ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

第一次ポエニ戦争

索引 第一次ポエニ戦争

一次ポエニ戦争(だいいちじポエニせんそう、Primum Bellum Punicum, 紀元前264年 - 紀元前241年)は、カルタゴと共和政ローマの間で戦われた三度にわたるポエニ戦争の初めのものである。 この戦争で二つの勢力は、地中海のシチリアとその周辺海域の覇権をめぐって、23年間にわたって争った。 カルタゴは、アフリカ大陸の現チュニジアの場所に位置し、戦闘が始まった頃は地中海を支配する大国だった。戦争の結果、ローマ軍が勝利し、ローマはカルタゴに厳しい講和条項と多額の賠償金を課した。第一次ポエニ戦争を出発点として、ローマは60年間にわたって勢力を拡大し、地中海海域のほぼ全てを支配するに至る。ローマ軍の勝利は、古代地中海の文明がアフリカに依存する時代から、ヨーロッパ社会に委ねられる時代に変わる転換点となった。 日本語でのポエニに当たるローマ側の Punici とは、カルタゴを建設したフェニキア人を意味する Phoenici(ポエニキ)から派生した語である。.

103 関係: 執政官大ハンノ属州三段櫂船五段櫂船会戦地中海北アフリカミラエ沖の海戦マメルティニマルクス・アティリウス・レグルスマグナ・グラエキアチュニジアチュニスチュニスの戦いハミルカル・バルカハンノハンニバルハンニバル・ギスコハスドルバルバレアレス諸島ポリュビオスポー平原ポエニ戦争メッシーナメッシーナ海峡リーパリ諸島の海戦レバントレッジョ・ディ・カラブリアローマ軍団トラーパニプロコンスルプブリウス・クラウディウス・プルケルパレルモヒエロン2世ヒスパニアピュロスピュロス戦争ティルスティンダリス沖の海戦フェニキアベルベル人アレクサンドロス3世アッピウス・クラウディウス・カウデクスアディスの戦いアフリカアウルス・アティリウス・カラティヌスアエガテス諸島沖の海戦アグリゲントゥムの戦いアグリジェント...アスピスの戦いイピロスイベリア半島イタリア半島エイドリアン・ゴールズワーシーエクノモス岬の戦いカルタゴカディスガリア・キサルピナガイウス・ルタティウス・カトゥルスガイウス・ドゥイリウスグナエウス・コルネリウス・スキピオ・アシナコルウスコルシカ島シチリアシュラクサイのアガトクレスシラクサスパルタサムニウムサムニウム戦争サルデーニャ共和制共和政ローマ元老院 (ローマ)紀元前241年紀元前242年紀元前244年紀元前248年紀元前249年紀元前251年紀元前253年紀元前254年紀元前255年紀元前256年紀元前257年紀元前258年紀元前259年紀元前260年紀元前261年紀元前262年紀元前263年紀元前264年紀元前265年紀元前270年紀元前275年紀元前280年紀元前288年紀元前3世紀独裁官衝角都市国家攻城戦3月10日 インデックスを展開 (53 もっと) »

執政官

執政官(しっせいかん、consul、コンスル)は、古代ローマでの政務官のひとつ。都市ローマの長であり、共和政ローマの形式上の元首に当たる。訳語として執政官のほかに統領を用いることもある。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争と執政官 · 続きを見る »

大ハンノ

大ハンノ(Hanno the Great)と呼ばれる人物は、歴史上3人いる。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争と大ハンノ · 続きを見る »

属州

属州(ぞくしゅう、)は、古代ローマの本国以外の領土を指す。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争と属州 · 続きを見る »

三段櫂船

三段櫂船(さんだんかいせん)は、紀元前5世紀頃から地中海で使用された軍船(ガレー船)である。三橈漕船(さんどうそうせん)ともいう。フェニキア人の国家や古代ギリシアで用いられた。三段櫂船に限らずこの種の軍船は外洋の航行には適さず乗員の寝場所もないため、一般に沿岸を航行し、夜間は海浜に引き揚げて乗員は陸上で炊事をし休息した。 古代ギリシアの三段櫂船 その名称の通り、櫂の漕ぎ手60~170名を上下3段に配置して高い速力を得た(アテナイのそれの船員は漕手170人、補欠漕手・水夫・戦闘員30人の200人、攻撃時の最高速力およそ10ノット)。帆を備え、風力でも移動できるが地中海では風はあてに出来なかった。この種の軍船は船底最前部に青銅で補強した衝角(ram)という突起物を備え、敵船に衝突して船腹に穴を穿って浸水させ、行動不能とすることを目的とした。 アテナイでは漕手は自ら武具を調達できないテテス(無産階級の市民)で構成されていたが、その数は2万程度だったので、のちにはテテスだけでは足りずメトイコイ(在留外国人)が大半を占めるようになった。トゥキディデスの『戦史』によると、ペロポネソス戦争中にスパルタ側についたケルキューラ (現在のコルフ) は貿易によって富裕を誇っており、軍船の漕手はほとんど奴隷でまかなっていたとされる。 船体衝突により打撃を与える戦法は、ペルシャ戦争で威力を発揮した。三段櫂船の他に補助的な軍船として五十櫂船があった。高木の少ないギリシアでは櫂の材料にする真っ直ぐな木材が入手しにくく、テッサリアなどからの輸入に頼っていたので、海戦に勝った場合戦場に漂う敵味方の櫂などの船材を確保することも重要だった。 艦隊の戦法としては、敵艦隊を左右から包囲して混乱させつつ周囲から衝角攻撃を加えるペリプルスや、敵艦の隊列の間を突っ切り、櫂の列を破壊して機動力を奪ってから衝角攻撃を行うディエクブルスなどがあった。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争と三段櫂船 · 続きを見る »

五段櫂船

五段櫂船(quinqueremis; πεντήρης, pentērēs)は、古代のガレー船の一種で、カルタゴ海軍とローマ海軍で広く使われた。実際に櫂が五段になっている訳ではなく、3本の櫂を5人(上段2人、中段2人、下段1人)で漕ぐ形になる。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争と五段櫂船 · 続きを見る »

会戦

会戦(かいせん、)は陸軍部隊が比較的に大規模な戦力を準備して互いに対峙し、戦われる戦闘である。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争と会戦 · 続きを見る »

地中海

地中海(ちちゅうかい、Mare Mediterraneum)は、北と東をユーラシア大陸、南をアフリカ大陸(両者で世界島)に囲まれた地中海盆地に位置する海である。海洋学上の地中海の一つ。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争と地中海 · 続きを見る »

北アフリカ

北アフリカ(きたアフリカ)は、アフリカのうちサハラ砂漠より北の地域を指す。また、狭義には西端部のマグリブ地域のみを指す場合もある。エジプトやリビアを中心に中東の一部として定義されることも多い。サハラ砂漠をはじめとした砂漠地帯やステップが大部分を占めるが、地中海を挟んでEU諸国と対しており、モロッコやチュニジアのように経済が比較的発達している国が多い。住民にはアラブ系のコーカソイドが多いため、ホワイトアフリカともよばれる。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争と北アフリカ · 続きを見る »

ミラエ沖の海戦

ミラエ沖の海戦(ミラエおきのかいせん)は、第一次ポエニ戦争中の紀元前260年に発生した、カルタゴ海軍と共和政ローマ海軍の間の初の本格的海戦。ローマ海軍にとっては最初の勝利であり、またコルウス(カラス装置)の最初の使用例としても知られる。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とミラエ沖の海戦 · 続きを見る »

マメルティニ

マメルティニ(Mamertini、Mamertines)は、第一次ポエニ戦争時期にシチリア島の一部を支配下においていたカンパニア人を中心とする傭兵集団。「マメルティニ」の意味は「マルスの子たち」という意味で、日本語では「マルス組」とも訳される事もある。イタリック語派サベリ語群のオスク語では「マルス神」を「マメルス」と呼んでいた。当初シラクサのアガトクレスに雇われていたが、紀元前289年にアガトクレスが死去すると独自の権力集団として台頭しメッシーナの街を簒奪、そしてシラクサのヒエロン2世と対立した。このシラクサとの対立で彼らはローマとカルタゴの間で変節を繰り返し、もともと緊張関係にあった両者の誤解から両国が武力衝突する第一次ポエニ戦争を招くきっかけを作った。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とマメルティニ · 続きを見る »

マルクス・アティリウス・レグルス

マルクス・アティリウス・レグルス (Marcus Atilius Regulus、おそらく紀元前307年以前 - 紀元前250年)は、共和政ローマ時代の政治家であり将軍である。紀元前267年と256年には執政官を務めた。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とマルクス・アティリウス・レグルス · 続きを見る »

マグナ・グラエキア

紀元前280年頃のマグナ・グラエキア マグナ・グラエキア(ラテン語:Magna Graecia)は、古代ギリシア人が植民した南イタリアおよびシチリア島一帯を指す名前。原義は“大ギリシア”を意味し、ギリシア語では Megalê Hellas(Μεγάλη Ἑλλάς、大ヘラス)。ギリシア本土を小ヘラスと呼んだことに対応する。 ギリシア人たちが持ち込んだ古代ギリシア文化やヘレニズム文化は、エトルリア文化や古代ローマ文化に影響を与えたほか、南イタリアにはギリシア語を話す共同体が今日まで残った。またギリシア植民都市の遺跡はイタリア半島やシチリア各地に散在し、今日の大きな都市の起源となったものもある。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とマグナ・グラエキア · 続きを見る »

チュニジア

チュニジア共和国(チュニジアきょうわこく、الجمهورية التونسية、ベルベル語: ⵜⴰⴳⴷⵓⴷⴰ ⵏ ⵜⵓⵏⴻⵙ、République tunisienne)、通称チュニジアは、北アフリカのマグリブに位置する共和制をとっている国家。西にアルジェリア、南東にリビアと国境を接し、北と東は地中海に面する。地中海対岸の北東にはイタリアが存在する。首都はチュニス。 アフリカ世界と地中海世界とアラブ世界の一員であり、アフリカ連合とアラブ連盟と地中海連合とアラブ・マグレブ連合に加盟している。最も早く「アフリカ」と呼ばれ、アフリカ大陸の名前の由来になった地域である。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とチュニジア · 続きを見る »

チュニス

チュニス(Tunis、تونس ラテン文字転写: Tūnis トゥーニス)は、チュニジア共和国の首都であり、同国のチュニス県の県都でもある。また同国の商業・工業の中心地で、アフリカ有数の世界都市である。2014年のシンクタンクの発表によると、世界第81位の都市と評価されている。北アフリカではカイロ、カサブランカに次ぐ第3位である。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とチュニス · 続きを見る »

チュニスの戦い

チュニスの戦いまたはバグラダスの戦いは、第一次ポエニ戦争中の紀元前255年春に勃発した共和政ローマとカルタゴの戦い。戦いはカルタゴが勝利し、ローマはアフリカから撤退した。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とチュニスの戦い · 続きを見る »

ハミルカル・バルカ

ハミルカル・バルカ(Hamilcar Barca(s), 紀元前275年頃 - 紀元前228年)は、カルタゴの将軍で、ハンニバル・バルカの父である。個人名のハミルカルはフェニキア語の「アブド・メルカルト(メルカルトの僕)」のギリシア語・ラテン語表記。また家族名のバルカはフェニキア語の「バラク(baraq, 電光)」に由来し、ヘブライ語のと全く同じ意味である。 第一次ポエニ戦争(紀元前264年 - 紀元前241年)の際ローマ軍と戦い、シチリア島での戦いでは陸と海でローマ軍を挟みうちにしローマを苦しめたが、本国カルタゴが敗れ、ローマとの講和を余儀なくさせられた。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とハミルカル・バルカ · 続きを見る »

ハンノ

ハンノ(Hanno)は人名。以下の人物などが著名。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とハンノ · 続きを見る »

ハンニバル

ハンニバル・バルカ(Hannibal Barca, 紀元前247年 - 紀元前183年/紀元前182年)は、カルタゴの将軍。ハミルカル・バルカの長子。ハンニバルは「バアルの恵み」や「慈悲深きバアル」、「バアルは我が主」を意味すると考えられ、バルカとは「雷光」という意味である。 第二次ポエニ戦争を開始した人物とされており、連戦連勝を重ねた戦歴から、カルタゴが滅びた後もローマ史上最強の敵として後世まで語り伝えられていた。2000年以上経た現在でも、その戦術は研究対象として各国の軍隊組織から参考にされるなど、戦術家としての評価は非常に高い。 チュニジアで流通している5ディナール紙幣に肖像が使用されている。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とハンニバル · 続きを見る »

ハンニバル・ギスコ

ハンニバル・ギスコ(Hannibal Gisco、- 紀元前258年)はカルタゴの将軍。主に海軍を率いて、第一次ポエニ戦争初期に登場した。なお第二次ポエニ戦争のハンニバルとは別人物であり、血縁関係も恐らくない。 歴史に登場するのは紀元前262年、アグリゲントゥム包囲戦で、少数の守備兵を率いてローマ軍と戦っている。カルタゴはハンノを救援軍として送り、彼自身も粘り強さを発揮するが、アグリゲントゥム(現アグリジェント)は翌年にローマの手の落ちる。しかしながら、ギズコはアグリゲントゥムからの脱出に成功し、海軍の指揮を執った。紀元前260年にはメッシーナ海峡近くのリーパリ諸島の海戦でローマの執政官、グナエウス・コルネリウス・スキピオを計略にかけて捕虜とする事に成功、囚われた彼スキピオは以降「アシナ(=ロバ)」と名付けられる。 しかしもう一人の執政官ドゥイリウスがローマ海軍の主力艦隊を率いて、ギスコの艦隊とミラエ(現ミラッツォ)沖で会戦(ミラエ沖の海戦)、ローマ海軍の新兵器「コルウス」により海上戦闘を甲板上の陸戦に変えさせられ敗北した。この敗戦で、ギスコの旗艦も含む多くの軍艦をローマに奪われた。 紀元前258年にサルディニアで再びローマ海軍に敗北する(スルキ沖の海戦)。この時点でハンニバル・ギスコは自身の部下に捕らわれてカルタゴに送還され、その能力を批判され処刑された。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とハンニバル・ギスコ · 続きを見る »

ハスドルバル

ハスドルバル (Hasdrubal) は、古代のカルタゴ人によく見られる男性名。「バアルこそ我が救い」の意で、ハスドゥルバルやハシュドゥルバルとも呼ぶ。以下、著名な人物を挙げる。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とハスドルバル · 続きを見る »

バレアレス諸島

バレアレス諸島(バレアレスしょとう、カタルーニャ語:Illes Balears、スペイン語:Islas Baleares)は、西地中海に浮かぶ群島で、スペインを構成する自治州の一つとなっている。 バレアレス諸島自治州は同名の一県のみで構成されている。州都・県都は、パルマ・デ・マヨルカ。 バレアレス諸島は2つの群島と多くの小島・岩礁によって構成されている。ジムネジアス群島はメノルカ島、マヨルカ島、カブレーラ島と、付近のドラゴネーラ島、クニルス島、アイレ島などで構成されている。ピティウザス群島はイビサ島、フォルメンテラ島と、周囲に位置する小島・岩礁などで構成されている。 公用語は、カタルーニャ語およびスペイン語。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とバレアレス諸島 · 続きを見る »

ポリュビオス

ポリュビオス(Πολύβιος, Polybius, 紀元前204年? - 紀元前125年?)は、古代ギリシアのメガロポリス生まれの歴史家である。第三次マケドニア戦争のピュドナの戦いの後、人質としてローマに送られ、スキピオ・アエミリアヌスの庇護を受けた。 著書『歴史』はローマの歴史を中心に第一次ポエニ戦争から紀元前146年までを取り扱い、ポエニ戦争など当時の状況についての第一級の史料である。またその中で述べられた政体循環論もよく知られる。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とポリュビオス · 続きを見る »

ポー平原

ポー平原 ポー平原(Pianura padana)は、イタリアの北部および中部の4州(ピエモンテ州、ロンバルディア州、エミリア・ロマーニャ州、ヴェネト州)にまたがるポー川流域の平野。面積は7万4970平方キロメートル。パダノ.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とポー平原 · 続きを見る »

ポエニ戦争

ポエニ戦争(ポエニせんそう、Bella Punica)とは、共和政ローマとカルタゴとの間で地中海の覇権を賭けて争われた一連の戦争である。ポエニとは、ラテン語でフェニキア人(カルタゴはフェニキア系国家)を意味する。紀元前264年のローマ軍によるシチリア島上陸から、紀元前146年のカルタゴ滅亡まで3度にわたる戦争が繰り広げられた。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とポエニ戦争 · 続きを見る »

メッシーナ

メッシーナ(Messina)は、イタリア共和国のシチリア島北東部にある都市で、その周辺地域を含む人口約24万人の基礎自治体(コムーネ)。メッシーナ県の県都である。イタリア本土のカラブリア半島とを隔てるメッシーナ海峡に面した港湾都市で、シチリア州ではパレルモ、カターニアに次いで第3位のコムーネ人口を有する。都市圏にはおよそ50万人が暮らす。 古代ギリシャの植民都市にさかのぼるこの要衝の港町は、長く交易で栄えるとともに、古代には第一次ポエニ戦争の契機となり、中世には黒死病上陸地となるなど、多くの歴史的事件の舞台となった。近代ヨーロッパ最悪の犠牲者を出した地震・津波として記憶されているメッシーナ地震など、多くの自然災害や戦災に見舞われながら復興を遂げている。海峡南東に大都市レッジョ・ディ・カラブリアと向かい合い、経済的に密接なつながりがある。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とメッシーナ · 続きを見る »

メッシーナ海峡

人工衛星より見たメッシーナ海峡 メッシーナ海峡(メッシーナかいきょう、伊語:Stretto di Messina)は、シチリア島とイタリア本土(カラブリア州)の間にある海峡である。海峡の西はティレニア海、東はイオニア海である。 いちばん狭い箇所は約3kmで、位置は北緯38°00' から 38°20' まで東経 15°30' から 15°40' まで。 メッシーナ海峡 山から Peloritani カラブリアのヴィッラ・サン・ジョヴァンニとシチリア側のメッシーナ間には、鉄道連絡船と水中翼船が頻繁に行き交っているが、人のみの輸送は行っていない。また本土と島を結ぶメッシーナ海峡大橋が完成すると、廃止される可能性がある。レッジョ・ディ・カラブリアとメッシーナ間は個人輸送用の水中翼船の航路があるが、こちらも廃止される可能性がある。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とメッシーナ海峡 · 続きを見る »

リーパリ諸島の海戦

リーパリ諸島の海戦、またはリーパリ港の戦い(紀元前260年)は、第一次ポエニ戦争におけるカルタゴと共和政ローマの最初の海戦である。カルタゴ海軍の勝利に終わったが、これは正面からの激突ではなく待ち伏せ攻撃の結果であった。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とリーパリ諸島の海戦 · 続きを見る »

レバント

レバントまたはレヴァント(Levant)とは、東部地中海沿岸地方の歴史的な名称。厳密な定義はないが、広義にはトルコ、シリア、レバノン、イスラエル、エジプトを含む地域。現代ではやや狭く、シリア、レバノン、ヨルダン、イスラエル(およびパレスチナ自治区)を含む地域(歴史的シリア)を指すことが多い。歴史学では、先史時代・古代・中世にかけてのこれらの地域を指す。 レヴァントは英語の発音だが、もとはフランス語のルヴァン (Levant) で、「(太陽が)上る」を意味する動詞「lever」の現在分詞「levant」の固有名詞化である。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とレバント · 続きを見る »

レッジョ・ディ・カラブリア

レッジョ・ディ・カラブリア(Reggio di Calabria)は、イタリア共和国カラブリア州にある都市で、その周辺地域を含む人口18万人の基礎自治体(コムーネ)。レッジョ・カラブリア県の県都である。イタリア半島の「つま先」にあたる地点に位置し、シチリア島との間を隔てるメッシーナ海峡に面する。カラブリア州最大の人口を有する自治体で、州議会の所在地であり、州の経済的な中心地である。 イタリアにおける最古のギリシャ人植民都市の一つであるレギオンを起源に持ち、多くの考古遺産を有する。都市の長い歴史には地震と津波も繰り返し刻まれており、とくに1783年と1908年の被害は壊滅的なものであった。市街地は市域を超えて広がっており、レッジョ・ディ・カラブリア都市圏には37万人以上が暮らしている。また海峡を挟んだシチリア島のメッシーナとのつながりも密接である。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とレッジョ・ディ・カラブリア · 続きを見る »

ローマ軍団

14軍団ゲミナ(2004年のポーランドにおける再現イベント) ローマ軍団(古典ラテン語:legio、レギオー)は、古代ローマにおける軍隊(excercitus)のうち陸軍の基本的な編成単位のことである。軍団はローマ市民権を有する者だけで構成されていた。 1つの軍団は、時代によっても異なるが、帝政ローマ時代では1つの軍団は10のコホルス(大隊)から構成され、騎兵200強を含めたおよそ5,000から6,000人の軍団兵がいた。古代ローマ史上を通じて名前や番号をもった通算約50個の軍団が創設されたが、それらの多くが長い歴史の間で全滅・解散されており必ずしも存続しえたわけではなかった。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とローマ軍団 · 続きを見る »

トラーパニ

トラーパニ(Trapani)は、イタリア共和国のシチリア島西部に位置する都市で、その周辺地域を含む人口約7万人の基礎自治体(コムーネ)。トラーパニ県の県都である。 地中海に面した港湾都市であり、沖合のエーガディ諸島や地中海沿岸各地へ向かうフェリーが発着する玄関口である。コムーネ単体の人口はマルサーラに次いで県内2位であるが、エーリチェのカーサ・サンタ地区とも市街地が連続しており、都市圏人口は約10万人である。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とトラーパニ · 続きを見る »

プロコンスル

プロコンスル(Proconsul)は、古代ローマにおける公職の一種である。前執政官、代理執政官などとも訳される。同じ属州総督を担う官職にはプロプラエトル(前法務官)がある。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とプロコンスル · 続きを見る »

プブリウス・クラウディウス・プルケル

プブリウス・クラウディウス・プルケル(Publius Claudius Pulcher、生没年不詳)は、第一次ポエニ戦争期の共和政ローマの政治家・軍人。名門クラウディウス氏族の出自で、コグノーメンのプルケルには美しい、麗しいというような意味がある。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とプブリウス・クラウディウス・プルケル · 続きを見る »

パレルモ

パレルモ(Palermo)は、イタリアのシチリア島北西部に位置する都市であり、その周辺地域を含む人口約68万人の基礎自治体(コムーネ)。シチリア島最大の都市にしてシチリア州の州都であり、パレルモ県の県都でもある。 独自の国際色豊かな文化を生み出した中世シチリア王国の古都。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とパレルモ · 続きを見る »

ヒエロン2世

ヒエロン2世(Ιέρων Β΄)は、第一次ポエニ戦争時代にシラクサを支配していた人物。当初は僭主であったが、後に民衆より王に擁立される。メッシーナを簒奪した傭兵集団マメルティニと対立し、戦闘で破るも、これがローマとカルタゴの軍事介入を招き、第一次ポエニ戦争の原因となった。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とヒエロン2世 · 続きを見る »

ヒスパニア

ーマ帝国初期の行政区分 ヒスパニア(Hispania)は、イベリア半島(現在のスペインとポルトガルや、アンドラ・ジブラルタルの領域)の古名である。なお、スペインの現代語での名称(España、Espanha、Espagne、Spagna、Spain、Spanien、Испания、إسبانياなど)は全てこのヒスパニアを語源とする。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とヒスパニア · 続きを見る »

ピュロス

ピュロス軍の進路 ピュロス(希:Πύρρος、羅:Pyrrhus、紀元前319年 - 紀元前272年)は、古代ギリシアのエピロス王(在位:紀元前286年 - 紀元前284年および紀元前273年 - 紀元前272年)、およびマケドニア王(在位:紀元前286年 - 紀元前284年および紀元前273年 - 紀元前272年)である。ピュッロスあるいはピュルロス、ピュロス1世とも表記される。戦術の天才として名高い。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とピュロス · 続きを見る »

ピュロス戦争

ピュロス戦争(ピュロスせんそう、紀元前280年 - 紀元前275年)は、エペイロス王ピュロスが共和政ローマ、カルタゴ相手に行った戦争である。ピュロスはイタリア南部のマグナ・グラエキア(ギリシア人植民都市)のターレス(現在のターラント、ラテン語名はタレントゥム)からローマとの戦争の支援を依頼され、これに応えたものである。 ピュロスは優れた軍事指揮官であり、戦象(これまでローマは見たことがなかった)を有する強力な軍隊を有していた。ピュロスは戦争初期にローマ軍団に勝利したが、自軍の損害も大きかった。プルタルコスは、ピュロスが二度目の戦闘に勝利した後に「もう一度ローマ軍に勝利したら、我々は壊滅するだろう」と述べたと記述している。彼は本国から増援軍を呼ぶことは出来ず、イタリア半島の同盟都市は無関心になっていた。他方ローマは多くの人的資源を有しており、その軍団が壊滅したとしても、新たな軍団を編成することができた。このことから「ピュロスの勝利」、即ち「損害が大きく、得るものが少ない勝利」、つまり「割に合わない」という意味の慣用句が生まれた。 ピュロスはローマとの戦いに疲れ果て、その軍をシケリア(現在のシチリア)に移動させ、カルタゴとの戦いを開始した。そこでしばらく作戦を実施した(紀元前278年 - 紀元前275年)後、ピュロスはイタリアに戻り、ローマとの最後の戦いに臨んだが敗北した。その後ピュロスはエペイロスに戻り、戦争は終結した。3年後の紀元前272年に、ローマはターレスを奪取した。 ピュロス戦争は、ローマがヘレニズム国家のプロの傭兵部隊と戦った最初の経験であった。ローマの勝利はヘレニズム国家に新興国ローマの勃興を意識させた。エジプト王プトレマイオス2世はローマとの外交関係を締結した。この戦争の勝利により、ローマはイタリア南部の覇権を確立した。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とピュロス戦争 · 続きを見る »

ティルス

ティルス(Tyrus)(テュロス(Tyros))は、レバノンの南西部、地中海に面する都市遺跡。ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された史跡でもある。ティルスの現在の名前はスール(صور)ないしはティール(アラビア語で岩という意味)といわれる。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とティルス · 続きを見る »

ティンダリス沖の海戦

ティンダリス沖の海戦は第一次ポエニ戦争中の紀元前257年にティンダリス(現在のティンダリ)沖で発生した共和政ローマとカルタゴの間の海戦。ティンダリスは紀元前396年に建設されたシチリア島のギリシャ人植民地で、ティレニア海をにつながるパッティ湾を見下ろす高地にあった。シラクサの僭主ヒエロン2世は、ティンダリスをカルタゴの根拠地として使うことを許していた。海戦はティンダリスとエオリア諸島の間の海域で行われ、ガイウス・アティリウス・レグルス・セッラヌスがローマ海軍を指揮した。この海戦の後、ローマはティンダリスを奪取した。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とティンダリス沖の海戦 · 続きを見る »

フェニキア

フェニキア(、ポイニーケー、Phoenices、、ポエニ、Phoenicia)は、古代の地中海東岸に位置した歴史的地域名。シリアの一角であり、北は現シリアのタルトゥースのあたりから、南はパレスチナのカルメル山に至る海岸沿いの南北に細長い地域であって、およそ現在のレバノンの領域にあたる。 フェニキア人という名称は自称ではなく、ギリシア人による呼称である。ギリシア人は、交易などを目的に東から来た人々をこう呼んだ。フェニキアという名称は、の居住地がギリシャ語で Φοινίκη (Phoiníkē; ポイニケー)と呼ばれたことに由来している。その語源は不明であり、フェニキアがミュレックス(en)と呼ばれる貝から取れる紫色の染料(貝紫)を特産としていたことから、「紫色」(または「緋色」)という意味のギリシア語を語源とする説も存在する。今日でも南部のサイーダなどの町中でこの貝殻の山を見ることができる。フェニキア人の母体となったとされるカナンという呼称も、アッカド語で染料を意味するキナッフに由来する。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とフェニキア · 続きを見る »

ベルベル人

ベルベル人(ベルベルじん)は、北アフリカ(マグレブ)の広い地域に古くから住み、アフロ・アジア語族のベルベル諸語を母語とする人々の総称。北アフリカ諸国でアラブ人が多数を占めるようになった現在も一定の人口をもち、文化的な独自性を維持する先住民族である。形質的にはコーカソイドで、宗教はイスラム教を信じる。 自称はアマーズィーグ(転写: ⴰⵎⴰⵣⵉⵖ)。アマジグ人、アマジク人という呼称もこれ由来である。ベルベルの呼称は、ギリシャ語で「わけのわからない言葉を話す者」を意味するバルバロイに由来し、ヨーロッパの諸言語で Berber と表記されることによる。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とベルベル人 · 続きを見る »

アレクサンドロス3世

アレクサンドロス3世(Ἀλέξανδρος Γ'、紀元前356年7月20日 - 紀元前323年6月10日)、通称アレクサンドロス大王(Ἀλέξανδρος ὁ Μέγας)は、アルゲアス朝マケドニア王国のバシレウス(在位:紀元前336年 - 紀元前323年)である。また、コリントス同盟(ヘラス同盟)の盟主、エジプトのファラオも兼ねた。ヘーラクレースとアキレウスを祖に持つとされ、ギリシアにおける最高の家系的栄誉と共に生まれた。ギリシア語ではアレクサンドロス大王であるが、英語風に読んでアレクサンダー大王またはアレキサンダー大王とすることも多い。その他にはイスカンダルなどと呼ばれている。 ハンニバルプルタルコスの『英雄伝』によると、史上最も優れた指揮官としてアレクサンドロス大王を挙げている。、ガイウス・ユリウス・カエサルプルタルコスの『英雄伝』によると、アレクサンドロスの銅像をみたカエサルは、自分の業績は、彼に比べればとるにたらないと言って泣いたという逸話がある。、ナポレオンMémoires de Napoléon Bonaparte, Louis Antoine Fauvelet de Bourrienne(1821年)は、ナポレオンに同行した秘書の回想録であるが、「アレクサンドロスはナポレオンが最も尊敬する偉人であり、同列に並べられることを常に願っていた。」「エジプト遠征時も、自分とアレクサンドロスを重ねていた」という趣旨の内容が度々登場する。などの著名な歴史上の人物たちから大英雄とみなされていた。旧約聖書やコーラン、ゾロアスター教、シャー・ナーメなど多様な民族の教典にも登場する。現代でもアレクサンドロスの名に因んだ名前をつける人は多い。1941年からギリシャで発行されていた旧1000ドラクマ紙幣や旧100ドラクマ硬貨、1926年からアルバニアで発行された旧1レク紙幣などの肖像に使用されていた。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とアレクサンドロス3世 · 続きを見る »

アッピウス・クラウディウス・カウデクス

アッピウス・クラウディウス・カウデクス(Appius Claudius Caudex、生没年不詳)は、共和政ローマの政治家、軍人。パトリキ系のクラウディウス氏族の出自で、紀元前264年に執政官を務めた。第一次ポエニ戦争の口火を切った人物である。コグノーメンのカウデクスには、愚か者 (blockhead)というような意味がある。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とアッピウス・クラウディウス・カウデクス · 続きを見る »

アディスの戦い

アディスの戦いは第一次ポエニ戦争中の紀元前256年に勃発した共和政ローマとカルタゴの戦い。執政官マルクス・アティリウス・レグルスが率いるローマ軍はカルタゴ軍を撃破し、カルタゴに講和を強要した。しかしその講和条件が厳しすぎたため、カルタゴはこれを拒否して戦争は続くこととなった。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とアディスの戦い · 続きを見る »

アフリカ

衛星画像 NASA) 南部アフリカ アフリカ(ラテン語:Āfrica、英語:Africa)は、広義にはアフリカ大陸およびその周辺のマダガスカル島などの島嶼・海域を含む地域の総称で、六大州の一つ。阿州。漢字表記は阿弗利加。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とアフリカ · 続きを見る »

アウルス・アティリウス・カラティヌス

アウルス・アティリウス・カラティヌス(Aulus Atilius Calatinus (Caiatinusとも)、紀元前216年以前に死亡)は共和政ローマ中期の政治家、将軍である。紀元前249年に独裁官(ティクタトル)に選出されシケリア(シチリア)に派遣されたが、これは独裁官がイタリア半島外に出征した最初の例であった。カラティヌスは紀元前258年と紀元前254年の二度執政官(コンスル)に選ばれており、紀元前257年には凱旋式を挙行する名誉を得、同年にはプラエトル(法務官)に就任している。紀元前247年にはケンソルに就任した。紀元前216年の時点で、紀元前241年のケンソルであったマルクス・ファビウス・ブテオが最高齢の元ケンソルと記述されていることから、彼より年長であったと思われるカラティヌスは、それより以前に死亡していたと思われる。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とアウルス・アティリウス・カラティヌス · 続きを見る »

アエガテス諸島沖の海戦

アエガテス諸島沖の海戦はシチリア島西方のアエガテス諸島付近で、紀元前241年3月10日に発生した、カルタゴとローマの海戦である。第一次ポエニ戦争最後の海戦であり、ローマが決定的勝利を収めたことにより長期間続いていた戦争が終結した。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とアエガテス諸島沖の海戦 · 続きを見る »

アグリゲントゥムの戦い

アグリゲントゥムの戦い(アグリゲントゥムのたたかい、紀元前262年-紀元前261年)は、シチリア島においておこなわれた第一次ポエニ戦争における最初の会戦であり、共和政ローマとカルタゴ間の最初の大規模戦闘である。長期にわたる攻城戦に続いて野戦が行われ、双方ともローマの勝利に終わり、ローマによるシチリア島支配が始まった。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とアグリゲントゥムの戦い · 続きを見る »

アグリジェント

アグリジェント(Agrigento)は、イタリア共和国のシチリア島南部にある都市で、その周辺地域を含む人口約5万8000人の基礎自治体(コムーネ)。アグリジェント県の県庁所在地でもある。 古代ギリシアの植民都市アクラガスに起源を持ち、当時の遺跡が現在も残る。「神殿の谷」は「アグリジェントの考古学地域」として、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されている。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とアグリジェント · 続きを見る »

アスピスの戦い

アスピスの戦いは第一次ポエニ戦争中の紀元前256年に発生した共和政ローマとカルタゴ間のアフリカでの最初の陸戦である。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とアスピスの戦い · 続きを見る »

イピロス

イピロス(ギリシャ語: Ήπειρος / Ípiros、Epirus、Epiri)は、ギリシャ共和国の広域自治体であるペリフェリア(地方)のひとつ。歴史的な地名としては、現在のギリシャとアルバニアにまたがるイオニア海沿岸の地域を指す。 古典ギリシャ語ではエペイロス(Ἤπειρος / Ēpeiros)、ラテン語ではエピルス(Epirus)と呼ばれた。日本語表記ではギリシャ語に基づく慣用形としてエピロスも用いられる。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とイピロス · 続きを見る »

イベリア半島

イベリア半島(スペイン語・ポルトガル語・ガリシア語:Península Ibérica、カタルーニャ語:Península Ibèrica、バスク語:Iberiar penintsula)は、ヨーロッパの南西に位置する半島である。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とイベリア半島 · 続きを見る »

イタリア半島

イタリア半島(イタリアはんとう、Penisola italiana、Paeninsula Italica)は、ヨーロッパ大陸のアルプス山脈の南側から地中海に南東に延びた形の半島。別名アペニン半島。東側をアドリア海、南側をイオニア海、西側をティレニア海に分断している。アペニン山脈が貫いていて、半島のつけ根には北のアルプス山脈と南のアペニン山脈に囲まれるようにパダーナ平原がある。 以下の国が存在する。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とイタリア半島 · 続きを見る »

エイドリアン・ゴールズワーシー

イドリアン・ゴールズワーシー(Adrian Keith Goldsworthy, 1969年-)は、イギリスの歴史学者。専門は古代ローマ史特に軍事史。 オックスフォード大学セント・ジョンズ・カレッジ卒業。カーディフ大学ジュニア・リサーチ・フェロー、キングス・カレッジ・ロンドン客員教授などを務めたのち、現在は著作に専念。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とエイドリアン・ゴールズワーシー · 続きを見る »

エクノモス岬の戦い

ノモス岬の戦い(エクノモスみさきのたたかい、英:Battle of Cape Ecnomus)は紀元前256年にシチリアのエクノモス岬周辺海域(今日のリカータ近海)にて、共和政ローマとカルタゴとの間で行われた、第一次ポエニ戦争での海戦である。両軍それぞれ300隻を超える船団が参加し、各船には約100人の漕手と約150人の戦闘要員が乗船していた。動員人数で、古代地中海世界において最大規模の海戦である。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とエクノモス岬の戦い · 続きを見る »

カルタゴ

ルタゴ(Carthāgō または Karthāgō カルターゴー、قرطاج Qarṭāj、Carthage)は、現在のチュニジア共和国の首都チュニスに程近い湖であるチュニス湖東岸にあった古代都市国家。地中海貿易で栄え、現在は歴史的な遺跡のある観光地となっているほか、行政上はチュニス県カルタゴ市として首都圏の一部を成す。 「カルタゴ」の名は、フェニキア語のカルト・ハダシュト(Kart Hadasht=「新しい町」)に由来するとされる。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とカルタゴ · 続きを見る »

カディス

ディス(Cádiz)は、アンダルシア州・カディス県のムニシピオ(基礎自治体)カディス県の県都である。スペイン南西部の港湾都市として重要な役割を果たしている。カディス司法管轄区に属する。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とカディス · 続きを見る »

ガリア・キサルピナ

リア・キサルピナ(Gallia Cisalpina ガッリア・キサルピナ,Cisalpine Gaul)は、共和政ローマにおける属州の名前。ラテン語でローマ側から見て「アルプスのこちら側のガリア」という意味である。日本語でガリア・チザルピーナと表記されることもある.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とガリア・キサルピナ · 続きを見る »

ガイウス・ルタティウス・カトゥルス

イウス・ルタティウス・カトゥルス(Gaius Lutatius Catulus)は共和政ローマ中期の政治家、将軍である。第一次ポエニ戦争のローマの勝利を決定付けた、紀元前241年のアエガテス諸島沖の海戦においてローマ艦隊を率いた。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とガイウス・ルタティウス・カトゥルス · 続きを見る »

ガイウス・ドゥイリウス

イウス・ドゥイリウス(Gaius Duilius, 紀元前3世紀、生没年不詳)は、第一次ポエニ戦争の時期に登場した共和政ローマの政治家。後にノウス・ホモと呼ばれる者たちの先駆者でもある。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とガイウス・ドゥイリウス · 続きを見る »

グナエウス・コルネリウス・スキピオ・アシナ

ナエウス・コルネリウス・スキピオ・アシナ(Gnaeus Cornelius Scipio Asina, 紀元前3世紀、生没年不詳)は、第一次ポエニ戦争期の共和政ローマの政治家・軍人。「アシナ」とはラテン語でロバを意味する。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とグナエウス・コルネリウス・スキピオ・アシナ · 続きを見る »

コルウス

ルウスまたはコルバス (corvus) とは、共和政ローマ海軍の兵器の一種で、ガレー船に備え付けられた渡し板、もしくは梯子である。「コルウス」はラテン語でカラスを意味し、そこから日本語訳ではカラスが使われることもある。カラスが餌を啄む姿に似ていることからこの名称が付けられた。 第一次ポエニ戦争でカルタゴ海軍に対抗するために作ったとされる。古代の海戦は、衝角を使った戦術など操船技術に強く依拠していた。海での戦いの経験が全くないに等しかったローマ海軍は、この兵器により、海戦を得意とする強力なカルタゴ海軍を打ち破ることができたといわれる。 コルウスの構造図 ポリュビオスによれば、コルウスとは幅1.2メートル、長さ10メートル程度の架橋(艦上桟橋)であり、滑車により通常は船体の甲板上に折りたたんである。架橋の先端には鋭い爪が下方に伸びており、海戦で船体がぶつかった時に滑車を使って架橋を降ろし、先端を敵船の甲板に打ち込ませて固定し乗務員が安全に敵船に乗り移ることができるようにした。ローマの軍団兵はカルタゴの兵士よりも白兵戦に長けていたので、コルウスによって不慣れな海戦でも有利な展開に持ち込むことができたという。 コルウスにも弱点があったとされている。総重量が1トン近くにもなり、船体の重量バランスが不均等になり、嵐などの場合、簡単に船が転覆した。ボーンバッカーによれば排水量250m3の船舶では安定性を失うとしている。実際に紀元前255年と紀元前249年に嵐により艦隊2つがほとんど全滅、また戦争を通じてローマの海軍も海戦に慣れてくるようになり、戦争末期には使われなくなった。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とコルウス · 続きを見る »

コルシカ島

ルシカ島(コルシカとう、Corsica)、または、コルス島(コルスとう、Corse、)は、地中海西部、イタリア半島の西に位置するフランス領の島である。面積は約8,680km2(日本の広島県と同程度)と、地中海ではシチリア島、サルデーニャ島、キプロス島に次いで4番目に大きく、人口は約30.2万人である。 フランス皇帝ナポレオン1世の出身地として知られ、1980年代にはコルシカ民族解放戦線(FLNC)が活動して爆弾テロ事件を頻発させていたことでも知られる。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とコルシカ島 · 続きを見る »

シチリア

チリア島(Sicilia, シチリア語: Sicìlia)は、イタリア半島の西南の地中海に位置するイタリア領の島。地中海最大の島である。 周辺の島を含めてシチリア自治州を構成している。この州はイタリアに5つある特別自治州のひとつである。州都はパレルモ。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とシチリア · 続きを見る »

シュラクサイのアガトクレス

アガトクレス(Ἀγαθοκλῆς / Agathokles または Agathocles、紀元前361年 - 紀元前289年)は、古代ギリシアのシュラクサイの僭主(紀元前317年 - 紀元前289年)で、シケリアの王(紀元前304年 - 紀元前289年)。名前は「良き栄光」(αγαθός (agathos) 良い + κλέος (kleos) 栄光)を意味する。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とシュラクサイのアガトクレス · 続きを見る »

シラクサ

ラクサ(Siracusa)は、イタリア共和国のシチリア島南東部に位置する都市で、その周辺地域を含む人口約12万人の基礎自治体(コムーネ)。シラクサ県の県都である。標準イタリア語の発音に近い表記は「シラクーザ」。 古代ギリシャの植民都市シュラクサイに起源を持つ都市で、歴史的な遺跡など、多くの観光スポットがある。2005年には市内および周辺の歴史的建造物や遺跡が「シラクサとパンターリカの岩壁墓地遺跡」の名で世界遺産に登録もされている。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とシラクサ · 続きを見る »

スパルタ

パルタ(: Σπάρτα / Spártā スパルター、Sparta)は、現在のペロポネソス半島南部スパルティにあった古代ギリシア時代のドーリス人による都市国家(ポリス)である。自らはラケダイモーン(Λακεδαίμων / Lakedaimōn)と称した。 古代ギリシア世界で最強の重装歩兵軍を誇り、ペルシア戦争ではギリシア軍の主力であった。ペロポネソス同盟の盟主となり、アテナイを破って一時期はギリシア世界に覇を唱えた。他のギリシャ諸都市とは異なる国家制度を有しており、特に軍事的教育制度は「スパルタ教育」として知られる。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とスパルタ · 続きを見る »

サムニウム

ムニウム(羅:Samnium)とは、古代ローマ時代においてイタリア半島のアペニン山脈南部の地域を指す。この地に居住する部族はサムニウム人(英:Samnites)と呼ばれていた。ラテン民族を統合したローマが南方へと進出してきた際にローマ人の敵として長らく対立、サムニウム戦争と呼ばれる戦争を通じてローマと戦うが、敗北しローマ人と同化した。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とサムニウム · 続きを見る »

サムニウム戦争

ムニウム戦争(サムニウムせんそう、イタリア語:Guerre sannitiche)は、ラティウム地方に本拠を構える共和政ローマとアペニン山脈に居住するサムニウム人部族との間で勃発した戦争。イタリア半島の諸部族の主導権を巡っての戦いで、紀元前343年から紀元前290年までの間に断続的に続いた。サムニテス戦争とも。 おおまかな区分として第一次サムニウム戦争、第二次サムニウム戦争、第三次サムニウム戦争に区分される。平野での決戦を得意とするローマと山岳でのゲリラ戦を得意とするサムニウム人部族の間では一進一退の闘争が続いたが、戦争はローマに有利に進み、最後にはサムニウム地方はローマの影響下に入った。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とサムニウム戦争 · 続きを見る »

サルデーニャ

ルデーニャ(Sardegna)は、イタリア半島西方、コルシカ島の南の地中海に位置するイタリア領の島。地中海ではシチリア島に次いで2番目に大きな島である。 周辺の島を含めて、サルデーニャ自治州を構成している。この州は、イタリアに5つある特別自治州のひとつである。州都はカリャリ(カリアリ)。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争とサルデーニャ · 続きを見る »

共和制

共和政(きょうわせい、republic)は、人民または人民の大部分が統治上の最高決定権を持つ政体で、政体のとる制度を共和制(きょうわせい、republic)という 。現代の一般的な定義では、「君主ではない元首を持っている政体」「君主制ではない政体」である。 共和制では政府の大半の意思決定が元首の裁量によらず制定法を参照して行われることから、現在では君主制は共和制では無いとされる場合が多い。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争と共和制 · 続きを見る »

共和政ローマ

共和政ローマ(きょうわせいローマ)は、紀元前509年の王政打倒から、紀元前27年の帝政の開始までの期間の古代ローマを指す。 この時期のローマは、イタリア中部の都市国家から、地中海世界の全域を支配する巨大国家にまで飛躍的に成長した。帝政成立以後ではなく地中海にまたがる領域国家へと発展して以降を「ローマ帝国」と呼ぶ場合もある。また、1798年に樹立されたローマ共和国 (18世紀)、1849年に樹立されたローマ共和国 (19世紀)と区別するために「古代ローマ共和国」と呼ばれることもある。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争と共和政ローマ · 続きを見る »

元老院 (ローマ)

チェーザレ・マッカリ画(1888年) 現存する帝政ローマ期の元老院議事堂であるフォルム・ロマヌムのクリア・ユリア 元老院(げんろういん、senātus、セナートゥス)は、古代ローマの統治機関。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争と元老院 (ローマ) · 続きを見る »

紀元前241年

紀元前241年は、ローマ暦の年である。当時は、「アウルス・マンリウス・ティトゥス・トルクァトゥス・アッティクスとクィントゥス・ルタティウス・カトゥルス・ケルコが共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元513年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前241年と表記されるのが一般的となった。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争と紀元前241年 · 続きを見る »

紀元前242年

紀元前242年は、ローマ暦の年である。は、当時は、「ガイウス・ラウタティウス・カトゥルスとアウルス・ポストゥミウス・アルビヌスが共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元512年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前242年と表記されるのが一般的となった。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争と紀元前242年 · 続きを見る »

紀元前244年

紀元前244年は、ローマ暦の年である。当時は、「アウルス・マンリウス・トルクァトゥス・アッティクスとガイウス・センプロニウス・ブラエススが共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元510年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前244年と表記されるのが一般的となった。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争と紀元前244年 · 続きを見る »

紀元前248年

紀元前248年は、ローマ暦の年である。当時は、「ガイウス・アウレリウス・コッタとプブリウス・セルウィリウス・ゲミヌスが共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元506年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前247年と表記されるのが一般的となった。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争と紀元前248年 · 続きを見る »

紀元前249年

紀元前249年は、ローマ暦の年である。当時は、「プブリウス・クラウディウス・プルケルとルキウス・ユニウス・プッルスが共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元505年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前249年と表記されるのが一般的となった。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争と紀元前249年 · 続きを見る »

紀元前251年

紀元前251年は、ローマ暦の年である。当時は、「ルキウス・カエキリウス・メテッルスとガイウス・フリウス・パキルスが共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元503年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前251年と表記されるのが一般的となった。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争と紀元前251年 · 続きを見る »

紀元前253年

紀元前253年は、ローマ暦の年である。当時は、「グナエウス・セルウィリウス・カエピオとガイウス・センプロニウス・ブラエススが共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元501年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前253年と表記されるのが一般的となった。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争と紀元前253年 · 続きを見る »

紀元前254年

紀元前254年は、ローマ暦の年である。当時は、「グナエウス・コルネリウス・スキピオ・アシナとアウルス・アティリウス・カラティヌスが共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元500年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前254年と表記されるのが一般的となった。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争と紀元前254年 · 続きを見る »

紀元前255年

紀元前255年は、ローマ暦の年である。当時は、「マルクス・アエミリウス・パウッルスとセルウィウス・フルウィウス・パエティヌス・ノビリオルが共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元499年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前255年と表記されるのが一般的となった。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争と紀元前255年 · 続きを見る »

紀元前256年

紀元前256年は、ローマ暦の年である。当時は、「ルキウス・マンリウス・ウルソ・ロングスとクィントゥス・カエディキウスが共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元498年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前256年と表記されるのが一般的となった。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争と紀元前256年 · 続きを見る »

紀元前257年

紀元前257年は、ローマ暦の年である。当時は、「ガイウス・アティリウス・レグルスとグナエウス・コルネリウス・ブラシオが共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元497年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前257年と表記されるのが一般的となった。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争と紀元前257年 · 続きを見る »

紀元前258年

紀元前258年は、ローマ暦の年である。当時は、「アウルス・アティリウス・カラティヌスとガイウス・スルピキウス・パテルクルスが共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元496年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前258年と表記されるのが一般的となった。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争と紀元前258年 · 続きを見る »

紀元前259年

紀元前259年は、ローマ暦の年である。当時は、「ルキウス・コルネリウス・スキピオとガイウス・アクィッリウス・フロルスが共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元495年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前259年と表記されるのが一般的となった。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争と紀元前259年 · 続きを見る »

紀元前260年

紀元前260年は、ローマ暦の年である。当時は、「グナエウス・コルネリウス・スキピオ・アシナとガイウス・ドゥイリウスが共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元494年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前260年と表記されるのが一般的となった。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争と紀元前260年 · 続きを見る »

紀元前261年

紀元前261年は、ローマ暦の年である。当時は、「ルキウス・ウァレリウス・フラックスとティトゥス・オタキリウス・クラッススが共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元493年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前261年と表記されるのが一般的となった。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争と紀元前261年 · 続きを見る »

紀元前262年

紀元前262年は、ローマ暦の年である。当時は、「ルキウス・ポストゥミウス・メゲッルスとクィントゥス・マミリウス・ウィトゥルスが共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元491年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前262年と表記されるのが一般的となった。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争と紀元前262年 · 続きを見る »

紀元前263年

紀元前263年は、ローマ暦の年である。当時は、「マニウス・オタキリウス・クラッススとマニウス・ウァレリウス・マクシムスが共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元491年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前263年と表記されるのが一般的となった。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争と紀元前263年 · 続きを見る »

紀元前264年

紀元前264年は、ローマ暦の年である。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争と紀元前264年 · 続きを見る »

紀元前265年

紀元前265年は、ローマ暦の年である。当時は、「クィントゥス・ファビウス・マクシムス・グルゲスとルキウス・マミリウス・ウィトゥルスが共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元489年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前265年と表記されるのが一般的となった。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争と紀元前265年 · 続きを見る »

紀元前270年

紀元前270年(きげんぜん270ねん)は、ユリウス暦以前のローマ暦を用いていた年である。ガイウス・ゲヌキウス・クレプシナとグナエウス・コルネリウス・ブラシオがローマの執政官であった(ローマ建国紀元484年にあたる)。西暦の紀年法がヨーロッパで普及した中世前期以降、この年は紀元前270年と表記されるようになった。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争と紀元前270年 · 続きを見る »

紀元前275年

紀元前275年は、ローマ暦の年である。当時は、「デンタトゥス と カウディヌスが共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元479年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世初期以降、この年は紀元前275年と表記されるのが一般的となった。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争と紀元前275年 · 続きを見る »

紀元前280年

紀元前280年は、ローマ暦の年である。当時は、「ラエヴィヌスとコルンカニウスが執政官の年」(時にはローマ建国紀元474とも)呼ばれた。紀元前280年という命名は、キリスト紀元の紀年法がヨーロッパで一般化した中世から使われ始めた。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争と紀元前280年 · 続きを見る »

紀元前288年

紀元前288年は、ローマ暦の年である。当時は、「クィントゥス・マルキウス・トレムルスとプブリウス・コルネリウス・アルウィナが共和政ローマ執政官に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、ローマ建国紀元466年)。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前288年と表記されるのが一般的となった。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争と紀元前288年 · 続きを見る »

紀元前3世紀

始皇帝陵から出土した兵馬俑の一団。 アレクサンドリアの大灯台。「世界の七不思議」の一つで、前305年から着工されプトレマイオス2世の治世(前288年 - 前246年)に完成したと伝わる。画像はその再現図。 「瀕死のガリア人」。ヘレニズム時代を代表する彫刻で小アジアのペルガモン国王アッタロス1世がガラティア人(ガリア人)に勝利した記念に作らせたものとされる。画像はローマ時代の模造でカピトリーノ美術館に所蔵されている。 アルプス越え。第二次ポエニ戦争ではカルタゴ側の将軍ハンニバルが巧みな軍略でローマ軍を翻弄した。イベリア半島から遠路はるばるアルプスを象で越え油断していたローマの背後を不意打ちしたことで有名である。 アルキメデス。シラクサ王ヒエロン2世に仕えた学者で、風呂に入ってる途中で王冠の真贋を見極める方法を発見したなど逸話に事欠かない。画像は紀元後2世紀のモザイク画でローマの兵士に殺害される寸前のアルキメデスを描いている。 ロドス島の巨像。ロドス島住民がプトレマイオス朝に与しセレウコス朝を退散させた記念にリンドスのカレスによって作られた太陽神ヘリオスの青銅の像で「世界の七不思議」の一つでもあった。画像はその再現画。 マウリア朝のアショーカ王。最初のインド統一を果たしたアショーカ王は仏教の興隆にも力を尽くした。画像はサーンチーの第一ストゥーパ(仏塔)でアショーカ王の時代に建立されシュンガ朝・アーンドラ朝で拡張された。仏塔の前に立つトーラナ(塔門)には獅子像がある。 グレコ・バクトリア王国。アレクサンドロス大王の東方遠征の残留ギリシア人によりこの王国は現在のアフガニスタンに建国された。画像はアイ・ハヌム遺跡から出土した日時計でインド天文学の影響が窺われる。 パジリク古墳群。ロシア連邦アルタイ共和国にあるスキタイ文化の影響を受けた騎馬民族の古墳で、入れ墨をした遺体と数多くの副葬品が出土した。画像は古墳の壁面覆いの「乗馬する男」。 紀元前3世紀(きげんぜんさんせいき)は、西暦による紀元前300年から紀元前201年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争と紀元前3世紀 · 続きを見る »

独裁官

裁官(どくさいかん、dictator、ディクタトル)は、共和政ローマの公職。あらゆる領域に及ぶ強大な権限を有する政務官であり、国家の非常事態に1人だけ任命された。「独裁者」の語源。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争と独裁官 · 続きを見る »

衝角

衝角が敵艦の船腹を突き破る様子を描いた模式図。水線付近の舷側装甲帯を避け、その下を突いている。 衝角(しょうかく)は、軍船の船首水線下に取り付けられる体当たり攻撃用の固定武装である。 英語では ram と呼ばれる。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争と衝角 · 続きを見る »

都市国家

都市国家(としこっか、City-state)は、ひとつの都市とその周辺地域が、独立した政体や文明としてひとつとなり、まとまった形態をなす小国家を表す。明確な要件・定義はないが、現代ではシンガポール・モナコを指す。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争と都市国家 · 続きを見る »

攻城戦

ンスタンティノープルの陥落 攻城戦(こうじょうせん、英:siege)とは敵の砦、城、城壁都市を奪取するための戦闘のことである。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争と攻城戦 · 続きを見る »

3月10日

3月10日(さんがつとおか)はグレゴリオ暦で年始から69日目(閏年では70日目)にあたり、年末まであと296日ある。.

新しい!!: 第一次ポエニ戦争と3月10日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

第1次ポエニ戦争第1次ポエニ戦役第一次ポエニ戦役

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »