ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

王立造幣局

索引 王立造幣局

王立造幣局(おうりつぞうへいきょく The Royal Mint) とはイギリスの硬貨の製造・造幣を許された機関である。その起源は1100年以上前にさかのぼり、イングランド王国さらにはグレート・ブリテン王国の硬貨を製造してきた。2010年に業務をロイヤル・ミント社として継承、その上部組織の大蔵省 (イギリス) とイギリス国内で流通する貨幣を全種類、造る独占契約を結んでいる。 大蔵省は100%子会社のロイヤル・ミント社の株主責任をにゆだねている。 イギリスの貨幣造幣と合わせて王立造幣局は海外の多くの国の政府や学校、 企業を対象とした軍隊のメダルや記念コイン他を造る世界有数の造幣局であり、その評価はゆるぎない。が武装した分遣隊を配置、製造現場の保安体勢を敷く。 王立造幣局はシティ・オブ・ロンドンのタワー・ヒルに置いた工場群を1968年から段階的にウェールズのにあるへ移し、1980年以降、ラントリサント1か所に設備を集中して操業してきた。工場用地は38エーカー (15 ha) 、従業員は500名を超えていたという。また発行した硬貨は多種多様で、16世紀にさかのぼって保管、エリザベス2世の櫃製作会社が納品したケース80本に収めてある。 イギリス政府向けに発行された硬貨は毎年、硬貨検査函審査を受け、大きさ・重量・化学組成が検査される。.

43 関係: 十進法大蔵省 (イギリス)大英帝国勲章企業メダルロンドン塔トライアル (裁判)ブラックロックツゲ属フランスアリスター・ダーリングアルフレッド大王アイザック・ニュートンイングランド王国イギリスイギリスの紙幣と硬貨の一覧イギリスの海外領土イギリス軍ウェールズウェストミンスター宮殿ウェストミンスター寺院エリザベス2世エグゼクティブ・エージェンシーカナダカーディフギリシア語グレートブリテン王国シティ・オブ・ロンドンジョン・ホワイトハーストジョージ・F・アンセルスターリング・ポンドスターリング・ポンド紙幣国有企業硬貨独占銀本位制裁判官騎士団財務大臣 (イギリス)貴金属金本位制造幣局の一覧

十進法

十進法(じっしんほう、decimal system)とは、10 を底(てい)とし、底およびその冪を基準にして数を表す方法である。.

新しい!!: 王立造幣局と十進法 · 続きを見る »

大蔵省 (イギリス)

女王陛下の大蔵省(じょうおうへいかのおおくらしょう、)は、イギリスの財政を担当する行政機関である。大蔵府とも。.

新しい!!: 王立造幣局と大蔵省 (イギリス) · 続きを見る »

大英帝国勲章

大英帝国勲章(だいえいていこくくんしょう、Order of the British Empire)は、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(以下、「イギリス」または「英国」と表す)の騎士団勲章 (Order)。"Order"は“勲章”と日本語訳されるヨーロッパの栄典で、元の意味は「騎士団」であり、等級は中世の騎士団の階級制度を模したものである。大英帝国勲章はイギリスの騎士団勲章の中では最も新しく、最も広範囲に与えられ、最も叙勲数の多い勲章である。.

新しい!!: 王立造幣局と大英帝国勲章 · 続きを見る »

企業

企業(きぎょう、business)とは、営利を目的として一定の計画に従って経済活動を行う経済主体(経済単位)である。社会的企業を区別するために営利企業とも言う。家計・政府と並ぶ経済主体の一つ。国(中央政府)や地方公共団体が保有する企業を公企業(こうきぎょう)、そうでない企業を私企業(しきぎょう)という。通常は企業といえば私企業を指す。日常用語としての「企業」は多くの場合、会社と同義だが、個人商店も企業に含まれるので、企業のほうが広い概念である。 広義の企業は、営利目的に限らず、一定の計画に従い継続的意図を持って経済活動を行う独立の経済主体(経済単位)を指す。.

新しい!!: 王立造幣局と企業 · 続きを見る »

メダル

メダル (medal) は、直径数センチ大の金属の延べ板に、業績や事績の記念などの目的で、何らかの意匠を刻印したものをいう。 ただし、通貨として利用される貨幣(硬貨・コイン)は含まれない。 メダルの形状は円形のものが一般的であるが、四角形や星形など円形以外の形状のものもある。また、単に形状が印刷されただけの物も有る。 メダイとも。.

新しい!!: 王立造幣局とメダル · 続きを見る »

ロンドン塔

ンドン塔(ロンドンとう、Tower of London)は、イギリスの首都のロンドンを流れるテムズ川岸、イースト・エンドに築かれた中世の城塞である。 正式には「女王(国王)陛下の宮殿にして要塞・ロンドン塔(Her(His) Majesty's Royal Palace and Fortress of the Tower of London)」と呼ばれ、現在も儀礼的な武器などの保管庫、礼拝所などとして使用されている。ロンドンにおいては単に「塔(the Tower)」と称した場合はこの場所を指す。世界最大級のカット・ダイヤモンド「カリナン」はここで保管されている。.

新しい!!: 王立造幣局とロンドン塔 · 続きを見る »

トライアル (裁判)

トライアル(trial)は、英米法(コモン・ロー)の国で、民事事件及び刑事事件について、公開の法廷で行われる事実審理をいう。 日本の刑事裁判における公判に比較的似ており、公判と訳すこともあるが、トライアルは刑事事件・民事事件共通の手続である。なお、日本国憲法第82条は、原案(英文)のtrialを「対審」と訳している。 以下、主にアメリカにおけるトライアルについて記述するが、イギリスなど他のコモン・ロー諸国でも基本的な手続はおおむね同様である。.

新しい!!: 王立造幣局とトライアル (裁判) · 続きを見る »

ブラックロック

ブラックロック(BlackRock Inc.、)は、世界最大の、資産運用会社であり、シャドー・バンキング・システムである。2014年末、政府系基金協会(Sovereign Wealth Fund Institute)が、ブラックロックの運用下にある資産の65%は機関投資家由来であると報告した。.

新しい!!: 王立造幣局とブラックロック · 続きを見る »

ツゲ属

ツゲ属(Buxus)は、ツゲ科の属で、科を代表する属である。.

新しい!!: 王立造幣局とツゲ属 · 続きを見る »

フランス

フランス共和国(フランスきょうわこく、République française)、通称フランス(France)は、西ヨーロッパの領土並びに複数の海外地域および領土から成る単一主権国家である。フランス・メトロポリテーヌ(本土)は地中海からイギリス海峡および北海へ、ライン川から大西洋へと広がる。 2、人口は6,6600000人である。-->.

新しい!!: 王立造幣局とフランス · 続きを見る »

アリスター・ダーリング

アリスター・マクリーン・ダーリング(Alistair Maclean Darling, 1953年11月28日 - )は、イギリスの政治家。労働党所属の庶民院議員。ブラウン内閣で財務大臣、第二大蔵卿を務めた。 一部では、アリステア・ダーリングの表記も用いられる。.

新しい!!: 王立造幣局とアリスター・ダーリング · 続きを見る »

アルフレッド大王

アルフレッド大王(Alfred the Great、古英語ではÆlfred、849年 - 899年10月26日、在位:871年 - 899年)は、イングランド七王国のウェセックス王。兄エゼルレッド王の死後、王位を継いだ。妃はエアルフスウィス(Ealhswith)(エアルスウィス、Ealswith)。約100年続いたデーン人(北欧ヴァイキング)の侵攻を食い止め、衰退したイングランドのキリスト教文化を復興し、古英語での読み書きを習慣化した王として知られる。 アングロ・サクソン時代最大の王とも称せられ、イギリスの歴史において大王と称される君主である。また、海上で敵を迎え撃ち、上陸を阻止するための海軍力の適正運用を行った初めての君主として、しばしば英国海軍の父と称される。.

新しい!!: 王立造幣局とアルフレッド大王 · 続きを見る »

アイザック・ニュートン

ウールスソープの生家 サー・アイザック・ニュートン(Sir Isaac Newton、ユリウス暦:1642年12月25日 - 1727年3月20日、グレゴリオ暦:1643年1月4日 - 1727年3月31日ニュートンの生きていた時代のヨーロッパでは主に、グレゴリオ暦が使われ始めていたが、当時のイングランドおよびヨーロッパの北部、東部ではユリウス暦が使われていた。イングランドでの誕生日は1642年のクリスマスになるが、同じ日がグレゴリオ暦では1643年1月4日となる。二つの暦での日付の差は、ニュートンが死んだときには11日にも及んでいた。さらに1752年にイギリスがグレゴリオ暦に移行した際には、3月25日を新年開始の日とした。)は、イングランドの自然哲学者、数学者、物理学者、天文学者。 主な業績としてニュートン力学の確立や微積分法の発見がある。1717年に造幣局長としてニュートン比価および兌換率を定めた。ナポレオン戦争による兌換停止を経て、1821年5月イングランド銀行はニュートン兌換率により兌換を再開した。.

新しい!!: 王立造幣局とアイザック・ニュートン · 続きを見る »

イングランド王国

イングランド王国(イングランドおうこく、英語:Kingdom of England)は、927年のアングロ=サクソン七王国の一つウェセックス王国の王アゼルスタンのイングランド全土統一から、1707年のスコットランド王国との合同まで存在した国家。ウェセックス王エグバートの825年のイングランド統一から最初のイングランド王と言われることが多いが、実際の称号はブレトワルダ(覇王)であった。 スコットランド王であったステュアート朝のジェームズ1世が1603年に王位を兼ねて以来、スコットランドとは同君連合の関係にあったが、アンの時代の1707年の合同法により、スコットランド王国と合同してグレートブリテン王国となった。.

新しい!!: 王立造幣局とイングランド王国 · 続きを見る »

イギリス

レートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島々から成る同君連合型の主権国家である。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されている。 また、イギリスの擬人化にジョン・ブル、ブリタニアがある。.

新しい!!: 王立造幣局とイギリス · 続きを見る »

イギリスの紙幣と硬貨の一覧

イギリスの紙幣と硬貨の一覧は、イギリスの紙幣および硬貨について、広く用いられている用語の一覧である。.

新しい!!: 王立造幣局とイギリスの紙幣と硬貨の一覧 · 続きを見る »

イギリスの海外領土

イギリスの海外領土(イギリスのかいがいりょうど)とはイングランド・スコットランド・ウェールズ・北アイルランド以外で、イギリスの政治的権限が及ぶ領域である。.

新しい!!: 王立造幣局とイギリスの海外領土 · 続きを見る »

イギリス軍

イギリス軍(イギリスぐん)は、イギリスの保有する軍隊。公式な文章では、「アームド・フォーシーズ・オブ・ザ・クラウン」 (Armed Forces of the Crown)なのだが、一般的にはイギリス軍(British Armed Forces)、または、国王/女王陛下の軍 (His/Her Majesty's Armed Forces)と表記される。 イギリス軍の名目上の最高指揮権はイギリスの君主(1952年よりエリザベス2世)にあるが、その行使は首相の助言の通りになさねばならないため、事実上の総指揮権は首相にある。管理は国防省 (MoD) の国防委員会(Defence Council)が担当する。 イギリス軍はイギリス本国と海外の領土を防衛してイギリスの幅広い将来的国益を保護し、国際的な平和維持活動の支援を任ぜられている。その他にも、NATOへ正規参加しており、合同作戦の活動を行っている。.

新しい!!: 王立造幣局とイギリス軍 · 続きを見る »

ウェールズ

ウェールズ(Wales、Cymru カムリ)は、グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国(イギリス)を構成する4つの「国(イギリスのカントリー)」(country)のひとつである。ウェールズはグレートブリテン島の南西に位置し、南にブリストル海峡、東にイングランド、西と北にはアイリッシュ海が存在する。 かつて、石炭を代表とする豊富な地下資源を産出し、イギリスの産業革命を支えた歴史をもつ。.

新しい!!: 王立造幣局とウェールズ · 続きを見る »

ウェストミンスター宮殿

ウェストミンスター宮殿(ウェストミンスターきゅうでん、英語:Palace of Westminster)は、イギリスのロンドン中心部、テムズ川河畔に存在する宮殿。現在は英国議会が議事堂として使用している。併設されている時計塔(ビッグ・ベン)とともにロンドンを代表する景色として挙げられる。所在地はロンドンのミルバンク。なお近隣のテムズハウスは保安局(MI5)の本部となっている。.

新しい!!: 王立造幣局とウェストミンスター宮殿 · 続きを見る »

ウェストミンスター寺院

ウェストミンスター寺院(ウェストミンスターじいん、英語:Westminster Abbey、中国語:西敏寺)は、イギリスのロンドン・ウェストミンスターにある、イングランド国教会の教会。聖ペテロ修道教会。戴冠式などの王室行事が執り行われ、内部の壁と床には歴代の王や女王、政治家などが多数埋葬されている。墓地としては既に満杯状態で、新たに埋葬するスペースはもはやなくなっている。国会議事堂(ウェストミンスター宮殿)が隣接している。 ウィリアム1世以来、エドワード5世、エドワード8世を除く全てのイギリスの歴代の王が、「エドワード懺悔王の礼拝室」で戴冠式を行っている。この部屋にはかつてスコットランドから持ち帰られた、スコットランド王権を象徴するスクーンの石が嵌めこまれた戴冠式用の玉座があったが、スクーンの石は1996年にスコットランドに返還された。 イギリス中世の大規模なゴシック建築である。11世紀にエドワード懺悔王が建設し、1066年以降、英国国王の戴冠式が行われている。1245年、ヘンリー3世により、フランスの建築家を招き、フランスのゴシック建築にならって改装を始めた。14世紀末までにおおよそ完成するが、墓所の増築や西側正面部分、塔など20世紀に至るまで長期間にわたり、時代によってさまざまな様式で増改築されている。 1987年、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録。 多くの学校や職場で使用されている始業、終業のチャイムの音階は、同寺院のために1927年に作曲された「ウェストミンスターの鐘」が元となっている。.

新しい!!: 王立造幣局とウェストミンスター寺院 · 続きを見る »

エリザベス2世

リザベス2世(、1926年4月21日とされる5月末から6月初め頃と実際の女王誕生日が異なることについては、当該項目を参照。 - )は、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)を含む、16か国の主権国家(イギリス連邦王国)の君主であり、王室属領と海外領土の元首である。また、イングランド国教会の。イギリスの君主としてはウィンザー朝の第4代女王である。実名はエリザベス・アレクサンドラ・メアリー()。 1952年2月6日に即位してイギリス連邦に加盟する独立国家たる7か国、すなわち、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ連邦、パキスタン、セイロンの女王になる。連合王国女王のレルムに属する国家および領土の数は1956年から1992年までに独立したり共和制に移行したりしたので少しずつ変わっていく。 2016年現在の今日においては、(現在まで存続している)前述の4か国(イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド)に加え、ジャマイカ、バルバドス、バハマ、グレナダ、パプアニューギニア、ソロモン諸島、ツバル、セントルシア、セントビンセント・グレナディーン、ベリーズ、アンティグア・バーブーダ、セントクリストファー・ネイビスが女王を君主としている。こうしてエリザベス2世は、合計16か国の君主を兼ねている。またクック諸島など、上記の国と自由連合制をとる国や、その一部となっている国・地域の中にも女王を元首としているところが存在する。 2015年、高祖母たるヴィクトリア女王を抜いて英国史上最高齢の君主になった。2015年1月23日にはサウジアラビア国王のアブドゥッラー・ビン・アブドゥルアズィーズが90歳で死去したことにより、88歳(当時)で存命する在位中の君主の中で世界最高齢になった。2015年9月9日には、在位期間が63年と216日となり、同じくヴィクトリア女王を抜いて英国史上最長在位の君主となった。さらに、2016年10月13日にはラーマ9世(タイ王国)の死去により、存命の君主では世界第1位の長期在位君主となった。.

新しい!!: 王立造幣局とエリザベス2世 · 続きを見る »

エグゼクティブ・エージェンシー

ティブ・エージェンシー(executive agency)とは、管理上及び予算上、省本省から分離して設置され、イギリス政府、スコットランド政府、ウェールズ政府及び北アイルランド執政府の執行機能の一部を実行する政府内の行政機関である。執行機関と訳されることもある。また、単にエージェンシーともいう。非大臣省及び非政府部門公共機構(クアンゴ)は、省大臣の統制から真に法的かつ憲法的に分離されるが、エージェンシーは、そのいずれとも全く異なる政治機構 (machinery of government) の装置 (devices) である。イギリスのエージェンシー制度を範にした制度は、他のいくつかの国々で導入されている。.

新しい!!: 王立造幣局とエグゼクティブ・エージェンシー · 続きを見る »

カナダ

ナダ(英・、 キャナダ、 キャナダ、カナダ)は、10の州と3の準州を持つ連邦立憲君主制国家である。イギリス連邦加盟国であり、英連邦王国のひとつ。北アメリカ大陸北部に位置し、アメリカ合衆国と国境を接する。首都はオタワ(オンタリオ州)。国土面積は世界最大のロシアに次いで広い。 歴史的に先住民族が居住する中、外からやってきた英仏両国の植民地連合体として始まった。1763年からイギリス帝国に包括された。1867年の連邦化をきっかけに独立が進み、1931年ウエストミンスター憲章で承認され、1982年憲法制定をもって政体が安定した。一連の過程においてアメリカと政治・経済両面での関係が深まった。第一次世界大戦のとき首都にはイングランド銀行初の在外金準備が保管され、1917年7月上旬にJPモルガンへ償還するときなどに取り崩された。1943年にケベック協定を結んだ(当時のウラン生産力も参照)。1952年にはロスチャイルドの主導でブリンコ(BRINCO)という自然開発計画がスタートしている。結果として1955年と1960年を比べて、ウラン生産量は約13倍に跳ね上がった。1969年に石油自給国となる過程では、開発資金を供給するセカンダリー・バンキングへ機関投資家も参入したので、カナダの政治経済は機関化したのであった。 立憲君主制で、連邦政府の運営は首相を中心に行われている。パワー・コーポレーションと政界の連携により北米自由貿易協定(NAFTA)に加盟した。.

新しい!!: 王立造幣局とカナダ · 続きを見る »

カーディフ

ーディフ(Caerdydd、Cardiff)は、ウェールズの首都。人口は305,340人(2001年)で、ウェールズで最大の都市である。ウェールズの南東部に位置し、ロンドンからは約250kmの距離にある。ウェールズ議会が設置されている。.

新しい!!: 王立造幣局とカーディフ · 続きを見る »

ギリシア語

リシア語(ギリシアご、現代ギリシア語: Ελληνικά, または Ελληνική γλώσσα )はインド・ヨーロッパ語族ヘレニック語派(ギリシア語派)に属する言語。単独でヘレニック語派(ギリシア語派)を形成する。ギリシア共和国やキプロス共和国、イスタンブールのギリシア人居住区などで使用されており、話者は約1200万人。また、ラテン語とともに学名や専門用語にも使用されている。省略形は希語。.

新しい!!: 王立造幣局とギリシア語 · 続きを見る »

グレートブリテン王国

レートブリテン王国(グレートブリテンおうこく、Kingdom of Great Britain)は、1707年合同法によりイングランド王国(ウェールズを含む)とスコットランド王国が合同し成立した王国。グレートブリテン島全体を支配した、歴史上最初の国家である。.

新しい!!: 王立造幣局とグレートブリテン王国 · 続きを見る »

シティ・オブ・ロンドン

ティ・オブ・ロンドン(City of London)は、イングランドのロンドン中心部に位置する地区。その周辺地域とコナベーションを形成している。現代のメトロポリス・ロンドンの起源となる地域で、その範囲は中世以降ほとんど変わっていない約1マイル四方(厳密には)。単にシティ(the City)、またはスクエア・マイル(the Square Mile)とも呼ばれるこれらの語は金融街としての安定したシティの長い歴史とも相まって、しばしばイギリスの金融業界を指す。。シティの行政はシティ・オブ・ロンドン自治体(City of London Corporation)が執行しているこれは英国内でも独特の制度であり、シティの区画境界を越えて権限や所有権を有する事項もあるなど、イギリスの地方自治制度としては一般的でない部分も少なからず含まれる。。この自治体の首班はロンドン市長(Lord Mayor of London)である。2000年に再設置された大ロンドン庁のロンドン市長(Mayor of London)とは異なる。 シティは英国のGNPの2.5%に貢献している。シティはロンドン証券取引所やイングランド銀行、ロイズ本社等が置かれる金融センターとして他に、シティから東に離れたカナリー・ワーフもロンドンの主要な金融地区である。、ニューヨークのウォール街と共に世界経済を先導しており、世界有数の商業の中心地としてビジネス上の重要な会合の開催地としても機能している。 1990年代初期にはIRA暫定派がシティ内に複数の爆弾を仕掛けて爆発させる事件が発生したリング・オブ・スチールはIRAによる爆撃などテロリストの脅威への対抗策として開発された特に有名な方法である。2004年5月にBBCのニュース番組「Panorama」において、2001年の米同時多発テロに匹敵する規模のテロ攻撃に対するイギリスの警察や消防などの緊急時対応機関の準備体制を調査したところ、シティ東部のビショップスゲートで化学薬品による爆破事件が発生するとのシミュレート結果が出された。。シティに居住する人口はおよそ11,700人だが、金融業を中心に約31万6,700人の昼間人口がある。.

新しい!!: 王立造幣局とシティ・オブ・ロンドン · 続きを見る »

ジョン・ホワイトハースト

ョン・ホワイトハースト(、1713年4月10日 - 1788年2月18日)は時計職人かつ科学者であり、初期の地質学に多大な貢献を行なった。彼はイングランドのチェシャー出身で、王立協会に所属し、またルナー・ソサエティの主要メンバーの一人だった。.

新しい!!: 王立造幣局とジョン・ホワイトハースト · 続きを見る »

ジョージ・F・アンセル

ョージ・フレデリック・アンセル (1826年3月4日 – 1880年12月21日) George Frederick Ansell は、イギリスの発明家、化学者、硬貨鑑定士。王立造幣局の標準業務を取り上げた著書がある。.

新しい!!: 王立造幣局とジョージ・F・アンセル · 続きを見る »

スターリング・ポンド

ターリング・ポンド()は、イギリスの通貨。通貨単位としてのポンドはかつてイギリス連邦諸国で用いられ、エジプトなどでは現在も用いられているが、単にポンドというと通常イギリスのポンドのことを示す。通貨記号は £、国際通貨コード (ISO 4217) は、GBPであるが、STGとも略記する。呼称としてはポンド、スターリングの他に quid が用いられることがある。日本ではイギリス・ポンド、または英ポンドと呼ばれることも多い。.

新しい!!: 王立造幣局とスターリング・ポンド · 続きを見る »

スターリング・ポンド紙幣

ターリング・ポンド紙幣(Banknotes of the pound sterling、Sterling banknotes)は、グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国(以下イギリス)、イギリスの王室属領そしてイギリスの海外領土の一部で流通しているポンドの紙幣である。シンボルは£。 中央銀行が紙幣の発行権を独占している大部分の国々とは異なり、イギリスでは中央銀行たるイングランド銀行だけでなく、スコットランドの3行と北アイルランドの4行(2行はアイルランド共和国に本店を置く)を合わせた7行のリテールバンク(法人ではない一般消費者向けの銀行)もポンド紙幣の発行権を有している。これは香港ドル紙幣の発行事情と同様である。.

新しい!!: 王立造幣局とスターリング・ポンド紙幣 · 続きを見る »

国有企業

国有企業(こくゆうきぎょう、)、政府所有会社()、国営企業は、国ないし政府が所有する企業である。.

新しい!!: 王立造幣局と国有企業 · 続きを見る »

硬貨

貨(こうか)は金属で作られた貨幣である。コイン(coin)ともいわれる。かつて「コイン」は基本的に金や銀の素材金属の価値と額面の差の無い本位通貨やその補助貨幣として鋳造されることが多かったが、現在は管理通貨制度の下で不換紙幣と並列して素材の価値が額面を大きく下回る硬貨1988年以前は臨時通貨法の下、日本では事実上の現金通貨が日本銀行券と臨時補助貨幣のみであったため、硬貨は「補助貨幣」と称されていたが(『世界大百科事典』26、平凡社、2009年)、1988年に制定された通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律以降は「貨幣」と称する。のみが流通する。 他方、経済学においては『硬貨』はハードカレンシー(国際決済通貨)や本位貨幣を指すことばであり、対義語の『軟貨』(ソフトカレンシー)とは国際決済に用いられない・用いることが出来ない通貨を指す。.

新しい!!: 王立造幣局と硬貨 · 続きを見る »

独占

占(どくせん、monopoly)とは、特定の企業が、他の競争者を排除して販売市場や原料資源地などを支配し、利益を貪る経済構造である。規制対象としての独占は語義として複占・寡占もふくむ。日米など限られた国では市場の失敗の原因として各国の独占禁止法等により規制するが、自然独占およびその他さまざまな例外的あつかいもなされている。.

新しい!!: 王立造幣局と独占 · 続きを見る »

銀本位制

本位銀貨として広く流通した"メキシコドル"1768年銘 ポトシ鋳造 銀本位制(ぎんほんいせい、silver standard)とは、一国の貨幣制度の根幹を成す基準を銀と定め、その基礎となる貨幣、すなわち本位貨幣を銀貨とし、これに自由鋳造、自由融解を認め、無制限通用力を与えた制度である。この場合、その国の通貨は一定量の銀の量を持って表すことができ、商品の価格も銀の価値を標準として表示される。.

新しい!!: 王立造幣局と銀本位制 · 続きを見る »

裁判官

裁判官(さいばんかん、Judge)とは、司法権を行使して裁判を行う官職にある者をいう。 各国の訴訟法制に応じて裁判官の職掌は定まり、陪審制を採用している国などでは事実認定について裁判官が担当しないことがあることから、裁判官を法廷における審理を主宰する者として位置づけることがより妥当な場合もある。.

新しい!!: 王立造幣局と裁判官 · 続きを見る »

騎士団

騎士団(きしだん、英語:Chivalric order)は、十字軍時に設立された騎士修道会、及びそれを模して各国の王・貴族が作った騎士とその附属員から構成される団体である。前者はローマ教皇によって認可された修道会の一種であり、構成員は修道士になることが前提となる。後者は実際の軍事集団としてより、名誉・儀礼的な意味合いが強く、後にヨーロッパの勲章システムに受け継がれていく。.

新しい!!: 王立造幣局と騎士団 · 続きを見る »

財務大臣 (イギリス)

財務大臣(ざいむだいじん、Chancellor of the Exchequer)は、イギリスの国政財務に対して責任を負う閣僚であり、大蔵省の長である。他国の財務大臣 (Minister of Finance) の役割に相当する。イギリスの内閣の四大大臣座 (Great Offices of State) の一つと見なされており、近時はイギリスの政治において首相に次ぐ政治権力を持つようになった。 今日では、財務大臣は大蔵卿の職務を遂行するための大蔵卿委員会の一員として、常にを兼任する。18世紀から19世紀の初めには、首相が下院議員である場合に財務大臣を兼任することが普通であった。首相と財務大臣を同時に務めた最後の例は1923年のスタンリー・ボールドウィンである。かつては、財務大臣の座が空席になった場合には、王座部の首席裁判官が財務大臣臨時代理を務めることとされていた。これに従って財務大臣臨時代理を務めた最後の首席裁判官は1834年のである。 財務大臣はイングランド史、英国史の中でも三番目に古い大臣職であり、元々は中世のイングランド王室の財務をつかさどった財務府において歳入の確保と会計監査の役割を担っていた。つい最近まで、財務大臣は金融政策と財政政策の両方を掌握していたが、1997年にイングランド銀行が独自に金利を設定することを許され、この慣習は終わりを告げた。財務大臣は、他の政府機関の財務も監督している。 現在の財務大臣はフィリップ・ハモンドである。.

新しい!!: 王立造幣局と財務大臣 (イギリス) · 続きを見る »

貴金属

貴金属元素のサンプル 貴金属(ききんぞく、precious metal)は、化学としては金 (Au)、銀 (Ag)、白金 (Pt)、パラジウム (Pd)、ロジウム (Rh)、イリジウム (Ir)、ルテニウム (Ru)、オスミウム (Os) の8つの元素を指す。存在が希少なものが多く、耐腐食性があるのが特徴である。Dブロック元素に属する。 ルテニウム、ロジウム、パラジウム(これら3つをパラジウム類と言うことがある)、オスミウム、イリジウム、白金(これら3つは白金類と言うことがある)の6つの元素を「白金族元素」と言う。 またこれらは遷移元素である。白金族元素はお互い性質が似通っており、融点が高く、白金、パラジウムはアルミニウム並に軟らかく、ルテニウム、イリジウムは硬く、オスミウムは非常に硬く脆い。ロジウムはその中間の硬さである。全体的にくすんだ銀白色を呈した金属である。 また白金類は密度が21から22と非常に高く、物質中最も重い元素になる。重白金族とも言う。パラジウム類は密度は12で、軽白金族とも言う。酸、アルカリなどにも侵されにくい。非常に有用な触媒となるものもある。 周期表の11属同族元素である金、銀、銅も貴金属 (noble metal) であり、この場合、銅も貴金属に含まれる場合がある。また学問分野によっては、水銀など 上記以外の元素を貴金属に含めることがある。これはイオン化傾向が水素より小さい金属という定義によるものである。 ジュエリー用貴金属 8種の貴金属の中で、金 (Au)、銀 (Ag)、白金 (Pt)、パラジウム (Pd) の4種とその合金を、ISO9202、JIS-H6309、及びCIBJO(国際貴金属宝飾品連盟)は、ジュエリー用貴金属合金として定め、品位区分を設けている。 イリジウム (Ir)、ルテニウム (Ru) は、白金 (Pt)(プラチナ)の割り金として用いられている。 ロジウム (Rh) は、ジュエリーやアクセサリーの表面めっきとして、広く利用されている。 ジュエリーの製造現場では、加工上の性質、用途と色調から、産出量は多いが銅を貴金属の一種と考えることもある。.

新しい!!: 王立造幣局と貴金属 · 続きを見る »

金本位制

金本位制(きんほんいせい、)とは、一国の貨幣価値(交換価値)を金に裏付けられた形で金額を表すものであり、商品の価格も金の価値を標準として表示される。この場合、その国の通貨は一定量の金の重さで表すことができ、これを法定金平価という 。大不況 (1873年-1896年) 期に採用が進み、20世紀には国際決済銀行とブレトンウッズ体制の礎となった。.

新しい!!: 王立造幣局と金本位制 · 続きを見る »

造幣局の一覧

記載なし。

新しい!!: 王立造幣局と造幣局の一覧 · 続きを見る »

櫃(ひつ)とは、かぶせ蓋がついた箱である。古くから現在に至るまで収納用に多用されている。.

新しい!!: 王立造幣局と櫃 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

英国王立造幣局

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »