ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

王立研究所

索引 王立研究所

王立研究所(おうりつけんきゅうしょ、Royal Institution of Great Britain 短縮されて、Royal Institution)はイギリスに1799年に設立された、科学教育、科学研究の機関である。設立者には、ヘンリー・キャヴェンディッシュや、第9代ウィンチルシー伯ジョージ・フィンチがいる。.

24 関係: ノーベル賞マイケル・ファラデーチャールズ・ハチェットハンフリー・デービーローレンス・ブラッグトマス・ペラム (第2代チチェスター伯爵)ヘンリー・ハレット・デールヘンリー・ブラッグヘンリー・キャヴェンディッシュベンジャミン・トンプソンアルジャーノン・パーシー (第6代ノーサンバーランド公爵)イギリスエドワード (ケント公)エドワード・アンドレードクリスマス・レクチャージョン・ムーア=ブラバゾンジョン・ティンダルジョン・ウィリアム・ストラット (第3代レイリー男爵)ジョージ・ポータージョージ・スペンサー (第2代スペンサー伯爵)ジョゼフ・バンクスジェイムズ・デュワースーザン・グリーンフィールド王立協会

ノーベル賞

ノーベル賞(ノーベルしょう)は、ダイナマイトの発明者として知られるアルフレッド・ノーベルの遺言に従って1901年から始まった世界的な賞である。物理学、化学、生理学・医学、文学、平和および経済学の「5分野+1分野」で顕著な功績を残した人物に贈られる。 経済学賞だけはノーベルの遺言にはなく、スウェーデン国立銀行の設立300周年祝賀の一環としてノーベルの死後70年後にあたる1968年に設立されたものであり、ノーベル財団は「ノーベル賞ではない」としているが、一般にはノーベル賞の一部門として扱われることが多い。.

新しい!!: 王立研究所とノーベル賞 · 続きを見る »

マイケル・ファラデー

マイケル・ファラデー(Michael Faraday, 1791年9月22日 - 1867年8月25日)は、イギリスの化学者・物理学者(あるいは当時の呼称では自然哲学者)で、電磁気学および電気化学の分野での貢献で知られている。 直流電流を流した電気伝導体の周囲の磁場を研究し、物理学における電磁場の基礎理論を確立。それを後にジェームズ・クラーク・マクスウェルが発展させた。同様に電磁誘導の法則、反磁性、電気分解の法則などを発見。磁性が光線に影響を与えること、2つの現象が根底で関連していることを明らかにした entry at the 1911 Encyclopaedia Britannica hosted by LovetoKnow Retrieved January 2007.

新しい!!: 王立研究所とマイケル・ファラデー · 続きを見る »

チャールズ・ハチェット

チャールズ・ハチェット チャールズ・ハチェット(Charles Hatchett、1765年1月2日 - 1847年3月10日)はニオブを発見したイギリスの化学者である。1797年に王立協会のフェローに選出され、1798年にコプリ・メダルを受賞した。 ニオブの発見はハチェットが大英博物館で働いていた時、博物館のコレクションである新大陸の鉱物コロンバイト(columbite)を分析して、新しい元素が含まれていることを発見し、コロンビウムと命名し王立協会で1801年11月26日に発表した。ニオブは1846年に、ハインリヒ・ローゼとジャン・マリニャックによって再発見され、発見者や元素名に冠するの論争の末、1949年、IUPACにより名称がニオブに統合された。 ハチェットはその後、化学の研究をやめ、家業の馬車製造業の経営に専念した。 イギリス金属学会は1979年からニオブやその合金に関する最も優れた論文に対して贈る、チャールズ・ハチェット賞を設けた。.

新しい!!: 王立研究所とチャールズ・ハチェット · 続きを見る »

ハンフリー・デービー

初代準男爵、サー・ハンフリー・デービー(Sir Humphry Davy, 1st Baronet、1778年12月17日 - 1829年5月29日)は、イギリスの化学者で発明家David Knight, ‘Davy, Sir Humphry, baronet (1778–1829)’, Oxford Dictionary of National Biography, Oxford University Press, 2004 。アルカリ金属やアルカリ土類金属をいくつか発見したことで知られ、塩素やヨウ素の性質を研究したことでも知られている。ベルセリウスは On Some Chemical Agencies of Electricity と題したデービーの1806年の Bakerian Lectureを「化学の理論を豊かにした最良の論文のひとつ」としている, 。この論文は19世紀前半の様々な化学親和力理論の核となった。1815年、デービー灯を発明し、可燃性の気体が存在しても坑夫が安全に働けるようになった。.

新しい!!: 王立研究所とハンフリー・デービー · 続きを見る »

ローレンス・ブラッグ

ウィリアム・ローレンス・ブラッグ(William Lawrence Bragg、1890年3月31日 - 1971年7月1日)は、オーストラリア生まれのイギリスの物理学者。現代結晶学の創始者のひとり。X線回折を用いて物質の構造を研究した。1915年、25歳の時に、父であるヘンリー・ブラッグと共にノーベル物理学賞を受賞。キャヴェンディッシュ研究所所長を務めていた1953年2月、同研究所のジェームズ・ワトソンとフランシス・クリックがDNAの構造を解明した。.

新しい!!: 王立研究所とローレンス・ブラッグ · 続きを見る »

トマス・ペラム (第2代チチェスター伯爵)

2代チチェスター伯爵トマス・ペラム(Thomas Pelham, 2nd Earl of Chichester, 、1756年4月28日 - 1826年7月4日)は、イギリス及びアイルランドの政治家・貴族。.

新しい!!: 王立研究所とトマス・ペラム (第2代チチェスター伯爵) · 続きを見る »

ヘンリー・ハレット・デール

ー・ヘンリー・ハレット・デール(Sir Henry Hallett Dale、1875年6月9日 - 1968年7月23日)はイギリス人の脳科学者。メリット勲章勲爵士(OM)、大英帝国勲章ナイト・グランド・クロス勲爵士(GBE)、王立協会フェロー(FRS)。アセチルコリンが神経インパルスの伝達物質になっていることを発見して、1936年にオットー・レーヴィとともにノーベル生理学・医学賞を受賞した。.

新しい!!: 王立研究所とヘンリー・ハレット・デール · 続きを見る »

ヘンリー・ブラッグ

ウィリアム・ヘンリー・ブラッグ(William Henry Bragg、1862年7月2日 - 1942年3月12日)は、イギリスの物理学者。1915年に「X線による結晶構造解析に関する研究」により息子のウィリアム・ローレンス・ブラッグと共にノーベル物理学賞を受賞した。.

新しい!!: 王立研究所とヘンリー・ブラッグ · 続きを見る »

ヘンリー・キャヴェンディッシュ

ヘンリー・キャヴェンディッシュ(Henry Cavendish, 1731年10月10日 – 1810年2月24日)は、イギリスの化学者・物理学者である。貴族の家に生まれ育ち、ケンブリッジ大学で学んだ。寡黙で人間嫌いな性格であったことが知られている。遺産による豊富な資金を背景に研究に打ち込み、多くの成果を残した。 金属と強酸の反応によって水素が発生することを見出した。電気火花を使った水素と酸素の反応により水が生成することを発見し、水が化合物であることを示した。この結果をフロギストン説に基づいて解釈している。さらに水素と窒素の電気火花による反応で硝酸が得られ、空気中からこれらの方法で酸素と窒素を取り除くと、のちにアルゴンと呼ばれる物質が容器内に残ることを示した。 彼の死後には、生前に発表されたもののほかに、未公開の実験記録がたくさん見つかっている。その中には、ジョン・ドルトンやジャック・シャルルによっても研究された気体の蒸気圧や熱膨張に関するものや、クーロンの法則およびオームの法則といった電気に関するものが含まれる。これらの結果はのちに同様の実験をした化学者にも高く評価された。(ただしこれらは、未公開であったがゆえに、科学界への影響はほとんどなかった。「もし生前に公開されていたら」と、ひどく惜しまれた。) ハンフリー・デービーはキャヴェンディッシュの死に際し、彼をアイザック・ニュートンに比して評価した。19世紀には彼の遺稿や実験結果が出版され、彼の名を冠したキャヴェンディッシュ研究所が設立されている。.

新しい!!: 王立研究所とヘンリー・キャヴェンディッシュ · 続きを見る »

ベンジャミン・トンプソン

ベンジャミン・トンプソン ランフォード伯ベンジャミン・トンプソン(Sir Benjamin Thompson, Count Rumford、称号のドイツ語表記: Reichsgraf von Rumford、1753年3月26日 - 1814年8月21日)はイギリス植民地時代のアメリカに生まれた科学者である。大砲の砲身の中をえぐる工程で大量に発生続ける摩擦熱がカロリック説(熱素説)では説明しきれないことを示しカロリック説を否定して、熱力学に先駆的な業績をあげたことで知られる。.

新しい!!: 王立研究所とベンジャミン・トンプソン · 続きを見る »

アルジャーノン・パーシー (第6代ノーサンバーランド公爵)

6代ノーサンバーランド公爵アルジャーノン・ジョージ・パーシー(PC、1810年5月20日 - 1899年1月2日)は、イギリスの政治家、貴族。 ヴィクトリア朝の保守党政権下で閣僚職を歴任した。.

新しい!!: 王立研究所とアルジャーノン・パーシー (第6代ノーサンバーランド公爵) · 続きを見る »

イギリス

レートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島々から成る同君連合型の主権国家である。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されている。 また、イギリスの擬人化にジョン・ブル、ブリタニアがある。.

新しい!!: 王立研究所とイギリス · 続きを見る »

エドワード (ケント公)

2代ケント公爵エドワード王子(Prince Edward, 2nd Duke of Kent, 全名エドワード・ジョージ・ニコラス・パトリック・ポール(Edward George Nicholas Patrick Paul), 、1935年10月9日 - )は、イギリスの王族。 初代ケント公爵ジョージ(ジョージ5世の四男)の長男で、イギリス女王エリザベス2世の従弟。母マリナはギリシャ王家出身で、女王の夫エディンバラ公フィリップの従姉である。現時点(2015年6月2日)では英国王位継承順位35番目にある。.

新しい!!: 王立研究所とエドワード (ケント公) · 続きを見る »

エドワード・アンドレード

ドワード・アンドレード(Edward Neville da Costa Andrade FRS、1887年12月27日 - 1971年6月6日)はイギリスの物理学者、作家である。アーネスト・ラザフォードとガンマ線の波長を測定する実験を行った。一般的に有名になったのは、BBCラジオの、リスナーからの質問をもとに解説する番組、「ブレインズ・トラスト」(The Brains Trust、1940年代から1950年代に放送)の出演者になったことからである。.

新しい!!: 王立研究所とエドワード・アンドレード · 続きを見る »

クリスマス・レクチャー

リスマス・レクチャー(Christmas Lectures)とは、イギリスと日本で行われている歴史的な科学講座である。イギリスではクリスマスシーズンに子供たちへのプレゼントとして開かれているので、クリスマス・レクチャーという名になっている。 マイケル・ファラデーの有名な書籍『ロウソクの科学』は1860年のクリスマス・レクチャーとして英国王立研究所で連続講演した内容を、ウィリアム・クルックスが編集したものである。 日本では夏に、前年の講演者を招いて開催されているため、「英国科学実験講座」とも呼ぶ。王立研究所のクリスマス・レクチャーは、1825年に最初に開催されて以来、第二次世界大戦中を除いて、毎年続けられた。王立研究所内で毎年開催されたが、1929年と2005年から2006年の間は、建物の改装のために、別の場所で行われた。1936年にBBCで、最初にテレビ放映され、1966年から1999年はBBC Two、2000年から2004年はチャンネル4、2005年から2008年はMore4で放送された。2009年からBBC Fourで放送されている。.

新しい!!: 王立研究所とクリスマス・レクチャー · 続きを見る »

ジョン・ムーア=ブラバゾン

初代ブラバゾン・オブ・タラ男爵、ジョン・セオドア・カスバート・ムーア=ブラバゾン(John Theodore Cuthbert Moore-Brabazon, 1st Baron Brabazon of Tara, 、1884年2月8日 - 1964年5月17日)はイギリスの航空のパイオニアであり、保守党の政治家である。イギリス人としてイギリス国内で最初に飛行を行ったパイロットであり、第二次世界大戦中に輸送大臣と航空機生産大臣を務めた。戦後の民間輸送機の開発の方針を諮問したブラバゾン報告書で知られる。.

新しい!!: 王立研究所とジョン・ムーア=ブラバゾン · 続きを見る »

ジョン・ティンダル

ョン・ティンダル(John Tyndall、1820年8月2日 - 1893年12月4日)は、アイルランド出身の物理学者、登山家である。 物理学者として一般に知られる業績としては、チンダル現象を発見したことである。その他にも、赤外線放射(温室効果)、反磁性体、に関して突出した業績を残した。 登山家としてはアルプス山脈5番目の最高峰ヴァイスホルンの初登頂に成功した(1861年8月19日)。また、マッターホルンの初登頂を競い、1862年に山頂から標高230m下の肩にまで達した(エドワード・ウィンパーが1865年に初登頂した)。1868年にはマッターホルンの初縦走に成功している。なお、登山の元々の目的は物理学者としてアルプスの氷河を研究することであった。 1852年王立協会フェロー選出、同協会から1853年ロイヤル・メダル、1864年ランフォード・メダル受賞。.

新しい!!: 王立研究所とジョン・ティンダル · 続きを見る »

ジョン・ウィリアム・ストラット (第3代レイリー男爵)

3代レイリー男爵ジョン・ウィリアム・ストラット(Baron Rayleigh、1842年11月12日 - 1919年6月30日)は、イギリスの物理学者。レイリー卿(レーリー卿あるいはレーリ卿とも、Lord Rayleigh)としても知られる。光の散乱の研究から空が青くなる理由を示す(レイリー散乱)、地震の表面波(レイリー波)の発見、ラムゼーとの共同研究によるアルゴンの発見、熱放射を古典的に扱ったレイリー・ジーンズの法則の導出などを行った。このほかにも流体力学(レイリー数)や毛細管現象の研究など、古典物理学の広範な分野に業績がある。 「気体の密度に関する研究、およびこの研究により成されたアルゴンの発見」により、1904年の ノーベル物理学賞を受賞した。.

新しい!!: 王立研究所とジョン・ウィリアム・ストラット (第3代レイリー男爵) · 続きを見る »

ジョージ・ポーター

ラドナムのポーター男爵、ジョージ・ポーター(George Porter, Baron Porter of Luddenham, 1920年12月6日 - 2002年8月31日)は、イギリスの化学者。1967年にノーベル化学賞を受賞した。.

新しい!!: 王立研究所とジョージ・ポーター · 続きを見る »

ジョージ・スペンサー (第2代スペンサー伯爵)

2代スペンサー伯爵ジョージ・ジョン・スペンサー(George John Spencer, 2nd Earl Spencer、1758年9月1日 - 1834年11月10日)は、イギリスの貴族、政治家。ガーター勲章勲爵士(KG)、枢密顧問官(PC)、王立協会フェロー(FRS)、ロンドン好古家協会フェロー(FSA)。 ホイッグ党に所属し、王璽尚書・海軍卿・内務大臣を歴任した。1765年に父がスペンサー伯爵に叙されてから自身が襲爵する1783年までは「オールトラップ子爵」の儀礼称号を称した。.

新しい!!: 王立研究所とジョージ・スペンサー (第2代スペンサー伯爵) · 続きを見る »

ジョゼフ・バンクス

ー・ジョゼフ・バンクス 初代准男爵、サー・ジョゼフ・バンクス(Sir Joseph Banks, 1st Baronet, (1743年2月2日 − 1820年6月19日)は、イギリスの博物学者、植物学者、プラントハンター、準男爵、王立協会会長。科学の擁護者としても知られ、自然史の父とも言うべき存在でもある。ジェームズ・クックの第一回航海(1768 - 1771年)に同行し、南太平洋地域に関する多くの博物学的知見を西欧にもたらす。航海で収集された膨大な新種のうち、75種の命名にバンクスの名が遺る。ユーカリ、アカシア、ミモザを西欧にはじめて紹介した。植物属バンクシアも、彼の名に因んでいる。 1967年から発行されていた5オーストラリア・ドル紙幣の表面に肖像が使用されていた。オーストラリアにメリノ種の牧羊が定着するよう、バンクスは生涯をかけて飼育指導にあたった。キューガーデンは動物も研究したのである。.

新しい!!: 王立研究所とジョゼフ・バンクス · 続きを見る »

ジェイムズ・デュワー

ー・ジェイムズ・デュワー(Sir James Dewar, 1842年9月20日 - 1923年3月27日)は、イギリスの化学者・物理学者。液体酸素が磁性を持つことの発見、水素の液化と固化の成功など低温物理学の分野で先駆的な研究を行った。また魔法瓶(デュワー瓶)や、コルダイト火薬(無煙火薬の一種)を発明した。.

新しい!!: 王立研究所とジェイムズ・デュワー · 続きを見る »

スーザン・グリーンフィールド

ーザン・グリーンフィールド(Susan Adele Greenfield, Baroness Greenfield CBE FRCP、1950年10月1日生まれ)はイギリスの神経科学者、著述家、ブロードキャスター、貴族院議員である。パーキンソン病やアルツハイマー病の治療などを研究した。一般向けの著書ではテクノロジーと脳の変質に関する著作などがある。.

新しい!!: 王立研究所とスーザン・グリーンフィールド · 続きを見る »

王立協会

イヤル・ソサイエティ(Royal Society)は、現存する最も古い科学学会。1660年に国王チャールズ2世の勅許を得て設立された。正式名称は"The President, Council, and Fellows of the Royal Society of London for Improving Natural Knowledge"(自然知識を促進するためのロンドン王立協会)。日本語訳ではロンドン王立協会(-おうりつきょうかい)、王立学会(おうりつがっかい)など。 この会は任意団体ではあるが、イギリスの事実上の学士院(アカデミー)としてイギリスにおける科学者の団体の頂点にあたる。また、科学審議会(Science Council)の一翼をになうことによって、イギリスの科学の運営および行政にも大いに影響をもっている。1782年創立の王立アイルランドアカデミーと密接な関係があり、1783年創立のエジンバラ王立協会とは関係が薄い。.

新しい!!: 王立研究所と王立協会 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

イギリス王立研究所

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »