ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

欧州議会

索引 欧州議会

欧州議会(おうしゅうぎかい)は、直接選挙で選出される欧州連合の議会組織。欧州連合の機関において欧州連合理事会とともに両院制の立法府を形成しており、世界でもっとも強力な権限を持つ立法機関のひとつといわれる。欧州議会と理事会は欧州連合における立法機関をつくっている。議員は751人で、その選挙は民主的に実施されるものとしてはインドについで世界で2番目に多い有権者によって実施され、また国境を越えた民主的な選挙としては世界最大の規模である。 1979年から5年ごとに直接普通選挙が実施されている。欧州議会は立法権を持つものの、ほとんどの国内議会とは違って法案提出権を持たない。またごく一部の例外を除いて、立法や予算の決定と監督に関する権限を理事会との間で平等に共有している。そして欧州連合の政策執行機関である欧州委員会は欧州議会に対して説明義務があり、とくに欧州議会は欧州委員会人事案や欧州委員会委員長の選任について拒否権を持ち、また欧州委員会を総辞職させることができる。 議長は2017年1月から欧州人民党所属のアントニオ・タイヤーニ議員(イタリア出身)が務めている。議長は欧州人民党グループや社会民主進歩同盟の2大会派を含む複数の会派がひしめく欧州議会を取り仕切る。直近に欧州連合全体で実施された選挙は2014年に行なわれた。欧州議会はストラスブールのルイーズ・ワイス・ビルとブリュッセルのエスパース・レオポルドの2か所で会議を行い、とくに後者では委員会や追加的な本会議が行なわれる。欧州議会の運営を担う議会事務局はルクセンブルク市に置かれている。.

125 関係: 単記移譲式投票同性愛両院制中央情報局マンチェスター大学マーストリヒト条約マヌエル・マリンハンス=ゲルト・ペテリングバレンシア語バスク語ポール=アンリ・スパークヨーロッパのシンボルリスボン条約ルクセンブルク市ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスローマ条約ロベール・シューマンワシントン・ポストブリュッセルブリュッセル条約プロトコルパリ条約 (1951年)フランコ・フラッティーニフランス革命フランス語フィナンシャル・タイムズドイツ再統一ドイツ語ニース条約ニコラ・サルコジニコル・フォンテーヌダニエル・コーン=ベンディットアバンギャルドアムステルダム条約アメリカ合衆国アメリカ合衆国議会アルチーデ・デ・ガスペリアレクサンデル・ストゥブアントニオ・タイヤーニアフリカ・カリブ海・太平洋諸国イランの核開発計画イラク戦争インドイェジ・ブゼクウェストミンスター・システムエディット・クレッソンエスパース・レオポルドカタルーニャ語ガリシア語シモーヌ・ヴェイユ (政治家)...シューマン宣言シンデレラシェンゲン情報システムジャン=マリー・ル・ペンジャック・サンテールジョセップ・ボレルストラスブールサンテール委員会共同決定手続き共和国大統領 (フランス)共通外交・安全保障政策元首勧告 (EU)社会民主進歩同盟立法府立憲君主制牛海綿状脳症直接選挙規則 (EU)議院内閣制自由と直接民主主義のヨーロッパ自由民主主義英語逓減比例東側諸国権力分立欧州原子力共同体欧州司法裁判所欧州委員会欧州委員会委員長欧州中央銀行欧州人民党欧州人民党グループ欧州会計監査院欧州保守改革グループ欧州石炭鉄鋼共同体欧州理事会欧州社会党欧州緑の党欧州緑グループ・欧州自由連盟欧州統一左派・北方緑の左派同盟欧州経済共同体欧州規模の政党欧州評議会欧州諸共同体欧州議会の政治会派欧州議会議員欧州議会議長欧州防衛共同体欧州自由民主同盟欧州自由民主改革党欧州連合欧州連合基本権憲章欧州連合の予算欧州連合の立法手続き欧州連合の言語欧州連合の機構欧州連合理事会欧州連合理事会議長国欧州旗欧州政治共同体欧州憲法比例代表制決定 (EU)指令 (EU)有権者政府の長政府間主義政党名簿比例代表普通選挙1979年欧州議会議員選挙1999年欧州議会議員選挙2004年欧州議会議員選挙2009年欧州議会議員選挙2014年欧州議会議員選挙 インデックスを展開 (75 もっと) »

単記移譲式投票

単記移譲式投票 (Single transferable vote (STV)) は、比例代表を提供するよう設計された優先順位投票を用いた 投票制度である。単記移譲式は、票割れによる不利益および乱立による不利益を緩和する仕組みをもった制度である。この制度では、一定割合の票を得た候補が当選するが、当選確定者の余分な票は、それぞれの順位にしたがって他の候補者へ移譲される。当選者からの票の移譲がこれ以上行えない際には、最下位の者が落選となり、その票の全部がそれぞれの順位にしたがって他の候補者へ移譲される。また、比例名簿式とは異なり、有権者は、届け出名簿を越えた判断を下すことが出来る。.

新しい!!: 欧州議会と単記移譲式投票 · 続きを見る »

同性愛

同性愛(どうせいあい)、ホモセクシュアリティ(homosexuality)ホモセクシャリティとも表記。は、男性同士または女性同士の間での性愛や、同性への性的指向を指す。同性愛の性質を持っている人のことを同性愛者(どうせいあいしゃ)、ホモセクシュアル(homosexual)ホモセクシャルとも表記。という。 本項では同性愛の一般概要について記す。「日本における同性愛」は同項を参照。.

新しい!!: 欧州議会と同性愛 · 続きを見る »

両院制

両院制(りょういんせい)とは、「立法府」が独立して活動する二つの「議会」ないし「議院」によって構成される政治制度。二院制(にいんせい)とも言う。対照的な制度に一院制がある。.

新しい!!: 欧州議会と両院制 · 続きを見る »

中央情報局

CIA紋章 マクレーンにある中央情報局本部。かつては同州のラングレーに本部があり、ここから“ラングレー”と言えばCIAの別名だった。 中央情報局(ちゅうおうじょうほうきょく、英:Central Intelligence Agency、略称:CIA)は、外国での諜報活動を行うアメリカ合衆国の情報機関である。中央情報局長官によって統括され、アメリカ合衆国大統領直属の監督下にある。.

新しい!!: 欧州議会と中央情報局 · 続きを見る »

マンチェスター大学

マンチェスター大学(The University of Manchester)は、イギリス、マンチェスターにある国立大学で、イングランドで最初の都市大学の一つである。2004年10月、一般にマンチェスター大学と呼ばれたマンチェスター・ビクトリア大学(Victoria University of Manchester)にマンチェスター工科大学(UMIST:University of Manchester Institute of Science and Technology)が再統合され、現在のマンチェスター大学(The University of Manchester)が誕生した。ラッセル・グループ(イギリスの大規模研究型大学群)に加盟している。 20世紀の発明に数多く貢献し、現在までに25人もの卒業生、研究者、教授らがノーベル賞を受賞している、英国が誇る名門国立大学である。受賞者数はケンブリッジ大学、オックスフォード大学に次いで英国第3位である。4名の受賞者が現役で教鞭をとっており、その数は英国最多である。 世界初のコンピューターは、1948年にマンチェスター大学で生まれた。 全国就職誌レポート(2012年)によると、英国ベスト100優良企業がイギリスで最も採用ターゲットとする名門大学となっている。また、英国GTI media社が全国7000以上の高等学校の受験生(2010年~2013年)に実施したアンケートでは、イギリスで最も行きたい大学として、ケンブリッジ大学、オックスフォード大学に次いで英国第3位であった。 エレクトロニクスの分野で世界を牽引する働きをしており、特にウェアラブル端末やスマートテキスタイルズ等の新領域での研究が盛んである。また、これらを応用した産業界との提携も幅広く、多数の日本企業も含む多国籍企業との産業共同研究を推進している。.

新しい!!: 欧州議会とマンチェスター大学 · 続きを見る »

マーストリヒト条約

マーストリヒト条約(マーストリヒトじょうやく)は、欧州連合の創設を定めた条約。1991年12月9日、欧州諸共同体加盟国間での協議がまとまり、1992年2月7日調印、1993年11月1日にドロール委員会の下で発効した。協議は通貨統合と政治統合の分野について行われた。本条約の正式名称は欧州連合条約であり、その後の条約で修正が加えられた。条約名は調印されたオランダのマーストリヒトにちなむ。 附帯議定書では単一通貨ユーロの創設と3つの柱構造(欧州共同体の柱、共通外交・安全保障政策の柱、司法・内務協力の柱)の導入が規定された。共通外交・安全保障政策は欧州政治協力に基づくものであるが、本条約で欧州連合の柱構造に取り入れられ、さらにその枠組みは拡大された。司法・内務協力は警察機関、刑事司法、民事事件や難民・移民問題についての協力について扱われる分野であった。その後、アムステルダム条約によって司法・内務協力から難民・移民問題などを欧州共同体の柱に移管し、残った分野について警察・刑事司法協力に改められた。この3つの柱構造はリスボン条約の発効により廃止された。.

新しい!!: 欧州議会とマーストリヒト条約 · 続きを見る »

マヌエル・マリン

マヌエル・マリン・ゴンサーレス(Manuel Marín González, 1949年10月21日 - 2017年12月4日)はスペインの政治家。同国代議院議長(2004年 - 2008年)。マリンは長期にわたって欧州委員会委員を務め、自身も委員に任命されていたサンテール委員会の総辞職を受けてマリン暫定委員会の委員長代行に就任した。家族は妻と2人の子どもがいる。.

新しい!!: 欧州議会とマヌエル・マリン · 続きを見る »

ハンス=ゲルト・ペテリング

ハンス=ゲルト・ヘルマン・ペテリング(Hans-Gert Hermann Pöttering, 1945年9月15日 - )は、ドイツの政治家。ニーダーザクセン州ベルゼンブリュック出身。第27代欧州議会議長。 1979年の第1回直接選挙から欧州議会議員の職にあり、1999年から2007年までは欧州人民党・欧州民主主義グループ (EPP-ED) の会派代表を務めていた。2004年の欧州議会議員選挙では、ドイツキリスト教民主同盟 (CDU) の比例代表の候補としては最上位だった。欧州社会党グループとの取り決めにより、2007年1月16日からジョセップ・ボレルに代わり、欧州議会の任期後半の議長に就任した。.

新しい!!: 欧州議会とハンス=ゲルト・ペテリング · 続きを見る »

バレンシア語

バレンシア語(valencià バレンシア語での発音 ヴァレンシアー)は、スペインのバレンシア州で公用語とされている言語。言語学では、カタルーニャ語の主要な方言で、バレンシア州で話されているものを指す。 1982年の「バレンシア語の使用および教育に関する法律」では、バレンシア語はバレンシア州固有の言語とされ、市民はバレンシア語の学習と使用の権利があるとされる。2005年6月の調査では、バレンシア州の住民のうち94%がバレンシア語を理解でき、78%が話したり読んだりでき、50%が書くことができる。.

新しい!!: 欧州議会とバレンシア語 · 続きを見る »

バスク語

バスク語(バスクご、euskara)は、スペインとフランスにまたがるバスク地方を中心に分布する孤立した言語で、おもにバスク人によって話されている。スペインのバスク州全域とナバーラ州の一部ではスペイン語とともに公用語とされている。2006年現在、約66万5800人の話者がバスク地方に居住し、すべてスペイン語またはフランス語とのバイリンガルである。.

新しい!!: 欧州議会とバスク語 · 続きを見る »

ポール=アンリ・スパーク

ポール=アンリ・シャルル・スパーク(Paul-Henri Charles Spaak, 1899年1月25日 - 1972年7月31日)は、ベルギーの社会主義の政治家。国際連合総会の初代議長。欧州連合の父。.

新しい!!: 欧州議会とポール=アンリ・スパーク · 続きを見る »

ヨーロッパのシンボル

ヨーロッパのシンボルは、ヨーロッパ全体または欧州連合を地域における統合体として象徴する物や概念。過去にいくつものヨーロッパのシンボルが考案されているが、中でもよく知られているのは1950年代から1960年代に欧州評議会が採択したものである。欧州評議会が採択したシンボルはヨーロッパを全体として表そうとすることが狙いとなっていたが、欧州連合も同じものをヨーロッパのシンボルを採択したことにより、それらのシンボルは欧州連合のみを表すものとして認識されるようになった。また汎ヨーロッパ・アイデンティティの動きから、欧州連合は自身におけ統合にあたって独自のシンボルを作成してきた。.

新しい!!: 欧州議会とヨーロッパのシンボル · 続きを見る »

リスボン条約

リスボン条約(リスボンじょうやく)は、既存の欧州連合の基本条約を修正する条約。改革条約(かいかくじょうやく)とも呼ばれる。本条約の正式な名称は「欧州連合条約および欧州共同体設立条約を修正するリスボン条約」。2007年12月13日にリスボンのジェロニモス修道院において加盟国の代表らによって署名され、2009年12月1日に発効した。 2005年にフランスとオランダにおける国民投票で欧州憲法条約の批准が否決された。欧州連合の基本条約の枠組み改定には全加盟国の賛成が必要であるため、欧州憲法条約は発効が断念された。これを受けて2007年6月、欧州理事会において新条約の枠組みが合意され、政府間協議 (IGC) において起草、条約案が承認された。草案は2007年10月19日に合意に達し、欧州憲法条約に大幅な変更が加えられたものの欧州憲法条約とは異なり、既存の基本条約と置き換えるのではなく、修正する形をとっている。 リスボン条約では欧州憲法条約に盛り込まれていた機構改革や、市民の欧州連合への関与を強化することが規定されている。その一方で欧州憲法条約にあった欧州連合の旗のような超国家機関的な性格は取り除かれ、また特定の国には適用除外条項が規定されている。 リスボン条約の第6条第2項では、発効にはすべての欧州連合加盟国の批准手続きの完了を要することが規定されている。条文では2009年1月1日の発効をうたっているが、すべての加盟国による批准手続きの完了に遅れが生じた場合には、完了した日の翌月の1日に発効することになっている。実際にアイルランドが本条約批准に必要な憲法改正手続きに遅れが生じるなどしたため、条約発効は2009年12月1日となった。.

新しい!!: 欧州議会とリスボン条約 · 続きを見る »

ルクセンブルク市

ルクセンブルク市(、、)は、ルクセンブルク大公国の首都である。人口は90,000人(2009年)。周囲のコミューンを含めた都市圏人口は、103,973人。同じ名称の国名と区別するため、各国の言語で「市」に相当する単語を付けて呼ばれることが多い。 アルデンヌの高地にあり、標高はおよそ500m。ペトリュス川がモーゼル川の支流のアルゼット川に合流する所に位置する。ブリュッセルから188km、ケルンからは190km。 世界でも特に富裕な都市の1つであり、市の中心部にはノートルダム大聖堂および市庁舎がある。副都心のキルヒベルクには欧州司法裁判所、欧州投資銀行等の欧州連合の機関、ルクセンブルク大学、ラジオ・ルクセンブルクなどが存在する。.

新しい!!: 欧州議会とルクセンブルク市 · 続きを見る »

ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス

ンドン・スクール・オブ・エコノミクス(英:London School of Economics and Political Science, LSE) は、英国で唯一の社会科学に特化した、ロンドン大学群を構成するカレッジの一つである。但し、ロンドン大学を構成する他のカレッジと同様に、通常は独立した個別の大学として扱われている。ロンドン中心部オールドウィッチにキャンパスを構える。 経済学が特に有名で、世界トップレベルの研究・教育を誇る。 また国際関係学、社会学、社会政策学など多くの学問分野を開拓するなど、経済学のみならず社会科学全般において多大な貢献をしている。近年はNGOの運営に関する研究や、環境経営学、欧州共同体研究、開発学、紛争解決学などの分野においてパイオニア的な存在となっている。 現在までに卒業生、教員、創立者から計19人のノーベル賞受賞者(経済学賞13人、文学賞2人、平和賞4人)、53人の各国首相・大統領・国家元首を輩出しており、ニューズウィーク日本版に「欧州で最も政治エリート、世界的な著名人をこれほど多く輩出している教育機関は珍しい。」と評された。.

新しい!!: 欧州議会とロンドン・スクール・オブ・エコノミクス · 続きを見る »

ローマ条約

ーマ条約(ローマじょうやく)は、1957年3月25日に調印された欧州連合の2つの基本条約。ベルギー、フランス、イタリア、ルクセンブルク、オランダ、西ドイツによって調印された。 この2条約とは欧州経済共同体設立条約と欧州原子力共同体設立条約である。両共同体はこの数年前に設立された欧州石炭鉄鋼共同体に続く、超国家主義的な性格をもつ国際機関である。 両条約は1958年1月1日に発効したが、そのうち欧州経済共同体設立条約はその後の条約で大幅に修正されており、1993年11月発効のマーストリヒト条約で「欧州共同体設立条約」への改称を経たのち、2009年12月に発効したリスボン条約では「欧州連合の機能に関する条約」に改称されている。その一方で欧州原子力共同体設立条約は原子力に対する市民感情からあまり修正されていない。.

新しい!!: 欧州議会とローマ条約 · 続きを見る »

ロベール・シューマン

ベール・シューマン(Robert Schuman, 1886年6月29日 - 1963年9月4日)は、ルクセンブルクで生まれ、ドイツで育ち大学で学んだあと、フランス占領後にフランスの政界に入り、やがてフランスの首相・外相になった政治家。独仏和解、ヨーロッパ和解を象徴する人物とされている。共和国民運動の党員で、欧州連合の父の一人とみなされている。.

新しい!!: 欧州議会とロベール・シューマン · 続きを見る »

ワシントン・ポスト

ワシントン・ポスト(The Washington Post)は、1877年創刊のアメリカ合衆国ワシントンD.C.の日刊紙である。米国内での発行部数は66万部で、USAトゥデイ(211万部 本紙のみ全国紙)、ウォール・ストリート・ジャーナル(208万部)、ニューヨーク・タイムズ(103万部)、ロサンゼルス・タイムズ(72万部)に次いで第5位部数は平日版、2008年10月 - 2009年3月平均。首都ワシントン最大の新聞であり特に国家政治に重点を置いている。 2013年にオーナーのドナルド・グラハムの15年来の友人であるAmazon.comの創業者ジェフ・ベゾスに買収された。冷戦中には特に容共リベラルな編集方針や記事がアメリカの政権から敵視され、保守派からは「 (ポトマック河畔のプラウダ(ソ連共産党の機関誌)」と称された。2017年に「暗闇の中では民主主義は死んでしまう」を新スローガンに採用した。.

新しい!!: 欧州議会とワシントン・ポスト · 続きを見る »

ブリュッセル

ブリュッセル市庁舎 ブリュッセル( 、 、 、 )は、ベルギーの首都である。名称は「沼、湿地(bruoc、bruc、broek)」、「家(sella、zele)」という単語から来ている。ブリュッセル単独で、ベルギーの連邦構成主体である3つの地域のうちの一つ、ブリュッセル首都圏地域(、)を構成している。 人口116万人(2014年)。他の2つの地域と比べて面積は161km2と相対的に狭いが、約30km2の森林地域を除いて、その領域のほとんどが市街化されている。ユーロクリアと国際銀行間通信協会に加え、ロスチャイルド系グループ・ブリュッセル・ランバート本部と本部まで抱える、欧州有数の世界都市である。2013年に行われたアメリカのダウ・ジョーンズらによる調査は、ブリュッセルを世界24位の金融センターと評価している。 16世紀より欧州郵便網(帝国郵便)の起点であった歴史を持つ。1893年、フレンチ・コロニアル・ユニオンのジョゼフ・シェレが国際植民地学院の設立を提唱し、翌年に議会の承認を得た。学院は、植民地の行政・法制を比較研究する目的でブリュッセルにおかれた。戦後にブリュッセルはNATO の原点となり、現在では欧州連合の主要機関とアメリカ合衆国通商代表部の事務所が置かれている。.

新しい!!: 欧州議会とブリュッセル · 続きを見る »

ブリュッセル条約

ブリュッセル条約(ブリュッセルじょうやく)あるいは合併条約(がっぺいじょうやく)は、1965年4月8日にブリュッセルで署名され1967年7月1日に発効した、ヨーロッパで発足していた3つの共同体(欧州石炭鉄鋼共同体・欧州経済共同体・欧州原子力共同体)の組織体制を統合する条約。正式名称は、「欧州諸共同体の単一の理事会および委員会を設立する条約」(仮訳)である。 これにより3つすべての共同体を共通の予算のもとで運営する機関として、欧州委員会と欧州共同体の理事会が設置された。この条約を現在の欧州連合の事実上の始まりとする見方もある。欧州共同体またはEC(European Communities)という用語はこのときから使われるようになった。 この内容は1997年に調印されたアムステルダム条約によって引き継がれ、本条約は失効した。 Category:欧州連合基本条約 Category:ブリュッセルの歴史 Category:1965年の条約.

新しい!!: 欧州議会とブリュッセル条約 · 続きを見る »

プロトコル

プロトコルまたはプロトコール(protocol, 、protocole )とは、複数の者が対象となる事項を確実に実行するための手順について定めたもの。 もともとは「人間同士のやりとり」だけに関する用語であった。戦間期の学術的批判を経て、情報工学分野でマシンやソフトウェア同士のやりとりに関する取り決め(通信規約)を指すためにも用いられるようになった。 日本語に意訳した語として、「規定」、「議定書」、「儀典」などがある。.

新しい!!: 欧州議会とプロトコル · 続きを見る »

パリ条約 (1951年)

パリ条約とは、1951年4月18日、ベルギー、フランス、西ドイツ、イタリア、ルクセンブルク、オランダの6か国がパリで調印した、欧州石炭鉄鋼共同体(ECSC)を設立する条約。 欧州石炭鉄鋼共同体設立条約、ECSC条約とも言う。 基本的な理念はECSCの執行機関である「最高機関」の初代委員長に就任したジャン・モネが掲げ、それを発展させたフランス外相ロベール・シューマンの1950年5月9日の演説(いわゆるシューマン宣言)に基づくものである。すなわち欧州の復興に不可欠であり、かつ軍需物資でもある石炭と鉄鋼を、欧州石炭鉄鋼共同体を通じて共同で開発・運営することにより、長年にわたるフランスとドイツの対立を封じ、欧州に不戦共同体を構築する意図で締結された。欧州石炭鉄鋼共同体は、後に欧州連合(EU)の一部となる。なおこの条約は1952年7月23日に発効し、その50年後の2002年7月23日、条約の定めに従い失効した。 Category:欧州連合基本条約 Category:パリの歴史 Category:1951年の条約.

新しい!!: 欧州議会とパリ条約 (1951年) · 続きを見る »

フランコ・フラッティーニ

フランコ・フラッティーニ(Franco Frattini、1957年3月14日 - )は、イタリアの政治家。 第2次ベルルスコーニ政権で外相を務め、その後欧州委員会(バローゾ委員会)で副委員長・司法・自由・安全担当に就く。2008年イタリア総選挙で自由の人民が勝利してベルルスコーニが政権を奪還したさい、欧州委員を辞任して再び同国外相の職に戻った。.

新しい!!: 欧州議会とフランコ・フラッティーニ · 続きを見る »

フランス革命

フランス革命(フランスかくめい、Révolution française, French Revolution)は、18世紀(1789年5月5日 – 1799年11月9日)にフランス王国(ブルボン朝)で起きた市民革命。 世界史上の代表的な市民革命で、前近代的な社会体制を変革して近代ブルジョア社会を樹立した革命。フランス革命戦争を通して、カリブ海から中東まで戦争が波及した。歴史家はフランス革命を世界史の中で最も重要な出来事の一つであると見なしている。 1787年にブルボン朝の絶対王権に対する貴族の反抗に始まった擾乱は、1789年から全社会層を巻き込む本格的な革命となり、政治体制は絶対王政から立憲王政、そして共和制へと移り変わった。さらに1794年のテルミドール反動ののち退潮へ向かい、1799年にナポレオン・ボナパルトによるクーデターと帝政樹立に至る(1799年11月9日のブリュメール18日のクーデター)。一般的には1787年の貴族の反抗から1799年のナポレオンによるクーデターまでが革命期とされている。 フランスの王政とアンシャン・レジームが崩壊する過程で、封建的諸特権が撤廃されて近代的所有権が確立される一方、アッシニア紙幣をめぐって混乱が起こった。.

新しい!!: 欧州議会とフランス革命 · 続きを見る »

フランス語

フランス語(フランスご)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派に属する言語。ロマンス諸語のひとつで、ラテン語の口語(俗ラテン語)から変化したフランス北部のオイル語(またはウィ語、langue d'oïl)が母体と言われている。日本語では、仏蘭西語、略して仏語とも書く。 世界で英語(約80の国・地域)に次ぐ2番目に多くの国・地域で使用されている言語で、フランス、スイス、ベルギー、カナダの他、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国を中心に29カ国で公用語になっている(フランス語圏を参照)。全世界で1億2,300万人が主要言語として使用し、総話者数は2億人以上である。国際連合、欧州連合等の公用語の一つにも選ばれている。このフランス語の話者を、'''フランコフォン''' (francophone) と言う。.

新しい!!: 欧州議会とフランス語 · 続きを見る »

フィナンシャル・タイムズ

『ファイナンシャル・タイムズ』(Financial Times, FT)は、イギリスで発行されている日刊の経済紙である。紙の色がサーモンピンクであることから、しばしばピンク・ペーパーとも呼ばれる。出版社などを傘下に持つイギリスの複合メディア企業ピアソンの傘下にあったが、2015年(平成27年)11月30日から日本経済新聞社傘下となった。世界の企業の時価総額をランキングするフィナンシャル・タイムズ・グローバル500を毎年発表している。 本社はロンドンにあるが発行部数はイギリス国外の方が多い。.

新しい!!: 欧州議会とフィナンシャル・タイムズ · 続きを見る »

ドイツ再統一

1990年のドイツ再統一 ドイツ再統一(ドイツさいとういつ、、)は、1990年10月3日、ドイツ連邦共和国(Bundesrepublik Deutschland、「西ドイツ」)にドイツ民主共和国(Deutsche Demokratische Republik、「東ドイツ」)が編入された出来事である。東西ドイツ統一、東西ドイツの統一、ドイツの東西統一などとも呼ばれる。.

新しい!!: 欧州議会とドイツ再統一 · 続きを見る »

ドイツ語

ドイツ語(ドイツご、独:Deutsch、deutsche Sprache)は、インド・ヨーロッパ語族・ゲルマン語派の西ゲルマン語群に属する言語である。 話者人口は約1億3000万人、そのうち約1億人が第一言語としている。漢字では独逸語と書き、一般に独語あるいは独と略す。ISO 639による言語コードは2字が de、3字が deu である。 現在インターネットの使用人口の全体の約3パーセントがドイツ語であり、英語、中国語、スペイン語、日本語、ポルトガル語に次ぐ第6の言語である。ウェブページ数においては全サイトのうち約6パーセントがドイツ語のページであり、英語に次ぐ第2の言語である。EU圏内では、母語人口は域内最大(ヨーロッパ全土ではロシア語に次いで多い)であり、話者人口は、英語に次いで2番目に多い。 しかし、歴史的にドイツ、オーストリアの拡張政策が主に欧州本土内で行われたこともあり、英語、フランス語、スペイン語のように世界語化はしておらず、基本的に同一民族による母語地域と、これに隣接した旧支配民族の使用地域がほとんどを占めている。上記の事情と、両国の大幅な領土縮小も影響して、欧州では非常に多くの国で母語使用されているのも特徴である。.

新しい!!: 欧州議会とドイツ語 · 続きを見る »

ニース条約

ニース条約(ニースじょうやく)は、欧州連合の基本条約のうち、ローマ条約とマーストリヒト条約について修正を加えた条約。2000年12月11日にニースで開かれた欧州理事会において合意され、2001年2月26日調印、2003年2月1日に発効した。.

新しい!!: 欧州議会とニース条約 · 続きを見る »

ニコラ・サルコジ

ニコラ・ポール・ステファヌ・サルコジ・ド・ナジ=ボクサ(Nicolas Paul Stéphane Sarközy de Nagy-Bocsa、1955年1月28日 - )は、フランスの政治家。第23代フランス大統領(フランス第五共和政)(2007年5月16日 - 2012年5月14日)およびアンドラ公国の共同大公。国民運動連合や、その後継の共和党総裁などを歴任した。フランスの大統領としては異色の新保守主義者、新自由主義者とされる。ユダヤ人を母に持つハンガリー移民2世で、ともにアメリカですら例のない移民2世、ユダヤ系の大統領の誕生はフランスの多民族国家化を強く印象づけた。本人はカトリック信者である。.

新しい!!: 欧州議会とニコラ・サルコジ · 続きを見る »

ニコル・フォンテーヌ

ニコル・クロード・マリ・フォンテーヌ(Nicole Claude Marie Fontaine, 1942年1月16日 - 2018年5月17日)は、フランスの政治家。.

新しい!!: 欧州議会とニコル・フォンテーヌ · 続きを見る »

ダニエル・コーン=ベンディット

ダニエル・コーン=ベンディット(Daniel Cohn-Bendit、1945年4月4日 - )は、欧州連合の政治家。欧州議会議員。フランス、モントーバン生まれのユダヤ系ドイツ人。フランス語読みでダニエル・コーン=バンディとも表記される。1968年パリで起こった学生蜂起五月危機の指導者の一人で、その髪の色と政治的主張から「赤いダニー」「赤毛のダニー」の異名を取った。2004年から欧州議会の会派、欧州緑の党・欧州自由同盟 European Greens–European Free Allianceの共同議長を務めている。.

新しい!!: 欧州議会とダニエル・コーン=ベンディット · 続きを見る »

アバンギャルド

アバンギャルド、または、アヴァンギャルド(avant-garde)、また漢語表現で「前衛」と呼ばれているものについて解説する。.

新しい!!: 欧州議会とアバンギャルド · 続きを見る »

アムステルダム条約

アムステルダム条約(アムステルダムじょうやく)は、マーストリヒト条約やローマ条約などの欧州連合(EU)の基本条約に大幅な変更を加えた条約。1997年10月2日調印、1999年5月1日発効。 アムステルダム条約は市民権や個人の権利をより尊重する内容となっており、また欧州議会がEUの政策決定に関与することを強化することで民主的統制を増強し、雇用問題や共同体の自由、安全保障、司法政策についても触れ、さらに共通外交・安全保障政策(CFSP)の深化やEU拡大に備えた機構改革についてもうたわれている。.

新しい!!: 欧州議会とアムステルダム条約 · 続きを見る »

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国(アメリカがっしゅうこく、)、通称アメリカ、米国(べいこく)は、50の州および連邦区から成る連邦共和国である。アメリカ本土の48州およびワシントンD.C.は、カナダとメキシコの間の北アメリカ中央に位置する。アラスカ州は北アメリカ北西部の角に位置し、東ではカナダと、西ではベーリング海峡をはさんでロシアと国境を接している。ハワイ州は中部太平洋における島嶼群である。同国は、太平洋およびカリブに5つの有人の海外領土および9つの無人の海外領土を有する。985万平方キロメートル (km2) の総面積は世界第3位または第4位、3億1千7百万人の人口は世界第3位である。同国は世界で最も民族的に多様かつ多文化な国の1つであり、これは多くの国からの大規模な移住の産物とされているAdams, J.Q.;Strother-Adams, Pearlie (2001).

新しい!!: 欧州議会とアメリカ合衆国 · 続きを見る »

アメリカ合衆国議会

アメリカ合衆国議会(アメリカがっしゅうこくぎかい、United States Congress)は、アメリカ合衆国の連邦政府の立法府である。連邦議会(Congress)とも呼ばれ、アメリカ合衆国憲法の第1条により定義される。上院及び下院の二院制であるアメリカ合衆国憲法 第1条及び修正第14条、修正第17条。なお、解散はない。.

新しい!!: 欧州議会とアメリカ合衆国議会 · 続きを見る »

アルチーデ・デ・ガスペリ

アルチーデ・デ・ガスペリ(、(、1881年4月3日 - 1954年8月19日)は、イタリアの政治家。 国家元首代行、イタリア王国首相(第64代)、イタリア共和国首相(初・2・3・4・5・6・7代)、外相、内相、欧州石炭鉄鋼共同体共同総会議長(第2代)を歴任した。 キリスト教民主主義の創設者。1945年から1953年にかけて8つの連立政権で首相を務めた。首相在任は7年8ヶ月(2496日)に及び、これは戦後イタリアにおいて連続在任では1位、通算在任でも第2位の記録となっている。また、フランスのロベール・シューマン、西ドイツのコンラート・アデナウアーらと並んで欧州連合の父のひとりに数えられている。.

新しい!!: 欧州議会とアルチーデ・デ・ガスペリ · 続きを見る »

アレクサンデル・ストゥブ

イ=ヨーラン・アレクサンデル・ストゥブ(Cai-Göran Alexander Stubb、1968年4月1日 - )は、フィンランドの政治家。フィンランド共和国第64代首相を務めた。.

新しい!!: 欧州議会とアレクサンデル・ストゥブ · 続きを見る »

アントニオ・タイヤーニ

アントニオ・タイヤーニ(Antonio Tajani、1953年8月4日 - )は、イタリアの政治家。欧州議会副議長や欧州委員会産業・企業担当委員、欧州委員会副委員長を経て、2017年1月より欧州議会議長。姓はタヤーニとも表記される。.

新しい!!: 欧州議会とアントニオ・タイヤーニ · 続きを見る »

アフリカ・カリブ海・太平洋諸国

アフリカ・カリブ海・太平洋諸国(アフリカ・カリブかい・たいへいようしょこく)とは、ロメ協定に調印した諸国。英語表記の頭文字をとって、ACP諸国 (Africa, Caribbean, and Pacific) ともいう。 1975年にトーゴのロメにおいて第1次ロメ協定が調印された。これはヨーロッパが原料の安定的な供給源の確保や、海外市場における特恵的地位を維持したいとの考えから策定されたものである。またヨーロッパ諸国がACP諸国を植民地として支配していたことに対する責任という意味合いも込められている。 ロメ協定はもともとEU加盟15か国とACP46か国との間での協力プログラムである。その内容は、ACP諸国によるEU市場への参入や農産物・鉱業資源の価格安定のための資金供与といった特恵制度を定めたものである。 ロメ協定は2000年6月にベナンで調印されたコトヌー協定に引き継がれている。ロメ協定との大きな違いの1つに、市民や民間部門、貿易連合、地方政府といった新たな主体が協力体制に参加することが可能となった点がある。これらの新たな主体は各国の開発戦略において諮問を受けたり、計画策定に加わったりするほか、拠出される資金の受け取りや計画の実施に関与することができる。 ACP諸国には多くの小島嶼開発途上国が含まれる。1995年にモーリシャスで第4次ロメ協定が結ばれ、これにより島嶼国について以下の特別な配慮がなされた。 (仮訳)内陸開発途上国および小島嶼開発途上国に分類されるACP諸国に対して、その地理的条件のために起こる開発の障害に対処するための個別的な行動が企図・促進されるような協力がなされるべきである。.

新しい!!: 欧州議会とアフリカ・カリブ海・太平洋諸国 · 続きを見る »

イランの核開発計画

イランの核開発計画(イランのかくかいはつけいかく)では、イランが行っているとされる核開発計画について記述する。.

新しい!!: 欧州議会とイランの核開発計画 · 続きを見る »

イラク戦争

イラク戦争(イラクせんそう)とは、アメリカ合衆国が主体となり2003年3月20日から、イギリス、オーストラリアと、工兵部隊を派遣したポーランド等が加わる有志連合によって、イラク武装解除問題の大量破壊兵器保持における進展義務違反を理由とする『イラクの自由作戦』の名の下に、イラクへ侵攻したことで始まった軍事介入である。 正規軍同士の戦闘は2003年中に終了し、同年5月にジョージ・W・ブッシュにより「大規模戦闘終結宣言」が出たが、アメリカが指摘した大量破壊兵器の発見に至らず、さらにイラク国内の治安悪化が問題となり、戦闘は続行した。2010年8月31日にバラク・オバマにより改めて「戦闘終結宣言」と『イラクの自由作戦』の終了が宣言され、翌日から米軍撤退後のイラク単独での治安維持に向けた『新しい夜明け作戦』が始まった。 そして2011年12月14日、米軍の完全撤収によってバラク・オバマが、イラク戦争の終結を正式に宣言した。.

新しい!!: 欧州議会とイラク戦争 · 続きを見る »

インド

インドは、南アジアに位置し、インド洋の大半とインド亜大陸を領有する連邦共和制国家である。ヒンディー語の正式名称भारत गणराज्य(ラテン文字転写: Bhārat Gaṇarājya、バーラト・ガナラージヤ、Republic of India)を日本語訳したインド共和国とも呼ばれる。 西から時計回りにパキスタン、中華人民共和国、ネパール、ブータン、バングラデシュ、ミャンマー、スリランカ、モルディブ、インドネシアに接しており、アラビア海とベンガル湾の二つの海湾に挟まれて、国内にガンジス川が流れている。首都はニューデリー、最大都市はムンバイ。 1947年にイギリスから独立。インダス文明に遡る古い歴史、世界第二位の人口を持つ。国花は蓮、国樹は印度菩提樹、国獣はベンガルトラ、国鳥はインドクジャク、国の遺産動物はインドゾウである。.

新しい!!: 欧州議会とインド · 続きを見る »

イェジ・ブゼク

イェジ・ブゼク(Jerzy Buzek, 1940年7月3日 - )は、ポーランドの大学教授、政治家。現在はチェコ領となっている、ザオルジェ地方シュミウォヴィツェ出身。1997年から2001年まで同国(第三共和政)第9代首相。2004年6月13日の欧州議会議員選挙では最多得票を獲得して欧州議会議員に当選。2009年7月から2012年1月まで欧州議会議長を務めた。現代のポーランドで最も尊敬されている政治家の一人。.

新しい!!: 欧州議会とイェジ・ブゼク · 続きを見る »

ウェストミンスター・システム

イギリス議会の議場であるウェストミンスター宮殿 ウェストミンスター・システム()とは、イギリスにおける制度を範とする議院内閣制のモデルである。.

新しい!!: 欧州議会とウェストミンスター・システム · 続きを見る »

エディット・クレッソン

ディット・クレッソン(Édith Cresson、1934年1月27日 - )は、フランスの女性政治家。首相(第五共和政第12代)などを歴任した。姓(Cresson)の読み方は、フランス語ではクレソンが近いが(野菜のクレソンと同じ)、日本語メディアでは「クレッソン」と紹介されている。日本では後述の対日批判発言で知られる。.

新しい!!: 欧州議会とエディット・クレッソン · 続きを見る »

エスパース・レオポルド

パース・レオポルド(, )は、ベルギーのブリュッセルにある、欧州連合の立法機関である欧州議会が入るビル群。 エスパース・レオポルドは複数のビルで形成されているが、その中でもっとも古いものはポール=アンリ・スパーク・ビルで、議場や議長執務室がある。またアルティエロ・スピネッリ・ビルはエスパース・レオポルドのなかでももっとも新しい建物である。これらのビル群はブリュッセル市の東に位置するウロップ地区にあり、1989年に着工されたものである。 欧州議会の正式な所在地はフランスのストラスブールにあるルイーズ・ウェイス・ビルであって、エスパース・レオポルドではない。しかしながら欧州連合の諸機関の多くがブリュッセルに所在しており、欧州議会は他機関との活動に接しやすくするためにブリュッセルにビル群を建設したのである。議会の機能の多くはブリュッセルでなされているが、法令上はストラスブールが正式な所在地とされている。.

新しい!!: 欧州議会とエスパース・レオポルド · 続きを見る »

カタルーニャ語

タルーニャ語(カタルーニャご、català )はスペイン東部のカタルーニャ州に居住しているカタルーニャ人の言語。カタラン語ともいう。よく見られるカタロニア語という表記は地方名の英語名に由来する。インド・ヨーロッパ語族イタリック語派に属する。 カタルーニャ地方のほか、バレンシア州、バレアレス諸島州、アラゴン州のカタルーニャ州との境界地域、南フランス・ルシヨン地方(北カタルーニャ)、イタリア・サルデーニャ州アルゲーロ市などに話者がいる。 アンドラ公国では公用語になっており、またスペインではガリシア語、バスク語と並んで地方公用語(カタルーニャ、バレンシア、バレアレス諸島各自治州)となっている。なお、バレンシア州は同地で話されているこの言語の地域変種の名称を「バレンシア語」と規定しており、このことは同州で話されているこの言語を、カタルーニャ語のバレンシア方言であるか、バレンシア語であるかと言う議論に発展した。また、.

新しい!!: 欧州議会とカタルーニャ語 · 続きを見る »

ガリシア語

リシア語(o galego、a lingua galega)は、インド・ヨーロッパ語族イタリック語派の1言語。スペイン北西部ガリシア州でガリシア人を中心に使われている。ISO 639による言語コードは、2字がgl, 3字がglgで表される。 Associaçom Galega da Línguaにも、Academia Galega da Língua Portuguesaにも、ガリシア語はポルトガル語の方言だと見なされている。.

新しい!!: 欧州議会とガリシア語 · 続きを見る »

シモーヌ・ヴェイユ (政治家)

モーヌ・ヴェイユ(Simone Veil, 1927年7月13日 - 2017年6月30日)は、フランスの弁護士、政治家。フランス憲法評議会評議員。大英帝国勲章 (DBE) 受章者(デイム)。.

新しい!!: 欧州議会とシモーヌ・ヴェイユ (政治家) · 続きを見る »

シューマン宣言

ューマン宣言(シューマンせんげん)とは、1950年5月9日にフランス外相ロベール・シューマンがフランスと西ドイツの石炭・鉄鋼産業を共同管理することをまとめた声明。ジャン・モネによる提唱と道徳再武装による調整に影響された。この宣言の目的は、フランス、西ドイツ、ベネルクスの各国が戦略上の資源を共有するカルテルを作成することである。シューマン宣言を基礎として、1951年に欧州諸共同体のなかの最初の共同体で、のちの欧州連合につながっていく欧州石炭鉄鋼共同体が創設された。.

新しい!!: 欧州議会とシューマン宣言 · 続きを見る »

シンデレラ

がピタリと合ったシーン。ギュスターヴ・ドレによるイラストレーション 靴がピタリと合ったシーン。 シンデレラ は、童話の一つ。また、その主人公。仏語で『サンドリヨン()』。和名は『灰かぶり姫』あるいは『灰かぶり』。 グリム兄弟によるアシェンプテル 、シャルル・ペローによるものが知られているが、より古い形態を残していると考えられている作品としてジャンバッティスタ・バジーレの『ペンタメローネ(五日物語)』に採録されたチェネレントラ (Cenerentola) が挙げられる。日本の落窪物語や、中国にも楊貴妃がモデルと言われる掃灰娘や、民話に基づいていると思われる唐代の小説「葉限」などの類話があるなど、古くから広い地域に伝わる民間伝承である。日本ではペロー版が有名である。 オペラ・バレエ・映画・アニメなど様々な二次作品が作られている。 なお、cinder 、cendre 、Asche 、cenere などはいずれも「燃え殻」「灰」を意味し、上述の各作品名はこれらの派生形である。和訳名の『灰かぶり姫』もこれらを汲んだものである。.

新しい!!: 欧州議会とシンデレラ · 続きを見る »

シェンゲン情報システム

ェンゲン情報システム(Schengen Information System,SIS)は、欧州加盟国が共有する人や物に関する情報システムである。データ項目には、例えば逮捕令状が出されている人物や盗難車両等の行方不明となっている物などがある。このシステムはシェンゲン条約調印国であるフランス、ドイツ、ベルギー、オランダ及びルクセンブルクが、その実現に必要なシステムとして構築した。その後欧州各国がシステム共有に同意し、現在はギリシャ、オーストリア、アイスランド、スウェーデン、フィンランド、デンマーク、イタリア、ポルトガル、スペイン、ノルウェー並びにシェンゲン非加盟国であるアイルランドとイギリスを含む17ヶ国が共有している。なお、アイスランドとノルウェーを除く全ての国は欧州連合の加盟国である。 各国は自国の法律に基づいて情報を登録することで、システムへと蓄積されてゆく。100万を越える登録があり、例えば人物については、次のデータ項目が含んでいる:.

新しい!!: 欧州議会とシェンゲン情報システム · 続きを見る »

ジャン=マリー・ル・ペン

ャン=マリー・ル・ペン ジャン=マリー・ル・ペン(Jean-Marie Le Pen, 1928年6月20日 - )は、フランスの政治家。反EU、移民反対などを唱える右派政党国民戦線の創始者で、初代党首。娘のマリーヌ・ル・ペンは後継の同党党首。孫娘のマリオン・マレシャル=ルペンは同党所属の国民議会議員。尊敬する人物はジャンヌ・ダルク。.

新しい!!: 欧州議会とジャン=マリー・ル・ペン · 続きを見る »

ジャック・サンテール

ャック・サンテール(Jacques Santer、1937年5月18日 - )は、ルクセンブルクの政治家。.

新しい!!: 欧州議会とジャック・サンテール · 続きを見る »

ジョセップ・ボレル

ョセップ・ボレル・フォンテジェス(Josep Borrell i Fontelles, ジュゼップ・ブレイ・フンテーリャス、1947年4月24日 - )は、スペインの政治家。2008年12月12日に欧州大学院の次期総長に指名され、2010年1月からその任に就いた。またボレルは2004年7月20日から2007年1月15日まで欧州議会議長を務めた。選挙ではスペイン社会労働党から立候補したことにより、欧州議会では欧州社会党の会派に属し、また同会派のスペイン出身議員団の代表を務めていた。2007年1月から開発委員会の委員長を務めている。 議長選挙では投票した700人の議員のうち、1回目の投票で388票という絶対多数を獲得した。このときの投票ではボレルのほかにポーランドのブロニスワフ・ゲレメクが208票、フランスのフランシス・ヴュルツが51票を獲得していた。この投票では保守系会派である欧州人民党との合意が成り立っており、ボレルが2004年7月から2年半の議長を務め、その後2007年1月から2009年7月までの2年半はドイツのハンス=ゲルト・ペテリングと交替する約束が交わされた。.

新しい!!: 欧州議会とジョセップ・ボレル · 続きを見る »

ストラスブール

トラスブール(仏・Strasbourg ストラズブールアルザス語:Schdroosburiシュトロースブーリ、アレマン語:Strossburiシュトロースブリ、Straßburg シュトラースブルク)は、グラン・テスト地域圏の首府である。バ=ラン県の県庁所在地でもある。 フランス北東部の、ライン川左岸に位置する。河川港を抱える交通の要衝である。対岸にはドイツの都市ケールが存在するが、シェンゲン協定によってパスポートチェック無しで自由に行き来できる。2007年6月10日にはTGV東ヨーロッパ線が開業し、パリ東駅と2時間20分で結ばれた。.

新しい!!: 欧州議会とストラスブール · 続きを見る »

サンテール委員会

ンテール委員会(サンテールいいんかい、1995年1月23日 - 1999年3月15日)はルクセンブルク元首相のジャック・サンテールを委員長とする欧州委員会。 委員会は20人の委員で構成され、ユーロの導入を取り仕切ったが、不正の告発を受けて任期途中で史上初の委員会総辞職をした。プローディ委員会が正式に発足するまでマヌエル・マリンを委員長代行とし、サンテール委員会の一部の委員でなる暫定委員会が組織された。.

新しい!!: 欧州議会とサンテール委員会 · 続きを見る »

共同決定手続き

共同決定手続き(きょうどうけっていてつづき)は、欧州連合の3つの柱のうち第1の柱である欧州共同体分野の政策を採択するさいに用いられる主要な立法手続き。共同決定手続きの導入により、欧州議会は欧州連合理事会と共同で立法過程に携わることができるようになり、欧州委員会から送られた法案が法律として成立するには、全くの同一文書に対して両機関の同意が必要となった。.

新しい!!: 欧州議会と共同決定手続き · 続きを見る »

共和国大統領 (フランス)

共和国大統領(きょうわこくだいとうりょう、)は、フランスの大統領で、国家元首。 歴史的経緯から、フランスの大統領は隣国であるアンドラ公国の国家元首である共同大公も務める。.

新しい!!: 欧州議会と共和国大統領 (フランス) · 続きを見る »

共通外交・安全保障政策

共通外交・安全保障政策(きょうつうがいこう・あんぜんほしょうせいさく)とは、おもに安全保障や防衛に関する外交交渉や活動について、加盟国間で合意された欧州連合の組織的外交政策。共通外交・安全保障政策は、通商政策や第三国などに対する援助協力などの分野がある欧州連合の対外関係のなかでも特定の分野のみを扱うものである。共通外交・安全保障政策に関する決定は欧州連合理事会において全加盟国の意見の一致を要することになっているが、合意があれば特定の案件について条件付き多数決での決定ができる。 共通外交・安全保障政策を担うのは欧州連合外務・安全保障政策上級代表である。共通外交・安全保障政策では北大西洋条約機構がヨーロッパの地域的防衛や平和維持を担うものとしているが、1999年からは欧州連合が行為文書による平和維持や治安維持といった行動を実施している。 共通外交・安全保障政策は1993年発効の欧州連合条約で導入された3つの柱構造の「2本目の柱」とされてきたが、2009年に発効したリスボン条約によって欧州連合の政策分野を分けてきた3つの柱構造は廃止された。.

新しい!!: 欧州議会と共通外交・安全保障政策 · 続きを見る »

元首

元首(げんしゅ)または国家元首(こっかげんしゅ、dux civitatis、chef d’État、head of state)とは、.

新しい!!: 欧州議会と元首 · 続きを見る »

勧告 (EU)

欧州連合 (EU) における勧告とは、欧州連合の機能に関する条約第288条に挙げられている、法的拘束力を持たない法の形態の2種類あるものの1つ。 勧告は法的拘束力を持たず、その点では規則、指令、決定とは異なるが、適切な手続きにしたがって協議、採択が求められている。ところが法的拘束力を持たないながらも、勧告は政治的な影響力を有している。つまり勧告は、指令が強制力を持っているという点では違いがあるものの、加盟国内に対して必要な法令の制定を企図するという間接的な効果を持っている。.

新しい!!: 欧州議会と勧告 (EU) · 続きを見る »

社会民主進歩同盟

会民主進歩同盟(しゃかいみんしゅしんぽどうめい)とは、社会民主主義の欧州議会の政治会派。これまでに幾度の改称を重ねており、会派としては1953年の欧州議会の設立時までさかのぼる。1999年の欧州議会議員選挙までは欧州議会における最大会派だった。現在の名称となったのは2009年6月23日のことであり、同年の選挙の結果、第2会派となった。.

新しい!!: 欧州議会と社会民主進歩同盟 · 続きを見る »

立法府

立法府(りっぽうふ、legislature)は、立法を主たる職務とする機関。立法機関(りっぽうきかん)ともいう。 日本の立法府については「国会 (日本)」を参照のこと。.

新しい!!: 欧州議会と立法府 · 続きを見る »

立憲君主制

立憲君主制(りっけんくんしゅせい、Constitutional monarchy)または制限君主制とは、君主の権力が憲法により規制されている君主制。君主制とは、ある政治共同体において世襲の君主が主権を持つ政治形態。.

新しい!!: 欧州議会と立憲君主制 · 続きを見る »

牛海綿状脳症

牛海綿状脳症(うし かいめんじょう のうしょう、Bovine Spongiform Encephalopathy, 略語: BSE)は、牛の脳の中に空洞ができ、スポンジ(海綿)状になる病気である。「ぎゅう かいめんじょう のうしょう」とも読む。一般的には狂牛病(きょうぎゅうびょう, )として知られ、1986年(昭和61年)にイギリスで初めて発見された。 羊のスクレイピーや、鹿の慢性消耗病 (CWD)、他、ヒトのクロイツフェルト・ヤコブ病 (CJD) などを総称して伝達性(伝染性)海綿状脳症(, TSE)と表記される場合もある。 家畜伝染病予防法によって指定されている監視伝染病の一つ。.

新しい!!: 欧州議会と牛海綿状脳症 · 続きを見る »

直接選挙

接選挙は一般国民による票決を行う 直接選挙(ちょくせつせんきょ、)とは、選挙の方法のひとつで、事前に定められた選挙制度に基づき、有権者の投票行動が直接的に反映される制度である。.

新しい!!: 欧州議会と直接選挙 · 続きを見る »

規則 (EU)

欧州連合における規則(きそく)とは、すべての加盟国において即時に効力を有する法の形態。そのため、少なくとも原則として国内において関連法の整備を必要とする指令とは異なる。.

新しい!!: 欧州議会と規則 (EU) · 続きを見る »

議院内閣制

議院内閣制(ぎいんないかくせい)とは、政府(内閣)が議会(特に下院)の信任によって存立することとする制度。.

新しい!!: 欧州議会と議院内閣制 · 続きを見る »

自由と直接民主主義のヨーロッパ

自由と直接民主主義のヨーロッパ(じゆうとちょくせつみんしゅしゅぎのヨーロッパ)は、欧州懐疑派の欧州議会の政治会派。.

新しい!!: 欧州議会と自由と直接民主主義のヨーロッパ · 続きを見る »

自由民主主義

自由民主主義(じゆうみんしゅしゅぎ、リベラルデモクラシー liberal democracy)または自由民主制(じゆうみんしゅせい)とは、自由主義の立場による民主主義の思想または体制である。自由権は憲法により保障されるとの立場から立憲民主主義(constitutional democracy)、あるいはマルクス主義の立場からブルジョア民主主義(bourgeois democracy)とも呼ばれる。 自由民主主義の原則には、立憲主義による公権力の制限、構成員の言論の自由、参政権、自由選挙などを前提とした議会制民主主義などがあり、構成員の多様な意見や政策が自由な議論と選択によって集団の意思決定に反映される。現代では多くの国では複数政党制を採用している。自由民主主義は政治における市場主義や多元主義でもある。 自由民主制は、アメリカ合衆国、インド、ドイツなどの連邦共和国や、イギリス、スペインなどの立憲君主制のような、複数の形態がある。さらにはアメリカ合衆国などの大統領制、イギリスやイギリス連邦諸国などの議院内閣制、その組み合わせであるフランスなどの半大統領制などの形態も含む場合がある。.

新しい!!: 欧州議会と自由民主主義 · 続きを見る »

英語

アメリカ英語とイギリス英語は特徴がある 英語(えいご、)は、イ・ヨーロッパ語族のゲルマン語派に属し、イギリス・イングランド地方を発祥とする言語である。.

新しい!!: 欧州議会と英語 · 続きを見る »

逓減比例

逓減比例(Degressive proportionality)は、議会などの意思決定機関における(地域、州などの区分間の)議席配分の方法である。逓減比例とは各地域が同じ人数を選出しないものの、人口の少ない区域に対して厳密な人口比よりも多くの議席が配分されることを意味する。 逓減比例は、次の実例に代る方法である。.

新しい!!: 欧州議会と逓減比例 · 続きを見る »

東側諸国

東側諸国 東側諸国(ひがしがわしょこく、東側、社会主義陣営、共産主義陣営とも、Eastern Bloc、イースタンブロック)とは、冷戦の間、ソビエト連邦および中央ヨーロッパ・東ヨーロッパの衛星国(ブルガリア、ルーマニア、ハンガリー、チェコスロヴァキア、東ドイツ、ポーランド、1960年代前半まではアルバニアも含む)を指して使われた言葉である。対する陣営は西側諸国。.

新しい!!: 欧州議会と東側諸国 · 続きを見る »

権力分立

権力分立(けんりょくぶんりつ、けんりょくぶんりゅう、英:separation of powers)とは、権力が単一の機関に集中することによる権利の濫用「濫用」にかえて「乱用」の字が用いられることがある(憲法学の文献としては芦部信喜著・高橋和之補訂『憲法 第5版』2011年、岩波書店、p.277など)。『改訂 新潮国語辞典 ー現代語・古語ー』(株式会社 新潮社。監修者:久松潜一。編集者:山田俊雄・築島裕・小林芳規。昭和53年10月30日 改訂第6刷発行)p 2083に、「ラン ヨウ【*濫用・乱用】みだりにもちいること。」と記載されている。なお、「*」は、この国語辞典の「記号・略語表」によれば、「当用漢字表補正試案にある字で、当用漢字表に加えられる字、または、削られる字」という意味である。を抑止し、権力の区別・分離と各権力相互間の抑制・均衡を図ることで、国民の権利・自由の確保を保障しようとするシステムである。対義語は権力集中(権力集中制)。 なお、権力分立の典型例としては立法・行政・司法の三権分立(さんけんぶんりつ、さんけんぶんりゅう)が挙げられるが、地方自治制など他の政治制度にも権力分立原理はみられる(#概説を参照)。権力分立は国家全体についてみると、まず、中央と地方との権限分配がなされ(垂直的分立)、ついで中央・地方でそれぞれ水平的に分配されることになり(水平的分立)、中央では立法・行政・司法の三権に水平的に分配されていることになる。.

新しい!!: 欧州議会と権力分立 · 続きを見る »

欧州原子力共同体

欧州原子力共同体(おうしゅうげんしりょくきょうどうたい)は、欧州連合(英略称:EU)の下で運営されているものの、半ば独立した形態で設置されている国際機関。英語表記から EAEC や Euratom (ユーラトム)とも表記される。 1957年3月25日にローマ条約によって欧州経済共同体(英略称:EEC)とともに設立され、1967年には統合条約により運営機関が欧州経済共同体のそれらに継承されるが、1993年に発効した欧州連合条約によって欧州経済共同体が欧州連合の3つの柱構造の1つとして吸収されたあとも法的には独立して存在している。.

新しい!!: 欧州議会と欧州原子力共同体 · 続きを見る »

欧州司法裁判所

欧州司法裁判所(おうしゅうしほうさいばんしょ)は、欧州連合の基本条約や法令を司り、これらを適切に解釈し、域内において平等に適用することを目的として設置されている機関。欧州連合における最高裁判所に相当する。英語では European Court of Justice; ECJと表記するのが一般的である。基本条約上は Court of Justice of the European Communities(欧州諸共同体司法裁判所)といったが、2009年発効のリスボン条約で、正式名称がCourt of Justice of the European Union(欧州連合司法裁判所)と改められた。ルクセンブルクの首都ルクセンブルク市に、司法裁判所(1952年創設)、裁判所(同1988年)、特別裁判所(同2004年)の3つのパートからなる常置機関として設置されている(各パートの設立年は(公式サイト)による)。 欧州連合においては、欧州議会や欧州連合理事会、欧州委員会などの機関が法律を制定・執行しているが、このような法律が欧州共同体設立条約や欧州連合条約といった基本条約と整合しないということが起こりうる。たとえるならば、国内においてある法律が憲法の規定に反するという状況だが、通常こういった場合はその国における裁判所において、憲法とその法律を解釈し、整合性の審査が行われる。ところが欧州連合の法律について、加盟国内の裁判所が判断を下すとなると、その判断が欧州連合全体で統一的なものにならないことが生じうる。そこで欧州共同体設立条約により、欧州司法裁判所は EU法について排他的に判断する権限が与えられ、統一的な法の解釈を行っている。 また加盟国が基本条約や第2次法で定められている義務を履行しない場合には、欧州委員会の請求を受けて、欧州司法裁判所は違法状態の認定を行ったり、違法とされた当該国が対応しないときには、高額の罰金を科したりすることによって、各種法令、とくに基本条約の尊重の確保に当たっている。.

新しい!!: 欧州議会と欧州司法裁判所 · 続きを見る »

欧州委員会

欧州委員会(おうしゅういいんかい、英: European Commission、略称:EC)は、欧州連合の政策執行機関。法案の提出や決定事項の実施、基本条約の支持など、日常の連合の運営を担っている。 委員会は28人の委員による合議制で運営されている。1つの加盟国から1人の委員が選出されるが、委員は自らの出身国よりも欧州連合全体の利益を代表することが求められている。28人の委員のうち1人は欧州理事会が任命し、欧州議会の承認を受けた委員長である。委員の任期は5年。2014年からは元ルクセンブルク首相のジャン=クロード・ユンケルがユンケル委員会を率いている。 「委員会」という表現は上述した「委員の合議体」という意味のほか、広くは機関の意味も持つ。すなわち、約25,000人の職員を擁し、「総局」と呼ばれる部署を持つ政策執行を担う機構を指す表現でもある。機構としての欧州委員会はおもにブリュッセルにあるベルレモン・ビルを拠点としており、委員会内では英語、フランス語、ドイツ語が作業言語となっている。.

新しい!!: 欧州議会と欧州委員会 · 続きを見る »

欧州委員会委員長

欧州委員会委員長(おうしゅういいんかいいいんちょう)は、欧州連合の政策執行機関である欧州委員会の首班。欧州連合の役職では最も強力な権限を持つHix, 2008: 155。委員長は欧州委員会の委員の担当職域を割り当て、また必要であればその担当職域の変更や委員の解任を行なうことができる。また委員長は委員会としての政策方針やすべての法案を策定する。 欧州委員会委員長の役職が創設されたのは1958年のことであり、欧州理事会と欧州議会によって任命される。任期は5年で、委員長は委員会とともに、両者に対して不信任を決議することができる欧州議会に対して責任を負う。現任者は2014年11月に就任したジャン=クロード・ユンケルである(前ルクセンブルグ首相)。ヴァルター・ハルシュタインから数えて12人目の委員長である。.

新しい!!: 欧州議会と欧州委員会委員長 · 続きを見る »

欧州中央銀行

欧州中央銀行(おうしゅうちゅうおうぎんこう、英:European Central Bank、略称:ECB/欧州央銀)は、ユーロ圏19か国の金融政策を担う中央銀行。欧州中央銀行の組織はドイツ連邦銀行およびドイツの州立銀行をモデルにしている。.

新しい!!: 欧州議会と欧州中央銀行 · 続きを見る »

欧州人民党

欧州人民党(おうしゅうじんみんとう、EPP)は、1976年創設の欧州規模の政党。欧州議会では欧州人民党に参加する各国内政党のほか、中道右派やキリスト教民主主義系の無所属議員で会派「欧州人民党グループ」を形成している。欧州人民党には、欧州諸国中40か国の保守主義政党およびキリスト教民主主義政党のうち、74の政党が加盟している。 現在の党議長は、ベルギー元首相のウィルフリート・マルテンス。2006年のローマ大会で再選された。任期は3年。ローマ大会では、副議長として、ミシェル・バルニエ(フランス、国民運動連合)、ユルキ・カタイネン(フィンランド、国民連合党)、ロイゼ・ペテルレ(スロベニア、スロベニア人民党)、オルバン・ヴィクトル(ヴィクトル・オルバン、ハンガリー、フィデス=ハンガリー市民同盟)、ペーター・ヒンツェ(ドイツ、キリスト教社会同盟)、Enda Kenny(アイルランド、フィネ・ゲール)、ヤツェク・サリウシュ=ヴォルスキ(ポーランド、市民プラットフォーム)が選出された。.

新しい!!: 欧州議会と欧州人民党 · 続きを見る »

欧州人民党グループ

欧州人民党グループ(おうしゅうじんみんとうグループ)は、中道右派の欧州議会の政治会派。欧州規模の政党である欧州人民党に参加する各国の政党に所属する欧州議会議員と少数の無所属議員で形成されている。 1999年から2009年まではイギリスの保守党やチェコの市民民主党などの欧州懐疑派の政党で作られていた緩やかな政党連合「欧州民主主義グループ」とともに「欧州人民党・欧州民主主義グループ」の名称で会派を形成していた。ところが2009年に欧州民主主義グループが離脱して新会派「欧州保守改革グループ」を結成し、欧州人民党・欧州民主主義グループの名称が改められることとなった。 欧州人民党グループは、その起源を欧州議会の前身である欧州石炭鉄鋼共同体の共同総会が招集された1952年9月まで遡ることができ、現存する会派としては最も古い3会派のひとつである。「キリスト教民主主義グループ」として結成され、当初は会派の勢力が下がり気味だったものの、1980年代から1990年代に、欧州人民党がしだいに拡大していき、中道右派ではあるがキリスト教民主主義系ではない政党に所属する議員が合流するようになって勢いを取り戻した。 その結果、欧州人民党グループは過半数は得ていないものの、欧州議会内の最大会派となっている。協力手続きで必要な過半数を確保するために、欧州人民党グループは社会主義グループとの「大連立」(1999年から2004年のあいだは欧州自由民主改革党グループと連携)を形成し、大連立を形成することで議会内において議席の過半数と権限を保持してきた。この大連立は形成され続けているが、サンテール委員会が提出した予算案に対して欧州人民党グループが反対して社会主義グループと対立し、連立の関係が割れるといったこともあった。.

新しい!!: 欧州議会と欧州人民党グループ · 続きを見る »

欧州会計監査院

欧州会計監査院(おうしゅうかいけいかんさいん)は、1975年に調印された予算制度の変更に関する条約によって設立が決定され、1977年に独立した権限を与えられて発足した欧州連合(EU)の監査機関である。1993年発効のマーストリヒト条約により、EUの他の機関と同等の地位が与えられており、その後のアムステルダム条約やニース条約で権限が拡張されている。欧州会計監査院の根拠はローマ条約第246条から第248条に定められ、EU内において諸機関が適法かつ公正に歳入・歳出を実施しているか確認することが使命となっている。なお欧州会計監査院はルクセンブルク市に置かれている。.

新しい!!: 欧州議会と欧州会計監査院 · 続きを見る »

欧州保守改革グループ

欧州保守改革グループ(おうしゅうほしゅかいかくグループ)とは、反連邦主義、保守系の欧州議会の政治会派。会派結成の時点では55名の欧州議会議員が所属しており、議院内において4番目の規模となる。欧州保守改革グループは2009年6月の欧州議会議員選挙を受けて、欧州保守改革同盟が中心となって結成された会派である。 会派内において、とくに大きい政党はイギリスの保守党、チェコの市民民主党 とポーランドの法と正義である。この3党のほかに、ポーランドのポーランドが最も重要、5か国の議員を1人ずつ出している政党、無所属議員2名が参加している。これらの政党の多くは旧欧州人民党・欧州民主主義グループ内のグループであった欧州民主主義グループや諸国民のヨーロッパ連合という、2つの消滅した会派から参加している。.

新しい!!: 欧州議会と欧州保守改革グループ · 続きを見る »

欧州石炭鉄鋼共同体

欧州石炭鉄鋼共同体(おうしゅうせきたんてっこうきょうどうたい、英語:European Coal and Steel Community、略称:ECSC)は、冷戦期に欧州6か国が設立し、歴史を経て欧州連合となった国際機関。 国際カルテルから生まれ、生産割当・価格制限・情報共有・投資調整・安全保障・エネルギー政策といった機能が不可分に結びついていた。第二次世界大戦前における石炭、鉄鋼石の関税撤廃も目的の1つである。.

新しい!!: 欧州議会と欧州石炭鉄鋼共同体 · 続きを見る »

欧州理事会

欧州理事会(おうしゅうりじかい)は、欧州連合加盟国の国家元首または政府の長と欧州理事会議長、欧州委員会委員長で構成される、欧州連合条約に定められている機関。会合には欧州連合外務・安全保障政策上級代表も出席し、欧州理事会議長が議事進行を行う。この議長には2014年12月1日から2017年5月31日までドナルド・トゥスクが就いている。 立法権は与えられていないものの、欧州理事会は重要な問題を扱う機関であり、またその決定は欧州連合の一般的な政治指針を定める推進力となる。欧州理事会は半年間にすくなくとも2回の会合を、通常はブリュッセルにある欧州連合理事会の本拠となっているユストゥス・リプシウスで開いている。.

新しい!!: 欧州議会と欧州理事会 · 続きを見る »

欧州社会党

欧州社会党(おうしゅうしゃかいとう)は、社会民主主義政党で構成される欧州規模の政党。 欧州議会の政治会派としては社会民主進歩同盟の大部分を形成し、欧州人民党グループに次ぐ第2会派となっている。国際組織は社会主義インターナショナルに加盟。党首はブルガリア前首相のセルゲイ・スタニシェフ。.

新しい!!: 欧州議会と欧州社会党 · 続きを見る »

欧州緑の党

欧州緑の党(おうしゅうみどりのとう、European Green Party / The European Greens, 略称:EGP)は、環境主義を掲げる欧州規模の政党。ヨーロッパ内の緑の党が参加しており、欧州議会においては欧州自由連盟と統一会派(欧州緑グループ・欧州自由連盟)を組む。 以下、ヨーロッパ各国の緑の党と区別するため、各党の集合体としての欧州緑の党を便宜的に EGP と表記する。.

新しい!!: 欧州議会と欧州緑の党 · 続きを見る »

欧州緑グループ・欧州自由連盟

欧州緑グループ・欧州自由同盟(おうしゅうみどりグループ・おうしゅうじゆうれんめい)は、欧州議会の政治会派。 欧州緑グループ・欧州自由同盟は欧州緑の党と欧州自由同盟という2つの欧州規模の政党によって結成されている。このうち欧州自由同盟は国家を持たない民族・地域政党で構成されており、これらはいずれも急進的な政党である。欧州緑グループ・欧州自由同盟には先述の2つの欧州規模の政党以外に、2004年から2009年まではオランダの透明なヨーロッパが、2009年以降はスウェーデンの海賊党が参加している。.

新しい!!: 欧州議会と欧州緑グループ・欧州自由連盟 · 続きを見る »

欧州統一左派・北方緑の左派同盟

欧州統一左派・北方緑の左派同盟(おうしゅうとういつさは・ほっぽうみどりのさはどうめい)とは、1995年に結成された左翼の欧州議会の政治会派。反欧州連合会派。.

新しい!!: 欧州議会と欧州統一左派・北方緑の左派同盟 · 続きを見る »

欧州経済共同体

欧州経済共同体(おうしゅうけいざいきょうどうたい、European Economic Community、略称:EEC)は、1957年に設立された、ベルギー、フランス、ドイツ、イタリア、ルクセンブルク、オランダとの間での経済統合を実現することを目的とする国際機関。「ヨーロッパ経済共同体」と表記することもある。 上記6か国のほかにその後別の6か国が加わり、また1967年には機関が欧州石炭鉄鋼共同体(英略称:ECSC)と欧州原子力共同体(英略称:Euratom)とのあいだで統合され、欧州諸共同体(英略称:EC)と呼ばれる体制に移行した。1993年に欧州連合(英略称:EU)が発足した際、欧州経済共同体は欧州連合の3本柱構造における第1の柱である欧州共同体とされたが、2009年のリスボン条約の発効によって廃止された。他方で欧州経済共同体の機関は欧州連合に継承されている。.

新しい!!: 欧州議会と欧州経済共同体 · 続きを見る »

欧州規模の政党

欧州規模の政党(おうしゅうきぼのせいとう)は、ヨーロッパにおいて国境を越えて活動する政党組織。欧州政党、ユーロパーティ (Europarty) ともいう。欧州連合ではこれらの政党について、主にマーストリヒト条約第10条で以下のように規定し、資金の供与を行っている。 この規定により、欧州連合の規則において「欧州規模の政党」やその資金に関する規定を定めている。 2006年までに欧州議会での活動金を受ける資格を持つ、ヨーロッパ各地の政党連合による10の欧州政党が創設されている。欧州議会内においてこれらは政党間、または政党と無所属議員間で政治会派を結成している。 近年欧州委員会では、欧州議会議員選挙での投票率低下を打開するために欧州政党の設立を促す計画を進めている。2007年6月に発表された計画ではセミナーの開催や活動資金の供与額増加によって、成長が見込まれる組織のヨーロッパの課題への参画を見込んでいる。.

新しい!!: 欧州議会と欧州規模の政党 · 続きを見る »

欧州評議会

欧州評議会(おうしゅうひょうぎかい、、)は、1949年に設立されたヨーロッパの統合に取り組む国際機関。欧州評議会は法定基準、人権、民主主義の発展、法の支配、文化的協力についてとくに重点を置いている。欧州評議会は47の国が加盟しており、それらの国の人口を合計するとおよそ8億人に上る。欧州評議会は、共通の政策、拘束力のある法令、加盟国数が27しかない欧州連合とは異なる組織である。ただし両者は旗など、共通のシンボルを使用している。 欧州評議会の法定上の機関は、加盟国の外相で構成される閣僚委員会、各国議会の議員で構成される、事務局の長である事務総長である。また欧州評議会内で独立した機関として人権委員が設置されており、加盟国における人権への意識と尊重を促進することを使命としている。 欧州評議会においてもっとも知られている組織体は、人権と基本的自由の保護のための条約(欧州人権条約)を適用する欧州人権裁判所と、ヨーロッパでの医薬品の品質水準を定める欧州薬局方委員会である。欧州評議会は基準、憲章、条約を定めることで、ヨーロッパ諸国の間での協力を構築して統合を進めるという機能を果たしてきた。 欧州評議会はフランスのストラスブールに設置されており、英語とフランス語を公用語としている。閣僚委員会、議員会議、地方自治体会議では作業言語として、ドイツ語、イタリア語、ロシア語が使用されることがある。.

新しい!!: 欧州議会と欧州評議会 · 続きを見る »

欧州諸共同体

欧州諸共同体(おうしゅうしょきょうどうたい、European Communities, European Community, EC)は、同一の機構で運営されてきたヨーロッパの3つの共同体である、欧州石炭鉄鋼共同体(ECSC)、欧州経済共同体(EEC)、欧州原子力共同体(Euratom)の総称。 3つの共同体は1967年から運営機関が同一のものとなり、冷戦期において西側経済圏を代表する国際機構の一つとなった。1993年にマーストリヒト条約が発効して欧州連合(英略称:EU)が発足してからも共同体としては存続してきた。欧州経済共同体は欧州共同体と名称を改め、また欧州連合の3つの柱構造の第1の柱を担う共同体として存続してきた。2002年の欧州石炭鉄鋼共同体設立条約失効に伴い、欧州石炭鉄鋼共同体は欧州共同体に吸収された。その後、2009年にリスボン条約が発効したことによって欧州共同体が消滅し、3つの共同体のうち存続しているのは欧州原子力共同体のみとなっている。.

新しい!!: 欧州議会と欧州諸共同体 · 続きを見る »

欧州議会の政治会派

欧州議会の政治会派(おうしゅうぎかいのせいじかいは)では、欧州議会の院内において国内で活動する政党や欧州規模の政党などで形成される政治会派について概説する。欧州議会は超国家的な会議体としては独特なものであり、院内では国ごとではなくイデオロギーが近似している議員で構成される政党やグループが形成されている。会派は単一の欧州規模の政党を中心に形成されたり、あるいは複数の欧州規模の政党や国内で活動する政党、および無所属の政治家で形成される連合体で作られている。 欧州議会内の会派は必ずしもひとつの政党を作っているのではなく、連合体を形成していることが多い。しかし各会派には基本的な原理があり、そのようなものがなければ会派は解散することになる。.

新しい!!: 欧州議会と欧州議会の政治会派 · 続きを見る »

欧州議会議員

欧州議会議員(おうしゅうぎかいぎいん)は、欧州連合で直接選挙が行われて組織される立法機関である欧州議会を構成する議員。欧州議会議員は欧州連合において各国議会の議員と同等の機能を持つ。一部の加盟国では欧州代議士( など。このほかイタリア語、スペイン語、ポルトガル語などでも同様)とも表現される。 欧州議会が設立された当時は、議員は加盟国政府によって任命されていた。その後1979年以降は直接普通選挙で選出されるようになり、加盟各国ではそれぞれにおいて欧州議会議員の選挙方法を制定している。.

新しい!!: 欧州議会と欧州議会議員 · 続きを見る »

欧州議会議長

欧州議会議長(おうしゅうぎかいぎちょう)は、欧州議会における議事と活動を統括する役職。また議長は、欧州連合内、および国際的に欧州議会の代表を務める。欧州連合の大部分の法律や予算の成立にあたっては議長の署名が必要とされている。 欧州議会議長の任期は2年半で、通常議会内の2大政党による輪番制が採られている。欧州議会が創設された1952年から2017年までの間に30人が議長となっており、そのうち15人は1979年の第1回欧州議会議員直接選挙以降に就任している。女性で議長を務めたのはこれまでに2人おり、また30人のうち多くが古くからの欧州連合加盟国出身者である。2017年1月以降、議長を務めているのはアントニオ・タイヤーニである。.

新しい!!: 欧州議会と欧州議会議長 · 続きを見る »

欧州防衛共同体

欧州防衛共同体(おうしゅうぼうえいきょうどうたい、European Defence Community, EDC, 以下 EDC)は、1950年にフランスの首相ルネ・プレヴァンが提唱した、汎ヨーロッパ防衛軍を組織する構想である。本項にでは、発効しなかった欧州防衛共同体条約(EDC 条約)についても述べる。.

新しい!!: 欧州議会と欧州防衛共同体 · 続きを見る »

欧州自由民主同盟

欧州自由民主同盟(おうしゅうじゆうみんしゅどうめい)は、欧州規模の政党である欧州自由民主改革党と欧州民主党の連合体。欧州議会の院内会派を結成しているほか、欧州連合の地域委員会、欧州評議会議員会議、北大西洋条約機構 (NATO) 議員会議内でも政治グループを作り活動している。これらのグループは独立系に分類される。 国際組織は、欧州自由民主改革党が自由主義インターナショナルに加盟している。.

新しい!!: 欧州議会と欧州自由民主同盟 · 続きを見る »

欧州自由民主改革党

欧州自由民主改革党(おうしゅうじゆうみんしゅかいかくとう、)は、1976年に創立された欧州規模の政党。ヨーロッパにおける自由主義を理念とし、国際組織は自由主義インターナショナルに加盟している。.

新しい!!: 欧州議会と欧州自由民主改革党 · 続きを見る »

欧州連合

欧州連合(おうしゅうれんごう、、略称:)は、マーストリヒト条約により設立されたヨーロッパの地域統合体。 欧州連合では欧州連合条約の発効前に調印されていた単一欧州議定書によって市場統合が実現し、またシェンゲン協定により域内での国境通過にかかる手続きなどの負担を大幅に削減した。さらに欧州連合条約発効後によって外交・安全保障分野と司法・内務分野での枠組みが新たに設けられ、ユーロの導入による通貨統合が進められている。このほかにも欧州議会の直接選挙が実施されたり、欧州連合基本権憲章が採択されたりするなど、欧州連合の市民の概念が具現化されつつある。加盟国数も欧州経済共同体設立を定めたローマ条約発効時の6か国から、2013年7月のクロアチア加盟により28か国にまで増えている。.

新しい!!: 欧州議会と欧州連合 · 続きを見る »

欧州連合基本権憲章

欧州連合基本権憲章(おうしゅうれんごうきほんけんけんしょう)は、欧州連合の市民や域内の住民の政治的、社会的、経済的権利を法的に定める文書。2000年に起草、公布されたが、当初は法的拘束力を持つ文書ではなかった。しかしリスボン条約の発効により、欧州連合基本憲章は、他の欧州連合基本条約と同様に法的拘束力を持つこととなった。 本憲章のもとでは、欧州連合は憲章に沿って行動し、法令を制定しなければならず、また憲章に違反する欧州連合の法令に対して欧州連合司法裁判所はこれを無効と宣言する。本憲章は欧州連合の法令を執行しようとするさいの加盟国に対してのみ適用されるものであり、基本条約で与えられた範囲を超えるような形で欧州連合の権能を拡張するものではない。.

新しい!!: 欧州議会と欧州連合基本権憲章 · 続きを見る »

欧州連合の予算

欧州連合の予算(おうしゅうれんごうのよさん)では、加盟27か国とは別に独自の議会や執行機関を持つ欧州連合の財政・予算の制度や状況について概説する。欧州連合では加盟国間で共通の法規が施行され、欧州連合全体としての共通政策に対する支出が行われている。これを賄うために欧州連合では2007年度で1160億ユーロ規模の予算が承認され、また2007年から2013年の予算総額の規模としては8620億ユーロとすることが合意されている。この額は欧州連合の域内総生産 (GDP) のおよそ1%にあたる。なお比較として、イギリスの2004年の歳出規模は7590億ユーロで、フランスは8010億ユーロであった。また1960年の欧州連合(当時は欧州経済共同体)の予算規模はGDPの0.03%であった。.

新しい!!: 欧州議会と欧州連合の予算 · 続きを見る »

欧州連合の立法手続き

欧州連合の立法手続きでは、欧州連合における法令の制定に関する手続きを概説する。手続きには複数の種類があるが、どの種類を用いるかは法令が扱う政策分野によって決められ、このことは基本条約において定められている。 欧州連合理事会が立法にかかわる場合においてもこの手続きと同様に、法令が扱う政策分野しだいで全会一致または条件付きの多数決で採決する。.

新しい!!: 欧州議会と欧州連合の立法手続き · 続きを見る »

欧州連合の言語

欧州連合の言語(おうしゅうれんごうのげんご)は、欧州連合(EU)の加盟国内の市民が用いる言語。多くの言語があるが、とくにEUの公用語とされるのは24の言語である。EUのポータルページであるでは、"Languages: Europe's asset"(言語は貴重な財産である)とされ、欧州委員会にも多言語主義を担当する委員がおり、2007年以降はレオナルド・オルバンが務めている。 EUにおいて言語政策は加盟国にとって大きな課題であり、またEUには共通言語政策というものがない。このためEUの機構において、補完性原理に基づき、言語に関する分野を支える役割を担っている。EU諸機関の役割は加盟国間の協力を促し、またヨーロッパという範囲において加盟国の言語政策の促進を図るものである。EUは域内の市民に対して複数の言語を話すことができるように努めており、とくに母語に加え2つの言語が話せるようになることに力を入れている。EUでは教育制度に関しては加盟国個別で政策が実施されていて、EU自体の影響力は限られたものであるが、多くのEUの財政計画では言語学習や言語の多様性の促進に重点が置かれている。.

新しい!!: 欧州議会と欧州連合の言語 · 続きを見る »

欧州連合の機構

欧州連合の機構では、欧州連合の運営を担う主要な7つの機構について概説する。欧州連合条約の第13条ではこの7つの機構について、欧州議会、欧州理事会、理事会(旧閣僚理事会)、欧州委員会、欧州連合司法裁判所、欧州中央銀行、会計監査院の順で列挙している。.

新しい!!: 欧州議会と欧州連合の機構 · 続きを見る »

欧州連合理事会

欧州連合理事会(おうしゅうれんごうりじかい)は、欧州連合の政策決定機関。閣僚理事会や、単に理事会とも呼ばれ、基本条約でもこれらの表現が用いられている。またラテン語表記の Consilium とも呼ばれる。欧州連合理事会は欧州連合加盟国の首脳らによる欧州理事会や、欧州連合とは別の国際機関である欧州評議会とは混同されがちであるが、まったく異なるものである。 理事会は、欧州連合のもうひとつの政策決定機関である欧州議会よりも強力な権限を有している。理事会は加盟国から1人ずつの閣僚で構成されている。ただし政策分野によって出席する閣僚が異なり、たとえば農業政策の議論を行うさいには各国の農業担当大臣が出席することになる。 理事会は特定の人物を議長としておらず、加盟国が6か月ごとに輪番制で議長国を務め、議長国の閣僚が各理事会の議論課題を定めていくことになっている。ただし外交理事会については外務・安全保障政策上級代表が議長を務めることになっている。また理事会の運営は事務総長が担っている。 理事会は法律を新たに作ることができ、そのため既存の国内法を置き換えることができる。特定の分野において理事会の決定は特定多数決方式でなされ、それ以外の分野では全会一致でなされる。通常全会一致で決定を行なう場合には、欧州議会に対しては諮問のみがなされる。ただしほとんどの分野において共同決定手続きが適用され、理事会と欧州議会が法令制定と予算決定において平等の権限を有している。.

新しい!!: 欧州議会と欧州連合理事会 · 続きを見る »

欧州連合理事会議長国

欧州連合理事会議長国(おうしゅうれんごうりじかいぎちょうこく)とは、任期6か月の輪番制で欧州連合理事会を取りまとめる欧州連合加盟国。単独の人物が議長を務めるというものではなく、議長国政府が一体として業務を行っており、欧州連合の政策方針は任期にある国の影響を受けることになる。6か月の輪番制を採ることになってはいるものの、2007年以降は当期の議長国とその前後の議長国が共通の政治計画にしたがって協力している。.

新しい!!: 欧州議会と欧州連合理事会議長国 · 続きを見る »

欧州旗

欧州旗、縦横2:3の比率 欧州旗の描き方 欧州旗(おうしゅうき)は、長方形の青地に、円環状に配置された12個の金色の星で構成される旗であり、ヨーロッパのシンボルである。 最初にこの欧州旗が定められたのは欧州評議会(COE)においてである。しかしこの旗はもともとCOEの旗としてではなくヨーロッパ全体を代表するシンボルとする意図を持って定められ、欧州連合(EU)といった特定の組織が独占使用することにはCOEは否定的であった。その後1985年にミラノで開かれた欧州理事会において、欧州旗をEUの旗として使用することが合意された。 青地は青空を表し、星の描く円環はヨーロッパの人々の連帯を表す。12個という星の数は最初から決まっていたもので、「完璧」と「充実」を表し、加盟国の数を表すものではなく今後とも増えたり減ったりすることはない。.

新しい!!: 欧州議会と欧州旗 · 続きを見る »

欧州政治共同体

欧州政治共同体(おうしゅうせいじきょうどうたい)とは、1952年に設立が提唱されたヨーロッパの共同体。既存の欧州石炭鉄鋼共同体や同時期に設立が提唱されていた欧州防衛共同体とともに、ヨーロッパにおける国家間の政治協力が企図されていた。なお欧州政治共同体は欧州政治協力と異なるものである。 欧州政治共同体条約案は欧州石炭鉄鋼共同体総会(のちの欧州議会)によって起草され、発効していれば総会は直接選挙が実施されることになっていた。また加盟国議会によって任命される上院や、議会に対して責任を有する超国家的な執行機関も設けられることになっていた。 ところが欧州政治共同体構想は、1954年にフランス国民議会が構想実現により自国の国家主権を著しく損なうことを恐れたために欧州防衛共同体条約批准を拒否したことを受けて断念された。このため欧州政治共同体構想は破棄されることとなった。.

新しい!!: 欧州議会と欧州政治共同体 · 続きを見る »

欧州憲法

欧州のための憲法を制定する条約(おうしゅうのためのけんぽうをせいていするじょうやく)は、欧州連合における憲法を制定することを企図したものの、未発効となった国際条約。略して欧州憲法条約ともいう。その包括的な性格からさらに「欧州憲法」とも呼ばれる。 2004年に当時の欧州連合加盟25か国の代表により署名されたが、発効にはすべての加盟国における批准を要した。加盟国の多くでは、議会における採決または国民投票により批准されたが、フランスとオランダにおける国民投票では批准が拒否された。本条約の狙いは、従来より事実上の憲法を構成している複数の基本条約と置き換え、欧州連合全体での人権規定を法文化し、またその後の27か国体制における意思決定を効率化することであった。 欧州憲法条約は2004年10月29日にローマにおいて加盟国の代表により調印された。その後それぞれの国内において批准手続きが進められていたが、2005年にフランス(5月29日)とオランダ(6月1日)で実施された国民投票で本条約の批准が拒否された。両国での市民の本条約に対する賛成を得られなかったことによって、ほかの加盟国の一部で批准手続きが延期または凍結されることとなり、また直後の欧州理事会において「熟慮期間」が置かれることになった。なお仮にすべての加盟国が批准を済ませていれば、本条約は2006年11月1日に発効することになっていた。結果的には18の加盟国(2007年1月に加盟することになっていたブルガリアとルーマニアを含む。またこのなかには国民投票を実施したスペインとルクセンブルクを含む)が本条約を批准したものの、フランスとオランダの批准拒否を受けて7か国が批准手続きを延期した。 熟慮期間が置かれたのち、欧州理事会は2007年6月の会合で欧州憲法条約の代替策として改革条約についての協議を開始することを決定した。.

新しい!!: 欧州議会と欧州憲法 · 続きを見る »

比例代表制

比例代表制(ひれいだいひょうせい)とは、選挙において各政党が獲得した投票数に比例して議席を配分する制度。比例代表制は比例代表法ともいい多数代表法(多数代表制)や少数代表法(少数代表制)とともに代表法の一種に分類される。.

新しい!!: 欧州議会と比例代表制 · 続きを見る »

決定 (EU)

欧州連合における決定(けってい)とは、欧州連合の第2次法で規定される、3つの法的拘束力を持つ法の形態のものの1つ。欧州連合の機能に関する条約第288条に根拠を持つ。決定はその対象を一般とするものではなく、特定のものとする法である。対象には特定の加盟国や企業、個人がなりうる。 決定の採択のための立法手続きは扱われる政策分野によって決められる。共同決定手続きでは欧州議会と欧州連合理事会の双方の承認が必要とされ、また双方によって修正することが認められている。同意手続きでは両者の承認が必要とされるが、欧州議会は法案全体に対して同意・不同意を表明することしかできず、また法案の提出もできない。諮問手続きでは欧州連合理事会の承認のみが求められており、欧州議会は法案を諮るのみにとどまる。競争などのいくつかの政策分野では欧州委員会が単独で決定を行うことができる。 一般的に決定は、欧州委員会が企業の合併・統合計画に対する是非や、野菜の基準価格を定めるといった通常の農業関連の案件を判断するさいに行われる。.

新しい!!: 欧州議会と決定 (EU) · 続きを見る »

指令 (EU)

欧州連合における指令(しれい)とは、加盟国に対してある目的を達成することを求めるものの、その方法までは定めていないような法の形態。そのためそれ自体が執行力を持ち、国内において立法手続きを必要としない規則とは異なる。通常、指令は加盟国内で適切な法令が採択されることに関し、加盟国に一定の裁量を与えている。また欧州連合の機関においてどのような立法手続きが選択されるかについては、扱われる政策分野によって決められる。.

新しい!!: 欧州議会と指令 (EU) · 続きを見る »

有権者

有権者(ゆうけんしゃ)とは、権利を有する者のことであり、特に選挙権を有する者を指すことが多い。.

新しい!!: 欧州議会と有権者 · 続きを見る »

政府の長

政府の長(せいふのちょう、head of government chef de gouvernement Regierungschef)とは、行政府の長である。議院内閣制における政府の長は首相である。大統領制および絶対君主制においては、政府の長はしばしば国家元首と同一であり、それぞれ大統領および君主という。 半大統領制においては、政府の長は国家元首と立法府(議会など)の双方に対して責任を負うことがある。例えば、フランス第五共和制(1958年以降)においては、共和国大統領が首相を任命するが、国民議会において政策を通すことができ、その支持を得られる人物を選ぶ必要があるため、反対勢力が国民議会を(すなわち予算とほとんどの立法を)支配するようになれば、大統領は反対勢力から首相を任命することを事実上強いられる。この場合はコアビタシオン(cohabitation、保革共存)とよばれ、政府が国内政策を支配することになり、大統領はほぼ外交関係に限定されることとなる。.

新しい!!: 欧州議会と政府の長 · 続きを見る »

政府間主義

政府間主義(せいふかんしゅぎ、英: Intergovernmentalism)とは国際法や政治学において、国際組織内における政府協力を原理とする考え方。政府間主義が採られている例として国際連合、また部分的に欧州連合が挙げられ、後者についてはマーストリヒト条約で導入された第2・第3の柱において政府間主義が原則とされている。つまり政府間主義では決定権が当事国に残され、採択には満場一致を要するため、政府間主義が採られている組織では事実上、各国に拒否権が与えられていることになる。.

新しい!!: 欧州議会と政府間主義 · 続きを見る »

政党名簿比例代表

政党名簿比例代表制度(せいとうめいぼひれいだいひょうせいど)は、複数勝者選挙(例えば議会の選挙)で使われる選挙方法の一種で、比例代表 (英: proportional representation (PR)) を強調したものである。これらは混合型である小選挙区比例代表連用制の一部としても用いられる。.

新しい!!: 欧州議会と政党名簿比例代表 · 続きを見る »

普通選挙

普通選挙(ふつうせんきょ、universal suffrage)とは、ある組織において選挙の際に、若干の例外を除き全ての成人が選挙権を行使できる選挙形式を指す。対比語は制限選挙など。 歴史的には、国政選挙において財産(納税額)等の制限を設けずに選挙権を行使できる選挙形式を指す場合が多く、当初は全男性成人が選挙権を持つ男子普通選挙も「普通選挙」という表現が使用され、女性成人も含む場合は「完全普通選挙」等とも呼ばれたが、現在では性別による選挙権の排除をする場合は「普通選挙」との表現は使用されなくなってきている。 若干の例外は、一般的に普通選挙と言われる場合にも存在する。知的障害者、重大な犯罪を犯し収監中の者、選挙法違反などによる公民権停止処分を受けた者などがあるが、これらの人々を選挙権から排除することの正当性をめぐっては、重要な議論がある(例えば日本における公職選挙法の制限の規定をめぐる訴訟などを参照)。日本の公職選挙法では、成年被後見人に対する選挙権の剥奪が行われていたが、違憲判決に基づいて、この制限は撤廃された。 また、通常、選挙権についてこの言葉は使われるが、広い意味では、選挙権と被選挙権ともに選挙権に含めるので、選挙権のみをすべての成人に認めても、被選挙権について成人年齢以上の制限を課したりするなど、成人であること以外の制限を課す場合にも、「普通選挙」とできるかにも議論がある。たとえば、日本の供託金は、国際的に見ると非常に高く、「高額な供託金制度は、経済的理由で選挙権・被選挙権の帰属ならびに行使を制限してはならないという普通選挙の原則に抵触する」という指摘もある。.

新しい!!: 欧州議会と普通選挙 · 続きを見る »

1979年欧州議会議員選挙

1979年欧州議会議員選挙(1979ねんおうしゅうぎかいぎいんせんきょ)は、当時の欧州共同体加盟9か国で行われた、欧州議会の議員を選出する選挙。この選挙は欧州議会議員選挙として初めて実施されたもので、市民が直接410人の議員を選出するものとなり、また歴史上初めての国境を越えた選挙でもあった。 欧州議会の議席は加盟国の人口に基づいて配分され、一部では選挙区選挙が行われたものの、会議場では議員は政治会派ごとに着席している。.

新しい!!: 欧州議会と1979年欧州議会議員選挙 · 続きを見る »

1999年欧州議会議員選挙

1999年欧州議会議員選挙(1999ねんおうしゅうぎかいぎいんせんきょ)は、1999年6月10,11,13日に欧州連合加盟15か国で行われた、626人の欧州議会議員を選出する選挙。義務投票制を持ち、また同日に国内議会の選挙を実施したベルギーとルクセンブルクを除く加盟国での投票率は軒並み低いもので、49.8%にとどまった。また、1995年に加盟したオーストリア、フィンランド、スウェーデンにとっては今回がほかの12か国と同時に行う初めての選挙となった。.

新しい!!: 欧州議会と1999年欧州議会議員選挙 · 続きを見る »

2004年欧州議会議員選挙

2004年欧州議会議員選挙(2004ねんおうしゅうぎかいぎいんせんきょ)は、2004年6月10日から13日にかけて欧州連合加盟25か国で行われた、732人の欧州議会議員を選出する選挙。選挙日程は各国の選挙の通例により異なるものとなった。集計作業は投票終了後から行われたが、結果の発表は投票が終了していない国の有権者に影響を与えないようにするために6月13-14日まで行わないことになっていたはずだった。ところが、オランダは6月10日を投票日としていたが、その日の晩にただちに集計を行ってほぼ確定に近い暫定結果を発表し、欧州委員会から厳しく非難された。 今回の選挙での有権者数はおよそ3億4200万人で、民主的な選挙としてはインドに次ぐ世界で2番目に大規模なものであり、国境を越えた直接選挙としては史上最大のものであった。また今回の選挙では前月に欧州連合に加盟した10か国から初めて欧州議会議員を選出することになり、新議会は732人の議員で構成されることになった。 選挙の結果、各国内での政権政党は全般的に敗北し、他方で欧州懐疑派の政党が票を伸ばした。この選挙ではどの政党も過半数に達することはなく、議会の勢力図は10か国が新規加盟したにもかかわらず従来と変わることがなかった。.

新しい!!: 欧州議会と2004年欧州議会議員選挙 · 続きを見る »

2009年欧州議会議員選挙

2009年欧州議会議員選挙(2009ねんおうしゅうぎかいぎいんせんきょ)は、2009年6月4日から7日にかけて欧州連合加盟27か国で行なわれた、欧州連合域内の約5億人の市民を代表する736人の欧州議会の議員を選出する選挙。複数の国で横断的に行われる選挙としては史上最大規模のものであった。またこの選挙では18名のオブザーバも選出されている。.

新しい!!: 欧州議会と2009年欧州議会議員選挙 · 続きを見る »

2014年欧州議会議員選挙

2014年欧州議会議員選挙(2014ねんおうしゅうぎかいぎいんせんきょ)は、2014年5月22日から25日にかけて欧州連合加盟28か国で行なわれた、751人の欧州議会議員を選出する選挙である。1979年に初めての選挙が行われて以来、直接選挙によって議員を選出するのは8回目。欧州議会の政治会派の多くが欧州委員会委員長候補を立てて戦った初めての選挙でもあった。.

新しい!!: 欧州議会と2014年欧州議会議員選挙 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

EU議会ヨーロッパ議会

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »