ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

白海

索引 白海

白海(はっかい、Белое море ビェーライェ・モーリェ、Vienanmeri)は、ロシア北西部に位置するバレンツ海の湾である。バレンツ海の最南部に位置し、西をカレリア、北をコラ半島に囲まれている。多くの湾があるが、主な湾はコラ半島を形成する北のカンダラクシャ湾、オネガ川が流れ込む南のオネガ湾、北ドヴィナ川が流入しアルハンゲリスクの町があるドヴィナ湾、湾の東の入口付近にあるメゼン湾など。北緯65度付近と高緯度にあるため、冬季には氷結する。 白海の南東岸には重要な港としてアルハンゲリスクがある。アルハンゲリスクはロシアの国際交易の歴史のなかで重要な存在であり、ロシアが18世紀にバルト海に進出する前はロシア唯一の海港として西欧(モスクワ会社)や北欧との貿易で栄えた。近代もポモールらによるノルウェー北部との交易・が行われた。クリミア戦争でロシア軍を攻撃するために英国艦隊が派遣され攻撃されたこともある。アルハンゲリスクは後にソ連海軍の重要な拠点かつ潜水艦の基地となり、現在でもロシア海軍の北方艦隊が白海に対し睨みを利かせている。 1933年8月2日の白海・バルト海運河の完成以降、白海はバルト海と繋がっている。 なお、トルコ語では地中海を Akdeniz と言い、ブルガリア語ではエーゲ海のことを Бяло море と呼ぶ。 これらはいずれも「白海」(白い・海)の意味で、「黒海」に対比させた呼称である。 Category:ロシアの海域 Category:ヨーロッパの海域 Category:北極海の海域 Category:アルハンゲリスク州 Category:カレリア共和国の地形 *.

30 関係: 地中海北ドヴィナ川北欧北方艦隊ノルウェーバルト海バレンツ海ポモールモスクワ会社ロシアロシア海軍トルコ語ブルガリア語アルハンゲリスクイギリス海軍エーゲ海オネガ川オネガ湾カレリアカンダラクシャ湾クリミア戦争コラ半島白海・バルト海運河西ヨーロッパ黒海潜水艦18世紀1933年8月2日

地中海

地中海(ちちゅうかい、Mare Mediterraneum)は、北と東をユーラシア大陸、南をアフリカ大陸(両者で世界島)に囲まれた地中海盆地に位置する海である。海洋学上の地中海の一つ。.

新しい!!: 白海と地中海 · 続きを見る »

北ドヴィナ川

北ドヴィナ川(ロシア語:Северная Двина; Northern Dvina)は、ヨーロッパ・ロシア北部を流れる川である。 ヴォログダ州ヴェリキイ・ウスチュグ市付近でスホナ川とユグ川が合流する地点に発し、アルハンゲリスク州に入り、白海のドヴィナ湾に注ぐ。河口では約900 km2の三角州を形成する。 全域が航行可能で、とくに木材の運搬が盛んである。北ドヴィナ運河によってヴォルガ・バルト水路と接続している。.

新しい!!: 白海と北ドヴィナ川 · 続きを見る »

北欧

中東 南ヨーロッパ 北欧(ほくおう、Nordic countries, Nordic region、北欧語: Norden)は、北ヨーロッパのなかで、文化・歴史的な共通点でくくられた地域である。.

新しい!!: 白海と北欧 · 続きを見る »

北方艦隊

北方艦隊(ほっぽうかんたい、ロシア語:Северный флот スィェーヴィェルヌィイ・フロート、略称:СФ)は、ムルマンスクに司令部を置くロシア連邦海軍の艦隊である。白海やバレンツ海など北極圏の防備を担当している。艦隊主力はセヴェロモルスクに置かれており、このためセヴェロモルスクは閉鎖都市となっている。.

新しい!!: 白海と北方艦隊 · 続きを見る »

ノルウェー

ノルウェー王国(ノルウェーおうこく、Kongeriket Norge/Noreg)、通称ノルウェーは、北ヨーロッパのスカンディナビア半島西岸に位置する立憲君主制国家である。首都は半島南端部に存在するオスロフィヨルドの奥に形成された港湾都市のオスロで、東にスウェーデン、ロシア、フィンランドと国境を接している。 国土は南北に細長く、海岸線は北大西洋の複数の海域、すなわちスカゲラック海峡、北海、ノルウェー海およびバレンツ海に面している。海岸線には、多くのフィヨルドが発達する。この他、ノルウェー本土から約1,000キロメートル (km) 離れた北大西洋上のヤン・マイエン島は固有の領土の一部として領有され、スヴァールバル条約によりバレンツ海のスヴァールバル諸島を領有している。南大西洋にブーベ島を属領として持つ。 による高負担高福祉の福祉国家として知られ、OECDの人生満足度(Life Satisfaction)ではスイスに次いで第2位となった(2014年)。.

新しい!!: 白海とノルウェー · 続きを見る »

バルト海

3月のバルト海北部のボスニア湾は一部氷結している(衛星写真)。 バルト海(バルトかい、Baltic Sea)は、北ヨーロッパに位置する地中海。ヨーロッパ大陸とスカンディナビア半島に囲まれた海域である。ユーラシア大陸に囲まれた海域と説明されることもある「バルト海」『新版 地学事典』p.1046。 西岸にスウェーデン、東岸は、北から順にフィンランド、ロシア、エストニア、ラトビア、リトアニア、南岸は、東から西にポーランド、ドイツ、デンマークが位置する。.

新しい!!: 白海とバルト海 · 続きを見る »

バレンツ海

バレンツ海(バレンツかい、Barents Sea)は、北極海のヨーロッパ側の一部である。北西はスバールバル諸島、北東はゼムリャフランツァヨシファ、東はノヴァヤゼムリャ、南はスカンディナヴィア半島(コラ半島を含む)などに囲まれている。最南西部の大湾は白海と呼ばれる。オランダの探検家ウィレム・バレンツにちなんで命名された。東はカラ海、西はノルウェー海に繋がる。.

新しい!!: 白海とバレンツ海 · 続きを見る »

ポモール

アルハンゲリスクの南のシェクスナ川沿いに住むポモール女性。セルゲイ・プロクジン=ゴルスキー撮影、1915年 ポモール(ポモールィ、ロシア語: помо́ры; Pomors, Pomory)は、ロシア北西部の白海沿いの地方に住むスラヴ系民族(東スラヴ系民族)集団の名で、12世紀以降に白海沿岸に移住したロシア人入植者がもとになっているとされる。サーミ人やコラ・ノルウェー人地域の東、ネネツ人地域の西に住む。その居住範囲の南限は白海流域とヴォルガ川流域の分水嶺に達する。 ポモールという名は、オネガの町とケミの町の間の白海沿岸のポモールスキー地方(「沿海」)から来ており、インド・ヨーロッパ語族由来の「море」(「海」)という語幹を有している。同様の語幹はポメラニアという地名にも見られる。ポモールの中でも有名な人物には、北極海探検家セミョン・デジニョフ、科学者ミハイル・ロモノーソフ、ストロガノフ家の始祖フョードル・リューキッチ・ストロガノフ、彫刻家フェドト・シュービンらがいる。.

新しい!!: 白海とポモール · 続きを見る »

モスクワ会社

Alexander Litovchenko 画、1875年) モスクワ会社(モスクワがいしゃ、Muscovy Company、)はモスクワ大公国会社とも呼ばれ、イギリス(当時はイングランド)で初めての勅許会社として設立され、当時のモスクワ大公国(モスクワ国家、ロシア・ツァーリ国)との貿易を独占した。後のイギリスのアジア向けの東インド会社、新大陸向けのハドソン湾会社などの先鞭をつけた。後にロシア会社(英語:Russia Company)とも呼ばれた。.

新しい!!: 白海とモスクワ会社 · 続きを見る »

ロシア

ア連邦(ロシアれんぽう、Российская Федерация)、またはロシア (Россия) は、ユーラシア大陸北部にある共和制及び連邦制国家。.

新しい!!: 白海とロシア · 続きを見る »

ロシア海軍

ア海軍(ロシアかいぐん、Военно-Морской Флот、略称:ВМФ)は、ロシア連邦が保有する海軍。旧ソ連海軍とは密接な関係があるので、ここでは一括して扱う。正式名称を直訳するとロシア連邦軍事海上艦隊となる。.

新しい!!: 白海とロシア海軍 · 続きを見る »

トルコ語

トルコ語(トルコご、)は、アゼルバイジャン語やトルクメン語と同じチュルク諸語の南西語群(オグズ語群)に属する言語。.

新しい!!: 白海とトルコ語 · 続きを見る »

ブルガリア語

ブルガリア語(български език )は、ブルガリアの公用語。インド・ヨーロッパ語族のスラヴ語派南スラヴ語群に属する言語。マケドニア共和国の公用語マケドニア語とはきわめて近しい関係にあるとされる。ISO 639による言語コードは、2字がbg, 3字がbulで表される。 ブルガリアのほか、ルーマニア、セルビア、トルコ、ギリシャ、ハンガリー、モルドバ、ウクライナ、ロシア、アメリカ、イスラエル、カナダなどで話されており、母語話者人口は900万人ほどである。.

新しい!!: 白海とブルガリア語 · 続きを見る »

アルハンゲリスク

アルハンゲリスク( アルハーンギェリスク;Arkhangel'sk)は、ロシア北西部の都市。白海に注ぐ北ドヴィナ川の河口近くに位置する。アルハンゲリスク州の州都。人口は343,000人(2004年)。17世紀末にピョートル大帝(ピョートル1世)によって海軍軍事基地として開発された。アルハンゲリスクとは「大天使の町」の意味で、戦う大天使(アルハンゲリ)「ミカエル」の名にちなんで命名されたものである。.

新しい!!: 白海とアルハンゲリスク · 続きを見る »

イギリス海軍

王立海軍(おうりつかいぐん、Royal Navy)は、イギリスの海軍。イギリス海軍、英国海軍などとも表記される。.

新しい!!: 白海とイギリス海軍 · 続きを見る »

エーゲ海

ーゲ海(エーゲかい、Aegean Sea)は、地中海の一部を構成する海域。地中海の東北部にあたり、西と北をバルカン半島(ギリシャ共和国)、東をアナトリア半島(トルコ共和国)に囲まれた入り江状の海である。 古くは固有名詞で「多島海」(the Archipelago)と呼ばれたこともある、代表的な多島海であり、多くの島々(エーゲ海諸島)が所在する。.

新しい!!: 白海とエーゲ海 · 続きを見る »

オネガ川

ネガ川(ロシア語: Онега, ラテン文字表記の例: Onega)はロシア北西部のアルハンゲリスク州を流れる河川である。 ラチャ湖に発し、白海の南西奥のオネガ湾へと流入するまでの416kmを流れる。途中、河口から75kmのところで大オネガ川と小オネガ川に分かれるが、海に入る前に合流しており、大きな中州を形成している。 10月末から12月初めまでの間に凍結し、4月半ばから5月ごろに氷が解ける。 流域はフィン・ウゴル語族が住んでいたが、ポモールと呼ばれる人々が12世紀ごろにノヴゴロドから入植し、スラブ化が進んだ。流域の主な街はラチャ湖のすぐ下流のカルゴポリと白海河口にあるオネガで、いずれも白海を通じた貿易で栄えた。.

新しい!!: 白海とオネガ川 · 続きを見る »

オネガ湾

オネガ湾(ロシア語: Онежская губа, Онежский залив, ラテン文字表記の例: Onega Bay)はロシア北西部の白海の南西奥にある湾。北西から南東方向へ伸び、アルハンゲリスク州とカレリア共和国にまたがる。湾の奥行きは185km、幅は50kmから100km、水深は平均16m、最大で36m。 南東からオネガ川が、南西からヴイグ川が、西からケミ川が流れる。沿岸のおもな港町は、南東の湾奥のオネガ、西岸のカレリアに属するベロモルスクとケミなど。湾内には無数の島があるが、その中でも大きいのは湾口の中央部にあるソロヴェツキー諸島(ソロフキ諸島)であり修道院などの文化と歴史遺産群が世界遺産に登録されている。西岸のベロモルスクの町は、白海とバルト海をつなぐ白海・バルト海運河の出口になっている。 Category:ロシアの湾 Category:カレリア共和国の地形 Category:アルハンゲリスク州の地形 Category:白海 Category:ロシア連邦のラムサール条約登録地.

新しい!!: 白海とオネガ湾 · 続きを見る »

カレリア

'''カレリア''' 国境線西側のフィンランドには北カレリアと南カレリアが広がる。白海、オネガ湖、ラドガ湖、フィンランド湾など水域が多い カレリア(Karelia)は、フィンランドの南東部からロシアの北西部にかけて広がる森林と湖沼の多い地方の名前である。そこに住む人たちのことをカレリア人と呼ぶ。フィンランド、ロシア、スウェーデンにとって歴史的にも重要な地方である。 カレリアは、カレリア語とフィンランド語ではKarjala(カルヤラ)、ロシア語ではКаре́лия(カリェーリヤ)、スウェーデン語ではKarelen(カレーレン)と呼ぶ。 今日、政治的にはロシア共和国のレニングラード州とカレリア共和国、フィンランドの北カルヤラ県と南カルヤラ県に分割されている。.

新しい!!: 白海とカレリア · 続きを見る »

カンダラクシャ湾

ンダラクシャ湾(Кандалакшский залив、スコルト・サーミ語: Käddluhtt、Kantalahti)は、ロシア北西部のカレリア共和国とムルマンスク州にある湾。白海の北西部にあたり、南西のオネガ湾、南のドヴィナ湾、南東のメゼニ湾と並ぶこの海の四大湾のひとつである。 北にコラ半島が位置する。湾の北端にカンダラクシャ市があり、その10kmほど南には新しい石油積み出し港であるヴィティノがある。 湾の海岸線や湾内の島嶼はカンダラクシャ自然保護区に指定されている。.

新しい!!: 白海とカンダラクシャ湾 · 続きを見る »

クリミア戦争

リミア戦争(クリミアせんそう、Crimean War、Guerre de Crimée、Крымская война、Kırım Savaşı)は、1853年から1856年の間、クリミア半島などを舞台として行われた戦争である。.

新しい!!: 白海とクリミア戦争 · 続きを見る »

コラ半島

コラ半島(コラはんとう、Кольский полуостров)は、ロシア北西部ムルマンスク州にある半島。語源はサーミ語の Guoládat「魚の豊富な地」。 北はバレンツ海、東は白海、南はカンダラクシャ湾に面している。面積はおよそ10万km2。 北部は急峻で標高も高く、南部は平坦である。また、西部は山地(ヒビヌイ山脈)になっている。港湾と海軍の町ムルマンスク、軍港セヴェロモルスク、半島の名の由来となった中世の港町コラは半島の北岸から内陸に向かって伸びているフィヨルドとして形成されたコラ湾の沿岸にある。 北部は暖流の影響で比較的暖かく、平均気温は1月で約-10℃、7月で約10℃である。南部はタイガ、北部はツンドラになっている。 燐灰石、鉄鉱石などの資源が豊富である。人口は、白海沿岸のロシア人開拓民の末裔「ポモール」が主体だが、わずかにサーミ語を話すサーミ人がおり、ラップランドの一部を形成している。 コラ半島で行った学術調査目的のボーリング「コラ半島超深度掘削坑」が、人類が掘ったもっとも深い穴である。深さは1万2262m。 Category:ヨーロッパの半島 Category:ロシアの半島 Category:ムルマンスク州の地形 Category:ラップランド.

新しい!!: 白海とコラ半島 · 続きを見る »

白海・バルト海運河

白海-バルト海運河の地図、ネヴァ川・スヴィリ川と運河を含む 白海・バルト海運河(はっかいバルトかいうんが、Беломо́рско-Балти́йский кана́л, White Sea-Baltic Sea Canal)、略称ベロモルカナルは、1933年8月2日に完成したロシアの運河である。白海とサンクトペテルブルク近くのバルト海を結んでいる。1961年まで、運河の名前はBelomorsko-Baltiyskiy kanal imeni Stalina(Stalin White Sea-Baltic Sea Canal、スターリン 白海・バルト海運河)であった。建設中に10,933 人が亡くなったとされ、推計によってはこれよりかなり多い犠牲者数としているものがある。 運河は部分的にはヴイグ川などのいくつかの運河化された河川を通り、またオネガ湖とヴィゴゼロ湖 (Lake Vygozero) の2つの湖を通る。全長は227 kmである。2008年現在、運河の交通量はかなり少なく、1日10隻から40隻ほどのボートを通しているだけである。オネガ湖からはスヴィリ川、ラドガ湖、ネヴァ川を経てバルト海のサンクトペテルブルクへ到達する。またラドガ湖からはヴォルガ・バルト水路へもつながっている。.

新しい!!: 白海と白海・バルト海運河 · 続きを見る »

西ヨーロッパ

中東 西ヨーロッパ(にしヨーロッパ、Western Europe、L’europe de l'ouest、Westeuropa)は、西欧ともいい、ヨーロッパ地域の西部を指す。.

新しい!!: 白海と西ヨーロッパ · 続きを見る »

黒海

黒海(こっかい)は、ヨーロッパとアジアの間にある内海で、大西洋の縁海(地中海 (海洋学))の一つである。マルマラ海を経てエーゲ海、地中海に繋がる。 バルカン半島、アナトリア半島、コーカサスと南ウクライナ・クリミア半島に囲まれており、ドナウ川、ドニエストル川、ドニエプル川などの東ヨーロッパの大河が注ぐ。アナトリアとバルカンの間のボスポラス海峡、マルマラ海、ダーダネルス海峡を通じて地中海に繋がっており、クリミアの東にはケルチ海峡を隔ててアゾフ海がある。 黒海に面する国は、南岸がトルコで、そこから時計回りにブルガリア、ルーマニア、ウクライナ、ロシア、ジョージアである。 黒海に面する有名な港湾には、イスタンブール(ビュザンティオン、コンスタンティノープル)から時計回りにブルガス、ヴァルナ、コンスタンツァ、オデッサ、セヴァストポリ、ヤルタ、ガグラ、バトゥミ、トラブゾン、サムスンなどがある。.

新しい!!: 白海と黒海 · 続きを見る »

山湾(日本) スワンエイジ湾(イギリス) 湾(わん)は、海や湖の一部で、陸に入り込んだ領域。英語では規模の大きなものをgulf(ガルフ)、小さなものをbay(ベイ)と呼ぶ。.

新しい!!: 白海と湾 · 続きを見る »

潜水艦

潜水艦(せんすいかん、Submarine、U-Boot、潛艇)は、水中航行可能な軍艦である。.

新しい!!: 白海と潜水艦 · 続きを見る »

18世紀

Jean-Pierre Houëlが描いたバスティーユ襲撃(フランス国立図書館蔵)。 国立マルメゾン城美術館蔵)。 ロンドン・ナショナル・ギャラリー蔵)。 18世紀(じゅうはっせいき)は、西暦1701年から西暦1800年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: 白海と18世紀 · 続きを見る »

1933年

記載なし。

新しい!!: 白海と1933年 · 続きを見る »

8月2日

8月2日(はちがつふつか)はグレゴリオ暦で年始から214日目(閏年では215日目)にあたり、年末まではあと151日ある。.

新しい!!: 白海と8月2日 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »