ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

生田裔神八社(いくたえいしんはちしゃ)とは、兵庫県神戸市の生田神社を囲むように点在している裔神八社のことである。.

54 関係: 合祀大国主天児屋命宇治郷 (神戸市)山本通中央区 (神戸市)中山手通七宮神社 (神戸市)布引山三宮神社 (神戸市)三宮町 (神戸市)一宮一宮神社 (神戸市)幕末二宮神社 (神戸市)二宮町 (神戸市)五宮神社会下山応神天皇北風家北斗七星アマツヒコネアマテラスとスサノオの誓約アメノホヒアメノオシホミミイチキシマヒメイクツヒコネクマノクスビスサノオタキリビメタギツヒメ八宮神社 (神戸市)八部郡兵庫区兵庫県四宮神社 (神戸市)社家神戸市神戸事件縁日生田川生田区生田神社菟原郡葺合区長田神社楠町 (神戸市)湊川 (兵庫県)湊川神社明治...海上五十狭茅新神戸駅日本神話2月3日 インデックスを展開 (4 もっと) »

合祀

合祀(ごうし)とは、神道の用語である。.

新しい!!: 生田裔神八社と合祀 · 続きを見る »

大国主

出雲大社にある大国主の銅像 大国主(おおくにぬし)は、『古事記』『日本書紀』に登場する日本神話の神である。国津神の代表的な神だが、天孫降臨で天津神に国土を献上したことから「国譲りの神」とも呼ばれる。出雲大社の祭神。(天津神の主宰神である天照大神に対し、国津神の主宰神とされる。).

新しい!!: 生田裔神八社と大国主 · 続きを見る »

天児屋命

天児屋命(あめのこやねのみこと)は、日本神話に登場する神。.

新しい!!: 生田裔神八社と天児屋命 · 続きを見る »

宇治郷 (神戸市)

宇治郷(うじのごう)は、兵庫県神戸市のかつてあった地名である。現在では、宇治川にその地名を残す。 八部郡宇治郷は、和名類聚抄(承平年間(931年 - 938年)編纂)摂津国八田部郡の郷の1つとして、奈良期から平安期に見える郷名。 「宇治」の名の初出は天平十九年(747)の『法隆寺伽藍縁起并流記資財帳』とされる。Wikipedia会下山より、"『法隆寺伽藍縁起并流記資財帳』には、「雄伴郡宇治郷宇奈互丘」あるいは、「宇奈五丘」(うなごおか)の名で記載されている。・・なお、雄伴郡は、淳和天皇の時代、天皇の諱である「大伴」(おおとも)に発音が近いことから、八部郡(やたべぐん)と改名された。仁徳天皇の妃八田皇女の名代が付近にあったためとも言われている。改名当初は八田部郡と書いた。"とある。 なお、「行基年譜」には、「行基が天平2(730)年に宇治郷に船息院と尼院を建てた」とある。また、天平15(743)年に「大輪田船息 在摂津国兎原郡宇治」(後の大輪田泊であろう)とある。船息院は、大輪田船息と関係しているのであろう。 P69 2013年11月 著者 大国正美 神戸新聞総合出版センター ISBN 9784343006035.

新しい!!: 生田裔神八社と宇治郷 (神戸市) · 続きを見る »

山本通

山本通(やまもとどおり)は、兵庫県神戸市中央区の町名。現行行政地名は山本通一丁目から山本通五丁目。郵便番号650-0003。.

新しい!!: 生田裔神八社と山本通 · 続きを見る »

中央区 (神戸市)

中央区(ちゅうおうく)は、神戸市を構成する9区のうちの一つ。1980年に、葺合区(ふきあいく)とフラワーロード以西の生田区(いくたく)が合併してできた区である。明治期の開港とともに発展を始めた地域で戦後に行政機能が移転してきたことにより神戸および神戸都市圏の都心としての役割をなしている。震災前後までに、開港当時からの領事館もこの地から「神戸」の名を冠して大阪に移転したものの、まだ名誉領事館・国際機関が多く存在している。 三宮、異人館が並ぶ重要伝統的建造物群保存地区の北野町山本通、神戸ルミナリエと近代建築のライトアップで有名な旧居留地、中華街の南京町、神戸港ウォーターフロントのメリケンパーク・神戸ハーバーランド・ポートアイランド・神戸空港(マリンエア)・東部新都心のHAT神戸などがある。.

新しい!!: 生田裔神八社と中央区 (神戸市) · 続きを見る »

中山手通

中山手通(なかやまてどおり)は、兵庫県神戸市中央区の町名。現行行政地名は中山手通一丁目から中山手通八丁目。郵便番号650-0004。.

新しい!!: 生田裔神八社と中山手通 · 続きを見る »

七宮神社 (神戸市)

七宮神社(しちのみやじんじゃ)は神戸市兵庫区七宮町に鎮座する神社。生田裔神八社の一社。 「白藤家記録」に七宮神社は「延喜式」の八部郡汶売神社とある。主祭神である大己貴命は、大国主命、大物主神、葦原醜男、八千矛神、大国玉神、顧国王神の七つの御名を称えて七宮神社という。.

新しい!!: 生田裔神八社と七宮神社 (神戸市) · 続きを見る »

布引山

布引山(ぬのびきやま).

新しい!!: 生田裔神八社と布引山 · 続きを見る »

三宮神社 (神戸市)

三宮神社(さんのみやじんじゃ)は、兵庫県神戸市中央区三宮町に鎮座する神社。生田神社の八柱の裔神を祀った一宮から八宮までの神社(生田裔神八社)の中の三柱目に当たり、祭神としては湍津姫命(たきつひめのみこと)を祀っている。 当社は、周辺の「三宮」という地名の由来にもなっている。.

新しい!!: 生田裔神八社と三宮神社 (神戸市) · 続きを見る »

三宮町 (神戸市)

三宮町(さんのみやちょう)は兵庫県神戸市中央区の町名。現行行政地名は三宮町一丁目から三宮町三丁目。郵便番号650-0021。.

新しい!!: 生田裔神八社と三宮町 (神戸市) · 続きを見る »

一宮

一宮(いちのみや)とは、ある地域の中で最も社格の高いとされる神社のことである。一の宮・一之宮などとも書く。.

新しい!!: 生田裔神八社と一宮 · 続きを見る »

一宮神社 (神戸市)

一宮神社(いちのみやじんじゃ)は神戸市中央区山本通に鎮座する神社。生田裔神八社の1社。.

新しい!!: 生田裔神八社と一宮神社 (神戸市) · 続きを見る »

幕末

幕末(ばくまつ)は、日本の歴史のうち、江戸幕府が政権を握っていた時代(江戸時代)の末期を指す。本記事においては、黒船来航(1853年)から戊辰戦争(1869年)までの時代を主に扱う。.

新しい!!: 生田裔神八社と幕末 · 続きを見る »

二宮神社 (神戸市)

二宮神社(にのみやじんじゃ)は兵庫県神戸市中央区二宮町にある神社。生田神社の八柱の裔神を祀った一宮から八宮までの神社(生田裔神八社)の中の二柱目に当たり、天忍穂耳尊(アメノオシホミミ)ならびに応神天皇を祀っている。.

新しい!!: 生田裔神八社と二宮神社 (神戸市) · 続きを見る »

二宮町 (神戸市)

二宮町(にのみやちょう)は兵庫県神戸市中央区の町名。現行行政地名は二宮町一丁目から二宮町四丁目。郵便番号651-0093。.

新しい!!: 生田裔神八社と二宮町 (神戸市) · 続きを見る »

五宮神社

五宮神社(ごのみやじんじゃ)は兵庫県神戸市兵庫区五宮町に鎮座する神社。生田裔神八社の一社。.

新しい!!: 生田裔神八社と五宮神社 · 続きを見る »

会下山

会下山(えげやま)は、兵庫県神戸市兵庫区会下山町にあり、長田区との区境に隣接する標高80~85mの山。 ※リンク先が「神戸市役所」の位置になっているためこの部分は削除。--> 広さ12,000坪の会下山公園となっており、桜の名所、神戸の夜景スポットとしても知られている。芦屋市にも弥生時代 高地性集落の遺跡で有名な同漢字の地名(えげのやま)がある。会下とは、仏教用語で会堂や師匠の常在する集団修行場を意味し、地名としても全国に多く見られる。 西北に近接する離れ小島のような形で、頓田山(とんでんやま)があり、現在は配水場となっている。宝塚伝説で有名な二本松古墳という竪穴式古墳が存在した。また、会下山の西の谷を鬼谷(兎谷とする説もあり)と呼んだという。湊川改修により新しく新湊川トンネルを掘削した時(2000年竣工)、大きな建物の礎石、古墳等が見つかっている。古くから人が生活していた跡があり、現在の神戸の発祥地と表現されることもある。眺めが良く、軍事上の要衝でもある。.

新しい!!: 生田裔神八社と会下山 · 続きを見る »

年越し

年越し(としこし)は1年の最後の日、グレゴリオ暦で12月31日であり、多くの地域ではシルヴェスターの日と呼ぶ。多くの国で、年越しの夜の会合で多くの人が踊り、食べ、酒を飲んで、新年を迎える花火で祝う。年越しの礼拝に行く人たちもいる。祝祭は通常、深夜0時を過ぎ1月1日(元日)まで続く。キリバスとサモアが最も早く新年を迎える国であり、ハワイ州ホノルルが最後の地域である。.

新しい!!: 生田裔神八社と年越し · 続きを見る »

年末年始

年末年始(ねんまつねんし)は、厳密な定義はないが、1年の終わりから翌年の初頭の期間の総称である(具体的な期間は使用する場面によって異なる)。 当項目では日本における年末年始を主題として解説している。.

新しい!!: 生田裔神八社と年末年始 · 続きを見る »

クリスマス

リスマス()は、イエス・キリストの降誕(誕生)を祝う祭である(誕生日ではなく降誕を記念する日)『キリスト教大事典 改訂新版』350〜351頁、教文館、1977年 改訂新版第四版。毎年12月25日に祝われるが、正教会のうちユリウス暦を使用するものは、グレゴリオ暦の1月7日に該当する日にクリスマスを祝う()。ただし、キリスト教で最も重要な祭と位置づけられるのはクリスマスではなく、復活祭である正教会の出典:()カトリック教会の出典:(カトリック中央協議会)聖公会の出典:(日本聖公会 東京教区 主教 植田仁太郎)プロテスタントの出典:『キリスト教大事典』910頁、教文館、1973年9月30日 改訂新版第二版。 キリスト教に先立つユダヤ教の暦、ローマ帝国の暦、およびこれらを引き継いだ教会暦では日没を一日の境目としているので、クリスマス・イヴと呼ばれる12月24日夕刻から朝までも、教会暦上はクリスマスと同じ日に数えられる。教会では降誕祭といった表記もある。 一般的年中行事としても楽しまれ、ジングルベルなどのクリスマスソングは多くの人に親しまれている。.

新しい!!: 生田裔神八社とクリスマス · 続きを見る »

クリスマス・イヴ

リスマス・イヴ』1904年 - 1905年、 スウェーデン人画家のカール・ラーション(1853年 - 1919年)による水彩画。 クリスマス・イヴ()、クリスマス・イブは、クリスマスの前夜、すなわち12月24日の夜を指す英語の音訳である。「イヴ」() は「(夜、晩)」と同義の古語「」の語末音が消失したものである。 転じて、俗に12月24日全体を指すこともある。日常会話では単に「イヴ」と呼ばれることが多い。.

新しい!!: 生田裔神八社とクリスマス・イヴ · 続きを見る »

元日

元日(がんじつ)は年の最初の日。日付はグレゴリオ暦では1月1日(改暦前は旧暦正月一日)。元旦(がんたん)ともいうが、この場合は特にその日の朝を指すこともある日本国語大辞典第二版編集委員会・小学館国語辞典編集部編『日本国語大辞典』第二版、小学館。.

新しい!!: 生田裔神八社と元日 · 続きを見る »

応神天皇

応神天皇(おうじんてんのう、仲哀天皇9年12月14日 - 応神天皇41年2月15日)は、第15代天皇(在位:応神天皇元年1月1日 - 同41年2月15日)。諱は誉田別尊(ほむたわけのみこと)、誉田別命(ほんだわけのみこと)、大鞆和気命(おおともわけのみこと)。誉田天皇(ほむたのすめらみこと/ほんだのすめらみこと)、胎中天皇(はらのうちにましますすめらみこと)とも称される。麛坂皇子と忍熊皇子は異母兄にあたる。.

新しい!!: 生田裔神八社と応神天皇 · 続きを見る »

北風家

北風家(きたかぜけ)は、兵庫県の旧家。伝説によれば古代から続く歴史を持つ。1895年(明治28年)北風正造の逝去によって歴史を閉じた。伝説および家伝については以下の通り。.

新しい!!: 生田裔神八社と北風家 · 続きを見る »

北斗七星

ウアイ島から見た北斗七星 北斗七星(ほくとしちせい、英:Big Dipper、Plough)は、おおぐま座の腰から尻尾を構成する7つの明るい恒星で象られる星列のこと。北斗、北斗星、七つの星、七曜の星とも呼ばれる。柄杓の形をしているため、それを意味する「斗」の名が付けられている。日本では四三の星、七剣星とも呼ばれた。3等星であるδ星を除く6星は全て2等星である。このため春の星空で目立ちやすく、世界各地で様々な神話が作られている。.

新しい!!: 生田裔神八社と北斗七星 · 続きを見る »

アマツヒコネ

アマツヒコネは、記紀等に伝わる日本神話の神。 『古事記』では「天津日子根命(あまつひこねのみこと)」、『日本書紀』では「天津彦根命(あまつひこねのみこと)」、他文献では「天都比古禰命」とも表記される。 アマテラスとスサノオの誓約の際にアマテラス(天照大神)の玉から生まれた男神5柱のうちの1柱で、多くの氏族の祖とされる。 アマテラスとスサノオの誓約における神々(『古事記』および『日本書紀』本文による).

新しい!!: 生田裔神八社とアマツヒコネ · 続きを見る »

アマテラスとスサノオの誓約

アマテラスとスサノオの誓約(アマテラスとスサノオのうけい)とは、『古事記』や『日本書紀』に記される天照大神(アマテラス)と建速須佐之男命(スサノヲ、日本書紀では素戔嗚尊)が行った誓約(占い)のこと。.

新しい!!: 生田裔神八社とアマテラスとスサノオの誓約 · 続きを見る »

アメノホヒ

アメノホヒは、日本神話に登場する男神。天之菩卑能命、天穂日命、天菩比神などと書かれる。 天照大神とスサノオが誓約をしたときに生まれた五男三女神の一柱。天照大神の右のみずらに巻いた勾玉から成った。物実(ものざね:物事のタネとなるもの)の持ち主である天照大神の第二子とされ、アメノオシホミミの弟神にあたる。葦原中国平定のために出雲の大国主神の元に遣わされたが、大国主神を説得するうちに心服して地上に住み着き、3年間高天原に戻らなかった。その後、出雲にイザナミを祭る神魂神社(島根県松江市)を建て、子の建比良鳥命は出雲国造らの祖神となったとされる。 任務を遂行しなかったというのは『古事記』や『日本書紀』による記述だが、『出雲国造神賀詞』では異なる記述になっている。これによれば、アメノホヒは地上の悪神を鎮めるために地上に遣わされ、地上の様子を天照大神にきちんと報告し、子のアメノヒナドリおよび剣の神フツヌシとともに地上を平定した、としている。すなわち、こちらでは地上を平定した偉大な神とされているが、『出雲国造神賀詞』はアメノホヒの子孫である出雲国造が書いたものであるので、そこは割り引かなければならないかもしれない。 名前の「ホヒ」を「穂霊」の意味として稲穂の神とする説と、「火日」の意味として太陽神とする説がある。 農業神、稲穂の神、養蚕の神、木綿の神、産業の神などとして信仰されており、能義神社(島根県安来市。出雲四大神である野城大神と呼ばれる)などの旧出雲国内だけでなく、天穂日命神社(鳥取県鳥取市福井)、鷲宮神社(埼玉県久喜市鷲宮)、桐生天満宮(群馬県桐生市)、芦屋神社(兵庫県芦屋市)、馬見岡綿向神社(滋賀県蒲生郡日野町)など全国で祀られている。六甲山山頂、六甲山カンツリーハウス敷地内にアメノホヒ=天穂日命の磐座がある。.

新しい!!: 生田裔神八社とアメノホヒ · 続きを見る »

アメノオシホミミ

アメノオシホミミ(マサカツアカツカチハヤヒアメノオシホミミ)は、日本神話に登場する神薗田稔、茂木栄 『日本の神々の事典 神道祭祀と八百万の神々』 学研、90,91頁。戸部民夫 『八百万の神々 日本の神霊たちのプロフィール』 新紀元社、107,119,120頁。。.

新しい!!: 生田裔神八社とアメノオシホミミ · 続きを見る »

イチキシマヒメ

イチキシマヒメ(イツキシマヒメとも)は、日本神話に登場する女神で、宗像三女神の一柱。水の神である。『古事記』では市寸島比売命、『日本書紀』では市杵嶋姫命と表記する。別名、狭依毘売命(さよりひめのみこと)。.

新しい!!: 生田裔神八社とイチキシマヒメ · 続きを見る »

イクツヒコネ

イクツヒコネとは、日本神話の神である。活津日子命(『古事記』)あるいは活津彦根命(『日本書紀』)と記される。.

新しい!!: 生田裔神八社とイクツヒコネ · 続きを見る »

クマノクスビ

マノクスビは、日本神話に登場する神である。.

新しい!!: 生田裔神八社とクマノクスビ · 続きを見る »

スサノオ

ノオ(スサノオノミコト、スサノヲ)は、日本神話に登場する神である。『日本書紀』では素戔男尊、素戔嗚尊等、『古事記』では建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと、たてはやすさのおのみこと)、須佐乃袁尊、『出雲国風土記』では神須佐能袁命(かむすさのおのみこと)、須佐能乎命などと表記する。.

新しい!!: 生田裔神八社とスサノオ · 続きを見る »

タキリビメ

タキリビメ(タギリヒメとも)は、日本神話に登場する宗像三女神の一柱。宗像大社では「田心姫神」として、沖ノ島にある沖津宮に祀られている。.

新しい!!: 生田裔神八社とタキリビメ · 続きを見る »

タギツヒメ

タギツヒメ(タキツヒメとも)は、日本神話に登場する神で、宗像三女神の一柱である。『古事記』では多岐都比売命、『日本書紀』では湍津姫と表記される。.

新しい!!: 生田裔神八社とタギツヒメ · 続きを見る »

八宮神社 (神戸市)

八宮神社(はちのみやじんじゃ)は神戸市中央区楠町に鎮座し、生田裔神八社の六宮神社と八宮神社とが合祀された神社。.

新しい!!: 生田裔神八社と八宮神社 (神戸市) · 続きを見る »

八部郡

*.

新しい!!: 生田裔神八社と八部郡 · 続きを見る »

兵庫区

兵庫区の中心市街地 兵庫区(ひょうごく)は、神戸市を構成する9区のうちのひとつ。本項では発足時の名称である湊西区(そうさいく)についても述べる。 兵庫区にあった「兵庫生洲」http://www.city.kobe.lg.jp/ward/kuyakusho/hyogo/shoukai/rekishi/history_5_2.html .兵庫生洲跡の碑神戸市。摂津名所図会より.

新しい!!: 生田裔神八社と兵庫区 · 続きを見る »

兵庫県

兵庫県(ひょうごけん)は、日本の都道府県の一つ。本州の中西部に位置し、近畿地方に属する。県庁所在地は神戸市。.

新しい!!: 生田裔神八社と兵庫県 · 続きを見る »

四宮神社 (神戸市)

四宮神社 (よのみやじんじゃ)は神戸市中央区中山手通に鎮座する神社で、生田裔神八社の1社。.

新しい!!: 生田裔神八社と四宮神社 (神戸市) · 続きを見る »

新年

新年(しんねん、)は世界各地で使われている暦年の新しい年の始めをいう。学年、会計年度上の新年という場合もある。.

新しい!!: 生田裔神八社と新年 · 続きを見る »

社家

家(しゃけ)とは、日本の身分のひとつ。代々特定神社の神職や社僧の職を世襲してきた家(氏族)のことである。明治維新後、現代まで世襲している神職家のことをいう。.

新しい!!: 生田裔神八社と社家 · 続きを見る »

神戸市

戸市(こうべし)は、兵庫県南部に位置する兵庫県の県庁所在地である。垂水区・須磨区・長田区・兵庫区・中央区・灘区・東灘区・北区・西区から構成される政令指定都市である。日本の市で6番目の人口を有する。.

新しい!!: 生田裔神八社と神戸市 · 続きを見る »

神戸事件

戸事件(こうべじけん)は、慶応4年1月11日(1868年2月4日)に神戸(現・神戸市)三宮神社前において備前藩(現・岡山県)兵が隊列を横切ったフランス人水兵らを負傷させ、銃撃戦に発展し、居留地(現・旧居留地)予定地を検分中の欧米諸国公使らに水平射撃を加えた事件である。備前事件とも呼ばれる。明治政府初の外交問題となった。 この事件により、一時、外国軍が神戸中心部を占拠するに至るなどの動きにまで発展したが、その際に問題を起こした隊の責任者であった滝善三郎が切腹する事で一応の解決を見た。 相前後して堺事件が発生し、共に外国人に切腹を深く印象付けることとなった。.

新しい!!: 生田裔神八社と神戸事件 · 続きを見る »

縁日

新井薬師の縁日(東京都中野区) 縁日(えんにち)とは、神仏の降誕、示現、誓願などの縁(ゆかり)のある日、すなわち有縁(うえん)の日をのことである。.

新しい!!: 生田裔神八社と縁日 · 続きを見る »

生田川

生田川(いくたがわ)は、兵庫県神戸市を流れる二級水系の本流。.

新しい!!: 生田裔神八社と生田川 · 続きを見る »

生田区

生田区(いくたく)は、かつて兵庫県神戸市に存在した区。現在の中央区西部に当たる。旧生田川、すなわちフラワーロードを境に西側が旧生田区の区域である。ただし、ポートアイランドは全域が飛地として生田区に属していた。 神戸市中央区生田町は、生田区ではなく葺合区にあった。.

新しい!!: 生田裔神八社と生田区 · 続きを見る »

生田神社

生田神社(いくたじんじゃ)は、兵庫県神戸市中央区下山手通一丁目にある神社である。式内社(名神大社)で、旧社格は官幣中社。同じ兵庫県内の廣田神社・長田神社とともに神功皇后以来の歴史を有する。 かつて、現在の神戸市中央区の一帯が社領であり、これが「神戸」という地名の語源となる。地元では「生田さん」として親しまれている。.

新しい!!: 生田裔神八社と生田神社 · 続きを見る »

菟原郡

*.

新しい!!: 生田裔神八社と菟原郡 · 続きを見る »

葺合区

葺合区(ふきあいく)は、かつて神戸市に存在した区。現在の中央区東部にあたる。旧生田川、すなわちフラワーロードを境にJR三ノ宮駅などのある東側が旧葺合区の区域である。ただし、ポートアイランドは全域が飛地として生田区に属していた。 地名としての「葺合区」は1896年(明治29年)、神戸市に6区が設置された時に始まるが、当時は行政区ではなく、地域を表す呼称の扱いだった。1931年(昭和6年)、区域はそのままに行政区となる。1980年(昭和55年)に区域再編がなされ、生田区と統合され中央区となり、消滅した。 神戸市中央区生田町は、生田区ではなく葺合区にあった。 郵便番号は651。.

新しい!!: 生田裔神八社と葺合区 · 続きを見る »

長田神社

鳥居 神門 本殿 大正時代の本殿と境内の鶏 長田神社(ながたじんじゃ)は、兵庫県神戸市長田区長田町に位置する神社。旧社格は官幣中社。廣田神社・生田神社とともに神功皇后以来の歴史を持つ名社とされる。生田神社・湊川神社とともに神戸を代表する神社の一つ。宝物庫はひょうごっ子ココロンカードの無料対象になっている。.

新しい!!: 生田裔神八社と長田神社 · 続きを見る »

楠町 (神戸市)

楠町(くすのきちょう)は、兵庫県神戸市中央区 (神戸市)の町名の一つ、同区西端の。住居表示実施地域であり、一~八丁目がある。郵便番号は650-0017。.

新しい!!: 生田裔神八社と楠町 (神戸市) · 続きを見る »

湊川 (兵庫県)

湊川(みなとがわ)は、兵庫県神戸市を流れる河川である。正式名称は「新湊川」。.

新しい!!: 生田裔神八社と湊川 (兵庫県) · 続きを見る »

湊川神社

1961年(昭和36年)当時の湊川神社。市電の架線が見える。 湊川神社(みなとがわじんじゃ)は、兵庫県神戸市中央区多聞通三丁目にある楠木正成を祭る神社。地元では親しみを込めて「楠公(なんこう)さん」と呼ばれている。建武中興十五社の一社で、旧社格は別格官幣社である。.

新しい!!: 生田裔神八社と湊川神社 · 続きを見る »

明治

明治(めいじ)は日本の元号の一つ。慶応の後、大正の前。新暦1868年1月25日(旧暦慶応4年1月1日/明治元年1月1日)から1912年(明治45年)7月30日までの期間を指す。日本での一世一元の制による最初の元号。明治天皇在位期間とほぼ一致する。ただし、実際に改元の詔書が出されたのは新暦1868年10月23日(旧暦慶応4年9月8日)で慶応4年1月1日に遡って明治元年1月1日とすると定めた。これが、明治時代である。.

新しい!!: 生田裔神八社と明治 · 続きを見る »

海上五十狭茅

海上五十狭茅(うながみのいさち)とは、生田神社社家の先祖。 上総国海上郡の海上氏(祖・天穂日命)との関係も考えられるが、不明。神功皇后から、稚日女尊を祀る事を命ぜられ、初代の生田神社祭主となったという。 麛坂皇子、忍熊皇子側について神功皇后、応神天皇と戦った将軍である五十狭茅宿禰(いさちのすくね、吉師の祖:阿倍氏と共に吉志舞を舞った配下の難波吉師と同じ氏かは不詳)の子であるともいう。なぜ戦った相手の子に奉祀させたかは不明。本当であるとすると、壬申の乱の後の石上麻呂の様に、敗者側関係者が栄達を遂げたこととなる。あるいは子だけが、神功皇后、応神天皇側についたのかも知れない。 名前の五十(い、いと、いそ 等)の部分は皇室関係の古い名に散見されるが、意味は不詳。 海上五十狭茅の子孫は、海上氏から、やがて村田家などの名字を称するようになる。 生田神社を離れた後の村田家は、生田裔神八社の内、天穂日命を祀る五宮神社の近辺に代々住んだ。 Category:日本神話の人物 Category:神道に関連する人物 Category:播磨国の人物 Category:上総国の人物.

新しい!!: 生田裔神八社と海上五十狭茅 · 続きを見る »

新神戸駅

新神戸駅(しんこうべえき)は、兵庫県神戸市中央区加納町一丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)・神戸市交通局(神戸市営地下鉄)・北神急行電鉄の駅である。.

新しい!!: 生田裔神八社と新神戸駅 · 続きを見る »

日本神話

日本神話(にほんしんわ)とは日本に伝わる神話のことである。.

新しい!!: 生田裔神八社と日本神話 · 続きを見る »

2018年

この項目では、国際的な視点に基づいた2018年について記載する。.

新しい!!: 生田裔神八社と2018年 · 続きを見る »

2019年

この項目では、国際的な視点に基づいた2019年について記載する。.

新しい!!: 生田裔神八社と2019年 · 続きを見る »

2月3日

2月3日(にがつみっか)はグレゴリオ暦で年始から34日目に当たり、年末まであと331日(閏年では332日)ある。.

新しい!!: 生田裔神八社と2月3日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

港神戸守護神 厄除八社

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »