ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

湾岸戦争

索引 湾岸戦争

湾岸戦争(わんがんせんそう、Gulf War、حرب الخليج الثانية)は、1990年8月2日のイラクによるクウェート侵攻をきっかけに、国際連合が多国籍軍(連合軍)の派遣を決定し、1991年1月17日にイラクを空爆して始まった戦争である。.

323 関係: A-10 (航空機)A-6 (航空機)A-7 (航空機)AC-130AH-1 コブラAH-64 アパッチALCM (ミサイル)AMX-30劣化ウラン弾労働原油停戦偵察衛星偵察機偵察戦闘車反米反戦運動参議院同士討ち士気多国籍軍大韓民国大量破壊兵器外務大臣 (日本)外務省宣戦布告富裕層寄付巡航ミサイル左翼中山太郎中上健次中東中東調査会中東戦争人間の盾介護福祉士休戦協定佐々木良昭地対地ミサイル地中貫通爆弾地雷医師ペルシア湾ペンシルベニア州ナイラ証言ミラージュF1 (戦闘機)ミズーリ (戦艦)ミサイル防衛ミサイル艇...ノルウェーマルタ会談マロン典礼カトリック教会ノーマン・シュワルツコフマーガレット・サッチャーマディーナチャレンジャー1チェコスロバキアネイチャーハマド・ビン・ハリーファ・アール=サーニーハンヴィーハンドレページ ヴィクターハンガリーハト派バレルバングラデシュバーレーンバアス党バアス党政権 (イラク)バギー (自動車)バグダードバスラ県ポルトガルポーランドムジャーヒディーンメッカモロッコモンキーモデルヤーセル・アラファートユダヤ教ルマイラ油田レバノン内戦レバノン軍レバノン軍団ワシントン・ポストトマホーク (ミサイル)トルコトーネード IDSブライアン・マルルーニーブリティッシュ・エアウェイズブビヤン島パレスチナパレスチナ問題パレスチナ解放機構パトリオットミサイルパキスタンテルアビブデンマークディック・チェイニーフランスファハド・ビン=アブドゥルアズィーズファイラカ島ドイツニュージーランドニジェールホンジュラスホスニー・ムバーラクベル 214STベルギー制空権アメリカ同時多発テロ事件アメリカ合衆国アメリカ合衆国ドルアメリカ合衆国国務省アメリカ大使館爆破事件アメリカ中央軍アメリカ国防総省アメリカ空軍アメリカ空軍大学アメリカ軍アメリカ陸軍アメリカ海軍アラブ世界アラブ首長国連邦アラブ連盟アリー・ハサン・アル=マジードアル・フセイン (ミサイル)アルカーイダアルゼンチンアレクサンドリアアンディ・マクナブアブドゥッラー・ビン・アブドゥルアズィーズアフガニスタンアフガニスタン紛争 (2001年-)イランイラン・イラク戦争イラクイラク武装解除問題イラク治安部隊イラク戦争イッザト・イブラーヒームイエメンイギリスイギリス空軍イギリス軍イスラム原理主義イスラム世界イスラム共和制イスラム教イスラエルイスラエル諜報特務庁イタリアウィスコンシン (戦艦)ウォーリア装甲戦闘車ウサーマ・ビン・ラーディンエバーグリーン航空エルサレムエアランド・バトルエジプトオマーンオランダオーストラリアオックスフォードオスロ合意カナダカチューシャ (兵器)カタールガンビアガスマスクキリスト教キング・ハリド軍事都市ギリシャクラスター爆弾クリス・ライアンクルド人クウェートクウェート侵攻クウェート共和国グローバル・ポジショニング・システムケニアコリン・パウエルコール (ミサイル駆逐艦)シリアシーア派シェイク・ファハド・アル=サバーハジャービル・アル=アフマド・アッ=サバーハジョン・メージャージョージ・H・W・ブッシュジッダスペインスポーツと平和の祭典ステルス機スカッドセネガルソーティソビエト連邦ターリバーンターリク・ミハイル・アズィーズサーモグラフィーサッダーム・フセインサウード家サウード・ナシール・アル・サーウド・アル=サバーサウジアラビアサザン・ウォッチ作戦冷戦共和国防衛隊回転翼機国際原子力機関国際協力機構国際連合国際連合安全保障理事会国際連合安全保障理事会決議国際連合安全保障理事会決議660国際連合安全保障理事会決議661国際連合安全保障理事会決議678国際連合安全保障理事会決議687国際連合平和維持活動国際連合平和維持活動等に対する協力に関する法律国連軍B-52 (航空機)BLU-82BMP-1BMP-2BRDM-2BTR-50BTR-60C-130 (航空機)C-141 (航空機)C-17 (航空機)CH-47 (航空機)石油石油輸出国機構石油流出現代 (時代区分)砂漠の盾作戦禁輸空襲第2次海部内閣 (改造)第5艦隊 (アメリカ軍)米艦コール襲撃事件看護爆撃機統制経済為替田中康夫特命全権大使特殊空挺部隊E-2 (航空機)E-3 (航空機)革命指導評議会装甲兵員輸送車装甲車西アジア・中東史誘導爆弾鶴見俊輔軍事同盟輸送機航空ファン (雑誌)鈴木正文 (編集者)防衛省自由民主党 (日本)自衛隊自衛隊ペルシャ湾派遣自衛隊海外派遣難民F-111 (航空機)F-117 (航空機)F-14 (戦闘機)F-15 (戦闘機)F-15E (航空機)F/A-18 (航空機)H-6 (航空機)Il-76 (航空機)J-7 (航空機)M1エイブラムスM728戦闘工兵車Mi-24 (航空機)Mi-8 (航空機)MiG-21 (航空機)MiG-23 (航空機)MiG-25 (航空機)MiG-27 (航空機)MLRSNintendo Entertainment SystemSH-3 シーキングT-54T-55T-62T-72Tu-16 (航空機)Tu-22 (航空機)UH-1 (航空機)柄谷行人掃海艇東京新聞東日本大震災機雷武力行使容認決議歩兵戦闘車死のハイウェイ油田津島佑子湾岸協力会議湾岸戦争に反対する文学者声明湾岸戦争症候群戦争戦車戦闘爆撃機戦闘機海上自衛隊海運文化人日本国政府日本社会党日本航空日本航空の労働組合早期警戒管制機攻撃機1月30日59式戦車63式装甲兵員輸送車69/79式戦車 インデックスを展開 (273 もっと) »

A-10 (航空機)

A-10は、フェアチャイルド・リパブリック社の開発した単座、双発、直線翼を持つアメリカ空軍初の近接航空支援(CAS)専用機。戦車、装甲車その他の地上目標の攻撃と若干の航空阻止により地上軍を支援する任務を担う。 公式な愛称は第二次世界大戦中に対地攻撃で活躍したリパブリック P-47に由来するサンダーボルトII(Thunderbolt II)だが、一般にはメーカーなどでも使われるウォートホッグ(イボイノシシ)やホッグ(ブタ)という渾名が広まっている。 二次任務の前線航空管制機として対地攻撃機の誘導に当たる機体はOA-10と呼称される。.

新しい!!: 湾岸戦争とA-10 (航空機) · 続きを見る »

A-6 (航空機)

A-6は、アメリカ海軍と海兵隊が1963年-1997年までの34年間運用した艦上攻撃機である。ベトナム戦争や湾岸戦争をはじめとする、就役期間中に発生したアメリカ海軍の艦上機が何らかの形で関わったほとんどの戦争や紛争に参加した。愛称はイントルーダー(Intruder)。 派生型にEA-6B プラウラー電子戦機が存在し、EA-6Bは2015年までの45年間運用された。.

新しい!!: 湾岸戦争とA-6 (航空機) · 続きを見る »

A-7 (航空機)

A-7は、アメリカ合衆国のLTV社によって開発された艦上攻撃機である。愛称はコルセアII。.

新しい!!: 湾岸戦争とA-7 (航空機) · 続きを見る »

AC-130

AC-130は、ロッキード・マーティンC-130 ハーキュリーズ輸送機に重火器を搭載できるように改造した対地専用攻撃機である。.

新しい!!: 湾岸戦争とAC-130 · 続きを見る »

AH-1 コブラ

AH-1 コブラ(AH-1 Cobra)は、ベル・ヘリコプター・テキストロン(ベル・エアクラフト)社が開発した、世界初の攻撃ヘリコプターである。.

新しい!!: 湾岸戦争とAH-1 コブラ · 続きを見る »

AH-64 アパッチ

AH-64は、マクドネル・ダグラス社(現ボーイング)が開発した攻撃ヘリコプターである。アパッチ(Apache)の愛称は、アメリカ先住民のアパッチ族に由来する。.

新しい!!: 湾岸戦争とAH-64 アパッチ · 続きを見る »

ALCM (ミサイル)

ALCMは、アメリカ空軍が長距離攻撃スタンドオフ兵器として採用・運用している兵器である。名称は"Air Launch Cruise Missile"の略であり、直訳すると、空中発射巡航ミサイルとなる。制式採用名称はAGM-86で、SRAMの後継ミサイルとして爆撃機に搭載され、運用される。.

新しい!!: 湾岸戦争とALCM (ミサイル) · 続きを見る »

AMX-30

AMX-30は、フランスで開発された戦後第二世代の主力戦車である。.

新しい!!: 湾岸戦争とAMX-30 · 続きを見る »

劣化ウラン弾

劣化ウラン弾(れっかウランだん、Depleted uranium ammunition、略称DU)とは、弾体として劣化ウランを主原料とする合金を使用した弾丸全般を指す。 劣化ウランの比重は約19と大きく、鉄の2.5倍、鉛の1.7倍である。そのため合金化して砲弾に用いると、同サイズ、同速度でより大きな運動エネルギー(質量に比例する)を得られるため、主に対戦車用の砲弾・弾頭として使用される。.

新しい!!: 湾岸戦争と劣化ウラン弾 · 続きを見る »

労働

ルイス・ハインの労働者の写真 労働(ろうどう、Labor)とは、.

新しい!!: 湾岸戦争と労働 · 続きを見る »

原油

原油(げんゆ)は油田から採掘したままの状態で、精製されていない石油をいう。 埋蔵状態としては、油田(地下)、オイルシェール(地下の頁岩に含まれる。)、タールサンド、レークアスファルト等がある。 特に2000年代になってタイトオイル (一般にシェールオイルと呼ばれる) を水圧破砕法で取り出す技術がアメリカで開発され、「シェール革命」と言われるほどの産出量になっている。.

新しい!!: 湾岸戦争と原油 · 続きを見る »

停戦

停戦(ていせん)とは戦争や武力紛争の一時的な停止をいう。.

新しい!!: 湾岸戦争と停戦 · 続きを見る »

偵察衛星

アメリカの偵察衛星 KH-4Bの構造図 偵察衛星(ていさつえいせい)とは、光学機器(望遠レンズ付カメラ)や電波などを用いて、地表を観察し地上へ知らせる軍事目的の人工衛星である。「スパイ衛星」とも言う。.

新しい!!: 湾岸戦争と偵察衛星 · 続きを見る »

偵察機

偵察機(ていさつき、英:surveillance aircraft)は、敵性地域などの状況を把握するために偵察など情報収集を行う軍用機(航空機)のひとつ。基本的に軍隊で軍用機として運用される事が大半だが、なかには情報機関や準軍事組織が運用するものもある。 偵察機は軍用機の種類の中では最も古参であり、史上初めて本格的に軍事転用された航空機として第一次世界大戦に登場した。戦闘機や爆撃機は偵察機から事実上派生したものであり、以降偵察機は軍用機の歴史と共にあった(#歴史)。.

新しい!!: 湾岸戦争と偵察機 · 続きを見る »

偵察戦闘車

偵察戦闘車(ていさつせんとうしゃ, )は、偵察を目的として設計された装甲戦闘車両。威力偵察を主任務とした重武装のものは戦闘偵察車、逆に隠密偵察を主任務とした軽武装のものは単に偵察車()と称されることもある。 偵察戦闘車は、隠密偵察のためにISR(情報・監視・偵察)機材、威力偵察と自衛戦闘のために武装を搭載している。特に威力偵察重視型は、主力の援護に用いられることを考慮して、比較的重武装を施されており、20mm以上の大口径機関砲を搭載しているものも多く、また、大口径のカノン砲を搭載した装輪戦車と呼ばれるものもある。.

新しい!!: 湾岸戦争と偵察戦闘車 · 続きを見る »

反米

反米のロゴ 反米キューバの指導者フィデル・カストロとチェ・ゲバラ ブラジルの反米デモ 反米(はんべい、Anti-Americanism)とは、政治・経済・社会・文化などの面で、アメリカ合衆国に反発したり、アメリカ合衆国を厭悪する感情や主張である。対義語は親米。.

新しい!!: 湾岸戦争と反米 · 続きを見る »

反戦運動

ハリバートンと書かれている) CNDデザインのピースマーク 反戦運動(はんせんうんどう、Anti-war movement.)とは、平和主義の観点から戦争に反対する個人または団体の運動や活動である。平和運動よりもやや狭義で捉えられるが、厳密な区分はない。.

新しい!!: 湾岸戦争と反戦運動 · 続きを見る »

参議院

参議院(さんぎいん、House of Councillors)は、日本の立法府たる国会の議院の一つで、衆議院とともにこれを構成する(日本国憲法第42条)。 両院制を採用する諸国の上院に相当するが、それについて憲法上に明記されているわけではなく、ただ法律案の再可決、予算の議決、内閣総理大臣の指名、内閣不信任決議など参議院に無い又は優越する衆議院の権能がいくつか具体的に規定されている。.

新しい!!: 湾岸戦争と参議院 · 続きを見る »

同士討ち

同士討ち(どうしうち)、御方討ち(みかたうち、味方討ち)、同士戦(どしいくさ)、友軍相撃(ゆうぐんそうげき)、友軍による誤射、誤爆は、武力を有した集団などが、友軍および同盟関係にある兵に対して、誤って攻撃をしかけ、損害を与える状況を指す(実戦のみならず、訓練中でも起こりうる)。。 個人同士(一対一)における相打ちとは意が異なる(相打ちは敵に対しても用いられる語)。意図して同士討ちを行った場合は、これを「裏切り」行為という(精神錯乱時はケースにより解釈が異なる)。古くから同士討ちを行ってしまった場合の責任の取り方(現代でいう軍法・軍規)が定められており、『吾妻鏡』の12世紀末の記述として、鮫島氏が御方討ちをしたため、右手の「指切」に処されたことが載せられており、。.

新しい!!: 湾岸戦争と同士討ち · 続きを見る »

士気

士気(しき、morale)は、一般に部隊の任務を遂行する上で有用な兵員の心理的な積極性や耐久性を指す。 その他、軍事関係以外にも集団組織行動全般での関係者の行動意欲に関わる心理的高揚のバロメーターを表す。.

新しい!!: 湾岸戦争と士気 · 続きを見る »

多国籍軍

多国籍軍(たこくせきぐん、Coalition forces, Multinational force)は、多国籍で構成された軍隊のこと。 確立された詳細な定義はないが、国際連合安全保障理事会決議などの国際合意に基づき各国が各々の裁量・責任において各種活動のために派遣した軍のこととされている。国際連合憲章で規定された国連軍とは異なる。.

新しい!!: 湾岸戦争と多国籍軍 · 続きを見る »

大韓民国

大韓民国(だいかんみんこく、대한민국、漢字: 大韓民國)、通称韓国(かんこく)は、朝鮮半島(韓半島)南部を実効支配する東アジアの共和制国家であり、戦後の冷戦で誕生した分断国家。 憲法上は鴨緑江、豆満江以南の「朝鮮半島及び付属島嶼」全域を領土とするが、現在、北緯38度付近の軍事境界線以北は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の統治下にあり施政権は及んでいない。朝鮮戦争で争った北朝鮮とは1953年に休戦したが、その後も断続的に軍事的対立や小規模な衝突が発生している。 政治面は1980年代半ばまで独裁体制が取られていたが、1987年の民主化宣言によって成立し、現在まで続いている第六共和国憲法に基づく体制は民主主義政体と評価される。 経済面は1960年代前半まで世界最貧国グループにあったため朝鮮戦争で荒廃した韓国は、当時1人あたりの国民所得が日本の5分の1に満たず世界の最貧国に数えられていた。一方、北朝鮮は経済の5カ年計画(*)に成功し、1人あたりの国民所得が韓国の2倍を超えていた。NHKスペシャル 戦後70年 ニッポンの肖像 -世界の中で- 第1回「信頼回復への道」2015年6月19日放送。(*)北朝鮮はソ連型の計画経済を導入した。当時の韓国の一人あたりの国民所得は、日本の五分の一に満たない82ドルで、朝鮮戦争の荒廃から立ち直っておらず、世界の最貧国のひとつだった。NHK さかのぼり日本史「戦後“経済外交”の軌跡」第三回 経済援助 積み残された課題 2012年4月17日放送、キャスター 石澤典夫、解説 学習院大学教授 井上寿一。、独自に資金や技術を調達できなかった岩田勝雄,, 立命館大学コラム「あすへの話題」2006年7月(第44回).

新しい!!: 湾岸戦争と大韓民国 · 続きを見る »

大量破壊兵器

大量破壊兵器(たいりょうはかいへいき、Weapons of mass destruction、略称WMD)とは、人間を大量に殺傷すること、または人工構造物(建造物や船など)に対して多大な破壊をもたらすことが可能な兵器のことを指す。典型的には特に生物兵器、化学兵器、核兵器、放射能兵器の4種類を指すものとして用いられる(放射能兵器を核兵器に含めるとして3種類と数える場合もある)。これらはそれぞれの英語の頭文字を取り、ABC兵器、NBC兵器、NBCR兵器などと総称される。.

新しい!!: 湾岸戦争と大量破壊兵器 · 続きを見る »

外務大臣 (日本)

外務省庁舎 外務大臣(がいむだいじん、)は、日本の外交を担当し、外務省を所管する国務大臣。略称は外相(がいしょう)。現在の外務大臣は、河野太郎(第138代)。.

新しい!!: 湾岸戦争と外務大臣 (日本) · 続きを見る »

外務省

外務省(がいむしょう、Ministry of Foreign Affairs、略称:MOFA)は、日本の行政機関の一つである。 外務省設置法第3条により、「平和で安全な国際社会の維持に寄与するとともに主体的かつ積極的な取組を通じて良好な国際環境の整備を図ること並びに調和ある対外関係を維持し発展させつつ、国際社会における日本国及び日本国民の利益の増進を図ること」を任務とする。.

新しい!!: 湾岸戦争と外務省 · 続きを見る »

宣戦布告

宣戦布告(せんせんふこく、declaration of war)とは、紛争当事者である国家が相手国に対して戦争行為(hostilities) を開始する意思を表明する宣言である。開戦宣言、戦争宣言とも呼ばれる。.

新しい!!: 湾岸戦争と宣戦布告 · 続きを見る »

富裕層

富裕層(ふゆうそう)とは、セグメンテーションのひとつであり、一定以上の比較的大きな経済力や購買力を有する個人・世帯を指し示す。.

新しい!!: 湾岸戦争と富裕層 · 続きを見る »

寄付

寄付(きふ)とは、金銭や財産などを公共事業、公益・福祉・宗教施設などへ無償で提供すること。災害の際に被災地・被災民へ送られる'''義捐金'''・'''義援金'''(ぎえんきん)も寄付の一つである。経済において、寄付は福祉に係る費用の一部を担う重要な経済活動でもある。また、教育機関(学校や博物館、図書館など)や医療機関などに寄付することを寄贈(きそう・きぞう)、宗教施設に寄付することを寄進(きしん)と称することもある。 寄付は、寄付者が自らの意思に基づき金銭・財産を対象機関・施設へ無償で供与することで行われる。寄付の多くは、公共事業や公益機関、福祉機関、医療機関、教育機関、宗教施設などに対して行われている。これらの事業・機関・施設は、公共的・公益的な社会役割を担っているが、安定した収入源を持たず、そのため、寄付を主要な収入源の一つとしていることが多い。世界の多くの地域では、寄付が福祉の一部を担っており、社会の中で重要な地位を占めている。 一企業が個人から寄付金を集め、赤十字などの他団体へ寄付するという行為が存在する。この時、企業は寄付金を利用して寄附金控除を行い自身の法人税の節約を行っている。 なお、法律用語で使われる「寄附行為」は、財団における基本規則(「定款」に相当する)のことを指す。たとえば財団法人日本相撲協会では勝負規定を寄附行為細則の一部として定めている。語源については諸説あり、詳しくは寄附行為#語源を参照してね。.

新しい!!: 湾岸戦争と寄付 · 続きを見る »

巡航ミサイル

巡航ミサイル(じゅんこうミサイル、cruise missile)は、飛行機のように翼とジェットエンジンで水平飛行するミサイルである。.

新しい!!: 湾岸戦争と巡航ミサイル · 続きを見る »

左翼

左翼(さよく、英:left-wing, the Left)または左派(さは)は、政治においては通常、「より平等な社会を目指すための社会変革を支持する層」を指すとされる。「左翼」は急進的、革新的、また、革命的な政治勢力や人を指し、社会主義的、共産主義的傾向の人や団体をさす。 対義語は「右翼」「右派」である。ただし右派の対義語として用いられる左派は、右翼ないし保守勢力の中で相対的に穏健・漸進的な立場を指す場合がありうる。.

新しい!!: 湾岸戦争と左翼 · 続きを見る »

中山太郎

中山 太郎(なかやま たろう、1924年(大正13年)8月27日 - )は、日本の政治家、医師。勲等は勲一等旭日大綬章、学位は医学博士(大阪医科大学)。 外務大臣(第117・118代)、総理府総務長官(第30代)、沖縄開発庁長官(第11代)、衆議院憲法調査会長、衆議院議員(7期)、参議院議員(3期)、大阪府議会議員(4期)等を歴任した。 父は戦前に衆議院議員、戦後に参議院議員を務めた中山福蔵。日本で初めて女性で閣僚(厚生大臣)を務めた中山マサは母。弟に建設大臣を務めた中山正暉がおり、長男は第一三共の代表取締役兼CEOである中山譲治、甥に衆議院議員の中山泰秀がいる。.

新しい!!: 湾岸戦争と中山太郎 · 続きを見る »

中上健次

中上 健次(なかがみ けんじ、本名同じ、結婚前までは「なかうえ」、1946年8月2日 - 1992年8月12日)は、日本の小説家。和歌山県新宮市生まれ。和歌山県立新宮高等学校卒業。妻は作家の紀和鏡、長女は作家の中上紀、次女は陶芸家で作家の中上菜穂。 被差別部落の出身であり、部落のことを「路地」と表現する。羽田空港などで肉体労働に従事したのち、執筆に専念する。初期は大江健三郎や石原慎太郎といった当時の新進作家から文体的な影響を受けた。後に知り合った年長の友人である柄谷行人から薦められたウィリアム・フォークナーの影響で先鋭的かつ土俗的な方法論を確立、紀州熊野を舞台にした数々の小説を描き、ひとつの血族と「路地」のなかの共同体を中心にした「紀州サーガ」とよばれる独特の土着的な作品世界を作り上げた。1976年(昭和51年)、『岬』で第74回芥川賞を受賞、戦後生まれで初の芥川賞作家となった。1992年、腎臓癌の悪化により46歳で死去した。.

新しい!!: 湾岸戦争と中上健次 · 続きを見る »

中東

中東の地図 中東(ちゅうとう、Middle East)は、狭義の地域概念では、インド以西のアフガニスタンを除く西アジアとアフリカ北東部の総称。西ヨーロッパから見た文化の同一性や距離感によって、おおまかに定義される地政学あるいは国際政治学上の地理区分。.

新しい!!: 湾岸戦争と中東 · 続きを見る »

中東調査会

公益財団法人中東調査会(ちゅうとうちょうさかい、Middle East Institute of Japan)は、日本のシンクタンクである公益財団法人。 活動中のものとしては最古の日本の中東研究機関である。元外務省(中東アフリカ局中東第1課)の所管の財団法人。.

新しい!!: 湾岸戦争と中東調査会 · 続きを見る »

中東戦争

中東戦争(ちゅうとうせんそう、アラビア語: الصراع العربي الإسرائيلي Al-Sira'a Al'Arabi A'Israili、ヘブライ語: הסכסוך הישראלי-ערבי Ha'Sikhsukh Ha'Yisraeli-Aravi、英語: Arab–Israeli conflict)は、ユダヤ人国家イスラエルと周辺アラブ国家間の戦争。1948年から1973年までに大規模な戦争が4度起こり、それぞれ第一次~第四次に分類される。イスラエルとエジプトの和平などにより国家間紛争が沈静化した以降もパレスチナ解放機構(PLO)などの非政府組織との軍事衝突が頻発している。 アメリカ・イギリス・フランスがイスラエルに、ソ連がアラブ側に対し支援や武器を供給していたことから、代理戦争の側面も含む。ただしイデオロギーより中東地域の利権や武器売買などの経済的な動機が重きを占めていた。そのため初期にイスラエルに支援や武器供給したイギリス・フランスは第3次中東戦争以降石油政策などからアラブ側に回り、さらに中国やイラン革命後のイランが武器供給や軍事支援においてアラブ側に入り込むなど、大国や周辺諸国の思惑の入り混じる戦争でもある。 また双方の宗教の聖地であるエルサレム、ヘブロンなどの帰属問題の絡んだ宗教戦争の側面もある。 今でもイスラエルとアラブ諸国は犬猿の仲で、テロは絶えず、イスラエル人は親米サウジアラビアやクウェートやアラブ首長国連邦でさえも入国できず、国交のあるエジプトとヨルダンのみしか入国できない。パスポートにイスラエルの入国スタンプがあるだけでアラブ諸国では入国拒否される程で、旅行者はイスラエル入国スタンプを別紙に押せば回避ができる。また、イスラエルオリンピック委員会・サッカーイスラエル代表はアジアオリンピック評議会・アジアサッカー連盟からヨーロッパオリンピック委員会・欧州サッカー連盟に移籍している。.

新しい!!: 湾岸戦争と中東戦争 · 続きを見る »

人間の盾

人間の盾(にんげんのたて、)とは、軍事および政治用語である。.

新しい!!: 湾岸戦争と人間の盾 · 続きを見る »

介護福祉士

介護福祉士(かいごふくしし、Certified Care Worker)は、社会福祉士及び介護福祉士法を根拠とする国家資格。福祉系では、社会福祉士・精神保健福祉士・保育士と並ぶ、名称独占資格の国家資格である(場合によっては、名称に福祉士が入る三資格を、福祉系三大国家資格(通称:三福祉士)と呼ぶこともある)。社会福祉士及び介護福祉士法で位置づけられた、社会福祉業務(身体介護・生活援助など)に携わる人の国家資格である。和製英語で、ケアワーカー(CW)と呼称されている。略称は、介護士。.

新しい!!: 湾岸戦争と介護福祉士 · 続きを見る »

休戦協定

休戦協定(きゅうせんきょうてい)あるいは停戦協定(ていせんきょうてい、Armistice)とは、戦争や武力紛争を行う双方の勢力が戦闘を停止するための協定。英語の "Armistice" は、ラテン語の arma(兵器)と stitium(停止)から来ている。.

新しい!!: 湾岸戦争と休戦協定 · 続きを見る »

佐々木良昭

佐々木 良昭(ささき よしあき、1947年11月18日 - )は、日本の国際問題評論家、イスラム圏研究者。.

新しい!!: 湾岸戦争と佐々木良昭 · 続きを見る »

地対地ミサイル

地対地ミサイル(ちたいちミサイル、surface-to-surface missile, SSM / ground-to-ground missile, GGM)は、地上から発射され地上の目標に対して使用されるミサイル。.

新しい!!: 湾岸戦争と地対地ミサイル · 続きを見る »

地中貫通爆弾

地中貫通爆弾(ちちゅうかんつうばくだん、Bunker Buster:バンカーバスター)は、航空機搭載爆弾の一種。硬化目標や地下の目標を破壊するために用いられ、特殊貫通弾(とくしゅかんつうだん)あるいは掩蔽壕破壊弾(えんぺいごうはかいだん)とも呼ばれる。.

新しい!!: 湾岸戦争と地中貫通爆弾 · 続きを見る »

地雷

中国製の72式対人地雷 地雷(じらい、land mine)は、地上または地中に設置され、人や車両の接近や接触によって爆発して危害を加える兵器。 本稿では、前近代の同概念の火器の1つである、埋火(うずめび)についても解説する。.

新しい!!: 湾岸戦争と地雷 · 続きを見る »

医師

医師(いし、doctor)とは、医療および保健指導を司る医療従事者。医学に基づく傷病の予防、診療および公衆衛生の普及を責務とする。 米国では、伝統的に医師は英語で「」と称される。また、専門分野ごとに「内科医 (physician)」と呼ばれたり「外科医 (surgeon)」と呼ばれたりもする。欧米で医師の一般名称「physician」に対して外科医だけが「surgeon」と呼ばれている理由は、中世より「内科学」=「医学」とされており、「内科医」=「医師」であったことによる。「外科医」の仕事は初期の頃は理容師によって行われ、医療補助職として扱われており、現在での義肢装具士や理学療法士等のような存在であったことから、別の名称があてられることになった。すなわち医師である内科医が診察診断を行いその処方に基づいて理髪師(外科医)が外科的治療を薬剤師が内科的治療(投薬)をそれぞれ行うという建前であった。しかし時代が進むにつれ外科医も薬剤師も独自に治療を行うようになり彼らも医者とみなされるようになっていった。その他に、フランス語では médecin(メドゥサン)、ドイツ語では Arzt(アルツト)である。 また、博士の学位を持っていない医師までも doctor と呼ぶことは、日本、英国、オーストラリア、ニュージーランド、等で行われている。ただし、英連邦諸国では、外科医は、学位にかかわらず、今日なお「ミスター」で、「ドクター」とは呼ばない。本来なら「master.

新しい!!: 湾岸戦争と医師 · 続きを見る »

ペルシア湾

ペルシャ湾とオマーン湾周辺の地図 ペルシア湾(ペルシアわん、ペルシア語:خلیج فارس khalij-e fārs خلیج پارس Khalij-e Pars)は、イラン、イラク、クウェート、サウジアラビア、バーレーン、カタール、アラブ首長国連邦、オマーンに囲まれた細長い形状の湾。ペルシャ湾とも呼ぶ。.

新しい!!: 湾岸戦争とペルシア湾 · 続きを見る »

ペンシルベニア州

ペンシルベニア州(Commonwealth of Pennsylvania、)は、アメリカ合衆国北東部、また大西洋岸中部に分類される州である。五大湖地方に含められることもある。「礎石の州」(Keystone State)とも呼ばれる。日本語ではペンシルヴェニア州、ペンシルバニア州、あるいはペンシルヴァニア州と表記される場合もある。ペンシルベニア州は、州(“State”)の代わりにコモンウェルス(“Commonwealth”)を用いる4つの州の1つである。ただし、日本語ではどちらも「州」と訳されている。なお、地質時代の区分の一つであるペンシルベニア紀(石炭紀の一部)は、ペンシルベニア州にちなんで付けられた名前である。名前の後半「シルベニア」はsilva(「森」の意)から取ったものであり、実際に自然が豊富である。 アメリカ合衆国50州の中で、陸地面積では第33位、人口では第6位であり、人口密度が第9位と高い。南東はデラウェア州、南はメリーランド州、南西はウェストバージニア州、西はオハイオ州、北西はエリー湖とカナダのオンタリオ州、北はニューヨーク州、東はニュージャージー州と接している。アパラチア山脈が州の中央を斜めに走り、東西に長い州である。 ヨーロッパ人として最初にペンシルベニアに入ってきたのはスウェーデンやオランダの入植者であったが、ペンシルベニアと命名したのは、イングランド王チャールズ2世である。クエーカーでイギリス人のウィリアム・ペンが「シルベニア」と名付けたものをウィリアム・ペンの父ウィリアム・ペン卿に敬意を表して改称した。ペンシルベニア州には、自由の鐘や独立記念館で有名なフィラデルフィア市と、重要な河港を持つピッツバーグ市の、2つの主要都市がある。州都はハリスバーグ市である。 ペンシルベニア州はアメリカ合衆国において最も歴史のある州の一つである。フィラデルフィアはアメリカ合衆国発祥の地と呼ばれることもある。フィラデルフィアは、独立宣言や合衆国憲法が立案された場所でもある。ゲティスバーグは南北戦争の激戦地であり、今も多数の大砲が保存されている古戦場跡として有名である。ブリンマーはフィラデルフィア郊外の閑静な住宅街として全米でもよく知られる。ポコノ山脈やデラウェア・ウォーター峡谷は保養地として有名である。.

新しい!!: 湾岸戦争とペンシルベニア州 · 続きを見る »

ナイラ証言

ナイラ証言(ナイラしょうげん、Nayirah testimony)とは、「ナイラ」なる女性(当時15歳)が1990年10月10日に非政府組織にて行った証言。イラクによるクウェート侵攻後、イラク軍兵士がクウェートの病院から保育器に入った新生児を取り出して放置し、死に至らしめた経緯を涙ながらに語った事で知られる。当時のマスコミはクウェートへ入れなかったため、この証言が信憑性のあるものとされ広く喧伝された。アメリカ合衆国上院議員や大統領も幾度となく引用しており、湾岸戦争の布石を敷くこととなる。 当初はアムネスティ・インターナショナルや避難民からの証言により裏付けの取れたものであった。しかし、クウェート解放以後マスコミが同国内に入り取材が許された結果、新生児の件は虚偽であった事が発覚。また、1992年に「ナイラ」なる女性は苗字がアッ=サバーハ(al-Ṣabaḥ、アラビア語:الصباح)であり、当時クウェート駐米大使であったサウード・アン=ナーセル・アッ=サバーハの娘との事実が明らかになった。その上、証言自体がクウェート政府の意を受けたヒル・アンド・ノウルトンによる広報キャンペーンの一環であったことが判明した。.

新しい!!: 湾岸戦争とナイラ証言 · 続きを見る »

ミラージュF1 (戦闘機)

ミラージュF1(Mirage F1)はフランスのダッソー社製の戦闘機である。1970年代を代表する戦闘機の一つであり、多くの国で使用されている。(『Mirage』はフランス語で、『幻影』や『蜃気楼』のこと。)ダッソー社が世に送り出した戦闘機ミラージュ・シリーズにおいて唯一、通常の水平尾翼を備えている。.

新しい!!: 湾岸戦争とミラージュF1 (戦闘機) · 続きを見る »

ミズーリ (戦艦)

ミズーリ(USS Missouri, BB-63)は、アメリカ海軍の戦艦。アイオワ級戦艦の3番艦。艦名はアメリカ合衆国24番目の州に因む。その名を持つ艦としては4隻目。当時の大統領であるハリー・S・トルーマンの出身のミズーリ州に因んでミズーリが選定された。太平洋戦争での日本の降伏調印式場となった。1999年からは、ハワイ州パールハーバーで記念艦として保存されている。.

新しい!!: 湾岸戦争とミズーリ (戦艦) · 続きを見る »

ミサイル防衛

ミサイル防衛(ミサイルぼうえい、)または弾道ミサイル防衛(だんどうミサイルぼうえい、)は、主に弾道ミサイルからある特定の区域を防衛すること及びその構想である。敵のミサイルを迎撃するミサイル防衛は時代と共にその名称が変遷して国家の安全保障にとって重要になってきている。 スタンダードミサイル SM-3.

新しい!!: 湾岸戦争とミサイル防衛 · 続きを見る »

ミサイル艇

ミサイル艇(ミサイルてい)は、対艦ミサイルを装備した舟艇である。一般的にミサイル艇の排水量は満載排水量で800トン前後までで、この中でも大型のものはコルベットに分類されている場合もある。 また、ソ連海軍やロシア海軍の正式の分類では、ミサイル艦艇のうち小型のものを「ミサイル艇」(「ミサイル・カッター」;ロシア語:Ракетный катер)、大型のものを「ミサイル艦」(Ракетный корабль)と呼んで区別している。また、「ミサイル艇」には「小型ミサイル艇」(Малый ракетный катер)と「大型ミサイル艇」(Большой ракетный катер)があるが、実際運用されたほとんどの型は「大型ミサイル艇」であった。.

新しい!!: 湾岸戦争とミサイル艇 · 続きを見る »

ノルウェー

ノルウェー王国(ノルウェーおうこく、Kongeriket Norge/Noreg)、通称ノルウェーは、北ヨーロッパのスカンディナビア半島西岸に位置する立憲君主制国家である。首都は半島南端部に存在するオスロフィヨルドの奥に形成された港湾都市のオスロで、東にスウェーデン、ロシア、フィンランドと国境を接している。 国土は南北に細長く、海岸線は北大西洋の複数の海域、すなわちスカゲラック海峡、北海、ノルウェー海およびバレンツ海に面している。海岸線には、多くのフィヨルドが発達する。この他、ノルウェー本土から約1,000キロメートル (km) 離れた北大西洋上のヤン・マイエン島は固有の領土の一部として領有され、スヴァールバル条約によりバレンツ海のスヴァールバル諸島を領有している。南大西洋にブーベ島を属領として持つ。 による高負担高福祉の福祉国家として知られ、OECDの人生満足度(Life Satisfaction)ではスイスに次いで第2位となった(2014年)。.

新しい!!: 湾岸戦争とノルウェー · 続きを見る »

マルタ会談

1989年のマルタ会談(マルタかいだん、Malta Summit)とは、1989年12月2日から12月3日にかけて、地中海のマルタで行われたアメリカ合衆国とソビエト社会主義共和国連邦両国の首脳会談である。これをもって、44年間続いた東西冷戦は終結した。.

新しい!!: 湾岸戦争とマルタ会談 · 続きを見る »

マロン典礼カトリック教会

マロン典礼カトリック教会(マロンてんれいカトリックきょうかい、、)は、レバノンを中心に信者を擁するキリスト教東方典礼カトリック教会の一派。マロン派(まろんは)とも呼ばれる。名前の由来は、4 - 5世紀のアンティオキアで活動した聖マールーン(聖マロン、:en:Maron)に由来するといわれる。レバノン国内では人口のおよそ3割程度を占め、古くから重要な政治ポストを占める最大宗派であり、大統領がマロン派から選出される慣行を持つなど、国内外の政治・経済両面において大きな影響力を持つ。また、その歴史的経緯などから、同じカトリックが多数派であるフランスとは緊密な関係にある。.

新しい!!: 湾岸戦争とマロン典礼カトリック教会 · 続きを見る »

ノーマン・シュワルツコフ

H・ノーマン・シュワルツコフ・ジュニア(H Norman Schwarzkopf Jr. 1934年8月22日 - 2012年12月27日)は、アメリカ合衆国の軍人。最終階級は陸軍大将。名前のHは、Herbert(英語読み ハーバート)を縮めたものであり、彼の同名の父が、それを嫌ったためとされる。 湾岸戦争にはアメリカ中央軍司令官として出征したが、事実上の多国籍軍総指揮官として、「砂漠の嵐」作戦を成功させる武功を挙げた。 シュワルツコフのIQは168とされ、高IQ者団体のメンサ会員だった。ドイツ語・フランス語・ペルシャ語に堪能であった。.

新しい!!: 湾岸戦争とノーマン・シュワルツコフ · 続きを見る »

マーガレット・サッチャー

ッチャー女男爵マーガレット・ヒルダ・サッチャー(Margaret Hilda Thatcher, Baroness Thatcher, LG, OM, PC, FRS、1925年10月13日 - 2013年4月8日)は、イギリスの政治家、一代貴族。旧姓はロバーツ(Roberts)。 イギリス保守党初の女性党首(在任: 1975年 - 1990年)、イギリス初の女性首相(在任: 1979年 - 1990年)。1992年からは貴族院議員。 保守的かつ強硬なその政治姿勢から「鉄の女(Iron Lady)」の異名を取ったことで知られる。.

新しい!!: 湾岸戦争とマーガレット・サッチャー · 続きを見る »

マディーナ

アル=マディーナ・アル=ムナウワラ(المدينة المنوّرة)または単にマディーナ(المدينة)は、アラビア半島の都市で、マッカ(メッカ)に次ぐイスラームの第2の聖地である。メディナともいう。.

新しい!!: 湾岸戦争とマディーナ · 続きを見る »

チャレンジャー1

チャレンジャー1(FV4030/4 Challenger 1)はイギリスが開発した第三世代主力戦車である。 現在は改良型であるチャレンジャー2と世代交代している。.

新しい!!: 湾岸戦争とチャレンジャー1 · 続きを見る »

チェコスロバキア

チェコスロバキア(チェコ語:Československo、スロバキア語:Česko-Slovensko)は、1918年から1992年にかけてヨーロッパに存在した国家。 現在のチェコ共和国及びスロバキア共和国により構成されていた。これはトマーシュ・マサリクやエドヴァルド・ベネシュが唱えた、チェコ人とスロバキア人がひとつの国を形成するべきであるというチェコスロバキア主義(:en:Czechoslovakism)に基づくものである。建国当初には現在のウクライナの一部であるカルパティア・ルテニアも領域に加えられていた。首都は現在のチェコ首都であるプラハ。国旗は現在のチェコ共和国と同じものが使用されていた。 1948年からはチェコスロバキア共産党の事実上の一党独裁制によるソ連型社会主義国となり、1960年から1989年まで、国名は「チェコスロバキア社会主義共和国」(チェコ語・スロバキア語: Československá socialistická republika)であった。.

新しい!!: 湾岸戦争とチェコスロバキア · 続きを見る »

ネイチャー

『ネイチャー』()は、1869年11月4日、イギリスで天文学者ノーマン・ロッキャーによって創刊された総合学術雑誌である。 世界で特に権威のある学術雑誌のひとつと評価されており、主要な読者は世界中の研究者である。雑誌の記事の多くは学術論文が占め、他に解説記事、ニュース、コラムなどが掲載されている。記事の編集は、イギリスの Nature Publishing Group (NPG) によって行われている。NPGからは、関連誌として他に『ネイチャー ジェネティクス』や『ネイチャー マテリアルズ』など十数誌を発行し、いずれも高いインパクトファクターを持つ。.

新しい!!: 湾岸戦争とネイチャー · 続きを見る »

ハマド・ビン・ハリーファ・アール=サーニー

ハマド・ビン・ハリーファ・アール=サーニー(、1952年1月1日 - )は、カタール前首長(1995年6月27日 - 2013年6月25日)。1995年6月26日、当時首長であった父ハリーファ・ビン・ハマド・アール=サーニーを追放し、首長の地位に就いた。.

新しい!!: 湾岸戦争とハマド・ビン・ハリーファ・アール=サーニー · 続きを見る »

ハンヴィー

ハンヴィー(HMMWV: High Mobility Multipurpose Wheeled Vehicle.

新しい!!: 湾岸戦争とハンヴィー · 続きを見る »

ハンドレページ ヴィクター

ハンドレページ ヴィクター(Handley Page Victor)とは、イギリスの航空機メーカー、ハンドレページ社で開発され、イギリス空軍にて運用された大型爆撃機である。初飛行は1952年。ビッカース ヴァリアント、アブロ バルカンと共に3Vボマーと呼ばれた。3Vの中で最後に登場した機体だけに性能も優れており、緩降下時にマッハ1を記録したが、軍の方針変更によって高高度核攻撃が不要になり爆撃機としては1960年代末には退役した。その後ヴァリアントに代わる空中給油機として転用され、1982年のフォークランド紛争ではバルカンのサポートをして爆撃を成功させるなどの活躍を見せた。結局、3Vボマーの中では最後となる1993年に退役した。.

新しい!!: 湾岸戦争とハンドレページ ヴィクター · 続きを見る »

ハンガリー

ハンガリー(Magyarország)は、中央ヨーロッパの共和制国家。西にオーストリア、スロベニア、北にスロバキア、東にウクライナ、ルーマニア、南にセルビア、南西にクロアチアに囲まれた内陸国。首都はブダペスト。 国土の大部分はなだらかな丘陵で、ドナウ川などに潤される東部・南部の平野部には肥沃な農地が広がる。首都のブダペストにはロンドン、イスタンブールに次いで世界で3番目に地下鉄が開通した。.

新しい!!: 湾岸戦争とハンガリー · 続きを見る »

ハト派

ハト派(ハトは、英語:pacifist)とは、鳩が持つ平和のイメージを政治的傾向の分類に用いたものである。用例によっては、もしくはともいう。旧約聖書のノアの方舟の伝説に基づく。対義語はタカ派。.

新しい!!: 湾岸戦争とハト派 · 続きを見る »

バレル

バレル(バーレル、barrel)とは、ヤード・ポンド法における体積を表す単位である。語源は「樽」であり、樽の容積に由来するものである。国際的に、原油や各種の石油製品の計量、売買はバレルで取引される。その他にも、用途により、また国家により、多数の「バレル」の定義がある。略称はbbl。.

新しい!!: 湾岸戦争とバレル · 続きを見る »

バングラデシュ

バングラデシュ人民共和国(バングラデシュじんみんきょうわこく、গণপ্রজাতন্ত্রী বাংলাদেশ)、通称バングラデシュは、南アジアにあるイスラム教徒主体の国。イギリス連邦加盟国、通貨はタカ、人口1億5,940万人、首都はダッカ。 北と東西の三方はインド、南東部はミャンマーと国境を接する。南はインド洋に面する。西側で隣接するインド西ベンガル州とともにベンガル語圏に属す。 1971年にパキスタンから独立。バングラデシュはベンガル語で「ベンガル人の国」を意味する。都市国家を除くと世界で最も人口密度が高い国で、人口数は世界第7位。 ベンガル湾に注ぐ大河ガンジス川を有する。豊富な水資源から米やジュートの生産に適し、かつて「黄金のベンガル」と称された豊かな地域であったが、インフラの未整備や行政の非能率から、現在はアジアの最貧国に属する。近年は労働力の豊富さ、アジア最低水準の労働コストの低廉さに注目した、多国籍製造業の進出が著しい。.

新しい!!: 湾岸戦争とバングラデシュ · 続きを見る »

バーレーン

バーレーン王国(バーレーンおうこく、مملكة البحرين, ラテン文字: )、通称バーレーンは、中東・西アジアの国家。首都はマナーマ。ペルシア湾のを主島として大小33の島(ムハッラク島など)から成る君主制の島国である。 王家のはクウェートのサバーハ家やサウジアラビアのサウード家と同じく出身でスンナ派であるが、1782年以前はシーア派以外の宗派を認めていなかったサファヴィー朝やアフシャール朝の支配下にあった経緯もあり、国民の大多数をシーア派がしめる。 1994年以後、シーア派による反政府運動が激化し、2001年2月に行われた国民投票によって首長制から王制へ移行した。.

新しい!!: 湾岸戦争とバーレーン · 続きを見る »

バアス党

バアス党(バアスとう、, Hizbul-Ba'ath ヒズブ・ル.

新しい!!: 湾岸戦争とバアス党 · 続きを見る »

バアス党政権 (イラク)

このページでは、1963年(第1次)と1968年から2003年までの間(第2次)、イラクを支配したバアス党政権について、第2次政権を中心に解説する。国号は現在と同じイラク共和国であり、シリアなど他国のバアス党政権と区別する場合はイラク・バアス党政権とも称される。.

新しい!!: 湾岸戦争とバアス党政権 (イラク) · 続きを見る »

バギー (自動車)

バギー (Buggy) は、オフロード走行が可能で、車体部分が少ない、軽量の自動車を指す一般的な用語。キットカーとして製造されるものや、自作によるものも多い。.

新しい!!: 湾岸戦争とバギー (自動車) · 続きを見る »

バグダード

バグダード(/ラテン文字表記:Baghdad, Baġdād)は、イラクの首都で同国最大の都市。また、バグダード県の県都でもある。アッバース朝によって建設された古都であり、中東諸国ではイスタンブール、テヘランに次ぐ大都市である。2005年の人口はおよそ590.4万人。日本語では多くの場合バグダッドと表記されるが、アラビア語の綴りと発音(bæɣˈdæːd)に近づけるとバグダードという表記になる。 バグダードは、2003年3月のイラク戦争でアメリカ合衆国・イギリス両国を主力とする軍の攻撃を受け、同年4月に制圧されたのち、連合国暫定当局(CPA)本部が置かれた『日本大百科全書』(2004)原隆一執筆分。その後、2004年6月にはイラク暫定政権への主権移譲がなされ、イラク移行政府を経て2006年にはイラク正式政府が成立し、現在に至っている。.

新しい!!: 湾岸戦争とバグダード · 続きを見る »

バスラ県

バスラ県(バスラけん、アラビア語:محافظة البصرة Muḥāfaẓat al-Baṣrah)は、イラクで最も南東にある県。県都は県名と同じバスラ。人口は約150万人。.

新しい!!: 湾岸戦争とバスラ県 · 続きを見る »

ポルトガル

ポルトガル共和国(ポルトガルきょうわこく、República Portuguesa、República Pertuesa)、通称ポルトガルは、南ヨーロッパのイベリア半島に位置する共和制国家である。北と東にスペインと国境を接し、国境線の総延長は1,214kmに及ぶ。西と南は大西洋に面している。ヨーロッパ大陸部以外にも、大西洋上にアソーレス諸島とマデイラ諸島を領有している。首都はリスボン。 ポルトガルはユーラシア大陸最西端の国家である。ヨーロッパで最初に海路で中国や日本など東アジアとの接触を持った。.

新しい!!: 湾岸戦争とポルトガル · 続きを見る »

ポーランド

ポーランド共和国(ポーランドきょうわこく、Rzeczpospolita Polska)、通称ポーランドは、中央ヨーロッパに位置する共和制国家。欧州連合 (EU)、北大西洋条約機構 (NATO) の加盟国。通貨はズウォティ。首都はワルシャワ。 北はバルト海に面し、北東はロシアの飛地カリーニングラード州とリトアニア、東はベラルーシとウクライナ、南はチェコとスロバキア、西はドイツと国境を接する。 10世紀に国家として認知され、16世紀から17世紀にかけヨーロッパで広大な国の1つであったポーランド・リトアニア共和国を形成。18世紀、4度にわたり国土が隣国によって分割され消滅。 第一次世界大戦後、1918年に独立を回復したが、第二次世界大戦時、ナチス・ドイツとソビエト連邦からの事前交渉を拒否し両国に侵略され、再び国土が分割された。戦後1952年、ポーランド人民共和国として国家主権を復活、1989年、民主化により共和国となった。冷戦時代は、ソ連の影響下に傀儡政権の社会主義国とし最大で最も重要なソ連の衛星国の一国となり、政治的にも東側諸国の一員となった。国内及び東側諸国の民主化とソ連の崩壊と東欧革命を経て、「中欧」または「中東欧」として再び分類されるようになっている。.

新しい!!: 湾岸戦争とポーランド · 続きを見る »

ムジャーヒディーン

ムジャーヒディーン()は、アラビア語で「ジハードを遂行する者」を意味するムジャーヒド()の複数形。一般的には、イスラム教の大義にのっとったジハードに参加する戦士たちのことを指す。はイスラム教による連携した民兵を指すことが多い。.

新しい!!: 湾岸戦争とムジャーヒディーン · 続きを見る »

メッカ

メッカ(مكة Makkah )は、サウジアラビアのマッカ州(歴史的にいえばヒジャーズ地域)の州都である。正式名はマッカ・アル=ムカッラマ(مكة المكرمة Makkah al-Mukarramah 「栄光あるマッカ」)。別名、ウンム・アル=クラー(أم القرى Umm al-Qurā 「町々の母」)。サウジアラビア政府は、1980年代に当市の名前の公式な英語表記を、西洋人が以前から一般に用いてきた綴りである Mecca から Makkah に改めた。.

新しい!!: 湾岸戦争とメッカ · 続きを見る »

モロッコ

モロッコ王国(モロッコおうこく、المملكة المغربية、ベルベル語: ⵜⴰⴳⵍⴷⵉⵜ ⵏ ⵎⵓⵔⴰⴽⵓⵛ)、通称モロッコは、北アフリカ北西部のマグリブに位置する立憲君主制国家。東にアルジェリアと、南に西サハラ(サハラ・アラブ民主共和国)と、北にスペインの飛地(セウタとメリリャ)に接し、西は大西洋に、北は地中海に面している。首都はラバト。 南に接する西サハラはスペインが放棄後、モロッコと現地住民による(亡命)政府であるサハラ・アラブ民主共和国が領有権を主張している。モロッコは西サハラの約7割を実効支配しているが、国際的には認められていない。実効支配下を含めた面積は約599,500km2(うち、西サハラ部分が189,500km2)、人口は33,848,242人(2014年国勢調査)。 地中海世界とアラブ世界の一員であり、地中海連合とアラブ連盟とアラブ・マグリブ連合に加盟している。モロッコはサハラ・アラブ民主共和国を自国の一部であるとの立場から独立国家として承認しておらず、1984年にサハラ・アラブ民主共和国のアフリカ統一機構(2002年にアフリカ連合へ発展)加盟に反対して同機構を脱退、アフリカ大陸唯一のアフリカ連合(AU)非加盟国になっていたが、2017年1月31日に再加入した。.

新しい!!: 湾岸戦争とモロッコ · 続きを見る »

モンキーモデル

モンキーモデル(Monkey model)とは、兵器を他国へ輸出する際に、意図的に性能を低下させたものを指す言葉。またはオリジナルより劣化したコピー兵器の事を指す。.

新しい!!: 湾岸戦争とモンキーモデル · 続きを見る »

ヤーセル・アラファート

ヤーセル・アラファート(、Yāser ‘Arafāt、英語表記: Yasser Arafat など、1929年8月24日 - 2004年11月11日)は、パレスチナのゲリラ指導者、政治家。パレスチナ解放運動の指導者として知られた。 パレスチナ自治政府大統領(初代)。パレスチナ解放機構(PLO)執行委員会議長、報道等ではヤセル・アラファトの表記が多い。 アラファートは、長らくイスラエルに対する強硬派であり、多くの武装闘争を主導した。しかし、後に穏健路線に転じ、1993年にはイスラエルとの歴史的な和平協定を果たしてパレスチナ暫定自治政府を設立する。これによって1994年にノーベル平和賞を受賞したが、イスラエル側で和平を主導していたイツハク・ラビンが暗殺されてからはイスラエルとの和平プロセスは停滞し、晩年にはイスラエル政府やパレスチナ内の和平に反対する運動との対立に苦しめられた。.

新しい!!: 湾岸戦争とヤーセル・アラファート · 続きを見る »

ユダヤ教

ダビデの星 ユダヤ教(ユダヤきょう、יהדות)は、古代の中近東で始まった唯一神ヤハウェ(יהוה)を神とし、選民思想やメシア(救世主)信仰などを特色とするユダヤ人の民族宗教である。ただしメシア思想は、現在ではハバド・ルバヴィッチ派などを除いて中心的なものとなっていない。 『タナハ』(キリスト教の『旧約聖書』に当たる書物)が重要な聖典とされる。.

新しい!!: 湾岸戦争とユダヤ教 · 続きを見る »

ルマイラ油田

ルマイラ油田(ルマイラゆでん、حقل الرميلة、英語: Rumaila field)は、クウェートとイラク南部にまたがって存在するイラク最大の油田。この油田への傾斜掘削法が、イラクとクウェートの間で論争となり、湾岸戦争勃発の要因の一つとなった。イラクはクウェートの傾斜掘削法を非難し、イラク支配下の土地を掘っていると主張し、その場所(クウェート領)を攻撃した。1953年にBP(当時はブリティッシュ・ペトロリアム)によりこの巨大な油田が発見された。バクル政権下で、イラクによって国有化された。その時から、油田はイラクとクウェート双方の支配下となった。イラク全体の油田の15%強にあたると見積もられていて、2009年6月末に、BPと中国石油天然気集団公司が20年間の開発契約を勝ち取った。.

新しい!!: 湾岸戦争とルマイラ油田 · 続きを見る »

レバノン内戦

200px レバノン内戦(レバノンないせん)は、レバノンで1975年から1990年に起こった内戦のこと。その規模などから第五次中東戦争とも呼ばれる。.

新しい!!: 湾岸戦争とレバノン内戦 · 続きを見る »

レバノン軍

レバノン軍(レバノンぐん、Lebanese Armed Forces, LAF)は、レバノンの国軍である。陸軍・海軍・空軍の三軍から成る。.

新しい!!: 湾岸戦争とレバノン軍 · 続きを見る »

レバノン軍団

レバノン軍団(レバノンぐんだん Lebanese Forces:LF)は、レバノンにおけるキリスト教マロン派の民兵組織・右派政党である。.

新しい!!: 湾岸戦争とレバノン軍団 · 続きを見る »

ワシントン・ポスト

ワシントン・ポスト(The Washington Post)は、1877年創刊のアメリカ合衆国ワシントンD.C.の日刊紙である。米国内での発行部数は66万部で、USAトゥデイ(211万部 本紙のみ全国紙)、ウォール・ストリート・ジャーナル(208万部)、ニューヨーク・タイムズ(103万部)、ロサンゼルス・タイムズ(72万部)に次いで第5位部数は平日版、2008年10月 - 2009年3月平均。首都ワシントン最大の新聞であり特に国家政治に重点を置いている。 2013年にオーナーのドナルド・グラハムの15年来の友人であるAmazon.comの創業者ジェフ・ベゾスに買収された。冷戦中には特に容共リベラルな編集方針や記事がアメリカの政権から敵視され、保守派からは「 (ポトマック河畔のプラウダ(ソ連共産党の機関誌)」と称された。2017年に「暗闇の中では民主主義は死んでしまう」を新スローガンに採用した。.

新しい!!: 湾岸戦争とワシントン・ポスト · 続きを見る »

トマホーク (ミサイル)

トマホーク は、アメリカ合衆国で開発された巡航ミサイル。.

新しい!!: 湾岸戦争とトマホーク (ミサイル) · 続きを見る »

トルコ

トルコ共和国(トルコきょうわこく、Türkiye Cumhuriyeti)、通称トルコは、西アジアのアナトリア半島(小アジア)と東ヨーロッパのバルカン半島東端の東トラキア地方を領有する、アジアとヨーロッパの2つの大州にまたがる共和国。首都はアナトリア中央部のアンカラ。 北は黒海、南は地中海に面し、西でブルガリア、ギリシャと、東でジョージア(グルジア)、アルメニア、アゼルバイジャン、イラン、イラク、シリアと接する。.

新しい!!: 湾岸戦争とトルコ · 続きを見る »

トーネード IDS

トーネード IDS(Tornado IDS)は、イギリス、西ドイツ(開発当時)、イタリアが国際協同開発した全天候型多用途攻撃機(マルチロール機)であるイギリスの軍用機1945-1995,株式会社デルタ出版,P141-142,1995年。 次世代機を共同開発する計画がヨーロッパ諸国とカナダの間で挙ったが、プロジェクトが本格的に実動する前にカナダ、ベルギー、オランダが計画から脱退し、イギリス、西ドイツ、イタリアの3ヶ国で開発された。実際には名前の通りイギリスが開発のほとんどを実施している。主に航空阻止を主任務とし、プロジェクトにより合理化され、要撃、近接航空支援、艦艇攻撃、偵察などをこなすため多数の派生型が開発された。 実戦でもトーネードは湾岸戦争で最も危険な任務に従事し、入念な訓練や準備を重ねた作戦によって驚異的な戦果を挙げており、イラク戦争にも参加した。.

新しい!!: 湾岸戦争とトーネード IDS · 続きを見る »

ブライアン・マルルーニー

マーティン・ブライアン・マルルーニー(Martin Brian Mulroney、1939年3月20日 - )は、カナダの政治家。第24代首相(在任:1984年9月17日 - 1993年6月25日)。カナダ進歩保守党所属。.

新しい!!: 湾岸戦争とブライアン・マルルーニー · 続きを見る »

ブリティッシュ・エアウェイズ

ブリティッシュ・エアウェイズ(British Airways)は、イギリスの航空会社。ヨーロッパでは3位、世界では9位の規模を誇る大手航空会社であり、イギリスのいわゆる「フラッグ・キャリア」である。なお、日本では「英国航空(えいこくこうくう)」と呼ばれることもある。.

新しい!!: 湾岸戦争とブリティッシュ・エアウェイズ · 続きを見る »

ブビヤン島

ブビヤン島(ブビヤンとう、 ジャズィーラ・ブービヤーン)は、ペルシャ湾に浮かぶクウェート領の島である。ジャハラー県に属する。日本では、ブービヤーン島とも表記される。 クウェートの北東部に位置し、クウェート最大の島である。.

新しい!!: 湾岸戦争とブビヤン島 · 続きを見る »

パレスチナ

パレスチナの衛星写真 旧国際連盟イギリス委任統治領パレスチナ。当初は現在のヨルダンも含む範囲であった パレスチナ(فلسطين、פלשתינה)は、地中海東岸の歴史的シリア南部の地域的名称。西アジア・中東に位置する。 中世以降の主要な住民はアラビア語を日常語とするムスリム(イスラム教徒)、キリスト教徒、ユダヤ教徒(ミズラヒム)である。前2者とごくわずかのミズラヒムが、近代以降世界各地から移住してきたユダヤ人に対して、パレスチナに在住するアラブ人としてパレスチナ人と呼ばれる。.

新しい!!: 湾岸戦争とパレスチナ · 続きを見る »

パレスチナ問題

パレスチナ・イスラエル問題と表記することもある。.

新しい!!: 湾岸戦争とパレスチナ問題 · 続きを見る »

パレスチナ解放機構

パレスチナ解放機構(パレスチナかいほうきこう、منظمة التحرير الفلسطينية 、ラテン文字転写: 、Palestine Liberation Organization、略称:PLO)は、イスラエル支配下にあるパレスチナを解放することを目的とした諸機構の統合機関。現在のパレスチナ自治政府の母体となった。 組織名については、ヘブライ語では頭文字を合わせて「アッシャフ」(אש"ף)と呼ばれる。.

新しい!!: 湾岸戦争とパレスチナ解放機構 · 続きを見る »

パトリオットミサイル

パトリオットミサイル発射の瞬間 ドイツ空軍のペトリオット発射機 擬装したドイツ空軍の発射機 パトリオットミサイル(MIM-104 Patriot、MIM-104 ペトリオット)は、アメリカ合衆国のレイセオン社がMIM-14 ナイキ・ハーキュリーズの後継としてアメリカ陸軍向けに開発した広域防空用の地対空ミサイルシステムである。ミサイル防衛では終末航程に対応し、20-30kmの範囲を防御する。 湾岸戦争時に、イラク軍が発射したスカッドミサイルを撃墜したことにより有名になった。米国のほか、日本を含む同盟国など世界10ヶ国以上で運用されている。 ペトリオットミサイルは厳密にはミサイルそのものを指すが、付帯するミサイル発射システムを含めてペトリオットミサイルと呼ぶ場合もあるため、本項では発射システムを含めて解説する。 「」はミサイルの形式名称、「」はその愛称で、「」(直訳:目標物迎撃用追跡位相配列レーダー)の頭文字をとったものといわれている。 は英語で「愛国者」を意味し、原語での発音を片仮名表記すると「ペイトリオット」に近い。日本の報道機関では「パトリオット」の表記を用いるが、航空自衛隊など日本国政府公式資料においては英語の発音に近似した「ペトリオット」表記を用いている。そのため、日本国内での正式名称は「ペトリオット」である。.

新しい!!: 湾岸戦争とパトリオットミサイル · 続きを見る »

パキスタン

パキスタン・イスラム共和国(パキスタン・イスラムきょうわこく、اسلامی جمہوریہ پاکِستان)、通称パキスタンは、南アジアの国家で、イギリス連邦加盟国である。首都はイスラマバード。最大の都市はカラチ。面積は80万kmで日本 (38万km) の約2倍程。東はインド、北東は中華人民共和国、北西はアフガニスタン、西はイランと国境を接し、南はインド洋に面する。国土の中心部を流れるインダス川の流域に国民の75%以上が住み、人口の増加が著しい国の一つである。.

新しい!!: 湾岸戦争とパキスタン · 続きを見る »

テルアビブ

テルアビブ(תֵּל־אָבִיב, Tel Aviv)は、イスラエルの人口第2位の都市である(第1位はエルサレム)。テル・アヴィヴ とも表記される。 基礎自治体(市)の名はテルアビブ・ヤフォ (תֵּל־אָבִיב-יָפוֹ) であり、市名の中のヤフォ/ヤーファーとは1950年に合併した市である。 イスラエルの経済・文化の中心地かつ中東有数の世界都市。イスラエルはエルサレムが「首都」であると宣言しているが、国際社会はこれを認めておらず、各国がテルアビブに大使館を置くなど、テルアビブを事実上の首都とみなしている。.

新しい!!: 湾岸戦争とテルアビブ · 続きを見る »

デンマーク

デンマーク(Danmark, )は、北ヨーロッパのバルト海と北海に挟まれたユトランド半島とその周辺の多くの島々からなる立憲君主制国家。北欧諸国の1つであり、北では海を挟んでスカンディナヴィア諸国、南では陸上でドイツと国境を接する。首都のコペンハーゲンはシェラン島に位置している。大陸部分を領有しながら首都が島嶼に存在する数少ない国家の一つである(他には赤道ギニア、イギリスのみ)。 自治権を有するグリーンランドとフェロー諸島と共にデンマーク王国を構成している。 ノルディックモデルの高福祉高負担国家であり、市民の生活満足度は高く、2014年の国連世界幸福度報告では第1位であった。.

新しい!!: 湾岸戦争とデンマーク · 続きを見る »

ディック・チェイニー

"ディック"リチャード・ブルース・チェイニー(Richard Bruce "Dick" Cheney、1941年1月30日 - )は、アメリカの政治家、実業家。下院議員、国防長官、副大統領を歴任した。ウェールズ系アメリカ人でメソジスト。趣味は狩猟と釣り。 妻のリン・チェイニーは公職である全米人文科学基金会長を務めたこともあり、次女のメアリー・チェイニーはレズビアンであることをカミングアウトしている。.

新しい!!: 湾岸戦争とディック・チェイニー · 続きを見る »

フランス

フランス共和国(フランスきょうわこく、République française)、通称フランス(France)は、西ヨーロッパの領土並びに複数の海外地域および領土から成る単一主権国家である。フランス・メトロポリテーヌ(本土)は地中海からイギリス海峡および北海へ、ライン川から大西洋へと広がる。 2、人口は6,6600000人である。-->.

新しい!!: 湾岸戦争とフランス · 続きを見る »

ファハド・ビン=アブドゥルアズィーズ

ファハド・ビン・アブドゥルアズィーズ・アール・サウード(、1923年 - 2005年8月1日)は、第5代サウジアラビア国王。ワッハーブ派イマームとしてはファハド1世。長男はファイサル・ビン・ファハド。.

新しい!!: 湾岸戦争とファハド・ビン=アブドゥルアズィーズ · 続きを見る »

ファイラカ島

ファイラカ島の位置 ファイラカ島(ファイラカとう、جزيرة فيلكة、jazīrät failakä)は、ペルシャ湾に位置するクウェートの島。.

新しい!!: 湾岸戦争とファイラカ島 · 続きを見る »

ドイツ

ドイツ連邦共和国(ドイツれんぽうきょうわこく、Bundesrepublik Deutschland)、通称ドイツ(Deutschland)は、ヨーロッパ中西部に位置する連邦制共和国である。もともと「ドイツ連邦共和国」という国は西欧に分類されているが、東ドイツ(ドイツ民主共和国)の民主化と東西ドイツの統一により、「中欧」または「中西欧」として再び分類されるようになっている。.

新しい!!: 湾岸戦争とドイツ · 続きを見る »

ニュージーランド

ニュージーランド(New Zealand)は、南西太平洋のオセアニアのポリネシアに位置する立憲君主制国家であり、ニュージーランド王国を構成する最大の主体地域である。島国であり、二つの主要な島と、多くの小さな島々からなる。北西に2,000km離れたオーストラリア大陸(オーストラリア連邦)と対する。南方の南極大陸とは2,600km離れている。北はトンガ、ニューカレドニア、フィジーがある。イギリス連邦加盟国であり、英連邦王国の一国となっている。.

新しい!!: 湾岸戦争とニュージーランド · 続きを見る »

ニジェール

ニジェール共和国(ニジェールきょうわこく、)、通称ニジェールは、西アフリカのサハラ砂漠南縁のサヘル地帯に位置する共和制国家。首都はニアメ。内陸国であり、アルジェリア、マリ、ブルキナファソ、ベナン、ナイジェリア、チャド、リビアと隣接する。.

新しい!!: 湾岸戦争とニジェール · 続きを見る »

ホンジュラス

ホンジュラス共和国(ホンジュラスきょうわこく、)、通称ホンジュラスは、中央アメリカ中部に位置する共和制国家。西にグアテマラ、南西にエルサルバドル、南東にニカラグアと国境を接しており、北と東はカリブ海、南はフォンセカ湾を経て太平洋に面している。国境はグアテマラとは1933年にアメリカの仲裁により、エルサルバドルとは1992年、ニカラグアとは2007年の国際司法裁判所の裁定により確定した。 大陸部のほかに、カリブ海岸にスワン諸島、バイーア諸島を領有している。首都はテグシガルパ。.

新しい!!: 湾岸戦争とホンジュラス · 続きを見る »

ホスニー・ムバーラク

ムハンマド・ホスニー・ムバーラク(محمد حسني مبارك, ラテン文字表記: Muhammad Husnī Mubārak, 1928年5月4日 - )は、エジプトの軍人、政治家。共和政エジプト第4代大統領(第2代エジプト・アラブ共和国大統領)として約30年にもわたる長期政権を維持したが、2011年の革命によって失脚した。日本ではムバラクと表記されることが多い。.

新しい!!: 湾岸戦争とホスニー・ムバーラク · 続きを見る »

ベル 214ST

ベル 214STは、UH-1 ヒューイ シリーズから派生した中型の双発ヘリコプターであり、ベル・ヘリコプター社が製造した中で最大の機種である。214STはベル 214と機種名を共用しているが、214STはより大型で全く異なった外観をしている。.

新しい!!: 湾岸戦争とベル 214ST · 続きを見る »

ベルギー

ベルギー王国(ベルギーおうこく)、通称ベルギーは、西ヨーロッパに位置する連邦立憲君主制国家。隣国のオランダ、ルクセンブルクと合わせてベネルクスと呼ばれる。首都のブリュッセル(ブリュッセル首都圏地域)は欧州連合(EU)の主要機関の多くが置かれているため、"EUの首都"とも言われており、その通信・金融網はヨーロッパを越えて地球規模である。憲法上の首都は19の基礎自治体から成るブリュッセル首都圏の自治体の一つ、ブリュッセル市である。 19世紀にネーデルラント連合王国から独立した国家で、オランダ語の一種であるフラマン語が公用語の北部フランデレン地域とフランス語が公用語の南部ワロン地域とにほぼ二分される(この他にドイツ語が公用語の地域もある)。建国以来、単一国家であったが、オランダ語系住民とフランス語系住民の対立(言語戦争)が続いたため、1993年にフランデレン地域とワロン地域とブリュッセル首都圏の区分を主とする連邦制に移行した。.

新しい!!: 湾岸戦争とベルギー · 続きを見る »

制空権

制空権(せいくうけん、control of the air及び、その段階であるair supremacy 及び air superiority)とは、航空戦において味方の航空戦力が空において敵の航空戦力を撃破または抑制して優勢であり、所望の空域を統制または支配し、敵から大きな妨害を受けることなく、陸・海・空の諸作戦を実施できる状態およびその力である。 NATO(北大西洋条約機構)及びアメリカ国防総省は「control of the air(制空権)」を、完全に航空脅威を取り除き制圧した状態である「Air supremacy」と一時的に航空脅威を排除して諸作戦を実施しやすくする「Air superiority」の段階に分けている。 日本では、前者の段階を「制空権」、後者の段階を「航空優勢(こうくうゆうせい、air superiority)」と区別することもある。また、戦史叢書では、航空兵力で所要空域を制圧する状態を「制空(せいくう)」、制空の実を持続することを「制空権を取る」と区別している。.

新しい!!: 湾岸戦争と制空権 · 続きを見る »

アメリカ同時多発テロ事件

アメリカ同時多発テロ事件(アメリカどうじたはつテロじけん)は、2001年9月11日にアメリカ合衆国内で同時多発的に発生した、航空機等を用いた4つのテロ事件の総称である。 航空機が使用された史上最大規模のテロ事件であり、全世界に衝撃を与えた。その後、アメリカ合衆国と有志連合は報復としてアフガニスタン紛争、イラク戦争を行った。また、航空機のマンハッタン超高層ビルへの大規模衝突事件としては、1945年のエンパイア・ステート・ビルディングへのB-25激突事故以来となった。.

新しい!!: 湾岸戦争とアメリカ同時多発テロ事件 · 続きを見る »

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国(アメリカがっしゅうこく、)、通称アメリカ、米国(べいこく)は、50の州および連邦区から成る連邦共和国である。アメリカ本土の48州およびワシントンD.C.は、カナダとメキシコの間の北アメリカ中央に位置する。アラスカ州は北アメリカ北西部の角に位置し、東ではカナダと、西ではベーリング海峡をはさんでロシアと国境を接している。ハワイ州は中部太平洋における島嶼群である。同国は、太平洋およびカリブに5つの有人の海外領土および9つの無人の海外領土を有する。985万平方キロメートル (km2) の総面積は世界第3位または第4位、3億1千7百万人の人口は世界第3位である。同国は世界で最も民族的に多様かつ多文化な国の1つであり、これは多くの国からの大規模な移住の産物とされているAdams, J.Q.;Strother-Adams, Pearlie (2001).

新しい!!: 湾岸戦争とアメリカ合衆国 · 続きを見る »

アメリカ合衆国ドル

アメリカ合衆国ドル(アメリカがっしゅうこくドル、United States Dollar)は、アメリカ合衆国の公式通貨である。通称としてUSドル、米ドル、アメリカ・ドルなどが使われる。アメリカ以外のいくつかの国や地域で公式の通貨として採用されているほか、その信頼性から、国際決済通貨や基軸通貨として、世界で最も多く利用されている通貨である。 通貨単位の呼称としての「ドル」は、カナダドル、香港ドル、シンガポールドル、オーストラリア・ドル、ニュージーランド・ドル、ジンバブエ・ドルなどようにいくつかの国や地域で用いられている呼称であるが、単に「ドル」と言った場合は『アメリカ合衆国ドル』を指す。.

新しい!!: 湾岸戦争とアメリカ合衆国ドル · 続きを見る »

アメリカ合衆国国務省

アメリカ合衆国国務省(アメリカがっしゅうこくこくむしょう、United States Department of State)は、アメリカ合衆国政府において外交政策を実施する行政機関であり、他国の外務省に相当する。国務省は、国務長官が統括する。 長官(Secretary)及び副長官(Deputy Secretary)の下に、分野ごとに次官(Under Secretary)が配置され、さらに次官の下に次官補(Assistant Secretary)が配置されている。国内だけで約5000人の職員がいる。2009年発足のバラク・オバマ政権から副長官が2人体制となり、1人が外交政策全般を、もう1人が省内の組織管理を担当することになった。.

新しい!!: 湾岸戦争とアメリカ合衆国国務省 · 続きを見る »

アメリカ大使館爆破事件

アメリカ大使館爆破事件(アメリカたいしかんばくはじけん)は、アメリカ合衆国の大使館が爆破された爆弾テロ事件である。1983年の事件は内戦中のレバノンの大使館が爆破されたもので、シリアの関与が疑われた。1998年の事件はケニアとタンザニアの米大使館が爆破された。この事件は国際テロ組織アルカーイダが関与したと断定したアメリカは、ミサイルによってスーダンとアフガニスタンを攻撃した。.

新しい!!: 湾岸戦争とアメリカ大使館爆破事件 · 続きを見る »

アメリカ中央軍

アメリカ中央軍(アメリカちゅうおうぐん、英語:United States Central Command、略称:USCENTCOM)は、アメリカ軍の地域別の統合軍の一つ。フロリダ州タンパ市のマクディル空軍基地に司令部を置く。 統合軍の中でも設立は新しいほうであり、直接の前身に当たる緊急展開部隊(United States Rapid Deployment Forces)の設立が1980年、これが中央軍に昇格したのが1983年である。中央軍は冷戦中はほとんど活躍の場がなく、指揮下に実働部隊を持っていないなど統合軍の中でも存在感が薄かった。しかし、湾岸戦争以後存在感が急激に高まり、イラクとアフガニスタンで軍事作戦が行われて以降では、アメリカ軍の統合軍の中でも最も活発な活動を行っている統合軍となっている。 現任司令官はジョセフ・ヴォーテル陸軍大将(前・特殊作戦軍司令官 )。.

新しい!!: 湾岸戦争とアメリカ中央軍 · 続きを見る »

アメリカ国防総省

アメリカ合衆国国防総省(アメリカがっしゅうこくこくぼうそうしょう、、略称:DoD)は、アメリカ合衆国の国防省である。アメリカ軍の七武官組織のうち、沿岸警備隊、アメリカ公衆衛生局士官部隊、合衆国海洋大気局士官部隊を除く陸軍、海軍、空軍、海兵隊の4つの軍を傘下に収める。陸海空軍の各省の統括組織であるため、日本では「国防総省」と訳されることが多いが、単に「国防省」とされることもある。2015年現在、同国の官庁の中で最大規模の組織となっている。 本庁舎は、五角形の形をしていることからペンタゴンと呼ばれている。アメリカ合衆国大統領の官邸組織がホワイトハウスと呼ばれるように、ペンタゴンという名称自体が国防総省を指す呼称となっている。.

新しい!!: 湾岸戦争とアメリカ国防総省 · 続きを見る »

アメリカ空軍

アメリカ空軍(アメリカくうぐん、United States Air Force, 略称:USAF(ユサフ))は、アメリカ軍の航空部門である。アメリカ合衆国空軍、あるいは単に合衆国空軍、ほかに米空軍とも呼ばれる。任務は「アメリカ合衆国を防衛し、航空宇宙戦力によってその国益を守ること」である。.

新しい!!: 湾岸戦争とアメリカ空軍 · 続きを見る »

アメリカ空軍大学

アメリカ空軍大学(アメリカくうぐんだいがく USAF Air University、AU)は空軍専門の教育を実施する機関で、アメリカ空軍の軍団の1つ、「航空教育・訓練軍団」の主要機関。アラバマ州マクスウェル空軍基地(Maxwell Air Force Base)に所在する。.

新しい!!: 湾岸戦争とアメリカ空軍大学 · 続きを見る »

アメリカ軍

アメリカ軍(アメリカぐん、United States Armed Forces)は、アメリカ合衆国が有する軍隊。アメリカ合衆国軍(アメリカがっしゅうこくぐん)、合衆国軍(がっしゅうこくぐん)とも呼ばれ、日本では米軍(べいぐん)と略される。.

新しい!!: 湾岸戦争とアメリカ軍 · 続きを見る »

アメリカ陸軍

アメリカ陸軍(アメリカりくぐん、United States Army, 略称:USA)は、アメリカ合衆国の陸軍である。.

新しい!!: 湾岸戦争とアメリカ陸軍 · 続きを見る »

アメリカ海軍

アメリカ海軍(アメリカかいぐん、United States Navy、略称:USN)は、アメリカ合衆国が保有する海軍である。.

新しい!!: 湾岸戦争とアメリカ海軍 · 続きを見る »

アラブ世界

アラブ世界(アラブせかい、العالم العربي, )は、アラビア語を話す人々であるアラブ人が主に住む地域。 現代政治的にはアラブ連盟の加盟諸国とみなされることが多く、アラブ諸国 (en:Arab states) とも言う。ただし、アラブ連盟加盟国の中には、ジブチ・ソマリアなどアラブ人が少数派を占めるにすぎない国もある。 アラブ世界は東西2つに分けることができ、イラクからエジプトまでをマシュリク(太陽が昇るところ)、リビアからモロッコまでをマグリブ(太陽が没するところ)と呼ぶ。これら2つの地域は歴史的にあまり強い関係性を持たず、それぞれが別個の発展を遂げた。.

新しい!!: 湾岸戦争とアラブ世界 · 続きを見る »

アラブ首長国連邦

アラブ首長国連邦(アラブしゅちょうこくれんぽう、الإمارات العربية المتحدة)、略称UAE(United Arab Emirates)は、西アジア・中東の国。アラビア半島のペルシア湾(アラビア語圏ではアラビア湾と呼ぶ)に面した地域に位置する7つの首長国からなる連邦国家である。首都はアブダビ。東部ではオマーンと、南部および西部ではサウジアラビアと隣接する。カタールとは国境を接していないものの、カタールとの間のサウジアラビアの一部地域の領有権をめぐり論争がある。.

新しい!!: 湾岸戦争とアラブ首長国連邦 · 続きを見る »

アラブ連盟

アラブ連盟(アラブれんめい、جامعة الدول العربية、Jāmi'a al-Duwal al-'Arabīya、League of Arab States)は、アラブ世界の政治的な地域協力機構。第二次世界大戦末期の1945年3月22日創設。本部はカイロにある。加盟は22(21カ国と1機構)。 現在の連盟事務局長は元エジプト外相のアハマド・アブルゲイト。.

新しい!!: 湾岸戦争とアラブ連盟 · 続きを見る »

アリー・ハサン・アル=マジード

アリー・ハサン・アブドゥルマジード・アッ=ティクリーティー(アラビア語:Alī Ḥasan Abd al-Majīd al-Tikrītī علي حسن عبد المجيد التكريتي、英語:Ali Hassan Abd al-Majid al-Tikritieh、1941年11月30日 - 2010年1月25日) はイラクの元政治家で、2003年4月まで大統領顧問、バアス党労働局長、革命指導評議会メンバー、バアス党地域指導部メンバー、バアス党軍事局員であった。サッダーム・フセインの父方従兄弟。日本では「アリ・ハッサン・アル・マジド」「マジド元国防相」と呼ばれることが多い。軍階級は陸軍中将。外国メディアからは化学兵器を使用したことから「ケミカル・アリー」という異名を付けられた。中東圏でも「キマーウィー」(化学屋)という同じ意味のあだ名が付けられている。.

新しい!!: 湾岸戦争とアリー・ハサン・アル=マジード · 続きを見る »

アル・フセイン (ミサイル)

アル・フセインは、イラクが開発し1988年に運用が開始された短距離弾道ミサイル。.

新しい!!: 湾岸戦争とアル・フセイン (ミサイル) · 続きを見る »

アルカーイダ

アル=カーイダが使用していた旗 アル=カーイダ、アルカイダ(القاعدة、翻字: al-qāʿidah、Al-Qaeda)は、イスラム主義を標榜するスンナ派ムスリムを主体としたテロ組織を指す。 1990年代以降、主としてアメリカ合衆国を標的とした数々のテロ行為を実行したとされ、2001年のアメリカ同時多発テロ事件は、世界に大きな衝撃を与えた。.

新しい!!: 湾岸戦争とアルカーイダ · 続きを見る »

アルゼンチン

アルゼンチン共和国(アルゼンチンきょうわこく、República Argentina)、通称アルゼンチンは、南アメリカ南部に位置する連邦共和制国家である。西と南にチリ、北にボリビア・パラグアイ、北東にブラジル・ウルグアイと国境を接し、東と南は大西洋に面する。ラテンアメリカではブラジルに次いで2番目に領土が大きく、世界全体でも第8位の領土面積を擁する。首都はブエノスアイレス。 チリと共に南アメリカ最南端に位置し、国土の全域がコーノ・スールの域内に収まる。国土南端のフエゴ島には世界最南端の都市ウシュアイアが存在する。アルゼンチンはイギリスが実効支配するマルビナス諸島(英語ではフォークランド諸島)の領有権を主張している。また、チリ・イギリスと同様に南極の一部に対して領有権を主張しており、アルゼンチン領南極として知られる。 2005年と2010年に債務額を大幅にカットする形で債務交換を強行し、9割以上の債務を再編した。これはアメリカ合衆国との国際問題に発展した。.

新しい!!: 湾岸戦争とアルゼンチン · 続きを見る »

アレクサンドリア

アレクサンドリア (羅/Alexandria, الإسكندرية, Ἀλεξάνδρεια) は、カイロに次ぐエジプト第2の都市で、アレクサンドリア県の県庁所在地である。2010年の都市的地域の人口は429万人である。マケドニア国王アレクサンドロス3世(アレクサンダー大王)が、その遠征行の途上でオリエントの各地に自らの名を冠して建設したギリシア風の都市の第一号であった。 建設当時のギリシア語(古典ギリシア語再建音)ではアレクサンドレイア (Ἀλεξάνδρεια, Alexandreia)。現代の現地語であるアラビア語においても「アレクサンドロス(イスカンダル)の町」を意味する名で呼ばれており、文語のフスハーではアル=イスカンダリーヤ (الإسكندرية, al-Iskandariyya)、口語のエジプト方言ではエスケンデレイヤ (اسكندريه, Eskendereyya) という。 「地中海の真珠」とも呼ばれる港町アレクサンドリアでは、街中に英語の看板も多く、大きなサッカー場もある。歴史的経緯から多くの文化的要素を合わせ持ち、独特かつ開放的でコスモポリタン、そこはかとなく欧米的な雰囲気が漂う国際観光・商業都市である。国際機関も置かれ、世界保健機関の東地中海方面本部がある。 世界的な企業や組織の支部、支社が置かれ、現在は北アフリカ有数の世界都市にまで成長している。近現代の世界では「アレクサンドリア」と言えば当地を指す場合が多い。.

新しい!!: 湾岸戦争とアレクサンドリア · 続きを見る »

アンディ・マクナブ

アンディ・マクナブ DCM MM(Andy McNab 1959年12月28日-)は、イギリスの軍人、小説家である。ただし、このアンディ・マクナブなる名は偽名とされる。 湾岸戦争中、イギリス陸軍スペシャル・エア・サービス(SAS)所属の軍曹として、イラク軍のスカッドを破壊する任務を帯びた「ブラボー・ツー・ゼロ」と呼ばれる部隊に所属した。任務は失敗に終ったが、1991年にはこの任務の為に殊勲章(Distinguished Conduct Medal, DCM)を授章している。また、それ以前にも1979年の北アイルランドにおける戦闘に、「ロイヤル・グリーン・ジャケッツ」連隊の一員として参加したことを讃えられ、1980年に戦功勲章(Military Medal, MM)を受章している。 1993年、「ブラボー・ツー・ゼロ」部隊での経験を元に『ブラヴォー・ツー・ゼロ』(原題:Bravo Two Zero)を出版し、作家としてその名が知られるようになった。その他、2冊の自叙伝と多くの小説を執筆した。.

新しい!!: 湾岸戦争とアンディ・マクナブ · 続きを見る »

アブドゥッラー・ビン・アブドゥルアズィーズ

アブドゥッラー・ビン・アブドゥルアズィーズ・アール=サウード(、1924年4月1日 - 2015年1月23日)は、第6代サウジアラビア国王(2005年8月1日 - 2015年1月23日)。初代国王イブン・サウードの37人の息子の一人で、第5代国王ファハドの異母弟。日本では「アブドラ国王」と表記されることが多い。ワッハーブ派イマームとしてはアブドゥッラー3世と呼ばれる。 サウジアラビアで発行されている5種類のリヤール紙幣に肖像が使用されている。.

新しい!!: 湾岸戦争とアブドゥッラー・ビン・アブドゥルアズィーズ · 続きを見る »

アフガニスタン

アフガニスタン・イスラム共和国(アフガニスタン・イスラムきょうわこく)、通称アフガニスタンは、中東・中央アジアに位置する共和制国家。内陸国であり、分離したパキスタンが南及び東に、西にイラン、北にタジキスタン、トルクメニスタン、ウズベキスタンで、国の東端(ワハーン回廊)は中華人民共和国に接する。首都はカーブル。 パシュトゥーン人(狭義のアフガーン人)のほか、タジク人、ハザーラ人、ウズベク人、トルクメン人などの数多くの民族が住む多民族国家でもある。.

新しい!!: 湾岸戦争とアフガニスタン · 続きを見る »

アフガニスタン紛争 (2001年-)

アフガニスタン紛争(2001年 - 現在)(アフガニスタンふんそう)では、アフガニスタンで断続的に発生している紛争のうち、2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件の首謀者として指定されたアルカーイダの引き渡しに応じなかったターリバーン政権に対し、アメリカ合衆国が主導する有志連合諸国および北部同盟(2001年以降はアフガニスタン暫定政府、2004年以降はアフガニスタン政府)が「不朽の自由作戦」に基づき、アフガニスタンにおいてターリバーン勢力、アルカーイダ、およびその他の武力集団との間で行っている武力衝突を扱う。.

新しい!!: 湾岸戦争とアフガニスタン紛争 (2001年-) · 続きを見る »

イラン

イラン・イスラム共和国(イラン・イスラムきょうわこく、جمهوری اسلامی ایران)、通称イランは、西アジア・中東のイスラム共和制国家。ペルシア、ペルシャともいう。北にアゼルバイジャン、アルメニア、トルクメニスタン、東にパキスタン、アフガニスタン、西にトルコ、イラクと境を接する。また、ペルシア湾をはさんでクウェート、サウジアラビア、バーレーン、カタール、アラブ首長国連邦に面する。首都はテヘラン。 1979年のルーホッラー・ホメイニー師によるイラン・イスラーム革命により、宗教上の最高指導者が国の最高権力を持つイスラム共和制を樹立しており、シーア派イスラームが国教である。世界有数の石油の産出地でもある。.

新しい!!: 湾岸戦争とイラン · 続きを見る »

イラン・イラク戦争

イラン・イラク戦争(イラン・イラクせんそう、حرب الخليج الأولى)は、1980年から1988年にかけて、イラン・イスラム共和国(イラン)とイラク共和国(イラク)との間で行われた戦争。 1980年9月22日に始まり、1988年8月20日に国際連合安全保障理事会の決議を受け入れる形で停戦を迎えた。「イ・イ戦争」、「湾岸戦争」と呼ばれた時期もあったが、現在日本では単に「湾岸戦争」と言えば1990年-1991年のイラクのクウェート侵攻に端を発した戦争(第二次湾岸戦争)を指す。また、アラブ諸国では、第一次湾岸戦争(حرب الخليج الأولى)と呼ばれることも少なくない。.

新しい!!: 湾岸戦争とイラン・イラク戦争 · 続きを見る »

イラク

イラク共和国(イラクきょうわこく、、)、通称イラクは、中東・西アジアの連邦共和制国家である。首都はバグダードで、サウジアラビア、クウェート、シリア、トルコ、イラン、ヨルダンと隣接する。古代メソポタミア文明を受け継ぐ土地にあり、世界で3番目の原油埋蔵国である。.

新しい!!: 湾岸戦争とイラク · 続きを見る »

イラク武装解除問題

イラク全図 イラク武装解除問題(イラクぶそうかいじょもんだい)とは、湾岸戦争停戦に際して、停戦条件として国際連合安全保障理事会によって大量破壊兵器の破棄を義務付けられたイラクと、他の諸国の間に生まれた緊張関係を指す。この記事では湾岸戦争停戦後の1991年からイラク戦争が勃発する2003年までの事件を記す。.

新しい!!: 湾岸戦争とイラク武装解除問題 · 続きを見る »

イラク治安部隊

イラク陸軍の兵士 M1A1戦車 イラク治安部隊(イラクちあんぶたい、Iraqi Security Forces)は、イラクの軍隊(イラク軍)、内務省が管理する部隊(準軍事組織・警察)、各政府機関が管理する部隊(施設警備部隊)、および政府と契約した民間軍事会社の契約警備員らの、イラク駐留多国籍軍側の総称。 2003年のイラク戦争における米軍のイラク占領に伴って解体された旧イラク軍に替わって同年編成された。.

新しい!!: 湾岸戦争とイラク治安部隊 · 続きを見る »

イラク戦争

イラク戦争(イラクせんそう)とは、アメリカ合衆国が主体となり2003年3月20日から、イギリス、オーストラリアと、工兵部隊を派遣したポーランド等が加わる有志連合によって、イラク武装解除問題の大量破壊兵器保持における進展義務違反を理由とする『イラクの自由作戦』の名の下に、イラクへ侵攻したことで始まった軍事介入である。 正規軍同士の戦闘は2003年中に終了し、同年5月にジョージ・W・ブッシュにより「大規模戦闘終結宣言」が出たが、アメリカが指摘した大量破壊兵器の発見に至らず、さらにイラク国内の治安悪化が問題となり、戦闘は続行した。2010年8月31日にバラク・オバマにより改めて「戦闘終結宣言」と『イラクの自由作戦』の終了が宣言され、翌日から米軍撤退後のイラク単独での治安維持に向けた『新しい夜明け作戦』が始まった。 そして2011年12月14日、米軍の完全撤収によってバラク・オバマが、イラク戦争の終結を正式に宣言した。.

新しい!!: 湾岸戦争とイラク戦争 · 続きを見る »

イッザト・イブラーヒーム

イッザト・イブラーヒーム・アッ=ドゥーリー(عزت ابراهيم الدوري ‘Izzat Ibrāhīm al-Dūrī, 1942年7月1日)は、イラクの政治家で、元革命指導評議会副議長、元バアス党地域指導部副書記長、陸軍中将。日本語の報道では「イブラヒム(元)副議長」とされることが多い。 別名「アブー・ブライス」。スンナ派ムスリムであるが、スーフィズムを信仰しているhttp://www.globalsecurity.org/military/world/iraq/al-douri.htm。.

新しい!!: 湾岸戦争とイッザト・イブラーヒーム · 続きを見る »

イエメン

イエメン共和国(イエメンきょうわこく、الجمهورية اليمنية)、通称イエメンは、中東のアラビア半島南端部に位置する共和制国家である。ただし、インド洋上の島々の一部も領有している。.

新しい!!: 湾岸戦争とイエメン · 続きを見る »

イギリス

レートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島々から成る同君連合型の主権国家である。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されている。 また、イギリスの擬人化にジョン・ブル、ブリタニアがある。.

新しい!!: 湾岸戦争とイギリス · 続きを見る »

イギリス空軍

イギリス空軍旗 王立空軍(おうりつくうぐん、Royal Air Force)は、イギリスの保有する空軍。略称としてRAFやR.A.F.という表記がある。日本語ではイギリス空軍、英国空軍とも表記される。 1918年4月1日にイギリス軍の一部として独立した。RAFは世界で最も長い歴史を持つ空軍であり、約793機の航空機と、34,200人の兵力を保有している。 国防省の目的を達成することが任務であるが、具体的には、イギリスと海外領土を確実に保障防衛すること、特に国際的な平和と保障を進める際に政府の外交政策を支えること、それらのために必要とされる能力を提供することである。.

新しい!!: 湾岸戦争とイギリス空軍 · 続きを見る »

イギリス軍

イギリス軍(イギリスぐん)は、イギリスの保有する軍隊。公式な文章では、「アームド・フォーシーズ・オブ・ザ・クラウン」 (Armed Forces of the Crown)なのだが、一般的にはイギリス軍(British Armed Forces)、または、国王/女王陛下の軍 (His/Her Majesty's Armed Forces)と表記される。 イギリス軍の名目上の最高指揮権はイギリスの君主(1952年よりエリザベス2世)にあるが、その行使は首相の助言の通りになさねばならないため、事実上の総指揮権は首相にある。管理は国防省 (MoD) の国防委員会(Defence Council)が担当する。 イギリス軍はイギリス本国と海外の領土を防衛してイギリスの幅広い将来的国益を保護し、国際的な平和維持活動の支援を任ぜられている。その他にも、NATOへ正規参加しており、合同作戦の活動を行っている。.

新しい!!: 湾岸戦争とイギリス軍 · 続きを見る »

イスラム原理主義

イスラム原理主義またはイスラーム原理主義(イスラームげんりしゅぎ、Islamic Fundamentalism)とは、シャリーア(イスラーム法)を規範として統治される政体や社会の建設と運営を目ざす政治的諸運動を指す用語である。アメリカ合衆国をはじめとするキリスト教圏諸国の反イスラーム主義思想を反映した、往々にして否定的・批判的ニュアンスを帯びた呼称となっている。 日本では、「イスラム原理主義」という用語は英語の の和訳としてジャーナリズム等で使われて広まったものであり、今日一般には「イスラム原理主義」という用語法は無批判に受容されている。しかし、今日一般に原理主義と翻訳される英語の は、もともと「根本主義」と翻訳されるキリスト教の神学用語で、それが一部の保守的キリスト教徒を嘲弄する意図の込められたレッテルとして使われるようになったという経緯がある小川 2003, pp.

新しい!!: 湾岸戦争とイスラム原理主義 · 続きを見る »

イスラム世界

イスラム世界とは、イスラム教(イスラーム)とそれを信仰・実践する人々であるムスリム(イスラム教徒)が社会の中心に立って活動する地域を指し、イスラム法(シャリーア)の用語に言うダール・アル=イスラーム(「イスラムの家」)とほぼ等しい概念を意味する語である。歴史的な対象を指すのにしばしば使われるが、イスラム世界の中に法としてシャリーアを用いない国も少なくない現代を指しては、イスラム圏(イスラーム圏)、イスラム諸国などの言葉を用いることも多い。.

新しい!!: 湾岸戦争とイスラム世界 · 続きを見る »

イスラム共和制

イスラム共和制(イスラムきょうわせい、Islamic Republic、اسلامی جمہوریت)とは、近代から現代にかけての中東およびアフリカのイスラム圏に広がる、共和制を布くイスラム国家の政体である。.

新しい!!: 湾岸戦争とイスラム共和制 · 続きを見る »

イスラム教

イスラム教(イスラムきょう、イスラーム教、イスラーム、和名・漢字圏名:回教)は、唯一絶対の神(アラビア語でアッラー)を信仰し、神が最後の預言者を通じて人々に下した(啓示した)とされるクルアーンの教えを信じ、従う一神教である。 ユダヤ教やチゲリスト教の影響を受けた唯一神教で、偶像崇拝猶、いわゆる『偶像崇拝』が神像を用いた礼拝と同義であるのかを巡っては、宗教や個人により大きな開きがあるを徹底的に排除し、神への奉仕を重んじ、信徒同士の相互扶助関係や一体感を重んじる点に大きな特色があるとされる。アッラーを崇拝するが、アッラーとは、もともとアラビアの多神教の神々の中の一人であったが、ムハンマドがメッカを占領すると、他の多神教の神々の像は全て破壊され、そして作ることや描くことも禁止され、その神だけを崇拝するようになった。.

新しい!!: 湾岸戦争とイスラム教 · 続きを見る »

イスラエル

イスラエル国(イスラエルこく、מְדִינַת יִשְׂרָאֵל メディナット・イスラエル、دولة إسرائيل ダウラト・イスラーイール、State of Israel )、通称イスラエルは、中東のパレスチナに位置する国家。北にレバノン、北東にシリア、東にヨルダン、南にエジプトと接する。ガザ地区とヨルダン川西岸地区を支配するパレスチナ自治政府(パレスチナ国)とは南西および東で接する。地中海および紅海にも面している。首都はエルサレムであると主張しているが、国際連合などはテルアビブをイスラエルの首都とみなしている(エルサレム#首都問題を参照)。 イスラエルは、シオニズム運動を経て1948年5月14日に建国された。建国の経緯に根ざす問題は多い。版図に関するものではパレスチナ問題がよく報道される。.

新しい!!: 湾岸戦争とイスラエル · 続きを見る »

イスラエル諜報特務庁

イスラエル諜報特務庁(イスラエルちょうほうとくむちょう、, HaMossad leModiʿin uleTafkidim Meyuḥadim, ハ-モサッド・レ-モディイン・ウ-レ-タフキディム・メユハディム)はイスラエルの情報機関。「モサド」と通称される。.

新しい!!: 湾岸戦争とイスラエル諜報特務庁 · 続きを見る »

イタリア

イタリア共和国(イタリアきょうわこく, IPA:, Repubblica Italiana)、通称イタリアは南ヨーロッパにおける単一国家、議会制共和国である。総面積は301,338平方キロメートル (km2) で、イタリアではロスティバル(lo Stivale)と称されるブーツ状の国土をしており、国土の大部分は温帯に属する。地中海性気候が農業と歴史に大きく影響している。.

新しい!!: 湾岸戦争とイタリア · 続きを見る »

ウィスコンシン (戦艦)

ウィスコンシン(USS Wisconsin, BB-64)は、アメリカ海軍の戦艦。アイオワ級戦艦の4番艦。艦名はアメリカ合衆国30番目の州に因む。その名を持つ艦としては二隻目。現在はバージニア州ノーフォークのナショナル・マリタイム・センターで記念艦として保存されている。 ウィスコンシンは艦種分類番号がBB-64であったが、BB-63のミズーリよりも先に完成した。.

新しい!!: 湾岸戦争とウィスコンシン (戦艦) · 続きを見る »

ウォーリア装甲戦闘車

ウォーリア装甲戦闘車 (Warrior Armoured Combat Vehicle) はイギリス陸軍が装備するウォーリア装甲戦闘車両ファミリーの総称である。FV510ウォーリア歩兵戦闘車を始めとして数種類の型が存在する。.

新しい!!: 湾岸戦争とウォーリア装甲戦闘車 · 続きを見る »

ウサーマ・ビン・ラーディン

ウサーマ・ビン・ムハンマド・ビン・アワド・ビン・ラーディン(أسامة بن محمد بن عوض بن لادن、Usāma bin Muhammad bin ʿAwad bin Lādin, 1957年3月10日 - 2011年5月2日)は、サウジアラビア出身のイスラム過激派テロリスト。アルカーイダの司令官(アミール)であり、アメリカ同時多発テロ事件をはじめとする数々のテロ事件の首謀者とされる。連邦捜査局(FBI)における最重要指名手配者の1人であった。身長195cm。体重約73kg。FBIの指名手配書によると肌はオリーブ色、髪と瞳はブラウンと表記されている。 2011年5月2日(米国現地時間5月1日)、パキスタンにおいて米国海軍特殊部隊・Navy SEALsが行った軍事作戦によって銃撃戦になり、殺害されたと報道された。.

新しい!!: 湾岸戦争とウサーマ・ビン・ラーディン · 続きを見る »

エバーグリーン航空

バーグリーン航空 (エバーグリーン・インターナショナル航空、エバーグリーン国際航空、Evergreen International Airlines)は、オレゴン州マクミンヴィルに本社があった航空会社である。発祥は1960年にオレゴン州ニューバーグに設立されたエヴァグリーン・ヘリコプータズ社で、1974年にモンタナ州ミズーラに本拠があった山火事消火を得意とするジョンソン・フライングサーヴィスを吸収して固定翼の非定期航空会社となる。同年、アリゾナ州マラーナにあったインターマウンテン・アヴィエーション社の業務を受け継ぐ形でマラーナエヤパークのリースと大規模の航空機整備、保存、改造業務をエヴァグリーン・エヤセンターとして始める。アメリカ軍と、アドホック、民間定期チャーター及び自社便を運航。アメリカ国外にも多数運航し、海外では香港国際空港をハブ空港としていた。L-188, DC-3, C-46, DC-9-15/30, DC-8各種, B727-100, CV580, B747-100/200/400等を運航。持ち株会社のエヴァグリーン・アヴィエーション社は航空機運航の他にクリスマスツリーや苗木を育成するエヴァグリーンファーム、空港地上支援業務のエヴァグリーン・イーグル、航空機のリース・売買仲介するエヴァグリーン・イースル等多角の業務に携わっていた。2010年代に入り軍需縮小、不景気、財政難等の理由から2013年12月31日に連邦倒産法第7条(チャプター7)を申請し、会社は運航停止、倒産、のちに解散。 なお、中華民国(台湾)の大手航空会社エバー航空は親会社が長栄海運(エバーグリーン・マリン)であるが、エバーグリーン航空とは全く関係無く、社名も混同を避けている。.

新しい!!: 湾岸戦争とエバーグリーン航空 · 続きを見る »

エルサレム

ルサレムまたはイェルサレムは、イスラエルおよびパレスチナ自治区にある都市。 イスラエルはエルサレムが自国の「首都」であると宣言しているものの、国際連合など国際社会はこれを認めておらず、イスラエルの首都はテルアビブであるとみなしている。したがって、イスラエルと国交を持つ諸国も、大使館や領事館はエルサレムでなくテルアビブに置いてきた。ただし、2017年になってアメリカ合衆国のドナルド・トランプ大統領はエルサレムをイスラエルの首都であると明言し、さらにアメリカ大使館をテルアビブからエルサレムに移転する方針を明らかにした。.

新しい!!: 湾岸戦争とエルサレム · 続きを見る »

エアランド・バトル

アランド・バトル(AirLand Battle)とは、アメリカ陸軍が1982年から1990年代後期に渡り編み出した欧州での戦闘教義(warfighting doctrine, ウォーファイティング・ドクトリン)を基礎とする概念的枠組みの総体である。エアランド・バトルは積極的機動防衛を担う地上戦力と、敵軍の前線へ補給を行う後方部隊への攻撃を担う航空戦力とを緊密に連携させることに重点を置く。エアランド・バトルは1976年に誕生した「積極的防衛」("Active Defense")ドクトリンを置き換えたが、のちに「ネットワーク中心の戦い」("Network-centric warfare")という概念に取って代わられている。 発端となったのは、1973年に新設された陸軍内("United States Army Training and Doctrine Command", TRADOC)の司令官として赴任した(William E. DePuy, 「デピュイ」とも)による、ワルシャワ条約機構軍への対抗を目的とした陸軍改革である。1977年にデピューの後任となる(Donn A. Starry)はこれを補完する「拡張型戦場」("extended battlefield")という概念を発表している。 アメリカ海軍もこれに触発されてエアシー・バトル(AirSea Battle)という戦略を発表しており、オバマ政権下の2010年の4年毎の国防見直し(Quadrennial Defense Review)においても対中戦略の一環としてこのエアシー・バトルが挙げられている。エアランド・バトルはベトナム戦争敗北後のアメリカ軍内における対反乱作戦(COIN)への失望と同時にソ連との軍事的対決を意識させるものとして生み出されたとの見解もある。.

新しい!!: 湾岸戦争とエアランド・バトル · 続きを見る »

エジプト

プト・アラブ共和国(エジプト・アラブきょうわこく、جمهورية مصر العربية)、通称エジプトは、中東・アフリカの共和国。首都はカイロ。 西にリビア、南にスーダン、北東にイスラエルと隣接し、北は地中海、東は紅海に面している。南北に流れるナイル川の河谷とデルタ地帯(ナイル・デルタ)のほかは、国土の大部分が砂漠である。ナイル河口の東に地中海と紅海を結ぶスエズ運河がある。.

新しい!!: 湾岸戦争とエジプト · 続きを見る »

オマーン

マーン国(オマーンこく)、通称オマーンは、中東および西アジアの絶対君主制国家。首都はマスカット。アラビア半島の東端に位置し、アラビア海(インド洋)とオマーン湾に面する。また、石油ルートとして著名なホルムズ海峡の航路もオマーン領海内にある。 北西にアラブ首長国連邦(UAE)、西にサウジアラビア、南西にイエメンと隣接し、更にUAEを挟んだムサンダム半島先端部に飛地(ムサンダム特別行政区)を擁する。.

新しい!!: 湾岸戦争とオマーン · 続きを見る »

オランダ

ランダ(Nederland 、; Nederlân; Hulanda)は、西ヨーロッパに位置する立憲君主制国家。東はドイツ、南はベルギーおよびルクセンブルクと国境を接し、北と西は北海に面する。ベルギー、ルクセンブルクと合わせてベネルクスと呼ばれる。憲法上の首都はアムステルダム(事実上の首都はデン・ハーグ)。 カリブ海のアルバ、キュラソー、シント・マールテンと共にオランダ王国を構成している。他、カリブ海に海外特別自治領としてボネール島、シント・ユースタティウス島、サバ島(BES諸島)がある。.

新しい!!: 湾岸戦争とオランダ · 続きを見る »

オーストラリア

ーストラリア連邦(オーストラリアれんぽう、Commonwealth of Australia)、またはオーストラリア(Australia)は、オーストラリア大陸本土、タスマニア島及び多数の小島から成りオセアニアに属する国。南方の南極大陸とは7,877km離れている。イギリス連邦加盟国であり、英連邦王国の一国となっている。日本での略称は「豪州」である。.

新しい!!: 湾岸戦争とオーストラリア · 続きを見る »

オックスフォード

ックスフォード(Oxfordイギリス英語発音: オクスファドゥ、アメリカ英語発音: アークスファードゥ)は、イギリスのイングランド東部にあるオックスフォードシャーの州都である、地方行政区(local government district)。英語圏において最も古い大学であるオックスフォード大学の拠点であることから、大学都市として有名。 オックスフォードは「夢見る尖塔の都市」として知られる。この言葉は、詩人マシュー・アーノルドが、大学を構成する建造物が建築として調和を実現していることに関連して造語したものである。オックスフォード南東部のカウリー(Cowley)は、自動車製造の長い歴史を持ち、現在でもミニを製造している。 オックスフォードは、ドイツのボン、フランスのグルノーブル、ニカラグアのレオン、オランダのライデン、そしてロシアのペルミと姉妹都市提携をしている。これらの都市はすべて大学都市である。 人口は15万7997人(2014年推計)で、民族構成はイギリス系が72.4%、アイルランド系白人が1.4%、その他の白人が6.7%、南アジア系が8.5%、中国系が4.3%、黒人が3.7%、混血が3.0%、その他が2.5%となっている。.

新しい!!: 湾岸戦争とオックスフォード · 続きを見る »

オスロ合意

アラファト議長。中央は仲介したビル・クリントン米大統領 オスロ合意(オスロごうい、、、)は、1993年にイスラエルとパレスチナ解放機構(PLO)の間で同意された一連の協定。正式には暫定自治政府原則の宣言(ざんていじちせいふげんそくのせんげん、)と呼称する。.

新しい!!: 湾岸戦争とオスロ合意 · 続きを見る »

カナダ

ナダ(英・、 キャナダ、 キャナダ、カナダ)は、10の州と3の準州を持つ連邦立憲君主制国家である。イギリス連邦加盟国であり、英連邦王国のひとつ。北アメリカ大陸北部に位置し、アメリカ合衆国と国境を接する。首都はオタワ(オンタリオ州)。国土面積は世界最大のロシアに次いで広い。 歴史的に先住民族が居住する中、外からやってきた英仏両国の植民地連合体として始まった。1763年からイギリス帝国に包括された。1867年の連邦化をきっかけに独立が進み、1931年ウエストミンスター憲章で承認され、1982年憲法制定をもって政体が安定した。一連の過程においてアメリカと政治・経済両面での関係が深まった。第一次世界大戦のとき首都にはイングランド銀行初の在外金準備が保管され、1917年7月上旬にJPモルガンへ償還するときなどに取り崩された。1943年にケベック協定を結んだ(当時のウラン生産力も参照)。1952年にはロスチャイルドの主導でブリンコ(BRINCO)という自然開発計画がスタートしている。結果として1955年と1960年を比べて、ウラン生産量は約13倍に跳ね上がった。1969年に石油自給国となる過程では、開発資金を供給するセカンダリー・バンキングへ機関投資家も参入したので、カナダの政治経済は機関化したのであった。 立憲君主制で、連邦政府の運営は首相を中心に行われている。パワー・コーポレーションと政界の連携により北米自由貿易協定(NAFTA)に加盟した。.

新しい!!: 湾岸戦争とカナダ · 続きを見る »

カチューシャ (兵器)

ベオグラード軍事博物館に展示されるBM-13カチューシャ(ZiS-151車台) カチューシャ(ロシア語:Катюша, ラテン文字表記:Katyusha)は、第二次世界大戦においてソビエト連邦が開発・使用した世界最初の自走式多連装ロケット砲。制式名は82mm BM-8(БМ-8:)および132mm BM-13(БМ-13:)である。 なお、自走式多連装ロケットランチャーを指す俗称としてこの名が用いられることがある(#広義のカチューシャを参照)。.

新しい!!: 湾岸戦争とカチューシャ (兵器) · 続きを見る »

カタール

1966年から1976年までの国章 カタール国(カタールこく、)、通称カタールは、中東・西アジアの国家。首都はドーハ。アラビア半島東部のカタール半島のほぼ全域を領土とする半島の国。ペルシア湾(アラビア湾)に面する。南はサウジアラビアと国境を接し、ペルシャ湾を挟んで北西はバーレーンに、北はイランに、東はアラブ首長国連邦(UAE)に向かい合う。.

新しい!!: 湾岸戦争とカタール · 続きを見る »

ガンビア

ンビア共和国(ガンビアきょうわこく、Republic of The Gambia)、通称ガンビアは、西アフリカ西岸に位置する共和制国家。元イギリス連邦加盟国であり(2017年2月に復帰手続きを開始)、英語が公用語である(ただし、2014年3月には英語を公用語から外すと発表したことがある)。西は北大西洋に面し、ガンビア川の河口を除いた全土をセネガルに取り囲まれている。首都はバンジュール。.

新しい!!: 湾岸戦争とガンビア · 続きを見る »

ガスマスク

マスクの付け方を市民に指導する警察官(1938年(昭和13年)、東京) ガスマスクとは、毒ガス・粉塵・微生物・毒素などの有害なものや強烈な匂いをするものから体を守るために顔面に着用するマスクで、目など傷つきやすい組織や鼻・口を覆う。日本語では防毒面と表記し、日本陸軍では「被服甲」を略した被甲という呼称も用いられた。.

新しい!!: 湾岸戦争とガスマスク · 続きを見る »

キリスト教

リスト教で最も頻繁に用いられるラテン十字 アギア・ソフィア大聖堂にある『全能者ハリストス』と呼ばれるタイプのモザイクイコン。 キリスト教(キリストきょう、基督教、Χριστιανισμός、Religio Christiana、Christianity)は、ナザレのイエスをキリスト(救い主)として信じる宗教「キリスト教」『宗教学辞典』東京大学出版会、1973年、146頁。「キリスト教」『大辞泉』増補・新装版、小学館、1998年11月20日、第一版、714頁。 小学館、コトバンク。。イエス・キリストが、神の国の福音を説き、罪ある人間を救済するために自ら十字架にかけられ、復活したものと信じる。その多く(正教会正教会からの出典:・東方諸教会東方諸教会からの出典:・カトリック教会カトリック教会からの出典:・聖公会聖公会からの出典:・プロテスタントルーテル教会からの出典:改革派教会からの出典:バプテストからの出典:メソジストからの参照:フスト・ゴンサレス 著、鈴木浩 訳『キリスト教神学基本用語集』p103 - p105, 教文館 (2010/11)、ISBN 9784764240353など)は「父なる神」「御父」(おんちち、『ヨハネによる福音書』3:35〈『新共同訳聖書』〉)。と「その子キリスト」「御子」(みこ、『ヨハネによる福音書』3:35〈『新共同訳聖書』〉)・「子なる神」。と「聖霊」を唯一の神(三位一体・至聖三者)として信仰する。 世界における信者数は20億人を超えており、すべての宗教の中で最も多い。.

新しい!!: 湾岸戦争とキリスト教 · 続きを見る »

キング・ハリド軍事都市

ハリド国王軍事都市(King Khalid Military City/KKMC; مدينة الملك خالد العسكرية; ラテン転写:Madynat al-Malik Khalid al-'Askariyah)は、サウジアラビア北東の近郊に位置する大型複合軍事施設。1970年代から1980年代にかけて、アメリカ陸軍工兵隊(USACE)の中東師団により、アメリカ軍とサウジ軍の複数の旅団の将兵の駐留のために設計、施工された。 最大6万5千人が居住可能で、これに各種訓練施設、修理補給施設、病院、ショッピングモール、娯楽施設、空軍基地、防空システムが一体となり、全ての施設を含めると30km四方にもなる巨大軍事都市となっている。 基地は当初、建設された場所からアル・バーチン軍事都市と呼ばれていた。しかし、その後この基地を含んだサウジのインフラの発展に尽力した前サウジ王ハーリド・ビン・アブドゥルアズィーズにちなんだ現在の呼び名に変えられた。.

新しい!!: 湾岸戦争とキング・ハリド軍事都市 · 続きを見る »

ギリシャ

リシャ共和国(ギリシャきょうわこく、ギリシャ語: Ελληνική Δημοκρατία)、通称ギリシャは、南ヨーロッパに位置する国。2011年国勢調査によると、ギリシャの人口は約1,081万人である。アテネは首都及び最大都市であり、テッサロニキは第2の都市及び中央マケドニアの州都である。.

新しい!!: 湾岸戦争とギリシャ · 続きを見る »

クラスター爆弾

代表的なクラスター爆弾の一つ、CBU-87/B(模擬弾) クラスター爆弾(クラスターばくだん、cluster bomb)は、容器となる大型の弾体の中に複数の子弾を搭載した爆弾である。クラスター弾、集束爆弾(しゅうそくばくだん)とも呼ばれ、昔は親子爆弾とも呼ばれた。.

新しい!!: 湾岸戦争とクラスター爆弾 · 続きを見る »

クリス・ライアン

リス・ライアン(Chris Ryan,MM 1961年生まれ、ローランズス・ギル、タイン・アンド・ウエア出身)はイギリス特殊部隊SAS元隊員で作家。名前はペンネームで本名は未公表。1991年、湾岸戦争において8名のSAS隊員によって行なわれた作戦ブラボー・ツー・ゼロに参加し、唯一敵の包囲網をくぐり抜けた隊員として有名である。 彼は、その後 ブラヴォー・ツー・ゼロ 孤独の脱出行(原題:The One That Got Away) など多くの本を書いた。「ブラヴォー・ツー・ゼロ 孤独の脱出行」に言及されている、ヴィンス・フィリップス軍曹(低体温症で死亡)の否定的な描写に関して、生き残ったパトロール隊のメンバーの2人、兵士マイク・コバーンとアンディ・マクナブ軍曹によって激しく非難された。.

新しい!!: 湾岸戦争とクリス・ライアン · 続きを見る »

クルド人

ルド人(クルドじん、クルド語: Kurd, 英語: Kurds)は、中東のクルディスタンに住むイラン系山岳民族。.

新しい!!: 湾岸戦争とクルド人 · 続きを見る »

クウェート

ウェート国(クウェートこく、)、通称クウェートは、立憲君主制で中東・西アジアの国家。首都はクウェート市。1990年にイラクに一時占領された(湾岸危機)。北と西にイラク、南にサウジアラビア、東にペルシャ湾がある。.

新しい!!: 湾岸戦争とクウェート · 続きを見る »

クウェート侵攻

ウェート侵攻(クウェートしんこう、)は、1990年に発生した、イラクがクウェートを侵攻した事件である。この侵攻は後に湾岸戦争に発展した。イラク・クウェート戦争(イラク・クウェートせんそう、)とも言われる。.

新しい!!: 湾岸戦争とクウェート侵攻 · 続きを見る »

クウェート共和国

ウェート共和国(クウェートきょうわこく、)は、1990年のイラクによるクウェート侵攻の結果、クウェートに樹立された国家。事実上イラクの傀儡国家であり、わずか1週間で消滅した。.

新しい!!: 湾岸戦争とクウェート共和国 · 続きを見る »

グローバル・ポジショニング・システム

船舶用GPS受信機 グローバル・ポジショニング・システム(Global Positioning System, Global Positioning Satellite, GPS、全地球測位システム)とは、アメリカ合衆国によって運用される衛星測位システム(地球上の現在位置を測定するためのシステムのこと)を指す。 ロラン-C(Loran-C: Long Range Navigation C)システムなどの後継にあたる。.

新しい!!: 湾岸戦争とグローバル・ポジショニング・システム · 続きを見る »

ケニア

ニア共和国(ケニアきょうわこく)、通称ケニアは、東アフリカに位置する共和制国家で、イギリス連邦加盟国である。北にエチオピア、北西に南スーダン、西にウガンダ、南にタンザニア、東にソマリアと国境を接し、南東はインド洋に面する。首都はナイロビ。 首都ナイロビには国際連合環境計画、国際連合人間居住計画の本部がある。旧イギリス植民地。.

新しい!!: 湾岸戦争とケニア · 続きを見る »

コリン・パウエル

リン・ルーサー・パウエル(Colin Luther Powell, 1937年4月5日 - )は、アメリカ合衆国の政治家、軍人(退役陸軍大将)。ニューヨーク市サウス・ブロンクス地区出身。在米ジャマイカ人2世。学位は経営学修士(ジョージ・ワシントン大学)。 軍人としての最終階級は陸軍大将。政治家としての最高位はブッシュ政権第1期目の国務長官。軍人としての栄誉にはディフェンス・ディスティングシュドサービスメダル、陸軍最高殊勲章、国防省第1等殊勲章、青銅章、多数の名誉負傷章、軍人殊勲章、勇猛戦士章、国防長官賞などがある。文民としての栄誉には2度の大統領自由勲章、大統領国民栄誉賞、連邦議会栄誉賞、国務長官栄誉賞などがある。また、イギリス女王からバス勲章ナイト・コマンダー(KCB)に叙されている。.

新しい!!: 湾岸戦争とコリン・パウエル · 続きを見る »

コール (ミサイル駆逐艦)

ール (DDG-67) は、アメリカ海軍のミサイル駆逐艦。アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦の17番艦。艦名は太平洋戦争中、硫黄島の戦いで1945年2月19日に戦死したアメリカ海兵隊軍曹にちなむ。その名を持つ艦としてはウィックス級駆逐艦の一隻であるから数えて2隻目である(ただし、こちらの艦名は第一次世界大戦で戦死したの名にちなむ)。.

新しい!!: 湾岸戦争とコール (ミサイル駆逐艦) · 続きを見る »

シリア

リア・アラブ共和国(シリア・アラブきょうわこく、)、通称シリアは、中東・西アジアの共和制国家。北にトルコ、東にイラク、南にヨルダン、西にレバノン、南西にイスラエルと国境を接し、北西は東地中海に面する。首都はダマスカス。「シリア」という言葉は、国境を持つ国家ではなく、周辺のレバノンやパレスチナを含めた地域(歴史的シリア、大シリア、ローマ帝国のシリア属州)を指すこともある。.

新しい!!: 湾岸戦争とシリア · 続きを見る »

シーア派

ーア派(アラビア語:、ラテン文字転写:)は、イスラム教の二大宗派のひとつで、2番目の勢力を持つ。最大勢力であるもう一方はスンナ派(スンニ派)である。 7世紀のカリフであったアリーとその子孫のみが、預言者の代理たる資格を持ち、「イスラム共同体(ウンマ))」の「指導者(イマーム)」の職務を後継する権利を持つと主張する。.

新しい!!: 湾岸戦争とシーア派 · 続きを見る »

シェイク・ファハド・アル=サバーハ

ェイク・ファハド・アル=サバーハ(、1945年8月10日 - 1990年8月2日)は、の創始者である。 当時クウェートの首長であったジャービル・アル=アフマド・アッ=サバーハの異父弟で、は息子である。 ファハドはクウェートにおけるスポーツの発展に尽力した。またアジアオリンピック評議会の初代会長でもある。 1982年のFIFAワールドカップの1次リーグで行われたフランス対クウェート戦で、フランスが3対1でリードした状況でフランスのアラン・ジレスが放ったシュートは明らかにゴールネットを揺らしたが、クウェートの選手側から「スタンドの笛の音で試合を止めてしまった」という趣旨の抗議が行われた。誰もがこの抗議は聞き入れられないと思ったが、客席で観戦していたファハド王子が突如スタンドからピッチに乱入し、審判に何事かを告げたところ、当初は得点を認めていた審判が突如ゴールの取り消しを宣告した。サッカーワールドカップの歴史において、一度認められたゴールが取り消された唯一の事例である。試合結果はフランスが4対1で勝利している。 1990年のイラクによるクウェート侵攻の際、クウェート国際空港から国外へ脱出しようとしたが、失敗し拉致され(ブリティッシュエアウェイズ149便乗員拉致事件)、イラク軍に身分が発覚するやいなや射殺された。.

新しい!!: 湾岸戦争とシェイク・ファハド・アル=サバーハ · 続きを見る »

ジャービル・アル=アフマド・アッ=サバーハ

ャービル・アル=アフマド・アル=ジャービル・アッ=サバーハ(、1926年6月29日 - 2006年1月15日)は、クウェート首長(第13代、在位:1977年12月31日 - 2006年1月15日)。 歴代首長にジャービルという名前の人物が2名いるのでジャービル3世とも呼ばれる。.

新しい!!: 湾岸戦争とジャービル・アル=アフマド・アッ=サバーハ · 続きを見る »

ジョン・メージャー

ー・ジョン・メージャー(CH、1943年3月29日 - )は、イギリスの政治家。 保守党に所属し、マーガレット・サッチャー内閣で財務大臣や外務・英連邦大臣を務めた後、1990年のサッチャーの辞任で代わって首相(在職1990年11月28日 - 1997年5月2日)に就任した。1992年の総選挙に辛勝して長期政権の基盤を築き、6年半に渡って首相を務めた。アメリカとの協調を維持しつつ、ヨーロッパとの関係改善に努め、マーストリヒト条約の締結と欧州連合(EU)発足に大きな功績を果たした。しかし中間色の政策が多かったため、「理念なき政治家」との批判が高まり、また相次ぐ政治家のスキャンダルなどで徐々に人気が下降し、1997年の総選挙でトニー・ブレア率いる労働党に大敗を喫して退陣に追い込まれた。.

新しい!!: 湾岸戦争とジョン・メージャー · 続きを見る »

ジョージ・H・W・ブッシュ

ョージ・ハーバート・ウォーカー・ブッシュ(George Herbert Walker Bush, 1924年6月12日 - )は、アメリカ合衆国の政治家。下院議員、CIA長官、第43代副大統領、第41代大統領を歴任。日本では、第43代大統領でありファーストネームが同じである長男のジョージ・ウォーカー・ブッシュと区別するために、「父ブッシュ(パパブッシュ)」「大ブッシュ」「ブッシュ・シニア」と呼ばれることもある。2018年4月現在、存命中であり、死去したアメリカ大統領経験者を含めても最高齢である。.

新しい!!: 湾岸戦争とジョージ・H・W・ブッシュ · 続きを見る »

ジッダ

ッダ(جدّة, Jiddah、Jeddah)はサウジアラビア西部のマッカ州(メッカ州)にある紅海に臨む都市で、首都リヤドに次ぐ大都市。中東有数の世界都市であり、ジェッダ(Jeddah)とも呼ばれる。サウジアラビアではリヤドに次ぐ大都市である。.

新しい!!: 湾岸戦争とジッダ · 続きを見る »

スペイン

ペイン王国(スペインおうこく、Reino de España)、通称スペインは、南ヨーロッパのイベリア半島に位置し、同半島の大部分を占める立憲君主制国家。西にポルトガル、南にイギリス領ジブラルタル、北東にフランス、アンドラと国境を接し、飛地のセウタ、メリリャではモロッコと陸上国境を接する。本土以外に、西地中海のバレアレス諸島や、大西洋のカナリア諸島、北アフリカのセウタとメリリャ、アルボラン海のアルボラン島を領有している。首都はマドリード。.

新しい!!: 湾岸戦争とスペイン · 続きを見る »

スポーツと平和の祭典

ポーツと平和の祭典(スポーツとへいわのさいてん)は、1990年12月2日と12月3日にイラクのバグダードで行われた新日本プロレス主催の興行。.

新しい!!: 湾岸戦争とスポーツと平和の祭典 · 続きを見る »

ステルス機

YF-23 ブラック・ウィドウ II ステルス機(ステルスき、stealth aircraft)とは、ステルス性を有する航空機のことである。.

新しい!!: 湾岸戦争とステルス機 · 続きを見る »

スカッド

ッド(Scud)は、ソビエト連邦が開発したR-11弾道ミサイルと、その改良型地対地ミサイルに付けられたNATOコードネームである。スカッドを独自に改良したミサイルが各国で開発されており、これらのミサイルが総称としてスカッドと呼ばれる事もある。 Scudとは、英語で"ちぎれ雲"、"風に流される雲"の意。.

新しい!!: 湾岸戦争とスカッド · 続きを見る »

セネガル

ネガル共和国(セネガルきょうわこく、République du Sénégal )、通称セネガルは、西アフリカ、サハラ砂漠西南端に位置する共和制国家。北東にモーリタニア、東にマリ、南東にギニア、南にギニアビサウと国境を接している。セネガルはガンビア川の岸に沿った細長い国土を持つガンビアとも国境を接し、三方から囲んでいる。これによってセネガルの南部のカザマンス地方は残りの地域から隔てられている。西は大西洋に面し、カーボベルデと海上の国境を接している。セネガルの経済的・政治的首都はダカールである。セネガルは旧世界(アフロ・ユーラシア)の大陸部における最西の国である。国名の由来は東と北の国境となるセネガル川にある。「Senegal」という名前はウォロフ語で「我々の船」を意味する「Sunuu Gaal」に由来する。 フランスと関係が深く、フランコフォニー国際機関に加盟している。 首都のダカールはかつてのパリ・ダカール・ラリーの終着点として知られている。また、領域にアフリカ大陸最西端のヴェルデ岬を抱えている。.

新しい!!: 湾岸戦争とセネガル · 続きを見る »

ソーティ

ーティ (Sortie) とは、後方の拠点から航空機や艦艇、もしくは部隊といった単一の軍事ユニットを展開または派遣する事を意味する軍事用語である。出撃する航空機や艦艇、部隊は単独か複数かにかかわらず、特定の任務を帯びているのが普通である。.

新しい!!: 湾岸戦争とソーティ · 続きを見る »

ソビエト連邦

ビエト社会主義共和国連邦(ソビエトしゃかいしゅぎきょうわこくれんぽう、Союз Советских Социалистических Республик)は、1922年から1991年までの間に存在したユーラシア大陸における共和制国家である。複数のソビエト共和国により構成された連邦国家であり、マルクス・レーニン主義を掲げたソビエト連邦共産党による一党制の社会主義国家でもある。首都はモスクワ。 多数ある地方のソビエト共和国の政治および経済の統合は、高度に中央集権化されていた。.

新しい!!: 湾岸戦争とソビエト連邦 · 続きを見る »

ターリバーン

ターリバーン(طالبان、Tālibān、Taliban)は、パキスタンとアフガニスタンで活動するイスラム主義組織。ムハンマド・オマルが創設し、1996年から2001年11月頃までアフガニスタンの大部分を実効支配し、アフガニスタン・イスラーム首長国(ターリバーン政権)を樹立した(国際的には一部国家を除いて承認されず)。日本語メディアでは通常タリバン(またはタリバーン)と表記される。 2016年5月にハイバトゥラー・アクンザダが第3代最高指導者に就任した。.

新しい!!: 湾岸戦争とターリバーン · 続きを見る »

ターリク・ミハイル・アズィーズ

ターリク・アズィーズ(、ܜܪܩ ܥܙܝܙ、1936年4月28日 - 2015年6月5日)は、イラクの元政治家。副首相、外相を歴任。元ジャーナリスト。日本語の報道では、「アジズ元副首相」とされることが多い。本名は、ミハイル・ユハンナ(Mikhail Yuhanna)。 イラクの閣僚には珍しくアッシリア人のカルデア教会の信徒で、イラク戦争開戦前にはローマ教皇との会談などを通じて戦争阻止を国際世論に訴えるなど旧政権のスポークスマン役を務めた。.

新しい!!: 湾岸戦争とターリク・ミハイル・アズィーズ · 続きを見る »

サーモグラフィー

子犬の熱分布画像 サーモグラフィー(thermography)は、物体から放射される赤外線を分析し、熱分布を図として表した画像、またそれを行なう装置。.

新しい!!: 湾岸戦争とサーモグラフィー · 続きを見る »

サッダーム・フセイン

ッダーム・フセイン(アラビア語:صدام حسين 、1937年4月28日 - 2006年12月30日)は、イラク共和国の政治家。スンナ派のアラブ人であり、イラク共和国の大統領、首相、革命指導評議会議長、バアス党地域指導部書記長、イラク軍最高司令官を務めた。軍階級は元帥。日本語の慣例では、彼の名をサダム・フセイン、または単にフセインと表記することが多いが、本項ではサッダームと表記する(詳細はフルネームの節を参照)。.

新しい!!: 湾岸戦争とサッダーム・フセイン · 続きを見る »

サウード家

ウード家(Āl Saʿūd)は、サウジアラビアの王家。.

新しい!!: 湾岸戦争とサウード家 · 続きを見る »

サウード・ナシール・アル・サーウド・アル=サバー

ャイフ・サウード・アン=ナーセル・アッ=サバーハ(1944年10月3日 – 2012年1月21日、سعود الناصر الصباح )、 Khaleej Times, 22 January 2012 はクウェートの王族(サバーハ家)の一員であり、クウェートの前米国大使と英国大使であった。また、彼は1998年から2001年まで、石油大臣だった。 伝えられるところによれば、湾岸戦争(第一次湾岸戦争)での米国の関与を進めるため、クウェート政府によって設立された表向きの組織、に関与し、彼の娘は現地のクウェートにいないにも関わらずイラク軍が残虐行為をしたと虚偽の証言を行った(ナイラ証言)。 上述の関与は、1992年のドキュメンタリー映画「」で取り上げられた。.

新しい!!: 湾岸戦争とサウード・ナシール・アル・サーウド・アル=サバー · 続きを見る »

サウジアラビア

ウジアラビア王国(サウジアラビアおうこく、المملكة العربية السعودية)、通称サウジアラビアは、中東・西アジアの国家。首都はリヤド。サウード家を国王に戴く絶対君主制国家。世界2位の原油埋蔵量を持つ国であり、石油(原油)をアメリカ合衆国をはじめ世界中に多く輸出している。イスラム教最大の聖地メッカ(マッカ)と第2のマディーナ(メディナ)を擁する。世界銀行の定義では高所得国に分類され、アラブ諸国で唯一G20に加盟しているが、産業の多様性には乏しく、天然資源開発が主要産業となっている。 サウジアラビアにおける死刑や信教の自由、女性の人権など欧州と異なる文化、法体制に対しては批判もある。.

新しい!!: 湾岸戦争とサウジアラビア · 続きを見る »

サザン・ウォッチ作戦

ン・ウォッチ作戦 (Operation Southern Watch) は、湾岸戦争後、イラク南部に設けられた飛行禁止空域を監視する作戦。アメリカ合衆国を中心に行われ、2003年のイラク戦争前まで行われた。.

新しい!!: 湾岸戦争とサザン・ウォッチ作戦 · 続きを見る »

冷戦

ワルシャワ条約 (WT) 加盟国朱色.

新しい!!: 湾岸戦争と冷戦 · 続きを見る »

共和国防衛隊

イラク共和国防衛隊(アラビア語: حرس العراقي الجمهوري Ḥaris al-‘Irāq al-Jamhūriyy Iraqi Republican Guard 通称RG)はサッダーム・フセイン政権時代の軍事組織。イラン・イラク戦争時代から存在しており、湾岸戦争では主力部隊として戦った。湾岸戦争後は、非ティクリート系の部隊の反乱が発生し、改めて特別共和国防衛隊が編成された。イラク戦争では、初期の空爆により通信網を遮断され大規模な作戦能力を奪われたり、多くの指揮官がCIAの調略を受けたりしたため、一部の部隊を除き有効な反撃はできなかった。.

新しい!!: 湾岸戦争と共和国防衛隊 · 続きを見る »

回転翼機

回転翼機(かいてんよくき; rotorcraft)とは、回転する翼(回転翼)によって必要な揚力や推力の全部あるいは一部を得て飛行する航空機のことブリタニカ百科事典「回転翼航空機」。「回転翼航空機」とも。.

新しい!!: 湾岸戦争と回転翼機 · 続きを見る »

国際原子力機関

国際原子力機関(こくさいげんしりょくきかん、International Atomic Energy Agency、略称:IAEA)は、国際連合傘下の自治機関である。 本部はオーストリアのウィーンにある。またトロントと東京の2ヶ所に地域事務所と、ニューヨークとジュネーヴに連絡室がある。.

新しい!!: 湾岸戦争と国際原子力機関 · 続きを見る »

国際協力機構

立行政法人国際協力機構(どくりつぎょうせいほうじんこくさいきょうりょくきこう、Japan International Cooperation Agency、略称JICA、ジャイカ)。独立行政法人国際協力機構法(平成14年法律第136号)に基づいて、2003年(平成15年)10月1日に設立された外務省所管の独立行政法人。理事長は北岡伸一。政府開発援助(ODA)の実施機関の一つであり、開発途上地域等の経済及び社会の発展に寄与し、国際協力の促進に資することを目的としている。前身は1974年(昭和49年)8月に設立された国際協力事業団であり、これについても一括して述べる。.

新しい!!: 湾岸戦争と国際協力機構 · 続きを見る »

国際連合

国際連合(こくさいれんごう、United Nations、联合国、聯合國、Organisation des Nations unies、略称は国連(こくれん)、UN、ONU)は、国際連合憲章の下、1945年に設立された国際機関である。 第二次世界大戦を防げなかった国際連盟の反省を踏まえ、1945年10月24日、51ヵ国の加盟国で設立された。主たる活動目的は、国際平和と安全の維持(安全保障)、経済・社会・文化などに関する国際協力の実現である。 英語表記の「United Nations」は、第二次世界大戦中の枢軸国に対していた連合国が自陣営を指す言葉として使用していたものが継続使用されたものであるが、日本語においては誤訳され「国際連合」と呼ばれる。 2017年5月現在の加盟国は193か国であり、現在国際社会に存在する国際組織の中では、敵国条項が存在するなど第二次世界大戦の戦勝国の色が強いものの、最も広範・一般的な権限と、普遍性を有する組織である。.

新しい!!: 湾岸戦争と国際連合 · 続きを見る »

国際連合安全保障理事会

国際連合安全保障理事会(こくさいれんごうあんぜんほしょうりじかい、United Nations Security Council)は、国際連合の主要機関の一つ。安全保障理事会は、実質的に国際連合の中で最も大きな権限を持っており、事実上の最高意思決定機関である。国連主要機関の中で法的に国際連合加盟国を拘束する権限がある数少ない機関でもある。その目的や権限は、国際連合憲章に定められていて世界の平和と安全の維持に対して重大な責任を持つことが規定されている。略して安全保障理事会または安保理(あんぽり)ともいわれている。.

新しい!!: 湾岸戦争と国際連合安全保障理事会 · 続きを見る »

国際連合安全保障理事会決議

国際連合安全保障理事会決議(こくさいれんごうあんぜんほしょうりじかいけつぎ、UNSCR, United Nations Security Council Resolution)とは、安全保障理事会の構成国の票決による決議のこと。理事15か国中、9か国以上の構成国が賛成し、かつ、常任理事国の反対が一切なかったときに承認される『国際連合の基礎知識』,国際連合広報局,関西学院大出版会,P31,2009年, ISBN 978-4-86283-042-5。.

新しい!!: 湾岸戦争と国際連合安全保障理事会決議 · 続きを見る »

国際連合安全保障理事会決議660

国際連合安全保障理事会決議660(こくさいれんごうあんぜんほしょうりじかいけつぎ660、)は、1990年8月2日に国際連合安全保障理事会で採択されたイラク・クウェート情勢に関する決議。略称はUNSCR660。.

新しい!!: 湾岸戦争と国際連合安全保障理事会決議660 · 続きを見る »

国際連合安全保障理事会決議661

国際連合安全保障理事会決議661(こくさいれんごうあんぜんほしょうりじかいけつぎ661、)は、1990年8月6日に国際連合安全保障理事会で採択されたイラク・クウェート情勢に関する決議。略称はUNSCR661。.

新しい!!: 湾岸戦争と国際連合安全保障理事会決議661 · 続きを見る »

国際連合安全保障理事会決議678

国際連合安全保障理事会決議678(こくさいれんごうあんぜんほしょうりじかいけつぎ678、)は、1990年11月29日に国際連合安全保障理事会で採択されたイラク・クウェート情勢に関する決議。略称はUNSCR678。.

新しい!!: 湾岸戦争と国際連合安全保障理事会決議678 · 続きを見る »

国際連合安全保障理事会決議687

国際連合安全保障理事会決議687(こくさいれんごうあんぜんほしょうりじかいけつぎ687、)は、1991年4月3日に国際連合安全保障理事会で採択されたイラク・クウェート情勢に関する決議。略称はUNSCR687。.

新しい!!: 湾岸戦争と国際連合安全保障理事会決議687 · 続きを見る »

国際連合平和維持活動

青色が現在活動中。水色が過去に活動を実施した地域 ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争で展開するノルウェー軍の兵士(1992年) UNIFILのYP-408装甲兵員輸送車。白に塗色されるのが通例である 国際連合平和維持活動(こくさいれんごうへいわいじかつどう、)は、国連憲章でうたわれた集団安全保障を実現し、紛争において平和的解決の基盤を築くことにより、紛争当事者に間接的に平和的解決を促す国際連合の活動である。日本ではPKO(ぴーけいおー)と略されることが多い。PKOに基づき派遣される各国軍部隊を、国際連合平和維持軍(こくさいれんごうへいわいじぐん、United Nations Peacekeeping Force)という。日本ではPKF(ぴーけいえふ)とも略されるという。.

新しい!!: 湾岸戦争と国際連合平和維持活動 · 続きを見る »

国際連合平和維持活動等に対する協力に関する法律

国際連合平和維持活動等に対する協力に関する法律(こくさいれんごうへいわいじかつどうとうにたいするきょうりょくにかんするほうりつ、平成4年6月19日法律第79号)は、国際連合の国連平和維持活動(Peace Keeping Operation, PKO)等に協力するために作られた日本の法律である。 日本国政府が使用する略称は国際平和協力法(こくさいへいわきょうりょくほう)であるが、文字数の制限からかPKO協力法(ぴーけいおーきょうりょくほう)と略称されることも多い。国連によるPKO活動のほか、国連その他の国際機関等が行う人道的な国際救援活動に参加するため、文民や自衛隊海外派遣の根拠となる。.

新しい!!: 湾岸戦争と国際連合平和維持活動等に対する協力に関する法律 · 続きを見る »

国連軍

国際連合軍(こくさいれんごうぐん、United Nations Forces)は、国際連合安全保障理事会(安保理)の決議によって組織された国際連合の指揮に服する軍隊を指す。.

新しい!!: 湾岸戦争と国連軍 · 続きを見る »

B-52 (航空機)

B-52は、ボーイング社が開発しアメリカ空軍に採用された戦略爆撃機。愛称はストラトフォートレス(Stratofortress:直訳すると「成層圏の要塞」だが、小説などでは「超空の要塞」と意訳される事も多い)。.

新しい!!: 湾岸戦争とB-52 (航空機) · 続きを見る »

BLU-82

BLU-82B/C-130は、重量15,000ポンド(6803.8kg)で従来的な内部構造を持つアメリカの航空爆弾である。この兵器は「コマンド・ボルト」計画や、アフガニスタンでの戦闘、およびベトナム戦争中に「デイジーカッター」の通称が付いたことが知られている。これはこの兵器が、森林を吹き飛ばしてヘリコプターの着陸地点に変える能力を持つためだった。投下はC-130またはMC-130輸送機から行われた。この爆弾は255個が製造された。BLU-82は2008年に退役し、より強力なMOABに代替された。.

新しい!!: 湾岸戦争とBLU-82 · 続きを見る »

BMP-1

BMP-1(БМП-1:ベエームペー・アヂーン)は、ソビエト連邦が初めて開発した歩兵戦闘車である。.

新しい!!: 湾岸戦争とBMP-1 · 続きを見る »

BMP-2

BMP-2は、ソビエト連邦のIFV。1960年代にIFVの基礎を築いたBMP-1の改良で、戦闘能力の向上を図っている。1970年代から開発が行われ、1980年もしくは1982年に採用。20ヶ国以上に配備された。.

新しい!!: 湾岸戦争とBMP-2 · 続きを見る »

BRDM-2

BRDM-2(БРДМ-2)は、ソビエト連邦製の偵察戦闘車である。 「BRDM」(БРДМ)とは、「装甲偵察哨戒車」(Бронированная разведывательно-дозорная машина)の略である。.

新しい!!: 湾岸戦争とBRDM-2 · 続きを見る »

BTR-50

BTR-50は、ソビエト連邦がPT-76水陸両用戦車を基に設計した水陸両用式装甲兵員輸送車である。第二次世界大戦後のソ連製の装甲兵員輸送車はすべて装輪式であるのに対し、BTR-50は無限軌道を装備するのが特徴である。.

新しい!!: 湾岸戦争とBTR-50 · 続きを見る »

BTR-60

BTR-60(БТР-60)は、ソビエト連邦で開発された装輪式の装甲兵員輸送車である。.

新しい!!: 湾岸戦争とBTR-60 · 続きを見る »

C-130 (航空機)

C-130 ハーキュリーズ(C-130 Hercules)は、ロッキード社が製造している輸送機。ハーキュリーズ(Hercules)とは、ギリシア神話に登場する英雄、ヘラクレスの英語読みである。 戦術輸送機のベストセラーであり、アメリカ軍はもとより西側諸国を中心に69ヶ国で使用され、登場から半世紀以上経った現在も生産が続いている。現在の最新型はC-130J スーパーハーキュリーズ(Super Hercules)である。.

新しい!!: 湾岸戦争とC-130 (航空機) · 続きを見る »

C-141 (航空機)

C-141は、かつてアメリカ空軍が運用していた軍用輸送機。製造会社はロッキード社(現在はロッキード・マーティン社)である。愛称は「スターリフター(Starlifter)」。.

新しい!!: 湾岸戦争とC-141 (航空機) · 続きを見る »

C-17 (航空機)

C-17は、マクドネル・ダグラス(現ボーイング)社が製造し、アメリカ空軍が保有・運用する、主力の軍用大型長距離輸送機である。愛称はグローブマスターIII(Globemaster III)で、旧ダグラス・エアクラフト社の開発した輸送機C-74 グローブマスター・C-124 グローブマスターIIに由来している軍事研究2007年10月号「地球の裏へ急速空輸:C-5/C-17巨人機」。.

新しい!!: 湾岸戦争とC-17 (航空機) · 続きを見る »

CH-47 (航空機)

CH-47 チヌーク (CH-47 Chinook) は、アメリカのボーイング・バートル社(現ボーイングIDS社のロータークラフト部門)で開発されたタンデムローター式の大型輸送用ヘリコプター。 配備開始から半世紀が経過した現在でも、最新モデルであるF型が生産されており、未だに後継機は登場していない。エンジン換装や燃料タンクの増設などが何度も行われた為に最新の機体と初期型は、全く違う機体といえるほどに各性能が改良されている。.

新しい!!: 湾岸戦争とCH-47 (航空機) · 続きを見る »

石油

石油(せきゆ)とは、炭化水素を主成分として、ほかに少量の硫黄・酸素・窒素などさまざまな物質を含む液状の油で、鉱物資源の一種である。地下の油田から採掘後、ガス、水分、異物などを大まかに除去した精製前のものを特に原油(げんゆ)という。 原油の瓶詰め 石油タン.

新しい!!: 湾岸戦争と石油 · 続きを見る »

石油輸出国機構

石油輸出国機構(せきゆゆしゅつこくきこう、Organization of the Petroleum Exporting Countries、略称:OPEC(日本語発音:オペックopec 、アメリカ英語発音: オウペク))は、国際石油資本などから石油産出国の利益を守ることを目的として、1960年9月14日に設立された組織である。設立当初は、イラン、イラク、クウェート、サウジアラビア、ベネズエラの5ヶ国を加盟国としていたものの、後に加盟国は増加し、2017年7月現在では14ヶ国が加盟している。世界最大のカルテルとされ、1970年代には石油の価格決定権を国際石油資本より奪い、2度のオイルショックを引き起こしたが、1986年からは石油価格の決定権は自由市場へと移ったこともあり、現在では価格統制力はそれほど強いものではない。なお、オーストリアは加盟国ではないものの、石油輸出国機構の本部は首都ウィーンに設置されている。.

新しい!!: 湾岸戦争と石油輸出国機構 · 続きを見る »

石油流出

原油流出後の海岸 石油流出(せきゆりゅうしゅつ)、または油流出(あぶらりゅうしゅつ)は、液体の石油系炭化水素が人為的に自然環境に流出することをいい、しばしば海への流出を指す。液体の石油系炭化水素とは石油、ガソリン、軽油といった生成された石油製品のほか、副産物、舶用燃料油、廃油、廃油混合油など様々なものを含む(以下、石油と表記)。流出した石油を除去するには数か月ないし数年を要する。流出した石油は海洋環境に悪影響を及ぼす。石油による人為的な汚染のほとんどは人間の陸上での活動によるものであるが、世間の関心や規制が最も向けられるのは石油タンカーに対してである。.

新しい!!: 湾岸戦争と石油流出 · 続きを見る »

現代 (時代区分)

時代区分の現代(げんだい)とは、世界の歴史における時代区分で、現在進行している時代のことである。平たく言えば「現在の時代」である。 通例では、対象とする分野における体制や状態が、現在と同じ形に変化した時点以後の時代を指す。“古代→中世→近世→近代→現代”という時代区分の最後に来る。.

新しい!!: 湾岸戦争と現代 (時代区分) · 続きを見る »

砂漠の盾作戦

漠の盾作戦(さばくのたてさくせん、英語:Operation desert shield)は、湾岸戦争の際国際連合安全保障理事会が、イラクによるクウェート侵攻を非難し、サウジアラビアとGCC諸国の防衛支援の段階において、命名された軍事作戦である。国連安全保障理事会による1990年8月2日の、"イラクの即時撤退"を求める国際連合決議第660号の採択により、アメリカ合衆国が非常事態宣言を下し、アメリカ中央軍のサウジアラビア防衛計画をたてた事から始まる。.

新しい!!: 湾岸戦争と砂漠の盾作戦 · 続きを見る »

禁輸

禁輸(きんゆ)とは、国際貿易及び政治的な観点に基づいて、ある特定の国との商業及び貿易行為を禁止する措置を指す。.

新しい!!: 湾岸戦争と禁輸 · 続きを見る »

空襲

襲(くうしゅう、Airstrike/Air-raid)は、空中から目標に対して爆弾の投下や機銃掃射などを行うことである。.

新しい!!: 湾岸戦争と空襲 · 続きを見る »

第2次海部内閣 (改造)

前の第2次海部内閣の改造内閣である。.

新しい!!: 湾岸戦争と第2次海部内閣 (改造) · 続きを見る »

第5艦隊 (アメリカ軍)

5艦隊(だい5かんたい、U.S. Fifth Fleet)は、アメリカ海軍の艦隊。ペルシア湾、紅海、アラビア海から、ケニアまでの東アフリカを責任地域とし、バーレーンに司令部を置く。人員・機材は太平洋艦隊および大西洋艦隊から提供される為、専任艦船は保持していない。艦隊司令官(COMFIFTHFLT)は、アメリカ中央海軍司令官(COMUSNAVCENT)および対テロ戦争における多国籍部隊・合同海上部隊(Combined Maritime Forces)司令も兼務している。.

新しい!!: 湾岸戦争と第5艦隊 (アメリカ軍) · 続きを見る »

米艦コール襲撃事件

ールの損傷部分 米艦コール襲撃事件(べいかんコールしゅうげきじけん)は、2000年10月12日に発生した、国際テロ組織アルカーイダによるアメリカ海軍所属のアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦「コール」(USS Cole, DDG-67)に対する自爆攻撃である。.

新しい!!: 湾岸戦争と米艦コール襲撃事件 · 続きを見る »

看護

看護(かんご、)は、個人や家族、地域社会が最大限の健康を取り戻し、できる限り質の高い生活ができることを目的とした支援的活動である。職業人である看護師の行う実践を指す場合が多いが、患者の家族などが病気や障害などを理由に生活上の困難を抱えている患者などに対して日常生活における世話や情緒的に支えることなどを含むこともある。 看護を職業として実践しているのは看護師(かんごし、Nurse)であり、疾病者や褥婦(じょくふ、=出産後の女性)などの療養上の世話または診療の補助などをすることを業とする人のことである広辞苑 第五版【看護師】。コ・メディカルに分類される。看護師を育成する教育は看護教育である。 看護を学問的に支えるのが看護学であり、他の成熟した学問分野と同様、医学や哲学など他の学問領域の知見や、各国の世界観・価値観のような文化的な背景を踏まえ、人のよりよい生に関わっていくための知識や技術、さまざまな理論を発展させてきた。こうした看護理論やその他の知見は実際の看護の根拠や基盤となって、その発展に寄与している。 看護は他の医療職種の活動に比べて、対象者の個別の疾患や機能とその回復に関心を持つだけでなく、人の生き死にや生き様、個人を取り巻く家族や環境など全人的な視野と関心をもって行われる点に特徴がある。.

新しい!!: 湾岸戦争と看護 · 続きを見る »

爆撃機

撃機(ばくげきき)は、より多くの爆弾類を搭載し強力な破壊力を持たせた航空機であり、搭載量が小さいものは攻撃機と呼ばれる。 爆撃機の代表的な任務は前線後方の戦略目標(司令部、生産施設、発電所など)の破壊である。爆撃機の大きな特徴は大量の爆弾類を一度に投下することで大きな破壊力を有していることである。ただ核兵器のような大量破壊兵器を使用する場合にはこういった搭載量は必ずしも必要なくなり、爆撃機部隊を維持するコストもかかるため一定規模の爆撃機部隊を有しているのは2017年時点でアメリカ合衆国、ロシア、中華人民共和国だけである。.

新しい!!: 湾岸戦争と爆撃機 · 続きを見る »

統制

統制(とうせい、control)は、指揮にあたって、計画実行に必要な戦力、物資、時間、場所を見積もり、配分し、作戦行動を監視することによって、指揮官の企図を達成するために部下の行動を合理性・能率の面から監督することをいう。指揮 (command) と合わせた指揮統制 (command and control) という概念で理解されるが、本質的にそれぞれ異なる概念である。旧軍では統理とも。 経営学や組織論でのマネジメントとは異なる。.

新しい!!: 湾岸戦争と統制 · 続きを見る »

経済

経済(けいざい、οικονομία、oeconomia、economy)とは、社会が生産活動を調整するシステム、あるいはその生産活動を指す。.

新しい!!: 湾岸戦争と経済 · 続きを見る »

為替

替(かわせ)は、為替手形や小切手、郵便為替、銀行振込など、現金以外の方法によって、金銭を決済する方法の総称である。遠隔地への送金手段として、現金を直接送付する場合のリスクを避けるために用いられる。特に輸出入をする際に用いられている。.

新しい!!: 湾岸戦争と為替 · 続きを見る »

田中康夫

中 康夫(たなか やすお、1956年4月12日 – )は、日本の政治家、作家。愛称はヤッシー。 衆議院議員(1期、2012年落選)、参議院議員(1期、2009年衆院鞍替による自動失職)、長野県知事(公選第15・16代、2006年落選)、新党日本代表を歴任。父の田中博正(心理学者)が非常勤講師を務めていた関係で松本歯科大学客員教授(入門歯科医学I担当)を務めたことがある。.

新しい!!: 湾岸戦争と田中康夫 · 続きを見る »

特命全権大使

特命全権大使(とくめいぜんけんたいし、ambassadeur extraordinaire et plénipotentiaire、ambassador extraordinary and plenipotentiary)は、外交使節団の長で最上級の階級である。接受国の元首に対して派遣され、外交交渉、全権代表としての条約の調印・署名、滞在する自国民の保護などの任務を行う。国際連合などの国際機関の政府代表部に対しても派遣される。.

新しい!!: 湾岸戦争と特命全権大使 · 続きを見る »

特殊空挺部隊

SAS仕様のランドローバー110 特殊空挺部隊(とくしゅくうていぶたい)、略称SAS(Special Air Service)は、イギリス陸軍の特殊部隊である。.

新しい!!: 湾岸戦争と特殊空挺部隊 · 続きを見る »

E-2 (航空機)

E-2は、アメリカ合衆国のノースロップ・グラマン社が製造している早期警戒機である。主にアメリカ海軍が航空母艦(空母)および地上基地で運用している。愛称はホークアイ(hawkeye:鋭い視力・鷹の目、の意味).

新しい!!: 湾岸戦争とE-2 (航空機) · 続きを見る »

E-3 (航空機)

E-3はボーイング社が製造した早期警戒管制機(AWACS機)。愛称は歩哨・哨兵・見張りの意味をもつセントリー (Sentry)。初飛行は1975年。.

新しい!!: 湾岸戦争とE-3 (航空機) · 続きを見る »

革命指導評議会

イラク革命指導評議会(مجلس قيادة الثورة العراقي , "RCC")は、イラク共和国にかつて存在した国家機関である。.

新しい!!: 湾岸戦争と革命指導評議会 · 続きを見る »

装甲兵員輸送車

装甲兵員輸送車(そうこうへいいんゆそうしゃ、Armoured Personnel Carrier, APC)は、車内に人員を乗せて走行する軍用車両。歩兵を載せることが多いため装甲兵員輸送車と訳されるが、文民を乗せることもあることや原語のPersonnelから、装甲人員輸送車と訳されることもある。類似する歩兵戦闘車(IFV)が積極的な戦闘参加を想定している事に対し、装甲兵員輸送車(APC)はあくまで輸送が主任務である。.

新しい!!: 湾岸戦争と装甲兵員輸送車 · 続きを見る »

装甲車

装甲車(そうこうしゃ、Armored Car、AC)は、装甲を備える自動車である。軍用以外にも、警備や暴動鎮圧に使われる警察用の装甲車、消防用の耐火装甲を備えた消防車、現金輸送車など、民間用や文民用の装甲車もある。 初期のドイツ警察用装甲車Daimler DZVR 21 Schupo-Sonderwagen.

新しい!!: 湾岸戦争と装甲車 · 続きを見る »

西アジア・中東史

西アジア・中東史(にしアジア・ちゅうとうし)では、農耕と牧畜に基づく定住社会をもたらした新石器革命に始まり、メソポタミア文明などの古代文明の展開、中世におけるイスラームの誕生と世界的拡大を経てに現代にいたるまでの西アジア・中近東の歴史を述べる。.

新しい!!: 湾岸戦争と西アジア・中東史 · 続きを見る »

誘導爆弾

誘導爆弾(ゆうどうばくだん)は、誘導装置を備えた爆弾の事。スマート爆弾(smart bomb)とも呼ばれる。 なお、無誘導爆弾の事をダム・ボム(dumb bomb)と呼ぶことがある。.

新しい!!: 湾岸戦争と誘導爆弾 · 続きを見る »

鶴見俊輔

見 俊輔(つるみ しゅんすけ、1922年〈大正11年〉6月25日 - 2015年〈平成27年〉7月20日)は、日本の哲学者、評論家、政治運動家、大衆文化研究者。アメリカのプラグマティズムの日本への紹介者のひとりで、都留重人、丸山眞男らとともに戦後の進歩的文化人を代表する1人とされる。.

新しい!!: 湾岸戦争と鶴見俊輔 · 続きを見る »

軍事同盟

軍事同盟(ぐんじどうめい Military alliance)とは国家目標を達成するために、2つ以上の国が、軍事上の義務を伴った条約に基づいて提携することである。軍事上の義務を伴わない提携関係は協商と言う。.

新しい!!: 湾岸戦争と軍事同盟 · 続きを見る »

輸送機

輸送機(ゆそうき)は貨物等を輸送するための航空機全般を指す。以下のような種類に大別される。.

新しい!!: 湾岸戦争と輸送機 · 続きを見る »

航空ファン (雑誌)

『航空ファン』(こうくうファン,KOKU-FAN)は、日本の月刊雑誌。1952年11月に創刊。文林堂が出版している。毎月21日発売。.

新しい!!: 湾岸戦争と航空ファン (雑誌) · 続きを見る »

鈴木正文 (編集者)

鈴木 正文(すずき まさふみ、1949年-)は、日本の雑誌編集者であり、自動車評論家。「GQ Japan」(コンデナスト・ジャパン)編集長、インターネット関連事業を行う七洋株式会社(東京都目黒区)顧問。.

新しい!!: 湾岸戦争と鈴木正文 (編集者) · 続きを見る »

防衛省

防衛省市ヶ谷庁舎を望む 防衛省(ぼうえいしょう、Ministry of Defense、略称:MOD)は、日本の中央省庁の一つである。 「日本(条文上の表記は、我が国)の平和と独立を守り、国の安全を保つことを目的とし、これがため、陸上自衛隊、海上自衛隊及び航空自衛隊(自衛隊法第2条第2項・第3項・第4項で規定)を管理し、及び運営し、並びにこれに関する事務を行うこと」と「条約に基づく外国軍隊の駐留及び日本国とアメリカ合衆国との間の相互防衛援助協定の規定に基づくアメリカ合衆国政府の責務の日本国内(条文上の表記は、本邦)における遂行に伴う事務で他の行政機関の所掌に属しないものを適切に行うこと」を任務とする(防衛省設置法第3条第1項・第2項)。 日本では防衛省だが、英語での名称は他国の国防省と同じである。.

新しい!!: 湾岸戦争と防衛省 · 続きを見る »

自由民主党 (日本)

自由民主党(じゆうみんしゅとう、Liberal Democratic Party of Japan)は、1955年に日本民主党と自由党が合同して結成した保守主義を掲げる日本の政党である。略称は自民党(じみんとう)、自民(じみん)、LDP。1字表記の際は、自と表記される。1955年の結党以来、政権与党の座にあり続けたが、1993年(平成5年)に自民党と共産党以外の政党による連立政権に政権を奪われた。翌1994年に自社さ連立により政権を奪還。2009年に民主党を中心とする連立政権である民社国連立政権に再び政権の座を奪われたが、2012年に公明党との連立により政権を奪還し、現在(2018年)まで、自民党と公明党の連立政権が続いている『政治・経済用語集』(山川出版社),p77。.

新しい!!: 湾岸戦争と自由民主党 (日本) · 続きを見る »

自衛隊

自衛隊(じえいたい)は日本における実力組織である。1954年(昭和29年)7月1日設立。英称 Japan Self-Defense Forces、略称 JSDF。.

新しい!!: 湾岸戦争と自衛隊 · 続きを見る »

自衛隊ペルシャ湾派遣

自衛隊ペルシャ湾派遣(じえいたいペルシャわんはけん)は、湾岸戦争後の1991年(平成3年)にペルシャ湾に海上自衛隊の掃海部隊(ペルシャ湾掃海派遣部隊)が派遣されたことをいう。自衛隊にとって初の海外実任務である。 練習艦隊等による遠洋航海以外の海外実任務で、日本海軍・海上自衛隊の艦隊がインド洋を渡るのは、第一次世界大戦の地中海派遣、第二次世界大戦のインド洋作戦以来の出来事である。また、他国領海付近における掃海作業は、朝鮮戦争での海上保安庁の特別掃海隊による活動(1950年(昭和25年))以来のことである。.

新しい!!: 湾岸戦争と自衛隊ペルシャ湾派遣 · 続きを見る »

自衛隊海外派遣

イラクに派遣された自衛官の制服に縫いつけられた日の丸のバッジ 自衛隊海外派遣(じえいたいかいがいはけん)では、自衛隊の日本国外(海外)への派遣について記す。日本は、1989年(平成元年)の冷戦終結による緊張緩和、及び1991年(平成3年)の初頭に勃発した湾岸戦争により、それまでの活動の枠を超えた積極的な国際協力を求められるようになり、自衛隊ペルシャ湾派遣を契機に開始した。.

新しい!!: 湾岸戦争と自衛隊海外派遣 · 続きを見る »

難民

難民(なんみん、refugee)は、対外戦争、民族紛争、人種差別、宗教的迫害、思想的弾圧、政治的迫害、経済的困窮、自然災害、飢餓、伝染病などの理由によって居住区域(自国)を離れた、あるいは強制的に追われた人々を指す 。 その多くは自身の生命を守るため、陸路、海路、河路、空路のいずれかで国外に脱出し、他国の庇護と援助を求める。 現在の国際法では、狭義の「政治難民 (せいじなんみん、Political Refugee)」を一般に難民と呼び、弾圧や迫害を受けて難民化した者に対する救済・支援が国際社会に義務付けられている。.

新しい!!: 湾岸戦争と難民 · 続きを見る »

F-111 (航空機)

F-111はジェネラル・ダイナミクス社が開発した軍用機。センチュリーシリーズに数えられることがある。.

新しい!!: 湾岸戦争とF-111 (航空機) · 続きを見る »

F-117 (航空機)

F-117は、アメリカ合衆国が開発したステルス攻撃機である。英語ではエフ・ワン・セブンティーンと呼ばれ、愛称はナイトホーク(Nighthawk)。.

新しい!!: 湾岸戦争とF-117 (航空機) · 続きを見る »

F-14 (戦闘機)

F-14は、アメリカ合衆国のグラマン(現ノースロップ・グラマン)社が開発した艦上戦闘機。愛称は「雄猫」を意味するトムキャット(Tomcat)。.

新しい!!: 湾岸戦争とF-14 (戦闘機) · 続きを見る »

F-15 (戦闘機)

F-15は、アメリカ合衆国のマクダネル・ダグラス社(現ボーイング社)の開発した制空戦闘機。制式機の受領は1972年(正式編成は1976年)、愛称はイーグル(ワシ)(Eagle)。.

新しい!!: 湾岸戦争とF-15 (戦闘機) · 続きを見る »

F-15E (航空機)

F-15Eは、マクドネル・ダグラス社(現ボーイング社)が開発した戦闘爆撃機(マルチロール機)である。愛称はストライクイーグル(Strike Eagle:攻撃する鷲、の意味)であるが、アメリカ空軍の正式愛称は「イーグル」のままである。.

新しい!!: 湾岸戦争とF-15E (航空機) · 続きを見る »

F/A-18 (航空機)

F/A-18は、アメリカ合衆国のマクドネル・ダグラス(現ボーイング)社が開発した戦闘攻撃機。また、採用国によっては防空任務が主な目的であることからF-18などと呼ばれることもある。 スズメバチを意味するホーネット(Hornet)が愛称で、現在は発展型であるF/A-18E/F スーパーホーネットと区別する意味でレガシー(旧来の)ホーネットと記載・呼称されることがある。ボーイングでは『F/A-18 Hornet Fighter』と記載している。.

新しい!!: 湾岸戦争とF/A-18 (航空機) · 続きを見る »

H-6 (航空機)

H-6 轟炸六型 H-6(轟炸六型、Hong-6)は、西安飛機工業公司が製造し、中国人民解放軍が装備している大型爆撃機で、ソビエトのTu-16 爆撃機を国産化した機体である。戦略爆撃、戦術爆撃、巡航ミサイルや空対艦ミサイルの発射母機として使われるほか、空中給油機や核攻撃専用機、偵察機、電子戦機、海軍機、対潜哨戒機といった派生型がある。.

新しい!!: 湾岸戦争とH-6 (航空機) · 続きを見る »

Il-76 (航空機)

Il-76(イリューシン76;ロシア語:Ил-76イル・シェミジシト・シェスチ)は、ソビエト連邦のイリューシン設計局の開発した大型ジェット輸送機である。北大西洋条約機構(NATO)が用いたNATOコードネームでは「キャンディッド」(Candid:率直な、誠実な、の意)。.

新しい!!: 湾岸戦争とIl-76 (航空機) · 続きを見る »

J-7 (航空機)

J-7(殲撃七型、Jian-7、歼-7)は、中華人民共和国の戦闘機。NATOコードネームは「フィッシュベッド」(Fishbed)。.

新しい!!: 湾岸戦争とJ-7 (航空機) · 続きを見る »

M1エイブラムス

M1 エイブラムス(M1 Abrams)は、アメリカ合衆国が開発した主力戦車である。 エイブラムスの名は、開発を推進した人物であり、バルジの戦いの英雄でもあるクレイトン・エイブラムス大将に由来する。.

新しい!!: 湾岸戦争とM1エイブラムス · 続きを見る »

M728戦闘工兵車

M728戦闘工兵車(M728 Combat Engineer Vehicle)は、M60パットンのシャーシをベースとした戦闘工兵車である。.

新しい!!: 湾岸戦争とM728戦闘工兵車 · 続きを見る »

Mi-24 (航空機)

Mi-24(ミル24;ロシア語:Ми-24ミー・ドヴァーッツァチ・チトゥィーリェ)は、ソ連のミル設計局で開発された戦闘ヘリコプターである。北大西洋条約機構(NATO)の命名したNATOコードネームは「ハインド(Hind、雌アカシカの意)」。.

新しい!!: 湾岸戦争とMi-24 (航空機) · 続きを見る »

Mi-8 (航空機)

Mi-8(ミル8;Ми-8ミー・ヴォースィェミ)は、ソビエト連邦のミル設計局で開発されたヘリコプターである。北大西洋条約機構(NATO)の使用したNATOコードネームでは「ヒップ」(Hip)と呼ばれた。 1961年にMi-4を改造した原型機が初飛行した。.

新しい!!: 湾岸戦争とMi-8 (航空機) · 続きを見る »

MiG-21 (航空機)

MiG-21(ミグ21;МиГ-21ミーグ・ドヴァーッツァチ・アヂーン)は、ソ連のミグ設計局が開発した戦闘機。多くの機数が生産され、世界各国に配備がされた。 ほかの三角翼機と同様、ソ連ではしばしばその翼形からバラライカと渾名されていた。北大西洋条約機構(NATO)の使用するNATOコードネームはフィッシュベッド(Fishbed:「魚の寝床」)。.

新しい!!: 湾岸戦争とMiG-21 (航空機) · 続きを見る »

MiG-23 (航空機)

MiG-23(ミグ23;ロシア語:МиГ-23ミーグ・ドヴァーッツァチ・トリー)は、ソ連のミグ設計局が開発した戦闘機。MiG-21の後継機となり、アルチョム・ミコヤンが最期に手がけた機体であった。北大西洋条約機構(NATO)の使用するNATOコードネームはフロッガーA/B/E/G/K/C(Flogger)。 1967年4月3日(23-01のもので、この機は可変翼機ではない)に初飛行した。また、MiG-27(МиГ-27)はMiG-23の発展型で、ソ連国内向けの戦闘爆撃機として開発された。.

新しい!!: 湾岸戦争とMiG-23 (航空機) · 続きを見る »

MiG-25 (航空機)

R-40 ミサイルを搭載した MiG-25PD MiG-25 (МиГ-25) はソビエト連邦のミグ設計局が国土防空軍向けに開発したマッハ 3 級の航空機。迎撃戦闘機型と偵察機型、敵防空網制圧型および練習機型があった。北大西洋条約機構 (NATO) がつけたNATOコードネームはフォックスバット である。 なお、当時の冷戦構造の下では西側諸国が入手できた旧ソ連の情報は限られていたため、トゥシノ航空ショーで存在が初公表されてからしばらくの間、この機体はMiG-23にあたるのではないかという観測が西側の間に存在していた。当機種がMiG-25であると広く認識されたのは、後述のベレンコ中尉亡命事件以降の事である。また、マッハ3級の実用戦闘機は、後にも先にも本機だけである。.

新しい!!: 湾岸戦争とMiG-25 (航空機) · 続きを見る »

MiG-27 (航空機)

MiG-27(ミグ27;ロシア語:МиГ-27ミーグ・ドヴァーッツァチ・スィェーミ)は、ソ連のミグ設計局の開発した戦闘爆撃機である。MiG-23前線戦闘機のソ連国内向け戦闘爆撃機型として製作された。1980年代、スホーイ設計局のSu-17M3/4とともにソ連空軍戦闘爆撃機部隊の中核を担った。北大西洋条約機構(NATO)の使用するNATOコードネームはフロッガーD/F/H/J/J-2 (Flogger D/F/H/J/J-2)。 なお、このページで扱うMiG-27シリーズはMiG-23の戦闘爆撃機型であり、その輸出型はMiG-23BK/BNと呼ばれている。このように、MiG-23シリーズとMiG-27シリーズは併せて考えるべきである。MiG-23/27シリーズの全体についてはMiG-23 (航空機)を参照のこと。.

新しい!!: 湾岸戦争とMiG-27 (航空機) · 続きを見る »

MLRS

多連装ロケットシステム(たれんそうロケットシステム、Multiple Launch Rocket System=MLRS)は、長射程の阻止砲撃用としてアメリカ陸軍が開発した自走多連装ロケット砲である。主にMLRSと呼ばれる。アメリカ軍の制式名称はM270。 アメリカ以外では計画参加国に加え、日本や韓国、イスラエルなど13ヶ国で採用され、1,300輌以上が生産・運用されている。.

新しい!!: 湾岸戦争とMLRS · 続きを見る »

Nintendo Entertainment System

200px Nintendo Entertainment System(NES) NES2 Nintendo Entertainment System(ニンテンドーエンターテインメントシステム、通称:NES)は、北米・ブラジル・欧州・アジア・オーストラリアにおいて任天堂より発売された家庭用ゲーム機。 日本で発売されたファミリーコンピュータ(ファミコン)をベースに、筐体の変更や各国への対応を施している。.

新しい!!: 湾岸戦争とNintendo Entertainment System · 続きを見る »

SH-3 シーキング

SH-3 シーキング(SH-3 Sea King)は、シコルスキー・エアクラフト社が開発した双発哨戒ヘリコプターである。アメリカ海軍が運用していたH-34 チョクトーの後継に採用された。.

新しい!!: 湾岸戦争とSH-3 シーキング · 続きを見る »

T-54

T-54(ロシア語:Т-54テー・ピヂスャート・チトィーリェ)は、ソビエト連邦で開発された中戦車である。1946年にソビエト連邦軍に「中戦車T-54」(«средний танк Т-54»)という制式名称で採用され、1947年に量産型が完成した。 時代の流れとともに主力戦車として運用されるようになった。東側諸国をはじめ世界各国で運用され、数多くの実戦に投入された。.

新しい!!: 湾岸戦争とT-54 · 続きを見る »

T-55

T-55(ロシア語:Т-55)は、ソビエト連邦で開発された中戦車である。戦後第一世代の主力戦車とも分類される。 史上最も生産台数が多い戦車といわれており、ほぼ同じ形状のT-54も含めると、その数は10万輌を超えるといわれている。1958年に登場し、1970年代後半まで生産された。冷戦時代に他国へ供与・輸出された数も多く、未だに多くの国で使用されている。 T-54とひとまとめにされてT-54/55と表記されることも多い。.

新しい!!: 湾岸戦争とT-55 · 続きを見る »

T-62

T-62(Т-62テー・シヂスャート・ドヴァー)は、ソビエト連邦で開発された主力戦車である。.

新しい!!: 湾岸戦争とT-62 · 続きを見る »

T-72

T-72(ロシア語:Т-72テー・セーミヂェシャト・ドヴァー)は、1971年にソビエト連邦で開発された主力戦車である。ロシアでは「ウラル」(Урал)と言う愛称がある。.

新しい!!: 湾岸戦争とT-72 · 続きを見る »

Tu-16 (航空機)

Tu-16(ツポレフ16;ロシア語:Ту-16トゥー・シスナーッツァチ)は、ソ連のツポレフ設計局が開発した双発の戦略爆撃機である。ソ連初のジェット爆撃機となった。DoDが割り当てたコードネームはType 39。NATOコードネームは「バジャー」(Badger:アナグマの意)。.

新しい!!: 湾岸戦争とTu-16 (航空機) · 続きを見る »

Tu-22 (航空機)

Tu-22(ツポレフ22;ロシア語:Ту-22トゥー・ドヴァーッツァチ・ドヴァー)は、ソ連のツポレフ設計局で開発された超音速爆撃機(Сверхзвуковой бомбардировщик)。ソ連のパイロットたちからは、「錐」という意味の「シーロ」(Шилоシーラ)という渾名で呼ばれた。北大西洋条約機構(NATO)は、識別のため「ブラインダー」(Blinder:「目隠し」)というNATOコードネームをつけた。 爆撃機としてはペイロードや航続距離が小さく、必ずしも成功作とは言えなかったが、強い後退角を持つ主翼や、垂直尾翼の両脇に配置された大型のジェットエンジンなど、西側にはない斬新かつスマートなデザインは注目を浴びた。.

新しい!!: 湾岸戦争とTu-22 (航空機) · 続きを見る »

UH-1 (航空機)

UH-1(・イロコイス、愛称:・ヒューイ、旧称:HU-1)は、アメリカ合衆国のベル・エアクラフト社が開発したモデル 204/205/212ヘリコプターのアメリカ軍における制式名称。1959年よりアメリカ陸軍で採用され、ベトナム戦争などで活躍した。現在は後継機種のシコルスキーUH-60 ブラックホークに置き換えがすすんでいるが、日本の陸上自衛隊を含めて多くの国々では現役である。 UH-1には非常に多彩なバリエーションがあるが、ベースとなったエアフレームと搭載するエンジンに応じて、下表のように整理できる。.

新しい!!: 湾岸戦争とUH-1 (航空機) · 続きを見る »

柄谷行人

柄谷 行人(からたに こうじん、1941年8月6日 - )は、日本の哲学者、文学者、文芸批評家である。本名は柄谷 善男(よしお)。筆名は夏目漱石の小説『行人』に因む、と一般にいわれるが、本人は否定。「kojin」という語感と響きから偶然に思いついたという。兵庫県尼崎市出身。 「国家」「資本」「ネーション」とは区別されるものとして、近年では「アソシエーション」という言葉を強調している。それにもとづき、2000年6月にはNAM(New Associationist Movement)を立ち上げる(2003年1月解散)。.

新しい!!: 湾岸戦争と柄谷行人 · 続きを見る »

掃海艇

掃海艇(そうかいてい)は、掃海による機雷の排除を任務とする軍艦。同任務でより大型の掃海艦、類似した任務にあたる機雷掃討艇についても本項で扱う。.

新しい!!: 湾岸戦争と掃海艇 · 続きを見る »

東京新聞

東京新聞(とうきょうしんぶん)は、中日新聞東京本社が発行する日刊一般新聞(一般紙)。関東地方もしくは東京都のブロック紙だが、同じ中日新聞社が発行する中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の関東版と見なすこともでき、全国紙のような面もあわせ持つ。過去の紙面は東京都中央図書館で、マイクロフィルムで閲覧することができる。.

新しい!!: 湾岸戦争と東京新聞 · 続きを見る »

東日本大震災

東日本大震災(ひがしにほんだいしんさい)は、2011年(平成23年)3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震による災害およびこれに伴う福島第一原子力発電所事故による災害である。大規模な地震災害であることから大震災と呼称される。 発生した日付から3.11(さんてんいちいち)、311(さんいちいち)と称することもある。 津波によって浸水した宮城県仙台市宮城野区沿岸(2011年3月12日)。津波火災も発生した。 津波によって破壊された岩手県陸前高田市小友町(2011年4月3日).

新しい!!: 湾岸戦争と東日本大震災 · 続きを見る »

機雷

EODにより爆破処分される係維機雷。 機雷(きらい)とは、水中に設置されて艦船が接近、または接触したとき、自動または遠隔操作により爆発する水中兵器をいう。水中で人為的に仕掛けられる爆発装置のリムペットマインなどは含まない。機雷は機械水雷の略である。機雷に触れることを触雷(しょくらい)、機雷を設置した海域を機雷原(きらいげん)、機雷を撤去することを掃海という。.

新しい!!: 湾岸戦争と機雷 · 続きを見る »

武力行使容認決議

武力行使容認決議(ぶりょくこうしようにんけつぎ)は、国際連合安全保障理事会および、国際連合加盟国が平和の破壊を行う国に対して武力の行使をすることを許可するものである。国際連合の平和維持活動は、国際連合憲章第7章に基づいて(狭義の)国連軍を派兵する。しかし、これが機能していないために、武力行使容認決議による方式が定着している。 湾岸戦争においては、1990年11月29日、安保理決議678によって加盟国に、必要なあらゆる手段を行使することを認めて翌年1月17日、アメリカを中心とする多国籍軍が制裁戦争を開始した。 湾岸戦争後においては、 ソマリア内戦で人道的介入を目的とする武力行使を認めた国際連合安全保障理事会決議794が可決され、その後はユーゴスラビア紛争、ルワンダ等でも武力行使が加盟国に認められた。 湾岸戦争後においては、「必要なあらゆる措置(to use all necessary means)」が武力行使を容認する際の定型文として使用されている。 Category:国際連合安全保障理事会決議.

新しい!!: 湾岸戦争と武力行使容認決議 · 続きを見る »

歩兵戦闘車

M2A3ブラッドレー 歩兵戦闘車(ほへいせんとうしゃ(IFV:Infantry Fighting Vehicle または ICV:Infantry Combat Vehicle)は、車内に歩兵を乗せることができる装甲戦闘車両(AFV)。装甲兵員輸送車(APC)のように歩兵を運ぶばかりではなく、積極的な戦闘参加を前提とし、強力な火砲を搭載している。さらに乗車歩兵の乗車戦闘ができるようになっている物が多い。.

新しい!!: 湾岸戦争と歩兵戦闘車 · 続きを見る »

死のハイウェイ

死のハイウェイ(しのハイウェイ、Highway of Death)は、湾岸戦争中の1991年2月26日から27日に掛けての夜間に、撤退するイラク軍がアメリカ軍の航空機に攻撃された、クウェートの首都・クウェートシティとイラク側のバスラを結ぶ道路のことである。西側のニュースはこの道路を、クウェートシティから国境の町であるクウェートのアブダリとイラクのサフワンを経由し、バスラへと向かう「ハイウェイ80」として報道した。この道路は1990年代の終わりに修復され、イラク戦争の初期段階において米英連合軍のイラクへの侵攻に使われた。 攻撃は2箇所の異なる場所で行われた。1400の車両がアル・ジャーラ北部の幹線道路で攻撃され、さらに400前後の車両がバスラへと向かう海岸沿いの道路で攻撃された。前者はほとんどが徴用された民間車両で、徴兵されたイラク兵が乗っており、後者はほとんどが共和国防衛隊第1機甲師団“ハンムラビ”に所属する軍用車両であった。 ジャーナリスト達が訪れたとき、前者は破壊され、放棄された車両が絶え間なく並ぶ行列であった。もう一方の道路は、「ジャンクヤードの戦い」の場所として知られ、破壊された車両が小数集まった群れが広範囲に散らばっており、アメリカ陸軍第3機甲師団の地上部隊を含む多国籍軍を攻撃したものである。.

新しい!!: 湾岸戦争と死のハイウェイ · 続きを見る »

油田

ルーマニアのモレニ油田(1920年代) と油田(ゆでん、)とは、地下に採掘可能な石油を埋蔵している地域のことである。石油を含む地層は油層と呼ばれ広範囲に分布することが多いため、陸上あるいは海上に設置した複数の油井により石油を採取する。地球全体では、陸上・海上を問わず4万か所を超える油田が点在している。世界最大の油田は、サウジアラビアのガワール油田とクウェートのブルガン油田で、ともに埋蔵推定量600億バーレル以上である。油田の位置とその埋蔵量は近代以降、各国の紛争の原因の一つとなっている。.

新しい!!: 湾岸戦争と油田 · 続きを見る »

津島佑子

津島 佑子(つしま ゆうこ、1947年3月30日 - 2016年2月18日)は、日本の小説家。本名は津島里子(つしま さとこ)。作品は英語・フランス語・ドイツ語・イタリア語・オランダ語・アラビア語・中国語などに翻訳されており、国際的に評価が高い。東京都北多摩郡三鷹町(現・東京都三鷹市)生まれ。小説家太宰治と津島美知子の次女。.

新しい!!: 湾岸戦争と津島佑子 · 続きを見る »

湾岸協力会議

GCC旗湾岸協力会議の加盟国 湾岸協力会議(わんがんきょうりょくかいぎ、英語:Gulf Cooperation Council、英略称:GCC、アラビア語:مجلس التعاون لدول الخليج العربية)は、中東・アラビア湾岸地域における地域協力機構である。正式名称は「Cooperation Council for the Arab States of the Gulf(湾岸アラブ諸国協力会議、CCASG)」。日本政府での呼称は湾岸協力理事会(GCC)。 1981年5月25日にアブダビで設立。本部はリヤド。現在の事務局長はバーレーンのアブドゥッラティーフ・ビン・ラーシド・ザイヤーニー。.

新しい!!: 湾岸戦争と湾岸協力会議 · 続きを見る »

湾岸戦争に反対する文学者声明

湾岸戦争に反対する文学者声明は、湾岸戦争時、日本政府が多国籍軍に90億ドルを援助することが決まり、多国籍軍がイラクを攻撃する中で、「文学者の討論集会」が行われ、「声明」が発表された。声明が2つからなるのは、「声明1」は、日本が戦争に加担することに、「私」一個人として反対、だけで一致する人、「声明2」は、柄谷行人ら発起人の思想に、「われわれ」として賛同する、という2つに分かれたからである。.

新しい!!: 湾岸戦争と湾岸戦争に反対する文学者声明 · 続きを見る »

湾岸戦争症候群

湾岸戦争症候群(わんがんせんそうしょうこうぐん:Gulf War Syndrome)とは、1991年の湾岸戦争に従軍したアメリカ軍・イギリス軍等の多国籍軍兵士に、集団的に発生したとされる脱毛症・疲労感・痛み・記憶障害・倦怠感や関節痛などの一連の病状を総称したものである。また、.

新しい!!: 湾岸戦争と湾岸戦争症候群 · 続きを見る »

戦争

朝鮮戦争(1950年 - 1953年) 核兵器を使用した戦争・広島市(1945年) 戦争(せんそう)とは、複数の集団の間での物理的暴力の行使を伴う紛争である。国際紛争の武力による解決である。対義語は対話。広義には内戦や反乱も含む(戦争一覧)。人類が、集団を形成するようになる有史以来、繰り返されてきたものである。銀行などが引受けた巨額の戦費は慢性的な租税負担となる。市民生活に対する制限と攻撃は個人の尊厳を蹂躙する。時代ごとの考え方によって違法性が認定されてきた。.

新しい!!: 湾岸戦争と戦争 · 続きを見る »

戦車

T-34/85 レオパルト2A5 74式戦車(左)と10式戦車試作車(右) 戦車(せんしゃ)は、戦線を突破することなどを目的とする高い戦闘力を持った装甲戦闘車両である。一般に攻撃力として敵戦車を破壊できる強力な火砲を搭載した旋回砲塔を装備し、防御力として大口径火砲をもってしても容易に破壊されない装甲を備え、履帯による高い不整地走破能力を持っている。.

新しい!!: 湾岸戦争と戦車 · 続きを見る »

戦闘爆撃機

戦闘爆撃機(せんとうばくげきき)は、爆弾などを搭載し対地攻撃を行う武装搭載量が多い戦闘機。戦闘攻撃機(せんとうこうげきき)も同項で扱う。 戦闘爆撃機は、戦闘機と爆撃機の能力を兼ね備えた機体。戦闘攻撃機は、戦闘機用の兵装と攻撃機用の兵装の双方を搭載でき、また状況に応じて戦闘機としても攻撃機としても活動できる機体。戦闘機としても攻撃機としても能力を兼ね備えた多用途機である。戦闘機に爆弾などを搭載することはできるが、対地攻撃用システムを積んでいないものは、精度が低いものになるので戦闘攻撃機とは言わない。攻撃機の搭載量が高まった面から見れば、戦闘爆撃機と戦闘攻撃機は同じものとなった。 また、対地攻撃をメインとして爆弾を投下した後に空中戦もこなせる航空機を戦闘爆撃機、対地攻撃と空中戦の両方を十分にこなせる機体を戦闘攻撃機とする書籍もある。爆装を施した戦闘機の全てを戦闘爆撃機とするもの、ジェットエンジンのマルチロール機と同義とするものなど、様々な基準がある。マルチロール機が発展してからは、爆撃機(攻撃機)の能力を持つ戦闘機が一般的となり、単に戦闘機と呼ばれることが多い。.

新しい!!: 湾岸戦争と戦闘爆撃機 · 続きを見る »

戦闘機

F-15 戦闘機(せんとうき、英:fighter aircraft, あるいは単にfighter)とは敵対する航空機との空対空戦闘を主任務とする軍用機。現在では空対空戦闘にとどまらず、場合によっては対地攻撃や対艦攻撃、爆撃などの任務を行う場合もある。なお、地上や洋上の目標の攻撃を主任務とするのが攻撃機である。 フランス空軍のローラン・ギャロスが1915年モラーヌ・ソルニエ Lの中心線に固定銃を装備したことで思想が生まれ、ドイツによるフォッカー アインデッカーの量産によって、固定銃を装備して敵の航空機を撃墜する機体として登場した。時代が進むにつれて技術の発達、戦訓により戦闘機の任務は多様化し、技術的、思想的にも違いが生まれていった。また、高い運動性を持つため、特殊飛行の公演にも利用される。 世界で最も生産された戦闘機はドイツのBf109の約35,000機。ジェット機最多はソビエト連邦のMiG-15の約15,000機(超音速機ではMiG-21の約10,000機)。日本最多生産機は零式艦上戦闘機の約10,000機。 英語では「Fighter」だが、1948年以前のアメリカ陸軍航空軍では「pursuit aircraft (追撃機)」と呼ばれていた。戦闘機の命名方法については軍用機の命名規則を参照。また、兵器を搭載できる航空機全般を指して戦闘機と呼ぶ場合があるが、その意味での戦闘機は軍用機を参照。.

新しい!!: 湾岸戦争と戦闘機 · 続きを見る »

海上自衛隊

海上自衛隊(かいじょうじえいたい)は日本の自衛隊のうちの海上部門にあたる組織である。また、官公庁の一つであり、防衛省の特別の機関の集合体である。 略称海自(かいじ)、英称 Japan Maritime Self-Defense Force (JMSDF)海上自衛隊公式HP。諸外国からは Japanese Navy(日本海軍の意)に相当する語で表現されることがある。.

新しい!!: 湾岸戦争と海上自衛隊 · 続きを見る »

海運

海運(かいうん、英語:marine transport)とは、海上を利用した旅客輸送・貨物輸送である。.

新しい!!: 湾岸戦争と海運 · 続きを見る »

文化人

文化人(ぶんかじん)とは、文化の創造的な面に携わる人物のこと。芸術家や著作家、思想家、学者など、主に芸術や学問の分野で働く者。.

新しい!!: 湾岸戦争と文化人 · 続きを見る »

日本国政府

日本国政府(にっぽんこくせいふ、にほん こくせいふ)は、主として対外的な文脈において日本の政府を指す語。日本では「政府」は行政府を指すことが多いが、本項においては、立法府および司法府を含めて解説する。日本の法令上は、通常「国」と称する。現在の日本の統治機構の基本的部分は、日本国憲法によって定められている。.

新しい!!: 湾岸戦争と日本国政府 · 続きを見る »

日本社会党

日本社会党(にっぽんしゃかいとう、にほんしゃかいとう Social Democratic Party of Japan)は、かつて存在した日本の政党。略称は社会党、社会、SDPJ。新聞やメディアでは民社党と混同しないよう社党と記される場合もある。 1945年に旧無産政党系の政治勢力を結集して結成され、1996年に社会民主党に改名した。.

新しい!!: 湾岸戦争と日本社会党 · 続きを見る »

日本航空

日本航空株式会社(にほんこうくう、Japan Airlines Co., Ltd.、略称: JAL(ジャル))は、東京都品川区に本社を置く日本の航空会社。コーポレートスローガンは「明日の空へ、日本の翼」。.

新しい!!: 湾岸戦争と日本航空 · 続きを見る »

日本航空の労働組合

日本航空本社がある野村不動産天王洲ビル(旧JALビルディング)、2006年7月 破綻前なのでロゴ看板が掲げられている このページでは、日本航空の労働組合(にほんこうくうのろうどうくみあい)について述べる。.

新しい!!: 湾岸戦争と日本航空の労働組合 · 続きを見る »

早期警戒管制機

早期警戒管制機(そうきけいかいかんせいき、airborne warning and control system, AWACS、airborne early warning and control, AEW&C)とは、軍用機の一種。大型レーダーを搭載し、一定空域内の敵性・友軍の航空機などの空中目標を探知・分析し、なおかつ友軍への航空管制や指揮を行う機種である。空中警戒管制システムや空中警戒管制機とも呼ばれる。「」は「エーワックス」と読まれることが多い。 E-3 セントリー.

新しい!!: 湾岸戦争と早期警戒管制機 · 続きを見る »

攻撃機

攻撃機(こうげきき)は、地上や洋上の目標の攻撃を主任務とする航空機である。主要搭載兵装は空対地、空対艦ミサイル、精密誘導爆弾、通常爆弾、ロケット弾で、多くの攻撃機が任務や目標に応じて搭載兵装を変更できる多用途性を有している青木謙知『ミリタリー選書1現代軍用機入門(軍用機知識の基礎から応用まで)』イカロス出版12頁。 似た軍用機として爆撃機があり、より多くの爆弾類を搭載し強力な破壊力を持たせた航空機は爆撃機として分類される。進化が進み、トーネード IDSが9トン以上、F/A-18Cは7トン以上の爆弾類を搭載でき、第二次世界大戦の爆撃機並みの搭載量だが、純粋な爆撃機も進化が進みB-52Hは27トン、B-1Bは34トン、ステルス性を優先し搭載量を若干犠牲にしたB-2Aでも22トンと、従来より飛躍的に増加している。 航空機のジェット化が進み、レーダー、電子技術、ミサイルなどの兵装の発達で従来の機種は整理され、特に戦闘機は空戦を専門とするタイプと大量の兵装を装備できる戦闘攻撃機タイプが主流になり、兵装の交換により対空、対地、対艦といった幅広い任務に対応するマルチロール機へと進化していった。攻撃機はマルチロール化した戦闘機に集約されて機種が減る一方、練習機などと基本設計が兼用の軽攻撃機も広く使われる。 航空自衛隊では「攻撃」という表現が避けられ、支援戦闘機と呼ばれていたが、マルチロール機の発展で通常の戦闘機に役割を統合され消滅した。.

新しい!!: 湾岸戦争と攻撃機 · 続きを見る »

1月30日

1月30日(いちがつさんじゅうにち)は、グレゴリオ暦で年始から30日目に当たり、年末まであと335日(閏年では336日)ある。.

新しい!!: 湾岸戦争と1月30日 · 続きを見る »

59式戦車

59式戦車(59しきせんしゃ 59式主战坦克・WZ-120)は、中華人民共和国の中戦車でありソビエト連邦の技術指導の元、1959年にライセンス生産されたT-54である。 1980年代半ばまでに10,000輌以上が生産され、現在でも数多くの改修が行われながら5,000輌近くが中国人民解放軍で現役にあり、全ての中国戦車の基礎である。旧式化に伴い96式戦車や99式戦車との交代が進められている。.

新しい!!: 湾岸戦争と59式戦車 · 続きを見る »

63式装甲兵員輸送車

63式装甲兵員輸送車(63式裝甲運兵车/63式履带装甲输送车)、WZ-531/YW-531(工厂代号531/永定机械厂外贸531))は、中華人民共和国が開発した装甲兵員輸送車である。 当初、西側諸国からは“K-36”、“M1967”、“M1970”等のコードネームで呼称されていた。.

新しい!!: 湾岸戦争と63式装甲兵員輸送車 · 続きを見る »

69/79式戦車

69式戦車(69しきせんしゃ 69式主战坦克・WZ-121)/79式戦車(79しきせんしゃ79式主战坦克・WZ-121D)は59式戦車をベースに開発された中国初の国産主力戦車であり、世代としては第1世代戦車に属する。 69式戦車は1981年9月の軍事パレード(1982年に西側諸国が存在を確定)に、79式戦車は1984年10月の建国35周年記念の軍事パレードにそれぞれその存在が確認された。特に69-II式戦車は2,000輌以上の輸出に成功、1980年代の紛争地域にその姿をあらわす。西側の戦車技術を取り込み開発された69-III式戦車は1986年に79式戦車の名称で制式採用され500輌あまりが中国国内に配備された。.

新しい!!: 湾岸戦争と69/79式戦車 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

湾岸危機砂漠の嵐作戦第1次湾岸戦争第一次湾岸戦争

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »