ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

狼の口 〜ヴォルフスムント〜

+ コンセプトを保存する

『狼の口 〜ヴォルフスムント〜』(ヴォルフスムント)は、久慈光久による日本の漫画作品。.

53 関係: このマンガがすごい!多根清史久慈光久ナタリー (ニュースサイト)マンゴネルハルタ (漫画誌)ハプスブルク家モルガルテンの戦いルートヴィヒ4世 (神聖ローマ皇帝)レオポルト1世 (オーストリア公)トレビュシェットフリードリヒ3世 (ドイツ王)ドイツアルプス山脈イタリアウンターヴァルデンウーリ州ウィリアム・テルエンターブレインオーストリア君主一覧カタパルト (投石機)ギリシア火薬クライミングクロスボウゴッタルド峠シュヴィーツ州スイスの国旗神聖ローマ皇帝筋肉少女帯関所投擲永久盟約漫画有隣堂最後の聖戦 (アルバム)日本10月14日10月15日10月16日11月14日11月15日1315年13世紀2010年2011年2012年2013年2014年2015年...2016年2月15日9月15日 インデックスを展開 (3 もっと) »

このマンガがすごい!

『このマンガがすごい!』は、宝島社が発行するマンガ紹介ムック。.

新しい!!: 狼の口 〜ヴォルフスムント〜とこのマンガがすごい! · 続きを見る »

多根清史

多根 清史(たね きよし、1967年 - )は、日本のフリーライター。大阪市生まれ。 1994年京都大学大学院法学研究科修士課程修了(国際政治学、修士論文題目「北大西洋条約とケナン」)。指導教授は高坂正堯。太田出版『CONTINUE』の編集デスクを経て、ライターとなる。主にゲーム、アニメなどに関して著作がある。.

新しい!!: 狼の口 〜ヴォルフスムント〜と多根清史 · 続きを見る »

久慈光久

久慈 光久(くじ みつひさ)は日本の漫画家。ヤングアニマル、Fellows!などで短編作品を発表後、14世紀のスイス独立を題材とした長編連載『狼の口 〜ヴォルフスムント〜』を発表し人気を得る。.

新しい!!: 狼の口 〜ヴォルフスムント〜と久慈光久 · 続きを見る »

ナタリー (ニュースサイト)

ナタリー()は、株式会社ナターシャが運営するニュースサイトである。なお、本項では運営会社である株式会社ナターシャ()についても記述する。.

新しい!!: 狼の口 〜ヴォルフスムント〜とナタリー (ニュースサイト) · 続きを見る »

マンゴネル

マンゴネルとは、城壁に投射物を投げ放つためのカタパルト、攻城兵器の一種。.

新しい!!: 狼の口 〜ヴォルフスムント〜とマンゴネル · 続きを見る »

ハルタ (漫画誌)

『ハルタ』(Harta) は、KADOKAWA(エンターブレインブランド)が発行する日本の年10回刊漫画誌。 2008年10月14日に隔月誌として『Fellows!』誌名の“F”がロゴデザインによって小文字に見えるが、正確な表記は大文字であり公式サイトなどでも大文字で表記されている。(フェローズ)の誌名で刊行を開始し、2013年2月15日より現在の誌名・刊行ペースとなった。1月と9月以外の毎月15日頃発売『Fellows!』時代は基本的に偶数月の15日頃発売。。基本的に定価680円+税、平綴じB5判。 兄弟誌『Fellows!(Q)』と、本誌の前身にあたる『コミックビームFellows!』についても本稿で解説する。.

新しい!!: 狼の口 〜ヴォルフスムント〜とハルタ (漫画誌) · 続きを見る »

ハプスブルク家

ハプスブルク家の旗 ハプスブルク家の紋章 ハプスブルク家()は、現在のスイス領内に発祥したドイツ系(アルザス系)の貴族。.

新しい!!: 狼の口 〜ヴォルフスムント〜とハプスブルク家 · 続きを見る »

モルガルテンの戦い

モルガルテンの戦いは、1315年11月15日に起こった。の1500名の軍隊は スイスのモルガルテン峠近くの の湖畔で神聖ローマ帝国のオーストリア公国軍兵士の一団を待ち伏せした。オーストリア軍を破ったスイス軍は に率いられており、 オーストリア軍はレオポルト1世公に指揮されていた。スイスの勝利は現在のスイスの中核を形成する永続的な永久盟約を固めることとなった。.

新しい!!: 狼の口 〜ヴォルフスムント〜とモルガルテンの戦い · 続きを見る »

ルートヴィヒ4世 (神聖ローマ皇帝)

ルートヴィヒ4世(Ludwig IV.

新しい!!: 狼の口 〜ヴォルフスムント〜とルートヴィヒ4世 (神聖ローマ皇帝) · 続きを見る »

レオポルト1世 (オーストリア公)

レオポルト1世(Leopold I., 1290年8月4日 - 1326年2月28日)は、ハプスブルク家のオーストリア公およびシュタイアーマルク公(在位:1308年 - 1326年)。ローマ王アルブレヒト1世と王妃エリーザベト・フォン・ケルンテンの三男で、兄にボヘミア王ルドルフ1世(オーストリア公ルドルフ3世)、ローマ王フリードリヒ3世(美王、オーストリア公フリードリヒ1世)が、弟にオーストリア公を継いだアルブレヒト2世(賢公)とオットー(陽気公)がいる。.

新しい!!: 狼の口 〜ヴォルフスムント〜とレオポルト1世 (オーストリア公) · 続きを見る »

トレビュシェット

トレビュシェ(仏: Trébuchet)は、固定式の攻城用兵器の一種。 南フランス・プロバンス地方、レ・ボー城塞のトレビュシェ 平衡錘投石機(へいこうすいとうせきき)とも訳される。巨大なおもりの位置エネルギーを利用して石を投げる。攻城用の投擲兵器としては後発にあたる。大型で威力と安全性に信頼の置ける火砲が出現するまで利用された。 動物の腱などの弾力を利用するバリスタなどの他の投擲兵器と違い、岩石などを詰めた箱の重量を利用するので、大きく造ればそれだけ威力が増した。また、詰め物の重量を変えることで射撃距離を自由に調整でき、精度も高かった。この投石器は最大のものは140キログラムの石を最大300メートルも飛ばすことができた。小型の物や原型となったマンゴネルはおもりではなく人力で投擲し、その際は竿にかけた何本かの紐を複数の人間が同時に引くことで投擲した。 石のほか、伝染病が当該地域に蔓延することを狙って、人や牛の死骸を目標に投下することもあった。 良く似た兵器としてカタパルトがある。こちらは威力や射程はトレビュシェに劣ってはいたが移動できたので、トレビュシェの登場後も併用して用いられた。 中国においては、三国時代に霹靂車と呼ばれた投石機が発明されていたが、マンゴネル同様に人力によるものであった。元軍による南宋の都市襄陽の包囲攻撃(襄陽・樊城の戦い)の際にトレビュシェットが導入された。ペルシアから来た回教徒の技術者により導入され使用されたので、襄陽砲もしくは回回砲と呼ばれる。霹靂車の石弾の投射能力が48kgが限界だったのに対し、襄陽砲は89kgの石弾の投射能力があった。 アルキメデスが発明したという伝説も伝わる。シラクサに侵攻した古代ローマ軍をアルキメデスの発明した新兵器が撃退したという逸話、アルキメデスがてこの原理を発見していることが根拠とされるが、その後の歴史を見るに信憑性はない。最古の記録は1165年東ローマによるものである。また、東ローマによる1097年のニケーア包囲戦で使用された投擲機が最初のトレビュシェである可能性がある.

新しい!!: 狼の口 〜ヴォルフスムント〜とトレビュシェット · 続きを見る »

フリードリヒ3世 (ドイツ王)

フリードリヒ3世(Friedrich III., 1289年 - 1330年1月13日)は、ハプスブルク家のオーストリア公(フリードリヒ1世)、ローマ王(ドイツ王、対立王)。フリードリヒ美王(Friedrich der Schöne)と呼ばれる。ローマ王アルブレヒト1世と王妃エリーザベト・フォン・ケルンテンの次男。オーストリア公ルドルフ3世の弟、レオポルト1世、アルブレヒト2世、オットーの兄。.

新しい!!: 狼の口 〜ヴォルフスムント〜とフリードリヒ3世 (ドイツ王) · 続きを見る »

ドイツ

ドイツ連邦共和国(ドイツれんぽうきょうわこく、Bundesrepublik Deutschland)、通称ドイツ(Deutschland)は、ヨーロッパ中西部に位置する連邦制共和国である。もともと「ドイツ連邦共和国」という国は西欧に分類されているが、東ドイツ(ドイツ民主共和国)の民主化と東西ドイツの統一により、「中欧」または「中西欧」として再び分類されるようになっている。.

新しい!!: 狼の口 〜ヴォルフスムント〜とドイツ · 続きを見る »

アルプス山脈

アルプス山脈最高峰 モンブラン山 ツェルマットから見たマッターホルン山 アルプス山脈(アルプスさんみゃく、 アルペース、、、、)は、アルプス・ヒマラヤ造山帯に属し、ヨーロッパ中央部を東西に横切る「山脈」である。オーストリア、スロベニアを東端とし、イタリア、ドイツ、リヒテンシュタイン、スイス各国にまたがり、フランスを南西端とする多国にまたがっている。アルプ(スイスの高山山腹の夏季放牧場;,,)がいっぱいであるからアルプスであると考える説と、ケルト語の alp「岩山」を語源とし、ラテン語を経由したと考える説がある。最高峰のモンブランは標高4,810.9m(2007年)で、フランスとイタリアの国境をなし、ヨーロッパの最高峰でもある。 アルプス山脈はヨーロッパの多数の河川の水源地となっており、ここからドナウ川、ライン川、ローヌ川、ポー川、といった大河川が流れ出て、それぞれ黒海、北海、地中海、アドリア海へと注ぐ。.

新しい!!: 狼の口 〜ヴォルフスムント〜とアルプス山脈 · 続きを見る »

イタリア

イタリア共和国(イタリアきょうわこく, IPA:, Repubblica Italiana)、通称イタリアは南ヨーロッパにおける単一国家、議会制共和国である。総面積は301,338平方キロメートル (km2) で、イタリアではロスティバル(lo Stivale)と称されるブーツ状の国土をしており、国土の大部分は温帯に属する。地中海性気候が農業と歴史に大きく影響している。.

新しい!!: 狼の口 〜ヴォルフスムント〜とイタリア · 続きを見る »

ウンターヴァルデン

ウンターヴァルデン(Unterwalden)は、ルツェルン湖の南方で現在のスイスの2つのカントンにまたがる地域の旧称である。オプヴァルデン準州がその北半分、ニトヴァルデン準州が南半分である。 ウンターヴァルデンは、ウーリ、シュヴィーツとともに1291年に永久盟約(en)を結んだ国の1つであり、スイス連邦の発足メンバーである。.

新しい!!: 狼の口 〜ヴォルフスムント〜とウンターヴァルデン · 続きを見る »

ウーリ州

ウーリ州の位置 ウーリ州(Kanton Uri )は、スイスのカントン(州)。人口は3万5973人(2015年12月)、州都はアルトドルフ。行政区はなく、20の自治体に分かれている。ドイツ語圏。1291年、今のスイス連邦の元となる永久盟約を結んだ州の一つ。.

新しい!!: 狼の口 〜ヴォルフスムント〜とウーリ州 · 続きを見る »

ウィリアム・テル

アルトドルフのマルクト広場にあるウィリアム・テル記念碑。1895年建設。 ヴィルヘルム・テル/ウィリアム・テル(ドイツ語:Wilhelm Tell 、フランス語:Guillaume Tell〔ギヨーム・テル〕、イタリア語:Guglielmo Tell〔グリエルモ・テル〕、英語:William Tell)は、14世紀初頭にスイス中央部のウーリ州のアルトドルフに住んだとされる伝説の英雄。彼の名が記された史料が見つかっていないため実在性は証明されていないが、スイス人の6割はテルが実在の人物であると信じている。彼はスイスのみならず世界的に有名で、日本でも弓の名手として知られている。 日本では長らく英語名に基づいた表記「ウィリアム・テル」が使われており、他にドイツ語名に則した表記「ヴィルヘルム・テル」も用いられている。.

新しい!!: 狼の口 〜ヴォルフスムント〜とウィリアム・テル · 続きを見る »

エンターブレイン

ンターブレイン(ENTERBRAIN)は、日本の出版社・KADOKAWAのブランドの一つ。エンターテインメント関連の雑誌・書籍の制作などを手掛けている。 本項では、前身である株式会社エンターブレインについても解説する。.

新しい!!: 狼の口 〜ヴォルフスムント〜とエンターブレイン · 続きを見る »

オーストリア君主一覧

ーストリア君主一覧(オーストリアくんしゅいちらん)は、オーストリアの君主の一覧。.

新しい!!: 狼の口 〜ヴォルフスムント〜とオーストリア君主一覧 · 続きを見る »

カタパルト (投石機)

タパルト(Catapult)は、石などを投擲して敵の人馬もしくは城などの建築物を標的とし射出攻撃する兵器(攻城兵器)である。 カタパルトに改良を加えたものにオナガーやトレビュシェットがある。これらの兵器を総称してカタパルトと呼ぶ場合もある。日本では投石機(とうせきき)あるいは投石器とも表記される。後者のように表記すれば、Y字型の投石器(スリングショット、ぱちんこ)や紐状の投石器(スリング)と同じ表記となり、しばしば両者が混同される原因ともなっている。射程距離は大型のものでも数百メートルに留まった。.

新しい!!: 狼の口 〜ヴォルフスムント〜とカタパルト (投石機) · 続きを見る »

ギリシア火薬

リシア火薬(ギリシアかやく)とは東ローマ帝国で使用された焼夷兵器である。東ローマ帝国では海戦において典型的にこの兵器が使用され、これは水上に浮いている間ずっと燃え続けて多大な効果を上げた。この兵器は技術的な優位を与え、東ローマ帝国の多くの軍事的勝利において鍵となる役割を果たした。最も特記すべきはコンスタンティノープルをアラブ軍の2度に渡る攻囲から救出したことである。これにより帝国は生き残ることを得た。 ギリシア火薬は西ヨーロッパの十字軍にある印象を作り出しており、ギリシア火薬という名前はいかなる種類の焼夷兵器にも適用され、これらにはアラブ人、中国人、またモンゴル人によって用いられた焼夷兵器も含まれていた。しかしながら、これらは異なる混合法により作られており、東ローマ帝国の製法によるものではなかった。ギリシア火薬は固い機密保持で守られ、秘密は失われてしまった。ギリシア火薬の配合の問題は推測や議論のままに残されており、松脂、ナフサ、酸化カルシウム、硫黄または硝石の混合物とする意見が見られる。東ローマ帝国で用いられた焼夷用の混合物は、敵の上に液体を噴射する高圧サイフォンの使用によって区別される。「Greek fire」の言葉は英語で一般的なものであり、他言語のそれは十字軍からのもので、オリジナルの東ローマ帝国の資料では数種の名称で呼ばれた。それらは「πῦρ θαλάσσιον、sea fire(海の火)」、「πῦρ ῥωμαϊκόν、Roman fire(ローマの火)」、「πολεμικὸν πῦρ、war fire(戦いの火)」「ὑγρὸν πῦρ、liquid fire(液火)」、また「πῦρ σκευαστόν、manufactured fire(作られた火)」である。.

新しい!!: 狼の口 〜ヴォルフスムント〜とギリシア火薬 · 続きを見る »

クライミング

ライミング(climbing)もしくは登攀(とうはん)とは、垂直に近い地形や人工物等を自らの手、足、体、もしくは登攀用道具を使用して登ることである。主に趣味、競技、救命活動、軍事作戦等で行われる。.

新しい!!: 狼の口 〜ヴォルフスムント〜とクライミング · 続きを見る »

クロスボウ

ボウ(crossbow)は、西洋で用いられた弓の一種であり、専用の矢を板ばねの力で弦により発射する武器である。引き金を持ち、狙いが定めやすい。漢字圏で弩(ど、おおゆみ)と呼ばれるものとは構造がほぼ同一となっている。ヨーロッパでボルト、クォレル(またはクォーラル;quarrel)などと呼ばれる太く短い矢を発射する。木でできた台(弓床)の先端に交差するように弓が取り付けてある。通常の弓よりは飛距離は優れるが、構造上短くて矢羽の少ない矢を使用するため、慣性がかかりにくく弾道が比較的不安定となる。45度に曲射しても長弓や合成弓ほど射程は伸びない。 日本語のボウガン(bowgun)は和製英語で、株式会社ボウガンの商標名。新聞やニュース番組などでは用いず、ボウガンを和訳したらしき洋弓銃(ようきゅうじゅう)という呼称が使われる。また、機械弓と呼ぶこともあるが、これはクロスボウだけを指すのではなく、もう少し広い意味でも使われる。その他、クロスボウを訳した中国語で十字弓という呼称もある。 クロスボウ(右上)とその矢(下)・巻き上げ器(左)ビクトリア&アルバート博物館所蔵.

新しい!!: 狼の口 〜ヴォルフスムント〜とクロスボウ · 続きを見る »

ゴッタルド峠

ッタルド峠(ゴッタルドとうげ、独Sankt Gotthard ザンクト・ゴットハルト、伊San Gottardo サン・ゴッタルド、日本ではフランス語読みのサンゴタール峠としても知られる)(標高2108メートル)はスイスのティチーノ州アイロロとウーリ州ゲシェネンの間にある峠である。スイスのドイツ語地域とイタリア語地域を結び、ミラノへ通じる道ともなっている。.

新しい!!: 狼の口 〜ヴォルフスムント〜とゴッタルド峠 · 続きを見る »

シュヴィーツ州

ュヴィーツ州の位置 スイス国旗の基になったシュヴィーツ州旗 シュヴィーツ州(Kanton Schwyz、、Canton de Schwytz、Canton Svitto、Chantun Sviz)は、スイス連邦を構成するカントン(州)の一つ。人口は15万4093人(2015年12月) スイス連邦統計局、2017年1月27日閲覧。、州都はシュヴィーツ。6つの行政区に分かれている。 "Schwyz" (シュヴィーツ)は古代ドイツ語では、スイスの語源と同じく「酪農場」を意味する語が訛ったものとされる。1291年、今のスイス連邦の元となる原初同盟を結んだ州の一つで、州名はのちの「スイス」(ドイツ語:Schweiz 、フランス語:Suisse 、イタリア語:Svizzera 、ロマンシュ語:Svizra)という国名の由来となった。.

新しい!!: 狼の口 〜ヴォルフスムント〜とシュヴィーツ州 · 続きを見る »

スイスの国旗

イスの国旗は、スイス建国のもととなった原三州のひとつシュヴィーツ州の旗をもとに作られた。.

新しい!!: 狼の口 〜ヴォルフスムント〜とスイスの国旗 · 続きを見る »

神聖ローマ皇帝

聖ローマ皇帝(しんせいローマこうてい、Römisch-deutscher Kaiser、Holy Roman Emperor)は神聖ローマ帝国の君主であるローマ皇帝を指し、古代ローマ皇帝や東ローマ皇帝と区別するための歴史学的用語。実際に用いられた称号ではなく、実際にはローマ人の皇帝(Romanorum Imperator、Kaiser der Römer)と称した。カール大帝以降を指す場合とオットー1世以降に限る場合がある。理念的には、中世西ヨーロッパにおける世俗の最高支配者とされ、カトリック世界において普遍的な世俗支配権を主張した。特にドイツとイタリアで国法上最も重要な位置を占め、指導的役割を担った。ドイツ皇帝と通称される場合もあり、これは近世以降の国号に「ドイツ国民の」が加わったことによる。.

新しい!!: 狼の口 〜ヴォルフスムント〜と神聖ローマ皇帝 · 続きを見る »

筋肉少女帯

筋肉少女帯(きんにくしょうじょたい)は、1980年代後半から1990年代後半にかけて活躍し、2006年に活動を本格再開した日本のロックバンド。通称は「筋少」(きんしょう)で、アルファベットでは「King-Show」(初期は「KIN-SHOW」)と記す。.

新しい!!: 狼の口 〜ヴォルフスムント〜と筋肉少女帯 · 続きを見る »

right 鎌(かま)は草や芝を刈り取るのに用いる農具の一種 特許庁。植物の切断のための湾曲した刃もしくは歯を持っており、引いて刈るように内側に刃が付いている。 用途により様々な形態のものがある。英語では、鎌の呼び名は大きさにより異なり、立ちながら牧草や麦刈り用に使う大型の物をサイズ、しゃがんだり中腰で草刈りや収穫などで用いる小型のものをシックル()と呼び分ける。日本語では西洋のサイズを大鎌と訳す場合があるものの、形態の大小にかかわらず「鎌」の単語を当て、文字による両者の厳格な区別はない。.

新しい!!: 狼の口 〜ヴォルフスムント〜と鎌 · 続きを見る »

関所

関所の冠木門様式の門(石部宿場の里にて) 関所(せきしょ)とは、交通の要所に設置された、徴税や検問のための施設である。単に関(せき)とも。陸路(街道)上に設置された関所は「道路関」、海路に設置された関所は「海路関」とも呼ばれる。陸路では、峠や河岸に設置されることが多い。.

新しい!!: 狼の口 〜ヴォルフスムント〜と関所 · 続きを見る »

投擲

投擲(とうてき)とは、手を使って物を遠くへ投げること。投擲の擲の字が常用漢字表外字であることから「投てき」と表記されることもある。人を投げても投擲という。 ヒトは他の生物より際立って投擲が上手であり、有史以前から投擲によって狩猟や戦闘を行なっていた。現代人以外の絶滅人類も投擲を行なっていたと考えられており、道具の高度化と平行して、ヒトが狩猟・自衛能力を獲得するうえで重要な要素であったと考えられている。 有史以後も、投擲は主要な戦闘技術で在り続けた。現代でも兵士は手榴弾などを投擲する。 また、投擲の能力を競う投擲競技が陸上競技に含まれている。.

新しい!!: 狼の口 〜ヴォルフスムント〜と投擲 · 続きを見る »

永久盟約

永久盟約は、1291年に現在のスイス中部に当たるウーリ、シュヴィーツ、ウンターヴァルデンの3つのカントンの間で結ばれた盟約である。この文書は、1291年7月15日のルドルフ1世の死に際して法的な確実性を保証するために結ばれた。 スイスの建国記念日(8月1日)はこの文書の日付に基づいている。.

新しい!!: 狼の口 〜ヴォルフスムント〜と永久盟約 · 続きを見る »

漫画

漫画(まんが、(コミック)、cartoon、manga)とは、狭い定義では笑いを企図した絵をいい、「戯画(カリカチュア)」の概念と近い。広い定義では、必ずしも笑いを目的としない「劇画」「ストーリー漫画」「落書き」「アニメ」なども含み、幅広い意味を持つ。 日本では明治時代に輸入された"comic"、"cartoon"日本漫画家協会の英称はTHE JAPAN CARTOONISTS ASSOCIATIONであり、マンガ大賞の英称もCartoon grand prizeである。の日本語訳として「漫画」という言葉を北澤楽天や今泉一瓢が使用したことに始まって以後、漫画はcomicと同義として扱われる様になり、その意味での「漫画」が昭和初期に普及し、現代における漫画という語へ定着するようになった。本項では、日本の漫画のみではなく、漫画全般について説明する。.

新しい!!: 狼の口 〜ヴォルフスムント〜と漫画 · 続きを見る »

有隣堂

株式会社有隣堂(ゆうりんどう)は、神奈川県を中心に展開する書店チェーンであり、また出版社である。書店として神奈川県では良く知られた存在である。 社名は『論語』里仁25の「德不孤、必有鄰鄰は隣の異体字。(徳孤ならず 必ず隣有り)」に由来し、社の発行する情報誌(後述)のタイトルにもなっている。.

新しい!!: 狼の口 〜ヴォルフスムント〜と有隣堂 · 続きを見る »

最後の聖戦 (アルバム)

『最後の聖戦』(さいごのせいせん)は筋肉少女帯の12枚目のアルバム。1999年の活動凍結前の最後のオリジナルアルバムである。.

新しい!!: 狼の口 〜ヴォルフスムント〜と最後の聖戦 (アルバム) · 続きを見る »

日本

日本国(にっぽんこく、にほんこく、ひのもとのくに)、または日本(にっぽん、にほん、ひのもと)は、東アジアに位置する日本列島(北海道・本州・四国・九州の主要四島およびそれに付随する島々)及び、南西諸島・伊豆諸島・小笠原諸島などから成る島国広辞苑第5版。.

新しい!!: 狼の口 〜ヴォルフスムント〜と日本 · 続きを見る »

10月14日

10月14日(じゅうがつじゅうよっか、じゅうがつじゅうよんにち)は、グレゴリオ暦で年始から287日目(閏年では288日目)にあたり、年末まであと78日ある。.

新しい!!: 狼の口 〜ヴォルフスムント〜と10月14日 · 続きを見る »

10月15日

10月15日(じゅうがつじゅうごにち)は、グレゴリオ暦で年始から288日目(閏年では289日目)にあたり、年末まであと77日ある。.

新しい!!: 狼の口 〜ヴォルフスムント〜と10月15日 · 続きを見る »

10月16日

10月16日(じゅうがつじゅうろくにち)は、グレゴリオ暦で年始から289日目(閏年では290日目)にあたり、年末まであと76日ある。.

新しい!!: 狼の口 〜ヴォルフスムント〜と10月16日 · 続きを見る »

11月14日

11月14日(じゅういちがつじゅうよっか、じゅういちがつじゅうよんにち)はグレゴリオ暦で年始から318日目(閏年では319日目)にあたり、年末まであと47日ある。誕生花は松、アルストレメリア(百合水仙)、サフラン。.

新しい!!: 狼の口 〜ヴォルフスムント〜と11月14日 · 続きを見る »

11月15日

11月15日(じゅういちがつじゅうごにち)は、グレゴリオ暦で年始から319日目(閏年では320日目)にあたり、年末まであと46日ある。.

新しい!!: 狼の口 〜ヴォルフスムント〜と11月15日 · 続きを見る »

1315年

記載なし。

新しい!!: 狼の口 〜ヴォルフスムント〜と1315年 · 続きを見る »

13世紀

チンギス・ハーン像。 モンゴル帝国の発展。 モンゴル帝国の最大領域。 13世紀(じゅうさんせいき)は、西暦1201年から西暦1300年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: 狼の口 〜ヴォルフスムント〜と13世紀 · 続きを見る »

2010年

この項目では、国際的な視点に基づいた2010年について記載する。.

新しい!!: 狼の口 〜ヴォルフスムント〜と2010年 · 続きを見る »

2011年

この項目では、国際的な視点に基づいた2011年について記載する。.

新しい!!: 狼の口 〜ヴォルフスムント〜と2011年 · 続きを見る »

2012年

この項目では、国際的な視点に基づいた2012年について記載する。.

新しい!!: 狼の口 〜ヴォルフスムント〜と2012年 · 続きを見る »

2013年

この項目では、国際的な視点に基づいた2013年について記載する。.

新しい!!: 狼の口 〜ヴォルフスムント〜と2013年 · 続きを見る »

2014年

この項目では、国際的な視点に基づいた2014年について記載する。.

新しい!!: 狼の口 〜ヴォルフスムント〜と2014年 · 続きを見る »

2015年

この項目では、国際的な視点に基づいた2015年について記載する。.

新しい!!: 狼の口 〜ヴォルフスムント〜と2015年 · 続きを見る »

2016年

この項目では、国際的な視点に基づいた2016年について記載する。.

新しい!!: 狼の口 〜ヴォルフスムント〜と2016年 · 続きを見る »

2月15日

2月15日(にがつじゅうごにち)は、グレゴリオ暦で年始から46日目にあたり、年末まであと319日(閏年では320日)ある。.

新しい!!: 狼の口 〜ヴォルフスムント〜と2月15日 · 続きを見る »

9月15日

9月15日(くがつじゅうごにち)は、グレゴリオ暦で年始から258日目(閏年では259日目)にあたり、年末まであと107日ある。.

新しい!!: 狼の口 〜ヴォルフスムント〜と9月15日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

ヴォルフスムント

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »