ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

水星横断小惑星

索引 水星横断小惑星

水星横断小惑星(すいせいおうだんしょうわくせい、Mercury-crosser asteroid)は、その軌道が水星と交叉する小惑星である。 以下に一覧を示す。なお、「外」は水星外接小惑星を表す。.

11 関係: 天文単位小惑星地球近傍小惑星ハトホル (小惑星)ヘファイストス (小惑星)ファエトン (小惑星)アドニス (小惑星)イカルス (小惑星)軌道 (力学)水星(99907) 1989 VA

天文単位

天文単位(てんもんたんい、astronomical unit、記号: au)は長さの単位で、正確に である。2014年3月に「国際単位系 (SI) 単位と併用される非 SI 単位」(SI併用単位)に位置づけられた。それ以前は、SIとの併用が認められている単位(SI単位で表される、数値が実験的に得られるもの)であった。主として天文学で用いられる。.

新しい!!: 水星横断小惑星と天文単位 · 続きを見る »

小惑星

光分(左)と天文単位(右)。 ケレス(右)、そして火星(下)。小さな物ほど不規則な形状になっている。 メインベルト小惑星の分布。縦軸は軌道傾斜角。 軌道長半径 6 AU までの小惑星の分布。縦軸は軌道傾斜角。赤い点はメインベルト小惑星。 小惑星(しょうわくせい、独: 英: Asteroid)は、太陽系小天体のうち、星像に拡散成分がないものの総称。拡散成分(コマやそこから流出した尾)があるものは彗星と呼ばれる。.

新しい!!: 水星横断小惑星と小惑星 · 続きを見る »

地球近傍小惑星

地球近傍小惑星(ちきゅうきんぼうしょうわくせい)とは、地球に接近する軌道を持つ天体(地球近傍天体、NEO (Near Earth Object))のうち小惑星のみを指す。英語でNEAs (Near Earth Asteroid) と呼ばれることもある。NASAによると地球に接近するために監視が必要とされるものは約8500個とされる。軌道計算では、これらの小惑星が今後少なくとも100年間は地球に衝突する恐れはないとしている。.

新しい!!: 水星横断小惑星と地球近傍小惑星 · 続きを見る »

ハトホル (小惑星)

ハトホル(2340 Hathor)は、1976年10月22日にパロマー天文台のチャールズ・トーマス・コワルが発見した小惑星である。地球近傍小惑星の中でアテン群に分類される他の天体と同様に、ハトホルはエジプトの神に因んで名づけられている。空の女神でラーの娘としても知られるハトホルは、アプロディーテーに対応するとされる。命名は、この天体を独立に発見し、1981年に再び現れたのも観測したE・ヘリンによる。ハトホルは、命名された3つ目のアテン群小惑星となった。 ハトホルは、地球近傍小惑星であり、1976年10月20日に地球から0.007752 AUの距離を通過した。21世紀には、地球から300億m以内の距離に入る回数は17回になる。2014年10月の地球接近は、ゴールドストーン深宇宙通信施設で観測された。ハトホルは、2069年10月21日には、地球から0.00658 AUの距離を通過する。なお、ハトホルは金星横断小惑星であり、かつ、水星横断小惑星でもある。.

新しい!!: 水星横断小惑星とハトホル (小惑星) · 続きを見る »

ヘファイストス (小惑星)

ヘファイストス (2212 Hephaistos) は近日点が地球の軌道の内側にあるアポロ群の火星横断小惑星である。ロシアの女性天文学者リュドミーラ・チェルヌイフが発見した。S.

新しい!!: 水星横断小惑星とヘファイストス (小惑星) · 続きを見る »

ファエトン (小惑星)

ファエトン (3200 Phaethon) は、太陽系の地球近傍小惑星で、アポロ群に属する。 イギリス、アメリカ、オランダの共同科学プロジェクトの赤外線天文衛星 (IRAS) の画像を調査していたイギリスのサイモン・グリーン、ジョン・K・デイヴィースが、1983年10月11日に小天体を発見した。10月14日に国際天文学連合回報 (IAUC) 3878号でこの天体は仮符号 1983 TB として発見が公表され、チャールズ・コワルが、この天体は恒星状である(彗星ではない)と報告した。その後間もなく刊行されたIAUC3881号では、フレッド・ホイップルが、1983 TB の軌道要素と、写真測定されたふたご座流星群の軌道要素が一致すると報告した。こうして、1983 TB はふたご座流星群の母天体だと判明した。 その後、1983 TB は当時知られていた地球近傍小惑星の中では最も太陽に接近する(0.140天文単位…水星の近日点の58%)天体であることが判明し、ギリシア神話に登場する太陽神ヘーリオスの息子パエトーン(ラテン語ではファエトン)にちなみファエトンと命名された。ファエトンは、太陽への接近時には表面温度が最大で1,025 Kに達する。なお、現在では更に太陽に近付く小惑星も発見されている。 21世紀初頭までの調査では、ファエトンからはコマやダストテイルなどは観測されていないが、ふたご座流星群の母天体と確定したこと、スペクトル分類がB型(C型に近く、炭素質に富む)であることなどから、ファエトンは塵を出し尽くした彗星の成れの果て(彗星・小惑星遷移天体)であると考えられている。 2007年12月8日、アレシボ天文台がファエトンのレーダー測定を行った。近日点通過直後の2009年6月、STEREO衛星の観測により一時17等級から10等級に急激に増光し、2012年5月にも同様に増光が観測された。この急激な増光の原因として2013年に彗星状の尾が発見され、ファエトンが今もなお活動していることが明らかとなった。 ファエトンは2093年12月14日に地球から0.0194天文単位(291万 km)まで接近すると予測されている。また、潜在的に危険な小惑星 (PHA) の中では最大級の大きさである。.

新しい!!: 水星横断小惑星とファエトン (小惑星) · 続きを見る »

アドニス (小惑星)

アドニス (2101 Adonis) は初期に発見された地球近傍小惑星の一つ。 1936年ウジェーヌ・デルポルトによって発見された。 なお、アドニスは地球近傍小惑星のうちアポロ群として認識された小惑星としては2個目である。 名前は美の女神ヴィーナスが恋に落ちた美しい若者、アドニスに由来する。 大きさはおよそ直径1キロメートルほどと考えられている。 発見当初の接近の際は軌道を計算するに足る観測は行えなかったため、1977年にチャールズ・トーマス・コワルが再発見するまで見つけることができなかった。 21世紀の間に、アドニスが地球へ30Gm以内まで接近するのは6回あり、そのうち2036年が最も近く5.3Gmまで接近することが予想される。 ベルギーの漫画『タンタンの冒険旅行』シリーズの『月世界探検』で、ハドック船長がつかまりそうになった小惑星はこれである。.

新しい!!: 水星横断小惑星とアドニス (小惑星) · 続きを見る »

イカルス (小惑星)

イカルス (1566 Icarus) は、地球近傍小惑星の一つであり、アポロ群に属する。1949年にドイツ出身の天文学者ウォルター・バーデによってパロマー天文台で発見された。 イカルスの特徴として、近日点では水星よりも太陽に近づくことが挙げられる。イカルスという名はこの特徴のために付けられたものである。ギリシア神話に登場するイーカロス (Ikaros) は、父ダイダロスと共に鳥の羽を蝋で固めて翼を作り、それで空を飛んだが、調子に乗って太陽に近づきすぎ、蝋が溶けて翼が分解したため墜落死した。 一方、遠日点は火星軌道の外側にあり、かなりの長楕円軌道を描いていることになる。 イカルスは19年ごとに地球の近くを通り過ぎる。最後に接近したのは1997年のことである。地球に640万kmまで近づくこともしばしばあるが、1968年には60万kmまで近づいた。これは地球と月の距離の2倍よりも近い距離である。.

新しい!!: 水星横断小惑星とイカルス (小惑星) · 続きを見る »

軌道 (力学)

2つの異なる質量の物体が、同じ重心の周りの軌道を回っている 軌道(きどう、orbit)とは力学において、ある物体が重力などの向心力の影響を受けて他の物体の周囲を運動する経路を指す。.

新しい!!: 水星横断小惑星と軌道 (力学) · 続きを見る »

水星

水星(すいせい、英:Mercury マーキュリー、Mercurius メルクリウス)は、太陽系にある惑星の1つで、太陽に最も近い公転軌道を周回している。岩石質の「地球型惑星」に分類され、太陽系惑星の中で大きさ、質量ともに最小のものである以前最小の惑星だった冥王星は2006年に準惑星へ分類変更された。。.

新しい!!: 水星横断小惑星と水星 · 続きを見る »

(99907) 1989 VA

(99907) 1989 VA は、アテン群に属する地球近傍小惑星の一つである。1989年11月2日にキャロライン・シューメーカーがパロマー天文台にて発見した。 公転周期が金星とほぼ等しい。.

新しい!!: 水星横断小惑星と(99907) 1989 VA · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »