ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

索引 漢

漢(かん、)は、中国の王朝である。通例、前漢(紀元前206年 - 8年)と後漢(25年 - 220年)の二つの王朝(両漢)を総称して「漢王朝」と呼ばれる。また、ここから転じて中国全土や中国の主要民族を指す名称ともなった。以下の記事では王朝について記述する。 中国初の統一王朝だった秦王朝が紀元前206年に滅亡すると、中国は秦を討った各軍の将帥による群雄割拠の状態に戻っていた。こうした中、漢中及び巴蜀に封じられていた劉邦が紀元前202年に垓下の戦いで項羽を討って中国を再統一した。中国を統一した劉邦は、皇帝として即位するにあたって旧来の国号であった漢をそのまま統一王朝の国号として用いた。この劉邦が開いた前漢と、いったん滅亡したのち劉秀によって再興された後漢の漢王朝は、あわせて400年の長きに渡った。初の統一王朝だった秦王朝が統一王朝としては実質的に一代で滅びたこともあり、漢王朝は中国の統一状態を実質的に確定した王朝となり、これから中国全土や中国の主要民族を指す名称として「漢」が用いられるようになった。 漢王朝の歴史の詳細については、前漢・後漢をそれぞれ参照。.

154 関係: 劉エン (伯升)劉備劉勝劉知遠劉賀劉邦劉通劉氏垓下の戦い半両銭南北朝時代 (中国)南越国南漢夏 (五胡十六国)外戚孫権孺子嬰宣帝 (漢)宦官安帝 (漢)宋 (南朝)少帝弁少帝弘少帝恭少帝懿中国中国の宰相中国語三崎良章三国時代 (中国)平帝 (漢)広東省五代十国時代五銖銭形声侯景後漢後漢 (五代)匈奴北漢チベット系民族テュルク系民族テイ (民族)呂雉呉楚七国の乱咸陽市和帝 (漢)アラブ人タリム盆地哀帝 (漢)...儒教元 (王朝)元帝 (漢)光武帝前趙前漢四川省皇帝 (中国)王莽班超秦 (曖昧さ回避)秦嶺山脈秦朝突厥章帝紀元前141年紀元前154年紀元前157年紀元前180年紀元前184年紀元前188年紀元前195年紀元前1年紀元前202年紀元前206年紀元前33年紀元前49年紀元前74年紀元前7年紀元前87年献帝 (漢)銀河系順帝 (漢)項籍西域許昌市魏 (三国)質帝黄巾の乱霊帝 (漢)蜀漢郡国制藤田豊八董卓蕭何長安長江陝西省陳友諒恵帝 (漢)李特東方書店桓帝 (漢)武帝 (漢)武漢市殤帝 (漢)沖帝沙陀族洛陽市湖北省漢字漢中郡漢語漢民族漢江 (中国)朱泚成帝 (漢)成漢戦国時代 (中国)明帝 (漢)昭帝 (漢)文帝 (漢)文景の治攣テイ氏手紙更始帝曹参曹丕曹操景帝 (漢)091型原子力潜水艦105年106年125年144年145年146年167年184年189年192年2002年220年23年25年57年5年75年88年8年 インデックスを展開 (104 もっと) »

劉エン (伯升)

劉 縯(りゅう えん、? - 23年)は、中国の新代の武将。字は伯升。皇族の諱を避けるため、史書では劉伯升と表記されることが多い。荊州南陽郡蔡陽県(湖北省棗陽市)の人。後漢初代皇帝光武帝(劉秀)の長兄。父は劉欽。母は樊嫺都。姉に劉黄、劉元、弟に劉仲、劉秀、妹に劉伯姫、子に劉章、劉興、劉彦(劉御筆)中国の書道史および清代の『項城県志』によると、父が殺されると、劉彦は一族の劉載に匿われて成長した。後に叔父の光武帝から汝陽王に封じられ、81年に66歳で没して恭敦王と諡されたと述べている。、叔父に劉良、従弟に劉栩がいる。.

新しい!!: 漢と劉エン (伯升) · 続きを見る »

劉備

劉 備(りゅう び、延熹4年(161年) - 章武3年4月24日(223年6月10日))は、後漢末期から三国時代の武将、蜀漢の初代皇帝。字は玄徳。 黄巾の乱の鎮圧で功績を挙げ、その後は各地を転戦した。諸葛亮の天下三分の計に基づいて益州の地を得て勢力を築き、後漢の滅亡を受けて皇帝に即位して、蜀漢を建国した。その後の、魏・呉・蜀漢による三国鼎立の時代を生じさせた。 明代の小説『三国志演義』では中心人物として登場する。.

新しい!!: 漢と劉備 · 続きを見る »

劉勝

劉 勝(りゅう しょう、? - 紀元前113年)は、前漢の皇族・諸侯王。第6代皇帝景帝の子。生母は賈夫人、同母兄に趙の敬粛王・劉彭祖がいる。武帝の異母兄に当たる。諡号は靖王。.

新しい!!: 漢と劉勝 · 続きを見る »

劉知遠

劉 知遠(りゅう ちえん)は、五代後漢の初代皇帝。廟号は高祖。太原の人。.

新しい!!: 漢と劉知遠 · 続きを見る »

劉賀

劉 賀(りゅう が)は、前漢の第9代皇帝。霍光に擁立されて即位するも、間もなく廃された。一般的には即位前の王号を取って、昌邑王(しょうゆうおう)と呼ばれることが多い。.

新しい!!: 漢と劉賀 · 続きを見る »

劉邦

劉 邦(りゅう ほう、、)は、前漢の初代皇帝。 沛県の亭長(亭とは当時一定距離ごとに置かれていた宿舎のこと)であったが、反秦連合に参加した後に秦の都咸陽を陥落させ、一時は関中を支配下に入れた。その後項羽によって西方の漢中へ左遷され漢王となるも、東進して垓下に項羽を討ち、前漢を興した。正式には廟号が太祖、諡号が高皇帝であるが、通常は高祖と呼ばれることが多い。.

新しい!!: 漢と劉邦 · 続きを見る »

劉通

劉 通(りゅう つう、? - 1466年5月)は、中国明代の人物。.

新しい!!: 漢と劉通 · 続きを見る »

劉氏

劉氏(りゅうし)は、漢姓の一つ。.

新しい!!: 漢と劉氏 · 続きを見る »

垓下の戦い

垓下の戦い(がいかのたたかい)は、中国楚漢戦争期の紀元前202年に項羽の楚軍と劉邦の漢軍との間の垓下(現在の安徽省宿州市霊璧県南部と安徽省蚌埠市固鎮県北部)を中心に行われた戦い。この戦いで項羽が死んだことによって劉邦の勝利が完全に決定し、楚漢戦争が終結した。なお、近年佐竹靖彦らによって戦いの存在自体が疑われ始めている。.

新しい!!: 漢と垓下の戦い · 続きを見る »

半両銭

半両銭(はんりょうせん)は、古代中国で流通した貨幣。秦代から前漢にかけて広く使用された。重量が当時の度量衡で半両(12銖)であることから半両銭と称されている。.

新しい!!: 漢と半両銭 · 続きを見る »

南北朝時代 (中国)

北魏と宋 北魏と南斉 東西魏と梁 北周、北斉と後梁、陳 中国史における南北朝時代(なんぼくちょうじだい)は、北魏が華北を統一した439年から始まり、隋が中国を再び統一する589年まで、中国の南北に王朝が並立していた時期を指す。 この時期、華南には宋、斉、梁、陳の4つの王朝が興亡した。こちらを南朝と呼ぶ。同じく建康(建業)に都をおいた三国時代の呉、東晋と南朝の4つの王朝をあわせて六朝(りくちょう)と呼び、この時代を六朝時代とも呼ぶ。この時期、江南(長江以南)の開発が一挙に進み、後の隋や唐の時代、江南は中国全体の経済基盤となった。南朝では政治的な混乱とは対照的に文学や仏教が隆盛をきわめ、六朝文化と呼ばれる貴族文化が栄えて、陶淵明や王羲之などが活躍した。 また華北では、鮮卑拓跋部の建てた北魏が五胡十六国時代の戦乱を収め、北方遊牧民の部族制を解体し、貴族制に基づく中国的国家に脱皮しつつあった。北魏は六鎮の乱を経て、534年に東魏、西魏に分裂した。東魏は550年に西魏は556年にそれぞれ北斉、北周に取って代わられた。577年、北周は北斉を滅ぼして再び華北を統一する。その後、581年に隋の楊堅が北周の譲りを受けて帝位についた。589年、隋は南朝の陳を滅ぼし、中国を再統一した。普通は北魏・東魏・西魏・北斉・北周の五王朝を北朝と呼ぶが、これに隋を加える説もある。李延寿の『北史』が隋を北朝に列しているためである。.

新しい!!: 漢と南北朝時代 (中国) · 続きを見る »

南越国

南越国(なんえつこく、漢語拼音:Nányuè、広東語イェール式:Nàahm-yuht、)は、紀元前203年から紀元前111年にかけて5代93年にわたって中国南部からベトナム北部にかけての地方(嶺南地方)に自立した王国(帝国)である。南粤、趙朝とも記す。 首都は番禺(現在の中国広東省広州市)におかれ、最盛期には現在の広東省及び広西チワン族自治区の大部分と福建省、湖南省、貴州省、雲南省の一部、ベトナム北部を領有していた。南越国は秦朝滅亡後、紀元前203年に南海郡の軍事長官である南海郡尉の趙佗が勢力下の南海郡に近隣の桂林郡と象郡を併せることによって建国された。紀元前196年と紀元前179年に、南越国は2度漢に朝貢し、漢の「外臣」となるが、紀元前112年、5代君主である趙建徳と漢の間で戦闘が勃発し、武帝により紀元前111年に滅ぼされた。 南越国は嶺南で誕生した初めての封建国家であり、秦の中原地方出身の統治者により先進的な政治制度と生産技術をもたらされ、秦末の乱世の中で嶺南地方に秩序と安定をもたらしたといえる。南越国の歴代君主が推し進めた「和輯百越」政策は、漢族と南越国内部の各民族間の融和をも促進し、同時に漢文化と漢字が嶺南地方へと移入され、嶺南文化に大きな影響を与えることになる。.

新しい!!: 漢と南越国 · 続きを見る »

南漢

南漢(なんかん、909年 - 971年)は、唐滅亡後の五代十国時代に広東省・広西チワン族自治区・ベトナム北部を支配した地方政権。.

新しい!!: 漢と南漢 · 続きを見る »

夏 (五胡十六国)

夏(か、407年 - 431年)は、五胡十六国時代に匈奴鉄弗部の赫連勃勃(劉勃勃)によって建てられた政権。一般に「大夏」と呼ばれる。別名「胡夏」「劉夏」。.

新しい!!: 漢と夏 (五胡十六国) · 続きを見る »

外戚

外戚(がいせき)とは、皇帝、王の母親または妃の一族のことである。.

新しい!!: 漢と外戚 · 続きを見る »

孫権

孫 権(そん けん)は、三国時代の呉の初代皇帝。字は仲謀。なおよく並べられる曹操・劉備とは(父孫堅が同世代なので)およそ1世代下にあたる。.

新しい!!: 漢と孫権 · 続きを見る »

孺子嬰

孺子 嬰(じゅし えい)は、前漢最後の皇太子。本名は劉嬰。摂皇帝王莽の傀儡として皇太子の位にとどめられ、帝位には即かなかったが、一般に「前漢最後の皇帝」として歴代に名を連ねる。.

新しい!!: 漢と孺子嬰 · 続きを見る »

宣帝 (漢)

宣帝(せんてい)は、前漢の第9代皇帝。武帝の曾孫。初め民間に育ち、霍光に擁立されて皇帝に即位した。後世、後漢光武帝により前漢中興の祖とされ、中宗の廟号を贈られた。その数奇な生涯から逸話が多い。.

新しい!!: 漢と宣帝 (漢) · 続きを見る »

宦官

宦官(かんがん)とは、去勢を施された官吏である。去勢技術は家畜に施すものとして生まれたため、宦官は牧畜文化を持つ国にのみ存在するという説があるが、現実には牧畜文化を持たない国においても宦官は存在した。.

新しい!!: 漢と宦官 · 続きを見る »

安帝 (漢)

安帝(あんてい)は、後漢の第6代皇帝。第3代皇帝章帝の孫。父は清河孝王劉慶。母は側室の左小娥。.

新しい!!: 漢と安帝 (漢) · 続きを見る »

宋 (南朝)

宋(そう、420年 - 479年)は、中国南北朝時代の南朝の王朝。周代の諸侯国の宋や趙匡胤が建てた宋などと区別するために、帝室の姓を冠し劉宋(りゅうそう)とも呼ばれる。首都は建康(現在の南京)。.

新しい!!: 漢と宋 (南朝) · 続きを見る »

少帝弁

少帝弁(しょうてい べん)は、後漢の第13代皇帝。姓諱は劉辯(新字体:劉弁)。 霊帝の崩御に伴い、何太后とその兄である何進により擁立された。しかし、何進が宦官により暗殺され、さらに宦官も袁紹によって皆殺しにされたため、その時期に洛陽に入ってきた董卓によって、異母弟の劉協(献帝)が擁立され廃位となり、弘農王に封じられた。その後、董卓の専制に反発した諸侯による反董卓連合が起こった時、連合軍に擁立されることを恐れた董卓に命じられた李儒によって、長安遷都前に毒殺された。 在位わずか5ヶ月に過ぎず、また地方豪族の一人に過ぎなかった董卓に帝位を廃されたことは、事実上後漢王朝が滅亡したことを意味している。 後に懐王・弘農王として諡されたため、実質的に帝とは認められなかったことになる。『三国志』「王朗伝」によると、後に曹操が劉弁の墓前を通ったとき、皇帝陵として参拝すべきか否か部下に尋ねた。付き従っていた董遇が「帝ではないと見なされるので参拝は不要」といったため、その意見に従っている。 小説『三国志演義』では、劉協よりも若干年上の少年である。劉協の方が聡明さがあり、逆に劉弁は暗愚であったため、廃位された後、何太后と共に李儒により高所から突き落とされ、殺害されることになっている。 なお、『三国志演義』やその派生作品などでは幼帝扱いにされているが、即位当時の年齢17歳というのは、後漢の歴代皇帝の即位時年齢の中で4番目の高年齢にあたる(劉弁より上位の3人は初代から3代の皇帝であり、4代以降では最年長)。こうした事実は、後漢朝の歴代皇帝がいかに幼く、権力のない皇帝ばかりだったかを示すものである。.

新しい!!: 漢と少帝弁 · 続きを見る »

少帝弘

少帝弘(しょうてい こう)は、前漢の第4代皇帝(歴代皇帝に含まないこともある)。諱は弘であるが、元来は山(常山王に昇格したときに「義」と改名)。少帝弘とその兄弟は、実は呂雉が密かに宮内に連れ込んだ者たちで恵帝の実子ではない、ともいわれるが真相は不明である。.

新しい!!: 漢と少帝弘 · 続きを見る »

少帝恭

少帝 恭(しょうてい きょう)は、前漢の第3代皇帝(歴代皇帝に含まない場合もある)。一般に諱は恭とされるが、『史記』『漢書』およびその注にその記録はなく、出所不明である。.

新しい!!: 漢と少帝恭 · 続きを見る »

少帝懿

少帝懿(しょうてい い)は、後漢の第7代皇帝。正史では皇帝としての即位は認められていない。父は済北恵王・劉壽。第3代皇帝章帝の孫にあたる。 第6代安帝の死後、その皇后の閻氏によって擁立される。しかし即位後200日ほどして病気にかかり、まもなく死去した。その後、宦官の孫程たちにより閻氏一族は殺され、劉懿は皇帝の位を剥奪され、王の礼をもって葬られた。 上記のように、皇帝の位を剥奪され、正史では皇帝としての即位は認められなかったため、避諱の対象にならず、その諱である「懿」を使用する者(司馬'''懿'''・呉'''懿'''など)が存在した。 Category:後漢の皇帝 Category:中国の幼君 Category:125年没.

新しい!!: 漢と少帝懿 · 続きを見る »

中国

中国(ちゅうごく)は、ユーラシア大陸の東部を占める地域、および、そこに成立した国家や社会。中華と同義。 、中国大陸を支配する中華人民共和国の略称として使用されている。ではその地域に成立した中華民国、中華人民共和国に対する略称としても用いられる。 本記事では、「中国」という用語の「意味」の変遷と「呼称」の変遷について記述する。中国に存在した歴史上の国家群については、当該記事および「中国の歴史」を参照。.

新しい!!: 漢と中国 · 続きを見る »

中国の宰相

宰相(さいしょう)は歴代中国の王朝で君主を補佐した最高位の官職。およびその通称。 中国の宰相は歴代王朝によって呼称が異なる。詳細は下表を参照。 表を見れば中国の中央行政機関が六官→三公→三省→内閣→軍機処、と移り変わっていくのが分かる。特に三公の丞相(秦、漢代)は権限が強く、まさに宰相の名に相応しい。三公が有名無実化したのちの三省では尚書省が最も重要で、『周礼』の天、地、春、夏、秋、冬の六官に淵源をもつ吏、戸、礼、兵、刑、工の6官庁(=六部)を総覧した。 尚書省の長を尚書令といい、副官を僕射(ぼくや)といった。唐代、太宗が尚書令に就いてからは空席となり、左右僕射が尚書省の実質的長官となった。また各部の長官は尚書と呼ばれた。僕射はのちに丞相と改称され、尚書のうち文官の人事を統括する吏部尚書は冢宰(ちょうさい)と呼ばれた。尚書省の制は元代に廃止されるが、六部は中書省に属し、明代に中書省が廃されてのちは皇帝直属として清末まで続いた。.

新しい!!: 漢と中国の宰相 · 続きを見る »

中国語

記載なし。

新しい!!: 漢と中国語 · 続きを見る »

三崎良章

三崎 良章 (みさき よしあき、1954年 - )は、日本の歴史学者、教員。東アジア史専攻。埼玉県深谷市出身。.

新しい!!: 漢と三崎良章 · 続きを見る »

三国時代 (中国)

三国時代(さんごくじだい)は、中国の時代区分の一つ。広義では黄巾の乱の蜂起(184年)による漢朝の動揺から西晋による中国再統一(280年)までを指し、狭義では後漢滅亡(220年)から晋が天下を統一した280年までを指し、最狭義では三国が鼎立した222年から蜀漢が滅亡した263年までを指す。当項目では広義の三国時代について記載する。 229年までに魏(初代皇帝:曹丕)、蜀(蜀漢)(初代皇帝:劉備)、呉(初代皇帝:孫権)が成立し、中国内に3人の皇帝が同時に立った。三国時代については、陳寿が著した『三国志』、明代に書かれた『三国志演義』及びさらに後世の三国時代を扱った書物によって広く知られている。.

新しい!!: 漢と三国時代 (中国) · 続きを見る »

平帝 (漢)

平帝(へいてい)は、前漢の第13代皇帝。元帝の孫にあたる。.

新しい!!: 漢と平帝 (漢) · 続きを見る »

広東省

広東省(カントンしょう、中国語:廣東省(广东省)、中国普通話拼音:Guǎngdōng Shěng、広東語拼音:gwong2 dung1 saang2、英語:Guangdong)は、中華人民共和国南部にある行政区分の一つである。隣の広西チワン族自治区と併せて「両広」と呼ばれる事もある。.

新しい!!: 漢と広東省 · 続きを見る »

五代十国時代

五代十国時代(ごだいじっこくじだい、907年 - 960年)は、中国の唐の滅亡から北宋の成立までの間に黄河流域を中心とした華北を統治した5つの王朝(五代)と、華中・華南と華北の一部を支配した諸地方政権(十国)とが興亡した時代である。.

新しい!!: 漢と五代十国時代 · 続きを見る »

五銖銭

五銖銭(ごしゅせん)は中国の古代に流通した貨幣。前118年(元狩5年)に前漢の武帝により初鋳された。量目(質量)が当時の度量衡で5銖であり、また表面に「五銖」の文字が刻印されていることより五銖銭と称されている。 五銖銭 前漢以降でも後漢、蜀、魏、西晋、東晋、斉、梁、陳、北魏、北斉、隋で鋳造され、唐代の621年(武徳4年)に廃止されるまで流通した、中国史上最も長期にわたり流通した貨幣である。.

新しい!!: 漢と五銖銭 · 続きを見る »

形声

形声(けいせい、形聲)とは、漢字の造字法を表す六書(りくしょ)の一つである。象声、諧声ともいう。.

新しい!!: 漢と形声 · 続きを見る »

侯景

侯 景(こう けい)は、中国南北朝末期の武将。侯周(乙羽周)の孫、侯標の子、侯和の父。侯景の乱の首謀者。漢を建ててその皇帝に即位したものの、わずか在位5ヶ月で殺害された。.

新しい!!: 漢と侯景 · 続きを見る »

後漢

後漢(ごかん、東漢、、25年 - 220年)は、中国の王朝。漢王朝の皇族劉秀(光武帝)が、王莽に滅ぼされた漢を再興して立てた。都は洛陽(当時は雒陽と称した。ただし後漢最末期には長安・許昌へと遷都)。五代の後漢(こうかん)と区別するため、中国では東漢と言う(この場合、長安に都した前漢を西漢という)。.

新しい!!: 漢と後漢 · 続きを見る »

後漢 (五代)

後漢(こうかん)は、中国五代十国時代の王朝(947年愛宕他 (1997)、p.23 - 950年愛宕他 (1997)、pp.23-24.

新しい!!: 漢と後漢 (五代) · 続きを見る »

匈奴

匈奴(きょうど、)は、紀元前4世紀頃から5世紀にかけて中央ユーラシアに存在した遊牧民族および、それが中核になって興した遊牧国家(紀元前209年 - 93年)。モンゴル高原を中心とした中央ユーラシア東部に一大勢力を築いた。.

新しい!!: 漢と匈奴 · 続きを見る »

北漢

北漢(ほくかん、951年 - 979年)は、中国の五代十国時代に山西省北部を支配した国。十国の一つ。都は太原。.

新しい!!: 漢と北漢 · 続きを見る »

チベット系民族

チベット系民族(チベットけいみんぞく)とは、言語学上としてのチベット・ビルマ語派(Bodish languages)を用いるモンゴロイド系諸族の総称である。北部は騎馬民族(遊牧民)が多く、南部は農耕民族が多い。 チベット高原を起源とするが、カシミール(ラダック)地方のパキスタン側バルティスターンの住人のように、必ずしも「チベット系民族の一員」としての自意識を持っていない集団を含む場合がある。 チベット系民族の一部のうち、北インドのカシミールやネパール(ネパール人)では、古くからコーカソイドに属するインド・アーリア系との混血があり、中央アジアにいたチベット系民族の一部は現地のテュルク系と同化していった(サラール族など)。.

新しい!!: 漢とチベット系民族 · 続きを見る »

テュルク系民族

世界のテュルク系民族の分布。濃い青色の部分はテュルク系言語を公用語にしている国。薄い青色の部分はテュルク系言語を公用語にしている自治地域。 テュルク系民族の分布。 テュルク系民族(テュルクけいみんぞく、 または、 、 )は、中央アジアを中心にシベリアからアナトリア半島にいたる広大な地域に広がって居住する、テュルク諸語を母語とする人々のことを指す民族名称である。.

新しい!!: 漢とテュルク系民族 · 続きを見る »

テイ (民族)

氐(てい、拼音:Dī/Dǐ)は、かつて中国の青海湖(現在の青海省)周辺に存在した民族。チベット系というのが有力で、紀元前2世紀ごろから青海で遊牧生活を営んでいた。近くには同じく遊牧を生業とする羌族がいた。.

新しい!!: 漢とテイ (民族) · 続きを見る »

呂雉

呂 雉(りょ ち、紀元前241年 - 紀元前180年8月18日(旧暦7月1日(辛巳)))は、漢の高祖劉邦の皇后。恵帝の母。字は娥姁(女偏に句)。謚は高后(高皇后)。夫・劉邦の死後、皇太后・太皇太后となり、呂后、呂太后、呂妃とも呼ばれる。「中国三大悪女」として唐代の武則天(則天武后)、清代の西太后と共に名前が挙げられる。.

新しい!!: 漢と呂雉 · 続きを見る »

呉楚七国の乱

呉楚七国の乱(ごそしちこくのらん)は、中国前漢の紀元前154年に、呉王ほか七国の諸侯王が起こした反乱。漢の宗室である劉氏同士の内乱であった。.

新しい!!: 漢と呉楚七国の乱 · 続きを見る »

咸陽市

咸陽市(かんようし)は、中華人民共和国陝西省に位置する地級市。かつては秦朝の首都として大いに栄えた。風水においては山・丘・阜などの南側、河・江・川・湖などの水辺の北側を陽と言う。この都市は九嵕山(きゅうそうざん)の南、渭水の北に当たり「咸(みな)陽」なためにこの名前がついた。.

新しい!!: 漢と咸陽市 · 続きを見る »

和帝 (漢)

和帝(わてい)は、後漢の第4代皇帝。諱は劉肇。章帝の子(四男)。生母は梁貴人。平原懐王劉勝、殤帝の父。 幼少時は継母の竇太后と竇憲ら竇一族の専横を許していたが、成長するに及んでこれに対し反感を抱くようになり、実権を自らの元に取り戻そうと考えるようになった。一方の竇憲らも和帝の反感を察し、これを害そうと画策し始めた。その動きを察知した和帝は、ひそかに竇氏誅滅を計画した。和帝が密謀の相談役に選んだのは宦官の鄭衆(ていしゅう)であった。彼を用いたのは、宦官ゆえに密謀を行うに都合がよいことと、鄭衆自身が皇帝に対する忠誠心の厚い、明晰で行動力のある人物だったからである。92年(永元4年)、竇憲を宮廷内におびき出し、大将軍の印綬を取り上げ実権を剥奪、領地において自殺を命じた。これにより和帝は竇一族から政治の実権を取り戻すことに成功した。鄭衆はこの功績により鄲郷侯に封じられ、大長秋の官を授けられた。和帝はその後も鄭衆を信任し続けたため、これ以後宦官が政治に深く関わるようになった。 鄭衆自身は政治的には確かに有能で、しかも私心のない人物であったから、彼が政治に参与していた間は問題が表面化することはなかったが、それ以降の宦官の多くは、政治的には無能で金銭に貪欲な人物が多く、彼らの跳梁により政治の腐敗が深刻化した。このようなことから「後漢は和帝の時から衰退を始めた」とする意見が多い。和帝が若くして死去すると、幼帝の補佐として和帝の皇后である鄧氏の一族が外戚として政治の実権を握るなど、外戚勢力も復活した。以後の後漢でも幼帝が続き、その度ことに外戚勢力と宦官勢力との間で激しい争いが続くことになる。 外征面は後漢で最も栄え、西域では永元6年(94年)の時点でその50余国が後漢に従うほどになった。これは西域都護である班超個人の力量に拠るところが大きく、班超が中央に召喚された後は後漢の西域における影響力は急速に衰えた。匈奴との戦いも匈奴の内紛に助けられ有利に進めた。 文化面では、班固・班昭兄妹による『漢書』の編纂(永元4年(92年)の班固の死後、班昭が完成)、永元17年(105年)の蔡倫による製紙法の改良が挙げられる。.

新しい!!: 漢と和帝 (漢) · 続きを見る »

アラブ人

アラブ人(アラブじん、العرب،عربي)は、おもにアラビア半島や西アジア、北アフリカなどのアラブ諸国に居住し、アラビア語を話し、アラブ文化を受容している人々。 7世紀にムハンマド(マホメット)によってイスラム教が開かれ、中東・北アフリカを中心に勢力を拡大した。 もともとアラビア人をアラブと呼ぶが、日本では誤訳から始まった呼び方で定着した。.

新しい!!: 漢とアラブ人 · 続きを見る »

タリム盆地

タリム盆地(英語:Tarim Basin,ウイグル語:تارىم ئويمانلىقى,中国語:塔里木盆地)は、中央アジアにある内陸盆地である。東西1,400km、南北550kmにわたって広がり、総面積は560,000km2。現在は中国・新疆ウイグル自治区となっている。.

新しい!!: 漢とタリム盆地 · 続きを見る »

哀帝 (漢)

哀帝(あいてい)は、前漢の第12代皇帝。元帝の孫にあたる。『漢書』哀帝紀の賛によれば、下半身に障害があったようである。.

新しい!!: 漢と哀帝 (漢) · 続きを見る »

唐(とう、、618年 - 907年)は、中国の王朝である。李淵が隋を滅ぼして建国した。7世紀の最盛期には、中央アジアの砂漠地帯も支配する大帝国で、中央アジアや、東南アジア、北東アジア諸国、例えば朝鮮半島や渤海、日本などに、政制・文化などの面で多大な影響を与えた世界帝国である。日本の場合は遣唐使などを送り、894年(寛平6年)に菅原道真の意見でその回の遣唐使を中止し、結果としてそれ以降遣唐使は送られず、それまでは積極的な交流をしていた。首都は長安に置かれた。 690年に唐王朝は廃されて武周王朝が建てられたが、705年に武則天が失脚して唐が復活したことにより、この時代も唐の歴史に含めて叙述することが通例である。 日本では唐の滅亡後も唐、唐土の語はそれ以降の王朝、さらには外国全般を漠然と指す語として用いられた。しかし、天竺同様昔の呼称のため、正確に対応するわけではない。詳しくは中国を参照のこと。.

新しい!!: 漢と唐 · 続きを見る »

儒教

儒教の始祖、孔子 董仲舒 儒教(じゅきょう)は、孔子を始祖とする思考・信仰の体系である。紀元前の中国に興り、東アジア各国で2000年以上にわたって強い影響力を持つ。その学問的側面から儒学、思想的側面からは名教・礼教ともいう。大成者の孔子から、孔教・孔子教とも呼ぶ。中国では、哲学・思想としては儒家思想という。.

新しい!!: 漢と儒教 · 続きを見る »

元 (王朝)

元(げん)は、1271年から1368年まで中国とモンゴル高原を中心領域として、東アジア・北アジアの広大な土地を支配した王朝である。正式の国号は大元(だいげん)で、元朝(げんちょう)とも言う。モンゴル人のキヤト・ボルジギン氏が建国した征服王朝で国姓は「奇渥温」である。伝統的な用語上では、「モンゴル帝国が中国に支配後、中華王朝に変化した国」というように認定されたが、視点によって「元は中国では無く、大元ウルスと呼ばれるモンゴル遊牧民の国」と、様々な意見もある。 中国王朝としての元は、唐崩壊(907年)以来の中国統一政権であり、元の北走後は明(1368年 - 1644年)が中国統治を引き継ぐ。しかし、中国歴代征服王朝(遼・金・清など)の中でも元だけが「政治制度・民族運営は中国の伝統体制に同化されなく、モンゴル帝国から受け継がれた遊牧国家の特有性も強く持つ」のような統治法を行った。一方、行政制度や経済運営の面では、南宋の仕組みをほぼ潰して、中華王朝従来の体制を継承してることとは言わない。.

新しい!!: 漢と元 (王朝) · 続きを見る »

元帝 (漢)

元帝(げんてい)は、前漢の第10代皇帝。.

新しい!!: 漢と元帝 (漢) · 続きを見る »

光武帝

光武帝(こうぶてい、前6年 - 57年)は、後漢王朝の初代皇帝。南陽郡蔡陽県(現在、湖北省棗陽市)の人。 王莽による簒奪後の新末後漢初に混乱を統一し、漢王朝の再興として後漢王朝を建てた。廟号は世祖。諡号の光武帝は漢朝を中興したことより「光」、禍乱を平定したことより「武」の文字が採用された。「隴を得て蜀を望む」「志有る者は事竟に成る」「柔よく剛を制す」(『黄石公記』(=『三略』)の引用)などの言葉を残している(『後漢書』本紀1上・下・本伝)。中国史上、一度滅亡した王朝の復興を旗印として天下統一に成功した数少ない君主である。「漢委奴国王」の金印を倭(日本)の奴国の使節にあたえた皇帝とされている。.

新しい!!: 漢と光武帝 · 続きを見る »

前趙

前趙(ぜんちょう、、304年 - 329年)は、中国の五胡十六国時代に存在した国。建国者は劉淵。当初の国号は漢であり、劉曜の時代に趙に改めた。同時代に石勒が同じ趙を国号とした国を建てているので、劉淵の趙を前趙、石勒の趙を後趙と呼んで区別している。劉趙、漢趙とも呼称される。.

新しい!!: 漢と前趙 · 続きを見る »

前漢

前漢(ぜんかん、紀元前206年 - 8年)は、中国の王朝である。秦滅亡後の楚漢戦争(項羽との争い)に勝利した劉邦によって建てられ、長安を都とした。 7代武帝の時に全盛を迎え、その勢力は北は外蒙古・南はベトナム・東は朝鮮・西は敦煌まで及んだが、14代孺子嬰の時に重臣の王莽により簒奪され一旦は滅亡。その後、漢朝の傍系皇族であった劉秀(光武帝)により再興される。前漢に対しこちらを後漢と呼ぶ。 中国においては東の洛陽に都した後漢に対して西の長安に都したことから西漢と、後漢は東漢と称される。前漢と後漢との社会・文化などには強い連続性があり、その間に明確な区分は難しく、前漢と後漢を併せて両漢と総称されることもある。この項目の社会や文化の節では前漢・後漢の全体的な流れを記述し、後漢の項目では明確に後漢に入って流れが変化した事柄を記述する。 漢という固有名詞は元々は長江の支流である漢水に由来する名称であり、本来は劉邦がその根拠地とした漢中という一地方をさす言葉に過ぎなかったが、劉邦が天下統一し支配が約400年に及んだことから、中国全土・中国人・中国文化そのものを指す言葉になった(例:「漢字」)。 文中の単位については以下の通り。距離・1里=30歩=1800尺=415m 面積・1畝=1/100頃=4.65a 重さ・1/120石=1斤=16両=384銖.

新しい!!: 漢と前漢 · 続きを見る »

四川省

三星堆遺跡の青銅仮面 四川省の伝統芸能『川劇』 四川省(しせんしょう、、、)は、中華人民共和国西南部に位置する省。略称は川あるいは蜀。省都は成都。西北部はチベットの伝統的な地方区分でいうアムド地方の東南部、西部はカムの東部にあたる。また、東部の重慶は直轄市として1997年に分離した。.

新しい!!: 漢と四川省 · 続きを見る »

皇帝 (中国)

中国史における皇帝(こうてい、)とは、一般に、紀元前221年に秦朝の政王が中国統一を機に始皇帝と号してから、辛亥革命を受けて1912年に愛新覚羅溥儀が清皇帝を退位するまでの中国の君主を指す。皇帝はまた、皇帝号が用いられる以前の周や殷の君主を含めて天子とも称され、天下(地上世界)の支配者とみなされた。実際には、すべての皇帝が中国全土における最高権力を握っていたわけではないが、その場合でも通常は「天子」と呼ばれた。 皇帝を同一の家系ごとに歴史上の各区分に分けたものを王朝と呼ぶ。中国の大半の帝政支配者は、漢民族に属すると通常考えられているものの、近年の学界では、現在の民族分類を過去の歴史的状況に適用することに慎重な傾向がある。モンゴル系民族および満州民族に支配された元王朝と清王朝は、史学上の通説では、外来の王朝が中国化されたものと考えられているが、近年の一部学者(たとえば新清史学派 New Qing History schoolの学者ら)は、両王朝では、通説よりもはるかに複雑なかたちで政治と民族とが互いに影響を与え合ったと主張する。とは言え、この両王朝の支配者はともに、中国本土を支配するのに、天命という伝統的な儒教に基づく皇帝の概念を必要とした。.

新しい!!: 漢と皇帝 (中国) · 続きを見る »

王莽

王莽が発行した貨幣。小刀を模した形状である 王 莽(おう もう)は、新朝の皇帝。字は巨君。『漢書』などに記されている「」の字の草冠の下の字は大ではなく犬である。 前漢の元帝の皇后・王政君(孝元皇后)の甥で、成帝の母方の従弟に当たる。王曼(おうまん)の次男で、王宇・王獲・王安・王臨・王興・王匡らの父。孫(王宇の子)は王宗。娘に平帝の皇后王氏、王曄、王捷らがいる。正妻は宜春侯王咸の娘。また、王永の弟で、王光の叔父。.

新しい!!: 漢と王莽 · 続きを見る »

班超

班 超(はん ちょう、32年 - 102年(建武9年 - 永元14年)は、中国後漢の軍人。字は仲升(ちゅうしょう)。雍州扶風郡平陵の人。封号は定遠侯。父は班彪、兄妹は兄の班固、妹の班昭。子は長男の班雄と三男の班勇(字:宜僚)ら、孫は(班雄の子)。歴史家一家に生まれたが、一人武人としての成功を望み、西域(現在の新疆ウイグル自治区あたり)から北匈奴やクシャーナ朝を追って後漢の勢力を広げ、その後は西域都護として長く西域を保持した。『後漢書』では「燕頷虎鬚」と描写される。.

新しい!!: 漢と班超 · 続きを見る »

(しん、、紀元前778年 - 紀元前206年)は、中国の王朝。周代、春秋時代、戦国時代にわたって存在し、紀元前221年に中国を統一したが、紀元前206年に滅亡した。統一から滅亡までの期間(紀元前221年 - 紀元前206年)を秦朝、秦代と呼ぶ。国姓の本姓は、氏は趙。統一時の首都は咸陽。.

新しい!!: 漢と秦 · 続きを見る »

秦 (曖昧さ回避)

(しん、はた、はだ).

新しい!!: 漢と秦 (曖昧さ回避) · 続きを見る »

秦嶺山脈

中央の茶色の部分が秦嶺山脈 秦嶺山脈(しんれいさんみゃく)は、中国中部を東西に貫く山脈。黄河と揚子江を中流域で分けている。中国語でチンリンシャンマイ(Qínlǐng Shānmài)、英語でQinling Mountains。.

新しい!!: 漢と秦嶺山脈 · 続きを見る »

秦朝

朝(しんちょう)は、紀元前221年から206年まで存在した、中国最初の王朝である。この王朝は、秦が戦国七雄の他の6国を征服することで成立した。秦朝を建てた皇帝は、始皇帝として知られている。秦は現在の甘粛省や陝西省の秦の拠点に由来した。秦の強さは、戦国時代の紀元前4世紀の商鞅の法家改革により大いに高められた。紀元前3世紀中葉と後半に、秦は一連の迅速な征服を成し遂げ、初めて弱体化した周を終わらせ、結局戦国七雄の6国を征服して全中国を支配した。 中国支配で秦は、強大な軍備を支持できる高度に形作られた権力と、安定した経済により統一された帝国を創造することを試みたTanner 2010, p. 85-89。秦の中央政府は、貴族と地主の役割を極小化し人口の絶対多数を占める農民に対する直接的な支配をし広範な労働部隊への秦の関与を認めることで支配しようとした。このことは現在万里の長城として知られる北の国境の壁のような大規模事業の建設を可能とした。秦朝は通貨や度量衡が標準化され筆記の形態の統一が行われるような数個の改革も主導した。批判を制限し古い王朝の名残は全て粛清する企図は、後世の学者に大いに批判されている悪名高い焚書坑儒へと発展した。政府は高圧的で官僚主義的であったが、秦の軍事は、最新鋭の兵器や輸送手段、戦術を用いる点で革命的でもあった。 秦朝は全国を36郡に分けた、中央政府に支配する、領土を広げるごとに、新たな郡を次々に置いた。五嶺の南、南越を支配した領土には、南海、桂林及び象州の3郡を、北に匈奴を攻めて陰山以南を切り取った地には九原郡(現在の包頭市南西)を置いた。 軍事的には強大であったとはいえ、秦朝は長く続かなかった。始皇帝が紀元前210年に死ぬと、息子が息子を通じて全王朝の行政に影響を及ぼし支配する企図を持って皇帝の元顧問の内の2人により皇帝に担ぎ上げられた。しかしこの顧問は二人とも死去し秦の第2代皇帝も死去することになる論争に巻き込まれた。大衆的な反乱は、2年後に発生し、弱体化した帝国は、漢の建国につながる楚の副官(劉邦)に暫くして降伏した秦の始皇帝は、王朝は1万世代続くであろうと自慢したが、15年程度で滅んだ。(Morton 1995, p. 49)。急速に終焉を迎えたとはいえ、秦朝は後世の帝国特に漢に影響を与え、中国の欧州名は、秦に由来すると考えられている。.

新しい!!: 漢と秦朝 · 続きを見る »

突厥

突厥(とっけつ、とっくつ、拼音:Tūjué、古テュルク語:【Türük】、【Türük】、トルコ語:Göktürk【ギョクテュルク】)は、6世紀に中央ユーラシアに存在したテュルク系遊牧国家。もともとはジュンガル盆地北部からトルファン北方の山麓にかけて住んでいた部族で、柔然の隷属の下でアルタイ山脈の南麓へ移住させられ鍛鉄奴隷として鉄工に従事したが、552年に柔然から独立すると、部族連合である突厥可汗国(突厥帝国などと呼ばれることもある)を建て、中央ユーラシアの覇者となる。582年には内紛によって東西に分裂した。.

新しい!!: 漢と突厥 · 続きを見る »

章帝

帝(しょうてい)は、後漢の第3代皇帝。父は明帝で、その五男。生母は賈貴人。.

新しい!!: 漢と章帝 · 続きを見る »

紀元前141年

紀元前141年は、ローマ暦の年である。.

新しい!!: 漢と紀元前141年 · 続きを見る »

紀元前154年

紀元前154年は、ローマ暦の年である。.

新しい!!: 漢と紀元前154年 · 続きを見る »

紀元前157年

紀元前157年は、ローマ暦の年である。.

新しい!!: 漢と紀元前157年 · 続きを見る »

紀元前180年

紀元前180年は、ローマ暦の年である。.

新しい!!: 漢と紀元前180年 · 続きを見る »

紀元前184年

紀元前184年は、ローマ暦の年である。.

新しい!!: 漢と紀元前184年 · 続きを見る »

紀元前188年

紀元前188年は、ローマ暦の年である。.

新しい!!: 漢と紀元前188年 · 続きを見る »

紀元前195年

紀元前195年は、ローマ暦の年である。.

新しい!!: 漢と紀元前195年 · 続きを見る »

紀元前1年

紀元前1年(きげんぜん1ねん)は、西暦(ユリウス暦)における紀元1年の前年に当たる。これは西暦に限らず通常の紀年法では、0年を設けないからである。ただし、分野によっては後節のように「西暦0年」と表現することがある。 なお、ユリウス暦制定直後の混乱により、紀元前6年から紀元後7年まで閏年を停止し、平年であったと推定されている。.

新しい!!: 漢と紀元前1年 · 続きを見る »

紀元前202年

紀元前202年.

新しい!!: 漢と紀元前202年 · 続きを見る »

紀元前206年

紀元前206年.

新しい!!: 漢と紀元前206年 · 続きを見る »

紀元前33年

紀元前33年。.

新しい!!: 漢と紀元前33年 · 続きを見る »

紀元前49年

紀元前49年は、ローマ暦の705年である。.

新しい!!: 漢と紀元前49年 · 続きを見る »

紀元前74年

紀元前74年は、ローマ暦の年である。.

新しい!!: 漢と紀元前74年 · 続きを見る »

紀元前7年

紀元前7年。.

新しい!!: 漢と紀元前7年 · 続きを見る »

紀元前87年

紀元前87年は、ローマ暦の年である。.

新しい!!: 漢と紀元前87年 · 続きを見る »

献帝 (漢)

帝(けんてい)は、後漢の最後の皇帝。諱は協。霊帝(劉宏)の次子で、少帝弁(劉弁)の異母弟。母親は美人の王栄。諡号は、魏からは孝献皇帝、蜀漢からは孝愍皇帝。.

新しい!!: 漢と献帝 (漢) · 続きを見る »

銀河系

銀河系(ぎんがけい、the Galaxy)または天の川銀河(あまのがわぎんが、Milky Way Galaxy)は太陽系を含む銀河の名称である。地球から見えるその帯状の姿は天の川と呼ばれる。 1000億の恒星が含まれる棒渦巻銀河とされ、局部銀河群に属している。.

新しい!!: 漢と銀河系 · 続きを見る »

順帝 (漢)

順帝(じゅんてい)は、後漢の第8代皇帝。.

新しい!!: 漢と順帝 (漢) · 続きを見る »

項籍

項 籍(こう せき、Xiàng Jí、紀元前232年 - 紀元前202年)は、秦末期の楚の武将。秦に対する造反軍の中核となり秦を滅ぼし、一時“西楚の覇王”(在位紀元前206年 - 紀元前202年)と号した。その後、天下を劉邦と争い(楚漢戦争)、当初は圧倒的に優勢であったが人心を得ず、次第に劣勢となって敗死した。 姓は項、名は籍、字が羽である。以下、一般に知られている項羽(こうう)の名で記す。.

新しい!!: 漢と項籍 · 続きを見る »

西域

西域(さいいき、拼音:xīyù)は、古来、中国人が中国の西方にある国々を呼んだ総称である。本来は東トルキスタンを指したが、拡張されて西トルキスタン、さらに地中海沿岸に至る西アジアをもいう。 紀元前1世紀の西域諸国(タリム盆地).

新しい!!: 漢と西域 · 続きを見る »

許昌市

許昌市(きょしょうし)は、中華人民共和国河南省に位置する地級市。.

新しい!!: 漢と許昌市 · 続きを見る »

魏 (三国)

魏の系図 魏(ぎ、、220年 - 265年)は、中国の三国時代に華北を支配した王朝。首都は洛陽。曹氏の王朝であることから曹魏、あるいは北魏に対して前魏とも(この場合は北魏を後魏と呼ぶ)いう。 45年間しか続かなかった王朝だが、魏・蜀・呉の戦国史を描いた三国志(『三国志』・『三国志演義』など)などで後世に伝わり、日本で魏は卑弥呼を記述した「魏志倭人伝」で知られる。また、昭和に吉川英治が著した『三国志』を始め、この時代を描いた小説は今なお日本で人気があり、そのため知名度も高い王朝である。.

新しい!!: 漢と魏 (三国) · 続きを見る »

質帝

質帝(しつてい)は、後漢の第10代皇帝。父は渤海孝王・劉鴻。祖父は楽安王・劉寵。曽祖父は千乗王・劉伉。 沖帝が在位6ヶ月で崩御した後、梁冀により章帝の玄孫である劉纘が皇帝に擁立された。『後漢書』には梁冀とその一族による専権が強まり朝政は腐敗していたが、梁冀の権勢を恐れて誰も諫言を行おうとしなかったとある。梁冀の専横を不満に思った質帝が「跋扈将軍」と揶揄したために、梁冀により毒殺された。 Category:後漢の皇帝 Category:中国の幼君 Category:暗殺された人物 Category:138年生 Category:146年没.

新しい!!: 漢と質帝 · 続きを見る »

黄巾の乱

巾の乱(こうきんのらん、)は、中国後漢末期の西暦184年(中平1年)に太平道の教祖張角を指導者とする太平道の信者が各地で起こした農民反乱。目印として黄巾と呼ばれる黄色い頭巾を頭に巻いた事から、この名称がついた。また、小説『三国志演義』では反乱軍を黄巾“賊”と呼称している。後漢の衰退を招き、三国時代に移る一つの契機となった。.

新しい!!: 漢と黄巾の乱 · 続きを見る »

霊帝 (漢)

霊帝(れいてい)は、中国後漢の第12代皇帝。解瀆亭侯劉萇の子。解瀆亭侯劉淑の孫。河間王劉開の曾孫。章帝の玄孫に当たる。.

新しい!!: 漢と霊帝 (漢) · 続きを見る »

蜀漢

蜀漢(しょくかん、221年 - 263年)は、中国の三国時代に劉備が巴蜀の地(益州)に建てた国。 蜀は魏、呉と共に三国時代を形成した一国である。巴蜀(現在の四川省・湖北省一帯)を領土とし、成都を都に定めた。実際には魏の文帝曹丕が後漢を滅ぼして即位した時に、漢の正統を継ぐものとしたため、蜀漢と自ら名乗ったことはない『三国志』蜀志二「先主伝」。また、季漢(季は末っ子の意味)と称することもあった。.

新しい!!: 漢と蜀漢 · 続きを見る »

郡国制

郡国制(ぐんこくせい)は、前漢の高祖が施行した地方制度。 前漢成立前の秦が施行した中央集権的独裁制たる郡県制の強行の失敗と、周代の封建制の復活の傾向を考慮して導入された。帝都長安の周辺は中央直轄地として郡県制を、地方には一族・功臣を諸侯王、諸侯として封じる封建制を併用したためこれを郡国制と称した。その後、歴代皇帝は諸侯勢力の削減に努め、すでに高祖の代に功臣の諸侯王はほとんどが滅ぼされた。第6代景帝の時代に勢力削減に反対する諸侯らによる呉楚七国の乱を鎮圧したのち、第7代武帝の頃に事実上の郡県制へと移行した。.

新しい!!: 漢と郡国制 · 続きを見る »

藤田豊八

藤田 豊八(ふじた とよはち、1869年10月19日(明治2年9月15日) - 1929年(昭和4年)7月15日)は、明治・大正期の東洋史学者。文学博士。号は剣峰。.

新しい!!: 漢と藤田豊八 · 続きを見る »

董卓

董 卓(とう たく、? - 初平3年4月23日(192年5月22日))は、中国後漢末期の武将・政治家。涼州隴西郡臨洮県(甘粛省定西市臨洮県)の人。字は仲穎(ちゅうえい)。 辺境の将軍の1人にすぎなかったが、軍事力を背景に次第に頭角を現すようになった。霊帝死後の政治的混乱に乗じて政治の実権を握り、少帝を廃して献帝を擁立し、一時は宮廷で権勢をほしいままにしたが、諸侯や他の朝臣らの反感を買い、最期は側近で養子になっていた呂布に殺された。『三国志』魏志及び『後漢書』に伝がある。.

新しい!!: 漢と董卓 · 続きを見る »

蕭何

蕭 何(しょう か、? - 紀元前193年)は、秦末から前漢初期にかけての政治家。劉邦の天下統一を輔けた、漢の三傑の一人。.

新しい!!: 漢と蕭何 · 続きを見る »

長安

長安(ちょうあん、、)は、中国の古都。現在の陝西省の省都西安市に相当する。 漢代に長安と命名され、前漢、北周、隋などの首都であった。唐代には大帝国の首都として世界最大の都市に成長した。シルクロードの起点とされることもある(シルクロード:長安-天山回廊の交易路網)。また西都(さいと)、大興(だいこう)、西京(さいきょう)と呼ばれていた時期もあった。宋代以降は政治・経済の中心は東の開封に移り、長安が首都に戻ることはなかった。 西域に近かったこともあって、王朝の隆盛とともに国際都市となっていた唐代の長安は周辺諸民族が都城建設の模範とした。日本でも平城京や平安京は長安に倣ったと考えられており、日本において平安初中期の詩文の中で、平安京を指して長安と書いている例が見られる。やがて平安京は現在に至るまで洛陽に例えられるようになり、とりわけ南北朝頃からは、洛陽の西方にある副都になぞらえて、長安は平安京の右京(西京)の異称となった。.

新しい!!: 漢と長安 · 続きを見る »

長江

長江(ちょうこう、中国語拼音字母: )は、青海省のチベット高原を水源地域とし中国大陸の華中地域を流れ東シナ海へと注ぐ川である。全長は6300kmで、中華人民共和国およびアジアで最長、世界でも第3位。 中国国外では、最下流部の異称である「揚子江」(ようすこう、Yangtze River)の名で良く知られる。古語では江(こう)。音訳する場合は「長」のみを音訳しチャン川 (Chang River) とすることもあるが、「江」が本来の河川名であることから、(他の中国の河川を「片仮名+川」とする場合でも)チャンチアンとすることもある。 青海省のタンラ山脈からチベット高原、四川盆地、三峡を経て湖北省宜昌市に至るまでが長江上流(最上流の通天河、四川西部の金沙江、四川東部の川江)、宜昌から江西省湖口県までが中流(荊江)、湖口から上海市の東シナ海河口までが下流(揚子江)にあたる。 その流域には成都、武漢、重慶などの重要工業都市、上海、南京などの商業都市を含む中国の19の省(市、自治区)があり、全流域の人口は4億5000万にも達している。古くから水上交易の盛んだった華中でも中心的な交通路として利用されてきた。.

新しい!!: 漢と長江 · 続きを見る »

陝西省

陝西省(せんせいしょう、中国語:陕西省、拼音:Shǎnxī Shěng(シャンシーシェン)、英語では山西省と区別するため「Shaanxi」と表記)は、中華人民共和国の行政区画の一つ。略称は秦、または三秦。古代中国の長安一帯を含む地域。.

新しい!!: 漢と陝西省 · 続きを見る »

陳友諒

陳 友諒(ちん ゆうりょう)は、元末の群雄の一人。兄に陳友富、陳友直、弟に陳友仁、陳友貴ら。子に陳善、陳理ら。.

新しい!!: 漢と陳友諒 · 続きを見る »

恵帝 (漢)

恵帝(けいてい)は、前漢の第2代皇帝。諱は劉盈(りゅう えい)。生年は紀元前210年、紀元前213年の2説がある。.

新しい!!: 漢と恵帝 (漢) · 続きを見る »

李特

李 特(り とく、? - 303年)は、西晋末年に活動した流民集団の首領であり、事実上の成漢建国の祖である。字は玄休。巴氐族(巴賨族)の出身であり、略陽郡臨渭(甘粛省秦安県の東南)の人。父は東羌猟将の李慕。兄に李輔、弟に李庠と李流と李驤がいる。.

新しい!!: 漢と李特 · 続きを見る »

東方書店

東方書店(とうほうしょてん)は、東京都にある中国関係書籍専門書店、中国関係図書出版社。 1951年(昭和26年)、前身の極東書店が操業開始。1966年に極東書店から中国部門が分離独立して東方書店(株)を創立。当初から日中出版文化の交流が目的であった。 本店は神田神保町にあり、日本国内の代表的中国関係書籍専門書店である。大阪府吹田市には関西支社がある。 出版部門は、中国語や韓国語の辞典・テキスト・参考書、中国をテーマとする東方選書、教養啓蒙書・専門書など幅広い出版活動を行っている。 1975年9月に創刊した月刊誌『東方』は東方書店のPR誌であるが、毎号学術面に重点を置いた中国関係図書書評および中国関連エッセイを掲載し、中国関係学術情報の重要な媒体となっている。.

新しい!!: 漢と東方書店 · 続きを見る »

桓帝 (漢)

桓帝(かんてい)は、後漢の第11代皇帝。章帝の曾孫、河間王劉開の孫、蠡吾(れいご)侯劉翼の子。弟は渤海王劉悝、平原王劉碩。順帝の族弟(劉一族中の年少の“いとこ”に当たる)。側室のひとりは寇恂の6世孫(寇栄の従孫女)で、妹の益陽公主は寇恂の玄孫(寇栄の従兄の子)に嫁いだ『後漢書』寇恂伝付寇栄伝。。男子がなく、一族の河間王の系統である霊帝がついだ。.

新しい!!: 漢と桓帝 (漢) · 続きを見る »

武帝 (漢)

武帝(ぶてい)は、前漢の第7代皇帝。ら3人の同母姉がいる。彼の治世下で、前漢は最盛期を迎える。.

新しい!!: 漢と武帝 (漢) · 続きを見る »

武漢市

武漢市(ぶかんし/ウーハンし、中国語:武汉市、武漢語:/u˦˨xan˧˥si˧˥/、、英語:Wuhan City)は、中華人民共和国の中部、湖北省の東部、長江とその最大の支流漢江の合流点に位置する都市である。中国中部地方及び長江中流域唯一のメガシティで、湖北省の省都および華中地方唯一の副省級市でもある。また、中国有数の工業都市、文教都市及び交通要衝でもある。市の総面積は8569.15㎞2であり、人口は1089.29万人である。市政府の所在地は江岸区沿江大道188号。.

新しい!!: 漢と武漢市 · 続きを見る »

殤帝 (漢)

殤帝(しょうてい)は、後漢の第5代皇帝。 後漢の第4代皇帝和帝は多くの皇子をもうけたが、いずれも夭折していた。宦官、外戚による謀殺の疑惑を抱いた和帝は、皇子を民間で養育することとした。元興元年(105年)12月、和帝が崩御した際、長子の劉勝は病気を理由に即位が見送られ、劉隆が宮廷に迎えられて皇帝に即位した。劉勝は殤帝即位と共に平原王に立てられた。 即位した殤帝は生後100日余りであり、朝政は外戚の鄧氏(和帝の皇后だった鄧綏と、その兄の車騎将軍鄧騭)により掌握された。翌延平元年(106年)8月辛亥、病気により崩御し、夭折を意味する「殤」を諡号に贈られた。 中国の歴代皇帝のうち、最年少の皇帝である。 Category:後漢の皇帝 Category:中国の幼君 Category:105年生 Category:106年没.

新しい!!: 漢と殤帝 (漢) · 続きを見る »

沖帝

沖帝(ちゅうてい)は、後漢の第9代皇帝。 順帝の子として生まれ、144年(建康元年)に立太子される。同年に順帝が崩御すると、わずか2歳で即位した。幼少のため、外戚の梁氏により朝政は掌握され、朝政腐敗と民衆の負担増による不満により九江などで叛乱が発生している。145年、3歳の沖帝は病死したが、外戚の梁冀による毒死も噂された。 Category:後漢の皇帝 Category:中国の幼君 Category:143年生 Category:145年没.

新しい!!: 漢と沖帝 · 続きを見る »

沙陀族

沙陀族(さだぞく、さたぞく)は、8世紀から10世紀頃まで、華北からオルドスから山西近辺の地域で繁栄したテュルク系民族の開いた突厥を構成した一部族。突厥の崩壊後、吐蕃につき後に唐に帰服して、雲州など現在の山西省北部に定着し、軍閥化して次第に漢化していった。 いわゆる五代十国の華北を支配した五代王朝のうち後唐、後晋、後漢の三つは沙陀人の君主が沙陀系軍閥の軍事力を背景に建国しており、漢人系とされる孟知祥の地方政権である後蜀をはじめ、郭威、柴栄といった君主を戴く後周ですら加藤徹は郭威、柴栄、趙匡胤が漢化した沙陀部出身と推測している。また、岡田英弘も郭威、柴栄、趙匡胤が生粋の漢民族なのか懐疑を示している。、彼ら王朝創始者たちは沙陀族の劉知遠に見出されて沙陀系軍閥の一員として台頭し、やはりこの軍閥の軍事力を背景に建国している。その後全中華を統一した趙匡胤の宋朝もこの後周の国軍から台頭しており、沙陀系軍閥の系譜を濃厚に継承している。.

新しい!!: 漢と沙陀族 · 続きを見る »

洛陽市

洛陽の古い街並み 洛陽城の外城の正門『定鼎門』 洛陽竜門駅 洛陽市(らくようし、ルオヤン、、、)は、中華人民共和国の河南省西部にある都市。しばしば関中の長安と並んで中国王朝の首都となった。 中国における西の長安と東の洛陽が並び立つ両都制になぞらえて平安京の西半分の右京を長安城、東半分の左京を洛陽城と雅称した事に由来し、やがて右京の荒廃と左京の繁栄に伴い平安京全体の別名となり、その一字「洛」をもって京都を表すに至って京洛・洛中・洛外・上洛などの言葉が生まれた。.

新しい!!: 漢と洛陽市 · 続きを見る »

湖北省

湖北省(こほくしょう、フーペイしょう、中国語:湖北省、拼音:Húběi Shěng、英語:Hubei Province)は、中華人民共和国中部地方にある第一級行政区画である。揚子江中流域に位置し、洞庭湖以北にあるため、「湖北」と言う名称がつけられた。略称は鄂、楚、荊で、荊楚とも呼ばれる。省都は武漢市である。.

新しい!!: 漢と湖北省 · 続きを見る »

漢字

漢字(かんじ)は、中国古代の黄河文明で発祥した表語文字。四大文明で使用された古代文字のうち、現用される唯一の文字体系である。また史上最も文字数が多い文字体系であり、その数は10万字を超え、他の文字体系を圧倒する。古代から周辺諸国家や地域に伝播して漢字文化圏を形成し、言語のみならず文化上の大きな影響を与えた。 現代では中国語、日本語、朝鮮語の記述に使われる。20世紀に入り、漢字文化圏内でも日本語と中国語以外は漢字表記をほとんど廃止したが、なお約15億人が使用し、約50億人が使うラテン文字についで、世界で2番目に使用者数が多い。.

新しい!!: 漢と漢字 · 続きを見る »

漢中郡

漢中郡(かんちゅう-ぐん)は、古代中国に存在した郡。後に漢中(かんちゅう)は、郡の役所が置かれた南鄭(なんてい、現在の陝西省漢中市)を中心とした一帯の名称となる。劉邦が興した漢王朝や、現在の「漢民族」や「漢字」などの名称の由来となる地名でもある。.

新しい!!: 漢と漢中郡 · 続きを見る »

漢語

日本語における漢語(かんご)とは、語種の一区分である。比較的古い時代の中国語から借用された形態素、すなわち漢字の字音から構成される語彙体系である。漢字の音読みと対応する語彙体系であるので字音語と称することもある佐藤喜代治(1996)、88頁。。固有語である「和語」、漢語以外の借用語である「外来語(洋語)」と対立する概念である。 漢語の原義は「漢民族の言語」であり、本来は漢民族が母語である中国語を自称する際の用語なのだが、日本においては国語として定着した中国由来の語彙体系を「漢語」と総称することが多い。また、漢字の字音は複合の自由度が高く、日本で独自に造語されたいわゆる「和製漢語」も多い。 日本語以外でも、朝鮮語、ベトナム語などの言語は同様の語彙体系を有している。これら言語が有する中国由来の語彙体系をまとめて「漢語系語彙(Sinoxenic vocabulary)」と呼ぶことがある。.

新しい!!: 漢と漢語 · 続きを見る »

漢民族

漢民族(かんみんぞく)は、中華人民共和国(中国大陸)、中華民国(台湾)、シンガポールで大多数を占める民族。人類の20%を占める世界最大の民族集団である。 中華人民共和国の民族識別工作では漢族と呼ばれ、中華人民共和国の人口の94%以上を占める。漢人ともいい、華僑として中国を離れ、移住先に定着した人は華人、唐人と自称することが多い。.

新しい!!: 漢と漢民族 · 続きを見る »

漢江 (中国)

漢江(かんこう)または漢水(かんすい)は、長江の最大の支流である。延長は1,532km、流域の面積は17.43万km2。.

新しい!!: 漢と漢江 (中国) · 続きを見る »

朱泚

朱 泚(しゅ せい、ピンイン:、742年 - 784年)は、唐代の部将であり朱泚の乱の指導者。当初は唐の盧龍節度使であったが、後に長安に仕えた。弟の朱滔が造反したために長安に留められたことから反感を抱き、徳宗が長安から避難すると大秦(後に漢と改名)の皇帝に即位した。784年に李晟などに敗けて長安を逃げ、配下に殺害された『旧唐書』巻200。.

新しい!!: 漢と朱泚 · 続きを見る »

成帝 (漢)

成帝(せいてい)は、前漢の第11代皇帝。.

新しい!!: 漢と成帝 (漢) · 続きを見る »

成漢

成漢(せいかん、、304年 - 347年)は、中国の五胡十六国時代に存在した国。巴氐族(氐族の一種)の李雄により建国された。当初の国号は大成であったが、李寿の時代に漢に改めた事から、併せて成漢と呼称される。また、後蜀(ごしょく)とも記載される三崎『五胡十六国、中国史上の民族大移動』、P53。.

新しい!!: 漢と成漢 · 続きを見る »

戦国時代 (中国)

中国の戦国時代(せんごくじだい)は、春秋時代に続く時代で、紀元前403年に晋が韓・魏・趙の3つの国に分かれてから、紀元前221年に秦による中国統一がなされるまでをいう。この名前は『戦国策』から取られている。 どの時点をもって春秋と戦国の境目とするかは、歴史家の間でも意見が分かれている。詳しくは春秋戦国時代の項目を参照。.

新しい!!: 漢と戦国時代 (中国) · 続きを見る »

明(みん、1368年 - 1644年)は、中国の歴代王朝の一つである。明朝あるいは大明とも号した。 朱元璋が元を北へ逐って建国し、滅亡の後には清が明の再建を目指す南明政権を制圧して中国を支配した。.

新しい!!: 漢と明 · 続きを見る »

明帝 (漢)

明帝(めいてい)は、後漢の第2代皇帝。.

新しい!!: 漢と明帝 (漢) · 続きを見る »

昭帝 (漢)

昭帝(しょうてい)は、前漢の第8代皇帝。  .

新しい!!: 漢と昭帝 (漢) · 続きを見る »

新(しん、8年 - 23年)は、中国の王朝。前漢の外戚であった王莽が前漢最後の皇太子の孺子嬰より禅譲を受けて立てた。成帝の時、王莽は新都侯(新都は荊州南陽郡に在る)に封じられたことにより国号を新とした。 周の時代を理想とした政策を行なったが、その理想主義・復古主義的な政策は当時の実情に合っておらず、国内は混乱。また、匈奴や高句麗に対して高圧的な態度を取ったためにこれらの離反を招くなど、 具体的な政策としては、古代の名称にあわせた地名や役職名の頻繁な改名、小作農民のための農地の国有化、奴隷売買の禁止、高利貸しに対し、国家による安い金利での融資などを行った。また新貨幣を鋳造し(制度が複雑で経済が混乱したあげく、私銭鋳造を認めるまでになった)、塩や鉄を国が専売制とするなどの政策があったが、経済政策では地主や高利貸し等から、貨幣鋳造や塩鉄の統制では民衆から、大きく不満と反対が起きた。 遠征も繰り返しており、匈奴には30万人、西南の句町国には20万人の兵を派遣し、 やがて赤眉・緑林の乱が起こり、更始帝の軍により長安を落とされて王莽は殺され、1代限りで滅んだ。 新から後漢への移り変わりは新末後漢初を参照。.

新しい!!: 漢と新 · 続きを見る »

文帝 (漢)

文帝(ぶんてい)は、前漢の第5代皇帝(恵帝の子とされる2人の少帝を除外し、第3代皇帝とする場合もある)。諱は劉恒(りゅう こう)。高祖劉邦の四男(庶子)。妻にがいる。.

新しい!!: 漢と文帝 (漢) · 続きを見る »

文景の治

文景の治(ぶんけいのち)は、中国前漢の文帝、景帝の統治期間(紀元前180年 - 紀元前141年)を表す。漢初は秦末期以来の戦乱によって社会経済は衰退しており、朝廷は国力の充実を図るために黄老治術を採用、民力の休養と、賦役の軽減を柱とした政策を実行した。 文帝は農業を重視し、数度にわたり農桑振興を命じている。また一定の戸数に三老、孝悌、力田を選抜し、彼らに賞賜を与えることで農業生産の向上を図っていた。また文帝2年(紀元前179年)と12年(紀元前169年)には田租の半減を実施、文帝13年(紀元前168年)には田租の全免を実施する。これとあわせて周辺少数民族に対する軍事行動を抑制するための和平政策も実施した。 文帝の生活自体も相当に質素であり、宮室内の車騎衣服も最低限のものとし、衣服も過度に長いものを禁じ、帷帳にも刺繍を行わないなどの徹底した倹約を行った。また諸国に対し献上品の抑制を命じている。これにより貴族官僚での奢侈が行われることはなく、その末年には民衆の生活は向上し、前漢の最盛期の基礎を築くと共に、次の時代となる武帝の匈奴遠征の物質的な基礎を築いた。 Category:前漢.

新しい!!: 漢と文景の治 · 続きを見る »

攣テイ氏

攣鞮氏・攣鞮部(れんていし/れんていぶ、拼音:Luándī-shì)は、紀元前4世紀から2世紀に中央ユーラシアに存在した遊牧国家匈奴の君主である単于を輩出した氏族。『後漢書』では虚連題氏(きょれんていし、拼音:Xūliántí-shì)と表記された。南匈奴の中心種族である屠各種の直系で、南匈奴が崩壊すると中国風の劉氏に改姓した。独孤部・鉄弗部・破六韓部とは同族である。.

新しい!!: 漢と攣テイ氏 · 続きを見る »

手紙

手紙(てがみ)とは、特定の相手に対して情報を伝達するための文書のこと。信書(しんしょ)、書簡・書翰(しょかん)、書状(しょじょう)などとも呼ばれる。古くは消息(しょうそく、しょうそこ)、尺牘(せきとく)とも呼ばれた。 広義には封書(封筒に入れて送る書状)、はがき(封筒に入れずに送る書状)、特定の人に向けて回覧する紙片の全般を含むが、狭義には封書のみを指して用いることも多い。英語では封書を意味する"letter"、あるいは郵便物を意味する"mail"をあてるのが一般的である。.

新しい!!: 漢と手紙 · 続きを見る »

更始帝

更始帝(こうしてい)は、新末後漢初の緑林軍による更始政権の皇帝。姓は劉、諱は玄。南陽郡蔡陽県(現在の湖北省棗陽市西南)の人。元来は前漢の宗室であり、祖父は蒼梧郡太守の劉利、父は劉子張で、光武帝劉秀の族兄に当たる。正室は趙萌の娘。側室は平林の豪族の娘・何氏と韓氏。子は劉求・劉歆・劉鯉(寿光侯)。孫は劉巡(求の子)、曾孫は劉姚(巡の子)。.

新しい!!: 漢と更始帝 · 続きを見る »

曹参

曹 参(そう しん、? - 紀元前190年)は、秦末から前漢初期にかけての武将、政治家。姓は曹氏。諱は参、字は敬伯。前漢の2代目の相国となった。黄老の学を重んじた。子に曹窋がいる。爵位は平陽侯、諡は懿侯。.

新しい!!: 漢と曹参 · 続きを見る »

曹丕

曹 丕(そう ひ)は、三国時代の魏の初代皇帝。父曹操の勢力を受け継ぎ、後漢の献帝から禅譲を受けて王朝を開いた。著書に『典論』がある。.

新しい!!: 漢と曹丕 · 続きを見る »

曹操

曹 操(そう そう、拼音:Cáo Cāo、永寿元年(155年) - 建安25年1月23日(220年3月15日))は、後漢末期の武将、政治家。詩人、兵法家としても業績を残した。字は孟徳(もうとく)、幼名は阿瞞、また吉利。豫州沛国譙県(現在の安徽省亳州市譙城区)の出身。 後漢の丞相・魏王で、三国時代の魏の基礎を作った。廟号は太祖、謚号は武皇帝。後世では魏の武帝、魏武とも呼ばれる。.

新しい!!: 漢と曹操 · 続きを見る »

景帝 (漢)

景帝(けいてい)は、前漢の第6代皇帝。 父文帝と同様に漢の基盤を固める善政を行い、その治世は「文景の治」と賞賛された。また、後漢の創始者である光武帝劉秀と蜀漢の創始者である昭烈帝劉備は景帝の末裔と称した。.

新しい!!: 漢と景帝 (漢) · 続きを見る »

091型原子力潜水艦

091型原子力潜水艦(09-1型、長征1号級)は、中国人民解放軍海軍が1970年代から運用中の攻撃型原子力潜水艦である。NATOコードネームは漢王朝に因んで漢級(Han Class)。.

新しい!!: 漢と091型原子力潜水艦 · 続きを見る »

105年

記載なし。

新しい!!: 漢と105年 · 続きを見る »

106年

記載なし。

新しい!!: 漢と106年 · 続きを見る »

125年

記載なし。

新しい!!: 漢と125年 · 続きを見る »

144年

記載なし。

新しい!!: 漢と144年 · 続きを見る »

145年

記載なし。

新しい!!: 漢と145年 · 続きを見る »

146年

記載なし。

新しい!!: 漢と146年 · 続きを見る »

167年

記載なし。

新しい!!: 漢と167年 · 続きを見る »

184年

記載なし。

新しい!!: 漢と184年 · 続きを見る »

189年

記載なし。

新しい!!: 漢と189年 · 続きを見る »

192年

記載なし。

新しい!!: 漢と192年 · 続きを見る »

2002年

この項目では、国際的な視点に基づいた2002年について記載する。.

新しい!!: 漢と2002年 · 続きを見る »

220年

記載なし。

新しい!!: 漢と220年 · 続きを見る »

23年

記載なし。

新しい!!: 漢と23年 · 続きを見る »

25年

記載なし。

新しい!!: 漢と25年 · 続きを見る »

57年

記載なし。

新しい!!: 漢と57年 · 続きを見る »

5年

5年は、西暦(ユリウス暦)による、平年。 ユリウス暦制定直後の混乱により、紀元前6年から紀元後7年まで閏年を停止し、平年であったと推定されている。詳細は「ユリウス暦」を参照。.

新しい!!: 漢と5年 · 続きを見る »

75年

記載なし。

新しい!!: 漢と75年 · 続きを見る »

88年

記載なし。

新しい!!: 漢と88年 · 続きを見る »

8年

8年は、西暦(ユリウス暦)による、閏年。 ユリウス暦制定直後の混乱により紀元前6年から紀元後7年まで閏年を停止した後、初めて4年に一度の閏日を置いた閏年であったと推定されている。詳細は「ユリウス暦」を参照。.

新しい!!: 漢と8年 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

Han Dynasty大漢帝国漢代漢室漢朝漢王朝

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »