ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

核弾頭

索引 核弾頭

核弾頭(かくだんとう、nuclear warhead)とは、モジュール化された核兵器のことであり、ミサイルや魚雷などの弾頭として用いられているもののことである。.

109 関係: AGM-131 (ミサイル)AIM-26 (ミサイル)AN-11 (核爆弾)AN-22 (核爆弾)ASMP (ミサイル)原子爆弾南アフリカ共和国大陸間弾道ミサイル大気圏対潜ミサイル巡航ミサイル中国中距離弾道ミサイル弾道ミサイル弾頭地対地ミサイルミラージュIV (航空機)ミサイルミサイル防衛マッハ数ポラリス (ミサイル)リトルボーイレッドベアードレギュラス (ミサイル)レゾリューション級原子力潜水艦トライデント (ミサイル)トンブルーピーコックブルーダニューブ (核爆弾)ブルースチール (ミサイル)ブルーストリーク (ミサイル)パキスタンデイビー・クロケット (戦術核兵器)フランスファットマンアメリカ合衆国アグニVインドイギリスイスラエルカノン砲スカイボルト (ミサイル)ソビエト連邦タイタン (ロケット)再突入体兵器B53 (核爆弾)短距離弾道ミサイル砲弾空対空ミサイル...空中発射弾道ミサイル爆縮レンズ爆撃機無誘導爆弾西ドイツ魚雷M4 (ミサイル)M45 (ミサイル)M51 (ミサイル)Mark 27 (核爆弾)Mark 4 (核爆弾)Mark 5 (核爆弾)Mark 7 (核爆弾)MGM-1 (ミサイル)MGM-5 (ミサイル)MGR-1 (ロケット)MIRVMR 31 (核弾頭)MR 41 (核弾頭)R-36 (ミサイル)TN 61 (核弾頭)TN 70 (核弾頭)TN 71 (核弾頭)TN 75 (核弾頭)TN 80 (核弾頭)TN 81 (核弾頭)TN 90 (核弾頭)W42 (核弾頭)W48 (核砲弾)W54 (核弾頭)W58 (核弾頭)W78 (核弾頭)W88 (核弾頭)W91 (核弾頭)核ミサイル核出力核兵器核砲弾核爆弾核爆雷機密永続的貯蔵弾頭潜水艦発射弾道ミサイル朝鮮民主主義人民共和国1950年代1951年1953年1954年1956年1958年1961年1971年1974年1980年1984年1986年1988年1989年1991年 インデックスを展開 (59 もっと) »

AGM-131 (ミサイル)

AGM-131は、アメリカ空軍が1980年代に開発していた空対地ミサイル。AGM-69A SRAMの後継となる核ミサイルであり、SRAM IIの名称が与えられたが、冷戦の終結に伴い1991年に開発中止となった。.

新しい!!: 核弾頭とAGM-131 (ミサイル) · 続きを見る »

AIM-26 (ミサイル)

AIM-26 ファルコン()は、アメリカ合衆国のヒューズが開発した空対空ミサイルである。AIM-4 ファルコン空対空ミサイルをより大型にし、核弾頭を搭載することで破壊力を強化したものであった。アメリカ合衆国で唯一の核弾頭を搭載した誘導空対空兵器である。.

新しい!!: 核弾頭とAIM-26 (ミサイル) · 続きを見る »

AN-11 (核爆弾)

AN-11は、フランスが開発した核爆弾。フランス最初の実用核兵器である。 開発は1950年代後半から開始された。開発初期のものは1960年に行われたフランス初の核実験にも用いられている。実用試作品が試験されたのは1962年5月1日であり、部隊配備は1964年から開始された。 原子爆弾であり、プルトニウムを用いたインプロージョン方式のものである。重量は1,500kg、核出力は60kt。投下法は高空からの自由落下のみである。1963年から1968年にかけて40発が生産された。なお、1967年からは後継のAN-22核爆弾の配備も開始されている。 搭載航空機はミラージュIVおよびボートゥールであった。 AN11 AN11.

新しい!!: 核弾頭とAN-11 (核爆弾) · 続きを見る »

AN-22 (核爆弾)

AN-22はフランスが開発した核爆弾。AN-11に次いで開発されたフランスで2番目の核兵器である。プルトニウムのみを用いた原子爆弾であり、核出力は60から70kt。無誘導爆弾であり、航空機から投下される。投下速度減速装置としてパラシュートを有する。重量は計画時に1.4tもあったが、量産時には700kgまで軽量化された。 1967年から部隊配備が開始され、AN-11を更新した。運用機体としてミラージュIV爆撃機が使われた。1988年7月1日までにASMPに更新し、退役している。総生産数は40発。.

新しい!!: 核弾頭とAN-22 (核爆弾) · 続きを見る »

ASMP (ミサイル)

ASMP(Air-Sol Moyenne Portée / 中距離空対地ミサイル)は、フランス・アエロスパシアル(現MBDA)製の空中発射巡航ミサイルである。核弾頭を搭載し、フランスの核抑止力(Force de frappe)の一翼を担い、全面的な核戦争へ移行する直前の段階で使用される。改良型にASMP-Aがある。.

新しい!!: 核弾頭とASMP (ミサイル) · 続きを見る »

原子爆弾

長崎に投下された原子爆弾のキノコ雲1945年8月9日 広島型原爆(リトルボーイ)による被害者の一人。(1945年10月。日本赤十字病院において) 原子爆弾(げんしばくだん、原爆、atomic bomb)は、ウランやプルトニウムなどの元素の原子核が起こす核分裂反応を使用した核爆弾で、初めて実用化された核兵器でもある。原子爆弾は、核爆発装置に含まれる。水素爆弾を含めて「原水爆」とも呼ばれる。 核兵器は通常兵器と比較して威力が極めて大きいため、大量破壊兵器として核不拡散条約や部分的核実験禁止条約などで規制されており、核廃絶を求める主張もある。.

新しい!!: 核弾頭と原子爆弾 · 続きを見る »

南アフリカ共和国

南アフリカ共和国(みなみアフリカきょうわこく)、通称南アフリカは、アフリカ大陸最南端に位置する共和制国家。イギリス連邦加盟国のひとつ。東にスワジランド、モザンビーク、北にジンバブエ、ボツワナ、西にナミビアと国境を接し、レソトを四方から囲んでいる。南アフリカは首都機能をプレトリア(行政府)、ケープタウン(立法府)、ブルームフォンテーン(司法府)に分散させているが、各国の大使館はプレトリアに置いていることから国を代表する首都はプレトリアと認知されている。.

新しい!!: 核弾頭と南アフリカ共和国 · 続きを見る »

大陸間弾道ミサイル

ミニットマンIII 大陸間弾道ミサイル(たいりくかんだんどうミサイル、intercontinental ballistic missile、略称:ICBM)は、有効射程が超長距離で北アメリカ大陸とユーラシア大陸間など、大洋に隔てられた大陸間を飛翔できる弾道ミサイル。大陸間弾道弾(たいりくかんだんどうだん)とも称する。アメリカ合衆国やソビエト連邦間では、戦略兵器制限条約(SALT)により、有効射程が「アメリカ合衆国本土の北東国境とソ連本土の北西国境を結ぶ最短距離である5,500km以上」の弾道ミサイルと定義された。.

新しい!!: 核弾頭と大陸間弾道ミサイル · 続きを見る »

大気圏

木星の大気圏の外観。大赤斑が確認できる 大気圏(たいきけん、)とは、大気の球状層(圏)。大気(たいき、、)とは、惑星、衛星などの(大質量の)天体を取り囲む気体を言う。大気は天体の重力によって引きつけられ、保持(宇宙空間への拡散が妨げられること)されている。天体の重力が強く、大気の温度が低いほど大気は保持される。.

新しい!!: 核弾頭と大気圏 · 続きを見る »

対潜ミサイル

VLSから発射されるVL-ASROC 対潜ミサイル(たいせんミサイル)は、水中の潜水艦を攻撃する兵器である対潜水艦兵器(または対潜兵器、Anti-Submarine Weapon、ASW)の1つである。.

新しい!!: 核弾頭と対潜ミサイル · 続きを見る »

巡航ミサイル

巡航ミサイル(じゅんこうミサイル、cruise missile)は、飛行機のように翼とジェットエンジンで水平飛行するミサイルである。.

新しい!!: 核弾頭と巡航ミサイル · 続きを見る »

中国

中国(ちゅうごく)は、ユーラシア大陸の東部を占める地域、および、そこに成立した国家や社会。中華と同義。 、中国大陸を支配する中華人民共和国の略称として使用されている。ではその地域に成立した中華民国、中華人民共和国に対する略称としても用いられる。 本記事では、「中国」という用語の「意味」の変遷と「呼称」の変遷について記述する。中国に存在した歴史上の国家群については、当該記事および「中国の歴史」を参照。.

新しい!!: 核弾頭と中国 · 続きを見る »

中距離弾道ミサイル

中距離弾道ミサイル(ちゅうきょりだんどうミサイル、intermediate-range ballistic missile, IRBM)は、弾道ミサイルのうち射程3,000-5,500km程度のもの。 この分類が生まれた米ソの冷戦期においては、米ソの直接対決に使用が想定された大陸間弾道ミサイルには及ばない程度の射程を持ち、かつ戦域内で使用される短距離弾道ミサイルよりは射程の大きいミサイルがこの分類に含まれた。すなわちヨーロッパからソ連またはその逆を目標とする規模の射程をもつミサイルである。 近年は発展途上国に拡散した弾道ミサイルの長射程化により、この範疇に属するミサイルの保有国が増加傾向にある。.

新しい!!: 核弾頭と中距離弾道ミサイル · 続きを見る »

弾道ミサイル

弾道ミサイル(だんどうミサイル、ballistic missile)は、大気圏の内外を弾道を描いて飛ぶ対地ミサイルのこと。弾道弾とも呼ばれる。弾道ミサイルは最初の数分の間に加速し、その後慣性によって、いわゆる弾道飛行と呼ばれている軌道を通過し、目標に到達する。.

新しい!!: 核弾頭と弾道ミサイル · 続きを見る »

弾頭

弾頭(だんとう)は、高速移動する武器や兵器のうち、先端や先端付近にあって加害の主体を成す部分を指す。.

新しい!!: 核弾頭と弾頭 · 続きを見る »

地対地ミサイル

地対地ミサイル(ちたいちミサイル、surface-to-surface missile, SSM / ground-to-ground missile, GGM)は、地上から発射され地上の目標に対して使用されるミサイル。.

新しい!!: 核弾頭と地対地ミサイル · 続きを見る »

ミラージュIV (航空機)

ミラージュIV(Mirage IV)は、フランスの超音速戦略爆撃機。 フランスの核抑止力(Force de Frappe)として最初に戦力化された。.

新しい!!: 核弾頭とミラージュIV (航空機) · 続きを見る »

ミサイル

ュピター 広くミサイル(missile)として知られる、誘導ミサイルあるいは誘導弾(ゆうどうだん、guided missile)は、目標に向かって誘導を受けるか自律誘導によって自ら進路を変えながら、自らの推進装置によって飛翔していく軍事兵器のことである。.

新しい!!: 核弾頭とミサイル · 続きを見る »

ミサイル防衛

ミサイル防衛(ミサイルぼうえい、)または弾道ミサイル防衛(だんどうミサイルぼうえい、)は、主に弾道ミサイルからある特定の区域を防衛すること及びその構想である。敵のミサイルを迎撃するミサイル防衛は時代と共にその名称が変遷して国家の安全保障にとって重要になってきている。 スタンダードミサイル SM-3.

新しい!!: 核弾頭とミサイル防衛 · 続きを見る »

マッハ数

マッハ数(マッハすう、Mach number)は、流体の流れの速さと音速との比で求まる無次元量である。 名称は、オーストリアの物理学者エルンスト・マッハ(Ernst Mach)に由来し、航空技師のにより名付けられた。英語圏ではMachを英語読みして(マーク・ナンバ)、あるいは、(メァク・ナンバ)と呼ぶ。.

新しい!!: 核弾頭とマッハ数 · 続きを見る »

ポラリス (ミサイル)

UGM-27 ポラリス(Polaris)は、冷戦期にロッキード社が開発したアメリカ海軍の潜水艦発射弾道ミサイル。2段式であり、固体推進薬を使用し、核弾頭を搭載した。.

新しい!!: 核弾頭とポラリス (ミサイル) · 続きを見る »

リトルボーイ

リトルボーイ(Little Boy)とは、第二次世界大戦においてアメリカ軍が広島市に投下した原子爆弾(ガンバレル型ウラニウム活性実弾 L11)のコードネームである。いわゆる「広島原爆」「広島型原爆」である。 これは、人類史上初めて実戦で使用された核兵器である。原子力災害(核実験、原発事故など)や自然災害(地震、台風、隕石衝突など)の規模を表記する際に、このリトルボーイを基準に「広島原爆n個分」と換算されることもある。.

新しい!!: 核弾頭とリトルボーイ · 続きを見る »

レッドベアード

レッドベアード(Red Beard、「赤ひげ」の意)はイギリス最初の戦術核兵器である。イギリス空軍の3Vボマーおよびキャンベラ爆撃機のほか、イギリス海軍航空隊のバッカニア、シミターなどに搭載された。軍の作戦要求仕様1127(OR.1127)に基づいて開発され、1962年から1971年まで配備されていた。.

新しい!!: 核弾頭とレッドベアード · 続きを見る »

レギュラス (ミサイル)

レギュラス レギュラス (Regulus) は、米ヴォート社によって開発されたアメリカ海軍の艦対地ミサイルである。 レギュラスとは獅子座のα星であるレグルス(Regulus:スペルは同一)の英語読みである。.

新しい!!: 核弾頭とレギュラス (ミサイル) · 続きを見る »

レゾリューション級原子力潜水艦

レゾリューション級原子力潜水艦 (Resolution class submarines) はイギリス海軍が最初に保有した潜水艦発射弾道ミサイル搭載原子力潜水艦。1966年から配備が開始され、1969年までに4隻が就役した。 5隻の建造が計画されたが、完成したのは4隻のみであった。5隻目はラミリーズ (Ramillies) となる予定であった。従来戦艦に使用されていた艦名が命名されたのは、原子力潜水艦が当時主力艦の位置を戦艦に代わって占めつつあることの証明であった。.

新しい!!: 核弾頭とレゾリューション級原子力潜水艦 · 続きを見る »

トライデント (ミサイル)

トライデント(Trident)は、複数個別誘導再突入体付き潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)。アメリカ海軍では艦隊弾道ミサイル(FBM: Fleet Balistic Missile)と呼ばれ、核弾頭を装備し、原子力推進弾道ミサイル潜水艦から発射される。当初の一次契約者かつ開発者はロッキード・マーティン・スペース・システムズ社である。 トライデントはアメリカ海軍で現役の14隻のオハイオ級原子力潜水艦にアメリカ製核弾頭付きで、イギリス海軍では4隻のヴァンガード級原子力潜水艦にイギリス製の核弾頭付きで搭載されている。.

新しい!!: 核弾頭とトライデント (ミサイル) · 続きを見る »

トン

トン(tonne, ton, 記号: t)は、質量の単位である。SI(国際単位系)ではなく、分・時・日、度・分・秒、ヘクタール、リットル、天文単位とともに「SI単位と併用される非SI単位」である(SI併用単位#表6 SI単位と併用される非SI単位)。 そのほか、質量以外の各種の物理量に対して使われるトンもある。.

新しい!!: 核弾頭とトン · 続きを見る »

ブルーピーコック

ブルーピーコック(Blue Peacock、またの名をニワトリで稼動する核爆弾)は、ドイツのライン川区域に多くの10キロトンの核地雷を置くことを目的とした、1950年代英国のプロジェクトの開発コード名である。.

新しい!!: 核弾頭とブルーピーコック · 続きを見る »

ブルーダニューブ (核爆弾)

ブルーダニューブ(Blue Danube、「美しく青きドナウ」の意)はイギリスの最初の実用核兵器(核爆弾)である。 完成に至るまでの間、軍のこの要求仕様への言及に際しては「スモールボーイ」、「アトムボムMk.1」、「スペシャルボム」、「OR.1001」などのさまざまな名前が用いられた。イギリス空軍の3Vボマー爆撃部隊は当初、水爆が完成するまでの間、このブルーダニューブを主力兵器として使うことになっていた。当時、イギリスの軍戦略立案者は、核戦争はヒロシマ型原爆と同等の威力の原子爆弾を使って遂行可能であり、また勝利することもできると考えていた。その理由から、必要な備蓄は、およそ10ないし12キロトンの威力の爆弾800発とされた。3Vボマーの爆弾倉はブルーダニューブを運べる大きさに設定された。それは計画が実施された1947年当時の技術で実現可能な最も小型の核爆弾であった。.

新しい!!: 核弾頭とブルーダニューブ (核爆弾) · 続きを見る »

ブルースチール (ミサイル)

ブルースチール (Blue Steel) は、イギリスが開発した空対地巡航ミサイル。.

新しい!!: 核弾頭とブルースチール (ミサイル) · 続きを見る »

ブルーストリーク (ミサイル)

ミュンヘンのドイツ博物館に展示されているブルーストリーク ブルーストリーク ミサイル(Blue Streak missile)は、1955年に設計されたイギリスの中距離弾道ミサイル。1965年に退役が予定されていた3Vボマーの代替兵器として、1955年に開発が開始されたが、弾道ミサイルとしてのプログラムは1960年に中止された。しかし、オーストラリア政府および開発担当企業へのキャンセル料の支払いを避けるため、欧州ロケット開発機構の人工衛星打ち上げ用ヨーロッパ ロケットの第一段目として使用された。発射試験はオーストラリアのウーメラ試験場で実施された。ヨーロッパロケット計画は、最終的に1972年に中止された。.

新しい!!: 核弾頭とブルーストリーク (ミサイル) · 続きを見る »

パキスタン

パキスタン・イスラム共和国(パキスタン・イスラムきょうわこく、اسلامی جمہوریہ پاکِستان)、通称パキスタンは、南アジアの国家で、イギリス連邦加盟国である。首都はイスラマバード。最大の都市はカラチ。面積は80万kmで日本 (38万km) の約2倍程。東はインド、北東は中華人民共和国、北西はアフガニスタン、西はイランと国境を接し、南はインド洋に面する。国土の中心部を流れるインダス川の流域に国民の75%以上が住み、人口の増加が著しい国の一つである。.

新しい!!: 核弾頭とパキスタン · 続きを見る »

デイビー・クロケット (戦術核兵器)

M-388 デイビー・クロケット メリーランド州アメリカ陸軍兵器博物館(日本での通称は「アバディーン戦車博物館」)の展示品 M-388 デイビー・クロケットは、アメリカ合衆国が開発した戦術核兵器の一つ。 名称は、アラモの戦いで玉砕した英雄デイヴィッド・クロケットの名に因む。.

新しい!!: 核弾頭とデイビー・クロケット (戦術核兵器) · 続きを見る »

フランス

フランス共和国(フランスきょうわこく、République française)、通称フランス(France)は、西ヨーロッパの領土並びに複数の海外地域および領土から成る単一主権国家である。フランス・メトロポリテーヌ(本土)は地中海からイギリス海峡および北海へ、ライン川から大西洋へと広がる。 2、人口は6,6600000人である。-->.

新しい!!: 核弾頭とフランス · 続きを見る »

ファットマン

ファットマン(Fat Man、「太った人」の意味)は、第二次世界大戦末期にアメリカ合衆国で開発された原子爆弾である。 イギリスの保守党の政治家であるチャーチル首相にちなんで名づけられたという噂もあるが、マンハッタン計画に参加した物理学者ロバート・サーバー(Robert Serber)によると、彼は映画「マルタの鷹」のキャラクター「Kasper Gutman」から名づけたのであるという。アメリカ軍の分類番号はMk.3であり、大戦後も製造が継続された。最初の一発は1945年8月9日に長崎市に投下され、実戦使用された核兵器であり、この長崎に投下された原子爆弾、「インプロージョン方式プルトニウム活性実弾 F31」だけを指すこともある。 Mark 2(ThinMan) というガンバレル型プルトニウム型爆弾が開発中止され、インプロージョン型原爆であるファットマンへと移行した。.

新しい!!: 核弾頭とファットマン · 続きを見る »

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国(アメリカがっしゅうこく、)、通称アメリカ、米国(べいこく)は、50の州および連邦区から成る連邦共和国である。アメリカ本土の48州およびワシントンD.C.は、カナダとメキシコの間の北アメリカ中央に位置する。アラスカ州は北アメリカ北西部の角に位置し、東ではカナダと、西ではベーリング海峡をはさんでロシアと国境を接している。ハワイ州は中部太平洋における島嶼群である。同国は、太平洋およびカリブに5つの有人の海外領土および9つの無人の海外領土を有する。985万平方キロメートル (km2) の総面積は世界第3位または第4位、3億1千7百万人の人口は世界第3位である。同国は世界で最も民族的に多様かつ多文化な国の1つであり、これは多くの国からの大規模な移住の産物とされているAdams, J.Q.;Strother-Adams, Pearlie (2001).

新しい!!: 核弾頭とアメリカ合衆国 · 続きを見る »

アグニV

アグニV (アグニファイブ、Agni-V)は、インドの防衛研究開発機関 (Defence Research and Development Organisation; DRDO)で開発が進められている大陸間弾道ミサイル(ICBM)である。これは、インドの (Integrated Guided Missile Development Programme) のもとに進められている「アグニ」シリーズ・ミサイル開発計画の一部を成すものである。 アグニVは、2012年4月19日にインド東部のオリッサ州沿岸にある において打上げ試験が実施され、成功したと発表された。DRDO の V.K. Saraswat 長官は、アグニVの正確な射程は機密事項とされていると述べていたが、打上げ試験直後に射程は5,500-5,800 km であると述べている。 2018年1月18日に成功した5回目の発射実験に際しての報道では、全長17m、移動式発射台による運用が可能な3段式。搭載できる核弾頭の重量は1.5t。約4900km離れたインド洋上の目標海域に19分で着弾した。.

新しい!!: 核弾頭とアグニV · 続きを見る »

インド

インドは、南アジアに位置し、インド洋の大半とインド亜大陸を領有する連邦共和制国家である。ヒンディー語の正式名称भारत गणराज्य(ラテン文字転写: Bhārat Gaṇarājya、バーラト・ガナラージヤ、Republic of India)を日本語訳したインド共和国とも呼ばれる。 西から時計回りにパキスタン、中華人民共和国、ネパール、ブータン、バングラデシュ、ミャンマー、スリランカ、モルディブ、インドネシアに接しており、アラビア海とベンガル湾の二つの海湾に挟まれて、国内にガンジス川が流れている。首都はニューデリー、最大都市はムンバイ。 1947年にイギリスから独立。インダス文明に遡る古い歴史、世界第二位の人口を持つ。国花は蓮、国樹は印度菩提樹、国獣はベンガルトラ、国鳥はインドクジャク、国の遺産動物はインドゾウである。.

新しい!!: 核弾頭とインド · 続きを見る »

イギリス

レートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島々から成る同君連合型の主権国家である。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されている。 また、イギリスの擬人化にジョン・ブル、ブリタニアがある。.

新しい!!: 核弾頭とイギリス · 続きを見る »

イスラエル

イスラエル国(イスラエルこく、מְדִינַת יִשְׂרָאֵל メディナット・イスラエル、دولة إسرائيل ダウラト・イスラーイール、State of Israel )、通称イスラエルは、中東のパレスチナに位置する国家。北にレバノン、北東にシリア、東にヨルダン、南にエジプトと接する。ガザ地区とヨルダン川西岸地区を支配するパレスチナ自治政府(パレスチナ国)とは南西および東で接する。地中海および紅海にも面している。首都はエルサレムであると主張しているが、国際連合などはテルアビブをイスラエルの首都とみなしている(エルサレム#首都問題を参照)。 イスラエルは、シオニズム運動を経て1948年5月14日に建国された。建国の経緯に根ざす問題は多い。版図に関するものではパレスチナ問題がよく報道される。.

新しい!!: 核弾頭とイスラエル · 続きを見る »

カノン砲

ノン砲(カノンほう、加農砲)およびカノン(加農)は、火砲(大砲)の一種。キャノン砲とも呼ばれる。定義は同口径の榴弾砲に比べて砲口直径(口径)に対する砲身長(口径長)が長く、高初速・長射程であるが重量とサイズは大きく、やや低仰角の射撃を主用する(#定義)。しかしながら、概ね冷戦後の現代は火砲の進化(榴弾砲の長砲身化)による砲種の統廃合(榴弾砲の統一)により、榴弾砲とカノン砲の区別は無くなっている(#歴史)。.

新しい!!: 核弾頭とカノン砲 · 続きを見る »

スカイボルト (ミサイル)

イボルト(ダグラス GAM-87/AGM-48 Skybolt)は、1950年代後半にアメリカ合衆国で開発されていた空中発射弾道ミサイルである。.

新しい!!: 核弾頭とスカイボルト (ミサイル) · 続きを見る »

ソビエト連邦

ビエト社会主義共和国連邦(ソビエトしゃかいしゅぎきょうわこくれんぽう、Союз Советских Социалистических Республик)は、1922年から1991年までの間に存在したユーラシア大陸における共和制国家である。複数のソビエト共和国により構成された連邦国家であり、マルクス・レーニン主義を掲げたソビエト連邦共産党による一党制の社会主義国家でもある。首都はモスクワ。 多数ある地方のソビエト共和国の政治および経済の統合は、高度に中央集権化されていた。.

新しい!!: 核弾頭とソビエト連邦 · 続きを見る »

タイタン (ロケット)

ープ・カナベラルでテスト発射されたタイタンI タイタン (Titan) は、アメリカ合衆国の 大陸間弾道ミサイル(ICBM)、および人工衛星打ち上げロケットである。ICBMとして退役後も衛星打ち上げ用として改良が続けられ、アメリカ空軍の軍事衛星や、大型衛星の打ち上げ用として1959年から2005年まで運用された。計368機が打ち上げられ、その中には1960年代半ばのジェミニ有人宇宙船の打ち上げも含まれる。タイタンは1980年代末にアメリカの大陸間弾道ミサイルの削減まで一翼を担うだけでなく軍用の衛星と同様に民間の衛星の打ち上げにも使用された。タイタンは同様に高い成功率で火星や木星や土星や天王星や海王星への探査機を打ち上げた。 タイタンの名前はギリシャ神話のティタンに由来する。.

新しい!!: 核弾頭とタイタン (ロケット) · 続きを見る »

再突入体

再突入体(さいとつにゅうたい、re-entry vehicle; RV) とは大気圏に再突入する長距離弾道ミサイルの弾頭部を搭載している部位のこと。.

新しい!!: 核弾頭と再突入体 · 続きを見る »

兵器

兵器(へいき)は、戦争において使用する全ての車両、航空機、船舶、設備などの事を指し、敵となった目標を殺傷、破壊するためや、敵の攻撃から防御するための機械装置である。兵器は用途別に細かく分類され、その種類は膨大な数に上る。.

新しい!!: 核弾頭と兵器 · 続きを見る »

B53 (核爆弾)

B53の背面(国立アメリカ空軍博物館所蔵) B53は、アメリカ合衆国が配備していた核爆弾(水素爆弾)である。メガトン級の核出力を有する戦略目的の核爆弾であり、W53核弾頭も同等の弾頭を使用している。キューバ危機により米ソの対立が深まった時期に生産され、冷戦の象徴とも称された。.

新しい!!: 核弾頭とB53 (核爆弾) · 続きを見る »

短距離弾道ミサイル

短距離弾道ミサイル(たんきょりだんどうミサイル、short-range ballistic missile, SRBM)は、弾道ミサイルのうち射程が概ね1,000km以下のもの。準中距離弾道ミサイルとの差異は射程がやや短いのみで、厳密な区分はない。ただし、そのうち核弾頭を持つもので射程500km以下のものは戦術核兵器に分類され、500kmを超える射程を持つものは、中距離核戦力全廃条約の対象となっており、それぞれ別の核軍縮条約により制限及び撤廃されている。.

新しい!!: 核弾頭と短距離弾道ミサイル · 続きを見る »

砲弾

台北国軍歷史文物館に展示されている銃砲弾 砲弾(ほうだん、shell,cannonball)は、大砲に使用される弾丸のこと。複数の種類が存在し、目標・目的によって使い分けられる。陸上自衛隊の定義では「口径20mm以上の弾丸」のことで、それ未満のものを小火器弾薬とする。 日本語の「砲弾」の場合は、大砲用の弾丸を広く含めるが、英語の"shell"は、本来は炸薬が詰まった種類のもののみを指し、炸薬が詰まっていない弾丸については"shot"と呼び分けていた。現在では炸薬の入っていない徹甲弾のようなものも、"shell"と呼んでいる。なお、1868年のサンクトペテルブルク宣言は、小口径の弾丸には炸薬を詰めることを制限しており、「量目400g以下」かつ「爆発性または燃焼性の物質を充てたる発射物」の使用を締約国間のみの戦争では禁止している。 海上自衛隊の76ミリ砲弾と薬莢.

新しい!!: 核弾頭と砲弾 · 続きを見る »

空対空ミサイル

対空ミサイル(くうたいくうミサイル、air-to-air missile, AAM)は、兵器の1種であり、空中から発射され空中の目標を攻撃するためのミサイルである。.

新しい!!: 核弾頭と空対空ミサイル · 続きを見る »

空中発射弾道ミサイル

中発射弾道ミサイル(くうちゅうはっしゃだんどうミサイル、air-launched ballistic missile, ALBM)は、航空機に搭載され、空中で発射されて目標へ弾道飛行する弾道ミサイルの一種である。.

新しい!!: 核弾頭と空中発射弾道ミサイル · 続きを見る »

爆縮レンズ

縮レンズ(ばくしゅくレンズ)とは、原子爆弾に核分裂反応を発生させるための技術のひとつである。爆発をレンズのように収斂させるためで、レンズと直接の関係はない。.

新しい!!: 核弾頭と爆縮レンズ · 続きを見る »

爆撃機

撃機(ばくげきき)は、より多くの爆弾類を搭載し強力な破壊力を持たせた航空機であり、搭載量が小さいものは攻撃機と呼ばれる。 爆撃機の代表的な任務は前線後方の戦略目標(司令部、生産施設、発電所など)の破壊である。爆撃機の大きな特徴は大量の爆弾類を一度に投下することで大きな破壊力を有していることである。ただ核兵器のような大量破壊兵器を使用する場合にはこういった搭載量は必ずしも必要なくなり、爆撃機部隊を維持するコストもかかるため一定規模の爆撃機部隊を有しているのは2017年時点でアメリカ合衆国、ロシア、中華人民共和国だけである。.

新しい!!: 核弾頭と爆撃機 · 続きを見る »

無誘導爆弾

無誘導爆弾(むゆうどうばくだん、Gravity bomb)または自由落下爆弾(じゆうらっかばくだん)は、航空機搭載爆弾の一種。単に航空機から投下する爆弾を示す。最も古くからあるタイプの航空機搭載爆弾。.

新しい!!: 核弾頭と無誘導爆弾 · 続きを見る »

西ドイツ

西ドイツ(にしドイツ、Westdeutschland、West Germany)は、1949年5月23日から1990年10月2日までのドイツ連邦共和国の通称である。略称、西独。 冷戦時代はドイツ民主共和国(東ドイツ)と対峙する分断国家だったが、1990年10月3日、ドイツ民主共和国を併合する東西ドイツ再統一により、この通称は使われなくなった。東西ドイツ再統一まで首都はボンに置かれたが、再統一後はベルリンに移った。ドイツ人は、かつての西ドイツを「ボン共和国」(die Bonner Republik)と呼ぶこともある。ドイツ再統一は法的には「旧東ドイツの各州がドイツ連邦共和国に加入」という形式で行なわれたため、厳密にいうと現在のドイツは再統一により再編成された新しい国家ではなく領域を旧東ドイツにも拡大した西ドイツである。.

新しい!!: 核弾頭と西ドイツ · 続きを見る »

魚雷

魚雷(ぎょらい)は、魚形水雷の略称であり、弾頭にエンジンと高速スクリューを組み合わせ、水中を航行し、目標とした艦船などを爆発によって破壊することを目的とした兵器である。魚雷は艦船の喫水下の部分を破壊するため多大の浸水を与え、行動力を奪う。魚雷を用いて攻撃することを雷撃、魚雷攻撃を浴びることを被雷と呼ぶ。 主に中小型の水上艦(水雷艇、駆逐艦、巡洋艦)と潜水艦、雷撃機に搭載されて運用された。現代において、「水上艦や航空機が用いる対水上艦兵器」としては対艦ミサイルに取って代わられたが、より先進的な誘導能力を付与された上で「潜水艦が用いる対水上艦兼対潜水艦兵器」(長魚雷)や「水上艦や航空機が用いる対潜水艦兵器」(短魚雷)として広く配備・運用されている。.

新しい!!: 核弾頭と魚雷 · 続きを見る »

M4 (ミサイル)

M4 M4はフランス海軍が運用していた潜水艦発射弾道ミサイル(仏 MSBS,Mer Sol Balistique Strategique)フランス海軍の戦後戦略とその潜水艦部隊,日野景一,世界の艦船,1992年9月号,P98-101。ル・ルドゥタブル級原子力潜水艦向けのミサイルであり、一隻あたり16基搭載できる。.

新しい!!: 核弾頭とM4 (ミサイル) · 続きを見る »

M45 (ミサイル)

M-45 M45はフランス海軍が運用している潜水艦発射弾道ミサイル(MSBS)。ル・トリオンファン級原子力潜水艦などに配備されている。.

新しい!!: 核弾頭とM45 (ミサイル) · 続きを見る »

M51 (ミサイル)

M51はフランスが開発した潜水艦発射弾道ミサイル(フランス語:Mer-Sol-Balistique-Stratégique)。フランス海軍が運用しているM45を更新するものであり、2010年に運用を開始した。ル・トリオンファン級原子力潜水艦に16基搭載される。.

新しい!!: 核弾頭とM51 (ミサイル) · 続きを見る »

Mark 27 (核爆弾)

Mark 27はアメリカ合衆国が開発した核爆弾。アメリカ海軍向けの核兵器であり、ほぼ同等の核弾頭であるW27もレギュラス艦対地ミサイル用に生産された。 Mark 27はローレンス・リバモア国立研究所の前身であるカリフォルニア大学放射線研究所(UCRL)で1950年代に開発が行われた。ロスアラモス国立研究所のMark 28との競争開発であり、Mark 28よりも大威力であった。 Mark 27の大きさは直径30インチ、長さ125-142インチ、重量は3,150-3,300ポンド。後部に安定翼のついた魚雷型の形状である。水素爆弾であり核出力は2Mt。W27は直径30.25-31インチ、長さ75インチ、重量2,800ポンド。信管は触発および空中爆発が採用された。1958年から1959年にかけて生産され、Mark 27は700発、W27は20発が生産された。どちらも1962年から退役が開始され、1965年には退役した。.

新しい!!: 核弾頭とMark 27 (核爆弾) · 続きを見る »

Mark 4 (核爆弾)

Mark 4はアメリカ合衆国が開発した核爆弾。Mark 3・ファットマンを戦後に改良したものである。1949年に生産を開始し、550発が生産され、1953年まで配備された。弾頭部はW4核弾頭としてSM-62スナーク・ミサイルに使用される計画もあったが、こちらは実用化されず1951年に開発中止となった。 前身となったMark 3・ファットマンは、戦時に初のインプロージョン型原爆として開発された兵器であり、生産性や安全性に問題を有していた。Mark 4は外形や弾頭など、主要設計はMark 3と同等であるものの、生産性や安全性について改良が施されたものとなっている。大きさは直径60インチ、長さ128インチとMark 3とほぼ同じであるが、重量は10,800から10,900ポンドとMark 3の10,200ポンドよりやや重くなっている。 安全装置はIn flight insertion(IFI)というものであり、航空機に搭載中は核物質の一部を取り外し、事故の際でも臨界に達しないようにしている。これは初期のアメリカの核爆弾に共通した装置であるが、Mark 4から取り入れられた。安全装置の解除は爆弾内部にアクセスし、核物質を所定の場所に取り付ける必要がある。Mark 4は核分裂反応によるものであり、核物質としてウラン・プルトニウムの混合物をピットに使用していた。ピットの形状は、アメリカの核兵器の規格でタイプCおよびタイプDのものであった。 幾つかのサブタイプが存在し、威力はそれぞれ1、3.5、8、14、21、22、31キロトンであった。B-29やB-36のほか、アメリカ海軍のAJサベージにも搭載された。 なお、Mark 4の成功を受けて、後継のMark 6が開発されている。 1950年、カナダ上空での輸送中の事故により一個を空中廃棄し、現在も見つかっていない。ただし、プルトニウムは含まれていないため、核爆発の恐れはないとされる。.

新しい!!: 核弾頭とMark 4 (核爆弾) · 続きを見る »

Mark 5 (核爆弾)

Mark 5とはアメリカ合衆国が開発した核爆弾である。1950年代初期に設計され、1952年から1963年まで配備された。弾頭部はW5核弾頭としても用いられた。.

新しい!!: 核弾頭とMark 5 (核爆弾) · 続きを見る »

Mark 7 (核爆弾)

Mark 7とは、アメリカ合衆国が開発した最初の戦術核兵器である。弾頭部はW7とも呼称され、多目的戦術核兵器として開発され爆弾としてだけでなくミサイルなどの核弾頭としても使用された。また、トールとの通称もあった。 LABS(Low-Altitude Bombing System、高速度からのズーム上昇中に爆弾をリリースして「投げ上げて爆撃する」(:en:Toss bombing)ことにより離脱時間を確保することなどを軸とした、低高度侵入と核爆撃後の生存を成立させる攻撃法)が検討された最初の兵器でもある。Mark 7は1951年に行われた核実験であるバスター・ジャングル作戦(Operation Buster-Jangle)において、実弾頭の試験が行われている。 戦闘爆撃機にも搭載できるほど小型軽量であり、機外搭載用に流線形で安定翼のついた形状となっている。核分裂兵器であり、92分割の爆縮レンズを用いたインプロージョン方式を採用している。核出力はサブタイプによって異なり、8kt(mod0)から61kt(mod9)まであった。サイズは直径30.5インチ、長さ183インチ、重量1,645ポンドから1,700ポンド。信管は着発または空中爆発であり、W7には水圧信管も用意された。 Mark7は1,700~1,800発が作られ、1952年から1967年まで配備された。 2016年2月19日、ジョージ・ワシントン大学の研究所は、沖縄・嘉手納基地に核兵器が配備されていたことについて、機密指定が解除されたとして写真を公表した。そのなかには、1962年10月に撮影されたとされるマーク7の写真が含まれていた。.

新しい!!: 核弾頭とMark 7 (核爆弾) · 続きを見る »

MGM-1 (ミサイル)

MGM-1 マタドール()はアメリカ合衆国のマーチンによって開発された初の作戦運用可能な地対地巡航ミサイルである。その設計思想はナチス・ドイツのV1飛行爆弾とよく似ていた。.

新しい!!: 核弾頭とMGM-1 (ミサイル) · 続きを見る »

MGM-5 (ミサイル)

MGM-5 コーポラル (Corporal) は、アメリカ合衆国が開発した短距離弾道ミサイルである。コーポラルは、アメリカで初めて制式採用された核弾頭搭載の誘導兵器であり、アメリカ陸軍のほか、イギリス陸軍でも運用された。75海里(139 km)の射程を持ち、核弾頭又は高性能炸薬弾頭を搭載することができた。 開発はファイアストン・タイヤ・アンド・ラバー社、ギルフィラン・ブラザーズ社、ダグラス・エアクラフト社及びカリフォルニア工科大学 (CIT) にあった初期のジェット推進研究所 (JPL) の協力の下、アメリカ陸軍によって行なわれ、有事の際にヨーロッパ地域で使用する戦術核ミサイルとして設計された。1964年まで第一線に配備されており、固体燃料ロケットを用いたMGM-29 サージェント・ミサイル・システムによって更新された。 当初の制式名称はSSM-G-17であったが、後にSSM-A-17に改められ、アメリカ陸軍ではM2と呼ばれていた。更に、1962年に新たに制定された命名規則によって最終的にMGM-5と改称された。.

新しい!!: 核弾頭とMGM-5 (ミサイル) · 続きを見る »

MGR-1 (ロケット)

MGR-1 オネスト・ジョン()は、アメリカ合衆国初の核弾頭搭載地対地ロケット(弾)である。想定された主な用途は戦術核攻撃であったが、核弾頭の代わりに通常の高性能炸薬弾頭を搭載することもできるように設計されていた。当初の制式名は基本型がM31、改善型がM50であった。 オネスト・ジョンは、1951年6月に初めて試験され、1954年から在欧米軍に配備された。当初は臨時的な配備を予定していたが、運用が簡単で即応性が高かったことから、地対地誘導ミサイルが次々に代変わりしていく中、30年弱にわたって運用され続け、アメリカ陸軍では1982年に退役した。 「Honest John」は日本語に直訳すると「正直者のジョン」という意味になるが、米軍では若い新兵を当人の本名にかかわらず「Hey, John!」と呼ぶ場合があるので、意訳すると「命令に忠実な新兵」ということになる。この愛称は「狙いどおりに命中してくれる」という含意でもある。.

新しい!!: 核弾頭とMGR-1 (ロケット) · 続きを見る »

MIRV

ウェジェリン島に落下する再突入体 MIRV(Multiple Independently-targetable Reentry Vehicle, マーヴ)は、ひとつの弾道ミサイルに複数の弾頭(一般的に核弾頭)を装備しそれぞれが違う目標に攻撃ができる弾道ミサイルの弾頭搭載方式である。.

新しい!!: 核弾頭とMIRV · 続きを見る »

MR 31 (核弾頭)

MR 31はフランスが開発した核弾頭。フランス空軍の中距離弾道ミサイルSSBS S2に搭載されていた。核物質にはプルトニウムのみを用いている核分裂弾頭である。1966年には核実験が行われている。 1970年から生産され、SSBS S2ミサイルに搭載され、アプト・セイント・クリストール空軍基地のミサイルサイロにて運用開始されたのは、1971年8月のことであった。SSBS S2ミサイルは18基が配備されている。 後継となるSSBS S3ミサイルおよびTN 61の配備は1980年から始まり、1982年までに更新された。これにより、SSBS S2/MR 31は退役した。.

新しい!!: 核弾頭とMR 31 (核弾頭) · 続きを見る »

MR 41 (核弾頭)

MR 41はフランスが開発した核弾頭。フランス海軍の潜水艦発射弾道ミサイルM1及びM2に搭載されていた。ブースト型核分裂兵器でありWeapons of Mass Destruction: The no-nonsense guide to nuclear, chemical and biological weapons today, Robert Hutchinson,2011,ISBN 9781780223773、1963年より開発が開始された。高濃縮ウランのほか、重水素及び三重水素を用いている。1971年にかけては開発試験のため、核実験が行われている。 1969年から生産され、1971年より備蓄配備が開始された。35発が生産されており、1972年からミサイル搭載潜水艦への配備が行われている。 後継となるM20ミサイルおよびTN 60核弾頭の配備は1977年から始まり、1979年までに更新し、TR 41は退役した。.

新しい!!: 核弾頭とMR 41 (核弾頭) · 続きを見る »

R-36 (ミサイル)

R-36(ロシア語:Р-36エール・トリーッツァチ・シェースチ)は、ソビエト連邦の大陸間弾道ミサイル(ICBM)およびロケットである。オリジナルなR-36にはGRAUインデックス8K67を付与された。北大西洋条約機構(NATO)では、本型番にはスカープ(Scarp:断崖絶壁の意)というNATOコードネームを用いた。また、DoD番号ではSS-9と呼ばれた。派生型であるR-36Mに対しては、GRAUインデックス15A14、及びその改良型ミサイルR-36MUTTh (SS-18 Mod 4)には15A18を付与された。北大西洋条約機構(NATO)では、「サタン」(Satan:魔王の意)というNATOコードネームを用いた。また、DoD番号ではSS-18と呼ばれた。.

新しい!!: 核弾頭とR-36 (ミサイル) · 続きを見る »

TN 61 (核弾頭)

TN 61はフランスが開発した核弾頭。フランス海軍が運用していた潜水艦発射弾道ミサイル・M20およびフランス空軍の中距離弾道ミサイルSSBS S3向けである。どちらのミサイルにも単弾頭として搭載された。M20向けには1976年よりTN 60が製造されていたが、1977年には軽量化が図られた改良型であるTN 61が開発され、弾頭は順次更新されている。熱核弾頭であり、核出力は1.2Mt。S3向けには1980年から配備が開始された。M20向け70発及びS3向け20発合わせて90発が生産されている。 M20の配備は1991年で終了し、S3も1996年で終了し、それによりTN 61も配備から外されている。M20潜水艦発射弾道ミサイルの後継としてM4 (ミサイル)ミサイル・TN 70核弾頭の組み合わせが開発・配備されている。.

新しい!!: 核弾頭とTN 61 (核弾頭) · 続きを見る »

TN 70 (核弾頭)

TN 70はフランスが開発した核弾頭。熱核弾頭であり、M4A潜水艦発射弾道ミサイルのMIRV弾頭として搭載されていた。M4Aミサイルには6発が搭載され、同ミサイルを16基搭載するル・ルドゥタブル級原子力潜水艦1隻分の96発が生産された。1987年からは改良型のTN71核弾頭/M4Bミサイルの配備が始められており、TN 70/M4Aも1997年までに退役した。.

新しい!!: 核弾頭とTN 70 (核弾頭) · 続きを見る »

TN 71 (核弾頭)

TN 71はフランスが開発した核弾頭。熱核弾頭であり、前作のTN70核弾頭と同じく、M4潜水艦発射弾道ミサイルのMIRV弾頭として搭載されている。ただし、TN70よりは軽量化され、重量250kg以下と見なされており、搭載ミサイルも改良型のM4Bとなっている。生産数はM4Bミサイルの潜水艦搭載基数48基分(16基の3隻分)に対応し、288発。1996年より後継のTN75核弾頭/M45ミサイルの部隊配備が開始されたことにより退役が始まり、2004年までに配備が終了した。.

新しい!!: 核弾頭とTN 71 (核弾頭) · 続きを見る »

TN 75 (核弾頭)

TN 75はフランスが開発した核弾頭。熱核弾頭であり、M45およびM51潜水艦発射弾道ミサイルのMIRV弾頭として搭載されている。TN71核弾頭/M4ミサイルの後継となるものであり、1987年から開発が開始された。1995年には実証試験としてファンガタウファ環礁で地下核実験を行なっている。M45とともに1996年より部隊配備が開始された。.

新しい!!: 核弾頭とTN 75 (核弾頭) · 続きを見る »

TN 80 (核弾頭)

TN 80はフランスが開発した核弾頭。ASMP空対地ミサイル用の弾頭である。 1970年代から開発が開始された熱核弾頭であり、核出力は100-300kt。従来のAN-22のような自由落下核爆弾ではなく、フランスでは初めての航空機搭載核ミサイル向けの弾頭として開発された。 なお、ASMPを運用できる機体はフランス空軍のミラージュIV戦略爆撃機(1996年核兵器運用中止)、ミラージュ2000N戦闘攻撃機およびフランス海軍航空隊のシュペルエタンダール艦上攻撃機である。 ASMPは1986年から部隊配備に付けられ、配備後間もない1988年からは、ASMP用の核弾頭は後継のTN 81へと徐々に更新された。.

新しい!!: 核弾頭とTN 80 (核弾頭) · 続きを見る »

TN 81 (核弾頭)

TN 81はフランスが開発した核弾頭。ASMP空対地ミサイル用の弾頭であり、フランスにおける核戦力の一翼を担っている。ASMP用の核弾頭としてはTN 80に続くものである。 熱核弾頭であり、核出力は100-300kt。起爆装置には低感度爆薬を用い、安全性を高めている。60発が生産されている。なお、ASMPを運用できる機体はフランス空軍のミラージュIV爆撃機(1996年核兵器運用中止)、ミラージュ2000N戦闘攻撃機およびフランス海軍航空隊のシュペルエタンダール攻撃機である。後に、ラファールによる運用も可能とされた。.

新しい!!: 核弾頭とTN 81 (核弾頭) · 続きを見る »

TN 90 (核弾頭)

TN 90はフランスが開発・運用した核弾頭。フランス陸軍のハデス短距離弾道ミサイル向けのものである。フランス陸軍が運用していたプルトン・ミサイル/AN-51・AN-52核弾頭を更新するものであり、1983年から開発が開始された。 ハデスは移動発射台から運用される戦術ミサイルであり、TN 90を単弾頭にて搭載できる。弾頭には放射線強化弾頭も考慮されたが、最大核出力80ktの可変出力の熱核弾頭となった。 ハデスは西側へ侵攻してくるソ連地上軍を仮想目標に開発されたが、冷戦の終結・ドイツ再統一により、配備開始の1991年には射程内に仮想目標が存在しなくなった。生産数も30発に抑えられた。そのため、実運用はなされず、1996年にはフランス政府の核軍縮方針により退役した。.

新しい!!: 核弾頭とTN 90 (核弾頭) · 続きを見る »

W42 (核弾頭)

W42はアメリカ合衆国が開発していた核弾頭。アメリカ三軍の対空ミサイル弾頭用にローレンスリバモア国立研究所で開発されていたものであるが、1961年に開発中止となっている。 小型で低出力の核分裂弾頭であり、サイズは直径13-14インチ、長さは18.5インチほどである。重量は75-92ポンド(34-42kg)となっている。1957年にアメリカ陸軍のMIM-23 ホーク地対空ミサイル用に開発が開始され、その後、アメリカ海軍のAAM-N-9 スパローXおよびAAM-N-10イーグル空対空ミサイル、アメリカ空軍のAIM-47ファルコン空対空ミサイルの弾頭としても検討された。このため、信管には近接信管が検討された。しかし、1961年6月までに全計画が開発中止となり、いずれも実用化されず、通常弾頭搭載型の開発が行われることとなった。.

新しい!!: 核弾頭とW42 (核弾頭) · 続きを見る »

W48 (核砲弾)

W48とはアメリカ合衆国が開発、配備した核砲弾である。 核兵器としては最も小型な部類でアメリカ陸軍の標準的な155mm榴弾砲から発射するように作られていた。1963年に製造が開始され、1992年には全て引退した。.

新しい!!: 核弾頭とW48 (核砲弾) · 続きを見る »

W54 (核弾頭)

W54は、アメリカ合衆国が開発した核弾頭。超小型の核弾頭であり、重量は50ポンド(約23kg)ほどである。開発はロスアラモス国立研究所で行われ、1961年-1962年にかけて400発が生産された。1971年頃まで部隊配備されていた。.

新しい!!: 核弾頭とW54 (核弾頭) · 続きを見る »

W58 (核弾頭)

W58は、アメリカ合衆国が開発・運用していた核弾頭。アメリカ海軍のポラリス A-3潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)向けの弾頭である。 W58のサイズは、直径15.6インチ、長さ40.3インチであり、重量は257ポンド。熱核弾頭であり、核出力は200kt。1964年3月-1967年6月にかけて1,400発が生産された。複数弾頭(MRV)向けのものであり、ポラリス A-3に3基備えられたMk.2再突入体に搭載される。信管は空中爆発および触発が用意されている。ポラリス・ミサイルの退役と共に1982年に退役している。.

新しい!!: 核弾頭とW58 (核弾頭) · 続きを見る »

W78 (核弾頭)

W78は、アメリカ合衆国が開発した核弾頭。熱核弾頭であり、ミニットマン III大陸間弾道ミサイルのMIRV弾頭として運用されている。 Mk.12A再突入体に搭載するものであり、1979年より生産・配備が開始された。W62核弾頭に代わるものであり、総生産数は1,083発。開発はロスアラモス国立研究所で1974年より開始され、セカンダリー部はW50を参考にしたものに新型のプライマリーを加えた構造となっている。核出力は335-350kt。 サイズの詳細は公表されておらず、再突入体の形状より直径21.3インチ、長さ71.3インチ内と推測されている。重量も同様に800ポンド以内と推測されている。また、起爆には低感度爆薬ではない通常の爆薬が用いられており、後に開発された核弾頭よりは相対的に爆発事故の可能性が高い。そのため、航空機による輸送は忌避されている。 Category:アメリカ合衆国の核兵器.

新しい!!: 核弾頭とW78 (核弾頭) · 続きを見る »

W88 (核弾頭)

W88はアメリカ合衆国が開発・運用している核弾頭。UGM-133A トライデント II潜水艦発射弾道ミサイル向けのものであり、1980年代に開発が行われた。2009年までにアメリカ合衆国が開発した最新の核弾頭であり、現在でも配備に付けられている。.

新しい!!: 核弾頭とW88 (核弾頭) · 続きを見る »

W91 (核弾頭)

W91は、アメリカ合衆国が開発していた核弾頭。.

新しい!!: 核弾頭とW91 (核弾頭) · 続きを見る »

核ミサイル

核ミサイル(かくミサイル)は、核弾頭(核兵器)を搭載したミサイルのこと。核兵器運搬手段の1つ。多くの場合、誘導装置を持つミサイルだけでは無く、無誘導のロケット弾を分類に含める。.

新しい!!: 核弾頭と核ミサイル · 続きを見る »

核出力

核出力(かくしゅつりょく、Nuclear (weapon) yield)は、核兵器の爆発の威力を示す尺度である。核兵器が爆発する際に放出するエネルギー量を示すものであり、通常これに等しいエネルギーを得るために必要なトリニトロトルエン (TNT) の質量で表される。.

新しい!!: 核弾頭と核出力 · 続きを見る »

核兵器

核兵器(かくへいき、nuclear weapon)は、核分裂の連鎖反応、または核融合反応で放出される膨大なエネルギーを利用して、爆風、熱放射や放射線効果などの作用を破壊に用いる兵器の総称。原子爆弾、水素爆弾、中性子爆弾等の核爆弾(核弾頭)とそれを運搬する運搬兵器で構成されている。 核兵器は生物兵器、化学兵器と合わせてNBC兵器(又はABC兵器)と呼ばれる大量破壊兵器である。一部放射能兵器も含めて核兵器と称する場合があるが、厳密には放射能兵器を核兵器に分類するのは誤りである。 核兵器は、人類が開発した最も強力な兵器の一つであり、その爆発は一発で都市を壊滅させる事も可能である。そのような威力ゆえに、20世紀後半に配備数が増えるにつれ核戦争の脅威が想定されるようになり、単なる兵器としてだけではなく、国家の命運、人類の存亡にも影響するものとして、開発・配備への動きのみならず、規制・廃棄の動きなど様々な議論の対象となってきた。また、実戦使用されたのがアメリカ合衆国による、第二次世界大戦における二発(広島・長崎)のみであり、使用ではなく、主に配備による抑止力として、その意義が評価されている側面を持つ。 核兵器は核分裂を主とする原子爆弾と核融合を主とする水素爆弾の大きく二つに分類される。原子爆弾は大威力化に限界があり、水素爆弾の方が最大威力は大きくすることができる。また、兵器の形態としても、開発当初は大型航空爆弾のみであったが、プルトニウム型の場合高度な製造技術を必要とする反面、小型化が可能でありミサイルや魚雷の弾頭、砲弾までも様々なものが開発されている。.

新しい!!: 核弾頭と核兵器 · 続きを見る »

核砲弾

核砲弾(かくほうだん)は、弾頭に核兵器を搭載した砲弾のことである。冷戦期に作られた戦術核兵器の一つ。.

新しい!!: 核弾頭と核砲弾 · 続きを見る »

核爆弾

核爆弾(かくばくだん、nuclear bomb)は、核兵器の一種で、核分裂連鎖反応や核融合反応を利用した爆弾。現在では、特に航空機から投下される自由落下型核兵器を指して核爆弾の用語が使用される。.

新しい!!: 核弾頭と核爆弾 · 続きを見る »

核爆雷

核爆雷(かくばくらい Nuclear depth charge)は核弾頭を使用した爆雷である。 核兵器の一種であり、対潜兵器として潜航中の潜水艦攻撃に用いる。通常爆薬を使用した爆雷よりもはるかに威力が大きく、至近距離の炸裂でなくとも潜水艦にダメージを与えることができる。詳細な敵潜水艦位置の測定や精密な誘導を必要としないという特徴を持つ。 核爆弾の実用化とともに核爆雷も実用化の研究が進められ、1950年代には実用化が行われた。核出力は可変であり、炸裂深度も目的・目標に応じ変更させることができた。核爆雷の運搬手段としては、対潜哨戒機からの投下のほか、対潜ミサイルの弾頭部として用いられた。爆発威力が大きすぎるために、巻き添え防止のため、艦船から直下への投下は行われない。また、初弾で敵艦を撃破できなかった場合、爆発による海水擾乱が大きすぎ、再探知が非常に困難という短所を有している。 アメリカ合衆国・イギリス・ソ連で核爆雷の配備が行われたが、誘導魚雷の発達や核兵器の使用可能性の問題により、退役した。.

新しい!!: 核弾頭と核爆雷 · 続きを見る »

機密

機密.

新しい!!: 核弾頭と機密 · 続きを見る »

永続的貯蔵弾頭

永続的貯蔵弾頭 (えいぞくてきちょぞうだんとう)(Enduring Stockpile)とは、当初の設計寿命を越えて配備・貯蔵されている核弾頭のことである。解体待ちで貯蔵されているものもあるが、整備の上で再配備することも可能である。.

新しい!!: 核弾頭と永続的貯蔵弾頭 · 続きを見る »

潜水艦発射弾道ミサイル

潜水艦発射弾道ミサイル(せんすいかんはっしゃだんどうミサイル、submarine-launched ballistic missile, SLBM)は、射程に限らず潜水艦から発射する弾道ミサイルを指す。現用兵器は全て核弾頭を装備する戦略兵器であり、爆撃機および大陸間弾道ミサイルと並ぶ主要な核兵器運搬手段である。.

新しい!!: 核弾頭と潜水艦発射弾道ミサイル · 続きを見る »

朝鮮民主主義人民共和国

朝鮮民主主義人民共和国(ちょうせんみんしゅしゅぎじんみんきょうわこく、)、通称北朝鮮(きたちょうせん)は、東アジアの朝鮮半島北部を実効支配する、最高指導者による事実上独裁体制を取る社会主義共和国。冷戦下で誕生した分断国家である。ただし大韓民国は朝鮮半島全域の領有権を主張しているほか、後述の通り日本も国家として承認していない。 軍事境界線(38度線)を挟み分断した片割れの大韓民国(韓国)と、豆満江を挟んで中華人民共和国及びロシア連邦と、鴨緑江を挟んで中国と接している。首都は平壌で、人口は約2515万人とされる。行政区画は平壌直轄市、開城工業地区、金剛山観光地区、新義州特別行政区、羅先特別市、羅先経済特区、南浦特級(特別)市と八つの道に分かれる。.

新しい!!: 核弾頭と朝鮮民主主義人民共和国 · 続きを見る »

1950年代

1950年代(せんきゅうひゃくごじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)1950年から1959年までの10年間を指す十年紀。この項目では、国際的な視点に基づいた1950年代について記載する。.

新しい!!: 核弾頭と1950年代 · 続きを見る »

1951年

記載なし。

新しい!!: 核弾頭と1951年 · 続きを見る »

1953年

記載なし。

新しい!!: 核弾頭と1953年 · 続きを見る »

1954年

記載なし。

新しい!!: 核弾頭と1954年 · 続きを見る »

1956年

記載なし。

新しい!!: 核弾頭と1956年 · 続きを見る »

1958年

記載なし。

新しい!!: 核弾頭と1958年 · 続きを見る »

1961年

記載なし。

新しい!!: 核弾頭と1961年 · 続きを見る »

1971年

記載なし。

新しい!!: 核弾頭と1971年 · 続きを見る »

1974年

記載なし。

新しい!!: 核弾頭と1974年 · 続きを見る »

1980年

この項目では、国際的な視点に基づいた1980年について記載する。.

新しい!!: 核弾頭と1980年 · 続きを見る »

1984年

この項目では、国際的な視点に基づいた1984年について記載する。.

新しい!!: 核弾頭と1984年 · 続きを見る »

1986年

この項目では、国際的な視点に基づいた1986年について記載する。.

新しい!!: 核弾頭と1986年 · 続きを見る »

1988年

この項目では、国際的な視点に基づいた1988年について記載する。.

新しい!!: 核弾頭と1988年 · 続きを見る »

1989年

この項目では、国際的な視点に基づいた1989年について記載する。.

新しい!!: 核弾頭と1989年 · 続きを見る »

1991年

この項目では、国際的な視点に基づいた1991年について記載する。.

新しい!!: 核弾頭と1991年 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »