ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

真獣下綱

索引 真獣下綱

真獣下綱(しんじゅうかこう;Eutheria)とはヒトを含む有胎盤哺乳類を包括する分類群である。有袋類と絶滅した近縁種を含んだ後獣下綱とは姉妹群である。正獣下綱、真獣類、正獣類などとも。 哺乳類の現生種はおよそ4300種だが、うち約4,000が真獣下綱である。また生物地理的な分布においては、オーストラリア区に限られる原獣亜綱(カモノハシ目 / 単孔類)やオーストラリア区及び新北区、新熱帯区のみとなる後獣下綱(有袋類)などとは異なり、ほぼ全世界に分布している。.

72 関係: 原獣亜綱大臼歯妊娠子宮完新世岡田典弘中国中生代丸善雄松堂後獣下綱北方真獣類ネコ目ネズミ目ハネジネズミハリネズミ科ハツカネズミハイラックスムツオビアルマジロレトロトランスポゾンローラシア獣上目トマス・ヘンリー・ハクスリートガリネズミ目ブルーバックスヒヨケザル目ツチブタツパイ目分子時計アルマジロアフリカトガリネズミ目アフリカゾウアフリカ獣上目ウマ目ウサギ目エオマイアオーストラリア区カモノハシ目コウモリザランブダレステスジュゴン目センザンコウゾウ目タクソンタスマニアデビルサル目ササヤマミロス獣亜綱現代種 (分類学)真主齧上目絶滅...生物地理学異節上目目 (分類学)白亜紀遠藤秀紀講談社鯨偶蹄目胎児胎生胎盤K-Pg境界SBクリエイティブ東京大学出版会東京工業大学有袋類有毛目最も近い共通祖先新北区新生代新熱帯区1880年 インデックスを展開 (22 もっと) »

原獣亜綱

原獣亜綱(げんじゅうあこう、Prototheria)は、哺乳綱の1亜綱。目としては単孔目(カモノハシ目)のみからなる。 哺乳類を構成する3つの亜綱のうち1つで、他の2つは絶滅した異獣亜綱と、単孔目以外の現生哺乳類全てを含む獣亜綱である。 単孔目のほか、単孔目に近縁と考えられる目不明の絶滅群が含められることがある。かつては梁歯目を含めることがあったが、現在は梁歯目はより原始的なグループとして哺乳類からも外されることが多い。 原獣亜綱の代わりに、あるいは原獣亜綱と単孔目の間に、Yinotheria、Australosphenidaといった分類群を置くこともある。 Category:哺乳類 Category:単孔目.

新しい!!: 真獣下綱と原獣亜綱 · 続きを見る »

大臼歯

赤い部分がヒトの大臼歯 大臼歯(だいきゅうし、Molar)とは、ほとんどの哺乳類において歯列の一番後方(小臼歯の遠心側)にある歯で、通常、食物を噛み潰し、挽く用途で使われるので、「臼」の歯という意味で大臼歯と名づけられた。.

新しい!!: 真獣下綱と大臼歯 · 続きを見る »

妊娠

妊娠している女性(妊婦) 妊娠(にんしん、英:pregnancy)とは、受精卵が卵管内を移動し、子宮内膜表面に着床し、母体と機能的に結合し、(胎盤から臍帯を介して)栄養や酸素の供給を受けて成長し、やがては出産にいたるまでの生理的経過(およびその状態)を指す。.

新しい!!: 真獣下綱と妊娠 · 続きを見る »

子宮

子宮(しきゅう、uterus)とは、哺乳類のメスの生殖器の一つ(単孔類を除く)。前立腺小室に相同する。.

新しい!!: 真獣下綱と子宮 · 続きを見る »

完新世

完新世(かんしんせい、Holocene)は地質時代区分(世)のうちで最も新しい時代である。第四紀の第二の世であると同時に、現代を含む。かつての沖積世(Alluvium)沖積世の名は、地質学に時期区分が導入された17世紀のヨーロッパでこの時代の地層がノアの洪水以降に生成されたと信じられたことによる。現在では神話に結びつけることは望ましくないことと、より厳密な定義が必要とされたことにより、この区分名は使われなくなった。とはほぼ同義である。 最終氷期が終わる約1万年前から現在まで(近未来も含む)を指し、その境界は、大陸ヨーロッパにおける氷床の消滅をもって定義された。現在は、グリーンランド中央部から採取された氷床コアの研究に基づき、GSSPによってその下限が定義され、0.011784Ma (1万1,784年前)以降の時代を指すとされている。.

新しい!!: 真獣下綱と完新世 · 続きを見る »

岡田典弘

岡田 典弘(おかだ のりひろ、1947年10月17日 - )は、日本の分子進化学者。系統関係を決定する為の新しい手法、いわゆるレトロポゾン法を考案し、これを用いてクジラらとカバが近縁であることを証明した。東京工業大学大学院生命理工学研究科教授を定年退職後、現在東工大名誉教授、国際科学振興財団主席研究員/シーラカンス研究所所長および国立成功大学教授(台湾)。北里大学客員教授。.

新しい!!: 真獣下綱と岡田典弘 · 続きを見る »

中国

中国(ちゅうごく)は、ユーラシア大陸の東部を占める地域、および、そこに成立した国家や社会。中華と同義。 、中国大陸を支配する中華人民共和国の略称として使用されている。ではその地域に成立した中華民国、中華人民共和国に対する略称としても用いられる。 本記事では、「中国」という用語の「意味」の変遷と「呼称」の変遷について記述する。中国に存在した歴史上の国家群については、当該記事および「中国の歴史」を参照。.

新しい!!: 真獣下綱と中国 · 続きを見る »

中生代

中生代(ちゅうせいだい、Mésozoïque、Mesozoic era)は、古生代・中生代・新生代と分かれる地質時代の大きな区分の一つである。約2億5217万年前から約6600万年前に相当し、恐竜が生息していた時期にほぼ対応する。 中生代は、さらに以下の3つの紀に細分される。.

新しい!!: 真獣下綱と中生代 · 続きを見る »

丸善雄松堂

丸善雄松堂株式会社(まるぜんゆうしょうどう、)は、日本の大手書店、出版社、専門商社。文化施設の建築・内装、図書館業務のアウトソーシング等も行い、幅広い業務を手がけている。大日本印刷の子会社である丸善CHIホールディングスの完全子会社である。 なお、かつての丸善石油(後のコスモ石油)、「チーかま」など珍味メーカーの丸善、業務用厨房機器メーカーのマルゼン、エアソフトガンメーカーのマルゼンとは無関係である。 本店は東京都中央区日本橋二丁目に、本社事務所は港区海岸一丁目にある。.

新しい!!: 真獣下綱と丸善雄松堂 · 続きを見る »

後獣下綱

後獣下綱(こうじゅうかこう、Metatheria)は、哺乳類の分類群(タクソン)のひとつで下綱の階級にあるもの。カンガルーなどの有袋類が含まれる。.

新しい!!: 真獣下綱と後獣下綱 · 続きを見る »

北方真獣類

北方真獣類(ほっぽうしんじゅうるい、)または北方獣類 ()は、真獣類有胎盤類のクレードの1つ。ローラシア獣類と真主齧類からなる上位のクレードである。単に英語読みでボレオユーテリアとも言う。 このクレードは現在、DNA配列の解析に加え、レトロトランスポゾンの有無のデータによっても、よく支持されている。.

新しい!!: 真獣下綱と北方真獣類 · 続きを見る »

ネコ目

ネコ目(ネコもく)は脊椎動物亜門 哺乳綱に属する動物の分類群。食肉目(しょくにくもく)、食肉類(しょくにくるい)ともいう。 本来は捕食者として特化したグループであり、獲物を捕えるのに必要な目、耳、鼻、触毛(ひげ)などの感覚器官と知能がよく発達しており、運動能力も高い。.

新しい!!: 真獣下綱とネコ目 · 続きを見る »

ネズミ目

ネズミ目 (ネズミもく、) は脊椎動物亜門 哺乳綱の目の1つ。齧歯目(げっしもく)、齧歯類(げっしるい)ともいう。リス、ネズミ、ヤマアラシなどが含まれる。現在の哺乳類で最も繁栄しているグループであり、現生哺乳類全種(4300-4600種)の約半数に当たる2000-3000種を占める。生息域は、南極大陸を除く全大陸、およびほとんどすべての島。さまざまな環境に適応した多様な種が存在する。.

新しい!!: 真獣下綱とネズミ目 · 続きを見る »

ハネジネズミ

ハネジネズミ(跳地鼠)は、ハネジネズミ目ハネジネズミ科に属する哺乳類の総称。 ハネジネズミ科は、以前は食虫目(のちに食虫目がモグラ目と呼ばれるようになる以前)に分類されていたが、最近の分類では、独立した目とされることが多い。現生は1目1科。目名は、学名の直訳は長脚目(長脚類)だが、ハネジネズミ目とも呼ばれる。 長く伸びた鼻と大きな目、跳躍に適した長い後肢をもつ、ネズミに似た昆虫食の動物である。英語ではその長い鼻から Elephant-shrew (ゾウ-トガリネズミ)と呼ばれる。また、一部の学者は系統が遠い事が判明したトガリネズミとの混同を避け、センギ (sengi) と呼んでいる。 。体長と比べて長い足をもち、いずれも四足歩行をする。鼻の長さは種によってさまざまで、食物を探すためにいろいろな方向に曲げることができる。通常は昆虫など小さな虫を食料としており、甲虫、クモ、ミミズ、アリ、シロアリなどを地面に落ちた葉の中から探して捕食する。木の果実や緑の木の葉を食料とすることもある。テングハネジネズミ種は、バンディクートのように地面に穴を掘る。.

新しい!!: 真獣下綱とハネジネズミ · 続きを見る »

ハリネズミ科

ハリネズミ科(ハリネズミか、Erinaceidae)は、ハリネズミ形目に含まれる科。本科のみでハリネズミ形目を形成する。トガリネズミ目とは近縁で、あわせて真無盲腸類をなす。.

新しい!!: 真獣下綱とハリネズミ科 · 続きを見る »

ハツカネズミ

ハツカネズミ(二十日鼠、廿日鼠、鼷、House mouse)は、ネズミ目(齧歯目)ネズミ科 ハツカネズミ属の1種である。学名は Mus musculus。.

新しい!!: 真獣下綱とハツカネズミ · 続きを見る »

ハイラックス

ハイラックスは、哺乳綱イワダヌキ目(イワダヌキもく、Hyracoidea)に分類される構成種の総称。ハイラックス科のみが現生する。.

新しい!!: 真獣下綱とハイラックス · 続きを見る »

ムツオビアルマジロ

ムツオビアルマジロ(学名:Euphractus sexcinctus)は、南アメリカに分布するアルマジロの1種である。.

新しい!!: 真獣下綱とムツオビアルマジロ · 続きを見る »

レトロトランスポゾン

レトロトランスポゾン (Retrotransposon) は、トランスポゾンつまり「可動遺伝因子」の一種であり、多くの真核生物組織のゲノム内に普遍的に存在する。レトロトランスポゾンは、自分自身を RNA に複写した後、逆転写酵素によって DNA に複写し返されることで移動、つまり「転移」する。DNA 型トランスポゾン(狭義のトランスポゾン)が転移する場合と異なり、レトロトランスポゾンの転移では、DNA 配列の複製が起こる。「レトロトランスポゾン」は「レトロポゾン (retroposon)」とも呼ばれる。 レトロトランスポゾンは、植物では特に多く、しばしば核 DNA の主要成分となる。例えば、トウモロコシでは、ゲノムの 80%、コムギでは、ゲノムの 90% がレトロトランスポゾンである。.

新しい!!: 真獣下綱とレトロトランスポゾン · 続きを見る »

ローラシア獣上目

ーラシア獣上目(ローラシアじゅうじょうもく、)は、哺乳類真獣下綱の現生群(有胎盤類)の4つの下位タクソン(分類群)の1つ。ローラシアテリアとも。 DNA配列を解析してレトロトランスポゾンの有無データによって定義された。「ローラシア獣」の名前は、これらの動物が、パンゲア超大陸の分裂時にゴンドワナ大陸と分かれたローラシア大陸で進化したという説によるもの。姉妹群は真主齧上目で、あわせて単系統ボレオユーテリア(北方真獣類)をなす。.

新しい!!: 真獣下綱とローラシア獣上目 · 続きを見る »

トマス・ヘンリー・ハクスリー

トマス・ヘンリー・ハクスリー(Thomas Henry Huxley、1825年5月4日 - 1895年6月29日)は、イギリスの生物学者。姓はハックスリー、ハクスレーと表記されることもある。「ダーウィンの番犬(ブルドッグ)」の異名で知られ、チャールズ・ダーウィンの進化論を弁護した。 リチャード・オーウェンとの論争においては、人間とゴリラの脳の解剖学的構造の類似を示して進化論を擁護した。 興味深いことにハクスリーは、ダーウィンのアイディアの多くに反対であった(たとえば漸進的な進化)。そして、自然選択よりも唯物論的科学を弁護することに興味を示した。 科学啓蒙家としての才能があった。「不可知論」の語を作って自らの信仰を表現した。 ハクスリーは「生物発生説(続生説ともいう、生物の細胞は他の生物の細胞からのみ発生する説)」と「自然発生説(無生物から生物が発生するという説)」の概念を作ったと信じられている。.

新しい!!: 真獣下綱とトマス・ヘンリー・ハクスリー · 続きを見る »

トガリネズミ目

トガリネズミ目 (Soricomorpha) は哺乳類の目の一つである。トガリネズミ形目ともいう本川雅治、下稲葉さやか、鈴木聡 「」『哺乳類科学』第46巻 2号、日本哺乳類学会、2006年、181-191頁。。かつては旧モグラ目(食虫目、正確には無盲腸目)という大きな目に含まれるトガリネズミ亜目であったが、旧モグラ目が単系統ではないことが分かり、アフリカトガリネズミ目、ハネジネズミ目、ハリネズミ目が分離され、下記に示す4つの科が残ってトガリネズミ目となった(「モグラ目」自体は廃止された)。トガリネズミ目とハリネズミ目は近縁で、あわせて真無盲腸類をなす。 トガリネズミ目で最小の種は Suncus etruscus (コビトジャコウネズミ) で体長が約3.5cm、体重が2gに過ぎない。最大の種は Solenodon cubanus (キューバソレノドン)で体長は32cm、体重は1000gある。.

新しい!!: 真獣下綱とトガリネズミ目 · 続きを見る »

ブルーバックス

ブルーバックスは、講談社が刊行している新書で、自然科学全般の話題を一般読者向けに解説・啓蒙しているシリーズである。1963年に創刊され、2018年時点でシリーズの数は2000点を超える。 科学は難解である、という先入観を払拭し、多角的観点からの研究を行い、多くの人々が科学への興味と科学的な視点を培うことを目標としている。キャッチコピーは「科学をあなたのポケットに」。「マンガ パソコン通信入門」(画:永野のりこ)など漫画形式もある。 講談社ブルーバックスのホームページ上に一部の書籍の正誤表が公開されている。2013年4月18日からブルーバックスの前書きを集めて公開するサイト「前書き図書館」をオープンした。 内容に関連したデータを収録したCD-ROMがついたシリーズも一時期刊行されていた。またカバーの角を10枚切り取って講談社に郵送すると特製ブックカバーがもれなく返送されてくるサービスがあったが、現在は廃止となっている。 洋書の翻訳もある。.

新しい!!: 真獣下綱とブルーバックス · 続きを見る »

ヒヨケザル目

ヒヨケザル目(ヒヨケザルもく)は脊椎動物亜門 哺乳綱の1目。皮翼目(ひよくもく)とも呼ばれる。.

新しい!!: 真獣下綱とヒヨケザル目 · 続きを見る »

ツチブタ

ツチブタ(土豚、)は、ツチブタ目(管歯目)ツチブタ科ツチブタ属に分類される哺乳類。ツチブタ目・ツチブタ科・ツチブタ属それぞれの唯一の現生種である。.

新しい!!: 真獣下綱とツチブタ · 続きを見る »

ツパイ目

ツパイ目(ツパイもく、Scandentia)は脊椎動物亜門 哺乳綱の1目。登木目・登攀目などとも呼ばれる。現生では2科5属16種のみがツパイ目に属する。ツパイ()と総称される。古くは「キネズミ」と呼ばれた。 外見、行動はリスに似ているが、系統的には全く別の動物である。昆虫や果実を食べ、東南アジアの熱帯雨林に生息している。樹上性で、長い尾を持ち、やや細身のリスのような姿である。頭部は鼻が尖り、耳が小さい。 基本的な体の構成はモグラ目のものに似ている。しかし、脳や目が大きい点でサル目に似た外観を有するが、サル目に比べ原始的な頭骨の特徴を持つ。そのため、最も原始的な霊長目(のちのサル目)のメンバーと考えられたこともあった。 現在では、その形質は非常に原始的な哺乳類の特徴をよく残したものであると認められ、独立した目とされている。.

新しい!!: 真獣下綱とツパイ目 · 続きを見る »

分子時計

分子時計(ぶんしどけい、Molecular clock)とは、生物間の分子的な違いを比較し、進化過程で分岐した年代を推定したものの仮説。分子進化時計とも呼ばれることがある。.

新しい!!: 真獣下綱と分子時計 · 続きを見る »

アルマジロ

アルマジロ(Armadillo)は、哺乳綱異節上目被甲目(Cingulata)に属する動物の総称。アルマジロ科(Dasypodidae)のみが現生する。.

新しい!!: 真獣下綱とアルマジロ · 続きを見る »

アフリカトガリネズミ目

アフリカトガリネズミ目(アフリカトガリネズミもく、)は、哺乳綱獣亜綱真獣下綱アフリカ獣上目に属する目である。テンレック目 とも。 アフリカ大陸とマダガスカル島に生息する、トガリネズミに似た小動物である。.

新しい!!: 真獣下綱とアフリカトガリネズミ目 · 続きを見る »

アフリカゾウ

アフリカゾウ(Loxodonta africana)は、長鼻目ゾウ科アフリカゾウ属に分類されるゾウ。.

新しい!!: 真獣下綱とアフリカゾウ · 続きを見る »

アフリカ獣上目

アフリカ獣上目(アフリカじゅうじょうもく、)は、哺乳類のクレード(上目)で、キンモグラ、ハネジネズミ、テンレック、ツチブタ、ハイラックス、ゾウ、マナティー等が含まれる。.

新しい!!: 真獣下綱とアフリカ獣上目 · 続きを見る »

ウマ目

ウマ目(ウマもく)または奇蹄目(きていもく)、奇蹄類(きているい)(Perissodactyla)は、哺乳綱の一目。 ウシ目(偶蹄目、現鯨偶蹄目)と共に四肢の先端に蹄(ひづめ)を持つことが特徴で、他のゾウ目(長鼻目)などと併せて有蹄類と称することもある。.

新しい!!: 真獣下綱とウマ目 · 続きを見る »

ウサギ目

ウサギ目(ウサギもく、Lagomorpha)は、哺乳綱に含まれる目。.

新しい!!: 真獣下綱とウサギ目 · 続きを見る »

エオマイア

マイア化石のレプリカ。アメリカ自然史博物館にて。 エオマイア (Eomaia scansoria) は中生代前期白亜紀バレミアン期に生息した最初期の真獣類とされる絶滅哺乳類。現在のすべての有胎盤哺乳類の祖先、あるいは祖先に近縁な種である。学名は「黎明期の母」を意味し、中国名は「始祖獣(しそじゅう)」である。化石は中国遼寧省の義県層から出土した。.

新しい!!: 真獣下綱とエオマイア · 続きを見る »

オーストラリア区

ーストラリア区 (オーストラリアく、Australasia)は、生物地理区の一区分で、オーストラリア、ニュージーランド、および周辺諸島を含むエリアで、いわゆるオーストララシアに相当する。 面積:770万 km2。 東洋区とは、ウォーレス線(ロンボク海峡からマカッサル海峡)で分離している。ウォーレス線の北端は、フィリピン諸島の南端か北端かで2説ある。 オーストラリア大陸は、長期間、孤立した大陸であるため、特異な生物グループが生息している。.

新しい!!: 真獣下綱とオーストラリア区 · 続きを見る »

カモノハシ目

モノハシ目(カモノハシもく、学名: )は、脊椎動物亜門 哺乳綱に属する動物の分類群である。単孔目(たんこうもく)、単孔類(たんこうるい)、一穴目(いっけつもく)ともいう。この学名の単孔(一穴)は総排出腔を意味する。 これらは、カモノハシ科と2つの化石科を含むカモノハシ亜目 と、ハリモグラ科を含むハリモグラ亜目 に分かれる。それぞれをカモノハシ目、ハリモグラ目(学名は同じ)とすることもある。混乱を防ぐため、ここでは、 の意味では単孔目と添えることとする。 現存するのはカモノハシ科とハリモグラ科のみで、化石種を含めても4科しかいない。現生群はわずか2科3属5種しかいないが、オーストラリア区に広く分布する。.

新しい!!: 真獣下綱とカモノハシ目 · 続きを見る »

コウモリ

ウモリ(蝙蝠)は、脊椎動物亜門哺乳綱コウモリ目に属する動物の総称である。別名に天鼠(てんそ)、飛鼠(ひそ)がある。 コウモリ目は翼手目ともいう。約980種程が報告されているが、その種数は哺乳類全体の4分の1近くを占め、ネズミ目(齧歯類)に次いで大きなグループとなっている。極地やツンドラ、高山、一部の大洋上の島々を除く世界中の地域に生息している。.

新しい!!: 真獣下綱とコウモリ · 続きを見る »

ザランブダレステス

ランブダレステス(Zalambdalestes)は中生代白亜紀後期のモンゴルに生息していた小型有胎盤哺乳類。属名の「ザ」は定冠詞、「ランブダ.

新しい!!: 真獣下綱とザランブダレステス · 続きを見る »

ジュゴン目

ュゴン目(ジュゴンもく)もしくは海牛目(かいぎゅうもく)は、海生哺乳動物の分類名。ジュゴンとマナティーの仲間が含まれる。現生種では2科4種のみの小さなグループである。.

新しい!!: 真獣下綱とジュゴン目 · 続きを見る »

センザンコウ

ンザンコウ(穿山甲、Pangolin)は、センザンコウ目(有鱗目、鱗甲目)センザンコウ科(1目1科)に属する哺乳類の総称である。.

新しい!!: 真獣下綱とセンザンコウ · 続きを見る »

ゾウ目

ゾウ目(ゾウもく、)は、現生最大の陸棲動物を含む植物食哺乳類の分類群(タクソン)である。 長鼻目〈ちょうび もく〉・長鼻類〈ちょうび るい〉とも。分類体系によっては長鼻亜目・長鼻小目とも(下目とされることはまれ)。 アフリカ大陸に起源を持つグループであるアフリカ獣類に属し、テティス海の岸辺(アジア大陸南端地域およびアフリカ大陸北端地域)で進化的飛躍を遂げたテティス獣類に含まれる1目。ゾウ(象)およびその近縁群を含む。.

新しい!!: 真獣下綱とゾウ目 · 続きを見る »

タクソン

タクソン(taxon、複:タクサ、taxa)とは、生物の分類において、ある分類階級に位置づけられる生物の集合のこと。訳語としては分類群(ぶんるいぐん)という用語が一般的である。taxonomic unit、taxonomical groupと同義。.

新しい!!: 真獣下綱とタクソン · 続きを見る »

タスマニアデビル

タスマニアデビル(学名:Sarcophilus harrisii)は、哺乳綱フクロネコ目フクロネコ科タスマニアデビル属に分類される現生で世界最大の肉食有袋類。別名、フクログマ、フクロアナグマ、フクロクズリとも。.

新しい!!: 真獣下綱とタスマニアデビル · 続きを見る »

サル目

霊長目(れいちょうもく、Primates)は、哺乳綱に含まれる目。サル目(サルもく)とも呼ばれる。キツネザル類、オナガザル類、類人猿、ヒトなどによって構成され、約220種が現生する。 生物学的には、ヒトはサル目の一員であり、霊長類(=サル類)の1種にほかならないが、一般的には、サル目からヒトを除いた総称を「サル」とする。.

新しい!!: 真獣下綱とサル目 · 続きを見る »

ササヤマミロス

ヤマミロス (Sasayamamylos) とは、約1億1200万年前の白亜紀前期のアルビアン(アルブ期)前期に存在した、真獣下綱(真獣類)に属する哺乳類の一属である。模式種はササヤマミロス・カワイイ (Sasayamamylos kawaii) 、神戸新聞、2013年3月27日、朝日新聞、2013年3月27日、産経新聞、2013年3月28日。ササヤマミュロスとも呼ばれる。.

新しい!!: 真獣下綱とササヤマミロス · 続きを見る »

獣亜綱

獣亜綱 (Theria) または真獣亜綱は哺乳綱に属する分類群の一つで、分類学においては亜綱の階級が与えられる。現存する哺乳類のほぼ全ての種がこの分類群に属している。このグループは、歯列などの形態により、真獣下綱と後獣下綱にさらに分類される。これに含まれないのはカモノハシとハリモグラなどカモノハシ目(単孔目)のもので、それらは原獣亜綱にまとめる。.

新しい!!: 真獣下綱と獣亜綱 · 続きを見る »

現代

代(げんだい)は、その時代が言及される時点において、現に今、進行している時代である。.

新しい!!: 真獣下綱と現代 · 続きを見る »

種 (分類学)

(しゅ)とは、生物分類上の基本単位である。2004年現在、命名済みの種だけで200万種あり、実際はその数倍から十数倍以上の種の存在が推定される。新しい種が形成される現象、メカニズムを種分化という。 ラテン語の species より、単数の場合は省略形 sp.

新しい!!: 真獣下綱と種 (分類学) · 続きを見る »

真主齧上目

真主齧上目(しんしゅげつじょうもく、)は、遺伝子配列解析とレトロトランスポゾン・マーカーのデータに基づく哺乳綱の上目である。ネズミ目とウサギ目からなるグリレス大目と、ツパイ目・サル目・ヒヨケザル目からなる真主獣大目とを統括する。『小学館の図鑑NEO 大むかしの生物』(小学館)や『新版 絶滅哺乳類図鑑』(丸善出版)では真主獣山鼠類という訳語が用いられている。超霊長類 とも呼ばれる。 真主齧上目は、おそらく8500–9500万年前の白亜紀に、姉妹群であるローラシア獣上目と分かれた。この仮説は、化石と分子生物学的証拠の両方に裏付けられている。 上目内の類縁関係は以下のように考えられる:.

新しい!!: 真獣下綱と真主齧上目 · 続きを見る »

絶滅

絶滅(ぜつめつ)とは、一つの生物種の全ての個体が死ぬことによって、その種が絶えること。種全体に対してではなく個体群に対して用いることもある。ただし野生のものも含めて全ての個体の死亡を確認するのは難しく、絶滅したとされた種の個体が後になって生存を確認されることもある。 また、IUCNレッドリストのカテゴリーである「Extinct」の訳語としても用いられる。.

新しい!!: 真獣下綱と絶滅 · 続きを見る »

生物地理学

生物地理学(せいぶつちりがく、英語:biogeography、biological geography)は、地球上の生物の分布や生態系について、地理空間や地質年代との関係を研究する自然科学の一部門である。 個体群や生物群集は、地理的勾配(緯度、高度、空間的な隔離、生息環境)にしたがって異なる適応が観察され、地理的勾配に依存した強い規則性を持っている。 私たちヒトの初期の祖先が、自然地理を予測し、異なる様々な環境に適応してきたように、生物の数や種類の空間的変化を知ることは極めて重要である。 生物地理学は生態学、進化生物学、地質学、自然地理学の概念や情報を統合した、学際的な探求分野である。 扱う対象によって動物地理学・植物地理学等に分けられることもあるが、植物と動物の間には、共進化や食う食われるの関係などの密接な種間関係があり、分布の状況が似る傾向があるため、生物地理学として一括で扱われることが多い。 特定の地域(あるいは地球全体)の生態の解明に重点を置いた生態地理学、生態の区分論・区分の成立過程を解明する区系地理学、そしてプレートテクトニクス理論と生物分布の変遷の関係を解明する歴史生物地理学に細分化されるが、現在は歴史生物地理学が主体的で、古生物学との連携も大きい。こうした分布域とプレートの動きの連関を探るには、広範な分野への関心が必須である。 現代の生物地理学研究は、生物の分散に関する生理的、生態的制約から、世界的な空間スケールや進化的なタイムスケールではたらいている地理的、気候的現象まで、多くの分野の情報やアイデアを組み合わせている。.

新しい!!: 真獣下綱と生物地理学 · 続きを見る »

異節上目

上目(いせつじょうもく、Xenarthra)は哺乳綱獣亜綱真獣下綱(正獣下綱 / 有胎盤類)の1上目。異節類(いせつるい)。現生正獣類の4つの単系統群の1つである。.

新しい!!: 真獣下綱と異節上目 · 続きを見る »

目 (分類学)

(もく、order、ordo)は、生物分類学のリンネ式階級分類における基本的階級のひとつ、および、その階級に属するタクソンのことである。 目は、綱の下・科の上に位置する。さらに、目の上に上目(じょうもく、英: superorder、羅: supraordo)をおく場合もある。目の下に亜目(あもく、英: suborder、羅: subordo)、亜目の下に下目(かもく、英: infraorder、羅: infraordo)、下目の下に小目(しょうもく、英: parvorder、羅: parvordo)を置くことがある。.

新しい!!: 真獣下綱と目 (分類学) · 続きを見る »

白亜紀

白亜紀(はくあき、白堊紀、Cretaceous period)とは、地球の地質時代の一つで、約1億4500万年前から6600万年前を指す。この時代は、ジュラ紀に続く時代であり中生代の終わりの時代でもある。次の時代は、新生代古第三紀の暁新世である。 「白堊」の「堊(アク; アと読むのは慣習)」の字は粘土質な土、すなわち石灰岩を意味し、石灰岩の地層から設定された地質年代のため白堊紀の名がついた。また「白亜」の「亜」は、「堊」の同音の漢字による書きかえである。.

新しい!!: 真獣下綱と白亜紀 · 続きを見る »

遠藤秀紀

遠藤 秀紀(えんどう ひでき、1965年 - )は日本の獣医学者、比較解剖学者。東京大学総合研究博物館教授。研究分野は比較形態学、遺体科学。 東京都生まれ。国立科学博物館動物研究部研究員、京都大学霊長類研究所教授を経て、2008年より東京大学総合研究博物館教授。ジャイアントパンダの“第七の指”(副手根骨)の発見者。.

新しい!!: 真獣下綱と遠藤秀紀 · 続きを見る »

講談社

株式会社講談社(こうだんしゃ、英称:Kodansha Ltd.)は、日本の総合出版社。創業者の野間清治の一族が経営する同族企業。.

新しい!!: 真獣下綱と講談社 · 続きを見る »

鯨偶蹄目

偶蹄目(くじらぐうていもく・げいぐうていもく)は、哺乳綱の1目。クジラ偶蹄目とも書く。鯨偶蹄類、鯨偶蹄上目などとすることもある。カナ書きの原則ではクジラウシ目とされることもある。 遺伝子手法で明らかになった系統にもとづく新しい目で、旧来の偶蹄目(ウシ目)とクジラ目からなる。鯨偶蹄目を置く場合、単系統のクジラ目は(分類階級を目より下げて)存続するが、側系統の偶蹄目は廃止される。 学名 Cetartiodactyla は、Cetacea(クジラ目)と Artiodactyla(偶蹄目)の合成語である。.

新しい!!: 真獣下綱と鯨偶蹄目 · 続きを見る »

胎児

胎児(たいじ、fetus)とは、生物学上は胎生の動物の母体の中で胚が器官原基の分化が完了してから出産までの成長中の子を指す。 ヒトの場合は、生物学、医学のみならず法律上の扱いも加わる。 レオナルド・ダ・ヴィンチによる胎児と子宮のスケッチ(1510年頃).

新しい!!: 真獣下綱と胎児 · 続きを見る »

胎生

胎生(たいせい、英語:viviparity)とは、動物において、雌親が体内で卵を孵化させ、子は親から栄養を供給されて成長した後に体外に出るような繁殖形態のことである。仏教用語としての「胎生」は、「たいしょう」と読む。.

新しい!!: 真獣下綱と胎生 · 続きを見る »

胎盤

胎盤(たいばん、placenta)とは、有胎盤類などの雌(人間の女性も含む)の妊娠時、子宮内に形成され、母体と胎児を連絡する器官である。胎盤を作る出産を胎生とよぶが、卵胎生(非胎盤型胎生)を胎生に含めることがあるので注意を要する。近年「プラセンタ」として利用されている(→後述)。.

新しい!!: 真獣下綱と胎盤 · 続きを見る »

膣(腟、ちつ、、)は動物の雌性生殖器のうち、体内にあって体外開口部に連なる末端部。機能としては、雄の精子注入装置である陰茎を受け入れるための部分を指す。.

新しい!!: 真獣下綱と膣 · 続きを見る »

K-Pg境界

K-Pg境界(ケイ・ピージーきょうかい、Cretaceous-Paleogene boundary)とは地質年代区分の用語で、約6550万年前の中生代と新生代の境目に相当する。顕生代において5回発生した大量絶滅のうちの最後の事件これら5回の大絶滅はビッグファイブとも呼ばれる。。恐竜を代表とする大型爬虫類やアンモナイトが絶滅したことで有名であるが、海洋のプランクトンや植物類にも多数の絶滅種があった。種のレベルで最大約75%の生物が絶滅した。また個体の数では99%以上が死滅した。 K-Pg境界では、後述するように、メキシコのユカタン半島付近に直径約10kmの巨大隕石(チクシュルーブ衝突体)が落下したことが知られている。この隕石落下が、大量絶滅の引き金になったとされる。.

新しい!!: 真獣下綱とK-Pg境界 · 続きを見る »

SBクリエイティブ

SBクリエイティブ株式会社(SB Creative Corp.)は、ソフトバンクグループ傘下で、デジタルコンテンツ事業、出版事業を行う日本の企業。IT関連書籍やライトノベルなどの出版、Webメディアの運営、ハーレクインコミックなどの電子書籍配信、デジタルサイネージ事業を手掛ける。.

新しい!!: 真獣下綱とSBクリエイティブ · 続きを見る »

東京大学出版会

一般財団法人東京大学出版会(とうきょうだいがくしゅっぱんかい、英称:University of Tokyo Press)は、東京大学の出版部に当たる法人。東京大学総長を会長とし、東京大学の活動に対応した書籍の出版を主に行う。.

新しい!!: 真獣下綱と東京大学出版会 · 続きを見る »

東京工業大学

文部科学省が実施しているスーパーグローバル大学事業のトップ型指定校である。.

新しい!!: 真獣下綱と東京工業大学 · 続きを見る »

有袋類

ポッサム 有袋類(ゆうたいるい、Marsupialia)は哺乳綱獣亜綱後獣下綱の1グループ。階級は有袋上目とすることが多い。 かつては有袋目(フクロネズミ目)の1目が置かれていた。しかし、哺乳類の歴史において有袋類の適応放散は有胎盤類の適応放散と同等のものであり、有胎盤類と同様にいくつかの目に分けるべきだという主張が強くなった。1990年ごろからは2大目7目とする分類が主流である。有袋類全体は有袋上目などになるが、フクロネズミ上目とは言わない。 後獣下綱唯一の現生群であり、現生群のみを問題にするときは後獣下綱のシノニムのようにあつかうことがある。.

新しい!!: 真獣下綱と有袋類 · 続きを見る »

有毛目

有毛目(ゆうもうもく、Pilosa)は哺乳類の分類で、現在はアメリカ大陸のみに生息する。ナマケモノやアリクイを含む。アルマジロなど被甲目とは姉妹群で、ともに異節上目に属する。.

新しい!!: 真獣下綱と有毛目 · 続きを見る »

最も近い共通祖先

最も近い共通祖先(もっともちかいきょうつうそせん)は、分岐学の概念で、集団もしくはその遺伝子について、それらの全てを子孫とする祖先のうち最も新しい(現在に近い)個体や集団もしくはそれらの遺伝子のことである。 最も新しい共通祖先、最近共通祖先とも。英語では、most recent common ancestor (MRCA)。厳密に使い分けられているわけではないが 種間の共通祖先に限ってlast common ancestor (LCA)、コンセスター (concestor、リチャード・ドーキンスの造語) も使われる。以下では、個体間の最も新しい共通祖先はMRCA、種間の最も新しい共通祖先はLCAと略す。 あえて「最も近い」共通祖先という理由は、最も近い共通祖先のさらに祖先も、共通祖先には違いないからである。しかし実際には、「最も近い」や「most recent」等は省略されることがある。 一般には有向グラフ全般について定義できるが、ここでは生物の最も近い共通祖先について述べる。.

新しい!!: 真獣下綱と最も近い共通祖先 · 続きを見る »

新北区

新北区(しんほくく、Nearctic)は、生物地理区の区分のひとつ。 北アメリカ大陸のうち、メキシコ北部以北のエリア。 アメリカ、カナダ、グリーンランドを含む。 面積:2290万 km2。 現在は北米大陸と南アメリカ大陸はパナマ地峡で繋がっているが、数百万年前までは海で隔てられていた。そのため、両者では生物相がかなり異なる。南米大陸は新熱帯区に区分されている。 逆に北米大陸は超大陸ローラシアの一部としてユーラシア大陸とつながっていた時期があり、特に植物相は両者で共通するグループが多い。植物地理区では新北区と旧北区を合わせて全北区として区分する。 Category:生物地理区.

新しい!!: 真獣下綱と新北区 · 続きを見る »

新生代

新生代(しんせいだい、)は、古生代・中生代・新生代と分かれる地質時代、顕生代の大きな区分の一つである。約6,500万年前から現代までに相当し、恐竜、海中ではアンモナイトと海生爬虫類が絶滅した後、哺乳類と鳥類が繁栄したことで特徴づけられる。 新生代は、第四紀・新第三紀・古第三紀の3つの紀に区分される。また、新第三紀と古第三紀を合わせた地質時代を、非公式な用語として第三紀と呼ぶことが許されている。.

新しい!!: 真獣下綱と新生代 · 続きを見る »

新熱帯区

新熱帯区(しんねったいく、 Neotropic)は、生物地理区の一区分。 南米大陸および中米のエリア。カリブ海の島嶼とフロリダ半島南部も含む。 面積:1900万 km2。 南米大陸は長期間、孤立した大陸であったため、特異な生物グループが生息している。.

新しい!!: 真獣下綱と新熱帯区 · 続きを見る »

1880年

記載なし。

新しい!!: 真獣下綱と1880年 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

ユーテリア正獣下綱正獣類有胎盤哺乳類有胎盤類真獣類

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »