ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

真臘

索引 真臘

真臘(ចេនឡា、チャンラ /日本語読み: しんろう)は、初期のクメール人の王国。中国では真臘、ベトナムではChân Lạpとして知られている。.

32 関係: 大越史記全書中国従属国マハラジャチャンパーサック県チャオプラヤー川メコン川メコンデルタラオスローマ帝国ベトナムアンコール・ボレイとプノン・ダオケオカンボジアクメール人クメール語シャイレーンドラ朝国王王国文化扶南国550年610年612年613年628年681年706年713年774年802年8世紀

大越史記全書

大越史記全書(Đại Việt sử ký toàn thư)は、ベトナムで編纂された漢文による編年体の歴史書である。.

新しい!!: 真臘と大越史記全書 · 続きを見る »

中国

中国(ちゅうごく)は、ユーラシア大陸の東部を占める地域、および、そこに成立した国家や社会。中華と同義。 、中国大陸を支配する中華人民共和国の略称として使用されている。ではその地域に成立した中華民国、中華人民共和国に対する略称としても用いられる。 本記事では、「中国」という用語の「意味」の変遷と「呼称」の変遷について記述する。中国に存在した歴史上の国家群については、当該記事および「中国の歴史」を参照。.

新しい!!: 真臘と中国 · 続きを見る »

従属国

従属国(じゅうぞくこく、Client state)は、事実上、政治的、経済的に従属関係にある国。 狭義では、付庸国と被保護国を意味する。属国(ぞっこく)ともいう。.

新しい!!: 真臘と従属国 · 続きを見る »

マハラジャ

マハラジャ、マハーラージャ(Maharaja).

新しい!!: 真臘とマハラジャ · 続きを見る »

チャンパーサック県

チャンパーサック県 (Champasak Province) はラオス・南部の県の一つ。チャンパサック県とも。ラオス・タイ・カンボジアが接する地帯に位置する。.

新しい!!: 真臘とチャンパーサック県 · 続きを見る »

チャオプラヤー川

チャオプラヤー川(チャオプラヤーがわ、タイ語:แม่น้ำเจ้าพระยา 、ラテン文字転写:Chao Phraya)は、タイのバンコクなどを中心に流れる、タイ国内の大きな河川の一つである。.

新しい!!: 真臘とチャオプラヤー川 · 続きを見る »

メコン川

メコン川(メコンがわ、Mekong River、แม่น้ำโขง(ラテン文字転写:Mae Nam Khong)、Sông Cửu Long/瀧九龍)は、東南アジアを流れる河川。東南アジアで最長、アジア全体でも7番目に長い川である。.

新しい!!: 真臘とメコン川 · 続きを見る »

メコンデルタ

メコンデルタ(、 英語:Mekong Delta)とは、ベトナムを構成する地方の一つであり、ベトナムの南部に位置している。他にもベトナム語ではMiền Tây Nam Bộ(ミエンタイ・ナムボ、沔西南部)、とくに南部人からは単にMiền Tây(ミエンタイ、沔西)とも呼ばれる。 また、地理学においては、カンボジア東南部をふくめたメコン川下流の三角州を指す。.

新しい!!: 真臘とメコンデルタ · 続きを見る »

ラオス

ラオス人民民主共和国(ラオスじんみんみんしゅきょうわこく、ສາທາລະນະລັດ ປະຊາທິປະໄຕ ປະຊາຊົນລາວ)、通称ラオスは、東南アジアのインドシナ半島に位置する共和制国家。ASEAN加盟国、通貨はキープ、人口約691万人、首都はヴィエンチャン。 ASEAN加盟10カ国中唯一の内陸国。面積は日本の約63%に相当し、国土の約70%は高原や山岳地帯である。北は中国、東はベトナム、南はカンボジア、タイ、西はミャンマーと国境を接する。永世中立国。.

新しい!!: 真臘とラオス · 続きを見る »

ローマ帝国

ーマ帝国(ローマていこく、Imperium Romanum)は、古代ローマがイタリア半島に誕生した都市国家から、地中海にまたがる領域国家へと発展した段階以降を表す言葉である。従って厳密には古代ローマの体制が共和制だった頃を含んでいる。最盛期には地中海沿岸全域に加え、ブリタンニア、ダキア、メソポタミアなど広大な領域を版図とした。シルクロードの西の起点であり、古代中国の文献では大秦の名で登場する。 帝国という訳語があてられている事から、狭義にはオクタウィアヌスがアウグストゥスの尊称を与えられた紀元前27年からの古代ローマを指す場合もある。しかし、本来の表現からすればこの場合は帝政ローマ、またはローマ帝政期とした方が正確である。.

新しい!!: 真臘とローマ帝国 · 続きを見る »

ベトナム

ベトナム社会主義共和国(ベトナムしゃかいしゅぎきょうわこく、)、通称 ベトナム()は、東南アジアのインドシナ半島東部に位置する社会主義共和国。首都はハノイ。ASEAN加盟国、通貨はドン、人口9,250万人(2014年末)。 国土は南北に細長く、北は中華人民共和国、西はラオス、南西はカンボジアと国境を接する。東は南シナ海に面し、フィリピンと相対する。.

新しい!!: 真臘とベトナム · 続きを見る »

アンコール・ボレイとプノン・ダ

アンコール・ボレイとプノン・ダは、カンボジア南部にある扶南国の遺跡群。碑文・彫像等が出土しており、建造物が残る。.

新しい!!: 真臘とアンコール・ボレイとプノン・ダ · 続きを見る »

オケオ

(Óc Eo、អូរកែវ) は、ベトナムのメコンデルタ地方、アンザン省南部のトアイソン(Thoại Sơn)県にある考古学的な遺跡群。また今日において、オケオ市鎮はトアイソン県を構成する行政区画である。なお、クメール語で「オ・ケオ」は「水晶の運河」を意味する。 オケオには1世紀から7世紀にかけて、扶南国の最も賑わった港があったとされる。学問用語の「オケオ文化」は、この地で発掘された遺物によって特徴づけられる、古代のメコンデルタにおける文明の物質的痕跡(物質文化の項を参照)を指す。.

新しい!!: 真臘とオケオ · 続きを見る »

カンボジア

ンボジア王国(カンボジアおうこく、ព្រះរាជាណាចក្រកម្ពុជា)、通称カンボジアは、東南アジアのインドシナ半島南部の立憲君主制国家。ASEAN加盟国、通貨はリエル、人口1,513万人、首都はプノンペン。1970年にカンボジア王国が倒れてから勃発したカンボジア内戦を経て、1993年に誕生した。 南はタイランド湾に面し、西はタイ、北はラオス、東はベトナムと国境を接する。国民の90%以上が、クメール語(カンボジア語)を話し、仏教(上座部仏教)を奉ずるクメール人(カンボジア人)である。国歌は素晴らしき王国である。.

新しい!!: 真臘とカンボジア · 続きを見る »

クメール人

メール人(クメールじん)は、カンボジアを中心とする東南アジアの民族。カンボジアの総人口の約90パーセントを占めるほか、タイ東北部、ラオス南部、ベトナム南部などにも住む。身体的特徴では一般に、波状の頭髪や体毛の多さといった特徴が比較的多く見られるが、皮膚は比較的濃色である。.

新しい!!: 真臘とクメール人 · 続きを見る »

クメール語

メール語(クメールごkmភាសាខ្មែរ)は、オーストロアジア語族のモン・クメール語派に属する言語。カンボジア語とも呼ばれる。カンボジアでは、全人口の約9割を占めるクメール人(約1400万人)が用い、カンボジアの国語および公用語となっている。さらに、隣国タイ、ベトナム、ラオスのカンボジアとの国境に近い地域にも母語とする人々(約200万人)が住む。また、アメリカ、フランス、カナダ、オーストラリアなどの第三国に、(約23万人)の話者が定住している。 ISO 639による言語コードは ISO 639-1: km、ISO 639-2: khm。.

新しい!!: 真臘とクメール語 · 続きを見る »

シャイレーンドラ朝

ャイレーンドラ朝(しゃいれーんどらちょう、英語;Sailendra,インドネシア語;Wangsa Syailendra、752年? - 832年?)は、8世紀半ばから9世紀前半にかけてジャワ島中部に建てられた王朝。シャイレーンドラはサンスクリット語で「山からの王」「山の王家」という意味。王家は、サンスクリット語と北インド系の文字を使用し、大乗仏教を信奉した。.

新しい!!: 真臘とシャイレーンドラ朝 · 続きを見る »

国王

国王(こくおう、英語:king, フランス語:roi, ドイツ語:König, ノルド語:kong, ラテン語:rex)は、国の君主(王)を指し、その称号(君主号)でもある。特に男性である場合(男王)を指す。.

新しい!!: 真臘と国王 · 続きを見る »

王国

王国(おうこく)は、君主制の国家のうち、国王を元首とする国家を指す。.

新しい!!: 真臘と王国 · 続きを見る »

文化

文化(ぶんか、)にはいくつかの定義が存在するが、総じていうと人間が社会の成員として獲得する振る舞いの複合された総体のことである。社会組織(年齢別グループ、地域社会、血縁組織などを含む)ごとに固有の文化があるとされ、組織の成員になるということは、その文化を身につける(身体化)ということでもある。人は同時に複数の組織に所属することが可能であり、異なる組織に共通する文化が存在することもある。もっとも文化は、次の意味で使われることも多い。.

新しい!!: 真臘と文化 · 続きを見る »

扶南国

扶南国(ふなんこく)は、1世紀から7世紀にかけてメコン川下流域(現在のカンボジア、ベトナム南部)からチャオプラヤーデルタにかけて栄えたヒンドゥー教・仏教(5世紀以降)の古代国家。.

新しい!!: 真臘と扶南国 · 続きを見る »

550年

記載なし。

新しい!!: 真臘と550年 · 続きを見る »

610年

記載なし。

新しい!!: 真臘と610年 · 続きを見る »

612年

記載なし。

新しい!!: 真臘と612年 · 続きを見る »

613年

記載なし。

新しい!!: 真臘と613年 · 続きを見る »

628年

記載なし。

新しい!!: 真臘と628年 · 続きを見る »

681年

記載なし。

新しい!!: 真臘と681年 · 続きを見る »

706年

記載なし。

新しい!!: 真臘と706年 · 続きを見る »

713年

記載なし。

新しい!!: 真臘と713年 · 続きを見る »

774年

記載なし。

新しい!!: 真臘と774年 · 続きを見る »

802年

記載なし。

新しい!!: 真臘と802年 · 続きを見る »

8世紀

イスラム帝国の拡大。ウマイヤ朝時代までにイスラム帝国は中央アジアからイラン・イラクを経て、エジプト・北アフリカを超えてイベリア半島まで拡がった。 ウマイヤド・モスク。ウマイヤ朝第6代カリフのワリード1世により705年にシリアのダマスカスに建築された現存する世界最古のモスクで、カアバ・預言者のモスク・岩のドームに次ぐイスラム教第4の聖地として巡礼者が絶えない。 イスラムの書法。すでに正統カリフ時代にはクルアーンの編纂が行われていたが、この世紀になると洗練された書体が生み出され用いられた。画像はアッバース朝初期に置かれた都クーファの名から「クーフィー体」と呼ばれた書体によるクルアーンの一節。 円城(ムダッワラ)都市バグダード。アッバース朝の第二代カリフ・マンスールによって766年に完成したこの都市はティグリス川に面した交通の要衝で最盛期にはその人口は100万人を擁した。アラビア語で「平安の都」を意味するマディーナ・アッ=サラームとも呼ばれる。画像はアッバース朝時代のバグダードの再現地図。 エローラ石窟群。画像は8世紀にインドのラーシュトラクータ朝の君主クリシュナ1世によりヒンドゥー教のシヴァ神の住むカイラス山(須弥山)になぞらえて建てられた第16窟のカイラサナータ寺院。 ボロブドゥール遺跡。インドネシアのジャワ島ケドゥ盆地にある大規模な仏教遺跡で、シャイレンドラ朝のダルマトゥンガ王時代に造営された。 唐の世界帝国。西域での覇権を確立した唐は華やかな異文化交流で知られることになる。画像は706年に造営された章懐太子李賢の墓の壁画「賓客図」で、黒衣で禿頭の人物は東ローマ帝国の使節と考えられている。 楊貴妃。絶世の美女として名高いばかりでなく、治世後半の玄宗皇帝の寵愛をほしいままにしたことで「傾城」とも「傾国」とも呼ばれる。安禄山の乱に巻き込まれ悲劇的な最期を遂げた。画像は日本の上村松園による歴史画。 大秦景教流行中国碑。781年にキリスト教ネストリウス派(景教)信者で中央アジア出身の伊斯がその伝来の経緯を記録した石碑。画像はその拓本の一部で、碑題の上に十字架があるのが読み取れる。 唐三彩の駱駝。8世紀前半まで唐は中央アジアの覇権を握り交通の要衝を保持していた。画像は駱駝に乗るソグド人と思われる西域の商人(上海博物館蔵)。 国立アジア美術館(ベルリン美術館)蔵)。 天平文化。遣唐使の頻繁な行き来により盛唐の文物が招来され、710年に遷都された平城京では国際色の豊かな文化が花開いた。画像はこの時代を代表する東大寺法華堂執金剛神。 平安遷都。桓武天皇により平城京から長岡京を経て平安京に都が遷った。平安京は長きにわたって都となり「千年の都」と呼ばれるようになる。画像は桓武天皇の肖像(延暦寺蔵)。 キー・ローのモノグラムの頁(Folio 34r)でトリニティ・カレッジ (ダブリン大学)図書館が所蔵している。 アーヘン大聖堂宝物館のカール大帝の胸像。カール大帝の800年の「西ローマ帝国復興」は東ローマ帝国との間に「二帝問題」の軋轢を生んだ。 8世紀(はちせいき、はっせいき)は、西暦701年から西暦800年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: 真臘と8世紀 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

真臘国

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »