ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

第3装甲軍

索引 第3装甲軍

3装甲軍(独3.Panzerarmee)は第二次世界大戦中のドイツ陸軍の装甲部隊である。.

26 関係: 上級大将ハッソ・フォン・マントイフェルリトアニアヴァイクセル軍集団ヘルマン・ホトドイツ国防軍ドイツ語ドイツ陸軍ベルリンベルリンの戦いエアハルト・ラウスオーデル川クライペダクールラントゲオルク=ハンス・ラインハルトコンスタンチン・ロコソフスキーゼーロウ高地第二次世界大戦独ソ戦赤軍連合国 (第二次世界大戦)1942年1945年1月1日5月8日

上級大将

上級大将(じょうきゅうたいしょう、Colonel General、、(陸空軍)、(海軍)、Generaloberst(陸空軍)、(海軍))とは、軍隊の階級の一つで、通常、大将の上に位置し将官の最高位の階級である。.

新しい!!: 第3装甲軍と上級大将 · 続きを見る »

ハッソ・フォン・マントイフェル

マントイフェル(1944年5月) ハッソ・エッカート・フォン・マントイフェル(Hasso Eccard von Manteuffel, 1897年1月14日 - 1978年9月24日)は、ドイツの軍人、政治家。第二次世界大戦では装甲部隊を率い、1944年9月1日に47歳にして装甲兵大将に昇進、アルデンヌ攻勢において7個師団を擁する第5装甲軍を指揮した。.

新しい!!: 第3装甲軍とハッソ・フォン・マントイフェル · 続きを見る »

リトアニア

リトアニア共和国(リトアニアきょうわこく、Lietuvos Respublika)、通称リトアニア(Lietuva)は、ヨーロッパの共和制国家。EUそしてNATOの加盟国、通貨はユーロ、人口は325万人、首都はヴィリニュスである。.

新しい!!: 第3装甲軍とリトアニア · 続きを見る »

ヴァイクセル軍集団

ヴァイクセル軍集団(ヴァイクセルぐんしゅうだん、独:Heeresgruppe Weichsel)は、1945年1月24日に設立されたドイツ国防軍の軍集団である。第二次世界大戦末期にヴァイクセル-オーデルラインで崩壊したA軍集団と東プロイセンで撃滅された中央軍集団、その他の部隊で構成されており、ヴァイクセル川から進出を謀っていたソビエト赤軍よりベルリン方面を防御していた。.

新しい!!: 第3装甲軍とヴァイクセル軍集団 · 続きを見る »

ヘルマン・ホト

ハインツ・グデーリアン(左)と談笑するホト(1941年6月) リヒトホーフェン上級大将(右端)(ソ連、1941年7月) ヘルマン・ホト(Hermann Hoth, ホートとも訳される。1885年4月12日‐1971年1月26日)は、ドイツの軍人。最終階級は上級大将。第二次世界大戦でナチス・ドイツの装甲部隊司令官などを務めた。 兵士には「ホト親父」(Papa Hoth) の愛称で親しまれ、また現在でもエルヴィン・ロンメルやハインツ・グデーリアンに次ぐ偉大な戦術家として高い評価を受けている。.

新しい!!: 第3装甲軍とヘルマン・ホト · 続きを見る »

ドイツ国防軍

ヘルメットにデカールされていた紋章 1941年、国防軍の陸軍歩兵下士官 ドイツ国防軍(ドイツこくぼうぐん、Wehrmacht)は、1935年から1945年にかけて存在したドイツの武力組織である陸軍、海軍、空軍の三軍の総体を指す。国家唯一の武装者(独:Waffenträger der Nation)と定義される存在であったが、当時のドイツにはナチス党の組織である武装親衛隊など管轄外の武装組織も存在していた。 1935年の再軍備宣言後は徴兵制が復活し総兵力が50万人になり、ポーランド侵攻直前の兵力は318万人と世界でも屈指の規模であった。.

新しい!!: 第3装甲軍とドイツ国防軍 · 続きを見る »

ドイツ語

ドイツ語(ドイツご、独:Deutsch、deutsche Sprache)は、インド・ヨーロッパ語族・ゲルマン語派の西ゲルマン語群に属する言語である。 話者人口は約1億3000万人、そのうち約1億人が第一言語としている。漢字では独逸語と書き、一般に独語あるいは独と略す。ISO 639による言語コードは2字が de、3字が deu である。 現在インターネットの使用人口の全体の約3パーセントがドイツ語であり、英語、中国語、スペイン語、日本語、ポルトガル語に次ぐ第6の言語である。ウェブページ数においては全サイトのうち約6パーセントがドイツ語のページであり、英語に次ぐ第2の言語である。EU圏内では、母語人口は域内最大(ヨーロッパ全土ではロシア語に次いで多い)であり、話者人口は、英語に次いで2番目に多い。 しかし、歴史的にドイツ、オーストリアの拡張政策が主に欧州本土内で行われたこともあり、英語、フランス語、スペイン語のように世界語化はしておらず、基本的に同一民族による母語地域と、これに隣接した旧支配民族の使用地域がほとんどを占めている。上記の事情と、両国の大幅な領土縮小も影響して、欧州では非常に多くの国で母語使用されているのも特徴である。.

新しい!!: 第3装甲軍とドイツ語 · 続きを見る »

ドイツ陸軍

ドイツ陸軍(ドイツりくぐん)は、ドイツの地上軍の名称である。ここではドイツ統一後の各時代における陸軍について扱う。.

新しい!!: 第3装甲軍とドイツ陸軍 · 続きを見る »

ベルリン

ベルリン(Berlin 、伯林)は、ドイツ北東部、ベルリン・ブランデンブルク大都市圏地域の中心に位置する都市である。16ある連邦州のうちの一つで、市域人口は万人とドイツでは最大の都市で欧州連合の市域人口ではロンドンに次いで2番目に多く、都市的地域の人口は7番目に多い。同国の首都と定められている。.

新しい!!: 第3装甲軍とベルリン · 続きを見る »

ベルリンの戦い

ベルリンの戦い(ベルリンのたたかい)英語Battle of Berlinは、第二次世界大戦末期、1945年4月16日の赤軍のゼーロウ高地攻撃開始から、総統地下壕におけるヒトラーの自殺、国会議事堂の陥落、5月2日のドイツ国防軍のベルリン防衛軍司令官ヘルムート・ヴァイトリングの降伏に至るまで、ベルリン周辺で展開された赤軍とドイツ軍の戦闘のことである。.

新しい!!: 第3装甲軍とベルリンの戦い · 続きを見る »

エアハルト・ラウス

アハルト・ラウス(Erhard Raus, 1889年1月8日 – 1956年4月3日)は、オーストリア及びナチス・ドイツの軍人。最終階級はドイツ国防軍上級大将。.

新しい!!: 第3装甲軍とエアハルト・ラウス · 続きを見る »

オーデル川

流域 オーデル川(Oder, Odra)は、中央ヨーロッパを流れる河川である。チェコ共和国北東部のズデーテン山脈に源流を発し、ポーランド国内のシレジア(シロンスク)を北西に向けて流れ、ポーランドとドイツの国境(オーデル・ナイセ線)沿いの延長187kmを北に向かう。ナイセ川・ヴァルタ川などの支流を合わせた後、ポメラニア(ポモージェ)に入りシュチェチンの北にある潟湖(シュチェチン湾)へ注ぎ、そこから3つの川(あるいは海峡)に分かれてバルト海に注ぐ。 全長は854.3km、流域面積は11万8,861平方kmにおよぶ。水位の変動が激しいことで有名である。 オーデル川とはドイツ語に由来のする呼称で、ポーランドではオードラ川と呼ばれている。また現代ドイツ語発音に基づきオーダー川とも表記される。 中流にはヴロツワフ(独:ブレスラウ)、下流にはシュチェチン(独:シュテティーン)などの都市がある。運河でヴィスワ川と結ばれており、シロンスクの重工業地域とポーランドの中央部が水運で繋がれている。ポーランドの生命線の役割を果たす川である。 1945年のポツダム会談により、ドイツ・ポーランドの暫定的な国境として設定されていたが、1990年11月のドイツ・ポーランド国境条約により正式な国境となっている。.

新しい!!: 第3装甲軍とオーデル川 · 続きを見る »

クライペダ

ライペダ(Klaipėda)は、ネマン川河口に近く, バルト海に面したリトアニア西部の港湾都市。クライペダ郡の中心都市であり、同国唯一の港湾都市である。ドイツ名はメーメル またはメーメルブルク、ポーランド語ではクワイペダ (Kłajpeda)。 ハンザ同盟の重要な都市として, 古くから交易上の要衝である.

新しい!!: 第3装甲軍とクライペダ · 続きを見る »

クールラント

ールラント(Kurland)は現在のラトビア西部地方の旧名。ラトビア語ではクルゼメ(Kurzeme)と呼ばれる。16世紀から18世紀にかけ、小規模なバルト・ドイツ人国家クールラント公国が存在した。.

新しい!!: 第3装甲軍とクールラント · 続きを見る »

ゲオルク=ハンス・ラインハルト

作戦会議をするラインハルト上級大将(左から二人目)とヴァルター・クリューガー中将(1941年6月) ゲオルク=ハンス・ラインハルト(Georg-Hans Reinhardt, 1887年3月1日-1963年11月24日)は、ドイツの軍人。最終階級は上級大将。第二次世界大戦中は軍集団司令官などを務めた。.

新しい!!: 第3装甲軍とゲオルク=ハンス・ラインハルト · 続きを見る »

コンスタンチン・ロコソフスキー

ンスタンチン・コンスタンチノヴィチ・ロコソフスキー(、、1896年12月21日 - 1968年8月3日)は、ソ連、ポーランドの軍人、政治家。ソ連邦元帥、ポーランド元帥。ソ連邦英雄(2度)。.

新しい!!: 第3装甲軍とコンスタンチン・ロコソフスキー · 続きを見る »

ゼーロウ高地

ーロウ高地 (Seelower Höhen) はドイツ東部、オーデル河畔の都市キュストリンからゼーロウを経てベルリンの間に存在する丘陵地帯である。 一見なだらかな感じを受けるが高低差が4-50メートルの場所もある。.

新しい!!: 第3装甲軍とゼーロウ高地 · 続きを見る »

第二次世界大戦

二次世界大戦(だいにじせかいたいせん、Zweiter Weltkrieg、World War II)は、1939年から1945年までの6年間、ドイツ、日本、イタリアの日独伊三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリス、ソビエト連邦、アメリカ 、などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の巨大戦争。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻と続くソ連軍による侵攻、そして英仏からドイツへの宣戦布告はいずれもヨーロッパを戦場とした。その後1941年12月の日本とイギリス、アメリカ、オランダとの開戦によって、戦火は文字通り全世界に拡大し、人類史上最大の大戦争となった。.

新しい!!: 第3装甲軍と第二次世界大戦 · 続きを見る »

独ソ戦

戦(どくソせん)(英語Eastern Front(World War II)) は、第二次世界大戦中の1941年から1945年にかけてドイツを中心とする枢軸各国とソビエト連邦との間で戦われた戦争を指す。 大戦の当初はポーランドを共に占領していたドイツとソビエト連邦であったが、1941年6月22日に突如ドイツ国防軍がソ連に侵入し、戦争状態となった。当時のソ連は国民を鼓舞するため、ナポレオン・ボナパルトに勝利した祖国戦争に擬えて大祖国戦争(Великая Отечественная война)と呼称。一方、ドイツ側では主に東部戦線(der Ostfeldzug)と表現される。 アドルフ・ヒトラーは、ソ連との戦争を「イデオロギーの戦争」「絶滅戦争」と位置づけ、西部戦線とは別の戦争であると認識していた。 1941年6月22日3時15分、ドイツ軍は作戦名「バルバロッサ」の下にソ連を奇襲攻撃した。ヨーロッパにおけるドイツ占領地からは反共主義者の志願者や、武装親衛隊によって徴発された人々がドイツ軍に加わった。 開戦当初、ソ連軍が大敗を喫したこともあり歴史的に反ソ感情が強かったバルト地方や、過酷な共産党の政策からウクライナの住民は、ドイツ軍を当初「共産主義ロシアの圧制からの解放軍」と歓迎し、ドイツ軍に志願したり共産主義者を引き渡すなど自ら進んでドイツ軍の支配に協力する住民も現れた。また反共主義者はロシア国民解放軍やロシア解放軍として共産主義者と戦った。しかし、スラブ人を劣等民族と認識していたヒトラーは、彼らの独立を認める考えはなく、こうした動きをほとんど利用しようとしなかった。親衛隊やはドイツ系民族を占領地に移住させて植民地にしようと計画し、一部実行された。 この戦いにおいて、特にソ連側の死者は大規模である。なお、独ソ戦の犠牲者(戦死、戦病死)は、ソ連兵が1470万人、ドイツ兵が1075万人である。民間人の死者をいれるとソ連は2000〜3000万人が死亡し、ドイツは約600〜1000万人である。ソ連の軍人・民間人の死傷者の総計は第二次世界大戦における全ての交戦国の中で最も多いと言われている。両国の捕虜・民間人に対する扱いも苛酷を極め、占領地の住民や捕虜は強制労働に従事させられるなど極めて厳しい扱いを受けた。ドイツが戦争初期に捕らえたソ連兵の捕虜500万人はほとんど死亡している()。またドイツ兵捕虜300万人の多くはそのままソ連によって強制労働に従事させられ、およそ100万人が死亡した()。 開戦から1943年7月のクルスクの戦いまでは主にドイツ軍の攻勢とソビエト軍の防御という展開であったが、クルスクの戦いの後は攻守が逆転し、東欧からドイツ東部にいたる地域がソビエトの占領地域となり、1945年5月8日にドイツ国防軍最高司令部総長ヴィルヘルム・カイテル元帥がベルリンで無条件降伏文書の批准手続きを行ったことにより、戦争は終結した。.

新しい!!: 第3装甲軍と独ソ戦 · 続きを見る »

軍(ぐん、army)は、軍隊の部隊編制単位の一つ。戦略単位としての性格を持ち、主に陸軍部隊の編成をする際に用いられる。おおむね軍団・師団の上、軍集団・方面軍の下に位置するが、その規模や位置づけは国と時代によって多少の差異がある。.

新しい!!: 第3装甲軍と軍 · 続きを見る »

赤軍

赤軍(せきぐん、ロシア語:Красная армия クラースナヤ アールミヤ)は、1918年から1946年にかけてロシアおよびソビエト連邦に存在した軍隊。1917年より始まったロシア内戦の最中に労働者・農民赤軍(ろうどうしゃ・のうみんせきぐん、Рабоче-крестьянская Красная армия ラボーチェ・クリスチヤーンスカヤ・クラースナヤ・アールミヤ、略称:労農赤軍、РККА エールカーカーアー)として設立され、1937年に海軍が赤軍から独立した後はソ連の地上軍(陸軍)を指す呼称となった。.

新しい!!: 第3装甲軍と赤軍 · 続きを見る »

連合国 (第二次世界大戦)

ターリン) 第二次世界大戦における連合国(れんごうこく、Allies、United Nations)とは、枢軸国(ドイツ、イタリア、日本など)と敵対した国家連合。一般的に連合国共同宣言に署名した国などが該当する。 第二次世界大戦における連合国は、1939年9月1日、ドイツ国によるポーランド侵攻にはじまる欧州戦線でドイツの陣営と戦った国々と、1941年12月8日の日本によるマレー作戦及び真珠湾攻撃に始まる太平洋戦争(大東亜戦争)において日本の陣営と戦った国々がある。このうちイギリス、アメリカ合衆国、中華民国、オーストラリアを含む大部分の諸国は参戦の時点から終戦までの期間に日独両陣営と戦争状態にあったが、ソビエト連邦が対日戦に参戦したのは1945年8月のことである。 ドイツやその他の枢軸国から攻撃を受けるなどし、領域を喪失した政府が亡命政府となり、戦争に参加している。戦後これらの亡命政府の多くは帰国したが、ソ連の影響力が強い地域の亡命政府は復帰することができない例や、戦後まもなく亡命政府の継承政権が打倒されることもあった。一方でユーゴスラビアのパルチザンなど交戦当時は国家を代表する存在ではなかったが、国家を代表する存在として連合国の政府として承認される事例もあった。 連合国は戦後処理問題などで比較的緊密な連絡を取った。現在の国際連合 (United Nations) は、戦争中の連合国協議によって生まれた国際機関であり、連合国諸国が原加盟国となっている。特に中心となったアメリカ・イギリス・ソビエト連邦・フランス・中華民国は、国際連合憲章によって安全保障理事会における「常任理事国」の地位が与えられ、拒否権などの特権を有するなど、国際社会において強い影響を持つこととなった。.

新しい!!: 第3装甲軍と連合国 (第二次世界大戦) · 続きを見る »

1942年

記載なし。

新しい!!: 第3装甲軍と1942年 · 続きを見る »

1945年

この年に第二次世界大戦が終結したため、世界史の大きな転換点となった年である。.

新しい!!: 第3装甲軍と1945年 · 続きを見る »

1月1日

1月1日(いちがつついたち)はグレゴリオ暦で年始から1日目に当たり、年末まであと364日(閏年では365日)ある。誕生花は松(黒松)、または福寿草。 キリスト教においては生後8日目のイエス・キリストが割礼と命名を受けた日として伝えられる。.

新しい!!: 第3装甲軍と1月1日 · 続きを見る »

5月8日

5月8日(ごがつようか)はグレゴリオ暦で年始から128日目(閏年では129日目)にあたり、年末まではあと237日ある。誕生花はオダマキ。.

新しい!!: 第3装甲軍と5月8日 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »