ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

核実験

索引 核実験

核実験(かくじっけん)とは、核爆弾の新たな開発や性能維持を確認したり、維持技術を確立したりするために、実験的に核爆弾を爆発させることを指す。1945年から約半世紀の間に2379回(その内大気圏内は502回)の核実験が各国で行われた。そのエネルギーはTNT換算で530メガトン(大気圏内は440メガトン)でこれは広島へ投下されたリトルボーイの3万5千発以上に相当する。.

196 関係: 原子爆弾吉州郡大西洋大陸間弾道ミサイル天然ガス太平洋核実験場委任統治寧辺郡中国新聞広島市への原子爆弾投下広瀬隆弾道弾迎撃ミサイル地下核実験制限条約地球平和監視時計地震計地震波地震波トモグラフィー北朝鮮の核実験 (2006年)北朝鮮の核実験 (2009年)北朝鮮の核実験 (2013年)北朝鮮の核実験 (2016年1月)北朝鮮の核実験 (2016年9月)北朝鮮の核実験 (2017年9月)包括的核実験禁止条約マンハッタン計画ノヴァヤゼムリャマーシャル諸島ネバダ州ネバダ核実験場ハリー・S・トルーマンハリケーン作戦ポカランヨシフ・スターリンラージャスターン州ラッセル=アインシュタイン宣言ラスベガスリトルボーイロンゲラップ環礁ロンゲリック環礁ロプノールロケットヴェラ (人工衛星)トノパートリニトロトルエントリニティ実験トリニタイトブースト型核分裂兵器パキスタンの核実験 (1998年)ビキニ環礁ツァーリ・ボンバ...フランス領ポリネシアファットマンニューメキシコ州咸鏡北道アムチトカ島アメリカ合衆国アメリカ合衆国本土アラモゴードアラスカ州アントラー作戦アトミック・カフェアトミック・ソルジャーアイビー作戦インドの核実験 (1974年)インドの核実験 (1998年)イスラエルウィグワム作戦エニウェトク環礁オーストラリアカリフォルニア州ガジェット (爆弾)キノコ雲キャッスル作戦キリスィマスィ島クレータークロスロード作戦グリーンピース (NGO)コードネームジェルボアーズ・ブルースペースデブリセミパラチンスク核実験場ソビエト連邦サハラ砂漠サンディア国立研究所サンディエゴサンゴ礁冷戦第五福竜丸爆雷炭素14熱塩循環高高度核爆発魚雷豊渓里黒い雨部分的核実験禁止条約臨界前核実験長崎市への原子爆弾投下長門 (戦艦)電磁パルスLIM-49 (ミサイル)M65 280mmカノン砲RDS-1RDS-37RDS-6TNT換算X線Zマシン核の指紋核出力核爆弾核爆雷核融合反応核抑止水素爆弾気球気象庁松代地震観測所断層日本日本の核武装論放射能汚染放射性同位体放射性炭素年代測定放射性物質放射性降下物10月16日10月30日10月31日10月3日10月9日11月18日11月1日11月22日11月6日11月8日1945年1946年1949年1951年1952年1953年1954年1955年1957年1960年1961年1963年1964年1966年1967年1968年1971年1973年1974年1986年1988年1996年1997年1998年1月19日1月6日2006年2009年2010年2011年2012年2013年2016年2017年2月12日2月13日3月1日596 (核実験)5月11日5月13日5月14日5月15日5月18日5月24日5月25日5月28日5月30日6月17日7月16日7月1日7月25日7月2日8月12日8月24日8月29日8月6日8月9日9月20日9月3日9月9日 インデックスを展開 (146 もっと) »

原子爆弾

長崎に投下された原子爆弾のキノコ雲1945年8月9日 広島型原爆(リトルボーイ)による被害者の一人。(1945年10月。日本赤十字病院において) 原子爆弾(げんしばくだん、原爆、atomic bomb)は、ウランやプルトニウムなどの元素の原子核が起こす核分裂反応を使用した核爆弾で、初めて実用化された核兵器でもある。原子爆弾は、核爆発装置に含まれる。水素爆弾を含めて「原水爆」とも呼ばれる。 核兵器は通常兵器と比較して威力が極めて大きいため、大量破壊兵器として核不拡散条約や部分的核実験禁止条約などで規制されており、核廃絶を求める主張もある。.

新しい!!: 核実験と原子爆弾 · 続きを見る »

吉州郡

吉州郡(キルチュぐん)は朝鮮民主主義人民共和国咸鏡北道にある郡。1邑(町)、26里(村)からなる。郡所在地は吉州邑。 2005年、北朝鮮の核実験基地として報じられている。.

新しい!!: 核実験と吉州郡 · 続きを見る »

大西洋

大西洋(たいせいよう、Atlantic Ocean、Oceanus Atlanticus)は、ヨーロッパ大陸とアフリカ大陸、アメリカ大陸の間にある海である。なお、大西洋は、南大西洋と北大西洋とに分けて考えることもある。おおまかに言うと、南大西洋はアフリカ大陸と南アメリカ大陸の分裂によって誕生した海洋であり、北大西洋は北アメリカ大陸とユーラシア大陸の分裂によって誕生した海洋である。これらの大陸の分裂は、ほぼ同時期に発生したと考えられており、したがって南大西洋と北大西洋もほぼ同時期に誕生したとされる。.

新しい!!: 核実験と大西洋 · 続きを見る »

大陸間弾道ミサイル

ミニットマンIII 大陸間弾道ミサイル(たいりくかんだんどうミサイル、intercontinental ballistic missile、略称:ICBM)は、有効射程が超長距離で北アメリカ大陸とユーラシア大陸間など、大洋に隔てられた大陸間を飛翔できる弾道ミサイル。大陸間弾道弾(たいりくかんだんどうだん)とも称する。アメリカ合衆国やソビエト連邦間では、戦略兵器制限条約(SALT)により、有効射程が「アメリカ合衆国本土の北東国境とソ連本土の北西国境を結ぶ最短距離である5,500km以上」の弾道ミサイルと定義された。.

新しい!!: 核実験と大陸間弾道ミサイル · 続きを見る »

天然ガス

天然ガス(てんねんガス、natural gas、天然氣)は、一般に天然に産する化石燃料である炭化水素ガスで、一般に、メタン、続いてエタンといった軽い炭素化合物を多く含み、その他の炭素化合物も含む。現代においては、エネルギー源や化学品原料として広く使われる。 広義には、地下に存在するガス、または地下から地表に噴出するガス一般を指す。この中にはマグマを原料とする火山ガスや化石燃料ガス(可燃性ガス)だけでなく、窒素や酸素、炭酸ガス、水蒸気、硫化水素ガス、亜硫酸ガス、硫黄酸化物ガスなどの不燃性ガスも含まれる。これら不燃性ガスの多くは火山性ガスである。.

新しい!!: 核実験と天然ガス · 続きを見る »

太平洋核実験場

太平洋核実験場(Pacific Proving Grounds,PPG)はアメリカ合衆国が使用していた核実験場。マーシャル諸島にあり、1946年から1962年にかけて大気圏内核実験が行われた。.

新しい!!: 核実験と太平洋核実験場 · 続きを見る »

委任統治

委任統治(いにんとうち、mandate)とは、国際連盟規約第22条に基づき国際連盟によって委任された国が国際連盟理事会の監督下において一定の非独立地域を統治する制度である。委任統治の対象地域は、第一次世界大戦の敗戦国ドイツ帝国のアフリカ及び太平洋の植民地と、敗戦国オスマン帝国の支配下にあった中東地域である。 形式的には戦勝国がこれらの地域を自国の植民地として搾取することを防止すると共に、住民の福祉を推進し、将来の自治・独立に向けたサポートをすることが目的であると謳われた。 この制度は、第二次世界大戦後に廃止され、国際連合下の信託統治制度へと発展・継承された。.

新しい!!: 核実験と委任統治 · 続きを見る »

寧辺郡

寧辺郡(ニョンビョンぐん)は朝鮮民主主義人民共和国平安北道の東南部にある郡。核開発施設が集中することで知られている(寧辺核施設)。.

新しい!!: 核実験と寧辺郡 · 続きを見る »

中国新聞

中国新聞備後本社 中国新聞防長本社 チューピーパーク 中国新聞(ちゅうごくしんぶん、題字は中國新聞)は、広島県広島市に本社を置く中国新聞社が発行している新聞である。1892年5月5日創刊。最大印刷ページ数は40ページ。.

新しい!!: 核実験と中国新聞 · 続きを見る »

広島市への原子爆弾投下

*.

新しい!!: 核実験と広島市への原子爆弾投下 · 続きを見る »

広瀬隆

広瀬隆(ひろせ たかし、1943年1月24日 - )は、日本の作家。父は建築家の広瀬三郎。.

新しい!!: 核実験と広瀬隆 · 続きを見る »

弾道弾迎撃ミサイル

弾道弾迎撃ミサイル(だんどうだんげいげきミサイル、anti-ballistic missile, ABM)とは、敵の弾道ミサイルを迎撃するためのミサイルである。1950年代に開発が開始された核ミサイル系と、1990年代から現代に至るまで開発が続いている通常弾頭型がある。欧米諸国を中心に配備されているミサイル防衛手段のひとつである。.

新しい!!: 核実験と弾道弾迎撃ミサイル · 続きを見る »

地下核実験制限条約

地下核実験制限条約(ちかかくじっけんせいげんじょうやく、Threshold Test Ban Treaty, TTBT)は、アメリカ合衆国とソビエト連邦に結ばれた核実験の制限に関する条約。正式名称は「地下核兵器実験の制限に関するアメリカ合衆国とソビエト社会主義共和国連邦との間の条約」(、 )。地下核実験における最大核出力を150ktに制限し、その検証を規定している。1974年7月3日署名。1990年12月11日発効。.

新しい!!: 核実験と地下核実験制限条約 · 続きを見る »

地球平和監視時計

地球平和監視時計(ちきゅうへいわかんしどけい)とは、広島県広島市中区の広島平和記念資料館内に設置されている時計塔。.

新しい!!: 核実験と地球平和監視時計 · 続きを見る »

地震計

地震計(じしんけい)は、地震の際の揺れを計測する機器である。.

新しい!!: 核実験と地震計 · 続きを見る »

地震波

地震波 実体波P波 S波 表面波ラブ波 レイリー波 地震波(じしんは、、)は、地震により発生する波。.

新しい!!: 核実験と地震波 · 続きを見る »

地震波トモグラフィー

地震波トモグラフィー(じしんはトモグラフィー)とは、地震波の伝播時間を用いて、地球内部の3次元速度構造を求める手法のことである。それによって得られた画像を指す場合もある。生体内や物質を非破壊的に観察するためにコンピュータ断層撮影(CT)や核磁気共鳴、ガンマー線を用いるように、地球内部を地震波を用いて観察する。医学のエックス線CT等と原理としてはと同じであるが、それらが物質の密度の分布を画像化するのに対し、地震波トモグラフィーでは、内部を通る地震波の速度の分布を画像化する。.

新しい!!: 核実験と地震波トモグラフィー · 続きを見る »

北朝鮮の核実験 (2006年)

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)は、2006年10月9日10時35分(KST)に初めて地下核実験を行ったと発表した。各国が観測した地震波からの推定によると爆発の規模はTNT換算で最小0.5キロトン、最大で15キロトン程度というまばらな推定が散発し、謎が多い物となっている。これは北朝鮮政府による映像の発表等が全く無いためでもあるが、核実験独特の地震波が観測されているため、一定の成果は挙げたものと考えられている。.

新しい!!: 核実験と北朝鮮の核実験 (2006年) · 続きを見る »

北朝鮮の核実験 (2009年)

2009年5月25日午前9時54分頃(KST)に朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)によって行われた地下核実験。2006年に続き2度目の核実験であり、2009年4月に行われたミサイル実験から約50日後に行われた。.

新しい!!: 核実験と北朝鮮の核実験 (2009年) · 続きを見る »

北朝鮮の核実験 (2013年)

2013年2月12日、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)によって行われた地下核実験。2006年、2009年に続き3度目の核実験である。.

新しい!!: 核実験と北朝鮮の核実験 (2013年) · 続きを見る »

北朝鮮の核実験 (2016年1月)

2016年1月の北朝鮮の核実験(きたちょうせんのかくじっけん)とは、2016年1月6日午前10時(PYT)ころ、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)咸鏡北道吉州郡豊渓里付近において行われた地下核実験。北朝鮮が核実験を行ったのは2006年、2009年、2013年に続き4度目となる。北朝鮮は「水素爆弾(水爆)実験である」と主張しており、仮に事実であれば北朝鮮の核実験に水爆が使われたのは初となる。.

新しい!!: 核実験と北朝鮮の核実験 (2016年1月) · 続きを見る »

北朝鮮の核実験 (2016年9月)

2016年9月の北朝鮮の核実験(きたちょうせんのかくじっけん)とは、2016年9月9日、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)咸鏡北道吉州郡豊渓里付近において行われた核実験。北朝鮮が核実験を行ったのは2006年、2009年、2013年、2016年1月に続き5度目となる。.

新しい!!: 核実験と北朝鮮の核実験 (2016年9月) · 続きを見る »

北朝鮮の核実験 (2017年9月)

2017年9月の北朝鮮の核実験(きたちょうせんのかくじっけん)とは、2017年9月3日、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)咸鏡北道吉州郡豊渓里付近 朝日デジタル 2017年9月3日 共同通信 2017年9月3日において行われた核実験。北朝鮮が核実験を行ったのは2006年、2009年、2013年、2016年1月、2016年9月に続き6度目となる。.

新しい!!: 核実験と北朝鮮の核実験 (2017年9月) · 続きを見る »

包括的核実験禁止条約

包括的核実験禁止条約(ほうかつてきかくじっけんきんしじょうやく、Comprehensive Nuclear Test Ban Treaty、略称:CTBT)は、宇宙空間、大気圏内、水中、地下を含むあらゆる空間での核兵器の核実験による爆発、その他の核爆発を禁止する条約である。 1996年9月、国連総会によって採択され、日本は1996年9月に署名、1997年7月に批准した。2012年2月現在で182カ国が署名、157カ国が批准しているが、発効要件国(核兵器保有国を含む44か国)の批准が完了していないため未発効である。.

新しい!!: 核実験と包括的核実験禁止条約 · 続きを見る »

マンハッタン計画

マンハッタン計画(マンハッタンけいかく、Manhattan Project)は、第二次世界大戦中、ナチス・ドイツなどの一部枢軸国の原子爆弾開発に焦ったアメリカ、イギリス、カナダが原子爆弾開発・製造のために、科学者、技術者を総動員した計画である。計画は成功し、原子爆弾が製造され、1945年7月16日世界で初めて原爆実験を実施した。さらに、広島に同年8月6日・長崎に8月9日に投下、合計数十万人が犠牲になり、また戦争後の冷戦構造を生み出すきっかけともなった。 科学部門のリーダーはロバート・オッペンハイマーがあたった。大規模な計画を効率的に運営するために管理工学が使用された。 なお、計画の名は、当初の本部がニューヨーク・マンハッタンに置かれていたため、一般に軍が工区名をつける際のやり方に倣って「マンハッタン・プロジェクト」とした。最初は「代用物質開発研究所 (Laboratory for the Development of Substitute Materials)」と命名されたが、これを知った(後にプロジェクトを牽引することになる)レズリー・グローヴスが、その名称は好奇心を掻き立てるだけであるとして新たに提案したのが採用されたものである。.

新しい!!: 核実験とマンハッタン計画 · 続きを見る »

ノヴァヤゼムリャ

ノヴァヤゼムリャの位置 ノヴァヤゼムリャ( ノーヴァヤ・ズィムリャー;他のラテン文字表記の例: Novaja Zemlja 直訳すると「新しい大地」)は北極海に浮かぶ列島で、バレンツ海とカラ海を分け、ヨーロッパの最北東端に位置する。ロシア連邦領。アルハンゲリスク州に属する。ノーヴァヤ・ゼムリャーとも書かれる。かつてはカラ島とも呼ばれた。銅、鉛、亜鉛などを産する。.

新しい!!: 核実験とノヴァヤゼムリャ · 続きを見る »

マーシャル諸島

マーシャル諸島共和国(マーシャルしょとうきょうわこく)、通称マーシャル諸島は、太平洋上に浮かぶ島国。ミニ国家の一つであり、「真珠の首飾り」とも呼ばれるマーシャル諸島全域を領土とする。ミクロネシア連邦の東、キリバスの北に位置する。.

新しい!!: 核実験とマーシャル諸島 · 続きを見る »

ネバダ州

ネバダ州(State of Nevada)は、アメリカ合衆国の西部に位置する州である。地域区分としてはロッキー山脈西部およびアメリカ合衆国南西部にも含められる。面積は110,561平方マイル (286,350 km2) であり、全米50州の中で第7位である。人口は2010年時点で約270万人であり、全米第35位である。人口の3分の2以上がラスベガス都市圏に住んでいる。この都市圏にはネバダ州の人口の多い都市上位3つが入っている。 ネバダ州はカナダにもメキシコにも境を接しておらず、アメリカの内陸州としては面積最大である。.

新しい!!: 核実験とネバダ州 · 続きを見る »

ネバダ核実験場

ネバダ核実験場(Nevada Test Site)は、アメリカ合衆国エネルギー省が管理している核実験場。アメリカ合衆国ネバダ州のネバダ砂漠にあり、ラスベガスの北西約105kmの地点である。2010年8月に正式名称は Nevada National Security Site (ネバダ国家安全保障施設)に変更されている。かつては大気圏内核実験、地下核実験が行われていたが、現在は臨界前核実験が行われている。.

新しい!!: 核実験とネバダ核実験場 · 続きを見る »

ハリー・S・トルーマン

ハリー・S・トルーマン(Harry S. Truman、1884年5月8日 - 1972年12月26日)は、アメリカ合衆国の政治家。上院議員、第34代副大統領、第33代大統領を歴任した。フランクリン・ルーズベルトの死を受けて1945年に副大統領から大統領に昇格した。 第二次世界大戦の終了から冷戦の始まり、国際連合、CIA、NSA、ペンタゴン(国防総省)の創設および朝鮮戦争などに関与した。 白人至上主義者団体クー・クラックス・クラン(KKK)への加入歴もあるが、全米有色人種地位向上協会で演説を行い、公民権運動を支援した初めての大統領である。日本への原子爆弾投下について、投下書類(投下命令書)を承認したとされているが、トルーマンによる正式な承認は記録されていない。英語での発音は「トゥルーマン」に近い。.

新しい!!: 核実験とハリー・S・トルーマン · 続きを見る »

ハリケーン作戦

実験に使用されたフリゲート艦プリム ハリケーン作戦(ハリケーンさくせん、英:Operation Hurricane)は1952年10月3日に行われたイギリス最初の核実験である。プルトニウム爆縮型の核爆発装置を、モンテベロ諸島と西オーストラリアの間の珊瑚礁で爆発させた。.

新しい!!: 核実験とハリケーン作戦 · 続きを見る »

ポカラン

ポカラン (Pokhran) は、インドのラージャスターン州にあるタール砂漠の中にある人里離れた場所である。 ポカランはインドの核兵器開発計画のための実験場である。 インド原子力委員会は1974年5月18日に、インド初の核兵器を地下爆発させ核実験を行った。 インドの政府は、インドが核兵器を作る目的のものではないと宣言したが、実際にはインドは核兵器開発能力を獲得していた。 インドの政府はポカランの核爆発が原子力の平和利用のためのものであり、インドで核科学技術を独自開発する努力であったと主張したが、その後、インドは5月11日そして1998年5月13日に5つの核実験を行った。 それ以降、インドは核実験モラトリアムを宣言した。.

新しい!!: 核実験とポカラン · 続きを見る »

ヨシフ・スターリン

ヨシフ・ヴィッサリオノヴィチ・スターリン(, 1878年12月18日 – 1953年3月5日)は、ソビエト連邦の政治家、軍人。同国の第2代最高指導者。一般に広く知られているスターリンという姓は「鋼鉄の人」を意味する筆名であり、本姓はジュガシヴィリ(、)である。.

新しい!!: 核実験とヨシフ・スターリン · 続きを見る »

ラージャスターン州

ラージャスターン州(Rajasthan、राजस्थान)は、インドで面積が最も大きい州である。州都はジャイプル。.

新しい!!: 核実験とラージャスターン州 · 続きを見る »

ラッセル=アインシュタイン宣言

ラッセル=アインシュタイン宣言(ラッセル=アインシュタインせんげん、Russell-Einstein Manifesto)は、イギリスの哲学者・バートランド・ラッセル卿と、アメリカの物理学者・アルベルト・アインシュタイン博士が中心となり、1955年7月9日にロンドンにて当時の第一級の科学者ら11人の連名で、米ソの水爆実験競争という世界情勢に対して提示された核兵器廃絶・科学技術の平和利用を訴えた宣言文である。 これを発表した3か月ほど前にアインシュタインが没しており、アインシュタインが人類に放った遺言状ともいえる。この宣言には、日本人の湯川秀樹も署名している。レオポルト・インフェルト以外全員がノーベル賞を受賞している。科学者平和宣言とも言える。 なおこの宣言の要請を受けて、1957年よりパグウォッシュ会議が開催されることとなった。第1回をカナダのパグウォッシュ村で開催した。日本からは、湯川秀樹、朝永振一郎等が参加した。.

新しい!!: 核実験とラッセル=アインシュタイン宣言 · 続きを見る »

ラスベガス

ラスベガス(Las Vegas 、)は、アメリカ合衆国ネバダ州南部にある都市。同州最大の都市である。.

新しい!!: 核実験とラスベガス · 続きを見る »

リトルボーイ

リトルボーイ(Little Boy)とは、第二次世界大戦においてアメリカ軍が広島市に投下した原子爆弾(ガンバレル型ウラニウム活性実弾 L11)のコードネームである。いわゆる「広島原爆」「広島型原爆」である。 これは、人類史上初めて実戦で使用された核兵器である。原子力災害(核実験、原発事故など)や自然災害(地震、台風、隕石衝突など)の規模を表記する際に、このリトルボーイを基準に「広島原爆n個分」と換算されることもある。.

新しい!!: 核実験とリトルボーイ · 続きを見る »

ロンゲラップ環礁

ンゲラップ環礁の衛星写真 ロンゲラップ環礁は、ミクロネシアにある環礁である。ここはマーシャル諸島の一部であり、61の小島により構成される。全ての島の面積は、およそ8kmに過ぎないが、環礁の総面積は1,000kmにもなる。 1954年にアメリカ合衆国が西に240km離れたビキニ環礁で行った水爆実験「キャッスル作戦」によって深刻な放射能汚染を受けた。.

新しい!!: 核実験とロンゲラップ環礁 · 続きを見る »

ロンゲリック環礁

ンゲリック環礁(Rongerik Atoll)とは太平洋にある無人の環礁。 面積、1.68km2 、17の島がある。 マーシャル諸島に属し、ビキニ環礁の東200kmのラリック列島にある。 ビキニ環礁での核実験に先立ち、1946年3月にビキニ環礁の島民はこの環礁に移住させられた。 この環礁では食料、水が不足しており、1948年3月にはクェゼリン環礁へ、そして1948年11月にキリ島へ移住させられた。.

新しい!!: 核実験とロンゲリック環礁 · 続きを見る »

ロプノール

プノール(ロプ・ノール、ロプ湖、、、モンゴル語:、)は、中央アジア、タリム盆地のタクラマカン砂漠北東部に、かつて存在した塩湖で、「さまよえる湖」として知られているヘディン(著)福田宏年(訳) 『さまよえる湖(上/下)』 岩波文庫、1990年 ISBN 4-00-334523-1, ISBN 4-00-334524-X。 この湖があったのは、現在の中国・新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州チャルクリク県であり、隣接するロプノール県ではない。.

新しい!!: 核実験とロプノール · 続きを見る »

ロケット

ット(rocket)は、自らの質量の一部を後方に射出し、その反作用で進む力(推力)を得る装置(ロケットエンジン)、もしくはその推力を利用して移動する装置である。外気から酸化剤を取り込む物(ジェットエンジン)は除く。 狭義にはロケットエンジン自体をいうが、先端部に人工衛星や宇宙探査機などのペイロードを搭載して宇宙空間の特定の軌道に投入させる手段として使われる、ロケットエンジンを推進力とするローンチ・ヴィークル(打ち上げ機)全体をロケットということも多い。 また、ロケットの先端部に核弾頭や爆発物などの軍事用のペイロードを搭載して標的や目的地に着弾させる場合にはミサイルとして区別され、弾道飛行をして目的地に着弾させるものを特に弾道ミサイルとして区別している。なお、北朝鮮による人工衛星の打ち上げは国際社会から事実上の弾道ミサイル発射実験と見なされており国際連合安全保障理事会決議1718と1874と2087でも禁止されているため、特に日本国内においては人工衛星打ち上げであってもロケットではなくミサイルと報道されている。 なお、推力を得るために射出される質量(推進剤、プロペラント)が何か、それらを動かすエネルギーは何から得るかにより、ロケットは様々な方式に分類されるが、ここでは最も一般的に使われている化学ロケット(化学燃料ロケット)を中心に述べる。 ロケットの語源は、1379年にイタリアの芸術家兼技術者であるムラトーリが西欧で初めて火薬推進式のロケットを作り、それを形状にちなんで『ロッケッタ』と名づけたことによる。.

新しい!!: 核実験とロケット · 続きを見る »

ヴェラ (人工衛星)

整備中のヴェラ5A・5B。 ヴェラ(Vela)はアメリカ合衆国が打ち上げた一連の核実験監視の人工衛星。 米国、ソビエト連邦、その他の関連する各国によって1963年に締結された「部分的核実験禁止条約」(PTBT) の遵守を監視するために、米国がはじめたヴェラ・プロジェクトの一部を成す衛星群で1975年までに12機打ち上げられた。サンディア国立研究所とTRW社で開発され、正二十面体の機体にX線、ガンマ線、中性子線の検出器を搭載している。ヴェラはスペイン語で「不寝番」(vigil) や「見張り人」(watch) という意味。.

新しい!!: 核実験とヴェラ (人工衛星) · 続きを見る »

トノパー

トノパー().

新しい!!: 核実験とトノパー · 続きを見る »

トリニトロトルエン

トリニトロトルエン(trinitrotoluene、略称TNT)は、トルエンのフェニル基の水素のうち3つをニトロ基 (-NO2) で置換した化学物質。いくつかの構造異性体があるが、単にトリニトロトルエンといえば通常 2,4,6-トリニトロトルエン (2,4,6-trinitrotoluene) のことである。化学式は C7H5N3O6、示性式は C6H2CH3(NO2)3 である。別名、トリニトロトルオール。.

新しい!!: 核実験とトリニトロトルエン · 続きを見る »

トリニティ実験

トリニティ実験(トリニティじっけん、Trinity)とは、1945年7月16日にアメリカ合衆国で行なわれた人類最初の核実験である。 この実験はアメリカ・ニューメキシコ州ソコロの南東48km(北緯33.675度、西経106.475度)の地点で行なわれた。実験場は現在ではアラモゴードに本部を持つアメリカ陸軍ホワイトサンズ・ミサイル実験場の一部となっている。トリニティ実験は爆縮型プルトニウム原子爆弾の爆発実験で、同型の爆弾『ファットマン』が、後に日本の長崎県長崎市に投下された。この実験による核爆発は、約20ktのTNTの爆発と同規模のもので、この核実験を以ってしばしば「核の時代」の幕開けとされる。.

新しい!!: 核実験とトリニティ実験 · 続きを見る »

トリニタイト

トリニタイト (trinitite) はトリニティ実験の際に砂漠の砂が高温にさらされ一度溶けて生成された人工鉱物である。本来はトリニティ実験における生成鉱物に対して命名されたものであるが、この呼称は現在では核実験によって生成される同種の鉱物に対しても使われている。 主成分はケイ素で淡い緑色を帯びたガラス質であるが、他の色のものも存在する。中レベルの放射性があるが、短時間では素手で取り扱うことも可能である。 1940年代後半から50年代初期にかけて、鉱物マニアの間に新種の鉱石として流通した。今日でも当時のトリニティ実験場において採取することは可能であるが、ほとんどが1952年にアメリカ原子力委員会によって埋め立てられてしまっている。今やこの実験場から持ち出すことは違法になっているが、違法になる以前のものは今でもコレクターの手元にあり、インターネット上で売りに出されていることもある。 この石の生成過程についてロスアラモス国立研究所の科学者であるRobert HermesとWilliam Strickfadenらが2005年に説明している。簡単に言えば、砂が単に火球に曝されただけで生成されたわけではなく、火球の中に舞いあげられた砂が溶けて液体になって降り積もったというものである。 近年の論文 P.P. Parekh, T.M. Semkow, M.A. Torres, D.K. Haines, J.M. Cooper, P.M. Rosenberg and M.E. Kitto, Journal of Environmental Radioactivity, 2006, 85, 103-120.

新しい!!: 核実験とトリニタイト · 続きを見る »

ブースト型核分裂兵器

ブースト型核分裂兵器(boosted fission weapon)または、ブースト型核分裂爆弾、あるいは強化原爆は、通常は少量の核融合物質を用いて余分な中性子を発生させ、核分裂の頻度を増加させることで、早期発火(predetonation、または未熟核爆発 (fizzle yield))を防ぐとともに核出力 (nuclear yield) を増強するタイプの核兵器(爆縮型核分裂兵器)を指す。 この方式による核分裂(そして核出力)の増強効果をブースト、そのためのメカニズムをブースターと呼ぶ。核融合反応を利用するが、それによる発生エネルギーの増加はごく僅か、恐らく1%程度であり、その主な目的が核分裂反応の増強である点で水素爆弾などの核融合兵器とは異なる。 ブーストによる早期発火の防止は、原子炉級プルトニウム (reactor grade plutonium, RGPu) で核分裂兵器を製造する際の鍵となる技術でもある、社団法人 原子燃料政策研究会。また、同量の核物質であれば、この技術を用いることにより、より大きな威力を得られるので、核弾頭の小型化には不可欠の技術とされる。 このブーストというアイデアは、1947年の秋から1949年の秋の間に、米国のロスアラモス国立研究所で初めて開発された。.

新しい!!: 核実験とブースト型核分裂兵器 · 続きを見る »

パキスタンの核実験 (1998年)

パキスタンの核実験とは、1998年5月28日と5月30日にパキスタンのバローチスターン州において行われた地下核実験である。 コードネームは実験が行われた場所に因み「チャガイ-I」(Chagai-I)。.

新しい!!: 核実験とパキスタンの核実験 (1998年) · 続きを見る »

ビキニ環礁

ビキニ環礁の地域旗青地の中の23の白い星が当環礁の23の島、右上の3つの黒い星がキャッスル作戦で破壊された3つの島、右下の2つの黒星が島民が移住した2つの島を示している。旗の中のマーシャル語の記述は、1946年に米軍から退去を求められた際に首長が島民に語った言葉で「全ては神の手の内に」を意味する。 ビキニ環礁(ビキニかんしょう、Bikini Atoll)は、マーシャル諸島共和国に属する環礁である。ビキニ島とも呼ばれ須藤健一「ビキニ」世界民族問題事典、平凡社、2002、第二次世界大戦前の日本の海図にはヒ゜キンニ島と記述されている例もある。アメリカ軍による核実験(原子爆弾実験)が行われたことから、水着のビキニの名称の由来となった。.

新しい!!: 核実験とビキニ環礁 · 続きを見る »

ツァーリ・ボンバ

実験が行われたノヴァヤゼムリャの位置 ツァーリ・ボンバの原寸大模型。核開発都市サロフ(旧アルザマス16)の原爆博物館で ツァーリ・ボンバ(Царь-бомба、Tsar Bomba、「皇帝の核爆弾」または「核爆弾の帝王」の意)は、旧ソビエト連邦(以後 ソ連)が開発した人類史上最大の水素爆弾の通称である。正式名称はAN602であり、開発時のコードネームはイワン(Иван)であった。「ツァーリ・ボンバ」の名称は西側諸国が、クレムリンに展示されている世界最大の鐘ツァーリ・コロコル、世界最大の大砲ツァーリ・プーシュカになぞらえてつけたものであるが、現在はロシアでも広く用いられている。なお他国の文献で「正式名称」として使用される「RDS-220」「RN202」はキリル文字での正式名称「РДС-202」「РН202」をラテン文字に翻字したもの。 単一兵器としての威力は人類史上最大であり、1961年10月30日にノヴァヤゼムリャで、唯一の大気圏内核実験が行なわれ消費された(以後製造されていない)。TNT換算で99,000キロトン(約100メガトン)、実際の出力は後述のように、50メガトンに制限されたが、それでも広島型原子爆弾「リトルボーイ」の約3,300倍(リトルボーイは15キロトン)に達する。第二次世界大戦中に全世界で使われた総爆薬量の10倍の威力を持つといわれるこの100メガトン級(実際は50メガトン)核爆弾の核爆発は2,000キロメートル離れた場所からも確認され、その衝撃波は地球を3周した。.

新しい!!: 核実験とツァーリ・ボンバ · 続きを見る »

フランス領ポリネシア

フランス領ポリネシア(Polynésie française)は、南太平洋にあるフランスの海外共同体(Collectivité d'outre-mer、略してCOM:英語:overseas collectivity、海外準県)であり、その中でも海外領邦(仏語:Pays d'outre-mer、略してPOM:英語:Overseas Country)という特別な地位を有している。ポリネシアのいくつかの諸島からなる。 ソシエテ諸島のタヒチ島は、リゾート地として最も有名な島で、フランス領ポリネシアの中心地でもある。タヒチの面積は1,608kmの火山島でオロヘナ山(2,237m)が最も高い山。人口も最大であり、行政所在地パペーテがある。コプラ、ノニ(ヤエヤマアオキ)、真珠母貝、黒蝶貝真珠(黒真珠)、バニラ、果汁、マグロなどを産出する。.

新しい!!: 核実験とフランス領ポリネシア · 続きを見る »

ファットマン

ファットマン(Fat Man、「太った人」の意味)は、第二次世界大戦末期にアメリカ合衆国で開発された原子爆弾である。 イギリスの保守党の政治家であるチャーチル首相にちなんで名づけられたという噂もあるが、マンハッタン計画に参加した物理学者ロバート・サーバー(Robert Serber)によると、彼は映画「マルタの鷹」のキャラクター「Kasper Gutman」から名づけたのであるという。アメリカ軍の分類番号はMk.3であり、大戦後も製造が継続された。最初の一発は1945年8月9日に長崎市に投下され、実戦使用された核兵器であり、この長崎に投下された原子爆弾、「インプロージョン方式プルトニウム活性実弾 F31」だけを指すこともある。 Mark 2(ThinMan) というガンバレル型プルトニウム型爆弾が開発中止され、インプロージョン型原爆であるファットマンへと移行した。.

新しい!!: 核実験とファットマン · 続きを見る »

ニューメキシコ州

ニューメキシコ州(State of New Mexico、Nuevo México)は、アメリカ合衆国南西部にある州である。州の北はコロラド州に接し、東側にはオクラホマ州とテキサス州に、西側はアリゾナ州に、南側はテキサス州およびメキシコとの国境に接している。また州の北西にはフォー・コーナーズがあり、そこでユタ州とも一点で接している。面積ではアメリカ合衆国で5番目に大きいが、人口では36番目であり、人口密度では45番目になっている。美しい景観から「Land of Enchantment(魅惑/魔法の土地)」と通称される。 州都は1607年にスペイン人が建設した歴史ある町サンタフェ市である。.

新しい!!: 核実験とニューメキシコ州 · 続きを見る »

咸鏡北道

咸鏡北道(ハムギョンブクどう)は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)北東部に位置する行政区。.

新しい!!: 核実験と咸鏡北道 · 続きを見る »

アムチトカ島

1-5 ニア諸島 1 - アッツ島 2 - アガッツ島 3-5 - セミチ諸島 3 - アライド島 4 - ニズキ島 5 - シェムリャ島 6 - ブルダー島 7-15 ラット諸島 7 - キスカ島 8 - 小キスカ島 9 - セグラ島 10 - クヴォストフ島 11 - ダヴィドフ島 12 - 小スィッキン島 13 - ラット島 '''14 - アムチトカ島''' 15 - セミソポクノイ島 アムチトカ島(アムチトカとう)とは、アメリカ合衆国アラスカ州の南西に伸びる、アリューシャン列島のラット諸島に属する島の名前である。約64km(キロメートル)(40mi(マイル))の長さがある。.

新しい!!: 核実験とアムチトカ島 · 続きを見る »

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国(アメリカがっしゅうこく、)、通称アメリカ、米国(べいこく)は、50の州および連邦区から成る連邦共和国である。アメリカ本土の48州およびワシントンD.C.は、カナダとメキシコの間の北アメリカ中央に位置する。アラスカ州は北アメリカ北西部の角に位置し、東ではカナダと、西ではベーリング海峡をはさんでロシアと国境を接している。ハワイ州は中部太平洋における島嶼群である。同国は、太平洋およびカリブに5つの有人の海外領土および9つの無人の海外領土を有する。985万平方キロメートル (km2) の総面積は世界第3位または第4位、3億1千7百万人の人口は世界第3位である。同国は世界で最も民族的に多様かつ多文化な国の1つであり、これは多くの国からの大規模な移住の産物とされているAdams, J.Q.;Strother-Adams, Pearlie (2001).

新しい!!: 核実験とアメリカ合衆国 · 続きを見る »

アメリカ合衆国本土

アメリカ合衆国本土(アメリカがっしゅうこくほんど、Contiguous United States)とは、アメリカ合衆国の主要部分(本土)を示す。CONUSとも表される。.

新しい!!: 核実験とアメリカ合衆国本土 · 続きを見る »

アラモゴード

アラモゴード (Alamogordo) はアメリカ合衆国ニューメキシコ州オテロ郡の都市。人口は2010年の国勢調査で30,403人。都市の名前はスペイン語で「ふくよかなハコヤナギ」を意味する。オテロ郡の郡庁所在地である。ホロマン空軍基地とホワイトサンズ・ミサイル実験場はアラモゴード近くに位置する二つの主要な軍事基地である。市は最初の宇宙飛行チンパンジーの生誕地、原子爆弾の最初の試験場、そして300万個あると噂されているアタリ社製のゲーム「E. T.」のカートリッジの埋葬地として有名である。.

新しい!!: 核実験とアラモゴード · 続きを見る »

アラスカ州

アラスカ州(State of Alaska )は、アメリカ合衆国最北端にある州。アリューシャン列島を含む。北アメリカ大陸北西の端にあり、合衆国本土とはカナダを挟んで飛地になっている。アラスカでは、合衆国本土を"lower 48"(直訳:南方の48州。アメリカ50州からアラスカとハワイを除いたもの)と呼ぶことがある。 アメリカ合衆国の州の中では面積最大であり、東はカナダ、北は北極海、西と南は太平洋と接し、西のベーリング海を隔ててロシアとも海上の国境がある。2010年国勢調査による人口は710,231人であり、その約半分はアンカレッジ都市圏に住んでいる。州都はジュノー市で、最大都市はアンカレッジ市である。海港アンカレッジはかつてアジアとアメリカおよびヨーロッパを結ぶ航空路線の寄港地として知られた。アメリカ合衆国の州の中では人口密度が最小の州でもある。 アラスカは1867年3月30日にロシア帝国からアメリカ合衆国が買収した。その後幾つかの管理形態の変遷を経て、1912年5月11日にアラスカ準州、1959年1月3日にアラスカ州となった。.

新しい!!: 核実験とアラスカ州 · 続きを見る »

アントラー作戦

アントラー作戦(アントラーさくせん、Operation Antler)は、1957年にイギリスがオーストラリアのマラリンガで行った、3回の大気中核実験の計画名。 核実験は合計3回実施され、9月から10月までの期間に行われた。始めの2回は塔の上に装置を設置して行われ、3回目は空中投下された。グラップル作戦の後に行われ、バッファロー作戦の前である。この後に実験場では、ブランビーとヴィクセンという2度の清掃作業が行われた。 マラリンガという地名は現地のアボリジニの言葉で雷という意味である。 Category:イギリスの軍事 Category:イギリス・オーストラリア関係 Category:各国の核実験 Category:軍事作戦 Category:イギリスの原子力史.

新しい!!: 核実験とアントラー作戦 · 続きを見る »

アトミック・カフェ

『アトミック・カフェ』(The Atomic Cafe)とは、アメリカ人の映画監督ケヴィン・ラファティ、ジェーン・ローダー、ピアース・ラファティが1982年に公開した、核兵器に関するドキュメンタリー映画である。ニュース映画や政府所有のフィルム、ラジオ音声などにより構成され、一切のナレーションは排されている。.

新しい!!: 核実験とアトミック・カフェ · 続きを見る »

アトミック・ソルジャー

アトミックソルジャー(Atomic Soldier)とは、1945年~1960年代にかけて核実験演習に参加し、キノコ雲への突撃行為等によって放射線に被爆した兵士たちのこと。兵士たちには線量を測るフィルムバッジが付けられたが、被爆したアルファ線のみが測定された。また、兵士たちは事前に筆記テストを通じて、放射線の影響は取るに足らないものであると学習させられていた。 南太平洋エニウェトク島での水爆実験では、まとまった人数の兵士たちが動員されていた。水爆実験は年に数回、明け方に行われたが、兵士たちは整列した上で爆発に背を向け目を覆って立ち会わされた。.

新しい!!: 核実験とアトミック・ソルジャー · 続きを見る »

アイビー作戦

アイビー作戦(アイビーさくせん、Operation Ivy)は、アメリカ合衆国が1952年11月にマーシャル諸島のエニウェトク環礁で行なった核実験である。本実験はタンブラー・スナッパー作戦に続いて実施されたもので、本作戦に引き続いてはアップショット・ノットホール作戦が実施されている。 11月1日のマイク実験 (Mike) と11月16日のキング実験 (King) の2回が行なわれた。 マイク実験は史上初の水素爆弾の実験であり、テラー・ウラム型に基づく多段階式核融合兵器であった。核融合燃料には液体重水素が用いられている。そのため、極低温に冷却する必要があり、機材は非常に大掛かりで、マイク実験装置は73.8トンもの重量があった。マイク実験の際、直径5kmの火球が出現し、キノコ雲は最大で高さ37km、幅161kmにも達した。実験後、爆弾が設置されたエルゲラブ島は跡形もなく消滅し、直径1.9km、深さ50mにも及ぶ巨大なクレーターが残された。 キング実験は大威力核分裂兵器・Mark 18の実験であり、それまでの核分裂兵器としては最大威力の実験となった。これは核融合兵器のバックアップとしての大威力兵器の意味合いがあった。B-36によりルニット島の北方610m地点から投下され、上空450mで炸裂した。.

新しい!!: 核実験とアイビー作戦 · 続きを見る »

インドの核実験 (1974年)

インドの核実験(インドのかくじっけん)は、1974年5月18日に初めて行われた。 この核実験はそのコードネームから微笑むブッダ (Smiling Buddha) とも呼ばれている。 この核実験で使用された核分裂装置は、正確な重量は不明ではあるが、少なくともその重量は30tを超えていたと言われている。このため、インド軍の空軍機や航空機はおろか、ミサイルでも運搬不可能な重量であったワック出版「歴史通」2013年3月号「世界は日本の原発技術を待っている!」P51-52。.

新しい!!: 核実験とインドの核実験 (1974年) · 続きを見る »

インドの核実験 (1998年)

1998年に行われたインドの核実験は、インドのラージャスターン州のポカランで行われた5月11日と13日に計5回行われた。 この一連の核実験はシャクティ作戦(シャクティI〜シャクティV)とも呼ばれる。.

新しい!!: 核実験とインドの核実験 (1998年) · 続きを見る »

イスラエル

イスラエル国(イスラエルこく、מְדִינַת יִשְׂרָאֵל メディナット・イスラエル、دولة إسرائيل ダウラト・イスラーイール、State of Israel )、通称イスラエルは、中東のパレスチナに位置する国家。北にレバノン、北東にシリア、東にヨルダン、南にエジプトと接する。ガザ地区とヨルダン川西岸地区を支配するパレスチナ自治政府(パレスチナ国)とは南西および東で接する。地中海および紅海にも面している。首都はエルサレムであると主張しているが、国際連合などはテルアビブをイスラエルの首都とみなしている(エルサレム#首都問題を参照)。 イスラエルは、シオニズム運動を経て1948年5月14日に建国された。建国の経緯に根ざす問題は多い。版図に関するものではパレスチナ問題がよく報道される。.

新しい!!: 核実験とイスラエル · 続きを見る »

ウィグワム作戦

ウィグワム作戦(ウィグワムさくせん、Operation Wigwam)とは、1955年にアメリカ合衆国が行った核実験のこと。 この実験は1946年に行われる予定であったクロスロード作戦・CHARLIEと基本的には同内容である。1955年5月14日、カリフォルニア州サンディエゴの南西500マイルの海域で実施された本実験の目的は、潜水艦に対する核兵器の威力、つまり核爆雷としての核兵器の実効性を検証することにあった。なお、本実験の参加規模は人員6800名、艦艇30隻である。 Mk90核爆雷は水深2000フィート(およそ600メートル)に吊り下げられて爆発し、カメラや測定機器を搭載したSquawsと名付けられた3隻の小型無人潜水艇を用いて各種データを採取した。本作戦の実施にあたって特に問題は生じず、発生した放射能もごく軽微であった。.

新しい!!: 核実験とウィグワム作戦 · 続きを見る »

エニウェトク環礁

ニウェトク環礁 上空から見たエニウェトク環礁 エニウェトク環礁(Eniwetok Atoll)とは中部太平洋、マーシャル諸島にある環礁。円周80kmのラグーンとその周囲のおよそ40の島からなり、島の面積は合計6km2以下である。ラリック列島で2番目に西にある環礁で北緯11度30分、東経162度20分に位置する。人口は1990年現在で820人である。エニウェタク環礁とも呼ばれる。 エニウェトク環礁は1794年にイギリスの商船Walpoleが訪れるまでヨーロッパ人には知られていなかった。そして、1885年にドイツ領となるまでにも数十隻しか船は訪れなかった。他のマーシャル諸島の島同様、第一次世界大戦中の1914年に日本が占領する。1920年に日本の委任統治領となり、ブラウン環礁とも呼ばれた。 第二次世界大戦まで日本はこの環礁をほとんど無視していた。1942年11月、日本はEngebi島に飛行場を建設し、これはカロリン諸島や他のマーシャル諸島の島へ向かう飛行機が利用した。ギルバート諸島の陥落後、1944年1月4日に日本陸軍は島の防衛のため海上機動第一旅団を派遣したが、2月のアメリカ軍の侵攻の前に防御を固めることはできず、環礁はアメリカ軍が占領した(エニウェトクの戦い)。 戦後住人は立ち退かされ、環礁は太平洋核実験場の一部となり、1948年から1962年までアメリカ合衆国の核実験に使われた。1948年4月30日のサンドストーン作戦(エックスレイ実験)を皮切りに、1952年には最初の水爆実験アイビー作戦(Operation Ivy)が行われた。 核爆発による雲の調査のため1957年、1958年には幾つかのロケットが打ち上げられた。 1970年代に住民が島に戻り始めた。1977年5月15日、アメリカ政府は汚染された土壌などの除去を開始した。そして1980年に安全宣言が出されたが、30年を経ても島ではヤシの木や穀物が育たなかった。現在も島の北半分は放射能汚染レベルが高く活用できず、南半分で生活している。取り除いた放射能汚染物質をコンクリートで格納したルニットドームも存在する。プルトニウムの半減期は2万4000年だが、コンクリートの耐用年数は長くて100年であり、すでにひび割れも始まっている。.

新しい!!: 核実験とエニウェトク環礁 · 続きを見る »

オーストラリア

ーストラリア連邦(オーストラリアれんぽう、Commonwealth of Australia)、またはオーストラリア(Australia)は、オーストラリア大陸本土、タスマニア島及び多数の小島から成りオセアニアに属する国。南方の南極大陸とは7,877km離れている。イギリス連邦加盟国であり、英連邦王国の一国となっている。日本での略称は「豪州」である。.

新しい!!: 核実験とオーストラリア · 続きを見る »

カリフォルニア州

リフォルニア州(State of California、Estado de California、中:加利福尼亚州、加州)は、アメリカ合衆国西部、太平洋岸の州。アメリカ西海岸の大部分を占める。州都は、サクラメントである。.

新しい!!: 核実験とカリフォルニア州 · 続きを見る »

ガジェット (爆弾)

ェット ガジェット (The gadget) とは人類最初の原子爆弾。第二次世界大戦中におけるマンハッタン計画で製造された。 最終組み立ては実験場近くにあるマクドナルド牧場にある小屋を借りて行われた。 1945年7月16日、ニューメキシコ州・アラモゴード砂漠のホワイトサンズ射爆場に於ける核実験「トリニティ」で爆発した。 ガジェット(gadget。道具や、ちょっとした装置という意味)の名は、「爆弾」のようなあからさまな名前にすると、マンハッタン計画の目的を知らない人々から情報が漏れてしまったり、スパイ活動によりその内容が明らかになることを警戒し、コードネームとして付けられたものである。 この原子爆弾は、爆縮レンズを用いたインプロージョン方式のテストを目的として製造され、長崎に投下された原子爆弾「ファットマン」と同様の構造をしている。ただし、ファットマンのように空中からの投下ではなく、鉄製のタワーの上に備え付けられた状態で爆発した。ファットマンおよび、広島に投下されたリトルボーイは、このガジェットと平行して製造されており、トリニティ実験から一ヶ月も経たないうちに、日本に原子爆弾が投下されている。.

新しい!!: 核実験とガジェット (爆弾) · 続きを見る »

キノコ雲

ノコ雲(キノコぐも)は、大気中での熱エネルギーの局所的かつ急激な解放にともなう上昇気流によって生じる積乱雲の一種。.

新しい!!: 核実験とキノコ雲 · 続きを見る »

キャッスル作戦

ャッスル作戦・ロメオ実験のキノコ雲 キャッスル作戦(キャッスルさくせん、Operation Castle)は、アメリカ合衆国が1954年にビキニ環礁、エニウェトク環礁の二つの環礁で行なった、一連の核実験。合計で6回の実験が行われ、特に3月1日に行なわれたブラボー実験が有名。本実験はアップショット・ノットホール作戦に続いて実施されたもので、本作戦に引き続いてはティーポット作戦が実施されている。.

新しい!!: 核実験とキャッスル作戦 · 続きを見る »

キリスィマスィ島

リスィマスィ島 (Kiritimati) 、またはクリスマス島 (Christmas Island) は、キリバス共和国の島である。面積は3882で、珊瑚礁の島としては最大級。名前の由来はイギリスのジェームズ・クックが1777年のクリスマスにこの島に到達したことによる。この地域は地球上で最も早く新しい1日が始まる時間帯「UTC+14」を採用している。 ローマ字読みにより「キリティマティ島」との表記もあるが、ti(Christmas の s の音写)はキリバス語ではティではなくスィに近い発音である。.

新しい!!: 核実験とキリスィマスィ島 · 続きを見る »

クレーター

月面のクレーター クレーター (crater) とは、天体衝突などによって作られる地形である。典型的には、円形の盆地とそれを取り囲む円環状の山脈であるリムからなるが、実際にはさまざまな形態がある。主に隕石・彗星・小惑星・微惑星などの衝突でできるが、核爆発や大量の火薬などの爆発でも同様の地形ができる。 ギリシャ語で「ボウル」「皿」を意味する語が語源で、本来は成因を問わず円形の窪地を意味し、火山の噴火口や、沈降による穴も含む。英語文献では、そのような意味での使用も少なくない。なお、コップ座の学名はCrater(クラテル)で、同じ語源である。 狭義には、天体衝突で形成された地形のことである。1609年にガリレオ・ガリレイが、月面を天体望遠鏡で観察し、多数の円形の凹地を確認したが、ガリレオは「小さな斑点」と呼んでいる。成因を明確に示したいときは衝突クレーター、インパクトクレーター (impact crater) と呼ぶ。またこの意味で使う場合は、「円形の窪地」という本来の意味ではクレーターと呼べないような形状の地形(たとえば地中構造、リムの一部のみ、など)も含めることが多い。窪地が明瞭なものは隕石孔(いんせきこう)と呼ぶこともある。.

新しい!!: 核実験とクレーター · 続きを見る »

クロスロード作戦

1946年7月1日エイブル(Able) 1946年7月25日ベーカー(Baker) ベーカー実験で霧が晴れた後に現れた瀑布。この実験で200万トンの水が飛散した。 クロスロード作戦(クロスロードさくせん、Operation Crossroads)は、1946年夏にアメリカ合衆国がビキニ環礁で行った一連の核実験のこと。21キロトン級原子爆弾を用い、エイブル 実験(Able)とベーカー実験(Baker)の2回の爆発実験が行われた。 7月1日のエイブル実験では、核爆弾を高度158m、7月25日のベーカー実験では水深27mの海中で爆発させている。3番目としてチャーリー実験(Charlie)が予定されていたが、ベーカー実験において生じた放射能が予想よりも激しかったため中止された。クロスロード作戦は1945年7月のトリニティ実験、8月の広島、長崎に続く史上4番目と5番目の核爆発である。またマーシャル諸島で行われた、および事前に実施通告がなされた最初の核実験であった。なお本作戦の後には、1948年にサンドストーン作戦が実施されている。.

新しい!!: 核実験とクロスロード作戦 · 続きを見る »

グリーンピース (NGO)

リーンピース(Greenpeace)は、国際的な環境保護団体(NGO)。.

新しい!!: 核実験とグリーンピース (NGO) · 続きを見る »

コードネーム

ードネーム()は、ある事物や人物などを指す、一般にごく短い別名であるが、関係者だけなどといった特に限定された範囲でのみ、そのことを知っているような運用を目的としたものを特に指すこともある。すなわち、暗号の分類のひとつである「コード (暗号) 」の意図があり、それを明示して暗号名(あんごうめい)、秘匿名(ひとくめい)などとも言う。 (特にIT業界において)製品などに関して、主としてメーカーにおける開発中のコードネーム(これは、競争他者等に対する秘匿の意図がある、本来の「コードネーム」)を流用して、一般消費者の一部(主としてマニア層)が、製品シリーズ等の総称等として使うことがある。これは、ブランド名や商品名はもとより、型番等ですら、メーカーはマーケティング戦略として、技術的な系譜や特徴をわざと無視してネーミングすることがあるため、開発コードネームを元にすれば、技術的に正確な分類となるから、という利点があるためである。これは、ブランド名や一般的な型番では複数のモデルの総称のことがある自動車などで(たとえば「RX-7」)、本来は車台番号や車両識別番号などといった消費者向けではない情報のための「型式」由来の通称(RX-7の場合は「SA」「FC」「FD」等。別の有名な例は「AE86」等)が多用される、といった言語現象に近い。 macOSで「Mac OS バージョン 10.X.y」の X ごと、あるいはAndroid OSの「バージョン X.y.z」の X ごとのコードネームは、製品名としてそのまま用いられているが、これはどちらかというと、漢字Talk7.1の「おにぎり」のような愛称をわざわざ付けるのを手抜きして、開発コードネームをそのまま流用しているだけ、と説明するのが最も妥当だろう。あるいは、小数点で区切られたバージョン番号ではマーケティング上の印象が弱いため「なんとか95」「なんとか2000」あるいは「なんとかX」などと変な数字を付けたことが混乱しか招かなかった、という過去の事例から学んだのかもしれない(開発中のOSにコードネームを付けること自体は、Win95の「Chicago」など古くから行われている)。.

新しい!!: 核実験とコードネーム · 続きを見る »

ジェルボアーズ・ブルー

ェルボアーズ・ブルー(仏:Gerboise Bleue、「青いトビネズミ」)は、1960年に実施されたフランス共和国最初の核実験のコードネームである。また同名のドキュメンタリー映画もある。.

新しい!!: 核実験とジェルボアーズ・ブルー · 続きを見る »

スペースデブリ

ペースデブリ(space debris、orbital debrisとも)または宇宙ゴミ(うちゅうゴミ)米語:space junk とは、なんらかの意味がある活動を行うことなく地球の衛星軌道上〔低・中・高軌道〕を周回している人工物体のことである。宇宙開発に伴ってその数は年々増え続け、対策が必要となってきている。.

新しい!!: 核実験とスペースデブリ · 続きを見る »

セミパラチンスク核実験場

ミパラチンスク核実験場(Семипалатинский ядерный полигон)は、旧ソビエト連邦のかつての主要な核実験場である。カザフ共和国(現・カザフスタン)の北東部、セメイの西方150kmの草原地帯にあり、面積は約18,000km2(四国の面積にほぼ等しい)。 1949年から1989年の40年間に合計456回の核実験に使用された。施設は最初の核実験からちょうど42年目にあたる1991年8月29日に正式に閉鎖された。これを記念して、8月29日は国際連合の「 核実験に反対する国際デー」となっている。市民の被曝による影響はソ連政府によって隠蔽され、1991年の実験場の閉鎖間際まで明らかにされることはなかった。 ソ連崩壊後はカザフスタンの所有となったため、世界の核実験場では唯一、他国による調査が可能となっている。.

新しい!!: 核実験とセミパラチンスク核実験場 · 続きを見る »

ソビエト連邦

ビエト社会主義共和国連邦(ソビエトしゃかいしゅぎきょうわこくれんぽう、Союз Советских Социалистических Республик)は、1922年から1991年までの間に存在したユーラシア大陸における共和制国家である。複数のソビエト共和国により構成された連邦国家であり、マルクス・レーニン主義を掲げたソビエト連邦共産党による一党制の社会主義国家でもある。首都はモスクワ。 多数ある地方のソビエト共和国の政治および経済の統合は、高度に中央集権化されていた。.

新しい!!: 核実験とソビエト連邦 · 続きを見る »

サハラ砂漠

リビア西部のタドラート・アカクス砂漠 サハラ砂漠(サハラさばく)は、アフリカ大陸北部にある砂漠で、氷雪気候の南極を除くと世界最大の砂漠である。南北1,700kmに渡り面積は約1,000万km2であり、アフリカ大陸の3分の1近くを占め、アメリカ合衆国とほぼ同じ面積。.

新しい!!: 核実験とサハラ砂漠 · 続きを見る »

サンディア国立研究所

ンディア国立研究所(サンディアこくりつけんきゅうじょ、Sandia National Laboratories、SNL)は、アメリカ合衆国エネルギー省が管轄する国立研究所。ニューメキシコ州アルバカーキとカリフォルニア州リバモアの2箇所に施設がある。 核兵器の開発と管理、軍事科学、安全保障の全分野などについて、国家機密に属する先進的な研究が行われている。 現在、研究所施設は政府の財産であるが、管理・運営は請負契約を結んだサンディア社(Sandia Corporation、ロッキード・マーチン社の 100% 出資子会社)が行っている。この運営形態は GOCO (Government - Owned, Contractor - Operated) と呼ばれる。 ニューメキシコ州サイトの研究所建屋はカートランド空軍基地の敷地内に有り、訪問者は基地の東側に所在するオフィスで入構証を発行してもらう。 世界最大級のプラズマ発生装置Zマシンをニューメキシコの研究所に持ち、この装置による、臨界前核実験に代わって核実験場および爆薬を必要としない新たな核実験が行われている。.

新しい!!: 核実験とサンディア国立研究所 · 続きを見る »

サンディエゴ

ンディエゴ(San Diego)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州にある都市。アメリカ西海岸有数の世界都市であり、州内ではロサンゼルスに次いで人口が多い。.

新しい!!: 核実験とサンディエゴ · 続きを見る »

サンゴ礁

八重山黒島周辺のサンゴ サンゴ礁(サンゴしょう、珊瑚礁、さんご礁、Coral reef)は、造礁サンゴの群落によって作られた地形の一つ。熱帯の外洋に面した海岸によく発達する。.

新しい!!: 核実験とサンゴ礁 · 続きを見る »

冷戦

ワルシャワ条約 (WT) 加盟国朱色.

新しい!!: 核実験と冷戦 · 続きを見る »

第五福竜丸

当時の第五福竜丸 第五福竜丸(第五福龍丸、だいごふくりゅうまる)は、1954年3月1日に、ビキニ環礁でアメリカ軍の水素爆弾実験によって発生した多量の放射性降下物(いわゆる死の灰)を浴びた、遠洋マグロ漁船の船名である。無線長だった久保山愛吉(くぼやま あいきち、1914年6月21日生まれ)がこの半年後の9月23日に死亡した。.

新しい!!: 核実験と第五福竜丸 · 続きを見る »

爆雷

雷(ばくらい、)は、水中で爆発する水雷兵器の一種で、水上艦艇や航空機から海中に投下して潜航中の潜水艦を攻撃する。かつては主力対潜兵器として小型艦艇や航空機が装備していた。現代では対潜魚雷やそれを投下するミサイルに主役を譲り、機雷の処分や警告用など補助的に使われている。 投下されると重力に従って海中を自然沈降し、水圧や時間によって作動する信管により目的の深さで爆発し、その衝撃によって敵潜水艦に損傷を与える。この方式は直撃しなくても潜水艦に損傷を与えて浮上や撃沈に追い込める反面、海水をかき乱して探知を難しくしてしまい、逃げられる可能性もある。このため艦体への接触や音響・磁気に反応して信管が作動し、より確実な撃破を狙うタイプも存在する。.

新しい!!: 核実験と爆雷 · 続きを見る »

炭素14

炭素14(たんそ14、Carbon-14、14C)は、炭素の放射性同位体。.

新しい!!: 核実験と炭素14 · 続きを見る »

熱塩循環

熱塩循環(ねつえんじゅんかん、)は、おもに中深層(数百メートル以深)で起こる地球規模の海洋循環を指す言葉である(水深千数百メートル以下での海洋循環を指すという説もある。)。語源の thermo は熱、haline は塩分の意味で海水の密度はこの熱と塩分により決定される。メキシコ湾流のような表層海流が、赤道大西洋から極域に向かうにつれて冷却し、ついには高緯度で沈み込む(北大西洋深層水の形成)。この高密度の海水は深海底に沈み、1200年後に北東太平洋に達して再び表層に戻る。その間それぞれの海盆の間で広範囲に渡って混合が起こり均一化することで海洋の世界的なシステムを作っている。この過程で、水塊は(熱)エネルギーと物質(固体、溶解物質、ガス)を運んで地球上を移動する。このように、循環現象は地球の気候に大きな影響を与えている。 熱塩循環と表層で起こる風成循環とを合わせて、海洋大循環と呼ぶ。熱塩循環は大循環、深層大循環、グローバルコンベアーベルトとも呼ばれる。海水が南北に移動し表面近くと深層の間を行き来することにより特徴付けられるため、子午面循環(英語で meridional overturning circulation)と呼ばれることもある。.

新しい!!: 核実験と熱塩循環 · 続きを見る »

高高度核爆発

度核爆発(こうこうどかくばくはつ、High Altitude Nuclear Explosion, HANE)は、高層大気圏における核爆発。強力な電磁パルス(EMP)を攻撃手段として利用し、広範囲での電力インフラストラクチャーや通信、情報機器の機能停止を狙うものである。爆発高度によって分類されるものであり、核兵器の種類や爆発規模などは問わない。.

新しい!!: 核実験と高高度核爆発 · 続きを見る »

魚雷

魚雷(ぎょらい)は、魚形水雷の略称であり、弾頭にエンジンと高速スクリューを組み合わせ、水中を航行し、目標とした艦船などを爆発によって破壊することを目的とした兵器である。魚雷は艦船の喫水下の部分を破壊するため多大の浸水を与え、行動力を奪う。魚雷を用いて攻撃することを雷撃、魚雷攻撃を浴びることを被雷と呼ぶ。 主に中小型の水上艦(水雷艇、駆逐艦、巡洋艦)と潜水艦、雷撃機に搭載されて運用された。現代において、「水上艦や航空機が用いる対水上艦兵器」としては対艦ミサイルに取って代わられたが、より先進的な誘導能力を付与された上で「潜水艦が用いる対水上艦兼対潜水艦兵器」(長魚雷)や「水上艦や航空機が用いる対潜水艦兵器」(短魚雷)として広く配備・運用されている。.

新しい!!: 核実験と魚雷 · 続きを見る »

豊渓里

豊渓里(プンゲリ)は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)北東部の咸鏡北道吉州郡にある町。2006年10月9日に北朝鮮では最初となる核実験が行われ、2017年までに6回行われたとされる場所でもある。 白頭山青年線豊渓駅がある。.

新しい!!: 核実験と豊渓里 · 続きを見る »

黒い雨

黒い雨(くろいあめ)とは、原子爆弾投下後に降る、原子爆弾炸裂時の泥やほこり、すすなどを含んだ重油のような粘り気のある大粒の雨で、放射性降下物(フォールアウト)の一種である。.

新しい!!: 核実験と黒い雨 · 続きを見る »

部分的核実験禁止条約

部分的核実験禁止条約(ぶぶんてきかくじっけんきんしじょうやく、Partial Test Ban Treaty、略称:PTBT)は、1963年8月5日にアメリカ、イギリス、ソ連との間で調印された、核兵器の一部の実験を禁止する条約である。正式名を大気圏内、宇宙空間及び水中における核兵器実験を禁止する条約(Treaty Banning Nuclear Weapon Test in the Atmosphere, in outer Space and under Water)という。地下を除く大気圏内、宇宙空間および水中における核爆発を伴う実験の禁止を内容とする。.

新しい!!: 核実験と部分的核実験禁止条約 · 続きを見る »

臨界前核実験

臨界前核実験あるいは未臨界核実験(りんかいまえかくじっけん、みりんかいかくじっけん、subcritical experiment)は、核物質を臨界状態に至らない条件に設定して行う核実験。核兵器の新たな開発や性能維持のために行われる。アメリカ合衆国やロシアやパキスタンなど、過去の核実験のデータを蓄積した核保有国において行われている。 核物質の高性能爆薬による爆破・圧縮や大出力レーザーの照射によって行われ、主に物性変化を観察することが目的である(実験結果はコンピュータ・シミュレーションの基礎データなどに利用される)。核物質が臨界に達する前の段階で実験は終了するため、通常の核実験で起こるような(閃光・熱・爆風を伴う)核爆発は発生せず、環境に対する汚染もない。 包括的核実験禁止条約 (CTBT) は、第一条において核爆発の実施を禁止対象としているが、臨界前核実験は核爆発を伴うものでないため、CTBTの禁止対象とはなっていない。.

新しい!!: 核実験と臨界前核実験 · 続きを見る »

長崎市への原子爆弾投下

*.

新しい!!: 核実験と長崎市への原子爆弾投下 · 続きを見る »

長門 (戦艦)

長門(ながと)は、旧長門国を名前の由来に持つ日本海軍の戦艦#達大正5年5月p.12『達第七十八號 軍備補充費ヲ以テ本年度建造ニ着手スヘキ戰艦及二等巡洋艦ニ左ノ通命名セラル|大正五年五月十三日 海軍大臣加藤友三郎|呉海軍工廠ニ於テ建造 戰艦 長門ナガト|横須賀海軍工廠ニ於テ建造 二等巡洋艦 天龍テンリウ|佐世保海軍工廠ニ於テ建造 二等巡洋艦 龍田タツタ』。長門型戦艦の1番艦である。第二次世界大戦前は日本海軍の象徴として親しまれた。敗戦後はアメリカ軍に接収され、原爆実験の標的艦となり沈没した。.

新しい!!: 核実験と長門 (戦艦) · 続きを見る »

トウボートに押されてミシシッピ川を上る艀。セントルイスのゲートウェイ・アーチ上から撮影 ハンブルクに停泊する艀 19世紀末のドイツの運河の風景。内陸運河では、艀は曳舟道を歩く馬や人に牽引されて進んでいた 艀(はしけ)は、河川や運河などの内陸水路や港湾内で重い貨物を積んで航行するために作られている平底の船舶である。 艀の多くはエンジンを積んでいないため自力で航行することはできず、タグボート(トウボート)により牽引あるいは推進されながら航行する。 英語ではバージ(barge)もしくはライター(lighter)と呼ばれ、後者は特に艀のうち平底のものを指す。.

新しい!!: 核実験と艀 · 続きを見る »

電磁パルス

電磁パルス(でんじパルス、electromagnetic pulse)は、パルス状の電磁波であり、EMPと略されることがある。.

新しい!!: 核実験と電磁パルス · 続きを見る »

LIM-49 (ミサイル)

LIM-49 スパルタン()は、アメリカ陸軍の弾道弾迎撃ミサイルである。1970年代に短期間、配備につけられていた。当初、ナイキミサイル計画の一部として開発され、途中までナイキ・ゼウス(Nike-Zeus)の通称で呼ばれていた。.

新しい!!: 核実験とLIM-49 (ミサイル) · 続きを見る »

M65 280mmカノン砲

M65 280mmカノン砲 M65 280mmカノン砲はアメリカ陸軍が戦後1953年から1963年まで運用していた野戦重砲。核砲弾射撃を任務としアトミックキャノン(原子砲 Atomic Cannon)と呼ばれた。.

新しい!!: 核実験とM65 280mmカノン砲 · 続きを見る »

RDS-1

RDS-1(ロシア:РДС-1(エル・デー・エス)-1)とは、1949年8月29日午前7時(現地時間)にソ連で行なわれたソ連では初の核実験である。.

新しい!!: 核実験とRDS-1 · 続きを見る »

RDS-37

RDS-37は、1955年11月22日にソビエト連邦で行われた最初の真の多段階水爆実験である。RDS-37本来の核出力は3メガトンであったが、実際のテストではこれを1.6メガトンにまで落として実施された。 RDS-37は多段階水爆であり、その起動には核分裂(原子爆弾)を使用するため、ソビエトではサハロフの第三のアイデア(アメリカではテラー・ウラム型)と呼ばれた。その内部には、固体化された水素化リチウムが核融合燃料として入っていたが、核出力を落とすために一部が不活性材料(鉛など)に変更された。しかしこの変更は逆に核爆発時の衝撃波を増幅させ、衝撃波によって地上の施設が崩壊し3人が死亡する事故を引き起こした。 RDS-37はセミパラチンスク核実験場の上空から投下され、最初の空中投下型2段階水爆となった。これより前の1953年8月12日、ソビエト最初の水爆と銘打たれたRDS-6核実験が行われていたが、これは実際には単に核分裂力を強化した原爆に過ぎなかったと言われている。.

新しい!!: 核実験とRDS-37 · 続きを見る »

RDS-6

RDS-6(Реактивный Двигатель Специальный, Reaktivnyi Dvigatel Specialniy; 「特別なジェットエンジン」、またはRossiya Delayet Sama;「ロシアは自力で成し遂げた」、またはReaktivnyi Dvigatel Stalina; 「スターリンのジェットエンジン」)は、1953年8月12日に実施されたソビエト連邦初の核融合兵器実験http://nuclearweaponarchive.org/Russia/Sovwpnprog.html The Soviet Nuclear Weapons Program, nuclearweaponarchive.org。アメリカ合衆国が付けたコードネームはJoe-4(Joe-1からの通し番号)。.

新しい!!: 核実験とRDS-6 · 続きを見る »

TNT換算

1953年に行われたW9核砲弾の実験。M65 280mmカノン砲で発射。核出力は広島に投下されたのと同じ15kt。 TNT換算(ティーエヌティーかんさん)とは、爆薬の爆発などで放出されるエネルギーを等エネルギー量のトリニトロトルエン(TNT)の質量に換算する方法である。 TNT換算で得られる質量をTNT当量という。TNT当量が1トン(1メトリックトン.

新しい!!: 核実験とTNT換算 · 続きを見る »

X線

透視画像。骨と指輪の部分が黒く写っている。 X線(エックスせん、X-ray)とは、波長が1pm - 10nm程度の電磁波のことを言う。発見者であるヴィルヘルム・レントゲンの名をとってレントゲン線と呼ばれる事もある。放射線の一種である。X線撮影、回折現象を利用した結晶構造の解析などに用いられる。.

新しい!!: 核実験とX線 · 続きを見る »

Zマシン

Zマシン (ずぃーマシン、Z machine)は、アメリカ合衆国のサンディア国立研究所が保有する核融合実験装置であり、2016年現在世界最強のX線発生装置でもある。世界各国で行われている核融合研究の主流とは大きく異なる、Zピンチと呼ばれる物理現象を利用した実験装置であり、これによって発生させた強力なX線で物質を爆縮し、熱核兵器の内部と同程度の極度に高温、高圧の条件を作り出すことができる。この方法により、2003年3月には重水素燃料のみで核融合を達成している。 この装置はサンディア研究所のパルスパワープログラム (Pulsed Power Program)の一環を成し、その最終目的は慣性閉じ込め方式核融合(Inertial Confinement Fusion: ICF)プラントの可能性の実証とされているが、米国の核兵器備蓄性能維持計画(Stockpile Stewardship Program)の一環として、2006年から2007年にかけての大がかりな改造においてはエネルギー省(DOE)傘下の国家核安全保障局 (NNSA : Stockpile Stewardship Program を実行するために2000年に新設された機関)から多額の資金供給を受けている。 改造後はNNSAの下で臨界前核実験(Subcritical Experiment)を補完するための実験装置としても利用されており、2010年11月には最初の少量プルトニウム実験を実施して物議を醸している(この実験は、マスメディアなどでは臨界前核実験とは区別して「新型核実験」と呼んでいる) 。この新型核実験は、判明しているだけで今までに12回実施されており(2014年11月の時点、最新のものは2014年10月3日実施)、 NNSAの担当者は中国新聞の取材に対して「1回の実験で使用されるプルトニウムは8g以下」と答えている。 2013年4月29日には、札幌市議会の金子快之議員がサンディア研究所を訪れ、Zマシンを見学している。案内した同研究所のパルスパワープログラムの責任者である Keith Matzen の「確かにプルトニウムの燃焼実験も毎日やっていますが、核兵器の開発とは全く関係ありません」「研究対象はプルトニウムだけではなく、あらゆる物質です」との説明に賛意を表し、「これは明らかに札幌市議会が抗議文を送るような施設ではありません。」との意見を表明しているSandia Labs News Releases May 23, 2013 金子ホームページ(札幌市はZマシンによる新型核実験に対して2012年10月3日にオバマ大統領への抗議決議を採択している)。 2014年4月5日に朝日新聞は、Zマシンの日本の報道機関への初公開を伝える記事において、「研究所によると、実験では、X線は照射されず、核分裂反応も一切起きない。爆発に近い状態を再現しているわけではないという。」という証言を載せているが、これが事実であれば新型核実験の真相を示唆する情報であり、X線による爆縮ではなく、Zマシンによって行われている別の実験プロジェクトである、強力な磁場による金属ペレットの加速技術(20km/sまでの加速に成功してる)を用いて、経年劣化したプルトニウムの高温、高圧下での精密な状態方程式を構築することが新型核実験の実態である可能性が出てきた。このような方法が可能であることは、既に2001年のサンディア研究所のニュースリリースにおいて触れられている。 Zマシンはニューメキシコ州アルバカーキのカートランド空軍基地内にあるサンディア研究所の Area IV (または Tech Area IV)と呼ばれる拠点地域の建物番号983内に設置されている。.

新しい!!: 核実験とZマシン · 続きを見る »

核の指紋

核の指紋(かくのしもん)とは核鑑識とも呼ばれ、核物質の成分、残留放射性物質の組成などの分析から核物質の供給源を特定できるとするものである。ならず者国家やテロリストによるテロリズムが起きた場合に、核関連物質などの核拡散ルートを突き止めるために必要とされる。 アメリカ合衆国では「属性識別プログラム」と呼ばれ、2005年には初期能力を持ち、2006年の北朝鮮の核実験で関心が高まり、予算が増額された。 日本政府は2011年度から独自技術開発に乗りだし、国内で製造された核燃料用ウランや再処理されたプルトニウムの同位体、不純物の組成を調べるなどして、核物質のデータベース作成の着手を表明した。不正取引された場合の核物質特定に向ける。.

新しい!!: 核実験と核の指紋 · 続きを見る »

核出力

核出力(かくしゅつりょく、Nuclear (weapon) yield)は、核兵器の爆発の威力を示す尺度である。核兵器が爆発する際に放出するエネルギー量を示すものであり、通常これに等しいエネルギーを得るために必要なトリニトロトルエン (TNT) の質量で表される。.

新しい!!: 核実験と核出力 · 続きを見る »

核爆弾

核爆弾(かくばくだん、nuclear bomb)は、核兵器の一種で、核分裂連鎖反応や核融合反応を利用した爆弾。現在では、特に航空機から投下される自由落下型核兵器を指して核爆弾の用語が使用される。.

新しい!!: 核実験と核爆弾 · 続きを見る »

核爆雷

核爆雷(かくばくらい Nuclear depth charge)は核弾頭を使用した爆雷である。 核兵器の一種であり、対潜兵器として潜航中の潜水艦攻撃に用いる。通常爆薬を使用した爆雷よりもはるかに威力が大きく、至近距離の炸裂でなくとも潜水艦にダメージを与えることができる。詳細な敵潜水艦位置の測定や精密な誘導を必要としないという特徴を持つ。 核爆弾の実用化とともに核爆雷も実用化の研究が進められ、1950年代には実用化が行われた。核出力は可変であり、炸裂深度も目的・目標に応じ変更させることができた。核爆雷の運搬手段としては、対潜哨戒機からの投下のほか、対潜ミサイルの弾頭部として用いられた。爆発威力が大きすぎるために、巻き添え防止のため、艦船から直下への投下は行われない。また、初弾で敵艦を撃破できなかった場合、爆発による海水擾乱が大きすぎ、再探知が非常に困難という短所を有している。 アメリカ合衆国・イギリス・ソ連で核爆雷の配備が行われたが、誘導魚雷の発達や核兵器の使用可能性の問題により、退役した。.

新しい!!: 核実験と核爆雷 · 続きを見る »

核融合反応

核融合反応(かくゆうごうはんのう、nuclear fusion reaction)とは、軽い核種同士が融合してより重い核種になる核反応を言う。単に核融合と呼ばれることも多い。.

新しい!!: 核実験と核融合反応 · 続きを見る »

核抑止

核抑止(かくよくし)とは、核兵器の保有が、対立する二国間関係において互いに核兵器の使用が躊躇される状況を作り出し、結果として重大な核戦争と核戦争につながる全面戦争が回避される、という考え方で、核戦略のひとつである。核抑止理論、また俗に「核の傘」とも呼ばれる。.

新しい!!: 核実験と核抑止 · 続きを見る »

水素爆弾

1952年11月1日、人類初の水爆実験であるアイビー作戦 水素爆弾(すいそばくだん、hydrogen bomb)または熱核兵器(ねつかくへいき、thermonuclear weapon)は、重水素の熱核反応を利用した核兵器を言う。水爆(すいばく)。.

新しい!!: 核実験と水素爆弾 · 続きを見る »

気球

気球(ききゅう)とは、空気より軽い気体を風船に詰め込む事で浮力を得る物のこと。飛行船と異なり推進装置を持たないが、高度の調整(上昇・下降)により人間や観測装置などを空中に送った後で地表に帰還させたり、物体を遠方に落下させたりできる。 航空機としての分類としては、軽航空機(LTA; Lighter-Than-Air)に分類される。.

新しい!!: 核実験と気球 · 続きを見る »

気象庁松代地震観測所

気象庁松代地震観測所(きしょうちょう まつしろじしんかんそくじょ、正式名称:気象庁地震火山部地震津波監視課松代地震観測所松代地震観測所「」より(2015年10月3日閲覧)。)は、長野県長野市松代町にある気象庁の地震観測所。舞鶴山(標高 510m)の南山麓の松代大本営跡を利用した、日本最大級の地震観測施設である。.

新しい!!: 核実験と気象庁松代地震観測所 · 続きを見る »

断層

アパラチア山脈の断層 断層(だんそう、fault)とは、地下の地層もしくは岩盤に力が加わって割れ、割れた面に沿ってずれ動いて食い違いが生じた状態をいう。 断層が動く現象を断層運動(faulting)と言い、地震の主原因であると考えられている。食い違いが生じた面そのものを断層面(fault surface)と称する。鉛直線に対して水平な角を断層角(fault dip)0度とし、鉛直な断層面が90度となる。また、水平面に置き換えた断層運動の方向を走向(fault strike)と呼ぶ。 侵食や堆積環境の変化、火山岩の噴出・堆積などによってできた地層の境界は、一見食い違っているように見える場合があるが、ずれ動いたわけではないため断層ではなく、不整合、非整合などと呼ばれる。.

新しい!!: 核実験と断層 · 続きを見る »

日本

日本国(にっぽんこく、にほんこく、ひのもとのくに)、または日本(にっぽん、にほん、ひのもと)は、東アジアに位置する日本列島(北海道・本州・四国・九州の主要四島およびそれに付随する島々)及び、南西諸島・伊豆諸島・小笠原諸島などから成る島国広辞苑第5版。.

新しい!!: 核実験と日本 · 続きを見る »

日本の核武装論

日本の核武装論(にほんのかくぶそうろん)は、日本が核武装するかどうかについての議論である。核武装論は、広義には核兵器を保有していない国家における安全保障政策上の核武装の是非や利得についての議論を指し、狭義には核武装賛成論を指す。核兵器保有国においては、既に保有する核兵器をどのように運用整備するかという核戦略が議論される。.

新しい!!: 核実験と日本の核武装論 · 続きを見る »

放射能汚染

放射能汚染(ほうしゃのうおせん、radioactive contamination, radiological contamination)とは、放射性物質の存在によって望まれない場所や物質(表面、固体、液体、気体、および、人体を含む)が汚染されること、または、その放射性物質の存在を指す。量、つまり、表面上(単位表面積)の放射能を指す言葉として用いることは、あまり、正式には行われていない。 放射能汚染では、意図せず、望まれない放射能の存在については言及するが、関係する危険性の大きさについて具体的な指標は与えない。.

新しい!!: 核実験と放射能汚染 · 続きを見る »

放射性同位体

放射性同位体(ほうしゃせいどういたい、radioisotope、RI)とは、ある元素の同位体で、その核種の不安定性から放射線を放出して放射性崩壊を起こす能力(放射能)を持つ元素を言う。.

新しい!!: 核実験と放射性同位体 · 続きを見る »

放射性炭素年代測定

放射性炭素年代測定(ほうしゃせいたんそねんだいそくてい、)は、自然の生物圏内において放射性同位体である炭素14 (14C) の存在比率が1兆個につき1個のレベルと一定であることを基にした年代測定方法であるアリソン 2011 p.71。対象は動植物の遺骸に限られ、無機物及び金属では測定が出来ない。 C14年代測定(シーじゅうよんねんだいそくてい、シーフォーティーンねんだいそくてい)に同じ。単に炭素年代測定、炭素14法、C14法などともいう。.

新しい!!: 核実験と放射性炭素年代測定 · 続きを見る »

放射性物質

放射性物質(ほうしゃせいぶっしつ、長倉三郎ほか編、『 』、岩波書店、1998年、項目「放射性物質」より。ISBN 4-00-080090-6)とは、放射能を持つ物質の総称である。主に、ウラン、プルトニウム、トリウムのような核燃料物質、放射性元素もしくは放射性同位体、中性子を吸収又は核反応を起こして生成された放射化物質を指す。.

新しい!!: 核実験と放射性物質 · 続きを見る »

放射性降下物

放射性降下物(ほうしゃせいこうかぶつ、nuclear fallout)またはフォールアウト(fallout)とは核兵器や原子力事故などで生じた放射性物質を含んだ塵を言う。広域な放射能汚染を引き起こす原因はこの放射性降下物である。 一般には死の灰という俗称で知られる。日本では第五福竜丸事件が有名である。.

新しい!!: 核実験と放射性降下物 · 続きを見る »

10月16日

10月16日(じゅうがつじゅうろくにち)は、グレゴリオ暦で年始から289日目(閏年では290日目)にあたり、年末まであと76日ある。.

新しい!!: 核実験と10月16日 · 続きを見る »

10月30日

10月30日(じゅうがつさんじゅうにち)は、グレゴリオ暦で年始から303日目(閏年では304日目)にあたり、年末まであと62日ある。.

新しい!!: 核実験と10月30日 · 続きを見る »

10月31日

10月31日(じゅうがつさんじゅういちにち)は、グレゴリオ暦で年始から304日目(閏年では305日目)にあたり、年末まであと61日ある。10月の最終日である。.

新しい!!: 核実験と10月31日 · 続きを見る »

10月3日

10月3日(じゅうがつみっか)はグレゴリオ暦で年始から276日目(閏年では277日目)にあたり、年末まであと89日ある。.

新しい!!: 核実験と10月3日 · 続きを見る »

10月9日

10月9日(じゅうがつここのか)は、グレゴリオ暦で年始から282日目(閏年では283日目)にあたり、年末まであと83日ある。誕生花は ホトトギス。.

新しい!!: 核実験と10月9日 · 続きを見る »

11月18日

11月18日(じゅういちがつじゅうはちにち)はグレゴリオ暦で年始から322日目(閏年では323日目)にあたり、年末まであと43日ある。.

新しい!!: 核実験と11月18日 · 続きを見る »

11月1日

11月1日(じゅういちがつついたち)はグレゴリオ暦で始から305日目(閏年では306日目)にあたり、年末まであと60日ある。.

新しい!!: 核実験と11月1日 · 続きを見る »

11月22日

11月22日(じゅういちがつにじゅうににち)は、グレゴリオ暦で年始から326日目(閏年では327日目)にあたり、年末まであと39日ある。.

新しい!!: 核実験と11月22日 · 続きを見る »

11月6日

11月6日(じゅういちがつむいか)はグレゴリオ暦で年始から310日目(閏年では311日目)にあたり、年末まであと55日ある。.

新しい!!: 核実験と11月6日 · 続きを見る »

11月8日

11月8日(じゅういちがつようか)はグレゴリオ暦で年始から312日目(閏年では313日目)にあたり、年末まであと53日ある。.

新しい!!: 核実験と11月8日 · 続きを見る »

1945年

この年に第二次世界大戦が終結したため、世界史の大きな転換点となった年である。.

新しい!!: 核実験と1945年 · 続きを見る »

1946年

記載なし。

新しい!!: 核実験と1946年 · 続きを見る »

1949年

記載なし。

新しい!!: 核実験と1949年 · 続きを見る »

1951年

記載なし。

新しい!!: 核実験と1951年 · 続きを見る »

1952年

この項目では、国際的な視点に基づいた1952年について記載する。.

新しい!!: 核実験と1952年 · 続きを見る »

1953年

記載なし。

新しい!!: 核実験と1953年 · 続きを見る »

1954年

記載なし。

新しい!!: 核実験と1954年 · 続きを見る »

1955年

記載なし。

新しい!!: 核実験と1955年 · 続きを見る »

1957年

記載なし。

新しい!!: 核実験と1957年 · 続きを見る »

1960年

アフリカにおいて当時西欧諸国の植民地であった地域の多数が独立を達成した年であることに因み、アフリカの年と呼ばれる。.

新しい!!: 核実験と1960年 · 続きを見る »

1961年

記載なし。

新しい!!: 核実験と1961年 · 続きを見る »

1963年

記載なし。

新しい!!: 核実験と1963年 · 続きを見る »

1964年

記載なし。

新しい!!: 核実験と1964年 · 続きを見る »

1966年

記載なし。

新しい!!: 核実験と1966年 · 続きを見る »

1967年

記載なし。

新しい!!: 核実験と1967年 · 続きを見る »

1968年

記載なし。

新しい!!: 核実験と1968年 · 続きを見る »

1971年

記載なし。

新しい!!: 核実験と1971年 · 続きを見る »

1973年

記載なし。

新しい!!: 核実験と1973年 · 続きを見る »

1974年

記載なし。

新しい!!: 核実験と1974年 · 続きを見る »

1986年

この項目では、国際的な視点に基づいた1986年について記載する。.

新しい!!: 核実験と1986年 · 続きを見る »

1988年

この項目では、国際的な視点に基づいた1988年について記載する。.

新しい!!: 核実験と1988年 · 続きを見る »

1996年

この項目では、国際的な視点に基づいた1996年について記載する。.

新しい!!: 核実験と1996年 · 続きを見る »

1997年

この項目では、国際的な視点に基づいた1997年について記載する。.

新しい!!: 核実験と1997年 · 続きを見る »

1998年

この項目では、国際的な視点に基づいた1998年について記載する。.

新しい!!: 核実験と1998年 · 続きを見る »

1月19日

1月19日(いちがつじゅうくにち)はグレゴリオ暦で年始から19日目に当たり、年末まであと346日(閏年では347日)ある。.

新しい!!: 核実験と1月19日 · 続きを見る »

1月6日

1月6日(いちがつむいか)は、グレゴリオ暦で年始から6日目にあたり、年末まであと359日(閏年では360日)ある。誕生花はユズリハ。.

新しい!!: 核実験と1月6日 · 続きを見る »

2006年

この項目では、国際的な視点に基づいた2006年について記載する。.

新しい!!: 核実験と2006年 · 続きを見る »

2009年

この項目では、国際的な視点に基づいた2009年について記載する。.

新しい!!: 核実験と2009年 · 続きを見る »

2010年

この項目では、国際的な視点に基づいた2010年について記載する。.

新しい!!: 核実験と2010年 · 続きを見る »

2011年

この項目では、国際的な視点に基づいた2011年について記載する。.

新しい!!: 核実験と2011年 · 続きを見る »

2012年

この項目では、国際的な視点に基づいた2012年について記載する。.

新しい!!: 核実験と2012年 · 続きを見る »

2013年

この項目では、国際的な視点に基づいた2013年について記載する。.

新しい!!: 核実験と2013年 · 続きを見る »

2016年

この項目では、国際的な視点に基づいた2016年について記載する。.

新しい!!: 核実験と2016年 · 続きを見る »

2017年

この項目では国際的な視点に基づいた2017年について記載する。.

新しい!!: 核実験と2017年 · 続きを見る »

2月12日

2月12日(にがつじゅうににち)はグレゴリオ暦で年始から43日目にあたり、年末まであと322日(閏年では323日)ある。.

新しい!!: 核実験と2月12日 · 続きを見る »

2月13日

2月13日(にがつじゅうさんにち)は、グレゴリオ暦で年始から44日目にあたり、年末まであと321日(閏年では322日)ある。.

新しい!!: 核実験と2月13日 · 続きを見る »

3月1日

3月1日(さんがつついたち)はグレゴリオ暦で年始から60日目(閏年では61日目)にあたり、年末まであと305日ある。.

新しい!!: 核実験と3月1日 · 続きを見る »

596 (核実験)

中華人民共和国初の核実験で用いられた核爆弾の模型 596は、1964年に実施された中華人民共和国初の核実験のコードネーム。.

新しい!!: 核実験と596 (核実験) · 続きを見る »

5月11日

5月11日(ごがつじゅういちにち)は、グレゴリオ暦で年始から131日目(閏年では132日目)にあたり、年末まではあと234日ある。誕生花はニセアカシア。.

新しい!!: 核実験と5月11日 · 続きを見る »

5月13日

5月13日(ごがつじゅうさんにち)はグレゴリオ暦で年始から133日目(閏年では134日目)にあたり、年末まではあと232日ある。誕生花はサンザシ。.

新しい!!: 核実験と5月13日 · 続きを見る »

5月14日

5月14日(ごがつじゅうよっか、ごがつじゅうよんにち)はグレゴリオ暦で年始から134日目(閏年では135日目)にあたり、年末まではあと231日ある。誕生花はシラン。.

新しい!!: 核実験と5月14日 · 続きを見る »

5月15日

5月15日(ごがつじゅうごにち)は、グレゴリオ暦で年始から135日目(閏年では136日目)にあたり、年末まではあと230日ある。誕生花はドクダミ。.

新しい!!: 核実験と5月15日 · 続きを見る »

5月18日

5月18日(ごがつじゅうはちにち)はグレゴリオ暦で年始から138日目(閏年では139日目)にあたり、年末まではあと227日ある。誕生花はアヤメ。.

新しい!!: 核実験と5月18日 · 続きを見る »

5月24日

5月24日(ごがつにじゅうよっか、ごがつにじゅうよんにち)は、グレゴリオ暦で年始から144日目(閏年では145日目)にあたり、年末まではあと221日ある。誕生花はムギワラギク。.

新しい!!: 核実験と5月24日 · 続きを見る »

5月25日

5月25日(ごがつにじゅうごにち)はグレゴリオ暦で年始から145日目(閏年では146日目)にあたる。年末まで220日ある。誕生花はアスパラガス。.

新しい!!: 核実験と5月25日 · 続きを見る »

5月28日

5月28日(ごがつにじゅうはちにち)は、グレゴリオ暦で年始から148日目(閏年では149日目)にあたり、年末まではあと217日ある。誕生花はアマリリス。.

新しい!!: 核実験と5月28日 · 続きを見る »

5月30日

5月30日(ごがつさんじゅうにち)はグレゴリオ暦で年始から150日目(閏年では151日目)にあたり、年末まではあと215日ある。誕生花はオリーブ。.

新しい!!: 核実験と5月30日 · 続きを見る »

6月17日

6月17日(ろくがつじゅうななにち、ろくがつじゅうしちにち)はグレゴリオ暦で年始から168日目(閏年では169日目)にあたり、年末まであと197日ある。誕生花はバラ、ベニバナ。.

新しい!!: 核実験と6月17日 · 続きを見る »

7月16日

7月16日(しちがつじゅうろくにち)は、グレゴリオ暦で年始から197日目(閏年では198日目)にあたり、年末まであと168日ある。誕生花はジンジャー、ツユクサ。.

新しい!!: 核実験と7月16日 · 続きを見る »

7月1日

7月1日(しちがつついたち)は、グレゴリオ暦で年始から182日目(閏年では183日目)にあたり、年末まであと183日ある。誕生花はアジサイ、ベゴニア。.

新しい!!: 核実験と7月1日 · 続きを見る »

7月25日

7月25日(しちがつにじゅうごにち)はグレゴリオ暦で年始から206日目(閏年では207日目)にあたり、年末まであと159日ある。誕生花はインパチェンス、スイセンノウ。.

新しい!!: 核実験と7月25日 · 続きを見る »

7月2日

7月2日(しちがつふつか)はグレゴリオ暦で年始から183日目(閏年では184日目)にあたり、年末まではあと182日ある。平年では1年のちょうど真ん中にあたる日である。誕生花はキンギョソウ、カラー。.

新しい!!: 核実験と7月2日 · 続きを見る »

8月12日

8月12日(はちがつじゅうににち)はグレゴリオ暦で年始から224日目(閏年では225日目)にあたり、年末まであと141日ある。.

新しい!!: 核実験と8月12日 · 続きを見る »

8月24日

8月24日(はちがつにじゅうよっか、はちがつにじゅうよんにち)はグレゴリオ暦で年始から236日目(閏年では237日目)にあたり、年末まであと129日ある。.

新しい!!: 核実験と8月24日 · 続きを見る »

8月29日

8月29日(はちがつにじゅうくにち)はグレゴリオ暦で年始から241日目(閏年では242日目)にあたり、年末まであと124日ある。.

新しい!!: 核実験と8月29日 · 続きを見る »

8月6日

8月6日(はちがつむいか)は、グレゴリオ暦で年始から218日目(閏年では219日目)にあたり、年末まであと147日ある。.

新しい!!: 核実験と8月6日 · 続きを見る »

8月9日

8月9日(はちがつここのか)は、グレゴリオ暦で年始から221日目(閏年では222日目)にあたり、年末まであと144日ある。.

新しい!!: 核実験と8月9日 · 続きを見る »

9月20日

9月20日(くがつはつか、くがつにじゅうにち)はグレゴリオ暦で年始から263日目(閏年では264日目)にあたり、年末まであと102日ある。.

新しい!!: 核実験と9月20日 · 続きを見る »

9月3日

9月3日(くがつみっか)はグレゴリオ暦で年始から246日目(閏年では247日目)にあたり、年末まであと119日ある。.

新しい!!: 核実験と9月3日 · 続きを見る »

9月9日

9月9日(くがつここのか)はグレゴリオ暦で年始から252日目(閏年では253日目)にあたり、年末まであと113日ある。.

新しい!!: 核実験と9月9日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

地下核実験原爆実験核実験場水爆実験

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »