ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

温室効果ガス

索引 温室効果ガス

温室効果ガスと排出源の内訳 fast track 2000 project (2000年) 温室効果ガス(おんしつこうかガス、、)とは、大気圏にあって、地表から放射された赤外線の一部を吸収することにより、温室効果をもたらす気体の総称である。対流圏オゾン、二酸化炭素、メタンなどが該当する。近年、大気中の濃度を増しているものもあり、地球温暖化の主な原因とされている。.

40 関係: いぶき大気圏対流圏三フッ化窒素京都議定書亜酸化窒素二酸化炭素地球の大気地球産業文化研究所地球温暖化地球温暖化に対する懐疑論地球温暖化の原因地殻メタンリーマン・ショックフルオロメタンフルオロホルムフロン類オゾンカーボンオフセットジフルオロメタンセメント六フッ化硫黄国の温室効果ガス排出量リスト石炭石油福島第一原子力発電所事故環境会計環境省衛星赤外線IPCC第4次評価報告書排出取引東日本大震災による電力危機水蒸気気体気候変動温室効果放射2016年

いぶき

いぶき.

新しい!!: 温室効果ガスといぶき · 続きを見る »

大気圏

木星の大気圏の外観。大赤斑が確認できる 大気圏(たいきけん、)とは、大気の球状層(圏)。大気(たいき、、)とは、惑星、衛星などの(大質量の)天体を取り囲む気体を言う。大気は天体の重力によって引きつけられ、保持(宇宙空間への拡散が妨げられること)されている。天体の重力が強く、大気の温度が低いほど大気は保持される。.

新しい!!: 温室効果ガスと大気圏 · 続きを見る »

対流圏

対流圏(たいりゅうけん、troposphere)は、地球の大気の層の一つ。大気の鉛直構造において一番下(高度0kmから約11km)、地表と成層圏の間に位置する。成層圏との境界は対流圏界面と呼ばれる。。'tropos' はギリシャ語で「混ざること、混合」といった意味をもつ。対流圏内では空気の上下攪拌が行われている。.

新しい!!: 温室効果ガスと対流圏 · 続きを見る »

三フッ化窒素

三フッ化窒素(さんフッかちっそ)は化学式 NF3で表される無機化合物。この窒素-フッ素化合物は無色、有毒、無臭、不燃性、助燃性の気体である。半導体化学でエッチングガスとして使われるため、使用は増加傾向にある。.

新しい!!: 温室効果ガスと三フッ化窒素 · 続きを見る »

京都議定書

京都議定書(きょうとぎていしょ、Kyoto Protocol)は、1997年12月に京都市の国立京都国際会館で開かれた第3回気候変動枠組条約締約国会議(地球温暖化防止京都会議、COP3)で同月11日に採択された、気候変動枠組条約に関する議定書である。正式名称は、気候変動に関する国際連合枠組条約の京都議定書(Kyoto Protocol to the United Nations Framework Convention on Climate Change)。.

新しい!!: 温室効果ガスと京都議定書 · 続きを見る »

亜酸化窒素

亜酸化窒素(あさんかちっそ。英語、nitrous oxide)とは、窒素酸化物の1種である。化学式ではN2Oと表されるため、一酸化二窒素(いっさんかにちっそ)とも呼ばれる。 ヒトが吸入すると陶酔させる作用があることから笑気ガス(しょうきガス。英語、laughing gas)とも言い、笑気と略されることもある。また麻酔作用もあるため、全身麻酔など医療用途で用いることもあり、世界保健機関においては必須医薬品の一覧にも載せられている。この他にも、工業用途では燃料の発火促進のために使われる。また、調理用途では食材をムース状に加工するエスプーマと呼ばれる調理法に使用される。 しかし、陶酔感を得るために亜酸化窒素を乱用する者が後を絶たないことから、日本では、2016年2月18日に医薬品医療機器法に基づき「亜酸化窒素」が指定薬物に指定された。そして、日本では同月28日から、医療などの目的以外に亜酸化窒素を製造・販売・所持・使用することなどが禁止されるに至った。なお、乱用以外にも、亜酸化窒素が大気中へと放出されると、 紫外線によって分解されるなどして一酸化窒素を生成し、この一酸化窒素にはオゾン層を破壊する作用がある。したがって、亜酸化窒素の使用もオゾン層の破壊につながるという地球環境への問題も抱えている。.

新しい!!: 温室効果ガスと亜酸化窒素 · 続きを見る »

二酸化炭素

二酸化炭素(にさんかたんそ、carbon dioxide)は、化学式が CO2 と表される無機化合物である。化学式から「シーオーツー」と呼ばれる事もある。 地球上で最も代表的な炭素の酸化物であり、炭素単体や有機化合物の燃焼によって容易に生じる。気体は炭酸ガス、固体はドライアイス、液体は液体二酸化炭素、水溶液は炭酸・炭酸水と呼ばれる。 多方面の産業で幅広く使われる(後述)。日本では高圧ガス保安法容器保安規則第十条により、二酸化炭素(液化炭酸ガス)の容器(ボンベ)の色は緑色と定められている。 温室効果ガスの排出量を示すための換算指標でもあり、メタンや亜酸化窒素、フロンガスなどが変換される。日本では2014年度で13.6億トンが総排出量として算出された。.

新しい!!: 温室効果ガスと二酸化炭素 · 続きを見る »

地球の大気

上空から見た地球の大気の層と雲 国際宇宙ステーション(ISS)から見た日没時の地球の大気。対流圏は夕焼けのため黄色やオレンジ色に見えるが、高度とともに青色に近くなり、さらに上では黒色に近くなっていく。 MODISで可視化した地球と大気の衛星映像 大気の各層の模式図(縮尺は正しくない) 地球の大気(ちきゅうのたいき、)とは、地球の表面を層状に覆っている気体のことYahoo! Japan辞書(大辞泉) 。地球科学の諸分野で「地表を覆う気体」としての大気を扱う場合は「大気」と呼ぶが、一般的に「身近に存在する大気」や「一定量の大気のまとまり」等としての大気を扱う場合は「空気()」と呼ぶ。 大気が存在する範囲を大気圏(たいきけん)Yahoo! Japan辞書(大辞泉) 、その外側を宇宙空間という。大気圏と宇宙空間との境界は、何を基準に考えるかによって幅があるが、便宜的に地表から概ね500km以下が地球大気圏であるとされる。.

新しい!!: 温室効果ガスと地球の大気 · 続きを見る »

地球産業文化研究所

一般財団法人地球産業文化研究所(ちきゅうさんぎょうぶんかけんきゅうじょ、英:Global Industrial and Social Progress Research Institute, GISPRI)は、地球規模での資源・環境問題や、国際システム・産業・経済・文化・社会のあり方についての調査研究のために設立されたシンクタンクである。地球産業文化委員会を開催し、これらの問題についての政策提言を行っている。1988年12月1日に財団法人として設立され、2012年4月1日に一般財団法人に移行した。略称はGISPRIまたは地球研。 また、2005年日本国際博覧会の事前調査、計画の策定も政府から受託していた。2006年12月より2007年3月にかけて2005年日本国際博覧会協会の事業を順次継承し、3月末日の博覧会協会の完全解散後は完全に権利・義務・事業を継承している。 なお、2007年3月に実施された、博覧会協会と本研究所が共催した「博覧会開幕2周年記念行事」の中で(財)地球産業文化研究所の理事で、博覧会協会の事務総長(当時)であった中村利雄は、この研究所の愛称を「モリコロ財団」とする方向で検討していることを明言した(出典:)。.

新しい!!: 温室効果ガスと地球産業文化研究所 · 続きを見る »

地球温暖化

1940年–1980年の平均値に対する1999年から2008年の地表面の平均気温の変化 1990年–2010 年9月22日年の平均値に対する2070年から2100年の地表面の平均気温変化量の予測 地球温暖化(ちきゅうおんだんか、Global warming)とは、気候変動の一部で、地球表面の大気や海洋の平均温度が長期的に上昇する現象である。最近のものは、温室効果ガスなどの人為的要因や、太陽エネルギーの変化などの環境的要因によるものであるといわれている。単に「温暖化」とも言われている。.

新しい!!: 温室効果ガスと地球温暖化 · 続きを見る »

地球温暖化に対する懐疑論

温暖化の「象徴」にされているとされるキリマンジャロ山の氷帽縮小(PD NASA) ロス・グラシアレス国立公園)。温暖化で崩落ペースが加速することが問題とされる。 ホッケースティック曲線 地球温暖化に対する懐疑論(ちきゅうおんだんかにたいするかいぎろん、Skepticism to Global Warming)とは、地球温暖化は人為的なものでない、地球は温暖化していない等とする学説や意見である。この項目では実在する主張や反論をそのまま記載する。反論に対する再反論は記載しない。.

新しい!!: 温室効果ガスと地球温暖化に対する懐疑論 · 続きを見る »

地球温暖化の原因

(これはIPCC第4次評価報告書からの抜粋です) IPCC 第一作業部会(WG I)による報告書(自然科学的根拠, AR4 WG I)が発行された。 この報告書は気候システムおよび気候変化について評価を行っている。多くの観測事実とシミュレーション結果に基づき、人間による化石燃料の使用が地球温暖化の主因と考えられ、自然要因だけでは説明がつかないことを指摘している。.

新しい!!: 温室効果ガスと地球温暖化の原因 · 続きを見る »

地殻

1.

新しい!!: 温室効果ガスと地殻 · 続きを見る »

メタン

メタン(Methan (メターン)、methaneアメリカ英語発音: (メセイン)、イギリス英語発音: (ミーセイン)。)は最も単純な構造の炭化水素で、1個の炭素原子に4個の水素原子が結合した分子である。分子式は CH4。和名は沼気(しょうき)。CAS登録番号は 。カルバン (carbane) という組織名が提唱されたことがあるが、IUPAC命名法では非推奨である。.

新しい!!: 温室効果ガスとメタン · 続きを見る »

リーマン・ショック

リーマン・ショックは、2008年9月15日に、アメリカ合衆国の投資銀行であるリーマン・ブラザーズ・ホールディングス()が経営破綻したことに端を発して、連鎖的に世界規模の金融危機が発生した事象を総括的によぶ。 なお「リーマン・ショック」は和製英語であり、日本においては一連の金融危機における象徴的な出来事として捉えられているためこの語がよく使用されている。英語では同じ事象を (2008年金融危機) と呼ぶのが一般的である。文脈にもよるが (金融危機)だけで「リーマン・ショック」を意味することも多い。.

新しい!!: 温室効果ガスとリーマン・ショック · 続きを見る »

フルオロメタン

フルオロメタン (fluoromethane) とは、示性式が CH3F と表される有機化合物。フッ化メチル、フロン41、HFC-41とも呼ばれる。無色の気体。 広義にはメタンの水素原子をいくつかフッ素で置換した化合物群を意味し、区別するために「フルオロメタン類 (fluoromethanes)」と呼ばれる。 フロン類(ハイドロフルオロカーボン)の一種である。温室効果が知られ、温暖化係数 (GWP) は 150。オゾン層破壊作用はない。 半導体工業で、ケイ素表面のエッチング剤として用いられる。.

新しい!!: 温室効果ガスとフルオロメタン · 続きを見る »

フルオロホルム

フルオロホルム は、化学式 で表される有機化合物である。IUPAC名はトリフルオロメタン()であり、トリハロメタンに属する。フロンガスの一種(フロン23)である。 温室効果ガスであり、地球温暖化係数は、11,700 である。.

新しい!!: 温室効果ガスとフルオロホルム · 続きを見る »

フロン類

フロン類(フロンるい)は、炭素と水素の他、フッ素や塩素や臭素などハロゲンを多く含む化合物の総称。場合によって指す物質の範囲は異なる。 冷媒や溶剤として20世紀中盤に大量に使用されたが、オゾン層破壊の原因物質ならびに温室効果ガスであることが明らかとなり、今日ではモントリオール議定書をはじめ様々な国際協定・法律によって、先進国を中心に使用には大幅な制限がかけられている。 フロンという呼び方は、日本でつけられた俗称である。日本以外ではデュポン社の商品名であり、商標のフレオン (freon) で呼ばれることが多い。.

新しい!!: 温室効果ガスとフロン類 · 続きを見る »

オゾン

ゾン(ozone)は、3つの酸素原子からなる酸素の同素体である。分子式はO3で、折れ線型の構造を持つ。腐食性が高く、生臭く特徴的な刺激臭を持つ有毒な気体である。大気中にとても低い濃度で存在している。.

新しい!!: 温室効果ガスとオゾン · 続きを見る »

カーボンオフセット

ーボンオフセット (carbon offset) とは、人間の経済活動や生活などを通して「ある場所」で排出された二酸化炭素などの温室効果ガスを、植林・森林保護・クリーンエネルギー事業(排出権購入)による削減活動によって「他の場所」で直接的、間接的に吸収しようとする考え方や活動の総称である。中黒を入れたカーボン・オフセットとの表記もある。 日本では、2008年に環境省が「我が国におけるカーボン・オフセットのあり方について(指針)」を公表している。.

新しい!!: 温室効果ガスとカーボンオフセット · 続きを見る »

ジフルオロメタン

フルオロメタンは化学式CH2F2で表される有機化合物である。 フッ化メチレンとも呼ばれる。フロンガスの一種(フロン32)。 常温では気体。温室効果が高く、二酸化炭素の650倍の温室効果を持つ。 一定の圧力・温度条件の下で、包接化合物を形成することが知られている。.

新しい!!: 温室効果ガスとジフルオロメタン · 続きを見る »

セメント

メント(cement)とは、一般的には、水や液剤などにより水和や重合し硬化する粉体を指す。広義には、アスファルト、膠、樹脂、石膏、石灰等や、これらを組み合わせた接着剤全般を指す。 本項では、モルタルやコンクリートとして使用される、ポルトランドセメントや混合セメントなどの水硬性セメント(狭義の「セメント」)について記述する。.

新しい!!: 温室効果ガスとセメント · 続きを見る »

六フッ化硫黄

六フッ化硫黄(ろくフッかいおう、sulfur hexafluoride)は、化学式 SF で表される硫黄の六フッ化物である。硫黄原子を中心にフッ素原子が正八面体構造をとっている。 常温常圧においては化学的に安定度の高い無毒、無臭、無色、不燃性の気体で、大気中での寿命は 3,200年である。1960年代から電気および電子機器の分野で絶縁材などとして広く使用されている化学物質で、人工的な温室効果ガスとされる。使用量はそれほど多くないが、近年新たな用途開発の進展に伴い需要量が増加している。100年間の地球温暖化係数は二酸化炭素の23,900倍と大きくかつ大気中の寿命が長いため、HFCs、PFCsと共に京都議定書で地球温暖化防止排出抑制対象ガスの1つに指定された。大気への放出はほぼ全て人為的なものと考えられている。 2007年に気象庁気象研究所が海水中の六フッ化硫黄濃度を高精度かつ低検出限界で測定できる手法を開発した。.

新しい!!: 温室効果ガスと六フッ化硫黄 · 続きを見る »

国の温室効果ガス排出量リスト

ここでは、温室効果ガスの国別排出量を示す。.

新しい!!: 温室効果ガスと国の温室効果ガス排出量リスト · 続きを見る »

石炭

石炭(せきたん、英:coal)とは、古代(数億年前)の植物が完全に腐敗分解する前に地中に埋もれ、そこで長い期間地熱や地圧を受けて変質(石炭化)したことにより生成した物質の総称。見方を変えれば植物化石でもある。 石炭は古くから、産業革命以後20世紀初頭まで最重要の燃料として、また化学工業や都市ガスの原料として使われてきた。第一次世界大戦前後から、艦船の燃料が石炭の2倍のエネルギーを持つ石油に切り替わり始めた。戦間期から中東での油田開発が進み、第二次世界大戦後に大量の石油が採掘されて1バレル1ドルの時代を迎えると産業分野でも石油の導入が進み(エネルギー革命)、西側先進国で採掘条件の悪い坑内掘り炭鉱は廃れた。 しかし1970年代に二度の石油危機で石油がバレルあたり12ドルになると、産業燃料や発電燃料は再び石炭に戻ったが、日本国内で炭鉱が復活することは無かった。豪州の露天掘りなど、採掘条件の良い海外鉱山で機械化採炭された、安価な海外炭に切り替わっていたからである。海上荷動きも原油に次いで石炭と鉄鉱石が多く、30万トンの大型石炭船も就役している。 他の化石燃料である石油や天然ガスに比べて、燃焼した際の二酸化炭素 (CO2) 排出量が多く、地球温暖化の主な原因の一つとなっている。また、硫黄酸化物の排出も多い。.

新しい!!: 温室効果ガスと石炭 · 続きを見る »

石油

石油(せきゆ)とは、炭化水素を主成分として、ほかに少量の硫黄・酸素・窒素などさまざまな物質を含む液状の油で、鉱物資源の一種である。地下の油田から採掘後、ガス、水分、異物などを大まかに除去した精製前のものを特に原油(げんゆ)という。 原油の瓶詰め 石油タン.

新しい!!: 温室効果ガスと石油 · 続きを見る »

福島第一原子力発電所事故

福島第一原子力発電所事故(ふくしまだいいちげんしりょくはつでんしょじこ)は、2011年(平成23年)3月11日の東北地方太平洋沖地震による地震動と津波の影響により、東京電力の福島第一原子力発電所で発生した炉心溶融(メルトダウン)など一連の放射性物質の放出を伴った原子力事故である。国際原子力事象評価尺度 (INES) において最悪のレベル7(深刻な事故)に分類される。2015年(平成27年)3月現在、炉内燃料のほぼ全量が溶解している。東日本大震災の一環として扱われる。.

新しい!!: 温室効果ガスと福島第一原子力発電所事故 · 続きを見る »

環境会計

境会計(かんきょうかいけい、英語:Environmental Accounting、略称:EA)とは、企業などの組織が環境に関する社会的責任を果たしつつ、環境保全の活動を効果的・効率的に推進するため、環境負荷や環境保全の費用と効果を把握するための手法である。環境活動と経済活動を連係する環境経営手法として重要な役割を担う。.

新しい!!: 温室効果ガスと環境会計 · 続きを見る »

環境省

境省(かんきょうしょう、Ministry of the Environment、略称:MOE)は、日本の中央省庁の一つである。 「地球環境保全、公害の防止、自然環境の保護及び整備その他の環境の保全(良好な環境の創出を含む)並びに原子力の研究、開発及び利用における安全の確保を図ること」を任務とする(環境省設置法第3条)。.

新しい!!: 温室効果ガスと環境省 · 続きを見る »

衛星

主要な衛星の大きさ比較 衛星(えいせい、natural satellite)は、惑星や準惑星・小惑星の周りを公転する天然の天体。ただし、惑星の環などを構成する氷や岩石などの小天体は、普通は衛星とは呼ばれない。.

新しい!!: 温室効果ガスと衛星 · 続きを見る »

赤外線

赤外線(せきがいせん)は、可視光線の赤色より波長が長く(周波数が低い)、電波より波長の短い電磁波のことである。ヒトの目では見ることができない光である。英語では infrared といい、「赤より下にある」「赤より低い」を意味する(infra は「下」を意味する接頭辞)。分光学などの分野ではIRとも略称される。対義語に、「紫より上にある」「紫より高い」を意味する紫外線(英:ultraviolet)がある。.

新しい!!: 温室効果ガスと赤外線 · 続きを見る »

IPCC第4次評価報告書

IPCC第4次評価報告書(あいぴーしーしーだいよじひょうかほうこくしょ、英語:IPCC Fourth Assessment Report)とは、国連下部組織の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)によって発行された、地球温暖化に関する報告書である。.

新しい!!: 温室効果ガスとIPCC第4次評価報告書 · 続きを見る »

排出取引

排出取引(はいしゅつとりひき、英語:Carbon emission trading)とは、各国家や各企業ごとに温室効果ガスの排出枠(キャップ)を定め、排出枠が余った国や企業と、排出枠を超えて排出してしまった国や企業との間で取引(トレード)する制度である。排出権取引、排出量取引ともいう。京都議定書の第17条に規定されており、温室効果ガスの削減を補完する京都メカニズム(柔軟性措置)の1つ。 排出取引の方式は主に2種類ある。キャップアンドトレード (Cap & Trade) と、ベースラインアンドクレジット (Baseline & Credit) であるが、多くの排出取引で前者が用いられている。.

新しい!!: 温室効果ガスと排出取引 · 続きを見る »

東日本大震災による電力危機

東日本大震災による電力危機(ひがしにほんだいしんさいによるでんりょくきき)では、2011年3月11日の東日本大震災以降、地震と津波で発電所などの電力設備が被害を受けたこと、また福島第一原子力発電所事故後に日本国内の原子力発電所が安全審査のため停止していることなどによって発生している、電力への影響を述べる。 震災直後の2011年3月は設備被害や原発事故に伴う電力供給低下により東京電力管内で輪番停電実施を伴う電力危機が発生、同年夏季には原発停止の影響が大きくなる中東北電力・東京電力・関西電力などの管内で、2011-2012年冬季には原発停止により関西電力・九州電力管内でそれぞれ節電を実施した。 2012年夏季以降も供給不足が懸念され節電が実施された一方、原発安全審査の妥当性、地元同意を主とした再開の是非、日本の原子力政策やエネルギー政策などが議論されている。.

新しい!!: 温室効果ガスと東日本大震災による電力危機 · 続きを見る »

水蒸気

水蒸気(すいじょうき、稀にスチームともいう)は、水が気化した蒸気。空気中の水蒸気量、特に飽和水蒸気量に対する水蒸気量の割合を湿度という。.

新しい!!: 温室効果ガスと水蒸気 · 続きを見る »

気体

気体(きたい、gas)とは、物質の状態のひとつであり岩波書店『広辞苑』 第6版 「気体」、一定の形と体積を持たず、自由に流動し圧力の増減で体積が容易に変化する状態のこと。 「ガス体」とも。.

新しい!!: 温室効果ガスと気体 · 続きを見る »

気候変動

南極ボストーク湖の氷床コアに記録された過去40万年間の気温、二酸化炭素濃度、ダスト量の変化。 気候変動(きこうへんどう、)は、様々な時間スケールにおける、気温、降水量、雲などの変化を指し示す用語として、広く用いられている。特に環境問題の文脈では、地球の表面温度が長期的に上昇する現象、すなわち地球温暖化とその影響を、包括的に気候変動とよぶことが多い。 気象学の用語としては本来、平年の平均的な気候が長期的な時間スケールで変化する現象は気候変化(climate change)と呼ばれる。気候変動(climatic variation)は、平年の平均的な気候からの偏差という意味で用いられ、気候変化とは区別される。 しかし近年では2つの用語を混ぜて利用したり、独自の定義に基づいて用語を使い分けたりする場合もある。例えば、国連のUNFCCC(気候変動枠組条約)ではclimate changeという用語が人為的な変化、climate variabilityが非人為的な変化にあてられているIPCC Technical Papers II and III, February 1997 。 また、IPCCにおいては同じclimate changeという用語が人為的・非人為的変化の両方をまとめて表記するために用いられ、日本語訳においては(「気候変動」を内包する言葉として)気候変化と表記されている。(IPCC第4次評価報告書#使われている表記も参照).

新しい!!: 温室効果ガスと気候変動 · 続きを見る »

温室効果

温室効果」の名の由来となった温室の例 温室効果(おんしつこうか)(英:Greenhouse effect)とは、大気圏を有する惑星の表面から発せられる放射(電磁波により伝達されるエネルギー)が、大気圏外に届く前にその一部が大気中の物質に吸収されることで、そのエネルギーが大気圏より内側に滞留し結果として大気圏内部の気温が上昇する現象。 気温がビニールハウス(温室)の内部のように上昇するため、この名がある。ただし、ビニールハウスでは地表面が太陽放射を吸収して温度が上昇し、そこからの熱伝導により暖められた空気の対流・拡散がビニールの覆いにより妨げられ気温が上昇するため、大気圏による温室効果とは原理が異なる。温室効果とは、温室同様に熱エネルギーが外部に拡散しづらく(内部に蓄積されやすく)なることにより、原理は異なるものの結果として温室に似た効果を及ぼすことから付けられた名である。 温室効果ガスである二酸化炭素やメタンなどが増加していることが、現在の地球温暖化の主な原因とされている。また、金星の地表温度が470℃に達しているのも、90気圧とも言われる金星大気のそのほとんどが温室効果ガスの二酸化炭素なので、その分、光学的厚さが大きいためとされている。しかし、依然として金星大気の地表温度にはなぞが残っており、他にも少量の水蒸気や硫黄酸化物による光学的厚さの寄与や硫酸の雲の効果が影響しているのではとの説もある。一般に、金星の初期形成過程において、大量の水蒸気が大気中に存在し、いわゆる暴走温室効果が発生したのではないかとの説もあるが異論も存在する。.

新しい!!: 温室効果ガスと温室効果 · 続きを見る »

放射

放射(ほうしゃ,radiation)は、粒子線(アルファ線、ベータ線など)や電磁波(光や熱なども含む)、重力波などが放出されること、または放出されたそのものをいう。かつての日本では、輻射(ふくしゃ)とされていたが、太平洋戦争後の当用漢字表に「輻」の字が含まれなかった。このため、当初はやむを得ず「ふく射」と表記されていたが、その後、「放射」と表現が変更された。なお、「輻」は現在の常用漢字にも含まれていない。.

新しい!!: 温室効果ガスと放射 · 続きを見る »

2016年

この項目では、国際的な視点に基づいた2016年について記載する。.

新しい!!: 温室効果ガスと2016年 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

GHG地球温暖化係数温室効果気体温暖化ガス温暖化係数

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »