ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

第二次世界大戦

索引 第二次世界大戦

二次世界大戦(だいにじせかいたいせん、Zweiter Weltkrieg、World War II)は、1939年から1945年までの6年間、ドイツ、日本、イタリアの日独伊三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリス、ソビエト連邦、アメリカ 、などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の巨大戦争。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻と続くソ連軍による侵攻、そして英仏からドイツへの宣戦布告はいずれもヨーロッパを戦場とした。その後1941年12月の日本とイギリス、アメリカ、オランダとの開戦によって、戦火は文字通り全世界に拡大し、人類史上最大の大戦争となった。.

1094 関係: ABCD包囲網加賀 (空母)基本国策要綱厚木海軍飛行場原子爆弾原敬偽情報まやかし戦争千島列島単冠湾南太平洋海戦南ベトナム南アフリカ共和国南進論南方軍反核運動反戦運動古田元夫台湾参謀本部参政権名古屋市同性愛吉田茂報復塹壕大将大佐大使大和 (戦艦)大粛清大韓民国大西洋大西洋の戦い (第二次世界大戦)大西洋憲章大鳳 (空母)大鷹正次郎大阪大空襲大阪市大阪朝日新聞大陸打通作戦大東亜会議大東亜共栄圏大正デモクラシー大本営大本営発表大本営政府連絡会議大日本帝国陸軍天城 (雲龍型空母)太平洋...太平洋戦争夜間戦闘機外務大臣 (日本)外務省外国語外蒙古孤立主義学徒出陣学徒勤労動員宣戦布告宥和政策宮城事件宮内省宗主国対潜哨戒機富士五湖富山市封鎖突破船小学校小磯國昭少国民山本五十六岡山市岩波書店岸信介上陸戦不戦条約帝国主義帝国国策遂行要領中央ヨーロッパ夏時間中央軍集団中央情報局中島飛行機中ソ紛争中公新書中国共産党中国残留日本人中立中立法中華人民共和国中華民国中華民国の歴史中華民国総統中西輝政中野正剛中戦車世界恐慌三菱三船殉難事件一式陸上攻撃機一〇〇式司令部偵察機九州九五式小型乗用車九六式陸上攻撃機平和に対する罪平和条約平沼騏一郎交換船人種差別人道に対する罪人類人権二・二六事件広島市広島市への原子爆弾投下五式十五糎高射砲五・一五事件五相会議五百籏頭真仏印進駐仙台市伊十五型潜水艦伊号第十七潜水艦伊号第三十潜水艦伊号第二十五潜水艦伊号第二十六潜水艦伊四百型潜水艦伊藤憲一伯爵強姦強制収容所強制収容所 (ナチス)弾道弾道ミサイル佐官佐世保市佐藤亮一 (翻訳家)御前会議徳島市保護国在アメリカ合衆国日本国大使館在籍者 (学習者)地中海医師医療北アフリカ北アフリカ戦線北進論北海道北方地域ペナン州ナチス・ドイツナチス・ドイツによるチェコスロバキア解体ナチス・ドイツのフランス侵攻ナチズムナチ党の権力掌握ナバホ族ペルシア回廊ペーパークリップ作戦ナイ委員会ナイメーヘンナイロンミャンマーミュンヘンミュンヘン一揆ミュンヘン会談ミラノミッドウェー島ミッドウェー海戦ミズーリ (戦艦)ミサイルマハティール・ビン・モハマドノモンハン事件マリアナ諸島マリアナ沖海戦ノルマンディーノルマンディー上陸作戦マルティン・ボルマンノルウェーマルクマレー半島マレーシアマレー沖海戦マンハッタン計画マーケット・ガーデン作戦ノーザンテリトリーマーシャル・プランマニラマダガスカルマダガスカルの戦いマイコープマカオマキ (抵抗運動)マジノ線チュニジアチリチェーカーチェコチェコスロバキアネロ指令ネヴィル・チェンバレンネイティブ・アメリカンハリー・S・トルーマンハル・ノートハワイ州ハンブルク空襲ハンドレページ ハリファックスハンガリーハンガリー王国 (1920年-1946年)ハーミーズ (空母・初代)ハインリヒ・ヒムラーハインケル He111ハイパーインフレーションハスキー作戦バチカンバルバロッサ作戦バルト三国バルト諸国占領バルト海バルカン半島バルカン半島の戦いバルジの戦いバンコクバーナード・モントゴメリーバトル・オブ・ブリテンバイロイト音楽祭バグラチオン作戦バストーニュバズーカバタビア沖海戦ポメラニアポーランドポーランド侵攻ポーランド回廊ポーランド第二共和国ポートモレスビー作戦ポツダムポツダム協定ポツダム宣言ポツダム会談ムーラン・ルージュメルセルケビール海戦メッシーナメッサーシュミット Bf109メッサーシュミット Me163メッサーシュミット Me262メキシコ湾メジャーリーグベースボールモロッコモンロー主義モンゴル人民共和国モスクワモスクワの戦いヤルタ会談ヤンゴンユーゴスラビア侵攻ユーゴスラビア王国ユダヤ人ユダヤ人問題の最終的解決ヨーロッパヨークタウン (CV-5)ヨーゼフ・ゲッベルスヨシフ・スターリンラバウルラーマ8世ラトビアライン川ラインラント進駐リンチリー・アイアコッカリトアニアリヒャルト・ゾルゲリビアリスボンリスト・リュティルーマニアルーマニア王国ルーマニア革命 (1944年)ルール占領ルイージ・トレッリ (潜水艦)ルクセンブルクルソン島レバノンレンネル島沖海戦レンテンマルクレンドリース法レーダーレッド計画レパルス (巡洋戦艦)レインボー・プランレイテ島レイテ沖海戦レキシントン (CV-2)レコードレジスタンスレジスタンス運動ロマロバート・メンジーズロバート・ホワイティングローマローマ進軍ロベール・ギランロカルノ条約ロケットロシアロシア革命ロジスティクスロストフの戦い (1941年)ロストフ・ナ・ドヌロサンゼルスの戦いワルシャワワルシャワ蜂起ワシントン州ワスプ (CV-7)ヴワディスワフ・シコルスキヴァンゼー会議ヴァイマル共和政ヴィルヘルム・フルトヴェングラーヴィルヘルム・カイテルヴィルヘルム・クーノヴィーンヌィツャ大虐殺ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世ヴィッカース 6トン戦車ヴィクター・ホープ (第2代リンリスゴー侯爵)ヴィシーヴィシー政権ヴェルサイユ条約ヴェーザー演習作戦ヴォルガ川ヴォルゴグラードボリビアボリス3世 (ブルガリア王)ボルネオ島トリポリトレブリンカ強制収容所トーチ作戦トブルクヘルマン・ゲーリングヘンリー・カボット・ロッジブラックアフリカブラウ作戦ブラジルブリュッセルブリンディジブルガリアブルガリア王国 (近代)ブレトン・ウッズブレトン・ウッズ協定ブロック経済ブーゲンビル島ブダペストブコビナプラハの戦い (第二次世界大戦)プリンス・オブ・ウェールズ (戦艦)プレーク・ピブーンソンクラームプロパガンダプロイェシュティパナマ運河パリパリの解放パリ条約 (1947年)パルチザンパンツァーファウストパンツァーファウスト作戦パーマネントウエーブパブロ・ピカソヒトラーユーゲントヒトラー暗殺計画ビュルガーブロイケラービルマ国民軍ビアホールピューリッツァー賞ピエトロ・バドリオテヘラン会談テニアン島デンマークデ・ハビランド モスキートディーノ・グランディディック・ミネフランクリン・ルーズベルトフランスフランス共和国臨時政府フランス領インドシナフランス領西アフリカフランス軍フランソワ・ダルランフレンスブルク政府ファイサル2世 (イラク王)ファシスト党ファシズムフィリップ・ペタンフィリピンフィンランドフォルケ・ベルナドッテフォート・スティーブンス砲撃ドラグーン作戦ドレスデンドレスデン爆撃ドワイト・D・アイゼンハワードン川ドーリットル空襲ドーズ案ドイツドイツ帝国銀行ドイツ人追放ドイツ・ポーランド不可侵条約ドイツアフリカ軍団ドイツ再統一ドイツ再軍備宣言ドイツ国防軍ドイツ駐留ソ連軍ドイツ語ドイツ軍ドイツ民主共和国ドイツ最終規定条約ニュルンベルクニュルンベルク裁判ニューハンプシャー州ニューヨーク・ポストニューディール政策ニューギニア島ニューズウィークホルティ・ミクローシュホロドモールホロコーストホーネット (CV-8)ホーカー ハリケーンダンケルクダンケルクの戦いダッチハーバーダッハウ強制収容所ダイナモ作戦ダウンフォール作戦ダカールダカール沖海戦ダグラス DC-3ダグラス・マッカーサーベネルクスベララベラ島ベルリンベルリンの戦いベルリン・フィルハーモニー管弦楽団ベルンハルト作戦ベルギーベンガジベッサラビアベトナム戦争ベニート・ムッソリーニ制空権列強喫茶店アペニン山脈アメリカ合衆国アメリカ本土空襲アメリカ海軍情報局アラドAr234アラスカ州アリューシャン列島アルミニウムアルバニアアルデンヌアルフレート・ヨードルアルベルト・シュペーアアルベール・ルブランアルジェリアアルゼンチンアレクサンドリアアントン作戦アントニオ・サラザールアンドレ・ジッドアンシュルスアーチボルド・ウェーヴェル (初代ウェーヴェル伯爵)アーネムアッツ島アッツ島の戦いアブロ ランカスターアフリカアフリカ系アメリカ人アフリカ系アメリカ人公民権運動アドルフ・ヒトラーアドルフ・ヒトラーの死アインザッツグルッペンアウンサンアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所アシカ作戦アジアアゾレス諸島イランイラン進駐 (1941年)インパールインパール作戦インドネシアインドネシア独立戦争インド国民軍インド洋イベリア半島イオン・アントネスクイギリスイギリス帝国イギリス領マラヤイギリス海峡イギリス海軍イタリアのアルバニア侵攻イタリアの降伏イタリア王国イタリア社会共和国イタリア語イタリア戦線 (第二次世界大戦)ウィリアム・ライアン・マッケンジー・キングウィリアム・ボーラウィンストン・チャーチルウィーンウィーン・フィルハーモニー管弦楽団ウィーン裁定ウェッジウォール街大暴落 (1929年)ウクライナエルヴィン・ロンメルエル・アラメインの戦いエルベの誓いエルベ川エンタープライズ (CV-6)エヴァ・ブラウンエーリッヒ・フォン・マンシュタインエーゲ海エドゥアール・ダラディエエニグマ (暗号機)エゴエジプトエストニアエセックス級航空母艦オペラオランダオランダにおける戦い (1940年)オランダ領東インドオランダ海軍オレゴン州オーヴァーロード作戦オートバイオーデル川オーデル・ナイセ線オーストリアオットー・スコルツェニーオアフ島カナダカチューシャ (兵器)カラーコード戦争計画カリブ海カリフォルニア州カルパティア山脈カレリアカーチス・ルメイカール・デーニッツカーゾン線カティンの森事件カイロ宣言カサブランカ会談ガレアッツォ・チャーノガダルカナル島ガダルカナル島の戦いガス室キュストリンキリル (プレスラフ公)キリンディニ港キレナイカキプロスキエフキスカ島ギリシャギリシャ・イタリア戦争ギリシャ王国ギリシャ軍ギルバート諸島クラーラ・ペタッチクライペダクラウス・フォン・シュタウフェンベルククラクフクリミア半島クリスマスクルスクの戦いクレメント・アトリークレタ島クレタ島の戦いグラン・サッソグライヴィッツ事件グアムケ号作戦ケニアケベック会談ケアンズゲリラゲットーゲオルギー・ジューコフゲオルク・エルザーゲシュタポコマンダンテ・カッペリーニ (潜水艦)コモ湖コラボラシオンコロンバンガラ島沖海戦コロンボコンピュータコンピエーニュの森コーヒーコーデル・ハルコードトーカーコーカサスコブラ作戦ココ・シャネルコタバルゴムザルツブルクシチリアシャルル・ド・ゴールシュレスヴィヒ・ホルシュタイン (戦艦)シュビムワーゲンショート スターリングシリアシレジアシンティ・ロマ人シンガポールシンガポールの戦いシーレーンシットウェシドニーシベリアシベリア出兵シベリア抑留シェルターシカゴ (CA-29)ジャワ島ジャワ沖海戦ジョン・メイナード・ケインズジョン・カーティンジョージ6世 (イギリス王)ジープジブラルタルジェット機ジェット気流スペインスペイン内戦スマトラ島スバス・チャンドラ・ボーススモレンスクスラバヤ沖海戦スリランカスロバキア共和国スロバキア共和国 (1939年-1945年)スロバキア民衆蜂起スローガンスーパーマリン スピットファイアスパイスイススウェーデンスカルノスターリングラード攻防戦ズビグネフ・ブレジンスキーズデーテン地方セイロン島セイロン沖海戦ゼーロウ高地ソロモン諸島ソロモン諸島の戦いソビエト占領下のポーランドにおける反ユダヤ運動ソビエト連邦ソビエト連邦軍ソ連対日参戦ソ連対日宣戦布告ソ連崩壊ソ連地上軍ソ連・ポーランド不可侵条約ソ連空軍志願隊タラワタラント空襲ターラントタイムタイヤタイ・フランス領インドシナ紛争タイ王国サマーラサハラ砂漠サラトガ (CV-3)サンフランシスコサンクトペテルブルクサイパン島サイドカー傀儡政権再軍備冬将軍冬戦争冷戦内大臣府内務人民委員部内務省 (日本)内閣児玉誉士夫全権委任法八路軍公民権法共産主義共謀罪元帥先住民勁文社勲章国家社会主義ドイツ労働者党国家総力戦国家総動員法国後島国内予備軍国共内戦国際紛争国際連合国際連合安全保障理事会国際連盟国際法国道国葬国民学校国民学校令国民突撃隊国民精神総動員B-17 (航空機)B-24 (航空機)B-25 (航空機)B-29 (航空機)矢十字党石炭玩具玉砕玉音放送火炎放射器珊瑚海海戦硫黄島 (東京都)硫黄島の戦い社会主義神風特別攻撃隊神武天皇即位紀元神戸市祥伝社祥鳳 (空母)禁錮福岡市福田和也秘密警察立作太郎第1次近衛内閣第2次近衛内閣第442連隊戦闘団第三次ソロモン海戦第一次世界大戦第一次アキャブ作戦第一次インドシナ戦争第一次ソロモン海戦第二次上海事変第二次世界大戦の会談・会議第二次世界大戦の影響第二次ベララベラ海戦第二次アキャブ作戦第二次エチオピア戦争第二次ソロモン海戦箱根米内内閣米内光政米英戦争精神障害細川護貞紙芝居継続戦争継承国総力戦演説総統総統地下壕練習機罪刑法定主義翔鶴 (空母)真珠湾真珠湾攻撃絞首刑絨毯爆撃絶対国防圏疎開瑞鶴 (空母)環境産経新聞田久保忠衛無線通信焼夷弾熊本市特別高等警察特別攻撃隊特命全権大使特殊潜航艇特殊潜航艇によるシドニー港攻撃牛島満独ソ不可侵条約独ソ戦独立白いバラ白人隣組遣独潜水艦作戦選挙衛星国風船爆弾食糧管理制度飛行爆弾飛龍 (空母)西ヨーロッパ西ドイツ西アジア西オーストラリア州西部戦線 (第二次世界大戦)親衛隊 (ナチス)香港角川文庫高松宮宣仁親王警察予備隊護衛空母豊田貞次郎資本主義超大国軍人軍事力軍事史学会軍事顧問軍事訓練軽井沢黒人黄禍論龍驤 (空母)近接信管航空機航空母艦航空戦鈴木貫太郎鈴木貫太郎内閣防共協定防衛研究所赤城 (空母)赤軍関東閑院宮載仁親王開国藤原釜足葛城 (空母)蒼龍 (空母)蒋介石野村吉三郎重光葵重臣会議重戦車自由フランス自由フランス軍自由インド仮政府自由都市ダンツィヒ自衛隊金解禁長崎市長崎市への原子爆弾投下配給 (物資)艦砲射撃艦載機鉄鉱石英印軍英国放送協会英語英雄鋼鉄協約雲龍 (空母)零式小型水上機電信電撃戦集団的自衛権通商破壊連合国 (第二次世界大戦)連合国共同宣言連合国軍最高司令官総司令部連合艦隊司令長官進駐虐待陸軍三長官陸軍悪玉論FS作戦GTLGuardianH部隊Ju 87 (航空機)Ju 88 (航空機)KV-1M4中戦車MLBオールスターゲームNHKワールドP-38 (航空機)P-51 (航空機)T-34UボートV1V1飛行爆弾V2ロケット択捉島暗号解読柳条湖事件枢軸国恐怖政治捕虜李登輝来栖三郎 (外交官)東南アジア東京大空襲東京都区部東京条約東京湾東北地方東ヨーロッパ東プロイセン東ティモール東アジア東條内閣東條英機東洋艦隊 (イギリス)松岡洋右村嶋英治核兵器梅津美治郎植民地植民地主義極東国際軍事裁判権威主義横浜市樺太機動部隊機動戦機銃掃射橘花 (航空機)欧州連合の歴史欧米武田龍夫武装親衛隊武蔵 (戦艦)武蔵野歯舞群島残留日本兵毎日新聞社民兵団 (フランス)民間人民族自決汪兆銘汪兆銘政権河出文庫河出書房新社油井大三郎沖縄本島沖縄戦法の不遡及淡路山丸満州満州国漫画潜水艦潜水艦搭載偵察機朝鮮半島木炭自動車木戸幸一未回収のイタリア本土決戦最後通牒情報局成形炸薬弾成都市戦史叢書戦争戦争犯罪戦争賠償戦犯戦略爆撃戦略爆撃機戦術戦車戦闘機戦時中の医師不足対策映画配給社春の目覚め作戦春名幹男昭和天皇昭和製鋼所昭和恐慌海軍大将海軍甲事件海戦新潮社料亭日中戦争日ソ中立条約日米通商航海条約日系人日系人の強制収容日系アメリカ人日独伊三国同盟日英同盟日泰攻守同盟条約日本日本の高校野球日本の降伏日本の降伏文書日本プロ野球日本国との平和条約日本標準時日本本土空襲旧ドイツ東部領土旅館支那事変政党内閣政治犯愛新覚羅溥儀敵性語扶桑社批准急降下爆撃機晴嵐晶文社11月26日12月7日12月8日1919年1920年代1921年1922年1923年1925年1928年1929年1930年1930年ドイツ国会選挙1932年1937年1938年1939年1940年1940年東京オリンピック1941年1942年1943年1944年1945年1946年1947年1960年1960年代1970年代1988年1990年1991年1994年1999年19世紀1月25日1月8日2003年2月15日2月19日3月10日3月11日3月9日4月12日4月1日4月28日4月30日5月10日5月7日5月8日6月22日6月23日6月26日7月8月8月10日8月14日8月15日8月17日8月18日8月25日8月4日8月6日8月8日8月9日9月17日9月1日9月2日9月3日9月8日 インデックスを展開 (1044 もっと) »

ABCD包囲網

ABCD包囲網(ABCDほういもう、ABCD encirclement)とは、1930年代後半(昭和10年頃)に、日本に対して行った貿易制限の総体に、日本が名付けた名称である。「」とは、貿易制限を行っていたアメリカ合衆国()、イギリス()、中華民国()、オランダ()と、各国の頭文字を並べたものである。ABCD包囲陣、ABCD経済包囲陣、ABCDラインとも呼ばれる。この呼称は日本の新聞が用いたものとされるが、初出については良く分かっていない。 この対日政策が、経済制裁か経済封鎖かについては、研究者間でも一定していない。.

新しい!!: 第二次世界大戦とABCD包囲網 · 続きを見る »

加賀 (空母)

加賀(かが)は、大日本帝国海軍の航空母艦#ポケット海軍年鑑(1935)p.42『航空母艦"加賀 かが" 全要目.

新しい!!: 第二次世界大戦と加賀 (空母) · 続きを見る »

基本国策要綱

基本国策要綱(きほんこくさくようこう)は、昭和15年(1940年)7月26日に第2次近衛内閣によって閣議決定された政策方針。これにより大東亜共栄圏の建設が政策となる。.

新しい!!: 第二次世界大戦と基本国策要綱 · 続きを見る »

厚木海軍飛行場

厚木海軍飛行場(あつぎかいぐんひこうじょう)は、神奈川県綾瀬市と大和市にまたがる軍用飛行場で、アメリカ海軍と海上自衛隊が共同で使用している軍事基地。県内で唯一、固定翼ジェット機が離着陸できる航空施設である。航空管制は海上自衛隊が行なっている。 米海軍は空母ロナルド・レーガン(USS Ronald Reagan, CVN-76)艦載機の第5空母航空団(CVW-5)の本拠地として使用しており、海上自衛隊は第4航空群、実験航空部隊の第51航空隊、輸送航空部隊の第61航空隊の航空基地として使用している。 総面積約506.9 haのうち約395 ha(全体の約78 %)が綾瀬市で、残りが大和市である。.

新しい!!: 第二次世界大戦と厚木海軍飛行場 · 続きを見る »

原子爆弾

長崎に投下された原子爆弾のキノコ雲1945年8月9日 広島型原爆(リトルボーイ)による被害者の一人。(1945年10月。日本赤十字病院において) 原子爆弾(げんしばくだん、原爆、atomic bomb)は、ウランやプルトニウムなどの元素の原子核が起こす核分裂反応を使用した核爆弾で、初めて実用化された核兵器でもある。原子爆弾は、核爆発装置に含まれる。水素爆弾を含めて「原水爆」とも呼ばれる。 核兵器は通常兵器と比較して威力が極めて大きいため、大量破壊兵器として核不拡散条約や部分的核実験禁止条約などで規制されており、核廃絶を求める主張もある。.

新しい!!: 第二次世界大戦と原子爆弾 · 続きを見る »

原敬

原 敬(はら たかし、安政3年2月9日(1856年3月15日) - 大正10年(1921年)11月4日)は、日本の外交官、政治家。位階勲等は正二位大勲位。幼名は健次郎。号は一山、逸山。 外務次官、大阪毎日新聞社社長、立憲政友会幹事長、逓信大臣(第11・16代)、衆議院議員、内務大臣(第25・27・29代)、立憲政友会総裁(第3代)、内閣総理大臣(第19代)、司法大臣(第22代)などを歴任した。 郵便報知新聞記者を経て外務省に入省。後に農商務省に移って陸奥宗光や井上馨からの信頼を得た。 陸奥外務大臣時代には外務官僚として重用されたが、陸奥の死後退官。その後、発足時から政友倶楽部に参加して政界に進出。大正7年(1918年)に総理大臣に就任。爵位の受け取りを固辞し続けたため「平民宰相」と渾名された。 大正10年(1921年)11月4日、東京駅丸の内南口コンコースにて、大塚駅の駅員であった右翼青年・中岡艮一に襲撃され、殺害された。満。墓所は岩手県盛岡市の大慈寺。 有職読みの「はら けい」が用いられるケースもある(原敬記念館、原敬日記など)。 足尾銅山の副社長にも就いていた。.

新しい!!: 第二次世界大戦と原敬 · 続きを見る »

偽情報

偽情報(にせじょうほう)は、意図的に広められる虚偽もしくは不正確な情報である。偽造された文書、原稿及び写真の流布、あるいは悪意のある噂や捏造されたインテリジェンスを広めることが含まれる。偽情報を誤報と混同してはいけない。誤報は単に間違った情報が広まったものである。 諜報あるいはミリタリー・インテリジェンスにおいては、偽情報は敵の立場あるいは行動方針に応じて敵を間違った方向に誘導するために意図的に広められる。政治においては、偽情報は相手側を研究することにより明かされた候補者の弱点をもとにしたいかがわしい虚偽の発言を流布して政敵への有権者の支持をそらすための意図的な試みである。 両方の分野とも、偽情報ということには実際の情報は利用できないように歪曲されるということが含まれる。 商業や行政においても偽情報の技術は競争相手の地位を徐々に弱めることを望むグループにより使用されることがある。誰かに虚偽を納得させるのは、現実には詐欺と明白な虚偽の言葉である。粉飾決算は上場企業会計改革および投資家保護法の制定を導いた偽情報戦略とも考えられる。 感情的な支持を求めるために意図される伝統的なプロパガンダや「大きな嘘」の技術とは異なり、偽情報は対抗的で不都合な情報の信頼性を落とすこと、あるいは間違った結論を支持することによって理性的な水準の観衆を操るように意図される。 あるグループがそれだけの影響力を持っている場合には事実を隠蔽する技術、つまり検閲も行われる。情報の経路を完全に閉鎖することができない場合、その経路を偽情報で満たし、簡単に反証が容易な程度のウソの主張を大量に組み合せることで効果的にその経路のS/N比(正確さ)を低下させ相手の信頼性を落として、役に立たなくすることができる。 一般の偽情報手法は、若干の事実に虚偽の結論とウソが入った観察の両方を併せるか、それが全てあるように事実の一部を見せることである(後者はLimited Hangoutと呼ばれる)。 冷戦により偽情報が軍事的かつ政治的な戦術であることの認識が生れた。軍事的な偽情報技術は、ウラジーミル・ボルコフ (Vladimir Volkoff) によって説明されている。.

新しい!!: 第二次世界大戦と偽情報 · 続きを見る »

まやかし戦争

ワルシャワの駐波イギリス大使館前で行われた、イギリスの対独宣戦布告を歓迎するデモ行進 まやかし戦争(まやかしせんそう、Phoney War:フォウニー・ウォー)は、第二次世界大戦初期における西部戦線のことを意味する。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻の後、1940年5月のドイツ軍のフランス侵攻まで、ドイツとフランス・イギリスは戦争状態にあったにもかかわらず、陸上戦闘が皆無に近い状態であったためで、いかさま戦争とも言う。ドイツでは座り込み戦争(Sitzkrieg :ジッツクリーク)、フランスでは奇妙な戦争(Drôle de guerre :ドロール・ドゥ・ゲール)と呼ばれていた。.

新しい!!: 第二次世界大戦とまやかし戦争 · 続きを見る »

千島列島

千島列島(ちしまれっとう)は、北海道本島の東、根室海峡からカムチャツカ半島の南、千島海峡までの間に連なる列島。クリル列島( Kuril Islands)ともいう。国後島、択捉島、得撫島、幌筵島、占守島などの島々からなる。総面積10355.61km2。 主に得撫島以北を北千島、択捉島以南を南千島と呼ぶ。また、南千島に対する日本の領有権を主張する立場から、これらの島々を北方四島(北方領土)と呼ぶことがある。日本政府は択捉島、国後島、色丹島および歯舞群島を北海道の属島とし、千島列島に属さないとしている。 なお、得撫島から磨勘留島までを中部千島と呼ぶことがあり、本項でも便宜上.

新しい!!: 第二次世界大戦と千島列島 · 続きを見る »

単冠湾

単冠湾(ひとかっぷわん、Касатка、カサトカ湾)は、択捉島中部に位置する湾である。.

新しい!!: 第二次世界大戦と単冠湾 · 続きを見る »

南太平洋海戦

南太平洋海戦(みなみたいへいようかいせん)は、1942年10月26日にソロモン海域で行われた日米両軍の機動部隊による海戦のこと。アメリカ軍側の呼称はサンタ・クルーズ諸島海戦(Battle of the Santa Cruz Islands)。日本軍は空母翔鶴と瑞鳳が大破・中破という損害を受けたものの、米空母ホーネットを撃沈、エンタープライズを中破という戦果を挙げ、戦術的には勝利した。しかし多数の航空機と搭乗員を失い、また戦闘の主目的であるガダルカナル島飛行場占領は達成できなかった。.

新しい!!: 第二次世界大戦と南太平洋海戦 · 続きを見る »

南ベトナム

南ベトナム(みなみベトナム)とは、日本の降伏からベトナム社会主義共和国成立までの間(1945年9月2日~1976年7月2日)、北緯17度線以南のベトナム領域に存在したベトナム人国家の通称である。なお、1954年7月21日までは、領土を縮小されたフランス領インドシナの一角であった。 冷戦下の分断国家の一つ。反共主義を名目としていたが、実際はフランス政府やホワイトハウスに追随する政治家が指導した傀儡政権という色が濃い 。対して17度線以北には、共産主義を名目とするベトナム民主共和国(北ベトナム)が存在していた。.

新しい!!: 第二次世界大戦と南ベトナム · 続きを見る »

南アフリカ共和国

南アフリカ共和国(みなみアフリカきょうわこく)、通称南アフリカは、アフリカ大陸最南端に位置する共和制国家。イギリス連邦加盟国のひとつ。東にスワジランド、モザンビーク、北にジンバブエ、ボツワナ、西にナミビアと国境を接し、レソトを四方から囲んでいる。南アフリカは首都機能をプレトリア(行政府)、ケープタウン(立法府)、ブルームフォンテーン(司法府)に分散させているが、各国の大使館はプレトリアに置いていることから国を代表する首都はプレトリアと認知されている。.

新しい!!: 第二次世界大戦と南アフリカ共和国 · 続きを見る »

南進論

南進論(なんしんろん)とは、戦前の日本で、「日本は南方地域へ進出すべきである」と唱えられていた対外論である。.

新しい!!: 第二次世界大戦と南進論 · 続きを見る »

南方軍

南方軍(なんぽうぐん)は南方に展開した総軍などの名称。.

新しい!!: 第二次世界大戦と南方軍 · 続きを見る »

反核運動

リーマイル島原発事故により、西ドイツ(当時)首都ボンの王宮広場で12万人が集った核兵器反対抗議Herbert P. Kitschelt. http://www.marcuse.org/harold/hmimages/seabrook/861KitscheltAntiNuclear4Democracies.pdf Political Opportunity and Political Protest: Anti-Nuclear Movements in Four Democracies ''British Journal of Political Science'', Vol. 16, No. 1, 1986, p. 71. 2016年4月6日閲覧。 反核運動(はんかくうんどう、英:anti-nuclear movement)とは、原子力即ち核エネルギーの使用に反対する社会運動である。反原子力運動(はんげんしりょくうんどう)や核廃絶運動(かくはいぜつうんどう)ともいう。.

新しい!!: 第二次世界大戦と反核運動 · 続きを見る »

反戦運動

ハリバートンと書かれている) CNDデザインのピースマーク 反戦運動(はんせんうんどう、Anti-war movement.)とは、平和主義の観点から戦争に反対する個人または団体の運動や活動である。平和運動よりもやや狭義で捉えられるが、厳密な区分はない。.

新しい!!: 第二次世界大戦と反戦運動 · 続きを見る »

古田元夫

古田 元夫(ふるた もとお、1949年10月4日 - )は、日本の歴史学者、ベトナム現代史研究者、東京大学名誉教授・客員教授。学術博士(東京大学、1990年)(学位論文「ベトナム人共産主義者の民族政策史-革命の中のエスニシティ―」)。日本ベトナム友好協会会長。2016年には日越大学学長に就任した。.

新しい!!: 第二次世界大戦と古田元夫 · 続きを見る »

台湾

台湾(タイワン、臺灣 / 台灣、台: Tâi-oân)は、東アジアの国である。 1945年に当時中国大陸を本拠地とした中華民国の統治下に入り、1949年に中華民国政府が台湾に移転した。1955年以降、中華民国は台湾本島以外にも澎湖諸島、金門島、馬祖島、東沙諸島、南沙諸島の太平島を実効支配しているが、全体の面積に占める台湾(本島)の割合は99%以上になる。そのため、中華民国の通称として「台湾」と表記される(詳細は定義参照)。近隣諸国としては、東及び北東に日本、南にフィリピンがある。事実上の首都は台北市である。台北県が直轄市となったことにより成立した新北市は、台北市及びその外港である基隆市を囲む大都市圏を包含し、2018年時点では同島で人口最多の都市である。.

新しい!!: 第二次世界大戦と台湾 · 続きを見る »

参謀本部

参謀本部(さんぼうほんぶ、Generalstab、General Staff office)は、軍隊において高級指揮官の作戦指揮を補佐するための合議機関である。 各国における成立の沿革上、また陸軍・海軍で別個の参謀組織がある場合もあり、そのため参謀部、参謀局、軍令部、作戦部、幕僚監部など種々の訳語が充てられることもある。.

新しい!!: 第二次世界大戦と参謀本部 · 続きを見る »

参政権

参政権(さんせいけん、Suffrage)とは、政治に参加する権利の総称。.

新しい!!: 第二次世界大戦と参政権 · 続きを見る »

名古屋市

名古屋市(なごやし)は愛知県西部(尾張地方)にある市。政令指定都市であり、同県の県庁所在地である。全16区から構成される。.

新しい!!: 第二次世界大戦と名古屋市 · 続きを見る »

同性愛

同性愛(どうせいあい)、ホモセクシュアリティ(homosexuality)ホモセクシャリティとも表記。は、男性同士または女性同士の間での性愛や、同性への性的指向を指す。同性愛の性質を持っている人のことを同性愛者(どうせいあいしゃ)、ホモセクシュアル(homosexual)ホモセクシャルとも表記。という。 本項では同性愛の一般概要について記す。「日本における同性愛」は同項を参照。.

新しい!!: 第二次世界大戦と同性愛 · 続きを見る »

吉田茂

吉田 茂(よしだ しげる、1878年(明治11年)9月22日 - 1967年(昭和42年)10月20日)は、日本の外交官、政治家。位階は従一位。勲等は大勲位。 外務大臣(第73・74・75・78・79代)、貴族院議員(勅選)、内閣総理大臣(第45・48・49・50・51代)、第一復員大臣(第2代)、第二復員大臣(第2代)、農林水産大臣(第5代)、衆議院議員(当選7回)、皇學館大学総長(初代)、学校法人二松学舎舎長(第5代)などを歴任した。.

新しい!!: 第二次世界大戦と吉田茂 · 続きを見る »

報復

報復(ほうふく)、仕返し(しかえし)、復讐(ふくしゅう)とは、一般にひどい仕打ちを受けた者が相手に対して行うやり返す攻撃行動の総称である。.

新しい!!: 第二次世界大戦と報復 · 続きを見る »

塹壕

塹壕(ざんごう、trench)は、戦争で歩兵が砲撃や銃撃から身を守るために使う穴または溝である。野戦においては南北戦争から使用され始め、現代でも使用されている。日本陸軍では散兵壕(さんぺいごう)と呼んだ。個人用の小さなものはタコツボとも呼ばれる。戦闘陣地の一つ。.

新しい!!: 第二次世界大戦と塹壕 · 続きを見る »

大将

大将(たいしょう)は、軍隊の階級の一つ。将官に区分され、中将の上に位置する。北大西洋条約機構の階級符号ではOF-9に相当する。陸海空軍でそれぞれ呼称の異なる大将を総称しFour-star rankと呼ぶこともある。.

新しい!!: 第二次世界大戦と大将 · 続きを見る »

大佐

大佐(たいさ、だいさ)とは、軍隊の階級のひとつ。.

新しい!!: 第二次世界大戦と大佐 · 続きを見る »

大使

大使(たいし、ambassador、ambassadeur)とは.

新しい!!: 第二次世界大戦と大使 · 続きを見る »

大和 (戦艦)

呉海軍工廠で建造中の戦艦大和。後尾から艦橋方向を捉えたショットで、工事も終盤を迎えて主砲、副砲、照準用の測距儀などは艤装(ぎそう.

新しい!!: 第二次世界大戦と大和 (戦艦) · 続きを見る »

大粛清

大粛清(だいしゅくせい、Большой террор, Great Purge)とは、ソビエト連邦(ソ連)の最高指導者ヨシフ・スターリンが1930年代にソ連邦および衛星国のモンゴル人民共和国等でおこなった大規模な政治弾圧を指す。.

新しい!!: 第二次世界大戦と大粛清 · 続きを見る »

大韓民国

大韓民国(だいかんみんこく、대한민국、漢字: 大韓民國)、通称韓国(かんこく)は、朝鮮半島(韓半島)南部を実効支配する東アジアの共和制国家であり、戦後の冷戦で誕生した分断国家。 憲法上は鴨緑江、豆満江以南の「朝鮮半島及び付属島嶼」全域を領土とするが、現在、北緯38度付近の軍事境界線以北は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の統治下にあり施政権は及んでいない。朝鮮戦争で争った北朝鮮とは1953年に休戦したが、その後も断続的に軍事的対立や小規模な衝突が発生している。 政治面は1980年代半ばまで独裁体制が取られていたが、1987年の民主化宣言によって成立し、現在まで続いている第六共和国憲法に基づく体制は民主主義政体と評価される。 経済面は1960年代前半まで世界最貧国グループにあったため朝鮮戦争で荒廃した韓国は、当時1人あたりの国民所得が日本の5分の1に満たず世界の最貧国に数えられていた。一方、北朝鮮は経済の5カ年計画(*)に成功し、1人あたりの国民所得が韓国の2倍を超えていた。NHKスペシャル 戦後70年 ニッポンの肖像 -世界の中で- 第1回「信頼回復への道」2015年6月19日放送。(*)北朝鮮はソ連型の計画経済を導入した。当時の韓国の一人あたりの国民所得は、日本の五分の一に満たない82ドルで、朝鮮戦争の荒廃から立ち直っておらず、世界の最貧国のひとつだった。NHK さかのぼり日本史「戦後“経済外交”の軌跡」第三回 経済援助 積み残された課題 2012年4月17日放送、キャスター 石澤典夫、解説 学習院大学教授 井上寿一。、独自に資金や技術を調達できなかった岩田勝雄,, 立命館大学コラム「あすへの話題」2006年7月(第44回).

新しい!!: 第二次世界大戦と大韓民国 · 続きを見る »

大西洋

大西洋(たいせいよう、Atlantic Ocean、Oceanus Atlanticus)は、ヨーロッパ大陸とアフリカ大陸、アメリカ大陸の間にある海である。なお、大西洋は、南大西洋と北大西洋とに分けて考えることもある。おおまかに言うと、南大西洋はアフリカ大陸と南アメリカ大陸の分裂によって誕生した海洋であり、北大西洋は北アメリカ大陸とユーラシア大陸の分裂によって誕生した海洋である。これらの大陸の分裂は、ほぼ同時期に発生したと考えられており、したがって南大西洋と北大西洋もほぼ同時期に誕生したとされる。.

新しい!!: 第二次世界大戦と大西洋 · 続きを見る »

大西洋の戦い (第二次世界大戦)

大西洋の戦い(たいせいようのたたかい、英:Battle of the Atlantic, 独:Atlantikschlacht)は、第二次世界大戦中に大西洋全域で行われた連合国と枢軸国の戦い。1939年にヨーロッパでの戦争勃発と同時に始まり、100以上の輸送船団と約1,000隻の艦船が戦闘に巻き込まれた。1940年6月にイタリアが参戦し、1940年の中期から1943年の後期にかけて山場を迎えた。双方で新型兵器の開発と新しい戦術、対抗策が開拓されたため、1945年にナチス・ドイツが降伏するまでの6年の間に渡って戦術的優位は両者を行き来し、第二次世界大戦で最も長い戦いとなった。 北アメリカや南大西洋からイギリスやロシアに向かう輸送船団をドイツ海軍が阻止しようとしたが、これを見たイギリス海軍は徐々にドイツ海軍を圧倒するようになり、1941年の中期までにドイツ海軍の水上艦(戦艦、ポケット戦艦、巡洋艦)を封じ込め、1943年の3月から5月にかけて行われた輸送作戦においてUボートを駆逐した。 なお、「Battle of the Atlantic」は1941年春にイギリスの首相であるチャーチルが名付けた名前であるが、ここでは広義の大西洋の戦いについてとりあげる。.

新しい!!: 第二次世界大戦と大西洋の戦い (第二次世界大戦) · 続きを見る »

大西洋憲章

戦艦上のローズヴェルトとチャーチル 大西洋憲章(たいせいようけんしょう、Atlantic Charter)は、1941年8月9日から12日に行われた大西洋会談において、アメリカ合衆国大統領のフランクリン・ルーズベルトと、イギリス首相のウィンストン・チャーチルによって調印された憲章である。.

新しい!!: 第二次世界大戦と大西洋憲章 · 続きを見る »

大鳳 (空母)

大鳳(たいほう)は、日本海軍の航空母艦。日本の空母としては初めて飛行甲板に装甲を張るなど技術的に最も発達を遂げた艦であったが、1944年6月19日のマリアナ沖海戦においてアメリカ海軍の潜水艦の雷撃で損傷した後に航空用ガソリンタンクから漏洩し、引火したため大爆発を起こして沈没した。わずか3カ月の艦歴だった。.

新しい!!: 第二次世界大戦と大鳳 (空母) · 続きを見る »

大鷹正次郎

大鷹 正次郎(おおたか しょうじろう、1892年(明治25年)2月15日戦前期官僚制研究会編『戦前期日本官僚制の制度・組織・人事』東京大学出版会、1981年、p.58。 - 1966年(昭和41年)11月4日)は、日本の外交官。駐ラトビア公使。.

新しい!!: 第二次世界大戦と大鷹正次郎 · 続きを見る »

大阪大空襲

大阪大空襲(おおさかだいくうしゅう)は、第二次世界大戦末期にアメリカ軍が繰り返し行った、大阪市を中心とする地域への戦略爆撃ないし無差別爆撃の総称である。 1945年3月13日深夜から翌日未明(日本時間、以下同様)にかけて最初の大阪空襲が行なわれ、その後、6月1日、6月7日、6月15日、6月26日、7月10日、7月24日、8月14日に空襲が行なわれた。これらの空襲で一般市民 10,000人以上が死亡したと言われている。.

新しい!!: 第二次世界大戦と大阪大空襲 · 続きを見る »

大阪市

大阪市(おおさかし)は、日本の近畿地方、大阪府のほぼ中央に位置する市で、同府の府庁所在地である。政令指定都市に指定されている。.

新しい!!: 第二次世界大戦と大阪市 · 続きを見る »

大阪朝日新聞

大阪朝日新聞(おおさかあさひしんぶん)は日本の日刊新聞である『朝日新聞』の西日本地区での旧題。現在の朝日新聞大阪本社版の前身にあたる。略称は大朝(だいちょう)。 1879年1月25日、『朝日新聞』が大阪で創刊された。発行元の朝日新聞社は1888年7月10日に東京へ進出し、『東京朝日新聞』を創刊した。大阪で発行される新聞の題号はその後もしばらく『朝日新聞』だったが、1889年1月3日に『大阪朝日新聞』と改題。この状況は新聞統制により、1940年9月1日に大阪朝日新聞と東京朝日新聞の題号を『朝日新聞』に統一するまで続いた。.

新しい!!: 第二次世界大戦と大阪朝日新聞 · 続きを見る »

大陸打通作戦

大陸打通作戦(たいりくだつうさくせん英語 operation ichi-go)は、日中戦争中の1944年(昭和19年)4月17日から12月10日にかけて、日本陸軍により中国大陸で行われた作戦。正式名称(日本側作戦名)は一号作戦。その結果発生した戦闘についての中国側呼称は豫湘桂会戦。前半の京漢作戦(コ号作戦)と後半の湘桂作戦(ト号作戦)に大きく分けられる。 日本軍の目的は、当時日本海軍の艦船や台湾を攻撃していた爆撃機を阻止するために、中国内陸部の連合国軍の航空基地を占領することと、日本の勢力下にあるフランス領インドシナへの陸路を開くことであった。日本側の投入総兵力50万人、800台の戦車と7万の騎馬を動員した作戦距離2400kmに及ぶ大規模な攻勢作戦で、日本陸軍が建軍以来行った中で史上最大規模の作戦であった。 計画通りに日本軍が連合国軍の航空基地の占領に成功し勝利を収めた、その後連合国軍が航空基地をさらに内陸部に移動させたことや、作戦中にアメリカ軍によりマリアナ諸島が陥落し、本州がボーイングB-29の作戦範囲内になったことから戦略目的は十分には実現できなかった。.

新しい!!: 第二次世界大戦と大陸打通作戦 · 続きを見る »

大東亜会議

大東亜会議(だいとうあかいぎ、旧字体: 大東亞會議)は、1943年(昭和18年)11月5日 - 11月6日に東京で開催されたアジア地域の首脳会議。同年5月31日に御前会議で決定された大東亜政略指導大綱に基づき開催された。 当時の日本の同盟国や、日本が旧宗主国を放逐したことにより独立とされたアジア諸国の国政最高責任者を招請して行われた。そこでは、大東亜共栄圏の綱領ともいうべき大東亜共同宣言が採択された。日本は第2回目の大東亜会議を開催する計画を持っていたが、戦局の悪化に伴って開催困難となり、昭和20年(1945年)5月には代替として駐日特命全権大使や駐日代表による「大使会議」が開催された。.

新しい!!: 第二次世界大戦と大東亜会議 · 続きを見る »

大東亜共栄圏

大東亜会議に参加した各国首脳。左からバー・モウ、張景恵、汪兆銘、東條英機、ワンワイタヤーコーン、ホセ・ラウレル、スバス・チャンドラ・ボース 大東亜共栄圏(だいとうあきょうえいけん、Greater East Asia Co-Prosperity Sphere)は、太平洋戦争で日本が唱えた標語。第2次大戦を背景に、第2次近衛内閣(1940年)から敗戦(1945年)まで唱えられた日本の対アジア政策構想。欧米の植民地支配に代わり、日本中心の東亜諸民族による共存共栄を掲げた。.

新しい!!: 第二次世界大戦と大東亜共栄圏 · 続きを見る »

大正デモクラシー

大正デモクラシー(たいしょうデモクラシー)とは、日本で1910年代から1920年代にかけて(概ね大正年間)に起こった、政治・社会・文化の各方面における民本主義の発展、自由主義的な運動、風潮、思潮の総称である。信夫清三郎『大正デモクラシー史』(1954年)がこの言葉の初出である。.

新しい!!: 第二次世界大戦と大正デモクラシー · 続きを見る »

大本営

昭和天皇御前の大本営会議の様子(1943年4月29日付朝日新聞掲載) 大本営(だいほんえい)は、日清戦争から太平洋戦争(大東亜戦争)までの戦時中に設置された日本軍(陸海軍)の最高統帥機関である。天皇の命令(奉勅命令)を大本営命令(大本営陸軍部命令=大陸命、大本営海軍部命令=大海令)として発令する最高司令部としての機能を持つ。本来「本営」とは総司令官が控える場所(中世の本陣と同義)で、これを更に仰々しい名にしたもの。 日清戦争と日露戦争で設置され、それぞれ終戦後に解散した。日中戦争(支那事変)では戦時外でも設置できるよう改められ、そのまま、太平洋戦争終戦まで存続した。連合国からは「」と呼ばれた。 太平洋戦争末期の敗色が濃厚になるにつれて、さも戦況が有利であるかのような虚偽の情報が大本営発表として流され続けた。このことから現在では、権力者が自己の都合の良い情報操作をして虚偽の情報を発信することを揶揄した慣用として「大本営」「大本営発表」という表現が用いられることがある。 なお、陸海軍連合大演習および陸軍特別大演習においては司令部でなく、天皇の行幸行在所(あんざいしょ)を「大本営」と称した。 現在は防衛省市ヶ谷地区に庁舎遺構が残っている。.

新しい!!: 第二次世界大戦と大本営 · 続きを見る »

大本営発表

大本営発表(だいほんえいはっぴょう)とは、太平洋戦争(大東亜戦争)において、大本営が行った戦況の公式発表である。初期は割合正確だったが、作戦が頓挫した珊瑚海海戦(1942年5月)の発表から戦果の水増しが始まり、以降は戦況の悪化に関わらず、虚偽の発表を行なった。転じて、権力者による信用できない情報を批判する言葉としても使われる。.

新しい!!: 第二次世界大戦と大本営発表 · 続きを見る »

大本営政府連絡会議

大本営政府連絡会議(だいほんえいせいふれんらくかいぎ)は、1937年(昭和12年)11月に設置された、大本営と政府間の協議のための会議である。1940年(昭和15年)11月に大本営政府連絡懇談会に改称。さらに1941年(昭和16年)の第3次近衛内閣において再度、大本営政府連絡会議となる。 大本営の最高意思決定機関は「大本営会議」で、統帥権の独立により、出席できるのは天皇と陸軍・海軍の統帥幹部に限られていた。そこで政府首脳との意思統一・疎通の場として、連絡会議が設置された。議長は内閣総理大臣、政府から外務・大蔵・陸軍・海軍各大臣と企画院総裁、統帥部からは参謀総長・軍令部総長(場合によっては次長も)が出席した。また内閣書記官長と陸軍省・海軍省の軍務局長が幹事として出席した。 連絡会議では議長に強い権限はなく、誰もイニシアティブを発揮できない仕組みになっていた。さらに陸海軍同士のセクショナリズムも強く、情報共有どころか、予算や資材を巡るやり取りの場に化することもあった。こうしたことが、戦争指導に重大な欠陥をもたらすことになった。 日米開戦後の東條内閣では、輸送船舶と物資の不足に悩む東條英機首相と、作戦行動などを一切明さず徒に船舶を損耗していく統帥部との間で、対立が深刻化。昭和天皇の臨御を求めなければ決着できない事態に至った。1944年(昭和19年)2月、東條英機首相兼陸相が参謀総長を、嶋田繁太郎海相が軍令部総長を兼任するという、大日本帝国憲法下異例の事態を現出した。 同年8月、小磯内閣において最高戦争指導会議に発展的解消を遂げる。出席者は連絡会議よりさらに限定されたが、政軍の一元的な戦争指導は最後までついに実現しなかった。.

新しい!!: 第二次世界大戦と大本営政府連絡会議 · 続きを見る »

大日本帝国陸軍

大日本帝国陸軍(だいにっぽんていこくりくぐん、だいにほんていこくりくぐん、旧字体:大日本帝國陸軍)は、1871年(明治4年) - 1945年(昭和20年)まで日本 (大日本帝国) に存在していた軍隊組織である。通常は、単に日本陸軍や帝国陸軍と呼ばれた。解体後は、陸上自衛隊との区別などのため旧日本陸軍もしくは旧帝国陸軍という名称も使用される。.

新しい!!: 第二次世界大戦と大日本帝国陸軍 · 続きを見る »

天城 (雲龍型空母)

天城(あまぎ)は、日本海軍の航空母艦。雲龍型の2番艦。.

新しい!!: 第二次世界大戦と天城 (雲龍型空母) · 続きを見る »

太平洋

太平洋(たいへいよう)は、アジア(あるいはユーラシア)、オーストラリア、南極、南北アメリカの各大陸に囲まれる、世界最大の海洋。大西洋やインド洋とともに、三大洋の1つに数えられる。日本列島も太平洋の周縁部に位置する。面積は約1億5,555万7千平方キロメートルであり、全地表の約3分の1にあたる。英語名からパシフィックオーシャン(Pacific ocean)とも日本語で表記されることもある。.

新しい!!: 第二次世界大戦と太平洋 · 続きを見る »

太平洋戦争

太平洋戦争(たいへいようせんそう、Pacific War)は第二次世界大戦の局面の一つで、大日本帝国やドイツ国など枢軸国と、連合国(主にイギリス帝国、アメリカ合衆国、オランダなど)の戦争である。日本側の名称は1941年(昭和16年)12月12日に東条内閣が閣議で「大東亜戦争」と決定し、支那事変も含めるとされた(昭和16年12月12日 閣議決定)、国立国会図書館リンク切れ --> - 国立国会図書館リサーチ・ナビ(2012年12月20日版/2016年9月16日閲覧)。 日本軍のイギリス領マレー半島攻撃により始まり、その後アメリカ西海岸、アラスカからタヒチやオーストラリアを含む太平洋のほぼ全域から、東南アジア全域、インド洋のアフリカ沿岸までを舞台に、枢軸国と連合国とが戦闘を行ったほか、日本と英米蘭の開戦を機に蒋介石の中華民国政府が日本に対して正式に宣戦布告し、日中戦争(支那事変)も包括する戦争となった。.

新しい!!: 第二次世界大戦と太平洋戦争 · 続きを見る »

夜間戦闘機

夜間戦闘機(やかんせんとうき、英語:Night fighter)とは、視界の悪い夜間に活動するための装備・能力を持った戦闘機のこと。略称は夜戦(やせん)。対義語は昼間戦闘機(Day fighter)。.

新しい!!: 第二次世界大戦と夜間戦闘機 · 続きを見る »

外務大臣 (日本)

外務省庁舎 外務大臣(がいむだいじん、)は、日本の外交を担当し、外務省を所管する国務大臣。略称は外相(がいしょう)。現在の外務大臣は、河野太郎(第138代)。.

新しい!!: 第二次世界大戦と外務大臣 (日本) · 続きを見る »

外務省

外務省(がいむしょう、Ministry of Foreign Affairs、略称:MOFA)は、日本の行政機関の一つである。 外務省設置法第3条により、「平和で安全な国際社会の維持に寄与するとともに主体的かつ積極的な取組を通じて良好な国際環境の整備を図ること並びに調和ある対外関係を維持し発展させつつ、国際社会における日本国及び日本国民の利益の増進を図ること」を任務とする。.

新しい!!: 第二次世界大戦と外務省 · 続きを見る »

外国語

外国語(がいこくご、foreign language、langue étrangère、Fremdsprache)とは、外国で使われている言語のことである。.

新しい!!: 第二次世界大戦と外国語 · 続きを見る »

外蒙古

外蒙古(がいもうこ)は、北京を基準とする「内」「外」という語彙をもちいてモンゴルを南北に区分する分類法において、ゴビ砂漠の北側部分をさす呼称。19世紀後半、中国人が執筆した中国語文献において、外藩蒙古に分類されるモンゴル系諸侯のうち北元系の王公を区分するための概念として出現した。20世紀初頭以降、南北の位置関係を「内」「外」(または同義の訳語)で区分する用語は英語、日本語等でも使用されるようになった(英語:Outer Mongolia、日本語:外蒙古・外蒙・外モンゴル)。モンゴルでは北京を基準とする「内」「外」の用語を嫌い、独立国であるモンゴル国、中国領の自治区である内蒙古自治区のいずれにおいても、「北」「南」を意味する「北モンゴル(アル・モンゴル)」、「南モンゴル(ウブル・モンゴル)」という用語が使用されている。.

新しい!!: 第二次世界大戦と外蒙古 · 続きを見る »

孤立主義

孤立主義(こりつしゅぎ、)とは、第二次世界大戦前までアメリカ合衆国が原則とした外交政策で、モンロー主義に代表される。その元々の源泉は、初代大統領ジョージ・ワシントンが離任に際しての告別演説の中で、「世界のいずれの国家とも永久的同盟を結ばずにいくことこそ、我々の真の国策である」と述べたことである(もちろん、厳密に言えばこれは「非同盟主義」の萌芽である。).

新しい!!: 第二次世界大戦と孤立主義 · 続きを見る »

学徒出陣

学徒出陣(がくとしゅつじん、旧字体: 學徒出陣)とは、第二次世界大戦終盤の1943年(昭和18年)に兵力不足を補うため、高等教育機関に在籍する20歳以上の文科系(および農学部農業経済学科などの一部の理系学部の)学生を在学途中で徴兵し出征させたことである。日本国内の学生だけでなく、当時日本国籍であった台湾人や朝鮮人、満州国や日本軍占領地、日系二世の学生も対象とされた。学徒動員と表記されることもある。.

新しい!!: 第二次世界大戦と学徒出陣 · 続きを見る »

学徒勤労動員

学徒勤労動員(がくときんろうどういん)または学徒動員(がくとどういん)とは、第二次世界大戦末期の1943年(昭和18年)以降に深刻な労働力不足を補うために、中等学校以上の生徒や学生が軍需産業や食料生産に動員されたことである。.

新しい!!: 第二次世界大戦と学徒勤労動員 · 続きを見る »

宣戦布告

宣戦布告(せんせんふこく、declaration of war)とは、紛争当事者である国家が相手国に対して戦争行為(hostilities) を開始する意思を表明する宣言である。開戦宣言、戦争宣言とも呼ばれる。.

新しい!!: 第二次世界大戦と宣戦布告 · 続きを見る »

宥和政策

宥和政策(ゆうわせいさく、Appeasement)とは、戦争に対する恐れ、倫理的な信念、あるいは実用主義などに基づいた戦略的な外交スタイルの一つの形式で、敵対国の主張に対して、相手の意図をある程度尊重する事によって問題の解決を図ろうとすること。宥和主義(ゆうわしゅぎ)とも。危機管理においては、抑止の反対概念として理解される。「宥」が常用漢字でないため、融和政策と表記されることがあるが、本来は別の意味である。.

新しい!!: 第二次世界大戦と宥和政策 · 続きを見る »

宮城事件

宮城事件(きゅうじょうみやぎではない。じけん)は、1945年(昭和20年)8月14日の深夜から15日(日本時間)にかけて、宮城(1948年7月1日以前の皇居の呼称)で一部の陸軍省勤務の将校と近衛師団参謀が中心となって起こしたクーデター未遂事件である。 日本の降伏を阻止しようと企図した将校達は近衛第一師団長森赳中将を殺害、師団長命令を偽造し近衛歩兵第二連隊を用いて宮城(皇居)を占拠した。しかし陸軍首脳部・東部軍管区の説得に失敗した彼らは日本降伏阻止を断念し、一部は自殺もしくは逮捕された。これにより日本の降伏表明は当初の予定通り行われた。.

新しい!!: 第二次世界大戦と宮城事件 · 続きを見る »

宮内省

宮内省(くないしょう)は、1947年(昭和22年)まで日本に存在した官庁名。古代のものと近代のものがあり、近代のものが1949年(昭和24年)以降の宮内庁の前身となる。.

新しい!!: 第二次世界大戦と宮内省 · 続きを見る »

宗主国

宗主国(そうしゅこく)とは、実際の権力は対等もしくは逆転しているが格式や権威において上下関係を有するか、または格式や名目上の権威においては対等だが権限範囲において上下関係を有する諸国において、その最上位にあって他の関係諸国を下位とする国である。.

新しい!!: 第二次世界大戦と宗主国 · 続きを見る »

対潜哨戒機

対潜哨戒機(たいせんしょうかいき)は対潜水艦戦を重視して設計・装備された航空機。海上哨戒機(MPA:Maritime patrol aircraft)や対潜戦機(ASW:Anti-Submarine Warfare aircraft )とも呼ばれる。 軍用機の命名規則 では哨戒(Patrol)からPが使われる。.

新しい!!: 第二次世界大戦と対潜哨戒機 · 続きを見る »

富士五湖

富士山と富士五湖 富士五湖(ふじごこ)は、山梨県側の富士山麓に位置する5つの湖の総称。下記の5つの湖をさす。堀内良平(富士急の創設者)によって命名された。.

新しい!!: 第二次世界大戦と富士五湖 · 続きを見る »

富山市

富山市(とやまし)は、富山県の中央部から南東部にかけて位置する市である。富山県の県庁所在地であり、国から中核市の指定を受けている。.

新しい!!: 第二次世界大戦と富山市 · 続きを見る »

封鎖突破船

封鎖突破船 (ふうさとっぱせん、英:Blockade runner、独:Blockadebrecher)とは、戦時に敵国によって封鎖された国家または地域に対し、戦争遂行に必要な資源・需品・武器などを封鎖を破って輸送する船を意味する。.

新しい!!: 第二次世界大戦と封鎖突破船 · 続きを見る »

小学校

小学校(しょうがっこう)は、初等教育を施し、学校系統上最も基礎的な段階をなす学校であり、一般的にISCED-1に分類される。 英語表記には、米国式のElementary Schoolと英国式のPrimary Schoolがあるが、いずれも「初等学校」という意味であり、日本の文部科学省では米国式のElementary Schoolという表記を用いている。 どこまでを小学校と区切るかは様々であり、6・3制もあれば、4・3・2制も存在し、一方で15歳までの小中一貫教育を行う国もある。.

新しい!!: 第二次世界大戦と小学校 · 続きを見る »

小磯國昭

小磯 國昭(こいそ くにあき、1880年(明治13年)3月22日 - 1950年(昭和25年)11月3日)は、日本の陸軍軍人、政治家。階級は陸軍大将。位階は従二位。勲等は勲一等。功級は功二級。 陸軍次官、関東軍参謀長、朝鮮軍司令官を歴任後、予備役に編入された。その後平沼内閣と米内内閣で拓務大臣、朝鮮総督(第9代)を務め、大東亜戦争中にサイパン失陥を受け辞職した東條英機の後継として1944年(昭和19年)に内閣総理大臣に就任した(小磯内閣)。悪化の一途をたどる戦局の挽回を果たせず、中華民国との単独和平交渉も頓挫し、小磯は1945年(昭和20年)4月に辞任し鈴木貫太郎に後を譲った。戦後、GHQによりA級戦犯容疑で起訴され、東京裁判で終身刑の判決を受け、服役中に死去した。.

新しい!!: 第二次世界大戦と小磯國昭 · 続きを見る »

少国民

1916年の日本のボーイスカウト活動の様子。まだ少国民という呼び方はされていない時期である。 少国民(しょうこくみん)は、日中戦争から第二次世界大戦までの日本において、銃後に位置する子供を指した語で、年少の皇国民という意味がある。これは、ドイツのヒトラーユーゲントで用いられた「Jungvolk」の訳語である。現在では死語である。.

新しい!!: 第二次世界大戦と少国民 · 続きを見る »

山本五十六

山本 五十六(やまもと いそろく、1884年(明治17年)4月4日 - 1943年(昭和18年)4月18日)は、日本の海軍軍人。第26、27代連合艦隊司令長官。海軍兵学校32期生。最終階級は元帥海軍大将。前線視察の際、ブーゲンビル島上空で戦死(海軍甲事件)。旧姓は高野。.

新しい!!: 第二次世界大戦と山本五十六 · 続きを見る »

岡山市

岡山市(おかやまし)は、中国地方、岡山県の南東部に位置する市。政令指定都市および同県の県庁所在地である。.

新しい!!: 第二次世界大戦と岡山市 · 続きを見る »

岩波書店

株式会社岩波書店(いわなみしょてん、Iwanami Shoten, Publishers. )は、日本の出版社。.

新しい!!: 第二次世界大戦と岩波書店 · 続きを見る »

岸信介

岸 信介(きし のぶすけ、1896年〈明治29年〉11月13日 - 1987年〈昭和62年〉8月7日)は、日本の政治家、官僚。旧姓佐藤(さとう)。満州国総務庁次長、商工大臣(第24代)、衆議院議員(9期)、自由民主党幹事長(初代)、自由民主党総裁 (第3代) 、外務大臣(第86・87代)、内閣総理大臣臨時代理、内閣総理大臣(第56・57代)皇學館大学総長 (第2代) などを歴任し、「昭和の妖怪」と呼ばれた。.

新しい!!: 第二次世界大戦と岸信介 · 続きを見る »

上陸戦

上陸戦(じょうりくせん、)は、近代戦争における戦闘形態の一つである。この戦闘を計画として作戦に起こしたものを水陸両用作戦(すいりくりょうようさくせん 、)という。一般的には、敵の支配下にある陸地へ海などの水域を越えて侵攻を試みる作戦の実行に伴って発生した戦闘を主にさす。.

新しい!!: 第二次世界大戦と上陸戦 · 続きを見る »

不戦条約

不戦条約(ふせんじょうやく、戦争抛棄ニ関スル条約)は、第一次世界大戦後に締結された多国間条約で、国際紛争を解決する手段として、締約国相互での戦争を放棄し、紛争は平和的手段により解決することを規定した条約。パリ不戦条約とも。.

新しい!!: 第二次世界大戦と不戦条約 · 続きを見る »

帝国主義

1898年当時の帝国主義列強勢力図 帝国主義(ていこくしゅぎ、imperialism)とは、一つの国家が、自国の民族主義、文化、宗教、経済体系などを拡大するため、あるいは新たな領土や天然資源などを獲得するために、軍事力を背景に他の民族や国家を積極的に侵略し、さらにそれを推し進めようとする思想や政策。.

新しい!!: 第二次世界大戦と帝国主義 · 続きを見る »

帝国国策遂行要領

帝国国策遂行要領(ていこくこくさくすいこうようりょう) は、1941年(昭和16年)9月6日第3次近衛内閣時に御前会議において決定された国策。また、同年11月5日東條内閣時に御前会議において再決定された国策(甲案乙案含む)もいう。.

新しい!!: 第二次世界大戦と帝国国策遂行要領 · 続きを見る »

中央ヨーロッパ夏時間

中央ヨーロッパ夏時間(ちゅうおうヨーロッパなつじかん、Central European Summer Time:略称CEST)は、中央ヨーロッパ時間の夏時間のことである。 協定世界時(UTC)を2時間進ませた標準時で、中央ヨーロッパ時間より1時間進めた時間である。 日本標準時との時差は-7時間。 3月の最終日曜日午前2時(.

新しい!!: 第二次世界大戦と中央ヨーロッパ夏時間 · 続きを見る »

中央軍集団

中央軍集団(ちゅうおうぐんしゅうだん、Heeresgruppe Mitte)は、第二次世界大戦中のナチス・ドイツの東部戦線における陸軍の一軍集団をさす名称である。.

新しい!!: 第二次世界大戦と中央軍集団 · 続きを見る »

中央情報局

CIA紋章 マクレーンにある中央情報局本部。かつては同州のラングレーに本部があり、ここから“ラングレー”と言えばCIAの別名だった。 中央情報局(ちゅうおうじょうほうきょく、英:Central Intelligence Agency、略称:CIA)は、外国での諜報活動を行うアメリカ合衆国の情報機関である。中央情報局長官によって統括され、アメリカ合衆国大統領直属の監督下にある。.

新しい!!: 第二次世界大戦と中央情報局 · 続きを見る »

中島飛行機

中島飛行機株式会社(なかじまひこうきかぶしきがいしゃ)は、1917年(大正6年)から1945年(昭和20年)まで存在した日本の航空機・航空エンジンメーカー。通称は中島(なかじま)。創業者は中島知久平。 エンジンや機体の開発を独自に行う能力と、自社での一貫生産を可能とする高い技術力を備え、第二次世界大戦終戦までは東洋最大、世界有数の航空機メーカーであった。.

新しい!!: 第二次世界大戦と中島飛行機 · 続きを見る »

中ソ紛争

1929年の中ソ紛争は、中東鉄道を巡りソビエト連邦と中華民国の間で起こった軍事衝突である。中東路事件サンケイ新聞(1976年)、128頁。、奉ソ戦争とも呼ばれる。北伐を終えて統一された中国にとって外国との初めての交戦であった。紛争の発端は、中ソの共同管理下に置かれていた中東鉄道の利権を、中国が実力で回収しようとしたことにある。ソ連の独裁者スターリンは自衛を理由に機械化された強力なソ連軍を満洲国境地帯に送り込み、張学良軍を粉砕し全ての権益を回復した。その後原状復帰を内容とする停戦協定が結ばれてソ連軍は撤収したが、中国側は協定の無効を主張して再交渉を要求し続けた。.

新しい!!: 第二次世界大戦と中ソ紛争 · 続きを見る »

中公新書

中公新書(ちゅうこうしんしょ)は、中央公論新社(読売新聞グループ)が発行している新書レーベルの1つ。現行の新書レーベルでは岩波新書に次ぐ歴史がある。サブレーベルとして中公PC新書、中公新書ラクレがある。.

新しい!!: 第二次世界大戦と中公新書 · 続きを見る »

中国共産党

n1996年までの党旗 中国共産党(ちゅうごくきょうさんとう、簡体字: 、拼音: Zhōngguó gòngchǎndǎng、)は、中華人民共和国の政党。共産主義の実現を最終目標としている。略称は中共(ちゅうきょう)。中国大陸の唯一の指導政党であり、国内の略称は党もなる。 2016年末時点で8944.7万の党員を数える。党員数では、2015年にインド人民党(1億1千万党員)に追い抜かれ、世界で2番目に大きい政党である。.

新しい!!: 第二次世界大戦と中国共産党 · 続きを見る »

中国残留日本人

中国残留日本人(ちゅうごくざんりゅうにほんじん)は、第二次世界大戦末期のソ連軍侵攻と関東軍撤退により日本へ帰国できず、中国大陸に残留した日本人である。日本の法律などでは、中国在留邦人ともいう。.

新しい!!: 第二次世界大戦と中国残留日本人 · 続きを見る »

中立

中立(ちゅうりつ、neutrality)とは、偏りが無い状態。対立が存在する際に、そのどちらにも与しない第三者の立場のことである。.

新しい!!: 第二次世界大戦と中立 · 続きを見る »

中立法

中立法(ちゅうりつほう、Neutrality Act)は、1935年にアメリカで制定された法律。大統領が戦争状態にある国が存在していること、または内乱状態にある国が存在していることを宣言した場合には、その国に対して武器や軍需物質の輸出を禁じるというものである。.

新しい!!: 第二次世界大戦と中立法 · 続きを見る »

中華人民共和国

中華人民共和国(ちゅうかじんみんきょうわこく、中华人民共和国、中華人民共和國、People's Republic of China, PRC)、通称中国(ちゅうごく、China)は、東アジアに位置する主権国家である。 中華人民共和国は、13億8千万人以上の人口で世界一人口が多い国である。中華人民共和国は、首都北京市を政庁所在地とする中国共産党により統治されるヘゲモニー政党制である。.

新しい!!: 第二次世界大戦と中華人民共和国 · 続きを見る »

中華民国

中華民国(ちゅうかみんこく)は、東アジアに位置する民主共和制国家。 アジアで2番目の共和国として1912年に中国大陸で成立し、国共内戦により中国大陸で中華人民共和国が建国された1949年以降は台湾島と周辺の島嶼群など(自由地区)のみを実効支配する海洋国家となった。自由地区は、日本やフィリピン、中華人民共和国などと領海を接する。 議会制民主主義・資本主義体制国であり、1971年までは国際連合安全保障理事会常任理事国として国際社会に大きな影響を与えていた。しかし国連の代表権問題や一つの中国政策により、中華人民共和国が中華民国を国家承認しないように要求しているため、2018年5月24日現在では中華民国を正式に国家として承認している国は18か国に留まる。上記の経緯があるため以前の国交を結んでいた国々を中心に、日本を含めて多くの国々と活発な経済的文化的な交流が行われている。台湾島及びその周辺島嶼群を含む地域名である台湾(たいわん)と表記されるのが一般的である。.

新しい!!: 第二次世界大戦と中華民国 · 続きを見る »

中華民国の歴史

中華民国の歴史(ちゅうかみんこくのれきし)では、1912年に中国に樹立されたアジア二番目の共和制国家である中華民国の歴史を記述する。なお、本稿の記述は中華民国が中国大陸を支配していた1949年10月1日までの歴史である。 台北遷都後(1949年10月1日 - 現在)の中華民国の歴史については、「中華民国」と「台湾の歴史#中華民国統治時代(1945年 - 現在)」をそれぞれ参照すること。.

新しい!!: 第二次世界大戦と中華民国の歴史 · 続きを見る »

中華民国総統

中華民国総統(ちゅうかみんこくそうとう、、President of the Republic of China)は、中華民国の国家元首である。なお、台湾に政体を置く以前の中華民国の総統に関しては、中華民国大総統を参照。.

新しい!!: 第二次世界大戦と中華民国総統 · 続きを見る »

中西輝政

中西 輝政(なかにし てるまさ、1947年(昭和22年)6月18日 - )は、日本の歴史学者、国際政治学者。京都大学名誉教授。専門は国際政治史、文明史。保守系の論壇や政治活動でも知られる。.

新しい!!: 第二次世界大戦と中西輝政 · 続きを見る »

中野正剛

中野 正剛(なかの せいごう、1886年(明治19年)2月12日 - 1943年(昭和18年)10月27日)は日本のジャーナリスト、政治家。東方会総裁、衆議院議員。号は耕堂。.

新しい!!: 第二次世界大戦と中野正剛 · 続きを見る »

中戦車

中戦車(ちゅうせんしゃ)は、戦車の種別の一つで、軽戦車と重戦車の中間に位置するもの。主に対戦車戦闘を含む機動戦に用いられる。 どの程度の重量の戦車を中戦車とするのかは国や時代によって大きく異なる。戦車は第二次世界大戦中に、驚異的な進化を遂げ、重量や能力が加速度的に増加したため、同じ中戦車とされる戦車でも差が大きい。 また、イギリスは巡航戦車と歩兵戦車という独自の区分を用いていたので、重・中・軽という重量分類は行っていない。 第二次大戦後、軽戦車は、装輪走行車の技術が発達したため、その機動性と歩兵直協能力が兵員輸送車の能力と合わさる形で歩兵戦闘車や偵察戦闘車に代わり、軽戦車が担っていた役割は別の戦闘車両という形で継承された。また、高性能な装甲車に切り替わったことにより、部隊運用の変化が起き、戦車部隊以外で運用されることが多くなり、主力車種としては軽戦車が扱われることは事実上消滅した。 中・重戦車は、エンジン技術の発達、装甲材質の強度向上と軽量化技術の発達で、中戦車並みの機動力と重戦車並みの攻撃力、防御力を併せ持つ事が可能となり、主力戦車(MBT)として、かつての中・重戦車を統合する存在として汎用的に使われるようになった。そのため中戦車という分類は概念や表現上使うことはあっても、事実上消滅している。たとえばソ連のT-54/55は当初中戦車として採用されたが、今日では第一次世代の主力戦車とみなされている。.

新しい!!: 第二次世界大戦と中戦車 · 続きを見る »

世界恐慌

世界恐慌(せかいきょうこう)とは、世界的規模で起きる経済恐慌(world economic crisis/panic)である。ある国の恐慌が次々と他国へと波及し、世界的規模で広がる事象を世界恐慌という。 世界初の例は、クリミア戦争が終結した時に穀物価格が急落したことにより1857年に起こった1857年恐慌である。 戦間期に重要な位置を占めるものとして、通史的には1929年に始まった世界大恐慌をさす。大恐慌とも。この記事は通史でいう世界恐慌を述べている。.

新しい!!: 第二次世界大戦と世界恐慌 · 続きを見る »

三菱

三菱(みつびし、MITSUBISHI、ミツビシ).

新しい!!: 第二次世界大戦と三菱 · 続きを見る »

三船殉難事件

三船殉難事件(さんせんじゅんなんじけん)は、第二次世界大戦末期(日本の降伏文書への調印予告、および軍隊への停戦命令布告後)の1945年(昭和20年)8月22日、北海道留萌沖の海上で樺太からの婦女子を主体とする引揚者を乗せた日本の船3隻(小笠原丸、第二号新興丸、泰東丸)がソ連軍の潜水艦(Ⅼ12号・Ⅼ19号)からの攻撃を受け、小笠原丸と泰東丸が沈没して1,708名以上が犠牲となった事件を指す。三船遭難事件とも呼ばれる。.

新しい!!: 第二次世界大戦と三船殉難事件 · 続きを見る »

一式陸上攻撃機

一式陸上攻撃機(いっしきりくじょうこうげきき)は大日本帝国海軍の陸上攻撃機である。略称は一式陸攻(いっしきりくこう、いっしきりっこう)。連合国側のコードネームは「Betty」(ベティー)。三菱重工業株式会社(改称前は三菱内燃機株式会社)の設計・製造。日中戦争・太平洋戦争で主力攻撃機として使用された。.

新しい!!: 第二次世界大戦と一式陸上攻撃機 · 続きを見る »

一〇〇式司令部偵察機

一〇〇式司令部偵察機(ひゃくしきしれいぶていさつき)は、第二次世界大戦時の大日本帝国陸軍の偵察機(司令部偵察機)。キ番号(試作名称)はキ46。愛称は新司偵(しんしてい)。略称・呼称は一〇〇式司偵、一〇〇偵、一〇〇司、ヨンロクなど。連合軍のコードネームはDinah(ダイナ)。開発・製造は三菱重工業。設計主務者は久保富夫。 九七式司令部偵察機の後継機として1939年(昭和14年)に初飛行、太平洋戦争(大東亜戦争)開戦前の1941年(昭和16年)から配備が行われ、1945年(昭和20年)の敗戦に至るまで帝国陸軍の主力戦略偵察機として使用された。本機は画期的な開発思想や高性能をもつ後の「戦略偵察機」の先駆的存在であり、また、そのスタイルの美しさから「第二次大戦で活躍した軍用機のうちで最も美しい機体の一つ『世界の傑作機』 p.14 - p.15("One of the most elegant aircraft of World War Two")」と評されている。.

新しい!!: 第二次世界大戦と一〇〇式司令部偵察機 · 続きを見る »

九州

九州(きゅうしゅう)は、日本列島を構成する島の一つで島国 (領土がすべて島から成る国)である日本を構成する6,852の島に対する『国土交通省』による区分け ⇒ 6,852島(本土5島・離島6,847島)。<出典>『国土交通省』サイト 離島振興課 離島とは(島の基礎知識) 2009年11月27日閲覧。ただし、島について地理学上はこのような分類・区分けはない。、その南西部に位置する。 北海道・本州・四国とともに主要4島の一つでもあり、この中では3番目に大きい島で【参考】 日本の島の面積順に上位10島 ⇒ 本州、北海道、九州、四国、択捉島、国後島、沖縄本島、佐渡島、奄美大島、対馬。  国立天文台 (編)理科年表 平成19年版 P565、ISBN 4621077635。、世界の島の中では、スピッツベルゲン島(ノルウェー)に次ぐ第37位の大きさである。 地質学や考古学などでは九州島という名称も使用される。 九州とその付随する島を合わせて九州地方(きゅうしゅうちほう)と言う。九州の最高標高は1,791メートル (m) で、大分県の九重連山・中岳の標高である。また、九州地方の最高標高は1,936 mで、鹿児島県の屋久島・宮之浦岳の標高である。(「#地理」および「日本の地理・九州」を参照) 九州には7つの地方公共団体(県)があり、7県総人口は13,108,027人、沖縄県を含めた8県総人口は14,524,614人である。都道府県の人口一覧#推計人口(右表 九州地方のデータ参照) 九州の古代の呼称は、「筑紫島」・「筑紫洲」(つくしのしま)である(#歴史書における呼称)。.

新しい!!: 第二次世界大戦と九州 · 続きを見る »

九五式小型乗用車

九五式小型乗用車(きゅうごしきこがたじょうようしゃ、九五式小型乘用車)は、大日本帝国陸軍の小型軍用乗用車。通称・愛称はくろがね四起(-よんき)。 日本初の国産実用四輪駆動車として日本内燃機(のちの東急くろがね工業、現日産工機の前身)が開発し、日中戦争(支那事変)・第二次世界大戦における帝国陸軍の主力乗用車として使用された。「くろがね四起」の通称は、日本内燃機のオート三輪車ブランドとして当時著名だった「くろがね」と「四輪起動」にちなむ。.

新しい!!: 第二次世界大戦と九五式小型乗用車 · 続きを見る »

九六式陸上攻撃機

九六式陸上攻撃機(きゅうろくしきりくじょうこうげきき)は、大日本帝国海軍の陸上攻撃機。 九五式陸上攻撃機の後継機であり、九六式艦上戦闘機と並んで、日本の航空技術が欧米と同等のレベルまで進んだことを示した最初の機体である。当時としては高い航続性能を有し、支那事変から太平洋戦争の初期まで第一線で活躍した。なお海軍の命名法によって急降下爆撃ができない本機は爆撃機ではなく攻撃機とされた。後継機の一式陸上攻撃機とともに通称中攻と呼ばれた。連合国軍のコードネームはNell(ネル)。.

新しい!!: 第二次世界大戦と九六式陸上攻撃機 · 続きを見る »

平和に対する罪

平和に対する罪(へいわにたいするつみ、crime against peace)とは、国際法で不法に戦争を起こす行為のことをいう。宣戦を布告せるまたは布告せざる「侵略戦争または国際条約・協定・保障に違反する戦争の計画・準備・開始および遂行、もしくはこれらの行為を達成するための共同の計画や謀議に参画した行為」として、第二次世界大戦後、戦争犯罪の構成要件を決定する必要にせまられ、種々のガイドラインを定めるために開かれたロンドン会議 (1945年)で最初に提唱された。.

新しい!!: 第二次世界大戦と平和に対する罪 · 続きを見る »

平和条約

平和条約(へいわじょうやく、peace treaty)とは戦争状態を終結させるための条約。講和条約(こうわじょうやく)、和約(わやく)ともいう。二つの敵対する勢力(通常は国家や政府)が、戦争や武力紛争の公式な終結を合意するものである。平和条約は、敵対状態の一時的な停止を合意する休戦協定(armistice)や、軍隊が武装を放棄することを合意する降伏(surrender)とは異なるものである。.

新しい!!: 第二次世界大戦と平和条約 · 続きを見る »

平沼騏一郎

平沼 騏一郎(ひらぬま きいちろう、慶応3年9月28日(1867年10月25日) - 昭和27年(1952年)8月22日)は、日本の司法官僚、政治家。位階は正二位。勲等は勲一等。爵位は男爵。学位は法学博士。号は機外。 大審院検事局検事総長(第8代)、大審院長(第11代)、日本大学総長(第2代)、大東文化学院総長(初代)、財団法人大東文化協会会頭(第3代)、司法大臣(第26代)、貴族院議員、枢密院副議長(第11代)、枢密院議長(第17・21代)、内閣総理大臣(第35代)、国務大臣、内務大臣(第62代)などを歴任した。.

新しい!!: 第二次世界大戦と平沼騏一郎 · 続きを見る »

交換船

交換船(こうかんせん)とは、第二次世界大戦当時に、開戦により枢軸国、連合国双方の交戦国や断交国に取り残された外交官や駐在員、留学生などを帰国させるために運航された船のことである。戦時交換船や抑留者交換船などとも呼ばれる。.

新しい!!: 第二次世界大戦と交換船 · 続きを見る »

人種差別

人種差別(じんしゅさべつ、racial discrimination)とは、人間を人種や民族、国籍、地域において、その特定の人々に対して嫌がらせ、暴力やいじめなどの行為や差別をすることである。世界的、歴史的に、各種の事例が存在している。 差別的思想を持つ者のことを「racist(レイシスト)」(race:人種、racist「人種差別主義者」)と称す場合もある。 南アフリカ共和国におけるかつての人種差別政策については、「アパルトヘイト」も参照。.

新しい!!: 第二次世界大戦と人種差別 · 続きを見る »

人道に対する罪

人道に対する罪(じんどうにたいするつみ、crime against humanity)とは、「国家もしくは集団によって一般の国民に対してなされた謀殺、絶滅を目的とした大量殺人、奴隷化、追放その他の非人道的行為」と規定される犯罪概念。ニュルンベルク裁判の基本法である国際軍事裁判所憲章で初めて規定され、1998年の国際刑事裁判所ローマ規程において「人道に対する犯罪」として定義された。現在ではジェノサイド、戦争犯罪とともに「国際法上の犯罪」を構成する。戦時、平時に拘わらない。.

新しい!!: 第二次世界大戦と人道に対する罪 · 続きを見る »

人類

人類(じんるい、humanity)とは、個々の人間や民族などの相違点を越える《類》としての人間のこと『岩波 哲学思想事典』p.858 【人類】阪上孝 執筆。この用語には、「生物種としてのヒト」という側面と、「ひとつの《類》として実現すべき共同性」という側面がある。.

新しい!!: 第二次世界大戦と人類 · 続きを見る »

人権

人権(じんけん、human rights)とは、人間ゆえに享有する権利である。人権思想においてすべての人間が生まれながらに持っていると考えられている社会的権利である広辞苑 第五版。.

新しい!!: 第二次世界大戦と人権 · 続きを見る »

二・二六事件

二・二六事件(ににろくじけん、にいにいろくじけん)は、1936年(昭和11年)2月26日から2月29日にかけて、皇道派の影響を受けた陸軍青年将校らが1,483名の下士官兵を率いて起こした日本のクーデター未遂事件である。 この事件の結果岡田内閣が総辞職し、後継の廣田内閣が思想犯保護観察法を成立させた。.

新しい!!: 第二次世界大戦と二・二六事件 · 続きを見る »

広島市

広島市(ひろしまし)は日本の広島県の都市。政令指定都市であり、同県の県庁所在地。中国地方の中南部、広島県西部(安芸国)に位置し、中国・四国地方で最大の人口を有する市でもある。.

新しい!!: 第二次世界大戦と広島市 · 続きを見る »

広島市への原子爆弾投下

*.

新しい!!: 第二次世界大戦と広島市への原子爆弾投下 · 続きを見る »

五式十五糎高射砲

五式十五糎高射砲(ごしきじゅうごせんちこうしゃほう)とは、太平洋戦争(大東亜戦争)中に大日本帝国陸軍が使用した 高射砲である。ドイツ・テレフンケン社の対空射撃用測距装置ウルツブルグ・レーダーと連動して高高度で本土に侵入するB-29爆撃機撃墜を目的とした。.

新しい!!: 第二次世界大戦と五式十五糎高射砲 · 続きを見る »

五・一五事件

五・一五事件は、1932年(昭和7年)5月15日に日本で起きた反乱事件。武装した海軍の青年将校たちが総理大臣官邸に乱入し、内閣総理大臣犬養毅を殺害した。.

新しい!!: 第二次世界大戦と五・一五事件 · 続きを見る »

五相会議

五相会議(ごしょうかいぎ)とは、昭和時代前期の日本において、内閣総理大臣・陸軍大臣・海軍大臣・大蔵大臣・外務大臣の5閣僚によって開催された会議。 主に陸軍・海軍の軍事行動について協議され、これを実現する財政・外交政策のために蔵相、外相も出席した。議案の必要に応じて企画院総裁なども出席したことがある。.

新しい!!: 第二次世界大戦と五相会議 · 続きを見る »

五百籏頭真

五百籏頭 真(いおきべ まこと、1943年(昭和18年)12月16日 - )は、日本の政治学者・歴史学者、兵庫県立大学理事長、神戸大学名誉教授。五百旗頭、眞とも表記される。専門は日本政治外交史、政策過程論、日米関係論。神戸大学大学院教授、防衛省防衛大学校長、日本政治学会理事長、日本学術会議会員、熊本県立大学理事長を歴任。文化功労者。サントリー学芸賞、吉田茂賞、吉野作造賞などを受賞。 2011年(平成23年)4月に創設された東日本大震災復興構想会議議長を務めた。2012年(平成24年)2月に創設された復興推進委員会委員長を務める。.

新しい!!: 第二次世界大戦と五百籏頭真 · 続きを見る »

仏印進駐

仏印進駐(ふついんしんちゅう)とは、第二次世界大戦下におけるフランス領インドシナ(仏領印度支那)への日本軍の進駐のことを指す。1940年の北部仏印進駐と、1941年の南部仏印進駐に分けられる。南部仏印進駐は日米関係の決定的な決裂をもたらした、太平洋戦争へのであると評されている。.

新しい!!: 第二次世界大戦と仏印進駐 · 続きを見る »

仙台市

仙台市(せんだいし)は、宮城県の中部に位置する同県の県庁所在地かつ政令指定都市。また東北地方最大の都市でもある。.

新しい!!: 第二次世界大戦と仙台市 · 続きを見る »

伊十五型潜水艦

伊十五型潜水艦(いじゅうごがたせんすいかん)は、大日本帝国海軍の潜水艦の艦級。巡潜乙型(じゅんせんおつがた)とも呼ばれる。.

新しい!!: 第二次世界大戦と伊十五型潜水艦 · 続きを見る »

伊号第十七潜水艦

伊号第十七潜水艦(いごうだいじゅうななせんすいかん、旧字体:伊號第十七潜水艦)は、大日本帝国海軍の伊十五型潜水艦(巡潜乙型)の2番艦。アメリカ合衆国本土を艦載砲で攻撃した最初の潜水艦として知られる。.

新しい!!: 第二次世界大戦と伊号第十七潜水艦 · 続きを見る »

伊号第三十潜水艦

伊号第三十潜水艦(いごうだいさんじゅうせんすいかん、旧字体:伊號第三十潜水艦)は、大日本帝国海軍の伊十五型潜水艦(巡潜乙型)11番艦。第一次遣独潜水艦として有名。 当初は伊号第三十五潜水艦と命名されていたが、1941年(昭和16年)11月1日に伊号第三十潜水艦と改名されている。.

新しい!!: 第二次世界大戦と伊号第三十潜水艦 · 続きを見る »

伊号第二十五潜水艦

伊号第二十五潜水艦(いごうだいにじゅうごせんすいかん、旧字体:伊號第二十五潜水艦)は、大日本帝国海軍の巡潜乙型(伊十五型潜水艦)潜水艦の6番艦。 アメリカ合衆国本土を潜水艦搭載偵察機で爆撃し、米英戦争以来130年ぶりのアメリカ合衆国本土に所在するアメリカ軍基地への艦砲射撃を行ったことで有名。.

新しい!!: 第二次世界大戦と伊号第二十五潜水艦 · 続きを見る »

伊号第二十六潜水艦

伊号第二十六潜水艦(いごうだいにじゅうろくせんすいかん、旧字体:伊號第二十六潜水艦)は、大日本帝国海軍の伊十五型潜水艦(巡潜乙型)の7番艦。 当初は伊号第二十七潜水艦と命名されていたが、1941年(昭和16年)11月1日に伊号第二十六潜水艦と改名されている。.

新しい!!: 第二次世界大戦と伊号第二十六潜水艦 · 続きを見る »

伊四百型潜水艦

伊四百型潜水艦(いよんひゃくがたせんすいかん)は、太平洋戦争中の大日本帝国海軍の潜水艦の艦級。別名潜特型(せんとくがた)とも呼ばれる。なお、本型の計画縮小の補填として、巡潜甲型を改造した伊十三型潜水艦があり外形が似ている。.

新しい!!: 第二次世界大戦と伊四百型潜水艦 · 続きを見る »

伊藤憲一

伊藤 憲一(いとう けんいち、1938年3月7日 - )は、日本の国際政治学者。専門は国際政治学、戦略論。公益財団法人日本国際フォーラム代表理事・会長・同グローバル・フォーラム代表世話人・同東アジア共同体評議会名誉会長。NPO法人世界開発協力機構(WSD)副総裁、日本会議代表委員、青山学院大学名誉教授、カンボジア大学名誉博士。.

新しい!!: 第二次世界大戦と伊藤憲一 · 続きを見る »

伯爵

伯爵(はくしゃく、、)とは爵位の一つである。侯爵の下位、子爵の上位に相当する。もともとは古代中国で使われていた名称で、近代日本の華族の五爵第3位として採用され、転じてヨーロッパの貴族の称号の訳語にも用いられるようになった。.

新しい!!: 第二次世界大戦と伯爵 · 続きを見る »

強姦

強姦(ごうかん)とは、一般に相手の意志に反し、暴力や脅迫、相手の心神喪失などに乗じ強要し人に対し性行為を行うこと。強かん日本の報道などでは、当用漢字による漢字制限で「強かん」と表記されることもあるが、近年はそのまま「強姦」と表記するようになってきている(『NEWS23X』などでは「強姦」の字を採用している。)。、性的暴行(せいてきぼうこう)とも表記される。 典型的には男性が強制的に女性を犯す事であるが、「強制」の定義や行為の具体的態様については時代的、国際的にも差異がある。.

新しい!!: 第二次世界大戦と強姦 · 続きを見る »

強制収容所

強制収容所(きょうせいしゅうようじょ、concentration camp、Konzentrationslager、концентрационный лагерь、관리소(管理所))とは、戦争時における国内の敵性外国人や、反政府主義者など、その時の政府が敵対視する者などを治安の維持のため強制的に財産などを没収の上に収容するための施設のことである。 また、軍事国家の傾向が強い国家において言論を弾圧した結果として政治犯が収容される刑務所、対テロ戦争において「逮捕した容疑者」を収監する施設が収容所と呼ばれることもある。現在あるものとしては北朝鮮の強制収容所、グァンタナモ基地(キューバ)内刑務所、アフガニスタン駐留軍のバグラム空軍基地内刑務所など。.

新しい!!: 第二次世界大戦と強制収容所 · 続きを見る »

強制収容所 (ナチス)

ポーランド・オシフィエンチム(ドイツ名アウシュヴィッツ)に置かれたアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所のアウシュヴィッツ第一強制収容所正門。「ARBEIT MACHT FREI」(「働けば自由になる」)とある。 ドイツ・バイエルン州ダッハウに置かれたダッハウ強制収容所。 強制収容所(きょうせいしゅうようじょ、Konzentrationslager コンツェントラツィオンス・ラーガー、一般にKZ(カーツェット)と略、管理者である親衛隊 (SS) は公式にKL(カーエル)と略高橋(2000)、p.5ヘーネ(1981)、p.203)は、ナチス党政権下のドイツがユダヤ人、反ナチ分子、反独分子、エホバの証人、政治的カトリック、同性愛者、ソ連捕虜、常習的犯罪者、「反社会分子」(浮浪者、ロマ、労働忌避者など)といった者たちを収容するために、ドイツ本国および併合・占領したヨーロッパの各地に設置した強制収容所である。.

新しい!!: 第二次世界大戦と強制収容所 (ナチス) · 続きを見る »

弾道

弾道(だんどう)は、銃弾や砲弾が発射された瞬間から弾着する瞬間までにたどる経路の事である。 本項目では自由落下を伴い誘導制御されない弾道についてのみ記述する。.

新しい!!: 第二次世界大戦と弾道 · 続きを見る »

弾道ミサイル

弾道ミサイル(だんどうミサイル、ballistic missile)は、大気圏の内外を弾道を描いて飛ぶ対地ミサイルのこと。弾道弾とも呼ばれる。弾道ミサイルは最初の数分の間に加速し、その後慣性によって、いわゆる弾道飛行と呼ばれている軌道を通過し、目標に到達する。.

新しい!!: 第二次世界大戦と弾道ミサイル · 続きを見る »

佐官

佐官(さかん)は、軍隊の階級区分の一。将官の下、尉官の上に位置する。.

新しい!!: 第二次世界大戦と佐官 · 続きを見る »

佐世保市

アルカスSASEBO 佐世保市(させぼし)は、長崎県北部地方にある市。 長崎県北部の中心都市で、長崎県では長崎市に次いで2番目、九州では9番目に多い人口を擁する。県庁所在地ではない「非県都」としては比較的大きな規模を持つ都市であり、国から中核市及び保健所政令市の指定を受けている。 かつて旧海軍四軍港(横須賀・呉・佐世保・舞鶴)の一つとして鎮守府が置かれ、現代でも自衛隊や在日米軍の基地として伝統を受け継ぐ、造船および国防の町として知られる。また、西海国立公園に指定されている九十九島や日本最大級のテーマパークであるハウステンボスに代表される観光都市でもある。市制施行当時の市域は旧東彼杵郡佐世保村市町村変遷パラパラ地図 完全版 長崎県 のみで、その後の合併により旧東彼杵郡の一部、旧北松浦郡の一部地域も市域に含む。長崎市とは離れているため、経済圏は異なる。.

新しい!!: 第二次世界大戦と佐世保市 · 続きを見る »

佐藤亮一 (翻訳家)

佐藤 亮一(さとう りょういち、1907年10月18日 - 1994年10月1日)は、青森県出身の翻訳家。.

新しい!!: 第二次世界大戦と佐藤亮一 (翻訳家) · 続きを見る »

御前会議

御前会議(ごぜんかいぎ)とは、大日本帝国憲法下の日本において、天皇臨席の下で重要な国策を決めた会議である。今日においては会社、団体など組織の幹部の会議の比喩として使われることも多い。.

新しい!!: 第二次世界大戦と御前会議 · 続きを見る »

徳島市

徳島市(とくしまし)は、日本の四国北東部に位置する都市で、徳島県の県庁所在地である。 徳島市のブランドステートメントは、心おどる水都・とくしま。.

新しい!!: 第二次世界大戦と徳島市 · 続きを見る »

保護国

保護国(ほごこく、protectorat、protectorate)とは、保護を名分とした条約により、他国に干渉、とくに外交処理を代わりに行う国家を指す。保護される国家は被保護国、両国の関係を保護関係という。単に保護国といった場合、被保護国を指す場合もある。近世以来、帝国主義国家が植民地を支配するときにとった統治形態である。被保護国は条約で定められた範囲でのみ拘束され、それ以外では相手国とは独立した関係にある点で付庸国とは異なる。また対象となる地域に国家が存在しない場合は「保護領」とも呼ばれるが、英語・フランス語などでは特に区別されない。.

新しい!!: 第二次世界大戦と保護国 · 続きを見る »

在アメリカ合衆国日本国大使館

在アメリカ合衆国日本国大使館(ざいアメリカがっしゅうこくにほんこくたいしかん、Embassy of Japan in Washington, D.C.)は、アメリカ合衆国に在する日本大使館で、外務省の特別の機関である。 特命全権大使は2018年(平成30年)より杉山晋輔が務める。.

新しい!!: 第二次世界大戦と在アメリカ合衆国日本国大使館 · 続きを見る »

在籍者 (学習者)

学習者における在籍者(ざいせきしゃ)は、学校などに在籍している者のことである。.

新しい!!: 第二次世界大戦と在籍者 (学習者) · 続きを見る »

地中海

地中海(ちちゅうかい、Mare Mediterraneum)は、北と東をユーラシア大陸、南をアフリカ大陸(両者で世界島)に囲まれた地中海盆地に位置する海である。海洋学上の地中海の一つ。.

新しい!!: 第二次世界大戦と地中海 · 続きを見る »

医師

医師(いし、doctor)とは、医療および保健指導を司る医療従事者。医学に基づく傷病の予防、診療および公衆衛生の普及を責務とする。 米国では、伝統的に医師は英語で「」と称される。また、専門分野ごとに「内科医 (physician)」と呼ばれたり「外科医 (surgeon)」と呼ばれたりもする。欧米で医師の一般名称「physician」に対して外科医だけが「surgeon」と呼ばれている理由は、中世より「内科学」=「医学」とされており、「内科医」=「医師」であったことによる。「外科医」の仕事は初期の頃は理容師によって行われ、医療補助職として扱われており、現在での義肢装具士や理学療法士等のような存在であったことから、別の名称があてられることになった。すなわち医師である内科医が診察診断を行いその処方に基づいて理髪師(外科医)が外科的治療を薬剤師が内科的治療(投薬)をそれぞれ行うという建前であった。しかし時代が進むにつれ外科医も薬剤師も独自に治療を行うようになり彼らも医者とみなされるようになっていった。その他に、フランス語では médecin(メドゥサン)、ドイツ語では Arzt(アルツト)である。 また、博士の学位を持っていない医師までも doctor と呼ぶことは、日本、英国、オーストラリア、ニュージーランド、等で行われている。ただし、英連邦諸国では、外科医は、学位にかかわらず、今日なお「ミスター」で、「ドクター」とは呼ばない。本来なら「master.

新しい!!: 第二次世界大戦と医師 · 続きを見る »

医療

医療(いりょう、health care、medical care)とは、人間の健康の維持、回復、促進などを目的とした諸活動について用いられる広範な意味を持った語である。広義の類語はヘルスケアや保健。.

新しい!!: 第二次世界大戦と医療 · 続きを見る »

北アフリカ

北アフリカ(きたアフリカ)は、アフリカのうちサハラ砂漠より北の地域を指す。また、狭義には西端部のマグリブ地域のみを指す場合もある。エジプトやリビアを中心に中東の一部として定義されることも多い。サハラ砂漠をはじめとした砂漠地帯やステップが大部分を占めるが、地中海を挟んでEU諸国と対しており、モロッコやチュニジアのように経済が比較的発達している国が多い。住民にはアラブ系のコーカソイドが多いため、ホワイトアフリカともよばれる。.

新しい!!: 第二次世界大戦と北アフリカ · 続きを見る »

北アフリカ戦線

北アフリカ戦線(きたアフリカせんせん)は、第二次世界大戦において1940年9月のイタリア軍によるエジプト侵攻から、1943年5月のにより、枢軸国軍の壊滅・ヨーロッパ本土撤退までを指す。エジプトからモロッコまで、北アフリカ北岸で行われた。.

新しい!!: 第二次世界大戦と北アフリカ戦線 · 続きを見る »

北進論

北進論(ほくしんろん)とは、明治維新以降の日本で、「日本は北方地域へ進出すべきである」と唱えられていた対外論である。南進論と対をなす対外論である。北進論でいう「北方」とは、時代によって具体的にどの地域を指すのかは異なる。.

新しい!!: 第二次世界大戦と北進論 · 続きを見る »

北海道

北海道(ほっかいどう)は、日本の北部に位置する島。また、同島および付随する島を管轄する地方公共団体(道)である。島としての北海道は日本列島を構成する主要4島の一つである。地方公共団体としての北海道は47都道府県中唯一の「道」で、道庁所在地は札幌市。.

新しい!!: 第二次世界大戦と北海道 · 続きを見る »

北方地域

北方地域(ほっぽうちいき)とは、歯舞群島、色丹島、国後島、択捉島及び内閣総理大臣が定めるその他の北方の地域。いわゆる北方領土のこと。 北方領土問題については、北方領土問題の項目を参照のこと。.

新しい!!: 第二次世界大戦と北方地域 · 続きを見る »

ペナン州

ペナン州(マレー語:Pulau Pinang、英語:Penang、中国語:檳城)は、マレーシアの州の一つである。 南北24キロメートル、東西15キロメートルのペナン島、東洋屈指の長大橋で結ばれる対岸のマレー半島部分のにて構成される。 マレー語発音の「プラウ・ピナン」(Pulau Pinang)とは、「檳榔樹 Pinang の島 Pulau」を意味する。.

新しい!!: 第二次世界大戦とペナン州 · 続きを見る »

ナチス・ドイツ

ナチス・ドイツは、アドルフ・ヒトラー及び国家社会主義ドイツ労働者党(NSDAP、ナチ党)による支配下の、1933年から1945年までのドイツ国に対する呼称である。社会のほぼ全ての側面においてナチズムの考え方が強制される全体主義国家と化した。ヨーロッパにおける第二次世界大戦が終結する1945年5月に連合国軍に敗北し、ナチス政権とともに滅亡した。.

新しい!!: 第二次世界大戦とナチス・ドイツ · 続きを見る »

ナチス・ドイツによるチェコスロバキア解体

ナチス・ドイツによるチェコスロバキア解体では、第二次世界大戦開戦前(1938年 - 1939年)において、中欧のチェコスロバキアが国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)政権下のドイツ(ナチス・ドイツ)の主導のもとに、ドイツ、ハンガリー、ポーランドによって領土を奪われ、さらにドイツの策動によって激化した独立運動によりスロバキアが独立し、国家としてのチェコスロバキアが解体される過程を記述する。.

新しい!!: 第二次世界大戦とナチス・ドイツによるチェコスロバキア解体 · 続きを見る »

ナチス・ドイツのフランス侵攻

フランスを侵攻するI号戦車とII号戦車 ルノーB1重戦車。機甲師団を持つドイツに各地で撃破された マンシュタインの侵攻計画 ナチス・ドイツのフランス侵攻(ナチス・ドイツのフランスしんこう)は、第二次世界大戦中の1940年5月に発生したドイツ軍をはじめとする枢軸国軍と連合国軍とのベネルクス三国・フランス北部での戦闘である。ドイツ軍の電撃戦が最も成功を収めた例と考えられている。フランスの戦い(Bataille de France)、西方戦役(Westfeldzuge)とも呼ばれる。ドイツ側の作戦名は第1フェイズ(ベネルクス三国、フランス北部侵攻)が黄色作戦(Fall Gelb、ファル・ゲルプ)、第2フェイズ(フランス本国侵攻)が赤色作戦(Fall Rot、ファル・ロート)である。.

新しい!!: 第二次世界大戦とナチス・ドイツのフランス侵攻 · 続きを見る »

ナチズム

ナチズム(Nazism 、p, Nazismus)は、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)を代表とするイデオロギー。1933年から1945年までのナチス・ドイツの期間には国家の公式イデオロギーとされた。ナチズム以外の政治的立場からは極右に分類され、具体例として挙げられる場合が多い。日本においては国家社会主義、民族社会主義等の訳語が当てられることもある。.

新しい!!: 第二次世界大戦とナチズム · 続きを見る »

ナチ党の権力掌握

ポツダムの日、ヒンデンブルクと握手するヒトラー ナチ党の権力掌握(ナチとうのけんりょくしょうあく)では、ドイツの歴史において、アドルフ・ヒトラー率いる国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)によるドイツ国内における権力掌握の過程、第一次世界大戦敗戦によるドイツ帝国の崩壊、ヴァイマル共和政の混乱からナチス・ドイツ(第三帝国)への形成といった一連の史実を記述する。 この過程はドイツ語で「Machtergreifung(マハトエアグライフング、乗っ取り、権力掌握)」と呼ばれており、世界的にもこの語が用いられる。.

新しい!!: 第二次世界大戦とナチ党の権力掌握 · 続きを見る »

ナバホ族

ナバホ族(Navajo)は、アメリカの南西部に先住するインディアン部族。アサバスカ諸語を話すディネの一族。 「ナバホ」とは、テワ・プエブロ族の言葉で、「涸れ谷の耕作地」という意味。「ディネ」(Dine)そのものはアサバスカ諸語の言葉で「人々」をあらわす自称であり、アメリカ南西部では、アパッチ族など同じアサバスカ民族も自称に使用する言葉である。したがって、他者が彼らを識別する際には、他の「ディネ」と混同を避けるため「ナバホ族」の呼称が使われている。.

新しい!!: 第二次世界大戦とナバホ族 · 続きを見る »

ペルシア回廊

ペルシア回廊(ペルシアかいろう、Persian Corridor)は、第二次世界大戦中のソビエト連邦へ、イギリスやアメリカ合衆国によるレンドリースを輸送するための補給ルートの名前で、ペルシャ湾からイラン経由でソ連のアゼルバイジャンへの経路を通る。.

新しい!!: 第二次世界大戦とペルシア回廊 · 続きを見る »

ペーパークリップ作戦

ペーパークリップ作戦で渡米したドイツ人科学者達。最前列右から7番目のポケットに手を入れている人物がフォン・ブラウン博士。フォート・ブリスにて。 ペーパークリップ作戦(ペーパークリップさくせん、英:Operation Paperclip)は、第二次世界大戦末から終戦直後にかけてアメリカ軍が、ドイツ人の優秀な科学者をドイツからアメリカに連行した一連の作戦のコード名である。ペーパークリップ計画 (Project Paperclip) とも呼ばれる。1945年、統合参謀本部に統合諜報対象局 (Joint Intelligence Objectives Agency) が設けられ、この作戦に関する直接的な責任が与えられた。.

新しい!!: 第二次世界大戦とペーパークリップ作戦 · 続きを見る »

ナイ委員会

ナイ委員会(ナイいいんかい、Nye Committee)は、上院議員のジェラルド・ナイ(Gerald Nye)を委員長とするアメリカ合衆国上院の委員会で、正式には「軍需産業調査特別委員会」(Special Committee on Investigation of the Munitions Industry)として知られる。委員会はアメリカ合衆国の第一次世界大戦への関与について財政金融面から調査した。その結果は、第二次世界大戦の初め中立政策(孤立主義)をとる要因となった。.

新しい!!: 第二次世界大戦とナイ委員会 · 続きを見る »

ナイメーヘン

ナイメーヘン(オランダ語:Nijmegen)はオランダのヘルダーラント州にある基礎自治体(ヘメーンテ)である。オランダで初めてローマ帝国の都市権を得た街として知られる。ライン川の下流のワール川の南岸に街が形成されており、市街地中心よりドイツ国境まで7km程度の距離である。.

新しい!!: 第二次世界大戦とナイメーヘン · 続きを見る »

ナイロン

ナイロン6とナイロン6,6の分子構造 ナイロン(nylon)は、ポリアミド合成樹脂の種類である。当初は主に繊維として使われた。世界初の合成繊維のナイロン6,6(6,6-ナイロンなどとも)が含まれる。 1935年、アメリカのデュポン社のウォーレス・カロザースが合成に成功した。ナイロンは本来、インビスタ社(旧デュポン・テキスタイル・アンド・インテリア社)の商品名だが、現在ではポリアミド系繊維(単量体がアミド結合(-CO-NH-)により次々に縮合した高分子)の総称として定着している。 ナイロン(nylon)の名称は、「伝線(run)しないパンティストッキング用の繊維」を意図した「norun」に由来する。 また、ナイロン登場前に絹の圧倒的シェアを誇っていた日本に対して「Now You Lousy Old Nipponese」(古い日本製品はもうダメだ)の頭文字をとったという説もある 種類としては、ナイロン6、ナイロン6,6、ナイロン4,6などがある。これらの数字は、合成原料の炭素原子の数に由来す 構造(右図)は、.

新しい!!: 第二次世界大戦とナイロン · 続きを見る »

ミャンマー

ミャンマー連邦共和国(ミャンマーれんぽうきょうわこく、ပြည်ထောင်စု သမ္မတ မြန်မာနိုင်ငံတော်、Myanmar)、通称ミャンマー/ビルマは、東南アジアのインドシナ半島西部に位置する共和制国家。独立した1948年から1989年までの国名はビルマ連邦。ASEAN加盟国、通貨はチャット、人口は 5,142万人(2014年)、首都はネピドー(2006年まではヤンゴン)。 南西はベンガル湾、南はアンダマン海に面する。南東はタイ、東はラオス、北東と北は中国、北西はインド、西はバングラデシュと国境を接する。インド東部とミャンマー南西部はベンガル湾をはさみ相対している。 多民族国家で、人口の6割をビルマ族が占め、ビルマ語が公用語である。他に、カレン族、カチン族、カヤー族、ラカイン族、チン族、モン族、ビルマ族、シャン族、北東部に中国系のコーカン族などの少数民族がおり、独自の言語を持つ民族も多い(言語参照)。.

新しい!!: 第二次世界大戦とミャンマー · 続きを見る »

ミュンヘン

ミュンヘン(München,, バイエルン語: Minga)は、イーザル川河畔にありバイエルンアルプスの北側に位置する都市。ドイツの連邦州であるバイエルン州最大の都市であり、同州の州都でもある。.

新しい!!: 第二次世界大戦とミュンヘン · 続きを見る »

ミュンヘン一揆

ミュンヘン一揆(ミュンヘンいっき、München Putsch)は、1923年11月8日から9日に、ドイツのミュンヘンでエーリヒ・ルーデンドルフ、アドルフ・ヒトラーらナチス党員が参加したドイツ闘争連盟が起こしたクーデター未遂事件。半日あまりで鎮圧され、ヒトラーら首謀者は逮捕された。.

新しい!!: 第二次世界大戦とミュンヘン一揆 · 続きを見る »

ミュンヘン会談

会談を終え帰英したイギリス首相ネヴィル・チェンバレンヘストン空港でのスピーチ ミュンヘン会談(ミュンヘンかいだん)とは、1938年9月29日から30日にかけて、チェコスロバキアのズデーテン地方帰属問題を解決するためにドイツのミュンヘンにおいて開催された国際会議。イギリス、フランス、イタリア、ドイツの首脳が出席した。ドイツ系住民が多数を占めていたズデーテンのドイツ帰属を主張したドイツのアドルフ・ヒトラー総統に対して、イギリスおよびフランス政府は、これ以上の領土要求を行わないとの約束をヒトラーと交わす代償としてヒトラーの要求を全面的に認めることになった。1938年9月29日付けで署名されたこのミュンヘン協定は、後年になり第二次世界大戦勃発前の宥和政策の典型とされ、一般には強く批判されることが多い。.

新しい!!: 第二次世界大戦とミュンヘン会談 · 続きを見る »

ミラノ

ミラノ(Milano)は、イタリアで最大の都市圏人口を擁する都市で、ミラノ県の県都およびロンバルディア州の州都である。ヨーロッパ有数の世界都市。イタリア語のアクセントの関係でミラーノと記されることもある。英語ではミラン(Milan)、フランス語ではミラン(Milan)、ドイツ語ではマイラント(Mailand)、スペイン語ではミラン(Milán)、ラテン語ではメディオラーヌム(Mediolanum)と言う。.

新しい!!: 第二次世界大戦とミラノ · 続きを見る »

ミッドウェー島

ミッドウェー島(ミッドウェーとう、Midway Atoll)、ミッドウェイ島は、北太平洋のハワイ諸島北西にある環礁で、ミッドウェー諸島やミッドウェー環礁とも呼ばれる。位置は。 アメリカ領太平洋諸島に属し、標準時はUTC-11。.

新しい!!: 第二次世界大戦とミッドウェー島 · 続きを見る »

ミッドウェー海戦

ミッドウェー海戦(ミッドウェーかいせん; Battle of Midway)は、第二次世界大戦中の1942年(昭和17年)6月5日(アメリカ標準時では6月4日)~7日(6月3日から5日とする場合もある)、ミッドウェー島付近での海戦。同島攻略をめざす日本海軍をアメリカ海軍が迎え撃つ形で発生、日本海軍の機動部隊と米国の機動部隊及び同島基地航空部隊との航空戦の結果、日本海軍は航空母艦4隻とその艦載機多数を一挙に喪失する大損害を被り、この戦争における主導権を失った。ミッドウェー海戦はMI作戦の一部であり、この敗北で同作戦は中止された。.

新しい!!: 第二次世界大戦とミッドウェー海戦 · 続きを見る »

ミズーリ (戦艦)

ミズーリ(USS Missouri, BB-63)は、アメリカ海軍の戦艦。アイオワ級戦艦の3番艦。艦名はアメリカ合衆国24番目の州に因む。その名を持つ艦としては4隻目。当時の大統領であるハリー・S・トルーマンの出身のミズーリ州に因んでミズーリが選定された。太平洋戦争での日本の降伏調印式場となった。1999年からは、ハワイ州パールハーバーで記念艦として保存されている。.

新しい!!: 第二次世界大戦とミズーリ (戦艦) · 続きを見る »

ミサイル

ュピター 広くミサイル(missile)として知られる、誘導ミサイルあるいは誘導弾(ゆうどうだん、guided missile)は、目標に向かって誘導を受けるか自律誘導によって自ら進路を変えながら、自らの推進装置によって飛翔していく軍事兵器のことである。.

新しい!!: 第二次世界大戦とミサイル · 続きを見る »

マハティール・ビン・モハマド

マハティール・ビン・モハマド(Mahathir bin Mohamad、1925年7月10日/12月20日 - )は、マレーシアの政治家、医師。現在、同国首相。同国首相の中では最長の22年間(第4代:1981 - 2003、第7代:2018 - )を務めている。 開業医から政治家に転じ、欧米諸国ではなく、日本の経済成長を見習おうというルックイースト政策をはじめ、長期に及ぶ強力なリーダーシップにより、マレーシアの国力を飛躍的に増大させた。.

新しい!!: 第二次世界大戦とマハティール・ビン・モハマド · 続きを見る »

ノモンハン事件

ノモンハン事件(ノモンハンじけん)は、1939年(昭和14年)5月から同年9月にかけて、満州国とモンゴル人民共和国の間の国境線をめぐって発生した紛争のこと。1930年代に日本(大日本帝国)とソビエト連邦の間で断続的に発生した日ソ国境紛争(満蒙国境紛争)のひとつ。満州国軍とモンゴル人民共和国軍の衝突に端を発し、両国の後ろ盾となった大日本帝国陸軍とソビエト労農赤軍が戦闘を展開し、一連の日ソ国境紛争のなかでも最大規模の軍事衝突となった。.

新しい!!: 第二次世界大戦とノモンハン事件 · 続きを見る »

マリアナ諸島

マリアナ諸島の島々(地図タイトルは北マリアナ諸島だが諸島全体が描かれている) マリアナ諸島の位置 マリアナ諸島(マリアナしょとう、Islas Mariånas, Mariana Islands)は、ミクロネシア北西部の列島。東の北西太平洋と西のフィリピン海の境界に位置し、北には小笠原諸島、南にはカロリン諸島、東にはマリアナ海溝がある。南北約800キロメートルに連なる約15の島から構成され、北緯13度から21度、東経144度から146度の間に弧状に広がっている。 南端のグアム島を除く島々を北マリアナ諸島、サイパン島より北の島々を北部諸島(Northern Mariana Islands)と呼ぶ。 全域がアメリカ合衆国領であるが、グアム島と北マリアナ諸島は別の行政区画である。両者とも「(広義の)準州 (territory) 」とされる自治的未編入地域であるが、単なる「(狭義の)準州」にとどまるグアムと異なり、北マリアナ諸島は米国自治連邦区(コモンウェルス)の地位を与えられている。.

新しい!!: 第二次世界大戦とマリアナ諸島 · 続きを見る »

マリアナ沖海戦

マリアナ沖海戦(マリアナおきかいせん)は、太平洋戦争においてあ号作戦として1944年6月19日から6月20日にかけてマリアナ諸島沖とパラオ諸島沖で行われた日本海軍とアメリカ海軍空母機動部隊の海戦。アメリカ軍側の呼称はフィリピン海海戦(Battle of the Philippine Sea)である。アメリカ側の作戦名は、海上作戦を含むサイパン島攻略作戦全体についてフォレージャー作戦(「掠奪者作戦」の意味)と命名されていた。 マリアナ諸島に侵攻するアメリカ軍を日本軍が迎撃した本作戦では、日本はアウトレンジ戦法による航空作戦を行うが、アメリカから「マリアナの七面鳥撃ち(Great Marianas Turkey Shoot)」と揶揄されるほどの一方的な敗北となり、日本海軍は空母3隻と搭載機のほぼ全てに加えて出撃潜水艦の多くも失う壊滅的敗北を喫し、空母部隊による戦闘能力を喪失した。マリアナ諸島の大半はアメリカ軍が占領することとなり、西太平洋の制海権と制空権は完全にアメリカの手に陥ちた。.

新しい!!: 第二次世界大戦とマリアナ沖海戦 · 続きを見る »

ノルマンディー

ノルマンディーの地図 ノルマンディー(、、ノルマン語: )は、イギリス海峡に臨むフランス北西部の地方で、王政時代の州である。今日では地理的、文化的意味合いも持つ。ノルマンディ、ノルマンジーとも表記される。 ノルマンディー地域圏の総称である一方、ガーンジー島とジャージー島の代官区から構成されるノルマンディー公領は、ノルマンディー公の称号を持つグレートブリテン君主の宗主権下にある。.

新しい!!: 第二次世界大戦とノルマンディー · 続きを見る »

ノルマンディー上陸作戦

ノルマンディー上陸作戦(ノルマンディーじょうりくさくせん、Invasion of Normandy)は、第二次世界大戦中の1944年6月6日に連合軍によって行われたドイツ占領下の北西ヨーロッパへの侵攻作戦。正式作戦名「ネプチューン作戦」(Operation Neptune)。なお上陸からパリ解放までの作戦全体の正式名称はオーヴァーロード作戦(Operation Overlord)。 最終的に200万人近い兵員がドーバー海峡を渡ってフランス・コタンタン半島のノルマンディー海岸に上陸した。2018年現在に至るまで歴史上最大規模の上陸作戦である。 本作戦は夜間の落下傘部隊の降下から始まり、続いて上陸予定地への空襲と艦砲射撃、早朝からの上陸用舟艇による敵前上陸が行われた。上陸作戦に続くノルマンディー地方の制圧にはドイツ軍の必死の抵抗により2ヶ月以上要した。 ノルマンディー上陸はヨーロッパ戦線の転機となった作戦であり、第二次世界大戦中最もよく知られた戦いの一つでもある。本作戦で用いられた用語「D-デイ」は作戦決行日を表し、現在では主に作戦開始当日の1944年6月6日について使われる。.

新しい!!: 第二次世界大戦とノルマンディー上陸作戦 · 続きを見る »

マルティン・ボルマン

マルティン・ルートヴィヒ・ボルマン(Martin Ludwig Bormann、1900年6月17日 - 1945年5月2日)は、ドイツの政治家。 国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)総統アドルフ・ヒトラーの側近・個人秘書を長らく務め、その取り次ぎ役として権力を握った。ルドルフ・ヘスの失脚後は官房長となり、党のナンバー2となった。親衛隊名誉指導者でもあり、親衛隊における最終階級は親衛隊大将。ヒトラーの政治的遺書によって党担当大臣として指名されたが、ベルリン陥落の混乱の中で消息を絶った。戦後長い間行方不明とされてきたが、総統地下壕脱出の際に青酸で服毒自殺していた事が近年証明されたMichael D. Miller著『Leaders of the SS & German Police, Volume I』(Bender Publishing)146・154ページアンナ・マリア・ジークムント著『ナチスの女たち 第三帝国への飛翔』(東洋書林)11ページ。.

新しい!!: 第二次世界大戦とマルティン・ボルマン · 続きを見る »

ノルウェー

ノルウェー王国(ノルウェーおうこく、Kongeriket Norge/Noreg)、通称ノルウェーは、北ヨーロッパのスカンディナビア半島西岸に位置する立憲君主制国家である。首都は半島南端部に存在するオスロフィヨルドの奥に形成された港湾都市のオスロで、東にスウェーデン、ロシア、フィンランドと国境を接している。 国土は南北に細長く、海岸線は北大西洋の複数の海域、すなわちスカゲラック海峡、北海、ノルウェー海およびバレンツ海に面している。海岸線には、多くのフィヨルドが発達する。この他、ノルウェー本土から約1,000キロメートル (km) 離れた北大西洋上のヤン・マイエン島は固有の領土の一部として領有され、スヴァールバル条約によりバレンツ海のスヴァールバル諸島を領有している。南大西洋にブーベ島を属領として持つ。 による高負担高福祉の福祉国家として知られ、OECDの人生満足度(Life Satisfaction)ではスイスに次いで第2位となった(2014年)。.

新しい!!: 第二次世界大戦とノルウェー · 続きを見る »

マルク

マル.

新しい!!: 第二次世界大戦とマルク · 続きを見る »

マレー半島

マレー半島(マレーはんとう、Malay Peninsula、マライ半島とも)は、アジア大陸の東南端に位置する半島である。南北に細長く、アジア大陸の最南端箇所を有する。マレー半島の南西沖に、マラッカ海峡で隔て、スマトラ島が位置する。半島の東方にはボルネオ島(カリマンタン島)がある。半島の最も狭い部分はクラ地峡である。 もとはスンダ列島とともに大スンダ大陸を形成しており、その頃からの生物では、島嶼部からマレー半島にかけて生息しているような例が多い。.

新しい!!: 第二次世界大戦とマレー半島 · 続きを見る »

マレーシア

マレーシア(ジャウィ語: مليسيا、Malaysia、Malaysia)は、東南アジアのマレー半島南部とボルネオ島北部を領域とする連邦立憲君主制国家で、イギリス連邦加盟国である。タイ、インドネシア、ブルネイと陸上の国境線で接しており、シンガポール、フィリピンと海を隔てて近接する。ASEANの一員。.

新しい!!: 第二次世界大戦とマレーシア · 続きを見る »

マレー沖海戦

マレー沖海戦(マレーおきかいせん)は、第二次世界大戦及び太平洋戦争の初期の1941年(昭和16年)12月10日にマレー半島東方沖で日本海軍の陸上攻撃機とイギリス海軍の東洋艦隊の間で行われた戦闘である。.

新しい!!: 第二次世界大戦とマレー沖海戦 · 続きを見る »

マンハッタン計画

マンハッタン計画(マンハッタンけいかく、Manhattan Project)は、第二次世界大戦中、ナチス・ドイツなどの一部枢軸国の原子爆弾開発に焦ったアメリカ、イギリス、カナダが原子爆弾開発・製造のために、科学者、技術者を総動員した計画である。計画は成功し、原子爆弾が製造され、1945年7月16日世界で初めて原爆実験を実施した。さらに、広島に同年8月6日・長崎に8月9日に投下、合計数十万人が犠牲になり、また戦争後の冷戦構造を生み出すきっかけともなった。 科学部門のリーダーはロバート・オッペンハイマーがあたった。大規模な計画を効率的に運営するために管理工学が使用された。 なお、計画の名は、当初の本部がニューヨーク・マンハッタンに置かれていたため、一般に軍が工区名をつける際のやり方に倣って「マンハッタン・プロジェクト」とした。最初は「代用物質開発研究所 (Laboratory for the Development of Substitute Materials)」と命名されたが、これを知った(後にプロジェクトを牽引することになる)レズリー・グローヴスが、その名称は好奇心を掻き立てるだけであるとして新たに提案したのが採用されたものである。.

新しい!!: 第二次世界大戦とマンハッタン計画 · 続きを見る »

マーケット・ガーデン作戦

C-47の隊列 マーケット・ガーデン作戦(マーケット・ガーデンさくせん、Operation Market Garden)は、第二次世界大戦中の1944年9月に行われた連合国軍の作戦。 連合軍がドイツ国内へ進撃する上で大きな障害となるオランダ国内の複数の河川を越えるために、空挺部隊を使用して同時に多くの橋を奪取する作戦であった。またこれは、同時にオランダの港湾施設を使用可能状態にして、補給線が伸びきっていた連合軍の兵站問題を解決する上で重要な作戦でもあった。 連合軍は途中のナイメーヘンのライン橋の占領までは成功したものの、空挺降下計画の稚拙さと強引さ、補給の途絶など悪条件が重なり、損害が予想以上に拡大した。作戦の最終到達点であったアーネム(アルンヘム)の最後の橋は、イギリス軍の第1空挺師団が壊滅するなどしたために確保できず、作戦は失敗に終わった。 ノルマンディー戦以後、負け無しの進軍を続けていた連合軍は、このつまずきによって進軍速度を大幅に落とすことになった。兵站問題を強引に解決するための性急な作戦だった上に、空挺降下地点であるアルンヘム周辺に、ドイツ軍の有力な実戦部隊である第9SS装甲師団や第1降下猟兵軍などが一時駐留していたという不運も重なった。対するドイツ軍も連合軍の空挺降下を予想してはいたが、初期の混乱などから十全に対処できたとは言い難く、連合軍の不手際に助けられて辛うじて撃退できたと言える。本作戦で連合軍は最終目標こそ達成できなかったが、スヘルデ川北岸地域に至る重要なルートを確保し、スヘルデの戦いの成功に繋がった。.

新しい!!: 第二次世界大戦とマーケット・ガーデン作戦 · 続きを見る »

ノーザンテリトリー

ノーザンテリトリー(Northern Territory、略号:NT)は、オーストラリア北部の準州。人口20万人。首府はダーウィン。北部準州、北部特別地域ともいう。.

新しい!!: 第二次世界大戦とノーザンテリトリー · 続きを見る »

マーシャル・プラン

マーシャル・プラン(Marshall Plan)は、第二次世界大戦で被災した欧州諸国のために、アメリカ合衆国が推進した復興援助計画。通常は提唱者の国務長官ジョージ・マーシャルの名を冠してこのように呼ぶが、正式名称は欧州復興計画(おうしゅうふっこうけいかく、European Recovery Program, ERP)。.

新しい!!: 第二次世界大戦とマーシャル・プラン · 続きを見る »

マニラ

マニラ市(Maynilà 、Manila )は、フィリピン共和国の首都。メトロ・マニラとも呼ばれるマニラ首都圏に所属する都市。フィリピンのルソン島中西部にあり、マニラ湾東岸に位置している。 『東洋の真珠』などの美称があり、フィリピンがスペイン人によって植民地化された16世紀末よりフィリピンの首府であり、独立後も一貫して首都でありつづけている。市域人口は166万人(2007年)であり、人口1,155万人を抱えるメトロ・マニラの中核都市である。さらに近郊を含む都市圏人口は2016年時点で2,293万人であり、世界有数の大都市圏を形成している。 アメリカのシンクタンクが2017年に発表した総合的な世界都市ランキングにおいて、世界66位の都市と評価された。東南アジアでは、シンガポール、バンコク、クアラルンプール、ジャカルタに次ぐ5位である。.

新しい!!: 第二次世界大戦とマニラ · 続きを見る »

マダガスカル

マダガスカル共和国(マダガスカルきょうわこく)、通称マダガスカルは、アフリカ大陸の南東海岸部から沖へ約400キロメートル離れた西インド洋にあるマダガスカル島及び周辺の島々からなる島国である。.

新しい!!: 第二次世界大戦とマダガスカル · 続きを見る »

マダガスカルの戦い

マダガスカルの戦い(マダガスカルのたたかい)は、アフリカ大陸の南東、インド洋西部に位置するフランス植民地のマダガスカル島で第二次世界大戦中の1942年5月5日より11月6日まで行われた、ヴィシー政権側についた駐マダガスカルのフランス軍(ヴィシー・フランス軍)と大日本帝国海軍の枢軸国陣営と、イギリス軍と南アフリカ軍を中心とした連合国軍陣営の間におけるマダガスカル島とインド洋のシーレーン奪取を目的とした戦いのことである。.

新しい!!: 第二次世界大戦とマダガスカルの戦い · 続きを見る »

マイコープ

マイコープ(アディゲ語:Мыекъуапэ, Майкоп, ラテン文字:Maykop)はロシア連邦に属するアディゲ共和国の首都。2001年の人口は166,800人。 町の名は、アディゲ語で「野生のリンゴの土地」を意味する。.

新しい!!: 第二次世界大戦とマイコープ · 続きを見る »

マカオ

中華人民共和国マカオ特別行政区(ちゅうかじんみんきょうわこくマカオとくべつぎょうせいく)、通称マカオ(Macau、澳.

新しい!!: 第二次世界大戦とマカオ · 続きを見る »

マキ (抵抗運動)

マキ(仏:maquis)とは、第二次世界大戦時のドイツ占領下フランスで活動したレジスタンス組織のひとつである。森や山など人里離れた場所に潜伏して活動した。この語には、地中海沿岸(特にコルシカ島)の灌木が密生した植生の意味があり、ここから転じて、コルシカ島では「マキをやる(prendre le maquis)」という表現が、警察の追及や他の一族からの復讐を逃れるため森に逃げ込むことを意味するようになった。マキをやった人のことをマキザール(maquisard)と言うが、この語はその後レジスタンス運動員の意味で使われるようになった。 マキの大部分は活動地域の名前で呼ばれており、たとえばヴェルコール山で活動しているマキは単に「ヴェルコール」と呼ばれていた。マキの規模は10人程度から数千人におよぶものまで様々だった。 マキザールの大半は、ブルターニュ地方や南フランスの山岳地帯に本拠を置き、ドイツ軍(武装親衛隊および国防軍)に対してゲリラ戦を展開したほか、撃墜されたアメリカ軍やイギリス軍の航空機から脱出したパイロットやユダヤ人の逃走の手助けもしていた。マキが村落からの略奪や虐殺に関与することもあったが、多くの場合マキに対して民衆は好意的で協力を期待できた。 広く信じられているところによれば、マキは、ヴィシー政府が行った徴用を拒否して野に潜伏した若者たちによって造られたと言われている。この種の地下活動は、フランス南部や東部などそれに適した地形をもった地域でしか可能ではなかった。また、その土地の人々の協力が得られる場合には、人里離れた農家や小さな村落などでも組織されることがあった。当然ながらマキはレジスタンス活動をおこなっており、次第に全国的に組織されるようになった。ただし、アルジェ臨時政府に近いForces françaises de l'intérieur(FFI)系列や、共産主義を奉じるFrancs-Tireurs et Partisans Français(FTPF)系列など、いくつかの系列があった。 1940年にウィンストン・チャーチルが作った特殊作戦執行部(SOE)の仲介で1943年にイギリス軍から大量の人員が派遣された結果、マキは急激な変化をこうむった。アメリカ軍もSOEと協力して、戦略諜報局(OSS)を介して大量の人員をフランスに派遣した。 1944年6月6日のノルマンディ上陸作戦決行が近づくと、マキはドイツ軍の進軍を遅滞させるためゲリラ攻撃を開始した。この間もマキへの参加者は大幅に増え続けた。特に8月15日のプロヴァンス上陸以降はゲリラ戦が盛んになった。ドイツ軍は1944年3月にはこの現象に気づき、ゲリラ掃討を開始、オラドゥール=シュル=グラヌやヴェルコールなどレジスタンス活動が特に活発だった地域では過激な報復をおこなった。 (オラドゥール=シュル=グラヌの報復はマキの本部があると密告があったものの、実際はレジスタンスの武器庫や本部等は無かった) ノルマンディ上陸作戦の期間にはマキその他のレジスタンス・グループは、ドイツ軍増援部隊の到着を遅らせる上で無視できない役割を果たした。連合軍の進撃するにつれ、マキザール・グループとドイツ軍の戦闘も激化した。例として、ナンシー・ウェイクが率いる七千人のマキザールは1944年6月20日に約22,000人からなるドイツ軍を相手にした。マキザール・グループの中には捕虜をとらない(特に親衛隊員や降下猟兵を選別して処刑した)ものもあったため、多くの場合、ドイツ軍兵士はマキの捕虜になるより連合軍の捕虜になることを望んだ。一方、正規軍兵士でないマキのメンバーが捕虜になると、拷問を受けたり強制収容所送りとなり、再び戻ってくる者は少なかった。 マキザールの政治的傾向は様々であり、右派的なナショナリストから左派的な共産主義者までを含んでいた。フランス南西のマキの中には、スペイン内戦を経験したスペイン人共和主義者たちだけから構成されたものもあった。マキザールの標章はバスク風ベレー帽の着用である。バスク風ベレー帽は十分普及していたので疑惑を招くこともなく、標章として十分明瞭だったからである。 ドゴール将軍のパリ解放によってマキは解散した。マキザールの多くは故郷に帰ったが、そのままフランス軍に参加して闘いを続ける者もいた。.

新しい!!: 第二次世界大戦とマキ (抵抗運動) · 続きを見る »

マジノ線

マジノ線(マジノせん、Ligne Maginot、Maginot-Linie、Maginot Line)は、フランス・ドイツ国境を中心に構築されたフランスの対ドイツ要塞線である。当時のフランス陸軍大臣アンドレ・マジノ(André Maginot、1877年 - 1932年)の名を冠してマジノ線と称する。 北はロンヴィ(フランス・ベルギー・ルクセンブルク三国国境の街)から南は地中海フランス・イタリア国境にまで至る、長大な複合要塞である。なお、一般にはバーゼル(フランス・ドイツ・スイス三国国境の街)以北を「マジノ線」と呼び、対イタリア防衛を主眼とした南部の要塞線は「アルパイン線(Alpine Line)」と称する。.

新しい!!: 第二次世界大戦とマジノ線 · 続きを見る »

チュニジア

チュニジア共和国(チュニジアきょうわこく、الجمهورية التونسية、ベルベル語: ⵜⴰⴳⴷⵓⴷⴰ ⵏ ⵜⵓⵏⴻⵙ、République tunisienne)、通称チュニジアは、北アフリカのマグリブに位置する共和制をとっている国家。西にアルジェリア、南東にリビアと国境を接し、北と東は地中海に面する。地中海対岸の北東にはイタリアが存在する。首都はチュニス。 アフリカ世界と地中海世界とアラブ世界の一員であり、アフリカ連合とアラブ連盟と地中海連合とアラブ・マグレブ連合に加盟している。最も早く「アフリカ」と呼ばれ、アフリカ大陸の名前の由来になった地域である。.

新しい!!: 第二次世界大戦とチュニジア · 続きを見る »

チリ

チリ共和国(チリきょうわこく、República de Chile)、通称チリは、南アメリカ南部に位置する共和制国家である。東にアルゼンチン、北東にボリビア、北にペルーと隣接しており、西と南は太平洋に面している。首都はサンティアゴ・デ・チレ。 1818年にスペインより独立した。アルゼンチンと共に南アメリカ最南端に位置し、国土の大部分がコーノ・スールの域内に収まる。太平洋上に浮かぶフアン・フェルナンデス諸島や、サン・フェリクス島、サン・アンブロシオ島及びポリネシアのサラ・イ・ゴメス島、パスクア島(イースター島)などの離島も領有しており、さらにアルゼンチンやイギリスと同様に「チリ領南極」として125万平方キロメートルにも及ぶ南極の領有権を主張している。.

新しい!!: 第二次世界大戦とチリ · 続きを見る »

チェーカー

チェーカー(チェカー、ЧК 、Cheka, Tscheka)は、ウラジーミル・レーニンによって十月革命直後の1917年12月20日に人民委員会議直属の機関として設立された秘密警察組織の通称である。 ロシア語での正式名称は反革命・サボタージュ取締全ロシア非常委員会(Всероссийская чрезвычайная комиссия по борьбе с контрреволюцией и саботажем)で、略称はヴェーチェーカー(ВЧК )となる。「チェーカー」と呼んだ場合にはこの名称から「全ロシア」が取れることとなる。その管轄がロシア共和国に留まらなかったことからこう呼ばれる場合もあるが、「ヴェー」抜きで呼んだ場合は「全ロシア非常委員会」の各都市の支部を指す可能性もあり、正式名称に沿って「ヴェーチェーカー」と呼ぶ事が好まれる。 ソ連では、チェーカー勤務者や一般に国家保安機関に勤務する者のことをチェキスト(чекист ・非常委員)と呼んだ。西側諸国ではチェキストという名称は「反革命の血で汚れた人物」のことを指す侮蔑語として用いられた。また、チェーカーに限らず、チェーカーの系譜に繋がるGPUやKGBの構成員もこう呼ばれた。 以上のような用法はソ連でも使われていたが、言葉の意味合いはかなり異なっていた。チェキストの呼び名は祖国を保衛する重責を担う人々への尊称とみなされており、チェーカーを設立したレーニンも「よきコミュニストはよきチェキストでもある」という言葉を残している。なおソ連崩壊後のロシアでも、ある情報関係者が自分たちを「チェーカーに属している者」と表現し、その場の少なからぬ関係者の同意を得るという一幕があった。.

新しい!!: 第二次世界大戦とチェーカー · 続きを見る »

チェコ

チェコ共和国(チェコきょうわこく、)、通称チェコは、中央ヨーロッパの共和制国家。首都はプラハである。 歴史的には中欧の概念ができた時点から中欧の国であった。ソ連の侵攻後、政治的には東欧に分類されてきたが、ヨーロッパ共産圏が全滅した時点で再び中欧または中東欧に分類されている。国土は東西に細長い六角形をしており、北はポーランド、東はスロバキア、南はオーストリア、西はドイツと国境を接する。 1993年にチェコスロバキアがチェコとスロバキアに分離し成立した。NATO、EU、OECDの加盟国で、中欧4か国からなるヴィシェグラード・グループの一員でもある。.

新しい!!: 第二次世界大戦とチェコ · 続きを見る »

チェコスロバキア

チェコスロバキア(チェコ語:Československo、スロバキア語:Česko-Slovensko)は、1918年から1992年にかけてヨーロッパに存在した国家。 現在のチェコ共和国及びスロバキア共和国により構成されていた。これはトマーシュ・マサリクやエドヴァルド・ベネシュが唱えた、チェコ人とスロバキア人がひとつの国を形成するべきであるというチェコスロバキア主義(:en:Czechoslovakism)に基づくものである。建国当初には現在のウクライナの一部であるカルパティア・ルテニアも領域に加えられていた。首都は現在のチェコ首都であるプラハ。国旗は現在のチェコ共和国と同じものが使用されていた。 1948年からはチェコスロバキア共産党の事実上の一党独裁制によるソ連型社会主義国となり、1960年から1989年まで、国名は「チェコスロバキア社会主義共和国」(チェコ語・スロバキア語: Československá socialistická republika)であった。.

新しい!!: 第二次世界大戦とチェコスロバキア · 続きを見る »

ネロ指令

ネロ指令(ネロしれい、Nerobefehl)とは、第二次世界大戦末期の1945年3月19日、ナチス・ドイツ総統アドルフ・ヒトラーの承認の元、国防軍最高司令部によって発出された「ライヒ領域における破壊作戦に関する命令(Befehl betreffend Zerstörungsmaßnahmen im Reichsgebiet)」の通称。この命令は自国内における「焦土作戦」を命令する物であったため、後世の歴史家などによって、かつてローマを自ら焼いたという伝説があるローマ皇帝ネロになぞらえて「ネロ指令」と呼ばれる。.

新しい!!: 第二次世界大戦とネロ指令 · 続きを見る »

ネヴィル・チェンバレン

アーサー・ネヴィル・チェンバレン ( 1869年3月18日 - 1940年11月9日) は、イギリスの政治家。首相(在任:1937年5月28日 - 1940年5月10日)。.

新しい!!: 第二次世界大戦とネヴィル・チェンバレン · 続きを見る »

ネイティブ・アメリカン

ネイティブ・アメリカン(Native American ネイティヴ・アメリカン)とは、アメリカ合衆国の先住民族の総称である。1492年にヨーロッパ系白人が現在の北米地域に到達する以前に、現地に居住していた民族を総称していう。この集団のアイデンティティ形成には、地域文脈、居住地域における同胞民族の存在、ネイティブアメリカン特別保留地との距離等の要素が関連する。2013年現在、連邦政府が認める部族集団は566、州政府レベルではさらに70の集団が存在するといわれる。.

新しい!!: 第二次世界大戦とネイティブ・アメリカン · 続きを見る »

ハリー・S・トルーマン

ハリー・S・トルーマン(Harry S. Truman、1884年5月8日 - 1972年12月26日)は、アメリカ合衆国の政治家。上院議員、第34代副大統領、第33代大統領を歴任した。フランクリン・ルーズベルトの死を受けて1945年に副大統領から大統領に昇格した。 第二次世界大戦の終了から冷戦の始まり、国際連合、CIA、NSA、ペンタゴン(国防総省)の創設および朝鮮戦争などに関与した。 白人至上主義者団体クー・クラックス・クラン(KKK)への加入歴もあるが、全米有色人種地位向上協会で演説を行い、公民権運動を支援した初めての大統領である。日本への原子爆弾投下について、投下書類(投下命令書)を承認したとされているが、トルーマンによる正式な承認は記録されていない。英語での発音は「トゥルーマン」に近い。.

新しい!!: 第二次世界大戦とハリー・S・トルーマン · 続きを見る »

ハル・ノート

ハル・ノート(Hull note)は、太平洋戦争開戦直前の日米交渉において、1941年(昭和16年)11月26日(日本時間11月27日)にアメリカ側から日本側に提示された交渉文書である。交渉のアメリカ側の当事者であったコーデル・ハル国務長官の名前からこのように呼ばれている。正式には合衆国及日本国間協定ノ基礎概略(Outline of Proposed Basis for Agreement Between the United States and Japan)と称する。 冒頭に「厳秘 一時的且拘束力ナシ」(Strictly Confidential, Tentative and Without Commitment)という但し書きがあり、アメリカ政府の正式な提案ではなく、ハルの「覚書」という側面がある。日本で「ハル・ノート」という通称が用いられるようになった時期は明確ではないが、戦後の極東国際軍事裁判前後だと考えられる。アメリカでは1941年11月26日アメリカ提案、あるいは"Ten Points"とも呼ばれている。.

新しい!!: 第二次世界大戦とハル・ノート · 続きを見る »

ハワイ州

ハワイ州(State of Hawaii 、Hawaiʻi)は、太平洋に位置するハワイ諸島にあるアメリカ合衆国の州である。漢字では「布哇」と書く。州都はオアフ島のホノルル市である。アメリカ合衆国50州の中で最後に加盟した州である。 ハワイ島、マウイ島、オアフ島、カウアイ島、モロカイ島、ラナイ島、ニイハウ島、カホオラウェ島の8つの島と100以上の小島からなるハワイ諸島のうち、ミッドウェー環礁を除いたすべての島が、ハワイ州に属している。北西ハワイ諸島の北西端からハワイ諸島の南東端のハワイ島まで、全長1,500マイル (2,400 km) にわたっている。州全体が島だけで構成されることではアメリカ合衆国で唯一の州である。アメリカ合衆国本土の南西、日本の南東、オーストラリアの北東と、太平洋の中央に位置し、地理的にも民族的にも近いポリネシアでは最も北にある列島で構成されている。その自然の多様な景観、暖かい熱帯性気候、豊富な公共の海浜と大洋に取り囲まれていること、および活火山の活動があることで、観光客、サーファー、生物学者、火山学者などに人気のある目的地になっている。独特の文化がある他に太平洋の中心にあることで、北アメリカやアジアの影響も多く受けている。130万人を超える人口の他に常に観光客やアメリカ軍軍事関係者が滞在している。.

新しい!!: 第二次世界大戦とハワイ州 · 続きを見る »

ハンブルク空襲

ハンブルク空襲(ハンブルクくうしゅう)は、第二次世界大戦中にイギリスとアメリカがドイツのハンブルクに対して行なった一連の空襲作戦。 ドイツの大港湾都市ハンブルクは第二次世界大戦の間イギリス空軍(RAF)とアメリカ陸軍航空軍(USAAF)の激しい爆撃にさらされた。1943年7月の空襲のうちの1回で火災旋風が発生し、これが何万人もの民間人の犠牲者を出した主因となった。.

新しい!!: 第二次世界大戦とハンブルク空襲 · 続きを見る »

ハンドレページ ハリファックス

ハンドレページ ハリファックス(Handley Page Halifax)は、イギリス空軍の4発重爆撃機である。開発はハンドレページ社。アブロ社が開発したアブロ ランカスターと同世代の重爆撃機で、第二次世界大戦が終結するまで運用された。ハリファックスはオーストラリア空軍、カナダ空軍、ニュージーランド空軍、さらにポーランド空軍など多数の国で使用された。.

新しい!!: 第二次世界大戦とハンドレページ ハリファックス · 続きを見る »

ハンガリー

ハンガリー(Magyarország)は、中央ヨーロッパの共和制国家。西にオーストリア、スロベニア、北にスロバキア、東にウクライナ、ルーマニア、南にセルビア、南西にクロアチアに囲まれた内陸国。首都はブダペスト。 国土の大部分はなだらかな丘陵で、ドナウ川などに潤される東部・南部の平野部には肥沃な農地が広がる。首都のブダペストにはロンドン、イスタンブールに次いで世界で3番目に地下鉄が開通した。.

新しい!!: 第二次世界大戦とハンガリー · 続きを見る »

ハンガリー王国 (1920年-1946年)

ハンガリー王国(ハンガリーおうこく、Magyar Királyság)は、中央ヨーロッパのハンガリーを中心とする地域に、第一次世界大戦直後から第二次世界大戦直後まで存在した「王国」。ただし、国王は終始空位であり、1919年のハンガリー革命 (1919年)で成立したハンガリー・ソビエト共和国を打倒したホルティ・ミクローシュが1944年までとして統治した。枢軸国として第二次世界大戦に参戦したが、大戦末期に矢十字党のクーデターが発生し、ナチス・ドイツの傀儡政権となった(国民統一政府)。矢十字党の政府はソ連軍によって崩壊したが、王国は1946年のハンガリー第二共和国の成立まで形式上存在した。首都はブダペスト。.

新しい!!: 第二次世界大戦とハンガリー王国 (1920年-1946年) · 続きを見る »

ハーミーズ (空母・初代)

ハーミーズ (HMS Hermes, 95) はイギリス海軍の航空母艦。最初から空母として建造された艦としてはイギリス海軍では初めての、世界でも日本海軍の鳳翔に次いで2番目の艦である。ハーミスまたはハーミズとも表記される。艦名は、ギリシア神話に登場する神、ヘルメースの英語読み。.

新しい!!: 第二次世界大戦とハーミーズ (空母・初代) · 続きを見る »

ハインリヒ・ヒムラー

ハインリヒ・ルイトポルト・ヒムラー(Heinrich Luitpold Himmler, 、1900年10月7日 - 1945年5月23日)は、ナチス・ドイツの官僚。親衛隊や秘密警察ゲシュタポを統率した、アドルフ・ヒトラーの側近として著名。.

新しい!!: 第二次世界大戦とハインリヒ・ヒムラー · 続きを見る »

ハインケル He111

ハインケル He 111は、第二次世界大戦前から大戦終了まで、ドイツの航空機メーカーのハインケルが製造し、ドイツ空軍が使用していたレシプロ双発爆撃機。.

新しい!!: 第二次世界大戦とハインケル He111 · 続きを見る »

ハイパーインフレーション

ハイパーインフレーション(Hyperinflation)とは、急激に進行するインフレーションを指す。略称として「ハイパーインフレ」とも呼ばれる。.

新しい!!: 第二次世界大戦とハイパーインフレーション · 続きを見る »

ハスキー作戦

上陸後に点検を受けるM4シャーマン戦車 ハスキー作戦(ハスキーさくせん、Operation Husky)は、第二次世界大戦中の1943年7月10日より行われた、連合軍によるイタリアのシチリア島への上陸作戦。イタリア本土上陸への前段階として敢行された。.

新しい!!: 第二次世界大戦とハスキー作戦 · 続きを見る »

バチカン

バチカン市国(バチカンしこく、Status Civitatis Vaticanae、Stato della Città del Vaticano)、通称バチカンは、ヨーロッパにある国家で、国土面積は世界最小である(ただし、国際連合加盟国のみの場合はモナコになる)。ヴァチカンやバティカン、ヴァティカンとも表記される。 なお、経済指標はイタリアに統合される。.

新しい!!: 第二次世界大戦とバチカン · 続きを見る »

バルバロッサ作戦

バルバロッサ作戦(バルバロッサさくせん、Unternehmen Barbarossa (英語Operation Barbarossa))は、第二次世界大戦中の1941年6月22日に開始されたドイツ国によるソビエト連邦奇襲攻撃作戦の秘匿名称である。今日では独ソ戦序盤の戦闘の総称とされる場合もある。枢軸国以外にも、親枢軸のスペインやフランス国(ヴィシー政権)が派兵している。 作戦名は神聖ローマ帝国皇帝フリードリヒ1世のあだ名「Barbarossa」(「赤ひげ」、イタリア語のbarba「あごひげ」+rossa「赤い」 )に由来する。フリードリヒ1世は伝説的な人物で、民間伝承によると現在も眠り続けており、ドイツに危機が訪れた時に再び目覚めて帝国に繁栄と平和をもたらすとされた。それにあやかっての命名、また第3回十字軍総司令官として戦果を残し、ボヘミア王国とハンガリー王国に神聖ローマ帝国の影響を拡大した実績から、対ソ戦にふさわしいと判断されたと考えられている。 ドイツ陸軍はポーランド侵攻の「白作戦」、フランス侵攻の「黄作戦」「赤作戦」など、攻勢作戦名に色名を付ける伝統があり、それの発展形とも考えられる。バルバロッサ作戦が頓挫した影響か、翌年の攻勢作戦はまた「青作戦」と純粋な色名に戻された。.

新しい!!: 第二次世界大戦とバルバロッサ作戦 · 続きを見る »

バルト三国

バルト三国(バルトさんごく)は、バルト海の東岸、フィンランドの南に南北に並ぶ3つの国を指し、北から順に、エストニア、ラトビア、リトアニアである。3か国ともに、北大西洋条約機構(NATO)および欧州連合(EU)の加盟国、通貨もユーロでシェンゲン協定加盟国である。 歴史的に、エストニアやラトビアは北ヨーロッパ諸国やドイツと、リトアニアはポーランドとのつながりが深く、また3か国はロシアとも深く関わってきた。 バルト三国はロシアとロシアの飛地に接している。.

新しい!!: 第二次世界大戦とバルト三国 · 続きを見る »

バルト諸国占領

ターリン バルト諸国占領(バルトしょこくせんりょう)とは、エストニア、ラトビアおよびリトアニアが、初めは1939年のドイツ国とソ連が締結したモロトフ・リッベントロップ条約の条項に基づきソ連によって、続いて1941年から1944年まではドイツによって、さらに1944年から1991年までは再びソ連によって行われた占領のことであるThe World Book Encyclopedia ISBN 0716601036 。.

新しい!!: 第二次世界大戦とバルト諸国占領 · 続きを見る »

バルト海

3月のバルト海北部のボスニア湾は一部氷結している(衛星写真)。 バルト海(バルトかい、Baltic Sea)は、北ヨーロッパに位置する地中海。ヨーロッパ大陸とスカンディナビア半島に囲まれた海域である。ユーラシア大陸に囲まれた海域と説明されることもある「バルト海」『新版 地学事典』p.1046。 西岸にスウェーデン、東岸は、北から順にフィンランド、ロシア、エストニア、ラトビア、リトアニア、南岸は、東から西にポーランド、ドイツ、デンマークが位置する。.

新しい!!: 第二次世界大戦とバルト海 · 続きを見る »

バルカン半島

バルカン半島(バルカンはんとう、Balkans、Balcania)は、ヨーロッパの南東部で、ギリシャ、アルバニア、ブルガリア、マケドニア、セルビア、モンテネグロ、クロアチア、ボスニア、ヘルツェゴビナ、コソボ、ヴォイヴォディナ(スレム、バチュカ、バナト)及びトルコのヨーロッパ部分(ボスフォラス海峡以西)からなる地域である。バルカン半島の北限はしばしばドナウ川とサヴァ川とされているが、歴史的な繋がりの深いルーマニアや、旧ユーゴスラビア連邦のスロヴェニア(1991年以前の旧ユーゴスラビアの大部分がドナウ川またはサヴァ川以南)をバルカンに含めることもあり、必ずしも定まった地域概念ではない(バルカン山脈に詳しい)。オスマン語でバルカンは森林山脈を意味する。.

新しい!!: 第二次世界大戦とバルカン半島 · 続きを見る »

バルカン半島の戦い

バルカン半島の戦い(バルカンはんとうのたたかい Balkans Campaign (World War II)、1940年10月28日 -1941年5月29日)は、第二次世界大戦中にバルカン半島の制圧を巡って戦われた、枢軸軍と連合軍の戦い。.

新しい!!: 第二次世界大戦とバルカン半島の戦い · 続きを見る »

バルジの戦い

バルジの戦い(バルジのたたかい、Battle of the Bulge(バトル・オブ・ザ・バルジ)、その他の呼称は「バルジの戦い#名称」を参照)は、第二次世界大戦における西部戦線において1944年12月から1945年1月の間、アルデンヌ高地で行われたナチス・ドイツのドイツ国防軍(以下ドイツ軍)とアメリカ軍を主体とする連合軍との戦闘の名称。.

新しい!!: 第二次世界大戦とバルジの戦い · 続きを見る »

バンコク

バンコク(フランス語:Bangkok,,)若しくはクルンテープマハナコーン(,)略語クルンテープ(,,)は、タイ王国の首都である。人口8,249,117人(2010年)、面積1568.737km²。都市圏人口は2016年時点で1500万人を超えており、世界有数の大都市圏を形成している。東南アジア屈指の世界都市でもある。.

新しい!!: 第二次世界大戦とバンコク · 続きを見る »

バーナード・モントゴメリー

初代アラメインのモントゴメリー子爵 バーナード・ロー・モントゴメリー(Bernard Law Montgomery, 1st Viscount Montgomery of Alamein, 、1887年11月17日 - 1976年3月24日)はイギリスの陸軍軍人、政治家。モンティ(Monty)の愛称で呼ばれた。又、モンゴメリーと呼ばれることもある。 十分な軍備を整えた上で作戦行動に移ることを基本方針としたため、批判もされたが、確実な勝利を得る堅実さで部下の士気を高めた。 モントゴメリーとゲオルギー・ジューコフは、第二次大戦中最も成功した「守備的な将軍」だったとも評されている.

新しい!!: 第二次世界大戦とバーナード・モントゴメリー · 続きを見る »

バトル・オブ・ブリテン

バトル・オブ・ブリテン(Battle of Britain, Bataille d'Angleterre)あるいは日本語で英国空中戦(えいこくくうちゅうせん)は、第二次世界大戦におけるドイツ空軍とイギリス空軍の戦いのうちで、ドイツによるイギリス本土上陸作戦の前哨戦としてイギリスの制空権の獲得のために行われた一連の航空戦を指す。戦略目標を達することなく独ソ戦を前にしてヒトラーによって中止された。 ドイツ語ではイングランド航空戦(Luftschlacht um England )という。.

新しい!!: 第二次世界大戦とバトル・オブ・ブリテン · 続きを見る »

バイロイト音楽祭

バイロイト音楽祭のメイン会場となるバイロイト祝祭劇場 バイロイト音楽祭(バイロイトおんがくさい、Bayreuther Festspiele)は、ドイツ連邦バイエルン州北部フランケン地方にある小都市バイロイトのバイロイト祝祭劇場で毎年7月から8月にかけて行われる、ワーグナーのオペラ・楽劇を演目とする音楽祭である。別名リヒャルト・ワーグナー音楽祭(Richard-Wagner-Festspiele)。なお、日本語では「バイロイト音楽祭」という名称が事実上通例となっているが、ドイツ語のFestspieleには本来「音楽」という意味はない。「バイロイト祝祭」と訳されることもある(例:「バイロイト祝祭管弦楽団」)。.

新しい!!: 第二次世界大戦とバイロイト音楽祭 · 続きを見る »

バグラチオン作戦

バグラチオン作戦(バグラチオンさくせん、Белорусская операция)(英語Operation Bagration)は、独ソ戦開始から、ちょうど3年目にあたる1944年6月22日にベラルーシで開始された、ソ連軍のドイツ軍に対する攻勢作戦の名称である。この作戦の結果、ドイツ中央軍集団は回復不可能な大打撃を受け、戦線は大きく西に押し戻される事になり、ほぼポーランドまで移動した。作戦名はロシア帝国時代におけるナポレオン・ボナパルトとの祖国戦争で活躍したピョートル・バグラチオン将軍に由来する。短期間で空前の規模の戦死者を出したとしてギネスブックに記載されるほど、苛烈な戦いであった。.

新しい!!: 第二次世界大戦とバグラチオン作戦 · 続きを見る »

バストーニュ

バストーニュ(フランス語:Bastogne、ドイツ語:Bastnach、ルクセンブルク語:Baaschtnech、オランダ語:Bastenaken)は、ベルギー、リュクサンブール州の都市。アルデンヌ高原にあり、ルクセンブルク大公国の国境とは12kmしか離れていない。バストーニュは、かつてコミューンであったロングヴィリ、ノヴィル、ヴィラール・ラ・ボンヌ・オー、ワルダンを含む。 また、バストーニュとは、ワロン語地域で作られる、シナモンと黒砂糖のかかったビスケットの一種の名称でもある。.

新しい!!: 第二次世界大戦とバストーニュ · 続きを見る »

バズーカ

朝鮮戦争におけるM20スーパーバズーカ(左)とM9バズーカ(右) 89mm(3.5インチ)ロケット弾(画像上)と60mm(2.36インチ)ロケット弾(画像中段および下) バズーカ(Bazooka)は、アメリカ合衆国で開発された携帯式対戦車ロケット弾発射器の愛称である。 戦後アメリカから西側諸国に多数が供与され、携帯対戦車兵器の代名詞的にもなったため、以来同様の対戦車ロケット弾発射器や無反動砲を一般名詞的に「バズーカ」と呼ぶこともある(後述#名称についてを参照)。.

新しい!!: 第二次世界大戦とバズーカ · 続きを見る »

バタビア沖海戦

バタビア沖海戦(バタビアおきかいせん)は、太平洋戦争(大東亜戦争)中の1942年(昭和17年)3月1日、日本軍と連合軍との間で行われた海戦のこと#戦史叢書26海軍進攻作戦526頁『西部ジャワ方面部隊、敵を一掃』。日本海軍艦隊とABDA連合艦隊の夜間砲雷撃戦。 連合軍側の呼称はスンダ海峡海戦(Battle of the Sunda Strait)。.

新しい!!: 第二次世界大戦とバタビア沖海戦 · 続きを見る »

ポメラニア

ポンメルンの地図(17世紀) 北のバルト海に面する。中央部を南から北へ流れるオーデル川は20世紀末現在のドイツとポーランドの国境線である。 ポメラニア(ラテン語、英語: Pomerania, Pomorania)または、ポンメルン(Pommern)、ポモージェ(Pomorze, ポメラニア語(カシューブ語): Pòmòrze, Pòmòrskô)は、現ポーランド北西部からドイツ北東部にかけて広がる地域。伝統的、あるいは地勢的には北にバルト海、東西をオーデル川とヴィスワ川にはさまれた地域である。ポメラニアの東端部の、ヴィスワ川を挟んでプロシアに接する地方はポメレリア(Pomerelia, Pommerellen)と呼ばれる(中心都市はグダニスク)。 イヌの品種ポメラニアンは、ポメラニア地方が原産地である。また、世界の琥珀の90パーセントが同地方の海岸で産出されている。 この地域は特に第一次世界大戦と第二次世界大戦に影響され、国境と人口は激しく変動し、1945年以降のドイツ人追放によって戦前のほとんどの住民は去ったか退去させられた。.

新しい!!: 第二次世界大戦とポメラニア · 続きを見る »

ポーランド

ポーランド共和国(ポーランドきょうわこく、Rzeczpospolita Polska)、通称ポーランドは、中央ヨーロッパに位置する共和制国家。欧州連合 (EU)、北大西洋条約機構 (NATO) の加盟国。通貨はズウォティ。首都はワルシャワ。 北はバルト海に面し、北東はロシアの飛地カリーニングラード州とリトアニア、東はベラルーシとウクライナ、南はチェコとスロバキア、西はドイツと国境を接する。 10世紀に国家として認知され、16世紀から17世紀にかけヨーロッパで広大な国の1つであったポーランド・リトアニア共和国を形成。18世紀、4度にわたり国土が隣国によって分割され消滅。 第一次世界大戦後、1918年に独立を回復したが、第二次世界大戦時、ナチス・ドイツとソビエト連邦からの事前交渉を拒否し両国に侵略され、再び国土が分割された。戦後1952年、ポーランド人民共和国として国家主権を復活、1989年、民主化により共和国となった。冷戦時代は、ソ連の影響下に傀儡政権の社会主義国とし最大で最も重要なソ連の衛星国の一国となり、政治的にも東側諸国の一員となった。国内及び東側諸国の民主化とソ連の崩壊と東欧革命を経て、「中欧」または「中東欧」として再び分類されるようになっている。.

新しい!!: 第二次世界大戦とポーランド · 続きを見る »

ポーランド侵攻

ポーランド侵攻(ポーランドしんこう)は、1939年9月1日にドイツ国、及びドイツと同盟を組む独立スロバキアが、続いて1939年9月17日にソビエト連邦がポーランド領内に侵攻したことを指す。ポーランドの同盟国であったイギリスとフランスが相互援助条約(ポーランド・イギリス相互援助条約(英語条文、ポーランド語条文)、ポーランド・フランス相互援助条約)を元に9月3日にドイツに宣戦布告し、第二次世界大戦が始まった。.

新しい!!: 第二次世界大戦とポーランド侵攻 · 続きを見る »

ポーランド回廊

ポーランド回廊(ポーランドかいろう、Polnischer Korridor、Korytarz polski)は、第一次世界大戦後のポーランド国家復興の際にドイツ国から割譲された領土のうち、自由都市ダンツィヒ(現グダニスク)とドイツ領プロイセン州に挟まれ、バルト海に面した回廊地帯を指す。ポーランド第二共和国(1918–1939)時代においての、バルト海への往来を確保するための回廊であった。.

新しい!!: 第二次世界大戦とポーランド回廊 · 続きを見る »

ポーランド第二共和国

ポーランド第二共和国(II Rzeczpospolita)は、1918年から1939年までの間、現在のポーランド共和国(第三共和国)を中心とする地域に存在した国家。「第二共和国」とはポーランド・リトアニア共和国(第一共和国)と対比しての呼称で、正式な国号は現在と同じポーランド共和国(Rzeczpospolita Polska)。 領土は現在のポーランド共和国と比較して東寄りであった。この領土の変遷については、オーデル・ナイセ線およびカーゾン線を参照。.

新しい!!: 第二次世界大戦とポーランド第二共和国 · 続きを見る »

ポートモレスビー作戦

ポートモレスビー作戦(ポートモレスビーさくせん)とは、太平洋戦争(大東亜戦争)中のニューギニア戦線において、日本軍と連合国軍とがポートモレスビーの支配を巡って行った戦闘。当時はスタンレー作戦と呼ばれ、連合軍側の名称を和訳して、前半をココダ道の戦い (Kokoda Track campaign)、後半をブナとゴナの戦い (Battle of Buna-Gona)とも呼ぶ。.

新しい!!: 第二次世界大戦とポートモレスビー作戦 · 続きを見る »

ポツダム

ンスーシ宮殿 オランジェリー宮殿 ポツダム()は、ドイツ連邦共和国ブランデンブルク州の郡独立市、州都である。人口は約万人。 東ドイツ時代は、ポツダムを県都とするポツダム県が置かれていた。.

新しい!!: 第二次世界大戦とポツダム · 続きを見る »

ポツダム協定

ポツダム協定(ポツダムきょうてい)は、1945年8月2日にアメリカ合衆国・英国・ソビエト連邦間で「ポツダム会談」に基づいて採択された協定。21条と二つの付属議定書から構成されている。第二次世界大戦後のヨーロッパの処理、主にドイツの戦後統治についての取り決めが行われた。.

新しい!!: 第二次世界大戦とポツダム協定 · 続きを見る »

ポツダム宣言

1945年8月14日、日本のポツダム宣言受諾を発表するトルーマン ポツダム宣言(ポツダムせんげん、Potsdam Declaration)は、1945年(昭和20年)7月26日にアメリカ合衆国大統領、イギリス首相、中華民国主席の名において大日本帝国(日本)に対して発された、「全日本軍の無条件降伏」等を求めた全13か条から成る宣言である。正式には日本への降伏要求の最終宣言(Proclamation Defining Terms for Japanese Surrender)。 他の枢軸国が降伏した後も交戦を続けていた日本は、1945年8月14日にこの宣言を受諾し、1945年9月2日に調印・即時発効(降伏文書)に至って第二次世界大戦(太平洋戦争/大東亜戦争)は終結した。 ソビエト連邦は後から加わり追認した。宣言を発した各国の名をとって、「米英支三国共同宣言」ともいう。.

新しい!!: 第二次世界大戦とポツダム宣言 · 続きを見る »

ポツダム会談

ポツダム会談の様子。1945年7月 ポツダム会談(ポツダムかいだん)は、ナチス・ドイツ降伏後の1945年7月17日から8月2日、ソ連占領地域となったポツダムに、アメリカ合衆国、イギリス、ソビエト連邦の3カ国の首脳が集まって行われた、第二次世界大戦の戦後処理を決定するための会談。第二次世界大戦の連合国三大国の首脳会談が行われたのはこれで3度目であり、最後となった。会議の最後にはポツダム協定が策定された。また7月26日には日本政府に対して日本軍の無条件降伏などを求めるポツダム宣言が表明されたことで知られているが、会議の公式日程において対日問題は協議されなかった。.

新しい!!: 第二次世界大戦とポツダム会談 · 続きを見る »

ムーラン・ルージュ

ムーラン・ルージュ(Moulin Rouge、 ) は1889年に誕生したフランスのパリ市内、モンマルトルにあるキャバレーである。フランス語で「赤い風車」という意味で、実際に屋根の上に赤い風車がある。.

新しい!!: 第二次世界大戦とムーラン・ルージュ · 続きを見る »

メルセルケビール海戦

メルセルケビール海戦(メルセルケビールかいせん、Attack on Mers-el-Kébir)は、第二次世界大戦でのイギリス海軍とフランス海軍との間の海戦。.

新しい!!: 第二次世界大戦とメルセルケビール海戦 · 続きを見る »

メッシーナ

メッシーナ(Messina)は、イタリア共和国のシチリア島北東部にある都市で、その周辺地域を含む人口約24万人の基礎自治体(コムーネ)。メッシーナ県の県都である。イタリア本土のカラブリア半島とを隔てるメッシーナ海峡に面した港湾都市で、シチリア州ではパレルモ、カターニアに次いで第3位のコムーネ人口を有する。都市圏にはおよそ50万人が暮らす。 古代ギリシャの植民都市にさかのぼるこの要衝の港町は、長く交易で栄えるとともに、古代には第一次ポエニ戦争の契機となり、中世には黒死病上陸地となるなど、多くの歴史的事件の舞台となった。近代ヨーロッパ最悪の犠牲者を出した地震・津波として記憶されているメッシーナ地震など、多くの自然災害や戦災に見舞われながら復興を遂げている。海峡南東に大都市レッジョ・ディ・カラブリアと向かい合い、経済的に密接なつながりがある。.

新しい!!: 第二次世界大戦とメッシーナ · 続きを見る »

メッサーシュミット Bf109

Bf 109は、第二次世界大戦におけるナチスドイツ空軍の主力戦闘機。世界で初めて一撃離脱戦法を前提に開発されたとされ、機体重量に比し小さく薄い主翼を持ち、モーターカノンや主脚のエンジンマウントなど、特徴のある設計となっている。本機の生産数は30000機を超え、歴史上もっとも生産された戦闘機であると同時にエーリヒ・ハルトマンやゲルハルト・バルクホルンといったエースパイロットを輩出させた。 1934年、バイエルン航空機製造(Die Bayerische Flugzeugwerke、BFW)で開発が開始され、翌1935年、生産開始。設計主任は、かつてBf 108を設計したロベルト・ルッサー技師。後にバイエルン航空機製造はメッサーシュミット社となった。.

新しい!!: 第二次世界大戦とメッサーシュミット Bf109 · 続きを見る »

メッサーシュミット Me163

メッサーシュミット Me 163 「コメート」(Messerschmitt Me 163 "Komet") は、第二次世界大戦時にドイツ空軍が開発した航空機史上唯一の実用ロケット推進戦闘機。「コメート」とはドイツ語で彗星(コメット)の意。.

新しい!!: 第二次世界大戦とメッサーシュミット Me163 · 続きを見る »

メッサーシュミット Me262

メッサーシュミット Me262 (Messerschmitt Me 262) 第二次世界大戦末期のドイツ空軍、ジェット戦闘機、爆撃機。愛称は「シュヴァルベ(Schwalbe、ドイツ語でツバメの意 )」。世界初の実戦配備および実戦を行ったジェット機である。.

新しい!!: 第二次世界大戦とメッサーシュミット Me262 · 続きを見る »

メキシコ湾

メキシコ湾 メキシコ湾(メキシコわん、英語:Gulf of Mexico、スペイン語:Golfo de México)は、北アメリカ大陸南東部とメキシコ北東部に挟まれた湾である。広くは大西洋、カリブ海(アメリカ地中海)の一部として分類される。.

新しい!!: 第二次世界大戦とメキシコ湾 · 続きを見る »

メジャーリーグベースボール

メジャーリーグベースボール(Major League Baseball、略称: MLB)は、アメリカ合衆国所在の29チーム及びカナダ所在の1チーム、合計30球団により編成される、世界で最高峰のプロ野球リーグであり、北米4大プロスポーツリーグの1つである。厳密には、に発足したナショナルリーグとアメリカンリーグの2つのリーグの共同事業機構で、両リーグの統一的運営をしている。日本では「メジャーリーグ」「大リーグ」とも呼ばれる。「大リーグ」の呼称は、メジャーリーグの別名「ビッグリーグ (Big League)」の訳語である。 メジャーリーグベースボール(以下、MLB)は、ナショナルリーグとアメリカンリーグの2リーグからなり、アメリカ合衆国に本拠地を置く29球団とカナダに本拠地を置く1球団の全30球団から構成されている。各チームはリーグごとに東地区、中地区、西地区に所属する。アメリカ合衆国外からは過去にモントリオール・エクスポスとトロント・ブルージェイズの、共にカナダの2チームが参加していたが、にエクスポスがワシントンD.C.に本拠を移転(同時にワシントン・ナショナルズに球団名変更)したため、米国外チームは現在ブルージェイズの1チームのみである。 試合形式は、レギュラーシーズンとポストシーズンで構成され、最終的に各リーグの優勝チームがワールドシリーズと呼ばれる優勝決定戦を行いワールドチャンピオンを決定する。レギュラーシーズンは4月初旬から9月下旬にかけて各チームが162試合を行い地区優勝を争う。10月初旬からポストシーズンがトーナメント形式で行われる。トーナメントでは各段階ごとにディビジョンシリーズ、リーグチャンピオンシップシリーズ、ワールドシリーズと冠される。.

新しい!!: 第二次世界大戦とメジャーリーグベースボール · 続きを見る »

モロッコ

モロッコ王国(モロッコおうこく、المملكة المغربية、ベルベル語: ⵜⴰⴳⵍⴷⵉⵜ ⵏ ⵎⵓⵔⴰⴽⵓⵛ)、通称モロッコは、北アフリカ北西部のマグリブに位置する立憲君主制国家。東にアルジェリアと、南に西サハラ(サハラ・アラブ民主共和国)と、北にスペインの飛地(セウタとメリリャ)に接し、西は大西洋に、北は地中海に面している。首都はラバト。 南に接する西サハラはスペインが放棄後、モロッコと現地住民による(亡命)政府であるサハラ・アラブ民主共和国が領有権を主張している。モロッコは西サハラの約7割を実効支配しているが、国際的には認められていない。実効支配下を含めた面積は約599,500km2(うち、西サハラ部分が189,500km2)、人口は33,848,242人(2014年国勢調査)。 地中海世界とアラブ世界の一員であり、地中海連合とアラブ連盟とアラブ・マグリブ連合に加盟している。モロッコはサハラ・アラブ民主共和国を自国の一部であるとの立場から独立国家として承認しておらず、1984年にサハラ・アラブ民主共和国のアフリカ統一機構(2002年にアフリカ連合へ発展)加盟に反対して同機構を脱退、アフリカ大陸唯一のアフリカ連合(AU)非加盟国になっていたが、2017年1月31日に再加入した。.

新しい!!: 第二次世界大戦とモロッコ · 続きを見る »

モンロー主義

モンロー主義(モンローしゅぎ、Monroe Doctrine)は、アメリカ合衆国がヨーロッパ諸国に対して、アメリカ大陸とヨーロッパ大陸間の相互不干渉を提唱したことを指す。第5代アメリカ合衆国大統領ジェームズ・モンローが、1823年に議会で行った7番目の年次教書演説で発表した。モンロー宣言と訳されることもあるが、実際に何らかの宣言があったわけではないので、モンロー教書と訳されることも多い。この教書で示された外交姿勢がその後のアメリカ外交の基本方針となった。原案はアメリカ合衆国国務長官ジョン・クィンシー・アダムズが起草した。.

新しい!!: 第二次世界大戦とモンロー主義 · 続きを見る »

モンゴル人民共和国

モンゴル人民共和国(モンゴルじんみんきょうわこく、Бүгд Найрамдах Монгол Ард Улс)は、モンゴルが1924年から1992年まで使用した国号である。略称は(БНМАУ)である。.

新しい!!: 第二次世界大戦とモンゴル人民共和国 · 続きを見る »

モスクワ

モスクワ(ロシア語:Москва́ IPA: マスクヴァー、)は、ロシア連邦の首都。連邦市として市単独でロシア連邦を構成する83の連邦構成主体のひとつとなっており、周囲を占めるモスクワ州の州都でもある。ただし州とは区別され「モスクワ市」(Город Москва)となる。人口は約1150万人でヨーロッパで最も人口の多い都市であり、世界有数の世界都市である。漢字による当て字は莫斯科。英語で発音した場合には、モスコーあるいはモスカウ(Moscow )のようになる。.

新しい!!: 第二次世界大戦とモスクワ · 続きを見る »

モスクワの戦い

ドイツ軍の進撃。1941年12月5日まで ソ連軍の反撃。1941年12月5日から1942年5月7日 モスクワの戦い(モスクワのたたかい、Битва за Москву, ローマ字表記:Bitva za Moskvu 英語:Battle of Moscow)は、第二次世界大戦中の1941年10月2日から1942年1月7日にかけてモスクワ近郊で行われた戦闘である。この戦いは600kmの防衛区域で2つの段階に分かれて行われた戦略的に重要な戦いであった。モスクワはソビエト連邦の首都であり、最大の都市であったため、バルバロッサ作戦で最も重要な軍事的、政治的な目標の一つであった。 この戦いはドイツでは「タイフーン作戦」(ドイツ語:Unternehmen Taifun)と名付けられており、モスクワ北部と南部からの両翼包囲を必要とした。モスクワの北方では第3装甲軍と第4装甲軍がカリーニン戦線と対峙し、同時にモスクワ・サンクトペテルブルク鉄道を切断し、モスクワ州の南方ではトゥーラの南で西部戦線が第2装甲軍と対峙している一方、第4軍は直接西からモスクワへ進軍していた。アンドリュー・ロバートによればヒトラーのソ連の首都への攻撃は総攻撃に他ならなかった。"誇張ではなく第二次世界大戦の趨勢はこの大規模な攻撃の成果にかかっていた。" 最初、ソ連軍はモスクワオーブラスチで三つの防衛線を形成することで戦略的防御を行った。この防衛線には新たに徴兵した予備兵力とシベリア軍管区と極東軍管区から抽出した部隊が展開されていた。ドイツの攻撃が止まると同時に、ソ連は戦略的反攻と小規模な攻勢によってドイツ軍をオリョール、ヴャジマ、ヴィーツェプスクまで押し返し、ドイツの3軍を包囲しかけた。この戦いはドイツの主要な後退であり、ソ連に対してドイツが早期に勝利する可能性はなくなった。この戦いの後、ブラウヒッチュ元帥は陸軍総司令部(OKH)の司令官を解任され、ヒトラーは自身をドイツ陸軍の最高司令官に任命した。.

新しい!!: 第二次世界大戦とモスクワの戦い · 続きを見る »

ヤルタ会談

ターリン ヤルタ会談(ヤルタかいだん、Yalta Conference)は、1945年2月4日から11日にかけて、当時のソ連クリミア自治ソビエト社会主義共和国のヤルタ近郊のリヴァディア宮殿で行われた、アメリカ合衆国・イギリス・ソビエト連邦による首脳会談である。 第二次世界大戦が終盤に入る中、ソ連対日参戦、国際連合の設立について協議されたほか、ドイツおよび中部・東部ヨーロッパにおける米ソの利害を調整することで、大戦後の国際レジームを規定し、東西冷戦の端緒ともなった(ヤルタ体制)。.

新しい!!: 第二次世界大戦とヤルタ会談 · 続きを見る »

ヤンゴン

ヤンゴン(ရန်ကုန်、Yangon)は、ミャンマーの旧首都で、ヤンゴン管区の州都。旧名称はラングーン。2006年より、ネピドーが首都となっている。.

新しい!!: 第二次世界大戦とヤンゴン · 続きを見る »

ユーゴスラビア侵攻

ユーゴスラビア侵攻(ユーゴスラビアしんこう)は、第二次世界大戦中の1941年4月6日から同年4月17日にかけて、ドイツやイタリアを中心とする枢軸国軍とユーゴスラビアとの間で行われた戦い。ドイツ軍はフランス侵攻に次いで電撃戦を成功させ、僅か十日あまりでユーゴスラビア全土を制圧した。欧米では4月戦争とも称される。.

新しい!!: 第二次世界大戦とユーゴスラビア侵攻 · 続きを見る »

ユーゴスラビア王国

ユーゴスラビア王国(ユーゴスラビアおうこく、セルビア・クロアチア語・スロベニア語:Kraljevina Jugoslavija / Краљевина Југославија)は、バルカン半島西部から中央ヨーロッパにかけての地域を領土とし、1918年から1941年までの期間に存続した立憲君主制の国家。事実上は国王が亡命した1941年に、公式にはユーゴスラビア連邦人民共和国成立前の1945年に滅亡した。.

新しい!!: 第二次世界大戦とユーゴスラビア王国 · 続きを見る »

ユダヤ人

ユダヤ人(יהודים、Jews、Djudios、ייִדן)は、ユダヤ教の信者(宗教集団)、あるいはユダヤ人を親に持つ者(血統)によって構成される宗教的民族集団である。 ムスリムやクリスチャンと同じで、ユダヤ人という人種・血統的民族が有る訳では無い。ヨーロッパでは19世紀中頃まで主として前者の捉え方がなされていたが、近代的国民国家が成立してからは後者の捉え方が広まった。ハラーハーでは、ユダヤ人の母親から生まれた者、あるいは正式な手続きを経てユダヤ教に入信した者がユダヤ人であると規定されている。2010年現在の調査では、全世界に1340万を超えるユダヤ人が存在する。民族独自の国家としてイスラエルがあるほか、各国に移民が生活している。ヘブライ人やセム人と表記されることもある。 ユダヤ人はディアスポラ以降、世界各地で共同体を形成し、固有の宗教や歴史を有する少数派のエスニック集団として定着した。しかし、それらを総体的に歴史と文化を共有する一つの民族として分類することはできない。言語の面をみても、イディッシュ語の話者もいればラディーノ語の話者もいる。歴史的にはユダヤ人とはユダヤ教徒のことであったが、現状では国籍、言語、人種の枠を超えた、一つの尺度だけでは定義しえない文化的集団としか言いようのないものとなっている。 で追加された記述だが、出典が示されていない。古代のイスラエル人やセファルディムは(いわゆる「白人」ではないものの)主にコーカソイドのはずで、これを単に「有色人種」と説明するのは誤りではないにしても誤解を招きかねず、不適切であろう。また、アシュケナジムをハザール人と関連づけるのは(当該記事の記述によれば)諸説があり、広く受け入れられている説ではない。 「古代のイスラエル人は有色人種で、12支族の1支族ユダ族のユダヤ人は有色人種セファルディムで、白系ユダヤ人アシュケナジム(ヘブライ語でドイツを意味する)は8世紀頃、ハザール人のユダヤ教への改宗によって、ユダヤ人を名乗った。」 -->.

新しい!!: 第二次世界大戦とユダヤ人 · 続きを見る »

ユダヤ人問題の最終的解決

マルティン・ルターへの手紙で、ラインハルト・ハイドリヒは「ユダヤ人問題の最終的解決(Endlösung der Judenfrage)」の実行における行政上の援助をルターに求め、ヴァンゼー会議の決定を推進する。ヴァンゼー会議の記念館におけるhttp://www.ghwk.de/engl/february-26-1942.htm この手紙の写本と英語訳を参照。 ユダヤ人問題の最終的解決(ユダヤじんもんだいのさいしゅうてきかいけつ、独:"Die Endlösung der Judenfrage")とは、第二次世界大戦中、ヨーロッパにおけるユダヤ人に対して組織的にホロコースト(大量虐殺)を行うナチス・ドイツの計画のことを指す。.

新しい!!: 第二次世界大戦とユダヤ人問題の最終的解決 · 続きを見る »

ヨーロッパ

ヨーロッパ日本語の「ヨーロッパ」の直接の原語は、『広辞苑』第5版「ヨーロッパ」によるとポルトガル語・オランダ語、『デジタル大辞泉』goo辞書版「」によるとポルトガル語。(、)又は欧州は、地球上の七つの大州の一つ。漢字表記は欧羅巴。 地理的には、ユーラシア大陸北西の半島部を包括し、ウラル山脈およびコーカサス山脈の分水嶺とウラル川・カスピ海・黒海、そして黒海とエーゲ海を繋ぐボスポラス海峡-マルマラ海-ダーダネルス海峡が、アジアと区分される東の境界となる増田 (1967)、pp.38–39、Ⅲ.地理的にみたヨーロッパの構造 ヨーロッパの地理的範囲 "Europe" (pp. 68-9); "Asia" (pp. 90-1): "A commonly accepted division between Asia and Europe...

新しい!!: 第二次世界大戦とヨーロッパ · 続きを見る »

ヨークタウン (CV-5)

ヨークタウン(USS Yorktown, CV-5)はアメリカ海軍の航空母艦。ヨークタウン級航空母艦のネームシップ。その名を持つ艦としては三隻目。1942年、ミッドウェー海戦で沈没した。愛称は「オールド・ヨーキィ」。また、101日間正規の補給無しで外洋で活動を続けたことから「ワルチング・マチルダ(ワルツを踊るマチルダ)」と呼ばれた。.

新しい!!: 第二次世界大戦とヨークタウン (CV-5) · 続きを見る »

ヨーゼフ・ゲッベルス

パウル・ヨーゼフ・ゲッベルス(Paul Joseph Goebbels 、1897年10月29日 - 1945年5月1日)は、ドイツの文学者、小説家、政治家。 「プロパガンダの天才」「小さなドクトル」と称され、アドルフ・ヒトラー率いる国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の政権掌握と、政権下のドイツの体制維持に辣腕を発揮した。政権下では第3代宣伝全国指導者、初代国民啓蒙・宣伝大臣を務めた。 第二次世界大戦の敗戦の直前、によってドイツ国首相に任命されるが、自らの意志でそれに背き、ヒトラーの後を追って家族とともに自殺した。.

新しい!!: 第二次世界大戦とヨーゼフ・ゲッベルス · 続きを見る »

ヨシフ・スターリン

ヨシフ・ヴィッサリオノヴィチ・スターリン(, 1878年12月18日 – 1953年3月5日)は、ソビエト連邦の政治家、軍人。同国の第2代最高指導者。一般に広く知られているスターリンという姓は「鋼鉄の人」を意味する筆名であり、本姓はジュガシヴィリ(、)である。.

新しい!!: 第二次世界大戦とヨシフ・スターリン · 続きを見る »

ラバウル

位置 ラバウル(Rabaul)は、パプアニューギニアの島嶼地方の東ニューブリテン州の都市。 ドイツ領ニューギニア時代の名称はシンプソンハーフェン。 2011年の人口は4785人。 パプアニューギニア・ニューブリテン島の東側に位置し、良港を臨む。 東ニューブリテン州の州都であったが、火山の噴火でココポに遷都している。 ラボールとも呼称される。 ラバウルはコプラやコーヒー、ココアの産地として有名。 なお、周囲は火山地帯として知られ、シンプソン湾自体もカルデラである。.

新しい!!: 第二次世界大戦とラバウル · 続きを見る »

ラーマ8世

ラーマ8世(、1925年9月20日 - 1946年6月9日)は、チャクリー王朝の第8代のシャム国王(在位:1935年3月2日 - 1946年6月9日)。 通称をアーナンタマヒドン()といい、アーナンタ国王、マヒドン国王とも呼ばれる。タイで流通している20バーツ紙幣(前版)の裏面に肖像が使用されている。.

新しい!!: 第二次世界大戦とラーマ8世 · 続きを見る »

ラトビア

ラトビア共和国(ラトビアきょうわこく、Latvijas Republika)、通称ラトビアは、北ヨーロッパの共和制国家。EUそしてNATOの加盟国、OECDの加盟国。通貨はユーロ、人口は201.5万人、首都はリガである。.

新しい!!: 第二次世界大戦とラトビア · 続きを見る »

ライン川

ライン川(ラインがわ、阿:Rhy、巴 / Rhein、Rijn、Rhin、Rhine、Rhenus)は、ヨーロッパを流れる川。 スイスアルプスのトーマ湖に端を発し、ボーデン湖に入りドイツ・フランスの国境を北に向かう、ストラスブールを越えてカールスルーエの少し南からドイツ国内を流れ、ボン、ケルン、デュッセルドルフ、デュースブルクなどを通過しオランダ国内へと入ったあと2分岐し、ワール川とレク川となりロッテルダム付近で北海に注いでいる。 全長1,233km。そのうちドイツを流れるのは698kmである。ドイツにとっては特に重要な川であり、ライン流域を主軸のひとつとしてドイツ史は展開していった。また、ドイツ語の名詞には男性名詞、女性名詞、中性名詞があるが、河川のほとんどは女性名詞であるのに対し、ライン川、マイン川、ネッカー川などごく少数の川だけは男性形であらわされる。そのこともあって、ドイツ人はこの川を「父なる川」と呼んでいる。ドナウ川とともに、外国の船が自由に航行する国際河川の一つ。 下流地域は川幅が広く流れが穏やかなため、水運が盛んである。バーゼルから河口までのライン川流域圏はブルーバナナ(「太平洋ベルト」の西欧版)の一部を成す。また、産業革命の中心地のひとつとなったルール工業地帯もライン川とルール川に挟まれる形で位置しており、その充実した内陸水路と豊富な地下資源によって発達した。.

新しい!!: 第二次世界大戦とライン川 · 続きを見る »

ラインラント進駐

ラインラント進駐(ラインラントしんちゅう、Rheinlandbesetzung、Remilitarization of the Rhineland)は、1936年3月7日にドイツが、ヴェルサイユ条約により非武装地帯と定められていたラインラントに陸軍を進駐させ、同地のアーヘン、トリーア、ザールブリュッケンに兵営を設けて駐留を開始させた事件を指す。.

新しい!!: 第二次世界大戦とラインラント進駐 · 続きを見る »

リンチ

リンチ().

新しい!!: 第二次世界大戦とリンチ · 続きを見る »

リー・アイアコッカ

リー・アイアコッカ(Lee Iacocca, 本名:Lido Anthony Iacocca, 1924年10月15日 - )は、アメリカの自動車製造会社、フォード社の元社長であり、その後クライスラー社の会長も務めた。.

新しい!!: 第二次世界大戦とリー・アイアコッカ · 続きを見る »

リトアニア

リトアニア共和国(リトアニアきょうわこく、Lietuvos Respublika)、通称リトアニア(Lietuva)は、ヨーロッパの共和制国家。EUそしてNATOの加盟国、通貨はユーロ、人口は325万人、首都はヴィリニュスである。.

新しい!!: 第二次世界大戦とリトアニア · 続きを見る »

リヒャルト・ゾルゲ

リヒャルト・ゾルゲ(Richard Sorge, Рихард Зорге, 1895年10月4日 - 1944年11月7日)は、ソビエト連邦のスパイ。1933年(昭和8年)から1941年(昭和16年)にかけてゾルゲ諜報団を組織して日本で諜報活動を行い、ドイツと日本の対ソ参戦の可能性などの調査に従事し、ゾルゲ事件の首謀者として日本を震撼させた。.

新しい!!: 第二次世界大戦とリヒャルト・ゾルゲ · 続きを見る »

リビア

リビア国(دولة ليبيا, 、State of Libya)、通称リビア(リービヤー、ليبيا, 、Libya)は、北アフリカに位置する共和制国家。東にエジプト、南東にスーダン、南にチャドとニジェール、西にアルジェリア、北西にチュニジアと国境を接し、北は地中海に面し、海を隔てて旧宗主国のイタリアが存在する。首都はトリポリである。 アフリカ世界と地中海世界とアラブ世界の一員であり、アフリカ連合とアラブ連盟に加盟している。アラブ・マグレブ連合にも加盟しており、広義のマグリブ諸国に含まれる。.

新しい!!: 第二次世界大戦とリビア · 続きを見る »

リスボン

リスボン(Lisboa 、 リジュボア、Lisbon )は、ポルトガルの首都で同国最大の都市である。市域人口は547,631人を擁し、市域面積はに過ぎないが、そのぶん高い人口密度を保持している。リスボンの都市的地域は行政区としての市域を越えて広がっており、人口は300万人を超え, March 2010、面積はを占めており、欧州連合域内では11番目に大きな都市圏を形成している。約3,035,000人 の人々が、に暮らし、ポルトガルの全人口の約27%を占めている。リスボンはヨーロッパの大都市では最も西にある都市であると同時に、ヨーロッパの中で最も西側に位置する政府首都でもある。ヨーロッパ諸国の首都のなかで唯一の大西洋岸にあるリスボンは、イベリア半島の西側、テージョ川の河畔に位置している。 リスボンは金融や商業、出版、娯楽、芸術、貿易、教育、観光と言った様々な分野で重要な都市であることから、世界都市と見なされている。 ポルテラ空港は2012年に1,530万人の旅客を扱い、高速道路Auto-estradaや高速列車アルファ・ペンドゥラールによりポルトガルの他の主要都市と結ばれている。南ヨーロッパではイスタンブール、ローマ、バルセロナ、マドリード、アテネ、ミラノに次いで7番目に多くの観光客が訪れる都市で、2009年には1,740,000人の観光客が訪れた。リスボンの総所得は世界の都市で32番目に高い位置を占めている。 ポルトガルの多国籍企業の本社はほとんどがリスボン地域に置いており、世界では9番目に多くの国際会議が開かれる都市でもある。 また、ポルトガルの政治の中心での首府やポルトガルの大統領官邸が置かれている他、やリスボン県の中心でもある。 世界的にも古い歴史がある都市の一つで、西ヨーロッパでは最古の都市であり現代のヨーロッパの他の首都であるロンドンやパリ、ローマなどよりも数百年遡る。ガイウス・ユリウス・カエサルはフェリキタス・ユリアFelicitas Juliaと呼ばれるムニキピウムを創建し、オリピソOlissipoの名に加えた。5世紀から一連のゲルマン人部族により支配され、8世紀にはムーア人により攻略された。1147年、ポルトガル王国の建国者アフォンソ1世下のレコンキスタでのリスボン攻防戦で、ポルトガルはムーア人からリスボンを奪回する。以来、リスボンはポルトガルの主要な政治、経済、文化の中心となっている。ほとんどの首都と異なり、リスボンのポルトガルの首都としての地位は法令や書面の形式では公式に認められたり確認されていない。首都としての地位は憲法制定会議を通じて事実上の首都としてに定められている。 リスボンには欧州薬物・薬物依存監視センター(EMCDDA)と欧州海上保安機関(EMSA)の2つの欧州連合の専門機関が置かれている。「ルゾフォニアの世界の首都」と呼ばれポルトガル語諸国共同体の本部がに置かれている。ベレンの塔とジェロニモス修道院の2つはUNESCOの世界遺産に登録されている。さらに1994年、リスボンは欧州文化首都になり、1998年にはリスボン国際博覧会が開催された。.

新しい!!: 第二次世界大戦とリスボン · 続きを見る »

リスト・リュティ

リスト・ヘイッキ・リュティ(Risto Heikki Ryti、 1889年2月3日 - 1956年10月25日)は、20世紀のフィンランドの政治家、弁護士、銀行家。 フィンランド銀行総裁を務めるなど戦間期のフィンランドで要職を務め、1939年の冬戦争が勃発した翌日に首相、1940年12月にフィンランド第5代大統領に就任、継続戦争末期まで戦時政府を率いた。 1944年の継続戦争終結に先立ち、ソ連と、同盟国であったナチス・ドイツの双方を外交的策略で欺くことによって、結果的にフィンランドの対ソ連単独講和と国家の独立存続を実現させた。その「策略」の責任者として第二次世界大戦後、戦争犯罪人として告発され、禁錮10年の判決を受けたが、まもなく釈放された。汚名を負って救国を成し遂げた功労者としてフィンランド人に尊敬の念をもたれ、その死に際しては国葬をもって送られた。フィンランドで最も偉大な人物ランキングはカール・グスタフ・エミール・マンネルヘイムに続いて第2位。.

新しい!!: 第二次世界大戦とリスト・リュティ · 続きを見る »

ルーマニア

ルーマニアは、東ヨーロッパに位置する共和制国家。南西にセルビア、北西にハンガリー、北にウクライナ、北東にモルドバ、南にブルガリアと国境を接し、東は黒海に面している。首都はブカレスト。 国の中央をほぼ逆L字のようにカルパティア山脈が通り、山脈に囲まれた北西部の平原をトランシルヴァニア、ブルガリアに接するワラキア、モルドバに接するモルダヴィア、黒海に面するドブロジャの4つの地方に分かれる。 東欧では数少ないロマンス系の言語であるルーマニア語を公用語として採用している国家であるが、宗教的には東方教会系のルーマニア正教会が多数派である。いっぽう北西のポーランドはスラヴ語派のうち西スラヴ語群に属するポーランド語が主に話されているが、宗教的にはカトリック教会が支配的であり、ルーマニアとは好対照をなしている。.

新しい!!: 第二次世界大戦とルーマニア · 続きを見る »

ルーマニア王国

ルーマニア王国(ルーマニアおうこく、Regatul României)は、1881年3月13日に、ルーマニア公国の大公カロル1世が国王に即位して成立した王国。1945年5月8日の第二次世界大戦の敗戦とソビエト連邦による占領によって崩壊し、1947年12月30日には君主制が廃止されて法的に消滅した。.

新しい!!: 第二次世界大戦とルーマニア王国 · 続きを見る »

ルーマニア革命 (1944年)

ルーマニア革命(ルーマニアかくめい、)は、1944年にルーマニア王国で発生したクーデターである。.

新しい!!: 第二次世界大戦とルーマニア革命 (1944年) · 続きを見る »

ルール占領

戦間期におけるルール占領(ルールせんりょう)とは、1923年に発生したフランスおよびベルギーが、ドイツのルール地方に進駐し、占領した事件。当時ルール地方はドイツが生産する石炭の73%、鉄鋼の83%を産出するドイツ経済の心臓部であった。.

新しい!!: 第二次世界大戦とルール占領 · 続きを見る »

ルイージ・トレッリ (潜水艦)

ルイージ・トレッリ(Luigi Torelli)は、第二次世界大戦でイタリア王立海軍(Regia Marina、レジーア・マリーナ)が建造した潜水艦。.

新しい!!: 第二次世界大戦とルイージ・トレッリ (潜水艦) · 続きを見る »

ルクセンブルク

ルクセンブルク大公国(ルクセンブルクたいこうこく)、通称ルクセンブルクは、西ヨーロッパに位置する立憲君主制国家。首都は国名と同名のルクセンブルク市。隣接国は、南のフランス、西と北のベルギー、東のドイツである。ベルギー、オランダと併せてベネルクスと呼ばれる。.

新しい!!: 第二次世界大戦とルクセンブルク · 続きを見る »

ルソン島

ルソン島(ルソンとう、呂宋島、フィリピン語:Luzon)は、フィリピン諸島のうちで最も面積の大きな島。面積はおよそ10万4688km2。フィリピンの総面積の35%を占め、世界で17番目に大きな島であり、世界で4番目に人口が多い島でもある。首都マニラやフィリピンで最も人口が多いケソン、およびそれらを包括する首都圏メトロ・マニラが同島に所在しており、フィリピンの政治・経済で特に重要な位置を占めている。.

新しい!!: 第二次世界大戦とルソン島 · 続きを見る »

レバノン

レバノン共和国(レバノンきょうわこく、)、通称レバノンは、西アジア・中東に位置する共和制国家。北から東にかけてシリアと、南にイスラエルと隣接し、西は地中海に面している。首都はベイルート。.

新しい!!: 第二次世界大戦とレバノン · 続きを見る »

レンネル島沖海戦

レンネル島沖海戦とは太平洋戦争(大東亜戦争)中、1943年(昭和18年)1月29日から30日にソロモン諸島レンネル島沖で発生した海戦。日本軍が航空攻撃でアメリカ軍の重巡洋艦シカゴ (USS Chicago, CA-29) を撃沈した。また、この海戦でアメリカ軍は近接信管を使用した。日本軍はガダルカナル撤退作戦(ケ号作戦)の最中であり、島に近付く敵を阻止する必要があった。.

新しい!!: 第二次世界大戦とレンネル島沖海戦 · 続きを見る »

レンテンマルク

1923年発行の1レンテンペニヒ硬貨 1923年発行の1レンテンマルク紙幣 レンテンマルクとの交換に伴い処分されるパピアマルク紙幣 レンテンマルク(Rentenmark)は、ドイツにおけるハイパーインフレからの経済立て直しのため、1923年から発行された臨時通貨。土地に対する地代請求権を本位とするある意味擬制の通貨である。.

新しい!!: 第二次世界大戦とレンテンマルク · 続きを見る »

レンドリース法

レンドリース法(レンドリースほう、Lend-Lease Acts)、または武器貸与法(ぶきたいよほう)は、アメリカ合衆国が1941年から1945年にかけて、イギリス、ソビエト連邦(ソ連)、中国(蒋介石国民党政府)、フランスやその他の連合国に対して、イギリスの場合はニューファンドランド、バミューダ諸島、イギリス領西インド諸島の基地を提供することと引き換えに、膨大な量の軍需物資を供給するプログラムのことである。 1939年9月の第二次世界大戦勃発から18ヵ月後の1941年3月から開始された。 総額501億USドル(2007年の価値に換算してほぼ7000億ドル)の物資が供給され、そのうち314億ドルがイギリスへ、113億ドルがソビエト連邦へ、32億ドルがフランスへ、16億ドルが中国へ提供された。 逆レンドリース(Reverse Lend Lease)は、航空基地を提供するなど、アメリカに対するサービスで構成されている。額にして78億ドル相当で、そのうち68億ドルはイギリスとイギリス連邦諸国によって提供された。これとは別に、返却と破壊に関して規定する協定により、プログラム終了日までに到着した物資については返済は行われなかった。終了日以降の物資については、イギリスに対して割引価格の10億7500万ポンドで、アメリカからの長期融資により売却された。カナダも同様のプログラムで47億ドル相当の物資をイギリスとソビエト連邦に提供したが、代金は支払われなかった。.

新しい!!: 第二次世界大戦とレンドリース法 · 続きを見る »

レーダー

レーダー用パラボラアンテナ(直径40m) レーダー(Radar)とは、電波を対象物に向けて発射し、その反射波を測定することにより、対象物までの距離や方向を測る装置である。.

新しい!!: 第二次世界大戦とレーダー · 続きを見る »

レッド計画

イギリスとアメリカの「次の戦争」の舞台、カナダの全図 レッド計画(レッドけいかく、)は、20世紀初頭にアメリカ合衆国が定めた、イギリス(大英帝国)との戦争に備えた作戦計画。イギリスを「赤」、アメリカを「青」と色分けし、万一米英間に戦争が起こった場合の作戦について軍部に研究させていた。この計画が1974年に機密解除されたときには、米英間戦争の主戦場と想定されていたカナダにおいて複雑な反応を引き起こした。.

新しい!!: 第二次世界大戦とレッド計画 · 続きを見る »

レパルス (巡洋戦艦)

レパルス (HMS Repulse) は、イギリス海軍の巡洋戦艦。レナウン級の2番艦である。 1941年12月10日、マレー沖海戦で日本海軍機の攻撃を受けて戦艦プリンス・オブ・ウェールズとともに撃沈された。 Repulseとは「撃退、反撃」の意。.

新しい!!: 第二次世界大戦とレパルス (巡洋戦艦) · 続きを見る »

レインボー・プラン

レインボー・プラン(Rainbow Plans)とは、アメリカ合衆国が、第二次世界大戦に備えて計画していた戦争計画である。.

新しい!!: 第二次世界大戦とレインボー・プラン · 続きを見る »

レイテ島

レイテ島(レイテとう、Leyte)は、フィリピン中部、ビサヤ諸島の東ビサヤ地方に位置する島。人口は約190万人、面積は7,214km。.

新しい!!: 第二次世界大戦とレイテ島 · 続きを見る »

レイテ沖海戦

レイテ沖海戦(レイテおきかいせん、Battle of Leyte Gulf)は、第二次世界大戦中の1944年10月23日から同25日にかけてフィリピンおよびフィリピン周辺海域で発生した、日本海軍とアメリカ海軍・オーストラリア海軍からなる連合国軍との間で交わされた一連の海戦の総称。当時の呼称でフィリピン沖海戦当時の戦闘詳報やそれを元にして戦後製作された戦史叢書では『フィリピン沖海戦』としている。「比島」「菲島」はフィリピン島の略字。実際当時の大本営による発表でもフィリピン沖海戦とされ、当時のニュース映像でもそう紹介されている。。.

新しい!!: 第二次世界大戦とレイテ沖海戦 · 続きを見る »

レキシントン (CV-2)

フォアリバー造船所で建造中のレキシントン(1925年10月初旬の撮影) 大爆発を起こしたレキシントン1942年5月8日 レキシントン(USS Lexington, CV-2)は、アメリカ海軍の航空母艦。レキシントン級航空母艦のネームシップ。 アメリカ海軍においてレキシントンの名を受け継いだ艦としては4隻目にあたる。「グレイ・レディ(Gray Lady)」「レディ・レックス(Lady Lex)」の愛称で呼ばれた。.

新しい!!: 第二次世界大戦とレキシントン (CV-2) · 続きを見る »

レコード

ングルレコード盤(ドーナツ盤ともいわれる) レコード (record, vinyl record, 英語版ではgramophone record)とは、音声記録を意味し、主に樹脂などでできた円盤(最初期には円筒状の蝋管レコードを含む)に音楽や音声などの音響情報を刻み込み記録したメディアの一種を示すことが多い。音盤などその他の呼び方で呼ばれることもある。 音の再生の方法は信号としての振幅の情報の読み取り方と情報の増幅により異なる。針で読み取った振幅の情報を、機械的に増幅する蓄音機の時代、電気信号に変えて増幅するレコードプレーヤーの時代、そして針を使わずレーザーを用いて非接触再生するレーザーターンテーブルの時代(レコード末期以降から近年にかけての特殊な時代)に大まかに分類することができる。.

新しい!!: 第二次世界大戦とレコード · 続きを見る »

レジスタンス

レジスタンス(Resistance)もとは「抵抗」「障害」を意味する。.

新しい!!: 第二次世界大戦とレジスタンス · 続きを見る »

レジスタンス運動

レジスタンス運動(レジスタンスうんどう、Résistance、Resistance)は、権力者や占領軍に対する抵抗運動を指す用語である。レジスタンス集団(レジスタンスしゅうだん)とも称される。.

新しい!!: 第二次世界大戦とレジスタンス運動 · 続きを見る »

ロマ

マ(Roma、次節も参照、単数はロム)は、ジプシーと呼ばれてきた集団のうちの主に北インドのロマニ系に由来し中東欧に居住する移動型民族である。移動生活者、放浪者とみなされることが多いが、現代では定住生活をする者も多い。ジプシーと呼ばれてきた集団が単一の民族であるとするステレオタイプは18世紀後半に作られたものであり舟木譲「」『』第11号、2007年3月。、ロマでない集団との関係は不明である。.

新しい!!: 第二次世界大戦とロマ · 続きを見る »

ロバート・メンジーズ

バート・ゴードン・メンジーズ(Sir Robert Gordon Menzies, KT, AK, CH, FRS, QC、1894年12月20日 - 1978年5月15日) は、オーストラリアの政治家、第12代首相。自由党所属。ビクトリア州出身。.

新しい!!: 第二次世界大戦とロバート・メンジーズ · 続きを見る »

ロバート・ホワイティング

バート・ホワイティング(, 1942年10月24日 - )は、日本の野球や日本で活動するアメリカ人ギャングなどの現代の日本文化に関するいくつもの成功した本を書いたアメリカ合衆国ニュージャージー州生まれのベストセラー作家兼ジャーナリストである。野球をおもなテーマとして日本人論、日米比較文化論を展開している。 1962年にアメリカ空軍諜報部員として訪日して以来、日本野球や日本の裏社会についての著作や講演をしており、合わせて30年以上日本で生活を送る。現在は日本とカリフォルニア州の自宅を行き来している。.

新しい!!: 第二次世界大戦とロバート・ホワイティング · 続きを見る »

ローマ

ーマ(Roma、Roma)は、イタリアの首都。欧州有数の世界都市であり、ラツィオ州の州都、ローマ県のコムーネの一つで、ローマ県の県都でもある。英語とフランス語の表記は「Rome」。.

新しい!!: 第二次世界大戦とローマ · 続きを見る »

ローマ進軍

進軍するファシスト党員 ローマ進軍(ローマしんぐん、)は、イタリア王国でベニート・ムッソリーニが1922年10月に行った政権獲得のためのクーデターのことである。.

新しい!!: 第二次世界大戦とローマ進軍 · 続きを見る »

ロベール・ギラン

ベール・ギラン(Robert Guillain 1908年9月4日 - 1998年12月29日)はフランスのジャーナリストで、アジア、特に日本通として知られる。.

新しい!!: 第二次世界大戦とロベール・ギラン · 続きを見る »

ロカルノ条約

ルノ条約(ロカルノじょうやく、Locarno Treaties)は、1925年10月にスイスのロカルノで行われた協議を受けて、同年12月1日にロンドンで正式調印された7つの協定の総称である。 その中にはフランス・ベルギーの国境現状維持と、ラインラント非武装の確認(ラインラント条約)などが含まれ、基本的にはヴェルサイユ条約を踏襲したものが多い。国際紛争を軍事によらず仲裁裁判で解決することも含まれていた。ロカルノ条約の締結によりドイツは1926年に国際連盟に加盟。独仏の関係の緩和により、ヨーロッパ全土もしばらくの間、相対的安定期を迎えることになる。.

新しい!!: 第二次世界大戦とロカルノ条約 · 続きを見る »

ロケット

ット(rocket)は、自らの質量の一部を後方に射出し、その反作用で進む力(推力)を得る装置(ロケットエンジン)、もしくはその推力を利用して移動する装置である。外気から酸化剤を取り込む物(ジェットエンジン)は除く。 狭義にはロケットエンジン自体をいうが、先端部に人工衛星や宇宙探査機などのペイロードを搭載して宇宙空間の特定の軌道に投入させる手段として使われる、ロケットエンジンを推進力とするローンチ・ヴィークル(打ち上げ機)全体をロケットということも多い。 また、ロケットの先端部に核弾頭や爆発物などの軍事用のペイロードを搭載して標的や目的地に着弾させる場合にはミサイルとして区別され、弾道飛行をして目的地に着弾させるものを特に弾道ミサイルとして区別している。なお、北朝鮮による人工衛星の打ち上げは国際社会から事実上の弾道ミサイル発射実験と見なされており国際連合安全保障理事会決議1718と1874と2087でも禁止されているため、特に日本国内においては人工衛星打ち上げであってもロケットではなくミサイルと報道されている。 なお、推力を得るために射出される質量(推進剤、プロペラント)が何か、それらを動かすエネルギーは何から得るかにより、ロケットは様々な方式に分類されるが、ここでは最も一般的に使われている化学ロケット(化学燃料ロケット)を中心に述べる。 ロケットの語源は、1379年にイタリアの芸術家兼技術者であるムラトーリが西欧で初めて火薬推進式のロケットを作り、それを形状にちなんで『ロッケッタ』と名づけたことによる。.

新しい!!: 第二次世界大戦とロケット · 続きを見る »

ロシア

ア連邦(ロシアれんぽう、Российская Федерация)、またはロシア (Россия) は、ユーラシア大陸北部にある共和制及び連邦制国家。.

新しい!!: 第二次世界大戦とロシア · 続きを見る »

ロシア革命

ア革命(ロシアかくめい, Российская революция ラシースカヤ・レヴァリューツィヤ, Russian Revolution)とは、1917年にロシア帝国で起きた2度の革命のことを指す名称である。特に史上初の社会主義国家樹立につながったことに重点を置く場合には、十月革命のことを意味している。また逆に、広義には1905年のロシア第一革命も含めた長期の諸革命運動を意味する。 「二月革命」、「十月革命」は当時ロシアで用いられていたユリウス暦における革命勃発日を基にしており、現在一般的に用いられるグレゴリオ暦ではそれぞれ「三月革命」、「十一月革命」となる。この項目で使用されている月日は1918年2月14日のグレゴリオ暦導入までの事柄についてはユリウス暦による月日で表記しており、13日を加算するとグレゴリオ暦の月日に換算できる。.

新しい!!: 第二次世界大戦とロシア革命 · 続きを見る »

ロジスティクス

ティクス(logistics ラジスティクス)とは、原材料調達から生産・販売に至るまでの物流、またはそれを管理する過程。.

新しい!!: 第二次世界大戦とロジスティクス · 続きを見る »

ロストフの戦い (1941年)

ムネイル ロストフの戦い(ロストフのたたかい)は、第二次世界大戦中、ドイツ軍が発動したバルバロッサ作戦における一方面の戦いである。 ここでは、ドイツ南方軍集団(司令官ゲルト・フォン・ルントシュテット)によるアゾフ海攻勢作戦(1941年9月12日開始)p.87, Haupt, Army Group Southとソビエト南方面軍(司令官ヤーコフ・チェレヴィチェンコ)によるロストフ防勢作戦(1941年11月5日-16日)、ロストフ攻勢作戦(1941年11月27日-12月2日)を総称してロストフの戦いとしている。 これらの作戦は第二次世界大戦の東部戦線の南方における軍事行動の1つであり、現在、ロストフ・ナ・ドヌと呼ばれる町の周辺で行われた。.

新しい!!: 第二次世界大戦とロストフの戦い (1941年) · 続きを見る »

ロストフ・ナ・ドヌ

トフ・ナ・ドヌ(Росто́в-на-Дону́, Rostov-na-Donu)は、ロシアのロストフ州の州都。ドン川の下流河畔の丘上に開かれた町で、アゾフ海の付け根・タガンログ湾郊外に位置する要衝である。1735年にアゾフ一帯を併合したロシア帝国によって1749年に建設された。 町の本来の名前である「ロストフ」に付加された「ナ・ドヌ」とは、ロシア語で「ドン川にある」という意味で、ヤロスラヴリ州にある同名のロストフの町(ロストフ・ヤロスラフスキー、大ロストフとも)と区別するためである。ヤロスラヴリのロストフは歴史の長い古都だが、ドン川のロストフのほうが大きな町であり世界的にも有名で、単にロストフと呼ぶ場合はロストフ・ナ・ドヌを指す場合も多い。 人口は1,115,000人(2015年)。1989年ソ連国勢調査では1,019,305人、2002年全ロシア国勢調査では1,068,267人だった。.

新しい!!: 第二次世界大戦とロストフ・ナ・ドヌ · 続きを見る »

ロサンゼルスの戦い

ンゼルスの戦い(ロサンゼルスのたたかい、英語:Battle of Los Angeles)は、第二次世界大戦中の1942年2月25日に、アメリカ合衆国カリフォルニア州のロサンゼルス市で起きたアメリカ陸軍による軍事作戦。 日本海軍の艦載機による空襲が行われたと誤認したアメリカ陸軍が対空砲火を中心とした「迎撃戦」を展開、その模様はラジオ中継されアメリカ西海岸のみならずアメリカ全土をパニック状態に陥れた。しかし実際に日本海軍がそうした空襲を行った記録はなく、騒動の真相は未だ不明のままである。.

新しい!!: 第二次世界大戦とロサンゼルスの戦い · 続きを見る »

ワルシャワ

ワルシャワ(;ヴァルシャヴァ、Warsaw、ワルソー)は、ポーランドの首都でかつ同国最大の都市。マゾフシェ県の県都。ポーランドの政治、経済、交通の要衝でもある。.

新しい!!: 第二次世界大戦とワルシャワ · 続きを見る »

ワルシャワ蜂起

ワルシャワ蜂起(ワルシャワほうき、ポーランド語:Powstanie Warszawskie)は、第二次世界大戦後期、ナチス・ドイツ占領下のポーランドの首都ワルシャワで起こった武装蜂起である。.

新しい!!: 第二次世界大戦とワルシャワ蜂起 · 続きを見る »

ワシントン州

ワシントン州(State of Washington)は、アメリカ合衆国西海岸最北部の州。州都はオリンピアであるが、規模・経済の面での中心都市はシアトルである。北はカナダのブリティッシュコロンビア州、南はオレゴン州、東はアイダホ州と接している。1846年にオレゴン境界紛争を解決するためのオレゴン条約が結ばれた結果、イギリスから割譲されたワシントン準州の西側が現在のワシントン州になった。1889年にアメリカ合衆国42番目の州として認められた。 カリフォルニア州、オレゴン州と共にリベラルな気風で、保守的な中西部に対して「レッドウッド・カーテンの向こう側」と称される。 近年ではマイクロソフトの本拠地であり、スターバックスの発祥の地などとして知られる。日本では、州の中心都市シアトルがMLBシアトル・マリナーズの本拠地である点、任天堂のアメリカ本社がある点でも知られている。 2010年国勢調査によると、州の人口は6,724,540人となっている。そのおよそ60%はセイリッシュ海のピュージェット湾に沿った交通、事業、産業の中心であるシアトル都市圏に集中している。ピュージェット湾は太平洋からの入江であり、氷河が侵食した多くの島、深いフィヨルドおよび湾がある。州の西部は深い温帯雨林があり、西部、中部、北東部および最南東部には山脈がある。東部の亜乾燥盆地は徹底した農業が行われている。アメリカ合衆国の西海岸や西部ではカリフォルニア州に次いで2番目に人口の多い州である。 州の名はアメリカ建国の父で初代アメリカ合衆国大統領ジョージ・ワシントンに由来しており、大統領の名前が付けられたことでは合衆国の中で唯一の州である。首都ワシントンD.C.と区別するためにワシントン州と呼ばれるが、州民、近在の州およびカナダのブリティッシュコロンビア州南部の住人は単に「ワシントン」と呼び、首都の方は「ワシントンD.C.」あるいは単純に「D.C.」のみで呼んでいる。元々ワシントン州のある地域はコロンビア川にちなんで「コロンビア」と呼ばれており、ワシントンD.C.がコロンビア特別区と呼ばれることから、混乱を避けるためにワシントン州とされた。.

新しい!!: 第二次世界大戦とワシントン州 · 続きを見る »

ワスプ (CV-7)

ワスプ(USS Wasp, CV-7) は、アメリカ海軍の航空母艦。アメリカ海軍においてワスプの名を受け継いだ艦としては8隻目にあたる。同型艦はない。1942年9月、日本の潜水艦伊-19の魚雷に被雷、大火災の後の自沈処分により沈没した。.

新しい!!: 第二次世界大戦とワスプ (CV-7) · 続きを見る »

ヴワディスワフ・シコルスキ

ヴワディスワフ・エウゲニウシュ・シコルスキ(Władysław Eugeniusz Sikorski、1881年5月20日 - 1943年7月4日)は、ポーランドの政治家、軍人。ポーランド・ソビエト戦争時の「ヴィスワ川の奇跡」の立役者。戦前と第二次世界大戦中の亡命政権で首相を務める。 ソ連を撃退し世界中に名を馳せた名将でありながら、いっぽうで一貫した民主主義者かつ社会的な自由主義者で、あらゆる急進主義に反対した。ピウスツキとも対立し、他の穏健主義者と共にモルジュ戦線を立ち上げ、ポーランドの民主主義と穏健主義の伝統を守ろうと奔走した。 シコルスキの政治的ゴールは、ポーランド・チェコスロバキア連合国(en)から始る中・東欧連合( Central and Eastern European federation、Międzymorze)だった。 Międzymorzeの中・東欧連合に参加招待された国は、バルト三国(リトアニア、ラトビア、エストニア)、フィンランド、ベラルーシ、ウクライナ、ハンガリー、ルーマニア、ユーゴスラビア、チェコスロバキア。.

新しい!!: 第二次世界大戦とヴワディスワフ・シコルスキ · 続きを見る »

ヴァンゼー会議

ヴァンゼー会議(ヴァンゼーかいぎ、Wannseekonferenz、Wannsee Conference)は、15名のヒトラー政権の高官が会同して、ヨーロッパ・ユダヤ人の移送と殺害について分担と連携を討議した会議である。会議は1942年1月20日にベルリンの高級住宅地、ヴァンゼー湖畔にある親衛隊の所有する邸宅で開催された。.

新しい!!: 第二次世界大戦とヴァンゼー会議 · 続きを見る »

ヴァイマル共和政

ワイマール共和制下の自治体 ヴァイマル共和政(ヴァイマルきょうわせい、Weimarer Republik)は、1919年に発足して1933年に事実上崩壊した戦間期のドイツ国の政体。政治体制は1919年8月に制定・公布されたヴァイマル憲法に基づいている。ヴァイマル共和国、ワイマール共和政、ワイマール共和国などとも訳される。 ヴァイマル共和政下における正式な国号は、ドイツ社会民主党などが提案し、後に日本を始め他国の言語での翻訳でも実際に多く用いられた「ドイツ共和国(Deutsche Republik)」が拒否されたため、帝政時代からの正式な国号である「ドイツ国(Deutsches Reich、ドイチェス・ライヒ)」が引き続き用いられた。首都も帝政時代と同じくベルリンであり、ヴァイマルが首都であったわけではない。 憲法の社会政策と第一次世界大戦の賠償両面で財源を確保すべく、独占により産業合理化を推進した。合理化のため、アメリカ・イギリス・フランスから巨額の短期資本を導入し、銀行は長期貸しを行った。世界恐慌が起こるや否や短資は流出してしまい、その支払のため発行された手形が再割引きに出された。こうしてライヒスバンクは、1930年から1932年にかけて、地金・外貨準備の1/3を失った。失業者の数は1929年秋の約200万から翌年秋に倍の400万となり、1932年夏に600万となった。失業保険の過酷な受給要件が、1932年平均で受給者割合を2割に抑えた。 1924-1930年(この記事でいう合理化景気の時代)にNY市場で発行されたドル建て外債は、ドーズ公債とヤング公債の主幹事であったJPモルガンをはじめとして、諸邦債がブラウン・ブラザーズ・ハリマンやシティバンク、ゴールドマン・サックスやディロン・リードに発行されていた。.

新しい!!: 第二次世界大戦とヴァイマル共和政 · 続きを見る »

ヴィルヘルム・フルトヴェングラー

ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(Wilhelm Furtwängler, 1886年1月25日 ベルリン - 1954年11月30日 バーデン=バーデン)は、ドイツの指揮者、作曲家。伴奏ピアニストとしての演奏も行った。.

新しい!!: 第二次世界大戦とヴィルヘルム・フルトヴェングラー · 続きを見る »

ヴィルヘルム・カイテル

ヴィルヘルム・ボーデヴィン・ヨハン・グスタフ・カイテル(Wilhelm Bodewin Johann Gustav Keitel, 1882年9月22日 - 1946年10月16日)は、ドイツの軍人。 第二次世界大戦中に国防軍最高司令部(OKW)総長を務め、総統アドルフ・ヒトラーを側近くで補佐した。終戦時にはソ連に対する降伏文書にドイツ軍を代表して調印した。戦後、ニュルンベルク裁判で死刑判決を受けて刑死した。陸軍における最終階級は元帥。.

新しい!!: 第二次世界大戦とヴィルヘルム・カイテル · 続きを見る »

ヴィルヘルム・クーノ

ヴィルヘルム・カール・ヨーゼフ・クーノ(Wilhelm Carl Josef Cuno, 1876年7月2日 - 1933年1月3日)は、ドイツの実業家、政治家。ヴァイマル共和政時代の1922年から翌年にかけて首相を務めた。.

新しい!!: 第二次世界大戦とヴィルヘルム・クーノ · 続きを見る »

ヴィーンヌィツャ大虐殺

ヴィーンニツァ」ドイツのプロパガンダ・ポスター ヴィーンヌィツャの虐殺(ヴィーンヌィツャのぎゃくさつ)は、大粛清時代(1937年-1938年)にウクライナのヴィーンヌィツャで、一般市民がソ連の秘密警察のNKVDによって裁判無しに処刑された事件である。1943年、 ドイツ軍がウクライナを占領していた頃に、ヴィーンヌィツャの共同墓地が発見されて徹底的に調査されたヴァレーリイ・ヴァシーリエウ、ユーリイ・シャポヴァール「大粛清の段階:ヴィーンヌィツャの悲劇」『ゼルカロ・ネデーリ』№ 31 (406), 2002年8月17日-23日 ()。ヴィーンヌィツャの虐殺は、カティンの森事件と同様な規模を持つ虐殺で、共産党のテロの一例である。.

新しい!!: 第二次世界大戦とヴィーンヌィツャ大虐殺 · 続きを見る »

ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世

ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世(Vittorio Emanuele III, 1869年11月11日 - 1947年12月28日)は、サヴォイア朝の第3代イタリア国王(在位:1900年 - 1946年)、初代エチオピア皇帝(在位:1936年 - 1943年)、初代アルバニア国王(在位:1939年 - 1943年)、初代モンテネグロ国王(在位:1941年 - 1943年)。軍事上の称号としては大元帥(1938年-1946年)を用いた。 儀礼称号にエルサレム王、キリキア・ アルメニア王、聖アヌンツィアータ騎士団総長、聖マウリッツィオ・ラザロ騎士団総長、ガーター騎士団団員、マルタ騎士団団員、金羊毛騎士団団員がある。 イタリア王国の君主として大権を揮い、46年間という長期間の在位を通じてサヴォイア家の歴代当主の中でも特筆すべき治世を遺した。第一次世界大戦、第二次世界大戦の双方で主要参戦国の国家指導者として影響を与え、後者に関してはファシズム運動を率いるベニート・ムッソリーニによる全体主義体制とも密接な協力関係を構築した。イタリア国王以外にエチオピア皇帝、アルバニア国王、モンテネグロ国王、クロアチア国王などの王位称号をサヴォイア家の権利とし、その版図を最も拡大したが、第二次世界大戦後の戦後処理において王政が廃止されてエジプト王国へ亡命した。.

新しい!!: 第二次世界大戦とヴィットーリオ・エマヌエーレ3世 · 続きを見る »

ヴィッカース 6トン戦車

ヴィッカース 6トン戦車(ヴィッカース 6トンせんしゃ)は戦間期にイギリスのヴィッカース・アームストロング社が開発した戦車で、ヴィッカース Mark E(Mk. E)の名でも知られる。1928年に完成、イギリス陸軍には採用されず海外輸出用として生産され、多くの国で戦車部隊の基礎となっただけでなく、いくつかの国では独自の発展型も生み出された。第二次世界大戦においても、なお数カ国では現役であった。.

新しい!!: 第二次世界大戦とヴィッカース 6トン戦車 · 続きを見る »

ヴィクター・ホープ (第2代リンリスゴー侯爵)

2代リンリスゴー侯爵、ヴィクター・アレクサンダー・ジョン・ホープ(Victor Alexander John Hope, 2nd Marquess of Linlithgow, 、1887年9月24日 - 1952年1月5日)はイギリスの政治家、貴族。 1936年から1943年にかけてインド総督を務めた。インド人に諮ることなく独断で英領インド帝国を第二次世界大戦に突入させたうえ、インド独立運動に激しい弾圧を加えた。しかし1942年には日本軍の快進撃に刺激されたインド人の反英闘争が最高潮に達し、イギリスのインド支配は破局へと向かい始めた。.

新しい!!: 第二次世界大戦とヴィクター・ホープ (第2代リンリスゴー侯爵) · 続きを見る »

ヴィシー

ヴィシー(、オック語)は、フランス、オーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏、アリエ県のコミューン。温泉保養地。第二次世界大戦期にはヴィシー政権が置かれた場所としても知られている。 モンリュソンに次いで県第2の人口を持つコミューンで、地域圏内ではクレルモン=フェラン、モンリュソン、オーリヤックに次いで第4位であるDans l’Allier, selon En Auvergne, selon 。.

新しい!!: 第二次世界大戦とヴィシー · 続きを見る »

ヴィシー政権

ヴィシー政権(ヴィシーせいけん、Régime de Vichy)は、第二次世界大戦中における、フランスの政権(1940年 - 1944年)。フランス中部の町、ヴィシーに首都を置いたことからそう呼ばれた。「ヴィシー政府」、「ヴィシー・フランス」ともいい、この政権下の体制を「ヴィシー体制」と呼ぶ。正式国名はフランス国(État français、エタ・フランセ)。.

新しい!!: 第二次世界大戦とヴィシー政権 · 続きを見る »

ヴェルサイユ条約

William Orpen ヴェルサイユ条約(ヴェルサイユじょうやく、Traité de Versailles)は、1919年6月28日にフランスのヴェルサイユで調印された、第一次世界大戦における連合国とドイツの間で締結された講和条約の通称。正文はフランス語と英語であり、正式な条約名はそれぞれTraité de paix entre les Alliés et les Puissances associées et l'Allemagne、Treaty of Peace between the Allied and Associated Powers and Germanyであるが、ヴェルサイユ宮殿ので調印されたことによって、ヴェルサイユ条約と呼ばれる。日本における正式条約名は同盟及連合国ト独逸国トノ平和条約(大正9年条約第1号)。この条約および、諸講和条約によってによりもたらされた国際秩序をヴェルサイユ体制という。ヴェルサイユの表記揺れで、ベルサイユ条約やベルサイユ体制と表記することもある。.

新しい!!: 第二次世界大戦とヴェルサイユ条約 · 続きを見る »

ヴェーザー演習作戦

ヴェーザー演習作戦(ヴェーザーえんしゅうさくせん、Unternehmen Weserübung)は、第二次世界大戦中にドイツが実行したノルウェーとデンマークへの侵攻作戦。.

新しい!!: 第二次世界大戦とヴェーザー演習作戦 · 続きを見る »

ヴォルガ川

最上流の町・ルジェフ周辺(1909年から1915年頃のカラー写真) ヴォルガ川流域 ヴォルガ川(ヴォルガがわ、 ヴォールガ)は、ロシア連邦の西部を流れる、ヨーロッパ州最長の川で、ロシア主要部(ヨーロッパ・ロシア中心部)を水系に含む「ロシアの母なる川」でもある。全長は3,690kmにおよぶ。.

新しい!!: 第二次世界大戦とヴォルガ川 · 続きを見る »

ヴォルゴグラード

ヴォルゴグラード(、)は、ロシア連邦のヴォルガ川西岸に南北80kmにわたって広がる都市。ヴォルゴグラード州の州都。人口は101万人。 1925年まではツァリーツィン()、1925年から1961年まではスターリングラード()と呼ばれていた。現在は年に数日のみ市名がスターリングラードとなる(後述)。.

新しい!!: 第二次世界大戦とヴォルゴグラード · 続きを見る »

ボリビア

ボリビア多民族国(ボリビアたみんぞくこく、、、))、通称ボリビアは、南アメリカの共和制国家。国の面積はアメリカ大陸では8番目に、ラテンアメリカでは6番目に、世界的には27番目に大きい国である。日本の約3.3倍の広さである。かつてはより広大な国土面積を有し太平洋沿岸部にも領土があったが、周辺国との戦争に負け続けたために現在では最大時の半分ほどになってしまった。北と東をブラジル、南をアルゼンチン、南東をパラグアイ、南西をチリ、北西をペルーに囲まれた内陸国である。南半球にあり、晴れていれば南十字星が見える眞鍋周三編著 『ボリビアを知るための73章 【第2版】 』 明石書店 2013年 20ページ。憲法上の首都はスクレだが、議会をはじめとした政府主要機関はラパスにある。世界最高高度にある首都である。 かつて「黄金の玉座に座る乞食」と形容されたように、豊かな天然資源を持つにもかかわらず実際には貧しい状態が続いており、現在もラテンアメリカ貧国の一つである。約1万人強の日系ボリビア人がおり、日本人町もある。.

新しい!!: 第二次世界大戦とボリビア · 続きを見る »

ボリス3世 (ブルガリア王)

ボリス3世(、1894年1月30日 - 1943年8月28日)は、ブルガリアの国王(ツァール、在位:1918年10月3日 - 1943年8月28日)。父フェルディナンド1世の退位によって即位した。母はパルマ公ロベルト1世の長女マリア・ルイーザ。.

新しい!!: 第二次世界大戦とボリス3世 (ブルガリア王) · 続きを見る »

ボルネオ島

ボルネオ島(ボルネオとう、Borneo, Pulau Kalimantan)は、東南アジアの島。南シナ海(西と北西)、スールー海(北東)、セレベス海とマカッサル海峡(東)、ジャワ海とカリマタ海峡(南)に囲まれている。インドネシア・マレーシア・ブルネイ、この3か国の領土であり、世界で最も多くの国の領地がある島となっている。 面積は725,500kmで日本の国土の約1.9倍の大きさである。世界の島の中では、グリーンランド島、ニューギニア島に次ぐ、面積第3位の島である(面積順の世界の島一覧も参照)。.

新しい!!: 第二次世界大戦とボルネオ島 · 続きを見る »

トリポリ

トリポリ(Tripoli)は、リビアの首都。リビアの北西部に位置し、地中海に面した港町である。2014年の人口は約112.6万人で、リビア最大の都市である。 都市名はギリシア語で「3つの都市」を意味する Tripolis に由来し、同語源で同名の都市にレバノンのトリポリやギリシャのトリポリがある。.

新しい!!: 第二次世界大戦とトリポリ · 続きを見る »

トレブリンカ強制収容所

トレブリンカ強制収容所(トレブリンカきょうせいしゅうようじょ、Konzentrationslager Treblinka)、もしくはトレブリンカ絶滅収容所(トレブリンカぜつめつしゅうようじょ、Vernichtungslager Treblinka)は、ワルシャワから北東約90kmに存在したナチス・ドイツの強制収容所である。ポーランドのユダヤ人絶滅を目的としたラインハルト作戦に則って作られた三大絶滅収容所の一つである(他にベウジェツ強制収容所、ソビボル強制収容所)。 1942年7月23日の開所から1943年10月19日に放棄されるまでの約14か月の間に、ここで殺害されたユダヤ人の数は73万人以上にのぼる。.

新しい!!: 第二次世界大戦とトレブリンカ強制収容所 · 続きを見る »

トーチ作戦

トーチ作戦(トーチさくせん、Operation Torch)は、1942年11月8日より行われた、連合国軍によるモロッコとアルジェリアへの上陸作戦のことである。 この作戦は当初は「Gymnast(ジムナスト、体育家)」と呼ばれていたが、後に「Torch(たいまつ)」となった。.

新しい!!: 第二次世界大戦とトーチ作戦 · 続きを見る »

トブルク

右上のTobrukがトブルク トブルクの夜景 トブルク(アラビア語:طبرق、ラテン文字表記:TobrukまたはTubruqなど)はリビア東部の地中海岸にある都市。エジプトに近い港湾都市である。2011年の人口は約12万人。 北アフリカ一と言われる天然良港を持ち、都市の周囲は砂漠となっている。キレナイカの主要都市の一つであり、空港もある。古代ギリシャ時代にはギリシャ人の植民都市であったが、その後はキレナイカ地方を守るローマ人の城壁都市となった。その後十数世紀の間、トブルクはキャラバンの中継地点として機能した。 第二次世界大戦時には、要塞であったトブルクは北アフリカ戦線における連合軍・枢軸軍の争奪戦の場となった。開戦時はイタリア領であったものの、イギリス軍が占領し、長期にわたる枢軸軍の包囲に耐えた。その後、枢軸軍が奪回したが、1943年には再びイギリス軍が占領している。 内陸油田からの原油パイプラインがあり、積出し基地となっている。 2009年、ペストのアウトブレイクが発生。患者数5人のうち死亡者は1人。トブルクは、自然界でペストが存在している地域とされるが、過去25年以上、人でのペストは報告されていなかった。.

新しい!!: 第二次世界大戦とトブルク · 続きを見る »

ヘルマン・ゲーリング

ヘルマン・ヴィルヘルム・ゲーリング(Hermann Wilhelm Göring 、1893年1月12日 ‐ 1946年10月15日)は、ドイツの政治家、軍人。 第一次世界大戦でエースパイロットとして名声を得る。戦後の1922年にヒトラーに惹かれて国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)に入党。ミュンヘン一揆の失敗で一時亡命生活を送るも、1928年に国会議員に当選し、1932年の選挙でナチ党が第一党となると国会議長に選出された。ナチ党と上流階級の橋渡し役を務めてナチ党の党勢拡大と政権獲得に貢献した。1933年のナチ党政権誕生後にはプロイセン州首相、航空相、ドイツ空軍総司令官、四ヵ年計画全権責任者、ドイツ経済相、森林長官、狩猟長官など要職を歴任し、ヒトラーの後継者に指名されるなど高い政治的地位を占めた。しかし政権内では対外穏健派だったため、対外強硬派のヒトラーと徐々に距離ができ、1930年代終わり頃から政治的影響力を低下させはじめた。第二次世界大戦中にドイツ空軍の劣勢が目立つようになると一層存在感を落とした。しかし戦後のニュルンベルク裁判では最も主要な被告人としてヒトラーとナチ党を弁護し、検察と徹底対決して注目を集めた。死刑判決後に服毒自殺した。 軍における最終階級は全ドイツ軍で最高位の国家元帥 (Reichsmarschall) である。.

新しい!!: 第二次世界大戦とヘルマン・ゲーリング · 続きを見る »

ヘンリー・カボット・ロッジ

ヘンリー・カボット・ロッジ(Henry Cabot Lodge, 1850年5月12日 - 1924年11月9日)はアメリカ合衆国の政治家、歴史家。.

新しい!!: 第二次世界大戦とヘンリー・カボット・ロッジ · 続きを見る »

ブラックアフリカ

肌の色。サブサハラアフリカの大半に、最も肌の色が黒いネグロイド(黒人)が住む。ただし、北アフリカと南部アフリカ西部の先住民は肌の色が黒くはない。 ブラックアフリカ()は、文字どおりには、アフリカのうちネグロイド(黒人)が主に居住する地域である。コーカソイド(白人)が主に住むホワイトアフリカ(北アフリカ)と対比され、黒人差別する時に使われるケースも多くある。 サブサハラアフリカ(サハラ以南のアフリカ)の同義語とみなされることもあるが、厳密にはサブサハラ全土で黒人が多数派であるわけではなく、マダガスカルのような非黒人地域を除外することもある。.

新しい!!: 第二次世界大戦とブラックアフリカ · 続きを見る »

ブラウ作戦

ブラウ作戦(ブラウさくせん、ドイツ語:Unternehmen Blau)は、第二次世界大戦中の1942年のドイツ軍夏季攻勢計画の名前である。作戦地域は、ロシア南部で、ボルガ河西岸への到達と、コーカサスの征服を含んだ、野心的な作戦計画であった。ドイツ軍は、作戦計画に、色名をつけることが多かったが(ポーランド侵攻.

新しい!!: 第二次世界大戦とブラウ作戦 · 続きを見る »

ブラジル

ブラジル連邦共和国(ブラジルれんぽうきょうわこく、República Federativa do Brasil)、通称ブラジルは、南アメリカに位置する連邦共和制国家である。南米大陸で最大の面積を占め、ウルグアイ、アルゼンチン、パラグアイ、ボリビア、ペルー、コロンビア、ベネズエラ、ガイアナ、スリナム、フランス領ギアナ(つまりチリとエクアドル以外の全ての南米諸国)と国境を接している。また、大西洋上のフェルナンド・デ・ノローニャ諸島、トリンダージ島・マルティン・ヴァス島、セントピーター・セントポール群島もブラジル領に属する。その国土面積は日本の約22.5倍で、アメリカ合衆国よりは約110万km2(コロンビア程度)小さいが、ロシアを除いたヨーロッパ全土より大きく、インド・パキスタン・バングラデシュの三国を合わせた面積の約2倍に相当する。首都はブラジリア。 南アメリカ大陸最大の面積を擁する国家であると同時にラテンアメリカ最大の領土、人口を擁する国家で、面積は世界第5位である。南北アメリカ大陸で唯一のポルトガル語圏の国であり、同時に世界最大のポルトガル語使用人口を擁する国でもある。公用語はポルトガル語ではあるがスペイン語も比較的通じる。ラテンアメリカ最大の経済規模であり、同時に世界で7番目の経済規模でもある。 ブラジルは全体的に低緯度(北部は赤道直下)で、尚且つ海流等の影響もあり気候は大変温暖であり、ポルトガルによる植民地支配が厳格化する17世紀半頃までは、ほとんどの原住民は男女とも全裸に首飾り等の装飾品を付けた状態で生活していたという。.

新しい!!: 第二次世界大戦とブラジル · 続きを見る »

ブリュッセル

ブリュッセル市庁舎 ブリュッセル( 、 、 、 )は、ベルギーの首都である。名称は「沼、湿地(bruoc、bruc、broek)」、「家(sella、zele)」という単語から来ている。ブリュッセル単独で、ベルギーの連邦構成主体である3つの地域のうちの一つ、ブリュッセル首都圏地域(、)を構成している。 人口116万人(2014年)。他の2つの地域と比べて面積は161km2と相対的に狭いが、約30km2の森林地域を除いて、その領域のほとんどが市街化されている。ユーロクリアと国際銀行間通信協会に加え、ロスチャイルド系グループ・ブリュッセル・ランバート本部と本部まで抱える、欧州有数の世界都市である。2013年に行われたアメリカのダウ・ジョーンズらによる調査は、ブリュッセルを世界24位の金融センターと評価している。 16世紀より欧州郵便網(帝国郵便)の起点であった歴史を持つ。1893年、フレンチ・コロニアル・ユニオンのジョゼフ・シェレが国際植民地学院の設立を提唱し、翌年に議会の承認を得た。学院は、植民地の行政・法制を比較研究する目的でブリュッセルにおかれた。戦後にブリュッセルはNATO の原点となり、現在では欧州連合の主要機関とアメリカ合衆国通商代表部の事務所が置かれている。.

新しい!!: 第二次世界大戦とブリュッセル · 続きを見る »

ブリンディジ

ブリンディジ()は、イタリア共和国プッリャ州にある都市で、その周辺地域を含む人口約8万9000人の基礎自治体(コムーネ)。ブリンディジ県の県都である。アドリア海に面した港湾都市で、ローマ帝国時代から地中海の要衝として栄えた。19世紀中盤にスエズ運河が開通して以降は、フランスのマルセイユなどと並び、日本などアジアとヨーロッパとを結ぶ航路(欧亜航路)の発着地のひとつであった。 現在でもイタリア国内をはじめ、ギリシアやアドリア海沿岸諸国、北アフリカをはじめとする地中海地方各地へのフェリーをはじめとする海路の拠点であり、イタリアの代表的な港の一つである。.

新しい!!: 第二次世界大戦とブリンディジ · 続きを見る »

ブルガリア

ブルガリア共和国(ブルガリアきょうわこく)、通称ブルガリアは、ヨーロッパの共和制国家である。 バルカン半島に位置し、北にルーマニア、西にセルビア、マケドニア共和国、南にギリシャ、トルコと隣接し、東は黒海に面している。首都はソフィア。.

新しい!!: 第二次世界大戦とブルガリア · 続きを見る »

ブルガリア王国 (近代)

二次世界大戦で獲得した領土 ブルガリア王国(ブルガリアおうこく、Царство България / Tsarstvo Bulgaria, Kingdom of Bulgaria)は、1908年10月に大ブルガリア公国の大公フェルディナンド1世がツァール(国王)を称することで誕生したブルガリアの王国。君主号のツァールは皇帝の意味も持つため、第一次ブルガリア帝国、第二次ブルガリア帝国に次ぐものとして第三次ブルガリア帝国とも呼ばれる。.

新しい!!: 第二次世界大戦とブルガリア王国 (近代) · 続きを見る »

ブレトン・ウッズ

ブレトン・ウッズ(Bretton Woods)は、アメリカ合衆国ニューハンプシャー州北部、コーアス郡に位置する町、キャロル(Carroll)の一地区。またキャロルの旧町名。ホワイト山地の山々に囲まれ、州の最高峰であるワシントン山の麓に位置している。人口はキャロル町全体でも663人(2000年国勢調査)。ブレトン・ウッズの周辺にはほとんど人家はなく、マウント・ワシントン・ホテルとのほかにはほとんど人工物のない一面の原野が広がっている。 ブレトン・ウッズはリゾート地として知られており、冬にはアルペンスキー・クロスカントリースキーの両方が盛んである。一方、夏にはワシントン山のハイキングの基地となり、マウント・ワシントン・ホテルでのゴルフ客でも賑わう。 しかし、ブレトン・ウッズの名を世界に知らしめているのはやはりこの地で締結されたブレトン・ウッズ協定である。1944年に開かれた国際通貨金融会議によって国際通貨基金(IMF)と国際復興開発銀行(IBRD)が設立され、これらの組織とアメリカ合衆国ドル中心の固定為替相場制を軸とした、いわゆる「ブレトン・ウッズ体制」が生まれた。このブレトン・ウッズ体制は、1971年のニクソン・ショックで崩壊するまで、四半世紀に亘って第二次世界大戦後の世界経済を支えた。.

新しい!!: 第二次世界大戦とブレトン・ウッズ · 続きを見る »

ブレトン・ウッズ協定

ブレトン・ウッズ協定(ブレトン・ウッズきょうてい、Bretton Woods Agreements)とは、第二次世界大戦後半の1944年7月、アメリカ合衆国のニューハンプシャー州ブレトン・ウッズで開かれた連合国通貨金融会議(45ヵ国参加)で締結され、1945年に発効した国際金融機構についての協定である。「アメリカ合衆国ドルを基軸とした固定為替相場制」であり、1オンス35USドルと金兌換によってアメリカのドルと各国の通貨の交換比率(為替相場)を一定に保つことによって自由貿易を発展させ、世界経済を安定させる仕組みであった。この体制は1971年のニクソンショックまで続き、戦後の西側諸国の経済の復興を支えた。この協定に基づいて確立した体制のことをブレトン・ウッズ体制という。.

新しい!!: 第二次世界大戦とブレトン・ウッズ協定 · 続きを見る »

ブロック経済

ブロック経済(ブロックけいざい、bloc economy)とは、世界恐慌後にイギリス連邦やフランスなどの植民地を持つ国が、植民地を「ブロック」として、特恵関税を設定するための関税同盟を結び、第三国に対し高率関税や貿易協定などの関税障壁を張り巡らせて、或いは通商条約の破棄を行って、他のブロックへ需要が漏れ出さないようにすることで、経済保護した状態の経済体制。 主に、世界恐慌以後の1930年代のブロック経済を指す場合が多い。.

新しい!!: 第二次世界大戦とブロック経済 · 続きを見る »

ブーゲンビル島

ブーゲンビル島(ブーゲンビルとう、Bougainville Island)は、パプアニューギニアの島。島全体がブーゲンビル自治州に属している。島名はフランスの探検家ブーガンヴィルから命名された。.

新しい!!: 第二次世界大戦とブーゲンビル島 · 続きを見る »

ブダペスト

ブダペストまたはブダペシュト(Budapest, 英語:, or; )は、ハンガリーの首都であり、同国最大の都市である。 「ブダペスト」として一つの市でドナウ川の両岸を占めるようになったのは1873年11月17日に西岸のブダとオーブダ、東岸のペストが合併してからである。 ドナウ川河畔に位置し、ハンガリーの政治、文化、商業、産業、交通の一大中心都市で、東・中央ヨーロッパでは最大、欧州連合の市域人口では8番目に大きな都市である。しばしばハンガリーのプライメイトシティとも表現される。 ブダペストの市域面積はで、2011年の国勢調査によるブダペストの人口は174万人、ピークであった1989年の210万人より減少している。これは、ブダペスト周辺部の郊外化によるものである。ブダペスト都市圏(通勤圏)の人口は330万人である。 ブダペストの歴史の始まりはローマ帝国のアクインクムとしてで、もともとはケルト人の集落であった。アクインクムは古代ローマの低パンノニア属州の首府となっている。マジャル人がブダペスト周辺にやって来たのは9世紀頃である。最初の集落は1241年から1242年にかけてモンゴルの襲来により略奪された。15世紀に町が再建されるとブダペストはルネサンス期の人文主義者文化の中心となった。続いてモハーチの戦いが起こり、オスマン帝国による150年間の支配が続き、18世紀、19世紀に新しい時代に入ると町は発展し繁栄する。ブダペストは1873年にドナウ川を挟んだ都市の合併が行われると、世界都市となる。また、1848年から1918年の第一次世界大戦勃発まで列強に含まれたオーストリア=ハンガリー帝国のウィーンに続く第二の首都であった。1920年のトリアノン条約によりハンガリーは国土の72%を失い、ハンガリーの文化や経済をブダペストがすべてを占めるようになった。ブダペストはその大きさや人口で圧倒的に優位に立ち、ハンガリーの他の都市を小さく見せていた。ブダペストはハンガリー革命 (1848年)や1919年のハンガリー評議会共和国、1944年のパンツァーファウスト作戦、1945年のブダペスト包囲戦、1956年のハンガリー動乱など数々の歴史的な舞台の場でもあった。 ブダペストはヨーロッパでも最も美しい街の一つで、ドナウ川河岸を含め世界遺産が広がりブダ城やアンドラーシ通り、英雄広場は良く知られている。ブダペスト地下鉄1号線Millenniumi Földalatti Vasútはロンドン地下鉄に次いで世界で2番目に古い地下鉄である。ブダペストの他のハイライトはセーチェーニ温泉を含めた80の温泉で世界でも最大の地下熱水系統がある。世界で3番目に大きなシナゴーグであるドハーニ街シナゴーグや国会議事堂などもブダペストの見所である。ブダペストの観光客数は年間270万人に上り、ロンドンにある民間調査機関ユーロモニターによればブダペストは世界で37番目に旅行者が多い観光地であるとされている。.

新しい!!: 第二次世界大戦とブダペスト · 続きを見る »

ブコビナ

ブコビナ(ウクライナ語:Буковина、ブコヴィナ、ルーマニア語:Bucovina、ブコヴィナ)はウクライナ、ルーマニアの歴史的地名である。カルパティア山脈とドニエストル川に挟まれた地帯一帯を指す地理名称。「ブナの国」の意味で、北部がウクライナのチェルニウツィー州、南部がルーマニアのスチャヴァ県及びボトシャニ県にあたる。 トランシルバニア、ドナウ・デルタと共に「ヨーロッパ最後の秘境」と呼ばれ、多くの動植物が生息する地域。また、16世紀モルダビア公国時代に建設されたルーマニア正教会の修道院やフレスコ画が現在も世界遺産として残されており、観光地としても有名。.

新しい!!: 第二次世界大戦とブコビナ · 続きを見る »

プラハの戦い (第二次世界大戦)

プラハの戦い(プラハのたたかい、Пражская наступательная операция, 「プラハ攻勢」、Prague Offensive)は、第二次世界大戦末期にヨーロッパで行われた、ドイツ軍に対する赤軍の最後の攻勢である。 ナチス・ドイツが1945年5月8日に降伏したにもかかわらず、赤軍によるプラハへの攻撃は5月11日まで行われ、同時にも発生した。.

新しい!!: 第二次世界大戦とプラハの戦い (第二次世界大戦) · 続きを見る »

プリンス・オブ・ウェールズ (戦艦)

プリンス・オブ・ウェールズ (HMS Prince of Wales) は、イギリス海軍の戦艦。キング・ジョージ5世級の2番艦。35.56 cm(14インチ)砲を4連装2基(前部、後部に各一基)連装1基(前部に配置)の10門装備が特徴。艦名は当時の国王ジョージ6世の兄王であるエドワード8世の即位前の称号、王太子(プリンス・オブ・ウェールズ)に由来する。ビスマルク迎撃作戦や地中海輸送掩護で活躍した後、マレー沖海戦で沈没した。.

新しい!!: 第二次世界大戦とプリンス・オブ・ウェールズ (戦艦) · 続きを見る »

プレーク・ピブーンソンクラーム

プレーク・ピブーンソンクラーム(英:Luang Pibulsonggram、タイ語แปลก พิบูลสงคราม 1897年7月14日 - 1964年6月11日)は、タイの政治家である。首相を2度務めた。立憲革命時代から第二次世界大戦をまたいでタイの政治に大きな影響力を持ち続け、永年宰相というあだ名までつけられた『タイ日大辞典』 แปลกปิบูลสงคราม の項・冨田竹二郎著。 日本においては、単にピブン、ピブーンなどと表記されているがこれはあくまで名字の一部であり、単なる便宜上の略称である。本人は ป.พิบูลสงคราม (P.Pibulsonggram)と署名することが多かったという。旧姓はキータサンカ (ขีตตะสังคะ) 、当初の仕官名はルワン・ピブーンソンクラーム。.

新しい!!: 第二次世界大戦とプレーク・ピブーンソンクラーム · 続きを見る »

プロパガンダ

プロパガンダ(羅: propaganda)は、特定の思想・世論・意識・行動へ誘導する意図を持った行為である。 通常情報戦、心理戦もしくは宣伝戦、世論戦と和訳され、しばしば大きな政治的意味を持つ。最初にプロパガンダと言う言葉を用いたのは、1622年に設置されたカトリック教会の布教聖省 (、現在の福音宣教省) の名称である。ラテン語の (繁殖させる、種をまく)に由来する。.

新しい!!: 第二次世界大戦とプロパガンダ · 続きを見る »

プロイェシュティ

プロイェシュティ (ルーマニア語:Ploieşti、古い綴りではPloeşti)は、ルーマニア、ムンテニア地方の都市。プラホヴァ県の県都である。首都ブカレストの北およそ56km地点にある。「黒い金の首都」の異名を持つ石油産業の旧中心地で、4つの製油所とその分野に関連したその他の工場がある。 日本語ではプロエシュチ、プロエシチならびプロイエシティ、プロエシュティ、プロイエスティなどの表記もある。.

新しい!!: 第二次世界大戦とプロイェシュティ · 続きを見る »

パナマ運河

パナマ運河(パナマうんが、Canal de Panamá 、Panama Canal)は、パナマ共和国のパナマ地峡を開削して太平洋とカリブ海を結んでいる閘門式運河である。 パナマ運河の規模は全長約80キロメートル、最小幅91メートル、最大幅200メートル、深さは一番浅い場所で12.5メートルである。マゼラン海峡やドレーク海峡を回り込まずにアメリカ大陸東海岸と西海岸を海運で行き来できる。スエズ運河を拓いたフェルディナン・ド・レセップスの手で開発に着手したものの、難工事とマラリアの蔓延により放棄。その後パナマ運河地帯としてアメリカ合衆国によって建設が進められ、10年の歳月をかけて1914年に開通した。長らくアメリカによる管理が続いてきたが、1999年12月31日正午をもってパナマに完全返還された。現在はパナマ運河庁 (ACP) が管理している。国際運河であり、船籍・軍民を問わず通行が保証されている。 2002年の実績によれば、年間通航船舶数は13,185隻。通航総貨物量は1億8782万トン(いずれもパナマ運河庁調べ)。.

新しい!!: 第二次世界大戦とパナマ運河 · 続きを見る »

パリ

ランドサット パリの行政区 パリ(Paris、巴里)は、フランス北部、イル=ド=フランス地域圏にある都市。フランスの首都であり、イル=ド=フランス地域圏の首府である。 フランス最大の都市であり、同国の政治、経済、文化などの中心である。ロンドン、ニューヨーク、香港、東京などと並ぶ世界トップクラスの世界都市でもある。行政上では、1コミューン単独で県を構成する特別市であり、ルーヴル美術館を含む1区を中心に、時計回りに20の行政区が並ぶ(エスカルゴと形容される)。.

新しい!!: 第二次世界大戦とパリ · 続きを見る »

パリの解放

二次世界大戦におけるパリの解放(パリのかいほう、Libération de Paris)とは、1944年8月19日から8月25日に行われた戦いである。西部戦線とフランスの歴史における大きな節目であった。.

新しい!!: 第二次世界大戦とパリの解放 · 続きを見る »

パリ条約 (1947年)

パリ条約(パリじょうやく、英語:Paris Peace Treaties)は、第二次世界大戦の平和条約のひとつで、1947年2月10日に締結。旧枢軸国イタリア、ルーマニア、フィンランド、ブルガリア、ハンガリーの各国ごとに連合国21か国と結ばれた一連の条約を指す。.

新しい!!: 第二次世界大戦とパリ条約 (1947年) · 続きを見る »

パルチザン

尼港事件を起こした赤軍パルチザン幹部の集合写真 パルチザン(Partisan、Partizan)とは、イタリア語のpartigianoからきたフランス語で、占領軍への抵抗運動や内戦・革命戦争といった非正規の軍事活動を行なう遊撃隊およびその構成員を指す単語である。ゲリラの類義語である。パルチザンの概要については、パルチザン (軍事)を参照。.

新しい!!: 第二次世界大戦とパルチザン · 続きを見る »

パンツァーファウスト

パンツァーファウスト(独:Panzerfaust, 「戦車への拳」)は、第二次世界大戦中のドイツ国防軍が使用した携帯式対戦車擲弾発射器。「ファウストパトローネ(Faustpatrone, 「拳の弾薬」)」とも呼ばれた。使い捨て式の無反動砲の一種であり、弾体はロケット弾とは異なり、推進剤を内蔵しない。後方爆風による危険性は他のロケットランチャーや無反動砲同様に存在し、マニュアルでは射撃時に後方10m以内に入らないよう指示されていた。例えば伏せ撃ちの場合、真後ろに脚があると火傷を負うことになるため、体を捻るように構える必要があった。.

新しい!!: 第二次世界大戦とパンツァーファウスト · 続きを見る »

パンツァーファウスト作戦

パンツァーファウスト作戦(パンツァーファウストさくせん、Unternehmen Panzerfaust)は、ナチス・ドイツと矢十字党により1944年10月15日に実行されたハンガリー王国のクーデター計画。クーデターは成功し、新たにサーラシ・フェレンツを首班とする国民統一政府が成立した。.

新しい!!: 第二次世界大戦とパンツァーファウスト作戦 · 続きを見る »

パーマネントウエーブ

パーマネントウエーブ(permanent wave)とは、毛髪に化学反応を用いて人工的な縮毛を形成する美容技術、もしくはそれによって得られる髪型のことである。略してパーマ(perm)と呼ばれることが多い。 ヘアーアイロンやヘアドライヤーで作る一時的なウェーブに対し、水に濡らしても「半永久的(permanent)に形の崩れないウェーブ」という意味で生まれた用語。.

新しい!!: 第二次世界大戦とパーマネントウエーブ · 続きを見る »

パブロ・ピカソ

パブロ・ピカソ(Pablo Picasso, 1881年10月25日 - 1973年4月8日)は、スペインのマラガに生まれ、フランスで制作活動をした画家、素描家、彫刻家。 ジョルジュ・ブラックとともに、キュビスムの創始者として知られる。生涯におよそ1万3500点の油絵と素描、10万点の版画、3万4000点の挿絵、300点の彫刻と陶器を制作し、最も多作な美術家であると『ギネスブック』に記されている。.

新しい!!: 第二次世界大戦とパブロ・ピカソ · 続きを見る »

ヒトラーユーゲント

ヒトラーユーゲント(Hitlerjugend, Hitler Youth)は、1926年に設けられたドイツのナチス党内の青少年組織に端を発した学校外の放課後における地域の党青少年教化組織で、1936年の法律によって国家の唯一の青少年団体(10歳から18歳の青少年全員の加入が義務づけられた)となった。「ヒトラー青少年団」とも訳される。略号はHJ。.

新しい!!: 第二次世界大戦とヒトラーユーゲント · 続きを見る »

ヒトラー暗殺計画

ヒトラー暗殺計画(ヒトラーあんさつけいかく)は、ヒトラーの政権奪取後、単独犯と組織的なものを合わせて少なくとも42回企てられた。.

新しい!!: 第二次世界大戦とヒトラー暗殺計画 · 続きを見る »

ビュルガーブロイケラー

1923年ごろ、国家社会主義ドイツ労働者党の集会が行われているビュルガーブロイケラーの風景 1939年11月9日、爆破事件翌朝のビュルガーブロイケラー ビュルガーブロイケラー跡地にあるゲオルク・エルザーを記念する銘板 ビュルガーブロイケラー(Bürgerbräukeller)はドイツのミュンヘンにあった大きなビアホールの名称。1885年にビール醸造会社のビュルガーリッヒェス・ブラウハウス(Bürgerliches Brauhaus)が開店させた大規模ビアホールのひとつだったが、1920年にレーベンブロイが同社を合併したあとはレーベンブロイが経営していた。ミュンヘンのハイトハウゼン(Haidhausen)地区のローゼンハイマー通り、現在のガスタイク文化センター(Gasteig、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団の本拠)とホテル・シティ・ヒルトンの中間くらいにあった。 ホール内は1,830人が収容できる規模でレストランとしてだけでなく集会場としても機能し、ヴァイマル共和政期にはさまざまな勢力の政治集会の場となった。特に1920年から1923年にかけて、国家社会主義ドイツ労働者党(NSDAP、ナチス)がこのビアホールを党の演説会や集会の会場に利用していたことで知られる。また1923年11月8日にバイエルン州総督グスタフ・フォン・カールの演説会が行われていた際にアドルフ・ヒトラーらが乱入し、クーデター未遂事件・ミュンヘン一揆(ヒトラー一揆、ビヤホール一揆)を起こした場所としても知られる。 1925年2月27日、解散を命じられていたナチスは再結党集会をビュルガーブロイケラーで開き、ヒトラーは党の敵に対する容赦ない攻撃を訴えた。1933年にナチスが政権を掌握すると、ヒトラーは毎年11月8日にビュルガーブロイケラーを訪れ、当時の一揆の参加者らを前にミュンヘン一揆記念の演説をするのが恒例となった。 1939年、労働者であったゲオルク・エルザーは、1ヶ月以上をかけてホール内のレンガの柱に穴を開け、ミュンヘン一揆記念日に演説中のヒトラーを暗殺するために時限爆弾を仕掛けた。1939年11月8日の午後9時20分、演説会中のビュルガーブロイケラーでこの爆弾が爆発し、死者7人と負傷者63人を出す被害が出た。しかしヒトラー本人はベルリンでの第二次世界大戦情勢に関する会議に出席するため予定より早く演説を切り上げ、会場を後にしたところであり、無傷で済んだ。エルザーは同日夜にスイス国境で逮捕され、ダッハウ強制収容所など各地の収容所に収監され、1945年4月にダッハウで処刑されている。 この暗殺未遂事件でビュルガーブロイケラーの建物自体が大きな損害を受け、結局その後営業は再開されなかった。ヒトラーは1940年以後、ミュンヘン一揆記念演説の場所を市内の別のビアホールであるレーベンブロイケラーに移した。ビュルガーブロイケラーは第二次世界大戦終了までは食糧庫となり、戦後は占領軍であるアメリカ陸軍の食堂となった。1958年には再度大レストラン兼集会場として開業し、音響の良さからミュンヘンフィルの録音スタジオがわりに使用されたこともある。1979年に新しいビルを建てるために解体された。 今日では、ビュルガーブロイケラーの跡地にはエルザーを記念する銘板が残っている。.

新しい!!: 第二次世界大戦とビュルガーブロイケラー · 続きを見る »

ビルマ国民軍

大東亜会議に出席した各国首脳。前列左端がビルマ軍の軍装姿のバー・モウ。続いて、張景恵、汪兆銘、東條英機、ナラーティップポンプラパン、ホセ・ラウレル、スバス・チャンドラ・ボース ビルマ国民軍(ビルマこくみんぐん、Burma National Army, BNA / )あるいはビルマ国軍は、第二次世界大戦中に日本の指導下で「ビルマ国」の国軍として編成された軍事組織である。ビルマの戦いにおいて日本軍に協力することが期待されたが、枢軸国が劣勢になるとビルマ国政府に対して反乱を起こし、日本軍とも戦闘した。戦後のミャンマー軍の前身とみなされている。 本稿では、前身であるビルマ独立義勇軍(Burma Independence Army, BIA)およびビルマ防衛軍(Burma Defence Army, BDA)、反乱後に連合国指導下で活動した後身のビルマ愛国軍(Patriotic Burmese Forces, PBF, 直訳的にはビルマ人愛国者部隊)についても述べる。.

新しい!!: 第二次世界大戦とビルマ国民軍 · 続きを見る »

ビアホール

* ビアホール (beer hall) - 主にビールを提供する飲食店。本稿で詳説する。.

新しい!!: 第二次世界大戦とビアホール · 続きを見る »

ピューリッツァー賞

ピューリッツァー賞(ピューリッツァーしょう、Pulitzer Prize)は、新聞等の印刷報道、文学、作曲に与えられる米国で最も権威ある賞である。2010年からは、インターネット上のニュースサイトも対象となり、プロパブリカやハフポスト(前ハフィントンポスト)などが受賞している。コロンビア大学ジャーナリズム大学院が、同賞の運営を行っている。.

新しい!!: 第二次世界大戦とピューリッツァー賞 · 続きを見る »

ピエトロ・バドリオ

ピエトロ・バドリオ(Pietro Badoglio, duca di Addis Abeba、1871年9月28日 - 1956年11月1日)は、イタリア王国の首相(在任:1943年7月25日 - 1944年6月10日)、初代サボティーノ侯爵、初代アディスアベバ公爵。軍人。姓はバドーリオ、バドリョ、バドーリョとも表記する。.

新しい!!: 第二次世界大戦とピエトロ・バドリオ · 続きを見る »

テヘラン会談

テヘラン会談(テヘランかいだん)は第二次世界大戦における連合国の首脳会談のひとつ。1943年11月28日から12月1日にかけてイランのテヘランで開かれた。 アメリカ、イギリス、ソ連の首脳が一堂に会した初めての会談。主な議題は、ヨーロッパ大陸にナチス・ドイツに対する第二の戦線(西部戦線)を形成することであり、フランスへの連合軍の上陸などが首脳間で調整された。またその他のヨーロッパ諸国への援助などについても話し合われるなど、テヘラン会談を期に連合国の首脳会談は戦争上の諸問題から戦後処理問題へと移っていった。.

新しい!!: 第二次世界大戦とテヘラン会談 · 続きを見る »

テニアン島

テニアン島(テニアンとう、Tinian)は、北マリアナ諸島の島の一つ。面積は約1002で、サイパン島からは約8kmの距離にある。現在はアメリカ合衆国の自治領(北マリアナ諸島に所属)である。.

新しい!!: 第二次世界大戦とテニアン島 · 続きを見る »

デンマーク

デンマーク(Danmark, )は、北ヨーロッパのバルト海と北海に挟まれたユトランド半島とその周辺の多くの島々からなる立憲君主制国家。北欧諸国の1つであり、北では海を挟んでスカンディナヴィア諸国、南では陸上でドイツと国境を接する。首都のコペンハーゲンはシェラン島に位置している。大陸部分を領有しながら首都が島嶼に存在する数少ない国家の一つである(他には赤道ギニア、イギリスのみ)。 自治権を有するグリーンランドとフェロー諸島と共にデンマーク王国を構成している。 ノルディックモデルの高福祉高負担国家であり、市民の生活満足度は高く、2014年の国連世界幸福度報告では第1位であった。.

新しい!!: 第二次世界大戦とデンマーク · 続きを見る »

デ・ハビランド モスキート

デ・ハビランド DH.98 モスキート(de Havilland DH.98 Mosquito)は第二次世界大戦中、主にイギリス空軍で使用された爆撃機で、戦闘機としても申し分ないほどの高性能を示し、機体が木製であったため、「The Wooden Wonder(木造機の奇跡)」と呼ばれた。爆撃機型・戦闘機型以外に、夜間戦闘機型や偵察機型なども作られた。.

新しい!!: 第二次世界大戦とデ・ハビランド モスキート · 続きを見る »

ディーノ・グランディ

初代モルダーノ伯爵ディーノ・グランディ(Dino Grandi conte di Mordano、1895年6月4日–1988年5月21日)は、イタリアの政治家。貴族(モルダーノ伯爵)。ベニート・ムッソリーニのファシスト党政権下で外相などを務めた。1943年にムッソリーニの首相解任動議(グランディ決議)を提出した人物として知られる。.

新しい!!: 第二次世界大戦とディーノ・グランディ · 続きを見る »

ディック・ミネ

ディック・ミネ(1908年10月5日 - 1991年6月10日)は、徳島県徳島市出身の日本のジャズ・ブルース・流行歌歌手、ギタリスト、俳優。訳詞家・編曲家としては本名の三根 徳一(みね とくいち)を名乗り、第二次世界大戦中の敵性語規制の時代には三根 耕一(-こういち)と名乗った。創成期のテイチクレコードの立役者で、日本のジャズ・シンガーの嚆矢として数多くの名演を残すとともに、日本の創成期の流行歌においても多くのヒットを飛ばした。また、トーキー以降の日活と同社が提携したミュージカル映画をはじめとして映画にも多く出演し、その後純然たる俳優としても活躍した。.

新しい!!: 第二次世界大戦とディック・ミネ · 続きを見る »

フランクリン・ルーズベルト

フランクリン・デラノ・ルーズベルト(Franklin Delano Roosevelt, 1882年1月30日 - 1945年4月12日)は、アメリカ合衆国の政治家。姓はローズベルト、ローズヴェルトとも表記。民主党出身の第32代大統領(1933年 - 1945年)。第26代大統領セオドア・ルーズベルトは広義の従兄(五従兄、12親等)に当たる。名前のイニシャルをとってFDRと呼ばれることも多い。.

新しい!!: 第二次世界大戦とフランクリン・ルーズベルト · 続きを見る »

フランス

フランス共和国(フランスきょうわこく、République française)、通称フランス(France)は、西ヨーロッパの領土並びに複数の海外地域および領土から成る単一主権国家である。フランス・メトロポリテーヌ(本土)は地中海からイギリス海峡および北海へ、ライン川から大西洋へと広がる。 2、人口は6,6600000人である。-->.

新しい!!: 第二次世界大戦とフランス · 続きを見る »

フランス共和国臨時政府

フランス共和国臨時政府(フランスきょうわこくりんじせいふ、Gouvernement provisoire de la République française、略記 GPRF)は、1944年6月3日に北アフリカのアルジェで成立した臨時政府。8月のパリの解放とともにパリに移転し、1946年10月27日にフランス第四共和政が成立するまでの期間、憲法制定とフランスの統治に当たった。.

新しい!!: 第二次世界大戦とフランス共和国臨時政府 · 続きを見る »

フランス領インドシナ

フランス領インドシナ フランス領インドシナ(フランスりょうインドシナ、l'Indochine française、, 法属印度支那)は、1887年から1954年まで、大日本帝国により占領された一時期を除きフランスの支配下にあったインドシナ半島(インドシナ)東部地域である。現在のベトナム・ラオス・カンボジアを合わせた領域に相当する。仏印(ふついん)とも略する。.

新しい!!: 第二次世界大戦とフランス領インドシナ · 続きを見る »

フランス領西アフリカ

フランス領西アフリカ(フランスりょうにしアフリカ、French West Africa、Afrique occidentale française, AOF)は、フランス共和国が統治したモーリタニア、セネガル、フランス領スーダン(現在のマリ共和国)、フランス領ギニア(現在のギニア)、コートジボワール、ニジェール、オートボルタ(上ボルタ、現在のブルキナファソ)とフランス領ダホメ(現在のベナン)の旧フランス領8地域のことである。1895年–1902年の首都はサンルイ、1902年からの首都はダカール。.

新しい!!: 第二次世界大戦とフランス領西アフリカ · 続きを見る »

フランス軍

フランス軍(フランスぐん、Forces armées françaises)は、フランス陸軍()・フランス海軍()・フランス空軍()さらに第四の軍としてフランス国家憲兵隊()を保有するフランスの軍隊のことである。.

新しい!!: 第二次世界大戦とフランス軍 · 続きを見る »

フランソワ・ダルラン

ャン・ルイ・グザヴィエ・フランソワ・ダルラン(Jean Louis Xavier François Darlan、1881年8月7日 - 1942年12月24日)は、フランスの海軍軍人、政治家。最終的にフランス海軍の提督に進級、第二次世界大戦中はヴィシー政権の重要人物だった。.

新しい!!: 第二次世界大戦とフランソワ・ダルラン · 続きを見る »

フレンスブルク政府

フレンスブルク政府(フレンスブルクせいふ、Flensburger Regierung, Flensburg Government)は、第二次世界大戦末期にナチス・ドイツで設立された臨時政府。.

新しい!!: 第二次世界大戦とフレンスブルク政府 · 続きを見る »

ファイサル2世 (イラク王)

ファイサル2世・ビン・ガージー(、1935年5月2日 - 1958年7月14日)は、イラク最後の国王(在位:1939年4月4日 - 1958年7月14日)、アラブ連邦元首。.

新しい!!: 第二次世界大戦とファイサル2世 (イラク王) · 続きを見る »

ファシスト党

国家ファシスト党(こっかファシストとう、Partito Nazionale Fascista、PNF)は、かつて存在したイタリア王国の政党。ファシズム運動を掲げ、左右の超越を志向した独裁体制を構築した。 現在のイタリア議会では民主主義に対する脅威として、後継組織である共和ファシスト党と並んで再結党が禁止されている("Transitory and Final Provisions", Disposition XII)。.

新しい!!: 第二次世界大戦とファシスト党 · 続きを見る »

ファシズム

ベニート・ムッソリーニ ファシズム(fascismo fascism)あるいは結束主義(けっそくしゅぎ) 五来欣造 1933年7月12日とは、イタリアのベニート・ムッソリーニと彼が率いた国家ファシスト党が提唱した思想や政治運動、および1922年から1943年までの政権時に行った実践や体制の総称である「(1)狭義では、イタリアのファシスト党の運動、並びに同党が権力を握っていた時期の政治的理念およびその体制。(2)広義では、イタリア-ファシズムと共通の本質をもつ傾向・運動・支配体制。(以下略)」(広辞苑第四版)。広義にはドイツのナチズムなど、独裁的な権力、反抗の弾圧と産業と商取引の制御のような類似の思想・運動・体制も含めて「ファシズム」と呼ばれる場合も多いが、その範囲は多数の議論がある(詳細は用語、定義等を参照)。.

新しい!!: 第二次世界大戦とファシズム · 続きを見る »

フィリップ・ペタン

アンリ・フィリップ・ベノニ・オメル・ジョゼフ・ペタン(Henri Philippe Benoni Omer Joseph Pétain, 1856年4月24日 - 1951年7月23日)は、フランスの軍人、政治家。フランス第三共和政最後の首相およびフランス国(ヴィシー政権)の主席をつとめた。.

新しい!!: 第二次世界大戦とフィリップ・ペタン · 続きを見る »

フィリピン

フィリピン共和国(フィリピンきょうわこく、Republika ng Pilipinas、Republic of the Philippines、) 通称フィリピンは、東南アジアに位置する共和制国家である。島国であり、フィリピン海を挟んで日本とパラオ、ルソン海峡を挟んで台湾、スールー海を挟んでマレーシア、セレベス海を挟んでインドネシア、南シナ海を挟んで中国およびベトナムと対する。フィリピンの東にはフィリピン海、西には南シナ海、南にはセレベス海が広がる。首都はマニラで、最大の都市はケソンである。国名のフィリピンは16世紀のスペイン皇太子フェリペからちなんでいる。.

新しい!!: 第二次世界大戦とフィリピン · 続きを見る »

フィンランド

フィンランド共和国(フィンランドきょうわこく、Suomen tasavalta、Republiken Finland)、通称フィンランドは、北ヨーロッパに位置する共和制国家。北欧諸国の一つであり、西はスウェーデン、北はノルウェー、東はロシアと隣接し、南はフィンランド湾を挟んでエストニアが位置している。 首都ヘルシンキは露仏同盟以来、ロシアの主要都市であるサンクトペテルブルク方面へ西側諸国が投資や往来をするための前線基地となってきた。同じく直近の旧領ヴィボルグはサイマー運河の出口であったが、現在はロシア領で、ノルド・ストリームの経由地となっている。ロシアと欧州諸国の間にある地政学的な重要性から、勢力争いの舞台や戦場にも度々なってきた。 中立的外交の裏では、外交・安全保障やエネルギー政策を巡り東西の綱引きが行われている。国内には原子力発電所があり、オンカロ処分場は2020年に開設されれば世界初の使用済み核燃料の最終処分場となる。情報産業も政治と関係しており、エスコ・アホという首相経験者がノキア取締役を務めている。 人口や経済規模は小さいが、一人当たりGDPなどを見ると豊かで自由な民主主義国として知られている。フィンランドはOECDレビューにおいて「世界で最も競争的であり、かつ市民は人生に満足している国の一つである」と2014年には報告された。フィンランドは収入、雇用と所得、住居、ワークライフバランス、保健状態、教育と技能、社会的結びつき、市民契約、環境の質、個人の安全、主観的幸福の各評価において、すべての点でOECD加盟国平均を上回っている。.

新しい!!: 第二次世界大戦とフィンランド · 続きを見る »

フォルケ・ベルナドッテ

フォルケ・ベルナドッテ フォルケ・ベルナドッテ(Folke Bernadotte af Wisborg, 1895年1月2日 - 1948年9月17日)は、スウェーデンの外交官。スウェーデン王家であるベルナドッテ家の一員で、オスカル2世の次男オスカル・カール・アウグスト王子の子。グスタフ5世の甥に当たる。 スウェーデンの王位継承法では、君主の許可なく結婚した王族とその子孫は王位継承権と称号を失ったが、オスカル2世の王妃ソフィア(フォルケの父方の祖母に当たる)がルクセンブルク大公アドルフの異母妹であった関係で、1868年以降はルクセンブルク大公からそうしたスウェーデン王族全員に対して「ヴィスボリ(ヴィスビューの城塞群のこと)のベルナドッテ伯」の称号が授けられていた。父オスカル王子は平民の娘エバ・ムンクと貴賤結婚したため、2人の間に生まれた子どもたちには王子王女の称号は与えられなかった。そのためフォルケはベルナドッテ伯として知られている。 最初は近衛騎兵の将校であった。スウェーデン・アメリカ合衆国友好使節としてよくアメリカ合衆国を訪問した。第二次世界大戦中の1943年スウェーデン赤十字社副総裁、1946年には総裁となった。大戦中は捕虜交換のために活動し、1945年4月ハインリヒ・ヒムラーと会見し、ドイツの休戦・降伏交渉にも関与するが、不成功に終わる。 デンマークのクルソーにあるフォルケ・ベルナドッテの記念像 1947年5月20日に国連に請われ、1948年第一次中東戦争を解決するため、国連パレスティナ調停官に任命される。イスラエル政府とアラブとの和平に尽力するが、戦闘中の1948年9月17日、エルサレムで武装シオニストの過激派分子・シュテルン(正式名称「イスラエル自由戦士団」)によって国連軍将校とともに射殺された。.

新しい!!: 第二次世界大戦とフォルケ・ベルナドッテ · 続きを見る »

フォート・スティーブンス砲撃

フォート・スティーブンス砲撃は、大東亜戦争(太平洋戦争)中に日本海軍が実施したアメリカ本土砲撃の1つである。1942年6月、日本海軍の伊号第二十五潜水艦がコロンビア川河口に位置する陸軍基地を砲撃した。.

新しい!!: 第二次世界大戦とフォート・スティーブンス砲撃 · 続きを見る »

ドラグーン作戦

ドラグーン作戦(ドラグーンさくせん、Operation Dragoon)は、第二次世界大戦中の1944年8月に行われた、南フランスのプロヴァンス地方への連合国軍の上陸作戦である。.

新しい!!: 第二次世界大戦とドラグーン作戦 · 続きを見る »

ドレスデン

ドレスデン(ドレースデン、Dresden、)は、ドイツ連邦共和国ザクセン州の州都でありエルベ川の谷間に位置している都市である。人口は約51万人(2008年)である。.

新しい!!: 第二次世界大戦とドレスデン · 続きを見る »

ドレスデン爆撃

市役所から見た爆撃直後のドレスデン市街(1945年) 空襲により破壊されたドレスデンの街並み。画面中央に倒壊した聖母教会、その後方にエルベ川が写っている。 ドレスデン爆撃(ドレスデンばくげき、)は、第二次世界大戦終盤の1945年2月13日から15日にかけて連合国軍(イギリス空軍およびアメリカ陸軍航空軍)によって行われた、ドイツ東部の都市、ドレスデンへの無差別爆撃。4度におよぶ空襲にのべ1300機の重爆撃機が参加し、合計3900トンの爆弾が投下された。この爆撃によりドレスデンの街の85%が破壊され、2万5000人とも15万人とも言われる一般市民が死亡した。.

新しい!!: 第二次世界大戦とドレスデン爆撃 · 続きを見る »

ドワイト・D・アイゼンハワー

ドワイト・デビッド・アイゼンハワー(Dwight David Eisenhower、1890年10月14日 - 1969年3月28日)は、アメリカの軍人、政治家。連合国遠征軍最高司令官(英語:Supreme Commander, Allied Expeditionary Force、略称:SCAEF)、陸軍参謀総長、NATO軍最高司令官、第34代大統領を歴任した。アメリカ国民からはアイク(Ike)の愛称で親しまれていた。モットーは「物腰は優雅に、行動は力強く」。.

新しい!!: 第二次世界大戦とドワイト・D・アイゼンハワー · 続きを見る »

ドン川

ドン川(Дон)は、ロシア連邦を流れる主要な川の一つである。 ドン川流域.

新しい!!: 第二次世界大戦とドン川 · 続きを見る »

ドーリットル空襲

ドーリットル空襲(ドーリットルくうしゅう、英語:Doolittle Raid)は、第二次世界大戦中の1942年(昭和17年)4月18日に、アメリカ軍がアメリカ陸軍航空軍の爆撃機(航空母艦より発進)によって実施した日本本土に対する初めての空襲である。名称は爆撃機隊の指揮官であったジミー・ドーリットル中佐に由来する。.

新しい!!: 第二次世界大戦とドーリットル空襲 · 続きを見る »

ドーズ案

ドーズ案(ドーズあん、Dawes Plan)は、第一次世界大戦の敗戦国ドイツの賠償方式を緩和するため、1924年に定められた新たな賠償方式である。アメリカ合衆国の財政家チャールズ・ドーズを委員長とする特別委員会により策定されたためこの名がある。アメリカ資本の投下によるヴァイマル共和政の経済復興を企図し、国内の投信熱を煽った。.

新しい!!: 第二次世界大戦とドーズ案 · 続きを見る »

ドイツ

ドイツ連邦共和国(ドイツれんぽうきょうわこく、Bundesrepublik Deutschland)、通称ドイツ(Deutschland)は、ヨーロッパ中西部に位置する連邦制共和国である。もともと「ドイツ連邦共和国」という国は西欧に分類されているが、東ドイツ(ドイツ民主共和国)の民主化と東西ドイツの統一により、「中欧」または「中西欧」として再び分類されるようになっている。.

新しい!!: 第二次世界大戦とドイツ · 続きを見る »

ドイツ帝国銀行

ドイツ連邦共和国外務省が使用している ドイツ帝国銀行(ドイツていこくぎんこう、Reichsbank)は、1876年から1948年までベルリンに存在したドイツの中央銀行。ライヒスバンクとも呼ばれる。 1871年にドイツ帝国が成立したことに伴い、それまでのプロイセン王国銀行を発展させる形で設立。通貨マルク(後に金マルクと呼ばれる)を発行した。.

新しい!!: 第二次世界大戦とドイツ帝国銀行 · 続きを見る »

ドイツ人追放

二次世界大戦後におけるドイツ人追放(だいにじせかいたいせんごにおけるドイツじんついほう)は、第二次世界大戦末期およびその後に、ナチス・ドイツの領土および占領地に以前から居住もしくは移住したドイツ人が、ソビエト連邦および東欧・中欧の反枢軸国政府によって国外追放された一連の出来事を指す。.

新しい!!: 第二次世界大戦とドイツ人追放 · 続きを見る »

ドイツ・ポーランド不可侵条約

ドイツ・ポーランド不可侵条約(ドイツ・ポーランドふかしんじょうやく、Deutsch-polnischer Nichtangriffspakt、Polsko-niemiecki pakt o nieagresji)は、1934年1月26日に、ナチス・ドイツとポーランドとの間に結ばれた国際条約である。.

新しい!!: 第二次世界大戦とドイツ・ポーランド不可侵条約 · 続きを見る »

ドイツアフリカ軍団

ドイツアフリカ軍団(ドイツアフリカぐんだん、Deutsches Afrikakorps, 略称:DAK)は、第二次世界大戦中に地中海沿岸のイタリア領リビアに派遣された、ドイツ国防軍部隊の名称の一つである。なお、アフリカ派遣軍部隊のすべてがドイツアフリカ軍団に属していた訳ではない。エルヴィン・ロンメルの指揮により、大きな戦果を挙げた。 ドイツアフリカ軍団の戦闘の詳細は、北アフリカ戦線を参照。.

新しい!!: 第二次世界大戦とドイツアフリカ軍団 · 続きを見る »

ドイツ再統一

1990年のドイツ再統一 ドイツ再統一(ドイツさいとういつ、、)は、1990年10月3日、ドイツ連邦共和国(Bundesrepublik Deutschland、「西ドイツ」)にドイツ民主共和国(Deutsche Demokratische Republik、「東ドイツ」)が編入された出来事である。東西ドイツ統一、東西ドイツの統一、ドイツの東西統一などとも呼ばれる。.

新しい!!: 第二次世界大戦とドイツ再統一 · 続きを見る »

ドイツ再軍備宣言

ドイツ再軍備宣言(ドイツさいぐんびせんげん)とは、1935年3月16日にヒトラー政権が、ヴェルサイユ条約の軍事制限条項を破棄し、ドイツの再軍備を宣言したことを指す。.

新しい!!: 第二次世界大戦とドイツ再軍備宣言 · 続きを見る »

ドイツ国防軍

ヘルメットにデカールされていた紋章 1941年、国防軍の陸軍歩兵下士官 ドイツ国防軍(ドイツこくぼうぐん、Wehrmacht)は、1935年から1945年にかけて存在したドイツの武力組織である陸軍、海軍、空軍の三軍の総体を指す。国家唯一の武装者(独:Waffenträger der Nation)と定義される存在であったが、当時のドイツにはナチス党の組織である武装親衛隊など管轄外の武装組織も存在していた。 1935年の再軍備宣言後は徴兵制が復活し総兵力が50万人になり、ポーランド侵攻直前の兵力は318万人と世界でも屈指の規模であった。.

新しい!!: 第二次世界大戦とドイツ国防軍 · 続きを見る »

ドイツ駐留ソ連軍

ドイツ駐留ソ連軍(ドイツちゅうりゅうソれんぐん、ロシア語:Группа советских войск в Германии、ドイツ語:Gruppe der Sowjetischen Streitkräfte in Deutschland)は、1949年から1988年にかけて旧東ドイツに駐留していたソビエト連邦軍部隊である。1945年から1949年はドイツ占領ソ連軍、1988年から1994年は西部軍集団と呼ばれていた。 ドイツに恒久的に駐留するソ連軍は1940年代後半から1989年まで北大西洋条約機構の脅威となっていた優れた地上基地所属の軍隊であり、冷戦期の軍事バランスの主要要素であった。.

新しい!!: 第二次世界大戦とドイツ駐留ソ連軍 · 続きを見る »

ドイツ語

ドイツ語(ドイツご、独:Deutsch、deutsche Sprache)は、インド・ヨーロッパ語族・ゲルマン語派の西ゲルマン語群に属する言語である。 話者人口は約1億3000万人、そのうち約1億人が第一言語としている。漢字では独逸語と書き、一般に独語あるいは独と略す。ISO 639による言語コードは2字が de、3字が deu である。 現在インターネットの使用人口の全体の約3パーセントがドイツ語であり、英語、中国語、スペイン語、日本語、ポルトガル語に次ぐ第6の言語である。ウェブページ数においては全サイトのうち約6パーセントがドイツ語のページであり、英語に次ぐ第2の言語である。EU圏内では、母語人口は域内最大(ヨーロッパ全土ではロシア語に次いで多い)であり、話者人口は、英語に次いで2番目に多い。 しかし、歴史的にドイツ、オーストリアの拡張政策が主に欧州本土内で行われたこともあり、英語、フランス語、スペイン語のように世界語化はしておらず、基本的に同一民族による母語地域と、これに隣接した旧支配民族の使用地域がほとんどを占めている。上記の事情と、両国の大幅な領土縮小も影響して、欧州では非常に多くの国で母語使用されているのも特徴である。.

新しい!!: 第二次世界大戦とドイツ語 · 続きを見る »

ドイツ軍

ドイツ軍(ドイツぐん)は、近代から現代にかけてドイツにおける軍隊、つまり通称で言うところの「ドイツ軍」の正式な名称の変遷と、曖昧さ回避のためのページ。.

新しい!!: 第二次世界大戦とドイツ軍 · 続きを見る »

ドイツ民主共和国

ドイツ民主共和国(ドイツみんしゅきょうわこく、Deutsche Demokratische Republik; DDR)、通称東ドイツ(ひがしドイツ、Ostdeutschland)または東独(とうどく)は、第二次世界大戦後の1949年に旧ドイツ国のソビエト連邦占領地域に建国された国家。旧ドイツ国西部から南部にかけてのアメリカ・イギリス・フランス占領地域に建国されたドイツ連邦共和国(西ドイツ)とともにドイツを二分した分断国家の一つ。1990年、ドイツ連邦共和国に領土を編入される形で消滅した。.

新しい!!: 第二次世界大戦とドイツ民主共和国 · 続きを見る »

ドイツ最終規定条約

ドイツ最終規定条約(ドイツさいしゅうきていじょうやく、独:)は、第二次世界大戦の連合国のうちドイツ占領4か国(フランス・イギリス・アメリカ合衆国・ソビエト連邦)と東西統一直前の西ドイツ・東ドイツとの間で、1990年9月12日に調印、1991年3月15日に発効した条約。.

新しい!!: 第二次世界大戦とドイツ最終規定条約 · 続きを見る »

ニュルンベルク

ニュルンベルク(標準ドイツ語:Nürnberg 、バイエルン語:Niamberg、上部フランケン語(東フランケン語):Nämberch)は、ドイツ連邦共和国バイエルン州のミッテルフランケン行政管区に属する郡独立市。 人口50万人を超えるバイエルン州第2の都市(ドイツ全体では14番目)である。隣接するフュルト、エアランゲン、シュヴァーバッハと共にフランケン地方の経済的・文化的中心をなしている。中世からの伝統ある都市であり、ドイツ統一を主導したホーエンツォレルン家がニュルンベルク城伯を世襲した都市である。また、ナチス政権が最初の大会を開催した都市であり、それゆえナチス政権要人を裁く「ニュルンベルク裁判」が行われたことでも知られる。リヒャルト・ワーグナーの楽劇『ニュルンベルクのマイスタージンガー』の舞台としても知られる。現在も旧市街は中世の城壁で囲まれている。.

新しい!!: 第二次世界大戦とニュルンベルク · 続きを見る »

ニュルンベルク裁判

ニュルンベルク裁判の被告席(前列奥からヘルマン・ゲーリング、ルドルフ・ヘス、ヨアヒム・フォン・リッベントロップ、ヴィルヘルム・カイテル、後列奥からカール・デーニッツ、エーリヒ・レーダー、バルドゥール・フォン・シーラッハ、フリッツ・ザウケル) ニュルンベルク裁判の被告席(後列手前から、デーニッツ、レーダー、シーラッハ、ザウケル、アルフレート・ヨードル、フランツ・フォン・パーペン、アルトゥール・ザイス=インクヴァルト、アルベルト・シュペーア、コンスタンティン・フォン・ノイラート、ハンス・フリッチェ。 前列手前から、ゲーリング、ヘス、リッベントロップ、カイテル、エルンスト・カルテンブルンナー、アルフレート・ローゼンベルク、ハンス・フランク、ヴィルヘルム・フリック、ユリウス・シュトライヒャー、ヴァルター・フンク、ヒャルマル・シャハト) ニュルンベルク裁判(ニュルンベルクさいばん)は、第二次世界大戦においてドイツによって行われた戦争犯罪を裁く国際軍事裁判である(1945年11月20日 - 1946年10月1日)。国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)の党大会開催地であるニュルンベルクで開かれた。日本の極東国際軍事裁判(東京裁判)と並ぶ二大国際軍事裁判の一つ。 最初の主な裁判(英語:Trial of the Major War Criminals Before the International Military Tribunal, IMT)と、それに続く、ニュルンベルクを占領統治していたアメリカ合衆国による12の裁判(英語:Nuremberg Military Tribunals, NMT.

新しい!!: 第二次世界大戦とニュルンベルク裁判 · 続きを見る »

ニューハンプシャー州

ニューハンプシャー州(State of New Hampshire、)は、アメリカ合衆国北東部、ニューイングランド地方に位置する州である。州名はイングランド南部のハンプシャーから採られた。南はマサチューセッツ州、西はバーモント州、東はメイン州と大西洋に接し、また北はカナダのケベック州との国境である。アメリカ合衆国50州の中で、陸地面積では第46位、人口では第42位である。 1776年1月にイギリスと訣別したイギリス領北アメリカ植民地として最初のものとなり、その6か月後には独立宣言を発して、アメリカ合衆国を構成した13植民地の1つとなった。1788年6月21日、アメリカ合衆国憲法を批准した9番目の州となり、憲法成立に必要な州の数を満たしたことで、憲法が効力を発揮した。ニューハンプシャー州は独自の州憲法を持った州としても最初のものだった。 アメリカ合衆国大統領の予備選挙が最初に行われる州として知られている。州都はコンコード市、人口最大の都市はマンチェスター市である。州のレベルでも地方のレベルでも消費税や所得税が課されていないという特徴がある。 州のニックネームは花崗岩の州であり、州内に広範な花崗岩の層と採石場があることから来ている。州のモットーは「自由に生きる、もしくは死を("Live Free or Die")」であり、自動車のナンバープレートにも表示されている。 ニューハンプシャー州出身の著名人として、アメリカ合衆国建国の父の1人ニコラス・ギルマン、上院議員のダニエル・ウェブスター、独立戦争の英雄ジョン・スターク、新聞編集者のホレス・グリーリー、クリスチャン・サイエンスの創設者メリー・ベーカー・エディ、詩人のロバート・フロスト、宇宙飛行士のアラン・シェパード、作家のダン・ブラウンがいる。フランクリン・ピアース大統領も州の出身者である。.

新しい!!: 第二次世界大戦とニューハンプシャー州 · 続きを見る »

ニューヨーク・ポスト

『ニューヨーク・ポスト』 (New York Post) は、アメリカ合衆国における歴史ある、一説によれば最古の新聞である。1933年からタブロイド紙になっている。.

新しい!!: 第二次世界大戦とニューヨーク・ポスト · 続きを見る »

ニューディール政策

ニューディール政策(ニューディールせいさく、New Deal)は、1930年代にアメリカ合衆国大統領フランクリン・ルーズベルトが世界恐慌を克服するために行った一連の経済政策である。新規まき直し政策や、単にニューディールとも呼ばれる。.

新しい!!: 第二次世界大戦とニューディール政策 · 続きを見る »

ニューギニア島

ニューギニア島(ニューギニアとう、、)は、太平洋南部に位置する島であり、インドネシアとパプアニューギニアの2カ国の領土である。島の西半分を領有するインドネシアは東南アジアの国家であるが、島はオセアニアに含まれる。また、メラネシアの島々の一つである。 オーストラリアとはトレス海峡を隔てその北側にある。パプア島・イリアン島 (Irian)とも呼ぶ。 面積は約78.6万km2で日本の国土の約2倍の大きさである。世界の島の中では、グリーンランドに次ぐ面積第2位の島であり、大陸を含めても8番目に広い陸塊である。.

新しい!!: 第二次世界大戦とニューギニア島 · 続きを見る »

ニューズウィーク

『ニューズウィーク』(Newsweek)とは、主に政治や社会情勢などを扱うアメリカ合衆国の週刊誌である。ニューヨークに本社がある。.

新しい!!: 第二次世界大戦とニューズウィーク · 続きを見る »

ホルティ・ミクローシュ

ヴィテーズ・ナジバーニャイ・ホルティ・ミクローシュ( 、1868年6月18日 - 1957年2月9日)は、ハンガリーの海軍軍人、政治家。不在のハンガリー王国における元首たる(kormányzója)を務めた(在任:1920年3月1日 - 1944年10月17日)。フランス語風のミクローシュ・ホルティ・ド・ナジバーニャ()と言う名で知られる。「ヴィテーズ()」 とはハンガリー語で「勇者」を意味し、ナジバーニャイはトランシルヴァニアの都市を指す。1920年に創設された「()」に叙せられた者とその継承者が自らの姓名の前に付ける事を許された称号であり、正式には名前の一部ではない。 ハンガリー王国におけるホルティの地位を表すは、日本語では「摂政」フランク・ティボル著、寺尾信昭訳『ハンガリー西欧幻想の罠』、児島襄『第二次世界大戦 ヒトラーの戦い』「執政」「執政官」等と訳されている。当時のハンガリーは王制である為、本来の国家元首は国王である筈だが、後述する事情によって国王が即位する事が出来ず、その代行として摂政を設置した。.

新しい!!: 第二次世界大戦とホルティ・ミクローシュ · 続きを見る »

ホロドモール

キエフのムィハイロ広場に建てられたホロドモールの慰霊碑 ホロドモール(Голодомо́р;Holodomor, Famine Genocide)は1932年から1933年にかけてウクライナ人が住んでいた各地域でおきた人工的な大飢饉である。 アルメニア人虐殺、ホロコースト、ポル・ポト派による虐殺、ルワンダ虐殺等と並んで20世紀の最大の悲劇の一つ。 ウクライナ人たちは強制移住により、家畜や農地を奪われたために400万人から1,450万人が死亡した。また、600万人以上の出生が抑制された。 この大飢饉が当時のソ連の最高指導者ヨシフ・スターリンによる計画的な飢餓ではないかとする議論が長年続いていた。2006年にウクライナ議会は、「ウクライナ人に対するジェノサイド」であると認定した。また、米英など西側諸国においても同様の見解が示されており、ソビエト連邦による犯罪行為であるとしている。 ホロドモールの主な地域は以下の通り.

新しい!!: 第二次世界大戦とホロドモール · 続きを見る »

ホロコースト

ホロコースト(Holocaust、The Holocaust、חורבן אייראפע、השואה)は、第二次世界大戦中の国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス党)率いるナチス・ドイツがユダヤ人などに対して組織的に行った大量虐殺を指す。元来はユダヤ教の宗教用語にあたる「燔祭」(en)(獣を丸焼きにして神前に供える犠牲)を意味するギリシア語で、のち転じて火災による大虐殺、大破壊、全滅を意味するようになった。英語では、ユダヤ人虐殺に対しては定冠詞をつけて固有名詞 (The Holocaust) とし、その他の用法を普通名詞 (holocaust) として区別している。.

新しい!!: 第二次世界大戦とホロコースト · 続きを見る »

ホーネット (CV-8)

ホーネット(USS Hornet, CV-8)は、アメリカ海軍の航空母艦。ヨークタウン級航空母艦の3番艦。艦名はスズメバチの英語名に因む。アメリカ海軍においてホーネットの名を受け継いだ艦としては七隻目にあたる。ミッドウェー海戦に繋がるドーリットル空襲を行ったドーリットル隊の母艦として有名である。1942年10月、南太平洋海戦にて沈没した。.

新しい!!: 第二次世界大戦とホーネット (CV-8) · 続きを見る »

ホーカー ハリケーン

ハリケーン(Hurricane)は、イギリスのホーカー・エアクラフト社によって1930年代に設計されたレシプロ単発・単座戦闘機である。第二次世界大戦においてイギリス空軍を始めとする連合軍で使用され、バトル・オブ・ブリテンなどで広く活躍した。スピットファイアとの競争作として知られる。.

新しい!!: 第二次世界大戦とホーカー ハリケーン · 続きを見る »

ダンケルク

ダンケルク(Dunkerque, Dunkirk, Duinkerke(n), Dünkirchen, Duinekerke)は、フランス共和国オー=ド=フランス地域圏ノール県(首府、リール)の市。.

新しい!!: 第二次世界大戦とダンケルク · 続きを見る »

ダンケルクの戦い

ダンケルクの戦い(ダンケルクのたたかい、Bataille de Dunkerque, Battle of Dunkirk)は、第二次世界大戦の西部戦線における戦闘の一つで、ドイツ軍のフランス侵攻の1940年5月24日から6月4日の間に起こった戦闘である。追い詰められた英仏軍は、この戦闘でドイツ軍の攻勢を防ぎながら、輸送船の他に小型艇、駆逐艦、民間船などすべてを動員して、イギリス本国(グレートブリテン島)に向けて40万人の将兵を脱出させる作戦(ダイナモ作戦)を実行した。.

新しい!!: 第二次世界大戦とダンケルクの戦い · 続きを見る »

ダッチハーバー

ダッチハーバー (Dutch Harbor) は、アメリカ合衆国アラスカ州の北太平洋、アリューシャン列島のウナラスカ島にある港湾都市である。中黒を入れてダッチ・ハーバーとも表記する。.

新しい!!: 第二次世界大戦とダッチハーバー · 続きを見る »

ダッハウ強制収容所

ダッハウ強制収容所(ダッハウきょうせいしゅうようじょ、独語:Konzentrationslager Dachau)は、ドイツ・バイエルン州・ミュンヘンの北西15キロほどのところにある都市ダッハウに存在したナチス・ドイツの強制収容所である長谷川、63p。ナチスの強制収容所の中ではオラニエンブルク強制収容所と並んで最も古い強制収容所と言われ、後に創設された多くの強制収容所のモデルとなった高橋、35p長谷川、62p。「ダハウ強制収容所」と書かれる事もある高橋、26p。 現在、別館については、難民をはじめとするホームレスの保護施設として使用されている。.

新しい!!: 第二次世界大戦とダッハウ強制収容所 · 続きを見る »

ダイナモ作戦

ダイナモ作戦(ダイナモさくせん、Operation Dynamo)は、第二次世界大戦のダンケルクの戦いにおいて、1940年5月26日から6月4日にかけて行われた、連合軍の大規模撤退作戦のイギリス側コードネームである。イギリス海軍中将バートラム・ラムゼイが本作戦を計画し、イギリス首相ウィンストン・チャーチルにダイナモ・ルーム(ダイナモすなわち発電機があるドーバー城地下の海軍指揮所の一室) にて概要を説明したことから名づけられたHolmes (2001); p. 267。ダンケルク大撤退(Dunkirk evacuation)とも。 9日間に、860隻の船舶が急遽手配され、331,226名の兵(イギリス軍192,226名、フランス軍139,000名)をフランスのダンケルクから救出した。この“ダンケルクの小さな船たち”(Little Ships of Dunkirk)には、様々な貨物船、漁船、遊覧船および王立救命艇協会の救命艇など、民間の船が緊急徴用され、兵を浜から沖で待つ大型船(主に大型の駆逐艦)へ運んだ。この“小さな船たちの奇跡”はイギリス国民の心に深く刻まれ、大いに士気を高揚することとなったが、実際には兵の70%程度は港の防波堤から56隻の駆逐艦その他民間大型船に乗り込み撤退していた。.

新しい!!: 第二次世界大戦とダイナモ作戦 · 続きを見る »

ダウンフォール作戦

ダウンフォール作戦の全体図 ダウンフォール作戦(ダウンフォールさくせん、Operation Downfall)は、太平洋戦争時にアメリカ軍やイギリス軍をはじめとする連合国軍が計画した「日本本土上陸作戦」の作戦名である。日本が作戦実施前に降伏したために、この計画は中止された。 1945年11月実施を前提に計画された「オリンピック作戦」と、1946年春に実施を前提に計画された「コロネット作戦」に分かれており、オリンピック作戦では九州を占領し、コロネット作戦では関東平野の占領を目的としていた。仮にこの作戦が実行されていたなら、史上最大の水陸両用作戦となった。 日本側によって予想された戦闘の全体概要については「本土決戦」(日本側の呼称)を、日本軍の防衛作戦については決号作戦を参照。.

新しい!!: 第二次世界大戦とダウンフォール作戦 · 続きを見る »

ダカール

ダカール(Dakar、現地ウォロフ語表記: Ndakaaru)は、セネガルの首都でありダカール州の州都。アフリカ大陸の西端に位置し大西洋横断貿易において重要な位置を占め、この地域の主要港湾であり、コートジボワールのアビジャンと並んでフランス語圏西アフリカの商業の中心都市である。ダカールの中心地はプラトー地区であり、政治及び商業の中心として機能している。人口2,098,648人(2004年)。 ダカール・ラリーの終着点だったことで知られている。.

新しい!!: 第二次世界大戦とダカール · 続きを見る »

ダカール沖海戦

ダカール沖海戦(ダカールおきかいせん)は、第二次世界大戦においてイギリス海軍とヴィシー・フランス海軍との間で行われた戦闘。自由フランス軍がイギリス艦隊の支援の下ダカール(現・セネガル)へ上陸しようとした(メナス作戦、Operation Menace)が撃退された。.

新しい!!: 第二次世界大戦とダカール沖海戦 · 続きを見る »

ダグラス DC-3

ダグラス DC-3(ダグラス ディーシースリー、Douglas DC-3)は、アメリカ合衆国の航空機メーカーであるダグラス・エアクラフト社(現ボーイング社)が開発した双発のプロペラ旅客機・輸送機である。1936年運用開始。アメリカ軍用輸送機としての制式名称「C-47 スカイトレイン」(C-47 Skytrain)、イギリス軍用輸送機としての名称「ダコタ」(Dakota)でも知られる。.

新しい!!: 第二次世界大戦とダグラス DC-3 · 続きを見る »

ダグラス・マッカーサー

ダグラス・マッカーサー(Douglas MacArthur、1880年1月26日 - 1964年4月5日)は、アメリカの軍人、陸軍元帥。連合国軍最高司令官、国連軍司令官を務めた。コーンパイプがトレードマークであった。 マッカーサーのカナ表記はマックアーサーとされている場合がある。.

新しい!!: 第二次世界大戦とダグラス・マッカーサー · 続きを見る »

ベネルクス

ベネルクス(Benelux)は、ベルギー、オランダ、ルクセンブルクの3か国の集合を指し示す名称。この3か国はいずれも立憲君主制を採用している。周辺の国に比べて国土が狭い(北海道よりやや小さい)という特徴があり、3か国すべてを合わせても、国土面積は隣国ドイツの1/5、フランスの1/9程度に過ぎないが、人口密度は非常に高い。 そのため、この3か国は大国に対抗するために緊密な経済協力を行っている。3か国は共に欧州連合(EU)の加盟国であり、ブリュッセルやルクセンブルク市はEUの政治的な中心都市でもある。.

新しい!!: 第二次世界大戦とベネルクス · 続きを見る »

ベララベラ島

ベララベラ島(ベララベラとう)またはヴェララヴェラ島は、ソロモン諸島西部州の島。ニュージョージア島の西にあり、ニュージョージア諸島の一部である。ベララベラ島の西にはトレジャリー諸島がある。 面積は652kmで、1568年にスペインの探検家メンダーニャが発見したとされている。 第二次世界大戦中、この島の周辺で第二次ベララベラ海戦があった。.

新しい!!: 第二次世界大戦とベララベラ島 · 続きを見る »

ベルリン

ベルリン(Berlin 、伯林)は、ドイツ北東部、ベルリン・ブランデンブルク大都市圏地域の中心に位置する都市である。16ある連邦州のうちの一つで、市域人口は万人とドイツでは最大の都市で欧州連合の市域人口ではロンドンに次いで2番目に多く、都市的地域の人口は7番目に多い。同国の首都と定められている。.

新しい!!: 第二次世界大戦とベルリン · 続きを見る »

ベルリンの戦い

ベルリンの戦い(ベルリンのたたかい)英語Battle of Berlinは、第二次世界大戦末期、1945年4月16日の赤軍のゼーロウ高地攻撃開始から、総統地下壕におけるヒトラーの自殺、国会議事堂の陥落、5月2日のドイツ国防軍のベルリン防衛軍司令官ヘルムート・ヴァイトリングの降伏に至るまで、ベルリン周辺で展開された赤軍とドイツ軍の戦闘のことである。.

新しい!!: 第二次世界大戦とベルリンの戦い · 続きを見る »

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(ドイツ語:Berliner Philharmoniker ベルリーナー・フィルハルモニカー)は、ドイツ・ベルリンのフィルハーモニー(Berliner Philharmonie ベルリーナー・フィルハルモニー)に本拠を置くオーケストラである。 正式な略称はBPhであるが、かつては Berliner Philharmonisches Orchester という名称も併用していたため(後述)、BPOと略されることがある。日本で定着している「ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団」はこのBerliner Philharmonisches Orchesterの訳である。.

新しい!!: 第二次世界大戦とベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 · 続きを見る »

ベルンハルト作戦

ベルンハルト作戦(ベルンハルトさくせん、Aktion Bernhard、Operation Bernhard)とは、第二次世界大戦中の1943年から敗戦まで、連合国の1国であるイギリス経済撹乱を狙って実施されたナチス・ドイツによるポンド紙幣贋造の秘密作戦である。国家機関による通貨贋造事件としては史上最大規模であった。.

新しい!!: 第二次世界大戦とベルンハルト作戦 · 続きを見る »

ベルギー

ベルギー王国(ベルギーおうこく)、通称ベルギーは、西ヨーロッパに位置する連邦立憲君主制国家。隣国のオランダ、ルクセンブルクと合わせてベネルクスと呼ばれる。首都のブリュッセル(ブリュッセル首都圏地域)は欧州連合(EU)の主要機関の多くが置かれているため、"EUの首都"とも言われており、その通信・金融網はヨーロッパを越えて地球規模である。憲法上の首都は19の基礎自治体から成るブリュッセル首都圏の自治体の一つ、ブリュッセル市である。 19世紀にネーデルラント連合王国から独立した国家で、オランダ語の一種であるフラマン語が公用語の北部フランデレン地域とフランス語が公用語の南部ワロン地域とにほぼ二分される(この他にドイツ語が公用語の地域もある)。建国以来、単一国家であったが、オランダ語系住民とフランス語系住民の対立(言語戦争)が続いたため、1993年にフランデレン地域とワロン地域とブリュッセル首都圏の区分を主とする連邦制に移行した。.

新しい!!: 第二次世界大戦とベルギー · 続きを見る »

ベンガジ

ベンガジ(Benghazi)は、リビア北東部に位置する主要な港湾都市である。2011年の人口は約63.2万人。地元言語ではバンガーズィ()と呼ばれる。.

新しい!!: 第二次世界大戦とベンガジ · 続きを見る »

ベッサラビア

ベッサラビア(ルーマニア語:Basarabia、ウクライナ語:Бессарабія、トルコ語:Besarabya)は、1806年の露土戦争の結果、ルーマニア人のモルダビア公国領を、当時宗主権を持っていたオスマン帝国がロシア帝国に一部割譲した際に、割譲した公国東部地方をロシア側が指していった名称である。モルダビア公国の残余部分は1859年、ワラキア公国と同君連合を形成し、1881年にルーマニア王国となった。1918年、ベッサラビアは革命後のロシアから独立を宣言。第一次世界大戦終結時にはルーマニア王国と合併した。第二次世界大戦初期の1940年、ソビエト連邦はベッサラビアを併合。1941年から44年までのルーマニア占領期を経て、大戦末期の1944年、ソビエト連邦が再占領し、モルダビア・ソビエト社会主義共和国に再編した。北部と南部の一部地域はウクライナ・ソビエト社会主義共和国に組み入れられた。1991年、モルダビア・ソビエト社会主義共和国はソビエト連邦から独立を宣言し、モルドバ共和国となった。.

新しい!!: 第二次世界大戦とベッサラビア · 続きを見る »

ベトナム戦争

ベトナム戦争(ベトナムせんそう, Vietnam War)は、インドシナ戦争後に南北に分裂したベトナムで発生した戦争の総称。第二次インドシナ戦争(Second Indochina War)ともいわれた。ベトナム社会主義共和国では米国戦争()、対米抗戦()、抗米救国戦争()などと呼ばれる。.

新しい!!: 第二次世界大戦とベトナム戦争 · 続きを見る »

ベニート・ムッソリーニ

ベニート・アミールカレ・アンドレーア・ムッソリーニ(Benito Amilcare Andrea Mussolini、1883年7月29日 - 1945年4月28日)は、イタリアの政治家、教師、軍人。 イタリア社会党で活躍した後に新たな政治思想ファシズムを独自に構築し、国家ファシスト党による一党独裁制を確立した。.

新しい!!: 第二次世界大戦とベニート・ムッソリーニ · 続きを見る »

制空権

制空権(せいくうけん、control of the air及び、その段階であるair supremacy 及び air superiority)とは、航空戦において味方の航空戦力が空において敵の航空戦力を撃破または抑制して優勢であり、所望の空域を統制または支配し、敵から大きな妨害を受けることなく、陸・海・空の諸作戦を実施できる状態およびその力である。 NATO(北大西洋条約機構)及びアメリカ国防総省は「control of the air(制空権)」を、完全に航空脅威を取り除き制圧した状態である「Air supremacy」と一時的に航空脅威を排除して諸作戦を実施しやすくする「Air superiority」の段階に分けている。 日本では、前者の段階を「制空権」、後者の段階を「航空優勢(こうくうゆうせい、air superiority)」と区別することもある。また、戦史叢書では、航空兵力で所要空域を制圧する状態を「制空(せいくう)」、制空の実を持続することを「制空権を取る」と区別している。.

新しい!!: 第二次世界大戦と制空権 · 続きを見る »

列強

国連安保理で拒否権を持たない列強:日本, ドイツ 列強(れっきょう、great powers, major powers)とは、世界規模の影響力を持つ複数の国家を指す用語である。 列強は経済的、軍事的、外交的、文化的、政治的などの力を持ち、しばしば他の小国の行動に影響を与える。国際関係の理論では列強の位置づけは、その力を発揮できる能力や、領土などの空間や、国際的な地位などの面から特徴づけられる。 いくつかの諸国が広く列強と呼ばれているが、その明確な定義は存在せず、ウィーン会議などの国際会議や国際連合安全保障理事会などの国際組織によって公式に認識されるDanilovic, Vesna.

新しい!!: 第二次世界大戦と列強 · 続きを見る »

喫茶店

大手チェーン店の新しい店舗の一例(コメダ珈琲・海老名FC店) 喫茶店(きっさてん)とは、コーヒーや紅茶などの飲み物、菓子・果物・軽食を客に供する飲食店のこと広辞苑「喫茶店」。 日本では、フランスのカフェを意識した店舗などを中心に「カフェ」と呼ばれることも多い。和風の茶房(さぼう)や茶寮(さりょう)という呼び方もある。もともと日本で茶を出す店は「茶店(ちゃみせ)」「茶屋(ちゃや)」などと呼んでいた。 また、コーヒーなどを提供する風俗店や娯楽を提供する店にも「喫茶店」の名が使われる事もある(この分野の詳細は関連業種を参考のこと)。.

新しい!!: 第二次世界大戦と喫茶店 · 続きを見る »

アペニン山脈

アペニン山脈(アペニンさんみゃく、イタリア語:Appennini)は、新期造山帯に属し、イタリアに存在する山脈。イタリア半島を縦貫する山脈であり、長さは約1,200km。北・中央・南に区分される。最高峰は中央アペニン山脈にあるコルノ・グランデの標高2,912m。.

新しい!!: 第二次世界大戦とアペニン山脈 · 続きを見る »

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国(アメリカがっしゅうこく、)、通称アメリカ、米国(べいこく)は、50の州および連邦区から成る連邦共和国である。アメリカ本土の48州およびワシントンD.C.は、カナダとメキシコの間の北アメリカ中央に位置する。アラスカ州は北アメリカ北西部の角に位置し、東ではカナダと、西ではベーリング海峡をはさんでロシアと国境を接している。ハワイ州は中部太平洋における島嶼群である。同国は、太平洋およびカリブに5つの有人の海外領土および9つの無人の海外領土を有する。985万平方キロメートル (km2) の総面積は世界第3位または第4位、3億1千7百万人の人口は世界第3位である。同国は世界で最も民族的に多様かつ多文化な国の1つであり、これは多くの国からの大規模な移住の産物とされているAdams, J.Q.;Strother-Adams, Pearlie (2001).

新しい!!: 第二次世界大戦とアメリカ合衆国 · 続きを見る »

アメリカ本土空襲

アメリカ本土空襲(アメリカほんどくうしゅう)は、第二次世界大戦(太平洋戦争(大東亜戦争))中に行われた、大日本帝国海軍の艦載機および大日本帝国陸軍の風船爆弾(気球爆弾)によるアメリカ合衆国本土を目標とした一連の空襲のことである。これらの日本軍による一連の空襲作戦はアメリカ合衆国史上初、そして2018年現在、最後のアメリカ本土に対する空襲である。.

新しい!!: 第二次世界大戦とアメリカ本土空襲 · 続きを見る »

アメリカ海軍情報局

アメリカ海軍情報部または海軍情報局(英語:Office of Naval Intelligence 略称:ONI)とは、アメリカ海軍の情報機関。 アメリカ合衆国のインテリジェンス・コミュニティー(情報共同体)の一員であり、陸軍の情報保全コマンド(INSCOM)、空軍の情報・監視・偵察局(AFISR)、海兵隊の情報部とともに、国防総省の管轄下にある四軍の情報機関の1つとして任務に当たっている。.

新しい!!: 第二次世界大戦とアメリカ海軍情報局 · 続きを見る »

アラドAr234

Ar 234 ブリッツ(Blitz:電撃の意)は、第二次世界大戦末期にドイツのアラド社によって開発された世界初のジェット推進爆撃機。当初は高速偵察機として開発されていた。 大戦末期、連合軍に制空権を握られていた状況下にあっても高高度を700km/h近い速度で巡航するAr 234は事実上捕捉不能で、貴重な写真偵察情報を幾度ももたらしたが、それを活用するだけの戦力はドイツには残されていなかった。.

新しい!!: 第二次世界大戦とアラドAr234 · 続きを見る »

アラスカ州

アラスカ州(State of Alaska )は、アメリカ合衆国最北端にある州。アリューシャン列島を含む。北アメリカ大陸北西の端にあり、合衆国本土とはカナダを挟んで飛地になっている。アラスカでは、合衆国本土を"lower 48"(直訳:南方の48州。アメリカ50州からアラスカとハワイを除いたもの)と呼ぶことがある。 アメリカ合衆国の州の中では面積最大であり、東はカナダ、北は北極海、西と南は太平洋と接し、西のベーリング海を隔ててロシアとも海上の国境がある。2010年国勢調査による人口は710,231人であり、その約半分はアンカレッジ都市圏に住んでいる。州都はジュノー市で、最大都市はアンカレッジ市である。海港アンカレッジはかつてアジアとアメリカおよびヨーロッパを結ぶ航空路線の寄港地として知られた。アメリカ合衆国の州の中では人口密度が最小の州でもある。 アラスカは1867年3月30日にロシア帝国からアメリカ合衆国が買収した。その後幾つかの管理形態の変遷を経て、1912年5月11日にアラスカ準州、1959年1月3日にアラスカ州となった。.

新しい!!: 第二次世界大戦とアラスカ州 · 続きを見る »

アリューシャン列島

アリューシャン列島(アリューシャンれっとう、Aleutian Islands; 「アレウトの島々」の意)は、北太平洋に弧状に連なり、アメリカ合衆国のアラスカ半島からロシアのカムチャツカ半島にかけて約1,930キロメートルにわたって延びる列島である。.

新しい!!: 第二次世界大戦とアリューシャン列島 · 続きを見る »

アルミニウム

アルミニウム(aluminium、aluminium, aluminum )は、原子番号 13、原子量 26.98 の元素である。元素記号は Al。日本語では、かつては軽銀(けいぎん、銀に似た外見をもち軽いことから)や礬素(ばんそ、ミョウバン(明礬)から)とも呼ばれた。アルミニウムをアルミと略すことも多い。 「アルミ箔」、「アルミサッシ」、一円硬貨などアルミニウムを使用した日用品は数多く、非常に生活に身近な金属である。天然には化合物のかたちで広く分布し、ケイ素や酸素とともに地殻を形成する主な元素の一つである。自然アルミニウム (Aluminium, Native Aluminium) というかたちで単体での産出も知られているが、稀である。単体での産出が稀少であったため、自然界に広く分布する元素であるにもかかわらず発見が19世紀初頭と非常に遅く、精錬に大量の電力を必要とするため工業原料として広く使用されるようになるのは20世紀に入ってからと、金属としての使用の歴史はほかの重要金属に比べて非常に浅い。 単体は銀白色の金属で、常温常圧で良い熱伝導性・電気伝導性を持ち、加工性が良く、実用金属としては軽量であるため、広く用いられている。熱力学的に酸化されやすい金属ではあるが、空気中では表面にできた酸化皮膜により内部が保護されるため高い耐食性を持つ。.

新しい!!: 第二次世界大戦とアルミニウム · 続きを見る »

アルバニア

アルバニア共和国(アルバニアきょうわこく、Shqipëria)、通称アルバニアは、東ヨーロッパのバルカン半島南西部に位置する共和制国家。首都はティラナ。 西はアドリア海に面し、北にはモンテネグロ、東にはマケドニア共和国とコソボ、南にはギリシャと国境を接する。 宗教の信者数はオスマン帝国支配等の歴史的経緯から、イスラム教徒である国民が大半を占めるが、信仰形態は非常に世俗的である。また、キリスト教の正教会やカトリックの信者も少なくない。なお、欧州で唯一のイスラム協力機構正規加盟国である。 1992年 - 1998年の国章 オスマン帝国時代アルバニア系人の旗(1453–1793).

新しい!!: 第二次世界大戦とアルバニア · 続きを見る »

アルデンヌ

アルデンヌ(フランス語:Ardennes, オランダ語:Ardennen)は、ベルギー南東部、ルクセンブルク、および一部がフランスにまたがる地域の名。この地名はフランスではアルデンヌ県、およびそれを含むシャンパーニュ=アルデンヌ地域圏の名にも用いられている。なお、フランスのアルデンヌ県には定冠詞つき複数形"les Ardennes"、ベルギーのフランス語地域では単数形の"Ardenne"が普通使われる。.

新しい!!: 第二次世界大戦とアルデンヌ · 続きを見る »

アルフレート・ヨードル

アルフレート・ヨーゼフ・フェルディナント・ヨードル(Alfred Josef Ferdinand Jodl、1890年5月10日 - 1946年10月16日)は、ドイツの軍人。第二次世界大戦時に国防軍最高司令部作戦部長の地位にあり、陸海空三軍の調整役を務めた 山崎,238頁。1945年5月7日にドイツ降伏文書の調印を行った。戦後、ニュルンベルク裁判の被告人の1人とされ、絞首刑に処された。最終階級は上級大将。.

新しい!!: 第二次世界大戦とアルフレート・ヨードル · 続きを見る »

アルベルト・シュペーア

ベルトルト・コンラート・ヘルマン・アルベルト・シュペーア(Berthold Konrad Hermann Albert Speer、1905年3月19日 - 1981年9月1日)は、ドイツの建築家、政治家。アルバート・シュペーア、アルベルト・シュペールなどとも表記される。アドルフ・ヒトラーが最も寵愛した建築家として知られる。ヒトラー政権のもとでを務め、終身刑に処されたルドルフ・ヘス、および音楽指揮者アウグスト・クビツェクを除けば戦後を生きたナチ関係者の中で最もヒトラーと親しかった人物として知られる。.

新しい!!: 第二次世界大戦とアルベルト・シュペーア · 続きを見る »

アルベール・ルブラン

アルベール・ルブラン(, 1871年8月29日 - 1950年3月6日)は、フランスの政治家。第15代大統領(フランス第三共和制)。中道右派・民主同盟(民主共和同盟)所属。 1871年8月29日、ムルト.

新しい!!: 第二次世界大戦とアルベール・ルブラン · 続きを見る »

アルジェリア

アルジェリア民主人民共和国(アルジェリアみんしゅじんみんきょうわこく)、通称アルジェリアは、北アフリカのマグリブに位置する共和制国家。東にチュニジア、リビアと、南東にニジェールと、南西にマリ、モーリタニアと、西にモロッコ、サハラ・アラブ民主共和国と国境を接し、北は地中海に面する。地中海を隔てて北に旧宗主国のフランスが存在する。首都はアルジェ。 アフリカ世界と地中海世界とアラブ世界の一員であり、アフリカ連合とアラブ連盟と地中海連合とアラブ・マグレブ連合に加盟している。2011年の南スーダン独立によりスーダンが分割され領土が縮小したことで、スーダンを超えてアフリカ大陸において最も領土が広い国となった。世界全体でも第10位の領土面積である。.

新しい!!: 第二次世界大戦とアルジェリア · 続きを見る »

アルゼンチン

アルゼンチン共和国(アルゼンチンきょうわこく、República Argentina)、通称アルゼンチンは、南アメリカ南部に位置する連邦共和制国家である。西と南にチリ、北にボリビア・パラグアイ、北東にブラジル・ウルグアイと国境を接し、東と南は大西洋に面する。ラテンアメリカではブラジルに次いで2番目に領土が大きく、世界全体でも第8位の領土面積を擁する。首都はブエノスアイレス。 チリと共に南アメリカ最南端に位置し、国土の全域がコーノ・スールの域内に収まる。国土南端のフエゴ島には世界最南端の都市ウシュアイアが存在する。アルゼンチンはイギリスが実効支配するマルビナス諸島(英語ではフォークランド諸島)の領有権を主張している。また、チリ・イギリスと同様に南極の一部に対して領有権を主張しており、アルゼンチン領南極として知られる。 2005年と2010年に債務額を大幅にカットする形で債務交換を強行し、9割以上の債務を再編した。これはアメリカ合衆国との国際問題に発展した。.

新しい!!: 第二次世界大戦とアルゼンチン · 続きを見る »

アレクサンドリア

アレクサンドリア (羅/Alexandria, الإسكندرية, Ἀλεξάνδρεια) は、カイロに次ぐエジプト第2の都市で、アレクサンドリア県の県庁所在地である。2010年の都市的地域の人口は429万人である。マケドニア国王アレクサンドロス3世(アレクサンダー大王)が、その遠征行の途上でオリエントの各地に自らの名を冠して建設したギリシア風の都市の第一号であった。 建設当時のギリシア語(古典ギリシア語再建音)ではアレクサンドレイア (Ἀλεξάνδρεια, Alexandreia)。現代の現地語であるアラビア語においても「アレクサンドロス(イスカンダル)の町」を意味する名で呼ばれており、文語のフスハーではアル=イスカンダリーヤ (الإسكندرية, al-Iskandariyya)、口語のエジプト方言ではエスケンデレイヤ (اسكندريه, Eskendereyya) という。 「地中海の真珠」とも呼ばれる港町アレクサンドリアでは、街中に英語の看板も多く、大きなサッカー場もある。歴史的経緯から多くの文化的要素を合わせ持ち、独特かつ開放的でコスモポリタン、そこはかとなく欧米的な雰囲気が漂う国際観光・商業都市である。国際機関も置かれ、世界保健機関の東地中海方面本部がある。 世界的な企業や組織の支部、支社が置かれ、現在は北アフリカ有数の世界都市にまで成長している。近現代の世界では「アレクサンドリア」と言えば当地を指す場合が多い。.

新しい!!: 第二次世界大戦とアレクサンドリア · 続きを見る »

アントン作戦

アントン作戦(アントンさくせん、Unternehmen Anton)は、第二次世界大戦中の1942年にドイツとイタリアが実行したヴィシー・フランス占領作戦である。.

新しい!!: 第二次世界大戦とアントン作戦 · 続きを見る »

アントニオ・サラザール

アントニオ・デ・オリヴェイラ・サラザール(António de Oliveira Salazar、1889年4月28日 - 1970年7月27日)は、ポルトガルの政治家。首相および一時大統領で、エスタド・ノヴォの権威主義的独裁者と言われた。.

新しい!!: 第二次世界大戦とアントニオ・サラザール · 続きを見る »

アンドレ・ジッド

アンドレ・ポール・ギヨーム・ジッド(André Paul Guillaume Gide, 1869年11月22日 - 1951年2月19日)は、フランスの小説家。アンドレ・ジイド(昭和時代はこの表記が多かった)、アンドレ・ジードとも表記される。.

新しい!!: 第二次世界大戦とアンドレ・ジッド · 続きを見る »

アンシュルス

アンシュルス(Anschluss、当時の表記はAnschluß)とは、単語としては「接続・合併」を意味する。日本では、1938年3月13日のドイツによるオーストリア合邦(Der Anschluss Österreichs an das Deutsche Reich)の意味で使われ、独墺合邦、オーストリア併合等と訳される。.

新しい!!: 第二次世界大戦とアンシュルス · 続きを見る »

アーチボルド・ウェーヴェル (初代ウェーヴェル伯爵)

初代ウェーヴェル伯爵アーチボルド・パーシヴァル・ウェーヴェル元帥(Field Marshal Archibald Percival Wavell, 1st Earl Wavell, 、1883年5月5日 - 1950年5月24日)は、イギリスの軍人、政治家、貴族。 第二次世界大戦開戦時に中東駐留軍司令官の地位にあり、北アフリカ戦線でエルヴィン・ロンメル率いるドイツ軍と対峙したが、敗北して1941年に解任される。その後インド駐留軍司令部司令官・ABDA司令部司令官としてアジア方面で日本軍との戦闘の指揮を執るも再び敗北。1943年10月からインド総督に就任し、行政分野に転じた。.

新しい!!: 第二次世界大戦とアーチボルド・ウェーヴェル (初代ウェーヴェル伯爵) · 続きを見る »

アーネム

アーネムまたはアルンヘム(Arnhem.

新しい!!: 第二次世界大戦とアーネム · 続きを見る »

アッツ島

1~5 - ニア諸島 1 - アッツ島 2 - アガッツ島 3~5 - セミチ諸島 3 - アライド島 4 - ニズキ島 5 - シェムリャ島 6 - ブルダー島 7~15 - ラット諸島 7 - キスカ島 8 - 小キスカ島 9 - セグラ島 10 - クヴォストフ島 11 - ダヴィドフ島 12 - 小スィッキン島 13 - ラット島 14 - アムチトカ島 15 - セミソポクノイ島 アッツ島(アッツとう、)はアラスカ州アリューシャン列島のニア諸島最西部にあるアメリカ領の島。東西70km、南北30kmの大きさアッツ島迫る「玉砕」…米軍上陸直前の写真残る 読売新聞 2015年7月11日(土)20時48分配信。熱田島(あつたとう)とも呼ばれる。2015年現在、厳しい上陸規制があるため無人であり、アメリカ沿岸警備隊の巡回以外に上陸者はいない。.

新しい!!: 第二次世界大戦とアッツ島 · 続きを見る »

アッツ島の戦い

青い矢印が米軍の進路、赤い矢印は29日の日本軍最後の反撃の進路 アッツ島の戦い(アッツとうのたたかい、Battle of Attu)は、1943年(昭和18年)5月12日にアメリカ軍のアッツ島上陸によって開始された日本軍とアメリカ軍との戦闘である。山崎保代陸軍大佐の指揮する日本軍のアッツ島守備隊は上陸したアメリカ軍と17日間の激しい戦闘の末に玉砕した。太平洋戦争において、初めて日本国民に日本軍の敗北が発表された戦いであり、また第二次世界大戦で唯一、北アメリカで行われた地上戦である。.

新しい!!: 第二次世界大戦とアッツ島の戦い · 続きを見る »

アブロ ランカスター

アブロ ランカスター (Avro Lancaster) は、アブロ社が開発した4基のエンジンをもつ爆撃機。愛称はランク (Lanc)。 イギリス空軍が1942年に運用を開始し、ハンドレページ ハリファックス爆撃機と共にイギリス空軍の爆撃機軍団 (Bomber Command) に配備され、カナダなど他の連合国でも使用された主力重爆。特にドイツに対する夜間の戦略爆撃で活躍した。.

新しい!!: 第二次世界大戦とアブロ ランカスター · 続きを見る »

アフリカ

衛星画像 NASA) 南部アフリカ アフリカ(ラテン語:Āfrica、英語:Africa)は、広義にはアフリカ大陸およびその周辺のマダガスカル島などの島嶼・海域を含む地域の総称で、六大州の一つ。阿州。漢字表記は阿弗利加。.

新しい!!: 第二次世界大戦とアフリカ · 続きを見る »

アフリカ系アメリカ人

アフリカ系アメリカ人(African-American アフリカナメリカン)は、アメリカ合衆国民のうち、アフリカ出身の黒人(ネグロイド)もしくはその子孫である。アフリカン・アメリカン、アフロアメリカン (Afro-Americanアメリカ英語発音: アフロウアメリカン)、アメリカ黒人ともいう。 アフリカ系アメリカ人という言葉には黒人(ネグロイド)を意味する語は入っていないが、コーカソイドに属する北アフリカ系アメリカ人(アラブ人やベルベル人の子孫)や、ヨーロッパ系アフリカ人(アフリカーナーやアングロアフリカンなど)の子孫を含まない。.

新しい!!: 第二次世界大戦とアフリカ系アメリカ人 · 続きを見る »

アフリカ系アメリカ人公民権運動

アフリカ系アメリカ人公民権運動(アフリカけいアメリカじんこうみんけんうんどう、African-American Civil Rights Movement)とは、主に1950年代から1960年代にかけて、アメリカの黒人(アフリカ系アメリカ人)が、公民権の適用と人種差別の解消を求めて行った大衆運動である。「公民権運動」も狭義には本記事の件を指している。.

新しい!!: 第二次世界大戦とアフリカ系アメリカ人公民権運動 · 続きを見る »

アドルフ・ヒトラー

アドルフ・ヒトラー(Adolf Hitler, 1889年4月20日 - 1945年4月30日)は、ドイツの政治家。ドイツ国首相、および国家元首であり、国家と一体であるとされた国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の指導者。 1933年に首相に指名され、1年程度で指導者原理に基づく党と指導者による独裁指導体制を築いたため、独裁者の典型とされる。その冒険的な外交政策はドイツを第二次世界大戦へと導くことになった。また、ユダヤ人などに対する組織的な大虐殺「ホロコースト」を主導したことでも知られる。敗戦を目の前にした1945年4月30日、自ら命を絶った。.

新しい!!: 第二次世界大戦とアドルフ・ヒトラー · 続きを見る »

アドルフ・ヒトラーの死

アドルフ・ヒトラーの死の項目では、1945年4月30日、ドイツ第三帝国総統アドルフ・ヒトラーが総統地下壕の一室で、夫人のエヴァ(エーファ)・ブラウンと共に自殺を遂げた経緯について記述する。自殺の手段は、銃と劇薬であるシアン化物を複合的に用いたものとされている。 ヒトラーの生前の意向に従い、夫妻の遺体はガソリンをかけて燃やされたが、その残骸はソビエト軍の防諜部隊・スメルシにより発見、回収された。ソ連によりヒトラーの遺体は秘密裏に埋められたが、1970年に掘り起こされ、完全に焼却された後にエルベ川に散骨された。これらの情報は冷戦終結後の1992年に旧ソ連のKGBと後継組織であるロシアのFSBに保管されていた記録が公開されたことによって明らかになった。また、これによりトレヴァー=ローパーの1947年の著書「The Last of Hitler」で示されたヒトラーの死についての見解が裏付けられた。.

新しい!!: 第二次世界大戦とアドルフ・ヒトラーの死 · 続きを見る »

アインザッツグルッペン

子供を守ろうとするユダヤ人女性を銃殺するアインザッツグルッペン 1942年ウクライナ アインザッツグルッペン(独:Einsatzgruppen)は、ドイツの保安警察 (SiPo) と保安部 (SD) がドイツ国防軍の前線の後方で「敵性分子」(特にユダヤ人)を銃殺するために組織した部隊であるラカー、p.201。アインザッツグルッペンは複数表記で、単数形はアインザッツグルッペ(Einsatzgruppe)となり、直訳すると「出動集団」である。正式名称は「保安警察及び保安部のアインザッツグルッペン」(Einsatzgruppen der Sicherheitspolizei und des Sicherheitsdienstes)という大野、p.57山下、p.108。本稿では「アインザッツグルッペン」と表記するが、意訳で「特別行動部隊スナイダー、上巻」「特別任務部隊」という表記もよく見られるロガスキー、p.53。それ以外には「移動虐殺(もしくは殺人・抹殺・殺戮)部隊」といった意訳も見られるヒルバーグ、上巻p.209。.

新しい!!: 第二次世界大戦とアインザッツグルッペン · 続きを見る »

アウンサン

アウンサン、オンサン(အောင်ဆန်း、ラテン文字転写: Aung San、1915年2月13日 - 1947年7月19日)は、ビルマ(のちのミャンマー)の独立運動家。「ビルマ建国の父」として死後も敬愛されている。ミャンマー民主化運動を指導し、現在は国家顧問として実質的な国家指導者の地位にあるアウンサンスーチーは長女。.

新しい!!: 第二次世界大戦とアウンサン · 続きを見る »

アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所

アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所(アウシュヴィッツ ビルケナウ きょうせいしゅうようじょ、Das Konzentrationslager Auschwitz-Birkenau、Obóz Koncentracyjny Auschwitz-Birkenau)とは、ナチス・ドイツが第二次世界大戦中に国家を挙げて推進した人種差別による絶滅政策 (ホロコースト) および強制労働により、最大級の犠牲者を出した強制収容所である。収容された90%がユダヤ人(アシュケナジム)であった。 アウシュヴィッツ第一強制収容所は、ドイツ占領地のポーランド南部オシフィエンチム市(ドイツ語名アウシュヴィッツ)に、アウシュヴィッツ第二強制収容所は隣接するブジェジンカ村(ドイツ語名ビルケナウ)に作られた。周辺には同様の施設が多数建設されている。ユネスコの世界遺産委員会は、二度と同じような過ちが起こらないようにとの願いを込めて、1979年に世界遺産リストに登録した。公式な分類ではないが、日本ではいわゆる「負の世界遺産」に分類されることがしばしばである。一部現存する施設は「ポーランド国立オシフィエンチム博物館」が管理・公開している。 この項では、ビルケナウに限定せず、アウシュヴィッツ全体について述べる。.

新しい!!: 第二次世界大戦とアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所 · 続きを見る »

アシカ作戦

アシカ作戦計画図 アシカ作戦(アシカさくせん、独:Unternehmen Seelöwe、英:Operation Sea Lion)は、第二次世界大戦中にドイツが計画したイギリス本土上陸作戦の呼称。結局この作戦は実施されることはなかった。アシカ作戦は原語であるドイツ語をカタカナ書きしてゼーレーヴェ作戦、同じく英語をカタカナ書きしてシーライオン作戦とも呼ばれる場合がある。.

新しい!!: 第二次世界大戦とアシカ作戦 · 続きを見る »

アジア

アジア アジアの地図 東南アジア アジア(ラテン語: Asia古典ラテン語では「アシア」だが、現代ラテン語では「アジア」とも発音する。)は、世界の大州のひとつ。現在では一般的にヨーロッパを除くユーラシア大陸全般を指すが、政治的・経済的な立場の違いにより、様々な定義がなされる場合がある。亜州。 アッシリア語で東を意味する「アス」に語源をもつ。古代では現在の小アジアを指した。.

新しい!!: 第二次世界大戦とアジア · 続きを見る »

アゾレス諸島

アゾレス諸島は、大西洋の中央部(マカロネシア)に位置するポルトガル領の群島。諸島全体は自治権を持ち、一つの行政区でもある。島名の発音はポルトガル語ではアソーレス (Açores) となる。.

新しい!!: 第二次世界大戦とアゾレス諸島 · 続きを見る »

イラン

イラン・イスラム共和国(イラン・イスラムきょうわこく、جمهوری اسلامی ایران)、通称イランは、西アジア・中東のイスラム共和制国家。ペルシア、ペルシャともいう。北にアゼルバイジャン、アルメニア、トルクメニスタン、東にパキスタン、アフガニスタン、西にトルコ、イラクと境を接する。また、ペルシア湾をはさんでクウェート、サウジアラビア、バーレーン、カタール、アラブ首長国連邦に面する。首都はテヘラン。 1979年のルーホッラー・ホメイニー師によるイラン・イスラーム革命により、宗教上の最高指導者が国の最高権力を持つイスラム共和制を樹立しており、シーア派イスラームが国教である。世界有数の石油の産出地でもある。.

新しい!!: 第二次世界大戦とイラン · 続きを見る »

イラン進駐 (1941年)

二次世界大戦中のイラン進駐(イランしんちゅう)は、1941年8月25日から9月17日まで行われた、イギリスとソビエト連邦によるイラン侵攻作戦である。作戦名はカウンタナンス作戦(Operation Countenance、「顔色作戦」の意味)と呼ばれる。この侵攻作戦の目的は、イギリスの油田の安全確保と東部戦線でナチス・ドイツと戦っているソビエト連邦に対する補給線の確保である(ペルシア回廊を参照)。.

新しい!!: 第二次世界大戦とイラン進駐 (1941年) · 続きを見る »

インパール

インパール(マニプリ語: 、、)は、インド北東部のマニプル州の州都であり、かつてのマニプル王国の首都でもある。2011年現在の人口は約26万人。.

新しい!!: 第二次世界大戦とインパール · 続きを見る »

インパール作戦

インパール作戦(インパールさくせん、日本側作戦名:ウ号作戦(ウごうさくせん))とは、1944年(昭和19年)3月に日本陸軍により開始され7月初旬まで継続された、援蒋ルートの遮断を戦略目的としてインド北東部の都市インパール攻略を目指した作戦のことである。 当初より軍内部でも慎重な意見があったものの、牟田口廉也中将の強硬な主張により作戦は決行された。補給線を軽視した杜撰(ずさん)な作戦により、多くの犠牲を出して歴史的敗北を喫し、無謀な作戦の代名詞として現代でもしばしば引用される。この記事はも併せて解説する。.

新しい!!: 第二次世界大戦とインパール作戦 · 続きを見る »

インドネシア

インドネシア共和国(インドネシアきょうわこく、)、通称インドネシアは、東南アジア南部に位置する共和制国家。首都はジャワ島に位置するジャカルタ。 5,110kmと東西に非常に長く、また世界最多の島嶼を抱える島国である。赤道にまたがる1万3,466もの大小の島により構成される。人口は2億3,000万人を超える世界第4位の規模であり、また世界最大のムスリム人口を有する国家としても知られる。 島々によって構成されている国家であるため、その広大な領域に対して陸上の国境線で面しているのは、ティモール島における東ティモール、カリマンタン島(ボルネオ島)におけるマレーシア、ニューギニア島におけるパプアニューギニアの3国だけである。 海を隔てて近接している国家は、パラオ、インド(アンダマン・ニコバル諸島)、フィリピン、シンガポール、オーストラリアである。 ASEANの盟主とされ、ASEAN本部が首都ジャカルタにある。そのため、2009年以降、アメリカ、中国など50か国あまりのASEAN大使が、ジャカルタに常駐。日本も、2011年(平成23年)5月26日、ジャカルタにASEAN日本政府代表部を開設し、大使を常駐させている。.

新しい!!: 第二次世界大戦とインドネシア · 続きを見る »

インドネシア独立戦争

インドネシア独立戦争(インドネシアどくりつせんそう)は、日本が第二次世界大戦で連合国へ降伏した後の旧オランダ領東インドで、独立を宣言したインドネシア共和国と、これを認めず再植民地化に乗り出したオランダとの間で発生した戦争(独立戦争)。1945年から1949年までの4年5ヶ月にわたる戦争で、80万人が犠牲になった。 より狭義には、1947年7月21日と1948年12月19日の2度にわたって、オランダ軍がインドネシア共和国に軍事侵攻した結果生じた大規模な軍事衝突を指し、オランダ側ではこの自国の軍事行動を「警察行動」(Politionele acties)と呼称している。しかし一般的には、インドネシア共和国とオランダ軍との軍事衝突だけでなく、東インドに進駐したイギリス軍とインドネシアの武装組織との武力衝突、インドネシア共和国内での反乱事件や政治闘争、そして軍事衝突とほぼ並行して進められたオランダや国際連合との外交交渉など、インドネシアの独立へ向けての一連の政治過程を総称して「インドネシア独立戦争」という。 また、植民地時代や日本軍政期には旧東インド領の各地で、伝統的な領主層や貴族層が為政者によって特権を保護されてきたが、独立宣言後にインドネシア人の急進的な青年層や武装勢力によって、これらの者の地位や特権を剥奪する社会革命の動きがみられた。こうした動きも含めて、一連の事象を「インドネシア(八月)革命」ともいう。 結果的に、インドネシアは武力闘争と外交交渉によって独立を達成し、1949年12月にインドネシア連邦共和国が成立し、さらに連邦構成国がインドネシア共和国に合流して、1950年8月15日に単一のインドネシア共和国が誕生した。現在も同日を記念して祝祭日としており、ジャカルタを中心に祝賀される。.

新しい!!: 第二次世界大戦とインドネシア独立戦争 · 続きを見る »

インド国民軍

インド国民軍(インドこくみんぐん、Indian National Army、略号:INA)は、太平洋戦争(大東亜戦争)中に日本軍の支援によって設けられた、英印軍の捕虜の転向者を中心としたインド人部隊。 当初は日本軍がマレー作戦を優勢に進めるための補助戦力としてゲリラ部隊的な色彩も強かったが、インド独立運動の英雄の1人であるスバス・チャンドラ・ボースが来日し、イギリス領インド進攻作戦が具体的に検討され始めてから次第に重装備化され、本格的な軍隊となった。大本営の南方作戦に当初にはインドを攻略する計画は含まれていなかったが、現地で工作支援に当たったF機関によってインド独立を考えていた。.

新しい!!: 第二次世界大戦とインド国民軍 · 続きを見る »

インド洋

インド洋(印度洋、インドよう、英:Indian Ocean、羅:Oceanus Indicus オーケアヌス・インディクス)は、太平洋、大西洋と並ぶ三大洋の一つである。三大洋中最も小さい。面積は約7355万平方kmである。地球表面の水の約20パーセントが含まれる。インド洋の推定水量は292131000km³である。「インド洋」の名はインドに由来する。.

新しい!!: 第二次世界大戦とインド洋 · 続きを見る »

イベリア半島

イベリア半島(スペイン語・ポルトガル語・ガリシア語:Península Ibérica、カタルーニャ語:Península Ibèrica、バスク語:Iberiar penintsula)は、ヨーロッパの南西に位置する半島である。.

新しい!!: 第二次世界大戦とイベリア半島 · 続きを見る »

イオン・アントネスク

イオン・ヴィクトル・アントネスク(, 1882年6月14日 - 1946年6月1日)は、20世紀前半のルーマニアの軍人・政治家。アレクサンドル・アヴェレスクやコンスタンチン・プレザンと並んで、王族以外では3名しかいない元帥の一人である。一人称を使わず、自分のことを「アントネスク」と称したという。.

新しい!!: 第二次世界大戦とイオン・アントネスク · 続きを見る »

イギリス

レートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島々から成る同君連合型の主権国家である。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されている。 また、イギリスの擬人化にジョン・ブル、ブリタニアがある。.

新しい!!: 第二次世界大戦とイギリス · 続きを見る »

イギリス帝国

イギリス帝国(イギリスていこく、British Empire)は、イギリスとその植民地・海外領土などの総称である。大英帝国(だいえいていこく)ともいう。 帝国は時代ごとの性質により、以下のように区分できる。.

新しい!!: 第二次世界大戦とイギリス帝国 · 続きを見る »

イギリス領マラヤ

1909年〜1946年の英領マレー イギリス領マラヤ(British Malaya)は、18世紀から20世紀にわたりマレー半島とシンガポール島に存在した海峡植民地とその他の地域からなるイギリス支配下の連邦。 日本国内に現存する公的資料では、英領マレーとされている。.

新しい!!: 第二次世界大戦とイギリス領マラヤ · 続きを見る »

イギリス海峡

イギリス海峡の衛星画像 イギリス海峡(イギリスかいきょう、English Channel, )または英仏海峡、ラ・マンシュ海峡(La Manche)は、イギリス(グレートブリテン島)とフランス(ヨーロッパ大陸)を隔てている海峡。東端はドーバー海峡を介して北海に繋がっている。1994年5月6日、ドーバー海峡間に英仏海峡トンネルが開通、高速鉄道ユーロスターの運行が開始された。 全長約562km、最も幅の広い西端の約180kmから最も狭い東端ドーバー海峡の約34kmと全体的に非常に凹凸の多い地形になっている"English Channel".

新しい!!: 第二次世界大戦とイギリス海峡 · 続きを見る »

イギリス海軍

王立海軍(おうりつかいぐん、Royal Navy)は、イギリスの海軍。イギリス海軍、英国海軍などとも表記される。.

新しい!!: 第二次世界大戦とイギリス海軍 · 続きを見る »

イタリアのアルバニア侵攻

イタリアのアルバニア侵攻(イタリアのアルバニアしんこう、英語:Italian invasion of Albania)は、1939年4月7日から4月12日にかけて行われた戦いで、数日間の戦闘の後にアルバニアは降伏してイタリア王国の保護領となった。 敗北に伴いアルバニア国王ゾグー1世は亡命し、新たにイタリア国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世がアルバニア王として戴冠した事でゾグー家からサヴォイア家に王位が移った。.

新しい!!: 第二次世界大戦とイタリアのアルバニア侵攻 · 続きを見る »

イタリアの降伏

二次世界大戦におけるイタリアの降伏では、第二次世界大戦中の1943年9月8日に、イタリア王国が連合国と締結していた休戦協定を発表して枢軸国から離脱し、降伏に至った経緯を記述する。 イタリアの動きを事前に察知していたドイツ軍は、この発表の直後にイタリア半島およびその他のイタリア勢力圏を速やかに制圧。イタリア本土では南部から侵攻する連合国軍と、北部のドイツ軍、およびドイツの傀儡のイタリア社会共和国との、イタリア戦線が構築された。休戦についてイタリア語では調印を行われた場所から、Armistizio di Cassibile(カッシビレの休戦)か、もしくは、Armistizio dell'8 Settembre (9月8日の休戦、あるいは8 Settembre『9月8日』)と記載される。.

新しい!!: 第二次世界大戦とイタリアの降伏 · 続きを見る »

イタリア王国

イタリア王国(イタリアおうこく、伊:)は、現在のイタリア共和国の前身となる王国。1861年に成立し、1946年に共和制へ移行した。.

新しい!!: 第二次世界大戦とイタリア王国 · 続きを見る »

イタリア社会共和国

イタリア社会共和国(イタリアしゃかいきょうわこく、、RSI)は、1943年9月から1945年4月までローマ以北のイタリアに存在した国家。北部・中部イタリアを支配する国家として2年近く体制を維持し、第2のイタリア・ファシズム政権として機能した。対外的にはドイツ国の衛星国であり、親衛隊やドイツ国防軍の強い統制を受けた。 後の戦勝国となる連合軍各国からはイタリア王国から分離したRSIを正当な政府と認めず、建国初期にガルダ湖湖畔の町サロに政府をおいたことからサロ共和国()と蔑称した。法律上の首都はローマであり、実務上の首都もサロから状況に合わせてブレシアやガルニャーノ、ヴェローナなどに遷都が繰り返され、最終的にはミラノに政府中枢が設置されていた。.

新しい!!: 第二次世界大戦とイタリア社会共和国 · 続きを見る »

イタリア語

イタリア語(イタリアご)は、インド・ヨーロッパ語族イタリック語派に属する言語の1つで、おおよそ6千万人ほどが日常的に使用しており、そのほとんどがイタリアに住んでいる。後置修飾で、基本語順はSVO。イタリアは漢字で「伊太利亜」と表記することから、「伊太利亜語」を略記し伊語と称される。.

新しい!!: 第二次世界大戦とイタリア語 · 続きを見る »

イタリア戦線 (第二次世界大戦)

二次世界大戦のイタリア戦線(イタリアせんせん、Campagna d'Italia, Italian Campaign)は、第二次世界大戦において1943年7月9日の連合軍のシチリア島上陸から、9月8日のイタリア王国降伏を挟み、1945年5月まで続けられたイタリアにおける戦いである。イタリア降伏前はイタリア・ドイツの枢軸軍が連合軍と交戦していたが、イタリア降伏後はイタリア占領を行ったドイツ軍と親ドイツ派の一部イタリア軍が連合軍と交戦した。.

新しい!!: 第二次世界大戦とイタリア戦線 (第二次世界大戦) · 続きを見る »

ウィリアム・ライアン・マッケンジー・キング

ウィリアム・ライアン・マッケンジー・キング(William Lyon Mackenzie King、1874年12月17日 - 1950年7月22日)は、カナダの第12・14・16代首相。所属政党は自由党。1920年代から1940年代の期間に首相を3期にわたり務め、期間は1921年12月29日 - 1926年6月29日、1926年9月25日 - 1930年8月6日、1935年10月23日 - 1948年11月15日。合計21年間に及び、イギリス連邦の歴史上、首相在任期間で最長記録である。フルネームとは別に、「マッケンジー・キング」と呼ばれる。弁護士と社会活動家であり、人間の生活環境に興味があり少年の頃から「自立出来ない人々を助ける」をモットーとしていた。.

新しい!!: 第二次世界大戦とウィリアム・ライアン・マッケンジー・キング · 続きを見る »

ウィリアム・ボーラ

ウィリアム・エドガー・ボーラ(英:William Edgar Borah、1865年6月29日-1940年1月19日)は、アメリカ合衆国の著名共和党員、弁護士であり、長期間アイダホ州選出のアメリカ合衆国上院議員を務めた。その弁舌の技術と孤立主義的見解で注目された。その人生後半の渾名は「アイダホのライオン」だった。.

新しい!!: 第二次世界大戦とウィリアム・ボーラ · 続きを見る »

ウィンストン・チャーチル

ウィンストン・レナード・スペンサー=チャーチル(Sir Winston Leonard Spencer-Churchill, 、1874年11月30日 - 1965年1月24日)は、イギリスの政治家、軍人、作家。.

新しい!!: 第二次世界大戦とウィンストン・チャーチル · 続きを見る »

ウィーン

ウィーン(標準Wien〈ヴィーン〉、Wean〈ヴェアン〉、Vienne〈ヴィエンヌ〉、Vienna〈ヴィエナ〉)は、オーストリアの首都。2017年1月1日時点の人口は186万7582人。都市単独で一つの連邦州であり、ヨーロッパ有数の世界都市である。位置は、北緯48度12分5秒、東経16度22分38秒。第一次世界大戦まではオーストリア=ハンガリー帝国の首都としてドイツを除く中東欧の大部分に君臨し、さらに19世紀後半まではドイツ連邦や神聖ローマ帝国を通じて形式上はドイツ民族全体の帝都でもあった。クラシック音楽が盛んで過去にモーツァルトやベートーヴェン、シューベルトなど、多くの作曲家が活躍したことから「音楽の都」・「楽都」とも呼ばれる。.

新しい!!: 第二次世界大戦とウィーン · 続きを見る »

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(Wiener Philharmoniker、Vienna Philharmonic Orchestra)は、音楽の都ウィーンを代表する管弦楽団(オーケストラ)である。ウィーン楽友協会大ホール(ムジークフェラインザール)に本拠を置く。正式な略称はドイツ語表記よりWPhであるが、もっと簡単にWPともする。英語表記の頭文字を取ってVPOと表記されることもある。.

新しい!!: 第二次世界大戦とウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 · 続きを見る »

ウィーン裁定

ウィーン裁定(ウィーンさいてい、Vienna Awards)は、ウィーンで行われたドイツを後ろ盾にしての東欧諸国の領土確定決議。1938年11月2日にチェコスロバキアからハンガリー王国に南部スロバキア・南部カルパティア・ルテニアの割譲を定めたものを第一次ウィーン裁定、1940年8月30日にルーマニア王国からハンガリー王国に北部トランシルバニアを割譲することを定めたものを第二次ウィーン裁定という。.

新しい!!: 第二次世界大戦とウィーン裁定 · 続きを見る »

ウェッジ

ウェッジ.

新しい!!: 第二次世界大戦とウェッジ · 続きを見る »

ウォール街大暴落 (1929年)

ウォール街大暴落(ウォールがいだいぼうらく、Wall Street Crash The Times)は、1929年に発生した株価大暴落である。単に株価大暴落 (Stock Market Crash)、大暴落 (Great Crash) ともいう。ペコラ委員会によって原因が調査された。一般には世界恐慌のきっかけとされている。.

新しい!!: 第二次世界大戦とウォール街大暴落 (1929年) · 続きを見る »

ウクライナ

ウクライナ(Україна、)は、東ヨーロッパの国。東にロシア連邦、西にハンガリーやポーランド、スロバキア、ルーマニア、モルドバ、北にベラルーシ、南に黒海を挟みトルコが位置している。 16世紀以来「ヨーロッパの穀倉」地帯として知られ、19世紀以後産業の中心地帯として大きく発展している。天然資源に恵まれ、鉄鉱石や石炭など資源立地指向の鉄鋼業を中心として重化学工業が発達している。 キエフ大公国が13世紀にモンゴル帝国に滅ぼされた後は独自の国家を持たず、諸侯はリトアニア大公国やポーランド王国に属していた。17世紀から18世紀の間にはウクライナ・コサックの国家が興亡し、その後ロシア帝国の支配下に入った。第一次世界大戦後に独立を宣言するも、ロシア内戦を赤軍が制したことで、ソビエト連邦内の構成国となった。1991年ソ連崩壊に伴い独立した。 歴史的・文化的には中央・東ヨーロッパの国々との関係が深い。 また本来の「ルーシ」「ロシア」とは、現在のロシア連邦よりもウクライナを指した。.

新しい!!: 第二次世界大戦とウクライナ · 続きを見る »

エルヴィン・ロンメル

ルヴィン・ヨハネス・オイゲン・ロンメル(Erwin Johannes Eugen Rommel、1891年11月15日 - 1944年10月14日)はドイツの陸軍軍人である。 第二次世界大戦のフランスや北アフリカでの戦闘指揮において驚異的な戦果を挙げた、傑出した指揮官として知られる。広大な砂漠に展開されたアフリカ戦線において、巧みな戦略・戦術によって戦力的に圧倒的優勢なイギリス軍をたびたび壊滅させ、敵対する側の英首相チャーチルをして「ナポレオン以来の戦術家」とまで評せしめた。アフリカにおける知略に富んだ戦いぶりによって、第二次大戦中から「砂漠の狐」の異名で世界的に知られた。 貴族(ユンカー)出身では無い、中産階級出身者初の陸軍元帥でもある。数々の戦功だけでなく、騎士道精神に溢れた行動・多才な人柄・悲劇的な最期・SS(親衛隊)ではなく国防軍の所属であったことなどから、当時のみならず現在でも各国での評価・人気が高い将帥の一人である。.

新しい!!: 第二次世界大戦とエルヴィン・ロンメル · 続きを見る »

エル・アラメインの戦い

ル・アラメインの戦い(エル・アラメインのたたかい)は、第二次世界大戦の北アフリカ戦線における枢軸国軍と連合国軍の戦いである。第一次会戦は1942年7月1日から31日。第二次会戦は同年10月23日から11月3日に行われた。 アメリカの軍史家のイヴァン・ミュージカントはこの戦いを「ミッドウェイ海戦、第三次ソロモン海戦、スターリングラード攻防戦」と同じく第二次世界大戦の転換点であると位置づけている。.

新しい!!: 第二次世界大戦とエル・アラメインの戦い · 続きを見る »

エルベの誓い

ルベの誓い(エルベのちかい)は、第二次世界大戦末期の1945年4月25日に、ナチス・ドイツを壊滅させるために東進を続ける連合国のアメリカ軍と、西進を続けるソ連赤軍がドイツ東部を流れるエルベ川の沿岸、ザクセン州で初めて出会った出来事を指す。これはベルリン陥落の1週間前であり、トルガウはドレスデンとマクデブルクのほぼ中間点にあり、終戦後は東ドイツに属した。.

新しい!!: 第二次世界大戦とエルベの誓い · 続きを見る »

エルベ川

流域 エルベ川(エルベがわ、、Labe、Die Elbe、低ザクセン語: De Elv)は、チェコ北部およびドイツ東部を流れ北海へと注ぐ国際河川である。全長約1,091kmはヨーロッパでは14番目に長く、このうち727kmがドイツ国内を占める。.

新しい!!: 第二次世界大戦とエルベ川 · 続きを見る »

エンタープライズ (CV-6)

ンタープライズ(USS Enterprise, CV-6)は、アメリカ海軍の航空母艦。ヨークタウン級航空母艦の2番艦。アメリカ海軍においてエンタープライズの名を受け継いだ艦としては七隻目にあたる。艦名の“Enterprise”は「冒険心」「困難への挑戦」といった意味を持つ。排水量2万tと空母としては中型でありながらも、その戦いぶりから“ビッグ E”(偉大なE)の愛称で親しまれ、大戦中に大小15回の損傷を受けながらも、高いダメージコントロール能力と幸運により沈まず大戦を生き抜いた。その外“ラッキー E(幸運なE)、グレイゴースト(灰色の亡霊)、ギャロッピングゴースト(駆け回る亡霊)”の愛称もあった。ビッグEやラッキーEの“E”には、“Enterprise”(冒険心)の頭文字の意味と共に“Excellence”(優秀)、“efficient awads”(能率の良い艦艇に授与された賞)の頭文字の意味も含まれていた。 エンタープライズは太平洋戦争開戦前に建造され、終戦まで無事に生き残った三隻の航空母艦のうちの一隻(他の二隻はサラトガとレンジャー)であり、太平洋戦争中の主要な海戦のほぼ全てに参加して数多くの戦果をあげ、大戦中で最多の20の従軍星章(バトルスター)を得た。また空母として初めて大統領部隊感状を受賞、後に海軍部隊褒章も受賞し両方を受賞した唯一の艦艇となった。それ以外でもイギリス海軍から他国籍の海軍艦艇として唯一、英国海軍本部ペナントを受章するなど第2次世界大戦でもっとも勲章を受けたアメリカ海軍の軍艦となった。 また、エンタープライズは大戦を通して最も多く改装を受けた空母にもなった。他に大本営発表によって9度撃沈発表がなされており、敵国により行われた虚偽の撃沈発表回数において史上最多の記録も持つ。.

新しい!!: 第二次世界大戦とエンタープライズ (CV-6) · 続きを見る »

エヴァ・ブラウン

ヴァ・アンナ・パウラ・ブラウン(Eva Anna Paula Braun日本語でEvaは「エヴァ」と表記されることが多いが、ドイツ語での発音はエーファに似る。Eva (Wiktionary)も参照のこと。, 1912年2月6日 - 1945年4月30日)は、ナチス・ドイツ(ドイツ国)総統アドルフ・ヒトラーの妻。死の直前に結婚し、その後、ヒトラーと共に地下壕にて自殺。.

新しい!!: 第二次世界大戦とエヴァ・ブラウン · 続きを見る »

エーリッヒ・フォン・マンシュタイン

フリッツ・エーリッヒ・フォン・レヴィンスキー・ゲナント・フォン・マンシュタイン(Fritz Erich von Lewinski genannt von Manstein, 1887年11月24日 - 1973年6月10日)はドイツの陸軍軍人、貴族。最終階級は元帥。第二次世界大戦で活躍した将帥たちの中でもとりわけ有能な将帥として知られるヴィストリヒ(2002)p.270山崎(2009)、p.40。彼は西方電撃戦の立案者であり、後にクリミア半島とレニングラード攻撃を指揮し、その後、スターリングラード攻防戦後に優位に立った赤軍の攻勢を食い止め、第三次ハリコフ攻防戦でハリコフを陥落させた。これは緒戦におけるキエフ包囲戦に並び、東部戦線におけるドイツの最も大きな勝利の1つである。彼は最高指導者であるヒトラーの決定に逆らわなかったが、対案を具申し、ヒトラーに対してはっきりと意見を開陳する数少ない将軍の1人だった。その名将ぶりは戦時中のアメリカでも知られ、「タイム」でも醜悪な顔に描かれることなく毅然とした顔で表紙を飾り、「我らの最も恐るべき敵」と評されたクノップ(2002)、p.226。.

新しい!!: 第二次世界大戦とエーリッヒ・フォン・マンシュタイン · 続きを見る »

エーゲ海

ーゲ海(エーゲかい、Aegean Sea)は、地中海の一部を構成する海域。地中海の東北部にあたり、西と北をバルカン半島(ギリシャ共和国)、東をアナトリア半島(トルコ共和国)に囲まれた入り江状の海である。 古くは固有名詞で「多島海」(the Archipelago)と呼ばれたこともある、代表的な多島海であり、多くの島々(エーゲ海諸島)が所在する。.

新しい!!: 第二次世界大戦とエーゲ海 · 続きを見る »

エドゥアール・ダラディエ

ドゥアール・ダラディエ(Édouard Daladier, 1884年6月18日 - 1970年10月10日)はフランスの政治家。3度に渡って首相を務めた(在任:1933年、1934年、1938年 - 1940年)。このほか17の閣僚経験を持つ(兼任も含む)。.

新しい!!: 第二次世界大戦とエドゥアール・ダラディエ · 続きを見る »

エニグマ (暗号機)

ニグマのロゴ エニグマ (Enigma) とは、第二次世界大戦のときにナチス・ドイツが用いていたことで有名なローター式暗号機のこと。幾つかの型がある。その暗号機の暗号も広義にはエニグマと呼ばれる。.

新しい!!: 第二次世界大戦とエニグマ (暗号機) · 続きを見る »

エゴ

とは.

新しい!!: 第二次世界大戦とエゴ · 続きを見る »

エジプト

プト・アラブ共和国(エジプト・アラブきょうわこく、جمهورية مصر العربية)、通称エジプトは、中東・アフリカの共和国。首都はカイロ。 西にリビア、南にスーダン、北東にイスラエルと隣接し、北は地中海、東は紅海に面している。南北に流れるナイル川の河谷とデルタ地帯(ナイル・デルタ)のほかは、国土の大部分が砂漠である。ナイル河口の東に地中海と紅海を結ぶスエズ運河がある。.

新しい!!: 第二次世界大戦とエジプト · 続きを見る »

エストニア

トニアが外交使節を派遣している諸国の一覧図。 エストニア共和国(エストニアきょうわこく、)、通称エストニア()は、北ヨーロッパの共和制国家。EUそしてNATOの加盟国、通貨はユーロ、人口は134万人。首都はタリンである。.

新しい!!: 第二次世界大戦とエストニア · 続きを見る »

エセックス級航空母艦

ックス級航空母艦 (エセックスきゅうこうくうぼかん、) は、アメリカ海軍の航空母艦の艦級。1942年から1946年にかけて計23隻が就役し (1950年に追加で未成艦1隻が大規模な改修を施して就役) 、アメリカ海軍史上、艦隊型空母としては最多の建造数となった。第二次世界大戦開戦時におけるアメリカ海軍の空母の理想像を具現化した艦であり、また第二次世界大戦後も改修を受けつつ運用され、アメリカ海軍の艦隊航空兵力の一翼を担った。 なお長船体型を後期建造型としたり、長船体型そのものあるいはジェット機の運用能力の付加やアングルド・デッキの装備などをしてタイコンデロガ級と呼ぶ資料もあるが、両タイプの起工が前後しているなど必ずしも建造時期で区別できるものではなく、また戦後の近代化改装においても長船体型か否かは無関係であり、後述するハンコック級とともに非公式な区分である。.

新しい!!: 第二次世界大戦とエセックス級航空母艦 · 続きを見る »

オペラ

イタリア・ミラノにあるスカラ座。1778年に完成したこの歌劇場は、世界で最も有名である。 オペラ(イタリア語・英語: opera、フランス語: opéra、ドイツ語: Oper)は、演劇と音楽によって構成される舞台芸術である。歌劇(かげき)とも呼ばれる。.

新しい!!: 第二次世界大戦とオペラ · 続きを見る »

オランダ

ランダ(Nederland 、; Nederlân; Hulanda)は、西ヨーロッパに位置する立憲君主制国家。東はドイツ、南はベルギーおよびルクセンブルクと国境を接し、北と西は北海に面する。ベルギー、ルクセンブルクと合わせてベネルクスと呼ばれる。憲法上の首都はアムステルダム(事実上の首都はデン・ハーグ)。 カリブ海のアルバ、キュラソー、シント・マールテンと共にオランダ王国を構成している。他、カリブ海に海外特別自治領としてボネール島、シント・ユースタティウス島、サバ島(BES諸島)がある。.

新しい!!: 第二次世界大戦とオランダ · 続きを見る »

オランダにおける戦い (1940年)

ランダにおける戦い(オランダにおけるたたかい、蘭:Slag om Nederland)は、第二次世界大戦初期における、ドイツ軍による低地諸国(ベルギー、ルクセンブルク、オランダ)とフランスへの侵攻作戦(黄色作戦、Fall Gelb)の一部である。 戦闘は1940年5月10日から5月17日まで行われた。ドイツ空軍によるロッテルダムへの爆撃後に、同様の惨劇が他の都市に及ばないように、オランダ軍が降伏と言う選択を行なった。その結果、ナチス・ドイツが勝利しオランダを占領した。オランダ政府はイギリスに亡命し亡命政府を作った。.

新しい!!: 第二次世界大戦とオランダにおける戦い (1940年) · 続きを見る »

オランダ領東インド

ランダ領東インド諸島(Nederlands-Indië、オランダりょうひがしインドしょとう)、通称オランダ領東インドは、かつてオランダが宗主国として支配した東南アジア島嶼部に存在した植民地国家、あるいはその領域をさす名称である。その支配領域は、ほぼ今日のインドネシア(2005年現在)の版図にあたる。総督府所在地はバウテンゾルグ(現在のボゴール)にあった。 オランダによる、現在のジャカルタ占領から始まった東インド支配については「300年(または350年)におよぶ植民地支配」という呼び方があるが、今日のインドネシアの版図をあらわす「サバン(スマトラ島最西北部にある町)からムラウケ(ニューギニア島最東端の町)まで」の領域をオランダがほぼ完全に掌握したのは20世紀初頭のことである。 英語では「Dutch East Indies」と表記する。戦前の日本では漢語表記の「蘭領東印度(らんりょうとういんど)」から「蘭印」の略字がよく用いられた。.

新しい!!: 第二次世界大戦とオランダ領東インド · 続きを見る »

オランダ海軍

ランダ海軍(オランダかいぐん)は、オランダの海軍である。起源はハプスブルク領時代に遡り、連邦共和国の海軍を経て、王立海軍(オランダ語:Koninklijke Marine)となった。.

新しい!!: 第二次世界大戦とオランダ海軍 · 続きを見る »

オレゴン州

レゴン州の地図 エコラ州立公園から南を望む、遠景にヘイスタック・ロックが見える オレゴン州(State of Oregon)は、北米西海岸に位置する、アメリカ合衆国第33番目の州である。太平洋に沿って北にワシントン州、南にカリフォルニア州と接し、内陸の南東はネバダ州、東はアイダホ州である。北はコロンビア川、東はスネーク川が州境の大半を形作っている。1843年にオレゴン・カントリーの自治的な政府を樹立した交易業者、探検家および開拓者が訪れるまでは、アメリカ・インディアンの多くの部族が住んでいた。1848年にオレゴン準州が設立され、1859年2月14日にアメリカ合衆国33番目の州に昇格した。 ワシントン州、カリフォルニア州と共にリベラルな気風で、保守的な中西部に対して「レッドウッド・カーテンの向こう側」と称される。 現代の先進国では珍しい直接民主制によって作られ、州、郡からも独立した地域政府メトロを擁する。 セイラムが州都であり、人口では州内第3位である。人口最多の都市はポートランドである。2010年国勢調査による州人口は380万人以上であり、2000年から12%増加した。ポートランドの人口は同年で583,776人であり、全米第29位である。その都市圏人口は2,241,841人(2009年推計)で全米第23位である。州西部、ウィラメット川のあるバレーに人口が集中しており、州内の人口上位10都市のうち8都市がこのバレーに入っている。 州内には多様な景観がある。風に吹き曝される太平洋岸、カスケード山脈のゴツゴツして氷河に侵食された火山、マルトノマ滝など多くの滝、深い常緑樹の森、また州東部の大半でグレートベースンまで拡がる高原型砂漠などである。雨の多い州西部海岸にある背の高いダグラスファーやセコイアの木は、州東半分を多う火を着けやすい松やジュニパー(セイヨウネズ)の疎らに生えた林と対照的である。州中央から東には半乾燥の灌木地、プレーリー、砂漠、ステップおよび牧草地が拡がっている。標高11,249フィート (3,429 m) のフッド山が州内最高地点である。クレーターレイク国立公園が州内唯一の国立公園である。.

新しい!!: 第二次世界大戦とオレゴン州 · 続きを見る »

オーヴァーロード作戦

ーヴァーロード作戦(オーヴァーロードさくせん、Operation Overlord。大君主作戦(だいくんしゅさくせん)とも。)は、第二次世界大戦においてドイツ軍占領中の西ヨーロッパへの侵攻に成功した連合軍の作戦「ノルマンディーの戦い」のコードネームである。本作戦は、1944年6月6日、ノルマンディー上陸作戦(ネプチューン作戦(Operation Neptune)、一般にDデイ(D-Day)として知られる)から始まった。1200名の空挺降下の後、5000隻超が参加した強襲上陸が行われた。初日に約16万名がイギリス海峡を渡り、8月末にはフランス国内の連合軍は200万名を超えた。 1943年5月、ワシントンで行われたトライデント会談で、1944年にイギリス海峡を横断する侵攻の実施が決定された。ドワイト・D・アイゼンハワーが連合国遠征軍最高司令部(SHAEF)の指揮官に、バーナード・モントゴメリーが、侵攻する全陸上部隊が属するの指揮官に任命された。上陸地点にノルマンディー海岸が選ばれ、アメリカ軍がユタおよびオマハ、イギリス軍がソードおよびゴールド、カナダ軍がジュノーと名付けられた各ビーチへ上陸することとなった。ノルマンディ海岸堡で予想される事態を解決するため、と呼んだ2つの人工港や、と呼ばれた特殊戦車などの特殊技術が開発された。また、連合軍は侵攻の数か月前から、偽の電子情報や視覚情報を用いて、大規模な欺瞞作戦であるを実行した。これはドイツに連合軍の主上陸の日付と場所を間違えさせた。アドルフ・ヒトラーは、連合軍の侵攻を見越してエルヴィン・ロンメル元帥に大西洋岸の要塞化を担当させた。 連合軍は初日の目標達成に失敗したが、細長い海岸堡を確保した。その後、徐々に戦線を拡大し、6月26日にシェルブールを、7月21日にカーンを占領した。8月8日のドイツ軍の反撃は失敗し、ファレーズ・ポケットに第7軍の兵士5万人が取り残された。連合軍は、8月15日に南フランスへの侵攻を開始(ドラグーン作戦)し、8月25日にはパリを奪還した。ドイツ軍は8月30日にセーヌ川の向こうへ退却し、オーヴァーロード作戦は完了した。.

新しい!!: 第二次世界大戦とオーヴァーロード作戦 · 続きを見る »

オートバイ

ートバイとは、原動機を搭載した二輪車である広辞苑 第五版「ガソリン機関による動力で走る二輪車」(出典:大辞泉)。大辞泉では「ガソリン機関による」とされたが、2012年現在ではガソリン機関だけでなく、モーターやガスタービンを動力とするものも市販されている。。単車(たんしゃ)や自動二輪車(じどうにりんしゃ)とも呼ばれる。オートを省略してバイクとも呼ばれる(ただ、自転車を意味する英語の bike との混同の恐れがある)。.

新しい!!: 第二次世界大戦とオートバイ · 続きを見る »

オーデル川

流域 オーデル川(Oder, Odra)は、中央ヨーロッパを流れる河川である。チェコ共和国北東部のズデーテン山脈に源流を発し、ポーランド国内のシレジア(シロンスク)を北西に向けて流れ、ポーランドとドイツの国境(オーデル・ナイセ線)沿いの延長187kmを北に向かう。ナイセ川・ヴァルタ川などの支流を合わせた後、ポメラニア(ポモージェ)に入りシュチェチンの北にある潟湖(シュチェチン湾)へ注ぎ、そこから3つの川(あるいは海峡)に分かれてバルト海に注ぐ。 全長は854.3km、流域面積は11万8,861平方kmにおよぶ。水位の変動が激しいことで有名である。 オーデル川とはドイツ語に由来のする呼称で、ポーランドではオードラ川と呼ばれている。また現代ドイツ語発音に基づきオーダー川とも表記される。 中流にはヴロツワフ(独:ブレスラウ)、下流にはシュチェチン(独:シュテティーン)などの都市がある。運河でヴィスワ川と結ばれており、シロンスクの重工業地域とポーランドの中央部が水運で繋がれている。ポーランドの生命線の役割を果たす川である。 1945年のポツダム会談により、ドイツ・ポーランドの暫定的な国境として設定されていたが、1990年11月のドイツ・ポーランド国境条約により正式な国境となっている。.

新しい!!: 第二次世界大戦とオーデル川 · 続きを見る »

オーデル・ナイセ線

ーデル・ナイセ線(オーデル・ナイセせん)は、現在のドイツ連邦共和国とポーランド共和国の国境線。オーデル川とその支流のナイセ川によって構成される。 ドイツ領を得た.

新しい!!: 第二次世界大戦とオーデル・ナイセ線 · 続きを見る »

オーストリア

ーストリア共和国(オーストリアきょうわこく、、バイエルン語: )、通称オーストリアは、ヨーロッパの連邦共和制国家。首都は音楽の都といわれたウィーン。 ドイツの南方、中部ヨーロッパの内陸に位置し、西側はリヒテンシュタイン、スイスと、南はイタリアとスロベニア、東はハンガリーとスロバキア、北はドイツとチェコと隣接する。基本的には中欧とされるが、歴史的には西欧や東欧に分類されたこともある。.

新しい!!: 第二次世界大戦とオーストリア · 続きを見る »

オットー・スコルツェニー

ットー・スコルツェニー(Otto Skorzeny、1908年6月12日 - 1975年7月6日)は、ドイツの軍人、武装親衛隊隊員。最終階級は親衛隊中佐。 様々な奇襲・極秘作戦に従事したことから「ヨーロッパで最も危険な男」と呼ばれる。.

新しい!!: 第二次世界大戦とオットー・スコルツェニー · 続きを見る »

オアフ島

アフ島(オアフとう、ハワイ語:O‘ahu、英語:Oahu)は、ハワイ諸島のうちの一つの島であり、3番目に大きい島である。ハワイ州に属し、州都ホノルル市がある。.

新しい!!: 第二次世界大戦とオアフ島 · 続きを見る »

カナダ

ナダ(英・、 キャナダ、 キャナダ、カナダ)は、10の州と3の準州を持つ連邦立憲君主制国家である。イギリス連邦加盟国であり、英連邦王国のひとつ。北アメリカ大陸北部に位置し、アメリカ合衆国と国境を接する。首都はオタワ(オンタリオ州)。国土面積は世界最大のロシアに次いで広い。 歴史的に先住民族が居住する中、外からやってきた英仏両国の植民地連合体として始まった。1763年からイギリス帝国に包括された。1867年の連邦化をきっかけに独立が進み、1931年ウエストミンスター憲章で承認され、1982年憲法制定をもって政体が安定した。一連の過程においてアメリカと政治・経済両面での関係が深まった。第一次世界大戦のとき首都にはイングランド銀行初の在外金準備が保管され、1917年7月上旬にJPモルガンへ償還するときなどに取り崩された。1943年にケベック協定を結んだ(当時のウラン生産力も参照)。1952年にはロスチャイルドの主導でブリンコ(BRINCO)という自然開発計画がスタートしている。結果として1955年と1960年を比べて、ウラン生産量は約13倍に跳ね上がった。1969年に石油自給国となる過程では、開発資金を供給するセカンダリー・バンキングへ機関投資家も参入したので、カナダの政治経済は機関化したのであった。 立憲君主制で、連邦政府の運営は首相を中心に行われている。パワー・コーポレーションと政界の連携により北米自由貿易協定(NAFTA)に加盟した。.

新しい!!: 第二次世界大戦とカナダ · 続きを見る »

カチューシャ (兵器)

ベオグラード軍事博物館に展示されるBM-13カチューシャ(ZiS-151車台) カチューシャ(ロシア語:Катюша, ラテン文字表記:Katyusha)は、第二次世界大戦においてソビエト連邦が開発・使用した世界最初の自走式多連装ロケット砲。制式名は82mm BM-8(БМ-8:)および132mm BM-13(БМ-13:)である。 なお、自走式多連装ロケットランチャーを指す俗称としてこの名が用いられることがある(#広義のカチューシャを参照)。.

新しい!!: 第二次世界大戦とカチューシャ (兵器) · 続きを見る »

カラーコード戦争計画

ラーコード戦争計画(カラーコードせんそうけいかく、Color-coded War Plans)とは、1920年代にアメリカ合衆国陸軍において、日本やイギリス、ドイツなどの国を仮想敵国として検討されたシミュレーションをさす。世界の主要国との戦争が発生した場合を想定した戦争計画であり、それぞれの国に色を割り当ていた為この名称が付けられた。これらのプロジェクトは1939年に凍結されたが、当時高まっていた枢軸国との二正面戦争に備えて5色のレインボー・プランが発展的に策定されている。.

新しい!!: 第二次世界大戦とカラーコード戦争計画 · 続きを見る »

カリブ海

リブ海(青)とカリブ諸島(緑) カリブ(イギリス領バージン諸島)の海岸 カリブ海(カリブかい、英語:Caribbean Sea、スペイン語:Mar Caribe、フランス語:mer des Caraïbes)は、メキシコ湾の南、大西洋に隣接する水域である。南はベネズエラ、コロンビアといった南アメリカ大陸やパナマに、西は北アメリカ大陸に属するコスタリカ、ニカラグア、ホンジュラス、グアテマラ、ベリーズ、そしてメキシコのユカタン半島に、北はキューバ、イスパニョーラ島のハイチとドミニカ共和国、ジャマイカ、プエルトリコといった大アンティル諸島に、東は小アンティル諸島に接している。.

新しい!!: 第二次世界大戦とカリブ海 · 続きを見る »

カリフォルニア州

リフォルニア州(State of California、Estado de California、中:加利福尼亚州、加州)は、アメリカ合衆国西部、太平洋岸の州。アメリカ西海岸の大部分を占める。州都は、サクラメントである。.

新しい!!: 第二次世界大戦とカリフォルニア州 · 続きを見る »

カルパティア山脈

ルパティア山脈(またはカルパチア山脈)は、中央ヨーロッパ・東ヨーロッパの山脈である。 カルパティア山脈の衛星写真.

新しい!!: 第二次世界大戦とカルパティア山脈 · 続きを見る »

カレリア

'''カレリア''' 国境線西側のフィンランドには北カレリアと南カレリアが広がる。白海、オネガ湖、ラドガ湖、フィンランド湾など水域が多い カレリア(Karelia)は、フィンランドの南東部からロシアの北西部にかけて広がる森林と湖沼の多い地方の名前である。そこに住む人たちのことをカレリア人と呼ぶ。フィンランド、ロシア、スウェーデンにとって歴史的にも重要な地方である。 カレリアは、カレリア語とフィンランド語ではKarjala(カルヤラ)、ロシア語ではКаре́лия(カリェーリヤ)、スウェーデン語ではKarelen(カレーレン)と呼ぶ。 今日、政治的にはロシア共和国のレニングラード州とカレリア共和国、フィンランドの北カルヤラ県と南カルヤラ県に分割されている。.

新しい!!: 第二次世界大戦とカレリア · 続きを見る »

カーチス・ルメイ

ーチス・エマーソン・ルメイ(Curtis Emerson LeMay, 1906年11月15日 - 1990年10月1日)は、アメリカ合衆国の軍人である。最終階級は空軍大将。第5代空軍参謀総長を務めた。カーティス・ルメイとも。.

新しい!!: 第二次世界大戦とカーチス・ルメイ · 続きを見る »

カール・デーニッツ

ール・デーニッツ(Karl Dönitz、1891年9月16日 - 1980年12月24日)は、ドイツの海軍軍人、政治家。 潜水艦作戦の第一人者で、無線誘導による群狼作戦をあみだした。ウィンストン・チャーチルを最も苦しめたドイツの軍人の一人。海軍軍人としての最終階級は元帥(大提督)。総統アドルフ・ヒトラーの自殺後にはそのに基づき大統領に就任し、連合国への無条件降伏を行った。.

新しい!!: 第二次世界大戦とカール・デーニッツ · 続きを見る »

カーゾン線

密議定書で定められたポーランドを分割するライン。赤が第二次世界大戦後のポーランド国境。ポーランドは空色で示した領域をソ連に譲り、黄色で示したドイツ領を得た カーゾン線(カーゾンせん、Curzon Line)は、第一次世界大戦後、イギリスの外務大臣ジョージ・カーゾン卿によって提唱された、ポーランドとソビエト・ロシアの境界線のことである。第二次世界大戦後のポーランドの東部国境は、ほぼこの線の位置にある。.

新しい!!: 第二次世界大戦とカーゾン線 · 続きを見る »

カティンの森事件

ティンの森事件(カティンのもりじけん、、)は、第二次世界大戦中にソビエト連邦(ロシア共和国)のグニェズドヴォ(Gnyozdovo)近郊の森で約22,000人のポーランド軍将校、国境警備隊員、警官、一般官吏、聖職者がソビエト内務人民委員部(NKVD)によって銃殺された事件。「カティンの森の虐殺」などとも表記する。 NKVD長官ベリヤが射殺を提案し、ソビエト共産党書記長スターリンと政治局の決定で実行された「カチンの森 戦後70年歴史を歩く」『読売新聞』2015年11月13日付夕刊。。 「カティン(カチンとも。)」は現場近くの地名で、事件とは直接関係ないものの、覚えやすい名前であったためナチス・ドイツが名称に利用した。.

新しい!!: 第二次世界大戦とカティンの森事件 · 続きを見る »

カイロ宣言

イロ宣言(カイロせんげん、Cairo Declaration)は、第二次世界大戦中の1943年に開かれたカイロ会談()を経て示された宣言。連合国の対日方針などが定められた。後述するように「カイロ宣言」は日時や署名がなく、公文書も存在しておらず宣言として扱うことが適切かについては議論もある。.

新しい!!: 第二次世界大戦とカイロ宣言 · 続きを見る »

カサブランカ会談

ブランカ会談 カサブランカ会談(カサブランカかいだん、Casablanca Conference)は、第二次世界大戦中に行われた連合国の首脳会談の一つ。1943年1月14日から23日にかけて、モロッコのカサブランカにおいて開催された。.

新しい!!: 第二次世界大戦とカサブランカ会談 · 続きを見る »

ガレアッツォ・チャーノ

2代コルテッラッツォ・ブカーリ伯ジャン・ガレアッツォ・チャーノ(Gian Galeazzo Ciano, detto Galeazzo, conte di Cortellazzo e Buccari, 1903年3月18日 - 1944年1月11日)は、イタリアの政治家、貴族。姓の日本語表記は「チアノ」とするものも多い。.

新しい!!: 第二次世界大戦とガレアッツォ・チャーノ · 続きを見る »

ガダルカナル島

島内にアメリカ合衆国が建てた慰霊碑 ガダルカナル島(ガダルカナルとう、)は、ソロモン諸島最大の島であり、同国の首都ホニアラがある。第二次世界大戦の激戦地で、展開した日本軍部隊の多くが補給路を絶たれ、多数の餓死者を出したことから、略称のガ島から餓島(がとう)とも呼ばれた。その面積は千葉県よりやや広い。.

新しい!!: 第二次世界大戦とガダルカナル島 · 続きを見る »

ガダルカナル島の戦い

ダルカナル島の戦い(ガダルカナルとうのたたかい、Battle of Guadalcanal)は、第二次世界大戦において1942年8月以降日本軍と連合軍が西太平洋ソロモン諸島のガダルカナル島を巡って繰り広げた戦いである。ミッドウェー海戦と共に太平洋戦争における攻守の転換点となった。 また、兵員、軍艦、航空機、燃料、武器等を多く失ったため国力が大きく減少した。.

新しい!!: 第二次世界大戦とガダルカナル島の戦い · 続きを見る »

ガス室

室(ガスしつ)は毒ガスによって中に入れられたものを殺傷する密閉された部屋。.

新しい!!: 第二次世界大戦とガス室 · 続きを見る »

キュストリン

キュストリン(KüstrinまたはCüstrin、Kostrzyn)は、第二次世界大戦終結までのドイツで、以前のプロイセン王国におけるオーデル川とヴァルタ川の合流点にあった町である。戦後、町を南北に流れるオーデル川で新しい国境線(オーデル・ナイセ線)が引かれたため、町のほとんどである東岸の地区はポーランド人民共和国のコストシン・ナド・オドロンに、一部であった西岸の地区はドイツ民主共和国に分割された。 Category:ブランデンブルク州の地理 Category:プロイセンの歴史 Category:ブランデンブルクの歴史 Category:ポーランドの歴史的地域 Category:ドイツの歴史的地域 Category:ドイツ・ポーランド関係 Category:分割都市.

新しい!!: 第二次世界大戦とキュストリン · 続きを見る »

キリル (プレスラフ公)

リル(, 1895年11月17日 - 1945年2月1日)は、ブルガリアの王族。プレスラフ公の儀礼称号を持つ。.

新しい!!: 第二次世界大戦とキリル (プレスラフ公) · 続きを見る »

キリンディニ港

リンディニ港(キリンディニこう、スワヒリ語: Bandari ya Kilindini, 英語: Kilindini Harbour)とは、ケニアのモンバサから内陸部に向かって伸びた天然の入り江にある港のこと。幅が広く水深が深いため、天然の良港となっている。キリンディニ港はモンバサ港の一部を成しており、モンバサ港はケニア唯一の国際港である。ケニア港湾局によって管理されており、貨物の扱いは少ないがクルーズ客船の寄航が多い。.

新しい!!: 第二次世界大戦とキリンディニ港 · 続きを見る »

キレナイカ

右半分のレモンイエローで描かれた部分がキレナイカ地方 キレナイカ(Cyrenaica, Cirenaica)は、リビアの東部地方。古典時代以来、一般的にはバルカ(Barqah)と呼ばれ続けた。トリポリタニア、フェザーンと共にリビアの歴史的な3地域で、1970年代の行政区分でもある。語源は古代ギリシャ時代の植民市キュレネ。 現在はシャアビーヤと呼ばれる行政区分に分割されており、アジュダビーヤー、ベンガジ、ダルナ、クワフなど、10の州・県レベルの自治体に分かれている。.

新しい!!: 第二次世界大戦とキレナイカ · 続きを見る »

キプロス

プロス共和国(キプロスきょうわこく、Κυπριακή Δημοκρατία、Kıbrıs Cumhuriyeti)、通称キプロスは、トルコの南の東地中海上に位置するキプロス島の大部分を占める共和制国家で、イギリス連邦加盟国である。首都はニコシア。ヨーロッパ連合加盟国。公用語はギリシア語。 キプロス島の一部は、イギリス海外領土のアクロティリおよびデケリアであり、往来は容易であるものの共和国領ではない。さらに1974年以来、南北に分断されており、島の北部約37%を、国際的にはトルコ共和国のみが承認する「独立国家」であるトルコ系住民による北キプロス・トルコ共和国が占めている。一方のキプロス共和国は国際連合加盟国193か国のうち、192か国(トルコを除く)が国家承認をしている。 キプロスは元来はギリシャ系住民とトルコ系住民の混住する複合民族国家だったが、分断後は事実上、ギリシャ系によるほぼ単一民族国家となっている。.

新しい!!: 第二次世界大戦とキプロス · 続きを見る »

キエフ

フ(Київ キーイウ、Киев )は、ウクライナの首都。ドニプロ川の中流に位置する。同国最大の都市で、政治・経済・社会・学術・交通の中心地である。特別自治都市。5世紀後半に建設されたポリャーネ族の集落から発展した。中世にはキエフ・ルーシの都であったが、近世にはコサックのキエフ連隊の中心となった。20世紀中にウクライナ人民共和国、ウクライナ国とウクライナ・ソビエト社会主義共和国の首都であり続けた。キエフ市内の人口はおよそ279万人であるが、キエフ首都圏の人口はおよそ400万人となっている。東ヨーロッパにおける最古の都市で、キリスト教の聖地の一つである。都内にある聖ソフィア大聖堂とキエフ洞窟大修道院は世界遺産に登録されている。.

新しい!!: 第二次世界大戦とキエフ · 続きを見る »

キスカ島

島(キスカとう、Kiska)は、アリューシャン列島西部のラット諸島に位置し、アメリカ合衆国アラスカ州に属する島である。 “キスカ”の名は、この地方に居住していた先住民族であるアレウト族がこの島の呼称として用いていたアレウト語(英字転化:Qisxa)に由来する。.

新しい!!: 第二次世界大戦とキスカ島 · 続きを見る »

ギリシャ

リシャ共和国(ギリシャきょうわこく、ギリシャ語: Ελληνική Δημοκρατία)、通称ギリシャは、南ヨーロッパに位置する国。2011年国勢調査によると、ギリシャの人口は約1,081万人である。アテネは首都及び最大都市であり、テッサロニキは第2の都市及び中央マケドニアの州都である。.

新しい!!: 第二次世界大戦とギリシャ · 続きを見る »

ギリシャ・イタリア戦争

リシャ・イタリア戦争(ギリシャ・イタリアせんそう、Greco-Italian War)は、1940年10月28日から1941年4月6日まで、枢軸国のイタリアと連合国のギリシアとの間で戦われた第二次世界大戦の戦争を指す。.

新しい!!: 第二次世界大戦とギリシャ・イタリア戦争 · 続きを見る »

ギリシャ王国

リシャ王国(希:, 1832年 - 1924年、1935年 - 1941年、1944年 - 1967年)は、ギリシャ独立戦争によりオスマン帝国から独立したギリシャに設けられた王国。列強諸国によってバイエルン王国、デンマークの王子が王に据えられたため国内での支持基盤が弱く、政変が相次ぎ安定しなかった。.

新しい!!: 第二次世界大戦とギリシャ王国 · 続きを見る »

ギリシャ軍

リシャ軍(ギリシャぐん、Eλληνικές Ένοπλες Δυνάμεις)は、ギリシャ陸軍、ギリシャ海軍、ギリシャ空軍の3軍で構成されるギリシャ共和国の軍隊。管理・運営はギリシャ国防省が担当している。 ギリシャは徴兵制を採用しているため、18歳以上の男子は12ヶ月の兵役に就く義務があるが、将来的に職業軍人制へ移行することが計画されている。 ギリシャは欧州連合(EU)および北大西洋条約機構(NATO)の加盟国であり、アフガニスタンのISAF、ボスニアとチャドのEUFOR、コソボのKFORなど国際平和維持活動にも積極的に参加している。.

新しい!!: 第二次世界大戦とギリシャ軍 · 続きを見る »

ギルバート諸島

ルバート諸島 ギルバート諸島 (Gilbert Islands) は、太平洋にある16の珊瑚礁の島及び環礁からなる、キリバス領の諸島。.

新しい!!: 第二次世界大戦とギルバート諸島 · 続きを見る »

クラーラ・ペタッチ

ラーラ・ペタッチ(, 1912年2月28日 - 1945年4月28日)は、イタリアの女性。 ベニート・ムッソリーニの愛人。クラレッタ(Claretta)は愛称。.

新しい!!: 第二次世界大戦とクラーラ・ペタッチ · 続きを見る »

クライペダ

ライペダ(Klaipėda)は、ネマン川河口に近く, バルト海に面したリトアニア西部の港湾都市。クライペダ郡の中心都市であり、同国唯一の港湾都市である。ドイツ名はメーメル またはメーメルブルク、ポーランド語ではクワイペダ (Kłajpeda)。 ハンザ同盟の重要な都市として, 古くから交易上の要衝である.

新しい!!: 第二次世界大戦とクライペダ · 続きを見る »

クラウス・フォン・シュタウフェンベルク

ラウス・フィリップ・マリア・シェンク・グラーフ(伯爵)・フォン・シュタウフェンベルク(Claus Philipp Maria Schenk Graf von Stauffenberg, 1907年11月15日 - 1944年7月21日)は、ドイツの軍人、貴族。軍における最終階級は参謀大佐(Oberst i.G.)。貴族の爵位は伯爵(Graf)。ドイツ陸軍国内予備軍参謀長を務めていた際の1944年7月20日に、東プロイセンの総統大本営「狼の巣」において総統アドルフ・ヒトラーを時限爆弾によって暗殺する計画を実行したが、ヒトラーは軽傷を負うに留まった。「ヴァルキューレ作戦」発動によるクーデタ計画にも失敗し、7月21日に上官の国内予備軍司令官フリードリヒ・フロム上級大将の命令により逮捕され、銃殺刑に処せられた。現在のドイツ連邦共和国においては、英雄として顕彰されている。.

新しい!!: 第二次世界大戦とクラウス・フォン・シュタウフェンベルク · 続きを見る »

クラクフ

ラクフ(Kraków,, 独:Krakau クラカウ)は、ポーランド南部にある都市で、マウォポルスカ県の県都。 ポーランドで最も歴史ある都市の一つであり、17世紀初頭にワルシャワに遷都するまではクラクフがポーランド王国の首都であった。ポーランドの工業、文化の主要な中心地でもある。ヴィスワ川の上流に位置し、市街地はを中心として川の両岸に広がっている。 1038年から1569年まではポーランド王国、1569年から1596年までポーランド・リトアニア共和国であった。 1794年からオーストリア帝国領となり、1846年から1918年までオーストリアのクラクフ大公国であった。 人口は766,739人で、これはワルシャワ、ウッチに続く第3の規模。.

新しい!!: 第二次世界大戦とクラクフ · 続きを見る »

クリミア半島

リミア半島(クリミアはんとう)、または単にクリミア(Crimea, Крым, Крим, Qırım)は、黒海の北岸にある半島。面積は2万6844km2、2014年1月1日時点の人口は235万3100人。 1991年の独立以来ウクライナに属していたが、2014年のクリミア危機でロシアへの編入の是非を問う住民投票が行われて以降、帰属についてロシアとウクライナの間で係争状態にある。ロシアは自国に編入したと主張し、実効支配しているが、ウクライナではクリミア編入はウクライナ憲法に違反しているとして現在もウクライナの領土の一部であると主張し、日本を含め国際社会の多くが支持している。.

新しい!!: 第二次世界大戦とクリミア半島 · 続きを見る »

クリスマス

リスマス()は、イエス・キリストの降誕(誕生)を祝う祭である(誕生日ではなく降誕を記念する日)『キリスト教大事典 改訂新版』350〜351頁、教文館、1977年 改訂新版第四版。毎年12月25日に祝われるが、正教会のうちユリウス暦を使用するものは、グレゴリオ暦の1月7日に該当する日にクリスマスを祝う()。ただし、キリスト教で最も重要な祭と位置づけられるのはクリスマスではなく、復活祭である正教会の出典:()カトリック教会の出典:(カトリック中央協議会)聖公会の出典:(日本聖公会 東京教区 主教 植田仁太郎)プロテスタントの出典:『キリスト教大事典』910頁、教文館、1973年9月30日 改訂新版第二版。 キリスト教に先立つユダヤ教の暦、ローマ帝国の暦、およびこれらを引き継いだ教会暦では日没を一日の境目としているので、クリスマス・イヴと呼ばれる12月24日夕刻から朝までも、教会暦上はクリスマスと同じ日に数えられる。教会では降誕祭といった表記もある。 一般的年中行事としても楽しまれ、ジングルベルなどのクリスマスソングは多くの人に親しまれている。.

新しい!!: 第二次世界大戦とクリスマス · 続きを見る »

クルスクの戦い

ルスクの戦い(クルスクのたたかい、Schlacht bei Kursk(シュラハト・バイ・クルスク)、Курская битва(クールスカヤ・ビートヴァ))は、第二次世界大戦中の1943年、東部戦線(独ソ戦)ソビエト連邦(以下ソ連)の都市であるクルスク周辺をめぐり、ナチス・ドイツ(以下ドイツ)軍とソ連軍(赤軍)との間で行われた戦闘の名称である。ドイツ軍の正式作戦名「ツィタデレ(城塞)作戦」(Unternehmen Zitadelle)。ドイツ側約2,800輌、ソ連側約3,000輌の合計約6,000輌山崎「クルスク大戦車戦」29頁。の戦車が戦闘に参加し、「史上最大の戦車戦」として知られていたが、近年の研究では否定されている。クルスク戦車戦、クルスク会戦とも呼称される。.

新しい!!: 第二次世界大戦とクルスクの戦い · 続きを見る »

クレメント・アトリー

初代アトリー伯爵クレメント・リチャード・アトリー(Clement Richard Attlee, 1st Earl Attlee、1883年1月3日 - 1967年10月8日)は、イギリスの政治家。首相(在任:1945年 - 1951年)。 労働党党首(1935年 - 1955年)。ラムゼイ・マクドナルド以来2人目の労働党出身の首相で、同党出身の首相として初めて4年の任期を全うできただけでなく、任期中に議会で過半数の議席を得ることができた首相でもある。 同政権下では国営医療事業国民保健サービス(NHS)などが設立され、イギリスはベヴァリッジ報告書構想に基づく福祉国家の建設に歩みだした。.

新しい!!: 第二次世界大戦とクレメント・アトリー · 続きを見る »

クレタ島

レタ島(Κρήτη / Kriti; Crete)は、ギリシャ共和国南方の地中海に浮かぶ同国最大の島。古代ミノア文明が栄えた土地で、クノッソス宮殿をはじめとする多くの遺跡を持つ。また、温暖な気候や自然景観から地中海の代表的な観光地でもある。 クレタ島は島全体で、ギリシャ共和国の広域自治体であるペリフェリア(地方)を構成する。首府はイラクリオ(イラクリオン)。.

新しい!!: 第二次世界大戦とクレタ島 · 続きを見る »

クレタ島の戦い

レタ島の戦い(クレタとうのたたかい、Battle of Crete)は、第二次世界大戦中の1941年5月20日-6月1日にかけてドイツ軍の空挺部隊とクレタ島を防衛するイギリスを中心とする連合軍の間に戦われた戦闘を指す。ドイツ軍はメルクール作戦(独:Unternehmen Merkur,ギリシャ神話の商業・盗賊の神メルクリウスに由来)と呼んだ。.

新しい!!: 第二次世界大戦とクレタ島の戦い · 続きを見る »

グラン・サッソ

ラン・サッソ グラン・サッソ(Gran Sasso)は、アペニン山脈で最も高い山塊で、イタリア中部のアブルッツォ州にある。.

新しい!!: 第二次世界大戦とグラン・サッソ · 続きを見る »

グライヴィッツ事件

FMローカル局の放送用として使われている。 グライヴィッツ事件(グライヴィッツじけん)は、第二次世界大戦開戦前夜の1939年8月31日、ドイツ・ポーランド国境付近のグライヴィッツ市(当時はドイツ領。現在はポーランドのグリヴィツェ市)に所在するラジオ局が襲撃された事件。これはポーランド系住民のしわざに見せかけた親衛隊謀略部隊による自作自演の襲撃事件(偽旗作戦)であり、ポーランド侵攻を正当化する「」における一連の陰謀の1つである。.

新しい!!: 第二次世界大戦とグライヴィッツ事件 · 続きを見る »

グアム

アム(, )は太平洋に在るマリアナ諸島南端の島。英語発音はグワーム。1898年の米西戦争からアメリカ合衆国の海外領土。第二次世界大戦下で1941年から1944年に掛けて日本軍が占領統治し「大宮島(おおみやじま)」と呼ばれた。.

新しい!!: 第二次世界大戦とグアム · 続きを見る »

ケ号作戦

号作戦(ケごうさくせん)は第二次世界大戦中の1943年(昭和18年)2月1日から7日にかけて行われた、日本軍のガダルカナル島撤退作戦。作戦名の由来はによる。作戦は3回に分けて行われ、沈没艦は駆逐艦1隻のみで日本軍の撤退は成功した。撤退中に発生した戦闘についてはイサベル島沖海戦と呼称されることが多い。撤退により救出された日本軍は1万名余りだった。 なお、キスカ島からの撤退作戦もケ号作戦(作戦名の由来はより)というが、これについてはキスカ島撤退作戦を参照。.

新しい!!: 第二次世界大戦とケ号作戦 · 続きを見る »

ケニア

ニア共和国(ケニアきょうわこく)、通称ケニアは、東アフリカに位置する共和制国家で、イギリス連邦加盟国である。北にエチオピア、北西に南スーダン、西にウガンダ、南にタンザニア、東にソマリアと国境を接し、南東はインド洋に面する。首都はナイロビ。 首都ナイロビには国際連合環境計画、国際連合人間居住計画の本部がある。旧イギリス植民地。.

新しい!!: 第二次世界大戦とケニア · 続きを見る »

ケベック会談

マッケンジー・キング、フランクリン・ルーズベルトおよびウィンストン・チャーチル。 ケベック会談(ケベックかいだん)は、第二次世界大戦中にイギリスおよびアメリカ合衆国によって開かれた秘密軍事会合である。開催場所はイギリス自治領だったカナダのケベック・シティーのシタデルとシャトー・フロンテナックで、1943年8月17日から8月24日に行われた。主な出席者は、イギリス首相のウィンストン・チャーチルとアメリカ合衆国大統領のフランクリン・ルーズベルトで、カナダ首相のウィリアム・ライアン・マッケンジー・キングも関わったが正式な参加国ではなかったチャーチル(1984年)、35頁。。会談のコードネームは“QUADRANT”(四分円)。1944年の会談との関係で、第1回ケベック会談とも呼ぶ。.

新しい!!: 第二次世界大戦とケベック会談 · 続きを見る »

ケアンズ

アンズ(英語: Cairns )はオーストラリア大陸北東岸、ヨーク岬半島の付け根付近に広がる珊瑚海に面する港湾都市。背後にグレートディヴァイディング山脈が控えている。ファー・ノース・クイーンズランド地方の中心都市である。人口は約150,000人(2010年)で、都市圏は急速に拡張している。 様々なマリンスポーツも盛んなグレート・バリア・リーフ、およびクイーンズランドの湿潤熱帯地域という海山両方の世界遺産があり、ファー・ノース・クイーンズランドの観光拠点となっている。ブリスベンから約1,707km、シドニーからは約2,420kmに位置する。.

新しい!!: 第二次世界大戦とケアンズ · 続きを見る »

ゲリラ

リラ(guerrilla)は、ゲリラ戦(遊撃戦)と呼ばれる不正規戦闘を行う民兵またはその組織のことでパルチザンとも呼ばれる。ゲリラ戦とは、予め攻撃する敵を定めず、戦線外において小規模な部隊を運用して、臨機応変に奇襲、待ち伏せ、後方支援の破壊といった、攪乱や攻撃を行う戦法、またはその戦法が用いられた戦闘を指す。 なお日本の警察用語では、上記と異なる定義がなされる。警察庁が発行する警察白書では、施設などを攻撃する対物テロを「ゲリラ」、個人を標的とする対人テロを「テロ」と区分している。もっとも、事件の中にはどちらに該当するか区分付きがたいケース(例:警視庁独身寮爆破事件)もあり、一般国民に対する広報では、「テロ・ゲリラ」と一括して取り扱っている。.

新しい!!: 第二次世界大戦とゲリラ · 続きを見る »

ゲットー

在も残るワルシャワ・ゲットー(実際のところは、第二次大戦でドイツに占領されるまでは強制居住区である「ゲットー」ではなく自由居住区である自治区「シュテットル」であった)の壁の一部 ポーランド、クラクフ・ゲットー(実際のところは、第二次大戦でドイツに占領されるまでは強制居住区である「ゲットー」ではなく自由居住区である自治区「シュテットル」であった)、カジミエジュ地区のスタラシナゴーグ、博物館として公開されているもの。この付近で映画「シンドラーのリスト」のロケも行われた。 ゲットー(ghetto)は、ヨーロッパ諸都市内でユダヤ人が強制的に住まわされた居住地区である。第二次世界大戦時、東欧諸国に侵攻したナチス・ドイツがユダヤ人絶滅を策して設けた強制収容所もこう呼ばれる。 アメリカ合衆国などの大都市におけるマイノリティの密集居住地をさすこともある。.

新しい!!: 第二次世界大戦とゲットー · 続きを見る »

ゲオルギー・ジューコフ

ルギー・コンスタンチーノヴィチ・ジューコフ(、1896年12月1日 - 1974年6月18日)は、ソビエト連邦の軍人、政治家。ソ連邦元帥まで昇進した。.

新しい!!: 第二次世界大戦とゲオルギー・ジューコフ · 続きを見る »

ゲオルク・エルザー

ヨハン・ゲオルク・エルザー(Johann Georg Elser、1903年1月4日 - 1945年4月9日)は、ドイツの反ナチ運動家。アドルフ・ヒトラー暗殺未遂事件の実行者として知られる。.

新しい!!: 第二次世界大戦とゲオルク・エルザー · 続きを見る »

ゲシュタポ

1934年、ベルリン、プリンツ・アルプレヒト街8番地のゲシュタポ本部の中央ホール。 ゲハイメ・シュターツポリツァイ(Geheime Staatspolizei=「秘密国家警察」、通称ゲシュタポ、Gestapo)は、ナチス・ドイツ期のプロイセン州警察、のちドイツ警察の中にあった秘密警察部門である。 1939年9月以降、ナチス親衛隊の一組織であり、警察機構を司る国家保安本部に組み込まれた。.

新しい!!: 第二次世界大戦とゲシュタポ · 続きを見る »

コマンダンテ・カッペリーニ (潜水艦)

マンダンテ・カッペリーニ (Comandante Cappellini) はイタリア海軍の潜水艦。マルチェロ級。1939年に就役するが、イタリアと連合国の講和後に日本軍に接収され、日本の同盟国のドイツ海軍に引き渡されドイツ海軍潜水艦UIT24となり、1945年5月にドイツが降伏すると今度は日本の潜水艦伊号第五百三潜水艦昭和20年7月15日付 内令第639号、同第643号ほか。五〇三ではない。(いごうだいごひゃくさんせんすいかん)となった。.

新しい!!: 第二次世界大戦とコマンダンテ・カッペリーニ (潜水艦) · 続きを見る »

コモ湖

モ湖()は、イタリア北部のロンバルディア州にある湖。逆Y字形の形状を持つ湖で、湖水面積はイタリアで3番目に広い。湖畔は避暑地として著名であり、南東端にレッコ、南西端にコモの都市がある。.

新しい!!: 第二次世界大戦とコモ湖 · 続きを見る »

コラボラシオン

ペタンと握手するヒトラー(1940年撮影) コラボラシオン()とは、文字通りには「協力」(コラボレーション)を意味するが、フランスの歴史では特に、第二次世界大戦中、ナチス・ドイツに占領されたフランスで行われた対独協力行為を指す。しばしばコラボ(collabo)と略される。 本稿では、第二次世界大戦中のフランスにおけるコラボラシオンについて解説する。それ以外の地域・時代での占領行政への協力行為一般については、利敵協力を参照。 ヴィシー政権が行った労働者としての徴用などの組織的なものから、個人的に占領軍に協力したりする者など様々であった。フランス解放後、協力者たちは怒った市民たちによって報復された。.

新しい!!: 第二次世界大戦とコラボラシオン · 続きを見る »

コロンバンガラ島沖海戦

ンバンガラ島沖海戦(コロンバンガラとうおきかいせん)は、太平洋戦争(大東亜戦争)中の1943年7月12日にソロモン諸島コロンバンガラ島沖で発生した海戦のこと。日本海軍のコロンバンガラ島への輸送部隊とアメリカ海軍、ニュージーランド海軍が交戦し、日本軍は軽巡洋艦1隻が沈没、アメリカ軍は駆逐艦1隻が沈没し、軽巡洋艦3隻が大破した。アメリカ軍およびニュージーランド軍側の呼称はコロンバンガラ海戦(Battle of Kolombangara)。なお、ここではコロンバンガラ島沖海戦前の7月9日に行われた輸送作戦、および海戦後の7月19日から20日にかけて行われた第七戦隊などの出撃と輸送作戦についても合わせて述べる。.

新しい!!: 第二次世界大戦とコロンバンガラ島沖海戦 · 続きを見る »

コロンボ

ンボ(කොළඹ、கொழும்பு、Colombo)はスリランカの最大都市である。同国の経済的な中心都市であり、かつては首都であった。.

新しい!!: 第二次世界大戦とコロンボ · 続きを見る »

コンピュータ

ンピュータ(Computer)とは、自動計算機、とくに計算開始後は人手を介さずに計算終了まで動作する電子式汎用計算機。実際の対象は文字の置き換えなど数値計算に限らず、情報処理やコンピューティングと呼ばれる幅広い分野で応用される。現代ではプログラム内蔵方式のディジタルコンピュータを指す場合が多く、特にパーソナルコンピュータやメインフレーム、スーパーコンピュータなどを含めた汎用的なシステムを指すことが多いが、ディジタルコンピュータは特定の機能を実現するために機械や装置等に組み込まれる組み込みシステムとしても広く用いられる。電卓・機械式計算機・アナログ計算機については各項を参照。.

新しい!!: 第二次世界大戦とコンピュータ · 続きを見る »

コンピエーニュの森

ンピエーニュの森(コンピエーニュのもり、Forêt de Compiègne)は、フランスのピカルディ地域圏にあるコンピエーニュ近くに位置する森である。森の面積は、144.85平方キロメートルである。.

新しい!!: 第二次世界大戦とコンピエーニュの森 · 続きを見る »

コーヒー

ーヒー コーヒー( )は、コーヒー豆(コーヒーノキの種子)を焙煎し挽いた粉末から、湯または水で成分を抽出した飲料。歴史への登場は酒や茶には遅れるが、多くの国で飲用されている嗜好飲料である。家庭や飲食店、職場などで飲用され、コーヒーの専門ショップも多数存在する。抽出前の粉末や粉砕前の焙煎豆も、同じくコーヒーと呼ばれることもある。日本語では「珈琲」と当て字されているフリーランス雑学ライダーズ編『あて字のおもしろ雑学』 p.125 1988年 永岡書店。 世界各国において、コーヒーを提供する場の喫茶店(コーヒー・ハウス、カフェ、カフェー)は近代、知識人や文学、美術などさまざまな分野の芸術家の集まる場として、文化的にも大きな役割を果たしてきた。さらに、貿易規模が大きい一次産品であるため、経済上も重要視されている。大体北回帰線と南回帰線の間(コーヒーベルト)の約70箇国で生産され、アメリカ、ヨーロッパ、日本など全世界に輸出されている。カフェインに代表される薬理活性成分を含むことから医学・薬学の面から研究の対象となっている。.

新しい!!: 第二次世界大戦とコーヒー · 続きを見る »

コーデル・ハル

ーデル・ハル(Cordell Hull、1871年10月2日 - 1955年7月23日)は、アメリカ合衆国の政治家。フランクリン・デラノ・ルーズヴェルト大統領の下で1933年から1944年までアメリカ合衆国国務長官を務めた。1945年のノーベル平和賞の受賞者であり、「国際連合の父」と称される。.

新しい!!: 第二次世界大戦とコーデル・ハル · 続きを見る »

コードトーカー

ードトーカー(Code talker)とは、国外にはその言葉を解するものがいない固有の部族語をコード(暗号)として前線での無線通信を行うため、アメリカ軍が使用したアメリカインディアン部族出身の暗号通信兵である。.

新しい!!: 第二次世界大戦とコードトーカー · 続きを見る »

コーカサス

ーカサス山脈 コーカサス()、またはカフカース、カフカス( (ラテン文字転写例: Kavkaz)、、、)は、黒海とカスピ海に挟まれたコーカサス山脈と、それを取り囲む低地からなる面積約44万km2の地域である。コーカサスの漢字表記は高加索。 英語のコーカサス、ロシア語のカフカースとも (Kaukasos; カウカーソス)に由来する。 「カウカーソス」自体は、一説に、古代スキタイ語のクロウカシス(白い雪)に由来するとされる。 コーカサス山脈を南北の境界として北コーカサスと南コーカサス(ザカフカジエ、ザカフカース、トランスカフカス、外カフカース)に分かれ、北コーカサスはロシア連邦領の北カフカース連邦管区および南部連邦管区に属する諸共和国となっており、南コーカサスは旧ソ連から独立した3共和国からなる。北コーカサス(ロシア)はヨーロッパに区分され、南コーカサスは西アジアに区分されることもあるがヨーロッパに区分されることもある。 全体的に山がちな地形で、山あいには様々な言語、文化、宗教をもった民族集団が複雑に入り組んで暮らしており、地球上でもっとも民族的に多様な地域であると言われる。 ケフィア発祥の地で、しばしば、この地方の人々は、ケフィアを飲んでいるために長寿であると喧伝されるが、統計的に見て、この地方の人々が長寿であるという科学的根拠はない。.

新しい!!: 第二次世界大戦とコーカサス · 続きを見る »

コブラ作戦

ブラ作戦(コブラさくせん、Operation Cobra)は、第二次世界大戦において1944年7月25日から31日にかけてアメリカ第1軍により行われた攻勢の作戦名である。.

新しい!!: 第二次世界大戦とコブラ作戦 · 続きを見る »

ココ・シャネル

・シャネル(Coco Chanel、1883年8月19日 - 1971年1月10日)は、20世紀に活動したフランスのファッションデザイナー。20世紀を代表するファッションデザイナーのひとりで、ファッションブランド「シャネル」の創業者。.

新しい!!: 第二次世界大戦とココ・シャネル · 続きを見る »

コタバル

タ・バル (Kota Bharu) は、マレーシアの都市。マレー半島北東部のクランタン州の州都で、南シナ海・タイランド湾に面する。2011年の人口は約49.1万人、総面積 394km²。コタ・バルとはマレー語で「新しい町」または、「新しい城」を意味する。 マレーシア国内で最もイスラム色が濃く、住民は大多数がマレー系であるが、タイ国境に近いため、タイのテレビ放送も見ることができる。ただし、街中でタイ語は通じない。数多くのモスクがあり、拡声器でコーランの詠唱を流している。.

新しい!!: 第二次世界大戦とコタバル · 続きを見る »

ゴム

ム(gom)は、元来は植物体を傷つけるなどして得られる無定形かつ軟質の高分子物質のことである。現在では、後述の天然ゴムや合成ゴムのような有機高分子を主成分とする一連の弾性限界が高く弾性率の低い材料すなわち弾性ゴムを指すことが多い。漢字では「護謨」と書き、この字はゴム関連の会社名などに使われることが多い。エラストマーの一種であり、エラストマーはゴムと熱可塑性エラストマーの二つに分けられる。 天然ゴムの原料となるラテックスの採取.

新しい!!: 第二次世界大戦とゴム · 続きを見る »

ザルツブルク

ルツブルク(Salzburg)は、オーストリア中北部の都市で、同名のザルツブルク州の州都である。ドイツ語で特に区別して表記する場合、ザルツブルク市はStadt Salzburg、州はLand Salzburgとする。 郡に属さない憲章都市(Statutarstadt)であるが、ザルツブルク=ウムゲーブング郡 の郡庁が置かれている。 旧市街と歴史的建造物は、1996年ユネスコ世界遺産に「ザルツブルク市街の歴史地区」として登録された。.

新しい!!: 第二次世界大戦とザルツブルク · 続きを見る »

シチリア

チリア島(Sicilia, シチリア語: Sicìlia)は、イタリア半島の西南の地中海に位置するイタリア領の島。地中海最大の島である。 周辺の島を含めてシチリア自治州を構成している。この州はイタリアに5つある特別自治州のひとつである。州都はパレルモ。.

新しい!!: 第二次世界大戦とシチリア · 続きを見る »

シャルル・ド・ゴール

ャルル・アンドレ・ジョゼフ・ピエール=マリ・ド・ゴール(Charles André Joseph Pierre-Marie de Gaulle、1890年11月22日 - 1970年11月9日)は、フランスの貴族、陸軍軍人、政治家。フランス第18代大統領。第二次世界大戦で本国失陥後、ロンドンにロレーヌ十字の自由フランスを樹立しレジスタンスと共闘した。戦後すぐ首相に就任し、ロスチャイルド家やシュナイダー家といった金融資本家と関わりながら経済政策を展開した。1959年には大統領に就任した。.

新しい!!: 第二次世界大戦とシャルル・ド・ゴール · 続きを見る »

シュレスヴィヒ・ホルシュタイン (戦艦)

ュレスヴィヒ・ホルシュタイン(ドイツ語:SMS Schleswig-Holsteinシュレースヴィヒ・ホルシュタイン)は、ドイツ海軍の戦艦である。ドイッチュラント級戦艦の一隻。本艦とシュレジェンは1930年代に改装を受け、シュレジェン級と分類される場合がある。艦名はドイツ北部のシュレースヴィヒ=ホルシュタイン州に因んで命名された。.

新しい!!: 第二次世界大戦とシュレスヴィヒ・ホルシュタイン (戦艦) · 続きを見る »

シュビムワーゲン

ュヴィムワーゲンTyp 166の現存車輌 車体内装 車体後部の跳ね上げ式のスクリュー。その下に、エンジンと繋がったシャフトが装備されており、使用の際には、連結してスクリューを駆動させる スクリューを下ろして水上走行へ移行しようとする様子。キューベルワーゲン用の幅の狭いタイヤを装着している LSSAH師団)のシュヴィムワーゲン シュヴィム(シュビム) ワーゲン(独:Schwimmwagen)は、第二次世界大戦中にドイツ軍が使用した四輪駆動の水陸両用車。大戦中に最も多く生産された軍用水陸両用車である (本項では「Wagen」のカタカナ表記について、フォルクスワーゲンの例に倣い「ワーゲン」と表記する)。.

新しい!!: 第二次世界大戦とシュビムワーゲン · 続きを見る »

ショート スターリング

ョート スターリング(Short Stirling)は、第二次世界大戦初期のイギリス空軍で使用されたショート・ブラザーズ社製の爆撃機である。イギリス空軍初の4発爆撃機で、ハンドレページ ハリファックス、アブロ ランカスターと共に戦略爆撃機三本柱となったが、高高度性能が悪かったことと爆弾搭載に制限があったことが原因で3機種の内で一番早く退役した。.

新しい!!: 第二次世界大戦とショート スターリング · 続きを見る »

シリア

リア・アラブ共和国(シリア・アラブきょうわこく、)、通称シリアは、中東・西アジアの共和制国家。北にトルコ、東にイラク、南にヨルダン、西にレバノン、南西にイスラエルと国境を接し、北西は東地中海に面する。首都はダマスカス。「シリア」という言葉は、国境を持つ国家ではなく、周辺のレバノンやパレスチナを含めた地域(歴史的シリア、大シリア、ローマ帝国のシリア属州)を指すこともある。.

新しい!!: 第二次世界大戦とシリア · 続きを見る »

シレジア

レジアは、現在のポーランド南西部からチェコ北東部(プロイセン王国時代の行政区画も含めればドイツ東部のごく一部も)に属する地域の歴史的名称。支配者は様々に変化してきた。.

新しい!!: 第二次世界大戦とシレジア · 続きを見る »

シンティ・ロマ人

ンティ・ロマの国外追放(1940年・ドイツ、アスペルク) シンティ・ロマは15世紀頃からドイツ語圏に定住したロマと同根のロマニ系の集団であるシンティ (Sinti)と、主に東欧に移住し、後のルーマニアに当たる地域で奴隷とされた集団であるロマとを併せた呼称。中世に後のオーストリア・ドイツ・北イタリアに辿りついたと考えられ、シンティにはドイツ系住民と同化した者も多い。シンティからは多くの優れたミュージシャンが輩出されている。 ナチス・ドイツの時代には、ナチズムのイデオロギーに基づくいわゆる「劣等人種」だとしてシンティ・ロマも強制収容所に収容され、殺害された。犠牲者は30万人から50万人に上ると考えられているが、被害者・遺族への補償はロマに対する人種的偏見やユダヤ人団体との対立から進まず、補償が行われるようになったのはシンティ・ロマの運動や緑の党によるところが大きい宮本和弥「」『学生法政論集』1, pp.95-106, 九州大学法政学会、2007年3月26日。。1971年に西ドイツシンティ中央委員会が結成され、翌年ドイツ・シンティ連盟に改名、1982年にはドイツ・シンティ・ロマ中央委員会(評議会)となった。一方で、ロマニ系集団間のアイデンテティの違いも大きく、特にドイツではトランス・ナショナル志向の難民のロマとナショナル・マイノリティ志向のシンティの対立も報告されている。.

新しい!!: 第二次世界大戦とシンティ・ロマ人 · 続きを見る »

シンガポール

ンガポールの衛星写真 シンガポール共和国(シンガポールきょうわこく)、通称シンガポールは、東南アジアの主権都市国家かつ島国である。マレー半島南端、赤道の137km北に位置する。同国の領土は、菱型の本島であるシンガポール島及び60以上の著しく小規模な島々から構成される。 同国は、北はジョホール海峡によりマレーシア半島から、南はシンガポール海峡によりインドネシアのリアウ諸島州から各々切り離されている。同国は高度に都市化され、原初の現存植生はほとんどない。同国の領土は、一貫して埋立てにより拡大してきた。.

新しい!!: 第二次世界大戦とシンガポール · 続きを見る »

シンガポールの戦い

ンガポールの戦い(シンガポールのたたかい、Battle of Singapore)は、第二次世界大戦の1942年2月7日から2月15日にかけて、イギリスの海峡植民地のシンガポールで大日本帝国陸軍と連合国軍の間で行われた戦闘である。 2倍を超える兵力差を覆して、当時難攻不落と謳われたシンガポール要塞を日本軍が10日足らずで攻略した結果、イギリスが率いる軍としては歴史上最大規模の将兵が降参した。当時のイギリス首相であったウィンストン・チャーチルは自書で「英国軍の歴史上最悪の惨事であり、最大の降伏」と評している。.

新しい!!: 第二次世界大戦とシンガポールの戦い · 続きを見る »

シーレーン

ーレーンとは、一国の通商上・戦略上、重要な価値を有し、有事に際して確保すべき海上交通路のことである。英語の類義語はSLOCs(Sea Lines of Communication)である。.

新しい!!: 第二次世界大戦とシーレーン · 続きを見る »

シットウェ

ットウェ(Sittwe)は、ミャンマー西部ラカイン州の州都。旧名・アキャブ(Akyab)。バングラデシュやインドとの国境に近い。2014年の人口は約14.9万人だった。.

新しい!!: 第二次世界大戦とシットウェ · 続きを見る »

シドニー

ドニー(Sydney)は、オーストラリア南東部、タスマン海に面するニューサウスウェールズ州の州都である。 オーストラリア最大の人口を有し、南半球を代表する世界都市及び金融センターである。アメリカのシンクタンクが2017年に発表した総合的な世界都市ランキングにおいて、世界16位の都市と評価されており、同国及び南半球の都市として首位である。 人口は2016年時点で500万人を超えている。都市圏人口は410万人であり、世界104位、オセアニアでは首位である。オセアニアを代表する国際的な観光都市でもあり、海に臨むオペラハウスなどが著名で、世界で最も美しいといわれる都市のひとつである。 300km南西に特別区である首都キャンベラが所在するが、経済や文化の規模ではシドニーの方が活発である。それもあってか、シドニーがオーストラリアの首都であると誤解する者も少なくない。2000年には夏季オリンピックである「シドニーオリンピック」の開催地となった。.

新しい!!: 第二次世界大戦とシドニー · 続きを見る »

シベリア

       シベリア連邦管区        シベリア        広義の(歴史的)シベリア シベリア(Siberia 、Сибирь )は、ロシア連邦領内のおよそウラル山脈分水嶺以東の北アジア地域である。漢字表記で西比利亜又は西伯利亜とも書く。かつては日本語でシベリヤという表記も多くみられた。シベリアの名称はシビル・ハン国に由来する。 一般的には極東分水嶺(サハ共和国東縁)より東の日本海・オホーツク海など沿岸地域(極東ロシア)は含まないが、広義には含めることもある。ロシア連邦所属の共和国・自治管区は存在するが、独立国家は存在しない。主な都市として、西から、オムスク、ノヴォシビルスク、クラスノヤルスク、イルクーツク、ヤクーツクがある。広義のシベリアはさらに、エカテリンブルク、ハバロフスク、ウラジオストクを含む。人口最大の都市はノヴォシビルスク。現在ではロシア語話者が人口の大半を占めるが、サハ語などのテュルク諸語や、ウラル語族に属する言語が多く分布している。.

新しい!!: 第二次世界大戦とシベリア · 続きを見る »

シベリア出兵

ベリア出兵(シベリアしゅっぺい、Siberian Intervention)とは、1918年から1922年までの間に、連合国(大日本帝国・イギリス帝国・アメリカ合衆国・フランス・イタリアなど)が「革命軍によって囚われたチェコ軍団を救出する」という大義名分でシベリアに出兵した、ロシア革命に対する干渉戦争の一つ。社会主義を封じるという説明は抽象的である。より具体的には帝国時代の外債と、露亜銀行などのさまざまな外資を保全する狙いがあった。 日本は兵力7万3,000人(総数)、4億3,859万円から約9億円(当時)という巨額の戦費を投入。3,333人から5,000人の死者を出し撤退した。アメリカが7,950人、イギリスが1,500人、カナダが4,192人、イタリアが1,400人の兵力を投入。ソビエト・ロシア側の兵力・死者・損害は現在まで不明(後述する1920年「四月四・五事件」だけでも5,000名以上が殺害されたとされる)。また別資料では、死傷者8万人、6億ルーブル以上の被害とされる。.

新しい!!: 第二次世界大戦とシベリア出兵 · 続きを見る »

シベリア抑留

ベリア抑留(シベリアよくりゅう)は、第二次世界大戦の終戦後、武装解除され投降した日本軍捕虜らが、ソビエト連邦(ソ連)によって主にシベリアなどへ労働力として移送隔離され、長期にわたる抑留生活と奴隷的強制労働により多数の人的被害を生じたことに対する、日本側の呼称である。ソ連によって戦後に抑留された日本人は約57万5千人に上る。厳寒環境下で満足な食事や休養も与えられず、苛烈な労働を強要させられたことにより、約5万5千人が死亡した。 このソ連の行為は、武装解除した日本兵の家庭への復帰を保証したポツダム宣言に反するものであった。ロシアのエリツィン大統領は1993年(平成5年)10月に訪日した際、「非人間的な行為」として謝罪の意を表した。ただし、ロシア側は、移送した日本軍将兵は戦闘継続中に合法的に拘束した「捕虜」であり、戦争終結後に不当に留め置いた「抑留者」には該当しないとしている。.

新しい!!: 第二次世界大戦とシベリア抑留 · 続きを見る »

シェルター

ェルター(shelter)は、避難所。以下のように幾つかのレベルで異なる意味を含む。.

新しい!!: 第二次世界大戦とシェルター · 続きを見る »

シカゴ (CA-29)

(USS Chicago, CL/CA-29) はアメリカ海軍の重巡洋艦。ノーザンプトン級重巡洋艦の4番艦。艦名はイリノイ州シカゴに因み、その名を持つ艦としては二隻目。.

新しい!!: 第二次世界大戦とシカゴ (CA-29) · 続きを見る »

ジャワ島

18世紀初頭のジャワ島の地図 ジャワ島(ジャワとう、, )は、インドネシアを構成する島の一つ。スマトラ島などとともに、大スンダ列島を形成する。形状は東西に細長い。スマトラ島の東、カリマンタン島の南、バリ島の西に位置する。ジャワ島には4つの州と2つの特別州がある。.

新しい!!: 第二次世界大戦とジャワ島 · 続きを見る »

ジャワ沖海戦

ャワ沖海戦(ジャワおきかいせん)は、第二次世界大戦での日本海軍航空隊と連合軍艦隊との間の海戦。.

新しい!!: 第二次世界大戦とジャワ沖海戦 · 続きを見る »

ジョン・メイナード・ケインズ

初代ケインズ男爵、ジョン・メイナード・ケインズ(John Maynard Keynes、1st Baron Keynes、1883年6月5日 - 1946年4月21日)は、イギリスの経済学者、官僚、貴族。イングランド、ケンブリッジ出身。20世紀における最重要人物の一人であり、経済学者の代表的存在である。有効需要に基いてケインズサーカスを率いてマクロ経済学を確立させた。また、戦後の外為体制(ブレトン・ウッズ体制)をめぐりハリー・ホワイトと案を出し合った。 経済学の大家アルフレッド・マーシャルの弟子であり、論敵アーサー・セシル・ピグーとは兄弟弟子であった。また、ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインやブルームズベリー・グループと交流があったことが有名である。.

新しい!!: 第二次世界大戦とジョン・メイナード・ケインズ · 続きを見る »

ジョン・カーティン

ョン・ジョゼフ・カーティン(John Joseph Curtin、1885年1月8日 - 1945年7月5日)はオーストラリアの政治家。第14代首相。太平洋戦争(大東亜戦争)時の首相。.

新しい!!: 第二次世界大戦とジョン・カーティン · 続きを見る »

ジョージ6世 (イギリス王)

ョージ6世(、アルバート・フレデリック・アーサー・ジョージ、、1895年12月14日 - 1952年2月6日)は、グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国(イギリス)ならびに海外自治領(The British Dominions beyond the Sea)の国王(在位:1936年12月11日 - 1952年2月6日)。また、最後のインド皇帝(在位:1936年 - 1947年)にして、最初のイギリス連邦元首 (en:Head of the Commonwealth)(在位:1949年4月28日 - 1952年2月6日)でもあった。.

新しい!!: 第二次世界大戦とジョージ6世 (イギリス王) · 続きを見る »

ジープ

フォード・GPW。第二次世界大戦中に大量生産された標準的なジープ。製造メーカーの異なるウィリス・MBとは細部に異なる部分はあるが、部品に互換性があり形態・構造ともにほぼ同一であった ジープ(英語:Jeep)は、FCA US LLC(フィアット・クライスラー・オートモービルズ:FCAの米国法人)傘下の四輪駆動車のブランドである。.

新しい!!: 第二次世界大戦とジープ · 続きを見る »

ジブラルタル

ブラルタル(Gibraltar)は、イベリア半島の南東端に突き出した小半島を占める、イギリスの海外領土。.

新しい!!: 第二次世界大戦とジブラルタル · 続きを見る »

ジェット機

ェット機(ジェットき)とは、ジェットエンジンを用い、その推力によって飛行する飛行機である。 ジェットエンジンにはターボプロップエンジンも含まれるが、ターボプロップエンジンでプロペラを駆動する飛行機は一般にプロペラ機に分類される。一方、高バイパス比のターボファンエンジンは推力のほとんどを燃焼ガスによるジェット噴流ではなくエンジン前方のファンによって得るが、この場合はジェット機に分類される。 航空法ではパイロットや整備士の資格は発動機(ピストンかタービン)で区別されており、プロペラの有無は問われない。.

新しい!!: 第二次世界大戦とジェット機 · 続きを見る »

ジェット気流

ェット気流(ジェットきりゅう、jet stream)とは、対流圏上層に位置する強い偏西風の流れ。 気流の流れを軸とすると、軸の中心に近いほど風速が速く、どこでも平均的な普通の風とは異なるのが特徴。成層圏などにも存在するが、単に「ジェット気流」という場合は対流圏偏西風のものを指す。 極を中心に特に上空8 - 13km付近で風速が最大となる。主要なものとして北緯40度付近の寒帯ジェット気流と北緯30度付近の亜熱帯ジェット気流がある。長さ数千km、厚さ数km、幅100km程度で、特に冬季には寒帯前線ジェット気流と亜熱帯ジェット気流が合流する日本付近とアメリカ大陸東部では風速は30m/sぐらいで中には100m/s近くに達することもあるが、夏期はその半分程度の風速に弱まる。 航空機が、西から東へ向かう場合はジェット気流に乗ることで燃料と所要時間を大幅に短縮することができ、逆の場合はこの気流を回避する必要があることから、最短距離である大圏コースから大きく外れたルートをとる場合もあり、季節によってジェット気流が吹く場所が変わる関係で時期によって所要時間が異なることが多い。.

新しい!!: 第二次世界大戦とジェット気流 · 続きを見る »

スペイン

ペイン王国(スペインおうこく、Reino de España)、通称スペインは、南ヨーロッパのイベリア半島に位置し、同半島の大部分を占める立憲君主制国家。西にポルトガル、南にイギリス領ジブラルタル、北東にフランス、アンドラと国境を接し、飛地のセウタ、メリリャではモロッコと陸上国境を接する。本土以外に、西地中海のバレアレス諸島や、大西洋のカナリア諸島、北アフリカのセウタとメリリャ、アルボラン海のアルボラン島を領有している。首都はマドリード。.

新しい!!: 第二次世界大戦とスペイン · 続きを見る »

スペイン内戦

ペイン内戦(スペインないせん、Guerra Civil Española、英語Spanish Civil War1936年7月 - 1939年3月)は、第二共和政期のスペインで勃発した軍事クーデターによる内戦。マヌエル・アサーニャ率いる左派の人民戦線政府(共和国派)と、フランシスコ・フランコを中心とした右派の反乱軍(ナショナリスト派)とが争った。反ファシズム陣営である人民戦線をソビエト連邦が支援し、欧米市民知識人らも数多く義勇軍として参戦、フランコをファシズム陣営のドイツ・イタリアが支持・直接参戦するなどした。.

新しい!!: 第二次世界大戦とスペイン内戦 · 続きを見る »

スマトラ島

主要都市。スマトラ島は面積において世界第6位。水平の青線は赤道、垂直は東経100度 島北部にある巨大カルデラのトバ湖 スマトラ島()はインドネシア共和国、大スンダ列島に属する島。スマテラ (Sumatera) とも。.

新しい!!: 第二次世界大戦とスマトラ島 · 続きを見る »

スバス・チャンドラ・ボース

バス・チャンドラ・ボース(Subhas Chandra Bose、ベンガル文字:সুভাষচন্দ্র বসু 、1897年1月23日 - 1945年8月18日)は、インドの独立運動家、インド国民会議派議長(1938 - 1939年)、自由インド仮政府国家主席兼インド国民軍最高司令官。民族的出自はベンガル人。ネータージー(指導者、नेताजी, Netāji。ネタージ、ネタジ とも)の敬称で呼ばれる。なおベンガル語の発音は、シュバーシュ・チャンドラ・ボーシューが近い。.

新しい!!: 第二次世界大戦とスバス・チャンドラ・ボース · 続きを見る »

スモレンスク

モレンスク (Смоленск, Smolensk) は、ドニエプル川沿いに位置する、ロシア連邦の西方の都市である。モスクワからは西南西へ360km、スモレンスク州の州都。人口は351,100人(2003年推計)、2002年国勢調査では325,137人であった。.

新しい!!: 第二次世界大戦とスモレンスク · 続きを見る »

スラバヤ沖海戦

ラバヤ沖海戦(スラバヤおきかいせん)は、太平洋戦争中の1942年(昭和17年)2月27日から3月1日にかけて、インドネシア・スラバヤ沖で日本軍のジャワ島攻略部隊を連合国軍が迎撃した海戦のことである。日本海軍が連合軍の艦隊を撃破し、これにより日本軍のジャワ島上陸・占領が進むこととなった。.

新しい!!: 第二次世界大戦とスラバヤ沖海戦 · 続きを見る »

スリランカ

リランカ民主社会主義共和国(スリランカみんしゅしゃかいしゅぎきょうわこく)、通称スリランカは、南アジアのインド亜大陸の南東にポーク海峡を隔てて位置する共和制国家。首都はスリジャヤワルダナプラコッテ。 1948年2月4日、イギリスから自治領(英連邦王国)のセイロンとして独立。1972年にはスリランカ共和国に改称し、英連邦内の共和国となり、1978年から現在の国名となった。人口は約2120万(2016年)である。島国で、現在もこの国が占める主たる島をセイロン島と呼ぶ。国名をスリランカに改称したシリマヴォ・バンダラナイケは世界初の女性首相である。また、国民の7割が仏教徒(上座部仏教)である。.

新しい!!: 第二次世界大戦とスリランカ · 続きを見る »

スロバキア共和国

バキア共和国( - きょうわこく).

新しい!!: 第二次世界大戦とスロバキア共和国 · 続きを見る »

スロバキア共和国 (1939年-1945年)

バキア共和国(スロバキアきょうわこく、Slovenská republika)は、1939年3月14日から1945年5月8日まで存在していた共和国である。ナチス・ドイツの同盟国かつ従属国であった。 スロバキア共和国の法的地位は、ミュンヘン協定の破棄の結果、第二次世界大戦の戦勝国によって、成立の時点に遡及して無効なものであるとされた。このため後のチェコスロバキア共和国(第三共和国)や現在のスロバキア共和国(第二共和国、Druhá Slovenská republika)は、スロバキア共和国の継承国とはみなされない。.

新しい!!: 第二次世界大戦とスロバキア共和国 (1939年-1945年) · 続きを見る »

スロバキア民衆蜂起

バンスカー・ビストリツァのスロバキア民衆蜂起記念碑 蜂起1日目の戦況図。中央の黄色の範囲が蜂起軍占領域で、矢印はドイツ国防軍の侵攻方向 スロバキア民衆蜂起(スロバキアみんしゅうほうき、SNP, Slovenské národné povstanie)は、第二次世界大戦中にスロバキア共和国の軍や民衆がナチス・ドイツの支配に対し起こした武装闘争である。スロバキア国民蜂起またはスロバキア民族蜂起とも。1944年8月29日に、ヨゼフ・ティソによるドイツ傀儡政権を倒しチェコスロバキア共和国を再建することを目的に、中部スロバキアのバンスカー・ビストリツァで勃発した。蜂起軍はドイツ国防軍に制圧されたものの、その後もソ連軍による1945年のスロバキア解放までゲリラ戦が続けられた。 民衆蜂起は戦後、大戦中におけるスロバキア人のレジスタンス運動の象徴とされ、さまざまな派閥が自らの功績を主張した。のちのチェコスロバキア共産党政権は、スロバキア共産党が主体となった闘争だったと総括したが、実際にはスロバキア軍の将校や兵士、スロバキア共産党パルチザン、宗教関係者などを含む、国内のあらゆる階層の反ナチス政治集団がそれぞれ戦闘や支援活動に参加していた。ただし、核となる組織や戦力がなかったため、スロバキア全土の反乱闘争には発展しなかった。.

新しい!!: 第二次世界大戦とスロバキア民衆蜂起 · 続きを見る »

スローガン

ーガン(slogan)とは、企業や団体の理念や、運動の目的を、簡潔に言い表した覚えやすい句・標語・モットーのこと。理念や目的には、政治的なもの、宗教的なもの、商業的なものが含まれ、政治家が自らの政策をアピールするときに用いる簡明な文もスローガンと呼ばれることが多い。商業上のスローガン(Advertising slogan)は普通、日本では「キャッチコピー」と呼ばれる。 語源はゲール語で「鬨の声」(ウォークライ) を意味する「sluagh-ghairm」(「sluagh」は軍隊、「ghairm」は勝ち鬨の意)で、英語に入り「slogorn」と変化し、現在の形である「slogan」へと変わったMerriam-Webster (2003), p. 1174.

新しい!!: 第二次世界大戦とスローガン · 続きを見る »

スーパーマリン スピットファイア

ピットファイア(Supermarine Spitfire)は、イギリスのスーパーマリーン社で開発された単発レシプロ単座戦闘機である。第二次世界大戦においてイギリス空軍を始めとする連合軍で使用された。1940年のイギリス防衛戦(バトル・オブ・ブリテン)の際に活躍、イギリスをドイツ空軍の手から救った救国戦闘機として有名である。 楕円形の特徴的な主翼を持ち、翼断面は高速を発揮するために薄かった。主任設計技師であるR.J.ミッチェル(1937年死去)とジョセフ・スミスを始めとする彼の後継者たちによって設計されたスピットファイアは、パイロットたちからの支持は厚く、第二次世界大戦のさまざまな状況で活躍した。基本設計が優秀であったことと、戦況に応じたエンジンの出力向上(しかも排気量はグリフォン・エンジンまで変化していない)によって長期間にわたり活躍し、23,000機あまりが生産され、1950年代まで使用された。.

新しい!!: 第二次世界大戦とスーパーマリン スピットファイア · 続きを見る »

スパイ

パイ(SPY)とは、敵対勢力などの情報を得るため、諜報活動などをする者の総称である。 『Spy』は、『Espy (見つける、探し出す)』と同じで、古期フランス語で 『Espion(見張る者)』を意味しており、『Espionage (諜報活動:現仏語)』の語源。印欧語で『見る』を意味する語幹『Spek』に由来する。.

新しい!!: 第二次世界大戦とスパイ · 続きを見る »

スイス

イス連邦(スイスれんぽう)、通称スイスは中央ヨーロッパにある連邦共和制国家。永世中立国であるが、欧州自由貿易連合に加盟しているほかバチカン市国の衛兵はスイス傭兵が務めている。歴史によって、西欧に分類されることもある。 ドイツ、フランス、イタリア、オーストリア、リヒテンシュタインに囲まれた内陸に位置し、国内には多くの国際機関の本部が置かれている。首都はベルンで、主要都市にチューリッヒ、バーゼル、ジュネーヴ、ローザンヌなど。.

新しい!!: 第二次世界大戦とスイス · 続きを見る »

スウェーデン

ウェーデン王国(スウェーデンおうこく、スウェーデン語: )、通称スウェーデンは、北ヨーロッパのスカンディナヴィア半島に位置する立憲君主制国家。首都はストックホルム。西にノルウェー、北東にフィンランドと国境を接し、南西にカテガット海峡を挟んでデンマークと近接する。東から南にはバルト海が存在し、対岸のロシアやドイツとの関わりが深い。法定最低賃金は存在しておらず、スウェーデン国外の大企業や機関投資家に経済を左右されている。.

新しい!!: 第二次世界大戦とスウェーデン · 続きを見る »

スカルノ

ルノ(Sukarno、旧正書法ではSoekarno、1901年6月6日 - 1970年6月21日)は、インドネシアの植民地時代(オランダ領東インド時代)から民族主義運動、独立運動において大きな足跡を残した政治家である。 Sukarnoでフルネーム。独立宣言後、同国の初代大統領となり、雄弁な演説とカリスマ性によって、大衆の民族意識を鼓舞した。1965年の「9月30日事件」によって失脚した後は不遇の晩年を送ったが、いまなお国民には「ブン・カルノ」(カルノ兄さん)と呼ばれ、国父(建国の父)として敬意をもって愛され続けており、紙幣(最高額面の10万ルピア)に肖像が使われている。.

新しい!!: 第二次世界大戦とスカルノ · 続きを見る »

スターリングラード攻防戦

ターリングラード攻防戦(スターリングラードこうぼうせん(英語Battle of Stalingrad)、1942年6月28日 - 1943年2月2日)は、第二次世界大戦の独ソ戦において、ソビエト連邦領内のヴォルガ川西岸に広がる工業都市スターリングラード(現ヴォルゴグラード)を巡り繰り広げられた、ドイツ、ルーマニア、イタリア、ハンガリー、およびクロアチアからなる枢軸軍とソビエト赤軍の戦いである。 スターリングラードは元来ドイツ軍のブラウ作戦における副次的目標の一つに過ぎなかったが、戦略上の要衝の地であったことに加え、時のソビエト連邦最高指導者ヨシフ・スターリンの名を冠した都市でもあったことから熾烈な攻防戦となり、史上最大の市街戦に発展、やがては日露戦争の奉天会戦や第一次世界大戦のヴェルダンの戦いを上回る動員兵力、犠牲者、ならびに経済損失をもたらす野戦に拡大した。 緒戦は枢軸軍側の優位に進み、市街地の90%以上を占領したものの、最終的にはソ連軍側の反攻により、ドイツ第6軍を主軸とする枢軸軍が包囲され、降伏した。独ソ戦の趨勢を決し、第二次世界大戦の全局面における決定的な転換点のひとつとなった。米国の軍史家イヴァン・ミュージカントはこの戦を「ミッドウェイ海戦、エル・アラメインの戦い、第三次ソロモン海戦」と同じく第二次世界大戦の転換点であると位置づけている。 死傷者数はソンムの戦いなどの第一次世界大戦の激戦を遥かに超える規模で、枢軸側が約85万人、ソビエト側が約120万人、計200万人前後と見積もられた。街は瓦礫の山と化し、開戦前に60万を数えた住民が終結時点でおよそ9800名にまで激減。第二次世界大戦最大の激戦、また13世紀の「バグダッド包囲殲滅戦」(モンゴル帝国)などと並ぶ人類全史上でも屈指の凄惨な軍事戦であったと目されている。.

新しい!!: 第二次世界大戦とスターリングラード攻防戦 · 続きを見る »

ズビグネフ・ブレジンスキー

ビグネフ・カジミエシュ・ブレジンスキー(ズビグニェフ・ブジェジニスキ)-->(Zbigniew Kazimierz Brzezinski または Brzeziński, 1928年3月28日 - 2017年5月26日)は、アメリカ在住の政治学者。1966年から1968年まで、リンドン・ジョンソン大統領の大統領顧問を務め、1977年から1981年までカーター政権時の第10代国家安全保障問題担当大統領補佐官を務めたことで知られる。 ポーランド出身、カナダ育ち。1958年にアメリカ市民権を取得。.

新しい!!: 第二次世界大戦とズビグネフ・ブレジンスキー · 続きを見る »

ズデーテン地方

緑色の地域がズデーテン地方。 ズデーテン地方(チェコ語、Sudety、Sudetenland、Kraj Sudetów、ズデーテンラント)は、ボヘミア・モラヴィア・シレジア(現在のチェコ共和国の領域)の外縁部にあたる、ドイツ人が多く居住していた区域。チェコスロバキアでは国境地帯(Pohraničí)とも呼ばれる。北西部の、北東部のズデーテン(Sudeten)、南部の(Böhmerwaldgau)とツナイム(Znaim)で構成される。本来のズデーテンは北モラヴィアのズデーテン山地付近を指す呼称であったが、コンラート・ヘンラインの運動により、チェコのドイツ人居住区域を指すようになった。 オーストリア=ハンガリー帝国の一部であったが、第一次世界大戦後のヴェルサイユ条約とサン=ジェルマン条約によってチェコスロバキアの一部となった。しかしこの地域をめぐってナチス・ドイツとチェコスロバキアが対立し、ミュンヘン協定によってドイツへの編入が認められた。第二次世界大戦後は再びチェコスロバキアに復帰し、現在はチェコの一部分となっている。.

新しい!!: 第二次世界大戦とズデーテン地方 · 続きを見る »

セイロン島

イロン島(セイロンとう、Ceylon )は、インド洋に浮かぶ島嶼の一つ。現在はスリランカの呼称を使う場合もある。.

新しい!!: 第二次世界大戦とセイロン島 · 続きを見る »

セイロン沖海戦

ベンガル湾南西に位置するセイロン島 セイロン沖海戦(セイロンおきかいせん)は、1942年4月5~9日にインド洋セイロン島沖で日本海軍とイギリス海軍の間で行われた戦闘。インド洋作戦の過程で発生した。連合国軍側の呼称はインド洋空襲(Indian Ocean raid)。.

新しい!!: 第二次世界大戦とセイロン沖海戦 · 続きを見る »

ゼーロウ高地

ーロウ高地 (Seelower Höhen) はドイツ東部、オーデル河畔の都市キュストリンからゼーロウを経てベルリンの間に存在する丘陵地帯である。 一見なだらかな感じを受けるが高低差が4-50メートルの場所もある。.

新しい!!: 第二次世界大戦とゼーロウ高地 · 続きを見る »

ソロモン諸島

モン諸島(ソロモンしょとう、Solomon Islands)は、南太平洋のメラネシアにある島嶼群であり、またその島々を国土とする国家である。ただし、地理的にはソロモン諸島に属するブーゲンビル島は、国家の領域的にはパプアニューギニアに属す。 オーストラリアの北東、パプアニューギニアの東に位置する。北にはナウル、東にはツバル、南東にはフィジー、南にはバヌアツがある。イギリス連邦の一員にして英連邦王国の一国。首都であるホニアラは、ガダルカナル島に位置している。.

新しい!!: 第二次世界大戦とソロモン諸島 · 続きを見る »

ソロモン諸島の戦い

モン諸島の戦い(ソロモンしょとうのたたかい)は、第二次世界大戦中に日本軍と連合軍の間で、南太平洋ソロモン諸島の争奪をめぐり行われた戦闘である。一連の戦闘の中で大きなものはガダルカナル島の戦いとブーゲンビル島の戦いであるが、このほかにも多くの陸海空の戦闘が行われた。.

新しい!!: 第二次世界大戦とソロモン諸島の戦い · 続きを見る »

ソビエト占領下のポーランドにおける反ユダヤ運動

ェルツェ計画の犠牲者を追悼する慰霊碑 ソビエト占領下のポーランドにおける反ユダヤ運動(ソビエトせんりょうかのポーランドにおけるはんユダヤうんどう)とは、ポーランドで1944年から1946年にかけて行われたポーランド人による反ユダヤ運動のこと。 1945年の欧州戦線における終戦 直後から勃発した暴力事件を指し、そして戦後のユダヤ人とポーランド系ユダヤ人の関係する歴史に影響を及ぼした。.

新しい!!: 第二次世界大戦とソビエト占領下のポーランドにおける反ユダヤ運動 · 続きを見る »

ソビエト連邦

ビエト社会主義共和国連邦(ソビエトしゃかいしゅぎきょうわこくれんぽう、Союз Советских Социалистических Республик)は、1922年から1991年までの間に存在したユーラシア大陸における共和制国家である。複数のソビエト共和国により構成された連邦国家であり、マルクス・レーニン主義を掲げたソビエト連邦共産党による一党制の社会主義国家でもある。首都はモスクワ。 多数ある地方のソビエト共和国の政治および経済の統合は、高度に中央集権化されていた。.

新しい!!: 第二次世界大戦とソビエト連邦 · 続きを見る »

ソビエト連邦軍

ビエト社会主義共和国連邦軍(ソビエトしゃかいしゅぎきょうわこくれんぽうぐん、ロシア語:Вооруженные силы Союза Советских Социалистических Республик、略称:ВС СССР(ヴェーエスエスエスエスエル)は、ソビエト連邦(ソ連)が保有していた軍隊である。通常は略してソビエト連邦軍ないしソ連軍と言った。ラテン文字でBC CCCPと書くのは誤り。.

新しい!!: 第二次世界大戦とソビエト連邦軍 · 続きを見る »

ソ連対日参戦

連対日参戦(ソれんたいにちさんせん英語Soviet–Japanese War)とは、満州国において1945年(昭和20年)8月9日未明に開始された日本の関東軍と極東ソビエト連邦軍との間で行われた満州・北朝鮮における一連の作戦・戦闘と、日本の第五方面軍とソ連の極東ソビエト連邦軍との間で行われた南樺太・千島列島における一連の作戦・戦闘である。この戦闘の勃発により、日本の降伏を決定付ける事となった。 日ソ中立条約を破棄したソ連軍による侵攻であるが、ソ連側はこれに先立つ関東軍特種演習の段階で同条約が事実上破棄されたものとしている。 日本の防衛省防衛研究所戦史部では、この一連の戦闘を「対ソ防衛戦」と呼んでいるが、ここでは日本の検定済歴史教科書でも一般的に用いられている「ソ連対日参戦」を使用する。。.

新しい!!: 第二次世界大戦とソ連対日参戦 · 続きを見る »

ソ連対日宣戦布告

連対日宣戦布告(ソれんたいにちせんせんふこく Soviet Declaration of War on Japan)は、1945年(昭和20年)8月8日に、ソ連が日本に対して行った宣戦布告を言う。.

新しい!!: 第二次世界大戦とソ連対日宣戦布告 · 続きを見る »

ソ連崩壊

連崩壊(ソれんほうかい、Распад СССР)とは、1991年12月のソビエト連邦共産党解散を受けた各連邦構成共和国の主権国家としての独立、ならびに同年12月25日のソビエト連邦(ソ連)大統領ミハイル・ゴルバチョフの辞任に伴い、ソビエト連邦が解体された出来事である。.

新しい!!: 第二次世界大戦とソ連崩壊 · 続きを見る »

ソ連地上軍

連地上軍(Советская Армия)は1946年から1992年にかけてソビエト連邦軍の主力である陸軍につけられた名称。以前は赤軍として知られていた。ソ連陸軍とも呼ばれる。.

新しい!!: 第二次世界大戦とソ連地上軍 · 続きを見る »

ソ連・ポーランド不可侵条約

連・ポーランド不可侵条約(ソれん・ポーランドふかしんじょうやく、Pakt nieagresji między Rzecząpospolitą Polską a Związkiem Socjalistycznych Republik Rad; Договор о ненападении между Союзом Советских Социалистических Республик и Польской Республикой)は、1932年にポーランドとソ連の代表により調印された不可侵条約である。この条約はナチス・ドイツとソ連のポーランド侵攻で1939年9月17日にソ連により一方的に破棄された。 ポーランド・ソビエト戦争の後、ポーランド政府は、ドイツ及びソビエトの両者から「等距離」の位置にいる政策を取っていた。ほとんどのポーランドの政治家は、左翼も右翼も含め第一次世界大戦の頃からのフランスとの同盟関係に強い信頼を置いており、ドイツやソビエトどちらの支援も信じていなかった。 ソビエトとの関係を正常化するために、不可侵条約の準備に関する話し合いは1926年から始まっていた。リガ平和条約を強固にし、ドイツと同等の条約を結ぶことでバランスが取れるはずであった。しかし、ドイツとの交渉は開始されなかった。大英帝国がソビエト連邦との外交関係を破棄し、ソビエトの全権大使ヴォルコフが殺害された後の1927年6月に、ポーランド・ソビエト間の交渉は中断された。その代わりに、ポーランドは、1928年にケロッグ=ブリアン条約を結んだ。ポーランド・ソビエト間の交渉は1931年モスクワで再開された。条約は、3年の議論の末、最終的に1932年7月25日に結ばれた。1934年5月5日には、改正なしに条約は1945年12月31日まで延期された。条約では、両側ともお互いの関係を暴力で解決することを放棄し、問題は交渉で解決し、軍事力や同盟により相手の陣営を狙うことの放棄に同意した。 1938年9月23日、ソビエト連邦はポーランド政府に、チェコスロバキア併合にポーランドが参加した場合、条約は無効にすると通知した。しかし、この脅しは実行されなかった。ソビエト政府はポーランドがテッシェン地方を占拠した後、条約は現状のまま継続された。そして、1938年11月26日に2つの陣営により継続の調印がされた。(を見よ)。最終的に、条約は1939年9月17日、モロトフ=リッベントロップ協定の秘密条項に基づいて、赤軍がナチス・ドイツの戦力と共にポーランド侵攻に参加した際に、ソビエトにより破られた。 条約は、その時ポーランド外交の成功であると考えられていたが、ドイツとの関税戦争や、ヴェルサイユ条約の一部の放棄や、フランスとの絆が弱まることによりそれ以上にポーランドは弱体化してしまった。これは、ポーランドのドイツとの交渉を強め、18ヵ月後、ドイツ・ポーランド不可侵条約が結ばれた。.

新しい!!: 第二次世界大戦とソ連・ポーランド不可侵条約 · 続きを見る »

ソ連空軍志願隊

連空軍志願隊(苏联空军志愿队)とは、日中戦争(支那事変)中の1937年から1941年までの間、中華民国を支援したソビエト空軍の義勇部隊である。ソ連の対中軍事援助の一環として、軍用機の供給とともにソ連空軍部隊が名目的な義勇兵として派遣された。ソ連義勇飛行隊(―航空志願隊、援華航空隊)などとも。中国では「正義の剣」と称された前田、88-89頁。。.

新しい!!: 第二次世界大戦とソ連空軍志願隊 · 続きを見る »

タラワ

衛星写真(1998年) 太平洋戦争時の日本軍の防空陣地跡 タラワ()は、キリバス共和国の首都であり、中部太平洋にある環礁の名称。日米では太平洋戦争中の激戦地として知られる。.

新しい!!: 第二次世界大戦とタラワ · 続きを見る »

タラント空襲

タラント空襲(タラントくうしゅう)、ジャッジメント作戦 (Operation judgement) は、第二次世界大戦中の1940年11月11日から12日にイギリス海軍が行った空母艦載機によるイタリアのタラント(ターラント)軍港に対して行われた航空作戦で、MB8作戦の一部として実行された。この攻撃でイタリア海軍は戦艦3隻が大損害を受けたのに対し、イギリス側の損害は雷撃機2機のみであった。.

新しい!!: 第二次世界大戦とタラント空襲 · 続きを見る »

ターラント

ターラント(Taranto)は、イタリア共和国プッリャ州南部にある都市で、その周辺地域を含む人口約20万人の基礎自治体(コムーネ)。ターラント県の県都である。 南イタリアではナポリ、バーリに次いで3番目に大きな都市である。ターラントは重要な軍港と商業港を有し、製鉄所、石油精製工場、化学工場、造船所(軍艦)、食品加工工場等が存在する。また、ターラントは1940年にイギリス軍のタラント空襲があったことでも有名である。.

新しい!!: 第二次世界大戦とターラント · 続きを見る »

タイム

タイム.

新しい!!: 第二次世界大戦とタイム · 続きを見る »

タイヤ

乗用車用タイヤ タイヤ(Tire, Tyre)は、車輪(ホイール)のリムを丸く囲む帯状の構造で、路面・地面あるいは軌道の上を転がる踏面(トレッド)を形成するものの総称である。ここではゴムタイヤについて述べる。漢字標記式: 輪胎(輪.

新しい!!: 第二次世界大戦とタイヤ · 続きを見る »

タイ・フランス領インドシナ紛争

タイ・フランス領インドシナ紛争(タイ・フランスりょうインドシナふんそう)は、1940年(仏暦2483年)11月23日から1941年(仏暦2484年)5月8日にかけて起きた、タイ王国とヴィシー政権下のフランス植民地軍との国境紛争である。「泰・仏印国境紛争」「インドシナ国境紛争」とも。.

新しい!!: 第二次世界大戦とタイ・フランス領インドシナ紛争 · 続きを見る »

タイ王国

タイ王国(タイおうこく、ราชอาณาจักรไทย )、通称タイ(ประเทศไทย )は、東南アジアに位置する君主制国家。東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国、通貨はバーツ、人口6,718万人、首都はバンコク。 国土は、インドシナ半島中央部とマレー半島北部を占める。南はマレーシア、東はカンボジア、北はラオス、西はミャンマーと国境を接する。マレー半島北部の西はアンダマン海、東はタイランド湾に面する。 2014年にプラユット将軍率いる国軍が軍事クーデターを起こし、従来の憲法(2007年憲法)と議会を廃止し実権掌握以降、軍事独裁政権が継続している。 2016年10月13日にプーミポン・アドゥンラヤデート(プミポン)国王が崩御。 同年12月1日にワチラーロンコーンが国王に即位した。 2017年4月7日に新憲法が公布され、同日施行された。.

新しい!!: 第二次世界大戦とタイ王国 · 続きを見る »

サマーラ

マーラ(Самара, Samara, サマラとも)は、ヴォルガ川東岸にあるロシア連邦の都市。1935年から1990年まではソ連共産党政治局員・副首相・ゴスプラン議長等を歴任した革命家ヴァレリヤン・クイビシェフに因んでクイビシェフ(Куйбышев, Kuybyshev)と呼ばれていた。 ヨーロッパ・ロシアの南東部にあるサマラ州の行政の中心。人口は1,157,880人(2002年全ロシア国勢調査による。1989年ソ連国勢調査では1,254,460人)で、ロシア連邦ではエカテリンブルクに次ぐ6番目に大きな都市。ヴォルガ川が大きく東へ屈曲し、サマーラ川が合流する場所に建つ。サマーラ市の西はヴォルガ川が流れ、北はソコルイ丘陵、東と南はステップ(草原)が広がっている。 サマーラ州のサマーラ・トリヤッチ・シズラニを中心とした大都市圏は重工業などが盛んで、全体の人口は300万人に達する。 サマーラの生活はヴォルガ川とは切り離せない。ヴォルガはサマーラ発展の鍵を握る物流と交易の道であったが、それだけでなくヴォルガの幅広い流れが作る景観がサマーラを特徴づけている。ヴォルガ河畔の通りや公園はサマーラ市民や観光客のお気に入りの散歩道であり、この町を訪れた多くの文人がヴォルガ川に沿った長く美しい川岸の景色を愛でてきた。 1586年にタタール人に対する防衛の基地が築かれ、その後、ヴォルガ地域の穀物の交易の中心地として発展した。機械工業・化学工業などが盛ん。宇宙船「ソユーズ」や人工衛星を造る航空宇宙産業の中心でもあるため、冷戦期には閉鎖都市にされていた。第二次世界大戦でドイツ軍がモスクワに迫った際には、多くの政府機関がサマーラに移された。.

新しい!!: 第二次世界大戦とサマーラ · 続きを見る »

サハラ砂漠

リビア西部のタドラート・アカクス砂漠 サハラ砂漠(サハラさばく)は、アフリカ大陸北部にある砂漠で、氷雪気候の南極を除くと世界最大の砂漠である。南北1,700kmに渡り面積は約1,000万km2であり、アフリカ大陸の3分の1近くを占め、アメリカ合衆国とほぼ同じ面積。.

新しい!!: 第二次世界大戦とサハラ砂漠 · 続きを見る »

サラトガ (CV-3)

ラトガ(USS Saratoga, CV-3)は、アメリカ海軍の航空母艦。レキシントン級航空母艦の2番艦。アメリカ海軍においてサラトガの名を受け継いだ艦としては5隻目にあたる。 「サラ」、「シスター・サラ」、「縦縞煙突のサラ(Stripe-Stack Sara)」、「サラ丸(Sara Maru)」などの愛称で呼ばれていた。 太平洋戦争の開戦時から参加して生き残った航空母艦3隻のうちの1隻(他の2隻はエンタープライズとレンジャー )で、サラトガは8個の従軍星章を授与され、1946年に海軍籍から除籍された。それまでの17年間で98,549機の航空機がサラトガに降り、最大の空母着艦記録を保持している。.

新しい!!: 第二次世界大戦とサラトガ (CV-3) · 続きを見る »

サンフランシスコ

ンフランシスコ市郡(City and County of San Francisco、通称: San Francisco)は、アメリカ合衆国西海岸にあるカリフォルニア州の北部に位置する都市。.

新しい!!: 第二次世界大戦とサンフランシスコ · 続きを見る »

サンクトペテルブルク

'''サンクトペテルブルク周辺の人工衛星写真'''ラドガ湖から南西に流れ出したネヴァ川は北西に流路を変え、フィンランド湾最深部に流れ込む。サンクトペテルブルクの街はネヴァ川河口の三角州を中心に発達した。 サンクトペテルブルク(Санкт-Петербург,, IPA: )は、バルト海東部のフィンランド湾最東端に面するネヴァ川河口デルタに位置するロシア西部の都市、レニングラード州の州都。1917年までロシア帝国の首都であった。 都市建設ののち、第一次世界大戦まで(1703年 - 1914年)はペテルブルク(Петербург)、第一次世界大戦開戦以降(1914 - 24年)はペトログラード(Петроград)、ソビエト連邦時代(1924 - 91年)はレニングラード(Ленинград)と呼ばれた。.

新しい!!: 第二次世界大戦とサンクトペテルブルク · 続きを見る »

サイパン島

イパン島(サイパンとう、Saipan、漢字表記:日:彩帆・中:塞班)は、アメリカ合衆国の自治領である北マリアナ諸島の中心的な島。北マリアナ諸島の政治・経済の中心地で、主都ススペ (Susupe) や最大都市ガラパン(Garapan)も同島にある。1920年(大正9年)から1945年(昭和20年)までは国際連盟による日本の委任統治領となっていた。.

新しい!!: 第二次世界大戦とサイパン島 · 続きを見る »

サイドカー

ートバイは「NSU Max」、サイドカーは「バイワーゲン」製のもの。サイドカー&オートバイとしてはオーソドックスな組み合わせのうちのひとつ。 貨物運搬用の側車付き自転車 サイドカー(Sidecar)あるいは側車(そくしゃ)とは、オートバイや自転車などの二輪車の横にもう一輪の車台を取り付けた変則的な三輪車、あるいはその横に取り付ける部分のことを言う。競技用のものは一体型。.

新しい!!: 第二次世界大戦とサイドカー · 続きを見る »

傀儡政権

傀儡政権(かいらいせいけん、puppet government)とは、ある領域を統治する政権が、名目上には独立しているが、実態では事実上の支配者である外部の政権・国家によって管理・統制・指揮されている政権を指す。内政も外交も自己決定権が完全ではなく、支配者の利益のために支配者に操作・命令され統治される。傀儡国家(かいらいこっか、puppet state)とも呼ばれる。.

新しい!!: 第二次世界大戦と傀儡政権 · 続きを見る »

再軍備

再軍備(さいぐんび)とは軍備を一旦廃止した国家が再び軍備を整える状態を意味する。敗戦国や植民地であっても国家が独立、維持または再興された場合に再軍備を行なうことがほとんどである。かつては世界大戦の敗戦国である日本やドイツ、近年ではアフガニスタンやイラクにおいて再軍備が進められている。.

新しい!!: 第二次世界大戦と再軍備 · 続きを見る »

冬将軍

冬将軍(ふゆしょうぐん、、)とは厳しい冬の様子を擬人化した表現である。日本では特に、冬季に周期的に南下する北極気団(シベリア寒気団)を指す。.

新しい!!: 第二次世界大戦と冬将軍 · 続きを見る »

冬戦争

冬戦争(ふゆせんそう、芬:talvisota)は、第二次世界大戦の勃発から3ヶ月目にあたる1939年11月30日に、ソビエト連邦がフィンランドに侵攻した戦争である。フィンランドはこの侵略に抵抗し、多くの犠牲を出しながらも、独立を守った。 両国間の戦争が1941年6月に再開されたため、第1次ソ・芬(ソ連・フィンランド)戦争とも言う。なお、後続の戦争は第2次ソ・芬戦争、あるいは継続戦争と称される。.

新しい!!: 第二次世界大戦と冬戦争 · 続きを見る »

冷戦

ワルシャワ条約 (WT) 加盟国朱色.

新しい!!: 第二次世界大戦と冷戦 · 続きを見る »

内大臣府

内大臣府(ないだいじんふ)は、明治中頃から戦前昭和にかけて日本に存在した制外官の一つ。宮中にあって天皇を常侍輔弼し、宮廷の文書事務などを所管した内大臣(ないだいじん)を支える機関として1885年(明治18年)に創設され、終戦直後の1945年(昭和20年)にGHQにより廃止された。.

新しい!!: 第二次世界大戦と内大臣府 · 続きを見る »

内務人民委員部

内務人民委員部(ないむじんみんいいんぶ)は、ソビエト連邦のヨシフ・スターリン政権下で刑事警察、秘密警察、国境警察、諜報機関を統括していた人民委員部。「エヌカーヴェーデー」と略称され、キリル文字ではНКВД(Народный комиссариат внутренних дел)、ラテン文字ではNKVD(Narodnyi komissariat vnutrennikh del)と表記される。 なお、共和国レベルの内務人民委員部自体は革命直後から存在しており、本項で述べるのは1934年に秘密警察と強制収容所を統合したソ連内務人民委員部(後のKGB)である。主に秘密警察として「反革命分子」とみなした人物の逮捕、尋問、処刑やスパイの摘発などを行っていた。.

新しい!!: 第二次世界大戦と内務人民委員部 · 続きを見る »

内務省 (日本)

内務省(ないむしょう、Home Ministry)は、1873年(明治6年)11月10日に設置され、1947年(昭和22年)12月31日に廃止された日本の中央官庁。地方行財政・警察・土木・衛生・国家神道などの国内行政の大半を担った。初代内務卿の大久保利通の思想を反映して、設立当初から国民生活全般への強度の監視を課題としており、行政事務の枠にとどまらなかった。.

新しい!!: 第二次世界大戦と内務省 (日本) · 続きを見る »

内閣

内閣(ないかく)は、イギリスや日本などの議院内閣制の国家において、国の行政権を担当する合議体の執行機関である。なお、「内閣」は "Cabinet" の訳にあてられるが、行政権を担わない場合には大統領顧問団と訳される場合もある(#概説を参照)。.

新しい!!: 第二次世界大戦と内閣 · 続きを見る »

児玉誉士夫

児玉 誉士夫(こだま よしお、1911年(明治44年)2月18日 - 1984年(昭和59年)1月17日)は、日本の右翼運動家。CIAエージェントであったというティム・ワイナー「CIA秘録」文藝春秋。暴力団・錦政会後の稲川会。会長は稲川裕芳で、後の稲川聖城顧問大下英治『首領 昭和闇の支配者 三巻』大和書房<だいわ文庫>、2006年、ISBN 978-4-479-30027-4 p.273。「政財界の黒幕」、「フィクサー」と呼ばれた。1960年、生前葬を行う。河野一郎や大野伴睦といった大物政治家が児玉のための葬儀に集まり、焼香した。三男はTBSサービス東京放送ホールディングス(TBSHD)子会社社長の児玉守弘こだま もりひろ、1943年5月17日 - 。.

新しい!!: 第二次世界大戦と児玉誉士夫 · 続きを見る »

全権委任法

全権委任法(ぜんけんいにんほう、正式名称:Gesetz zur Behebung der Not von Volk und Reich、日本語訳では民族および国家の危難を除去するための法律、または、国民および国家の苦境除去のための法)は、ドイツ国において1933年3月23日に制定された法律。アドルフ・ヒトラー首相が率いる政府に、ヴァイマル憲法に拘束されない無制限の立法権を授権した。この法律は立法府が行政府に立法権を含む一定の権利を認める授権法の一種であり、単に「授権法」と呼ぶこともある。.

新しい!!: 第二次世界大戦と全権委任法 · 続きを見る »

八路軍

八路軍(はちろぐん、パーロぐん、簡体字:八路军、)とは、日中戦争時に華北方面で活動した中国共産党軍(紅軍)の通称である。1937年8月、中国工農紅軍が国民革命軍第八路軍として国民政府指揮下に編入されたことからこの名称で呼ばれた(のちに国民革命軍第十八集団軍と改称されたが、八路軍の通称は残った)。現在の中国人民解放軍の前身のひとつ。.

新しい!!: 第二次世界大戦と八路軍 · 続きを見る »

公民権法

公民権法(こうみんけんほう).

新しい!!: 第二次世界大戦と公民権法 · 続きを見る »

共産主義

主にマルクス・レーニン主義系の共産主義のシンボルともされる赤い星 共産主義(きょうさんしゅぎ、Communism、Коммунизм)とは、政治や経済分野での思想や理論、運動、政治体制のひとつ、財産の一部または全部を共同所有することで平等な社会をめざす。その理念、共有化の範囲や形態、あるいは共産主義社会実現のための方法論などには古くから多数の議論があり、このため「共産主義」の定義は多数存在している。 共産主義のシンボルには、社会主義と同様に赤色や赤旗が広く使用されている。また特にマルクス・レーニン主義系の共産主義を表すシンボルには赤い星や鎌と槌なども使用されている。.

新しい!!: 第二次世界大戦と共産主義 · 続きを見る »

共謀罪

共謀罪(きょうぼうざい).

新しい!!: 第二次世界大戦と共謀罪 · 続きを見る »

元帥

元帥(げんすい、(陸軍、空軍)、Admiral of the fleet他(海軍))は、軍隊における階級、又は称号。元帥号とも。階級を示す場合には大将よりも更に上位で軍隊における最上級の階級であり、称号を示す場合には大将または上級大将の階級を持つ者の中から選ばれることが一般的である。広義の元帥には「大元帥・元帥・将帥・次帥・副元帥・代帥」などが区分されることもある。陸海空軍で呼称の異なる元帥を総称しFive-star rankと呼ぶこともある。.

新しい!!: 第二次世界大戦と元帥 · 続きを見る »

先住民

ブラジルのインディオ オーストラリアのアボリジニ 先住民(せんじゅうみん、)とは、ある土地に元来住みついている人間集団のことであるブリタニカ国際大百科事典 小項目事典。とくに、外来の侵入者や植民者から区別して呼ぶ場合に用いられる。原住民とも。.

新しい!!: 第二次世界大戦と先住民 · 続きを見る »

勁文社

株式会社勁文社(けいぶんしゃ)は、かつて存在した日本の出版社である。「ケイブンシャの大百科シリーズ」「ケイブンシャ文庫」など表紙やカバー、またレーベル名では片仮名表記のケイブンシャをもっぱら使用していた。 1961年(昭和36年)に設立され、『原色怪獣怪人大百科』がベストセラーになるなど、 子供向け娯楽情報書籍に強かったが、2002年(平成14年)に経営破綻した『毎日新聞』 2002年4月23日報道。.

新しい!!: 第二次世界大戦と勁文社 · 続きを見る »

勲章

勲章(くんしょう)は、主に国家あるいはその元首などが個人に対し、その功績や業績を表彰するために与える栄典のうち、章飾の授与を伴うもの、あるいはその栄誉を示す章飾。.

新しい!!: 第二次世界大戦と勲章 · 続きを見る »

国家社会主義ドイツ労働者党

国家社会主義ドイツ労働者党(こっかしゃかいしゅぎドイツろうどうしゃとう、Nationalsozialistische Deutsche Arbeiterpartei 、略称: NSDAP)は、かつて存在したドイツ国の政党。一般にナチス、ナチ党などと呼ばれる(詳細は#名称を参照)。1919年1月に前身のドイツ労働者党が設立され、1920年に改称した。指導者原理に基づく指導者(Führer)アドルフ・ヒトラーが組織全体の意思決定を行い、カリスマ的支配を行っていた。1933年の政権獲得後、ドイツ国に独裁体制を敷いたものの(ナチス・ドイツ)、1945年にドイツ国が第二次世界大戦で敗戦し崩壊したことに伴い事実上消滅し、連合国によって禁止(非合法化)された。.

新しい!!: 第二次世界大戦と国家社会主義ドイツ労働者党 · 続きを見る »

国家総力戦

国家総力戦(こっかそうりょくせん、Total War)とは国家が、戦争遂行において有する国力を総動員して戦う形態の戦争をいう。総力戦とも。転じて、総力戦として用いる場合、個人・団体が自身のみならずその周辺を含めて取り組む必要な闘争について用いられる。 国家総力戦は国家が国力のすべて、すなわち軍事力のみならず経済力や技術力、科学力、政治力、思想面の力を平時の体制とは異なる戦時の体制で運用して争う戦争の形態である。その勝敗が国家の存亡そのものと直結するために、途上で終結させることが難しく、またその影響は市民生活にまで及ぶという特徴がある。 。一般的には、第一次世界大戦が史上初の総力戦であったとみなされている。ただし、南北戦争を史上初の総力戦とする説もあるという。あるいは日露戦争が歴史上初の総力戦=「第零次世界大戦」と位置付けられることもある。用語としての起源は不明確だが、1935年にドイツのエーリヒ・ルーデンドルフが『国家総力戦』を著し、総力戦という概念を明示した。さらに、1943年2月にヨーゼフ・ゲッベルスが行った「諸君は総力戦を望むか」という演説がラジオ・ニュース映画を通して広まり、用語として定着するに至ったとされる。.

新しい!!: 第二次世界大戦と国家総力戦 · 続きを見る »

国家総動員法

国家総動員法(こっかそうどういんほう)は、1938年(昭和13年)第1次近衛内閣によって第73帝国議会に提出され、制定された法律。総力戦遂行のため国家のすべての人的・物的資源を政府が統制運用できる(総動員)旨を規定したもの。 1945年(昭和20年)の日本の降伏による第二次世界大戦敗戦によって名目を失い、同年12月20日に公布された「国家総動員法及戦時緊急措置法廃止法律」(昭和20年法律第44号)により1946年(昭和21年)4月1日から廃止された。.

新しい!!: 第二次世界大戦と国家総動員法 · 続きを見る »

国後島

国後島(くなしりとう)は、北海道知床半島の東にあり、千島列島(ロシア語地名:クリル諸島 Курильские острова)の最南に位置する島。ロシア名はクナシル島(Остров Кунашир)、英語表記はKunashirである。 島の名前の由来は、アイヌ語の「クンネ・シリ(黒い・島→黒い島)」または「キナ・シリ/キナ・シル(草の・島→草の島)」からであるが、どちらが本当の由来かははっきりとしていない。この島に先住していたアイヌ人はアイヌ語で「クナシル」と呼んでおり、日本語名もロシア語名も国際標記もこれに起源を持つ。.

新しい!!: 第二次世界大戦と国後島 · 続きを見る »

国内予備軍

国内予備軍(こくないよびぐん、Ersatzheer)は、第一次世界大戦、また第二次世界大戦中に設けられたドイツ国防軍陸軍の本国部隊である。戦時下のドイツ本国で、新兵の基礎訓練、指揮官の育成、師団の再編成等の役割を担った陸軍部隊である。英語では Replacement army あるいは Training army と訳される。これにならい、日本語訳書では「補充軍」あるいは「国内軍」「国民軍」と訳されることがある。.

新しい!!: 第二次世界大戦と国内予備軍 · 続きを見る »

国共内戦

国共内戦(こっきょうないせん、)は、当時複数存在した中華民国政府を自称する組織のうち、蒋介石率いる国民革命軍と共産党率いる中国工農紅軍との間で行われた内戦である。第一次国共合作の破綻によって生じた第一次国共内戦(1927年 - 1937年)と、第二次国共合作の破綻によって生じた第二次国共内戦(1945年 - )とに大別される。.

新しい!!: 第二次世界大戦と国共内戦 · 続きを見る »

国際紛争

国際紛争(こくさいふんそう、international conflict, international dispute, international controversy)は、国家をはじめとする行為主体の間において国際的な価値・利益の対立によって起こる紛争。一方の当事国が明確な請求を出し、他方の当事国がこれを拒絶して反対の請求を出している状態である。広義には戦争も含まれるが、一般的には戦争に至らない国家間の紛争をいう。.

新しい!!: 第二次世界大戦と国際紛争 · 続きを見る »

国際連合

国際連合(こくさいれんごう、United Nations、联合国、聯合國、Organisation des Nations unies、略称は国連(こくれん)、UN、ONU)は、国際連合憲章の下、1945年に設立された国際機関である。 第二次世界大戦を防げなかった国際連盟の反省を踏まえ、1945年10月24日、51ヵ国の加盟国で設立された。主たる活動目的は、国際平和と安全の維持(安全保障)、経済・社会・文化などに関する国際協力の実現である。 英語表記の「United Nations」は、第二次世界大戦中の枢軸国に対していた連合国が自陣営を指す言葉として使用していたものが継続使用されたものであるが、日本語においては誤訳され「国際連合」と呼ばれる。 2017年5月現在の加盟国は193か国であり、現在国際社会に存在する国際組織の中では、敵国条項が存在するなど第二次世界大戦の戦勝国の色が強いものの、最も広範・一般的な権限と、普遍性を有する組織である。.

新しい!!: 第二次世界大戦と国際連合 · 続きを見る »

国際連合安全保障理事会

国際連合安全保障理事会(こくさいれんごうあんぜんほしょうりじかい、United Nations Security Council)は、国際連合の主要機関の一つ。安全保障理事会は、実質的に国際連合の中で最も大きな権限を持っており、事実上の最高意思決定機関である。国連主要機関の中で法的に国際連合加盟国を拘束する権限がある数少ない機関でもある。その目的や権限は、国際連合憲章に定められていて世界の平和と安全の維持に対して重大な責任を持つことが規定されている。略して安全保障理事会または安保理(あんぽり)ともいわれている。.

新しい!!: 第二次世界大戦と国際連合安全保障理事会 · 続きを見る »

国際連盟

国際連盟(こくさいれんめい、League of Nations, Société des Nations, Sociedad de Naciones)は、第一次世界大戦後の1919年の協商国と、ドイツとのヴェルサイユ条約、および中央同盟国との諸講和条約により規定され、ヴェルサイユ条約の発効日である1920年1月10日に正式に発足した国際機関である。 連盟としての初会合は1920年1月16日にフランス・パリで、第1回総会は1920年11月15日にスイス・ジュネーヴで開催された。 史上初の国際平和機構であり、日本では連盟と略されることもある。 連盟本部は1920年から1936年まではジュネーヴのパレ・ウィルソンに、1936年からは同じくジュネーヴのパレ・デ・ナシオンに設置されていた。パリ家の屋敷シャトー・ド・プレニーも、1920年から1939年まで国際連盟の会場として使用された。 第二次世界大戦勃発後は事実上活動を停止していたが、1946年4月に国際連盟は正式に解散し、その資産と役割は1945年10月24日に51ヵ国の原加盟国により設立された「国際連合(英:United Nations)」に継承された。.

新しい!!: 第二次世界大戦と国際連盟 · 続きを見る »

国際法

国際法(こくさいほう、International Law, Law of Nations、Droit international, Droit des gens、Derecho Internacional)とは、国際社会(「国際共同体」the international community、la communauté internationale、la comunidad internacional)を規律する法をいう「国際法」、『国際法辞典』、119-120頁、筒井若水(2002)、有斐閣、ISBN 4-641-00012-3。。国際私法と対比させて国際公法(Public International Law、Droit international public、Derecho Internacional Público)ともいわれるが、国内法制度における私法と公法の関係のように両者が対立的な関係にあるわけではない。条約、慣習国際法、法の一般原則が国際法の存在形式(形式的法源)とされる。かつては国家間の関係のみを規律する法と考えられてきたが、現代では国際組織や個人の関係や、これらと国家との関係を規律する法と考えられている。.

新しい!!: 第二次世界大戦と国際法 · 続きを見る »

国道

国道(こくどう)とは、日本において国が建設・管理する道路の総称である。国道が全国的な幹線道路網を構成し、その他の道路がそれを補完する。他国の国道に相当する道路も「国道」と呼ばれることがある(国道 (曖昧さ回避) を参照)。.

新しい!!: 第二次世界大戦と国道 · 続きを見る »

国葬

国葬(こくそう)とは、国家に功労のあった人の死去に際し、国家の儀式として、国費をもって行われる葬儀のことである。.

新しい!!: 第二次世界大戦と国葬 · 続きを見る »

国民学校

国民学校(こくみんがっこう)とは、日中戦争後の社会情勢によって日本に設けられ、初等教育と前期中等教育を行っていた学校。.

新しい!!: 第二次世界大戦と国民学校 · 続きを見る »

国民学校令

国民学校令(こくみんがっこうれい、昭和16年3月1日勅令第148号)は、それまでの小学校令を全面改正し、初等教育・前期中等教育を行う国民学校について定めた勅令。1941年(昭和16年)3月1日に公布、同年4月1日に施行された。「皇国の道に則って初等普通教育を施し、国民の基礎的錬成を行う」ことを目的とし、全部58条からなる。.

新しい!!: 第二次世界大戦と国民学校令 · 続きを見る »

国民突撃隊

国民突撃隊(こくみんとつげきたい、独:Deutscher Volkssturm 「ドイツ市民軍」)は、第二次世界大戦終盤の1944年9月25日の総統命令により、ドイツ本土防衛に備えて創設された軍事組織である。16歳から60歳の文民で構成されており、指揮官も軍人ではなく、ナチ党の地元指導者が任命された。これにより10,180個大隊(約600万人)の新しい兵力の創設が予定されていた。.

新しい!!: 第二次世界大戦と国民突撃隊 · 続きを見る »

国民精神総動員

国民精神総動員(こくみんせいしんそうどういん)は、第一次近衛内閣が1937年(昭和12年)9月から行った政策・活動の一つで、「国家のために自己を犠牲にして尽くす国民の精神(滅私奉公)を推進した」運動。略して精動とも言った。.

新しい!!: 第二次世界大戦と国民精神総動員 · 続きを見る »

B-17 (航空機)

B-17は、アメリカ合衆国のボーイング社が開発した四発重戦略爆撃機。愛称はフライングフォートレス(Flying Fortress=空飛ぶ要塞)。.

新しい!!: 第二次世界大戦とB-17 (航空機) · 続きを見る »

B-24 (航空機)

B-24は、アメリカ陸軍航空軍の大型爆撃機。開発はコンソリデーティッド・エアクラフト社。愛称は"リベレーター"(Liberator=解放者)。海軍でもPB4Y-1 シーリベレーターとして対潜哨戒任務に用いられた。.

新しい!!: 第二次世界大戦とB-24 (航空機) · 続きを見る »

B-25 (航空機)

B-25は、ノースアメリカン社によって開発・製造されたアメリカ合衆国の双発中型爆撃機。愛称はミッチェル(Mitchell)。.

新しい!!: 第二次世界大戦とB-25 (航空機) · 続きを見る »

B-29 (航空機)

B-29は、アメリカのボーイングが開発した大型戦略爆撃機。 愛称はスーパーフォートレス(Superfortress.

新しい!!: 第二次世界大戦とB-29 (航空機) · 続きを見る »

矢十字党

十字党(やじゅうじとう、ハンガリー語:Nyilaskeresztes Párt-Hungarista Mozgalom(直訳:矢十字党・ハンガリー主義運動))は、1939年から1945年まで存在した、ハンガリー王国のファシズム政党である。 サーラシ・フェレンツが指導する反ユダヤ的なハンガリー主義(Hungarizmus)を掲げた民族主義政党で、ナチス・ドイツの支援を得て1944年10月15日から1945年1月までハンガリーを統治した。この短期間に多くの女性や子供、老人を含むユダヤ人8万人が、ハンガリーから収容所に送られた。戦後、サーラシら矢十字党の指導者は、ハンガリーの法廷で戦犯として裁かれた。.

新しい!!: 第二次世界大戦と矢十字党 · 続きを見る »

石炭

石炭(せきたん、英:coal)とは、古代(数億年前)の植物が完全に腐敗分解する前に地中に埋もれ、そこで長い期間地熱や地圧を受けて変質(石炭化)したことにより生成した物質の総称。見方を変えれば植物化石でもある。 石炭は古くから、産業革命以後20世紀初頭まで最重要の燃料として、また化学工業や都市ガスの原料として使われてきた。第一次世界大戦前後から、艦船の燃料が石炭の2倍のエネルギーを持つ石油に切り替わり始めた。戦間期から中東での油田開発が進み、第二次世界大戦後に大量の石油が採掘されて1バレル1ドルの時代を迎えると産業分野でも石油の導入が進み(エネルギー革命)、西側先進国で採掘条件の悪い坑内掘り炭鉱は廃れた。 しかし1970年代に二度の石油危機で石油がバレルあたり12ドルになると、産業燃料や発電燃料は再び石炭に戻ったが、日本国内で炭鉱が復活することは無かった。豪州の露天掘りなど、採掘条件の良い海外鉱山で機械化採炭された、安価な海外炭に切り替わっていたからである。海上荷動きも原油に次いで石炭と鉄鉱石が多く、30万トンの大型石炭船も就役している。 他の化石燃料である石油や天然ガスに比べて、燃焼した際の二酸化炭素 (CO2) 排出量が多く、地球温暖化の主な原因の一つとなっている。また、硫黄酸化物の排出も多い。.

新しい!!: 第二次世界大戦と石炭 · 続きを見る »

玩具

テディ・ベアのぬいぐるみ 1980年代に流行した立体パズル、ルービックキューブ。 accessdate.

新しい!!: 第二次世界大戦と玩具 · 続きを見る »

玉砕

玉砕(ぎょくさい)は、「玉と砕ける」(玉のように砕ける)こと。対義語は瓦全(がぜん)。太平洋戦争における日本軍部隊の全滅を表現する言葉として大本営発表などで用いられた。.

新しい!!: 第二次世界大戦と玉砕 · 続きを見る »

玉音放送

玉音放送(ぎょくおんほうそう)とは、天皇の肉声(玉音)を放送することをいう。 特に1945年(昭和20年)8月15日正午(日本標準時)に、日本で唯一の放送局だった社団法人NHK(日本放送協会)(現在のNHKラジオ第1放送)から放送された、昭和天皇による終戦の詔書(大東亜戦争終結ノ詔書)の音読放送を指すことが多く、本項ではこの放送について記述する。 この放送は、太平洋戦争(大東亜戦争)における日本の降伏を日本国民に伝えるもので、日本ではこの玉音放送のあった8月15日を終戦の日あるいは終戦記念日と呼び、以後毎年のように、日本政府主催で全国戦没者追悼式を行い、正午に黙祷を行うのが通例となっている。なお、正式に第2次世界大戦が終戦したのはそれから半月後の同年9月2日のことである。.

新しい!!: 第二次世界大戦と玉音放送 · 続きを見る »

火炎放射器

火炎放射器(かえんほうしゃき、flamethrower)は、「炎」を投射する、もしくは「火がついた液体」を投射する武器、兵器、ないしは道具。 道具としては、農業や一般家庭などにおける雑草の駆除などに使用されるものがある。.

新しい!!: 第二次世界大戦と火炎放射器 · 続きを見る »

珊瑚海海戦

海海戦 珊瑚海海戦(さんごかいかいせん、Battle of the Coral Sea)は、太平洋戦争(大東亜戦争)序盤の1942年(昭和17年)5月上旬、ポートモレスビー攻略を目指す大日本帝国海軍(以下日本海軍)と戦史叢書80巻369-370頁「五 ポートモレスビー攻略作戦失敗/攻略作戦の概要/作戦準備」、それを阻止すべく邀撃した連合国(アメリカ合衆国・オーストラリア)軍の間で発生した海戦のひとつである戦史叢書80巻372-373頁「連合軍の作戦概況」。この海戦は対抗する両艦隊が互いに相手の艦を視界内に入れずに行われた、歴史上最初の海戦でもあるニミッツ、ポッター P.59。.

新しい!!: 第二次世界大戦と珊瑚海海戦 · 続きを見る »

硫黄島 (東京都)

硫黄島(いおうとう)は、小笠原諸島の南端近くに所在する、東西8 km、南北4 kmの島である。.

新しい!!: 第二次世界大戦と硫黄島 (東京都) · 続きを見る »

硫黄島の戦い

硫黄島の戦い(いおうとうのたたかい、いおうじまのたたかい、Battle of Iwo Jima, 1945年2月19日 - 1945年3月26日)は、太平洋戦争末期に東京都硫黄島村に属する小笠原諸島の硫黄島において日本軍とアメリカ軍との間で行われた戦いである。アメリカ軍側の作戦名はデタッチメント作戦()。.

新しい!!: 第二次世界大戦と硫黄島の戦い · 続きを見る »

社会主義

会主義(しゃかいしゅぎ、socialism)は、個人主義的な自由主義経済や資本主義の弊害に反対し、より平等で公正な社会を目指す思想、運動、体制The Oxford English Dictionary (1970年) C - 701p。 歴史的にも社会主義を掲げる主張は多数あり、共産主義、社会民主主義、無政府主義、国家社会主義なども含む生産手段の共有化は社会主義に見られる大きな特徴であり、必須の条件のように語られることも多いが、後出のアンリ・ド・サン=シモンのようにそれを掲げていない思想家の例もある。エミール・デュルケームは「社会主義とは、結局のところ経済生活をばそれを規制する中心的機関に結びつけることに帰着するのではないか」と述べている(『社会主義およびサン‐シモン』邦訳:森博 恒星社厚生閣 ISBN 4-769-90190-9)。この言葉に従うならば、社会を組織化することにより人々を支える制度は、例えば富の再分配だけであっても、社会主義の範疇に含めることができる。。.

新しい!!: 第二次世界大戦と社会主義 · 続きを見る »

神風特別攻撃隊

母エセックスに突入を試みる神風特攻隊の特攻機 空母エセックスに突入を試みる神風特攻隊の特攻機 神風特別攻撃隊(かみかぜとくべつこうげきたい、しんぷうとくべつこうげきたい)は、第二次大戦で旧日本軍陸海軍が体当たり戦法のため編制した、特別攻撃隊。略称は「神風」、「神風特攻隊」、「特攻隊」。.

新しい!!: 第二次世界大戦と神風特別攻撃隊 · 続きを見る »

神武天皇即位紀元

武天皇即位紀元(じんむてんのうそくいきげん)または神武紀元は、『日本書紀』の記述をもとに設定された日本の紀年法である。古事記や日本書紀で日本の初代天皇とされる神武天皇の即位は、日本書紀に「辛酉の年」とある。それが、江戸前期の暦学者渋川春海の編纂による「日本長暦」において(西暦でいう)紀元前660年と比定され、また渋川の推理による当時の暦によるその1月1日が、現在の暦(グレゴリオ暦)の2月11日と比定されたものが、そもそも神代のことであり、特に改める必要もないとしてそのまま通用している(詳細は注および後述)。この即位年を明治に入り神武天皇即位紀元の元年と制定した。 異称は皇紀(こうき)、即位紀元、皇暦(すめらこよみ、こうれき)、神武暦(じんむれき)、日紀(にっき)等。 西暦#time: Y年(本年)は、神武天皇即位紀元年に当たる。.

新しい!!: 第二次世界大戦と神武天皇即位紀元 · 続きを見る »

神戸市

戸市(こうべし)は、兵庫県南部に位置する兵庫県の県庁所在地である。垂水区・須磨区・長田区・兵庫区・中央区・灘区・東灘区・北区・西区から構成される政令指定都市である。日本の市で6番目の人口を有する。.

新しい!!: 第二次世界大戦と神戸市 · 続きを見る »

祥伝社

株式会社祥伝社(しょうでんしゃ)は、日本の総合出版社。 文芸新書「ノン・ノベル」、ノンフィクション文庫「黄金文庫」、「祥伝社新書」などの書籍のほか、小説誌の『小説NON』を出版。また、雑誌部門では、女性漫画雑誌『FEEL YOUNG』、女子中高生向けファッション雑誌『Zipper』、かつてのZipper読者を対象とした主婦向けライフ&ファッション誌『nina's』、30代以上向けのライフスタイル&健康生活情報誌『からだにいいこと』などを出版している。一ツ橋グループに属する。2011年5月、本社を移転した。.

新しい!!: 第二次世界大戦と祥伝社 · 続きを見る »

祥鳳 (空母)

300px 祥鳳(しょうほう/しやうほう)は、日本海軍の航空母艦#達昭和16年12月(2)p.14『達第三百九十六號 潜水母艦劍埼改造ニ付左ノ通命名ス 昭和十六年十二月二十二日 海軍大臣嶋田繁太郎 航空母艦 祥鳳(シャウホウ)』《註》本来の文字は「示羊」だが機種依存文字のため「祥」とする。『○艦名誤記ニ關スル件照合 客年十二月二十二日軍艦劍埼ハ軍艦祥鳳ト改名セラレタル處新艦名ヲ翔鳳或ハ鳳翔ト誤記スル尚有之爲ニ本艦宛郵便物ハ他ニ誤送セラレ又ハ延着、未着等事務遂行上支障多キニ付發送ニ當リテハ特ニ注意相成度(軍艦祥鳳)』。 剣埼型潜水母艦剣埼(つるぎざき)として建造され#補助艦艇奮戦記169頁『剣埼(つるぎさき)』、のちに航空母艦へ改造された。 太平洋戦争開戦後の1941年(昭和16年)12月22日、航空母艦として竣工#航跡9-10頁。この時に「祥鳳」と改名した。第四航空戦隊に編入される。 1942年(昭和17年)5月、祥鳳は南洋部隊(指揮官井上成美中将、第四艦隊司令長官)の指揮下でポートモレスビー攻略作戦に参加。同作戦従事中の5月7日、米海軍機動部隊艦載機の攻撃で撃沈された(珊瑚海海戦)。本艦は、太平洋戦争の戦闘で最初に失われた日本海軍の空母となった。.

新しい!!: 第二次世界大戦と祥鳳 (空母) · 続きを見る »

禁錮

禁錮(きんこ)とは、自由刑に作業義務等による区分を設けている法制度において作業義務を科さない刑罰のうち長期のものである。作業義務のある懲役や作業義務のないより短期の拘留と区分する。 なお、アメリカ合衆国、イギリス、フランスなど自由刑に区分を設けない法制度の刑種について公的な資料などでは「拘禁刑」と表現されている。これらの国では長期の禁錮と短期の拘留のように刑種が別の区分になっていない。また、アメリカ合衆国やイギリスなどの拘禁刑には刑務作業が定められている場合があるものの、日本などの懲役刑が刑務作業を刑罰の内容としているのに対し、アメリカ合衆国やイギリスなどの拘禁刑は刑務作業を刑罰の内容として位置づけているものではない(後述)。.

新しい!!: 第二次世界大戦と禁錮 · 続きを見る »

福岡市

福岡市(ふくおかし)は、福岡県の西部に位置し、西日本では2番目、全国では5番目の人口(157万人、2018年4月現在)を擁する市。福岡県の県庁所在地であり、政令指定都市である。.

新しい!!: 第二次世界大戦と福岡市 · 続きを見る »

福田和也

福田 和也(ふくだ かずや、1960年(昭和35年)10月9日 - )は、日本の文芸評論家。慶應義塾大学環境情報学部教授。株式会社BSフジ番組審議会委員。.

新しい!!: 第二次世界大戦と福田和也 · 続きを見る »

秘密警察

密警察(ひみつけいさつ)は、反体制分子や外国のスパイの監視・摘発などを専門に扱ういわゆる政治警察のことである。.

新しい!!: 第二次世界大戦と秘密警察 · 続きを見る »

立作太郎

立 作太郎(たち さくたろう、1874年(明治7年)3月15日 - 1943年(昭和18年)5月13日)は、日本の国際法学者。東京帝国大学教授。.

新しい!!: 第二次世界大戦と立作太郎 · 続きを見る »

第1次近衛内閣

記載なし。

新しい!!: 第二次世界大戦と第1次近衛内閣 · 続きを見る »

第2次近衛内閣

記載なし。

新しい!!: 第二次世界大戦と第2次近衛内閣 · 続きを見る »

第442連隊戦闘団

442連隊戦闘団(だい442れんたいせんとうだん、442nd Regimental Combat Team)は、第二次世界大戦中のアメリカ陸軍が有した連隊規模の部隊である。士官などを除くほとんどの隊員が日系アメリカ人により構成されていた。ヨーロッパ戦線に投入され、枢軸国相手に勇戦敢闘した。その激闘ぶりはのべ死傷率314%(のべ死傷者数9,486人)という数字が示している。アメリカ合衆国史上もっとも多くの勲章を受けた部隊としても知られる中嶋p.194。 第二次世界大戦中、約33,000人の日系二世がアメリカ軍に従軍し、そのほとんどは本団、第100歩兵大隊、アメリカ陸軍情報部の3部隊のいずれかに配属された。.

新しい!!: 第二次世界大戦と第442連隊戦闘団 · 続きを見る »

第三次ソロモン海戦

三次ソロモン海戦(だいさんじソロモンかいせん)は、1942年11月12日 - 15日にソロモン海で行われた日本海軍とアメリカ海軍、オーストラリア海軍との間で行われた海戦のこと。連合国軍の勝利により日本軍増援部隊は阻止され、ガダルカナルの戦いは連合国軍優勢となった。.

新しい!!: 第二次世界大戦と第三次ソロモン海戦 · 続きを見る »

第一次世界大戦

一次世界大戦(だいいちじせかいたいせん、World War I、略称WWI)は、1914年7月28日から1918年11月11日にかけて戦われた世界大戦である。.

新しい!!: 第二次世界大戦と第一次世界大戦 · 続きを見る »

第一次アキャブ作戦

一次アキャブ作戦(だいいちじアキャブさくせん、英:First Arakan Campaign)は、太平洋戦争(大東亜戦争)中の1942年末頃から1943年4月までの約4ヶ月間、主に大日本帝国陸軍とイギリス陸軍のあいだで起こった戦闘である。三十一号作戦、第一次アラカン作戦とも呼ばれる。結果は日本軍側の勝利。.

新しい!!: 第二次世界大戦と第一次アキャブ作戦 · 続きを見る »

第一次インドシナ戦争

一次インドシナ戦争(だいいちじインドシナせんそう、、Guerre d'Indochine)は、1946年から1954年にベトナム民主共和国の独立をめぐってフランスとの間で戦われた戦争。単にインドシナ戦争と呼んだ場合、これを指す事が多い。.

新しい!!: 第二次世界大戦と第一次インドシナ戦争 · 続きを見る »

第一次ソロモン海戦

一次ソロモン海戦(だいいちじソロモンかいせん)は、太平洋戦争時の1942年8月8日 - 9日に日本海軍と連合国軍(アメリカ海軍、オーストラリア海軍)の間で行われた海戦で、連合軍側の呼称はBattle of Savo Island。 なお Battle of Savo Island と混同する、日本軍側で「サボ島沖海戦」と呼称する海戦のことを連合軍側は「Battle of Cape Esperance」と呼び、第一次ソロモン海戦から2か月後に行われている。.

新しい!!: 第二次世界大戦と第一次ソロモン海戦 · 続きを見る »

第二次上海事変

二次上海事変(だいにじシャンハイじへん)は、1937年(昭和12年)宮崎水兵事件、大山事件に端を発する、8月13日からの中華民国軍の「日本租界」上海共同租界と隣接地区のうち閘北、虹口、楊浦などの俗称。当時の上海はフランス租界、日英米の共同租界、上海特別市の三行政区域に分かれていた。自国民を守るため、米軍2800人、英国軍2600人、日本海軍陸戦隊2500人、仏軍2050人、伊軍770人がいた。進駐とそれに続く日本軍との軍事衝突である同事変の間、両国は互いに宣戦布告を行わなかった。。中華民国が日本に宣戦布告したのは、日本が米国および英国に宣戦布告した翌日の1941年12月9日であった。。中国側の呼称は淞滬會戰(淞沪会战)。 盧溝橋事件(7月7日)により始まった華北(北支)での戦闘は、4日後の松井-秦徳純協定により収拾した。いったんは停戦協定が結ばれたものの、7月25日の廊坊事件で停戦が破られると、26日の広安門事件で日本人に犠牲者が発生し、29日の通州事件では民間人を含む230名が虐殺されたことにより、武藤章や田中新一ら拡大派が、石原莞爾や河辺虎四郎ら不拡大派を押し切った。この事件以後華中(中支)において交戦が拡大することになった。.

新しい!!: 第二次世界大戦と第二次上海事変 · 続きを見る »

第二次世界大戦の会談・会議

二次世界大戦の会談・会議(だいにじせかいたいせんのかいだん・かいぎ)では、第二次世界大戦中に行われた主要な会議や会談を記述する。.

新しい!!: 第二次世界大戦と第二次世界大戦の会談・会議 · 続きを見る »

第二次世界大戦の影響

二次世界大戦の影響の項目では、第二次世界大戦の結果により各国・地域に起きた大きな変化を記述する。.

新しい!!: 第二次世界大戦と第二次世界大戦の影響 · 続きを見る »

第二次ベララベラ海戦

二次ベララベラ海戦(だいにじベララベラかいせん、Battle of Vella Lavella)は、太平洋戦争中の1943年10月6日にソロモン諸島のベララベラ島沖で発生した海戦である。日本軍のベララベラ島撤収部隊とアメリカ軍が交戦し、双方駆逐艦1隻が沈没した。アメリカ軍側の呼称はベララベラ海戦。.

新しい!!: 第二次世界大戦と第二次ベララベラ海戦 · 続きを見る »

第二次アキャブ作戦

二次アキャブ作戦(ハ号作戦)とは、1944年(昭和19年)2月に行なわれた日本陸軍による作戦。ビルマ西部海岸にある都市・アキャブ(現在のシットウェー)を進発し、インド国境付近にあるビルマ・マウンドオ近辺の英印軍部隊の殲滅を目指した。作戦目的としてもう一つ、アキャブ北方にあるインパールの英印軍を牽制する目的もあり、インパール作戦の支作戦としての性質を持っていた。ここでの敗北が東南アジア方面での日本の主導権を失うきっかけとなった。.

新しい!!: 第二次世界大戦と第二次アキャブ作戦 · 続きを見る »

第二次エチオピア戦争

二次エチオピア戦争(だいにじエチオピアせんそう)は、1935年から1936年にかけて起きたイタリア王国とエチオピア帝国の戦争。 第一次エチオピア戦争で敗れたイタリアは、再度エチオピアの植民地化を意図して侵攻を行い、短期間の戦闘をもって全土を占領した。敗れたエチオピア皇帝ハイレ・セラシエ1世は退位を拒み、イギリスでエチオピア亡命政府を樹立して帝位の継続を主張した。対するイタリアは全土を占領している状況を背景に、イタリア王・アルバニア王ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世を皇帝とする東アフリカ帝国(イタリア領東アフリカ)を建国させた。 国際紛争の解決において大国の利害に左右された国際連盟の無力さが露呈した戦争でもある。イタリアに対しては国際連盟規約第16条の初の発動が行われたが、実効的な経済制裁が行われなかった。イタリアは孤立からドイツおよび日本と結ぶようになり、枢軸国を形成する道をたどることになる。.

新しい!!: 第二次世界大戦と第二次エチオピア戦争 · 続きを見る »

第二次ソロモン海戦

二次ソロモン海戦(だいにじソロモンかいせん)は、第二次世界大戦中、1942年8月24日にソロモン諸島の北で戦われた日本軍とアメリカ軍との間の海戦。連合軍側の呼称は東部ソロモン海戦。日本海軍は空母1隻を喪失、ガダルカナル島への兵員輸送にも失敗して敗北した。.

新しい!!: 第二次世界大戦と第二次ソロモン海戦 · 続きを見る »

箱根

箱根駒ヶ岳山頂より見た芦ノ湖と箱根峠 芦ノ湖と富士山 広重に描かれた箱根峠 箱根(はこね、古くは「函根」とも)は、静岡県に近い神奈川県南西部の一角、箱根カルデラ近辺の一帯を指す地名。 地図の上では、行政区画としての箱根町におおむね重なる概念である。 古来東海道の要衝であり、「天下の険」と謳われた難所箱根峠のふもとには宿場や関所が置かれた。近代以降は保養地・観光地として発展。各所に湧く温泉や、芦ノ湖、大涌谷、仙石原などがとりわけ有名である。1936年に「富士箱根国立公園」(現・富士箱根伊豆国立公園)に指定されている。.

新しい!!: 第二次世界大戦と箱根 · 続きを見る »

米(こめ、rice)は、稲の果実である籾から外皮を取り去った粒状の穀物である。穀物の一種として米穀(べいこく)とも呼ぶ。東アジア・東南アジア・南アジア以外では一般的に主食として特別視することが希薄であり、日本語でいう「米」「稲」「飯」といった、収穫前・収穫後・調理前・調理後などによる区別がない言語が多数ある。例えば英語圏ではすべてriceという同一の単語で扱われる。.

新しい!!: 第二次世界大戦と米 · 続きを見る »

米内内閣

記載なし。

新しい!!: 第二次世界大戦と米内内閣 · 続きを見る »

米内光政

米内 光政(よない みつまさ、1880年(明治13年)3月2日 - 1948年(昭和23年)4月20日)は、日本の海軍軍人、政治家。最終階級は海軍大将。位階は従二位。勲等は勲一等。功級は功一級。第23代連合艦隊司令長官。第39-41、49-52代海軍大臣。第37代内閣総理大臣。.

新しい!!: 第二次世界大戦と米内光政 · 続きを見る »

米英戦争

米英戦争(べいえいせんそう)は、1812年6月から1815年2月までの期間にイギリス、その植民地であるカナダ及びイギリスと同盟を結んだインディアン諸部族とアメリカ合衆国との間でおこなわれた戦争。 「1812年戦争」「アメリカ=イギリス戦争」「第二次独立戦争」とも呼ばれる。米英がカナダ、アメリカ東海岸、アメリカ南部、大西洋、エリー湖及びオンタリオ湖の領土を奪い合い、また両陣営がインディアンに代理戦争をさせたため、北米植民地戦争でもあり、インディアン戦争でもある。英語では専らWar of 1812(1812年戦争)と表現される。.

新しい!!: 第二次世界大戦と米英戦争 · 続きを見る »

精神障害

精神障害(せいしんしょうがい、mental disorder)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患(mental disease)の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。 罹患者は世界では4500万人と推定され、4人に1人は生涯に1回以上の精神障害を経験する。任意の時点で、成人人口の10人に1人は精神疾患を罹患しており、また18歳以下の児童青年では8人に1人は罹患し、これは障害児においては5人に1人となる。神経精神疾患は世界の障害調整生命年(DALY)の13%を占め、2015年には15%に増加するとWHOは推定している。米国では精神障害関連のコストは1470億ドルに上り、これはがん、呼吸器疾患、AIDSらを上回る。 症状を呈する原因としては、先に甲状腺機能の異常や栄養欠乏、またなど医学的に生じているとか、医薬品や向精神薬によって薬理学的に生じているといった状態を除外して、それ以外の固有の症状であると仮定される。つまり精神の障害は、髄膜炎、内分泌疾患などの身体疾患によって引き起こされる場合もあるし、単にアルコールやカフェイン、また精神科の薬によって薬物の作用で生じている場合もある。それ以外にストレスによって生じたり、脳の機能的な変調によって生じている可能性もある。決定的な原因は判明しておらず、様々な仮説が検討されている状態である。 従って、精神障害を診断するための合意された生物学的指標(検査)は存在しない。つまり未だ、診断のための理解という部分から十分に高度というわけではなく、その基礎となる脳の研究の進展を要請している段階である。軽い日常的な出来事が医療化されることに弱く、製薬会社による病気喧伝も加わって患者の数が激増している。金融危機より先に先進国各国で患者数が増加し、薬物治療は人々を復帰させていない。治療法も決定的なものは存在しない。自然に軽快することもある。 精神障害は精神医学によって扱われる。日本では、担当は主に精神科医(精神科)であるが、患者の症状や状況によっては内科(心療内科が多い)など、他の科で診察、治療が行われている場合もある。.

新しい!!: 第二次世界大戦と精神障害 · 続きを見る »

細川護貞

細川 護貞(ほそかわ もりさだ、1912年(明治45年)7月17日 - 2005年(平成17年)10月3日、満93歳没)は、旧肥後熊本藩主細川家の第17代当主。 第2次近衛内閣で内閣総理大臣秘書官を務めた。.

新しい!!: 第二次世界大戦と細川護貞 · 続きを見る »

紙芝居

紙芝居(かみしばい)は、絵を見せながら演じ手が語って進める芝居的パフォーマンスのことで、主に子供たちを対象にした簡易な芸能である。 明治時代以降存在した「立絵」の紙芝居と、世界恐慌時代に立絵が廃れた後で誕生した「平絵」の紙芝居とに大きく分けられるが、今日では単に「紙芝居」と言う場合平絵の紙芝居を指す。.

新しい!!: 第二次世界大戦と紙芝居 · 続きを見る »

継続戦争

継続戦争(けいぞくせんそう、)は、第二次世界大戦中の1941年6月26日から1944年9月19日にかけて、ソビエト連邦とフィンランドの間で戦われた戦争である。戦争当事国の一方であるソ連では、この戦争は大祖国戦争(独ソ戦)の一部である。第2次ソ芬(ソ連・フィンランド)戦争とも呼ばれる。第1次ソ芬戦争については冬戦争を参照。.

新しい!!: 第二次世界大戦と継続戦争 · 続きを見る »

継承国

継承国(けいしょうこく)、承継国(しょうけいこく)とは、ある国家が消滅したのち、その国が締結していた条約上などの義務や権利を引き継ぐ国。 複数の新国家が旧国家の領土を分割した場合や、旧国家の消滅後に長い空白期間をおいて新国家が成立した場合などに問題になる。また、革命政権などの樹立により、前政権による対外債務や各条約の継承を受け入れない場合、国家が併合する場合に消滅する側の締約していた条約の継承なども問題となる。サクセッサーステート(継承国)方式は、国際法における国権の在り様に関する主張(継承国理論)であり、必ずしも国際法上の明確性を持つものでない。 主な例としては、ソビエト連邦に対するロシア連邦、チェコスロバキア共和国に対するチェコ共和国など。ユーゴスラビアについては、セルビア・モンテネグロ問題に対する反発から10年近くにわたって継承が認められず、「旧ユーゴスラビア」という呼称が用いられた。.

新しい!!: 第二次世界大戦と継承国 · 続きを見る »

総力戦演説

総力戦演説(そうりょくせんえんぜつ、Sportpalastrede)とは、第二次世界大戦中、ナチス・ドイツの旗色が悪くなり国家総力戦が必要となってきたため、1943年2月18日、宣伝相ヨーゼフ・ゲッベルスによりベルリン・スポーツ宮殿において慎重に選ばれた大勢の観衆の前で行われた演説である。 この演説はゲッベルスの行った演説の中で最も有名なものである。演説はナチス幹部によって、ドイツが深刻な状況に直面しているという最初の告白となった。ゲッベルスはドイツの存続を断言、西洋文明の存続が危ぶまれるため、長く困難が存在しても、戦争を継続するようドイツの人々に演説した。.

新しい!!: 第二次世界大戦と総力戦演説 · 続きを見る »

総統

総統(そうとう)とは、国家元首またはそれに匹敵する国家の最高指導者の地位を表す名称の1つ。日本語における「総統」の語義は「全体をすべくくること」 で、日本での用例は全体主義体制国家の最高指導者の地位を示す用例と、「President」の中国語訳として中華民国の国家元首を示す中華民国総統に大別される。.

新しい!!: 第二次世界大戦と総統 · 続きを見る »

総統地下壕

総統地下壕見取り図左側が総統地下壕、右側は旧地下壕 総統地下壕(そうとうちかごう、Führerbunker)は、ドイツのベルリンにあった総統官邸の地下壕を指す。.

新しい!!: 第二次世界大戦と総統地下壕 · 続きを見る »

練習機

ボーイング・ステアマン モデル75 練習機(れんしゅうき、英:Trainer)とは、操縦士の操縦訓練に使用される航空機のことである。訓練機とも呼ばれる。 自社養成を行う航空会社や民間のフライトスクール、軍の訓練部隊などで利用される。.

新しい!!: 第二次世界大戦と練習機 · 続きを見る »

罪刑法定主義

罪刑法定主義(ざいけいほうていしゅぎ)とは、ある行為を犯罪として処罰するためには、立法府が制定する法令において、犯罪とされる行為の内容、及びそれに対して科される刑罰を予め、明確に規定しておかなければならないとする原則のことをいう。対置される概念は罪刑専断主義である。.

新しい!!: 第二次世界大戦と罪刑法定主義 · 続きを見る »

翔鶴 (空母)

翔鶴(しょうかく/しやうかく)は、大日本帝国海軍の航空母艦(空母)#達昭和14年5月p.11『達第七十號 横須賀海軍工廠ニ於テ建造中ノ航空母艦一隻ニ左ノ通命名セラル 昭和十四年五月十六日 海軍大臣 米内光政 航空母艦 翔鶴(シヤウカク)』。翔鶴型航空母艦の1番艦。1944年6月19日にマリアナ沖海戦で撃沈された。.

新しい!!: 第二次世界大戦と翔鶴 (空母) · 続きを見る »

真珠湾

真珠湾鳥瞰図 真珠湾(しんじゅわん)またはパールハーバー (Pearl Harbor) は、アメリカ合衆国ハワイ州オアフ島にある入り江の一つであり、湾内にはアメリカ海軍の軍事拠点(軍港)などが置かれている。州都ホノルルの西約10kmの位置にあり、隣接地にはアメリカ軍飛行場に併設されたダニエル・K・イノウエ国際空港がある。1941年12月の真珠湾攻撃の地として知られる。.

新しい!!: 第二次世界大戦と真珠湾 · 続きを見る »

真珠湾攻撃

大日本帝国海軍艦隊の航跡図 大日本帝国海軍攻撃隊の侵入経路図 真珠湾攻撃(しんじゅわんこうげき、、日本時間1941年(昭和16年)12月8日未明、ハワイ時間12月7日)は、アメリカ合衆国のハワイ準州オアフ島真珠湾"Pearl Harbor"を「真珠湾」と訳すことには異論もある。詳細は真珠湾を参照。にあったアメリカ海軍の太平洋艦隊と基地に対して、日本海軍が行った航空機および潜航艇による攻撃である。当時の日本側呼称はハワイ海戦(布哇海戦)。太平洋戦争における南方作戦の一環として、開戦劈頭でマレー作戦に次いで実施された。戦闘の結果、アメリカ太平洋艦隊の戦艦部隊は戦闘能力を一時的に喪失した。.

新しい!!: 第二次世界大戦と真珠湾攻撃 · 続きを見る »

絞首刑

ピサネロが描いた絞首刑の様子 絞縄 絞首刑(こうしゅけい)とは、死刑の一種で、絞殺する刑罰である。絞殺刑(こうさつけい)ともいう。.

新しい!!: 第二次世界大戦と絞首刑 · 続きを見る »

絨毯爆撃

絨毯爆撃(じゅうたんばくげき、)は、地域一帯に対して無差別に行う爆撃。無差別爆撃、都市爆撃、地域爆撃、恐怖爆撃とも呼ばれ、住宅地や商業地を破壊して敵国民の士気の喪失を目的とした戦略爆撃である。これに対して、工場や港・油田などの施設の破壊を目的にした爆撃は「精密爆撃」に分けられる。絨毯爆撃という表現は、床に敷かれた絨毯のように、爆弾が一面を覆う印象から想起されたものである。.

新しい!!: 第二次世界大戦と絨毯爆撃 · 続きを見る »

絶対国防圏

絶対国防圏(ぜったいこくぼうけん)とは、太平洋戦争において、劣勢に立たされた大日本帝国が本土防衛上確保及び戦争継続のために必要不可欠である領土・地点を定め、防衛を命じた地点・地域である。.

新しい!!: 第二次世界大戦と絶対国防圏 · 続きを見る »

絹 蚕の繭 絹(きぬ、sericum、Seide、silk、soie)は、蚕の繭からとった動物繊維である。独特の光沢を持ち、古より珍重されてきた。蚕が体内で作り出すたんぱく質・フィブロインを主成分とするが、1個の繭から約800 - 1,200メートルとれるため、天然繊維の中では唯一の長繊維(フィラメント糸)である。絹織物などに用いる。 蚕の繭(まゆ)を製糸し、引き出した極細の繭糸を数本揃えて繰糸の状態にしたままの絹糸を生糸(きいと)というが、これに対して生糸をアルカリ性の薬品(石鹸・灰汁・曹達など)で精練してセリシンという膠質成分を取り除き、光沢や柔軟さを富ませた絹糸を練糸(ねりいと)と呼ぶ。ただし、100%セリシンを取り除いたものは数%セリシンを残したものに比べ、光沢は著しく劣る。生糸は化学染料、練糸はいわゆる草木染めに向くが、歴史的に前者の手法が用いられはじめたのは明治維新以降であり、昔の文献や製品にあたる際、現在の絹織物とは別物に近い外観と性質をもつ。また、養殖(養蚕)して作る家蚕絹と野性の繭を使う野蚕絹に分けられる。.

新しい!!: 第二次世界大戦と絹 · 続きを見る »

疎開

開(そかい)とは、.

新しい!!: 第二次世界大戦と疎開 · 続きを見る »

瑞鶴 (空母)

(ずいかく/ずゐかく/ズヰカク)は、大日本帝国海軍の航空母艦。翔鶴型航空母艦の2番艦#達昭和14年9月p.19『達第百六十號 株式會社川崎造船所ニ於テ建造中ノ航空母艦一隻ニ左ノ通命名セラル 昭和十四年九月三十日 海軍大臣 吉田善吾 航空母艦 瑞鶴(ズヰカク)』。「ズイカク」とタイプされた物の「イ」に斜線を入れて手書きで「ヰ」に直されている。。1944年10月25日にエンガノ岬沖海戦で沈没。.

新しい!!: 第二次世界大戦と瑞鶴 (空母) · 続きを見る »

環境

境(かんきょう)は、広義においては人、生物を取り巻く家庭・社会・自然などの外的な事の総体であり、狭義ではその中で人や生物に何らかの影響を与えるものだけを指す場合もある。特に限定しない場合、人間を中心とする生物を取り巻くおおざっぱな環境のことである場合が多い。 環境は我々を取り巻き、我々に対して存在するだけでなく、我々やその生活と係わって、安息や仕事の条件として成り立つ。また狭義の環境については、人間が生産と消費の活動によって汚染し、破壊するという関係性の中で大きな環境問題になってきた。.

新しい!!: 第二次世界大戦と環境 · 続きを見る »

産経新聞

旧題字の看板を掲示する販売店も存在する 産経新聞(さんけいしんぶん、題字は産經新聞、英称:THE SANKEI SHIMBUN)は、産業経済新聞社が発行する日本の新聞。 産業経済新聞社はフジテレビジョンやニッポン放送、ポニーキャニオンなどとともにフジサンケイグループに属する。 大阪新聞の僚紙である日本工業新聞(1933年(昭和8年)6月20日創刊)を前身とし、時事新報の流れを汲む。キャッチフレーズは「モノをいう新聞」。.

新しい!!: 第二次世界大戦と産経新聞 · 続きを見る »

田久保忠衛

久保 忠衛(たくぼ ただえ、1933年(昭和8年)2月4日 - )は、日本の外交評論家、政治学者。杏林大学名誉教授。専門は国際政治学、アメリカ外交。博士(法学)。日本会議会長(2015年 - )。.

新しい!!: 第二次世界大戦と田久保忠衛 · 続きを見る »

無線通信

無線通信(むせんつうしん)は、伝送路として線を使わない電気通信のことである。しばしば短縮して「無線」と呼ばれる。線を使わない無線通信に対して、線を使う通信の方は有線通信と呼ぶ。無線通信は軍事行動においてこそ長所際立つものの、気候変動や気温・水温などの変化によって受信が不安定なものとなる。.

新しい!!: 第二次世界大戦と無線通信 · 続きを見る »

焼夷弾

夷弾(しょういだん、incendiary bomb、incendiary ammunition)は、焼夷剤(発火性の薬剤)を装填した、爆弾・砲弾・銃弾である。 攻撃対象を焼き払うために使用する。そのため、発生する爆風や飛散する破片で対象物を破壊する通常の爆弾と違い、焼夷弾は中に入っているもの(焼夷剤)が燃焼することで対象物を火災に追い込む。 このような燃焼を利用する銃砲弾がすべて焼夷弾ということではなく、同様の機構を持ちながらも目的の異なる、照明弾・曳光弾・発煙弾・ガス弾などもある。.

新しい!!: 第二次世界大戦と焼夷弾 · 続きを見る »

熊本市

本市(くまもとし)は、日本の熊本県にある市の一つ。同県の県庁所在地、また日本最南端の政令指定都市である。.

新しい!!: 第二次世界大戦と熊本市 · 続きを見る »

特別高等警察

特別高等警察(とくべつこうとうけいさつ、Special Higher Police, SHP)は、国事警察として発足した高等警察から分離し、国体護持のために無政府主義者・共産主義者・社会主義者、および国家の存在を否認する者や過激な国家主義者を査察・内偵し、取り締まることを目的とした日本の政治警察である。内務省警保局保安課を総元締めとして、警視庁をはじめとする一道三府七県北海道庁警察部、警視庁、神奈川県警察部、長野県警察部、愛知県警察部、京都府警察部、大阪府警察部、兵庫県警察部、山口県警察部、福岡県警察部に設置されたが、その後、1928年に全国一律に未設置県にも設置された。略称は特高警察(とっこうけいさつ)、特高(とっこう)と言い、構成員を指しても言う。第二次世界大戦後の1945年に連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の指示により廃止された。.

新しい!!: 第二次世界大戦と特別高等警察 · 続きを見る »

特別攻撃隊

ミズーリに突入直前の神風特別攻撃隊第5建武隊の零式艦上戦闘機(石野節雄二飛曹搭乗) 一式戦闘機「隼」(穴沢利夫少尉搭乗)と、それを見送る知覧町立高等女学校(現鹿児島県立薩南工業高等学校)「なでしこ隊」の女学生達 彗星(山口善則一飛曹・酒樹正一飛曹搭乗)。突入後アメリカ軍が回収した遺品により搭乗員が特定された例の一つ。 フォーミダブルに特攻機(零戦)が1機突入、56名が死傷し11機の艦載機が炎上 レキシントン博物館。レキシントンが1944年11月5日に受けた特攻の説明(旭日旗の箇所に特攻機が命中。) 特別攻撃隊(とくべつこうげきたい)は、「特別に編成された攻撃部隊」。略称は「特攻隊」(とっこうたい)。当記事では、攻撃自体を指す特別攻撃(とくべつこうげき)およびその略称の特攻(とっこう)についても記述する。 語源は太平洋戦争の緒戦に日本海軍によって編成された特殊潜航艇「甲標的」の部隊に命名された「特別攻撃隊」の造語からである。同戦争の末期には、爆弾や爆薬等を搭載した軍用機、高速艇、潜水艇等の各種兵器、もしくは専用の特攻兵器を使用して体当たりし自爆するといった戦死を前提(後者)とするものが中心となった。海外の例では、第二次世界大戦末期の独空軍におけるゾンダーコマンド・エルベがある。.

新しい!!: 第二次世界大戦と特別攻撃隊 · 続きを見る »

特命全権大使

特命全権大使(とくめいぜんけんたいし、ambassadeur extraordinaire et plénipotentiaire、ambassador extraordinary and plenipotentiary)は、外交使節団の長で最上級の階級である。接受国の元首に対して派遣され、外交交渉、全権代表としての条約の調印・署名、滞在する自国民の保護などの任務を行う。国際連合などの国際機関の政府代表部に対しても派遣される。.

新しい!!: 第二次世界大戦と特命全権大使 · 続きを見る »

特殊潜航艇

特殊潜航艇(とくしゅせんこうてい)とは、敵海軍の泊地襲撃や、工作員潜入などに使われる軍用潜水艇・小型潜水艦。ミゼット・サブマリン(Midget submarine)とも呼ばれる。日本の甲標的をはじめとして、世界各国で製造・運用された。.

新しい!!: 第二次世界大戦と特殊潜航艇 · 続きを見る »

特殊潜航艇によるシドニー港攻撃

特殊潜航艇によるシドニー港攻撃(とくしゅせんこうていによるシドニーこうこうげき)とは、太平洋戦争中の1942年5月31日に、オーストラリアのシドニーの沖合いで母艦の潜水艦を発進した日本海軍の特殊潜航艇3隻が、シドニー港に停泊中の連合軍艦船に対して行った攻撃である。 特殊潜航艇のうち1隻はアメリカ海軍の重巡洋艦「シカゴ」を魚雷により攻撃したが、魚雷は目標をそれてオーストラリア海軍の宿泊艦「クッタブル(HMAS Kuttabul)」を沈没させ、その隣にいたオランダ海軍の潜水艦「K IX(K IX)」を撃破し、クッタブルの乗船者19人が死亡した。特殊潜航艇はシドニー湾の南方40キロメートルの地点で母艦に回収される予定だったが、3隻とも帰還できなかった。 オーストラリア海軍のシドニー地区司令官提督は、戦死した特殊潜航艇の乗組員のために海軍葬を行い、戦死した兵士の遺骨はシドニーに拘留中だった日本公使河相達夫に手渡され、1942年10月に日英交換船で河相公使とともに日本に戻った。.

新しい!!: 第二次世界大戦と特殊潜航艇によるシドニー港攻撃 · 続きを見る »

牛島満

牛島 満(うしじま みつる、1887年(明治20年)7月31日 - 1945年(昭和20年)6月23日)は、日本の陸軍軍人。陸士20期恩賜・陸大28期。最終階級は陸軍大将(自決直前の6月20日付で中将から昇進)。鹿児島県鹿児島市出身。 沖縄戦において、第32軍を指揮し自決した。温厚な性格で知られ教育畑を歴任したが、指揮官としても沖縄戦以前に歩兵第36旅団長として武漢市、南京市攻略戦に参加し、武功を挙げた。.

新しい!!: 第二次世界大戦と牛島満 · 続きを見る »

独ソ不可侵条約

条約に調印するソ連外相モロトフ。後列の右から2人目はスターリン 独ソ不可侵条約(どくそふかしんじょうやく、Deutsch-Russischer Nichtangriffspakt、Договор о ненападении между Германией и Советским Союзом、German-Soviet Nonaggression Pact)は、1939年8月23日にドイツとソ連の間に締結された不可侵条約。天敵といわれたヒトラーとスターリンが手を結んだことは、世界中に衝撃を与えた。 条約は別名署名したモロトフ、リッベントロップ両外務大臣の名前を取り、モロトフ=リッベントロップ協定(Ribbentrop-Molotow-Pakt、Пакт Молотова-Риббентропа、Molotov-Ribbentrop Pact)、M.

新しい!!: 第二次世界大戦と独ソ不可侵条約 · 続きを見る »

独ソ戦

戦(どくソせん)(英語Eastern Front(World War II)) は、第二次世界大戦中の1941年から1945年にかけてドイツを中心とする枢軸各国とソビエト連邦との間で戦われた戦争を指す。 大戦の当初はポーランドを共に占領していたドイツとソビエト連邦であったが、1941年6月22日に突如ドイツ国防軍がソ連に侵入し、戦争状態となった。当時のソ連は国民を鼓舞するため、ナポレオン・ボナパルトに勝利した祖国戦争に擬えて大祖国戦争(Великая Отечественная война)と呼称。一方、ドイツ側では主に東部戦線(der Ostfeldzug)と表現される。 アドルフ・ヒトラーは、ソ連との戦争を「イデオロギーの戦争」「絶滅戦争」と位置づけ、西部戦線とは別の戦争であると認識していた。 1941年6月22日3時15分、ドイツ軍は作戦名「バルバロッサ」の下にソ連を奇襲攻撃した。ヨーロッパにおけるドイツ占領地からは反共主義者の志願者や、武装親衛隊によって徴発された人々がドイツ軍に加わった。 開戦当初、ソ連軍が大敗を喫したこともあり歴史的に反ソ感情が強かったバルト地方や、過酷な共産党の政策からウクライナの住民は、ドイツ軍を当初「共産主義ロシアの圧制からの解放軍」と歓迎し、ドイツ軍に志願したり共産主義者を引き渡すなど自ら進んでドイツ軍の支配に協力する住民も現れた。また反共主義者はロシア国民解放軍やロシア解放軍として共産主義者と戦った。しかし、スラブ人を劣等民族と認識していたヒトラーは、彼らの独立を認める考えはなく、こうした動きをほとんど利用しようとしなかった。親衛隊やはドイツ系民族を占領地に移住させて植民地にしようと計画し、一部実行された。 この戦いにおいて、特にソ連側の死者は大規模である。なお、独ソ戦の犠牲者(戦死、戦病死)は、ソ連兵が1470万人、ドイツ兵が1075万人である。民間人の死者をいれるとソ連は2000〜3000万人が死亡し、ドイツは約600〜1000万人である。ソ連の軍人・民間人の死傷者の総計は第二次世界大戦における全ての交戦国の中で最も多いと言われている。両国の捕虜・民間人に対する扱いも苛酷を極め、占領地の住民や捕虜は強制労働に従事させられるなど極めて厳しい扱いを受けた。ドイツが戦争初期に捕らえたソ連兵の捕虜500万人はほとんど死亡している()。またドイツ兵捕虜300万人の多くはそのままソ連によって強制労働に従事させられ、およそ100万人が死亡した()。 開戦から1943年7月のクルスクの戦いまでは主にドイツ軍の攻勢とソビエト軍の防御という展開であったが、クルスクの戦いの後は攻守が逆転し、東欧からドイツ東部にいたる地域がソビエトの占領地域となり、1945年5月8日にドイツ国防軍最高司令部総長ヴィルヘルム・カイテル元帥がベルリンで無条件降伏文書の批准手続きを行ったことにより、戦争は終結した。.

新しい!!: 第二次世界大戦と独ソ戦 · 続きを見る »

独立

立(どくりつ)とは、他者・他国家などによって支配され、従属的立場にあったものがその支配から離れ、1つの主体として成立することである。とりわけ従属的立場にあった民族が別個の国家を樹立する際に用いられる。.

新しい!!: 第二次世界大戦と独立 · 続きを見る »

白いバラ

1983年に発行された白バラ抵抗運動の記念切手 白いバラ(しろいバラ、Die Weiße Rose)は第二次世界大戦中のドイツにおいて行われた非暴力主義の反ナチ運動。ミュンヘンの大学生であったメンバーは1942年から1943年にかけて6種類のビラを作成した。その後グループはゲシュタポにより逮捕され、首謀者とされるハンス・ショルほか5名がギロチンで処刑されたため、7種類目の印刷がおこなわれることはなかった。彼らの活動を描いた映画が戦後何度かドイツで作られ、反ナチ抵抗運動として、国際的に知られている。日本では白バラあるいは白バラ抵抗運動などとも呼ばれる。.

新しい!!: 第二次世界大戦と白いバラ · 続きを見る »

白人

先住民の肌の色。ヨーロッパ(南ヨーロッパを除く)に人々が住む。 戦国時代、日本に到来したイエズス会員などの南蛮人たち。白人の他、黒人も描かれている。 白人(はくじん、)は、通俗的人種概念の一つで、肌の色が薄く白に近い人種の総称。白色人種(はくしょくじんしゅ)。 様々な見解があるが、日本においては金髪碧眼かそれに近い人々のことを言うことが多い。いずれも文化的・社会的・政治的に形成され、便宜的に使用される用語であり、生物学的分類として有効な概念ではない。.

新しい!!: 第二次世界大戦と白人 · 続きを見る »

隣組

隣組(となりぐみ)は、概ね第二次世界大戦下の日本において各集落に結成された官主導の銃後組織である。大政翼賛会の末端組織町内会の内部に形成され、戦争総動員体制を具体化したものの一つである。.

新しい!!: 第二次世界大戦と隣組 · 続きを見る »

遣独潜水艦作戦

遣独潜水艦作戦に使用された伊号第八潜水艦 遣独潜水艦作戦(けんどくせんすいかんさくせん)とは、第二次世界大戦中に遠く離れたドイツと日本とを結び、戦略物資及び新兵器やその部品・図面等、さらには大使館付武官・技術士官・民間技術者等日独両国の人材の輸送を行った日本海軍艦艇による数次にわたる作戦を指す。.

新しい!!: 第二次世界大戦と遣独潜水艦作戦 · 続きを見る »

選挙

日本の選挙戦で使う候補者ポスター掲示板(選挙戦が公示されると候補者のポスターが届け出順で貼り付けられる) 日本の選挙で使用される投票箱 選挙(せんきょ)とは、投票によって首長や議員、団体の代表者や役員を選び出すこと。国政に関する選挙は国政選挙(こくせいせんきょ)、地方自治に関する選挙は地方選挙(ちほうせんきょ)と称される。.

新しい!!: 第二次世界大戦と選挙 · 続きを見る »

衛星国

衛星国(えいせいこく、Satellite state)とは、主権国家として独立しているが、主要政策で大国により主権を制限され、常に追随する行動を取る国家に対する批判的な呼称。第一次世界大戦頃から相手の陣営に参加した国に対して用いられるようになった。.

新しい!!: 第二次世界大戦と衛星国 · 続きを見る »

風船爆弾

船爆弾(ふうせんばくだん)とは、太平洋戦争において日本軍が開発・実戦投入した、気球に爆弾を搭載した兵器である戦史叢書45巻、83-85頁「潜水艦による対米風船爆弾、攻撃を断念す」戦史叢書81巻、73-74頁「 「ふ」号兵器」。.

新しい!!: 第二次世界大戦と風船爆弾 · 続きを見る »

食糧管理制度

食糧管理制度(しょくりょうかんりせいど)とは、日本における主食である米や麦などの食糧の価格や供給等を、日本国政府が管理する制度をいう。 1942年(昭和17年)2月21日制定の食糧管理法(いわゆる食管法)に基づき創設された。同法は1995年(平成7年)に廃止され、代わりに主要食糧の需給及び価格の安定に関する法律(食糧法)が制定されたことを受け、食糧管理制度の呼称も食糧制度と改められた。また、2004年(平成16年)には、その食糧法に大幅な改正がなされるなど、制度の内容は時代と共に大きく変化してきている。.

新しい!!: 第二次世界大戦と食糧管理制度 · 続きを見る »

飛行爆弾

桜花 飛行爆弾 (ひこうばくだん、Flying bomb)は、大きな弾頭を持つ無人飛行物体または小型の航空機をいい、今日の巡航ミサイルの前駆をなすものである。爆撃機との相違は、爆撃機が爆弾を投下した後に基地に帰還して再度任務に就くものであるのに対し、飛行爆弾は自ら目標に突入し、それにより自らをも破壊するという点である。 飛行爆弾として主に言及されるのは、第二次世界大戦における2種類の兵器、ドイツのV1飛行爆弾と、日本の桜花である。V1は無人だったが、桜花はパイロットを乗せた特攻兵器であった。 「飛行爆弾(flying bomb)」という語は、おそらくこれらによって植えつけられた枢軸側兵器としての響きのため、今日の英語ではあまり用いられず、この定義に該当する兵器は「巡航ミサイル(cruise missile)」と呼ばれるのが一般的である。.

新しい!!: 第二次世界大戦と飛行爆弾 · 続きを見る »

飛龍 (空母)

飛龍(ひりゅう/ひりう)は、大日本帝国海軍の航空母艦#達昭和10年11月p.6『達第百三十九號 艦艇製造費ヲ以テ昭和十年度ニ於テ建造ニ着手ノ航空母艦一隻ニ左ノ通命名セラル|昭和十年十一月二十二日 海軍大臣大角岑生|横須賀海軍工廠ニ於テ建造 航空母艦 飛龍ヒリュウ』。1942年(昭和17年)6月、ミッドウェー海戦にて沈没した。.

新しい!!: 第二次世界大戦と飛龍 (空母) · 続きを見る »

西ヨーロッパ

中東 西ヨーロッパ(にしヨーロッパ、Western Europe、L’europe de l'ouest、Westeuropa)は、西欧ともいい、ヨーロッパ地域の西部を指す。.

新しい!!: 第二次世界大戦と西ヨーロッパ · 続きを見る »

西ドイツ

西ドイツ(にしドイツ、Westdeutschland、West Germany)は、1949年5月23日から1990年10月2日までのドイツ連邦共和国の通称である。略称、西独。 冷戦時代はドイツ民主共和国(東ドイツ)と対峙する分断国家だったが、1990年10月3日、ドイツ民主共和国を併合する東西ドイツ再統一により、この通称は使われなくなった。東西ドイツ再統一まで首都はボンに置かれたが、再統一後はベルリンに移った。ドイツ人は、かつての西ドイツを「ボン共和国」(die Bonner Republik)と呼ぶこともある。ドイツ再統一は法的には「旧東ドイツの各州がドイツ連邦共和国に加入」という形式で行なわれたため、厳密にいうと現在のドイツは再統一により再編成された新しい国家ではなく領域を旧東ドイツにも拡大した西ドイツである。.

新しい!!: 第二次世界大戦と西ドイツ · 続きを見る »

西アジア

西アジア 西アジア(にしアジア)は、アジア西部を指す地理区分である.

新しい!!: 第二次世界大戦と西アジア · 続きを見る »

西オーストラリア州

西オーストラリア州(にしオーストラリアしゅう、Western Australia、略号:WA)は、オーストラリア西部の州。本土面積の3分の1を占める、同国最大の州である。面積は252万9875平方km。人口はオーストラリア国内の11%にあたるおよそ250万人で、その92%は州の南西部に居住している。州都は最大都市のパース。.

新しい!!: 第二次世界大戦と西オーストラリア州 · 続きを見る »

西部戦線 (第二次世界大戦)

二次世界大戦における西部戦線(せいぶせんせん、Western Front)は、のうち、ドイツおよびその西方に位置するフランス、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク、デンマークなどにおける、イギリス・フランス・アメリカ合衆国などの西側諸国と、ナチス・ドイツをはじめとする枢軸国の間で行われた一連の戦闘を指す。対する東部戦線は、枢軸国とソビエト連邦の戦闘を指す(独ソ戦)。.

新しい!!: 第二次世界大戦と西部戦線 (第二次世界大戦) · 続きを見る »

親衛隊 (ナチス)

親衛隊(しんえいたい、独:Schutzstaffel 、略号:SS)は、ドイツの政党、国家社会主義ドイツ労働者党の組織である。.

新しい!!: 第二次世界大戦と親衛隊 (ナチス) · 続きを見る »

香港

中華人民共和国香港特別行政区(ちゅうかじんみんきょうわこくホンコンとくべつぎょうせいく)、通称香港(ホンコン、、)は、中華人民共和国の南部にある特別行政区(一国二制度)である。同じ特別行政区の澳門からは南西に70km離れている。東アジア域内から多くの観光客をひきつけ、150年以上のイギリス植民地の歴史で世界に知られる。 広大なスカイライン及び深い天然の港湾を抱える自由貿易地域であり、の面積に700万人を超す人口を有する世界有数の人口密集地域である。 .

新しい!!: 第二次世界大戦と香港 · 続きを見る »

角川文庫

角川文庫(かどかわぶんこ)は、株式会社KADOKAWAが発行している文庫レーベル(角川書店ブランド)。.

新しい!!: 第二次世界大戦と角川文庫 · 続きを見る »

高松宮宣仁親王

松宮宣仁親王(たかまつのみや のぶひとしんのう、1905年(明治38年)1月3日 - 1987年(昭和62年)2月3日)は、日本の皇族。大正天皇と貞明皇后の第三皇子。今上天皇の叔父にあたる。有栖川宮の祭祀を継承。妃は公爵・徳川慶久の次女・喜久子。御称号は光宮(てるのみや)。身位は親王。お印は若梅(わかうめ)。栄典は大勲位功四級。.

新しい!!: 第二次世界大戦と高松宮宣仁親王 · 続きを見る »

警察予備隊

警察予備隊(けいさつよびたい、英語表記:National Police Reserve)は、日本において1950年(昭和25年)8月10日にGHQのポツダム政令の一つである「警察予備隊令」(昭和25年政令第260号)により設置された武装組織。1952年(昭和27年)10月15日に保安隊(現在の陸上自衛隊)に改組されて発展的解消をした。.

新しい!!: 第二次世界大戦と警察予備隊 · 続きを見る »

護衛空母

護衛空母(ごえいくうぼ、Escort carrier)は、第二次世界大戦で使用された小型・低速の航空母艦である。主に船団護送の目的に使われた。 大きさは長さで正規空母の約半分、排水量で1/3であった。低速で武装も少なく、搭載できる航空機の数も少なかったが、ブロック工法、電気溶接などの技術を採用し、短期間で安価で大量に建造することができた。排水量や搭載可能機数は軽空母と似ているが、護衛空母は軽空母と異なり低速であるため艦隊に随伴できず、また艦体や飛行甲板の装甲も劣る。.

新しい!!: 第二次世界大戦と護衛空母 · 続きを見る »

豊田貞次郎

豊田 貞次郎(とよだ ていじろう、1885年(明治18年)8月7日 - 1961年(昭和36年)11月21日)は、日本の海軍軍人、政治家、実業家。最終階級は海軍大将。海兵33期首席。和歌山県出身。紀伊田辺藩士・豊田信太郎の次男。従二位勲一等。.

新しい!!: 第二次世界大戦と豊田貞次郎 · 続きを見る »

資本主義

資本主義(しほんしゅぎ、capitalism)または資本制は、生産手段の私的所有および経済的な利潤追求行為を基礎とした経済体系である。資本主義を特徴づける中心的概念には、私的所有(個人的所有)、資本蓄積、賃金労働、自発的交換、価格体系、競争市場などがある。資本主義の市場経済では、投資の意思決定は金融市場や資本市場の中で所有者によって判断され、生産物の価格や配分は主に市場での競争によって決定される。 歴史的に、資本主義の初期は自由資本主義(リベラルキャピタリズム liberal capitalism)であり、私的所有によって特徴づけられる。現在では資本主義の形態は、経済学者・政治学者・歴史学者などにより、レッセフェールまたは自由市場による資本主義、福祉資本主義、国家資本主義などの多数の議論がある。これらの経済体制では、自由市場や自由競争と、公権力(社会政策による政府規制などの経済的干渉主義)との間のバランスが異なるMacmillan Dictionary of Modern Economics, 3rd Ed., 1986, p. 54.

新しい!!: 第二次世界大戦と資本主義 · 続きを見る »

超大国

超大国(ちょうたいこく、superpower)とは、世界全体に対して、政治的にも経済的にも大きな影響力を及ぼす国家である。大国()よりも影響範囲が大きい。 具体的には、冷戦時代にはアメリカ合衆国とソビエト連邦、冷戦終結後はアメリカ合衆国が唯一の超大国とされ、第二次世界大戦以前の時代には大英帝国も超大国であったと定義されている。.

新しい!!: 第二次世界大戦と超大国 · 続きを見る »

軍人

大日本帝国陸軍の軍人と軍旗1931年(昭和6年) 軍人(ぐんじん)は、当該国家の正規の軍事組織に所属し、正規の軍事訓練を受け、国家により認められた階級を与えられた者を指す。軍人は国際法上交戦権として、敵対勢力を破壊する権利を持つ。また敵対勢力に投降した場合には、捕虜として基本的人権が保障されている。 文民や民間人の対義語として用いられ、軍人としての籍のことを兵籍・軍籍などといい、軍人としての履歴を軍歴という。軍属は原則として、文官(雇員・傭人等を含む。)であり軍人とは異なる。また、武官は軍人のうち、官吏でもある職業軍人を指し、徴兵された者は含まない。英語ではsoldierは通常陸軍軍人のみを指し、海軍、空軍、海兵隊の軍人はそれぞれseaman(またはsailor)、airman、marineという。全軍の軍人の総称としてはMilitary personnel、ラテン語ではmiles(ミーレス)という。 なお、自衛隊は、「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない」と定めた日本国憲法第九条に従い、自衛のための必要最低限の実力組織と定義されているが、中山太郎外務大臣が国会答弁で「自衛隊は、憲法上必要最小限度を超える実力を保持し得ない等の厳しい制約を課せられております。通常の観念で考えられます軍隊ではありませんが、国際法上は軍隊として取り扱われておりまして、自衛官は軍隊の構成員に該当いたします」と述べているように、諸外国における軍人にあたる自衛官は国際法上は軍隊の構成員(軍人)と扱われるとされる。.

新しい!!: 第二次世界大戦と軍人 · 続きを見る »

軍事力

軍事力(ぐんじりょく、military strength, military power)とは、軍事的な能力のことであり、国家やそれに類する集団が、内外の対象に対して、実力行使ができる能力を言う。 武力 (Armed force)、防衛力 (Defense potential)、戦争能力 (War potential) とも呼ばれるが、ここでの表記は軍事力で統一する。 軍事力の行使は、直接的には軍隊・準軍事組織(民間軍事会社含む)・民兵組織などによって行われる。しかし、現代の戦争や安全保障は総力戦の形態をとっており、動員可能な人口、経済力、技術力、外交力などの総合的な国力に基づく潜在的な軍事力も重要な要素となる。国家の軍事力は現代においても国力の重要な要素の一つとみなされており、政治的な目的達成、国益の保護のための最終的な手段として現代でも重視されている。 警察は国内の治安維持を目的として軍隊から分化した組織であるため、軍事力の枠外とみなされることも多いが、究極的には社会の秩序を保つことで国家の権益を守る実力組織である。現代ではテロリズムなどの非対称戦争・低強度紛争の増加により、軍事力と警察力の境界が再び曖昧になってきている。.

新しい!!: 第二次世界大戦と軍事力 · 続きを見る »

軍事史学会

軍事史学会(ぐんじしがっかい、The Military History Society of Japan)は、軍事史に関する学術的研究を行う日本の学会。1936年(昭和11年)、軍事史学会創立。終戦後解散した中断の後、1962年(昭和37年)に国防史学会が組織され、1965年(昭和40年)に軍事史学会が再結成され現在にいたる。.

新しい!!: 第二次世界大戦と軍事史学会 · 続きを見る »

軍事顧問

軍事顧問(ぐんじこもん)とは、外国に派遣されて、派遣先の軍隊の組織編成や訓練、戦闘指揮などに協力する軍事専門家のことである。現役の軍人や元軍人が一般的である。軍事顧問団を編成して派遣される場合が多い。.

新しい!!: 第二次世界大戦と軍事顧問 · 続きを見る »

軍事訓練

軍事訓練(ぐんじくんれん、Military training)は、軍隊において軍人が受ける軍事的な体力や技能を習得するための訓練である。 軍事訓練は職業軍人が平時において受けているが、戦時においては一般市民が受ける場合もある。戦前・戦中の日本では学校教練として学科が設けられ、一般的な学生が軍事訓練を受けた歴史がある。.

新しい!!: 第二次世界大戦と軍事訓練 · 続きを見る »

軽井沢

軽井沢(かるいざわ)は、長野県東信地方の佐久地域にある地名である。一般的に長野県北佐久郡軽井沢町や軽井沢町全体を指す。土着の読み方では「かるいさわ」で、アクセントは平板型である。.

新しい!!: 第二次世界大戦と軽井沢 · 続きを見る »

黒人

戦国時代、日本に到来したイエズス会員などの南蛮人たち。白人の他、黒人も描かれている。 黒人(こくじん)は、通俗的人種概念の一つで、肌の色が濃色で黒に近い人種の総称。黒色人種(こくしょくじんしゅ)。 過去の形質人類学でいうネグロイドと同義に用いられる。ただし、ネグロイド以外にも肌の色が濃いオーストラロイドを含めて「黒人」と呼ぶことも多い。いずれも文化的・社会的・政治的に形成され、便宜的に使用される用語であり、生物学的分類として有効な概念ではない。.

新しい!!: 第二次世界大戦と黒人 · 続きを見る »

黄禍論

禍論(おうかろん / こうかろん、、Yellow Peril)とは、19世紀半ばから20世紀前半にかけてヨーロッパ・北アメリカ・オーストラリアなどの白人国家において現れた、黄色人種脅威論。人種差別の一種である。フランスでは1896年の時点でこの言葉の使用が確認されており、ドイツ帝国の皇帝ヴィルヘルム2世が広めた寓意画『』によって世界に流布した。日清戦争に勝利した日本に対して、ロシア・ドイツ・フランスが自らの三国干渉を正当化するために浴びせた人種差別政策で、続く日露戦争の日本勝利で欧州全体に広まった。.

新しい!!: 第二次世界大戦と黄禍論 · 続きを見る »

龍驤 (空母)

龍驤(りゅうじょう/りうじやう)は、大日本帝国海軍の航空母艦。.

新しい!!: 第二次世界大戦と龍驤 (空母) · 続きを見る »

近接信管

VT信管の構造(MARK53型信管) 近接信管(きんせつしんかん 英語:Proximity fuze)は、砲弾が目標物に命中しなくとも一定の近傍範囲内に達すれば起爆させられる信管をいう。太平洋戦争期間中にアメリカ海軍の艦対空砲弾頭信管に採用され、命中率を飛躍的に向上させる効果が確認されたことにより注目された。目標検知方式は電波式以外に光学式、音響式、磁気検知式が開発され、魚雷等の信管にも応用されている。 最大の長所は目標に直撃しなくてもその近くで爆発することにより、砲弾を炸裂させ目標物に対しダメージを与えることができる点にある。 現在の正式な呼称は "Proximity fuze"。太平洋戦争当時のアメリカ軍の情報秘匿通称から「VT信管」(Variable-Time fuze) と俗称される。略意については、(兵器局VセクションのT計画で開発された信管)との説もある。またこの信管を「マジック・ヒューズ」と呼称していたこともある。.

新しい!!: 第二次世界大戦と近接信管 · 続きを見る »

航空機

航空機(こうくうき、aircraftブリタニカ百科事典「航空機」)は、大気中を飛行する機械の総称である広辞苑 第五版 p.889「航空機」。.

新しい!!: 第二次世界大戦と航空機 · 続きを見る »

航空母艦

航空母艦(こうくうぼかん、aircraft carrier)は、航空機を多数搭載し、海上における航空基地の役割を果たす軍艦。略称は空母(くうぼ)。 1921年のワシントン軍縮会議では、「水上艦船であって専ら航空機を搭載する目的を以って計画され、航空機はその艦上から出発し、又その艦上に降着し得るように整備され、基本排水量が1万トンを超えるものを航空母艦という」と空母を定義している。1930年のロンドン海軍軍縮条約で基本排水量1万トン未満も空母に含まれることになった。.

新しい!!: 第二次世界大戦と航空母艦 · 続きを見る »

航空戦

航空戦(こうくうせん、Aerial warfare)は、航空機による作戦・戦闘である。空戦、空中戦とも呼ぶ。 武力紛争は、それが展開される地域の区分に従って、陸上は陸戦、海上は海戦、空中は空戦とされ、国際法はおおむねこの区分に従って規定されている。航空戦として初めて、陸海の戦闘から独立した固有の名称を与えられたのはルンガ沖航空戦である。.

新しい!!: 第二次世界大戦と航空戦 · 続きを見る »

鈴木貫太郎

鈴木 貫太郎(すずき かんたろう、1868年1月18日(慶応3年12月24日) - 1948年(昭和23年)4月17日)は、日本の海軍軍人、政治家。階級・栄典は海軍大将従一位勲一等功三級男爵。 海軍士官として海軍次官、連合艦隊司令長官、海軍軍令部長(第8代)などの顕職を歴任した。予備役編入後に侍従長に就任、さらに枢密顧問官も兼任した。二・二六事件において襲撃されるが一命を取り留めた。枢密院副議長(第14代)、枢密院議長(第20・22代)を務めたあと、小磯國昭の後任として内閣総理大臣(第42代)に就任した。一時、外務大臣(第70代)、大東亜大臣(第3代)も兼任した。陸軍の反対を押し切って、第二次世界大戦を終戦に導いた。.

新しい!!: 第二次世界大戦と鈴木貫太郎 · 続きを見る »

鈴木貫太郎内閣

記載なし。

新しい!!: 第二次世界大戦と鈴木貫太郎内閣 · 続きを見る »

防共協定

防共協定(ぼうきょうきょうてい、Antikominternpakt)は、1936年(昭和11年)11月25日に日本とドイツ(ナチス・ドイツ)の間で調印された共産「インターナショナル」ニ対スル協定(きょうさん「インターナショナル」ニたいスルきょうてい)を指す。 締結当初は二国間協定である日独防共協定(にちどくぼうきょうきょうてい)と呼ばれ、国際共産主義運動を指導するコミンテルンに対抗する共同防衛をうたっており、後の日独伊三国を中心とした軍事同盟、いわゆる枢軸国形成の先駆けとなった。 1937年にイタリア王国が原署名国として加盟し、日独伊防共協定(にちどくいぼうきょうきょうてい)と呼ばれる三国間協定となり、1939年にはハンガリー王国と満州国、スペインが参加したことによって多国間協定となった。 1941年には条約の改定が実施されるとともにドイツ勢力圏にある複数の国家が加盟したが、1945年における枢軸国の敗戦・崩壊とともに消滅した。.

新しい!!: 第二次世界大戦と防共協定 · 続きを見る »

防衛研究所

防衛研究所(ぼうえいけんきゅうしょ、National Institute for Defense Studies: NIDS)は、東京都新宿区の防衛省市ヶ谷地区にある防衛省施設等機関の一つ。.

新しい!!: 第二次世界大戦と防衛研究所 · 続きを見る »

赤城 (空母)

赤城(あかぎ)は、日本海軍の航空母艦。.

新しい!!: 第二次世界大戦と赤城 (空母) · 続きを見る »

赤軍

赤軍(せきぐん、ロシア語:Красная армия クラースナヤ アールミヤ)は、1918年から1946年にかけてロシアおよびソビエト連邦に存在した軍隊。1917年より始まったロシア内戦の最中に労働者・農民赤軍(ろうどうしゃ・のうみんせきぐん、Рабоче-крестьянская Красная армия ラボーチェ・クリスチヤーンスカヤ・クラースナヤ・アールミヤ、略称:労農赤軍、РККА エールカーカーアー)として設立され、1937年に海軍が赤軍から独立した後はソ連の地上軍(陸軍)を指す呼称となった。.

新しい!!: 第二次世界大戦と赤軍 · 続きを見る »

関東

関東(かんとう)とは、日本の中の、特定の地域・地方を指す言葉・概念である。.

新しい!!: 第二次世界大戦と関東 · 続きを見る »

閑院宮載仁親王

閑院宮載仁親王(かんいんのみや ことひとしんのう、1865年11月10日(慶応元年9月22日) - 1945年(昭和20年)5月20日)は日本の皇族、陸軍軍人、日本赤十字社総裁。伏見宮邦家親王第16王子。称号・階級並びに勲等功級は元帥陸軍大将大勲位功一級。 後継のいなくなった閑院宮を継ぎ第6代当主となる。1900年以後から第二次世界大戦終了直前まで皇族軍人として活躍。親王宣下による親王では最後の生存者であり、また大日本帝国憲法下最後の国葬を行った人物である。 また、貴族院創設と同時に皇族議員となり薨去まで54年6ヶ月間務めたが、これは貴族院のみならず参議院まで含めても最長在任記録である。.

新しい!!: 第二次世界大戦と閑院宮載仁親王 · 続きを見る »

開国

開国(かいこく)とは、「鎖国」という言葉の対義語として、すなわち外国との交流を行うことを表す意味でよく用いられる。大日本帝国では、開国進取が国是とされていた。 この言葉には歴史的な用例として同時に〈建国〉、〈開拓〉などの意味もあった。また、この言葉には「鎖国」と同様に文明的に〈進んでいる/遅れている〉ことに対する眼差しも内包されており、日本が歴史書の中で、中国や朝鮮の歴史を「鎖国」/「開国」と刻印していった営為の背景には、そのような眼差しが潜んでいるという説がある。(大島明秀『「鎖国」という言説―ケンペル著・志筑忠雄訳『鎖国論』の受容史―』ミネルヴァ書房、2009年。大島明秀「「開国」概念の検討―言説論の視座から―」(『國文研究』第55号、2010年).

新しい!!: 第二次世界大戦と開国 · 続きを見る »

藤原釜足

藤原 釜足(ふじわら かまたり、1905年1月15日 - 1985年12月21日)は、日本の俳優。本名は安惠 重男、戦時中の芸名は藤原 鶏太。身長156cm。 実生活に根ざした芸風で知られた、黒澤明作品常連の名脇役。女優の沢村貞子は元妻。他に安恵一夫、藤原秀臣という芸名も用いた。.

新しい!!: 第二次世界大戦と藤原釜足 · 続きを見る »

葛城 (空母)

葛城 (かつらぎ)は、大日本帝国海軍の航空母艦#達昭和18年12月p.42「達第三百十八號 呉海軍工廠ニ於テ建造中ノ軍艦一隻ニ左ノ通命名セラル|昭和十八年十二月二十二日 海軍大臣嶋田繁太郎|軍艦 葛城(カツラギ)」#空母二十九隻329-330頁「葛城(かつらぎ)」。 第二次世界大戦末期に量産された雲龍型航空母艦の3番艦。.

新しい!!: 第二次世界大戦と葛城 (空母) · 続きを見る »

蒼龍 (空母)

蒼龍(そうりゅう / さうりう)は、大日本帝国海軍の航空母艦。二航戦1942年6月5日にミッドウェー海戦で沈没。.

新しい!!: 第二次世界大戦と蒼龍 (空母) · 続きを見る »

蒋介石

蒋 介石(しょう かいせき、繁体字:蔣介石、1887年10月31日 - 1975年4月5日)は、中華民国の政治家、軍人。第3代・第5代国民政府主席、初代中華民国総統、中国国民党永久総裁。国民革命軍・中華民国国軍における最終階級は特級上将(大元帥に相当)。名は中正で、介石は字、。浙江省寧波府奉化県出身。日本・中国本土では蔣介石の呼び名で知られているが、台湾では蔣中正(チャン・チョンヂェン、蔣中正)の名称が一般的。英語ではChiang Kai-shek(チアン・カイシェック)と呼ばれる。 孫文の後継者として北伐を完遂し、中華民国の統一を果たして同国の最高指導者となる。1928年から1931年と、1943年から1975年に死去するまで国家元首の地位にあった。しかし、国共内戦で毛沢東率いる中国共産党に敗れて1949年より台湾に移り、その後大陸支配を回復することなく没した。.

新しい!!: 第二次世界大戦と蒋介石 · 続きを見る »

野村吉三郎

野村 吉三郎(のむら きちさぶろう、1877年(明治10年)12月16日 - 1964年(昭和39年)5月8日)は、昭和初期に活躍した日本の海軍軍人、外交官、政治家。和歌山県和歌山市出身。位階勲功等は海軍大将従二位勲一等功二級。 国際法の権威として知られ、阿部内閣で外務大臣をつとめたのち、第二次近衛内閣のとき駐米大使に任じられ、真珠湾攻撃の日まで日米交渉に奔走して戦争回避を模索した。.

新しい!!: 第二次世界大戦と野村吉三郎 · 続きを見る »

重光葵

重光 葵(しげみつ まもる、1887年(明治20年)7月29日 - 1957年(昭和32年)1月26日)は、第二次世界大戦期の、日本の外交官・政治家である。.

新しい!!: 第二次世界大戦と重光葵 · 続きを見る »

重臣会議

重臣会議(じゅうしんかいぎ)は、昭和戦前・戦中期の日本において、後継の内閣総理大臣の選定や国家の最重要問題に関しての意見具申を行った会議。天皇の諮問に答える形で、必要に応じて内大臣が召集し主宰した。構成員は、重臣と呼ばれた内閣総理大臣経験者と枢密院議長で、これに主宰者の内大臣が加わった。最後の元老・西園寺公望の最晩年からその元老としての機能を引き継ぐ形で始まり、戦後に内大臣府が廃止されるまで度々開催された。.

新しい!!: 第二次世界大戦と重臣会議 · 続きを見る »

重戦車

重戦車(じゅうせんしゃ)は、第二次世界大戦前から冷戦までの時期に作られた戦車のうち、大きな車体、重装甲、大型砲搭載など様々な条件により同時期の自軍戦車の中で相対的に重量の大きい戦車を指す。 特に第二次世界大戦中は大砲の威力と装甲強化のシーソーゲームが激しく、開戦時には40t程度もあれば立派な重戦車といえたが、1944年には70t近くの重戦車が実戦で使用され、188tの“超重戦車”(ドイツ国のマウス)まで試作されるに至った。 戦後になると、エンジン技術の発達、装甲材質の強度向上と軽量化技術の発達で、重戦車としての攻撃力、防御力を持ちつつも中戦車並みの機動力を併せ持つ事が可能となり、主力戦車(MBT)として、かつての中・重戦車を統合する存在として汎用的に使われるようになった。そのため重戦車という分類は概念や表現上使うことはあっても、事実上は消滅した状態にある。.

新しい!!: 第二次世界大戦と重戦車 · 続きを見る »

自由フランス

自由フランス(じゆうフランス、France libre)は、第二次世界大戦中にドイツによるフランス占領に反対して成立した組織。亡命フランス人による独自の自由フランス軍(Forces Françaises Libres)を率いるとともに、フランス国内のレジスタンス活動(:en:French Resistance)を支援した。1942年7月21日からは「戦うフランス(France combattante)」と改称されている。.

新しい!!: 第二次世界大戦と自由フランス · 続きを見る »

自由フランス軍

自由フランス旗。中央にロレーヌ十字をあしらう 自由フランス軍(じゆうフランスぐん、仏語:Forces Françaises Libres:FFL)は、自由フランスの軍事組織。フランス本土陥落後ドイツ軍に対して抵抗を続けた。.

新しい!!: 第二次世界大戦と自由フランス軍 · 続きを見る »

自由インド仮政府

自由インド仮政府(じゆうインドかりせいふ、आर्ज़ी हुक़ूमत-ए-आज़ाद हिन्द、 عارضی حکومت‌ِ آزاد ہند.、英語: Azad Hind)は、イギリス領インド帝国としてイギリスの植民地支配下にあったインドの即時独立をめざし、東南アジアのシンガポールにおいて樹立された暫定政権。.

新しい!!: 第二次世界大戦と自由インド仮政府 · 続きを見る »

自由都市ダンツィヒ

自由都市ダンツィヒ(じゆうとしダンツィヒ、Freie Stadt Danzig、Wolne Miasto Gdańsk)は、現在のグダニスク(ドイツ名ダンツィヒ)に、ポーランド(およびプロイセン連合)時代、ナポレオン時代、両大戦間期の3度にわたり存在した都市国家である。ダンツィヒ自由都市やダンツィヒ自由市とも表記される。 自由都市ダンツィヒとその周辺の街や村の主な居住者は、ドイツ民族であった。.

新しい!!: 第二次世界大戦と自由都市ダンツィヒ · 続きを見る »

自衛隊

自衛隊(じえいたい)は日本における実力組織である。1954年(昭和29年)7月1日設立。英称 Japan Self-Defense Forces、略称 JSDF。.

新しい!!: 第二次世界大戦と自衛隊 · 続きを見る »

金解禁

金解禁(きんかいきん)あるいは金輸出解禁(きんゆしゅつかいきん)とは、金の輸出許可制を廃止して金本位制に復帰すること。イングランド銀行は1823年に全解禁していたところ、2年後の恐慌で金を流出させた。 日本においては、1930年(昭和5年)に濱口内閣によって行われた金解禁を指す。翌年、犬養内閣が金輸出(再)禁止に及ぶ。金解禁は再禁止に至る一連の経済政策をまとめて指すこともある。この国では新貨条例制定前から、伊藤博文や吉田清成といった金本位制を主張する勢力がくすぶっていた。当時のお雇い外国人や今日の研究は、世界的潮流であった銀本位制の方がイギリスほど豊かでなかった国情に相応しかったと考えている。 本項においては金解禁停止(金輸出禁止)のきっかけとなったドル買事件についても併せて解説する。.

新しい!!: 第二次世界大戦と金解禁 · 続きを見る »

長崎市

佐山から望む長崎市街地。長崎市の夜景は世界新三大夜景・日本三大夜景にも数えられている。 長崎市(ながさきし)は、九州の北西部に位置する都市で、長崎県の県庁所在地である。国から中核市に指定されている。 古くから、外国への玄関口として発展してきた港湾都市である。江戸時代は国内唯一の貿易港出島を持ち、ヨーロッパ(主にオランダ)から多くの文化が入ってきた。外国からの文化流入の影響や、坂の多い街並みなどから、日本国内の他都市とは違った景観を保持している。 人口は長崎県で最大である。市域面積の13.1%である市街地に人口の約78%が住み、市街地の人口密度は7,900人/km2となっている。人口密度が高いため山間部にも建物が密集する。.

新しい!!: 第二次世界大戦と長崎市 · 続きを見る »

長崎市への原子爆弾投下

*.

新しい!!: 第二次世界大戦と長崎市への原子爆弾投下 · 続きを見る »

配給 (物資)

配給(はいきゅう)とは、国家等の公権力が特定の政策目的のために特定の物資の配分について、その流通や配分方法を規制する構造や制度をいう。.

新しい!!: 第二次世界大戦と配給 (物資) · 続きを見る »

艦砲射撃

艦砲射撃(かんぽうしゃげき)は、軍艦が搭載する大砲(すなわち艦砲)で射撃を実施することである。本来の意味としては、標的が艦船であるか地上目標であるかは問わない。 ただし、昨今では艦砲射撃と言えば軍艦を浮き砲台として使用し、陸上の目標を海上から攻撃するニュアンスを含んでいることが多い。 対地射撃を実施する場合は、上陸前支援や、沿岸部での戦闘における支援射撃に活用される。.

新しい!!: 第二次世界大戦と艦砲射撃 · 続きを見る »

艦載機

ドニー」とスーパーマリンウォーラス(1940年) 艦載機(かんさいき)は、軍艦に搭載され、かつそこから運用可能な航空機のこと。広義には、艦船に搭載される全ての航空機(水上機を含めた飛行機、ヘリコプター)を指す。 大日本帝国海軍では、航空母艦に搭載される航空機を艦上機と呼び、他の艦船(戦艦、巡洋艦、水上機母艦、潜水艦など)に搭載される水上機を艦載機と称していた。ただし厳密な区別がなされていたわけではなく、本来は艦上機とすべきものを艦載機と表現している場合も多かった。.

新しい!!: 第二次世界大戦と艦載機 · 続きを見る »

鉄(てつ、旧字体/繁体字表記:鐵、iron、ferrum)は、原子番号26の元素である。元素記号は Fe。金属元素の1つで、遷移元素である。太陽や他の天体にも豊富に存在し、地球の地殻の約5%を占め、大部分は外核・内核にある。.

新しい!!: 第二次世界大戦と鉄 · 続きを見る »

鉄鉱石

赤鉄鉱 (Fe2O3) 鉄鉱石(てっこうせき)とは、製鉄原料となる鉱石である。.

新しい!!: 第二次世界大戦と鉄鉱石 · 続きを見る »

英印軍

英印軍(えいいんぐん、British Indian Army)、イギリス領インド軍(イギリスりょうインドぐん)は、イギリスによるインド統治時代(イギリス領インド帝国、1857年から1947年)のインド軍(Indian Army)を指す。「英印軍」は俗称であって正式名称は「インド軍」である。.

新しい!!: 第二次世界大戦と英印軍 · 続きを見る »

英国放送協会

ンドンのホワイトシティにある社屋メディア・ヴィレッジ 英国放送協会(えいこくほうそうきょうかい、)は、イギリスのラジオ・テレビを一括運営する公共放送局。.

新しい!!: 第二次世界大戦と英国放送協会 · 続きを見る »

英語

アメリカ英語とイギリス英語は特徴がある 英語(えいご、)は、イ・ヨーロッパ語族のゲルマン語派に属し、イギリス・イングランド地方を発祥とする言語である。.

新しい!!: 第二次世界大戦と英語 · 続きを見る »

英雄

英雄(えいゆう)とは、才知や武勇などがすぐれ、普通の人には出来ないような事柄を成し遂げる人。別称は「ヒーロー」。詳細はヒーローの項を参照のこと。古い歴史と文化を持つ民族では、長い歴史のうちに内外の敵との激しい戦いなどを体験した。その中で卓越した指導力を発揮して強く勇敢に生き抜いた先祖の伝説を吟遊詩人や語り部の力を借りて伝承することで民族意識の高揚と連帯感の維持に努めた。こうした人間主義と現世主義に裏打ちされた英雄伝説は世界的に存在していた(ユダヤのモーゼ、ギリシャのヘクトル・オデュッセウス、インドのラーマ王・ナラ王、北欧のジークフリート・ベオウルフ、日本の神武天皇・日本武尊など)。ロマン主義以後の時期になると、反近代文明・反絶対王政・反民主主義の観点から天才的・自己超越的な指導者を待望する考えが高まった。ニーチェが考えた超人もその具体的な像の1つである。合理的・科学的な生活に生きる現代人は、英雄の持つ普遍性や理念性を見失って、具体的な政治指導者や著名人を英雄として扱う風潮が強い。エーリヒ・フロムはこれを「ネクロフィラスな集団的ナルティシズム」と評した。--曖昧リスト内の説明としては長すぎるので要約が必要。残す必要な情報があれば「ヒーロー」の記事に移せばよい。-->.

新しい!!: 第二次世界大戦と英雄 · 続きを見る »

鋼鉄協約

鋼鉄協約(こうてつきょうやく、Stahlpakt、Patto d'Acciaio)は、イタリア王国とナチス・ドイツの合意協約。正式名称はドイツ・イタリア間の友情と同盟に関する協約(英:Pact of Friendship and Alliance between Germany and Italy)。1939年5月22日にイタリア外務大臣ガレアッツォ・チャーノとドイツ外務大臣ヨアヒム・フォン・リッベントロップによって調印、署名された。 この協約は二つの部分からなる。一つはイタリア・ドイツ間の継続的な信頼と協力のあからさまな宣言であり、二つ目は「秘密補足議定書」で attributed to Office of United States Chief of Counsel for Prosecution of Axis Criminality, Nazi Conspiracy and Aggression, 8 vols.

新しい!!: 第二次世界大戦と鋼鉄協約 · 続きを見る »

雲龍 (空母)

雲龍(うんりゅう/うんりう)は、大日本帝国海軍の航空母艦。雲龍型航空母艦の1番艦。雲竜の表記も使用された#S1812呉防戦(11)p.19「一八(天候略)一.雲竜d×3関門通過 下関防備部隊出撃掩護対潜哨戒」。.

新しい!!: 第二次世界大戦と雲龍 (空母) · 続きを見る »

零式小型水上機

零式小型水上機(れいしきこがたすいじょうき)は、零式小型水上偵察機とも呼ばれ、十二試潜水艦用偵察機『日本海軍水上偵察機』 (1994)、p.23野原 (2007)、p.110として空技廠が開発し、1940年(昭和15年)12月日本海軍により兵器採用された、潜水艦搭載用の水上機である。略符号はE14Y。連合国コード名は“Glen”(グレン)。アメリカ本土空襲を実行した唯一の機体として有名である。.

新しい!!: 第二次世界大戦と零式小型水上機 · 続きを見る »

電信

印刷式電信受信機と電鍵(右下) 電鍵と音響器 日本陸軍九五式電信機 電信(でんしん)とは、符号の送受信による電気通信である。有線と無線がある。.

新しい!!: 第二次世界大戦と電信 · 続きを見る »

電撃戦

電撃戦(でんげきせん、、 ブリッツクリーク)とは、一般に機甲部隊の高い機動能力を活用した戦闘教義である。.

新しい!!: 第二次世界大戦と電撃戦 · 続きを見る »

集団的自衛権

集団的自衛権(しゅうだんてきじえいけん、、)とは、ある国家が武力攻撃を受けた場合に直接に攻撃を受けていない第三国が協力して共同で防衛を行う国際法上の権利である筒井、176頁。山本、736頁。。その本質は、直接に攻撃を受けている他国を援助し、これと共同で武力攻撃に対処するというところにある。.

新しい!!: 第二次世界大戦と集団的自衛権 · 続きを見る »

通商破壊

通商破壊(つうしょうはかい)とは戦時に、通商物資や人を乗せた商船を攻撃することによって、海運による物資の輸送を妨害すること。主に潜水艦により行なわれたものが有名であるが、航空機や戦艦、武装商船などでも行う。なお、通商破壊に対する護衛・防御のことを通商護衛(つうしょうごえい)と呼び、通商破壊に対抗するために生み出された戦法が護送船団である。.

新しい!!: 第二次世界大戦と通商破壊 · 続きを見る »

連合国 (第二次世界大戦)

ターリン) 第二次世界大戦における連合国(れんごうこく、Allies、United Nations)とは、枢軸国(ドイツ、イタリア、日本など)と敵対した国家連合。一般的に連合国共同宣言に署名した国などが該当する。 第二次世界大戦における連合国は、1939年9月1日、ドイツ国によるポーランド侵攻にはじまる欧州戦線でドイツの陣営と戦った国々と、1941年12月8日の日本によるマレー作戦及び真珠湾攻撃に始まる太平洋戦争(大東亜戦争)において日本の陣営と戦った国々がある。このうちイギリス、アメリカ合衆国、中華民国、オーストラリアを含む大部分の諸国は参戦の時点から終戦までの期間に日独両陣営と戦争状態にあったが、ソビエト連邦が対日戦に参戦したのは1945年8月のことである。 ドイツやその他の枢軸国から攻撃を受けるなどし、領域を喪失した政府が亡命政府となり、戦争に参加している。戦後これらの亡命政府の多くは帰国したが、ソ連の影響力が強い地域の亡命政府は復帰することができない例や、戦後まもなく亡命政府の継承政権が打倒されることもあった。一方でユーゴスラビアのパルチザンなど交戦当時は国家を代表する存在ではなかったが、国家を代表する存在として連合国の政府として承認される事例もあった。 連合国は戦後処理問題などで比較的緊密な連絡を取った。現在の国際連合 (United Nations) は、戦争中の連合国協議によって生まれた国際機関であり、連合国諸国が原加盟国となっている。特に中心となったアメリカ・イギリス・ソビエト連邦・フランス・中華民国は、国際連合憲章によって安全保障理事会における「常任理事国」の地位が与えられ、拒否権などの特権を有するなど、国際社会において強い影響を持つこととなった。.

新しい!!: 第二次世界大戦と連合国 (第二次世界大戦) · 続きを見る »

連合国共同宣言

連合国共同宣言(れんごうこくきょうどうせんげん、Declaration by the United Nations)は、1942年1月1日にアルカディア会談において連合国26カ国(一部は亡命政府)により署名された共同宣言である。第二次世界大戦(「日本国との平和条約」において、ポーランド侵攻のあった1939年が勃発年であると定義されている。日米開戦の1941年ではない)の戦争目的を述べ、各国が持てるすべての物的人的資源を枢軸国に対する戦争遂行に充てること、ドイツ、日本、イタリアと各国が単独で休戦または講和をしないことを明らかにした。この宣言が、その後の国際連合の基礎となった。1945年3月までには署名国は47カ国となった。 「連合国(United Nations、UN)」と言う言葉は、1941年12月にフランクリン・ルーズベルト米国大統領が第二次世界大戦の「連合国(Allies)」に対して使用し、この宣言で一般的に正式な語として使用されるようになった。連合国共同宣言の4大国は第二次世界大戦を完遂した国である。.

新しい!!: 第二次世界大戦と連合国共同宣言 · 続きを見る »

連合国軍最高司令官総司令部

連合国軍最高司令官総司令部(れんごうこくぐんさいこうしれいかんそうしれいぶ)とは、第二次世界大戦終結に伴うポツダム宣言を執行するために日本で占領政策を実施した連合国軍機関である。連合国軍最高司令部、連合国最高司令官総司令部とも。職員はアメリカ合衆国軍人とアメリカの民間人が多数で、他にイギリス軍人やオーストラリア軍人らで構成されていた。 極東委員会の下に位置し、最高責任者は連合国軍最高司令官(連合国最高司令官 Supreme Commander for the Allied Powers; SCAP)。日本では、総司令部 (General Headquarters) の頭字語であるGHQや進駐軍という通称が用いられた。支配ではなくポツダム宣言の執行が本来の役目である。結果として、連合国軍占領下の日本は対外関係を一切遼断され、日本と外国との間の人・物資・資本の移動はSCAP の許可によってのみ行われた。.

新しい!!: 第二次世界大戦と連合国軍最高司令官総司令部 · 続きを見る »

連合艦隊司令長官

連合艦隊司令長官(れんごうかんたいしれいちょうかん、旧字表記:聯合艦隊司令長官、英語名:Commander-in-Chief of the Combined Fleet)は、日本海軍の外戦部隊である連合艦隊の指揮官。略称はGF長官。.

新しい!!: 第二次世界大戦と連合艦隊司令長官 · 続きを見る »

進駐

進駐(しんちゅう)とは、軍隊などを駐在させるために前進することである。.

新しい!!: 第二次世界大戦と進駐 · 続きを見る »

虐待

虐待(ぎゃくたい、英:abuse, maltreatment)とは、むごい扱いをすること。繰り返しあるいは習慣的に、暴力をふるったり、冷酷・冷淡な接し方をすること。 具体的な内容は様々で、肉体的暴力をふるったり、言葉による暴力をふるったり(暴言を浴びせたり、侮辱したり)、いやがらせをしたり、無視をする、等々の行為を繰り返し行うことを言う。 虐待は、その対象も行為主も様々である。例えば家庭では、妻が夫を虐待したり、夫が妻を虐待したり、母親が子を虐待したり父親が子を虐待したり、夫婦で子を虐待したり、成人している子が高齢者となった親を虐待する、などということが起きていることがある。職場では雇用主(経営者)が従業員を、また先輩格の従業員が後輩格の従業員を虐待することがある。刑務所では看守が囚人を虐待することが頻発している。警官が被疑者に対して、「取り調べ」と称して虐待を行うこともある。また戦時には、(たとえ戦争捕虜であっても虐待してはならないことが国際法で定められているにもかかわらず)捕虜を虐待するなどということもしばしば起きている。また、近年ではアメリカ合衆国が、非戦闘員の多くのイスラム教徒をあえて意図的にアメリカ国境外のアブグレイブ収容所に収容することで国内法の適用を免れ、かなり組織的に虐待を行っていたこと(アブグレイブ刑務所における捕虜虐待)も明らかになっている。 行為者は、虐待しているという自覚があることもありはするが、自覚が無いことも多い。例えば、虐待を行っている親(母親あるいは父親)には自覚が無いことも多く、勝手に、「躾(しつけ)をしている」と思っていること(勘違いしていること)もしばしばである。また、妻が夫に対して繰り返し言葉による酷い虐待(侮辱、暴言)を行っている場合でも、妻はそれを自覚していないことも多い(身勝手に、自分の側の言葉による虐待は虐待ではないと勝手に見なし、肉体的な虐待だけが虐待だと考えている場合も多い)。 英語の"abuse"は基本的に日本語で言えば「濫用」(不適切な使用)という意味だが、(立場を悪用するなどして)他者に冷酷・残酷な行為を行ったり態度をとることを婉曲的に指し示すためにも用いられるようになった。日本語に翻訳する時、「虐待」(や「酷使」)を使う事にした。 虐待を長期間受けると、虐待を受けた人の脳が萎縮し取り返しのつかないことが起きる。具体的には、東京福祉専門学校講師石坂わたるによると、落ち着きのなさ、多動、衝動が抑えられないなど、発達障碍児と極めて似た症状や問題行動に苦しむ子どももいる。 虐待を受けているかもしれないと感じた子ども・虐待をしてしまっているかもしれないと感じた親・虐待の可能性のある言動を見聞きした人々は、子どもと親への相談援助活動・子どもの一時保護などを行っている相談機関である児童相談所(各地域の児童相談所電話番号一覧:http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/dv30/zisouichiran.htmlもしくは児童相談所全国共通ダイヤル:189, いちはやく)に、速やかに連絡する必要がある。.

新しい!!: 第二次世界大戦と虐待 · 続きを見る »

陸軍三長官

軍三長官(りくぐんさんちょうかん)とは日本陸軍最高幹部の三つの役職のこと。.

新しい!!: 第二次世界大戦と陸軍三長官 · 続きを見る »

陸軍悪玉論

軍悪玉論(りくぐんあくだまろん)とは、大日本帝国陸軍に第二次世界大戦にかけての日本の軍国主義化、日中戦争(支那事変)の拡大、国際政治における孤立、および太平洋戦争(大東亜戦争)の開戦と敗戦の全責任があるという主張。これに関連して大日本帝国海軍が歯止めとなり、太平洋戦争開戦についても消極的であったとする見方の海軍善玉論(かいぐんぜんだまろん)も主張される。 しかしながら歴史研究や理解の進んだ現在においては、陸軍の再評価ならびに海軍善玉論の見直しがされていることもあり、陸軍悪玉論・海軍善玉論は一方的に偏った不正確な主張として傍流となっている。.

新しい!!: 第二次世界大戦と陸軍悪玉論 · 続きを見る »

FS作戦

FS作戦(FSさくせん)は、第二次世界大戦中に計画された日本の作戦である。米豪分断のためにフィジー・サモア方面に進攻を計画したが、MI作戦で空母4隻を失った影響で中止された。.

新しい!!: 第二次世界大戦とFS作戦 · 続きを見る »

GTL

GTL(;ジーティーエル)とは、天然ガスを一酸化炭素と水素に分解後、分子構造を組み替えて液体燃料などを作る技術である。.

新しい!!: 第二次世界大戦とGTL · 続きを見る »

Guardian

Guardian(ガーディアン)は、タンデムコンピューターズ社で最初に開発され、買収によりコンパック、更に買収により現在はヒューレット・パッカードが製造販売する無停止コンピュータであるHP Integrity NonStopの、オペレーティングシステムである。 現在はIA-64のItanium 2に移植されている。.

新しい!!: 第二次世界大戦とGuardian · 続きを見る »

H部隊

H部隊(Hぶたい 英:Force H)は、イギリス海軍が第二次世界大戦中に編成した任務部隊の一つ。ただし、H部隊それ自体が「任務部隊(Task Force)」と呼称されていたわけではない。1940年にイタリアが枢軸国側として参戦し、地中海の中央部を抑えられてしまった事により、地中海西部の海軍力の空白を埋める為に編成された。地中海艦隊の主力はエジプトのアレクサンドリアにあり、終戦まで地中海東部の制海権を確保している。イタリアの降伏まで地中海西部をH部隊が、東部を地中海艦隊が活動する事になる。 H部隊はイギリス海軍の指揮系統において一風変わった位置にあった。通常のイギリス海軍部隊のあり方から考えると、ジブラルタルを基地とするH部隊は、その地域を管轄するジブラルタルの司令(北大西洋戦域司令官、Flag Officer North Atlantic)を間に挟んで、第一海軍卿の指揮下におかれることとなる。しかし実際のところH部隊は間に誰も通さず、第一海軍卿の直接指揮下におかれていた。.

新しい!!: 第二次世界大戦とH部隊 · 続きを見る »

Ju 87 (航空機)

ユンカース Ju 87 シュトゥーカ(Junkers Ju 87)は、ドイツにおいて第二次世界大戦中に使用された急降下爆撃機である。愛称の「シュトゥーカ」(Stuka)とは、急降下爆撃機を意味する「sturzkampfflugzeug」(シュトゥルツカンプフルクツォイク)の略で、本機が急降下爆撃機の代表として扱われたため、この名が用いられるようになった。日本語では「スツーカ」「ストゥーカ(ステューカ)」とも表記されている。 第二次世界大戦以前の1935年秋に初飛行を行っているにもかかわらず、後継機に恵まれなかったこともあって大幅なバージョンアップも無く終戦まで使用され続けた機体である。.

新しい!!: 第二次世界大戦とJu 87 (航空機) · 続きを見る »

Ju 88 (航空機)

Ju 88 は、第二次世界大戦前にドイツの航空機メーカー、ユンカース社によって製造され、第二次世界大戦終了までドイツ空軍で運用された中型双発爆撃機。ナチス・ドイツの主力爆撃機の地位を占めた他、夜間戦闘機や偵察機としても活躍した。.

新しい!!: 第二次世界大戦とJu 88 (航空機) · 続きを見る »

KV-1

KV-1(КВ-1、カーヴェー・アヂーン)は、ソ連軍の重戦車である。 当時のソ連国防相であるクリメント・ヴォロシーロフ(Климент Ворошилов)の名を冠したもので、略称はКВ。英語ではKV、ドイツ語ではKWと表記される。.

新しい!!: 第二次世界大戦とKV-1 · 続きを見る »

M4中戦車

M4中戦車(M4ちゅうせんしゃ、Medium Tank M4)は、第二次世界大戦時にアメリカ合衆国で開発・製造された中戦車(30トン級)で、通称はシャーマン (Sherman)。.

新しい!!: 第二次世界大戦とM4中戦車 · 続きを見る »

MLBオールスターゲーム

MLBオールスターゲーム(MLB All-Star Game)とは、メジャーリーグベースボール(MLB)を構成する2リーグ(ナショナルリーグとアメリカンリーグ)の選抜チーム同士による対抗試合である。毎年7月に行われ、ファンによる投票や監督推薦などで選抜された選手が一晩限りのドリームチームを結成する。ミッドサマー・クラシック(Midsummer Classic、“真夏の祭典”)とも呼ばれる。.

新しい!!: 第二次世界大戦とMLBオールスターゲーム · 続きを見る »

NHKワールド

NHKワールド(えぬえいちけいワールド、NHK WORLD)とは、日本放送協会(NHK)の行う国際放送、協会国際衛星放送及び外国向け番組配信の総称である。.

新しい!!: 第二次世界大戦とNHKワールド · 続きを見る »

P-38 (航空機)

P-38 ライトニング(P-38 Lightning)は、ロッキードが開発し、1939年にアメリカ陸軍に制式採用された双胴(正確には三胴)、双発、単座の高速戦闘機。 愛称である「ライトニング(Lightning)」は「稲妻」の意味。ただし、これはアメリカではなく、イギリス空軍が採用した際の機体名として「ライトニング I」と命名された物の逆輸入である。日本軍側では「メザシ」や、戦争初期には低高度性能が低く格闘戦に持ち込みやすかった頃に「容易に撃墜できる.

新しい!!: 第二次世界大戦とP-38 (航空機) · 続きを見る »

P-51 (航空機)

P-51 マスタング(North American P-51 Mustang)は、アメリカのノースアメリカンにより製造されたレシプロ単発単座戦闘機である。 第二次世界大戦では長い航続距離、安定した高高度性能、十分な運動性と格闘能力により、爆撃機の護衛や対地攻撃で活躍し、第二次大戦中の傑作機だけでなく史上最高のレシプロ戦闘機とも評される。 愛称の『マスタング(Mustang)』はスペイン人によって北アメリカ大陸に持ち込まれたが、野生化した小型の馬に由来する。日本語ではムスタングの表記もあるが本項ではマスタングに統一する。.

新しい!!: 第二次世界大戦とP-51 (航空機) · 続きを見る »

T-34

T-34( )は、第二次世界大戦から冷戦時代にかけてソビエト連邦を中心に使用された中戦車である。.

新しい!!: 第二次世界大戦とT-34 · 続きを見る »

Uボート

Uボート(、)は、ドイツ海軍の保有する潜水艦の総称。一般的には特に第一次世界大戦から第二次世界大戦の時期のものをいう。 ドイツ潜水艦隊の華々しい活躍により、Uボートの名はドイツ潜水艦の代名詞として広く普及した。第一次大戦では、約300隻が建造され、商船約5,300隻を撃沈する戦果を上げた。第二次大戦では、1,131隻が建造され、終戦までに商船約3,000隻、空母2隻、戦艦2隻を撃沈する戦果をあげ、引き換えに849隻のUボートの損失を出した。 後に連合国が有効な対策を編み出した事もあり、全ドイツ軍の他のあらゆる部隊よりも高い死亡率であった「ナチス潜水艦U745の謎」ナショナルジオグラフィックチャンネル。 U9(1914年).

新しい!!: 第二次世界大戦とUボート · 続きを見る »

V1

V1(ヴィーワン、ブイワン).

新しい!!: 第二次世界大戦とV1 · 続きを見る »

V1飛行爆弾

V-1(ブイワン、ドイツ語でファオ-アインス)は、第二次世界大戦時にドイツ空軍が開発したミサイル兵器である。パルスジェットエンジンを搭載した、現在の巡航ミサイルの始祖とも言える兵器である。宣伝相ヨーゼフ・ゲッベルスはこれを「報復兵器第1号(Vergeltungswaffe 1)」と命名して対英報復を煽った。V-1 とは上記の略号で、正式名称はフィーゼラー Fi 103である。.

新しい!!: 第二次世界大戦とV1飛行爆弾 · 続きを見る »

V2ロケット

V2ロケットは、第二次世界大戦中にドイツが開発した世界初の軍事用液体燃料ミサイルであり、弾道ミサイルである。宣伝大臣ヨーゼフ・ゲッベルスが命名した報復兵器第2号(Vergeltungswaffe 2)を指す。この兵器は大戦末期、主にイギリスとベルギーの目標に対し発射された(→発射映像)。以前より開発されていたアグリガット(Aggregat)シリーズのA4ロケットを転用・実用兵器化したものである。後にアメリカ合衆国でアポロ計画を主導したヴェルナー・フォン・ブラウンが計画に参加し設計を行ったことで知られる。.

新しい!!: 第二次世界大戦とV2ロケット · 続きを見る »

択捉島

択捉島(えとろふとう、)は、千島列島南部に位置する島。日本では固有の領土であるとしているが、現在はロシア連邦が実効支配している。 地名の由来は、アイヌ語の「エトゥ・ヲロ・プ(岬の・ある・所)」から。ロシア名はイトゥルップ島(ロシア語: Итуруп)。.

新しい!!: 第二次世界大戦と択捉島 · 続きを見る »

暗号解読

暗号解読(あんごうかいどく、Cryptanalysis)とは、暗号を解読すること、あるいは解読法に関する研究を指す。 暗号の解読とは、暗号文を作成するのに用いた秘密情報(秘密の表記法や秘密の鍵など)にアクセスすることなく、暗号文を平文に戻すことである。これに対して、秘密情報を用いて暗号文を平文に戻すことは復号といい、解読と復号は区別することが多い。但し英語の"decryption"は両者の意味を持ち区別されない(以下、秘密情報のことを"鍵"と記す)。 他人に知られたくない情報を秘匿する手段として暗号が生まれるのと同時に、秘密を暴くための暗号解読も生まれたと考えられる。 研究としての暗号解読には、暗号 (Cipher) の解読だけではなく、デジタル署名の偽造、ハッシュ関数のコリジョン探索、あるいは暗号プロトコルの解読なども含まれる。.

新しい!!: 第二次世界大戦と暗号解読 · 続きを見る »

柳条湖事件

事件直後の柳条湖の爆破現場 柳条湖事件(りゅうじょうこじけん、柳条湖事件)は、関東軍の謀略によって起こった、満州事変の発端となる鉄道爆破事件森(1993)pp.20-23。 1931年(昭和6年、民国20年)9月18日、満州(現在の中国東北部)の奉天(現在の瀋陽市)近郊の柳条湖(りゅうじょうこ)付近で、日本の所有する南満州鉄道(満鉄)の線路が爆破された事件である川田(2010)pp.16-19。関東軍はこれを中国軍による犯行と発表することで、満州における軍事展開およびその占領の口実として利用した。 事件名は発生地の「柳条湖」に由来するが、長いあいだ「柳条溝事件」(りゅうじょうこうじけん、Liutiaogou Incident)とも称されてきた(詳細は「事件名称について」節を参照)。なお、発生段階の事件名称としては「柳条湖(溝)事件」のほか「奉天事件」「9・18事件」があるが、その後の展開も含めた戦争全体の名称としては「満州事変」が広く用いられている山田(2010)pp.1-36満州事変は、「中国東北戦争」などの表記が用いられることもある。満州事変はまた、中国では一般に「九一八事変」と呼称される。森(1993)pp.18-20 および 『1億人の昭和史1』(1975)p.38。.

新しい!!: 第二次世界大戦と柳条湖事件 · 続きを見る »

枢軸国

水色が枢軸国の最大勢力範囲、緑色が連合国、黄色が中立国。 枢軸国(すうじくこく、Achsenmächte、Potenze dell'Asse、Axis powers)とは、第二次世界大戦時に連合国と戦った諸国を指す言葉。ドイツ、大日本帝国、イタリア、フィンランド、ハンガリー、ルーマニア、ブルガリア、タイなどソビエトを脅威と捉えていた反共主義・ファシズム国家が多く、連合国が承認していない国家としては、フィリピン第二共和国、ビルマ国、スロバキア共和国、クロアチア独立国、満洲国、中華民国南京政府などがある。.

新しい!!: 第二次世界大戦と枢軸国 · 続きを見る »

恐怖政治

恐怖政治(きょうふせいじ)とは、.

新しい!!: 第二次世界大戦と恐怖政治 · 続きを見る »

捕虜

捕虜(ほりょ, Prisoner of war, POW)とは、武力紛争(戦争、内戦等)において敵の権力内に陥った者をさす。近代以前では、民間人を捕らえた場合でも捕虜と呼んだが、現在では捕虜待遇を与えられるための資格要件は戦時国際法により「紛争当事国の軍隊の構成員及びその軍隊の一部をなす民兵隊又は義勇隊の構成員」等定められている捕虜の定義は、1907年のハーグ陸戦条約附属規則では第1条〜第3条、1929年の俘虜の待遇に関する条約では第1条、1949年のジュネーヴ第3条約では第4条にある。。 第二次世界大戦以前の日本においては、公式には俘虜(ふりょ)と呼ばれた例:ハーグ陸戦条約(陸戦ノ法規慣例ニ関スル条約)では、prisonniers de guerre(フランス語)の訳語に「俘虜」を用いている。。 なお、古代中国においては、中国に攻め込んできた野蛮人(虜)を捕らえる事を捕虜と称した(例:「捕虜将軍」)。.

新しい!!: 第二次世界大戦と捕虜 · 続きを見る »

李登輝

李 登輝(り とうき、1923年(大正12年)1月15日 - )は、中華民国の政治家・農業経済学者。元・中華民国総統(1988年 - 2000年)。コーネル大学農業経済学博士、拓殖大学名誉博士。信仰する宗教はプロテスタント・長老派。日本統治時代に使用していた名は岩里 政男(いわさと まさお)。 蒋経国の死後、その後継者として中華民国の歴史上初めての民選総統となった。中華民国総統、中国国民党主席に就任し、中華民国の本土化を推進した。中華民国が掲げ続けてきた「反攻大陸」のスローガンを下ろし、中華人民共和国が中国大陸を有効に支配していることを認めると同時に、台湾・澎湖・金門・馬祖には中華民国という別の国家が存在するという「中華民国在台湾」を主張、その後さらにこの国のことを「中華民国台湾」と呼ぶようになった。北京政府との内戦状態の一方的終結宣言は、内戦を理由に存在し続けてきた治安法「動員戡乱時条款」を廃止させ、政治の民主化を推進させた。 総統職と国民党主席を退任した後は、「台湾」と名前の付いた初めての政党台湾団結連盟を自ら中心となって結成し、台湾独立運動・泛緑連盟に影響を与え続けている。.

新しい!!: 第二次世界大戦と李登輝 · 続きを見る »

来栖三郎 (外交官)

来栖 三郎(くるす さぶろう、1886年3月6日 - 1954年4月7日)は、日本の外交官。駐ドイツ特命全権大使としてベルリンで日独伊三国軍事同盟に調印。その後、特命全権大使としてアメリカ合衆国に派遣され、太平洋戦争直前の日米交渉にあたる。戦後GHQにより公職追放された。.

新しい!!: 第二次世界大戦と来栖三郎 (外交官) · 続きを見る »

東南アジア

東南アジア(とうなんアジア)は、中国より南、インドより東のアジア地域を指す。インドシナ半島、マレー半島、インドネシア諸島、フィリピン諸島などを含む。主に、大陸部東南アジアと島嶼部東南アジアに分けられる。 '''東南アジア''' 東南アジアの地図 東南アジアの範域.

新しい!!: 第二次世界大戦と東南アジア · 続きを見る »

東京大空襲

航空写真 両国)付近で撮影されたもの。右側にある川は隅田川、手前の丸い屋根の建物は両国国技館。 B-29爆撃機 イズリー飛行場(1945年) 広尾上空と推定される。なお、北方向は写真左側となる。撮影当時、現地を南南西の風が吹いていたことがこの写真から見て取れる。 東京大空襲(とうきょうだいくうしゅう)は、第二次世界大戦末期にアメリカ軍により行われた、東京に対する焼夷弾を用いた大規模な戦略爆撃の総称。日本各地に対する日本本土空襲、アメリカ軍による広島・長崎に対する原爆投下、沖縄戦と並んで、都市部を標的とした無差別爆撃によって民間人に大きな被害を与えた。 早乙女勝元によれば、空襲としては史上最大規模の大量虐殺とされる。 東京は1944年(昭和19年)11月24日以降、106回の空襲を受けたが、特に1945年(昭和20年)3月10日、4月13日、4月15日、5月24日未明、5月25日-26日の5回は大規模だった。その中でも「東京大空襲」と言った場合、死者数が10万人以上の1945年3月10日の空襲(下町空襲)を指すことが多い内藤光博「空襲被災と憲法的補償―東京大空襲訴訟における被災者救済の憲法論―」専修法学論集 (106), 1-51, 2009-07。この3月10日の空襲だけで罹災者は100万人を超えた。.

新しい!!: 第二次世界大戦と東京大空襲 · 続きを見る »

東京都区部

東京都区部(とうきょうとくぶ)は、東京都の23の特別区から構成される地域。三権の最高機関である行政府・立法府・司法府の中枢機能は千代田区に、23特別区を多摩地域・島嶼部と合わせて統括する都庁は新宿区に置かれている。また、都民生活の実質的な中心は足立区にある。日本最大の都市。東京都区部を中心とした東京大都市圏は3700万人以上を有する世界最大の都市圏である。 1943年(昭和18年)6月までは市制を敷き東京府にある東京市であったが、同府・市が都制に移行したことで東京市とはいえなくなり、主にこのように呼称されることとなった。東京23区または東京特別区とも呼ばれる。.

新しい!!: 第二次世界大戦と東京都区部 · 続きを見る »

東京条約

東京条約(とうきょうじょうやく)はタイ王国とフランス(ヴィシー政権)の間で勃発したタイ・フランス領インドシナ紛争の結果、日本の仲介により東京において1941年5月9日に締結された条約。.

新しい!!: 第二次世界大戦と東京条約 · 続きを見る »

東京湾

東京湾の衛星画像(2005年)人工衛星「ランドサット」による。 東京湾(とうきょうわん)は、日本の関東地方にある、太平洋に開けた湾である。南に向けて開いた湾であり、浦賀水道が湾口となっている。 現代の行政上、広義では、千葉県館山市の洲埼灯台から神奈川県三浦市の剣埼灯台まで引いた線および陸岸によって囲まれた海域を指す 。.

新しい!!: 第二次世界大戦と東京湾 · 続きを見る »

東北地方

東北地方(とうほくちほう)は、日本の地域のひとつであり、本州東北部に位置している。「奥羽地方(おううちほう)」ともいう。 その範囲に法律上の明確な定義はないものの「そもそも『〜地方』といわれる範囲に、法律上の明確な定義はない(総務省)」 首都圏と関東地方・山梨県を含むか含まないか 『日本経済新聞』 平成24年6月16日S3面、一般には青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県の6県を指す『日本地名大百科』、小学館、1996年、pp.776-777 ISBN 4-09-523101-7。これら6県は、本州の約3割の面積を占める。東北地方は東日本に位置するが、気象や歴史地理学などでは北海道と一緒に北日本とされる。.

新しい!!: 第二次世界大戦と東北地方 · 続きを見る »

東ヨーロッパ

中東 東ヨーロッパ(ひがしヨーロッパ)は、東欧ともいい、ヨーロッパ東部の地域を指す。時代によって「東欧」の概念は大きく変わる。広義には、かつてのヨーロッパのソ連型社会主義圏を指して「東欧」と呼んでいたが、狭義にはロシア(のウラル山脈以西)・ウクライナ・ベラルーシの三国を指す。以下は「東欧」という概念の大まかな変遷を説明する。.

新しい!!: 第二次世界大戦と東ヨーロッパ · 続きを見る »

東プロイセン

14世紀の東プロイセン 東プロイセン(ひがしプロイセン、;; )は、ヨーロッパのバルト海の南岸にある地域の歴史的な地名。ワイクセル川(ヴィスワ川)とメーメル川(ネマン川)に挟まれている。東プロシア、あるいはオストプロイセンとしても知られている。首都は、ケーニヒスベルク 。東プロイセンは、バルト民族のプルーセン人が住み、13世紀に十字軍運動によりドイツ騎士団がプロイセンを征服し、ドイツ騎士団国となった。1871年、東プロイセンはドイツ帝国の主要都市となる。 1772年、ポーランド・リトアニア共和国の分割で殆どの西部地方を失った、第二次世界大戦まではドイツのプロイセン州北東端の地域であった木村靖二「東プロイセン」世界民族問題事典、平凡社、2002。 現在のポーランド、ロシア、リトアニア。.

新しい!!: 第二次世界大戦と東プロイセン · 続きを見る »

東ティモール

東ティモール民主共和国(ひがしティモールみんしゅきょうわこく)、通称東ティモールは、アジア(東南アジア)地域に位置する共和制国家。1999年8月30日に国連の主導で独立についての住民投票を実施。 インドネシアの占領から2002年5月20日独立した(国際法上はポルトガルより独立)。21世紀最初の独立国である。ポルトガル語諸国共同体加盟国。 島国であり、小スンダ列島にあるティモール島の東半分とアタウロ島、ジャコ島、飛地オエクシで構成されている。南方には、ティモール海を挟んでオーストラリアがあり、それ以外はインドネシア領東ヌサ・トゥンガラ州(西ティモールを含む)である。.

新しい!!: 第二次世界大戦と東ティモール · 続きを見る »

東アジア

東アジア(ひがしアジア)は、ユーラシア大陸の東部にあたるアジア地域の一部を指す地理学的な名称である。北西からモンゴル高原、中国大陸、朝鮮半島、台湾列島、琉球諸島、日本列島などを含む。北東アジア(東北アジア)、極東、東亜などと呼ぶ場合もある。.

新しい!!: 第二次世界大戦と東アジア · 続きを見る »

東條内閣

記載なし。

新しい!!: 第二次世界大戦と東條内閣 · 続きを見る »

東條英機

東條 英機(とうじょう ひでき、1884年(明治17年)7月30日(戸籍上は12月30日) - 1948年(昭和23年)12月23日)は、日本の陸軍軍人、政治家。階級位階勲等功級は陸軍大将従二位勲一等功二級。現在の百科事典や教科書等では新字体で東条 英機と表記されることが多い現在の百科事典、辞典類、学術誌、研究書、文部科学省検定教科書 等における歴史人物名としての表記は「東条英機」。存命当時の『職員録』など印刷物における表記は「東條英機」、御署名原本における大臣副書は「東條英機」であった。。軍人として陸軍次官、陸軍航空総監、陸軍大臣、参謀総長、政治家として内閣総理大臣(第40代)、内務大臣、外務大臣、文部大臣、商工大臣、軍需大臣を歴任した。.

新しい!!: 第二次世界大戦と東條英機 · 続きを見る »

東洋艦隊 (イギリス)

東洋艦隊(とうようかんたい、Eastern Fleet)、別名東インド艦隊 (ひがしインドかんたい、East Indies Fleet)または極東艦隊(きょくとうかんたい、Far East Fleet)は、1941年から1971年まで存在した、イギリス海軍の艦隊である。 1904年、第一海軍卿サー・ジョン・フィッシャーは、戦時には極東に3つの主力部隊(東インド戦隊(East Indies Squadron)、中国戦隊(China Squadron)、オーストラリア戦隊(Australian Squadron))を置き、シンガポールに拠点を置く東洋艦隊がそれを統括すべきであるとした。指揮は中国戦域の司令長官が行うことになっていた。しかし第一次世界大戦の間は各戦隊は別個に命令を受けて行動しており、「東洋艦隊」はその総称として存在しただけだった。この3戦隊による構成は、第二次世界大戦で大日本帝国との戦いが始まるまで継続した。東洋艦隊は1941年12月8日、東インド戦隊と中国戦隊を合体させる形で正式に発足した。 戦争中、東洋艦隊はオランダ海軍、オーストラリア海軍、ニュージーランド海軍やアメリカ海軍などの他の海軍からも、多くの船と人員を編入した。1944年から1945年にかけてイギリス太平洋艦隊が編成されたために、東洋艦隊は戦争の終結まで東インド艦隊と称した。戦後は極東艦隊と改称し、太平洋海域を含む極東全域にわたって行動した。.

新しい!!: 第二次世界大戦と東洋艦隊 (イギリス) · 続きを見る »

松岡洋右

松岡 洋右(まつおか ようすけ、1880年(明治13年)3月4日 - 1946年(昭和21年)6月27日)は、日本の外交官、政治家。アメリカへの留学経験があり、満州国では満鉄総裁として弐キ参スケの一人に数えられた。日本の国際連盟脱退、日独伊三国同盟の締結、日ソ中立条約の締結など第二次世界大戦前夜の日本外交の重要な局面に、代表的な外交官ないしは外務大臣として関与。敗戦後、極東国際軍事裁判の公判中に病死した。外交官同士のジョセフ・グルーと親交があり、岸信介、佐藤栄作は血縁のない甥にあたる。.

新しい!!: 第二次世界大戦と松岡洋右 · 続きを見る »

村嶋英治

村嶋 英治(むらしま えいじ、1951年5月3日 - )は、東南アジア大陸部地域研究者。福岡県篠栗町出身。専門分野は19世紀半ばから100年間ほどのタイ。早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授。.

新しい!!: 第二次世界大戦と村嶋英治 · 続きを見る »

核兵器

核兵器(かくへいき、nuclear weapon)は、核分裂の連鎖反応、または核融合反応で放出される膨大なエネルギーを利用して、爆風、熱放射や放射線効果などの作用を破壊に用いる兵器の総称。原子爆弾、水素爆弾、中性子爆弾等の核爆弾(核弾頭)とそれを運搬する運搬兵器で構成されている。 核兵器は生物兵器、化学兵器と合わせてNBC兵器(又はABC兵器)と呼ばれる大量破壊兵器である。一部放射能兵器も含めて核兵器と称する場合があるが、厳密には放射能兵器を核兵器に分類するのは誤りである。 核兵器は、人類が開発した最も強力な兵器の一つであり、その爆発は一発で都市を壊滅させる事も可能である。そのような威力ゆえに、20世紀後半に配備数が増えるにつれ核戦争の脅威が想定されるようになり、単なる兵器としてだけではなく、国家の命運、人類の存亡にも影響するものとして、開発・配備への動きのみならず、規制・廃棄の動きなど様々な議論の対象となってきた。また、実戦使用されたのがアメリカ合衆国による、第二次世界大戦における二発(広島・長崎)のみであり、使用ではなく、主に配備による抑止力として、その意義が評価されている側面を持つ。 核兵器は核分裂を主とする原子爆弾と核融合を主とする水素爆弾の大きく二つに分類される。原子爆弾は大威力化に限界があり、水素爆弾の方が最大威力は大きくすることができる。また、兵器の形態としても、開発当初は大型航空爆弾のみであったが、プルトニウム型の場合高度な製造技術を必要とする反面、小型化が可能でありミサイルや魚雷の弾頭、砲弾までも様々なものが開発されている。.

新しい!!: 第二次世界大戦と核兵器 · 続きを見る »

梅津美治郎

梅津 美治郎(うめづ よしじろう大尉時代に「はるじろう」から読み方を変更。  、1882年(明治15年)1月4日 - 1949年(昭和24年)1月8日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍大将。 極東国際軍事裁判(東京裁判)で終身刑の判決を受け、服役中に獄中死。1978年(昭和53年)に靖国神社に合祀される。.

新しい!!: 第二次世界大戦と梅津美治郎 · 続きを見る »

植民地

植民地(しょくみんち、殖民地とも)とは、国外に移住者が移り住み、当事国政府の支配下にある領土のことで統治領(とうちりょう)とも呼ばれる。 古代史にはフェニキアや古代ギリシアにも見られるが多くは植民元との関係は維持しつつ独立した体制となっており、侵略によって獲得した海外領土の類型は古代ローマに見られる。近年はヴェネチアなどが行った東地中海における植民地経営をそれ以降の植民地支配と連続した流れと考える向きもある。 以下では16世紀に始まるいわゆる「大航海時代」以降ヨーロッパ各国が侵略によって獲得した海外領土を主として扱う。近現代においては、本国政府の憲法や諸法令が原則として施行されず、本国と異なる法的地位にあり、本国に従属する領土を植民地という。 また、植民地に対して従属させて、それらを所有している本国のことは「宗主国」と呼ばれる。.

新しい!!: 第二次世界大戦と植民地 · 続きを見る »

植民地主義

植民地主義(しょくみんちしゅぎ)とは、国家主権を国境外の領域や人々に対して拡大する政策活動と、それを正当化して推し進める思考を指す。 政策活動に際しては、資源、労働力、そして市場を経済的に支配することが原動力となる。さらに、植民地主義を正当化するのは、植民者が被植民者より優れており、また、植民地支配はその近代化に必須の経済基盤・政治基盤を発展させることに繋がるので、被植民者にとって利益になるのだという考え方である。.

新しい!!: 第二次世界大戦と植民地主義 · 続きを見る »

極東国際軍事裁判

軍士官学校講堂 公判中の法廷内 極東国際軍事裁判(きょくとうこくさいぐんじさいばん、The International Military Tribunal for the Far East)とは、第二次世界大戦で日本が降伏した後の1946年(昭和21年)5月3日から1948年(昭和23年)11月12日にかけて行われた、連合国が「戦争犯罪人」として指定した日本の指導者などを裁いた一審制の軍事裁判のことである。東京裁判(とうきょうさいばん)とも称される。.

新しい!!: 第二次世界大戦と極東国際軍事裁判 · 続きを見る »

権威主義

権威主義(けんいしゅぎ)とは、権威に服従するという個人や社会組織の姿勢、思想、体制である。国家権力主義とも。 政治学では、非民主主義の思想や運動や体制の総称でもあり、各種の独裁主義や専制主義や全体主義などが含まれる。権威主義的な政府や統治では、政治権力が1人または複数の指導者に集中しており、その指導者は典型的には選挙されず、排他的で責任を負わない恣意的な権力を持つ。.

新しい!!: 第二次世界大戦と権威主義 · 続きを見る »

横浜市

横浜市(よこはまし)は、関東地方南部、神奈川県の東部に位置する都市で、同県の県庁所在地。政令指定都市の一つであり、18区の行政区を持つ。現在の総人口は日本の市町村では最も多く、四国地方に匹敵するおおよそ373万人であり1府37県の人口を上回る。人口集中地区人口も東京23区(東京特別区)に次ぐ。神奈川県内の市町村では、面積が最も広い。市域の過半は旧武蔵国で、南西部は旧相模国(戸塚区、泉区、栄区の全域と瀬谷区、港南区の一部)。 幕末以降(詳しくは後述)から外国資本が積極的に当地に進出。そのため近代日本において有数の外資獲得力を誇った。関東大震災後は政府による積極的な振興政策により、京浜工業地帯の中核都市となった。.

新しい!!: 第二次世界大戦と横浜市 · 続きを見る »

樺太

樺太(からふと)、樺太島(からふととう、、)、サハリン、サハリン島は、ユーラシア大陸の東方、オホーツク海の南西部にあるロシア連邦サハリン州の島。広義の日本列島に含む場合もある。南北約948km、東西の幅最大約160kmで南北に細長い。面積76,400kmは世界第22位で21位の北海道(78,073km)より若干小さい。人口約50万人。最大都市はサハリン州の州都でもあるユジノサハリンスク(人口約18万人)。 樺太は、日露戦争後のポーツマス条約により北緯50度線を境界に南北に分割され、それぞれ異なる沿革を経たため、ここでは北緯50度以北を「北樺太」(または「北サハリン」)、以南を「南樺太」と表記する。 現在、サハリンプロジェクトが進められている。.

新しい!!: 第二次世界大戦と樺太 · 続きを見る »

機動部隊

機動部隊(きどうぶたい)とは、機動性の高い部隊。陸軍では、戦車・装甲車などを装備した部隊を、海軍では、航空母艦を中心に巡洋艦・駆逐艦で編制された部隊を意味する。城砦・陣地、洋上戦における泊地や港などの「機動出来ない戦闘部隊」である守備兵力の対語である。 機会に乗じて相手にすばやく接近し、敵指揮官・部隊の精神的バランスを崩壊させるための部隊として、「歩兵」と「騎兵(戦車)」に区分されること