ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

漏洩電磁波(ろうえいでんじは、compromising emanations)は、電子機器内部で発生する電磁波が、その強度が十分に弱くないため、あるいは完全なシールドは難しいために、外部で計測可能なほどに漏洩するものである。サイドチャネル攻撃などに利用可能なため、特に他者に知られたくない情報を含んだ電磁波を指すこともある。アメリカ国家安全保障局などではTEMPESTと呼び研究している。暗号の攻撃法としての利用についてはサイドチャネル攻撃の記事を参照のこと。.

34 関係: 中間周波数建築物保安局 (イギリス)マイクロ波ユニバーサル・シリアル・バスパラボラアンテナディスプレイ (コンピュータ)アメリカ国家安全保障局アンテナアイヴィー・ベルアキハバラ@DEEPエドワード・スノーデンキーロガーキーボード (コンピュータ)クラッキング (コンピューター用語)スペクトラム拡散スーパーヘテロダイン受信機ソーシャル・エンジニアリングサイドチャネル攻撃光ケーブル回路設計石黒耀盗聴麻生幾車両電子機器電磁両立性電磁シールド電磁波電波暗室死都日本液晶ディスプレイ漫画新情報セキュリティ技術研究会

中間周波数

中間周波数(ちゅうかんしゅうはすう、Intermediate Frequency:IF)とは、送信機や受信機の中間段階で送信信号あるいは受信信号の周波数を変換した周波数である。.

新しい!!: 漏洩電磁波と中間周波数 · 続きを見る »

年越し

年越し(としこし)は1年の最後の日、グレゴリオ暦で12月31日であり、多くの地域ではシルヴェスターの日と呼ぶ。多くの国で、年越しの夜の会合で多くの人が踊り、食べ、酒を飲んで、新年を迎える花火で祝う。年越しの礼拝に行く人たちもいる。祝祭は通常、深夜0時を過ぎ1月1日(元日)まで続く。キリバスとサモアが最も早く新年を迎える国であり、ハワイ州ホノルルが最後の地域である。.

新しい!!: 漏洩電磁波と年越し · 続きを見る »

年末年始

年末年始(ねんまつねんし)は、厳密な定義はないが、1年の終わりから翌年の初頭の期間の総称である(具体的な期間は使用する場面によって異なる)。 当項目では日本における年末年始を主題として解説している。.

新しい!!: 漏洩電磁波と年末年始 · 続きを見る »

クリスマス

リスマス()は、イエス・キリストの降誕(誕生)を祝う祭である(誕生日ではなく降誕を記念する日)『キリスト教大事典 改訂新版』350〜351頁、教文館、1977年 改訂新版第四版。毎年12月25日に祝われるが、正教会のうちユリウス暦を使用するものは、グレゴリオ暦の1月7日に該当する日にクリスマスを祝う()。ただし、キリスト教で最も重要な祭と位置づけられるのはクリスマスではなく、復活祭である正教会の出典:()カトリック教会の出典:(カトリック中央協議会)聖公会の出典:(日本聖公会 東京教区 主教 植田仁太郎)プロテスタントの出典:『キリスト教大事典』910頁、教文館、1973年9月30日 改訂新版第二版。 キリスト教に先立つユダヤ教の暦、ローマ帝国の暦、およびこれらを引き継いだ教会暦では日没を一日の境目としているので、クリスマス・イヴと呼ばれる12月24日夕刻から朝までも、教会暦上はクリスマスと同じ日に数えられる。教会では降誕祭といった表記もある。 一般的年中行事としても楽しまれ、ジングルベルなどのクリスマスソングは多くの人に親しまれている。.

新しい!!: 漏洩電磁波とクリスマス · 続きを見る »

クリスマス・イヴ

リスマス・イヴ』1904年 - 1905年、 スウェーデン人画家のカール・ラーション(1853年 - 1919年)による水彩画。 クリスマス・イヴ()、クリスマス・イブは、クリスマスの前夜、すなわち12月24日の夜を指す英語の音訳である。「イヴ」() は「(夜、晩)」と同義の古語「」の語末音が消失したものである。 転じて、俗に12月24日全体を指すこともある。日常会話では単に「イヴ」と呼ばれることが多い。.

新しい!!: 漏洩電磁波とクリスマス・イヴ · 続きを見る »

元日

元日(がんじつ)は年の最初の日。日付はグレゴリオ暦では1月1日(改暦前は旧暦正月一日)。元旦(がんたん)ともいうが、この場合は特にその日の朝を指すこともある日本国語大辞典第二版編集委員会・小学館国語辞典編集部編『日本国語大辞典』第二版、小学館。.

新しい!!: 漏洩電磁波と元日 · 続きを見る »

建築物

ラダ・ファミリア教会(バルセロナ) ヴィルーパークシャ寺院(インド・パッタダカル) ノートルダム大聖堂(パリ) 姫路城 シャンボール城(フランス・シャンボール) シアトル中央図書館(アメリカ) 建築物(けんちくぶつ)は、建築された物体。建築された構造物。 建築物は使用目的によって形態が異なるほか構造体も異なる職業訓練教材研究会『二級技能士コース 塗装科 選択・建築塗装法』2005年、189頁。建築物は工学で扱われる対象であると同時に芸術的現象としての側面も有する。.

新しい!!: 漏洩電磁波と建築物 · 続きを見る »

保安局 (イギリス)

保安局(ほあんきょく、、SS)は、イギリスの国内治安維持に責任を有する情報機関である。MI5(Military Intelligence Section 5、軍情報部第5課)として知られている。本部はロンドンミルバンク11番、テムズハウス。 内務大臣の管轄下にあるが、内務省との組織上のつながりはない。また、、スパイやテロリストの逮捕は、ロンドン警視庁(スコットランドヤード)が担当する。.

新しい!!: 漏洩電磁波と保安局 (イギリス) · 続きを見る »

マイクロ波

マイクロ波(マイクロは、Microwave)は、電波の周波数による分類の一つである。「マイクロ」は、電波の中で最も短い波長域であることを意味する。.

新しい!!: 漏洩電磁波とマイクロ波 · 続きを見る »

ユニバーサル・シリアル・バス

USBコネクタ(A端子) ユニバーサル・シリアル・バス(、略称:USB、ユーエスビー)は、コンピュータ等の情報機器に周辺機器を接続するためのシリアルバス規格の1つである。.

新しい!!: 漏洩電磁波とユニバーサル・シリアル・バス · 続きを見る »

パラボラアンテナ

多重無線用のパラボラアンテナ 衛星通信用のパラボラアンテナ パラボラアンテナの動作原理 パラボラアンテナ(parabolic antenna, parabola antenna)は、放物曲面をした反射器(放物面反射器 parabolic reflector)を持つ凹型アンテナ。形状からディッシュアンテナ(dish:皿)ともいう。.

新しい!!: 漏洩電磁波とパラボラアンテナ · 続きを見る »

ディスプレイ (コンピュータ)

ディスプレイ(display) はモニタ (monitor) ともいい、コンピュータなどの機器から出力される静止画または動画の映像信号を表示する機器である。.

新しい!!: 漏洩電磁波とディスプレイ (コンピュータ) · 続きを見る »

アメリカ国家安全保障局

CSSの紋章。右上から時計回りに陸軍情報保全コマンド、合衆国海兵隊、海軍保安部、合衆国沿岸警備隊、空軍情報・監視・偵察局のそれぞれの紋章が並び、中央にNSAの紋章がある アメリカ国家安全保障局(アメリカこっかあんぜんほしょうきょく、National Security Agency:NSA)は、アメリカ国防総省の諜報機関である。.

新しい!!: 漏洩電磁波とアメリカ国家安全保障局 · 続きを見る »

アンテナ

アンテナ(antenna)とは、高周波エネルギーを電波(電磁波)として空間に放射(送信)したり、逆に空間の電波(電磁波)を高周波エネルギーへ相互に変換(受信)する装置のことで、日本語だと空中線と呼ばれ、英語における本来の意味だと昆虫の触角を意味している。  アンテナは、その用途から送信用と受信用に分けられるが、可逆性を備えている物なら送受信の兼用が可能である。.

新しい!!: 漏洩電磁波とアンテナ · 続きを見る »

アイヴィー・ベル

アイヴィー・ベル (Ivy Bells) とは、アメリカ海軍と国家安全保障局(NSA)が1970年代から1980年代に掛けてオホーツク海で実施していた、ソ連軍の海底ケーブル盗聴作戦のコードネーム。 アメリカ海軍の原潜ハリバットがオホーツク海に忍び込み、ソ連軍の海底ケーブルに盗聴器を設置する方法がとられていた。盗聴器は海底ケーブルから外側に漏洩する電磁波を受信して内容を記録するので、ケーブルに直接接触する必要がない。受信した通話内容は盗聴器のテープに記録され、定期的にアメリカ海軍の原潜がそれを回収する方法が採られた。この作戦は多大な成果を収め、アメリカ軍が持つ最高レベルの情報源と位置づけられたが、元NSA職員のロナルド・ペルトンが金銭目的で作戦の存在をソ連側に知らせたため、ソ連が海底から盗聴器を発見・揚収した事から、作戦中止に追い込まれた。この時、揚収された盗聴装置は、現在モスクワ市内で展示されている。 尚、バレンツ海で展開されていた同様の作戦は、その後も継続して実施されたと言われる。 このような特殊任務用に以下の艦が改修を受けている。.

新しい!!: 漏洩電磁波とアイヴィー・ベル · 続きを見る »

アキハバラ@DEEP

『アキハバラ@DEEP』(アキハバラアットディープ)は、石田衣良の長編小説。および、これを原作とした漫画、テレビドラマ、映画。 秋葉原を舞台に、若者たちの活躍を描いている。 小説は『別冊文藝春秋』2002年1月号 - 2004年7月号に連載され、2004年に文藝春秋から刊行された。.

新しい!!: 漏洩電磁波とアキハバラ@DEEP · 続きを見る »

エドワード・スノーデン

ドワード・ジョセフ・スノーデン(Edward Joseph Snowden、1983年6月21日 - )は、アメリカ国家安全保障局 (NSA) および中央情報局 (CIA) の元局員である。NSAで請負仕事をしていたアメリカ合衆国のコンサルタント会社「ブーズ・アレン・ハミルトン」のシステム分析官として、アメリカ合衆国連邦政府による情報収集活動に関わった。 2013年6月に、香港で複数の新聞社(ガーディアン、ワシントン・ポストおよびサウスチャイナ・モーニング・ポスト)の取材やインタビューを受け、これらのメディアを通じてNSAによる個人情報収集の手口を告発したことで知られる(PRISM)。 2013年6月22日、米司法当局により逮捕命令が出され、エクアドルなど第三国への亡命を検討しているとされていたが、同年8月1日にロシア移民局から期限付きの滞在許可証が発給されロシアに滞在中である。2014年1月、ノルウェーの元環境大臣からノーベル平和賞候補に推薦された。.

新しい!!: 漏洩電磁波とエドワード・スノーデン · 続きを見る »

キーロガー

ーロガー(Keylogger、またはKeystroke logging)とは、コンピュータ(パーソナルコンピュータ)へのキー入力を監視してそれを記録するソフトウェアもしくはハードウェアである。.

新しい!!: 漏洩電磁波とキーロガー · 続きを見る »

キーボード (コンピュータ)

米国で主流の101拡張キーボード (IBM Model M) オリジナルのIBM PCのキーボード キーボード(Keyboard)は、コンピュータへの入力機器の一つであり、手指でキーを押すことでコンピュータへ文字信号などを送信するもの。鍵盤(けんばん)と呼ばれることもある。様々なソフトウェア上で文字入力を基本とした機器であるが、コンピュータ (OS) の操作全般にも用いられる。.

新しい!!: 漏洩電磁波とキーボード (コンピュータ) · 続きを見る »

クラッキング (コンピューター用語)

ラッキング(クラック、Cracking)とは、コンピュータネットワークに繋がれたシステムへ不正に侵入したり、コンピュータシステムを破壊・改竄するなど、コンピュータを不正に利用すること。 オンライン登録やシリアルチェックをスキップして使用するなど、悪用の目的でアプリケーションソフトウェアを改変する行為もクラッキングと呼ぶ。.

新しい!!: 漏洩電磁波とクラッキング (コンピューター用語) · 続きを見る »

スペクトラム拡散

無線LAN、Bluetoothのスペクトラム拡散 スペクトラム拡散(スペクトラムかくさん、spread spectrum、SS)は、通信の信号を本来よりも広い帯域に拡散して通信する技術。無線通信に多く用いられる。「スペクトル拡散」、「周波数拡散」とも言う。.

新しい!!: 漏洩電磁波とスペクトラム拡散 · 続きを見る »

スーパーヘテロダイン受信機

ーパーヘテロダイン受信機()は、ヘテロダインにより、受信した電波を一旦中間周波数の信号に変換する方式(スーパーヘテロダイン方式)を使った受信機のこと。スーパーヘテロダイン方式は、ラジオやテレビの受信機で性能の高い方法として使われる。.

新しい!!: 漏洩電磁波とスーパーヘテロダイン受信機 · 続きを見る »

ソーシャル・エンジニアリング

ーシャル・エンジニアリング(英語:social engineering)とは、人間の心理的な隙や、行動のミスにつけ込んで個人が持つ秘密情報を入手する方法のこと。あるいはプライベートな集団や政府といった大規模な集団における、大衆の姿勢や社会的なふるまいの影響への働きかけを研究する学問である(Social engineering: 社会工学)。なお、今日喧しいフィッシングやスキミングは、行為自体はコンピュータ内で閉じているが、人間心理的な隙をついている点では同様である。 元来は、コンピュータ用語で、コンピュータウイルスやスパイウェアなどを用いない(つまりコンピュータ本体に被害を加えない方法)で、パスワードを入手し不正に侵入(クラッキング)するのが目的。この意味で使用される場合はソーシャルハッキング(ソーシャルハック)、ソーシャルクラッキングとも言う。 ソーシャル・エンジニアリングには以下のような方法が、よく用いられる。.

新しい!!: 漏洩電磁波とソーシャル・エンジニアリング · 続きを見る »

サイドチャネル攻撃

イドチャネル攻撃(サイドチャネルこうげき、)とは、暗号装置の動作状況を様々な物理的手段で観察することにより、装置内部のセンシティブな情報を取得しようとする攻撃(暗号解読)方法の総称である。.

新しい!!: 漏洩電磁波とサイドチャネル攻撃 · 続きを見る »

光ケーブル

光ケーブル(ひかりケーブル、Optical fiber Cable)、または光ファイバーケーブルは光ファイバー(光ファイバー心線、光ファイバーコード)にシースと呼ばれる保護被覆を施したケーブルの事である。.

新しい!!: 漏洩電磁波と光ケーブル · 続きを見る »

回路設計

回路設計(かいろせっけい)とは、回路の設計を行うこと。.

新しい!!: 漏洩電磁波と回路設計 · 続きを見る »

新年

新年(しんねん、)は世界各地で使われている暦年の新しい年の始めをいう。学年、会計年度上の新年という場合もある。.

新しい!!: 漏洩電磁波と新年 · 続きを見る »

石黒耀

石黒 耀(いしぐろ あきら、1954年 - )は小説家・内科医。ペンネームは黒曜石からとったものである。.

新しい!!: 漏洩電磁波と石黒耀 · 続きを見る »

盗聴

盗聴(とうちょう)とは、会話や通信などを、当人らに知られないようにそれらが発する音や声をひそかに聴取・録音する行為である。聴取した音声から様々な情報を収集し、関係者等の動向を探る目的で用いられることもある。.

新しい!!: 漏洩電磁波と盗聴 · 続きを見る »

麻生幾

麻生 幾(あそう いく、1960年 - )は、日本の作家、ジャーナリスト。 本名非公開の覆面作家。「麻生幾」のほか「田中博」など複数のペンネームを使用する。大阪府生まれ。.

新しい!!: 漏洩電磁波と麻生幾 · 続きを見る »

車両

車両(しゃりょう、車輛とも、)は、.

新しい!!: 漏洩電磁波と車両 · 続きを見る »

電子機器

電子機器(electronics、またはelectronic device、electrical equipment)は、電子工学の技術を応用した電気製品。 情報をデジタル処理する機器や、映像・音声を電気的にアナログ処理する機器などが含まれる。.

新しい!!: 漏洩電磁波と電子機器 · 続きを見る »

電磁両立性

電磁両立性(electromagnetic compatibility、EMC)とは、電気・電子機器について、それらから発する電磁妨害波がほかのどのような機器、システムに対しても影響を与えず、またほかの機器、システムからの電磁妨害を受けても自身も満足に動作する耐性である。電磁共存性、電磁的両立性、電磁環境両立性または電磁(環境)適合性とも呼ばれる。.

新しい!!: 漏洩電磁波と電磁両立性 · 続きを見る »

電磁シールド

電磁シールド(でんじシールド)とは、導体製の障壁で二つの場所を仕切って、二つの場所の間を電磁場が流れるのを制限するための処理である。 代表的な例としては、電気装置を外界から隔てるために囲いを設けたり、ケーブルが通る場所の環境から電線を隔てるために、ケーブルにシールドを施したりといったことが挙げられる。 無線周波数の電磁波を遮断するために電磁シールドを用いることは、RF 遮蔽(アールエフしゃへい)としても知られている。 電磁シールドは、電波、電磁場、静電場の結合を低減させることができるが、しかしながら、静磁場や低い周波数の磁場を低減させることはできない(静電場を遮断させるために用いられる導体の囲いはファラデー・ケージとして知られている)。 電磁シールドで低減される量は、シールドに使用する物質、その厚さ、遮蔽する容積と対象とする場の周波数、大きさ、形、遮蔽板の中の入射する電磁場に対する開口部の向きに非常に依存する。.

新しい!!: 漏洩電磁波と電磁シールド · 続きを見る »

電磁波

電磁波(でんじは )は、空間の電場と磁場の変化によって形成される波(波動)である。いわゆる光(赤外線、可視光線、紫外線)や電波は電磁波の一種である。電磁放射()とも呼ばれる。現代科学において電磁波は波と粒子の性質を持つとされ、波長の違いにより様々な呼称や性質を持つ。通信から医療に至るまで数多くの分野で用いられている。 電磁波は波であるので、散乱や屈折、反射、また回折や干渉などの現象を起こし、 波長によって様々な性質を示す。このことは特に観測技術で利用されている。 微視的には、電磁波は光子と呼ばれる量子力学的な粒子であり、物体が何らかの方法でエネルギーを失うと、それが光子として放出される。また、光子を吸収することで物体はエネルギーを得る。.

新しい!!: 漏洩電磁波と電磁波 · 続きを見る »

電波暗室

電波暗室(でんぱあんしつ、英:Anechoic chamber)とは、外部からの電磁波の影響を受けず、かつ外部に電磁波を漏らさず、さらに内部で電磁波が反射しないように設計・施工されたシールド空間のことである。したがって、周囲の電波環境に影響されない空間である 日本航空電子。 無線機器の実験やEMC計測などに使用する特殊な実験室である。電波無響室とも呼ぶ。.

新しい!!: 漏洩電磁波と電波暗室 · 続きを見る »

死都日本

『死都日本』(しとにっぽん)とは2002年に刊行された石黒耀による小説である。石黒のデビュー作である。 『カグツチ』として漫画化された。.

新しい!!: 漏洩電磁波と死都日本 · 続きを見る »

液晶ディスプレイ

液晶ディスプレイ(えきしょうディスプレイ、liquid crystal display、LCD)は、液晶組成物を利用する平面状で薄型の視覚表示装置をいう。それ自体発光しない液晶組成物を利用して光を変調することにより表示が行われている。.

新しい!!: 漏洩電磁波と液晶ディスプレイ · 続きを見る »

漫画

漫画(まんが、(コミック)、cartoon、manga)とは、狭い定義では笑いを企図した絵をいい、「戯画(カリカチュア)」の概念と近い。広い定義では、必ずしも笑いを目的としない「劇画」「ストーリー漫画」「落書き」「アニメ」なども含み、幅広い意味を持つ。 日本では明治時代に輸入された"comic"、"cartoon"日本漫画家協会の英称はTHE JAPAN CARTOONISTS ASSOCIATIONであり、マンガ大賞の英称もCartoon grand prizeである。の日本語訳として「漫画」という言葉を北澤楽天や今泉一瓢が使用したことに始まって以後、漫画はcomicと同義として扱われる様になり、その意味での「漫画」が昭和初期に普及し、現代における漫画という語へ定着するようになった。本項では、日本の漫画のみではなく、漫画全般について説明する。.

新しい!!: 漏洩電磁波と漫画 · 続きを見る »

新情報セキュリティ技術研究会

新情報セキュリティ技術研究会(しんじょうほうセキュリティぎじゅつけんきゅうかい、略称 IST)とは、 2001年9月27日に設立された、電磁波対策のための民間団体である。NTTデータをはじめとする40数社のIT関連企業、および大学関係者が参加している。 情報機器から漏出する、微弱な電磁波から情報が漏洩する可能性、また、外部から強い電磁波をあてることで情報機器を誤動作させられる可能性について、関係する情報の調査、技術の検討と対策、社会への啓蒙を目的としている。.

新しい!!: 漏洩電磁波と新情報セキュリティ技術研究会 · 続きを見る »

2018年

この項目では、国際的な視点に基づいた2018年について記載する。.

新しい!!: 漏洩電磁波と2018年 · 続きを見る »

2019年

この項目では、国際的な視点に基づいた2019年について記載する。.

新しい!!: 漏洩電磁波と2019年 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

電磁波盗聴

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »