ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

準衛星

索引 準衛星

地球の準衛星2002 AA29の軌道 - 太陽 (Sol) から見ると、地球 (Tierra) と2002 AA29はほぼ同一の軌道にある2つの天体に見える。一方地球からは、2002 AA29は地球を周回する衛星のように見える。 準衛星(じゅんえいせい、英: quasi-satellite)あるいは擬似衛星(ぎじえいせい)とは、ある惑星から観察するとその惑星を周回しているように見える小天体である(理論上は彗星も考えられるが発見されているのは小惑星のみである)。 準衛星は地球などのある惑星と全く同一の公転周期で恒星を周回する。そのため、惑星から見れば公転周期でもとの場所に戻るため、惑星の周りを公転しているように見える。しかし、力学的には惑星ではなく太陽の周りを回っており、惑星のヒル圏には属しておらず、衛星ではない。 通常は離心率が大きい楕円軌道を取る。近日点付近では惑星を追い越し、惑星の前方で惑星軌道の外側に出、遠日点付近では惑星に追い抜かれ、惑星の後方で惑星軌道の内側に入る。これを惑星の公転と共に回転する座標系から見れば、惑星を周る細長い楕円軌道を通っているように見えるが、絶対座標から見れば惑星からほぼ同じ方向にあり、少しずれて太陽の周りを回っているだけである。 トロヤ群も、惑星と同じ公転周期であり、似た軌道の特徴を持つ。しかし、惑星から見て同じ方向にあり、惑星から距離があることもあり、準衛星ではない。.

27 関係: 天王星太陽系小天体小惑星小惑星の衛星彗星土星地球トロヤ群トゥルク大学ヒル球フォボス2号イジュドゥバルクルースン公転周期衛星軌道共鳴英語離心率S/2001 (66063) 1YORP (小惑星)木星月以外の地球の衛星惑星海王星海王星のトロヤ群1989年1月29日

天王星

天王星(てんのうせい、Uranus)は、太陽系の太陽に近い方から7番目の惑星である。太陽系の惑星の中で木星・土星に次ぎ、3番目に大きい。1781年3月13日、イギリスの天文学者ウィリアム・ハーシェルにより発見された。名称のUranusは、ギリシア神話における天の神ウーラノス(Ουρανός、ラテン文字転写: Ouranos)のラテン語形である。 最大等級+5.6等のため、地球最接近時は肉眼で見えることもある。のちにハーシェル以前に恒星として20回以上の観測記録(肉眼観測も含む)があることが判明した。.

新しい!!: 準衛星と天王星 · 続きを見る »

太陽系小天体

太陽系小天体(たいようけいしょうてんたい)とは、太陽の周りをまわる天体のうち、惑星と準惑星を除くすべての天体のことである。太陽系外縁天体(冥王星型天体を除く)や従来の小惑星、彗星、惑星間塵などが該当する。.

新しい!!: 準衛星と太陽系小天体 · 続きを見る »

小惑星

光分(左)と天文単位(右)。 ケレス(右)、そして火星(下)。小さな物ほど不規則な形状になっている。 メインベルト小惑星の分布。縦軸は軌道傾斜角。 軌道長半径 6 AU までの小惑星の分布。縦軸は軌道傾斜角。赤い点はメインベルト小惑星。 小惑星(しょうわくせい、独: 英: Asteroid)は、太陽系小天体のうち、星像に拡散成分がないものの総称。拡散成分(コマやそこから流出した尾)があるものは彗星と呼ばれる。.

新しい!!: 準衛星と小惑星 · 続きを見る »

小惑星の衛星

小惑星の衛星(しょうわくせいのえいせい)とは、小惑星を周回する天体である。多くの小惑星が衛星を持っていると考えられている。連小惑星(連星小惑星)または二重小惑星と呼ばれることがあるが、この名称は本体と衛星がほぼ同じ大きさのものに限られる。なお、下記の一覧には準惑星の衛星も含まれている。.

新しい!!: 準衛星と小惑星の衛星 · 続きを見る »

彗星

アメリカ合衆国アリゾナ州のカタリナ天文台で1974年11月1日に撮影されたコホーテク彗星 クロアチアのパジンで1997年3月29日に撮影されたヘール・ボップ彗星 彗星(すいせい、comet)は、太陽系小天体のうち主に氷や塵などでできており、太陽に近づいて一時的な大気であるコマや、コマの物質が流出した尾(テイル)を生じるものを指す。.

新しい!!: 準衛星と彗星 · 続きを見る »

土星

土星(どせい、、、)は、太陽から6番目の、太陽系の中では木星に次いで2番目に大きな惑星である。巨大ガス惑星に属する土星の平均半径は地球の約9倍に当る。平均密度は地球の1/8に過ぎないため、巨大な体積の割りに質量は地球の95倍程度である。そのため、木星型惑星の一種とされている。 土星の内部には鉄やニッケルおよびシリコンと酸素の化合物である岩石から成る中心核があり、そのまわりを金属水素が厚く覆っていると考えられ、中間層には液体の水素とヘリウムが、その外側はガスが取り巻いている。 惑星表面は、最上部にあるアンモニアの結晶に由来する白や黄色の縞が見られる。金属水素層で生じる電流が作り出す土星の固有磁場は地球磁場よりも若干弱く、木星磁場の1/12程度である。外側の大気は変化が少なく色彩の差異も無いが、長く持続する特徴が現れる事もある。風速は木星を上回る1800km/hに達するが、海王星程ではない。 土星は恒常的な環を持ち、9つが主要なリング状、3つが不定的な円弧である。これらはほとんどが氷の小片であり、岩石のデブリや宇宙塵も含まれる。知られている限り62個の衛星を持ち、うち53個には固有名詞がついている。これにはリングの中に存在する何百という小衛星(ムーンレット)は含まれない。タイタンは土星最大で太陽系全体でも2番目に大きな衛星であり、水星よりも大きく、衛星としては太陽系でただひとつ有意な大気を纏っている。 日本語で当該太陽系第六惑星を「土星」と呼ぶ由来は、古代中国において五惑星が五行説に当てはめて考えられた際、この星に土徳が配当されたからである。英語名サターンはローマ神話の農耕神サートゥルヌスに由来する。.

新しい!!: 準衛星と土星 · 続きを見る »

地球

地球(ちきゅう、Terra、Earth)とは、人類など多くの生命体が生存する天体である広辞苑 第五版 p. 1706.。太陽系にある惑星の1つ。太陽から3番目に近く、表面に水、空気中に酸素を大量に蓄え、多様な生物が生存することを特徴とする惑星である。.

新しい!!: 準衛星と地球 · 続きを見る »

トロヤ群

トロヤ群(トロヤぐん、英語:Trojan asteroid)は、惑星の公転軌道上の、太陽から見てその惑星に対して60度前方あるいは60度後方、すなわちラグランジュ点L4・L5付近を運動する小惑星のグループである。 単に「トロヤ群」という場合は通常「木星のトロヤ群」を意味する。(詳細は上記項目を参照。本項は簡単に記すだけにする。).

新しい!!: 準衛星とトロヤ群 · 続きを見る »

トゥルク大学

トゥルク大学(University of Turku, Turun yliopisto, Åbo universitet)はフィンランド南西部の都市トゥルクにある大学。1920年に設立されたフィンランドで2番目に大きい大学である。生徒数は約18,000。欧州大学連盟「コインブラ・グループ」の加盟校である。.

新しい!!: 準衛星とトゥルク大学 · 続きを見る »

ヒル球

ヒル球(Hill sphere)とは、天体力学の分野で、重い天体のまわりを公転する天体の重力が及ぶ範囲を示す。2天体に対し第3の天体の質量が無視できるくらい少ない場合に、第1の天体の摂動を受けながら第2の天体の周りを運動する第3の微小天体がいつまでも第2の天体の周りにとどまるような領域を言う。アメリカの天文学者ジョージ・ウィリアム・ヒルにより求められた。同様の解析をフランスのエドゥアール・ロシュも独立して行ったので、ロシュ球と呼ばれることもある。.

新しい!!: 準衛星とヒル球 · 続きを見る »

フォボス2号

フォボス2号(Фобос-2)は1988年にソビエト連邦が打ち上げた火星探査機。火星とその衛星フォボスを調査したが、観測中に交信が途絶えたため不完全な成果しか収められなかった。同型機としてフォボス1号がある。.

新しい!!: 準衛星とフォボス2号 · 続きを見る »

イジュドゥバル

イジュドゥバル(英語:10563 Izhdubar)は、地球近傍小惑星のうちのアポロ群に分類されている、太陽を公転する小惑星の1つである。1993年11月19日にキャロライン・シューメーカーとユージン・シューメーカーとが、パロマー天文台で発見した。 発見当初は「1993WD」という仮符号が与えられていた。イジュドゥバルという名は、古代カルデアにおける太陽神に由来する。 イジュドゥバルは、地球と比較的似た公転周期(約369日)で太陽を周回している。このため、イジュドゥバルは2013年現在の公転軌道を維持している限り、地球上から観測すると、一時的に準衛星として見える小惑星の1つとして数えられている。.

新しい!!: 準衛星とイジュドゥバル · 続きを見る »

クルースン

ルースン (3753 Cruithne)(日本ではほかにクルイシン、クルイーニャ、クルーフニェ、クルイニェなどの表記がある)は太陽系の地球近傍小惑星(アテン群)であり、地球に沿った軌道を持つ(一部に地球の自然衛星であると唱える者もいるが事実ではない)。 1986年10月10日、オーストラリアのクーナバラブラン市にあるサイディング・スプリング天文台において、ダンカン・ワルドロン (J. Duncan Waldron) がロバート・マクノート、マルコム・ハートレイ、マイケル・ホーキンスらと共に発見した。その後、1983年にチリのヨーロッパ南天天文台で発見された1983 UHと同一であることが判った。.

新しい!!: 準衛星とクルースン · 続きを見る »

公転周期

公転周期(こうてんしゅうき、英語:orbital period)とはある天体(母天体)の周囲を公転する天体が母天体を1公転するのに要する時間のこと。日本語では軌道周期とも呼ばれる。 太陽の周囲を公転する天体や月の場合、目的によって以下のように定義の異なるいくつかの周期が用いられる。.

新しい!!: 準衛星と公転周期 · 続きを見る »

衛星

主要な衛星の大きさ比較 衛星(えいせい、natural satellite)は、惑星や準惑星・小惑星の周りを公転する天然の天体。ただし、惑星の環などを構成する氷や岩石などの小天体は、普通は衛星とは呼ばれない。.

新しい!!: 準衛星と衛星 · 続きを見る »

軌道共鳴

軌道共鳴(きどうきょうめい、orbital resonance)とは、天体力学において、公転運動を行なう二つの天体が互いに規則的・周期的に重力を及ぼし合う結果、両者の公転周期が簡単な整数比になる現象である。公転周期がこのような整数比になっている状態を尽数関係 (commensurability) と呼ぶ。尽数とは有理数の古い呼び名である。.

新しい!!: 準衛星と軌道共鳴 · 続きを見る »

英語

アメリカ英語とイギリス英語は特徴がある 英語(えいご、)は、イ・ヨーロッパ語族のゲルマン語派に属し、イギリス・イングランド地方を発祥とする言語である。.

新しい!!: 準衛星と英語 · 続きを見る »

離心率

離心率(りしんりつ)とは、円錐曲線(二次曲線)の特徴を示す数値のひとつである。.

新しい!!: 準衛星と離心率 · 続きを見る »

S/2001 (66063) 1

S/2001 (66063) 1とは、アテン群に属する地球近傍小惑星を公転する衛星である。.

新しい!!: 準衛星とS/2001 (66063) 1 · 続きを見る »

YORP (小惑星)

YORP とは、アポロ群に属する地球近傍小惑星の1つ。地球の準衛星の1つでもある。2000年8月3日にリンカーン地球近傍小惑星探査によって発見された。.

新しい!!: 準衛星とYORP (小惑星) · 続きを見る »

木星

記載なし。

新しい!!: 準衛星と木星 · 続きを見る »

月以外の地球の衛星

月以外の地球の衛星(つきいがいのちきゅうのえいせい)では、地球を中心に公転する月以外の自然衛星について述べる。 過去に様々な「第2の月」の存在が提唱されたが、全て反証され否定された。2014年2月現在、地球に存在する自然衛星は月のみである。また、一時的に地球の周回軌道に入ったことのある天然の天体で、2014年2月までに実際に観測されたのは の1例のみである。.

新しい!!: 準衛星と月以外の地球の衛星 · 続きを見る »

惑星

惑星(わくせい、πλανήτης、planeta、planet)とは、恒星の周りを回る天体のうち、比較的低質量のものをいう。正確には、褐色矮星の理論的下限質量(木星質量の十数倍程度)よりも質量の低いものを指す。ただし太陽の周りを回る天体については、これに加えて後述の定義を満たすものだけが惑星である。英語 planet の語源はギリシア語のプラネテス(さまよう者、放浪者などの意。IPA: /planítis/ )。 宇宙のスケールから見れば惑星が全体に影響を与える事はほとんど無く、宇宙形成論からすれば考慮の必要はほとんど無い。だが、天体の中では非常に多種多様で複雑なものである。そのため、天文学だけでなく地質学・化学・生物学などの学問分野では重要な対象となっている別冊日経サイエンス167、p.106-117、系外惑星が語る惑星系の起源、Douglas N. C.Lin。.

新しい!!: 準衛星と惑星 · 続きを見る »

海王星

海王星(かいおうせい、Neptunus、Neptune)は、太陽系の太陽に近い方から8番目の惑星である。太陽系惑星の中では最も太陽から遠い位置を公転している。名称のNeptuneは、ローマ神話における海神ネプトゥーヌスにちなむ。.

新しい!!: 準衛星と海王星 · 続きを見る »

海王星のトロヤ群

4ラグランジュ点のトロヤ群 海王星のトロヤ群(Neptune trojan)は、海王星とほぼ同じ軌道を同じ周期で公転する小惑星である。現在、海王星のトロヤ群は9つが知られており、そのうち6つは、海王星を60°先行する太陽-海王星系のLラグランジュ点、3つは海王星から60°後方に位置するLラグランジュ点に存在する。海王星のトロヤ群は、木星のトロヤ群に習って「トロヤ群」という用語が用いられている。 大きな軌道傾斜角を持つの発見は、トロヤ群の「厚い」雲の可能性を示す意味で重要であった(木星のトロヤ群の軌道傾斜角は最大40°である)。これは、衝突による形成ではなく、凍結による捕獲を示す。半径100km程度の大きな海王星のトロヤ群は、木星のトロヤ群と比べて何桁も多い可能性があると考えられた E. I. Chiang and Y. Lithwick Neptune Trojans as a Testbed for Planet Formation, The Astrophysical Journal, 628, pp.

新しい!!: 準衛星と海王星のトロヤ群 · 続きを見る »

1989年

この項目では、国際的な視点に基づいた1989年について記載する。.

新しい!!: 準衛星と1989年 · 続きを見る »

1月29日

1月29日(いちがつにじゅうくにち)は、グレゴリオ暦で年始から29日目に当たり、年末まであと336日(閏年では337日)ある。.

新しい!!: 準衛星と1月29日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

擬似衛星

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »