ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

水晶体

索引 水晶体

水晶体(すいしょうたい、英lens)は、脊椎動物の目の中にある組織。カメラでいう凸レンズの役割を果たす。.

29 関係: 外傷人工臓器マルファン症候群チン小帯レンズホモシスチン尿症カメラクリスタリン瞳孔硝子体筋肉網膜緑内障眼内レンズ白内障視力角膜近視脊椎動物虹彩毛様体炎毛様体水晶体嚢日本眼内レンズ屈折手術学会日本眼光学学会日本眼科手術学会日本白内障学会日本視覚学会感覚器

外傷

外傷とは.

新しい!!: 水晶体と外傷 · 続きを見る »

人工臓器

人工臓器 (じんこうぞうき、Artificial Organs)は、患者が極力通常の生活に復帰できるよう、臓器の機能的代替物として人体にインプラントないしは接続される医療機器である。代替される機能に制限はないが、致命的なものであることが多い。 固定された電源、フィルター、化学的な処理装置などと接続されていないことが人工臓器の特徴であるとの考え方もあり、定期的な充電や、消耗品の交換を必要とする機器も人工臓器に分類すべきでないとの意見もある。この立場によれば、例えば人工透析装置は腎臓の機能的代替物であり人体に接続される医療機器であるが、人工臓器ではないということになる。 日本人工臓器学会では「病んだ臓器の代行を目的として開発されたもの」としており、透析装置は人工臓器に含まれるとの立場をとっている。.

新しい!!: 水晶体と人工臓器 · 続きを見る »

マルファン症候群

マルファン症候群 (マルファンしょうこうぐん、Marfan syndrome、MFS)とは、常染色体優性遺伝の形式をとる細胞間接着因子(フィブリンと弾性線維)の先天異常症による結合組織病(遺伝障害、遺伝病)。マルファンはドイツ語式発音によるもの。.

新しい!!: 水晶体とマルファン症候群 · 続きを見る »

チン小帯

チン小帯(Zinn's membrane, ciliary zonule、毛様体小帯、毛様小帯)は、毛様体を水晶体に繋ぐ環状の繊維である。ヨハン・ゴットフリート・ツィンに因んで名付けられた。.

新しい!!: 水晶体とチン小帯 · 続きを見る »

レンズ

レンズ レンズの断面形状の種類 レンズ()とは、.

新しい!!: 水晶体とレンズ · 続きを見る »

ホモシスチン尿症

ホモシスチン尿症 (ホモシスチンにょうしょう、homocystinuria) とは、先天的な遺伝子の異常によって過剰発生したホモシステインが尿中に大量排泄される疾病である。.

新しい!!: 水晶体とホモシスチン尿症 · 続きを見る »

カメラ

一眼レフカメラ、ニコンF カメラ店に並ぶさまざまなカメラ(一眼レフカメラ、レンジファインダーカメラなど) カメラ()とは、広義には「像を結ぶための光学系(レンズ等)を持ち、映像を撮影するための装置」である。また、狭義には「写真(静止画像)を撮影するための道具」である。 本項では、狭義の静止画撮影機器に関して記述する。 被写体の像を感光材料(写真フィルムなど)の上に投影し、適正な露光を与えるための装置を備えている。写真機(しゃしんき)またはキャメラともいう。また、ビデオカメラや映画用カメラ(シネカメラ)等動画を撮影するカメラと区別する意味合いから、スチル(スティル)カメラと呼ぶ場合もある。.

新しい!!: 水晶体とカメラ · 続きを見る »

クリスタリン

リスタリン(Crystallin)は、動物の眼のレンズに当たる器官、水晶体に存在するタンパク質の一種。重量にして水晶体の1/2〜1/3を占める。ほ乳類の場合、α-、β-、γ-の3種のタンパクの混合物である。 もともとは異なった用途に使われており、ホヤの中枢神経系にあるクリスタリンは重力の感知に関わっていると見られている。 なおクリスタリンの詳細な立体構造の解明は結晶化の難しさから難航しているが、近年になりα-クリスタリン、γB-クリスタリンの構造が判明した。 ちなみに、1826年にインディゴを加熱して得られた化合物が同名の「クリスタリン」と名付けられたことがあったが、こちらは後にアニリンという名称に統一されたため、この名は消失している。.

新しい!!: 水晶体とクリスタリン · 続きを見る »

瞳孔

ヒトの眼の模式図 瞳孔(どうこう)または瞳(ひとみ)は、眼の虹彩によって囲まれた孔である。瞳孔は光量に応じて、その径を変化させる。瞳孔径の変化は、網膜に投射する光量の調整に寄与する。.

新しい!!: 水晶体と瞳孔 · 続きを見る »

硝子体

硝子体(しょうしたい)は、眼球の器官の一つで、水晶体の後方にあり、内腔をうめる透明なゼリー状の組織。ガラス体とも呼ばれる。タンパク質(コラーゲン)からできている。また、眼球の外側を覆う強膜とともに眼球の形を保つ役割を担い、また外力を分散させる作用を持つとされる。 網膜剥離発生機序と関係性がある。.

新しい!!: 水晶体と硝子体 · 続きを見る »

筋肉

'''骨格筋の構造''' 筋肉は複数の筋束からなる(中央上)。筋束は筋繊維(筋細胞)の集まりである(右上)。複数の筋原繊維が束ねられて筋繊維を形作る(右中央)。筋原繊維はアクチンタンパク質とミオシンタンパク質が入れ子状になった構造を取る(右下)。 Cardiac muscle) 筋肉(きんにく、羅: musculus; 独: Muskel; 仏, 英: muscle)は、動物の持つ組織のひとつで、収縮することにより力を発生させる、代表的な運動器官である生化学辞典第2版、p.357 【筋肉】。 動物の運動は、主として筋肉によってもたらされる。ただし、細部に於ける繊毛や鞭毛による運動等、若干の例外はある。 なお、筋肉が収縮することにより発生する力を筋力と呼び、これは収縮する筋肉の断面積に比例する。つまり筋力は、筋肉の太さに比例している。 また、食用に供する食肉は主に筋肉であり、脊髄動物の骨格筋は湿重量の約20%をタンパク質が占め、主にこれを栄養として摂取するために食される生化学辞典第2版、p.357 【筋(肉)タンパク質】。(ただし、食料品店で肉と表示されているものは筋肉だけでなく脂身(脂肪分の塊)も一緒になった状態で、タンパク質ばかりでなく、かなりの高脂肪の状態で販売されていることが多い。) 中医学では肌肉とも言われる。.

新しい!!: 水晶体と筋肉 · 続きを見る »

網膜

網膜(もうまく)は、眼の構成要素の一つである。視覚細胞が面状に並んだ部分があればこう呼び、視覚的な映像(光情報)を神経信号(電気信号)に変換する働きを持ち、視神経を通して脳中枢へと信号を伝達する。その働きからカメラのフィルムに例えられる。 脊椎動物の外側眼岩堀修明著、『感覚器の進化』、講談社、2011年1月20日第1刷発行、ISBN 9784062577では眼球の後ろ側の内壁を覆う薄い膜状の組織であり、神経細胞が規則的に並ぶ層構造をしている。 脊椎動物の網膜では、目に入った光は網膜の奥(眼球の壁側)の視細胞層に存在する光受容細胞である視細胞(桿体および錐体)によって感受される。視細胞で光から神経信号へと変換され、その信号は網膜にある様々な神経細胞により複雑な処理を受け、最終的に網膜の表面(眼球の中心側)に存在する網膜神経節細胞から視神経を経て、脳中枢へ情報が伝えられる。 ビタミンA群(Vitamin A)は、レチノイドと言われ、その代表的なレチノール(Retinol)の生理活性として網膜の保護が知られており、網膜の英語名である「retina」に由来して命名されている。.

新しい!!: 水晶体と網膜 · 続きを見る »

緑内障

緑内障(りょくないしょう、glaucoma )は、目の病気の一種。青底翳(あおそこひ)とも呼ばれる。.

新しい!!: 水晶体と緑内障 · 続きを見る »

眼内レンズ

内レンズ(がんないレンズ、Intraocular lens, IOL)は、白内障手術で水晶体を摘出したときに挿入される人工の水晶体。近視矯正目的の有水晶体で挿入する眼内レンズも存在する。.

新しい!!: 水晶体と眼内レンズ · 続きを見る »

(眼、め)は、光を受容する感覚器である。光の情報は眼で受容され、中枢神経系の働きによって視覚が生じる。 ヒトの眼は感覚器系に当たる眼球と附属器解剖学第2版、p.148、第9章 感覚器系 1.視覚器、神経系に当たる視神経と動眼神経からなる解剖学第2版、p.135-146、第8章 神経系 4.末端神経系。眼球は光受容に関連する。角膜、瞳孔、水晶体などの構造は、光学的役割を果たす。網膜において光は神経信号に符号化される。視神経は、網膜からの神経情報を脳へと伝達する。付属器のうち眼瞼や涙器は眼球を保護する。外眼筋は眼球運動に寄与する。多くの動物が眼に相当する器官を持つ。動物の眼には、人間の眼と構造や機能が大きく異なるものがある。 以下では、まず前半でヒトの眼について、後半では動物全体の眼についてそれぞれ記述する。.

新しい!!: 水晶体と目 · 続きを見る »

白内障

白内障(はくないしょう、cataract)は、目の疾患の一つ。 水晶体が灰白色や茶褐色ににごり、物がかすんだりぼやけて見えたりするようになる。以前は「」と呼ばれていた。.

新しい!!: 水晶体と白内障 · 続きを見る »

視力

視力検査の視標 視力(しりょく)とは、目で物体を識別できる能力のことである。屈折異常、調節異常で視力が低下した場合は、屈折矯正を行うことで視力を良くすることが可能である。しかし、疾患により視力が低下した場合には、その要因を取り除かない限りの視力を良くすることはできない。なお、似たような言葉の「眼力」や「目力」は別物である。 運転・操縦などを行う資格を取得する際には、視力についての基準が定められている。.

新しい!!: 水晶体と視力 · 続きを見る »

角膜

角膜(かくまく、cornea)は、目を構成する層状の組織の一つであり透明である。最も外界に近い部分に位置する。 視覚器官はさまざまな種に見られるが、角膜を備えるのは節足動物や軟体動物、環形動物、脊椎動物に限られる。ヒトの場合は、直径約12mm、厚さは中央部が約0.5mm、周辺部が約0.7mm。角膜には目に光を取り入れる窓の役割があるほか、光を屈折させて水晶体とともに目のピントを合わせる働きがある。また角膜表面は常に涙で覆われ、乾燥と眼球内部への細菌感染を防いでいる。 発生学的には、角膜内層は前眼房の中皮由来であり、中胚葉由来である。角膜外層は体表外胚葉に由来する。.

新しい!!: 水晶体と角膜 · 続きを見る »

近視

近視(きんし)は、屈折異常のひとつで、眼球内に入ってきた平行光線が、調節力を働かせていない状態で、網膜上の正しい位置ではなく、もっと手前に焦点を結んでしまう状態。近眼(きんがん、ちかめ)ともいう。 遠方視の場合に、屈折機能が無限遠まで対応できないためはっきり見ることができない。 逆に近方視の場合は支障は少ない。近視は屈折の問題であり網膜や視神経の疾患ではないので一般的に矯正視力が低下するものではない。.

新しい!!: 水晶体と近視 · 続きを見る »

脊椎動物

脊椎動物(せきついどうぶつ、Vertebrata)は、動物の分類のひとつ。現在主流の説では脊索動物門に属するとされ、脊索と置き換わった脊椎をもつ。魚類、鳥類、両生類、爬虫類、哺乳類の5類からなり、無脊椎動物に比べて(脊椎動物である)人間にとって類縁関係が近く、なじみの深い生物によって構成されているグループである。.

新しい!!: 水晶体と脊椎動物 · 続きを見る »

虹彩毛様体炎

虹彩毛様体炎(こうさいもうようたいえん、英Iridocyclitis)とは、虹彩(茶目)と虹彩に隣接する毛様体が炎症を起こすもの。ぶどう膜炎のうち主に虹彩に限局して起きるものを指す。.

新しい!!: 水晶体と虹彩毛様体炎 · 続きを見る »

毛様体

毛様体(Ciliary body)は、毛様体筋と毛様体突起から構成される目の周りの組織であるCassin, B. and Solomon, S. Dictionary of Eye Terminology.

新しい!!: 水晶体と毛様体 · 続きを見る »

水晶体嚢

水晶体嚢(すいしょうたいのう、)とは眼の構成要素の1つ。水晶体嚢は弾性に富む膜様の構造物であり、恒常的な圧力下でその性質を維持する。結果として、水晶体は球形に近い構造となる傾向があり、この形態は近距離における焦点を合わせるためであると推測されている。.

新しい!!: 水晶体と水晶体嚢 · 続きを見る »

日本眼内レンズ屈折手術学会

一般社団法人 日本眼内レンズ屈折手術学会(にほんがんないレンズくっせつしゅじゅつがっかい、英文名 Japanese Society of Cataract and Refractive Surgery 略称JSCRS )は、日本における眼内レンズおよび屈折矯正手術の研究と診療発展の目的で1985年に設立された学会。 事務局を東京都千代田区三崎町3-2-16 三弘ビル1Fに置いている。.

新しい!!: 水晶体と日本眼内レンズ屈折手術学会 · 続きを見る »

日本眼光学学会

日本眼光学学会(にほんがんこうがくがっかい、英文名:The Japanese Society of Ophthalmological Optics)は、眼の機能、特に視覚科学、レンズ、光学器械、眼の計測機器等に関する基礎的、応用的問題の研究、発展を目的として1965年発足。1994年日本学術会議広報学術研究団体に登録。 事務局を大阪府茨木市美穂ケ丘3-6-302日本眼科紀要会内に置いている。.

新しい!!: 水晶体と日本眼光学学会 · 続きを見る »

日本眼科手術学会

一般社団法人 日本眼科手術学会(にほんがんかしゅじゅつがっかい、英文名 JAPANESE SOCIETY OF OPHTHALMIC SURGEONS )は、眼科手術に関連した臨床的・基礎的研究の発展と知識の普及を図るため設立された学会 。1970年に発足した眼科顕微鏡手術の会を発展させ、1978年に創立 。 事務局を東京都豊島区池袋2-17-2に置いている。.

新しい!!: 水晶体と日本眼科手術学会 · 続きを見る »

日本白内障学会

日本白内障学会(にほんはくないしょうがっかい、英文名 The Japanese Society for Cataract Research 略称JSCR )は、日本における白内障の研究・診療の進歩および外国との交流をはかる目的で1964年に創立された学会。会員数は約500名。 事務局を愛知県名古屋市天白区音聞山1013(有)ヒズ・ブレイン内に置いている。.

新しい!!: 水晶体と日本白内障学会 · 続きを見る »

日本視覚学会

日本視覚学会(にほんしかくがっかい、英文名:Vision Society of Japan)は、視覚に関する総合的研究の発展を促進するために設立された学会。 事務局を東京都新宿区高田馬場4-4-19(株)国際文献印刷社内に置いている。.

新しい!!: 水晶体と日本視覚学会 · 続きを見る »

感覚器

感覚器(かんかくき、)とは、動物の体を構成する器官のうち、何らかの物理的または化学的刺激を受け取る受容器として働く器官である解剖学第2版、p148、第9章 感覚器系。 各器官は感覚器系と呼ばれ、それぞれが繋がる末梢神経系を通し解剖学第2版、p135-146、第8章 神経系 4.末梢神経系、受け取った情報はニューロンを介して中枢神経系へと伝えられる解剖学第2版、p116-118、第8章 神経系 1.神経系の構成。感覚器には光に対する視覚器、音に対する聴覚器、化学物質に対する嗅覚器・味覚器、温度や機械刺激に対する触覚器などが挙げられる。ヒトの場合、その代表的な感覚器には、目、耳、鼻、舌、皮膚などがある。また、動物の種類によって独自の感覚器が様々に発達している場合がある。これらの感覚器をまとめて感覚器系というひとつの器官系として扱う場合がある。生理作用と知覚作用を統一的に考察する場合には、感覚器とその知覚作用を感官と呼ぶ場合がある。 ある感覚器は、特定の種類の情報を受け取るように特化されている。感覚器で受容された何らかの情報は、多くの場合、その動物の神経系に受け渡されるようになっている。感覚器で得られた情報を脳などの中枢神経系に伝える働きをする神経のことを感覚神経(感覚性神経)と呼ぶ。 感覚器の1つひとつは独自の機能を担っており、これらの機能は神経系を介して相互に調節される。.

新しい!!: 水晶体と感覚器 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

水晶体核

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »