ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

睡眠関連摂食障害

索引 睡眠関連摂食障害

睡眠関連摂食障害(すいみんかんれんせっしょくしょうがい)(sleep-related eating disorder; SRED)は、睡眠した状態で歩き出し、食物を食べる病気。.

9 関係: 合併症夜間摂食症候群外傷ダイエット睡眠睡眠時遊行症神経性大食症熱傷肥満

合併症

合併症(がっぺいしょう、complication)とは、「ある病気が原因となって起こる別の病気」または「手術や検査などの後,それらがもとになって起こることがある病気」の二つの意味を持つ医学用語である。類似する名称としては併発症(complication、concurrent disease)、偶発症(accidental symptom, procedural accident)というものもある。.

新しい!!: 睡眠関連摂食障害と合併症 · 続きを見る »

夜間摂食症候群

夜間摂食症候群(nocturnal eating syndrome; NES)では、不眠、夜間のむちゃ食いと朝の食欲不振が見られる。患者は夜間の食事中には完全に覚醒しており、翌日も記憶がある。 夜間入眠前ないし中途覚醒時に覚醒状態で強い摂食欲求を生じる.

新しい!!: 睡眠関連摂食障害と夜間摂食症候群 · 続きを見る »

外傷

外傷とは.

新しい!!: 睡眠関連摂食障害と外傷 · 続きを見る »

ダイエット

ダイエット(diet)とは、規定食という意味である広辞苑第六版「ダイエット」。.

新しい!!: 睡眠関連摂食障害とダイエット · 続きを見る »

睡眠

る子供 眠る家猫 睡眠(すいみん、somnus、sommeil、sleep)は、眠ること、すなわち、周期的に繰り返す、意識を喪失する生理的な状態のことであるデジタル大辞泉。ねむりとも言う。体の動きが止まり、外的刺激に対する反応が低下して意識も失われているが、簡単に目覚める状態のことをこう呼んでいる。ヒトは通常は昼間に活動し、夜間に睡眠をとる。動物では夜間に活動し、昼間に睡眠をとるものも多いブリタニカ百科事典「睡眠」。 ヒトの睡眠中は、急速眼球運動(レム, REM)が生じ、ノンレム睡眠であるステージIからステージIVの4段階と、レム睡眠を、周期90~110分で反復する。睡眠は、心身の休息、身体の細胞レベルでの修復、また記憶の再構成など高次脳機能にも深く関わっているとされる。下垂体前葉は、睡眠中に2時間から3時間の間隔で成長ホルモンを分泌する。放出間隔は睡眠によって変化しないが、放出量は多くなる。したがって、子供の成長や創傷治癒、肌の新陳代謝は睡眠時に特に促進される。また、睡眠不足は身体にとってストレスである。 2018年6月13日、筑波大学の柳沢正史教授らのチームの研究により、マウスの実験で脳内の80種類のタンパク質の働きが活性化することで眠気が誘発されることが発見されたとネイチャー電子版に発表された。同チームはタンパク質が睡眠を促すことで神経を休息させ、機能の回復につながるという見方を示し、睡眠障害の治療法開発につながる可能性を指摘した。.

新しい!!: 睡眠関連摂食障害と睡眠 · 続きを見る »

睡眠時遊行症

睡眠時遊行症(すいみんじゆうこうしょう, Sleepwalking)とは、睡眠中に発作的に起こる異常行動のことで、夢遊病や夢中遊行症(somnambulism)とも呼ばれる。睡眠障害として睡眠時随伴症(パラソムニア)のひとつに分類されるAmerican Psychiatric Association.

新しい!!: 睡眠関連摂食障害と睡眠時遊行症 · 続きを見る »

神経性大食症

経性大食症(しんけいせいたいしょくしょう、Bulimia nervosa; BN)とは、神経性過食症とも呼ばれる、一気にものを食べる摂食障害のうち、食べた物を何らかの方法で排出する浄化行動を伴うものである。過食症(かしょくしょう)、ブリミアとも呼ばれる。この場合激しく飲食した後に、過食嘔吐、下剤・利尿剤・薬物・過度の運動・絶食による代償行為を行う。代償行為を行わないものはむちゃ食い障害と言う。最悪の場合自己嫌悪から自殺を図る事もあり、その確率は拒食症のそれよりも高い。ジェラルド・ラッセル教授によって1979年に提唱され、1980年の米国精神医学会によって摂食障害として承認された。中枢性摂食異常症(摂食障害)として厚生労働省の特定疾患に指定されている。.

新しい!!: 睡眠関連摂食障害と神経性大食症 · 続きを見る »

熱傷

熱傷(ねっしょう)とは、火や高温の液体などの熱により生じる損傷を言う。通称はやけど(火傷)である。より低い温度で長時間晒されることによる低温やけどもある。化学薬品・放射線などが原因で生じる組織の損傷は化学損傷という。 症状はその重症度で診断され、強い日焼けなどは一般にI度、それ以上では浅達性II度、深達性II度、III度までの診断基準が一般的である。浅達性II度では、発赤に加え水疱や腫れを生じ傷跡は残らず、深達性II度からやや白くなり痛覚も損傷し、III度では白や茶色などに変色し痛覚もやられているため逆に無痛となる。 手のひらが全身の1%とされる。II度で15%、III度で2%以上で入院が考慮される。応急処置は、ただちに水道水など20分ほど冷やすことであり、濡れタオルなども第二の選択肢となる。冷やした後のラップは応急のドレッシング材として優れている。一般に1cm以上の水疱を除去し、予防を目的として抗生物質の投与を所定とするのは推奨されていない。火傷を覆うドレッシング材は、理想的には、湿潤環境を維持し、形を合わせやすく、非粘着性であり、つけ外ししやすく、それは痛みなく行え、感染から保護され、費用対効果がいいドレッシング材が適する。 治療は、浅達性II度では湿潤環境で保護、より深度が深い場合には植皮などほかの治療も考慮される。.

新しい!!: 睡眠関連摂食障害と熱傷 · 続きを見る »

肥満

肥満(ひまん、obesity)とは、一般的に、正常な状態に比べて体重が多い状況、あるいは体脂肪が過剰に蓄積した状況を言う。体重や体脂肪の増加に伴った症状の有無は問わない。体質性のものと症候性のものに分類できるが、後者を特に肥満症と呼ぶこともある。対義語は、羸痩(るいそう)である。主にヒトを含めた哺乳類で使われることが多い。以下ではヒトにおける肥満について論じる。ヒト以外の肥満については、などを参照のこと。中年太り(ちゅうねんぶとり)は肥満の一種。.

新しい!!: 睡眠関連摂食障害と肥満 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »