ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 
新しい! このページを紛失しないでください! » アカウントを作成する

民会(みんかい、έκκλησία, ekklēsia, エックレーシア、ecclesia)とは、古代ギリシアの諸ポリスで開催された市民総会。エクレシアとも表記される。ポリス初期に戦士を構成員として設けられた軍会に起源が求められる。前5世紀に直接民主制を確立させたアテナイにおける民会がとりわけ良く知られている。

28 関係: 執政官多数決市民五百人評議会ペリクレスペロポネソス戦争ポリスローマ軍団トリブス民会プレブスプレブス民会プニュクスパトリキホルテンシウス法アレオパゴス会議アテナイアゴラキリスト教徒ギリシャクリア民会クレイステネスケントゥリア民会シナゴーグ元老院直接民主制護民官戦争教会

執政官(しっせいかん、consul、コンスル)は、古代ローマでの政務官のひとつ。都市ローマの長であり、共和政ローマの形式上の元首に当たる。訳語として執政官のほかに統領を用いることもある。

新しい!!: 民会と執政官 · 続きを見る »

多数決(たすうけつ)(英majority decision) とは、ある集団において意思決定を図る際に、多数派の意見を採用する方法のこと。

新しい!!: 民会と多数決 · 続きを見る »

市民(しみん)は、政治的共同体である市及び都市においての構成員。個々の人間を指す場合と、人間集団をまとめて指す場合とがある。

新しい!!: 民会と市民 · 続きを見る »

五百人評議会(ごひゃくにんひょうぎかい、hoi pentakosioi)とは、クレイステネスが設けたアテナイの評議会。10部族からくじで各50人が抽選され、計500人で構成された。

新しい!!: 民会と五百人評議会 · 続きを見る »

ペリクレス ペリクレス(Περικλῆς、紀元前495年? - 紀元前429年)は、古代アテナイの政治家であり、アテナイの最盛期を築き上げた重鎮として有名である。また、彼と愛人アスパシアとの間に生まれた庶子で、後に軍人になった小ペリクレスと区別して大ペリクレスとも呼ばれる。

新しい!!: 民会とペリクレス · 続きを見る »

ペロポネソス戦争の両陣営。赤がペロポネソス同盟軍の進路、青がデロス同盟軍の進路 ペロポネソス戦争(ペロポネソスせんそう、Πελοποννησιακός Πόλεμος、Peloponnesian War、紀元前431年 - 紀元前404年)は、アテナイを中心とするデロス同盟とスパルタを中心とするペロポネソス同盟との間に発生した、古代ギリシア世界全域を巻き込んだ戦争である。

新しい!!: 民会とペロポネソス戦争 · 続きを見る »

ポリス(πόλις, 複数形 πόλεις)は、都市、都市国家、市民権または市民による政体を指すギリシア語である。古代アテナイなど古代ギリシアに関して使用される場合は、通常都市国家と訳される。

新しい!!: 民会とポリス · 続きを見る »

第14軍団ゲミナ(2004年のポーランドにおける再現イベント) ローマ軍団(古典ラテン語:legio、レギオー)は、古代ローマにおける軍隊(excercitus)のうち陸軍の基本的な編成単位のことである。軍団はローマ市民権を有する者だけで構成されていた。

新しい!!: 民会とローマ軍団 · 続きを見る »

トリブス民会(Comitia Tributa)は、古代ローマ社会において行政に関わった民会のひとつ。日本語では「市民会」と訳される。訳語として「市民集会」も一般書等では使われる場合があるが、これはローマ史においては民会とは異なる市民による集会コンティオ(contio)の定訳として使われるため混同に注意が必要である。全ローマ市民を45の選挙区に分けて作られた民会で、参加資格はローマ市民権を持つ者のため、上流階級のパトリキと平民階級のプレブスとが同時に国政に関わった。

新しい!!: 民会とトリブス民会 · 続きを見る »

プレブス(古典ラテン語:プレープス)とは古代ローマ社会における階級のひとつである。主にパトリキと対比して用いられる。

新しい!!: 民会とプレブス · 続きを見る »

プレブス民会(Comitia Plebis Tributa)は、古代ローマ社会において行政に関わった民会のひとつ。日本語では「平民会」と訳される。

新しい!!: 民会とプレブス民会 · 続きを見る »

プニュクスの演壇。背後にアテナイのアクロポリスが見える。撮影者は東を向いている。 アテナイの地図。プニュクスは南西に位置する。 プニュクス(Pnyx、Πνὐξ)は、ギリシャの首都アテネの中心部の丘の古代ギリシア語での呼。現代ギリシア語ではプニカ(Pnika、Πνύκα)と呼ぶ。

新しい!!: 民会とプニュクス · 続きを見る »

パトリキ(Patricii)とは、古代ローマ社会における階級のひとつ。貴族という訳があてられることもある。

新しい!!: 民会とパトリキ · 続きを見る »

ホルテンシウス法(ホルテンシウスほう、Lex Hortensia)は、古代ローマで紀元前287年に、独裁官クィントゥス・ホルテンシウスによって制定された法。ホルテンシウス法の名は制定者の名前から。この法によってパトリキ(貴族)とプレブス(平民)の法的な平等が実現され、両身分の間で起こった身分闘争は終結したとされる。

新しい!!: 民会とホルテンシウス法 · 続きを見る »

アクロポリスから眺めたアレオパゴスの丘 アクロポリス、その間にアレオパゴスがある。 アレオパゴス会議(アレオパゴスかいぎ、Areopagus)、あるいは、アレイオス・パゴス会議(Άρειος Πάγος, Areios Pagos)とは、古代アテナイの政治機構。アテナイ政治における貴族勢力の牙城であり、古代ローマにおける元老院のような役割を果たした。アレオパゴス評議会、アレオパゴス評議所などとも。

新しい!!: 民会とアレオパゴス会議 · 続きを見る »

アクロポリス、間にアレオパゴス、西にプニュクスがある。 アテナイと外港ペイライエウス アテナイ(: Ἀθῆναι, Athēnai)は、ギリシャ共和国の首都アテネの古名。中心部にパルテノン神殿がそびえるイオニア人の古代ギリシアの都市国家。名はギリシア神話の女神アテーナーに由来する。

新しい!!: 民会とアテナイ · 続きを見る »

アゴラ(希:αγορά)は、市場とも翻訳できるが、古代ギリシアの都市国家ポリスにおいて不可欠な場所である広場を指すギリシア語である。ポリス市民の市場、フォルムとして機能した。

新しい!!: 民会とアゴラ · 続きを見る »

リスト教徒(キリストきょうと、Christianus; クリスティアーヌス)あるいはクリスチャン(Christian)とは、キリスト教の信徒のことである。

新しい!!: 民会とキリスト教徒 · 続きを見る »

リシャ共和国(ギリシャきょうわこく、ギリシャ語: Ελληνική Δημοκρατία)、通称ギリシャは、東南ヨーロッパに位置する国である。2011年国勢調査によると、ギリシャの人口は約1,080万人である。

新しい!!: 民会とギリシャ · 続きを見る »

リア民会(Comitia Curiata)とは、古代ローマにおける民会の一つ。クリア会などとも訳出される。

新しい!!: 民会とクリア民会 · 続きを見る »

レイステネス(紀元前6世紀後半 - 紀元前5世紀前半)は名門アルクメオン家出身の貴族で、古代アテナイの民主主義者。

新しい!!: 民会とクレイステネス · 続きを見る »

ントゥリア民会(Comitia Centuriata)は、古代ローマにおける民会の一つ。兵員会とも訳される。軍事的な単位であったケントゥリアを社会制度としても転用させ、民意を計る民会としての機能を持たせた。

新しい!!: 民会とケントゥリア民会 · 続きを見る »

ナゴーグ(、、synagogue、Synagoge、synagoge、zsinagóga)とは、ギリシャ語のシュナゴゲー(集会所)に由来するユダヤ教の会堂のことである。

新しい!!: 民会とシナゴーグ · 続きを見る »

フォロ・ロマーノに復元されたローマ時代の元老院議事堂「クリア・ユリア」 元老院(げんろういん、ラテン語: senatus)は、王政ローマにおける王の助言機関、また、後の共和政ローマにおける統治機関、更に、後のローマ帝国皇帝の諮問機関を指す語である。また現在では、多くの国が上院の呼称に用いる語でもある。

新しい!!: 民会と元老院 · 続きを見る »

接民主制(ちょくせつみんしゅせい)とは、代表者などを介さずに、住民が直接所属する共同体の意思決定に参加し、その意思を反映させる政治制度である。対になる概念として間接民主制がある。現在、ほとんど全ての国が間接民主制だが、ハンガリーのインターネット民主党のように、昨今の技術革新を積極的に活用することで直接民主主義への回帰を目指す政党も存在する。

新しい!!: 民会と直接民主制 · 続きを見る »

護民官(ごみんかん、tribunus plebis トゥリブヌス・プレビス)は、紀元前494年に平民(プレブス、プレプス)を保護する目的で創設された古代ローマの公職である。プレブスのみが就くことのできる公職であって、身体不可侵権などの特権をもった。近現代において新聞名にも使われる「トリビューン(tribune)」は、この官職に由来する。

新しい!!: 民会と護民官 · 続きを見る »

核兵器を使用した戦争・広島市(1945年) 戦争(せんそう)とは、複数の集団の間で行われる、国際紛争の武力解決である。広義には内戦や反乱も含む(戦争一覧)。

新しい!!: 民会と戦争 · 続きを見る »

教会(きょうかい)。

新しい!!: 民会と教会 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

エックレーシア

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »