の主体となった。第二次世界大戦当時、米英軍では歩兵師団は既に自動車化されており、現代では先進国の場合、歩兵師団と言えども多数の戦車が配備され、歩兵も装甲兵員輸送車、歩兵戦闘車に運ばれ、機甲師団との違いは大きくない。本項においては主に第二次世界大戦における機甲師団の誕生と発展について述べる。.

新しい!!: 第4歩兵師団 (アメリカ軍)と機甲師団 · 続きを見る »

歩兵

2歩兵師団所属の歩兵 歩兵(ほへい、Infantry)は、軍隊における兵科の一つであり、戦場を徒歩で行動する兵士のこと。(戦場にたどり着くまでは馬や自動車などさまざまな移動手段を用いても戦場において徒歩であれば歩兵である)。最古かつ最も基本的な兵科であり、歩兵の存在しない軍隊は存在しない。最も柔軟性の高い兵科でもあり、あらゆる戦場で姿を見ることができる。自衛隊用語では普通科という。 いかに軍の機械化が進んでも、諸兵科連合を構成したり、都市・拠点を確保したりするのには歩兵の存在が不可欠である。近年は非対称戦への要求が高まり、占領地の治安維持や平和維持活動に従事する特別な訓練を受けさせた歩兵の需要が増している。.

新しい!!: 第4歩兵師団 (アメリカ軍)と歩兵 · 続きを見る »

朝鮮戦争

朝鮮戦争(ちょうせんせんそう)は、1948年に成立したばかりの朝鮮民族の分断国家である大韓民国(韓国)と朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の間で生じた朝鮮半島の主権を巡る国際紛争中村隆英『昭和史 下 1945-89』 東洋経済新報社,p.565半藤一利『昭和史 戦後編 1945-1989』 平凡社ライブラリー,p297-298.芦田茂「」戦史研究年報 第8号(2005年3月)防衛研究所。1950年6月25日に金日成率いる北朝鮮が中華人民共和国の毛沢東とソビエト連邦のヨシフ・スターリンの同意と支援を受けて、国境線と化していた38度線を越えて韓国に侵略を仕掛けたことによって勃発した。 分断国家朝鮮の両当事国、朝鮮民主主義人民共和国と大韓民国のみならず、東西冷戦の文脈の中で西側自由主義陣営諸国を中心とした国連軍と東側の支援を受ける中国人民志願軍が交戦勢力として参戦し、3年間に及ぶ戦争は朝鮮半島全土を戦場と化して荒廃させた。1953年7月27日に国連軍と中朝連合軍は朝鮮戦争休戦協定に署名し休戦に至ったが、北緯38度線付近の休戦時の前線が軍事境界線として認識され、朝鮮半島は北部の朝鮮民主主義人民共和国と南部の大韓民国の南北二国に分断された。 終戦ではなく休戦状態であるため、名目上は現在も戦時中であり、南北朝鮮の両国間、及び北朝鮮とアメリカ合衆国との間に平和条約は締結されておらず、緊張状態は解消されていない。休戦以来、北朝鮮は幾度となく大韓民国への領空、領海侵犯のみならず砲撃をも行い、韓国や日本などの国民の拉致や恫喝を繰り返している。 2018年4月27日、板門店にて第三回南北首脳会談が行われ南北両首脳により板門店宣言が発表され2018年中の終戦が目指される。.

新しい!!: 第4歩兵師団 (アメリカ軍)と朝鮮戦争 · 続きを見る »

11月11日

11月11日(じゅういちがつじゅういちにち)はグレゴリオ暦で年始から315日目(閏年では316日目)にあたり、年末まであと50日ある。.

新しい!!: 第4歩兵師団 (アメリカ軍)と11月11日 · 続きを見る »

12月10日

12月10日(じゅうにがつとおか)は、グレゴリオ暦で年始から344日目(閏年では345日目)にあたり、年末まであと21日ある。.

新しい!!: 第4歩兵師団 (アメリカ軍)と12月10日 · 続きを見る »

12月14日

12月14日(じゅうにがつじゅうよっか、じゅうにがつじゅうよんにち)はグレゴリオ暦で年始から348日目(閏年では349日目)にあたり、年末まであと17日ある。.

新しい!!: 第4歩兵師団 (アメリカ軍)と12月14日 · 続きを見る »

1917年

記載なし。

新しい!!: 第4歩兵師団 (アメリカ軍)と1917年 · 続きを見る »

1918年

記載なし。

新しい!!: 第4歩兵師団 (アメリカ軍)と1918年 · 続きを見る »

4月6日

4月6日(しがつむいか)はグレゴリオ暦で年始から96日目(閏年では97日目)にあたり、年末まであと269日ある。誕生花はナスタチウム、スオウバナ。.

新しい!!: 第4歩兵師団 (アメリカ軍)と4月6日 · 続きを見る »

9月12日

9月12日(くがつじゅうににち)はグレゴリオ暦で年始から255日目(閏年では256日目)にあたり、年末まであと110日ある。.

新しい!!: 第4歩兵師団 (アメリカ軍)と9月12日 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »