ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

東海道本線(とうかいどうほんせん)は、東京都千代田区の東京駅から兵庫県神戸市中央区の神戸駅までを結ぶJRの鉄道路線である。このほかに品川駅から西大井駅・武蔵小杉駅・新川崎駅・新鶴見信号場を経由して鶴見駅に至る支線(通称品鶴線、旅客案内上は横須賀線、湘南新宿ラインを構成する一部分として案内される)、大垣駅から美濃赤坂駅に至る支線(通称美濃赤坂線)、および多数の貨物支線を持つ。明治時代に初めて日本に鉄道が敷設されて以来、日本の鉄道交通・物流の大動脈を担い続けている。 東京駅から熱海駅までは東日本旅客鉄道(JR東日本)、熱海駅から米原駅までは東海旅客鉄道(JR東海)、米原駅から神戸駅間までは西日本旅客鉄道(JR西日本)の管轄となっている。支線については一部の貨物支線が日本貨物鉄道(JR貨物)の管轄であるほかは、接続する本線と同じ会社による管轄となっている(「路線データ」節を参照)。 なお、広義では東海道・山陽新幹線の東京駅から新神戸駅までの区間も東海道本線に含める場合がある(後述)が、本項目では在来線としての東海道本線全般の概要や沿革などについて記す。新幹線については「東海道新幹線」「山陽新幹線」を、また在来線の地域ごとの詳細については以下の記事も参照。.

1379 関係: 加島駅原駅 (静岡県)原野谷川垂井駅おおさか東線お召し列車たから (列車)きたぐに (列車)くろしお (列車)つばめ (列車)はまかぜ (列車)はるか (列車)ひたち (列車)ひだ (列車)ひかり (列車)びわこエクスプレスびわ湖浜大津駅ぶらり横浜・鎌倉号停車場ふじさんふじかわ (列車)しなの (列車)しらさぎ (列車)こだま (列車)こうのとり (列車)さくら (列車)さくら夙川駅半田駅千代田区千種駅千里丘駅千本松原 (静岡県)単線南大高駅南京町 (神戸)南彦根駅南紀南荒尾信号場南草津駅南武線南方貨物線古渡信号場名古屋市名古屋市営地下鉄名古屋第二環状自動車道名古屋駅名古屋高速3号大高線名古屋高速5号万場線名古屋貨物ターミナル駅名古屋臨海高速鉄道...名古屋臨海高速鉄道西名古屋港線名古屋臨海鉄道東港線名古屋鉄道名古屋汎太平洋平和博覧会名古屋港線名古屋港駅 (JR貨物)名神高速道路名鉄名古屋駅名鉄名古屋本線名鉄尾西線名鉄岐阜駅名鉄常滑線名鉄三河線名鉄一宮駅名鉄西尾線名鉄蒲郡線吹田信号場吹田総合車両所吹田駅 (JR西日本)吹田機関区向日町駅吉原駅堀川口駅塚本駅境川 (東京都・神奈川県)境界駅多賀火山多摩川多摩丘陵大垣市大垣駅大垣車両区大宮駅 (埼玉県)大崎駅大崩海岸大府駅大井川大井川鐵道大井川本線大井町駅大磯丘陵大磯駅大高駅大谷駅 (滋賀県)大都市近郊区間 (JR)大船駅大阪市大阪市高速電気軌道大阪市高速電気軌道御堂筋線大阪市高速電気軌道四つ橋線大阪市高速電気軌道谷町線大阪平野大阪府大阪府道2号大阪中央環状線大阪ステーションシティ大阪総合指令所大阪環状線大阪駅大阪高速鉄道大阪モノレール線大阪貨物ターミナル駅大阪湾大森駅 (東京都)大正大津市大津線大津駅天井川天王山天王山トンネル天竜川天竜川駅天竜浜名湖鉄道天竜浜名湖線太平洋太平洋ベルト太平洋戦争太田川 (静岡県)太陰太陽暦太陽暦太湖汽船夜行列車奈良線姫路駅客車宮原総合運転所宿場守山駅 (滋賀県)宇高連絡船宇都宮線宇津ノ谷峠安城市安城駅安威川安土城安土駅安倍川安倍川駅安治川口駅安治川駅寝台車 (鉄道)富士 (列車)富士山富士岡駅富士川富士川駅富士市富士駅小夜の中山小笠山小田原城小田原市小田原駅小田急小田原線小田急江ノ島線尼崎市尼崎市場駅尼崎駅 (JR西日本)尾張一宮駅尾頭橋駅専用貨物列車専用鉄道山崎宿山崎駅 (京都府)山崎蒸溜所山下公園山北駅山王信号場山科駅山陰地方山陰本線山陽鉄道山陽本線山陽本線優等列車沿革山陽新幹線山手線岐大バイパス岐阜城岐阜市岐阜シティ・タワー43岐阜羽島駅岐阜県岐阜駅岐阜貨物ターミナル駅岡崎市岡崎平野岡崎駅岡本駅 (兵庫県)岡本梅林公園岩波駅岳南電車岳南線岸辺駅島田市島田駅 (静岡県)島本駅川崎市川崎駅川崎貨物駅川内駅 (鹿児島県)巴川口駅上阪駅上野駅上野東京ライン中央区 (神戸市)中央本線中山道中山道幹線中京圏中華街中距離電車中郡中村建治常磐快速線常磐線丹那トンネル丹波口駅主なダイヤ改正時の東海道本線優等列車三大都市圏三宮三宮駅三島駅三保の松原三保駅三ノ宮駅三ヶ根山三ケ根駅三重県三河塩津駅三河大塚駅三河安城駅三河三谷駅三河湾三浦丘陵下土狩駅下関駅下曽我駅平塚市平塚駅平井信号場平沼駅 (国鉄)平成平成26年台風第18号幸田駅幹線乗車カード久里浜駅交友社交直流電車交流電化京街道 (大坂街道)京都大学京都市京都市場駅京都市営地下鉄烏丸線京都市営地下鉄東西線京都府京都盆地京都駅京都貨物駅京都鉄道博物館京阪京津線京阪石山坂本線京阪神京阪神快速京阪神緩行線京阪電気鉄道京阪本線京浜東北線京急本線二宮駅二川駅五条川信号場庄内川井上勝事業用車亀崎駅今須宿仮乗降場伊吹山伊勢国伊勢湾岸自動車道伊豆半島伊豆クレイル伊豆箱根鉄道大雄山線伊豆箱根鉄道駿豆線伊豆急行伊豆急行2100系電車伊豆急行線伊東線弁天島駅弾丸列車住友大阪セメント住吉川 (兵庫県)住吉駅 (JR西日本・神戸新交通)彦根城彦根口駅彦根駅御殿場線御殿場駅徳田耕一保土ヶ谷バイパス保土ケ谷駅信号場快速列車修学旅行列車志太平野在来線在日米軍北越急行北近畿北陸地方北陸自動車道北陸本線北新地駅北方貨物線ナゴヤ球場ナゴヤ球場正門前駅ミリメートルマイルチェーン (単位)ムーンライトながらラグナシアワンマン運転ボルト (単位)トラス橋ブルートレイン (日本)パーミルテーマパークデルタ線デンソーディーゼル機関車ホームライナー刈谷市刈谷駅列車集中制御装置嵯峨野線営業キロ呉服橋駅アルナ車両アクトシティ浜松インターネットアーカイブイカロス出版オフレールステーションカートレインキロメートルキロメートル毎時グラントウキョウグリーン車グレゴリオ暦コンテナシラス (魚)シティ電車スーパーはくとスズキ (企業)ターミナル駅サントリーサンダーバード (列車)サクラエビゆりかもめ東京臨海新交通臨海線品川駅品鶴線優等列車出雲 (列車)函南駅入江駅八丁畷駅八幡信号場八代駅八重洲六合駅六甲山地六甲道駅六郷川橋梁 (東海道本線)共和駅元町駅 (兵庫県)元町高架通商店街兵庫県国府津駅国府津車両センター国土交通省国道135号国道150号国道15号国道161号国道171号国道1号国道21号国道22号国道24号国道255号国道259号国道2号国道365号国道52号国道8号国鉄10系客車国鉄113系電車国鉄115系電車国鉄117系電車国鉄119系電車国鉄14系客車国鉄153系電車国鉄155系・159系電車国鉄157系電車国鉄165系電車国鉄181系電車国鉄183系電車国鉄185系電車国鉄20系客車国鉄2100形蒸気機関車国鉄211系電車国鉄213系電車国鉄22000系客車国鉄24系客車国鉄381系電車国鉄400形蒸気機関車国鉄40系電車国鉄457系電車国鉄485系電車国鉄50系客車国鉄52系電車国鉄5300形蒸気機関車国鉄583系電車国鉄6200形蒸気機関車国鉄6400形蒸気機関車国鉄70系電車国鉄80系電車国鉄8620形蒸気機関車国鉄8800形蒸気機関車国鉄8850形蒸気機関車国鉄8900形蒸気機関車国鉄9600形蒸気機関車国鉄マロネ40形客車国鉄モハ14形電車国鉄・JR線路名称一覧国鉄分割民営化国鉄オハ31系客車国鉄オハ35系客車国鉄キハ181系気動車国鉄キハ40系気動車 (2代)国鉄キハ58系気動車国鉄キハ80系気動車国鉄キハ90系気動車国鉄クハ47形電車国鉄スハ32系客車国鉄スハ43系客車国鉄C10形蒸気機関車国鉄C50形蒸気機関車国鉄C51形蒸気機関車国鉄C53形蒸気機関車国鉄C55形蒸気機関車国鉄C57形蒸気機関車国鉄C59形蒸気機関車国鉄C62形蒸気機関車国鉄D50形蒸気機関車国鉄D52形蒸気機関車国鉄DD51形ディーゼル機関車国鉄DE10形ディーゼル機関車国鉄EF15形電気機関車国鉄EF52形電気機関車国鉄EF57形電気機関車国鉄EF58形電気機関車国鉄EF60形電気機関車国鉄EF61形電気機関車国鉄EF62形電気機関車国鉄EF64形電気機関車国鉄EF65形電気機関車国鉄EF66形電気機関車国鉄EF81形電気機関車国鉄EH10形電気機関車国電四日市市犬上川皇居矢作川知恩院石場駅石山寺石山駅石屋川石屋川トンネル石灰石石炭石部トンネル灘駅琵琶湖琵琶湖線磐田駅磯子駅神奈川県神奈川駅 (国鉄)神奈川東部方面線神宮前駅神崎川神戸市神戸市営地下鉄神戸市営地下鉄西神・山手線神戸ハーバーランド神戸駅 (兵庫県)神戸臨港線神戸港神戸港駅神戸新交通ポートアイランド線神戸新交通六甲アイランド線福島駅 (JR西日本)福知山線種村直樹稲荷駅稲枝駅稲沢市稲沢線稲沢駅稲沢操車場空襲空港連絡鉄道穂積駅立命館大学立花駅笠寺駅笠松競馬場第二京浜国道笹島駅箱根山箱根峠箱根登山鉄道小田原市内線箱根登山鉄道鉄道線篠原駅 (滋賀県)米原駅紀勢本線網干総合車両所総武本線緒川駅美濃路美濃赤坂線美濃赤坂駅真鶴半島真鶴駅瑞穂市生田川生麦駅用宗駅田子の浦港田端駅田町駅由比駅甲南山手駅甲子園口駅甲子園駅甲信地方焼津駅熱田神宮熱田駅熱海市熱海駅熱海鉄道留置線牧の原トンネル牧之原台地特別急行列車片町線片浜駅目黒川信号場直通運転直流電化相見駅相鉄本線相模川相模線相模貨物駅相模鉄道相模湾瀬田駅 (滋賀県)瀬戸 (列車)瀬戸大橋線白鳥駅芝浦駅芦屋川芦屋市芦屋駅 (JR西日本)花水川花月園前駅鎌倉市鎌倉車両センター遠州灘遠州鉄道鉄道線遠望峰山道路運転指令所荷物列車荷物車荒尾駅 (岐阜県)草薙神社草薙駅 (JR東海)草津線草津駅 (滋賀県)菊川駅 (静岡県)非電化青森駅静岡市静岡平野静岡県静岡県小笠山総合運動公園スタジアム静岡県庁静岡県コンベンションアーツセンター静岡駅静岡貨物駅静岡車両区静岡鉄道静岡清水線静岡鉄道駿遠線静態保存表高島駅袖師駅袋井駅食堂車飯田線裾野駅補助機関車養老鉄道養老線複々線複線西名古屋港駅西大井駅西大路駅西宮市西宮神社西宮駅 (JR西日本)西小坂井駅西岐阜駅西岡崎駅西九条駅西国街道西焼津駅西枇杷島駅西横浜駅西湘バイパス西湘貨物駅西濃鉄道市橋線西明石駅西浜松駅西日本旅客鉄道西日本旅客鉄道大阪支社西日本旅客鉄道京都支社西日本旅客鉄道神戸支社西日本旅客鉄道近畿統括本部観艦式首都圏 (日本)首都高速神奈川2号三ツ沢線駿河小山駅駿河湾高塚駅高山本線高島線高島町駅高崎線高度経済成長高速バス高速道路高速貨物列車高槻駅谷峨駅豊川豊田町駅豊田自動織機豊橋市豊橋平野豊橋駅豊橋鉄道東田本線豊橋鉄道渥美線豪雪地帯貨物列車貨車鴨宮駅鴨川 (淀川水系)足柄平野足柄駅 (静岡県)鶴見川鶴見線鶴見駅路面電車鷲津駅踊り子 (列車)鹿児島駅鹿児島本線身延線車両輸送軌間黄瀬川辻堂駅近畿地方近畿自動車道近郊形車両近鉄名古屋線近鉄名古屋駅近鉄京都線近江八幡の水郷近江八幡市八幡伝統的建造物群保存地区近江八幡駅近江盆地近江長岡駅近江鉄道八日市線近江鉄道本線霊仙山茨木駅茶園茅ヶ崎運輸区茅ケ崎駅都市再開発都心都営地下鉄能登川駅郵便車舞阪駅航空機鈴鹿峠興津駅阪和線阪神・淡路大震災阪神甲子園球場阪神高速11号池田線阪神高速3号神戸線阪神電気鉄道阪神本線阪急千里線阪急京都本線阪急今津線阪急神戸高速線阪急神戸本線阪急電鉄阪急電鉄正雀工場関ケ原町関ケ原駅関西国際空港関西空港線関西鉄道関西本線関東大震災関東平野薩た峠間合い運用閉塞 (鉄道)門司駅藤枝駅藤沢駅蒲原駅蒲田駅蒲郡市蒲郡競艇場蒲郡駅蒸気機関車肥薩おれんじ鉄道線肥薩線膳所駅醒井養鱒場醒ケ井駅野田新町駅野洲川野洲駅臨時駅金山駅 (愛知県)金華山 (岐阜県)金谷駅長岡京駅長距離列車長良川長浜駅酒匂川鉄道事業者鉄道ピクトリアル鉄道ファン (雑誌)鉄道ジャーナル鉄道総合技術研究所鉄道要覧鉄道駅鉄道路線鉄道車両鉄道車両の座席鉄道連絡船鉄道院基本形客車電車電車線・列車線電車特定区間電気車研究会電気機関車蛇窪信号場通勤五方面作戦通勤形車両 (鉄道)逢坂山逢坂山トンネル逢妻川逢妻駅逗子駅陸軍省HEPICカードICOCAJRJR京都線JRセントラルタワーズJR神戸線JR総持寺駅JR西日本221系電車JR西日本223系電車JR西日本225系電車JR西日本281系電車JR西日本283系電車JR西日本285系電車JR西日本287系電車JR西日本681系電車JR西日本683系電車JR西日本キハ189系気動車JR貨物EF200形電気機関車JR貨物EF210形電気機関車JR貨物EF510形電気機関車JR貨物M250系電車JR東西線JR東海311系電車JR東海313系電車JR東海371系電車JR東海373系電車JR東海383系電車JR東海キハ25形気動車JR東海キハ75形気動車JR東海キハ85系気動車JR東日本215系電車JR東日本251系電車JR東日本253系電車JR東日本651系電車JR東日本E217系電車JR東日本E231系電車JR東日本E233系電車JR東日本E257系電車JR東日本E259系電車JR東日本E351系電車JR東日本E657系電車JTBSuicaTOICA柏原駅 (滋賀県)柏尾川架空電車線方式枇杷島駅掛川城掛川駅揖斐川来宮駅東名高速道路東大垣駅東岡崎駅東三河東京山手線内東京市場駅東京圏輸送管理システム東京地下鉄東京モノレール羽田空港線東京総合車両センター東京駅東京貨物ターミナル駅東京都東京都区部東京急行電鉄東北本線東北新幹線東レ東刈谷駅東神奈川駅東田子の浦駅東静岡駅東高島駅東近江市東横浜駅東淀川駅東戸塚駅東海 (列車)東海交通事業城北線東海北陸自動車道東海総合指令所東海道東海道・山陽新幹線東海道線 (名古屋地区)東海道線 (静岡地区)東海道線 (JR東日本)東海道貨物線東海道本線優等列車沿革東海道新幹線東海道新線東海旅客鉄道東海旅客鉄道静岡支社東海旅客鉄道東海鉄道事業本部東海旅客鉄道浜松工場東日本旅客鉄道東日本旅客鉄道東京支社東日本旅客鉄道横浜支社東急東横線松田駅根岸線根府川駅栗東駅桜島線桜橋駅 (静岡県)桜木町駅桂川 (淀川水系)桂川駅 (京都府)梅小路蒸気機関車館梅田梅田信号場梅田駅梅田貨物線横須賀・総武快速線横須賀線横浜博覧会横浜市横浜市営地下鉄ブルーライン横浜線横浜羽沢駅横浜駅横浜高速鉄道みなとみらい線樽見鉄道樽見線標準軌機銃掃射機関車武庫川武豊線武豊駅武蔵小杉駅武蔵野線気動車江崎グリコ江ノ島電鉄線江戸汐留駅 (国鉄)池袋駅河瀬駅沼津駅沼津機関区沼津港駅法会深谷駅 (滋賀県)淀川温泉都市清須市清見寺清水埠頭駅清水駅 (静岡県)清水谷戸トンネル清水港清水港線清水港駅清洲城清洲駅渋谷駅湊川神社湊川駅 (国鉄)湯河原駅湯河原温泉湘南湘南モノレール江の島線湘南ライナー湘南貨物駅湘南電車湘南新宿ライン湖西市湖西線準急列車滋賀県濃尾平野朝鮮人街道朝日新聞出版木曽川木曽川駅木曽川橋梁 (東海道本線)本州本願寺有楽町駅成田エクスプレス成田国際空港成田線戦後混乱期戸塚駅明治明治天皇春照駅昭和昭憲皇太后海神奈川駅浜名湖浜名湖競艇場浜川崎駅浜松市浜松町駅浜松駅新垂井駅新名神高速道路新大阪駅新子安駅新宿駅新富士駅 (静岡県)新居町駅新川崎駅新快速新神戸駅新静岡駅新鶴見信号場新興駅 (神奈川県)新蒲原駅新長田駅新東名高速道路新横浜駅新橋駅新湘南バイパス新浜松駅新所原駅日中戦争日光 (列車)日清戦争日本日本の鉄道日本の鉄道史日本の鉄道路線一覧日本の鉄道開業日本坂トンネル日本丸メモリアルパーク日本平日本国有鉄道日本貨物鉄道日本海 (列車)日本海縦貫線旧暦早川 (神奈川県)早川駅旅客営業規則摩耶埠頭駅摩耶駅摂津富田駅摂津本山駅播但線支線放出駅愛知川愛知御津駅愛知県愛知環状鉄道線愛鷹山愛野駅 (静岡県)敦賀港駅急行列車普通列車智頭急行智頭急行HOT7000系気動車智頭急行智頭線10月10日10月11日10月12日10月14日10月18日10月1日10月23日10月24日10月26日10月27日10月30日10月6日10月8日11月11日11月12日11月14日11月15日11月16日11月19日11月1日11月20日11月24日11月27日11月28日11月5日11月6日11月8日12月10日12月14日12月15日12月16日12月1日12月20日12月21日12月24日12月25日12月28日12月30日12月4日12月5日12月7日12月8日1872年1873年1874年1875年1876年1877年1879年1880年1881年1882年1883年1884年1885年1886年1887年1888年1889年1890年1891年1894年1895年1896年1897年1898年1899年1900年1901年1902年1903年1904年1905年1906年1907年1908年1909年1910年1911年1912年1913年1914年1915年1916年1917年1918年1919年1920年1921年1922年1923年1924年1925年1926年1927年1928年1929年1930年1931年1932年1933年1934年1935年1936年1937年1938年1939年1940年1942年1943年1944年1945年1946年1947年1948年1949年1950年1952年1953年1954年1955年1956年1957年1958年1959年1960年1961年1962年1964年1964年東京オリンピック1965年1966年1967年1968年1969年1970年1971年1972年1973年1974年1976年1978年1979年1980年1980年代1981年1982年1984年1985年1986年1987年1988年1989年1990年1991年1993年1994年1995年1996年1997年1998年1999年1月10日1月12日1月15日1月16日1月17日1月19日1月20日1月21日1月24日1月26日1月30日2001年2003年2004年2006年2007年2008年2009年2010年2011年2012年2013年2014年2015年2016年2月10日2月11日2月12日2月13日2月16日2月1日2月20日2月21日2月22日2月23日2月24日2月25日2月26日2月27日2月28日2月2日2月3日2月5日2月6日2月8日3月10日3月11日3月12日3月13日3月14日3月15日3月16日3月18日3月1日3月20日3月21日3月25日3月27日3月28日3月29日3月30日3月31日3月3日3月5日3月6日3月9日4月10日4月11日4月15日4月16日4月17日4月19日4月1日4月20日4月21日4月22日4月25日4月26日4月29日4月2日4月3日4月5日4月6日4月7日4月8日4月9日5月10日5月11日5月16日5月19日5月1日5月20日5月23日5月25日5月7日5月7日 (旧暦)6月11日6月12日6月13日6月15日6月16日6月17日6月1日6月21日6月25日6月28日6月29日6月2日6月30日6月5日 (旧暦)6月6日7月10日7月11日7月12日7月13日7月15日7月17日7月18日7月1日7月20日7月21日7月23日7月25日7月26日7月27日7月29日7月2日7月3日7月5日7月6日7月8日7月9日8月12日8月14日8月18日8月19日8月1日8月20日8月21日8月23日8月28日8月30日8月3日8月5日8月9日9月10日9月11日9月12日 (旧暦)9月13日9月14日9月15日9月16日9月17日9月1日9月23日9月25日9月26日9月2日9月5日9月6日9月7日 インデックスを展開 (1329 もっと) »

加島駅

1番のりばの対向壁にシンボルデザインがある。(2008年12月26日)。 加島駅(かしまえき)は、大阪府大阪市淀川区加島三丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)JR東西線の駅である。駅番号はJR-H48。駅シンボルは当駅付近に「島」のつく地名が多く存在することから、その「島」に打ち寄せる波をイメージした「青海波」である。駅南側は西淀川区に接している。 東海道本線(JR神戸線)の塚本駅 - 尼崎駅間の線路敷の直下に位置する。この駅の出入り口は東海道本線の線路両脇にあり、東海道本線を走行中の列車からも確認できる。.

新しい!!: 東海道本線と加島駅 · 続きを見る »

原駅 (静岡県)

原駅(はらえき)は、静岡県沼津市原にある、東海旅客鉄道(JR東海)・日本貨物鉄道(JR貨物)東海道本線(静岡地区)の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と原駅 (静岡県) · 続きを見る »

原野谷川

原野谷川(はらのやがわ)は、静岡県を流れる河川。二級水系太田川の支川である。.

新しい!!: 東海道本線と原野谷川 · 続きを見る »

垂井駅

垂井駅(たるいえき)は、岐阜県不破郡垂井町垂井にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と垂井駅 · 続きを見る »

おおさか東線

おおさか東線(おおさかひがしせん)は、西日本旅客鉄道(JR西日本)の鉄道路線(幹線)。片町線の貨物支線である城東貨物線を改良して旅客営業を行うもので、本項ではこの貨物線についても記述する。 2008年3月15日から大阪府大阪市鶴見区の放出駅から八尾市の久宝寺駅までの区間で旅客営業を行っており、最終的には放出駅から新大阪駅を経て北梅田駅(仮称)に達する予定である。.

新しい!!: 東海道本線とおおさか東線 · 続きを見る »

お召し列車

お召し列車(おめしれっしゃ)とは、天皇、皇后、皇太后が使うために特別に運行される列車である。なお、天皇・皇后・皇太后以外の皇族のために運行する列車は御乗用列車(ごじょうようれっしゃ)と呼ぶ。.

新しい!!: 東海道本線とお召し列車 · 続きを見る »

たから (列車)

たからは、かつて日本国有鉄道(国鉄)が汐留駅 - 梅田駅で運行していたコンテナ専用貨物列車である。 日本の鉄道貨物輸送は車扱貨物が中心であった当時において、日本初のコンテナ専用列車であった。21世紀初頭では鉄道による貨物輸送の主流となっているコンテナ輸送の先駆けとなった列車である。 編成最後尾の車掌車には、「たから コンテナ特急」と標記した円型の行灯型テールサインを装着して運行していた。.

新しい!!: 東海道本線とたから (列車) · 続きを見る »

きたぐに (列車)

きたぐには、大阪駅 - 新潟駅間を東海道本線・北陸本線・信越本線経由で運転していた夜行急行列車である。 本項では京阪神と信越地方を北陸本線経由で運転されていた夜行優等列車の沿革についても記す。.

新しい!!: 東海道本線ときたぐに (列車) · 続きを見る »

くろしお (列車)

くろしおは、西日本旅客鉄道(JR西日本)が、主に京都駅・新大阪駅 - 白浜駅・新宮駅間を東海道本線(JR京都線・梅田貨物線)・大阪環状線・阪和線・紀勢本線(きのくに線)経由で運行する特別急行列車である。 本項では、同一経路で運行されていた特急「スーパーくろしお」「オーシャンアロー」のほか、過去に運行されていた臨時列車とともに、京都・大阪と南紀を結ぶ優等列車の沿革についても記述する。.

新しい!!: 東海道本線とくろしお (列車) · 続きを見る »

つばめ (列車)

つばめとは、鉄道省、日本国有鉄道(国鉄)ならびに九州旅客鉄道(JR九州)による特急列車である。 本項では、国鉄およびJRにおいて「つばめ」を名乗った列車について記すと共に、国鉄時代に「つばめ」とほぼ同区間で運転されていた姉妹特急「はと」、および中国大陸の満州(中国東北部)で運転されていた南満州鉄道の特急「はと」についてもあわせて記述する。 なお、現在JR九州で運行されている九州新幹線「つばめ」、およびその直接の前身であるJR九州の在来線特急「つばめ」「リレーつばめ」に関しては、本項では概略のみ記述することとし、詳細については「つばめ (JR九州)」を参照。.

新しい!!: 東海道本線とつばめ (列車) · 続きを見る »

はまかぜ (列車)

はまかぜは、西日本旅客鉄道(JR西日本)が大阪駅 - 香住駅・浜坂駅・鳥取駅間を東海道本線・山陽本線(JR神戸線)・播但線・山陰本線経由で運転されている特別急行列車である。北近畿ビッグXネットワークを形成する列車の一つである。 播但線経由で運転されていた優等列車の沿革についてもここで記述する。.

新しい!!: 東海道本線とはまかぜ (列車) · 続きを見る »

はるか (列車)

はるかは、西日本旅客鉄道(JR西日本)が、関西国際空港のアクセス列車として米原駅・草津駅・京都駅 - 関西空港駅間で運行している特急列車である。.

新しい!!: 東海道本線とはるか (列車) · 続きを見る »

ひたち (列車)

ひたち・ときわは、東日本旅客鉄道(JR東日本)が主に品川駅・上野駅 - 土浦駅・勝田駅・高萩駅・いわき駅間を東海道本線・東北本線・常磐線東海道本線の品川駅 - 東京駅間は東海道線、東北本線の東京駅 - 上野駅間は宇都宮線(上野東京ライン)、東北本線の上野駅 - 日暮里駅間と常磐線の日暮里駅 - 取手駅間は常磐快速線の線路を経由する。経由で運行している特急列車である。 本項では、常磐線内で運転されていた優等列車の沿革についても記述する。.

新しい!!: 東海道本線とひたち (列車) · 続きを見る »

ひだ (列車)

ひだは、東海旅客鉄道(JR東海)および西日本旅客鉄道(JR西日本)が名古屋駅 - 高山駅・飛騨古川駅・富山駅間および大阪駅 - 高山駅間を東海道本線・高山本線経由で運行する特別急行列車である。 本項では、高山本線で運転されていた優等列車の沿革についても記述する。.

新しい!!: 東海道本線とひだ (列車) · 続きを見る »

ひかり (列車)

ひかりは、東海旅客鉄道(JR東海)および西日本旅客鉄道(JR西日本)が東海道・山陽新幹線の東京駅 - 新大阪駅 - 博多駅間で運転している特別急行列車の愛称である。案内表示では赤色が用いられる。.

新しい!!: 東海道本線とひかり (列車) · 続きを見る »

びわこエクスプレス

びわこエクスプレスは、西日本旅客鉄道(JR西日本)が米原駅 - 大阪駅間を東海道本線(琵琶湖線・JR京都線)経由で運行する特急列車である。 前身の「びわこライナー」についても記述する。.

新しい!!: 東海道本線とびわこエクスプレス · 続きを見る »

びわ湖浜大津駅

| びわ湖浜大津駅(びわこはまおおつえき)は、滋賀県大津市浜大津一丁目にある京阪電気鉄道大津線の駅。駅番号はOT12。旧称浜大津駅(はまおおつえき) - 京阪電気鉄道、2017年2月13日 - 京阪電気鉄道、2018年1月26日であり、本項目ではかつて存在した日本国有鉄道および江若鉄道の浜大津駅についても取り扱う。 京津線の終点である。旧副駅名は「大津港 浜大津アーカス前」、その前は「京阪レークセンター前」、「大津港前」である。.

新しい!!: 東海道本線とびわ湖浜大津駅 · 続きを見る »

ぶらり横浜・鎌倉号

ぶらり横浜・鎌倉号(ぶらりよこはま・かまくらごう)とは、東日本旅客鉄道(JR東日本)が2015年4月から、日立駅 - 鎌倉駅間(運行開始当初はいわき駅 - 鎌倉駅間)を常磐線、東北本線、東海道本線、横須賀線経由で運行している、臨時列車(快速列車)の名称である。以前は急行列車として運行されていたが、2018年4月より快速列車としての運行となった。 本稿では、2015年3月まで運行していた「ぶらり横浜・鎌倉号」の前身列車である急行「ぶらり鎌倉号」(ぶらりかまくらごう)をはじめ、過去に常磐線内と神奈川県内の横浜市・鎌倉市エリアを結んでいた列車群についても記載する。.

新しい!!: 東海道本線とぶらり横浜・鎌倉号 · 続きを見る »

停車場

停車場(ていしゃじょう・ていしゃば)は、鉄道において列車が停車できる施設であり、駅・信号場・操車場の総体である。.

新しい!!: 東海道本線と停車場 · 続きを見る »

ふじさん

ふじさんは、小田急電鉄小田原線と東海旅客鉄道(JR東海)御殿場線を直通運転する特急列車(ロマンスカー)である。2018年3月17日にあさぎりから改称された。 現在は、MSE車により運行されている。 本項では、小田急小田原線と御殿場線を直通運転していた優等列車の沿革についても記述する。最新の運行概況については運行概況の節を参照。.

新しい!!: 東海道本線とふじさん · 続きを見る »

ふじかわ (列車)

ふじかわは、東海旅客鉄道(JR東海)が静岡駅 - 甲府駅間を東海道本線・身延線経由で運行している特別急行列車である。ワイドビュー車両を使うという意味で、市販の時刻表には「(ワイドビュー)ふじかわ」と記載されている。 なお本項では、身延線で運転されていた優等列車の沿革についても記述する。.

新しい!!: 東海道本線とふじかわ (列車) · 続きを見る »

しなの (列車)

しなのは、東海旅客鉄道(JR東海)および東日本旅客鉄道(JR東日本)が名古屋駅 - 長野駅間を中央本線・篠ノ井線・信越本線経由で運行する特別急行列車である。 本項では、名古屋駅 - 塩尻駅間(中央西線)で運転されていた優等列車についても記述する。.

新しい!!: 東海道本線としなの (列車) · 続きを見る »

しらさぎ (列車)

しらさぎは、西日本旅客鉄道(JR西日本)および東海旅客鉄道(JR東海)が名古屋駅・米原駅 - 金沢駅間を東海道本線・北陸本線経由で運行する特別急行列車である。 本項では、中京圏と北陸地方を北陸本線経由で結んでいた優等列車(米原駅発着を含む)の沿革についても記述する。.

新しい!!: 東海道本線としらさぎ (列車) · 続きを見る »

こだま (列車)

こだまは、東海旅客鉄道(JR東海)東海道新幹線の東京駅 - 新大阪駅間、および西日本旅客鉄道(JR西日本)山陽新幹線の新大阪駅 - 博多駅間で運転されている特別急行列車の愛称である。列車の案内表示では青色が用いられることがある。 本項では、東海道新幹線開業以前に日本国有鉄道(国鉄)が東京駅 - 大阪駅・神戸駅間を東海道本線経由で運行していた国鉄初の電車特急列車についても記述する。.

新しい!!: 東海道本線とこだま (列車) · 続きを見る »

こうのとり (列車)

こうのとりは、新大阪駅 - 福知山駅・豊岡駅・城崎温泉駅間を東海道本線・福知山線(JR宝塚線)・山陰本線経由で運行する特別急行列車である。 北近畿ビッグXネットワークを形成する列車の一つである。イメージカラーは黄色()で、 本項では、直接の前身である特急「北近畿」(きたきんき)をはじめとする、福知山線で運転されていた優等列車の沿革についても記述する。.

新しい!!: 東海道本線とこうのとり (列車) · 続きを見る »

さくら (列車)

さくら・櫻は、かつての鉄道省、日本国有鉄道(国鉄)およびそれを引き継いだJR各社で運行されていた(運行されている)特別急行列車である。 この列車愛称は歴史上、次の4列車で使用されている。.

新しい!!: 東海道本線とさくら (列車) · 続きを見る »

さくら夙川駅

開業翌日の駅ホーム(2012年7月19日) 駅舎と駅の高架線をくぐる兵庫県道82号大沢西宮線。当駅は県道の拡幅工事の付帯事業として設置された駅である(2012年7月19日)。 さくら夙川駅ホーム さくら夙川駅(さくらしゅくがわえき)は、兵庫県西宮市神楽町(かぐらちょう)にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)東海道本線の駅である。駅番号はJR-A53。「JR神戸線」の愛称区間に含まれている。 駅名は、駅西方約200mの所を流れる夙川の河川敷にある夙川公園に桜が多く植えられ、ここでの花見が例年名物になっていることに由来している。駅の自動改札機は桜をイメージした意匠となっている。.

新しい!!: 東海道本線とさくら夙川駅 · 続きを見る »

半田駅

駅前から駅舎を望む 現役でJR最古の跨線橋 跨線橋の脇にあるランプ小屋(2010年10月) 半田駅(はんだえき)は、愛知県半田市御幸町(みゆきまち)にある、東海旅客鉄道(JR東海)武豊線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と半田駅 · 続きを見る »

千代田区

千代田区(ちよだく)は、東京都の特別区の一つ。1947年(昭和22年)3月15日に麹町区と神田区が合併して誕生した山口恵一郎 『日本地名辞典 市町村編』1980年10月。。.

新しい!!: 東海道本線と千代田区 · 続きを見る »

千種駅

千種駅(ちくさえき)は、愛知県名古屋市千種区内山三丁目および東区葵三丁目にある、東海旅客鉄道(JR東海)・名古屋市交通局(名古屋市営地下鉄)の駅である。 JR東海の中央本線と、名古屋市営地下鉄の東山線が乗り入れ、接続駅となっている土木学会日本土木史編集委員会 『日本土木史:昭和16年-昭和40年』 土木学会、1973年4月。。地下鉄の駅には「H12」、JRには「CF03」の駅番号が設定されている。.

新しい!!: 東海道本線と千種駅 · 続きを見る »

千里丘駅

構内(2006年6月4日) フォルテ摂津 千里丘駅(せんりおかえき)は、大阪府摂津市千里丘一丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)東海道本線の駅である。駅番号はJR-A42。「JR京都線」の愛称区間に含まれている。.

新しい!!: 東海道本線と千里丘駅 · 続きを見る »

千本松原 (静岡県)

東側の香貫山から望む千本松原と駿河湾 西側から望む富士市の田子の浦港周辺から東へ延びる千本松原 沼津市、千本松原内 千本松原(せんぼんまつばら)は静岡県沼津市の狩野川河口から、富士市の田子の浦港の間約10kmの駿河湾岸(正式名称富士海岸、通称千本浜)に沿って続いている松原。 松林越しに富士山を望むことが出来る。数々の文人たちに愛されたということでも知られている。中でも大正15年(1926年)には歌人若山牧水が静岡県の伐採計画に対し新聞に計画反対を寄稿するなど運動の先頭に立ち計画を断念させた話は有名である。日本百景、日本の白砂青松100選にも選ばれている。 千本とはいうものの、現在は30数万本以上あるという。 1976年に東海地震説が発表されてから、駿河湾の海岸では津波対策が盛んに行われるようになった。松原と海岸の間には堤防が築かれ、景観を損ねているという意見もある(東海地震については#現在も参照)。.

新しい!!: 東海道本線と千本松原 (静岡県) · 続きを見る »

単線

単線(たんせん)とは、鉄道用語で、相対する方向への列車を1つの線路のみで運行する区間のことを言う。最低限の設備で列車の運行ができるため、列車の本数の少ない路線では広く利用されている。列車の行き違い(列車交換)は、駅(交換駅)や信号場に設けられた交換設備を使って行う。 相対する列車が同じ線路を通るため、正しく列車の運行を制御しないと正面衝突の危険性がある。そのため種々の閉塞方式により確実に1閉塞区間に1列車のみを保証する必要がある(日本における鉄道に関する技術上の基準を定める省令でもそのように規定されている)。.

新しい!!: 東海道本線と単線 · 続きを見る »

南大高駅

南大高駅(みなみおおだかえき)は、愛知県名古屋市緑区大高町字池之内にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と南大高駅 · 続きを見る »

南京町 (神戸)

長安門と中華料理店「北京城(現在建替え工事中)」 南京町(なんきんまち)は、神戸市中央区の元町通と栄町通にまたがるエリアの通称で、正式な地名ではない。南京町商店街振興組合の登録商標でもあり、中国風の意匠を特徴とするチャイナタウンである。.

新しい!!: 東海道本線と南京町 (神戸) · 続きを見る »

南彦根駅

西口 1番線ホーム(右)・2番線ホーム(左) 南彦根駅(みなみひこねえき)は、滋賀県彦根市小泉町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)東海道本線の駅である。駅番号はJR-A14。「琵琶湖線」の愛称区間に含まれている。.

新しい!!: 東海道本線と南彦根駅 · 続きを見る »

南紀

南紀(なんき)とは、近畿地方のうち、令制国でいう紀伊国に相当する地域。今日の和歌山県全域と三重県南牟婁郡および北牟婁郡を含む。.

新しい!!: 東海道本線と南紀 · 続きを見る »

南荒尾信号場

南荒尾信号場(みなみあらおしんごうじょう)は、岐阜県大垣市熊野町にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線名古屋地区の信号場である。.

新しい!!: 東海道本線と南荒尾信号場 · 続きを見る »

南草津駅

東口 南草津駅(みなみくさつえき)は、滋賀県草津市野路(のじ)一丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)東海道本線の駅である。駅番号はJR-A25。「琵琶湖線」の愛称区間に含まれている。.

新しい!!: 東海道本線と南草津駅 · 続きを見る »

南武線

南武線(なんぶせん)は、神奈川県川崎市川崎区の川崎駅と東京都立川市の立川駅を結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線(幹線)である。そのほか以下の支線を持つ。.

新しい!!: 東海道本線と南武線 · 続きを見る »

南方貨物線

南方貨物線(なんぽうかもつせん)とは、日本国有鉄道(国鉄)が愛知県名古屋市の名古屋貨物ターミナル駅(1980年開設)から笠寺駅を結び、笠寺駅から東海道本線と線路別複々線で並行し、同県大府市の東海道本線大府駅に至る予定だった、東海道本線の貨物支線(未成線)である。.

新しい!!: 東海道本線と南方貨物線 · 続きを見る »

古渡信号場

古渡信号場(ふるわたりしんごうじょう)は、かつて名古屋市中区にあった日本国有鉄道(国鉄)中央本線の信号場である。 中央本線鶴舞駅 - 名古屋駅間に1962年(昭和37年)まで存在し、1930年(昭和5年)まで名古屋駅方面を経由せずに東海道本線熱田駅方面と中央本線千種駅方面を結ぶ東海道本線の貨物支線の合流地点となっていた。現在の金山駅の前身である。.

新しい!!: 東海道本線と古渡信号場 · 続きを見る »

名古屋市

名古屋市(なごやし)は愛知県西部(尾張地方)にある市。政令指定都市であり、同県の県庁所在地である。全16区から構成される。.

新しい!!: 東海道本線と名古屋市 · 続きを見る »

名古屋市営地下鉄

名古屋市営地下鉄(なごやしえいちかてつ)は、名古屋市交通局が運営する地下鉄である。現在は6路線で営業中で守山区を除く名古屋市15区と日進市に路線を持ち営業キロ数は93.3km、駅数は87駅(以上2011年3月27日現在)、車両数は788両(2013年4月現在)を数える。一日あたりの乗車人員は約123万人(2013年現在)。なお、名古屋市の例規上の正式名は、名古屋市高速度鉄道である。.

新しい!!: 東海道本線と名古屋市営地下鉄 · 続きを見る »

名古屋第二環状自動車道

名古屋第二環状自動車道(なごやだいにかんじょうじどうしゃどう、NAGOYA-DAINI-KANJO EXPRESSWAY)は中日本高速道路株式会社(NEXCO中日本)が管理している名古屋市外縁を回る高速道路(高速自動車国道)で、名古屋環状2号線の専用部の一部である。略称は名二環(めいにかん、MEI-NIKAN EXPWY)。なお、第一環状自動車道は名古屋高速都心環状線である。  高速道路ナンバリングによる路線番号は、環状高速道路を意味するCに加え、名古屋高速都心環状線との整合性を踏まえて「C2」が割り振られている。.

新しい!!: 東海道本線と名古屋第二環状自動車道 · 続きを見る »

名古屋駅

名古屋駅(なごやえき)は、愛知県名古屋市中村区名駅にある、東海旅客鉄道(JR東海)・日本貨物鉄道(JR貨物)・名古屋臨海高速鉄道・名古屋市交通局(名古屋市営地下鉄)の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と名古屋駅 · 続きを見る »

名古屋高速3号大高線

名古屋高速3号大高線(なごやこうそく3ごうおおだかせん)は、愛知県名古屋市中区の鶴舞南JCTから、愛知県名古屋市緑区の名古屋南JCTへ至る名古屋高速道路の路線である。道路法上は、名古屋市道高速2号(北区大我麻町 - 緑区大高町)の一部である。.

新しい!!: 東海道本線と名古屋高速3号大高線 · 続きを見る »

名古屋高速5号万場線

名古屋高速5号万場線(なごやこうそく5ごうまんばせん)は、愛知県の、名古屋市中区の新洲崎JCTから名古屋市中川区の名古屋西JCTへ至る、名古屋高速道路の路線である。道路法上は、名古屋市道高速1号(中川区島井町 - 千種区鏡池通)の一部である。このことから本項では5号万場線と2号東山線をまとめて解説する場合、便宜的に「高速1号」と表記する。.

新しい!!: 東海道本線と名古屋高速5号万場線 · 続きを見る »

名古屋貨物ターミナル駅

ND552形(2007年5月12日) 名古屋貨物ターミナル駅(なごやかもつターミナルえき)は、名古屋市中川区掛入町3丁目にある日本貨物鉄道(JR貨物)の貨物駅である。 営業キロ上は名古屋臨海高速鉄道西名古屋港線(あおなみ線)荒子駅 - 南荒子駅間の駅であるが、線路等の施設は小本駅 - 中島駅間に広がる。.

新しい!!: 東海道本線と名古屋貨物ターミナル駅 · 続きを見る »

名古屋臨海高速鉄道

名古屋臨海高速鉄道株式会社(なごやりんかいこうそくてつどう)は、愛知県名古屋市港区十一屋一丁目46番に本社を置き、同市で鉄道路線(西名古屋港線、通称あおなみ線)を経営する第三セクター鉄道事業者である。名古屋市の外郭団体(住宅都市局所管)。 名古屋市港区南部の旅客鉄道空白地帯を解消するため、西臨港貨物線(西名古屋港線)を旅客線化して「あおなみ線」と愛称を付け、第一種鉄道事業者として営業している。鉄道事業では社名に代わり「あおなみ線」の名で旅客案内を統一している。また、同時に貨物線として第二種鉄道事業を行う日本貨物鉄道(JR貨物)に施設を貸与している。2011年に事実上経営破綻しているが、県と市によって、440億円の公的資金を投入して事業再建計画中である(「開業後の動向」節も参照)。.

新しい!!: 東海道本線と名古屋臨海高速鉄道 · 続きを見る »

名古屋臨海高速鉄道西名古屋港線

| 西名古屋港線(にしなごやこうせん)は、愛知県名古屋市中村区の名古屋駅から同市港区の金城ふ頭駅までを結ぶ名古屋臨海高速鉄道の鉄道路線である。旅客線としてはあおなみ線(あおなみせん)の愛称がある。 旅客案内は愛称の「あおなみ線」で統一されており、社名や正式路線名の「西名古屋港線」は使用されない。愛称の由来はイメージカラーの青から「あお」、名古屋から「な」、港から「み」をそれぞれ採ったものである。.

新しい!!: 東海道本線と名古屋臨海高速鉄道西名古屋港線 · 続きを見る »

名古屋臨海鉄道東港線

| 東港線(とうこうせん)は、愛知県名古屋市南区の笠寺駅から同区の東港駅までを結ぶ名古屋臨海鉄道の鉄道路線である。 東海道本線と名古屋臨海鉄道の中枢駅を結んでいる。.

新しい!!: 東海道本線と名古屋臨海鉄道東港線 · 続きを見る »

名古屋鉄道

名古屋鉄道株式会社(なごやてつどう、英称:Nagoya Railroad Co.,Ltd.)は、愛知県・岐阜県を基盤とする大手私鉄である。通称、名鉄(めいてつ、英称:Meitetsu)。民営鉄道としては日本で3番目の歴史を持つ老舗企業である。本社は愛知県名古屋市中村区名駅1丁目2番4号、近鉄名古屋駅に隣接する名鉄名古屋駅上に設けた名鉄バスターミナルビル(名鉄百貨店本店メンズ館ビル)内に置いている。.

新しい!!: 東海道本線と名古屋鉄道 · 続きを見る »

名古屋汎太平洋平和博覧会

名古屋汎太平洋平和博覧会(なごやはんたいへいようへいわはくらんかい)は、1937年(昭和12年)の3月15日~5月31日まで名古屋市南区熱田前新田(現・港区港明一丁目・港明二丁目・港楽一丁目一帯)で行われた博覧会である。 名古屋市では、1934年(昭和9年)に市の人口が100万人を突破するなど発展を続けており、市の宣伝のために博覧会を開くことが議会で発案されたが、1940年(昭和15年)に東京と横浜で紀元2600年を記念した万国博覧会が計画されていたことからそれに配慮して「汎太平洋」という名称になったという。なお、博覧会開催にあたっては、以下の3つの目的が掲げられた。.

新しい!!: 東海道本線と名古屋汎太平洋平和博覧会 · 続きを見る »

名古屋港線

| 名古屋港線(なごやみなとせん)は、日本貨物鉄道(JR貨物)が保有する山王信号場 - 名古屋港駅間の東海道本線貨物支線の通称である。東臨港線、東港(貨物)線とも呼ばれる。.

新しい!!: 東海道本線と名古屋港線 · 続きを見る »

名古屋港駅 (JR貨物)

駅南側の跡地 看板のみ残る南側の跡地 名古屋港駅(なごやみなとえき)は、愛知県名古屋市港区熱田前新田中川東町にある日本貨物鉄道(JR貨物)の貨物駅である。東海道本線貨物支線(通称:名古屋港線)の終点。.

新しい!!: 東海道本線と名古屋港駅 (JR貨物) · 続きを見る »

名神高速道路

起点小牧IC航空写真。画面中央から左。右半分は東名。国土航空写真 終点西宮IC航空写真。画面右上から来て画面中央が終点である。右下から左上にのびるのは阪神高速3号神戸線。国土航空写真 名神の起点標識(小牧IC下り線本線上) 名神高速道路(めいしんこうそくどうろ、MEISHIN EXPRESSWAY)は、愛知県小牧市の小牧インターチェンジ (IC) を起点とし、岐阜県、滋賀県、京都府、大阪府を経由し兵庫県西宮市の西宮ICへ至る、高速道路(高速自動車国道)である。通称名神高速(めいしんこうそく、MEISHIN EXPWY)、名神(めいしん)、新名神高速道路と特に区別する場合には旧名神・現名神など。国土開発幹線自動車道および、高速自動車国道法に基づく法定路線名は中央自動車道西宮線であり、この一部区間である。なお、小牧IC - 吹田ジャンクション (JCT) 間はアジアハイウェイ1号線「AH1」にも指定されている。高速道路ナンバリングにおける路線番号は東名高速道路ともに「E1」が割り振られている。.

新しい!!: 東海道本線と名神高速道路 · 続きを見る »

名鉄名古屋駅

名鉄名古屋駅(めいてつなごやえき)は、愛知県名古屋市中村区名駅1丁目にある名古屋鉄道名古屋本線の駅である。駅番号はNH36。アナウンス・行き先表示では「名鉄」を省いて名古屋としている。.

新しい!!: 東海道本線と名鉄名古屋駅 · 続きを見る »

名鉄名古屋本線

名古屋本線(なごやほんせん)は、愛知県豊橋市の豊橋駅から岐阜県岐阜市の名鉄岐阜駅までを結ぶ名古屋鉄道(名鉄)の鉄道路線。.

新しい!!: 東海道本線と名鉄名古屋本線 · 続きを見る »

名鉄尾西線

| 尾西線(びさいせん)は、愛知県弥富市の弥富駅から愛知県一宮市の玉ノ井駅までを結ぶ名古屋鉄道(名鉄)の鉄道路線。 濃尾平野の西部を縦貫している。佐屋駅 - 津島駅間は名古屋方面へ直通する列車が多数あるものの、全体的には地域輸送中心の路線であり、名鉄で最も古い路線である。 運賃計算区分はC(運賃計算に用いる距離は営業キロの1.25倍)。すべての駅でmanacaなどの交通系ICカード全国相互利用サービス対応カードが使用できる。 なお、『鉄道要覧』による起点は弥富駅だが、列車運行および旅客案内、列車番号の設定においては、津島駅から弥富駅・玉ノ井駅へ向かう列車が下り、弥富駅・玉ノ井駅から津島駅へ向かう列車が上りとなっている。.

新しい!!: 東海道本線と名鉄尾西線 · 続きを見る »

名鉄岐阜駅

名鉄岐阜駅(めいてつぎふえき)は、岐阜県岐阜市神田町九丁目にある名古屋鉄道の駅。駅番号はNH60。中部国際空港開港直前の2005年1月29日に新岐阜駅から改称された。 名鉄岐阜駅の西側、国道157号の道路上にあった名古屋鉄道岐阜市内線の停留場である新岐阜駅前駅(しんぎふえきまええき)は岐阜市内線自体の廃止(2005年4月1日)を控えていたこともあって、改称されず廃止された。 本項ではこの電停についても説明する。.

新しい!!: 東海道本線と名鉄岐阜駅 · 続きを見る »

名鉄常滑線

| 常滑線(とこなめせん)は、愛知県名古屋市熱田区の神宮前駅から愛知県常滑市の常滑駅までを結ぶ名古屋鉄道の鉄道路線。.

新しい!!: 東海道本線と名鉄常滑線 · 続きを見る »

名鉄三河線

三河線(みかわせん)は、愛知県豊田市の猿投駅から愛知県碧南市の碧南駅までを結ぶ名古屋鉄道(名鉄)の鉄道路線。.

新しい!!: 東海道本線と名鉄三河線 · 続きを見る »

名鉄一宮駅

名鉄一宮駅(めいてついちのみやえき)は、愛知県一宮市新生にある、名古屋鉄道の駅である。駅番号はNH50。.

新しい!!: 東海道本線と名鉄一宮駅 · 続きを見る »

名鉄西尾線

西尾線(にしおせん)は、愛知県安城市の新安城駅から愛知県西尾市の吉良吉田駅までを結ぶ名古屋鉄道(名鉄)の鉄道路線。 現在の西尾線は、碧海電気鉄道が開通させた区間と、西尾鉄道が開通させた区間から成り、元々の生い立ちはまったく別である。1944年以前は西尾鉄道が開通させた愛知県岡崎市の岡崎新駅から西尾駅を経て三河吉田(現在の吉良吉田)駅までの区間を西尾線と称していた。本項ではその旧・西尾線を含めて解説する。.

新しい!!: 東海道本線と名鉄西尾線 · 続きを見る »

名鉄蒲郡線

| 蒲郡線(がまごおりせん)は、愛知県西尾市の吉良吉田駅から同県蒲郡市の蒲郡駅までを結ぶ名古屋鉄道(名鉄)の鉄道路線である。.

新しい!!: 東海道本線と名鉄蒲郡線 · 続きを見る »

吹田信号場

吹田信号場(すいたしんごうじょう)は、大阪府吹田市芝田町にあった、西日本旅客鉄道(JR西日本)東海道本線の信号場である。同路線の貨物線上に位置し、営業キロ上では千里丘駅と岸辺駅の間に所在していた。 かつての吹田操車場であり、東洋一の規模を有する操車場であったが、1984年2月のヤード集結式輸送の終結により信号場に格下げされた。 位置的には旅客線上の岸辺駅の北側に広がっていたが、岸辺駅とは同一構内として扱われなかった(そもそも岸辺駅は旅客線のみの停留所である。千里丘駅も同様)。 当記事では吹田操車場および、当信号場の後身として跡地に設置された日本貨物鉄道(JR貨物)の吹田貨物ターミナル駅についても合わせて記述する。.

新しい!!: 東海道本線と吹田信号場 · 続きを見る »

吹田総合車両所

34°45'58.3"N 135°31'41.5"E 吹田総合車両所(すいたそうごうしゃりょうしょ)は、西日本旅客鉄道(JR西日本)の車両基地および車両工場である。.

新しい!!: 東海道本線と吹田総合車両所 · 続きを見る »

吹田駅 (JR西日本)

吹田駅(すいたえき)は、大阪府吹田市朝日町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)日本貨物鉄道(JR貨物)東海道本線の駅である。駅番号はJR-A44。「JR京都線」の愛称区間に含まれている。 かつては東海道本線貨物支線(梅田貨物線ならびに北方貨物線)と片町線貨物支線(城東貨物線)の登記上の起終点であったが、実際の貨物線の線路は吹田信号場(旧:吹田操車場)まで続いていた。そのため、吹田貨物ターミナル駅の開業の際に、実態に合わせて当該3貨物線の起終点も同駅に変更され、当駅は東海道本線単独駅となった。 東海道本線において京都支社が管轄する最も西の駅でもある。.

新しい!!: 東海道本線と吹田駅 (JR西日本) · 続きを見る »

吹田機関区

吹田機関区(すいたきかんく)は、大阪府吹田市にある日本貨物鉄道(JR貨物)の機関区である。.

新しい!!: 東海道本線と吹田機関区 · 続きを見る »

向日町駅

構内 向日町駅(むこうまちえき)は、京都府向日市寺戸町久々相(くぐそう)にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)・日本貨物鉄道(JR貨物)東海道本線の駅である。駅番号はJR-A34。「JR京都線」の愛称区間に含まれている。.

新しい!!: 東海道本線と向日町駅 · 続きを見る »

吉原駅

吉原駅(よしわらえき)は、静岡県富士市鈴川本町にある、東海旅客鉄道(JR東海)・日本貨物鉄道(JR貨物)・岳南電車の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と吉原駅 · 続きを見る »

堀川口駅

堀川口駅(ほりかわぐちえき)は、かつて愛知県名古屋市港区作倉町にあった東海道本線貨物支線(通称名古屋港線)の貨物駅である。.

新しい!!: 東海道本線と堀川口駅 · 続きを見る »

塚本駅

塚本駅(つかもとえき)は、大阪府大阪市淀川区塚本二丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)東海道本線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と塚本駅 · 続きを見る »

境川 (東京都・神奈川県)

江の島展望灯台から、2009年5月2日撮影) 境川(さかいがわ)は、東京都および神奈川県を流れ相模湾に注ぐ河川。二級水系の本流である。川の名称はかつて武蔵国と相模国の国境とされた境川上流部より先では稜線、現在の町田市より下流部では境川ではなく東京湾と相模湾の分水嶺が国境であった。ことに由来し、現在でも上流部(町田市最南部まで)は概ね東京都と神奈川県の都県境となっている。なお、かつては相模国高座郡に由来する高座川(たかくらがわ)とも呼ばれていた。また、最下流部から河口にかけては片瀬川(かたせがわ)とも呼ばれる。.

新しい!!: 東海道本線と境川 (東京都・神奈川県) · 続きを見る »

境界駅

境界駅(きょうかいえき)とは、何らかの異なるエリア間の境界となる鉄道の駅である。 鉄道事業者間の境界駅では乗務員の交代が行われることが多い。 日本国内における代表的な境界駅の定義としては、以下のものが挙げられる。.

新しい!!: 東海道本線と境界駅 · 続きを見る »

多賀火山

多賀火山(たがかざん)とは伊豆半島の北東部に位置する火山である。本稿では本火山と峰を連ねる湯河原火山(ゆがわらかざん)と宇佐美火山(うさみかざん)についても記述する。.

新しい!!: 東海道本線と多賀火山 · 続きを見る »

多摩川

野川。 多摩川(たまがわ)は、山梨県・東京都・神奈川県を流れる多摩川水系の本流で東京湾に注ぐ一級河川。下流は東京都と神奈川県の都県境となっている。全長138km、流域面積1,240km2。堤防はあるものの、首都圏の一級河川でありながら護岸化されていない部分が多く、川辺の野草や野鳥が数多く見られる自然豊かな河川である。.

新しい!!: 東海道本線と多摩川 · 続きを見る »

多摩丘陵

多摩丘陵(たまきゅうりょう)は、高尾山麓を西端とし、東は町田市の神奈川県境辺りまでにかけて広がる丘陵であり、三浦丘陵と地形的につながっている。.

新しい!!: 東海道本線と多摩丘陵 · 続きを見る »

大垣市

大垣市(おおがきし)は、岐阜県の西濃地方に位置する市の一つ。県庁所在地の岐阜市に次いで、県内第2位の約16万人の人口を擁しているほか、西濃地域、特に揖斐郡と海津市とを除いた地域では中心的存在となっている。.

新しい!!: 東海道本線と大垣市 · 続きを見る »

大垣駅

大垣駅(おおがきえき)は、岐阜県大垣市高屋町一丁目にある、東海旅客鉄道(JR東海)・樽見鉄道・養老鉄道の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と大垣駅 · 続きを見る »

大垣車両区

大垣車両区(おおがきしゃりょうく)は、岐阜県大垣市にある東海旅客鉄道(JR東海)の車両基地である。 敷地は西側にある養老鉄道養老線の線路脇まで広がっている。.

新しい!!: 東海道本線と大垣車両区 · 続きを見る »

大宮駅 (埼玉県)

東口(2014年8月11日) 大宮駅構内を大栄橋から眺める。一番手前が東武野田線ホーム。その奥にJR在来線の構内が広がる。背後に見える高架駅は東北・上越新幹線のホーム。その向こうにはそごう大宮店の13階部分が見えている。 大宮駅(おおみやえき)は、埼玉県さいたま市大宮区錦町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・東武鉄道・埼玉新都市交通の駅である。埼玉県で一番利用者が多い。.

新しい!!: 東海道本線と大宮駅 (埼玉県) · 続きを見る »

大崎駅

東口(2005年6月13日) 西口(2016年6月4日) 南口(2016年6月4日) 北改札(2016年6月4日) 貨物線(2006年5月21日) 夏には七夕の装飾が施される(2006年7月7日) 大崎駅(おおさきえき)は、東京都品川区大崎一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・東京臨海高速鉄道(TWR)の駅である。JR東日本とりんかい線が構内を共用する共同使用駅である。.

新しい!!: 東海道本線と大崎駅 · 続きを見る »

大崩海岸

大崩海岸(おおくずれかいがん)は、駿河湾沿いの静岡市駿河区石部から焼津市浜当目にかけて続く急崖の海岸。延長は約4km。地名は崩落が多いことに由来する。.

新しい!!: 東海道本線と大崩海岸 · 続きを見る »

大府駅

大府駅(おおぶえき)は、愛知県大府市中央町三丁目にある、東海旅客鉄道(JR東海)の駅である。 当駅の所属線である東海道本線と、当駅を起点とする武豊線が乗り入れている。.

新しい!!: 東海道本線と大府駅 · 続きを見る »

大井川

大井川(おおいがわ)は、静岡県を流れる河川。一級水系大井川の本流。.

新しい!!: 東海道本線と大井川 · 続きを見る »

大井川鐵道大井川本線

| 大井川本線(おおいがわほんせん)は、静岡県島田市の金谷駅と同県榛原郡川根本町の千頭駅とを結ぶ大井川鐵道の鉄道路線である。 蒸気機関車 (SL) の動態保存・運行が行われている路線として知られる。また、元近鉄の特急用車両、元南海の急行用車両が、大井川鐵道に譲渡される前の塗色のままで運転されている。.

新しい!!: 東海道本線と大井川鐵道大井川本線 · 続きを見る »

大井町駅

跨線橋から見た駅ビルとJRホーム(2016年6月) 大井町駅(おおいまちえき)は、東京都品川区大井一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・東京急行電鉄(東急)・東京臨海高速鉄道(TWR)の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と大井町駅 · 続きを見る »

大磯丘陵

大磯丘陵(おおいそきゅうりょう)は、神奈川県西南部、中郡大磯町を中心に平塚市西部、秦野市南部、中郡二宮町、足柄上郡中井町、小田原市東部などにかけて広がる丘陵地である。.

新しい!!: 東海道本線と大磯丘陵 · 続きを見る »

大磯駅

ホーム(2010年3月) 大磯駅(おおいそえき)は、神奈川県中郡大磯町東小磯にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)東海道本線の駅である。 東京駅発着系統と、新宿駅経由で高崎線に直通する湘南新宿ライン、東京駅・上野駅経由で東北本線(宇都宮線)・高崎線に直通する上野東京ラインが停車する(運転形態の詳細については「東海道線 (JR東日本)」を参照)。.

新しい!!: 東海道本線と大磯駅 · 続きを見る »

大高駅

大高駅(おおだかえき)は、愛知県名古屋市緑区大高町字鶴田にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と大高駅 · 続きを見る »

大谷駅 (滋賀県)

| 大谷駅(おおたにえき)は、滋賀県大津市大谷町にある、京阪電気鉄道京津線の駅。駅番号はOT34。 ほぼ同じ位置に存在した官設鉄道東海道本線の大谷駅についてもこの記事で述べる。.

新しい!!: 東海道本線と大谷駅 (滋賀県) · 続きを見る »

大都市近郊区間 (JR)

大都市近郊区間(だいとしきんこうくかん)とは、JRの旅客営業規則(以下「旅規」という)第156条第2号に規定する区間である。東京・大阪・福岡・新潟・仙台の近郊に設定されており、それぞれ東京近郊区間(とうきょうきんこうくかん)・大阪近郊区間(おおさかきんこうくかん)・福岡近郊区間(ふくおかきんこうくかん)・新潟近郊区間(にいがたきんこうくかん)・仙台近郊区間(せんだいきんこうくかん)という。東京・大阪・福岡の3つの近郊区間は日本国有鉄道(国鉄)時代から規定されており、新潟および仙台の両近郊区間はJRになってから規定された。.

新しい!!: 東海道本線と大都市近郊区間 (JR) · 続きを見る »

大船駅

南改札(2016年12月30日) 大船駅(おおふなえき)は、神奈川県鎌倉市大船一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・湘南モノレールの駅である。JRホームの北半分および笠間口は横浜市栄区笠間一丁目に位置する。 鎌倉市と横浜市の境界上に位置し、両市の中心市街地とは離れているものの、鉄道を中心とした交通の要衝となっており、東口側を中心に駅前市街地が形成されている。.

新しい!!: 東海道本線と大船駅 · 続きを見る »

大阪市

大阪市(おおさかし)は、日本の近畿地方、大阪府のほぼ中央に位置する市で、同府の府庁所在地である。政令指定都市に指定されている。.

新しい!!: 東海道本線と大阪市 · 続きを見る »

大阪市高速電気軌道

大阪市高速電気軌道株式会社(おおさかしこうそくでんききどう、)は、大阪府大阪市内およびその周辺地域で地下鉄および新交通システムを運営する鉄道・軌道事業者である。 愛称はOsaka Metro(オオサカ メトロ)。国際化を見据えて英語表記を採用した。地名をわかりやすく示すため、報道機関によっては「大阪メトロ」と表記する場合もある-->。大阪市は「大阪市高速電気軌道」のほか「大阪メトロ」「大阪地下鉄」も2017年に商標出願しており、乗車券類に記載される鉄道事業者の略称として「大阪地下鉄」の表記を使用しているが、「大阪メトロ」の活用法は未定である。.

新しい!!: 東海道本線と大阪市高速電気軌道 · 続きを見る »

大阪市高速電気軌道御堂筋線

御堂筋線(みどうすじせん)は、大阪府吹田市の江坂駅から大阪市内を経て大阪府堺市北区の中百舌鳥(なかもず)駅までを結ぶ大阪市高速電気軌道 (Osaka Metro) の路線。正式名称は高速電気軌道第1号線、『鉄道要覧』では1号線(御堂筋線)と記載されている。駅番号を表す際に用いられる路線記号は「M」。北大阪急行電鉄南北線と相互直通運転を行っている。 路線愛称の由来は、大阪市のメインストリート御堂筋の地下を走ることから。ラインカラーは都市の大動脈をイメージした臙脂色(えんじいろ、赤、クリムゾンレッド M )である。.

新しい!!: 東海道本線と大阪市高速電気軌道御堂筋線 · 続きを見る »

大阪市高速電気軌道四つ橋線

四つ橋線(よつばしせん)は、大阪府大阪市北区の西梅田駅から同市住之江区の住之江公園駅までを結ぶ大阪市高速電気軌道 (Osaka Metro) の路線。正式名称は高速電気軌道第3号線と称し、『鉄道要覧』では3号線(四つ橋線)と記載されている。駅番号を表す際に用いられる路線記号は「Y」。 路線愛称の由来は、四つ橋筋の地下を走ることから。ラインカラーは、大阪市の大動脈である御堂筋線に対して静脈の意味や、また同線より海沿いを走っているため、縹色(はなだいろ、青、ビクトリアブルー Y )となっている。.

新しい!!: 東海道本線と大阪市高速電気軌道四つ橋線 · 続きを見る »

大阪市高速電気軌道谷町線

谷町線(たにまちせん)は、大阪府守口市の大日駅から大阪市内を経て大阪府八尾市の八尾南駅までを結ぶ大阪市高速電気軌道 (Osaka Metro) の路線。正式名称は高速電気軌道第2号線と称し、『鉄道要覧』では2号線(谷町線)と記載されている。駅番号を表す際に用いられる路線記号は「T」。 大阪市中心部では、沿線に官庁や寺院の多い谷町筋の地下を走る。地上区間は八尾南駅付近のみ。ラインカラーは高僧の袈裟の色に由来する京紫(紫、ロイヤルパープル T)。.

新しい!!: 東海道本線と大阪市高速電気軌道谷町線 · 続きを見る »

大阪平野

平野の北西端から(西宮市) 大阪平野(おおさかへいや)は、大阪府の北部の一部を除く大部分から兵庫県の南東部を占める平野である。.

新しい!!: 東海道本線と大阪平野 · 続きを見る »

大阪府

大阪府(おおさかふ)は、近畿地方に属する日本の都道府県の一つ。府庁所在地は大阪市。.

新しい!!: 東海道本線と大阪府 · 続きを見る »

大阪府道2号大阪中央環状線

大阪府道2号大阪中央環状線(おおさかふどう2ごう おおさかちゅうおうかんじょうせん)は、大阪府堺市堺区を起点とし、大阪府池田市を終点とする主要地方道。1970年(昭和45年)開催の日本万国博覧会に合わせて整備された。 一般的な通称は中環(ちゅうかん)であり、大阪内環状線(うちかん)、大阪外環状線(そとかん)とともに大阪府の環状軸を形成している。また、堺市街地では、「フェニックス通り」とも呼ばれている。.

新しい!!: 東海道本線と大阪府道2号大阪中央環状線 · 続きを見る »

大阪ステーションシティ

大阪ステーションシティ(おおさかステーションシティ、英称:OSAKA STATION CITY)は、大阪市北区梅田三丁目にある、JR大阪駅の再開発エリアを含む駅全体の複合施設である。2011年5月4日にグランドオープンした。.

新しい!!: 東海道本線と大阪ステーションシティ · 続きを見る »

大阪総合指令所

大阪総合指令所(おおさかそうごうしれいじょ)は、大阪府大阪市にある西日本旅客鉄道(JR西日本)の近畿統括本部が管轄し、在来線を管理する運転指令所である。なお、保安上の理由により、詳細な住所は非公表となっている。.

新しい!!: 東海道本線と大阪総合指令所 · 続きを見る »

大阪環状線

大阪環状線(おおさかかんじょうせん、英名:Osaka Loop Line)は、大阪府大阪市内の大阪駅 - 西九条駅 - 天王寺駅 - 京橋駅 - 大阪駅間を環状に結ぶ西日本旅客鉄道(JR西日本)の鉄道路線(幹線)である。 「大阪環状線」の呼称が指す区間は典拠や目的により、次のように使い分けられている。.

新しい!!: 東海道本線と大阪環状線 · 続きを見る »

大阪駅

大阪駅(おおさかえき)は、大阪府大阪市北区梅田三丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と大阪駅 · 続きを見る »

大阪高速鉄道大阪モノレール線

上・中:ギネスブック認定書(山田駅コンコース)下:万博記念公園駅付近を行く車両(いずれも2006年9月26日撮影) 大阪モノレール線(おおさかモノレールせん)は、大阪府豊中市の大阪空港駅から門真市の門真市駅を結ぶ大阪高速鉄道の跨座式モノレール路線である。 北大阪地区のターミナルである千里中央から、大阪国際空港(伊丹空港)や万博記念公園などへのアクセス路線として利用されている。 大阪モノレール線は、営業距離が日本最長のモノレールで、2011年に中国・重慶市の重慶軌道交通の新路線(重慶軌道交通3号線)が開業するまでは、ギネス世界記録でも認められた世界最長の営業距離を持つモノレールであった。そのため、主要駅のコンコースにはギネスブックの認定書が設置されている。 なお、「大阪モノレール線」という呼称は、支線である国際文化公園都市モノレール線(彩都線)開業前に決められたものであり、現在では彩都線を含めた大阪高速鉄道の全路線を「大阪モノレール」と呼称していることから、案内上ではこの路線自体を「大阪モノレール線」とは呼ばず「本線」と呼ぶこともあるでは「大阪モノレール線」より「本線」のほうが大書されている(2017年4月19日閲覧)。。.

新しい!!: 東海道本線と大阪高速鉄道大阪モノレール線 · 続きを見る »

大阪貨物ターミナル駅

大阪貨物ターミナル駅(おおさかかもつターミナルえき)は、大阪府摂津市安威川南町二丁目にある日本貨物鉄道(JR貨物)の貨物駅。東海道本線貨物支線の終端である。.

新しい!!: 東海道本線と大阪貨物ターミナル駅 · 続きを見る »

大阪湾

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と大阪湾 · 続きを見る »

大森駅 (東京都)

大森駅(おおもりえき)は、東京都大田区大森北一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅である。駅番号はJK 18。 乗り入れている路線は、線路名称上は東海道本線である(詳細は路線記事および鉄道路線の名称参照)が、当駅には電車線を走る京浜東北線電車のみが停車し、旅客案内では「東海道(本)線」とは案内されていない。また、JRの特定都区市内制度における「東京都区内」に属する。.

新しい!!: 東海道本線と大森駅 (東京都) · 続きを見る »

大正

大正(たいしょう)は日本の元号の一つ。明治の後、昭和の前。大正天皇の在位期間である1912年(明治45年/大正元年)7月30日から1926年(大正15年/昭和元年)12月25日までの期間。.

新しい!!: 東海道本線と大正 · 続きを見る »

大津市

大津市(おおつし)は、滋賀県の南西端に位置する市で、同県の県庁所在地である。中核市に指定されている。.

新しい!!: 東海道本線と大津市 · 続きを見る »

大津線

| 大津線(おおつせん)とは、かつて滋賀県大津市の膳所駅から浜大津駅の間に存在していた日本国有鉄道(国鉄)の鉄道路線である。.

新しい!!: 東海道本線と大津線 · 続きを見る »

大津駅

大津駅南口改札(2017年撮影) 大津駅(おおつえき)は、滋賀県大津市春日町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)東海道本線の駅である。滋賀県の県庁所在地でもある大津市の代表駅であり、「琵琶湖線」の愛称区間に含まれている。駅番号はJR-A29。2016年(平成28年)10月1日に駅ナカ商業施設「ビエラ大津」が開業した。.

新しい!!: 東海道本線と大津駅 · 続きを見る »

天井川

天井川(てんじょうがわ)とは、砂礫の堆積により河床(川底)が周辺の平面地よりも高くなった川である。.

新しい!!: 東海道本線と天井川 · 続きを見る »

天王山

天王山(てんのうざん)は、京都府乙訓郡大山崎町の山。 西側の山腹を、摂津国(現在の大阪府)と山城国(現在の京都府)の国境がよぎる。 山名は、中腹に牛頭天王を祀る山崎天王社(現 自玉手祭来酒解神社)があることに由来する。.

新しい!!: 東海道本線と天王山 · 続きを見る »

天王山トンネル

天王山トンネル(てんのうざんトンネル)は、京都府乙訓郡大山崎町と大阪府三島郡島本町の名神高速道路大山崎IC-茨木IC間にあるトンネルである。.

新しい!!: 東海道本線と天王山トンネル · 続きを見る »

天竜川

諏訪湖より流れ出た天竜川(長野県岡谷市) 天竜川(てんりゅうがわ)は、長野県から愛知県、静岡県を経て太平洋へ注ぐ天竜川水系の本流で、一級河川のひとつ。流路延長は213km(日本全国9位)、流域面積は5,090km2(日本全国12位)。.

新しい!!: 東海道本線と天竜川 · 続きを見る »

天竜川駅

旧駅舎(2008年9月) 天竜川駅(てんりゅうがわえき)は、静岡県浜松市東区天龍川町にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と天竜川駅 · 続きを見る »

天竜浜名湖鉄道天竜浜名湖線

| 天竜浜名湖線(てんりゅうはまなこせん)は、静岡県掛川市の掛川駅から浜松市天竜区の天竜二俣駅を経て、湖西市の新所原駅に至る天竜浜名湖鉄道が運営する鉄道路線。略して天浜線(てんはません)とも呼ばれる。旧国鉄の特定地方交通線であった二俣線を引き継いだ路線。 東海道本線から分岐して内陸部に入り、浜名湖の北岸を巡って再び東海道本線に合流しており、掛川 - 豊橋間の北回りバイパス線ともなっている。.

新しい!!: 東海道本線と天竜浜名湖鉄道天竜浜名湖線 · 続きを見る »

太平洋

太平洋(たいへいよう)は、アジア(あるいはユーラシア)、オーストラリア、南極、南北アメリカの各大陸に囲まれる、世界最大の海洋。大西洋やインド洋とともに、三大洋の1つに数えられる。日本列島も太平洋の周縁部に位置する。面積は約1億5,555万7千平方キロメートルであり、全地表の約3分の1にあたる。英語名からパシフィックオーシャン(Pacific ocean)とも日本語で表記されることもある。.

新しい!!: 東海道本線と太平洋 · 続きを見る »

太平洋ベルト

太平洋ベルト(たいへいようベルト)とは、日本の茨城県から大分県までを結ぶ、一連の工業地帯・工業地域を言う。 国民所得倍増計画(1960年)策定のための経済審議会産業立地小委員会報告において、既存の四大工業地帯にボトルネックの弊害が発生していたことから、瀬戸内海沿岸、静岡県などこれらの中間に新たな工業地帯を形成することにより、ベルト上の太平洋沿岸地域全体を工業立地の中核とするといういわゆる太平洋ベルト地帯構想が提唱されたことに由来する。.

新しい!!: 東海道本線と太平洋ベルト · 続きを見る »

太平洋戦争

太平洋戦争(たいへいようせんそう、Pacific War)は第二次世界大戦の局面の一つで、大日本帝国やドイツ国など枢軸国と、連合国(主にイギリス帝国、アメリカ合衆国、オランダなど)の戦争である。日本側の名称は1941年(昭和16年)12月12日に東条内閣が閣議で「大東亜戦争」と決定し、支那事変も含めるとされた(昭和16年12月12日 閣議決定)、国立国会図書館リンク切れ --> - 国立国会図書館リサーチ・ナビ(2012年12月20日版/2016年9月16日閲覧)。 日本軍のイギリス領マレー半島攻撃により始まり、その後アメリカ西海岸、アラスカからタヒチやオーストラリアを含む太平洋のほぼ全域から、東南アジア全域、インド洋のアフリカ沿岸までを舞台に、枢軸国と連合国とが戦闘を行ったほか、日本と英米蘭の開戦を機に蒋介石の中華民国政府が日本に対して正式に宣戦布告し、日中戦争(支那事変)も包括する戦争となった。.

新しい!!: 東海道本線と太平洋戦争 · 続きを見る »

太田川 (静岡県)

太田川(おおたがわ)は、静岡県西部を流れる二級河川。.

新しい!!: 東海道本線と太田川 (静岡県) · 続きを見る »

太陰太陽暦

太陰太陽暦(たいいんたいようれき、)とは、太陰暦を基とするが、太陽の動きも参考にして閏月を入れ、月日を定める暦(暦法)のこと。.

新しい!!: 東海道本線と太陰太陽暦 · 続きを見る »

太陽暦

太陽暦(たいようれき、)とは、地球が太陽の周りを回る周期(太陽年)を基にして作られた暦(暦法)である。1年の日数を1太陽年に近似させている。ユリウス暦や、現在、世界の多くの地域で使用されているグレゴリオ暦は、太陽暦の1種である。.

新しい!!: 東海道本線と太陽暦 · 続きを見る »

太湖汽船

太湖汽船(たいこきせん)は、かつて滋賀県の琵琶湖で航路を運営していた海運会社である。歴史上、2つの会社が存在している。.

新しい!!: 東海道本線と太湖汽船 · 続きを見る »

夜行列車

駅に停車中の夜行列車 夜行列車(やこうれっしゃ)とは、夜間から翌日の朝以降にまたがって運転される旅客列車のことである。夜汽車と呼ばれることもある。また、夜行列車のうち寝台車を主体とするものは寝台列車と呼ばれる。 多くの夜行列車は、深夜帯には主要駅をのぞいて旅客扱いを行わないが、深夜発早朝着で運行距離が短い列車では深夜であっても多数の駅で旅客扱いを行うものがある。夜行列車の最大のメリットは、深夜という非有効時間帯を利用して目的地に移動できることにある。そのため、他の競合交通機関の(昼行)最終便より遅く出発し、始発便より早く目的地に到着する設定の場合、最もその効果を発揮する。.

新しい!!: 東海道本線と夜行列車 · 続きを見る »

奈良線

奈良線(ならせん)は、京都府木津川市の木津駅から京都府京都市下京区の京都駅に至る西日本旅客鉄道(JR西日本)の鉄道路線(幹線)である。正式な起点は木津駅であるが、京都駅から木津駅へ向かう列車を「下り」としている。以下特記なければ、京都駅から木津駅(および奈良駅)へ向かう方向に記述する。.

新しい!!: 東海道本線と奈良線 · 続きを見る »

姫路駅

南口(2017年3月) 姫路駅(ひめじえき)は、兵庫県姫路市駅前町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅。姫路市の中心駅である。当駅より神戸駅方面・東海道本線大阪方面には「JR神戸線」の愛称路線名が設定されている。.

新しい!!: 東海道本線と姫路駅 · 続きを見る »

客車

客車(きゃくしゃ)とは、主に旅客を輸送するために用いられる鉄道車両である。座席車と寝台車を中心とするが、展望車、食堂車、荷物車、郵便車なども構造的には共通であり、旅客車と一体での運用も多いことから、これらも客車に分類される。 狭義では、機関車などにより牽引される無動力(動力集中方式)の旅客車両を指す。電車や気動車とは区別される。本稿では狭義の客車について記す。 同じく機関車に牽引される車両の中でも、貨物を運ぶ車両は貨車といい、客車とは区別される。.

新しい!!: 東海道本線と客車 · 続きを見る »

宮原総合運転所

宮原総合運転所・宮原操車場正門 宮原総合運転所(みやはらそうごううんてんじょ)とは、かつて大阪府大阪市淀川区木川東4丁目にあった西日本旅客鉄道(JR西日本)の車両基地である。2012年6月の組織改正により網干総合車両所宮原支所に継承されている。 本項では停車場としての宮原操車場についても記述する。.

新しい!!: 東海道本線と宮原総合運転所 · 続きを見る »

宿場

中山道妻籠宿 宿場(しゅくば)とは、主に江戸時代、五街道や脇往還において駅逓事務を取り扱うため設定された町場をいう。宿駅ともいい、古代、奈良時代・平安時代から駅馬・伝馬の制度によって整備されていった。 また、宿場を中心に形成された町を宿場町(しゅくばまち)と呼ぶ。.

新しい!!: 東海道本線と宿場 · 続きを見る »

守山駅 (滋賀県)

西口前バスロータリー 西口、遠景 駅のセブンイレブンに併設された無人の改札口 現在はICカード専用となっている(写真左は駅構内にある出入口、右はその先にある無人改札機) ホーム 守山駅(もりやまえき)は、滋賀県守山市梅田町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)・日本貨物鉄道(JR貨物)東海道本線の駅である。駅番号はJR-A22。「琵琶湖線」の愛称区間に含まれている。.

新しい!!: 東海道本線と守山駅 (滋賀県) · 続きを見る »

宇高連絡船

宇高連絡船(うこうれんらくせん)は、かつて岡山県玉野市の宇野駅と香川県高松市の高松駅との間で運航されていた日本国有鉄道(国鉄)・四国旅客鉄道(JR四国)の航路(鉄道連絡船)である。実際の距離は11.3海里(21.0 km)だが、営業キロ上の距離は18.0 km(擬制キロ)であった。.

新しい!!: 東海道本線と宇高連絡船 · 続きを見る »

宇都宮線

宇都宮線(うつのみやせん)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)東北本線のうち、東京都千代田区の東京駅から栃木県那須塩原市の黒磯駅までの区間の愛称である。駅ナンバリングで使われる路線記号はJU。(東京 - 大宮間) 1990年(平成2年)3月10日の「宇都宮線」の愛称設定時から、2015年(平成27年)3月14日に上野東京ラインが開業するまでは、東京都台東区の上野駅から栃木県那須塩原市の黒磯駅までの区間を宇都宮線と称した(インターネットアーカイブの2006年12月2日のアーカイブ)。.

新しい!!: 東海道本線と宇都宮線 · 続きを見る »

宇津ノ谷峠

蔦の細道の藤枝市側の南口 宇津ノ谷峠(うつのやとうげ)は、静岡県静岡市駿河区宇津ノ谷と藤枝市岡部町岡部坂下の境にある峠。国道1号・旧東海道が通る。標高151メートル。 中世から交通の要衝として和歌にも詠われ、現在でも国道1号のトンネルが通過している。また、平安時代の道(蔦の細道)から国道1号現道のトンネルまで、全て通行可能な状態で保存されており、道の変遷を知ることができる。近世東海道の交通を知る貴重なものとして2010年(平成22年)2月22日に国の史跡「東海道宇津ノ谷峠越」に指定された。.

新しい!!: 東海道本線と宇津ノ谷峠 · 続きを見る »

安城市

安城市(あんじょうし)は、愛知県西三河地方の市。.

新しい!!: 東海道本線と安城市 · 続きを見る »

安城駅

安城駅(あんじょうえき)は、愛知県安城市御幸本町にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と安城駅 · 続きを見る »

安威川

安威川(あいがわ)は、大阪府の北摂地域を流れる淀川水系の一級河川。昔から治水が大きな課題であった。.

新しい!!: 東海道本線と安威川 · 続きを見る »

安土城

安土城(あづちじょう)は、琵琶湖東岸の安土山(現在の滋賀県近江八幡市安土町下豊浦)にあった日本の城(山城)。城址は国の特別史跡で、琵琶湖国定公園第1種特別地域になっている。.

新しい!!: 東海道本線と安土城 · 続きを見る »

安土駅

旧駅舎正面(現在の西口側) 2番線ホーム 安土駅(あづちえき)は、滋賀県近江八幡市安土町上豊浦にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)東海道本線の駅である。駅番号はJR-A18。「琵琶湖線」の愛称区間に含まれている。.

新しい!!: 東海道本線と安土駅 · 続きを見る »

安倍川

安倍川(あべかわ)は、静岡県静岡市葵区および駿河区を流れる河川。一級水系安倍川の本流である。清流としても有名で、その伏流水は静岡市の水道水にも使われている。大河川でありながら本流・支流にひとつもダムが無い珍しい川である。 よく見聞きする表記として「安部川」や「あべがわ」があるが、これらは誤りである。 安倍川のたもとで売られている名物に「安倍川もち」があるが、地元以外では餅に黄な粉をまぶして食べる食べ方を単に「安倍川」と呼ぶことがある。.

新しい!!: 東海道本線と安倍川 · 続きを見る »

安倍川駅

安倍川駅(あべかわえき)は、静岡県静岡市駿河区鎌田にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と安倍川駅 · 続きを見る »

安治川口駅

安治川口駅(あじかわぐちえき)は、大阪府大阪市此花区島屋六丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)・日本貨物鉄道(JR貨物)桜島線(JRゆめ咲線)の駅である。駅番号はJR-P15。.

新しい!!: 東海道本線と安治川口駅 · 続きを見る »

安治川駅

安治川駅(あじかわえき)は、大阪府西成郡に存在した官設鉄道の駅(廃駅)である。現在の大阪市福島区野田四丁目付近(大阪市中央卸売市場本場の業務管理棟と西棟の間)にあったとされる。大阪駅から分岐した、安治川支線などと通称される路線(東海道本線の支線として扱われることがあるが、線路名称が定められる前に廃止されている)の終点だった。明治五年大阪圖に支線と当駅が掲載されている。.

新しい!!: 東海道本線と安治川駅 · 続きを見る »

寝台車 (鉄道)

寝台車(しんだいしゃ)は鉄道車両のうち、寝台設備を有するものを指す。 車両の構造は、開放式寝台と個室寝台(または区分室式寝台)とに大別される。 日本の場合、現在のJR各社においては、料金区分上A寝台・B寝台の2種に大別される。このうち、A寝台については座席車のグリーン車に相当する優等車であり、B寝台は座席車の普通車に相当する一般車である。形式記号は「寝床」を示す「ネ」をつけ、A寝台は「ロネ」・B寝台は「ハネ」となる。.

新しい!!: 東海道本線と寝台車 (鉄道) · 続きを見る »

富士 (列車)

富士」ヘッドマーク 大分駅に到着した「富士」 客車の最後尾とテールマーク 富士(ふじ)とは、九州旅客鉄道(JR九州)、西日本旅客鉄道(JR西日本)、東日本旅客鉄道(JR東日本)、東海旅客鉄道(JR東海)が東京駅 - 大分駅間を東海道本線・山陽本線・日豊本線経由で、2009年3月14日のダイヤ改正まで運行していた寝台特急列車(ブルートレイン)である。なお、同日のダイヤ改正で併結する「はやぶさ」とともに廃止された - 朝日新聞 2008年12月19日 - 東日本旅客鉄道プレスリリース 2008年12月19日 - 東海旅客鉄道プレスリリース 2008年12月19日。 なお本項では、「富士」としての名称の沿革と、東京と九州東部を日豊本線経由で運行されていた夜行列車の沿革についても記述する。.

新しい!!: 東海道本線と富士 (列車) · 続きを見る »

富士山

富士山(ふじさん、Mount Fuji)は、静岡県(富士宮市、裾野市、富士市、御殿場市、駿東郡小山町)と、山梨県(富士吉田市、南都留郡鳴沢村)に跨る活火山である。標高3776.24 m2等三角点「富士山」の標高は3775.51mである。最高地点はこの三角点から北へ約12mのところにある岩の頂上であり、その高さは、三角点より0.61mだけ高い(1991年の観測)。、日本最高峰(剣ヶ峰)日本が玉山(新高山)のある台湾を領有していた時期を除く。の独立峰で、その優美な風貌は日本国外でも日本の象徴として広く知られている。数多くの芸術作品の題材とされ芸術面で大きな影響を与えただけではなく、気候や地層など地質学的にも大きな影響を与えている。懸垂曲線の山容を有した玄武岩質成層火山で構成され、その山体は駿河湾の海岸まで及ぶ。 古来霊峰とされ、特に山頂部は浅間大神が鎮座するとされたため、神聖視された。噴火を沈静化するため律令国家により浅間神社が祭祀され、浅間信仰が確立された。また、富士山修験道の開祖とされる富士上人により修験道の霊場としても認識されるようになり、登拝が行われるようになった。これら富士信仰は時代により多様化し、村山修験や富士講といった一派を形成するに至る。現在、富士山麓周辺には観光名所が多くある他、夏季シーズンには富士登山が盛んである。 日本三名山(三霊山)、日本百名山『日本百名山』 深田久弥(著)、朝日新聞社、1982年、ISBN 4-02-260871-4、pp269-272、日本の地質百選に選定されている。また、1936年(昭和11年)には富士箱根伊豆国立公園に指定されている。その後、1952年(昭和27年)に特別名勝、2011年(平成23年)に史跡、さらに2013年(平成25年)6月22日には関連する文化財群とともに「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の名で世界文化遺産に登録された。日本の文化遺産としては13件目である。富士の山とは詠んだとしても、「ふじやま」という呼称は誤りである。.

新しい!!: 東海道本線と富士山 · 続きを見る »

富士岡駅

富士岡駅(ふじおかえき)は、静岡県御殿場市中山にある、東海旅客鉄道(JR東海)御殿場線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と富士岡駅 · 続きを見る »

富士川

富士川(ふじかわ)は、長野県・山梨県及び静岡県を流れる河川。一級水系富士川の本流であり日本三大急流の一つに数えられている。 甲斐と駿河を結ぶ水運としての要路であり、古くから人々の暮らしに密着してきた。.

新しい!!: 東海道本線と富士川 · 続きを見る »

富士川駅

東口(2008年11月) 富士川駅(ふじかわえき)は、静岡県富士市中之郷にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と富士川駅 · 続きを見る »

富士市

富士市(ふじし)は、静岡県東部の市である。施行時特例市でもある。.

新しい!!: 東海道本線と富士市 · 続きを見る »

富士駅

富士駅(ふじえき)は、静岡県富士市本町にある、東海旅客鉄道(JR東海)・日本貨物鉄道(JR貨物)の駅である。 南口(2018年4月) ホーム(2005年11月).

新しい!!: 東海道本線と富士駅 · 続きを見る »

小夜の中山

小夜の中山(さよのなかやま)または佐夜の中山(読みは同じ)は、静岡県掛川市佐夜鹿(さよしか)に位置する峠。最高点の標高は252m。古くは遠江国の東部に属し、宿場では金谷宿と日坂宿の間に当たる。頂上には真言宗の久延寺、西側の麓の日坂宿の入口には事任八幡宮があり、多くの人々が旅の安全を願って立ち寄ったと伝わるほか、遠州七不思議の一つで、赤ん坊の泣き声を発したとの伝説を持つ夜泣き石がある。.

新しい!!: 東海道本線と小夜の中山 · 続きを見る »

小笠山

小笠山(おがさやま)は、静岡県の西部、掛川市と袋井市にまたがる標高264.8mの山である。.

新しい!!: 東海道本線と小笠山 · 続きを見る »

小田原城

小田原城(おだわらじょう)は、神奈川県小田原市にあった、戦国時代から江戸時代にかけての日本の城(平山城)で、北条氏の本拠地として有名である。江戸時代には小田原藩の藩庁があった。城跡は国の史跡に指定されている。.

新しい!!: 東海道本線と小田原城 · 続きを見る »

小田原市

小田原市(おだわらし)は、神奈川県西部の市である。施行時特例市に指定されている。.

新しい!!: 東海道本線と小田原市 · 続きを見る »

小田原駅

小田原駅(おだわらえき)は、神奈川県小田原市栄町一丁目および城山一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・東海旅客鉄道(JR東海)・日本貨物鉄道(JR貨物)・小田急電鉄(小田急)・箱根登山鉄道・伊豆箱根鉄道の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と小田原駅 · 続きを見る »

小田急小田原線

小田原線(おだわらせん)は、東京都新宿区の新宿駅から神奈川県小田原市の小田原駅を結ぶ小田急電鉄の鉄道路線である。駅ナンバリングで使われる路線記号はOH。 単に「小田急線」や「小田急本線」と言う場合、通常は小田原線を指すことが多い。.

新しい!!: 東海道本線と小田急小田原線 · 続きを見る »

小田急江ノ島線

| 江ノ島線(えのしません)は、神奈川県相模原市南区の相模大野駅から神奈川県藤沢市の片瀬江ノ島駅を結ぶ小田急電鉄の鉄道路線である。駅ナンバリングで使われる路線記号はOE。 線形の関係上、藤沢駅でスイッチバックを行う。また、本来は小田原線からは相武台前駅で分岐する予定だったが、当時相武台前駅付近には農業地が多かったため、当時山林が主だった相模大野駅からの分岐となった。なお、実際の分岐は相模大野駅から0.2km小田原寄りの相模大野分岐点である。.

新しい!!: 東海道本線と小田急江ノ島線 · 続きを見る »

尼崎市

尼崎市(あまがさきし)は、兵庫県南東部に位置する市である。中核市に指定されている。.

新しい!!: 東海道本線と尼崎市 · 続きを見る »

尼崎市場駅

尼崎市場駅(あまがさきしじょうえき)は、兵庫県尼崎市久々知にかつてあった日本国有鉄道(国鉄)の貨物駅である。尼崎駅から分岐していた東海道本線の貨物支線の終点であった。.

新しい!!: 東海道本線と尼崎市場駅 · 続きを見る »

尼崎駅 (JR西日本)

尼崎駅(あまがさきえき)は、兵庫県尼崎市潮江(しおえ)一丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅である。 JR線内では、兵庫県内で最東端の駅となる。第4回近畿の駅百選に選定された。.

新しい!!: 東海道本線と尼崎駅 (JR西日本) · 続きを見る »

尾張一宮駅

尾張一宮駅(おわりいちのみやえき)は、愛知県一宮市栄三丁目にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線名古屋地区の駅である。 名鉄一宮駅と並行に位置し一体的なターミナルとなっており、ともに一宮市の代表駅となっている。名鉄との区分のため必要がある場合には「JR一宮駅」とも呼ばれ、また、両駅をあわせて「一宮総合駅」と称する場合もある。なお、地上駅時代は名鉄駅と改札口も共通であったが、1993年2月21日より供用を開始した名鉄駅の高架化に伴い分離された。.

新しい!!: 東海道本線と尾張一宮駅 · 続きを見る »

尾頭橋駅

名古屋方から見たホーム 尾頭橋駅(おとうばしえき)は、愛知県名古屋市中川区尾頭橋4丁目にある東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線名古屋地区の駅である。副駅名はウインズ名古屋前である。.

新しい!!: 東海道本線と尾頭橋駅 · 続きを見る »

専用貨物列車

専用貨物列車(せんようかもつれっしゃ)は、日本貨物鉄道(JR貨物)が運行する貨物列車のうち、最高運転速度75 km/h以下の列車をいう。.

新しい!!: 東海道本線と専用貨物列車 · 続きを見る »

専用鉄道

専用鉄道(せんようてつどう)とは、工場生産品の出荷や原料薬品の入荷、鉱石、変圧器、鉄道車両(甲種車両)の搬出など、専ら自己の用に供する鉄道のこと。ここでは、専用線(せんようせん)についても記述する。.

新しい!!: 東海道本線と専用鉄道 · 続きを見る »

山崎宿

離宮八幡宮の近くにある、山城と摂津の国境の碑(京都・大阪府境)。 山崎宿(やまざきしゅく)は、山陽道西国街道の摂津国と山城国の境に位置した宿場町。堺と同様の自治都市で、山崎の戦い時には明智側、豊臣側双方から市街での戦闘を避けるよう協定がなされていた。 山陽道のみならず丹波街道の起点でもあり、古くは淀川対岸まで山崎橋がかかり、外国使節などが到着する港があったとされる。また、嵯峨天皇はこの地に離宮を設け、貞観3年6月7日(861年7月18日)にその施設が山城国の施設として転用されることになり、国府が山崎に移転した(『日本三代実録』)。 現在、関大明神社や離宮八幡宮、山崎駅(鉄道のそれとは無関係)の遺構などが残る。 廃藩置県時、山崎の地名を大阪府・京都府のどちらが継承するかが争われ、大阪側に山崎村、京都側に大山崎村が成立した。 Category:宿場 宿やまさきしゆく 宿やまさきしゆく Category:大阪府の交通史 Category:京都府の交通史 Category:大山崎町の歴史 Category:島本町の歴史 Category:西国街道.

新しい!!: 東海道本線と山崎宿 · 続きを見る »

山崎駅 (京都府)

構内 京都・大阪府境の標識(下りホーム) 山崎駅(やまざきえき)は、京都府乙訓郡大山崎町字大山崎小字西谷(こあざにしたに)にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)東海道本線の駅である。駅番号はJR-A36。「JR京都線」の愛称区間に含まれている。.

新しい!!: 東海道本線と山崎駅 (京都府) · 続きを見る »

山崎蒸溜所

ントリー山崎蒸溜所全景 「響」マークを掲出していた頃のサントリー山崎蒸溜所:この奥に椎尾神社と水上隣保館があり、道路は公道となっている 山崎蒸溜所(やまざきじょうりゅうしょ、SUNTORY YAMAZAKI DISTILLERY)は、大阪府三島郡島本町山崎五丁目2番1号にあるサントリーホールディングスのウイスキー蒸留所である。同蒸溜所では、同社のシングルモルトウイスキーの主力銘柄である「山崎」を生産している。また、同蒸溜所及びインターネットショップ限定販売の山崎の樽出原酒を生産する。.

新しい!!: 東海道本線と山崎蒸溜所 · 続きを見る »

山下公園

山下公園前の海に係留されている氷川丸 コンテナオブジェクト(横浜トリエンナーレ2005による展示、2008年に撤去済み) ガーデンベア立体花壇(第33回全国都市緑化よこはまフェアにて) 赤い靴はいてた女の子像 山下公園(やましたこうえん)は、神奈川県横浜市中区山下町にある公園(風致公園)。.

新しい!!: 東海道本線と山下公園 · 続きを見る »

山北駅

山北駅(やまきたえき)は、神奈川県足柄上郡山北町山北にある、東海旅客鉄道(JR東海)御殿場線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と山北駅 · 続きを見る »

山王信号場

山王信号場(さんのうしんごうじょう)は、愛知県名古屋市中川区露橋1丁目にある、東海旅客鉄道(JR東海)中央本線の信号場である。 中央本線金山駅 - 名古屋駅間において東海道本線貨物支線(通称:名古屋港線)の名古屋港駅へ向かう路線を分岐するために設置された。.

新しい!!: 東海道本線と山王信号場 · 続きを見る »

山科駅

山科駅(やましなえき)は、京都府京都市山科区安朱(あんしゅ)北屋敷町および安朱南屋敷町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)・京都市営地下鉄の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と山科駅 · 続きを見る »

山陰地方

山陰地方(さんいんちほう)は、日本の地域の一つであり、本州西部のうち日本海に面する地方である。名称は五畿七道の山陰道に因む。.

新しい!!: 東海道本線と山陰地方 · 続きを見る »

山陰本線

山陰本線(さんいんほんせん)は、京都府京都市下京区の京都駅から中国地方の日本海沿岸(山陰地方)を経由し、山口県下関市の幡生駅に至る西日本旅客鉄道(JR西日本)の鉄道路線(幹線)である。このほか、仙崎支線あるいは仙崎線と呼ばれる長門市駅 - 仙崎駅間の支線を持つ。 京都駅 - 園部駅間については、「嵯峨野線」も参照。.

新しい!!: 東海道本線と山陰本線 · 続きを見る »

山陽鉄道

| 山陽鉄道(さんようてつどう)は、明治時代の鉄道会社。現在の山陽本線などを建設した。.

新しい!!: 東海道本線と山陽鉄道 · 続きを見る »

山陽本線

山陽本線(さんようほんせん)は、兵庫県神戸市中央区の神戸駅から福岡県北九州市門司区の門司駅までを瀬戸内海に沿って結ぶ鉄道路線(幹線)である。本線のほか、通称「和田岬線」と呼ばれる兵庫駅 - 和田岬駅間の支線を持つ。神戸駅 - 下関駅間と和田岬線は西日本旅客鉄道(JR西日本)、下関駅 - 門司駅間は九州旅客鉄道(JR九州)の管轄である。一般的に山陽線と略される。 なお、広義では山陽新幹線の新神戸駅から小倉駅までの区間も山陽本線に含める場合があるが、本項目では在来線としての山陽本線全般の概要や沿革などについて記す。新幹線については「山陽新幹線」を、また在来線の地域ごとの詳細については以下の記事も参照。.

新しい!!: 東海道本線と山陽本線 · 続きを見る »

山陽本線優等列車沿革

山陽本線優等列車沿革(さんようほんせんゆうとうれっしゃえんかく)では、山陽鉄道による開業より山陽本線を経由して運行された特急列車・急行列車・準急列車の運行の沿革を主に記載する。.

新しい!!: 東海道本線と山陽本線優等列車沿革 · 続きを見る »

山陽新幹線

山陽新幹線(さんようしんかんせん)は、新大阪駅から博多駅までを結ぶ西日本旅客鉄道(JR西日本)の高速鉄道路線(新幹線)およびその列車である。 東海道新幹線を延長する形で建設され、多くの列車が直通運転を行っていることから、総称して「東海道・山陽新幹線(とうかいどう・さんようしんかんせん)」とも呼ばれる場合もある。また、2011年3月12日から九州新幹線とも直通運転を行っており、総称して「山陽・九州新幹線(さんよう・きゅうしゅうしんかんせん)」という標記や、さらにこれらの3路線を総称して「東海道・山陽・九州新幹線(とうかいどう・さんよう・きゅうしゅうしんかんせん)」という標記もみられるJR西日本が定期的に自社の主要駅で配布している新幹線時刻表では「東海道・山陽・九州新幹線」と表記されている。。.

新しい!!: 東海道本線と山陽新幹線 · 続きを見る »

山手線

山手線(やまのてせん)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)が運営する鉄道路線である。 「山手線」には、次の4つの意味合いがある。旅客案内および運行管理上は2.が多用される。.

新しい!!: 東海道本線と山手線 · 続きを見る »

岐大バイパス

岐大バイパス(ぎだいバイパス)は、岐阜県岐阜市東中島から垂井町綾戸の23.9kmに建設された国道21号のバイパスである。岐阜南部横断ハイウェイとして地域高規格道路計画路線に指定されている。 岐南インター交差点~茜部本郷交差点までは国道22号と国道156号が重複している。なお、名称となっている岐大は岐阜市と大垣市を結んでいることに由来する。.

新しい!!: 東海道本線と岐大バイパス · 続きを見る »

岐阜城

岐阜城(ぎふじょう)は、岐阜県岐阜市(旧・美濃国井之口)の金華山(稲葉山)にあった日本の城(山城跡)。織田信長が、斎藤龍興から奪取した稲葉山城の縄張りを破却して、新たに造営したものが岐阜城である。城跡は岐阜城跡(ぎふじょうあと)として金華山と、その山塊の2,091,602.74平方メートルが国の史跡に指定されている。その範囲は、現在の国有林の範囲に符合する。 『信長公記』に、「尾張国小真木山より濃州稲葉山へ御越しなり。井口と申すを今度改めて、岐阜と名付けさせられ」と記載されている。稲葉山(井口山)からの続きが瑞龍寺山という。.

新しい!!: 東海道本線と岐阜城 · 続きを見る »

岐阜市

岐阜市(ぎふし)は、岐阜県の中南部に位置する中核市で、同県の県庁所在地である。旧稲葉郡・山県郡・本巣郡・羽島郡。.

新しい!!: 東海道本線と岐阜市 · 続きを見る »

岐阜シティ・タワー43

岐阜シティ・タワー43(ぎふシティ・タワー43、GIFU CITY TOWER 43)は、岐阜県岐阜市橋本町2丁目52番地にある商業・住居複合の高層ビルである、岐阜市市街地再開発課、2016年3月9日。 タワーは岐阜市の旧地名「井ノ口」の「井」にちなみ中央が吹き抜け、外観デザインは鵜飼舟を模し、外壁の水平ラインは岐阜提灯をモチーフにしてあり、随所に岐阜を感じるデザインが取り込まれている。 施行者は岐阜駅西地区市街地再開発組合(2009年3月解散)、管理・運営は岐阜シティ・タワー43開発。2007年10月13日にオープン、住居を伴う複合ビルとしては中部圏で最も高い。地上43階、高さ162.82m。.

新しい!!: 東海道本線と岐阜シティ・タワー43 · 続きを見る »

岐阜羽島駅

近隣ホテルから撮影した駅 駅前にある大野伴睦夫妻銅像 岐阜羽島駅(ぎふはしまえき)は、岐阜県羽島市福寿町平方にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道新幹線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と岐阜羽島駅 · 続きを見る »

岐阜県

岐阜県(ぎふけん)は、日本の中部地方に位置する県で内陸県の一つ。 日本の人口重心中央に位置し、その地形は変化に富んでいる。県庁所在地は岐阜市。.

新しい!!: 東海道本線と岐阜県 · 続きを見る »

岐阜駅

岐阜駅(ぎふえき)は、岐阜県岐阜市橋本町一丁目にある、東海旅客鉄道(JR東海)の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と岐阜駅 · 続きを見る »

岐阜貨物ターミナル駅

岐阜貨物ターミナル駅(ぎふかもつターミナルえき)は、岐阜県岐阜市今嶺四丁目にある日本貨物鉄道(JR貨物)東海道本線の貨物駅。新南陽駅とともに、着発線荷役方式(E&S方式)を初めて採用した駅であり、駅構内に「着発線荷役方式 発祥の地」とした石碑が建っている。.

新しい!!: 東海道本線と岐阜貨物ターミナル駅 · 続きを見る »

岡崎市

乙川と岡崎市街地遠景 岡崎市中心部(康生地区) 西康生通り 岡崎市中心部を通る国道1号 岡崎市(おかざきし)は、愛知県の旧三河国のほぼ中央に位置する市。全国的には「八丁味噌」の産地として知られ、豊田市とともに西三河を代表する都市。中核市に指定されている。.

新しい!!: 東海道本線と岡崎市 · 続きを見る »

岡崎平野

岡崎平野(おかざきへいや)は、愛知県中部『ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』『世界大百科事典 第2版』『日本の地名がわかる事典』『日本大百科全書』または中南部『デジタル大辞泉』にある平野。矢作川下流域に広がる『百科事典マイペディア』。西三河平野(にしみかわへいや)、西三平野(せいさんへいや)とも呼ばれる。.

新しい!!: 東海道本線と岡崎平野 · 続きを見る »

岡崎駅

東口(2005年6月) 東口(2017年8月) 愛知環状鉄道 岡崎駅の駅名標 岡崎駅(おかざきえき)は、愛知県岡崎市羽根町字東荒子にある、東海旅客鉄道(JR東海)・愛知環状鉄道(愛環)の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と岡崎駅 · 続きを見る »

岡本駅 (兵庫県)

| 岡本駅(おかもとえき)は、兵庫県神戸市東灘区岡本五丁目にある、阪急電鉄神戸本線の駅。駅番号はHK-11。 当初は普通・急行(西宮北口駅以西で各駅に停車)のみ停車していたが、1995年6月12日に阪神・淡路大震災の復旧工事が完了した際に実施されたダイヤ改正で特急をはじめとする全営業列車の停車駅となった。.

新しい!!: 東海道本線と岡本駅 (兵庫県) · 続きを見る »

岡本梅林公園

岡本梅林公園の梅 岡本梅林公園(おかもとばいりんこうえん)は、神戸市東灘区にある公園である。また、同地域に別途「保久良梅林」と呼ばれる梅林鑑賞エリアもある。.

新しい!!: 東海道本線と岡本梅林公園 · 続きを見る »

岩波駅

岩波駅(いわなみえき)は、静岡県裾野市岩波にある、東海旅客鉄道(JR東海)御殿場線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と岩波駅 · 続きを見る »

岳南電車岳南線

| 岳南線(がくなんせん)は、静岡県富士市内の吉原駅と岳南江尾駅とを結ぶ岳南電車の鉄道路線である。 2013年(平成25年)3月までは岳南鉄道によって運営されていたが、貨物輸送の廃止に伴う収益悪化を背景に、同年4月より岳南鉄道の鉄道部門が岳南電車として分社化された。岳南電車線とも称されるほか、岳南電車移管後も岳南鉄道線と称されることがある。.

新しい!!: 東海道本線と岳南電車岳南線 · 続きを見る »

岸辺駅

橋上駅舎化前のホーム 岸辺駅(きしべえき)は、大阪府吹田市岸部南一丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)東海道本線の駅。駅番号はJR-A43。「JR京都線」の愛称区間に含まれている。.

新しい!!: 東海道本線と岸辺駅 · 続きを見る »

島田市

島田市(しまだし)は、静岡県中部、大井川の両岸に位置する都市。.

新しい!!: 東海道本線と島田市 · 続きを見る »

島田駅 (静岡県)

島田駅(しまだえき)は、静岡県島田市日之出町にある、東海旅客鉄道(JR東海)・日本貨物鉄道(JR貨物)東海道本線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と島田駅 (静岡県) · 続きを見る »

島本駅

西口駅舎 改札口 ホーム 島本駅(しまもとえき)は、大阪府三島郡島本町桜井一丁目にある西日本旅客鉄道(JR西日本)東海道本線の駅である。駅番号はJR-A37。「JR京都線」の愛称区間に含まれている。.

新しい!!: 東海道本線と島本駅 · 続きを見る »

川崎市

川崎市(かわさきし)は神奈川県の北東部に位置する政令指定都市で、7区の行政区を持つ。 政令指定都市の中では最も面積が小さいが、人口は都道府県庁所在地以外の市の中では最大である。2017年4月26日には、4月24日現在の人口が1,500,052人に達したと発表した。 市内全域が旧武蔵国に含まれる。神奈川県内の市町村では唯一、相模国に属していた地域を含まない。.

新しい!!: 東海道本線と川崎市 · 続きを見る »

川崎駅

西口(2011年10月8日) 川崎駅(かわさきえき)は、神奈川県川崎市川崎区駅前本町(駅の西半分は同市幸区)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と川崎駅 · 続きを見る »

川崎貨物駅

川崎貨物駅(2010年5月) 川崎貨物駅(かわさきかもつえき)は、神奈川県川崎市川崎区塩浜四丁目にある日本貨物鉄道(JR貨物)・神奈川臨海鉄道の貨物駅である。 JRの東海道本線貨物支線(通称東海道貨物線)、神奈川臨海鉄道の浮島線・千鳥線が乗り入れる。乗り入れる3路線はいずれも貨物線である。2017年9月30日まではこれに加えて神奈川臨海鉄道の水江線も乗り入れていた。.

新しい!!: 東海道本線と川崎貨物駅 · 続きを見る »

川内駅 (鹿児島県)

川内駅(せんだいえき)は、鹿児島県薩摩川内市鳥追町にある、九州旅客鉄道(JR九州)・日本貨物鉄道(JR貨物)・肥薩おれんじ鉄道の駅である。 山田線の川内駅(かわうちえき)と区別するため、当駅発着の切符には「(鹿)川内」と印字される。.

新しい!!: 東海道本線と川内駅 (鹿児島県) · 続きを見る »

巴川口駅

巴川口駅(ともえがわぐちえき)は、静岡県清水市(現・静岡市清水区)清開1丁目にあった日本国有鉄道(国鉄)清水港線の駅(廃駅)である。清水港線廃線に伴い1984年(昭和59年)4月1日に廃止となった。.

新しい!!: 東海道本線と巴川口駅 · 続きを見る »

上阪駅

上阪駅(こうざかえき)は、かつて滋賀県(現在の長浜市)の東海道本線旧線に設けられていた駅(廃駅)である。.

新しい!!: 東海道本線と上阪駅 · 続きを見る »

上野駅

上野駅(うえのえき)は、東京都台東区上野七丁目および東上野三丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・東京地下鉄(東京メトロ)の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と上野駅 · 続きを見る »

上野東京ライン

上野東京ライン(うえのとうきょうライン)は、東京都台東区の上野駅と同千代田区の東京駅を経由し、東北本線(宇都宮線)・高崎線・常磐線と東海道本線(東海道線)を相互直通運転する東日本旅客鉄道(JR東日本)の系統路線名である。東北本線東京駅 - 上野駅間に増設された線路が2015年(平成27年)3月14日に開通し、同時にこれを経由する前記各線間の直通運転が開始された。.

新しい!!: 東海道本線と上野東京ライン · 続きを見る »

中央区 (神戸市)

中央区(ちゅうおうく)は、神戸市を構成する9区のうちの一つ。1980年に、葺合区(ふきあいく)とフラワーロード以西の生田区(いくたく)が合併してできた区である。明治期の開港とともに発展を始めた地域で戦後に行政機能が移転してきたことにより神戸および神戸都市圏の都心としての役割をなしている。震災前後までに、開港当時からの領事館もこの地から「神戸」の名を冠して大阪に移転したものの、まだ名誉領事館・国際機関が多く存在している。 三宮、異人館が並ぶ重要伝統的建造物群保存地区の北野町山本通、神戸ルミナリエと近代建築のライトアップで有名な旧居留地、中華街の南京町、神戸港ウォーターフロントのメリケンパーク・神戸ハーバーランド・ポートアイランド・神戸空港(マリンエア)・東部新都心のHAT神戸などがある。.

新しい!!: 東海道本線と中央区 (神戸市) · 続きを見る »

中央本線

| 中央本線(ちゅうおうほんせん)は、東京都千代田区の東京駅から新宿区の新宿駅、長野県塩尻市の塩尻駅を経由して愛知県名古屋市中村区の名古屋駅までを結ぶ鉄道路線(幹線)である。 このうち東京駅 - 塩尻駅間は東日本旅客鉄道(JR東日本)、塩尻駅 - 名古屋駅間は東海旅客鉄道(JR東海)の管轄となっている。なお、塩尻駅はJR東日本の管轄である。「中央東線」や「中央西線」、「中央線快速」など、区間や系統別に様々な呼称がある(後述)。 『鉄道要覧』上は、重複する東京駅 - 神田駅間は東北本線、代々木駅 - 新宿駅間は山手線となっている(詳しくは概要を参照)。 地域ごとの詳細については、以下の記事も参照。.

新しい!!: 東海道本線と中央本線 · 続きを見る »

中山道

五十五里塚跡、下諏訪宿 福島宿) 一里塚(岐阜県垂井町) 中山道(なかせんどう)は、江戸時代の五街道の一つで、江戸の日本橋と京都の三条大橋を内陸経由で結ぶ街道である。「中仙道板橋駅の北側にある踏切が「中仙道踏切」という名称である。」、「仲仙道」とも表記するほか、「木曾街道」や「木曽路」の異称も有した。.

新しい!!: 東海道本線と中山道 · 続きを見る »

中山道幹線

中山道幹線(なかせんどうかんせん)、または中山道線(なかせんどうせん)は、日本の官設鉄道(国鉄)が東京と京都を結ぶ目的で、中山道に沿って計画した鉄道路線である。実際に着工されたものの、工期と工費が当初の見込みを大幅に上回ることが建設中に判明したため、東京と京都を結ぶ幹線鉄道としては東海道本線の建設を行う方針に変更された。しかしそれまでに着手されていた区間の中には開通に漕ぎ着けたものもある。.

新しい!!: 東海道本線と中山道幹線 · 続きを見る »

中京圏

中京圏(ちゅうきょうけん)は、愛知県名古屋市を中心とする都市圏である。日本の三大都市圏の一つ。 別名名古屋圏(なごやけん)、中部圏(ちゅうぶけん)。.

新しい!!: 東海道本線と中京圏 · 続きを見る »

中華街

横浜中華街(善隣門) シンガポールの唐人街 中華街(ちゅうかがい、華人街、チャイナタウン、Chinatown、唐人街)とは、非中国人地域における華僑・華人の街のこと。他に、唐人街(とうじんまち、)、華埠(簡体字:华埠、)、中国城(繁体字:中國城、)、南京町などと呼ばれる。この後、南京町については、現在でも南京町(なんきんまち)という名称を使用しているのは、日本の神戸の中華街のみで、南京町商店街振興組合(日本神戸市中央区)が登録している商標となっている。 大きなものは北アメリカや東南アジアに多く見られるが、ヨーロッパやオーストラリアでも拡大中の中華街が見られる。歴史的には長崎の唐人町のように政府の規制によって形成された中華街もあり、現代の中華街の中にもこの系譜を引くものもあるが、基本的には華人・華僑の集住によって出現する社会的現象であって、法律により規定されるものではない。.

新しい!!: 東海道本線と中華街 · 続きを見る »

中距離電車

中距離電車(ちゅうきょりでんしゃ)または中距離列車(ちゅうきょりれっしゃ)とは、電車区間を走る電車列車より、長い距離を走る列車のことを指すpage.

新しい!!: 東海道本線と中距離電車 · 続きを見る »

中郡

奈川県中郡の範囲(1.大磯町 2.二宮町 水色:後に他郡から編入した区域) 中郡(なかぐん)は、神奈川県の郡。 以下の2町からなる。.

新しい!!: 東海道本線と中郡 · 続きを見る »

中村建治

中村 建治(なかむら けんじ、1946年 - )は、山梨県大月市生まれ。明治大学政治経済学部卒。鉄道史学会会員。著書に、「中央線誕生」「山手線誕生」「東海道線誕生」「メトロ誕生」「地下鉄誕生」「東北線誕生」などの「鉄道誕生シリーズ」のほか、「鉄道唱歌の謎」「明治・大正・昭和の鉄道地図を読む」「鉄道ツアー旅」、近年は、「東京・消えた!鉄道シリーズ」として「全97駅」「鉄道計画」「廃線跡」がある。分担執筆に「鉄道史人物事典」「歴史でめぐる鉄道全路線」など。出典=「消えた!東京の鉄道」の奥付。.

新しい!!: 東海道本線と中村建治 · 続きを見る »

常磐快速線

常磐快速線(じょうばんかいそくせん)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)常磐線のうち、快速線である。各駅停車以外の列車が走行する。駅ナンバリングで使われる路線記号はJJ。路線案内上では「常磐線(快速)」と表示される。 運転系統上の「常磐線快速」は東北本線上野駅 - 日暮里駅間と常磐線日暮里駅 - 取手駅間を直通する上野駅 - 取手駅間の系統を指している。2015年3月14日からは、上野東京ラインを経由して東海道本線(東海道線)品川駅まで乗り入れており、品川駅 - 上野駅間も系統上の一区間として扱われる場合もある。 本記事では、「常磐線快速」および品川駅 - 取手駅間の「常磐線(中距離列車、中電)」の運行形態について記述する。.

新しい!!: 東海道本線と常磐快速線 · 続きを見る »

常磐線

常磐線(じょうばんせん)は、東京都荒川区の日暮里駅から千葉県北西部、茨城県、福島県の太平洋側を経由して宮城県岩沼市の岩沼駅までを結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線(幹線)である。「本線」を名乗らないJR線の中では、最も長い路線である。 列車運行上の常磐線は、東海道本線の品川駅 - 東京駅間および東北本線の東京駅 - 上野駅 - 日暮里駅間品川駅 - 上野駅間へ直通する列車については「上野東京ライン」として運行される。、同線の岩沼駅 - 仙台駅間を含めた、東京都港区の品川駅から宮城県仙台市青葉区の仙台駅までである『交通公社の小型全国時刻表2015年3月号』に「品川―上野―土浦―水戸―いわき(常磐線)」「いわき―原ノ町―仙台(常磐線)」との記載がある。。本記事では品川駅 - 東京駅間について、常磐線内の方向に合わせて品川行きを「上り」、品川発を「下り」と記述する。 また、通常運転系統上の「常磐線」は、中距離列車(中距離電車)や特急列車などの列車系統のみを指し、取手駅以南の複々線区間を運転する電車系統の快速電車・各駅停車とは区別される。本記事での運転系統としての記述は主に前者について取り上げる。.

新しい!!: 東海道本線と常磐線 · 続きを見る »

丹那トンネル

丹那トンネル(たんなトンネル)は東海道本線の熱海駅〜函南駅間にある複線規格のトンネル。総延長7,804m、1934年(昭和9年)開通。 完成当時は清水トンネルに次ぐ日本第2位の長さで、鉄道用複線トンネルとしては日本最長だった。現在、東日本旅客鉄道(JR東日本)と東海旅客鉄道(JR東海)との会社境界はトンネル東口付近(来宮駅電留線の上り場内信号機)となっているが、丹那トンネル自体はすべてJR東海の資産となっている。 なお、本稿では東海道新幹線の熱海駅 - 三島駅間にある新丹那トンネル(しんたんなトンネル)についても記述する。.

新しい!!: 東海道本線と丹那トンネル · 続きを見る »

丹波口駅

配線図|#0072BC ←京都駅  京都貨物駅→ ↓二条駅 | | ---> 丹波口駅(たんばぐちえき)は、京都府京都市下京区中堂寺南町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陰本線の駅である。駅番号はJR-E03。「嵯峨野線」の愛称区間に含まれている。 かつての平安京の朱雀大路の跡を南北に走る山陰本線が、五条通(国道9号)と交差する位置にある。駅名は京の七口の一つ「丹波口」に由来する。.

新しい!!: 東海道本線と丹波口駅 · 続きを見る »

主なダイヤ改正時の東海道本線優等列車

主なダイヤ改正時の東海道本線優等列車(おもなだいやかいせいじのとうかいどうほんせんゆうとうれっしゃ)では、東海道本線において著名なダイヤ改正が行われたときに運行されていた、下りの優等列車の概要を記載する。.

新しい!!: 東海道本線と主なダイヤ改正時の東海道本線優等列車 · 続きを見る »

三大都市圏

日本における三大都市圏(さんだいとしけん)とは、日本の三大都市の都市圏である首都圏・中京圏・近畿圏の総称である。これらを総称して東名阪(とうめいはん)とも呼ばれる。.

新しい!!: 東海道本線と三大都市圏 · 続きを見る »

三宮

新神戸から望む三宮 神戸市役所から望む三宮 三宮(さんのみや)は、兵庫県神戸市中央区にある第二次世界大戦後神戸市の中心街となった地域。JR・阪神電鉄・阪急電鉄・神戸市営地下鉄・ポートライナーが乗り入れる三宮駅を中心に、商業施設が立ち並ぶ繁華街である。JRの駅名は三ノ宮、また、阪急と阪神の駅名は神戸三宮と称する。「三宮」という地名は、トアロードと花時計線の交差点北東にある三宮神社(生田神社の三の宮)の所在地に由来する。 町名としては三宮町(1~3丁目)がJR三ノ宮駅の南西にあり、北は新神戸駅、東は生田川右岸、南は新港、西は兵庫区の新開地を越えて福原、湊川駅近辺に及ぶ神戸市中心部を含んだ商業地域の一部をなす。.

新しい!!: 東海道本線と三宮 · 続きを見る »

三宮駅

三宮駅(さんのみやえき)、神戸三宮駅(こうべさんのみやえき)は、兵庫県神戸市中央区にある神戸新交通・神戸市交通局および阪神電気鉄道(阪神)・阪急電鉄(阪急)の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と三宮駅 · 続きを見る »

三島駅

三島駅(みしまえき)は、静岡県三島市一番町にある、東海旅客鉄道(JR東海)・日本貨物鉄道(JR貨物)・伊豆箱根鉄道の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と三島駅 · 続きを見る »

三保の松原

三保の松原と富士山 上空から見た三保の松原と富士山 歌川広重の描いた三保の松原 三保の松原(みほのまつばら)は、静岡県静岡市清水区の三保半島にある景勝地。その美しさから日本新三景(大沼、三保の松原、耶馬溪)、日本三大松原(三保の松原、虹の松原、気比の松原)のひとつとされ、国の名勝に指定されている。また、ユネスコの世界文化遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の構成資産に登録されている。 なお、「三保の松原」は名勝としての指定名称及び世界文化遺産・構成資産一覧では「三保松原」と表記され、表記にゆれが存在する。新聞等ではハンドブックにより「三保の松原」で表記を統一しているところもある。.

新しい!!: 東海道本線と三保の松原 · 続きを見る »

三保駅

三保駅(みほえき)は、静岡県清水市三保(現静岡市清水区三保)にあった日本国有鉄道(国鉄)清水港線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と三保駅 · 続きを見る »

三ノ宮駅

三ノ宮駅(さんのみやえき)は、兵庫県神戸市中央区にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)東海道本線の駅である。駅番号はJR-A61。「JR神戸線」の愛称区間に含まれている。.

新しい!!: 東海道本線と三ノ宮駅 · 続きを見る »

三ヶ根山

三ヶ根山(さんがねさん)は、愛知県額田郡幸田町、西尾市、蒲郡市の境界にある山である。三河湾国定公園に属する。.

新しい!!: 東海道本線と三ヶ根山 · 続きを見る »

三ケ根駅

三ケ根駅(さんがねえき)は、愛知県額田郡幸田町大字深溝字大池田にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と三ケ根駅 · 続きを見る »

三重県

三重県(みえけん)は、日本の都道府県の一つで紀伊半島の東側に位置する。県庁所在地は県中部の津市。.

新しい!!: 東海道本線と三重県 · 続きを見る »

三河塩津駅

三河塩津駅(みかわしおつえき)は、愛知県蒲郡市竹谷町油井(たけのやちょうゆい)にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と三河塩津駅 · 続きを見る »

三河大塚駅

三河大塚駅(みかわおおつかえき)は、愛知県蒲郡市大塚町端成(はじょう)にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と三河大塚駅 · 続きを見る »

三河安城駅

三河安城駅(みかわあんじょうえき)は、愛知県安城市三河安城町一丁目にある、東海旅客鉄道(JR東海)の駅である。 東海道新幹線と、在来線の東海道本線が乗り入れ、乗換駅としても機能している。.

新しい!!: 東海道本線と三河安城駅 · 続きを見る »

三河三谷駅

三河三谷駅(みかわみやえき)は、愛知県蒲郡市三谷町上野にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と三河三谷駅 · 続きを見る »

三河湾

知多半島(左)、渥美半島(下)、三河湾(間)のランドサット。スペースシャトル 三河湾(みかわわん)は、愛知県にある湾。渥美半島と知多半島に挟まれている。.

新しい!!: 東海道本線と三河湾 · 続きを見る »

三浦丘陵

三浦丘陵(みうらきゅうりょう)は、三浦半島を南北に連なる丘陵である。北側で多摩丘陵と地形的につながっている。最高標高は241m(大楠山)と低く、東京・横浜方面からは横須賀線や京急各線を利用して手軽に登ることができるハイキングコースとなっている。 三浦半島は全体的に平地が少ないため、ベッドタウン化の進行により1960~80年代に宅地開発が進められた。しかし現在では周辺地域の人口が頭打ちとなっており、新規の開発は少ない。.

新しい!!: 東海道本線と三浦丘陵 · 続きを見る »

下土狩駅

下土狩駅(しもとがりえき)は、静岡県駿東郡長泉町下土狩にある、東海旅客鉄道(JR東海)御殿場線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と下土狩駅 · 続きを見る »

下関駅

下関駅(しものせきえき)は、山口県下関市竹崎町四丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)・九州旅客鉄道(JR九州)・日本貨物鉄道(JR貨物)山陽本線の駅であり、山口県で最も利用客が多い駅。事務管コードは▲800658。.

新しい!!: 東海道本線と下関駅 · 続きを見る »

下曽我駅

下曽我駅(しもそがえき)は、神奈川県小田原市曽我原にある、東海旅客鉄道(JR東海)・日本貨物鉄道(JR貨物)御殿場線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と下曽我駅 · 続きを見る »

平塚市

平塚市(ひらつかし)は、神奈川県のほぼ中央に位置する湘南地域の市である。施行時特例市に指定されている。.

新しい!!: 東海道本線と平塚市 · 続きを見る »

平塚駅

平塚駅(ひらつかえき)は、神奈川県平塚市宝町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)東海道本線の駅である。 東京駅発着系統と、新宿駅経由で高崎線に直通する湘南新宿ライン、東京駅・上野駅経由で東北本線(宇都宮線)・高崎線に直通する上野東京ラインが停車する(運転形態の詳細については「東海道線 (JR東日本)」を参照)。 2017年現在、平塚市内に所在する唯一の旅客駅である。.

新しい!!: 東海道本線と平塚駅 · 続きを見る »

平井信号場

平井信号場を下り列車内から撮影。左手が名鉄下り線・右手がJR下り線、前方の築堤は名鉄上り線(2009年11月) 平井信号場(ひらいしんごうじょう)は、愛知県豊川市平井町神明にある信号場である。名古屋鉄道(名鉄)の名古屋本線に属する『日本鉄道旅行地図帳』7号、p42「信号場と信号所」、p20。 名鉄名古屋本線と東海旅客鉄道(JR東海)飯田線の分岐点である。JRの前身である日本国有鉄道(国鉄)時代には飯田線側にも平井信号場が存在したが、1963年(昭和38年)に廃止、小坂井駅に統合され『停車場変遷大事典』2、p97、現在では小坂井駅の構内扱いとなっている。 豊橋駅と平井信号場の間は、名鉄は3.8 km としているが、国鉄は3.9 km としていた。.

新しい!!: 東海道本線と平井信号場 · 続きを見る »

平沼駅 (国鉄)

平沼駅(ひらぬまえき)は、かつて神奈川県横浜市の東海道本線上に設けられていた駅である。.

新しい!!: 東海道本線と平沼駅 (国鉄) · 続きを見る »

平成

平成(へいせい)は日本の元号の一つ。昭和の後。今上天皇在位中の1989年(平成元年)1月8日から現在に至る。2001年(平成13年)の始まりには西暦における20世紀から21世紀への世紀の転換もあった。2019年(平成31年)4月30日に今上天皇退位により終了する予定であり、予定通り終了した場合、30年113日間(=11,070日間)にわたることとなる。なお、日本の元号では昭和(64年)、明治(45年)、応永(35年)に次いで4番目の長さである(5番目は延暦の25年)。 西暦2018年(本年)は平成30年に当たる。本項では平成が使われた時代(平成時代)についても記述する。.

新しい!!: 東海道本線と平成 · 続きを見る »

平成26年台風第18号

平成26年台風第18号(へいせい26ねんたいふうだい18ごう、アジア名:Phanfone、命名:ラオス、意味:動物)は2014年(平成26年)9月29日に発生した台風。.

新しい!!: 東海道本線と平成26年台風第18号 · 続きを見る »

年越し

年越し(としこし)は1年の最後の日、グレゴリオ暦で12月31日であり、多くの地域ではシルヴェスターの日と呼ぶ。多くの国で、年越しの夜の会合で多くの人が踊り、食べ、酒を飲んで、新年を迎える花火で祝う。年越しの礼拝に行く人たちもいる。祝祭は通常、深夜0時を過ぎ1月1日(元日)まで続く。キリバスとサモアが最も早く新年を迎える国であり、ハワイ州ホノルルが最後の地域である。.

新しい!!: 東海道本線と年越し · 続きを見る »

年末年始

年末年始(ねんまつねんし)は、厳密な定義はないが、1年の終わりから翌年の初頭の期間の総称である(具体的な期間は使用する場面によって異なる)。 当項目では日本における年末年始を主題として解説している。.

新しい!!: 東海道本線と年末年始 · 続きを見る »

クリスマス

リスマス()は、イエス・キリストの降誕(誕生)を祝う祭である(誕生日ではなく降誕を記念する日)『キリスト教大事典 改訂新版』350〜351頁、教文館、1977年 改訂新版第四版。毎年12月25日に祝われるが、正教会のうちユリウス暦を使用するものは、グレゴリオ暦の1月7日に該当する日にクリスマスを祝う()。ただし、キリスト教で最も重要な祭と位置づけられるのはクリスマスではなく、復活祭である正教会の出典:()カトリック教会の出典:(カトリック中央協議会)聖公会の出典:(日本聖公会 東京教区 主教 植田仁太郎)プロテスタントの出典:『キリスト教大事典』910頁、教文館、1973年9月30日 改訂新版第二版。 キリスト教に先立つユダヤ教の暦、ローマ帝国の暦、およびこれらを引き継いだ教会暦では日没を一日の境目としているので、クリスマス・イヴと呼ばれる12月24日夕刻から朝までも、教会暦上はクリスマスと同じ日に数えられる。教会では降誕祭といった表記もある。 一般的年中行事としても楽しまれ、ジングルベルなどのクリスマスソングは多くの人に親しまれている。.

新しい!!: 東海道本線とクリスマス · 続きを見る »

クリスマス・イヴ

リスマス・イヴ』1904年 - 1905年、 スウェーデン人画家のカール・ラーション(1853年 - 1919年)による水彩画。 クリスマス・イヴ()、クリスマス・イブは、クリスマスの前夜、すなわち12月24日の夜を指す英語の音訳である。「イヴ」() は「(夜、晩)」と同義の古語「」の語末音が消失したものである。 転じて、俗に12月24日全体を指すこともある。日常会話では単に「イヴ」と呼ばれることが多い。.

新しい!!: 東海道本線とクリスマス・イヴ · 続きを見る »

元日

元日(がんじつ)は年の最初の日。日付はグレゴリオ暦では1月1日(改暦前は旧暦正月一日)。元旦(がんたん)ともいうが、この場合は特にその日の朝を指すこともある日本国語大辞典第二版編集委員会・小学館国語辞典編集部編『日本国語大辞典』第二版、小学館。.

新しい!!: 東海道本線と元日 · 続きを見る »

幸田駅

幸田駅(こうだえき)は、愛知県額田郡幸田町大字芦谷(あしのや)字幸田にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の駅である。 幸田町の中心部に位置する駅で、幸田町内にある3駅の中で最初に開業した駅である。駅名の読みは「こうだ」だが、地名の読みは「こうた」である。これは地名の読みも「こうだ」だった時の名残である(幸田町は1954年に旧豊坂村と合併した際に読みを「こうた」に改めた)。 普通列車および早朝・深夜のみに運転され豊橋 - 岡崎間の各駅に停車する区間快速のほか、一部の特別快速・新快速・快速が停車する。日中は上下線ともおおむね毎時3本の列車が停車する。また、留置線に貨物列車が停車していることもある。.

新しい!!: 東海道本線と幸田駅 · 続きを見る »

幹線

幹線(かんせん)とは、電力網・通信網(電話網など)・交通網(道路網・鉄道網・航空網など)で、主要地点間を結び網の骨格をなす重要路線。.

新しい!!: 東海道本線と幹線 · 続きを見る »

乗車カード

乗車カード(じょうしゃカード)とは、鉄道やバスなどの、公共交通機関を利用する際に運賃などとして利用できる、磁気ストライプカードやICカードなどによるプリペイドカードである(後払い式のカードもある)。.

新しい!!: 東海道本線と乗車カード · 続きを見る »

久里浜駅

久里浜駅(くりはまえき)は、神奈川県横須賀市久里浜一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)横須賀線の駅。横須賀線の終着駅である。駅番号はJO 01。 本項目では久里浜駅構内に所在する「横浜支社総合訓練センター」についても解説する。.

新しい!!: 東海道本線と久里浜駅 · 続きを見る »

交友社

株式会社交友社(こうゆうしゃ)は、愛知県名古屋市千種区今池2丁目1番19号に本店を置く日本の出版社。.

新しい!!: 東海道本線と交友社 · 続きを見る »

交直流電車

交直流電車(こうちょくりゅうでんしゃ)とは、電車のうち、直流電化区間と交流電化区間の双方を走行できる構造を持つものを指す用語である。「交流直流両用電車」「交直両用電車」とも称する。 なお、電気機関車にも同じように「交直流電気機関車」が存在する。電気機関車を参照。.

新しい!!: 東海道本線と交直流電車 · 続きを見る »

交流電化

交流電化(こうりゅうでんか)は、鉄道の電化方式の一つで交流電源を用いる方式。.

新しい!!: 東海道本線と交流電化 · 続きを見る »

京街道 (大坂街道)

大坂街道(おおさかかいどう)は、近世日本の街道である。京街道(きょうかいどう)とも呼ばれた。大坂(大阪市)から京(京都市)を結んでいた。.

新しい!!: 東海道本線と京街道 (大坂街道) · 続きを見る »

京都大学

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と京都大学 · 続きを見る »

京都市

京都タワーと京都中心部 京都市中心部四条河原町 京都市(きょうとし )は、京都府南部に位置し、同府最大の市で、府庁所在地である。政令指定都市に指定されており、11区を置く。日本の市で8番目の人口を有する。延暦十三年(794年)から明治二年(1869年)までの1,000年以上にわたって日本の都が置かれていたため、古都として認識されている。.

新しい!!: 東海道本線と京都市 · 続きを見る »

京都市場駅

京都市場駅(きょうとしじょうえき)は、京都府京都市下京区朱雀堂ノ口町にあった日本国有鉄道(国鉄)の貨物駅。梅小路駅(現在の京都貨物駅)から分岐していた東海道本線の貨物支線の終点であった。.

新しい!!: 東海道本線と京都市場駅 · 続きを見る »

京都市営地下鉄烏丸線

烏丸線(からすません)は、京都府京都市左京区の国際会館駅から同市伏見区の竹田駅までを結ぶ京都市営地下鉄の路線である。ラインカラーはグリーン、路線記号はK。.

新しい!!: 東海道本線と京都市営地下鉄烏丸線 · 続きを見る »

京都市営地下鉄東西線

東西線(とうざいせん)は、京都府宇治市の六地蔵駅から京都市右京区の太秦天神川駅までを結ぶ京都市営地下鉄の路線である。ラインカラーは朱色、路線記号はT。.

新しい!!: 東海道本線と京都市営地下鉄東西線 · 続きを見る »

京都府

京都府(きょうとふ)は、日本の近畿地方の都道府県の一つ。延暦13年(794年)の平安京遷都以来、天皇の御所がある。令制国でいう山城国の全域、丹波国の東部および丹後国の全域を府域とする。府庁所在地は京都市。.

新しい!!: 東海道本線と京都府 · 続きを見る »

京都盆地

京都盆地(きょうとぼんち)は、京都府にある盆地。.

新しい!!: 東海道本線と京都盆地 · 続きを見る »

京都駅

京都駅(きょうとえき)は、京都府京都市下京区にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)・東海旅客鉄道(JR東海)・近畿日本鉄道(近鉄)・京都市交通局(京都市営地下鉄)の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と京都駅 · 続きを見る »

京都貨物駅

京都貨物駅(きょうとかもつえき)は、京都府京都市下京区梅小路頭町にある、日本貨物鉄道(JR貨物)東海道本線の貨物駅である。旅客線(JR京都線)に並走する貨物線にある。2011年(平成23年)3月12日に、梅小路駅(うめこうじえき)から改称された「MONTHLYかもつ」2011年3月号 VOL.61(鉄道貨物協会)19ページ。ただし、西日本旅客鉄道(JR西日本)における丹波口駅への貨物支線(2016年2月28日廃止)の分岐点としての名称としては、廃止に至るまで旧称の「梅小路」が使われていた - 西日本旅客鉄道プレスリリース、2015年2月27日、同日閲覧。。 この項目では、京都貨物駅に隣接する位置に存在した山陰本線(嵯峨野線)の臨時駅、緑化フェア梅小路駅(りょっかフェアうめこうじえき)についても記述する。.

新しい!!: 東海道本線と京都貨物駅 · 続きを見る »

京都鉄道博物館

京都鉄道博物館(きょうとてつどうはくぶつかん、英語:Kyoto Railway Museum)は、京都府京都市下京区観喜寺町に、2016年4月29日に開館した鉄道博物館である。西日本旅客鉄道(JR西日本)および公益財団法人交通文化振興財団が運営する。.

新しい!!: 東海道本線と京都鉄道博物館 · 続きを見る »

京阪京津線

京津線(けいしんせん)は、京都府京都市山科区の御陵駅から滋賀県大津市のびわ湖浜大津駅までを結ぶ京阪電気鉄道の軌道路線である。石山坂本線と合わせて大津線と総称される。.

新しい!!: 東海道本線と京阪京津線 · 続きを見る »

京阪石山坂本線

石山坂本線(いしやまさかもとせん)は、滋賀県大津市の石山寺駅から坂本比叡山口駅までを結ぶ京阪電気鉄道の軌道路線である。全区間が軌道法の適用を受けている。起点の石山寺駅は標準軌の軌道の日本最東端で、終点の坂本比叡山口駅が最北端となっている。 京津線と合わせて大津線と総称されている。 公式の愛称ではないが、地元の人たちを中心に石坂線(いしざかせん・いっさかせん)と呼ばれることもある。 全駅にてPiTaPa・ICOCAが利用できる。一方、自動改札機を含めスルッとKANSAI対応カードは導入されなかった。.

新しい!!: 東海道本線と京阪石山坂本線 · 続きを見る »

京阪神

京阪神(けいはんしん)は、'''京'''都市・大'''阪'''市・'''神'''戸市の3市の総称、あるいは、これら3市を中心とした近畿地方の主要部を指す地域名称である。.

新しい!!: 東海道本線と京阪神 · 続きを見る »

京阪神快速

戦前の関西急電 現代の新快速 京阪神快速(けいはんしんかいそく)では、かつての鉄道省・日本国有鉄道(国鉄)および現在の西日本旅客鉄道(JR西日本)が、京阪神地区の東海道本線・山陽本線で運行している快速・新快速、ならびに前身である急行電車(関西急電)について、歴史に重点を置いて記述する。 なお本項では、JR西日本による愛称路線名設定(1988年3月13日)以降の出来事については、北陸本線米原駅 - 長浜駅間と東海道本線米原駅 - 京都駅間については琵琶湖線、東海道本線京都駅 - 大阪駅間をJR京都線、東海道本線大阪駅 - 神戸駅間と山陽本線神戸駅 - 姫路駅間についてはJR神戸線で記述する。.

新しい!!: 東海道本線と京阪神快速 · 続きを見る »

京阪神緩行線

京阪神緩行線(けいはんしんかんこうせん)は、西日本旅客鉄道(JR西日本)の京阪神地区のアーバンネットワークのうち、東海道本線京都駅 - 神戸駅間と山陽本線神戸駅 - 西明石駅間 (98.7km) で運行される各駅停車の日本国有鉄道(国鉄)時代の通称である。JR化後この区間はJR京都線およびJR神戸線と呼ばれるようになった(呼び方も参照)。 狭義の区間は上記のとおり京都駅 - 西明石駅間であるが、国鉄末期の1985年3月14日の加古川駅・草津駅への延長を皮切りに、2004年10月から2013年3月までは野洲駅 - 加古川間 (144.7km) が主な運転区間となっていた『JR時刻表』2012年3月号、交通新聞社。現在は草津駅 - 加古川駅間で運転されている『JR時刻表』2013年3月号、交通新聞社。 本項では京都駅 - 西明石駅間を中心に記述し、関係する項目に関して、野洲駅 - 京都駅間・西明石駅 - 加古川駅間をはじめ、湖西線・福知山線(JR宝塚線)・JR東西線などの直通運転区間も含めて記述する。.

新しい!!: 東海道本線と京阪神緩行線 · 続きを見る »

京阪電気鉄道

京阪電気鉄道株式会社(けいはんでんきてつどう、英称:Keihan Electric Railway Co., Ltd.)は、大阪府・京都府・滋賀県に路線網を持つ日本の大手私鉄。京阪ホールディングスの子会社である。通称は京阪電鉄または京阪電車で、略称は京阪。 本社事務所は大阪府大阪市中央区大手前一丁目7番31号 大阪マーチャンダイズ・マートビル(OMMビル)内、登記上の本店所在地は大阪府枚方市岡東町173番地の1である。営業キロ程は91.1 km(2008年10月19日現在)。 京阪電気鉄道と、その子会社75社(有価証券報告書への記載義務のある連結子会社および有価証券報告書への記載義務のない非連結子会社を合わせた全子会社数)、および持分法適用関連会社3社から構成されている京阪グループの中核企業である。.

新しい!!: 東海道本線と京阪電気鉄道 · 続きを見る »

京阪本線

京阪本線(けいはんほんせん)は、大阪府大阪市中央区の淀屋橋駅から京都府京都市東山区の三条駅までを結ぶ京阪電気鉄道の鉄道路線。 「本線」という路線名ではなく、「京都と大阪を結ぶ」という意味の社名略称を冠した「京阪本線」が正式な路線名である。京阪本線に接続する各路線(鴨東線・宇治線・交野線・中之島線)と併せて京阪線と総称される。.

新しい!!: 東海道本線と京阪本線 · 続きを見る »

京浜東北線

京浜東北線(けいひんとうほくせん)は、埼玉県さいたま市大宮区の大宮駅から、東京都千代田区の東京駅を経由して神奈川県横浜市西区の横浜駅を結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)が運行する電車線の運転系統の通称である。大宮駅 - 東京駅間は東北本線の、東京駅 - 横浜駅間は東海道本線の一部である。駅ナンバリングで使われる路線記号はJK。 運行形態は横浜駅 - 磯子駅 - 大船駅間の根岸線と一体であり、合わせて京浜東北・根岸線と呼ばれる場合もある。以降、必要に応じて根岸線区間も含めた大宮駅 - 大船駅間の状況について記す。.

新しい!!: 東海道本線と京浜東北線 · 続きを見る »

京急本線

| 本線(ほんせん)は、東京都港区の泉岳寺駅と神奈川県横須賀市の浦賀駅を結ぶ京浜急行電鉄(京急)の鉄道路線である。英語表記は、Keikyu Main Line。駅ナンバリングで使われる路線記号はKK。(品川駅 - 浦賀駅間) なお起点は品川駅であり、後年延伸された泉岳寺駅 - 品川駅間1.183kmもキロポストは品川駅からの距離に基づき設置されているこの区間は扱い上、当路線の支線である。『鉄道要覧』では分けて書かれている。。.

新しい!!: 東海道本線と京急本線 · 続きを見る »

二宮駅

北口(2007年4月) 南口ロータリー(2016年) 二宮駅(にのみやえき)は、神奈川県中郡二宮町二宮にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)東海道本線の駅である。 東京駅発着系統と、新宿駅経由で高崎線に直通する湘南新宿ライン、一部の湘南ライナー・ホームライナー、東京駅・上野駅経由で東北本線(宇都宮線)・高崎線に直通する上野東京ラインが停車する(運転形態の詳細については「東海道線 (JR東日本)」を参照)。.

新しい!!: 東海道本線と二宮駅 · 続きを見る »

二川駅

ホーム(2011年1月) 二川駅(ふたがわえき)は、愛知県豊橋市大岩町字南元屋敷にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の駅である。 豊橋市の東南部、旧渥美郡二川町域に位置する。東海道本線を走る普通列車を中心に停車し、1日あたり約3,000人の乗客がある。1896年(明治29年)に開業、1987年(昭和62年)に日本国有鉄道(国鉄)からJR東海に継承された。また、青空フリーパスの東海道本線の東端である。.

新しい!!: 東海道本線と二川駅 · 続きを見る »

五条川信号場

五条川信号場(ごじょうがわしんごうじょう)は、愛知県清須市にある東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の信号場である。.

新しい!!: 東海道本線と五条川信号場 · 続きを見る »

庄内川

庄内川(しょうないがわ)は、岐阜県南東部および愛知県北西部を流れ伊勢湾に注ぐ河川。一級水系庄内川の本流である。岐阜県内では、「土岐川」と呼ばれている。岐阜・愛知県境の諏訪大橋から下流の玉野渓谷区間では「玉野川」と呼ばれることもある 。.

新しい!!: 東海道本線と庄内川 · 続きを見る »

井上勝

井上 勝(いのうえ まさる、天保14年8月1日(1843年8月25日) - 明治43年(1910年)8月2日)は、日本の幕末から明治にかけて活躍した武士(長州藩士)、官僚。正二位勲一等子爵。幼名は卯八(うはち)、通称は弥吉(やきち)。鉄道発展に寄与し、日本の鉄道の父と呼ばれる。長州五傑の1人。ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン卒業。.

新しい!!: 東海道本線と井上勝 · 続きを見る »

事業用車

事業用車の一例試験車(検測車)国鉄マヤ34形客車 事業用車(じぎょうようしゃ)とは、線路の維持管理や乗務員の訓練などのための、営業用に供しない鉄道車両の総称である。簡単にいえば、乗客や荷貨物を乗せない車両といえる。 なお、荷物車と郵便車はしばしば事業用車と誤解されるが、荷物や郵便も旅客・貨物と同様、輸送契約を結んで運賃を収受して輸送されるものであるので、事業用車ではなく営業用車に分類される。 機関車については、実際には旅客列車や貨物列車の牽引に使用せず、事業用車の牽引にしか使用していなくとも、それを事業用車と呼ぶことは一般にはない。車両基地や貨物駅などで車両の入換に従事するものや保線用のもので、車籍を持たずに機械として扱われる車両(貨車移動機やモーターカーと呼ばれるもの)も鉄道車両としては扱われないため、一般に事業用車とは呼ばれない。 また、古くなった営業車両を事業用車に用途を変更することがあり、その際に改造を受けて外観が変わる場合がある。中には営業用車の形式のまま、事業用車代用として使用されるものもある。.

新しい!!: 東海道本線と事業用車 · 続きを見る »

亀崎駅

亀崎駅(かめざきえき)は、愛知県半田市亀崎常盤町(ときわちょう)二丁目にある、東海旅客鉄道(JR東海)武豊線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と亀崎駅 · 続きを見る »

今須宿

今須宿(いますじゅく)は中山道の59番目の宿場。美濃国不破郡今須村(現・岐阜県不破郡関ケ原町)に存在した。.

新しい!!: 東海道本線と今須宿 · 続きを見る »

仮乗降場

仮乗降場から施設はそのままに駅に昇格した留萌本線朱文別駅(2004年6月23日撮影。2016年12月5日廃止) 仮乗降場(かりじょうこうじょう)とは、日本国有鉄道(国鉄)における停車場の形態のひとつ。一般の鉄道駅が国鉄本社の認可に基づき設置されているのに対し、この仮乗降場は地方の管理局の判断のみで設けられた、まさしく仮の乗降場であるという特徴を持っている。1969年10月1日に臨時乗降場に統一されるまで本社設定の認可に基づく仮乗降場も存在した。.

新しい!!: 東海道本線と仮乗降場 · 続きを見る »

伊吹山

伊吹山(いぶきやま、いぶきさん)は、滋賀県米原市、岐阜県揖斐郡揖斐川町、不破郡関ケ原町にまたがる伊吹山地の主峰(最高峰)標高1,377 mの山である新日本山岳誌 (2005)、1232-1234頁。一等三角点が置かれている山頂部は滋賀県米原市に属し、滋賀県最高峰の山である。山域は琵琶湖国定公園に指定されている。.

新しい!!: 東海道本線と伊吹山 · 続きを見る »

伊勢国

伊勢国(いせのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。東海道に属する。.

新しい!!: 東海道本線と伊勢国 · 続きを見る »

伊勢湾岸自動車道

伊勢湾岸自動車道(いせわんがんじどうしゃどう、ISEWANGAN EXPRESSWAY)は、愛知県豊田市の豊田東ジャンクション (JCT) から三重県四日市市の四日市JCTに至る日本の高速道路(高規格幹線道路)である。略称は伊勢湾岸道(いせわんがんどう、ISEWANGAN EXPWY)。 高速道路ナンバリングによる路線番号は、新東名高速道路・新名神高速道路ともに「E1A」が割り振られている。.

新しい!!: 東海道本線と伊勢湾岸自動車道 · 続きを見る »

伊豆半島

伊豆半島のランドサット。スペースシャトル 伊豆半島(いずはんとう、Izu peninsula)は、日本列島のうち本州の南東部に位置する半島。出典: - 静岡県、2012年11月6日閲覧。★この部分は、「行政」という主語が広すぎるのと、伊豆半島の定義というよりも静岡県の海岸保全行政における所管区域にすぎないため非表示にしました(ちなみに、静岡県では県内の沿岸を「伊豆半島沿岸」(神奈川県境~大瀬崎)、「駿河湾沿岸」(大瀬崎~御前崎)、「遠州灘沿岸」(御前崎~伊良湖岬(御前崎から愛知県の伊良湖岬))の三つに分けて海岸保全を行っています)。★-->明治以前は伊豆国として東海道の1国を構成していた。.

新しい!!: 東海道本線と伊豆半島 · 続きを見る »

伊豆クレイル

伊豆クレイル(いずクレイル、IZU CRAILE)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)のリゾート列車(ジョイフルトレイン) - JR東日本横浜支社。.

新しい!!: 東海道本線と伊豆クレイル · 続きを見る »

伊豆箱根鉄道大雄山線

| 大雄山線(だいゆうざんせん)は、神奈川県小田原市の小田原駅と神奈川県南足柄市の大雄山駅とを結ぶ、伊豆箱根鉄道の鉄道路線である。 全区間にて、ICカード乗車券PASMO・Suicaが利用可能である(パスネットは利用不可だった)。.

新しい!!: 東海道本線と伊豆箱根鉄道大雄山線 · 続きを見る »

伊豆箱根鉄道駿豆線

| 駿豆線(すんずせん)は、静岡県三島市の三島駅から伊豆市の修善寺駅までとを結ぶ伊豆箱根鉄道の鉄道路線。地元では社名をもじっていずっぱこと呼ぶことも多い。 路線名の駿豆とは駿河国と伊豆国を意味するが、これはかつて同線が駿河国に属する沼津市と伊豆国に属する三島市の間に軌道線(路面電車、1963年廃止)を運行していた駿豆電気鉄道の路線だったことから来ている。 駿豆線自体、かつては(旧)三島駅(現・御殿場線下土狩駅)を国鉄線との接続駅にしていたため、駿河国域をわずかにかすめていたが、1934年の(新)三島駅開業後は全線が伊豆国内を走っている。.

新しい!!: 東海道本線と伊豆箱根鉄道駿豆線 · 続きを見る »

伊豆急行

伊豆急行株式会社(いずきゅうこう、IZUKYU CORPORATION )は、伊豆急行線の経営を中心とする鉄道会社。伊豆急と略す。東急グループの企業であり、2012年4月1日より伊豆急不動産の傘下にあった関連会社と共に伊豆急ホールディングスの子会社となった。.

新しい!!: 東海道本線と伊豆急行 · 続きを見る »

伊豆急行2100系電車

2100系「リゾート21」(2次車) 2100系「黒船電車」(4次車) 2100系「アルファ・リゾート21」(5次車)下田方 2100系「アルファ・リゾート21」(5次車)東京方 2100系「Izukyu KINME Train」(3次車) 伊豆急行2100系電車(いずきゅうこう2100けいでんしゃ)は、伊豆急行が保有する電車。「リゾート21」の愛称がある。 第29回(1986年)鉄道友の会ブルーリボン賞受賞。.

新しい!!: 東海道本線と伊豆急行2100系電車 · 続きを見る »

伊豆急行線

| 伊豆急行線(いずきゅうこうせん)は、静岡県伊東市の伊東駅から静岡県下田市の伊豆急下田駅を結ぶ、伊豆急行の鉄道路線。.

新しい!!: 東海道本線と伊豆急行線 · 続きを見る »

伊東線

| 伊東線(いとうせん)は、静岡県熱海市の熱海駅と静岡県伊東市の伊東駅を結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線(幹線)である。.

新しい!!: 東海道本線と伊東線 · 続きを見る »

弁天島駅

ホーム(2011年1月) 弁天島駅(べんてんじまえき)は、静岡県浜松市西区舞阪町弁天島にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の駅である。 浜名湖上の弁天島に設置されている。.

新しい!!: 東海道本線と弁天島駅 · 続きを見る »

弾丸列車

弾丸列車(だんがんれっしゃ)は、日本で1939年(昭和14年)に始まった、通称「弾丸列車計画」で計画されていた列車である。.

新しい!!: 東海道本線と弾丸列車 · 続きを見る »

住友大阪セメント

住友大阪セメント株式会社(すみともおおさかセメント)は、日本のセメントメーカーである。 前身の住友セメントが住友グループ、大阪セメントが三和グループに属していたが、現在は住友色の強いセメントメーカーである。セメント販売は太平洋セメント、宇部三菱セメントに次いで国内3位。住友グループ広報委員会にも参加する企業でもある。.

新しい!!: 東海道本線と住友大阪セメント · 続きを見る »

住吉川 (兵庫県)

国道2号線の南から六甲山を望む 住吉川(すみよしがわ)は、神戸市東部を流れる河川。二級水系の本流である。六甲山麓から短く下る急流であるため扇状地が形成され、中流では天井川となっている。 急流に加えて生活排水も流入しないため、市街地にも拘らず蛍が棲息するほどの清流。またこの水が、灘五郷における酒造の一端を担っている。反面、阪神大水害をはじめ幾度かの水害をももたらしてきた。人々のランニングのコースともなっている。 倚松庵をはじめ両岸には大規模な邸宅が多く、旧住吉村の流れを受け継ぐ阪神間モダニズムの住宅地の一角をなす。.

新しい!!: 東海道本線と住吉川 (兵庫県) · 続きを見る »

住吉駅 (JR西日本・神戸新交通)

住吉駅(すみよしえき)は、兵庫県神戸市東灘区住吉本町一丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)・神戸新交通の駅である。駅番号はJR西日本がJR-A57、神戸新交通がR01。.

新しい!!: 東海道本線と住吉駅 (JR西日本・神戸新交通) · 続きを見る »

彦根城

彦根城(ひこね じょう)は、日本の滋賀県彦根市金亀町にある城である。江戸時代および1869年(明治2年)の版籍奉還後から1871年(明治4年)の廃藩置県まで彦根藩の役所が置かれた。天守、附櫓及び多聞櫓は国宝、城跡は特別史跡かつ琵琶湖国定公園第1種特別地域である。天守が国宝指定された5城のうちの一つである(他は犬山城、松本城、姫路城、松江城)。.

新しい!!: 東海道本線と彦根城 · 続きを見る »

彦根口駅

貴生川方面のりばの改札口 彦根口駅(ひこねぐちえき)は、滋賀県彦根市西沼波町にある近江鉄道本線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と彦根口駅 · 続きを見る »

彦根駅

駅舎(東口) 彦根駅(ひこねえき)は、滋賀県彦根市古沢町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)・近江鉄道の駅である。JR西日本の駅番号はJR-A13。.

新しい!!: 東海道本線と彦根駅 · 続きを見る »

御殿場線

御殿場線(ごてんばせん)は、神奈川県小田原市の国府津駅から静岡県御殿場市の御殿場駅を経て静岡県沼津市の沼津駅に至る東海旅客鉄道(JR東海)の鉄道路線(幹線)である。.

新しい!!: 東海道本線と御殿場線 · 続きを見る »

御殿場駅

御殿場駅(ごてんばえき)は、静岡県御殿場市新橋にある、東海旅客鉄道(JR東海)御殿場線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と御殿場駅 · 続きを見る »

徳田耕一

徳田 耕一(とくだ こういち、1952年(昭和27年)11月1日 - )は交通ジャーナリスト、日本の作家、評論家。鉄道に関する時事評論や紀行文、旅行ガイドを数多く発表している。特に中京圏の鉄道に関しては、自らの出身・在住地であるためか多くの著作がある。 北海道函館市の「はこだて観光大使」に任命されている。また台湾鉄路管理局の台鉄之友でもある。.

新しい!!: 東海道本線と徳田耕一 · 続きを見る »

保土ヶ谷バイパス

本村IC手前より新保土ヶ谷・横須賀方面を望む 町田立体 終点付近 保土ヶ谷バイパス(ほどがやバイパス)は、神奈川県横浜市保土ケ谷区から東京都町田市へ至る国道16号のバイパス道路。全線が国土交通省管轄。 自動車専用道路であり地域高規格道路に指定されているが、通行料などの徴収はない。周辺で接続する東名高速道路・国道1号横浜新道・国道16号横浜新道・横浜横須賀道路・首都高速道路・第三京浜道路などとともに、広域的・地域的交通を担う。.

新しい!!: 東海道本線と保土ヶ谷バイパス · 続きを見る »

保土ケ谷駅

保土ケ谷駅(ほどがやえき)は、神奈川県横浜市保土ケ谷区岩井町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と保土ケ谷駅 · 続きを見る »

信号場

信号場(しんごうじょう)とは、鉄道路線において分岐器(ポイント)や信号設備が設けられていて、運転扱いは行われるが、旅客や貨物の取扱を行わない停車場である。事業者によっては、信号所(しんごうしょ・しんごうじょ)やその他の名称が付されていることもある。 枇杷島分岐点付近の航空写真。国土航空写真.

新しい!!: 東海道本線と信号場 · 続きを見る »

快速列車

JR西日本207系電車の快速表示の例(JR東西線直通列車) 快速列車(かいそくれっしゃ)とは、鉄道において急行料金などの速度に対する対価としての料金は要しないが、途中駅の一部または全部を通過し、主要駅のみに停車することで目的地駅への速達サービスを提供する列車である。 ここでは特に断りがない限り、日本における快速列車を主題として解説している。また、「通勤快速」など「快速」の名がつく派生種別についても扱う。.

新しい!!: 東海道本線と快速列車 · 続きを見る »

修学旅行列車

大宮駅、宇都宮駅でそれぞれ変更となる。。 185系電車で運用されている。2002年(平成14年)11月5日撮影 黄1号と朱色3号の「修学旅行色」を纏った国鉄時代の修学旅行用車両。なお、この画像は本来の修学旅行用車両ではない車両に施したリバイバル塗装である。 近鉄15200系電車「新あおぞらII」 700系を使用した修学旅行列車 修学旅行列車(しゅうがくりょこうれっしゃ)とは1949年(昭和24年)ごろから設定されてきた修学旅行客輸送のための団体専用列車の総称である。.

新しい!!: 東海道本線と修学旅行列車 · 続きを見る »

志太平野

志太平野(しだへいや)は静岡県中部にある平野である。東は駿河湾に接していて、冬でも気温が下がらず、積雪もほとんどない。北は南アルプスに続く山地、南西側は大井川をはさんで牧ノ原台地となる。牧ノ原台地同様、茶の栽培がさかん。.

新しい!!: 東海道本線と志太平野 · 続きを見る »

在来線

在来線(ざいらいせん)とは、日本国有鉄道(国鉄)・JRにおける「新幹線鉄道」以外の鉄道である。.

新しい!!: 東海道本線と在来線 · 続きを見る »

在日米軍

在日米軍(ざいにちべいぐん、U.S. Forces Japan、略称:USFJ)は、日米地位協定(旧日米行政協定)に基づき戦後も日本国内に駐留するアメリカ軍である。 主な在日米軍基地 沖縄における在日米軍基地、在日米軍専用施設の面積は沖縄県面積の約10%、沖縄本島の約18%を占めているhttp://www.clearing.mod.go.jp/hakusho_data/2015/html/n2343000.html 第II部第3章第4節3.沖縄における在日米軍の駐留(平成27年版防衛白書)。.

新しい!!: 東海道本線と在日米軍 · 続きを見る »

北越急行

北越急行株式会社(ほくえつきゅうこう、)は、新潟県でほくほく線を運営する第三セクター方式の鉄道会社である。本社は新潟県南魚沼市六日町2902番地1に所在する。.

新しい!!: 東海道本線と北越急行 · 続きを見る »

北近畿

北近畿(きたきんき)は、近畿地方の日本海側を指す地域名。広義では山陰地方の一部に含まれることがある。.

新しい!!: 東海道本線と北近畿 · 続きを見る »

北陸地方

北陸地方(ほくりくちほう)は、本州中央部に位置する中部地方のうち日本海に面する地域である。新潟県、富山県、石川県、福井県の4県『日本地名大百科』、小学館、1996年、p.1041 ISBN 4-09-523101-7、あるいは富山県、石川県、福井県の3県を指す。区別のため前者を「北陸4県」「新潟県を含む北陸地方」、後者を「北陸3県」などと表現することがある。北陸3県の繋がりについては「北陸3県について」の節を参照。 名称は、畿内から見て北方にある五畿七道の北陸道に由来し、中世以前では、この地域を北国(ほっこく)と称していた。.

新しい!!: 東海道本線と北陸地方 · 続きを見る »

北陸自動車道

北陸自動車道(ほくりくじどうしゃどう、HOKURIKU EXPRESSWAY)は、新潟県新潟市江南区の新潟中央ジャンクション (JCT) から滋賀県米原市の米原JCTへ至る高速道路(高速自動車国道)である。略称は北陸道(ほくりくどう、HOKURIKU EXPWY)。 高速道路ナンバリングによる路線番号は E8 が割り振られている。.

新しい!!: 東海道本線と北陸自動車道 · 続きを見る »

北陸本線

北陸本線(ほくりくほんせん)は、滋賀県米原市の米原駅から石川県金沢市の金沢駅までを結ぶ西日本旅客鉄道(JR西日本)の鉄道路線(幹線)である。このほか、日本貨物鉄道(JR貨物)の通称「敦賀港線」とも呼ばれる敦賀駅 - 敦賀港駅間の貨物支線を持つ。.

新しい!!: 東海道本線と北陸本線 · 続きを見る »

北新地駅

駅入口(2007年10月13日) 駅のシンボルと2番線のホーム(2008年11月2日) 北新地駅(きたしんちえき)は、大阪府大阪市北区梅田1丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)JR東西線の駅である。駅番号はJR-H44。駅シンボルは、江戸時代に米市場が置かれていた堂島に近接していることにちなみ、「稲穂」である。.

新しい!!: 東海道本線と北新地駅 · 続きを見る »

北方貨物線

北方貨物線(ほっぽうかもつせん)は、大阪府吹田市の吹田貨物ターミナル駅から大阪市淀川区を経由して兵庫県尼崎市の尼崎駅に至る東海道本線の支線の通称。東海道本線の旅客線との分岐点は茨木駅構内および塚本駅構内にある。.

新しい!!: 東海道本線と北方貨物線 · 続きを見る »

ナゴヤ球場

ナゴヤ球場(ナゴヤきゅうじょう)は、愛知県名古屋市中川区露橋二丁目にある野球場。1996年までプロ野球球団・中日ドラゴンズの本拠地球場で、1997年のナゴヤドーム完成後は、中日ドラゴンズ二軍の本拠地球場および練習場となっている。 ナゴヤドームと同じく「ナゴヤ」はカタカナ表記であって、漢字表記の「名古屋球場」ではない。これは、名古屋市の市章が漢字表記の8を丸で囲ったようなデザインの為、漢字ではなくカタカナなら字画が8であるという事から。.

新しい!!: 東海道本線とナゴヤ球場 · 続きを見る »

ナゴヤ球場正門前駅

ナゴヤ球場正門前駅(ナゴヤきゅうじょうせいもんまええき)は、愛知県名古屋市中川区露橋2丁目の東海道本線の貨物支線(通称:名古屋港線)上に、1987年7月1日から1994年10月8日までナゴヤ球場による野球観戦者の便を図って設置されていた臨時駅(現在は廃駅)。最終営業当日は、ナゴヤ球場で10.8決戦があったことでも有名。(後述).

新しい!!: 東海道本線とナゴヤ球場正門前駅 · 続きを見る »

ミリメートル

ミリメートル(記号mm)は、国際単位系の長さの単位で、1/1000メートル(m)である。.

新しい!!: 東海道本線とミリメートル · 続きを見る »

マイル

マイル(、記号:mile、mi)は、ヤード・ポンド法等における長さ (length) の単位である。 今日では、マイルという単位は通常は、主に陸上の長さの計測に用いられる 1 国際マイル.

新しい!!: 東海道本線とマイル · 続きを見る »

チェーン (単位)

チェーン (chain)は、ヤード・ポンド法における主として測量に用いる長さの単位である。その長さは66フィートに等しい。測量用チェーン(surveyor's chain)、ガンター氏チェーン(Gunter's chain)、land chainとも言う。 イギリスやカナダではフィートとして国際フィートInternational foot.

新しい!!: 東海道本線とチェーン (単位) · 続きを見る »

ムーンライトながら

ムーンライトながらは、東京駅 - 大垣駅間を東海道本線経由で運行する夜行快速列車である。かつては定期列車であったが、2009年(平成21年)3月14日以降は臨時列車として運行されている。 本項では、東海道本線における夜行普通列車の沿革についても記述する。.

新しい!!: 東海道本線とムーンライトながら · 続きを見る »

ラグナシア

ラグナシア(LAGUNASIA)は、愛知県蒲郡市海陽町にある海をテーマにしたテーマパーク。2002年(平成14年)4月25日に開園した。シーサイドリゾート「ラグーナテンボス」の中にある。.

新しい!!: 東海道本線とラグナシア · 続きを見る »

ワンマン運転

一般的なワンマン表示器蛍光灯内蔵の表示器を用いる 高山本線にて ワンマン運転(ワンマンうんてん)とは、車掌が乗務せず、運転士一人によるバスや旅客列車の運行方法である。 車掌の業務である運賃授受や発車時の安全確認などは運転士が兼務する。ワンマン運行ともいう。 ワンマン運行の路面電車をワンマンカー、バスをワンマンバスないしワンマンカー、列車をワンマン列車ないしワンマンカーと呼ぶワンマン運転と区別するため、運転士と車掌が乗務している運行をツーマン運転もしくはツーメン運転と呼ぶことがある。。.

新しい!!: 東海道本線とワンマン運転 · 続きを見る »

ボルト (単位)

ボルト(volt、記号:V)は、電圧・電位差・起電力の単位である。名称は、ボルタ電池を発明した物理学者アレッサンドロ・ボルタに由来する。 1ボルトは、以下のように定義することができる。表現の仕方が違うだけで、いずれも値は同じである。.

新しい!!: 東海道本線とボルト (単位) · 続きを見る »

トラス橋

横雲橋(ワーレントラス橋) 高岡大橋(ワーレントラス橋) 橋でよく使われるトラス構造 トラス橋(トラスきょう)は、桁部分にトラス構造を使った橋である。トラスは細長い部材を両端で三角形に繋いだ構造でありそれを繰り返して桁を構成する。トラス橋は桁橋の一種に分類される。橋で使われるトラスの形式には図のようなものがある。 材料としては木材や鉄などの金属が使われるが、ある程度以上の規模の橋は鋼鉄が主流である。鉄を使ったものの場合多くは箱型断面やH型断面の溶接構造が一般的だが、H形鋼や山形鋼が組み合わされた構造の場合もある。近年コンクリート製のものも作られるようになった。 トラス橋の設計に伴う構造計算では部材のつなぎ目は一点で繋がり自由に回転できるようになっているとして考える。理想的なトラスでは荷重や温度変化に伴う部材のたわみや伸縮はこの接続点部分に集約される。実際の橋梁においては、初期のトラス橋では理論と同じピン接合の構造が見られたが、現在ではガセットプレートによる剛結接合が一般的である。 トラス構造は他の形式の橋梁でも部分的に用いられることがあり、吊り橋の桁部分に用いたものはトラス吊り橋(例: 明石海峡大橋)と呼ぶ。一方でアーチ部分がトラス状になったものはブレースト・リブ・アーチ橋(例: 荒川橋)、橋脚がトラス状になったものはトレッスル橋(例: 旧余部橋梁)と呼び、通常トラス橋とは呼ばない。 現在では50mから100m程度の径間で架設されることが多く、多くの場合、アーチ橋と経済性や景観との比較の上、採否が決定される。同じ長さの場合、プレートガーダー橋(鈑桁)よりも軽量となるが、架設に手間がかかる。.

新しい!!: 東海道本線とトラス橋 · 続きを見る »

ブルートレイン (日本)

日本におけるブルートレイン(英語表記:Blue Train)は、客車を使用した寝台列車を指す愛称である。ただし、「あさかぜ」などといった「列車愛称」とは異なる、包括的な列車の愛称である。ブルトレとも略称される。 一般には、1958年(昭和33年)に登場した国鉄20系客車(以後「20系」と略す)以降の、青い車体色(実際は藍色に近い、青15号。cf. 国鉄色#特急車両の塗色)で特徴付けられた固定編成専用寝台客車を使用した特急列車を指す。その創始は、同年10月に車両が旧形のものから20系に置き換えられた「あさかぜ」である。.

新しい!!: 東海道本線とブルートレイン (日本) · 続きを見る »

パーミル

パーミルあるいはプロミルとは、1000分の1を1とする単位。記号は‰ (Unicode U+2030、文字参照は &permil)。英語では あるいは 、イタリア語では あるいは (ペル ミッレ)と表記され、日本語では千分率という。プロミルはドイツ語の を片仮名表記したもの。ラテン語で「」は「~ごとに」を意味し、「」などの語源でもある「」は「千」を意味する。 である。したがって、例えば、 となる。.

新しい!!: 東海道本線とパーミル · 続きを見る »

テーマパーク

テーマパーク()は、日本では、特定のテーマ(特定の国の文化や、物語、映画、時代)をベースに全体が演出された観光施設を指す。娯楽やレジャー、知的好奇心を触発する各種趣向などを盛り込み、遊園地、動物園、水族館、博物館、ホテル、商業施設などを併設することもある。なお、日本以外の国においてはテーマパークと遊園地は区別されていないことが多い。 大阪府大阪市此花区のユニバーサル・スタジオ・ジャパン.

新しい!!: 東海道本線とテーマパーク · 続きを見る »

デルタ線

デルタ線(デルタせん)は、三角線(さんかくせん)とも言い、、転車台(ターンテーブル)の代わりに、各頂点の分岐の先で折り返して機関車などの車両や、特に、転車台と違い車両単位ではなく列車の編成ごと向きを変えることができる。また、3方向からの路線が集まる地点をこの配線とした場合、列車の進行方向を変えずにどの方向からどの方向へも直通できる。日本ではギリシャ文字のデルタ(Δ)に形が似ていることから付けられた名前で、英語ではwye(ワイ)という。.

新しい!!: 東海道本線とデルタ線 · 続きを見る »

デンソー

株式会社デンソー()は、日本の愛知県刈谷市を本拠におく自動車部品メーカーである。2009年(平成12年)以来、自動車部品世界シェア第1位を維持している。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。.

新しい!!: 東海道本線とデンソー · 続きを見る »

ディーゼル機関車

ディーゼル機関車(ディーゼルきかんしゃ)は、ディーゼルエンジンを動力源とする機関車の事である。DL(Diesel Locomotive)とも呼ばれる。 過去にはディーゼルエンジンと同じ内燃機関であるガソリンエンジンを使用した機関車も存在していたため、内燃機関を動力源とする機関車を一括して内燃機関車(ないねんきかんしゃ)と呼んでいたが、現在日本ではガソリン機関車は用いられていないため、日本の現役内燃機関車の全てがディーゼル機関車となっており、内燃機関車よりもディーゼル機関車の呼称のほうが一般に定着している(日本では実用化していないが、ガスタービンエンジンを用いた内燃機関車(ガスタービン機関車)を実用化した国もある)。.

新しい!!: 東海道本線とディーゼル機関車 · 続きを見る »

ホームライナー

ホームライナーとは、着席を提供することを主な目的として日本国有鉄道(国鉄)及びそれを継承したJR各社において運行されている料金徴収形の座席指定制もしくは定員制快速列車の愛称である。東海旅客鉄道(JR東海)の登録商標登録第3022530号。役務商標を認める商標法改正が施行された1992年に出願された。となっているが、JR東海以外でも「ホームライナー」の名称で運行している事業者がある。本項では、「ホームライナー」の名称を用いないJR各社及び私鉄の類似列車(総称して「通勤ライナー」などと呼ばれることもある。)についても述べる。.

新しい!!: 東海道本線とホームライナー · 続きを見る »

刈谷市

刈谷市(かりやし)は、愛知県西三河地方にある市。西三河地方の西端にあり、境川を挟んで尾張地方と接している。.

新しい!!: 東海道本線と刈谷市 · 続きを見る »

刈谷駅

刈谷駅(かりやえき)は、愛知県刈谷市桜町一丁目および若松町一丁目にある、東海旅客鉄道(JR東海)・名古屋鉄道(名鉄)の駅である。駅番号はJR東海がCA58、名鉄がMU02。.

新しい!!: 東海道本線と刈谷駅 · 続きを見る »

列車集中制御装置

列車集中制御装置(れっしゃしゅうちゅうせいぎょそうち、通称CTC:Centralized Traffic Control)とは、鉄道において路線・一定区間の単位で信号や分岐器の連動装置を運転指令所又は列車制御所にて遠隔制御できるようにしたシステムをいう。また、JR各社において、このシステムの中央装置を設置した箇所は一般的にCTCセンターとよばれ、CTCセンターで指令業務を行う職員をCTC指令という。.

新しい!!: 東海道本線と列車集中制御装置 · 続きを見る »

嵯峨野線

嵯峨野線(さがのせん)は、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陰本線のうち、京都府京都市下京区の京都駅から同府南丹市の園部駅までの区間に付けられた愛称である。この愛称は1988年3月13日から使用されている。本来の名称である山陰線とあわせて「嵯峨野山陰線」と案内されることもある。.

新しい!!: 東海道本線と嵯峨野線 · 続きを見る »

営業キロ

営業キロ(えいぎょうキロ)とは、鉄道・路線バス等で、キロメートルを基礎としている、運賃を計算する際に使用する距離の単位。または、鉄道・路線バス等の事業者が自身の営業している距離を指す。.

新しい!!: 東海道本線と営業キロ · 続きを見る »

呉服橋駅

呉服橋駅(ごふくばしえき)はかつて東京府東京市麹町区(現在の東京都千代田区)にあった鉄道駅である。東京駅開業までの4年間だけ存在した仮駅だった。後の東京駅の北側、永代通りに面する位置に高架上にホームおよび駅舎を設けていた。.

新しい!!: 東海道本線と呉服橋駅 · 続きを見る »

アルナ車両

アルナ車両株式会社(アルナしゃりょう、英称:ALNA SHARYO CO., LTD.)は、主に軌道線向けの車両製造および鉄道車両の改造、整備を行う企業。路面電車車両の国内トップメーカーとして高いシェアを誇っている。阪急阪神ホールディングス(旧阪急電鉄)の連結子会社で、阪急阪神東宝グループに属する。 2001年12月に設立後、2002年4月1日に旧アルナ工機株式会社から軌道線向け車両製造・保守事業と鉄道線向け車両保守事業を会社分割(吸収分割)により承継した。.

新しい!!: 東海道本線とアルナ車両 · 続きを見る »

アクトシティ浜松

アクトシティ浜松(アクトシティはままつ)は、JR浜松駅北東の浜松市中区板屋町および同区中央三丁目にあり、市有施設と民有施設によって構成される複合施設群である。2009年(平成21年)現在、静岡県内で地上高のもっとも高いビルであるアクトタワーを擁している。外観は、音楽の町・浜松を意識して、ハーモニカをモチーフにしている。.

新しい!!: 東海道本線とアクトシティ浜松 · 続きを見る »

インターネットアーカイブ

旧インターネットアーカイブ本部(1996年 - 2009年11月) インターネットアーカイブ (The Internet Archive) は、WWW・マルチメディア資料のアーカイブ閲覧サービスとして有名なウェイバックマシン (Wayback Machine)を運営している団体である。本部はカリフォルニア州サンフランシスコのリッチモンド地区に置かれている。 アーカイブにはプログラムが自動で、または利用者が手動で収集したウェブページのコピー(ウェブアーカイブ)が混在しており、これは「WWWのスナップショット」と呼ばれる。ほか、ソフトウェア・映画・本・録音データ(音楽バンドなどの許可によるライブ公演の録音も含む)などがある。アーカイブは、それらの資料を無償で提供している。.

新しい!!: 東海道本線とインターネットアーカイブ · 続きを見る »

イカロス出版

イカロス出版株式会社(イカロスしゅっぱん)は東京都新宿区市谷本村町2番3号に本社を置く出版社である。英字表記はIKAROS PUBLICATIONS LTD.。.

新しい!!: 東海道本線とイカロス出版 · 続きを見る »

オフレールステーション

岡谷ORS 豊橋ORS オフレールステーション(Off-rail-station、略:ORS)は、日本貨物鉄道(JR貨物)の貨物駅の一形態。当初からオフレールステーションとして設立されたものと、自動車代行駅・コンテナセンター(後述)からの改称で発足したものとがある。 名前が示す通り、輸送経路としての線路を伴わないコンテナ取扱基地であり、貨物列車の発着も当然ない。他の貨物駅とは最寄りの拠点駅を介して結ばれるため、拠点駅との間にトラック便が1日数往復設定されている。自動車代行駅から切り替えられたオフレールステーションには、線路が残っているものもある。 発着貨物の運賃料金は、自動車代行駅・コンテナセンターを前身に持つオフレールステーションであれば、廃止前・移転前の貨物駅に設定されていた営業キロを使用して算出される。前身の駅がない羽生オフレールステーションでは、トラックの走行距離に応じた料金を別途収受する。.

新しい!!: 東海道本線とオフレールステーション · 続きを見る »

カートレイン

ートレイン (Car Train) とは、自動車とそれを運転・乗車していた旅客をともに1本の列車で運送するものである。言わば、カーフェリーの列車版である。 運転実績があるものは以下の通りである。.

新しい!!: 東海道本線とカートレイン · 続きを見る »

キロメートル

メートル(kilometre、米国のみ1977年以降 kilometer、記号:km)は、国際単位系 (SI) の長さの単位で、1000 メートルに等しい。 km の記号は、長さのSI基本単位であるメートル m に 103 倍を表すSI接頭辞であるキロ k を付けたものである。 ヘクトメートル ≪ キロメートル ≪ メガメートル.

新しい!!: 東海道本線とキロメートル · 続きを見る »

キロメートル毎時

メートル毎時(キロメートルまいじ、kilometre per hour; 記号:km/h, kph)とは、速さの単位である。ただし国際単位系では、「速さ」「速度」の単位としている(速さと速度の違いについては、速度#速度と速さを参照のこと)。1キロメートル毎時は、「1時間に1キロメートルの速さ」を示す。 日常会話では「時速○○キロメートル」と表現され、誤解のおそれのない場合は「時速」を省略して単に「○○キロメートル(キロ)」と表現されることもある。 速さのSI単位はメートル毎秒である。「時」はSI併用単位であり、それを組み立てたキロメートル毎時はSI併用単位となる。日本の計量法では速さの単位としてメートル毎時を認めており、これには接頭辞をつけることが許されているため、その1000倍の速さであるキロメートル毎時(km/h)も使用して良いこととなる。.

新しい!!: 東海道本線とキロメートル毎時 · 続きを見る »

グラントウキョウ

ラントウキョウ(GranTokyo)は、東京都千代田区丸の内一丁目の東京駅八重洲口にある超高層ビル。43階建てのグラントウキョウノースタワーと42階建てのグラントウキョウサウスタワーの2棟からなる。.

新しい!!: 東海道本線とグラントウキョウ · 続きを見る »

グリーン車

481-1051 国鉄151系のグリーン車(当時の1等車)の車内 グリーン車(グリーンしゃ、Green Car)は、日本国有鉄道(国鉄)及びその鉄道事業を継承したJRグループ各社の旅客列車や、JR以外の各鉄道会社など後述の車両のうち、普通車に比して乗客1人当たりの占有面積が広く、設備が豪華であるなどの理由で別途の料金がかかる特別車両の名称である。.

新しい!!: 東海道本線とグリーン車 · 続きを見る »

グレゴリオ暦

レゴリオ暦(グレゴリオれき、、、)は、ローマ教皇グレゴリウス13世がユリウス暦の改良を命じ、1582年10月15日(グレゴリオ暦)から行用されている暦法である。現行太陽暦として世界各国で用いられている。グレゴリオ暦を導入した地域では、ユリウス暦に対比して新暦()と呼ばれる場合もある。紀年法はキリスト紀元(西暦)を用いる。 大辞林 第三版、など。、暦法と紀年法とが混同されている。--> グレゴリオ暦の本質は、平年では1年を365日とするが、400年間に(100回ではなく)97回の閏年を置いてその年を366日とすることにより、400年間における1年の平均日数を、365日 + (97/400)日.

新しい!!: 東海道本線とグレゴリオ暦 · 続きを見る »

コンテナ

広大なコンテナターミナル敷地にひしめくコンテナ群。(アメリカ・ニュージャージー州・ポートエリザベス) ガントリークレーンでコンテナ船に積まれる海上コンテナ コンテナ (container)とは、内部に物を納めるための容器のことである。コンテナーとも呼ばれるJIS Z8301 では最後を伸ばさないが国語表記の基準(文化庁)では伸ばす。。 コンテナは、多種多彩な貨物輸送に使われ、人間が持ち運べる小型の物から大型の物までコンテナと呼ばれるが、本項目では全世界中で貨物輸送用に使われる物を総括的に記述する。.

新しい!!: 東海道本線とコンテナ · 続きを見る »

シラス (魚)

ラス(白子、英: Whitebait)とは、カタクチイワシ・マイワシ・イカナゴ・ウナギ・アユ・ニシンなど、体に色素がなく白い稚魚の総称。シラウオ(白魚)、シロウオ(素魚)とよく混同され、シロウオのことをシラスと呼ぶ地方もあるが、ここでは稚魚について述べる。これを塩ゆでにして干したものは、ちりめんじゃこ、白子干し(白子乾し)などと呼ばれる。.

新しい!!: 東海道本線とシラス (魚) · 続きを見る »

シティ電車

ひろしまシティ電車」用に投入された115系3000番台 シティ電車(シティでんしゃ)とは、日本国有鉄道(国鉄)および後身のJRグループ各社が、主に1980年代から設定した、地方都市圏における等間隔・高頻度運転の普通列車を指す。各地区ごとにさまざまな愛称が与えられていた。.

新しい!!: 東海道本線とシティ電車 · 続きを見る »

スーパーはくと

ーパーはくとは、智頭急行および西日本旅客鉄道(JR西日本)が京都駅 - 鳥取駅・倉吉駅間を東海道本線・山陽本線・智頭急行智頭線・因美線・山陰本線経由で運行する特別急行列車である。 なお本項では、京阪神と鳥取県西部を結んでいた優等列車の沿革についても記述する。.

新しい!!: 東海道本線とスーパーはくと · 続きを見る »

スズキ (企業)

株式会社(SUZUKI MOTOR CORPORATION)は、日本の四輪車及び二輪車のメーカーである。 四輪車の世界販売台数は第10位、国内販売台数は第3位、二輪車の世界販売台数は第8位、国内販売台数は第3位、船外機では販売台数世界第3位である。.

新しい!!: 東海道本線とスズキ (企業) · 続きを見る »

ターミナル駅

ターミナル駅(ターミナルえき)とは、鉄道路線の末端に位置する鉄道駅である。終点・終端・端末を意味する単語「ターミナル」(terminal) に由来する。.

新しい!!: 東海道本線とターミナル駅 · 続きを見る »

サントリー

ントリー は、大阪市北区に本社を置く、日本の洋酒、ビール、清涼飲料水の製造・販売等を行う企業グループの総称およびブランド。事業の主要な部分はアルコール飲料だが、1980年代以降清涼飲料においても一定の地位を築いた。 かつてはサントリー株式会社を中心とするグループであったが、2009年(平成21年)4月1日よりサントリーホールディングス株式会社(Suntory Holdings Limited)を中心とした持株会社制に移行。本項ではこれについても記述する。.

新しい!!: 東海道本線とサントリー · 続きを見る »

サンダーバード (列車)

ンダーバードは、西日本旅客鉄道(JR西日本)およびIRいしかわ鉄道が大阪駅 - 金沢駅・和倉温泉駅間を東海道本線・湖西線・北陸本線・IRいしかわ鉄道線・七尾線経由で運行する特別急行列車である。 本項では、前身にあたる特急列車「雷鳥」(らいちょう)とともに、その周辺群の臨時列車および京阪神と北陸地方を結ぶ優等列車の沿革についても記述する。.

新しい!!: 東海道本線とサンダーバード (列車) · 続きを見る »

サクラエビ

ラエビ(桜海老、学名:)はサクラエビ科に属するエビの一種。深海に生息する小型のエビである。.

新しい!!: 東海道本線とサクラエビ · 続きを見る »

ゆりかもめ東京臨海新交通臨海線

| 汐留駅へ進入中のゆりかもめの車両(2007年6月撮影) 東京臨海新交通臨海線(とうきょうりんかいしんこうつうりんかいせん)は、東京都港区の新橋駅から江東区の豊洲駅までを結ぶ、株式会社ゆりかもめが運営するAGT(特殊街路)である。駅ナンバリングで使われる路線記号はU。 開通当初から愛称のゆりかもめもしくは新交通ゆりかもめで呼ばれることが多く、また同じ東京臨海副都心地区を通る東京臨海高速鉄道りんかい線との紛らわしさもあり、正式な路線名は一般にはほとんど用いられていない。路線名の「東京臨海新交通臨海線」(「臨海線」ではなく「東京臨海新交通」を含めて路線名である)は、運営会社「株式会社ゆりかもめ」が「東京臨海新交通株式会社」だった当時からの名称であるが、社名が変更されてからも従来のままとなっている。都市計画事業としての名称は、東京都市計画道路特殊街路新交通専用道第1号臨海線1 - 3及び東京都市計画都市高速鉄道東京臨海新交通臨海線である。.

新しい!!: 東海道本線とゆりかもめ東京臨海新交通臨海線 · 続きを見る »

品川駅

品川駅(しながわえき)は、東京都港区高輪三丁目および港南二丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・東海旅客鉄道(JR東海)・日本貨物鉄道(JR貨物)・京浜急行電鉄(京急)の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と品川駅 · 続きを見る »

品鶴線

品鶴線(ひんかくせん)は、東京都港区の品川駅と横浜市鶴見区の鶴見駅を新鶴見信号場を経由して結ぶ、東海道本線の支線の通称である。 現在は、横須賀線および湘南新宿ラインの走行ルートの一部とされており、東日本旅客鉄道(JR東日本)が第一種鉄道事業者、日本貨物鉄道(JR貨物)が第二種鉄道事業者となっている。.

新しい!!: 東海道本線と品鶴線 · 続きを見る »

優等列車

優等列車(ゆうとうれっしゃ)とは、普通列車に対して速達性や車内設備の優れた列車を指す。.

新しい!!: 東海道本線と優等列車 · 続きを見る »

出雲 (列車)

ンライズ出雲(サンライズいずも)は、東京駅 - 出雲市駅間を、東海道本線・山陽本線・伯備線・山陰本線を経由して運行している寝台特別急行列車である。 なお、「サンライズ出雲」の母体となった列車で、主に東京 - 出雲市・浜田間を東海道本線・山陰本線経由で運行していた寝台特急「出雲」(いずも)、および首都圏と山陰地方を結んでいた優等列車についてもここで記述する。.

新しい!!: 東海道本線と出雲 (列車) · 続きを見る »

函南駅

函南駅(かんなみえき)は、静岡県田方郡函南町大竹にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線(静岡地区)の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と函南駅 · 続きを見る »

入江駅

旧入江駅駅舎撤去後。跡地には京浜急行バス新子安営業所が建っている(2014年) 入江駅(いりええき)は、かつて神奈川県横浜市神奈川区守屋町3-14にあった日本国有鉄道(国鉄)東海道本線貨物支線(通称、高島線および新興線)の貨物駅(廃駅)である。電報略号は、イリ。.

新しい!!: 東海道本線と入江駅 · 続きを見る »

八丁畷駅

八丁畷駅(はっちょうなわてえき)は、神奈川県川崎市川崎区池田一丁目にある、京浜急行電鉄(京急)・東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅。両社の共同使用駅で、京急の管轄駅である。.

新しい!!: 東海道本線と八丁畷駅 · 続きを見る »

八幡信号場

八幡信号場(やわたしんごうじょう)は、東海道本線貨物支線(通称:名古屋港線・東臨港線)上にある信号場である。所在地は愛知県名古屋市中川区荒江町。 名称は、当時この地にあった「八幡村」から採られたものである。.

新しい!!: 東海道本線と八幡信号場 · 続きを見る »

八代駅

八代駅(やつしろえき)は、熊本県八代市萩原町一丁目にある、九州旅客鉄道(JR九州)・日本貨物鉄道(JR貨物)・肥薩おれんじ鉄道の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と八代駅 · 続きを見る »

八重洲

八重洲(やえす)は、東京都中央区の地名で、一丁目は日本橋地域内、二丁目は京橋地域内である。または東京駅八重洲口一帯を指すエリア名である。郵便番号は一丁目が103-0028、二丁目が104-0028。.

新しい!!: 東海道本線と八重洲 · 続きを見る »

六合駅

六合駅(ろくごうえき)は、静岡県島田市道悦(どうえつ)一丁目にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と六合駅 · 続きを見る »

六甲山地

六甲山地(ろっこうさんち)は、兵庫県南東部に位置する山地。六甲山系と丹生山系からなり、瀬戸内海国立公園の区域に指定されている。六甲連山とも。 六甲山系、六甲最高峰は六甲山を参照のこと。.

新しい!!: 東海道本線と六甲山地 · 続きを見る »

六甲道駅

六甲道駅(ろっこうみちえき)は、兵庫県神戸市灘区永手町(ながてちょう)四丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)東海道本線の駅である。駅番号はJR-A58。「JR神戸線」の愛称区間に含まれている。.

新しい!!: 東海道本線と六甲道駅 · 続きを見る »

六郷川橋梁 (東海道本線)

六郷川橋梁(ろくごうがわきょうりょう)は、東京都大田区西六郷から神奈川県川崎市川崎区堀川町にかけて多摩川に架かる東日本旅客鉄道(JR東日本)東海道本線の鉄道橋である。.

新しい!!: 東海道本線と六郷川橋梁 (東海道本線) · 続きを見る »

共和駅

共和駅(きょうわえき)は、愛知県大府市共栄町九丁目にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と共和駅 · 続きを見る »

元町駅 (兵庫県)

元町駅 (もとまちえき)は、兵庫県神戸市中央区にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)『兵庫の鉄道全駅 JR・三セク』 29頁と、阪神電気鉄道の駅である『兵庫の鉄道全駅 私鉄・公営鉄道』 26頁。駅番号は、JR西日本がJR-A62、阪神電気鉄道がHS 33。 所在地は、JR西日本が元町高架通、阪神電気鉄道が元町通二丁目である。.

新しい!!: 東海道本線と元町駅 (兵庫県) · 続きを見る »

元町高架通商店街

元町高架通商店街(もとまちこうかどおりしょうてんがい)は、JR・阪神元町駅と神戸駅間の高架下に運営されている商店街である。通称はモトコーとされているが、三宮高架下と一括して「高架下」と呼ぶのが一般的。住所としては神戸市中央区元町高架通に属する。 三宮センター街、元町商店街といった神戸の表向きに観光客や買い物客を多く集める商店街の裏通り的存在としてマニア、および外国人の通る姿が多く見られる通りである。.

新しい!!: 東海道本線と元町高架通商店街 · 続きを見る »

兵庫県

兵庫県(ひょうごけん)は、日本の都道府県の一つ。本州の中西部に位置し、近畿地方に属する。県庁所在地は神戸市。.

新しい!!: 東海道本線と兵庫県 · 続きを見る »

国府津駅

国府津駅(こうづえき)は、神奈川県小田原市国府津四丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)、東海旅客鉄道(JR東海)の駅である。JRの境界駅の一つ。.

新しい!!: 東海道本線と国府津駅 · 続きを見る »

国府津車両センター

国府津車両センター(こうづしゃりょうセンター)は、神奈川県小田原市にある東日本旅客鉄道(JR東日本)横浜支社の車両基地である。.

新しい!!: 東海道本線と国府津車両センター · 続きを見る »

国土交通省

国土交通省(こくどこうつうしょう、略称:国交省(こっこうしょう)、Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism、略称:MLIT)は、日本の行政機関の一つである。 「国土の総合的かつ体系的な利用、開発及び保全、そのための社会資本の整合的な整備、交通政策の推進、気象業務の健全な発達並びに海上の安全及び治安の確保を図ること」を任務とする(国土交通省設置法第3条)。.

新しい!!: 東海道本線と国土交通省 · 続きを見る »

国道135号

国道135号(こくどう135ごう)は、静岡県下田市から伊豆半島東海岸を経由して神奈川県小田原市に至る一般国道である。.

新しい!!: 東海道本線と国道135号 · 続きを見る »

国道150号

駿河区内(2011年11月2日) 焼津市内 右は東海道新幹線(2011年11月2日) 駿河湾沿いを通る国道150号(牧之原市、2010年3月14日) 国道150号(こくどう150ごう)は、静岡県静岡市清水区から同県浜松市に至る一般国道である。.

新しい!!: 東海道本線と国道150号 · 続きを見る »

国道15号

中央通り・銀座四丁目交差点 国道15号(こくどう15ごう)は、東京都中央区の日本橋から神奈川県川崎市を経て、神奈川県横浜市神奈川区の青木通交差点へ至る一般国道である。京浜地区においては「第一京浜」あるいは「一国(いちこく)」などと呼ばれる(区間の詳細は後述)。 なお、本稿においては明治時代の明治1號國道(めいじいちごうこくどう)についても併記する。.

新しい!!: 東海道本線と国道15号 · 続きを見る »

国道161号

終点の藤尾南ランプ(2017年3月) 国道161号(こくどう161ごう)は、福井県敦賀市から滋賀県大津市に至る一般国道である。.

新しい!!: 東海道本線と国道161号 · 続きを見る »

国道171号

京都府京都市南区四ツ塚町 国道171号大阪外環状線(茨木市内) 兵庫県西宮市 札場筋交差点付近 国道171号(こくどう171ごう)は、京都府京都市から兵庫県西宮市を経由して同県神戸市に至る一般国道である。.

新しい!!: 東海道本線と国道171号 · 続きを見る »

国道1号

国道1号(こくどう1ごう)は、東京都中央区から大阪府大阪市北区へ至る一般国道である。ルートは旧東海道をほぼ踏襲した現代の東海道となっている。.

新しい!!: 東海道本線と国道1号 · 続きを見る »

国道21号

国道21号(こくどう21ごう)は、岐阜県瑞浪市から滋賀県米原市へ至る一般国道である。.

新しい!!: 東海道本線と国道21号 · 続きを見る »

国道22号

熱田神宮南交差点(起点) 名古屋市西区栄生一丁目(菊ノ尾通) 一宮市両郷町 国道22号(こくどう22ごう)は、愛知県名古屋市から岐阜県岐阜市へ至る一般国道である。現在は全線が名岐バイパスなどとして多車線化されており、これらの名称で呼ばれることもある。.

新しい!!: 東海道本線と国道22号 · 続きを見る »

国道24号

奈良市左京6丁目付近 (2012年1月) | 国道24号(こくどう24ごう)は、京都府京都市から奈良県奈良市を経て、和歌山県和歌山市に至る一般国道である。.

新しい!!: 東海道本線と国道24号 · 続きを見る »

国道255号

国道255号(こくどう255ごう)は、神奈川県秦野市より足柄上郡松田町を経て小田原市へ至る一般国道である。秦野市と足柄上郡松田町の間は国道246号に重複しているため、単独区間は足柄上郡松田町(国道246号)と小田原市(国道1号)の間である。 秦野市を起点とする背景には、1962年(昭和37年)5月1日当時の道路法の条文により、重要都市(秦野市)と一級国道(国道1号)を結ぶ路線とせざるをえなかったという事情がある(現行道路法にも実質的に同じ条文が残っているが、表現が変わり、「重要都市」が「人口十万以上の都市」に、「一級国道」が「前号に規定する国道」になっている)。 国道1号と国道246号を南北に結んでおり、足柄平野の主要ルートとしての役割を果たしている。.

新しい!!: 東海道本線と国道255号 · 続きを見る »

国道259号

国道259号、渥美半島の北岸、愛知県田原市宇津江町にて 国道259号(こくどう259ごう)は、三重県鳥羽市から愛知県豊橋市に至る一般国道である。.

新しい!!: 東海道本線と国道259号 · 続きを見る »

国道2号

国道2号(こくどう2ごう)は、大阪府大阪市北区から福岡県北九州市門司区へ至る一般国道である。本州と九州との間は、関門トンネルによって繋がり、兵庫県から山口県にかけての大半の区間で山陽自動車道と並走している。 旧山陽道(近世山陽道・西国街道)を前身とする路線であり、旧山陽道をほぼ踏襲している。しかし起点は大阪で、また岡山県岡山市から広島県福山市までは、戦前に行われた大規模な経路変更のため旧鴨方往来を前身とし、岡山県総社市や井原市などを経由するかつての山陽道からは大きく外れている。.

新しい!!: 東海道本線と国道2号 · 続きを見る »

国道365号

栃ノ木峠(滋賀県側から福井県側を望む。2010年7月) 国道365号(こくどう365ごう)は、石川県加賀市から三重県四日市市へ至る一般国道である。.

新しい!!: 東海道本線と国道365号 · 続きを見る »

国道52号

起点 静岡県・山梨県県境 (甲府方面) 富士川沿いを高架で走る国道52号 南巨摩郡身延町にて 身延町内 (甲府方面) 甲西道路(直進)と西郡路(左方面)の分岐 (甲府方面)案内標識には県道表示がないが、左側西郡路山梨県道42号韮崎南アルプス富士川線である。 富士川町内 (甲府方面) 相生地区を通る国道52号(美術館通り) 終点・甲府警察署前交差点(甲府市中央一丁目)。国道411号(画像左側:東方向)の終点、山梨県道6号甲府韮崎線(画像手前側:北方向)の起点でもある。 甲府警察署前交差点にある国道52号終点標識 (甲府市) 国道52号(こくどう52ごう)は、静岡県静岡市清水区から山梨県甲府市へ至る一般国道である。ほぼ全線が富士川に沿う。この道路と並走する形で中部横断自動車道が整備中で、山梨県内では一部区間が供用中である。.

新しい!!: 東海道本線と国道52号 · 続きを見る »

国道8号

| 国道8号(こくどう8ごう)は、新潟県新潟市から滋賀県栗東市を経由して京都府京都市へ至る一般国道である。 新潟市から日本海沿いに北陸地方を縦断して滋賀・京都に至る幹線国道であり、かつての北陸道を継承するものである。新潟県 - 滋賀県にかけて北陸自動車道と、滋賀県 - 京都府にかけて名神高速道路と並走する。現在、新潟市内の新潟バイパス区間の交通量は、日本ではトップクラスとなっている。.

新しい!!: 東海道本線と国道8号 · 続きを見る »

国鉄10系客車

ナハフ11 1(碓氷峠鉄道文化むらで保存) 国鉄10系客車(こくてつ10けいきゃくしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)が1955年に開発・試作し、その後量産した軽量構造の客車である。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄10系客車 · 続きを見る »

国鉄113系電車

国鉄113系電車(こくてつ113けいでんしゃ)は、1963年に日本国有鉄道(国鉄)が開発した直流近郊形電車。 本項では、113系の設計のベースとなった国鉄111系電車についても解説する。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄113系電車 · 続きを見る »

国鉄115系電車

国鉄115系電車(こくてつ115けいでんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)が設計・製造した近郊形直流電車である。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄115系電車 · 続きを見る »

国鉄117系電車

117系電車(117けいでんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)が1979年から製造した直流近郊形電車。1979年から1986年にかけて、主に老朽化した153系の代替用として216両が製造され、1987年の国鉄の分割・民営化時には東海旅客鉄道(JR東海)に72両、西日本旅客鉄道(JR西日本)に144両がそれぞれ承継された。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄117系電車 · 続きを見る »

国鉄119系電車

国鉄119系電車(こくてつ119けいでんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)が1982年から製造した直流近郊形電車。 1980年代、吊り掛け駆動方式を用いたいわゆる「旧形国電」の代替を進めていく中で開発された電車の一つで、長大な閑散ローカル線である飯田線の旧形電車を置換えるために製造された。1987年の国鉄分割民営化後は、全車両が東海旅客鉄道(JR東海)に引継がれた。 本項ではJR東海除籍後に一部車両がえちぜん鉄道へ譲渡・改造された同社所有のMC7000形についても扱う。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄119系電車 · 続きを見る »

国鉄14系客車

国鉄14系客車(こくてつ14けいきゃくしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)が1971年(昭和46年)より設計・製造した客車の形式。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄14系客車 · 続きを見る »

国鉄153系電車

国鉄153系電車(こくてつ153けいでんしゃ)とは、日本国有鉄道(国鉄)が設計・製造した直流急行形電車である元来は中長距離汎用形として準急列車用とされ準急形とも呼ばれたが、後に急行列車へ投入されたことかた急行形に分類された。。 1958年から1962年までに計630両が製造された。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄153系電車 · 続きを見る »

国鉄155系・159系電車

155系・159系電車(155けい・159けいでんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)が設計・開発した修学旅行列車(修学旅行のための団体専用列車)用の電車である。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄155系・159系電車 · 続きを見る »

国鉄157系電車

国鉄157系電車(こくてつ157けいでんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)が1959年(昭和34年)に設計・製造した長距離用直流特別準急電車。後に運用の実績から特殊特急形車両に分類された準急形・急行形車両であった車両が特急列車への格上げによって事実上の特急形車両になった事例は他にも東武200・250系や300・350系、名鉄キハ8000系がある。。最初に投入された列車名から「日光形電車」とも呼ばれる。 お召し専用車両であるクロ157形は本系列に分類される車両ではあるが、特殊用途のため他車とは別節にて解説する。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄157系電車 · 続きを見る »

国鉄165系電車

国鉄165系電車(こくてつ165けいでんしゃ)とは、日本国有鉄道(国鉄)が設計・製造した直流急行形電車。 国鉄分割民営化後は、東日本旅客鉄道(JR東日本)・東海旅客鉄道(JR東海)・西日本旅客鉄道(JR西日本)にそれぞれ承継された。 本項では、暖地用として製造された163系・修学旅行用として製造された167系・信越本線横川 - 軽井沢間(碓氷峠)でEF63形との協調運転対応用として製造された169系についても解説を行う。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄165系電車 · 続きを見る »

国鉄181系電車

国鉄181系電車(こくてつ181けいでんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)が設計・製造した直流用特急形電車。 本項では前身である20系電車→151系電車および派生系列の161系電車についても解説を行う。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄181系電車 · 続きを見る »

国鉄183系電車

国鉄183系電車(こくてつ183けいでんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)が設計し、1972年より製造した直流特急形電車である。 第16回(1973年)鉄道友の会ブルーリボン賞受賞。 本項では本系列をベースにEF63形電気機関車との協調運転装置を搭載する189系電車(189けいでんしゃ)ならびに西日本旅客鉄道(JR西日本)が所有していた485系電車改造の183系電車や、計画のみに終わった187系電車も解説を行う。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄183系電車 · 続きを見る »

国鉄185系電車

国鉄185系電車(こくてつ185けいでんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)が1981年に運用を開始した特急形直流電車である。国鉄で最後に製造した優等列車用車両でもある。 特急形車両でありながら通勤通学輸送にも対応させる、国鉄として新しい試みで設計と製造されたことが特徴で、首都圏の東海道本線で普通列車と急行列車に使用されていた伊藤 (1981) p.41に掲載の当時の153系の運用図表から、『国鉄監修 交通公社の時刻表』1981年8月号 pp.77-82で153系使用の列車を確認すると、平日ダイヤにおいて東京発の153系使用列車は22本設定されている中で急行「伊豆」は4本だけ、土曜ダイヤでは24本中急行は10本、休日ダイヤでは20本中急行は4本しかない(不定期運行の列車を除く)。このような事情から、本項では、当時東海道線で運用されていた153系に関しては「間合い運用」という語句を使用しない。153系電車の置き換えのために登場した車両である。1982年には高崎線などで使用されていた165系電車を置き換えるために、耐寒耐雪装備や横軽対策信越本線の横川と軽井沢の間を通過するために、車両側に対して講じられた対策のこと。ただし185系の場合、169系や489系のようにEF63形と協調運転を行うものではなく、同区間はEF63形の推進のみを動力とする。を施した車両が増備され、1982年までに合計227両が製造された。 1987年の分割民営化時に全車両が東日本旅客鉄道(JR東日本)へ承継され、1995年から2002年にかけて全車両の車内外が更新されて特急列車や湘南ライナー等を中心に運用されているが、製造後30年以上経過した2014年以降、編成単位で淘汰されている。 本項では以下、東海道本線は「東海道線」と表記する。文中で使用する編成記号は編成表に詳述がある。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄185系電車 · 続きを見る »

国鉄20系客車

鉄道博物館に保存) 国鉄20系客車(こくてつ20けいきゃくしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)が1958年(昭和33年)に開発した寝台特急列車用客車である。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄20系客車 · 続きを見る »

国鉄2100形蒸気機関車

国鉄2100形蒸気機関車(こくてつ2100がたじょうききかんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)の前身である官設鉄道が、1890年(明治23年)からイギリスより輸入したタンク式蒸気機関車である。鉄道作業局時代の形式称号より、同系の3形式(2120形・2400形・2500形)とともにB6形と通称される。日露戦争において大陸で使用するためイギリス・ドイツ・アメリカ合衆国で大量に発注され、1906年(明治39年)までに私鉄による輸入分も含め4形式総計533両が製造され、国鉄では1961年(昭和36年)まで、譲渡先の専用線では1973年(昭和48年)まで現役で使用された。 本項では、これらB6形4形式のほか、それらの改造形式である2700形(2代)・2900形・3500形蒸気機関車、暖房車マヌ34形客車についても記す。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄2100形蒸気機関車 · 続きを見る »

国鉄211系電車

211系電車(211けいでんしゃ)は、1985年に登場した直流近郊形電車。当初は日本国有鉄道(国鉄)が、国鉄分割民営化後は東日本旅客鉄道(JR東日本)、東海旅客鉄道(JR東海)、西日本旅客鉄道(JR西日本)により設計・製造された。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄211系電車 · 続きを見る »

国鉄213系電車

213系電車(213けいでんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)、西日本旅客鉄道(JR西日本)、東海旅客鉄道(JR東海)が1987年から1991年まで製造した直流近郊形電車である。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄213系電車 · 続きを見る »

国鉄22000系客車

国鉄22000系客車(こくてつ22000けいきゃくしゃ)は、日本国有鉄道の前身である鉄道省が1919年から1927年にかけて製造した17m級木造2軸ボギー式客車形式群である。 なお、この名称は国鉄が定めた正式の系列呼称ではなく、1920年より製造されたホハ24400形(のちのナハ24400形→ナハ22000形)と同様の寸法・構造の客車を総称する、趣味的・便宜的な呼称である。 また、本記事では一般的な長形台枠であるUF12を標準として使用するグループ以外に、明治45年式台枠と呼称される旧型台枠を流用したグループと、魚腹式台枠であるUF15を使用する改良型のナハ23800形を基幹形式とするグループを含めた、いわゆる大形2AB車全般についてあわせて取り扱うこととする。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄22000系客車 · 続きを見る »

国鉄24系客車

14系・24系の多くの車両に使用されているTR217C形台車 国鉄24系客車(こくてつ24けいきゃくしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)が設計・製造した寝台客車である。 1973年から1980年にかけて量産され、21世紀初頭まで日本の寝台特急列車(いわゆるブルートレイン)の主力車両として運用された。1980年代中期以降、改造個室寝台車の開発や他の系列からの編入改造などで、多彩なバリエーションが生じた。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄24系客車 · 続きを見る »

国鉄381系電車

国鉄381系電車(こくてつ381けいでんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)が1973年から1982年の間に設計・製造した振子式の直流特急形車両である。 国鉄分割民営化後は東海旅客鉄道(JR東海)・西日本旅客鉄道(JR西日本)に承継された。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄381系電車 · 続きを見る »

国鉄400形蒸気機関車

国鉄400形蒸気機関車(西武鉄道2代目4号蒸気機関車)(2008年10月 / 横瀬車両基地) 国鉄400形蒸気機関車(こくてつ400がたじょうききかんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)の前身である内閣鉄道局がイギリスから輸入したタンク式蒸気機関車である。2-4-2 (1B1) の車軸配置を持つ中型の機関車であり、大きさや性能が手ごろで使いやすかったことから、国鉄では国産も含めて複数メーカーから改良型を大量に導入し、私鉄などにおいても同系車が数多く導入され、国鉄からの払下げ車も長く使用された。 本項においては、鉄道作業局においてA8形と称された500形、600形、700形、その前駆となる400形、私鉄向けに製造され国有化により国鉄に編入された280形、450形、480形、490形、800形、850形、870形および同系の私鉄機、ならびに本系列の変型である100形、220形についても合わせて記述する。 広義の同系車である鉄道作業局でA10形と称された準同形である国産の230形系列ならびにA9形と称された860形については、別項で記述する。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄400形蒸気機関車 · 続きを見る »

国鉄40系電車

国鉄40系電車(こくてつ40けいでんしゃ)は、1932年(昭和7年)から1942年(昭和17年)にかけて日本国有鉄道の前身である鉄道省が製造した、車体長20m級3扉ロングシートの旧形電車を便宜的に総称したもので、鉄道省の電動車としては初めて全長20m級の鋼製車体を採用した電車である。 具体的には、両運転台型三等制御電動車のモハ40形(40001 - 40080)、片運転台型三等制御電動車のモハ41形(41001 - 41055)、片運転台型三等制御車のクハ55形(55001 - 55096)、二等三等付随車のサロハ56形(56001 - 56013)、三等付随車のサハ57形(57001 - 57047)、モハ41形の電動機出力向上型であるモハ60形(60001 - 60126)、三等荷物合造制御車のクハニ67形(67001 - 67008)の7形式425両を指す。広義には、同仕様で製造された17m級車体のモハ33形2両、モハ34形26両も含まれるが、本項では20m級車体を持つ狭義の40系について記述する。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄40系電車 · 続きを見る »

国鉄457系電車

国鉄457系電車(こくてつ457けいでんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)が設計・製造した交直両用急行形電車。 本項では、同じ用途で設計・製造された451・453・455・471・473・475の各系列についても解説する。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄457系電車 · 続きを見る »

国鉄485系電車

485系電車(485けいでんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)が設計・製造した交流直流両用特急形電車である。 本項では、交流60Hz対応の481系・交流50Hz対応の483系ならびに交流50/60Hz対応の485系を基本に信越線の協調運転にも対応した489系についても解説を行う。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄485系電車 · 続きを見る »

国鉄50系客車

50系51形客車で組成された列車 50系客車(50けいきゃくしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)が主に地方都市圏の通勤・通学時間帯の普通列車に使用する目的で1977年(昭和52年)より設計・製造された一般形客車の系列である(区分の経緯については#車両区分を参照)。国鉄規格「赤2号」の塗装から「レッドトレイン」とも称されていた日本交通公社『国鉄車両一覧』p 202。 本州以南用の50形と、北海道用の51形があるが、基本的な設計コンセプトは同一であるため本項ではこの両形式、さらに同一の車体構造を有する荷物車マニ50形と郵便・荷物合造車スユニ50形についても併せて解説を行う。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄50系客車 · 続きを見る »

国鉄52系電車

飯田線を走行するクモハ52002他4両編成(1978年頃) 52系電車(52けいでんしゃ)は、1936年(昭和11年)から1937年(昭和12年)にかけて、鉄道省が京阪神地区固有の急行電車(急電)に使用することを目的に製造した複数車種・形式の電車を便宜的に総称したものである。 基本設計は京阪神地区電化時に設計された42系電車に準じるが、車体形状に当時世界的に流行していた流線形を取り入れ、当初は「魚雷形電車」と形容され、後には「流電」の愛称で親しまれた。第二次世界大戦後は最初の転用先となった阪和線で特急電車に使用された。1948年 (昭和23年) には高速試験の記録もある。 本項では、モハ52形6両(52001 - 52006)、モハ43形4両(43038 - 43041)、サロハ46形1両(46018)、サロハ66形4両(66016 - 66019)、サハ48形5両(48029 - 48033)の20両およびその改造車について取り扱う。 なお、上記の車両群を広義の42系の一部として扱う考え方もあり、実際に運用面ではしばしば42系と共通扱いとされた。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄52系電車 · 続きを見る »

国鉄5300形蒸気機関車

5300形は、1882年(明治15年)から1890年(明治23年)にかけて、イギリスのベイヤー・ピーコック社(Beyer, Peacock & Co. Ltd., Gorton Foundry)で製造され、輸入された蒸気機関車である。官設鉄道(後の国鉄)で使用されたほか、日本鉄道、山陽鉄道でも同形機が使用された。ピーコック社製のテンダー機、略して「ピーテン」と呼ばれる一連の蒸気機関車の一党である。 日本鉄道及び山陽鉄道の同形機は、1906年(明治39年)に制定された鉄道国有法により官設鉄道に移管され、1909年(明治42年)の鉄道院が制定した車両形式称号規程により、5300形となった。両数は、官設鉄道が12両、日本鉄道が2両、山陽鉄道が10両の計24両である。 本形式は1921年(大正10年)から1923年(大正12年)にかけて、東武鉄道に譲渡された2両を除く22両がタンク機関車に改造され960形となっている。 官設鉄道および甲武鉄道、山陽鉄道では、1889年(明治23年)および1891年(明治25年)にニールソン(ネルソン)社(Neilson & Co., Hyde Park Locomotive Works)製を計14両(後の5400形)、関西鉄道では1890年にダブス社(Dübs & Co., Glasgow Locomotive Works)製の2両(後の5450形)を輸入し、山陽鉄道では1901年(明治34年)および1903年(明治35年)にニールソン社製を模倣して自社兵庫工場で2両(後の5480形)を製造しており、本項ではこれらについても取扱う。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄5300形蒸気機関車 · 続きを見る »

国鉄583系電車

国鉄583系電車(こくてつ583けいでんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)が設計・製造した動力分散方式の交直両用特急形寝台電車。最初に投入された列車愛称にちなみ月光形電車の呼称がある。本項で交流60Hz対応の581系電車についても解説を行う。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄583系電車 · 続きを見る »

国鉄6200形蒸気機関車

6200形は、1897年(明治30年)および1900年(明治33年)に、イギリスのニールソン(ネルソン)社 (Neilson & Co., Hyde Park Locomotive Works) で製造され、官設鉄道が輸入したテンダー式蒸気機関車である。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄6200形蒸気機関車 · 続きを見る »

国鉄6400形蒸気機関車

6400形は、かつて日本国有鉄道の前身である鉄道作業局・鉄道院・鉄道省に在籍したテンダー式蒸気機関車である。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄6400形蒸気機関車 · 続きを見る »

国鉄70系電車

中央線を走行する70系電車 国鉄70系電車(こくてつ70けいでんしゃ)とは、日本国有鉄道(国鉄)で運用された旧形電車形式群の総称である開発当時の国鉄には、「系」「系列」という概念が存在しない。。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄70系電車 · 続きを見る »

国鉄80系電車

国鉄80系電車(こくてつ80けいでんしゃ)は、1950年に登場した日本国有鉄道(国鉄)の長距離列車用電車形式群の総称である「系」「系列」という概念は、1964年制定の車両管理規程(総裁達178号)に基づき定められた車両称号基準規程により生じたものであり、開発された当時、国鉄には「系」「系列」という概念が存在しなかった。本項では便宜上の総称として「80系」もしくは「本系列」と表記する。。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄80系電車 · 続きを見る »

国鉄8620形蒸気機関車

形式図 8620形は、日本国有鉄道(国鉄)の前身である鉄道院が製造した、日本で初めて本格的に量産された国産旅客列車牽引用テンダー式蒸気機関車。「ハチロク」と愛称され、国鉄蒸気機関車の末期まで全国で使用された。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄8620形蒸気機関車 · 続きを見る »

国鉄8800形蒸気機関車

8800形は、日本国有鉄道(国鉄)の前身である鉄道院が輸入した、幹線旅客列車牽引用のテンダー式蒸気機関車である。1912年(明治45年)6月に運行が開始された日本初の「特別急行列車」の牽引を務めることにもなった機関車である。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄8800形蒸気機関車 · 続きを見る »

国鉄8850形蒸気機関車

8850形機関車8868 8850形は、日本国有鉄道(国鉄)の前身である鉄道院が輸入した、幹線旅客列車牽引用のテンダー式蒸気機関車である。1912年(明治45年)6月に運行が開始された日本初の「特別急行列車」の牽引を務めることにもなった機関車である。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄8850形蒸気機関車 · 続きを見る »

国鉄8900形蒸気機関車

8900形 8900形は、日本国有鉄道(国鉄)の前身である鉄道院が輸入した、幹線旅客列車牽引用のテンダー式蒸気機関車である。1912年(明治45年)6月に運行が開始された日本初の「特別急行列車」の牽引を務めることにもなった機関車である。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄8900形蒸気機関車 · 続きを見る »

国鉄9600形蒸気機関車

形式図 (9600 - 9617) 形式図 (9618 -) 国鉄9600形蒸気機関車(こくてつ9600がたじょうききかんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)の前身である鉄道院が1913年(大正2年)から製造した、日本で初めての本格的な国産貨物列車牽引用のテンダー式蒸気機関車である。「キューロク」、「クンロク」あるいは「山親爺」と愛称され、四国を除く日本全国で長く使用された。国鉄において最後まで稼動した蒸気機関車ともなった、長命な形式である。 9600形という形式は、1912年度に12両が試作された2-8-0 (1D) 型過熱式テンダー機関車が最初に使用 (9600 - 9611) したが、本形式に形式を明け渡すため、落成後わずか3か月で9580形 (9580 - 9591) に改められた。したがって、本形式は9600形の2代目である。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄9600形蒸気機関車 · 続きを見る »

国鉄マロネ40形客車

マロネ40形は、日本国有鉄道の前身である運輸省鉄道総局が製造した寝台車両の一形式である。 本項では、同時期(日本国有鉄道発足後)に作られた同形態の車両であるマロネ41形についても記述し、またマロネ40形・マロネ41形から改造された事業用車両マヤ40形・オヤ41形などについても記述する。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄マロネ40形客車 · 続きを見る »

国鉄モハ14形電車

モハ14形は、かつて日本国有鉄道(国鉄)に在籍した電車である。 1953年(昭和28年)6月1日に施行された車両形式称号規程改正により、車体長17m級2扉クロスシートの三等電動車に与えられた形式で、以下の2形式3種が編入された。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄モハ14形電車 · 続きを見る »

国鉄・JR線路名称一覧

国鉄・JR線路名称一覧(こくてつ・JRせんろめいしょういちらん)は、日本の国有鉄道及びJRに所属する、あるいは所属していた鉄道路線名称の一覧である。 国有鉄道の線路名称は、1909年10月12日に公布した国有鉄道線路名称(明治42年鉄道院告示第54号)によって制定されたものである。この際に鉄道院に所属する鉄道は23部72路線に区分され、以降、必要に応じて改正が行われ、現行のJR各社の線路名称にまで引き継がれている。 なお、新幹線についてはその建設経緯等から路線によって以下のように対応が分かれる。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄・JR線路名称一覧 · 続きを見る »

国鉄分割民営化

国鉄分割民営化(こくてつぶんかつみんえいか)とは、中曽根内閣が実施した行政改革である。日本国有鉄道(国鉄)をJRとして、6つの地域別の「旅客鉄道会社」と1つの「貨物鉄道会社」などに分割し、民営化するもので、これらの会社は1987年(昭和62年)4月1日に発足した。 このほか、同時期に日本電信電話公社や日本専売公社を含めた三公社の民営化が自由民主党によって進められた。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄分割民営化 · 続きを見る »

国鉄オハ31系客車

国鉄オハ31系客車(こくてつオハ31けいきゃくしゃ)は、日本国有鉄道の前身である鉄道省が1927年から導入した、国鉄で初の鋼製車体をもつ客車の形式群。なお、この名称は国鉄が定めた正式の系列呼称ではなく、1927年より製造されたオハ44400形(のちのオハ32000形→オハ31形)と同様の車体を持つ客車を総称する、趣味的・便宜的な呼称である。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄オハ31系客車 · 続きを見る »

国鉄オハ35系客車

国鉄オハ35系客車(こくてつオハ35けいきゃくしゃ)とは、日本国有鉄道の前身である鉄道省が製造した、車体長20m級鋼製客車の形式群である。 なお、「オハ35系」の呼称は国鉄が定めた制式の系列呼称ではなく、1939年(昭和14年)より製造が開始されたスハ33650形(のちのオハ35形)と同様の車体構造を持つ制式鋼製客車を総称する、趣味的・便宜的な呼称である。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄オハ35系客車 · 続きを見る »

国鉄キハ181系気動車

国鉄キハ181系気動車(こくてつキハ181けいきどうしゃ)系列を持つ国鉄初の新系列気動車として3桁表示の付番となり、新性能電車同様に形式称号と車番の間にはハイフンが挿入されている。正式な系列名は「181系」である。ただし、慣例的なものや、181系電車との混同を防ぐため、一般には「キハ181系」と呼ばれることが多い。とは、日本国有鉄道(国鉄)が開発・保有した特急形気動車。1968年から1972年までに158両が製造された。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄キハ181系気動車 · 続きを見る »

国鉄キハ40系気動車 (2代)

国鉄キハ40系気動車(2代目)(こくてつキハ40けいきどうしゃ)は、1977年から1982年にかけて日本国有鉄道(国鉄)が製造した気動車(ディーゼル動車)である。 これは国鉄の車両称号規程に則った制式の系列呼称ではないが、同一の設計思想により製造された気動車の形式を便宜的に総称したものである。具体的には、キハ40形(2代)、キハ47形、キハ48形の3形式およびこれらの改造により発生した派生形式を指す。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄キハ40系気動車 (2代) · 続きを見る »

国鉄キハ58系気動車

ハ58系気動車(キハ58けいきどうしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)が1961年に開発した急行形気動車(ディーゼル動車)である。 1969年まで大量に増備され、1960年代から1980年代にかけて幹線・ローカル線を問わず、日本全国で急行列車を中心に投入された。 なお、本項の「キハ58系」という表現は、同一の設計思想により製造された気動車を便宜的に総称したもので、制式のものではない。広義には、北海道用の「キハ56系」、碓氷峠通過仕様(横軽・アプト区間対策車)の「キハ57系」を含むが、本項では、主に狭義の「キハ58系」について記述する。具体的には、キロ28形・キロ58形・キハ28形・キハ58形・キユ25形の5形式およびこれらの改造車を指す。 また、本項では富士急行の自社発注車や他社譲渡車についても解説する。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄キハ58系気動車 · 続きを見る »

国鉄キハ80系気動車

国鉄キハ80系気動車(こくてつキハ80けいきどうしゃ)は、日本国有鉄道が開発した特急形気動車。系統としては、1960年(昭和35年)に量産先行車的要素で特急「はつかり」用として製造されたキハ81系グループ26両と1961年(昭和36年)以降に製造されたキハ82系グループ358両の総称で、基本構造の多くを共通とするため本項において一括して解説する。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄キハ80系気動車 · 続きを見る »

国鉄キハ90系気動車

ハ90系は、日本国有鉄道(国鉄)が新系列強力型気動車の試作車として設計・製造した急行形気動車である。定期列車としての運行開始後は、動力車が全てキハ91形を称したことからキハ91系とも称された。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄キハ90系気動車 · 続きを見る »

国鉄クハ47形電車

ハ47形は、かつて日本国有鉄道(国鉄)に在籍した電車である。 車体長20m級の三等制御車に与えられた形式で、オリジナルは32系に属するが、後にサハ48形の改造車や42系、52系に属する車両が編入された。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄クハ47形電車 · 続きを見る »

国鉄スハ32系客車

国鉄スハ32系客車(こくてつスハ32けいきゃくしゃ)とは、日本国有鉄道の前身である鉄道省が1929年(昭和4年)から製造した20m級鋼製客車の形式群である。 スハフ32形を最後尾として走る列車.

新しい!!: 東海道本線と国鉄スハ32系客車 · 続きを見る »

国鉄スハ43系客車

松駅付近、1984年撮影) 国鉄スハ43系客車(こくてつスハ43けいきゃくしゃ)とは、日本国有鉄道(国鉄)が1951年から製造した客車の形式群である。 本形式は急行列車等の優等列車運用に供する目的で投入され、その目的から資料によっては急行形車両に分類されることがある。一方後年は普通列車にも使用されており、国鉄の現場などでは一般形客車(在来形客車・旧型客車とも)と呼ばれ、一般形車両に分類されることもあるが、本形式は正式な意味で急行形や一般形に分類される車両ではない。 在来設計の発展型ではあるが、台車構造や車内設備などに多くの新機軸を採り入れ、従来の客車と比較して居住性を大幅に改善した、画期的な客車であった。 本項では、当形式と設計の基本を同じくする、特急列車で使用することを目的に投入された客車であるスハ44系客車についても記述する。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄スハ43系客車 · 続きを見る »

国鉄C10形蒸気機関車

大井川本線千頭駅) C10 19(製造時)ボイラー横の筒状のものが重見式給水加熱器 C10形蒸気機関車(C10がたじょうききかんしゃ)は、1930年(昭和5年)に製造された、日本国有鉄道(国鉄・製造時は鉄道省)のタンク式蒸気機関車である。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄C10形蒸気機関車 · 続きを見る »

国鉄C50形蒸気機関車

C50形蒸気機関車(C50がたじょうききかんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)の前身である鉄道省が製造した旅客列車牽引用のテンダー式蒸気機関車である。シゴマル、シゴレの愛称がある。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄C50形蒸気機関車 · 続きを見る »

国鉄C51形蒸気機関車

C51 5(2006年5月14日、青梅鉄道公園) C51形蒸気機関車(C51がたじょうききかんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)の前身である鉄道院(1920年、鉄道省に改組)が1919年に開発した、幹線旅客列車用の大型(のちには中型)テンダー式蒸気機関車である。 当初18900形と称したが、1928年6月にC51形と改称された。愛称はシゴイチ。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄C51形蒸気機関車 · 続きを見る »

国鉄C53形蒸気機関車

C53形蒸気機関車(C53がたじょうききかんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)の前身である鉄道省がアメリカから輸入したC52形を解析の上、国産化した3シリンダー型のテンダー式蒸気機関車である。愛称はシゴサン。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄C53形蒸気機関車 · 続きを見る »

国鉄C55形蒸気機関車

C55形蒸気機関車(C55がたじょうきかんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)の前身である鉄道省が設計した亜幹線旅客列車用中型テンダー式蒸気機関車の一つである。愛称はシゴゴ。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄C55形蒸気機関車 · 続きを見る »

国鉄C57形蒸気機関車

国鉄C57形蒸気機関車(こくてつC57がたじょうききかんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)の旅客用テンダー式蒸気機関車である。マスコミなどでは「貴婦人(きふじん)」の愛称で紹介されることも多い。鉄道ファン等からは「シゴナナ」と呼ばれている。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄C57形蒸気機関車 · 続きを見る »

国鉄C59形蒸気機関車

C59 161(戦後型) 国鉄C59形蒸気機関車(こくてつC59がたじょうききかんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)の前身である鉄道省が設計した、幹線旅客列車用テンダー式蒸気機関車である。愛称はシゴクまたはシゴキュウ。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄C59形蒸気機関車 · 続きを見る »

国鉄C62形蒸気機関車

国鉄C62形蒸気機関車(こくてつC62がたじょうききかんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)の旅客用テンダー式蒸気機関車である。 1948年(昭和23年)から翌1949年(昭和24年)にかけてD52形蒸気機関車の改造名義で49両が製造され、その牽引力や重量から、輸送量を要求される、主に平坦地や、軟弱地盤の少ない東海道本線、山陽本線など主要幹線の優等列車牽引に使用された。通称シロクニ。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄C62形蒸気機関車 · 続きを見る »

国鉄D50形蒸気機関車

D50319 形式図 D50形は、日本国有鉄道(国鉄、製造時は鉄道省)の貨物用テンダー式蒸気機関車の1形式である。 当初は9900形と称したが、1928年10月、D50形に形式変更された。 鉄道の現場を中心に“デコマル”またはデゴレの愛称があった。 本項では、D50形を標準軌用に改設計した吉長鉄路・吉敦鉄路500形機関車についても記述する。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄D50形蒸気機関車 · 続きを見る »

国鉄D52形蒸気機関車

D52形蒸気機関車(D52がたじょうききかんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄、製造時は鉄道省→運輸通信省)の貨物用テンダー式蒸気機関車である。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄D52形蒸気機関車 · 続きを見る »

国鉄DD51形ディーゼル機関車

DD51形ディーゼル機関車(DD51がたディーゼルきかんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)によって1962年(昭和37年)から1978年(昭和53年)にかけて製造されたディーゼル機関車である。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄DD51形ディーゼル機関車 · 続きを見る »

国鉄DE10形ディーゼル機関車

DE10形ディーゼル機関車(DE10がたディーゼルきかんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)が開発・設計した中型ディーゼル機関車である。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄DE10形ディーゼル機関車 · 続きを見る »

国鉄EF15形電気機関車

EF15形は、日本国有鉄道(国鉄)とその前身である運輸省が、1947年(昭和22年)から1958年(昭和33年)にかけて製造した貨物列車牽引用の直流電気機関車である。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄EF15形電気機関車 · 続きを見る »

国鉄EF52形電気機関車

EF52形は、日本国有鉄道の前身である鉄道省が、1928年(昭和3年)から製造した直流用電気機関車である。 本項では、本形式の派生形であるEF54形及びその改造形であるEF14形についても記述する。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄EF52形電気機関車 · 続きを見る »

国鉄EF57形電気機関車

EF57 7 前面 EF57形電気機関車(EF57がたでんききかんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)の前身である鉄道省が旅客列車牽引用に製造した直流用電気機関車である。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄EF57形電気機関車 · 続きを見る »

国鉄EF58形電気機関車

お召し列車牽引用の61号機 EF58形電気機関車(イーエフ58がたでんききかんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)の旅客用直流電気機関車である。 EF58形の半製品を設計変更して就役させた貨物用のEF18形電気機関車(イーエフ18がたでんききかんしゃ)についても本項で詳述する。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄EF58形電気機関車 · 続きを見る »

国鉄EF60形電気機関車

EF60形電気機関車(EF60がたでんききかんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)が1960年に開発した平坦路線向け直流用電気機関車である。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄EF60形電気機関車 · 続きを見る »

国鉄EF61形電気機関車

EF61形電気機関車(EF61がたでんききかんしゃ)は、かつて日本国有鉄道(国鉄)および1987年(昭和62年)の国鉄分割民営化後は日本貨物鉄道(JR貨物)に在籍した直流用電気機関車である。1961年(昭和36年)から新造された基本番台の1 - 18と、1977年(昭和52年)からEF60形の改造によって編入された200番台(8両)が存在する。両者は実質的には別物であるが、新形式の投入に際しては労働組合との間で困難な折衝を行う必要があったために、たまたま主電動機・出力が同じであったことから同一形式とされたものである。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄EF61形電気機関車 · 続きを見る »

国鉄EF62形電気機関車

EF62形は、日本国有鉄道(国鉄)が設計した直流用電気機関車である。 国鉄の最急勾配路線であった信越本線の碓氷峠越え区間に直通する列車の牽引用に開発され、急勾配での運用に対応した特殊設計がなされている。 1962年(昭和37年)に先行試作車の1が完成し、その後1963年から1969年にかけて量産車53両の合計54両が製造されたが、すでに全車が廃車された。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄EF62形電気機関車 · 続きを見る »

国鉄EF64形電気機関車

EF64形電気機関車(EF64がたでんききかんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)が1964年に開発した、勾配線区用向け直流電気機関車である。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄EF64形電気機関車 · 続きを見る »

国鉄EF65形電気機関車

EF65形電気機関車(EF65がたでんききかんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)が1965年に開発した、平坦路線向け直流用電気機関車である。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄EF65形電気機関車 · 続きを見る »

国鉄EF66形電気機関車

EF66形電気機関車(EF66がたでんききかんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)が1968年(昭和43年)から1974年(昭和49年)まで、日本貨物鉄道(JR貨物)が1989年(平成元年)から1991年(平成3年)まで製作した直流電気機関車である。 本形式の量産に先立ち、1966年(昭和41年)に試作されたEF90形電気機関車についても本項で記述する。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄EF66形電気機関車 · 続きを見る »

国鉄EF81形電気機関車

EF81形は、日本国有鉄道(国鉄)が1968年(昭和43年)から製造した交流直流両用電気機関車である。国鉄分割民営化後にも、日本貨物鉄道(JR貨物)が1989年(平成元年)から追加製造した。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄EF81形電気機関車 · 続きを見る »

国鉄EH10形電気機関車

EH10 61 製造銘板 EH10形は、1954年(昭和29年)に登場した日本国有鉄道(国鉄)の直流電気機関車である。 1957年(昭和32年)までに64両が製作され、東海道本線・山陽本線の貨物列車牽引用に使用された。国鉄が製作した唯一国鉄の貨物営業を継承した日本貨物鉄道(JR貨物)が線路使用料等の事情によりEH500形(「平成のマンモス」という愛称が付いた)を設計・製作するまで、本機が史上唯一の存在であった(黒部峡谷鉄道EH形電気機関車もあるが、性格が全く異なる)。の8動軸機であり、国鉄史上最大級の電気機関車である。その巨体から「マンモス」という愛称で親しまれた。.

新しい!!: 東海道本線と国鉄EH10形電気機関車 · 続きを見る »

国電

国電(こくでん)とは、日本国有鉄道(国鉄)の電車で、大都市周辺で運転された近距離専用電車または近距離専用電車線を指した。具体的には、大阪(京阪神)や東京(首都圏)の2大都市圏の近距離専用電車が走る区間の総称で、東京の山手線や大阪の大阪環状線はその代表例であった世界大百科辞典。主として首都圏で用いられた用語で、国鉄分割民営化に際してJR東日本は、国電に代わる呼称として「E電」を採用したが、殆ど普及せず名称が消滅した。日本国有鉄道になる前は、「院電」(いんでん、鉄道院時代)や「省線電車」(しょうせんでんしゃ、鉄道省・運輸通信省・運輸省の時代)と呼ばれていた。 「国電」の代表車・国鉄103系電車.

新しい!!: 東海道本線と国電 · 続きを見る »

四日市市

四日市市(よっかいちし)は、三重県北部に位置する県北部の中心都市で、国から施行時特例市と保健所政令市の指定を受けている。 三重県の県庁所在地津市を上回る、三重県下最大の人口を擁し、都市雇用圏は東海地方で名古屋市、浜松市、静岡市、岐阜市に次ぐ規模を有している。.

新しい!!: 東海道本線と四日市市 · 続きを見る »

新年

新年(しんねん、)は世界各地で使われている暦年の新しい年の始めをいう。学年、会計年度上の新年という場合もある。.

新しい!!: 東海道本線と新年 · 続きを見る »

犬上川

上川(いぬかみがわ)は、滋賀県東部(湖東地域)を流れる淀川水系の一級河川。.

新しい!!: 東海道本線と犬上川 · 続きを見る »

皇居

皇居の正門石橋(この奥に正門鉄橋(通称二重橋が架かる) 皇居(こうきょ)は、天皇の平常時における宮殿・住居である。現在は東京都千代田区にある。「皇居」の呼称が広く用いられるようになったのは現在の皇居からである。.

新しい!!: 東海道本線と皇居 · 続きを見る »

矢作川

作川(やはぎがわ)は、長野県、岐阜県および愛知県を流れ三河湾に注ぐ河川。一級水系矢作川の本流。矢作川の水は明治用水などに使われている。矢矧川とも書く。.

新しい!!: 東海道本線と矢作川 · 続きを見る »

知恩院

遠景(左三門、右本堂、後方比叡山) 知恩院(ちおんいん)は、京都府京都市東山区にある浄土宗総本山の寺院。山号は華頂山(かちょうざん)。詳名は華頂山知恩教院大谷寺(かちょうざん ちおんきょういん おおたにでら)。本尊は法然上人像(本堂)および阿弥陀如来(阿弥陀堂)、開基(創立者)は法然である。 浄土宗の宗祖・法然が後半生を過ごし、没したゆかりの地に建てられた寺院で、現在のような大規模な伽藍が建立されたのは、江戸時代以降である。徳川将軍家から庶民まで広く信仰を集め、今も京都の人々からは親しみを込めて「ちよいんさん」「ちおいんさん」と呼ばれている。 なお他流で門跡に当たる当主住職を、知恩院では浄土門主(もんす)と呼ぶ。.

新しい!!: 東海道本線と知恩院 · 続きを見る »

石場駅

石場駅(いしばえき)は、滋賀県大津市松本二丁目15-6にある京阪電気鉄道石山坂本線の駅。駅番号はOT10。 「びわ湖ホール前」の副名称がある。.

新しい!!: 東海道本線と石場駅 · 続きを見る »

石山寺

本堂 (国宝) 珪灰石 (国の天然記念物) 石山寺(いしやまでら)は、滋賀県大津市石山寺1丁目にある東寺真言宗の寺院。本尊は如意輪観音、開基(創立者)は良弁。当寺は京都府の清水寺や奈良県の長谷寺と並ぶ、日本でも有数の観音霊場であり、西国三十三所観音霊場第13番札所となっている。また当寺は『蜻蛉日記』『更級日記』『枕草子』などの文学作品にも登場し、『源氏物語』の作者紫式部は、石山寺参篭の折に物語の着想を得たとする伝承がある。「近江八景」の1つ「石山秋月」でも知られる。 紅葉の名所としても知られ、秋にはライトアップが行われており、2015年に日本夜景遺産に認定された。 洋画家の三谷祐幸から寄付される形で関西美術院の所有者となっている。.

新しい!!: 東海道本線と石山寺 · 続きを見る »

石山駅

石山駅南口バスターミナル(2017年11月) 石山駅北口(2017年11月) のりば(2006年12月15日) デッキ(2008年11月21日) 石山駅(いしやまえき)は、滋賀県大津市粟津町(あわづちょう)にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)・日本貨物鉄道(JR貨物)東海道本線の駅である。駅番号はJR-A27。「琵琶湖線」の愛称区間に含まれている。.

新しい!!: 東海道本線と石山駅 · 続きを見る »

石屋川

石屋川(いしやがわ)は、兵庫県神戸市東部を流れる二級水系の本流。山麓から河口までの距離が極めて短い急流で、中流域は天井川となっている。灘区と東灘区の境界となっており、川沿いに遊歩道や公園が整備されている。かつて六甲山から切りだされた御影石を加工する石材屋が川沿いに軒を連ねたことから石屋川と名づけられた。.

新しい!!: 東海道本線と石屋川 · 続きを見る »

石屋川トンネル

石屋川隧道(いしやがわずいどう)とは、かつて兵庫県神戸市の東海道本線住吉駅 - 灘駅間、現在の住吉駅 - 六甲道駅間に存在した鉄道トンネルである。日本で初めて開削された鉄道トンネルということで特筆される。.

新しい!!: 東海道本線と石屋川トンネル · 続きを見る »

石灰石

結晶質石灰岩(大理石) 石灰石(せっかいせき、limestone)は、鉱物である方解石・霰石、あるいは岩石である石灰岩・結晶質石灰岩(大理石)を、資源として扱うときの鉱石名または商品名。.

新しい!!: 東海道本線と石灰石 · 続きを見る »

石炭

石炭(せきたん、英:coal)とは、古代(数億年前)の植物が完全に腐敗分解する前に地中に埋もれ、そこで長い期間地熱や地圧を受けて変質(石炭化)したことにより生成した物質の総称。見方を変えれば植物化石でもある。 石炭は古くから、産業革命以後20世紀初頭まで最重要の燃料として、また化学工業や都市ガスの原料として使われてきた。第一次世界大戦前後から、艦船の燃料が石炭の2倍のエネルギーを持つ石油に切り替わり始めた。戦間期から中東での油田開発が進み、第二次世界大戦後に大量の石油が採掘されて1バレル1ドルの時代を迎えると産業分野でも石油の導入が進み(エネルギー革命)、西側先進国で採掘条件の悪い坑内掘り炭鉱は廃れた。 しかし1970年代に二度の石油危機で石油がバレルあたり12ドルになると、産業燃料や発電燃料は再び石炭に戻ったが、日本国内で炭鉱が復活することは無かった。豪州の露天掘りなど、採掘条件の良い海外鉱山で機械化採炭された、安価な海外炭に切り替わっていたからである。海上荷動きも原油に次いで石炭と鉄鉱石が多く、30万トンの大型石炭船も就役している。 他の化石燃料である石油や天然ガスに比べて、燃焼した際の二酸化炭素 (CO2) 排出量が多く、地球温暖化の主な原因の一つとなっている。また、硫黄酸化物の排出も多い。.

新しい!!: 東海道本線と石炭 · 続きを見る »

石部トンネル

アイオン台風で倒壊した旧石部隧道神戸方坑門。この写真は1996年撮影だが、2016年現在では更に崩壊が進行している。 石部トンネル(せきべトンネル)は、静岡県静岡市駿河区と焼津市にまたがる東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の鉄道トンネルである。.

新しい!!: 東海道本線と石部トンネル · 続きを見る »

灘駅

駅(なだえき)は、兵庫県神戸市灘区岩屋北町七丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)東海道本線の駅である。駅番号はJR-A60。「JR神戸線」の愛称区間に含まれている。.

新しい!!: 東海道本線と灘駅 · 続きを見る »

琵琶湖

琵琶湖(びわこ)は、滋賀県にある湖。日本で最大の面積と貯水量を持つ。湖沼水質保全特別措置法指定湖沼。ラムサール条約登録湿地。河川法上は一級水系「淀川水系」に属する一級河川であり、同法上の名称は「一級河川琵琶湖」で、滋賀県が管理している例えば、琵琶湖岸に構築物を無許可で設置すると、河川法に基づいて滋賀県から撤去命令が出される。例:。.

新しい!!: 東海道本線と琵琶湖 · 続きを見る »

琵琶湖線

*.

新しい!!: 東海道本線と琵琶湖線 · 続きを見る »

磐田駅

駅(いわたえき)は、静岡県磐田市中泉にある、東海旅客鉄道(JR東海)・日本貨物鉄道(JR貨物)東海道本線の駅である。 本項では、かつて当駅が中泉駅だった時代に併設されていたことのある光明電気鉄道の新中泉駅(しんなかいずみえき)についても解説する。.

新しい!!: 東海道本線と磐田駅 · 続きを見る »

磯子駅

磯子駅(いそごえき)は、神奈川県横浜市磯子区森一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)根岸線の駅である。駅番号はJK 06。.

新しい!!: 東海道本線と磯子駅 · 続きを見る »

神奈川県

奈川県(かながわけん)は、日本の県の一つ。関東地方の南西端、東京都の南に位置する。県庁所在地は横浜市。県名は東海道筋に古くから栄えた宿場町神奈川宿(現・横浜市神奈川区)、および幕末に戸部町(現・横浜市西区紅葉ヶ丘)に置かれた神奈川奉行所に由来する。これら「神奈川」の由来は、京急仲木戸駅近くに流れていた長さ300メートル (m) ほどの小川の名前からで、現在は道路になっている。 都道府県別の人口は東京都に次ぐ第2位、人口密度は東京都、大阪府に次ぐ第3位である。県内総生産も東京都、大阪府、愛知県に次ぐ第4位となっている。県内の政令指定都市数は3つと日本最多で、面積は第43位の規模である(平成19年度面積)、国土地理院。。.

新しい!!: 東海道本線と神奈川県 · 続きを見る »

神奈川駅 (国鉄)

奈川駅(かながわえき)は、国有鉄道東海道本線に昭和時代初期まで設置されていた駅(停車場)である。現在の京急本線・神奈川駅とは別の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と神奈川駅 (国鉄) · 続きを見る »

神奈川東部方面線

| 神奈川東部方面線(かながわとうぶほうめんせん)は、相模鉄道(以下、相鉄)本線西谷駅とJR東海道貨物線横浜羽沢貨物駅付近を結び、さらにその先の新横浜駅を経由して東京急行電鉄(以下、東急電鉄または東急)東横線・目黒線日吉駅までを結ぶ鉄道路線計画の名称(仮称)である。 横浜羽沢貨物駅付近に地下駅の羽沢横浜国大駅が設置される。 本項では羽沢横浜国大駅を経て西谷駅と東海道貨物線を結んでJR東日本との相互直通運転を行う相鉄・JR直通線と新横浜駅を経て羽沢横浜国大駅と日吉駅を結んで東急線との相互直通運転を行う相鉄・東急直通線について記述する。 2014年(平成26年)時点では相鉄・JR直通線が2018年(平成30年)度内、相鉄・東急直通線が2019年(平成31年)4月にそれぞれ開業予定とされていたが、2016年(平成28年)8月になって前者は「2019年(平成31年)度下期」、後者は「2022年(平成34年)度下期」にそれぞれ延期となることが発表された。.

新しい!!: 東海道本線と神奈川東部方面線 · 続きを見る »

神宮前駅

宮前駅(じんぐうまええき)は、名古屋市熱田区三本松町にある、名古屋鉄道(名鉄)の駅である。駅番号はNH33。.

新しい!!: 東海道本線と神宮前駅 · 続きを見る »

神崎川

崎川の源流(大阪府摂津市) 淀川からの取水口 後ろに壁のように見えるのは淀川の堤防 神崎川(かんざきがわ)は、大阪府北部から兵庫県東南部を通る淀川水系の一級河川。旧名は三国川(みくにがわ)である。.

新しい!!: 東海道本線と神崎川 · 続きを見る »

神戸市

戸市(こうべし)は、兵庫県南部に位置する兵庫県の県庁所在地である。垂水区・須磨区・長田区・兵庫区・中央区・灘区・東灘区・北区・西区から構成される政令指定都市である。日本の市で6番目の人口を有する。.

新しい!!: 東海道本線と神戸市 · 続きを見る »

神戸市営地下鉄

戸市営地下鉄(こうべしえいちかてつ)は、神戸市交通局が運営する地下鉄である。 4路線を所有しているが、西神延伸線・西神線・山手線は「西神・山手線」として一体的に運行されているため、実質的には海岸線と合わせ2路線である。神戸市の西区、須磨区、長田区、兵庫区、中央区の5区に路線を持ち、西神・山手線と相互直通運転する北神急行電鉄北神線を含めれば、北区も通っている。 なお、各種条例での名称は「神戸市高速鉄道」となっている(神戸高速鉄道とは無関係)。.

新しい!!: 東海道本線と神戸市営地下鉄 · 続きを見る »

神戸市営地下鉄西神・山手線

西神・山手線(せいしん・やまてせん)は、兵庫県神戸市の新神戸駅から西神中央駅までを結ぶ神戸市営地下鉄の地下鉄路線の総称である。山手線(やまてせん)、西神線(せいしんせん)、西神延伸線(せいしんえんしんせん)の3路線で構成されている。愛称はみどりのUライン。ラインカラーもグリーン。.

新しい!!: 東海道本線と神戸市営地下鉄西神・山手線 · 続きを見る »

神戸ハーバーランド

灯通り 神戸ハーバーランド(こうべハーバーランド)は、兵庫県神戸市中央区にある再開発地区。地元を中心に、単にハーバーランド (Harborland)と表記・呼称される事もある。.

新しい!!: 東海道本線と神戸ハーバーランド · 続きを見る »

神戸駅 (兵庫県)

北口 南口駅前ロータリー 神戸駅(こうべえき)は、兵庫県神戸市中央区相生町三丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅である。駅番号はJR-A63。「JR神戸線」の愛称区間に含まれている。.

新しい!!: 東海道本線と神戸駅 (兵庫県) · 続きを見る »

神戸臨港線

戸臨港線(こうべりんこうせん)とは、兵庫県神戸市内にあった東海道本線の貨物支線の通称である。.

新しい!!: 東海道本線と神戸臨港線 · 続きを見る »

神戸港

戸港(こうべこう)は、兵庫県神戸市にある港湾。港湾法上の国際戦略港湾に指定されている。 日本の主要な国際貿易港(五大港)の一つで、スーパー中枢港湾の指定を大阪港と共に受けている。1868年1月1日(慶応3年12月7日)に開港。現在の日本三大旅客港の一つ。 神戸港夕景(新港第一突堤から西を望む).

新しい!!: 東海道本線と神戸港 · 続きを見る »

神戸港駅

戸港駅(こうべこうえき)とは、かつて兵庫県神戸市中央区小野浜町2にあった日本貨物鉄道(JR貨物)の貨物駅である。東海道本線貨物支線(通称、神戸臨港線)の終点であった。 日本国有鉄道(国鉄)からJRにかけて、神戸市、特に神戸港の貨物取扱の中心であったが、2003年12月1日に廃止された。 1924年から1940年頃まで行われていた旅客輸送はボート・トレインを参照。.

新しい!!: 東海道本線と神戸港駅 · 続きを見る »

神戸新交通ポートアイランド線

ポートアイランド線(ポートアイランドせん)は、三宮駅からポートアイランドを経由し神戸空港駅までを結ぶ、神戸新交通のAGT路線である。全線が兵庫県神戸市中央区内を走行する。愛称はポートライナー。 三宮駅からポートアイランドにある中公園駅、市民広場駅を経てポートアイランド沖の神戸空港駅に至る路線と、市民広場駅から分岐して北埠頭駅を経て中公園駅へ合流する路線から構成されている。本記事では解説の便宜上、前者を「本線」、後者を「支線」として解説する正式には、本線・支線等の区別はない。また、三宮駅から市民広場駅、北埠頭駅を経て中公園駅に至る路線の方が先に開業している。。 駅番号を構成する路線記号は本線が、支線(市民広場駅・中公園駅を除く)が。.

新しい!!: 東海道本線と神戸新交通ポートアイランド線 · 続きを見る »

神戸新交通六甲アイランド線

| 六甲アイランド線(ろっこうアイランドせん)は、住吉駅から六甲アイランドのマリンパーク駅に至る神戸新交通のAGT路線である。全線が兵庫県神戸市東灘区内を走行する。愛称は六甲ライナー。.

新しい!!: 東海道本線と神戸新交通六甲アイランド線 · 続きを見る »

福島駅 (JR西日本)

プラットホーム 福島駅(ふくしまえき)は、大阪府大阪市福島区福島七丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅である。駅番号はJR-O12。駅シンボルフラワーは「カキツバタ」である。.

新しい!!: 東海道本線と福島駅 (JR西日本) · 続きを見る »

福知山線

福知山線(ふくちやません)は、兵庫県尼崎市の尼崎駅から京都府福知山市の福知山駅に至る西日本旅客鉄道(JR西日本)の鉄道路線(幹線)である。 なお本項では正式な路線名を示す場合をのぞいて、東海道本線のうち大阪駅から京都方面はJR京都線、尼崎駅から三ノ宮方面についてはJR神戸線の愛称で記述する。.

新しい!!: 東海道本線と福知山線 · 続きを見る »

種村直樹

村 直樹(たねむら なおき、1936年3月7日 - 2014年11月6日)は、日本の作家、随筆家、評論家。滋賀県大津市出身。 元々は毎日新聞社の記者だったが、1973年に鉄道に関連する記事執筆を専業とするフリーのライターとなり、レイルウェイ・ライターと称して鉄道に関するルポルタージュ、時事評論、紀行文、推理小説などを数多く発表した。.

新しい!!: 東海道本線と種村直樹 · 続きを見る »

稲荷駅

車標 ランプ小屋 初詣客で混雑する駅前(2016年1月1日) 稲荷駅(いなりえき)は、京都府京都市伏見区深草稲荷御前町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)奈良線の駅である。駅番号はJR-D03。 伏見稲荷大社への最寄り駅で、正月三が日には参拝客輸送対応としてみやこ路快速が臨時停車する。また 2015年(平成27年)には秋の行楽シーズンでの多客対応のため一部のみやこ路快速(上りのみ・土休日限定)が臨時停車した。.

新しい!!: 東海道本線と稲荷駅 · 続きを見る »

稲枝駅

旧駅舎 2番線ホーム 稲枝駅(いなええき)は、滋賀県彦根市稲枝町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)東海道本線の駅である。駅番号はJR-A16。「琵琶湖線」の愛称区間に含まれている。.

新しい!!: 東海道本線と稲枝駅 · 続きを見る »

稲沢市

沢市(いなざわし)は、愛知県の北西部、濃尾平野中央部にある市である。 旧中島郡の一部。 市が掲げるキャッチコピーは「自然の恵みと心の豊かさ 人が輝く文化創造都市」。植木・苗木の産地として全国的に知られる。また、旧祖父江町は全国一の銀杏の産地である飯田憲、花岡洋二、高木香奈(2014年11月21日). “イチョウ:ギンナンにおい、困った 秋の風物詩なのに、邪魔者扱い 名産地の愛知・稲沢は達観、黄葉まつり”. 毎日新聞 (毎日新聞社)。かつては旧国鉄の操車場があることでも知られた。 名古屋市へのアクセスが良いため、ベッドタウンとしての発展がめざましく、交通の便のよさからソニーグループや豊田合成などの工場が数多く立地する。 尾張大国霊神社(国府宮神社)や矢合観音、善光寺東海別院は、尾張地方の人々から広く崇拝を集めている。.

新しい!!: 東海道本線と稲沢市 · 続きを見る »

稲沢線

沢線(いなざわせん)は、愛知県名古屋市中村区にある名古屋駅と、稲沢市にある稲沢駅を結ぶ東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の複々線のうち、複線を指す。 名古屋駅(笹島駅)と稲沢駅(稲沢操車場)を結ぶために敷設された。現在でも名古屋貨物ターミナル駅と稲沢駅を結ぶ貨物列車が多く運行されている他、一部回送列車や旅客臨時列車も運行されている。.

新しい!!: 東海道本線と稲沢線 · 続きを見る »

稲沢駅

東口 ホーム 稲沢駅(いなざわえき)は、愛知県稲沢市駅前一丁目にある、東海旅客鉄道(JR東海)と日本貨物鉄道(JR貨物)の東海道本線名古屋地区の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と稲沢駅 · 続きを見る »

稲沢操車場

沢操車場(いなざわそうしゃじょう)は、かつて愛知県稲沢市下津町にあった日本国有鉄道(国鉄)の操車場である。 なお、新鶴見操車場や吹田操車場とは異なり、停車場の種別としての「操車場」ではなく稲沢駅構内という扱いであった。本社指定組成駅の一つである。.

新しい!!: 東海道本線と稲沢操車場 · 続きを見る »

空襲

襲(くうしゅう、Airstrike/Air-raid)は、空中から目標に対して爆弾の投下や機銃掃射などを行うことである。.

新しい!!: 東海道本線と空襲 · 続きを見る »

空港連絡鉄道

首都圏の主要駅と成田国際空港を結ぶ成田エクスプレス 空港連絡鉄道(くうこうれんらくてつどう)とは、旅客空港と都市とを結ぶ鉄道である。本記事では軌道を含む。空港アクセス鉄道ともいう。 本記事では、空港と直結した鉄道駅である空港駅についても述べる。.

新しい!!: 東海道本線と空港連絡鉄道 · 続きを見る »

穂積駅

北口 ホーム 穂積駅(ほづみえき)は、岐阜県瑞穂市別府にある、東海旅客鉄道(JR東海)・日本貨物鉄道(JR貨物)東海道本線の駅である。 瑞穂市及び旧・本巣郡穂積町の代表駅である。.

新しい!!: 東海道本線と穂積駅 · 続きを見る »

立命館大学

末川記念会館前の木立に立つ。 第二次世界大戦前から戦中に掛けて、立命館大学は世相を反映して国家主義的傾向が強まっていった。 一方で滝川事件(立命館大学では「京大事件」と呼称)の際には同事件に連座して京都帝国大学を退官した教員を受け入れていた。終戦直後、同事件に連座した、京都大学法学部教授の末川博を総長へ招聘した。その末川を中心に大学の改革へ乗り出す。憲法と教育基本法を尊重して「平和と民主主義」を守ろうという末川の思想が中心となって、立命館大学は「民主的な学園運営」「自主的学習の尊重」の2本柱によって構成され、以下に記載する取り組みが現在の立命館大学に至るまで実施され続けている。末川が立命館大学に与えた影響は極めて大きく、これらの功績を讃えて、同大学では末川を名誉総長として顕彰している。また、末川が構成した思想を「立命館民主主義」と呼んでいる。.

新しい!!: 東海道本線と立命館大学 · 続きを見る »

立花駅

立花駅(たちばなえき)は、兵庫県尼崎市立花町一丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)東海道本線の駅である。駅番号はJR-A50。「JR神戸線」の愛称区間に含まれている。 神戸支社の管轄対象駅の中では最も東にあり、隣の尼崎駅は大阪支社の管轄対象となる。.

新しい!!: 東海道本線と立花駅 · 続きを見る »

笠寺駅

寺駅(かさでらえき)は、愛知県名古屋市南区立脇町2丁目にある、東海旅客鉄道(JR東海)・日本貨物鉄道(JR貨物)・名古屋臨海鉄道の駅である。 JR東海・JR貨物の東海道本線と、名古屋臨海鉄道の貨物線である東港線が乗り入れる。旅客営業上は東海道本線単独駅の扱いを受ける。.

新しい!!: 東海道本線と笠寺駅 · 続きを見る »

笠松競馬場

松競馬場(かさまつけいばじょう Kasamatsu Racecourse)は、岐阜県羽島郡笠松町(一部施設は岐南町にまたがる)にある地方競馬のための競馬場である。 1935年(昭和10年)、恵那郡中津町(現・中津川市)に存在した中津競馬場を笠松町に移転したのが前身。戦前、岐阜県には各務原競馬場、養老競馬場が存在していたが1938年に笠松競馬場に統合されている。.

新しい!!: 東海道本線と笠松競馬場 · 続きを見る »

第二京浜国道

二京浜国道開通当初から電柱がない景観 第二京浜国道(だいにけいひんこくどう)とは、国道1号のうち、東京都品川区西五反田から神奈川県横浜市神奈川区までの区間における道路通称名である。東京都通称道路名設定公告では第二京浜である(整理番号9)。 主に京浜地区において、一般的には「第二京浜」あるいは「にこく」などと呼ばれる(後述)。.

新しい!!: 東海道本線と第二京浜国道 · 続きを見る »

笹島駅

笹島駅(ささじまえき)は、かつて愛知県名古屋市中村区平池町にあった日本国有鉄道(国鉄)東海道本線の貨物駅(廃駅)である。電報略号は、サマ。名古屋駅の南側に隣接していた(営業キロ上は同一地にある駅)。.

新しい!!: 東海道本線と笹島駅 · 続きを見る »

箱根山

箱根山を南南西から望む 箱根山(はこねやま)は、日本の神奈川県足柄下郡箱根町を中心に、神奈川県と静岡県にまたがる火山である。富士箱根伊豆国立公園に指定されている。地名「箱根」は古くは「函根」と記したが、同じく「箱根山」は函根山と記し、函嶺(かんれい)ともいった(函嶺洞門などといった地名に名残がある)。.

新しい!!: 東海道本線と箱根山 · 続きを見る »

箱根峠

箱根峠(はこねとうげ)は、神奈川県足柄下郡箱根町と静岡県田方郡函南町の境に位置する峠。箱根山の外輪山を越え、標高は846m。.

新しい!!: 東海道本線と箱根峠 · 続きを見る »

箱根登山鉄道小田原市内線

| 小田原市内線(おだわらしないせん)は、箱根登山鉄道が1956年まで小田原市において運行していた軌道線(路面電車)である。.

新しい!!: 東海道本線と箱根登山鉄道小田原市内線 · 続きを見る »

箱根登山鉄道鉄道線

軌間は現状を示す.

新しい!!: 東海道本線と箱根登山鉄道鉄道線 · 続きを見る »

篠原駅 (滋賀県)

旧駅舎(2007年8月) 篠原駅(しのはらえき)は、滋賀県近江八幡市上野町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)東海道本線の駅である。駅番号はJR-A20。「琵琶湖線」の愛称区間に含まれている。.

新しい!!: 東海道本線と篠原駅 (滋賀県) · 続きを見る »

米原駅

米原駅(まいばらえき)は、滋賀県米原市(まいばらし)米原(まいはら)にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)・東海旅客鉄道(JR東海)・日本貨物鉄道(JR貨物)・近江鉄道の駅である。駅番号はJR西日本がJR-A12、JR東海がCA83。.

新しい!!: 東海道本線と米原駅 · 続きを見る »

紀勢本線

紀勢本線(きせいほんせん)は、三重県亀山市の亀山駅から津駅・尾鷲駅・新宮駅・紀伊田辺駅を経て和歌山県和歌山市の和歌山市駅に至る鉄道路線(幹線)である。亀山駅 - 新宮駅間は東海旅客鉄道(JR東海)、新宮駅 - 和歌山市駅間は西日本旅客鉄道(JR西日本)の管轄で、JR西日本の区間のうち新宮駅 - 和歌山駅間には「きのくに線」という愛称が付いている - 西日本旅客鉄道。.

新しい!!: 東海道本線と紀勢本線 · 続きを見る »

網干総合車両所

網干総合車両所(あぼしそうごうしゃりょうしょ)は、西日本旅客鉄道(JR西日本)の車両基地および車両工場である。 本項では、前身である網干電車区についても記述する。.

新しい!!: 東海道本線と網干総合車両所 · 続きを見る »

総武本線

総武本線(そうぶほんせん)は、東京都千代田区の東京駅から千葉県銚子市の銚子駅を結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線(幹線)である。このほか、東京都墨田区の錦糸町駅で分岐して御茶ノ水駅に至る支線(いわゆる総武緩行線)、小岩駅(新小岩信号場駅)から分岐して金町駅および、越中島貨物駅に至る貨物支線を持つ。電車内や駅構内の旅客案内上は主に千葉駅から銚子駅の区間がこの名称で呼ばれる(後述)。 なお、『鉄道要覧』やJRの事業基本計画上は錦糸町駅 - 御茶ノ水駅間となっているが、東京駅 - 錦糸町駅間開業以前の起点の御茶ノ水駅には現在も0キロポストが存在する。.

新しい!!: 東海道本線と総武本線 · 続きを見る »

緒川駅

ホーム 駅前ロータリー 緒川駅(おがわえき)は、愛知県知多郡東浦町大字緒川字竹塚にある、東海旅客鉄道(JR東海)武豊線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と緒川駅 · 続きを見る »

美濃路

美濃路(みのじ)は江戸時代に東海道・宮宿と中山道・垂井宿とを結んだ脇往還(脇街道)である。.

新しい!!: 東海道本線と美濃路 · 続きを見る »

美濃赤坂線

| 美濃赤坂線(みのあかさかせん)は、岐阜県大垣市内にある大垣駅と美濃赤坂駅を結ぶ、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の支線である。 「美濃赤坂線」は通称であり、ほかに「赤坂支線」と呼ばれることもある。.

新しい!!: 東海道本線と美濃赤坂線 · 続きを見る »

美濃赤坂駅

美濃赤坂駅(みのあかさかえき)は、岐阜県大垣市赤坂町にある、東海旅客鉄道(JR東海)・日本貨物鉄道(JR貨物)・西濃鉄道の駅である。 JR東海・JR貨物の東海道本線支線(通称:美濃赤坂支線)と、西濃鉄道の市橋線(貨物線)が乗り入れる。付近の金生山が石灰石を産出するため、当駅は石灰石輸送の中継地点となっており、1日2 - 3往復の貨物列車が発着する。ただし、旅客列車では終着駅である。.

新しい!!: 東海道本線と美濃赤坂駅 · 続きを見る »

真鶴半島

真鶴半島(まなづるはんとう)は神奈川県足柄下郡真鶴町にある小さな半島である。海岸は高さ20mほどの岸壁が続く。陸上には松や楠、椎などの常緑樹の大木と、シダ類が生い茂る原生林が残されている。先端の真鶴岬の先には神奈川県の名勝地である三ツ石(正式には笠島という)がある。引潮の際にはこの三ツ石まで歩いて渡ることができる。真鶴半島でしか採取されない石として本小松石がある。なお、この真鶴半島の先端から、三浦半島の先端を結んだ線から北の海域を相模湾と呼ぶ。.

新しい!!: 東海道本線と真鶴半島 · 続きを見る »

真鶴駅

真鶴駅(まなづるえき)は、神奈川県足柄下郡真鶴町真鶴(まなつる)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)東海道本線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と真鶴駅 · 続きを見る »

瑞穂市

市(みずほし)は、岐阜県南西部にある市である。.

新しい!!: 東海道本線と瑞穂市 · 続きを見る »

生田川

生田川(いくたがわ)は、兵庫県神戸市を流れる二級水系の本流。.

新しい!!: 東海道本線と生田川 · 続きを見る »

生麦駅

生麦駅(なまむぎえき)は、神奈川県横浜市鶴見区生麦三丁目にある、京浜急行電鉄本線の駅である。駅番号はKK31。下りのみ待避可能駅で、普通が優等種別の通過待ちを行う。.

新しい!!: 東海道本線と生麦駅 · 続きを見る »

用宗駅

宗駅(もちむねえき)は、静岡県静岡市駿河区用宗城山町にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と用宗駅 · 続きを見る »

田子の浦港

子の浦港の空中写真(1988年)国土航空写真 田子の浦港(たごのうらこう)は、静岡県富士市にある港。港湾法上の重要港湾、港則法上の特定港に指定されている。.

新しい!!: 東海道本線と田子の浦港 · 続きを見る »

田端駅

端駅(たばたえき)は、東京都北区東田端一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅である。特定都区市内制度における「東京都区内」および「東京山手線内」に属する。駅番号は京浜東北線がJK 34、山手線がJY 09。北区最南端の駅及び最東端の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と田端駅 · 続きを見る »

田町駅

芝浦口(2016年6月) 北改札口(2016年6月) ホーム(2015年1月) 田町駅(たまちえき)は、東京都港区芝五丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と田町駅 · 続きを見る »

由比駅

由比駅(ゆいえき)は、静岡県静岡市清水区由比今宿にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と由比駅 · 続きを見る »

甲南山手駅

ホーム 甲南山手駅(こうなんやまてえき)は、兵庫県神戸市東灘区森北町一丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)東海道本線の駅である。「JR神戸線」の愛称区間に含まれている。神戸市内では最東端の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と甲南山手駅 · 続きを見る »

甲子園口駅

北出口(旧駅舎時代) ホーム 甲子園口駅(こうしえんぐちえき)は、兵庫県西宮市甲子園口二丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)東海道本線の駅である。駅番号はJR-A51。「JR神戸線」の愛称区間に含まれている。.

新しい!!: 東海道本線と甲子園口駅 · 続きを見る »

甲子園駅

子園駅(こうしえんえき)は、兵庫県西宮市甲子園七番町にある、阪神電気鉄道本線の駅。駅番号はHS 14。 春の選抜高校野球や夏の全国高校野球大会の本会場であり、プロ野球阪神タイガースの本拠地でもある阪神甲子園球場の最寄り駅である。かつては甲子園線も発着していた。.

新しい!!: 東海道本線と甲子園駅 · 続きを見る »

甲信地方

信地方(こうしんちほう)とは、日本の地方区分の一つで、本州中部の内陸側にある、山梨県と長野県の総称である。 「甲信」の名称は、東山道の'''甲'''斐国と'''信'''濃国の頭文字を取ったものである。 気象関係の分野でよく使われ、関東地方と併せて関東甲信地方、または東海地方と併せて東海甲信地方と呼称することも多い。.

新しい!!: 東海道本線と甲信地方 · 続きを見る »

焼津駅

津駅(やいづえき)は、静岡県焼津市栄町一丁目にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と焼津駅 · 続きを見る »

熱田神宮

熱田神宮(あつたじんぐう)は、愛知県名古屋市熱田区にある神社。式内社(名神大社)、尾張国三宮。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。宮中の四方拝で遥拝される一社。神紋は「五七桐竹紋」。.

新しい!!: 東海道本線と熱田神宮 · 続きを見る »

熱田駅

熱田駅(あつたえき)は、愛知県名古屋市熱田区森後町2丁目にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と熱田駅 · 続きを見る »

熱海市

熱海市(あたみし)は、静岡県の市。静岡県の最東部に位置し、神奈川県と接する。.

新しい!!: 東海道本線と熱海市 · 続きを見る »

熱海駅

熱海駅(あたみえき)は、静岡県熱海市田原本町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・東海旅客鉄道(JR東海)の駅である。JR東海に所属する東海道新幹線と、JR東日本およびJR東海に所属する東海道本線、JR東日本に所属する伊東線の合計3線が乗り入れる。.

新しい!!: 東海道本線と熱海駅 · 続きを見る »

熱海鉄道

湯河原吉浜付近での豆相人車 大正時代の熱海鉄道蒸気機関車 熱海駅前に保存されている熱海鉄道7号蒸気機関車 熱海鉄道(あたみてつどう)とは、現在の東海道本線が開業する前、小田原と熱海の間を結んでいた軽便鉄道線である。 ここでは、その前身となる人車軌道の豆相人車鉄道(ずそうじんしゃてつどう)についても記述する。.

新しい!!: 東海道本線と熱海鉄道 · 続きを見る »

留置線

留置線(りゅうちせん)は、鉄道駅(停車場)などにおいて一時的に車両を停めておくための線路で、側線の一種である。運用中の車両の留置・夜間滞泊のほか、運用離脱車の疎開に使用されることもある。車両基地と異なり、車両は配置されない。 主な留置線の名.

新しい!!: 東海道本線と留置線 · 続きを見る »

牧の原トンネル

牧の原トンネル(まきのはらトンネル)とは、静岡県島田市にある国道1号島田金谷バイパスのトンネル群、東海道本線のトンネル、静岡県牧之原市と菊川市に跨る東海道新幹線のトンネルである。.

新しい!!: 東海道本線と牧の原トンネル · 続きを見る »

牧之原台地

牧之原台地または牧ノ原台地(まきのはらだいち)は、静岡県中西部、遠州地方南東部にある台地。布引原とも『角川日本地名大辞典』p.883。大井川下流域と菊川に挟まれた洪積台地である。現在の島田市、牧之原市、菊川市にまたがっている。.

新しい!!: 東海道本線と牧之原台地 · 続きを見る »

特別急行列車

特別急行列車(とくべつきゅうこうれっしゃ)は、鉄道における急行系統の列車であり、急行列車の上位に位置する列車種別である。略して特急列車(とっきゅうれっしゃ)、または単に特急という。 鉄道会社や鉄道路線ごとに多少の違いはあるものの、概ねその路線で最も早く目的地に到達する列車に与えられる呼称である。 本項では、特急料金が必要な優等列車(長距離列車)としての特急列車のほか、以下についても取り扱うこととする。.

新しい!!: 東海道本線と特別急行列車 · 続きを見る »

片町線

片町線(かたまちせん)は、京都府木津川市の木津駅から大阪府大阪市都島区の京橋駅に至る西日本旅客鉄道(JR西日本)の鉄道路線(幹線)である。1988年3月13日に「学研都市線」(がっけんとしせん)の愛称が設定され、以降「片町線」と案内されることはほとんどない。このほか、通称城東貨物線と呼ばれる鴫野駅 - 吹田貨物ターミナル駅間および正覚寺信号場 - 平野駅間の貨物支線を持つ。 本項では正式な路線名を示す場合をのぞいて、東海道本線の尼崎駅から三ノ宮方面については「JR神戸線」、福知山線区間(尼崎駅 - 篠山口駅間)は「JR宝塚線」、関西本線(久宝寺駅 - 奈良駅間・奈良駅 - 木津駅間)は「大和路線」の愛称で記述する。.

新しい!!: 東海道本線と片町線 · 続きを見る »

片浜駅

北口(2006年3月) 片浜駅(かたはまえき)は、静岡県沼津市今沢にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線(静岡地区)の駅である。 沼津市郊外の片浜地区にある駅。国鉄分割民営化直前の1987年(昭和62年)3月に開業した、国鉄最後の旅客駅の一つである。.

新しい!!: 東海道本線と片浜駅 · 続きを見る »

目黒川信号場

大崎付近概略図 目黒川信号場(めぐろがわしんごうじょう)は、東京都品川区にあった、日本国有鉄道山手貨物線・東海道本線(通称品鶴線)の信号場である。電報略号は、メカ。 設備自体はそのまま存在しているが、現在は大崎駅構内の扱いである。正式な信号場ではないが運転上重要な設備であるため、ダイヤグラム(列車運行図表)や運転士が携帯する行路表には現在でも信号場と同様に記載されている。.

新しい!!: 東海道本線と目黒川信号場 · 続きを見る »

直通運転

100系特急電車スペーシア」(右)。直通運転によってJR東日本253系電車「成田エクスプレス」(左)を始めとした列車と並ぶ光景が見られるようになった。 なお、現在は、写真左の、JR東日本253系電車も東武鉄道へ直通運転している。但し、写真は、JR東日本253系電車の東武鉄道への直通運転開始以前のもの。 ''詳細は、JR東日本253系電車を参照'' 阪神8000系が並んでいる。 鉄道における直通運転(ちょくつううんてん)とは、複数の路線・区間や鉄道事業者にまたがって旅客列車を運転することである。列車の乗り入れと表現されることもある。英語ではtrackage rightsまたはthrough trainと表現する(:en:Through trainを参照)。 日本では、大都市の地下鉄が郊外への私鉄路線と直通運転するものや、JR・国鉄から経営分離された第三セクターがJRと直通運転するものなどが代表的である。その形態は一様でなく、事実上一体的に運行されているが運営事業者が異なるために直通運転と表現されるもの例:東京メトロ千代田線とJR常磐線各駅停車等から、特急などの限られた列車のみが乗り入れているものまでさまざまである。 ヨーロッパやアジアにおいては複数の国にまたがって国際列車が運行されている。一方で、日本で見られるような地下鉄と郊外鉄道との直通運転は行われていない都市も多く、あるいは地下鉄と郊外鉄道が一体的に運営されている例もある。 貨物列車に対して使われることもあるが、貨物列車は通常複数の路線にまたがって広域的に運行されることから、旅客列車の場合と比較すると一般的な用法ではない。なお、1960年代までの車扱貨物による鉄道貨物輸送が主流の時代、私鉄が所有する貨車が国鉄の貨物列車に連結されて、国鉄線上を運行したケースも多く、「直通貨車」と呼ばれた。→貨車#所有者別の分類を参照 また、同一路線内であっても通常乗り換えが必要な区間を通して運転することを指して使われる例もある。 日本においては、ほとんどの鉄道事業者が施設・車両の保有と列車の運行の両方を担っていることから、事業者間の直通運転で用いられる車両を保有する事業者の違いを区別して表現することがあり、相互の事業者の車両を用いるものを相互乗り入れ(相互直通運転および双方向直通運転)、片方の事業者の車両が一方的に他方の事業者の路線へ乗り入れて運行するもの、自社の路線の車両は乗り入れないが、他社の車両が自社の路線に乗り入れることを片乗り入れ(片方向直通運転および一方向直通運転)という。.

新しい!!: 東海道本線と直通運転 · 続きを見る »

直流電化

流電化 (ちょくりゅうでんか) は、直流電源を用いる鉄道の電化方式。.

新しい!!: 東海道本線と直流電化 · 続きを見る »

相見駅

見駅(あいみえき)は、愛知県額田郡幸田町大字菱池(ひしいけ)字カマにある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の駅である。 JR東海と幸田町並びに幸田相見特定土地区画整理組合が新駅等設置に関する基本協定を締結したことによる自治体請願駅である。駅名は、1889年に周辺の村が合併して誕生した相見村に由来する。幸田町内で3番目に開業した駅である。 近年、急速に開発が進んでおり、駅前には家電量販店、ホームセンター、スーパー等が入った複合施設、高層マンションの建設が相次いでいる。また駅前にはライトアップされる噴水広場が整備されており、近辺の駅に比べ近代的な景観になっている。.

新しい!!: 東海道本線と相見駅 · 続きを見る »

相鉄本線

| 本線(ほんせん)は、神奈川県横浜市西区にある横浜駅と同県海老名市にある海老名駅を結ぶ、相模鉄道の鉄道路線である。駅ナンバリングで使われる路線記号はSO。.

新しい!!: 東海道本線と相鉄本線 · 続きを見る »

相模川

模川(さがみがわ)は、山梨県・神奈川県を流れる相模川水系の本流で、一級河川である。.

新しい!!: 東海道本線と相模川 · 続きを見る »

相模線

模線(さがみせん)は、神奈川県茅ヶ崎市の茅ケ崎駅と相模原市緑区の橋本駅を結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線(幹線)である。.

新しい!!: 東海道本線と相模線 · 続きを見る »

相模貨物駅

駅入口 相模貨物駅(さがみかもつえき)は、神奈川県中郡大磯町高麗三丁目にある日本貨物鉄道(JR貨物)の貨物駅。東海道本線に属し、複々線区間(東海道貨物線)上にある。.

新しい!!: 東海道本線と相模貨物駅 · 続きを見る »

相模鉄道

模鉄道株式会社(さがみてつどう、Sagami Railway Co.,Ltd.)は、神奈川県中央部を基盤とする鉄道事業者である。略称は相鉄(そうてつ、SOTETSU)。本社は神奈川県横浜市西区北幸二丁目の相鉄本社ビルに所在。.

新しい!!: 東海道本線と相模鉄道 · 続きを見る »

相模湾

模湾(さがみわん)は、神奈川県に面した湾状の海域である。.

新しい!!: 東海道本線と相模湾 · 続きを見る »

瀬田駅 (滋賀県)

駅(せたえき)は、滋賀県大津市大萱(おおがや)一丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)東海道本線の駅である。駅番号はJR-A26。「琵琶湖線」の愛称区間に含まれている。.

新しい!!: 東海道本線と瀬田駅 (滋賀県) · 続きを見る »

瀬戸 (列車)

ンライズ瀬戸(サンライズせと)は、東京駅 - 高松駅間を東海道本線・山陽本線・宇野線・本四備讃線(瀬戸大橋線)・予讃線を経由して運行している寝台特急列車である。 本項では「サンライズ瀬戸」の前身である寝台特急「瀬戸」(せと)、および東京と四国を結んでいた優等列車の沿革についても記述する。.

新しい!!: 東海道本線と瀬戸 (列車) · 続きを見る »

瀬戸大橋線

*.

新しい!!: 東海道本線と瀬戸大橋線 · 続きを見る »

白鳥駅

白鳥駅(しろとりえき)は、愛知県名古屋市熱田区熱田西町にあった日本国有鉄道(国鉄)の貨物駅。東海道本線貨物支線(通称名古屋港線・白鳥線)上にあった。.

新しい!!: 東海道本線と白鳥駅 · 続きを見る »

芝浦駅

芝浦駅(しばうらえき)は、東京都港区海岸三丁目にあった日本国有鉄道(国鉄)東海道本線貨物支線の貨物駅である。.

新しい!!: 東海道本線と芝浦駅 · 続きを見る »

芦屋川

芦屋川(あしやがわ)は、兵庫県芦屋市を流れる河川。二級水系の本流である。六甲山麓から一気に下る急流であり、中流部では天井川となっている。 急流故に比較的清流だが、一方で阪神大水害をはじめ幾度かの水害をもたらしてきた。.

新しい!!: 東海道本線と芦屋川 · 続きを見る »

芦屋市

屋市(あしやし)は、兵庫県南東部にある市。阪神南県民センター管轄区域。屋の「」は、正確には「戸」の部分が旧字(「戶」)。本項では市制前の名称である精道村(せいどうむら)についても述べる。 国際観光文化都市に指定されている。兵庫県内において、摂津国であった阪神間の神戸市寄りに位置し、固有の阪神間モダニズム文化に育まれた瀟洒な街並を擁する。市内北部、平田町や松浜町といった中部は高級住宅地として名高く、市内南部は谷崎潤一郎の小説『細雪』の舞台になったことでも知られる。北に六甲山地、南に大阪湾を臨んだ豊かな自然と、南に緩やかに傾斜する地形は、美しい景観と温暖な気候を形成する。.

新しい!!: 東海道本線と芦屋市 · 続きを見る »

芦屋駅 (JR西日本)

南出口側 南出口 構内 芦屋駅(あしやえき)は、兵庫県芦屋市船戸町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)東海道本線の駅である。駅番号はJR-A54。「JR神戸線」の愛称区間に含まれている。新快速の停車駅である。.

新しい!!: 東海道本線と芦屋駅 (JR西日本) · 続きを見る »

花水川

花水川(はなみずがわ)は、神奈川県の中西部を流れる二級河川金目川の下流部における別称。.

新しい!!: 東海道本線と花水川 · 続きを見る »

花月園前駅

改札口横に競輪開催日のみ開設される特別券売所があった(2008年9月) ホーム(2010/8/9) 花月園前駅(かげつえんまええき)は、神奈川県横浜市鶴見区生麦五丁目にある、京浜急行電鉄本線の駅である。駅番号はKK30。.

新しい!!: 東海道本線と花月園前駅 · 続きを見る »

鎌倉市

鎌倉大仏(高徳院) 建長寺 鎌倉宮(大塔宮) 荏柄天神社 鎌倉市(かまくらし)は、神奈川県、三浦半島西側の付け根に位置し、鎌倉を中心部とする市である。.

新しい!!: 東海道本線と鎌倉市 · 続きを見る »

鎌倉車両センター

鎌倉車両センター(かまくらしゃりょうセンター)は、神奈川県にある東日本旅客鉄道(JR東日本)横浜支社の車両基地である。.

新しい!!: 東海道本線と鎌倉車両センター · 続きを見る »

遠州灘

遠州灘(えんしゅうなだ)は、太平洋(フィリピン海、北西太平洋)にある海域の名称。狭義には静岡県の御前崎から愛知県の伊良湖岬までの約110km、広義には静岡県の石廊崎から三重県の大王崎までの約180kmの海域を意味する。遠江灘(とおとうみなだ)、天竜灘(てんりゅうなだ)とも呼ばれる。.

新しい!!: 東海道本線と遠州灘 · 続きを見る »

遠州鉄道鉄道線

| 鉄道線(てつどうせん)は、静岡県浜松市中区の新浜松駅と、同市天竜区の西鹿島駅を結ぶ遠州鉄道の鉄道路線である。西鹿島線という通称のほか、赤い電車が走ることから「赤電(あかでん)」とも呼ばれている。.

新しい!!: 東海道本線と遠州鉄道鉄道線 · 続きを見る »

遠望峰山

遠望峰山(とぼねやま)は、愛知県額田郡幸田町・蒲郡市境に位置する標高439mの山である。.

新しい!!: 東海道本線と遠望峰山 · 続きを見る »

道路

道路(どうろ、ラテン語 strata、 フランス語 route、ドイツ語 Straße、英語 road)とは人や車両などが通行するためのみち、人や車両の交通のために設けられた地上の通路である。.

新しい!!: 東海道本線と道路 · 続きを見る »

運転指令所

運転指令所(うんてんしれいじょ)とは、鉄道において列車乗務員(機関士、運転士、車掌)、駅等に業務指示を行う現業機関である。呼称は鉄道事業者や業務内容により異なる。運輸指令所(うんゆしれいじょ)と呼ぶ事業者や、漢字呼称に司令の字を充てる事業者もある。テロ対策等の観点から原則として所在地は明らかにされない。電話番号も電話帳には掲載されないが、踏切や架道橋には連絡先として明記されている。.

新しい!!: 東海道本線と運転指令所 · 続きを見る »

荷物列車

EF58形牽引の荷物専用列車 荷物列車(にもつれっしゃ)とは列車の種類の一つで、主に鉄道小荷物などの輸送を目的に設定されていた。列車の区分としては、旅客列車に含まれる。日本国有鉄道(国鉄)で全国規模で荷物列車の運行が行われていたほか、私鉄でも専用の荷物列車を設定していた例がある。これに使用する車両は荷物車と呼ばれる。.

新しい!!: 東海道本線と荷物列車 · 続きを見る »

荷物車

ウェーデン国鉄の荷物車 日本国有鉄道のキニ58内部 フランス国鉄の半室荷物車の模型 荷物車(にもつしゃ)とは、手荷物や新聞などを専門に運搬するための鉄道車両の一つ。日本では新聞輸送などの鉄道小荷物運送に用いられ、車両称号は「荷物」の「ニ」が付けられる。英語では「baggage car 」(アメリカ合衆国)もしくは「luggage van 」(イギリス)と呼称され、ヨーロッパ大陸の車両は、国際鉄道連合 (UIC) の規則で車両称号に「D 」が付けられる事が多い。 イギリスや英連邦では「Parcels Van 」とも呼称される。.

新しい!!: 東海道本線と荷物車 · 続きを見る »

荒尾駅 (岐阜県)

南荒尾信号場・荒尾駅付近の航空写真画面中央右寄り、茶白色の部分(小学校の校庭)の左下が荒尾駅国土航空写真 荒尾駅(あらおえき)は、岐阜県大垣市荒尾町にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線(美濃赤坂支線)の駅である。 当駅終着の乗車券上には(東)荒尾という表示がされる。これは、熊本県荒尾市にある九州旅客鉄道(JR九州)鹿児島本線の荒尾駅と区別するためである。.

新しい!!: 東海道本線と荒尾駅 (岐阜県) · 続きを見る »

草薙神社

草薙神社(くさなぎじんじゃ)は、静岡県静岡市清水区草薙にある神社。式内社で、旧社格は県社。.

新しい!!: 東海道本線と草薙神社 · 続きを見る »

草薙駅 (JR東海)

草薙駅(くさなぎえき)は、静岡県静岡市清水区草薙一丁目にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と草薙駅 (JR東海) · 続きを見る »

草津線

草津線(くさつせん)は、三重県伊賀市の柘植駅から滋賀県草津市の草津駅に至る西日本旅客鉄道(JR西日本)の鉄道路線(幹線)である。.

新しい!!: 東海道本線と草津線 · 続きを見る »

草津駅 (滋賀県)

221系が停車中。 構内写真。3・4番線から栗東方面へ向けて撮影。 駅西口 東口から市街地方面を見渡した風景。草津宿本陣をモチーフにした和風の門がペデストリアンデッキ上にある 草津駅(くさつえき)は、滋賀県草津市渋川一丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅である。当駅から山陽本線(JR神戸線)西明石駅までの約120 kmが複々線区間となっている。 東海道本線と草津線の2路線が乗り入れ、東海道本線を所属線とする。東海道本線は「琵琶湖線」の路線愛称設定区間に含まれている。草津線は当駅を終着駅とし、一部の列車は東海道本線の京都方面との直通がある。駅番号は東海道本線(琵琶湖線)にのみJR-A24が付与される。.

新しい!!: 東海道本線と草津駅 (滋賀県) · 続きを見る »

菊川駅 (静岡県)

菊川駅(きくがわえき)は、静岡県菊川市堀之内にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と菊川駅 (静岡県) · 続きを見る »

非電化

# 電気を用いないこと。発明家の藤村靖之が提唱する「非電化製品プロジェクト」や「非電化生活」など。.

新しい!!: 東海道本線と非電化 · 続きを見る »

青森駅

西口駅舎(2018年4月) 青森駅(あおもりえき)は、青森県青森市柳川(やなかわ)一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・青い森鉄道の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と青森駅 · 続きを見る »

静岡市

静岡市(しずおかし)は静岡県中部に位置する政令指定都市であり、同県の県庁所在地である。.

新しい!!: 東海道本線と静岡市 · 続きを見る »

静岡平野

静岡平野(しずおかへいや)とは、静岡県中部(静岡市葵区・駿河区)に広がる平野である。地質学的には安倍川とその支流の藁科川により形成された沖積平野である。西は高草山、東は日本平(有度山)、北は竜爪山などに囲まれ、南は駿河湾に面する。北東部で清水平野とつながっている。.

新しい!!: 東海道本線と静岡平野 · 続きを見る »

静岡県

静岡県(しずおかけん)は、太平洋に面する日本の県の一つ。県庁所在地は静岡市。中部地方及び東海地方に含まれる。2017年(平成29年)現在、県の人口は約367万人であり都道府県別で第10位である。.

新しい!!: 東海道本線と静岡県 · 続きを見る »

静岡県小笠山総合運動公園スタジアム

静岡県小笠山総合運動公園スタジアム(しずおかけんおがさやまそうごううんどうこうえんスタジアム、Ogasayama Nature and Sports Park Stadium)は、静岡県袋井市の小笠山総合運動公園にある陸上競技場。球技場としても使用される。愛称は、エコパスタジアムや静岡スタジアム エコパ(しずおかスタジアム エコパ、Sports Park ECOPA)。施設は静岡県が所有し、静岡県サッカー協会グループが指定管理者として運営管理を行っている。.

新しい!!: 東海道本線と静岡県小笠山総合運動公園スタジアム · 続きを見る »

静岡県庁

静岡県庁(しずおかけんちょう)は地方公共団体である静岡県の行政機関(役所)である。庁舎は静岡市葵区にあり、本館、東館、別館、西館で構成される。.

新しい!!: 東海道本線と静岡県庁 · 続きを見る »

静岡県コンベンションアーツセンター

東側から 静岡貨物駅と長沼大橋ごしに北東から見る。 大ホール・海。南西側のファサードの裏側にあたる。(グランシップ トレインフェスタ2016。2016年5月撮影。) 大ホール・海を別角度から。 静岡県コンベンションアーツセンター(しずおかけんコンベンションアーツセンター)は、静岡市駿河区東静岡二丁目のJR東静岡駅南口にある、静岡県立のコンベンションセンター、劇場。 建築家の磯崎新によって設計された。.

新しい!!: 東海道本線と静岡県コンベンションアーツセンター · 続きを見る »

静岡駅

静岡駅(しずおかえき)は、静岡県静岡市葵区黒金町にある、東海旅客鉄道(JR東海)の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と静岡駅 · 続きを見る »

静岡貨物駅

構内(長沼大橋から上り草薙駅方面を望む) 駅舎 下り着発荷役線に入線する貨物列車 下り着発荷役線での荷役作業 静岡貨物駅(しずおかかもつえき)は、静岡県静岡市駿河区池田字大黒坪に駅事務所を置く日本貨物鉄道(JR貨物)の貨物駅である。東海道本線草薙駅 - 東静岡駅間にある。 かつての東静岡駅(ひがししずおかえき)で、1993年に移転・改称し、着発線荷役方式(E&S方式)を導入する駅となった。.

新しい!!: 東海道本線と静岡貨物駅 · 続きを見る »

静岡車両区

静岡車両区(しずおかしゃりょうく)は、静岡県静岡市葵区柚木にある東海旅客鉄道(JR東海)の車両基地である。静岡支社管内の路線を走る車両の多くが配置されている。 東海道本線東静岡 - 静岡間の北側に位置し、静岡駅を介して出入庫が行われる。東静岡駅のホームからは車両区の様子がよく見える。.

新しい!!: 東海道本線と静岡車両区 · 続きを見る »

静岡鉄道静岡清水線

| 静岡清水線(しずおかしみずせん)は、静岡県静岡市葵区の新静岡駅と、同市清水区の新清水駅を結ぶ静岡鉄道の鉄道路線である。.

新しい!!: 東海道本線と静岡鉄道静岡清水線 · 続きを見る »

静岡鉄道駿遠線

| 駿遠線(すんえんせん)は、かつて静岡県中部、藤枝市の大手駅から新藤枝駅(東海道本線藤枝駅前)を経由し、駿河湾西岸、御前崎付近及び遠州灘北東岸を回って袋井市の袋井駅(東海道本線袋井駅前)を結んでいた静岡鉄道の鉄道路線。軌間762mmの軽便鉄道で、線名は駿河国と遠江国を結ぶことから付いた。なお、大手 - 新藤枝間を大手線、駿河岡部 - 大手間を岡部線として区別することもある。.

新しい!!: 東海道本線と静岡鉄道駿遠線 · 続きを見る »

静態保存

静態保存の例(機関車)国鉄C11形蒸気機関車 クハ181-1 静態保存の例(航空機)YS-11 新幹線0系交通博物館入口 静態保存(せいたいほぞん)とは、機械類が、本来の用途としての動作・運用が可能とは限らない状態で保存されていること。対して、動作・運用可能な状態で保存されている場合は動態保存(どうたいほぞん)と言う。静態保存の状態から動作・運用可能な状態に復元することも行われる(その行為をレストレーションと言う。蒸気機関車に多い。なおこの動態復元の際に、別の静態保存のものから部品を供出させる例もある)。.

新しい!!: 東海道本線と静態保存 · 続きを見る »

表高島駅

表高島駅(おもてたかしまえき)は、かつて神奈川県横浜市西区高島一丁目(現在のみなとみらい六丁目)にあった日本国有鉄道(国鉄)の貨物駅である。東海道本線貨物支線(通称、高島線)の駅であった。.

新しい!!: 東海道本線と表高島駅 · 続きを見る »

袖師駅

線路用地が幅広になっている旧駅位置 袖師駅(そでしえき)は、かつて静岡県庵原郡袖師町(1961年に清水市へ編入、2003年に静岡市となる)の日本国有鉄道(国鉄)東海道本線上に存在した駅。海水浴シーズンのみ開設される臨時駅であった。.

新しい!!: 東海道本線と袖師駅 · 続きを見る »

袋井駅

袋井駅(ふくろいえき)は、静岡県袋井市高尾にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の駅である舟津進(2014年12月1日).

新しい!!: 東海道本線と袋井駅 · 続きを見る »

食堂車

食堂車(しょくどうしゃ)とは、鉄道の客車(鉄道車両)の一種。広義には車内に調理を含む給食設備を設置する車両であることから本項ではビュフェ車などについて、また日本国内と海外についてはそれぞれわけて解説を行う。.

新しい!!: 東海道本線と食堂車 · 続きを見る »

飯田線

| 飯田線(いいだせん)は、愛知県豊橋市の豊橋駅と長野県上伊那郡辰野町の辰野駅を結ぶ東海旅客鉄道(JR東海)の鉄道路線(地方交通線)である。.

新しい!!: 東海道本線と飯田線 · 続きを見る »

裾野駅

裾野駅(すそのえき)は、静岡県裾野市平松にある、東海旅客鉄道(JR東海)御殿場線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と裾野駅 · 続きを見る »

補助機関車

列車の先頭に補助機関車(前補機)を連結した例 列車の最後尾に補助機関車(後補機)を連結した例 電車列車に補助機関車を連結した例 EF59形には、走行中解放を行った関係で自動連結器解放てこに解錠用の空気シリンダが取り付けられている。 補助機関車(ほじょきかんしゃ)とは、鉄道において列車の運転の補助のために連結される機関車のことで、略して補機(ほき)ともいう。.

新しい!!: 東海道本線と補助機関車 · 続きを見る »

養老鉄道養老線

養老線(ようろうせん)は、三重県桑名市の桑名駅から岐阜県揖斐郡揖斐川町の揖斐駅までを結ぶ養老鉄道の鉄道路線。.

新しい!!: 東海道本線と養老鉄道養老線 · 続きを見る »

複々線

JR東日本東北本線の三複線区間(京浜東北線蕨駅) 京阪電気鉄道京阪本線の複々線区間 複々線(ふくふくせん、quadruple track)とは、二つの複線軌道、即ち四本の軌道が敷設された線路を指す。言い換えると四線(しせん)である。 同様に、六本が敷かれている三組の複線は三複線、八本が敷かれている四組の複線は四複線と呼ぶ。.

新しい!!: 東海道本線と複々線 · 続きを見る »

複線

東武伊勢崎線(姫宮駅 - 東武動物公園駅間)左が下り線、右が上り線 複線(ふくせん、double track)とは、鉄道の軌道を上り列車用と下り列車用にそれぞれ1線ずつ、計2線を敷設した線路施設を指す。.

新しい!!: 東海道本線と複線 · 続きを見る »

西名古屋港駅

西名古屋港駅(にしなごやこうえき)は、かつて愛知県名古屋市港区潮凪町にあった日本貨物鉄道(JR貨物)・東海旅客鉄道(JR東海)の駅。電報略号は、ニナ。東海道本線支線(通称、西名古屋港線)の終点駅であった。 利用の減少と、名古屋臨海高速鉄道西名古屋港線の建設に伴い廃止された。JR東海の駅でもあったが、旅客列車が発着することはなかった。.

新しい!!: 東海道本線と西名古屋港駅 · 続きを見る »

西大井駅

ホーム(2017年9月) 西大井駅(にしおおいえき)は、東京都品川区西大井一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と西大井駅 · 続きを見る »

西大路駅

構内 西大路駅(にしおおじえき)は、京都府京都市南区唐橋西平垣町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)東海道本線の駅である。駅番号はJR-A32。「JR京都線」の愛称区間に含まれている。.

新しい!!: 東海道本線と西大路駅 · 続きを見る »

西宮市

西宮市(にしのみやし)は、兵庫県の南東部にある人口約49万人の市である。中核市、保健所政令市の一つ。なお本項では市制前の名称である西宮町(にしのみやちょう)についても述べる。.

新しい!!: 東海道本線と西宮市 · 続きを見る »

西宮神社

拝殿 西宮神社(にしのみやじんじゃ)は、兵庫県西宮市にある神社である。日本に約3500社ある、えびす神社の総本社(名称:「えびす宮総本社」)である。地元では「西宮のえべっさん」と呼ばれる。なお、戎信仰については、えびすを蛭子と同一視する説の他にもいくつかの説が存在する。.

新しい!!: 東海道本線と西宮神社 · 続きを見る »

西宮駅 (JR西日本)

西宮駅(にしのみやえき)は、兵庫県西宮市池田町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)東海道本線の駅である。駅番号はJR-A52。「JR神戸線」の愛称区間に含まれている。.

新しい!!: 東海道本線と西宮駅 (JR西日本) · 続きを見る »

西小坂井駅

西小坂井駅(にしこざかいえき)は、愛知県豊川市伊奈町前山にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線(名古屋地区)の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と西小坂井駅 · 続きを見る »

西岐阜駅

ホームと橋上駅舎(2015年12月) 橋上口(2015年12月) 西岐阜駅(にしぎふえき)は、岐阜県岐阜市市橋四丁目にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と西岐阜駅 · 続きを見る »

西岡崎駅

北口 西岡崎駅(にしおかざきえき)は、愛知県岡崎市昭和町字北浦にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と西岡崎駅 · 続きを見る »

西九条駅

西九条駅(にしくじょうえき)は、大阪府大阪市此花区西九条にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)・阪神電気鉄道の駅である。JR西日本の駅番号は大阪環状線がJR-O14、桜島線(JRゆめ咲線)がJR-P14。阪神電気鉄道の駅番号はHS 45。JR西日本の駅シンボルフラワーは「チューリップ」である。JR西九条駅の事務管コードは▲61053。.

新しい!!: 東海道本線と西九条駅 · 続きを見る »

西国街道

西国街道の指標 西国街道(さいごく〈さいこく・せいごく・せいこく〉かいどう)は、江戸時代における街道の1つであり、近世山陽道の別名である。また、西国路(さいごく〈さいこく・せいごく・せいこく〉じ)、中国街道(ちゅうごくかいどう)、中国路(ちゅうごくじ)梶本 (2003)、2頁大坂 - 西宮を結ぶ街道(浜街道)も中国街道・中国路とも呼ばれる。、山陽路(さんようじ)などとも呼ばれる。 京都から下関、あるいは九州の太宰府までの経路で長崎までともされる。、律令時代に大路として整備された「山陽道」とほぼ一致する関西歴史散歩の会 (2005)、7-8頁兵庫県教育委員会 (2006)、263頁。 また、狭義の西国街道として、同街道のうち京都 - 西宮までの区間関西歴史散歩の会 (2005)、5頁(山崎通)、あるいは同じく山陽道として西宮 - 下関の区間を指すこともある竹内 (2006)、176頁。.

新しい!!: 東海道本線と西国街道 · 続きを見る »

西焼津駅

西焼津駅(にしやいづえき)は、静岡県焼津市西焼津にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と西焼津駅 · 続きを見る »

西枇杷島駅

西枇杷島駅(にしびわじまえき)は、愛知県清須市西枇杷島町川口にある、名古屋鉄道名古屋本線の駅である。駅番号はNH39。.

新しい!!: 東海道本線と西枇杷島駅 · 続きを見る »

西横浜駅

西横浜駅(にしよこはまえき)は、神奈川県横浜市西区西平沼町にある、相模鉄道本線の駅である。駅番号はSO03。電報略号はニヨ。.

新しい!!: 東海道本線と西横浜駅 · 続きを見る »

西湘バイパス

国府津IC 大磯西IC 小田原ブルーウェイブリッジ 西湘バイパス(せいしょうバイパス)は、神奈川県中郡大磯町から小田原市を結ぶ自動車専用道路であり、国道1号のバイパスである。 高速道路ナンバリングによる路線番号は新湘南バイパスの一部区間とともに「E84」が割り振られている。 西湘二宮ICから箱根口ICおよび石橋ICまでの区間は中日本高速道路管理の一般有料道路である。途中の早川で分岐し、神奈川県小田原市石橋に至る石橋支線がある。.

新しい!!: 東海道本線と西湘バイパス · 続きを見る »

西湘貨物駅

西湘貨物駅(せいしょうかもつえき)は、神奈川県小田原市前川にある日本貨物鉄道(JR貨物)の貨物駅である。東海道本線の複々線区間のうち、東海道貨物線上の国府津駅と鴨宮駅の間に存在する。.

新しい!!: 東海道本線と西湘貨物駅 · 続きを見る »

西濃鉄道市橋線

| 市橋線(いちはしせん)は、岐阜県大垣市の美濃赤坂駅から猿岩駅までを結ぶ、西濃鉄道の鉄道路線である。 東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線支線(通称、美濃赤坂線)の美濃赤坂駅を起点とする貨物線で、同駅構内の大垣方から分岐している。金生山から産出される石灰石を運ぶ貨物列車が運行されているが、戦前の1930年から1945年まで旅客営業を行っていたことがあり、大垣駅から市橋駅まで(のちに赤坂本町駅までに短縮)鉄道省初となるガソリンカー(キハニ5000形)が直通運転していた。.

新しい!!: 東海道本線と西濃鉄道市橋線 · 続きを見る »

西明石駅

西明石駅(にしあかしえき)は、兵庫県明石市小久保二丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅である。 山陽新幹線と、在来線の山陽本線との接続駅である。在来線はアーバンネットワークエリア内であり、「JR神戸線」の路線愛称設定区間に含まれている。在来線の駅番号はJR-A74。事務管コードは▲610609。在来線駅はICOCAの利用エリアに含まれているが、新幹線はICOCAなどのIC乗車券には対応していない。東海道本線(琵琶湖線)の草津駅から120kmにわたって続いてきた複々線は、当駅までとなっている。.

新しい!!: 東海道本線と西明石駅 · 続きを見る »

西浜松駅

JR東海レールセンターからレールを搭載したチキを引き出すモーターカー(2009年) 西浜松駅(にしはままつえき)は、静岡県浜松市中区森田町にある日本貨物鉄道(JR貨物)の貨物駅である。東海道本線浜松駅 - 高塚駅間にある。 浜松駅の貨物業務の慢性的繁忙の解消と東海道線高架化を促進する狙いで建設、開業した。なお浜松市は本駅設置にあたり換地として浜松駅前の土地を取得しアクトシティ浜松を建設した。.

新しい!!: 東海道本線と西浜松駅 · 続きを見る »

西日本旅客鉄道

西日本旅客鉄道株式会社ロゴの「鉄」の字は、金を失うという意味を避けるため「金偏に矢」という「鉃」の文字を使い、『西日本旅客鉃道株式会社』と表記している。ただし、登記上の正式社名は常用漢字の「鉄」の字を用いている。また、四国旅客鉄道以外の各社もロゴタイプで同様に表記している。 (インターネットアーカイブ)も参照。(にしにほんりょかくてつどう、)は、日本国有鉄道(国鉄)から鉄道事業および船舶事業を引き継ぎ発足した旅客鉄道会社の一つ。 北陸3県・近畿地方・中国地方を中心に鉄道路線網を持つ。本社は大阪府大阪市北区。通称はJR西日本(ジェイアールにしにほん)。英語略称はJR Westただし、500系の先頭部など、自社の特急用車両に書かれている英語略称は「WEST JAPAN」。。コーポレートカラーは青色。東証・名証第一部、福証の上場企業。災害対策基本法における指定公共機関。 なお本会社は、同じく「西日本」から始まる社名を持つ鉄道会社で、福岡県福岡市に本社がある西日本鉄道とは無関係である同社とは読みも異なり、本会社は「にしにほん」と読むのに対し同社は「にしにっぽん」と称すと言う相違点がある。。.

新しい!!: 東海道本線と西日本旅客鉄道 · 続きを見る »

西日本旅客鉄道大阪支社

大阪支社ビル 西日本旅客鉄道大阪支社(にしにほんりょかくてつどうおおさかししゃ)とは、大阪市阿倍野区松崎町にある西日本旅客鉄道(JR西日本)の支社の一つである。.

新しい!!: 東海道本線と西日本旅客鉄道大阪支社 · 続きを見る »

西日本旅客鉄道京都支社

西日本旅客鉄道京都支社(にしにほんりょかくてつどうきょうとししゃ)は、京都市南区西九条にある西日本旅客鉄道(JR西日本)の支社の一つである。.

新しい!!: 東海道本線と西日本旅客鉄道京都支社 · 続きを見る »

西日本旅客鉄道神戸支社

西日本旅客鉄道神戸支社(にしにほんりょかくてつどうこうべししゃ)は、兵庫県神戸市中央区東川崎町にある西日本旅客鉄道(JR西日本)の支社の一つであり、現在は近畿統括本部の下部組織。 発足当初は京都支社と共に、旧国鉄大阪鉄道管理局の流れを汲み、兵庫県南部を管轄していた。2010年12月の近畿統括本部への統合後はその下部組織に改組され、関係する駅・乗務員区の業務支援や運輸・技術系統間の鉄道オペレーションに係る業務の連携推進のほか、該当エリアの対外的な窓口としての機能を担うとされている。.

新しい!!: 東海道本線と西日本旅客鉄道神戸支社 · 続きを見る »

西日本旅客鉄道近畿統括本部

西日本旅客鉄道近畿統括本部(にしにほんりょかくてつどうきんきとうかつほんぶ)は、大阪府大阪市淀川区にある西日本旅客鉄道(JR西日本)の組織である。.

新しい!!: 東海道本線と西日本旅客鉄道近畿統括本部 · 続きを見る »

観艦式

観艦式(かんかんしき)とは、軍事パレードのひとつで、軍艦を並べて壮行する式のことである。国家の祝典の際や、海軍の記念行事の一環として行なわれるのが一般的である。2005年(平成17年)には、トラファルガー海戦200周年を記念する国際観艦式がイギリス・ポーツマスで行われた。 現代では水上艦や潜水艦だけでなく海軍航空隊の航空機も参加することが多い。.

新しい!!: 東海道本線と観艦式 · 続きを見る »

首都圏 (日本)

首都圏の地図 首都圏整備法による首都圏の範囲(青色の部分) 日本における首都圏(しゅとけん)とは、首都圏整備法に基づき整備・建設された関東地方1都6県(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)と山梨県を含む地域である。日本における首都圏の範囲は、本法において定義されている(首都圏整備法#首都圏の定義を参照)。 近年では、首都を中心とする周辺地域を指す用語として、東京周辺の生活圏(都市圏)を指す「東京圏」(とうきょうけん)や「東京都市圏」(とうきょうとしけん)などが「首都圏」とは別の範囲の東京近郊圏を指す用語として用いられている。本項では、生活圏(都市圏)としての東京圏や東京都市圏についても記述する。.

新しい!!: 東海道本線と首都圏 (日本) · 続きを見る »

首都高速神奈川2号三ツ沢線

首都高速神奈川2号三ツ沢線(しゅとこうそくかながわ2ごうみつざわせん)は、神奈川県横浜市の、西区の金港ジャンクション(JCT)から神奈川区の三ツ沢へ至る、首都高速道路の路線である。三ツ沢で第三京浜道路、横浜新道に接続する。路線名は横浜市道高速1号線。.

新しい!!: 東海道本線と首都高速神奈川2号三ツ沢線 · 続きを見る »

駿河小山駅

駿河小山駅(するがおやまえき)は、静岡県駿東郡小山町小山にある、東海旅客鉄道(JR東海)御殿場線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と駿河小山駅 · 続きを見る »

駿河湾

薩埵峠から望む駿河湾越しの富士山と愛鷹山 駿河湾(するがわん)は伊豆半島先端にある石廊崎と御前崎を結ぶ線より北側の海域出典: - 国土交通省中部地方整備局 名古屋港湾空港技術調査事務所、2012年11月1日閲覧。最深部は水深2500mに達し、日本で最も深い湾である出典: - 静岡県、2012年11月1日閲覧。.

新しい!!: 東海道本線と駿河湾 · 続きを見る »

高塚駅

塚駅(たかつかえき)は、静岡県浜松市南区高塚町にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の駅である。南区に設置されている唯一の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と高塚駅 · 続きを見る »

高山本線

山本線(たかやまほんせん)は、岐阜県岐阜市の岐阜駅から高山駅、猪谷駅を経て富山県富山市の富山駅に至る鉄道路線(地方交通線)である。岐阜駅 - 猪谷駅(富山市)間は東海旅客鉄道(JR東海)、猪谷駅 - 富山駅間は西日本旅客鉄道(JR西日本)の管轄となっている。高山線とも呼ばれる。.

新しい!!: 東海道本線と高山本線 · 続きを見る »

高島線

島線(たかしません)は、東海道本線の貨物支線のうち、神奈川県横浜市鶴見区の鶴見駅から同市神奈川区の東高島駅を経由し同市中区の桜木町駅を結ぶ鉄道路線、およびその支線の通称である。東海道貨物線に含む場合もある。 本項では、この線から分岐してかつて横浜港一帯に伸びていた貨物線である、通称横浜臨港線(よこはまりんこうせん)についても説明する。なお、鶴見地区の臨港線については「鶴見線」を、本牧埠頭の臨港線については「神奈川臨海鉄道本牧線」をそれぞれ参照のこと。.

新しい!!: 東海道本線と高島線 · 続きを見る »

高島町駅

島町駅(たかしまちょうえき)は、神奈川県横浜市西区花咲町七丁目にある、横浜市営地下鉄ブルーライン(3号線)の駅である。駅番号はB19。 かつては日本国有鉄道(鉄道省の省線)・東京急行電鉄東横線にも高島町駅が存在したが、いずれも廃止された。 当駅周辺地区(みなとみらい地区)は、横浜市における都心(ツインコア)の一つである「横浜都心」に指定されている。.

新しい!!: 東海道本線と高島町駅 · 続きを見る »

高崎線

崎線(たかさきせん)は、埼玉県さいたま市大宮区の大宮駅から群馬県高崎市の高崎駅までを結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線である。運賃計算上の区分は幹線。 運行系統・旅客案内上は、乗り入れ先の東北本線列車線、愛称宇都宮線の東京駅 - 大宮駅間を含む、東京駅 - 高崎駅間が「高崎線」と案内される。また、東京駅 - 大宮駅間で、宇都宮線と一体化されて「宇都宮・高崎線」と案内されることがある。.

新しい!!: 東海道本線と高崎線 · 続きを見る »

高度経済成長

度経済成長(こうどけいざいせいちょう)または、高度成長(こうどせいちょう)、高成長(こうせいちょう)とは、飛躍的に経済規模が継続して拡大することである。好景気時の実質経済成長率が約10%以上を表す.

新しい!!: 東海道本線と高度経済成長 · 続きを見る »

高速バス

青春ドリーム大阪号 さぬきエクスプレス名古屋号 京阪バス 東京ミッドナイトエクスプレス京都号 高速バス(こうそくバス)とは、主に高速道路を通行する路線バスのことを指す。以下、特記ない限り、日本国内の高速バス(道路運送法に規定される「一般乗合旅客自動車運送事業」の形態として運行されるバス)について記述する。.

新しい!!: 東海道本線と高速バス · 続きを見る »

高速道路

速道路(こうそくどうろ、日本における英語表記はExpressway)とは迅速な交通移動を達成することを主目的にした道路であり主に自動車が高速かつ安全に走行できるような構造になっている。国や地域の道路網の中で基幹的な役割を担うことが多い。.

新しい!!: 東海道本線と高速道路 · 続きを見る »

高速貨物列車

速貨物列車(こうそくかもつれっしゃ)とは、日本貨物鉄道(JR貨物)が運行する貨物列車のうち、最高運転速度85km/h以上の列車をいう。.

新しい!!: 東海道本線と高速貨物列車 · 続きを見る »

高槻駅

槻駅(たかつきえき)は、大阪府高槻市白梅町(はくばいちょう)にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)東海道本線の駅である。駅番号はJR-A38。「JR京都線」の愛称区間に含まれている。.

新しい!!: 東海道本線と高槻駅 · 続きを見る »

谷峨駅

谷峨駅(やがえき)は、神奈川県足柄上郡山北町谷ケにある、東海旅客鉄道(JR東海)御殿場線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と谷峨駅 · 続きを見る »

豊川

豊川(とよがわ)は、愛知県東部を流れ三河湾に注ぐ河川。一級水系の本流。でBOD平均値が全国20位(162河川中)となるなど清浄な水質の川であり、東三河地域における水瓶ともなっている。宇連川との合流分以北では寒狭川と呼ばれることがある。.

新しい!!: 東海道本線と豊川 · 続きを見る »

豊田町駅

ホーム(2011年1月) 豊田町駅(とよだちょうえき)は、静岡県磐田市立野にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の駅である。 駅名は市町村合併前の町名(豊田町)にちなんでいる。.

新しい!!: 東海道本線と豊田町駅 · 続きを見る »

豊田自動織機

株式会社豊田自動織機(とよたじどうしょっき、)は、愛知県刈谷市豊田町2-1に本社を置く日本の機械メーカー。トヨタグループの本家にあたる。現在のトヨタ自動車や愛知製鋼は、豊田自動織機の自動車部門や製鋼部門を分社化したもの。1926年(大正15年)11月18日創業。 現在は、社名にある、原点である繊維機械(自動織機など)の製造だけでなく、ヴィッツ、RAV4などトヨタ自動車の一部車種の生産、およびディーゼルエンジン、カーエアコン用コンプレッサー、コンバータ、EV用充電スタンド等の自動車関連製品の開発生産、「トヨタL&F」ブランドでのフォークリフトや自動倉庫、無人搬送車の開発から販売まで、多岐に亘る事業を展開している。フォークリフトとカーエアコン用コンプレッサー、エアジェット織機のシェアは世界トップである。 愛知県内では「織機」の通称で呼ばれることも多い。トヨタグループ内ではTICOと呼ばれる。.

新しい!!: 東海道本線と豊田自動織機 · 続きを見る »

豊橋市

豊橋市(とよはしし)は、愛知県の南東部にある都市。東三河地方の中心都市であり、同地方の人口の約半数を占める。中核市に指定されている。.

新しい!!: 東海道本線と豊橋市 · 続きを見る »

豊橋平野

豊橋平野(とよはしへいや)は、愛知県南東部、豊川下流部にある平野「豊橋平野」『ブリタニカ国際百科事典 小項目事典』「豊橋平野」『デジタル大辞泉』「豊橋平野」『百科事典マイペディア』「豊橋平野」『世界大百科事典』「豊橋平野」『日本の地名がわかる事典』「豊橋平野」『日本大百科全書』。東三河平野(ひがしみかわへいや)とも呼ばれる。面積は772km2。東三河地方の豊橋市、豊川市、新城市、蒲郡市、田原市の5市にまたがっており、中心都市は豊橋市 。.

新しい!!: 東海道本線と豊橋平野 · 続きを見る »

豊橋駅

こども未来館) 豊橋駅(とよはしえき)は、愛知県豊橋市花田町字西宿にある、東海旅客鉄道(JR東海)・日本貨物鉄道(JR貨物)・名古屋鉄道(名鉄)の駅である。駅番号は名古屋鉄道がNH01。本稿では関連の深い、飯田線・名鉄の旧駅「吉田駅」(1899~1943年)についても触れる(豊橋鉄道の「新豊橋駅」・「駅前停留場」は別項)。.

新しい!!: 東海道本線と豊橋駅 · 続きを見る »

豊橋鉄道東田本線

| 東田本線(あずまだほんせん)は、愛知県豊橋市の駅前停留場から赤岩口停留場までと、井原停留場から分岐し運動公園前停留場までを結ぶ豊橋鉄道の軌道路線である。豊橋鉄道では「豊鉄市内線」と案内している。本項目では廃止された柳生橋支線もあわせて取り上げる。.

新しい!!: 東海道本線と豊橋鉄道東田本線 · 続きを見る »

豊橋鉄道渥美線

| 渥美線(あつみせん)は、愛知県豊橋市の新豊橋駅から田原市の三河田原駅までを結ぶ豊橋鉄道の鉄道路線である。 渥美半島に延びる鉄道で、同半島の城下町として発展した田原市や開発が進む沿線からの豊橋などへの通勤・通学路線となっている。三河田原駅で豊鉄バスの伊良湖岬方面とのバスと連絡している。.

新しい!!: 東海道本線と豊橋鉄道渥美線 · 続きを見る »

豪雪地帯

乗用車の高さを大きく超える雪が積もった十日町市役所。2006年1月。 赤色:全域が豪雪地帯の道県、黄色:豪雪地帯を含む府県 豪雪地帯(ごうせつちたい)とは、冬に大量の積雪がある地域のことで日本の法制度上は特に豪雪地帯対策特別措置法に基づき指定された地域を指す。.

新しい!!: 東海道本線と豪雪地帯 · 続きを見る »

貨物列車

ーストリア連邦鉄道の貨物列車 貨物列車(かもつれっしゃ)とは鉄道において貨物の輸送を目的とする列車であり、鉄道発祥以来運転されている。機関車が貨車を牽引する形態が主流であるが、貨車自体が動力を有する電動貨車や気動貨車、あるいは動力分散方式の貨物電車もみられる。客車と貨車を併結する混合列車(こんごうれっしゃ)という形態もある(後述)。.

新しい!!: 東海道本線と貨物列車 · 続きを見る »

貨車

貨車(かしゃ、Freight Car)とは、鉄道において貨物を輸送するための列車(貨物列車)に用いられる車両を指す呼称。日本では、かつて小荷物・郵便物は旅客輸送の対象としていたが、現在ではほとんど廃れたことや運送の形態により、これらが「貨物」として含まれることもある。自走式電動貨車(貨物電車)については電車を参照。.

新しい!!: 東海道本線と貨車 · 続きを見る »

鴨宮駅

宮駅(かものみやえき)は、神奈川県小田原市鴨宮にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・日本貨物鉄道(JR貨物)東海道本線の駅である。 旅客列車は、東京駅発着系統と、新宿駅経由で高崎線に直通する湘南新宿ライン、東京駅・上野駅経由で東北本線(宇都宮線)・高崎線に直通する上野東京ラインが停車する(運転形態の詳細については「東海道線 (JR東日本)」を参照)。.

新しい!!: 東海道本線と鴨宮駅 · 続きを見る »

鴨川 (淀川水系)

川(かもがわ)は、京都府京都市を流れる淀川水系の一級河川。.

新しい!!: 東海道本線と鴨川 (淀川水系) · 続きを見る »

足柄平野

足柄平野(あしがらへいや)は、神奈川県南西部に位置する平野である。通常、関東平野には含めない。.

新しい!!: 東海道本線と足柄平野 · 続きを見る »

足柄駅 (静岡県)

構内 ホーム 駅前風景 足柄駅(あしがらえき)は、静岡県駿東郡小山町竹之下にある、東海旅客鉄道(JR東海)御殿場線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と足柄駅 (静岡県) · 続きを見る »

鶴見川

見橋(現・鶴見川橋)。19世紀初めの『江戸名所図会』より。 鶴見川の遊歩道沿いに設置されている標識(「鶴見川流域共通サイン」)。「バクの形の流域」であることが記載されている。東京都町田市図師町・宮川橋付近 鶴見川(つるみがわ)は、東京都および神奈川県を流れる川。鶴見川水系の幹川で、一級河川に指定されている。東京都町田市上小山田町の泉を源流とし、神奈川県横浜市鶴見区の河口から東京湾に注ぐ。全長42.5km、流域面積235km2、支川数は10。2005年(平成17年)4月に特定都市河川に指定された。.

新しい!!: 東海道本線と鶴見川 · 続きを見る »

鶴見線

見線(つるみせん)は、以下の路線から構成される東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線(幹線)である。.

新しい!!: 東海道本線と鶴見線 · 続きを見る »

鶴見駅

見駅(つるみえき)は、神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅である。 当駅周辺地区は横浜市における主要な生活拠点(旧:副都心)に指定されている。.

新しい!!: 東海道本線と鶴見駅 · 続きを見る »

路面電車

路面電車(ろめんでんしゃ)は、主に道路上に敷設された軌道(併用軌道)を用いる「路面鉄道」(Tram、Tramway、Streetcar、Straßenbahn)を走行する電車である。類似のシステムにライト・レール・トランジット、トラムトレイン、ゴムタイヤトラムなども存在する。.

新しい!!: 東海道本線と路面電車 · 続きを見る »

鷲津駅

ホーム(2011年1月) 鷲津駅(わしづえき)は、静岡県湖西市鷲津にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と鷲津駅 · 続きを見る »

踊り子 (列車)

踊り子(おどりこ)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)、伊豆急行、東海旅客鉄道(JR東海)および伊豆箱根鉄道が東京駅 - 伊豆急下田駅・修善寺駅間を東海道本線・伊東線・伊豆急行線・伊豆箱根鉄道駿豆線経由で運行する特別急行列車である。 なお、本項では同一経路で運行されている「スーパービュー踊り子」などとともに、首都圏と湘南・伊豆半島を結ぶ連絡列車の沿革についても記述する。.

新しい!!: 東海道本線と踊り子 (列車) · 続きを見る »

鹿児島駅

鹿児島駅(かごしまえき)は、鹿児島県鹿児島市浜町にある、九州旅客鉄道(JR九州)・鹿児島市交通局の駅である。事務管コードは▲940126。 なお本項では、駅前にある鹿児島市電の鹿児島駅前電停についてもここで記述する。.

新しい!!: 東海道本線と鹿児島駅 · 続きを見る »

鹿児島本線

鹿児島本線(かごしまほんせん)は、福岡県北九州市門司区の門司港駅から小倉駅・博多駅・熊本駅を経由して熊本県八代市の八代駅までと、鹿児島県薩摩川内市の川内駅から鹿児島県鹿児島市の鹿児島駅までを結ぶ九州旅客鉄道(JR九州)の鉄道路線(幹線)である。このほか、日本貨物鉄道(JR貨物)の路線として香椎駅 - 福岡貨物ターミナル駅間の貨物支線がある。.

新しい!!: 東海道本線と鹿児島本線 · 続きを見る »

身延線

身延線(みのぶせん)は 静岡県富士市の富士駅と山梨県甲府市の甲府駅を結ぶ東海旅客鉄道(JR東海)の鉄道路線(地方交通線)である。.

新しい!!: 東海道本線と身延線 · 続きを見る »

車両輸送

車両輸送(しゃりょうゆそう)とは、鉄道車両や自動車を、他の交通機関などを利用して、自力以外の方法で輸送することである。このため、フェリーで自動車を輸送(車両航送)する場合も広義の車両輸送に含まれる。しかし、一般には自動車・オートバイ等を輸送専用車で輸送する場合や大型な鉄道車両などを輸送する場合を指す場合が多い。.

新しい!!: 東海道本線と車両輸送 · 続きを見る »

軌間

軌間(きかん)は、鉄道の線路を構成する左右の軌条の間隔である。軌条には幅があるため、軌条頭部の内側の最短距離と規定される(詳しくは後述)。 軌間は鉄道の機能・能力に関わる重要な要素であり、また軌間の異なる鉄道の間では通常は直通運転は不可能である。世界で最も普及している軌間は1435mm(4フィート1フィートの長さは地域により異なった。以下では特に断らない限りイングランドやアメリカ合衆国のフィート(1フィート.

新しい!!: 東海道本線と軌間 · 続きを見る »

黄瀬川

裾野市付近の黄瀬川。川底に溶岩が目立つ 黄瀬川(きせがわ)は、静岡県を流れる一級河川。狩野川水系最大の支流で流路延長30km。別名木瀬川・木世川。.

新しい!!: 東海道本線と黄瀬川 · 続きを見る »

辻堂駅

辻堂駅(つじどうえき)は、神奈川県藤沢市辻堂一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)東海道本線の駅である。 東京駅発着系統と、新宿駅経由で高崎線に直通する湘南新宿ライン、東京駅・上野駅経由で東北本線(宇都宮線)・高崎線に直通する上野東京ラインが停車する。運行形態の詳細は「東海道線 (JR東日本)」を参照。駅のすぐ西は茅ヶ崎市である。.

新しい!!: 東海道本線と辻堂駅 · 続きを見る »

近畿地方

近畿地方の地形図 近畿地方(きんきちほう)は、本州中西部に位置する日本の地域である。かつての畿内とその周辺地域から構成される。難波宮、平城宮、平安宮、以降東京遷都までの王城の地で、現在は関東地方に次ぐ日本第二の都市圏・経済圏であり、西日本の中核である。 近畿地方の範囲について法律上の明確な定義はないが、一般的には大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・三重県・滋賀県・和歌山県の2府5県(7府県)を指す『日本地名大百科』、小学館、1996年、p.408 ISBN 4-09-523101-7。構成府県については範囲節も参照。.

新しい!!: 東海道本線と近畿地方 · 続きを見る »

近畿自動車道

近畿自動車道(きんきじどうしゃどう、KINKI EXPRESSWAY)は、大阪府吹田市から松原市へ至る高速道路(高速自動車国道)。略称は近畿道(きんきどう、KINKI EXPWY)。 高速道路ナンバリングによる路線番号は、阪和自動車道(松原IC - 和歌山JCT間)とともに「E26」が割り振られている。 法律上の正式な路線名としての「近畿自動車道」については後述する。.

新しい!!: 東海道本線と近畿自動車道 · 続きを見る »

近郊形車両

近郊形電車の嚆矢となった401・421系写真は421系 現代における近郊形車両の例(JR東海313系5000番台) 近郊形車両(きんこうがたしゃりょう)とは、日本国有鉄道(国鉄)・JRにおける車両区分の一種で、「客室に出入口を有し、横型(ロングシート)及び縦型腰掛(クロスシート)を備え、都市近郊の運用に適した性能を有する車両形式のもの」を指すものであるネコ・パブリッシング『JR全車輌ハンドブック2009』 p.15 。 元来は401・421系や111系を嚆矢とする出入口を片側3箇所に配置しセミクロスシートを備える車両の総称であり、その後登場した2扉セミクロスシート車両もこれに属する。 本項目では国鉄・JRの新性能電車における事例を主題として解説しているが、新性能電車以外における同種の車両についても参考までに解説する。また、様々な座席配置が登場したJR化後の車両については、近郊形車両の発展した形として4扉セミクロスシート車両や片側3扉クロスシート車両を解説している。.

新しい!!: 東海道本線と近郊形車両 · 続きを見る »

近鉄名古屋線

名古屋線(なごやせん)は、三重県松阪市の伊勢中川駅から愛知県名古屋市中村区の近鉄名古屋駅までを結ぶ近畿日本鉄道(近鉄)の鉄道路線である。.

新しい!!: 東海道本線と近鉄名古屋線 · 続きを見る »

近鉄名古屋駅

駅名標 正面改札口 地下改札口 近鉄名古屋駅(きんてつなごやえき)は、愛知県名古屋市中村区名駅1丁目にある、近畿日本鉄道(近鉄)名古屋線の駅である。駅番号はE01。.

新しい!!: 東海道本線と近鉄名古屋駅 · 続きを見る »

近鉄京都線

京都線(きょうとせん)は、京都府京都市下京区の京都駅から奈良県奈良市の大和西大寺駅までを結ぶ近畿日本鉄道(近鉄)の鉄道路線。.

新しい!!: 東海道本線と近鉄京都線 · 続きを見る »

近江八幡の水郷

安土山より望む西の湖。「近江八幡の水郷」の選定地域は写真奥の湖畔付近である。 近江八幡の水郷(おうみはちまんのすいごう)は、日本の滋賀県近江八幡市に位置する、西の湖を中心とした水郷であり、琵琶湖国定公園第2種特別地域に指定されている。 2004年(平成16年)の文化財保護法改正により創設された重要文化的景観選定制度適用の第一号として、2006年(平成18年)に国の選定を受けた。現在、公有水面・葦地・集落・農地・里山を含む約354.0ヘクタールが「近江八幡の水郷」として選定地域となっている。.

新しい!!: 東海道本線と近江八幡の水郷 · 続きを見る »

近江八幡市八幡伝統的建造物群保存地区

近江八幡市八幡伝統的建造物群保存地区(おうみはちまんしはちまん でんとうてきけんぞうぶつぐんほぞんちく)は、滋賀県近江八幡市旧市街地にある伝統的建造物群保存地区の名称。八幡堀、日牟礼八幡宮境内地、新町通り、永原町通りを中心とする広さ13.1haの地区で、地区内の建築物180、工作物93が伝統的建造物として特定されている。1991年4月30日に種別「商家町」で国の重要伝統的建造物群保存地区として選定された。.

新しい!!: 東海道本線と近江八幡市八幡伝統的建造物群保存地区 · 続きを見る »

近江八幡駅

駅舎 近江八幡駅(おうみはちまんえき)は、滋賀県近江八幡市鷹飼町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)・近江鉄道の駅である。JR西日本の駅番号はJR-A19。 JR西日本の東海道本線と、近江鉄道の八日市線が乗り入れており、八日市線は当駅が終点となっている。東海道本線は「琵琶湖線」の路線愛称設定区間に含まれており、IC乗車カード「ICOCA」の利用エリア内である。.

新しい!!: 東海道本線と近江八幡駅 · 続きを見る »

近江盆地

近江盆地の航空写真 近江盆地(おうみぼんち)は、滋賀県の中央部を占める盆地。 西を比良山地、東を鈴鹿山脈、北西を野坂山地、北東を伊吹山地といった山々に囲まれた断層盆地で、中央の低地が日本最大の湖である琵琶湖となっている。湖東地方から湖南地方にかけてが最も広い平地部で、そこに滋賀県の交通、産業の中枢がここに位置する。農業もさかんで、近江米、メロン、ぶどうなどを栽培している。 Category:日本の盆地 Category:滋賀県の地形.

新しい!!: 東海道本線と近江盆地 · 続きを見る »

近江長岡駅

近江長岡駅(おうみながおかえき)は、滋賀県米原市長岡にある、東海旅客鉄道(JR東海)・日本貨物鉄道(JR貨物)東海道本線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と近江長岡駅 · 続きを見る »

近江鉄道八日市線

八日市線(ようかいちせん)は、滋賀県東近江市の八日市駅と滋賀県近江八幡市の近江八幡駅までを結ぶ近江鉄道の鉄道路線である。 近江盆地の2つの都市間を結ぶ近江鉄道の主力路線となっている。2013年3月16日から「万葉あかね線」(ラインカラー:)の愛称が付けられている。 1930年から1948年までは、新八日市から陸軍飛行場のあった御園駅までの路線がのびていた。同区間は、新八日市駅 - 八日市中野駅間で近江鉄道本線を築堤により越えていた。.

新しい!!: 東海道本線と近江鉄道八日市線 · 続きを見る »

近江鉄道本線

本線(ほんせん)は、滋賀県米原市の米原駅から滋賀県甲賀市の貴生川駅までを結ぶ、近江鉄道の鉄道路線である。「近江線」「近江本線」などと呼ばれることがある。また、本線を始め近江鉄道各線は地元住民から「近江ガチャコン」「ガチャコン」と呼ばれることがある。 東海道本線や草津線のルートから外れた近江盆地の穀倉地帯を縦断する鉄道として、北陸から関西鉄道(現在の草津線)へ伊勢参詣への短絡路も兼ねて建設された。五箇荘以北は旧中山道、五箇荘から日野までは旧御代参街道(伊勢道)におおむね沿っている。 2013年3月16日から米原駅 - 高宮駅 - 多賀線多賀大社前駅間に「彦根・多賀大社線」(ラインカラー:)、高宮駅 - 八日市駅間に「湖東近江路線」(ラインカラー:)、八日市駅 - 貴生川駅間に「水口・蒲生野線」(ラインカラー:)の愛称が付けられている。.

新しい!!: 東海道本線と近江鉄道本線 · 続きを見る »

霊仙山

霊仙山(りょうぜんざん、りょうぜんやま)は、滋賀県の犬上郡多賀町と米原市にまたがる鈴鹿山脈の最北に位置する標高1,094 mの山。山の東山腹は岐阜県大垣市上石津町と不破郡関ケ原町に属する。北側には伊吹山が対峙している。『花の百名山』として花の多い山であることが知られていて花の山旅 (2001)、80-83頁、シーズン中は多くの登山者が訪れる。.

新しい!!: 東海道本線と霊仙山 · 続きを見る »

茨木駅

東口(改良工事前) 改札口(改良工事前) 構内(改良工事前) 茨木駅(いばらきえき)は、大阪府茨木市駅前一丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)東海道本線の駅である。駅番号はJR-A41。「JR京都線」の愛称区間に含まれている。.

新しい!!: 東海道本線と茨木駅 · 続きを見る »

茶園

静岡県島田市にある弧状型仕立て茶園 茶園(ちゃえん、さえん)とは、チャノキの畑のことである。茶畑(ちゃばたけ)ともいう。チャノキはプランテーション作物の代表例の一つであるが、プランテーションとは異なった形態で栽培される国もある。以下では主に日本の茶園について概説する。.

新しい!!: 東海道本線と茶園 · 続きを見る »

茅ヶ崎運輸区

茅ヶ崎運輸区(ちがさきうんゆく)は、神奈川県茅ヶ崎市にある東日本旅客鉄道(JR東日本)横浜支社の運転士・車掌が所属する組織である。.

新しい!!: 東海道本線と茅ヶ崎運輸区 · 続きを見る »

茅ケ崎駅

茅ケ崎駅(ちがさきえき)は、神奈川県茅ヶ崎市元町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と茅ケ崎駅 · 続きを見る »

都市再開発

都市再開発(としさいかいはつ)とは、既成の市街地を再整備(再開発)すること。 英語にはアーバン・リニューアル(Urban renewal)という概念があり、日本語では都市更新と訳される。.

新しい!!: 東海道本線と都市再開発 · 続きを見る »

都心

都心(としん)とは、中心業務地区の日本における呼称、および都市の活動において拠点とされる中心部である。都心にはその都市の富の中心を成し、都市内交通が集中する。.

新しい!!: 東海道本線と都心 · 続きを見る »

都営地下鉄

都営地下鉄(とえいちかてつ)は、東京都地下高速電車条例(1960年11月26日東京都条例第94号)に基づき東京都が経営する地下鉄である。モノレール・軌道・バス事業とともに地方公営企業管理者の権限下で東京都交通局が事務を行っている。 東京都特別区及びその周辺地域に浅草線、三田線、新宿線、大江戸線の4路線がある。2000年10月14日から2008年3月14日まで利用可能だったパスネットの符丁はTO。パスネット対応カードをTカードの名称で取り扱っていた。.

新しい!!: 東海道本線と都営地下鉄 · 続きを見る »

能登川駅

ホーム 跨線橋から見た構内の様子(2014年2月6日撮影) 西出口には水車の形をした時計がある 能登川駅(のとがわえき)は、滋賀県東近江市林町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)東海道本線の駅である。駅番号はJR-A17。「琵琶湖線」の愛称区間に含まれている。 2006年(平成18年)1月1日に神崎郡能登川町が編入合併で東近江市となり、東近江市内で唯一のJRの駅となった能登川町を編入するまでは旧八日市市時代からを含め滋賀県の市で唯一国鉄→JRの路線が走っていなかった。。私鉄も含む東近江市内の全14駅中で最も乗車人員が多い。.

新しい!!: 東海道本線と能登川駅 · 続きを見る »

郵便車

郵便荷物車 スユニ50 501 小樽市総合博物館にて 郵便室の表示 スユニ50の締切郵袋室 小樽市総合博物館にて スユニ50の郵便区分室 小樽市総合博物館にて 郵便車(ゆうびんしゃ)とは、郵便物を運送するために郵便事業者や輸送受託者が保有し使用する車両。鉄道車両としての郵便車と、自動車としての郵便車がある。.

新しい!!: 東海道本線と郵便車 · 続きを見る »

舞阪駅

舞阪駅(まいさかえき)は、静岡県浜松市西区馬郡町にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の駅である。 旧・舞阪町の代表駅であるが、構内の大部分が平成の大合併以前から浜松市内に位置する。.

新しい!!: 東海道本線と舞阪駅 · 続きを見る »

航空機

航空機(こうくうき、aircraftブリタニカ百科事典「航空機」)は、大気中を飛行する機械の総称である広辞苑 第五版 p.889「航空機」。.

新しい!!: 東海道本線と航空機 · 続きを見る »

鈴鹿峠

鈴鹿峠(すずかとうげ)は、三重県亀山市と滋賀県甲賀市の境に位置する東海道(国道1号)の峠。標高は357m。.

新しい!!: 東海道本線と鈴鹿峠 · 続きを見る »

興津駅

興津駅(おきつえき)は、静岡県静岡市清水区興津中町にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と興津駅 · 続きを見る »

阪和線

阪和線(はんわせん)は、大阪府大阪市天王寺区の天王寺駅から和歌山県和歌山市の和歌山駅までを結ぶ西日本旅客鉄道(JR西日本)の鉄道路線(幹線)である。ほかに大阪府堺市西区の鳳駅から大阪府高石市の東羽衣駅までを結ぶ支線を持つ。.

新しい!!: 東海道本線と阪和線 · 続きを見る »

阪神・淡路大震災

阪神・淡路大震災(はんしん・あわじだいしんさい)は、1995年(平成7年)1月17日に発生した兵庫県南部地震による大規模地震災害のことである。 1995年(平成7年)1月17日5時46分52秒(日本時間=UTC+9)、淡路島北部(あるいは神戸市垂水区)沖の明石海峡(北緯34度35.9分、東経135度2.1分、深さ16km)を震源として、Mj7.3古いモニュメントや資料の中にはM7.2とするものもあるが、これは、2001年(平成13年)4月23日に気象庁がマグニチュードの算出方法の変更により7.3に修正したためである。の兵庫県南部地震が発生した。 近畿圏の広域(兵庫県を中心に、大阪府、京都府も)が大きな被害を受けた。特に震源に近い神戸市市街地(東灘区・灘区・中央区(三宮・元町・ポートアイランドなど)・兵庫区・長田区・須磨区)の被害は甚大で、日本国内のみならず世界中に衝撃を与えた。犠牲者は6,434名に達し、戦後に発生した地震災害としては、東日本大震災に次ぐ被害規模であり、戦後に発生した自然災害では、犠牲者の数で伊勢湾台風の5,098人を上回り、東日本大震災が発生するまでは最悪のものであった。 1995年1月25日の政令により、激甚災害法(激甚災害に対処するための特別の財政援助等に関する法律)に基づく激甚災害に指定。.

新しい!!: 東海道本線と阪神・淡路大震災 · 続きを見る »

阪神甲子園球場

阪神甲子園球場(はんしんこうしえんきゅうじょう)は、兵庫県西宮市甲子園町にある野球場。通称「甲子園球場」または「甲子園」。阪神電気鉄道が所有している。.

新しい!!: 東海道本線と阪神甲子園球場 · 続きを見る »

阪神高速11号池田線

阪神高速11号池田線(はんしんこうそく11ごういけだせん、Route 11 Ikeda Line)は、大阪府の、大阪市の中之島JCTから池田市の池田出入口および、豊中市の蛍池JCTから池田市の池田木部出入口へ至る、阪神高速道路の路線である。大阪国際空港や名神高速道路、中国自動車道のアクセスに便利で利用車が多いため、渋滞が多い。しかし近畿自動車道・阪和自動車道や、さらには第二京阪道路の全面開通により、多少ではあるが、交通量が減少傾向である。関西国際空港開港までは空港線と呼ばれていた。.

新しい!!: 東海道本線と阪神高速11号池田線 · 続きを見る »

阪神高速3号神戸線

阪神高速3号神戸線(はんしんこうそく3ごうこうべせん、Route 3 Kobe Line)は、大阪府大阪市西区の阿波座JCTから、兵庫県神戸市須磨区の第二神明道路(月見山)へ至る阪神高速道路の路線。.

新しい!!: 東海道本線と阪神高速3号神戸線 · 続きを見る »

阪神電気鉄道

梅田駅・阪神百貨店梅田本店 阪神電気鉄道株式会社(はんしんでんきてつどう、英称:Hanshin Electric Railway Co., Ltd.)は、大阪と神戸を結ぶ鉄道を運営している大手私鉄。通称は「阪神電鉄」、「阪神電鉄KK」または「阪神電車」、略称は「阪神」、キャッチコピーは「“たいせつ”がギュッと。 阪神電車」。阪急阪神ホールディングスの完全子会社であり、阪急阪神東宝グループの企業である。.

新しい!!: 東海道本線と阪神電気鉄道 · 続きを見る »

阪神本線

本線(ほんせん)は、大阪府大阪市北区の梅田駅から兵庫県神戸市中央区の元町駅までを結ぶ阪神電気鉄道の鉄道路線である。.

新しい!!: 東海道本線と阪神本線 · 続きを見る »

阪急千里線

千里線(せんりせん)は、大阪府大阪市北区の天神橋筋六丁目駅から大阪府吹田市の北千里駅までを結ぶ阪急電鉄の鉄道路線。北千里駅まで延伸されるまでは千里山(支)線と呼ばれていた。北千里線と呼ばれることもあるが、正式なものではない。 なお、正式な起点は天神橋筋六丁目駅だが、列車運行上は北千里駅から天神橋筋六丁目駅へ向かう列車が下り、逆方向が上りとなっている。.

新しい!!: 東海道本線と阪急千里線 · 続きを見る »

阪急京都本線

京都本線(きょうとほんせん)は、大阪府大阪市淀川区の十三駅から京都府京都市下京区の河原町駅まで国土交通省鉄道局監修『鉄道要覧』(電気車研究会・鉄道図書刊行会)では十三起点で記載。ただし、距離を示すキロポストは梅田駅起点で十三駅で打ち切らず、河原町駅に向かって純粋に数字が増えていく。を結ぶ阪急電鉄の鉄道路線。京都本線自体を指して、あるいはその支線を含めて通称京都線と呼ばれる。また、軌道法準拠で開業した神宝線(神戸本線・宝塚本線ほか)と区別する意味で、かつては鉄道線(てつどうせん)とも呼ばれた。 一般的に、案内上「京都線」の名称は、京都本線と宝塚本線梅田駅 - 十三駅間を含めた、梅田駅から河原町駅を結ぶ運転系統の呼称として使われている。以下特記のない限り、運転系統としての京都線(梅田駅 - 河原町駅間)について記述する。.

新しい!!: 東海道本線と阪急京都本線 · 続きを見る »

阪急今津線

今津線(いまづせん)は、兵庫県宝塚市の宝塚駅から兵庫県西宮市の今津駅までを結ぶ阪急電鉄の鉄道路線。 六甲山地東麓を通る路線で、沿線には住宅地が広がり、大阪・神戸方面などへの通勤・通学路線となっている。運転系統が分断されていることから、西宮北口駅を境に北側の宝塚駅 - 西宮北口駅間を今津(北)線(北線)、南側の西宮北口駅 - 今津駅間を今津(南)線(南線)と呼ぶことがある。正式な起点は宝塚駅だが、列車運行上は今津駅から宝塚駅へ向かう列車が下り、逆方向が上りとなっている。キロポストは宝塚駅からの距離の表示となっているが、下り線の進行方向左側に設置されている。.

新しい!!: 東海道本線と阪急今津線 · 続きを見る »

阪急神戸高速線

戸高速線(こうべこうそくせん)は、兵庫県神戸市の新開地駅から神戸三宮駅に至る阪急電鉄の鉄道路線。 この路線は、神戸高速鉄道が第三種鉄道事業者として線路を保有し、阪急が第二種鉄道事業者として旅客運送(列車の運行)を行っている。神戸高速鉄道での路線名は阪神電気鉄道(阪神)の神戸高速線区間もあわせて東西線である。.

新しい!!: 東海道本線と阪急神戸高速線 · 続きを見る »

阪急神戸本線

線主体の阪急神戸本線の線路 神戸本線(こうべほんせん)は、大阪府大阪市北区の梅田駅から兵庫県神戸市中央区の神戸三宮駅までを結ぶ阪急電鉄の鉄道路線。神戸本線自体を指して、またはその支線を含めて通称神戸線と呼ばれる。ラインカラーは港町神戸の海からブルー()。.

新しい!!: 東海道本線と阪急神戸本線 · 続きを見る »

阪急電鉄

阪急電鉄株式会社(はんきゅうでんてつ、英称:Hankyu Corporation)は、大阪梅田と神戸・宝塚・京都を結ぶ鉄道を経営する大手私鉄。阪急阪神ホールディングスの子会社で、阪急阪神東宝グループに属する。略称は阪急。 本社は大阪府大阪市北区、登記上の本店所在地は大阪府池田市栄町1番1号(池田駅の所在地)である。平均利用者数約177万人/日、営業キロは143.6 km(第二種鉄道事業区間含む)に及ぶ。また、女性のみの団員で構成される劇団「宝塚歌劇団」を運営していることでも知られる(「その他の事業」の節も参照)。 スルッとKANSAIやレールウェイカードでカードに印字される符号については、花隈駅のみKK、それ以外の駅はHKであった。 三水会及びみどり会の会員企業であり三和グループに属している - 同志社大学学術情報検索システム内にあるページ。筆者は経済学者の田中彰。。なお阪急阪神東宝グループのメンバーでみどり会の加盟企業は他に東宝・阪急阪神百貨店・阪急阪神ホテルズ・阪急阪神不動産があるが、三水会の加盟企業は阪急電鉄のみである。.

新しい!!: 東海道本線と阪急電鉄 · 続きを見る »

阪急電鉄正雀工場

正雀工場内での阪急レールウェイフェスティバルの様子 新京阪デロ10 阪急電鉄正雀工場(はんきゅうでんてつしょうじゃくこうじょう)は、大阪府摂津市にある阪急電鉄(阪急)の車両工場。敷地内に隣接して阪急京都本線の車両基地、正雀車庫がある(正雀工場への入出場に際しては、一時的に正雀車庫に入庫する場合がある)。 所在地は「摂津市阪急正雀」と、阪急の社名が付く唯一の地名であり、国土地理院発行の地形図にも記載されている。阪急京都本線正雀駅の北西側一帯に広がる。 阪急電鉄および能勢電鉄の全営業用車両の検査・修理を行っている。阪急電鉄の全車両と大阪市営地下鉄堺筋線の新車搬入もここで行われる。 元は京都線所属車両のみの整備を担当していたが、正雀車庫の北側にあった工場敷地を購入して工場新築・拡張し、1968年に西宮工場と旧正雀工場を統合した。建築当時は東洋一とも呼ばれた工場であった。 2004年には兵庫県尼崎市にあったアルナ工機の清算・分割によってできたアルナ車両の工場も正雀工場内にできた。 なお、工場内の業務の一部は、連結子会社であるアルナ車両と2社の協力会社(株式会社関西交通工業社、興国車輌株式会社)に委託されており、阪急電鉄と共に各社がISO14001の認証を取得している。 年2回、春と秋に家族連れを対象にした阪急レールウェイフェスティバルが開催されている。 1形電車、10形電車、100形電車、600形、900形、2300系(2301+2352)が保存されており、阪急レールウェイフェスティバルで公開される。 1980年代までは当工場まで日本国有鉄道(国鉄)の引き込み線が延びており、車両の甲種輸送も行われていたが、1984年新造の6300系の6330F8両編成の搬入を最後に終了、以後はトレーラー輸送に変更された。当時の阪急用の標準軌と旧国鉄用の狭軌の三線軌条が現在でも工場内の一部(おもに廃車解体場など)に残っている。.

新しい!!: 東海道本線と阪急電鉄正雀工場 · 続きを見る »

関ケ原町

関ケ原町(せきがはらちょう)は、古代日本の壬申の乱や近世の関ヶ原の戦いの古戦場として有名な岐阜県不破郡の町。自治体名称の正式表記には小書きの「関ヶ原」ではなく「関ケ原」を採用している。.

新しい!!: 東海道本線と関ケ原町 · 続きを見る »

関ケ原駅

関ケ原駅(せきがはらえき)は、岐阜県不破郡関ケ原町大字関ケ原にある東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の駅である。 南荒尾信号場で分岐していた上り本線・下り本線と通称「垂井線」と呼ばれる単線が当駅で合流する。岐阜県最西端の駅である。またTOICAエリア西端でもある。.

新しい!!: 東海道本線と関ケ原駅 · 続きを見る »

関西国際空港

関西国際空港(かんさいこくさいくうこう、Kansai International Airport)は、大阪府泉佐野市・泉南郡田尻町・泉南市にまたがる会社管理空港。人工島に作られた完全24時間運用可能な海上空港で、日本を代表する国際拠点空港のひとつ。空港の運営は、大阪国際空港(伊丹空港)、神戸空港と一体的に関西エアポート株式会社が行う。.

新しい!!: 東海道本線と関西国際空港 · 続きを見る »

関西空港線

関西空港線(かんさいくうこうせん)は、大阪府泉佐野市の日根野駅から同府泉南郡田尻町の関西空港駅に至る西日本旅客鉄道(JR西日本)の鉄道路線(幹線)である。.

新しい!!: 東海道本線と関西空港線 · 続きを見る »

関西鉄道

| 関西鉄道(關西鐵道。かんさいてつどう、かんせいてつどう)は、明治時代に存在した鉄道会社。大阪府中東部・三重県・奈良県・和歌山県を中心に路線を展開した。 現在JR東海・JR西日本が保有する関西本線・草津線・片町線・紀勢本線・桜井線・和歌山線・奈良線・大阪環状線の前身である。本社は三重県四日市市にあったが後に事務所は大阪に移転した。 官営鉄道(官鉄)東海道線のルートから外れた三重県・滋賀県の旧東海道沿いの地域を東海道線と連絡する目的で開業したが、周辺鉄道会社を合併することで路線規模を広げ、名古屋 - 大阪間の独自直通ルート開設を実現した。東海道線との間で壮絶な旅客獲得競争を繰り広げたことが後世まで有名になっている(後述)。 旅客サービスや車両技術において先進的な試みを行ったことでも知られるが、この背景として、日本の鉄道技術の先駆者と言われる島安次郎が初期に技師として同社に在職していたことがあげられる。.

新しい!!: 東海道本線と関西鉄道 · 続きを見る »

関西本線

関西本線(かんさいほんせん)は、愛知県名古屋市中村区の名古屋駅から亀山駅、奈良駅を経て大阪府大阪市浪速区のJR難波駅に至る鉄道路線(幹線)である。名古屋駅 - 亀山駅間が東海旅客鉄道(JR東海)、亀山駅 - JR難波駅間が西日本旅客鉄道(JR西日本)の管轄となっている。このほか日本貨物鉄道(JR貨物)の四日市駅 - 塩浜駅間、平野駅 - 百済貨物ターミナル駅間の貨物支線を持つ。.

新しい!!: 東海道本線と関西本線 · 続きを見る »

関東大震災

関東大震災(かんとうだいしんさい)は、1923年(大正12年)9月1日11時58分32秒頃(日本時間、以下同様)に発生した関東大地震によって、南関東および隣接地で大きな被害をもたらした地震災害である。.

新しい!!: 東海道本線と関東大震災 · 続きを見る »

関東平野

関東平野のCG画像 関東平野(かんとうへいや)は、関東地方一都六県にまたがる日本で最大の平野である。広さは約1万7000km2にも及び、四国(18,297.78km2)の面積に近い。.

新しい!!: 東海道本線と関東平野 · 続きを見る »

薩た峠

薩埵峠からの富士山と駿河湾 歌川広重「東海道五十三次・由比」 東名高速道路下り線由比地区側から撮影 薩埵峠(さったとうげ)は、静岡県静岡市清水区にある峠である。東海道五十三次では由比宿と興津宿の間に位置する。埵の字がJIS第3水準のため、「薩堆峠」の表記や、かな文字で「さった峠」と表記する例がある。.

新しい!!: 東海道本線と薩た峠 · 続きを見る »

間合い運用

間合い運用(まあいうんよう)とは、主に鉄道などの交通機関における運用法の一種である。 本来は特定の路線・便のために用意された車両・機材を、遊休時間に本来の用途ではない他の路線・便へ流用することをいう。また、これによって運用される路線・便そのものを指す場合もある。車両等の待機時間を減少させ、運用を効率化させるために実施される。.

新しい!!: 東海道本線と間合い運用 · 続きを見る »

閉塞 (鉄道)

閉塞(へいそく、 block system)とは、鉄道または軌道における衝突を防ぐための信号保安システムのことである。.

新しい!!: 東海道本線と閉塞 (鉄道) · 続きを見る »

門司駅

司駅(もじえき)は、福岡県北九州市門司区中町にある、九州旅客鉄道(JR九州)の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と門司駅 · 続きを見る »

藤枝駅

藤枝駅(ふじえだえき)は、静岡県藤枝市駅前一丁目にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と藤枝駅 · 続きを見る »

藤沢駅

北口の遠景(2012年5月) 藤沢駅(ふじさわえき)は、神奈川県藤沢市藤沢および南藤沢にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・小田急電鉄・江ノ島電鉄(江ノ電)の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と藤沢駅 · 続きを見る »

蒲原駅

蒲原駅(かんばらえき)は、静岡県静岡市清水区蒲原堰沢(かんばらせぎさわ)にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と蒲原駅 · 続きを見る »

蒲田駅

西口(2016年6月) 蒲田駅(かまたえき)は、東京都大田区蒲田五丁目および西蒲田七丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・東京急行電鉄(東急)の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と蒲田駅 · 続きを見る »

蒲郡市

蒲郡市(がまごおりし)は、愛知県南東部、東三河地方にある市。現在愛知県に10域ある、国土交通省の指定する都市雇用圏の1つ、「蒲郡都市圏」の中心地である。「蒲郡競艇(BOAT RACE蒲郡)」の「ムーンライトレース」や、リゾート施設「ラグーナテンボス」のテーマパーク「ラグナシア」、「蒲郡温室みかん」の産地、また西浦温泉、三谷温泉、形原温泉、蒲郡温泉など愛知を代表する温泉街を有する都市として知られる。.

新しい!!: 東海道本線と蒲郡市 · 続きを見る »

蒲郡競艇場

ボートレース蒲郡(がまごおり)は、愛知県蒲郡市にあるボートレース場である。 通称は、BOAT RACE蒲郡(ボートレースがまごおり)。.

新しい!!: 東海道本線と蒲郡競艇場 · 続きを見る »

蒲郡駅

蒲郡駅(がまごおりえき)は、愛知県蒲郡市元町および港町にある、東海旅客鉄道(JR東海)・名古屋鉄道(名鉄)の駅である。駅番号は名古屋鉄道がGN22。.

新しい!!: 東海道本線と蒲郡駅 · 続きを見る »

蒸気機関車

蒸気機関車(じょうききかんしゃ)とは、蒸気機関を動力とする機関車のことである。 日本では Steam Locomotive の頭文字をとって、SL(エスエル)とも呼ばれる。また、蒸気機関車、または蒸気機関車が牽引する列車のことを汽車とも言う。また、明治時代には蒸気船に対して陸の上を蒸気機関で走ることから、「陸蒸気」(おかじょうき)とも呼んでいた。第二次世界大戦の頃までは「汽罐車」(きかんしゃ)という表記も用いられた(「汽罐」はボイラーの意)。.

新しい!!: 東海道本線と蒸気機関車 · 続きを見る »

肥薩おれんじ鉄道線

| 肥薩おれんじ鉄道線(ひさつおれんじてつどうせん)は、熊本県八代市の八代駅から鹿児島県薩摩川内市の川内駅に至る肥薩おれんじ鉄道の鉄道路線である。.

新しい!!: 東海道本線と肥薩おれんじ鉄道線 · 続きを見る »

肥薩線

肥薩線(ひさつせん)は、熊本県八代市の八代駅から鹿児島県霧島市の隼人駅に至る九州旅客鉄道(JR九州)の鉄道路線(地方交通線)である。八代駅 - 吉松駅間には吉都線吉松駅 - 都城駅間と合わせて「えびの高原線」の愛称が付けられている。.

新しい!!: 東海道本線と肥薩線 · 続きを見る »

膳所駅

膳所駅全景(2017年10月9日) 北口。京阪膳所駅が隣接(2017年10月9日) 膳所駅(ぜぜえき)は、滋賀県大津市馬場(ばんば)二丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)・日本貨物鉄道(JR貨物)東海道本線の駅である。駅番号はJR-A28。「琵琶湖線」の愛称区間に含まれている。.

新しい!!: 東海道本線と膳所駅 · 続きを見る »

醒井養鱒場

醒井養鱒場(さめがいようそんじょう)は、滋賀県米原市にある、県立淡水魚養殖・研究施設。滋賀県には滋賀県水産試験場が彦根市にあるが、琵琶湖漁業が(漁業法で)海の扱いとなるため、滋賀県の内水面水産試験場と位置づけてもよい。.

新しい!!: 東海道本線と醒井養鱒場 · 続きを見る »

醒ケ井駅

ホーム 雪のホーム 醒ケ井駅(さめがいえき)は、滋賀県米原市醒井にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の駅である。 会社境界駅である米原駅は西日本旅客鉄道(JR西日本)の管内に入るため、当駅が東海道本線におけるJR東海管轄駅の中で最も西になる。.

新しい!!: 東海道本線と醒ケ井駅 · 続きを見る »

野田新町駅

野田新町駅(のだしんまちえき)は、愛知県刈谷市野田新町一丁目にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の駅である。刈谷市の請願により設置された請願駅である。建設費は刈谷市が全額負担している。.

新しい!!: 東海道本線と野田新町駅 · 続きを見る »

野洲川

野洲川(やすがわ)は、滋賀県を流れる淀川水系の一級河川。琵琶湖への流入河川では最長である。近江太郎の通称がある。.

新しい!!: 東海道本線と野洲川 · 続きを見る »

野洲駅

南口 野洲駅付近 プラットホーム(右端が1番線) 野洲駅(やすえき)は、滋賀県野洲市小篠原にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)東海道本線の駅である。駅番号はJR-A21。「琵琶湖線」の愛称区間に含まれている。.

新しい!!: 東海道本線と野洲駅 · 続きを見る »

臨時駅

偕楽園駅 臨時駅(りんじえき)とは、特定の期間のみ営業する鉄道駅。.

新しい!!: 東海道本線と臨時駅 · 続きを見る »

金山駅 (愛知県)

金山駅(かなやまえき)は、愛知県名古屋市熱田区・中区にある、名古屋鉄道(名鉄)・東海旅客鉄道(JR東海)・名古屋市交通局(名古屋市営地下鉄)の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と金山駅 (愛知県) · 続きを見る »

金華山 (岐阜県)

金華山(きんかざん)は、岐阜県岐阜市にある標高329mの山。旧名稲葉山(いなばやま)。.

新しい!!: 東海道本線と金華山 (岐阜県) · 続きを見る »

金谷駅

金谷駅(かなやえき)は、静岡県島田市金谷新町にある、東海旅客鉄道(JR東海)・大井川鐵道の駅である。 JR東海の東海道本線静岡地区と、当駅を起点とする大井川鐵道の大井川本線との接続駅となっている。.

新しい!!: 東海道本線と金谷駅 · 続きを見る »

長岡京駅

長岡京駅(ながおかきょうえき)は、京都府長岡京市神足(こうたり)二丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)東海道本線の駅である。駅番号はJR-A35。「JR京都線」の愛称区間に含まれている。 かつては神足駅(こうたりえき)と名乗っていた。神足駅当時に使われていた駅名標は、現在神足公民館前に立てられている。.

新しい!!: 東海道本線と長岡京駅 · 続きを見る »

長距離列車

長距離列車(ちょうきょりれっしゃ)とは明確な定義はないものの、一般には、長距離を運行する列車のことをいう。.

新しい!!: 東海道本線と長距離列車 · 続きを見る »

長良川

長良川(ながらがわ)は、岐阜県郡上市の大日ヶ岳に源を発し、三重県を経て揖斐川と合流し、伊勢湾に注ぐ木曽川水系の一級河川である。濃尾平野を流れる木曽三川のひとつ。なお、下流の一部では愛知県にも面し、岐阜県との県境を成している。.

新しい!!: 東海道本線と長良川 · 続きを見る »

長浜駅

当駅から姫路方面へと折り返す新快速列車(2004年5月) 2006年に改築された駅舎は、初代駅舎のデザインを踏襲している。 長浜駅(ながはまえき)は、滋賀県長浜市北船町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)北陸本線の駅である。駅番号はJR-A09。.

新しい!!: 東海道本線と長浜駅 · 続きを見る »

酒匂川

酒匂川(さかわがわ)は、静岡県および神奈川県を流れる二級河川。静岡県内では鮎沢川(あゆざわがわ)と呼ばれる。.

新しい!!: 東海道本線と酒匂川 · 続きを見る »

鉄道事業者

イギリス国鉄本社(イーストンハウス) 鉄道事業者(てつどうじぎょうしゃ)あるいは鉄道会社(てつどうがいしゃ)とは、鉄道を使用して旅客輸送または貨物輸送の運営、または軌道(線路)の維持管理などをする者である。 自然人でもありうるが基本的に法人である。公企業・私企業どちらも多くあり、北アメリカ・日本では私企業の割合が多く、ヨーロッパ・アフリカなどでは公企業が多い。会社の場合は鉄道会社と呼ばれる。 車両または軌道(線路)のみを所有する場合と、両方所有する場合がある。.

新しい!!: 東海道本線と鉄道事業者 · 続きを見る »

鉄道ピクトリアル

『鉄道ピクトリアル』(てつどうピクトリアル、THE RAILWAY PICTORIAL)は、株式会社電気車研究会が発行する月刊の鉄道趣味雑誌。.

新しい!!: 東海道本線と鉄道ピクトリアル · 続きを見る »

鉄道ファン (雑誌)

『鉄道ファン』(てつどうファン、JAPAN RAILFAN MAGAZINE)は、愛知県名古屋市千種区に本社を構える交友社が発行する月刊の鉄道趣味雑誌で、同社の登録商標(第1561390号)である。2011年2月21日発売の2011年4月号で通巻600号を、2011年5月21日発売の2011年7月号で創刊50周年を迎えた。.

新しい!!: 東海道本線と鉄道ファン (雑誌) · 続きを見る »

鉄道ジャーナル

『鉄道ジャーナル』(てつどうジャーナル、Railway Journal)は、東京都千代田区に本社を置く鉄道ジャーナル社が編集・発行し、成美堂出版が発売する日本の月刊鉄道趣味雑誌のひとつである。 1967年(昭和42年)創刊。2010年1月現在の編集長は宮原正和。創刊以来、竹島紀元が編集長を務めていたが、2006年12月刊行の2007年2月号限りで竹島が高齢により編集長の座を退き、後任に宮原が据えられた。 創刊直後より鉄道ジャーナル社にて編集・発行・発売を一貫して手がけていたが、2010年1月刊行の2010年3月号(通巻521号)より発売業務を中堅出版会社の成美堂出版へ移行。雑誌コードも変更となった。 本項では発行元の株式会社鉄道ジャーナル社(てつどうジャーナルしゃ)についても記述する。.

新しい!!: 東海道本線と鉄道ジャーナル · 続きを見る »

鉄道総合技術研究所

公益財団法人鉄道総合技術研究所(てつどうそうごうぎじゅつけんきゅうしょ、)は、日本国有鉄道(国鉄)の鉄道技術研究所などから業務を引き継いで発足した研究機関で、JRグループの公益財団法人である。通称は「鉄道総研」または「JR総研」。コーポレートカラーは薄紫色。.

新しい!!: 東海道本線と鉄道総合技術研究所 · 続きを見る »

鉄道要覧

鉄道要覧(てつどうようらん).

新しい!!: 東海道本線と鉄道要覧 · 続きを見る »

鉄道駅

鉄道駅(てつどうえき、gare ferroviaire、railway station、train station)は、鉄道を構成する施設の一つで、列車への旅客の乗降、貨物の積降に使用する場所。.

新しい!!: 東海道本線と鉄道駅 · 続きを見る »

鉄道路線

鉄道路線(てつどうろせん)とは、出発地(起点)と目的地(終点)の間に敷設された鉄道の線路の区間である。広義では、列車が運行される運転系統や、愛称を付けられた区間を指す。 鉄道路線は相互に連絡し合い、三つ以上重なって迂回路を形成して網の目状になることにより、初めて鉄道網となる。.

新しい!!: 東海道本線と鉄道路線 · 続きを見る »

鉄道車両

鉄道車両(てつどうしゃりょう)は線路またはそれに準じる軌道の上を走行する車両である。.

新しい!!: 東海道本線と鉄道車両 · 続きを見る »

鉄道車両の座席

鉄道車両の座席(てつどうしゃりょうのざせき)では、鉄道車両における座席のうち、椅子を使用したものの配置や形態について扱う。 客車(広義の旅客用鉄道車両)には通常座席が備わっている。客車は座席が主に椅子からなる座席車と寝台を座席として用いる寝台車に大別されるが、寝台車についてはその形態や配置について別に扱う。ただし、座席車のうち個室車の座席についてはコンパートメント席で扱い、ここではその区分がない開放式と称される座席について述べる。.

新しい!!: 東海道本線と鉄道車両の座席 · 続きを見る »

鉄道連絡船

鉄道連絡船(てつどうれんらくせん)は、鉄道輸送において、本土・離島連絡など海洋、湖沼などの水面によって隔絶され鉄道軌道を設置することが困難である場合に、両端を連絡する目的で当該水面上に設けられた航路に就航する船である。当該航路自体をさすこともある。 広義には、鉄道会社ないしは、その関連会社が管理・運航するものを指し、狭義には、鉄道輸送と一体となって効率的な輸送を行うために、鉄道軌道を船内に設置した船舶(車載客船、車両渡船)を特に建造して鉄道車両を輸送するものをいう。世界的には、車両航送を行うものを指してtrain ferryと呼ぶことが多い。また日本では、旧国鉄が運航した航路全般を指すことが多い。過去の海難事故より、車載客船は、自動車用フェリー(カーフェリー)同様の安全装備、接客設備等が義務づけられる。 車載客船では、並行して自動車航送を行っている場合が多い。日本でも宮島連絡船が自動車航送を行っており、過去の青函連絡船、大島連絡船でも行っていた。 なお、アメリカ合衆国では、1950年代まで鉄道連絡船のことをカーフェリーと称していた。今日ではカーフェリーという言葉では日本と同じく自動車用のフェリーを指す。.

新しい!!: 東海道本線と鉄道連絡船 · 続きを見る »

鉄道院基本形客車

鉄道院基本形客車(てつどういんきほんがたきゃくしゃ)は、日本国有鉄道の前身である鉄道院が1910年から1917年にかけて製造した、鉄道国有化後最初の制式木造ボギー式客車形式群である。 なお、この名称は国鉄が定めた正式の系列呼称ではなく、1910年より製造された6810形(のちの12000形)と同様の寸法・構造で1928年の称号改正において主として10000番台の形式称号を与えられた客車群を総称する、鉄道院部内での呼称である。 6810形(後の12000形) ホハ7100.

新しい!!: 東海道本線と鉄道院基本形客車 · 続きを見る »

電車

電車(でんしゃ)とは、動力源に電力を用いる鉄道車両(電気車)のうち、それ自身に旅客や貨物を載せる設備を持つ車両の総称である。電車のうち、動力を持つ車両は電動車、動力を持たず電動車と編成を組む車両は付随車と称する。 電動機を駆動する電力は、集電装置により外部から取り込む場合と、車載の蓄電池から供給する場合の2通りがある。車上の内燃機関で発電機を稼動させ、得られた電力で電動機を駆動する車両は電気式気動車と呼ばれ「電車」には含まれない。 もともと「電車」は、自走式の「電動機付き客車(電動客車)」、および事業用車を含む「電動機付き貨車(電動貨車など)」の略称だったが、現在では一般名詞となり、各省庁をはじめ、運輸事業者や車両製造会社でも正式に用いられている。更に最近では気動車も含め、列車または鉄道に対する一般名詞として「電車」が用いられることも多くなっている。 英名については本文#「EC」と「EMU」で詳述する。中華人民共和国における中国語では、「電車(电车)」と表記した場合はトロリーバスを指すことが一般的であり、日本語の「電車」は「電力動車組(电力动车组)」、あるいは「動車組(动车组)」などと表記される。台湾では「電聯車」あるいは「電車組」と表記して、香港では「電氣化火車」と表記する。.

新しい!!: 東海道本線と電車 · 続きを見る »

電車線・列車線

電車線(でんしゃせん)・列車線(れっしゃせん)とは、日本国有鉄道(国鉄)とJR路線の複々線区間における線路区分の名称である。.

新しい!!: 東海道本線と電車線・列車線 · 続きを見る »

電車特定区間

電車特定区間(でんしゃとくていくかん)とは、 JRの旅客営業規則第78条に規定する区間である。東京附近及び大阪附近の幹線区間のうち利用者が特に多い線区・区間について、この区間内の駅を相互発着する場合、普通旅客運賃の計算において幹線区間よりも割安な対キロ賃率を適用するものと規定されている。国鉄時代は国電区間とも呼ばれていた。車両面では概ね通勤形電車が走行するエリアである(一部例外あり)。 なお電車特定区間の中心部の区間は、東日本旅客鉄道(JR東日本)東京山手線内および、西日本旅客鉄道(JR西日本)大阪環状線内(関西本線天王寺駅 - JR難波駅間・桜島線を含む)として別に指定され、それぞれの区間内各駅の相互発着については、さらに安い賃率が設定されている。 旧国鉄が1984年4月の営業規則改訂時に設定し、国鉄分割民営化以降はJR東日本・JR西日本が設定範囲を決定しているが、新路線(東北本線・京葉線の一部区間、JR東西線・おおさか東線)開業に伴う指定追加以外は基本的には変更がない。.

新しい!!: 東海道本線と電車特定区間 · 続きを見る »

電気車研究会

株式会社電気車研究会(でんきしゃけんきゅうかい)は、鉄道関係の書籍・雑誌を刊行している日本の出版社である。鉄道図書刊行会(てつどうとしょかんこうかい)の名称を併用している。 会長は元・日本テレビプロデューサーの田中知己。.

新しい!!: 東海道本線と電気車研究会 · 続きを見る »

電気機関車

EF81形電気機関車 電気機関車(でんききかんしゃ)は、電気を動力源とする機関車のこと。 EL (Electric Locomotive) や、電関(でんかん)、電機(でんき。日本国有鉄道(国鉄)での電気機関車の略称)とも呼ばれる。.

新しい!!: 東海道本線と電気機関車 · 続きを見る »

蛇窪信号場

蛇窪信号場を西大井方面から望む。横切っている高架は東急大井町線。 蛇窪信号場(へびくぼしんごうじょう)は、かつて東京都品川区にあった、日本国有鉄道東海道本線(品鶴線)と山手貨物線(大崎支線)の信号場である。電報略号は、ヘク。 現在も設備自体は以前と変わらず存在し利用されているが、大崎駅構内の扱いとなっている。正式な信号場ではないが運転上重要な設備であるため、ダイヤグラム(列車運行図表)や運転士が携帯する行路表には現在でも信号場と同様に記載されている。.

新しい!!: 東海道本線と蛇窪信号場 · 続きを見る »

通勤五方面作戦

通勤五方面作戦(つうきんごほうめんさくせん)は、首都圏における日本国有鉄道(国鉄)の通勤路線(国電)における輸送量増強を目指し、1964年(昭和39年)に1965年(昭和40年)度を初年度とする1971年(昭和46年)度までの7年間におよぶ第3次長期計画を策定したプロジェクトの総称である。略称は「五方面作戦」または、「東京五方面作戦」ともいわれる。.

新しい!!: 東海道本線と通勤五方面作戦 · 続きを見る »

通勤形車両 (鉄道)

通勤形車両(つうきんがたしゃりょう)とは、通勤・通学者を主な乗客と想定し、近距離列車のうち大量輸送に最適化された接客設備と走行性能を有する鉄道車両を指す用語である。 本来は日本国有鉄道(国鉄)・JRが定めた車両区分の一種であるが、国鉄・JR以外においても同種の用途である車両のことを通勤形車両と称する場合があり、当項目ではそれを含めて解説している。.

新しい!!: 東海道本線と通勤形車両 (鉄道) · 続きを見る »

逢坂山

逢坂山(おうさかやま)は、滋賀県大津市の西部に位置する標高325 mの山である。別名は「関山」。.

新しい!!: 東海道本線と逢坂山 · 続きを見る »

逢坂山トンネル

逢坂山トンネル(おうさかやまトンネル)は、いずれも、滋賀県(大津市)と京都府(京都市山科区)の間にある逢坂山に掘削されたトンネルである。なお、トンネル自体は滋賀県内に位置する。逢坂山には古代より逢坂関が置かれたが、京都のすぐ東方に設置され、東山道・北陸道が通過する逢坂関は交通の要衝であり、また平安時代以降、たびたび和歌に詠まれる名勝でもあった。なお、本項目では以下の3本のものについてを記載する。.

新しい!!: 東海道本線と逢坂山トンネル · 続きを見る »

逢妻川

逢妻川(あいづまがわ)は、愛知県西三河地方を流れる境川水系の二級河川。.

新しい!!: 東海道本線と逢妻川 · 続きを見る »

逢妻駅

逢妻駅(あいづまえき)は、愛知県刈谷市熊野町二丁目にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と逢妻駅 · 続きを見る »

逗子駅

逗子駅(ずしえき)は、神奈川県逗子市逗子一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・日本貨物鉄道(JR貨物)横須賀線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と逗子駅 · 続きを見る »

陸軍省

軍省(りくぐんしょう)は、日本の第二次世界大戦前の行政官庁各省の中の一つである。大日本帝国陸軍の軍政機関。主任の大臣は陸軍大臣。 陸軍大臣は国務大臣として親任官であり、現役の陸軍中将・陸軍大将が補された。 予備役の陸軍中将・陸軍大将が陸軍大臣に補されることが可能な時期があった。 1903年(明治36年)以降、1945年(昭和20年) に至るまでの主な附属官庁に航空本部・技術本部・兵器廠・造兵廠・科学研究所・被服廠・糧秣廠などがあり、内局に、大臣官房・人事局・軍務局・整備局・兵器局・経理局・医務局・法務局があった。.

新しい!!: 東海道本線と陸軍省 · 続きを見る »

HEP

HEP FIVEとHEP NAVIO(2014年9月) HEP(ヘップ)とは、大阪市北区角田町にある複合商業施設である。「HEP FIVE」(ヘップファイブ)、「HEP NAVIO」(ヘップナビオ)から構成される。.

新しい!!: 東海道本線とHEP · 続きを見る »

ICカード

ICカード(アイシーカード、; )とは、情報(データ)の記録や演算をするために集積回路 を組み込んだカードのことである。国際的にはスマートカード やチップカード とも呼ばれ、日本では、特に演算処理機能を持つものをスマートカードと呼ぶ。 カード内にRAMやROM、EEPROMといった半導体メモリを組み込むことにより、情報量が従来の磁気ストライプカードと比べて数十倍から数千倍になる。さらに、CPUやコプロセッサなどを内蔵することで、カード内部で情報処理が可能になるという特徴がある。.

新しい!!: 東海道本線とICカード · 続きを見る »

ICOCA

ICOCA(イコカ)は、西日本旅客鉄道(JR西日本)が発行し、JR西日本及びその他取扱事業者で発売されるサイバネ規格のICカード乗車券である。.

新しい!!: 東海道本線とICOCA · 続きを見る »

JR

JRグループ共通ロゴ(JRマーク) JR(、Japan Railways)は、日本国有鉄道(国鉄)の分割民営化により発足した、北海道旅客鉄道・東日本旅客鉄道・東海旅客鉄道・西日本旅客鉄道・四国旅客鉄道・九州旅客鉄道・日本貨物鉄道、以上の鉄道事業者を中心とした企業群の総称である。また、企業群における個別の会社に対する略称・通称(例:「JR東日本」)としても用いられる。 1987年(昭和62年)4月1日に、国鉄から地域または分野別に事業を継承した12(その後、合併等によって数は変化している)の法人で構成されている。 国鉄の英文字略称が「JNR (Japanese National Railways)」であったことから、「国有」を表すNを除いて「JR」とした、と説明されることもあるが、実際には「NR」(Nは日本.

新しい!!: 東海道本線とJR · 続きを見る »

JR京都線

JR京都線(ジェイアールきょうとせん)は、西日本旅客鉄道(JR西日本)東海道本線のうち、京都府京都市下京区の京都駅から大阪府大阪市北区の大阪駅までの区間に付けられた愛称である。 この愛称は1988年3月13日から使用されている。ほぼ全区間で阪急電鉄の京都線とも呼ばれる京都本線と並行し、近畿日本鉄道にも京都線があり、それぞれ大阪駅(梅田駅)、京都駅で接続しているため、それらと区別するために「JR」と付けている。.

新しい!!: 東海道本線とJR京都線 · 続きを見る »

JRセントラルタワーズ

JRセントラルタワーズ(ジェイアール セントラルタワーズ、英称:JR Central Towers)は、愛知県名古屋市中村区のJR名古屋駅に併設されている複合施設(駅ビル)である。.

新しい!!: 東海道本線とJRセントラルタワーズ · 続きを見る »

JR神戸線

*.

新しい!!: 東海道本線とJR神戸線 · 続きを見る »

JR総持寺駅

JR総持寺駅(ジェイアールそうじじえき)は、大阪府茨木市庄一丁目にある西日本旅客鉄道(JR西日本)東海道本線の駅である。「JR京都線」の愛称区間に含まれている。駅番号はJR-A40。.

新しい!!: 東海道本線とJR総持寺駅 · 続きを見る »

JR西日本221系電車

221系電車(221けいでんしゃ)は、1989年(平成元年)に登場した西日本旅客鉄道(JR西日本)の直流近郊形電車である。同社によって初めて新規に設計・製造された系列である。.

新しい!!: 東海道本線とJR西日本221系電車 · 続きを見る »

JR西日本223系電車

223系電車(223けいでんしゃ)は、西日本旅客鉄道(JR西日本)の直流近郊形電車である。 本項では、本系列と213系で構成される同社の在来線技術試験車「U@tech」と、本系列と類似の車体を持つ鉄道総合技術研究所(鉄道総研)の「R291形試験電車」についても記述する。.

新しい!!: 東海道本線とJR西日本223系電車 · 続きを見る »

JR西日本225系電車

225系電車(225けいでんしゃ)は、西日本旅客鉄道(JR西日本)の直流近郊形電車である。.

新しい!!: 東海道本線とJR西日本225系電車 · 続きを見る »

JR西日本281系電車

281系電車(281けいでんしゃ)は、西日本旅客鉄道(JR西日本)の直流特急形車両。.

新しい!!: 東海道本線とJR西日本281系電車 · 続きを見る »

JR西日本283系電車

ーシャンアローのシンボルマーク 283系電車(283けいでんしゃ)は、西日本旅客鉄道(JR西日本)の直流特急形車両である。.

新しい!!: 東海道本線とJR西日本283系電車 · 続きを見る »

JR西日本285系電車

285系電車(285けいでんしゃ)は、西日本旅客鉄道(JR西日本)および東海旅客鉄道(JR東海)の特急形直流寝台電車である。.

新しい!!: 東海道本線とJR西日本285系電車 · 続きを見る »

JR西日本287系電車

287系電車(287けいでんしゃ)は、西日本旅客鉄道(JR西日本)の直流特急形車両である。.

新しい!!: 東海道本線とJR西日本287系電車 · 続きを見る »

JR西日本681系電車

681系電車(681けいでんしゃ)は、西日本旅客鉄道(JR西日本)が導入した交直両用特急形車両である。先行試作車は1992年に、量産車は1995年に登場した。1997年には北越急行でも導入され、2015年まで運用しJR西日本へ売却された。.

新しい!!: 東海道本線とJR西日本681系電車 · 続きを見る »

JR西日本683系電車

683系電車(683けいでんしゃ)は、2001年に登場した西日本旅客鉄道(JR西日本)の交直両用特急形車両である。北越急行でも2005年に導入し、2015年まで運用されJR西日本へ譲渡された。 本項では、683系を改造・形式変更した直流専用特急形車両である289系電車(289けいでんしゃ)についても記述する。.

新しい!!: 東海道本線とJR西日本683系電車 · 続きを見る »

JR西日本キハ189系気動車

ハ189系気動車(キハ189けいきどうしゃ)は、西日本旅客鉄道(JR西日本)の特急形気動車である。.

新しい!!: 東海道本線とJR西日本キハ189系気動車 · 続きを見る »

JR貨物EF200形電気機関車

EF200形電気機関車(EF200がたでんききかんしゃ)は、日本貨物鉄道(JR貨物)が1990年(平成2年)から製作した直流電気機関車である。.

新しい!!: 東海道本線とJR貨物EF200形電気機関車 · 続きを見る »

JR貨物EF210形電気機関車

EF210形電気機関車(EF210がたでんききかんしゃ)は、日本貨物鉄道(JR貨物)が1996年(平成8年)から製造する平坦路線向け直流電気機関車である。.

新しい!!: 東海道本線とJR貨物EF210形電気機関車 · 続きを見る »

JR貨物EF510形電気機関車

EF510形電気機関車(EF510がたでんききかんしゃ)とは、日本貨物鉄道(JR貨物)が2002年(平成14年)から製作している交直流電気機関車である。 東日本旅客鉄道(JR東日本)で2009年(平成21年)から2016年(平成28年)まで運用されたEF510形500番台についても、本項で述べる。.

新しい!!: 東海道本線とJR貨物EF510形電気機関車 · 続きを見る »

JR貨物M250系電車

M250系電車(M250けいでんしゃ)は、2002年に登場した、日本貨物鉄道(JR貨物)の貨物電車である。 モーダルシフトの推進を目的として製造された車両で、JR貨物としては初となる動力分散方式の車両となり、「スーパーレールカーゴ」 (SUPER RAIL CARGO) という愛称が設定されている。2004年にはエコプロダクツ大賞推進協議会より「エコプロダクツ大賞エコサービス部門国土交通大臣賞」を、2005年には鉄道友の会より貨物専用形式としては初となる「ブルーリボン賞」を受賞した。.

新しい!!: 東海道本線とJR貨物M250系電車 · 続きを見る »

JR東西線

JR東西線(ジェイアールとうざいせん)は、大阪府大阪市城東区の京橋駅から兵庫県尼崎市の尼崎駅に至る鉄道路線である。第三種鉄道事業者の関西高速鉄道が線路などの鉄道施設を保有し、第二種鉄道事業者の西日本旅客鉄道(JR西日本)が旅客運送を行っている(幹線)。.

新しい!!: 東海道本線とJR東西線 · 続きを見る »

JR東海311系電車

311系電車(311けいでんしゃ)は、東海旅客鉄道(JR東海)の直流近郊形電車。同社の新快速用車両として1989年から翌1990年にかけて製造された。.

新しい!!: 東海道本線とJR東海311系電車 · 続きを見る »

JR東海313系電車

313系電車(313けいでんしゃ)は、東海旅客鉄道(JR東海)の直流近郊形電車。.

新しい!!: 東海道本線とJR東海313系電車 · 続きを見る »

JR東海371系電車

371系電車(371けいでんしゃ)は、かつて東海旅客鉄道(JR東海)で運用されていた特急形直流電車である。 御殿場線と小田急電鉄小田原線を相互直通運転するために登場した車両で、JR東海となってから初めて新造された在来線用特急形電車である。7両固定編成×1編成のみが製造され、当時の通商産業省より1991年度グッドデザイン商品に選定された。 登場以来、同時期に登場した小田急20000形「RSE」とともに特急「あさぎり」に運用された他、静岡地区の「ホームライナー」でも運用されていた『鉄道ジャーナル』通巻521号 p.43が、2012年(平成24年)3月17日のダイヤ改正をもって「あさぎり」と「ホームライナー」の定期運用から外れた。以後は臨時列車として運用されていたが、2014年(平成26年)11月30日をもって営業運行を終了し、2015年3月20日付で車籍が抹消され、廃系列となった。 本項では以下、日本国有鉄道は「国鉄」、東海旅客鉄道は「JR東海」、小田急電鉄は「小田急」、小田急3000形は「SE車」、小田急20000形は「RSE車」、小田急60000形は「MSE車」と表記する。.

新しい!!: 東海道本線とJR東海371系電車 · 続きを見る »

JR東海373系電車

373系電車(373けいでんしゃ)は、1995年に登場した東海旅客鉄道(JR東海)の直流特急形電車である。.

新しい!!: 東海道本線とJR東海373系電車 · 続きを見る »

JR東海383系電車

383系電車(383けいでんしゃ)は、1994年(平成6年)に登場した東海旅客鉄道(JR東海)の直流特急形車両。.

新しい!!: 東海道本線とJR東海383系電車 · 続きを見る »

JR東海キハ25形気動車

ハ25形気動車(キハ25がたきどうしゃ)は、東海旅客鉄道(JR東海)が保有する一般形気動車である。.

新しい!!: 東海道本線とJR東海キハ25形気動車 · 続きを見る »

JR東海キハ75形気動車

ハ75形気動車(キハ75がたきどうしゃ)は、東海旅客鉄道(JR東海)の一般形気動車。.

新しい!!: 東海道本線とJR東海キハ75形気動車 · 続きを見る »

JR東海キハ85系気動車

貫通型のキハ85形1100番台(2009年8月12日 / 西富山駅 - 婦中鵜坂駅) キハ85系気動車(キハ85けいきどうしゃ)は、東海旅客鉄道(JR東海)の特急形気動車。JR東海発足後の新形式第1号であり、そしてJR東海運行の特急列車に掲げる「ワイドビュー」を最初に冠した車両でもある。.

新しい!!: 東海道本線とJR東海キハ85系気動車 · 続きを見る »

JR東日本215系電車

215系電車(215けいでんしゃ)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)の直流近郊形電車。1992年(平成4年)から1993年(平成5年)にかけて10両編成4本(40両)が製造された。車体デザインはトランスポーテーションデザイン機構 (TDO) の手銭正道と戸谷毅史が手掛けた。.

新しい!!: 東海道本線とJR東日本215系電車 · 続きを見る »

JR東日本251系電車

251系電車(251けいでんしゃ)は東日本旅客鉄道(JR東日本)の直流特急形車両。特急「スーパービュー踊り子」を中心に運用されている。1990年(平成2年)4月28日に営業運転を開始した。.

新しい!!: 東海道本線とJR東日本251系電車 · 続きを見る »

JR東日本253系電車

253系電車(253けいでんしゃ)は、1991年(平成3年)3月19日に営業運転を開始した東日本旅客鉄道(JR東日本)の直流特急形車両。.

新しい!!: 東海道本線とJR東日本253系電車 · 続きを見る »

JR東日本651系電車

651系電車(651けいでんしゃ)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)の交流直流両用特急形電車である。 1990年(平成2年)、第33回鉄道友の会ブルーリボン賞受賞。.

新しい!!: 東海道本線とJR東日本651系電車 · 続きを見る »

JR東日本E217系電車

E217系電車(E217けいでんしゃ)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)の直流近郊形電車交友社「鉄道ファン」1994年12月号新車ガイド「JR東日本E217系近郊形直流電車」44-47頁記事。。.

新しい!!: 東海道本線とJR東日本E217系電車 · 続きを見る »

JR東日本E231系電車

E231系電車(E231けいでんしゃ)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)の直流一般形電車。.

新しい!!: 東海道本線とJR東日本E231系電車 · 続きを見る »

JR東日本E233系電車

E233系電車(E233けいでんしゃ)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)の直流一般形電車交友社「鉄道ファン」2007年3月号新車ガイド「JR東日本E233系一般形直流電車」8-12頁記事。。 2007年鉄道友の会ローレル賞受賞車。.

新しい!!: 東海道本線とJR東日本E233系電車 · 続きを見る »

JR東日本E257系電車

E257系電車(E257けいでんしゃ)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)の直流特急形電車である。.

新しい!!: 東海道本線とJR東日本E257系電車 · 続きを見る »

JR東日本E259系電車

E259系電車(E259けいでんしゃ)は東日本旅客鉄道(JR東日本)の直流特急形電車。2009年(平成21年)10月1日に特急「成田エクスプレス」での営業運転を開始した。 2010年(平成22年、第53回)鉄道友の会ブルーリボン賞、第11回ブルネル賞受賞車両。.

新しい!!: 東海道本線とJR東日本E259系電車 · 続きを見る »

JR東日本E351系電車

E351系電車(E351けいでんしゃ)はかつて東日本旅客鉄道(JR東日本)に在籍した直流特急形車両である。特急「スーパーあずさ」を中心に運用された。1993年(平成5年)12月23日に営業運転を開始し、2018年(平成30年)3月16日をもって「スーパーあずさ」の定期運用を終了した後、同年4月7日のラストランをもって全車両が引退した。 この形式からJR東日本の新幹線を含む新製車両には形式称号に「E」を冠することになった。ちなみに「E」とは「EAST」の「E」であり、JR東日本所属車両を意味する。1994年通商産業省(現・経済産業省)グッドデザイン商品(現・日本産業デザイン振興会グッドデザイン賞)に選定された。.

新しい!!: 東海道本線とJR東日本E351系電車 · 続きを見る »

JR東日本E657系電車

E657系電車(E657けいでんしゃ)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)の交直流特急形車両。2012年(平成24年)3月に営業運転を開始した。.

新しい!!: 東海道本線とJR東日本E657系電車 · 続きを見る »

JTB

JR北海道) 株式会社JTB(JTB Corporation)は、日本の旅行会社で、JTBグループを統括する持株会社である。本社は東京都品川区にある。.

新しい!!: 東海道本線とJTB · 続きを見る »

Suica

Suica(スイカ)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)・東京モノレール・東京臨海高速鉄道等で導入されている共通乗車カード・電子マネーで、JR東日本の登録商標である。日本鉄道サイバネティクス協議会が策定したサイバネ規格に準拠しており非接触型ICカードシステムにはFeliCaの技術が用いられている。 PASMO・Kitaca・TOICA・manaca・ICOCA・PiTaPa・SUGOCA・nimoca・はやかけんとは乗車券機能の相互利用が可能福祉割引用icsca、割引用manaca、障がい者用nimoca、割引用はやかけんは相互利用・片利用の対象外となっている。。このうちPiTaPaを除く8種類とは電子マネー機能の相互利用も可能である。.

新しい!!: 東海道本線とSuica · 続きを見る »

TOICA

TOICA(トイカ)は、東海旅客鉄道(JR東海)が提供する在来線のIC乗車券サービスの総称である。「TOkai Ic CArd」(東海ICカード)の頭文字から命名され、2006年7月28日に同社によって商標登録されている。 2006年11月25日に名古屋地区で初めて導入され、2008年4月8日に50万枚を突破し、2010年10月8日に100万枚を突破した- JR東海ニュースリリース 2010年10月12日付。2012年3月末現在は約132万枚に達している。.

新しい!!: 東海道本線とTOICA · 続きを見る »

柏原駅 (滋賀県)

柏原駅(かしわばらえき)は、滋賀県米原市柏原にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の駅である。 岐阜県境とは1kmほどしかなく、滋賀県の駅としては最東端に位置する。.

新しい!!: 東海道本線と柏原駅 (滋賀県) · 続きを見る »

柏尾川

柏尾川(かしおがわ)は、神奈川県南部を流れる二級河川。境川の支流である。戸部川とも呼ばれる。全長は戸塚区柏尾町から藤沢市川名で境川と合流するまでの約11km、流域面積は約84km2。.

新しい!!: 東海道本線と柏尾川 · 続きを見る »

架空電車線方式

架空電車線方式 (かくうでんしゃせんほうしき、がくうでんしゃせんほうしき)とは、電気鉄道の集電方式のひとつである。車両が通る空間の上部に架線を張り、ここからパンタグラフなどの集電装置によって集電する方式である。架線集電方式ともいい、架線はトロリ線、電車線などと呼ばれる。 トロリーバスは架空電車線方式、鉄道では架空電車線方式と第三軌条方式がほとんどであり、新交通システムも第三軌条方式からの発展形である。.

新しい!!: 東海道本線と架空電車線方式 · 続きを見る »

枇杷島駅

駅構内。左がTKJ線ホーム、右がJR線ホーム 城北線のキハ11-201(2005年10月撮影) 枇杷島駅(びわじまえき)は、愛知県清須市西枇杷島町七畝割(ななせわり)にある、東海旅客鉄道(JR東海)・東海交通事業(TKJ)の駅である。 JR東海の東海道本線とTKJの城北線が乗り入れる接続駅となっており、後者は当駅が終点である。.

新しい!!: 東海道本線と枇杷島駅 · 続きを見る »

掛川城

天守及び太鼓櫓 掛川城(かけがわじょう)は、遠江国佐野郡掛川(現在の静岡県掛川市掛川)にあった日本の城である。.

新しい!!: 東海道本線と掛川城 · 続きを見る »

掛川駅

掛川駅(かけがわえき)は、静岡県掛川市南一丁目および南西郷にある東海旅客鉄道(JR東海)・天竜浜名湖鉄道の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と掛川駅 · 続きを見る »

揖斐川

揖斐川(手前)・木曽川(奥)河口空撮 揖斐川(いびがわ)は、岐阜県、三重県を流れる木曽川水系の一級河川。いわゆる木曽三川のひとつである。.

新しい!!: 東海道本線と揖斐川 · 続きを見る »

来宮駅

来宮駅(きのみやえき)は、静岡県熱海市福道町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)伊東線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と来宮駅 · 続きを見る »

東名高速道路

東名高速道路(とうめいこうそくどうろ、TOMEI EXPWY)は、東京都世田谷区の東京インターチェンジ (IC) から、神奈川県・静岡県を経由し、愛知県小牧市の小牧ICへ至る高速道路(高速自動車国道)である。通称東名高速(とうめいこうそく、TOMEI EXP)、東名(とうめい)、新東名高速道路と特に区別する場合には旧東名・現東名など。NEXCO中日本の公式的呼称は東名と現東名。法令上の正式な路線名は第一東海自動車道である。また、アジアハイウェイ1号線「AH1」の一部である。高速道路ナンバリングによる路線番号は名神高速道路とともに 「E1」 が割り振られている。.

新しい!!: 東海道本線と東名高速道路 · 続きを見る »

東大垣駅

構内(2005年5月11日撮影) 東大垣駅(ひがしおおがきえき)は、岐阜県大垣市和合本町1丁目にある樽見鉄道樽見線の駅。大垣駅から当駅附近までJR東海道本線が並走する。.

新しい!!: 東海道本線と東大垣駅 · 続きを見る »

東岡崎駅

東岡崎駅(ひがしおかざきえき)は、愛知県岡崎市明大寺本町四丁目にある名古屋鉄道名古屋本線の駅である。駅番号はNH13。manacaの利用が可能である。若年世代を中心に「ひがおか」と略されることがある。.

新しい!!: 東海道本線と東岡崎駅 · 続きを見る »

東三河

東三河(ひがしみかわ)とは、愛知県の東部を指す。豊川流域および渥美半島で、遠州灘に面する地域である。地方中心地は豊橋市。.

新しい!!: 東海道本線と東三河 · 続きを見る »

東京山手線内

東京山手線内(とうきょうやまのてせんない)とは、JRの旅客営業規則第78条第1項第1号に規定する区間であり、この区間を発着する場合は運賃計算などに関する特例が適用される。 運転系統としての山手線(線路名称ならば山手線品川駅 - 田端駅間、東北本線東京駅 - 田端駅間、東海道本線東京駅 - 品川駅間)およびその内側にある中央本線神田駅 - 代々木駅間・総武本線秋葉原駅 - 御茶ノ水駅間の各駅(運転系統としての中央線快速東京駅 - 新宿駅間、中央・総武緩行線秋葉原駅 - 新宿駅間)を指す。これらの駅の駅名標には「山」(山)の記号が付いている。.

新しい!!: 東海道本線と東京山手線内 · 続きを見る »

東京市場駅

東京市場駅(とうきょうしじょうえき)は、東京都中央区築地にあった日本国有鉄道(国鉄)の貨物駅。汐留駅から分岐していた東海道本線の貨物支線の終点だった。電報略号はトシ。.

新しい!!: 東海道本線と東京市場駅 · 続きを見る »

東京圏輸送管理システム

東京圏輸送管理システム(とうきょうけんゆそうかんりシステム、通称ATOS(アトス、エイトス):Autonomous decentralized Transport Operation control System)とは、東日本旅客鉄道(JR東日本)が首都圏各線に導入している列車運行に関する情報の管理および機器の制御を行うコンピュータシステムである。自律分散型列車運行管理システムとも呼ばれる。 列車の運行管理や旅客案内を総合的に管理する列車運行管理システム (PTC) の一種であり、現在日本国内で運用されているものの中で最も規模が大きい。 日立製作所との共同開発により1996年に中央本線の東京駅 - 甲府駅間に初めて導入され、2017年現在、首都圏の24線区に導入済みである。.

新しい!!: 東海道本線と東京圏輸送管理システム · 続きを見る »

東京地下鉄

東京地下鉄株式会社(とうきょうちかてつ、)は、東京都の特別区(東京23区)およびその付近 で地下鉄を経営する鉄道事業者である。愛称は東京メトロ。東京の地下鉄路線のうち、銀座線などの9路線を運営している。.

新しい!!: 東海道本線と東京地下鉄 · 続きを見る »

東京モノレール羽田空港線

東京モノレール羽田空港線(とうきょうモノレールはねだくうこうせん)は、東京都港区のモノレール浜松町駅から大田区の羽田空港第2ビル駅までを結ぶ東京モノレールのモノレール路線である。路線名には社名を冠す。駅ナンバリングで使われる路線記号はMO。旧称・東京モノレール羽田線。単に「東京モノレール」、「東京モノレール線」と呼ばれることが多い。.

新しい!!: 東海道本線と東京モノレール羽田空港線 · 続きを見る »

東京総合車両センター

東京総合車両センター(とうきょうそうごうしゃりょうセンター)は、東京都品川区広町2丁目にある東日本旅客鉄道(JR東日本)の車両基地・車両工場である。同社東京支社の管轄。車両基地の山手電車区と車両工場の大井工場が合併して発足した。.

新しい!!: 東海道本線と東京総合車両センター · 続きを見る »

東京駅

東京駅全景(2012年9月30日) 東京駅夜景(2012年10月4日) 東京駅(とうきょうえき)は、東京都千代田区丸の内一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・東海旅客鉄道(JR東海)・東京地下鉄(東京メトロ)の駅である。 ※以下、JR東日本とJR東海を総称する場合は「JR」と表記する。.

新しい!!: 東海道本線と東京駅 · 続きを見る »

東京貨物ターミナル駅

東京貨物ターミナル駅(とうきょうかもつターミナルえき)は、東京都品川区八潮3丁目3-22にある日本貨物鉄道(JR貨物)・東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅。一部の貨車の常駐駅に指定されており、「東タミ」が貨車に記されている。旅客列車の設定はないがJR東日本の旅客駅の扱いとなっている。 東海道本線を中心に日本各地からの貨物列車が多く発着し、隅田川駅と並ぶ東京の二大貨物駅であり、また、日本の貨物駅としては最大の面積を持つ駅である。.

新しい!!: 東海道本線と東京貨物ターミナル駅 · 続きを見る »

東京都

東京都シンボルマーク。1989年(平成元年)に旧東京市の成立100周年を記念して同年6月1日に制定。「東京都の頭文字の「T」を中央に秘めている『都政 2012』東京都生活文化局広報広聴部広報課 編集・発行、2012年3月発行。東京都が作成した、240ページほどの冊子。」と解説されている。(都の木はイチョウではあるが)イチョウの葉の形を象ったわけではない、という。 東京都(とうきょうと)は、日本の首都事実上の首都。詳細後述であり、関東地方に位置する東京都区部(東京23区)、多摩地域(市部、西多摩郡)、島嶼部(大島支庁・三宅支庁・八丈支庁・小笠原支庁)を管轄する広域地方公共団体(都道府県)の一つである。都庁所在地は新宿区(東京と表記する場合もある)。 都公認の英語の表記はTokyo Metropolis (Tokyo Met.) 。他にはTokyo PrefectureとTokyo Metropolitan Prefectureがある。.

新しい!!: 東海道本線と東京都 · 続きを見る »

東京都区部

東京都区部(とうきょうとくぶ)は、東京都の23の特別区から構成される地域。三権の最高機関である行政府・立法府・司法府の中枢機能は千代田区に、23特別区を多摩地域・島嶼部と合わせて統括する都庁は新宿区に置かれている。また、都民生活の実質的な中心は足立区にある。日本最大の都市。東京都区部を中心とした東京大都市圏は3700万人以上を有する世界最大の都市圏である。 1943年(昭和18年)6月までは市制を敷き東京府にある東京市であったが、同府・市が都制に移行したことで東京市とはいえなくなり、主にこのように呼称されることとなった。東京23区または東京特別区とも呼ばれる。.

新しい!!: 東海道本線と東京都区部 · 続きを見る »

東京急行電鉄

東京急行電鉄株式会社(とうきょうきゅうこうでんてつ、TOKYU CORPORATION)は、東京都南西部から神奈川県東部に路線を展開して鉄軌道事業などを行う日本の会社である。略称は東急(とうきゅう)。 かつては公式通称を「東京急行」としていたが、2006年(平成18年)1月1日より「東急電鉄」に変更した同じく関東の大手私鉄京浜急行電鉄(略称:京急)も、かつて公式通称は「京浜急行」だったが、現在は「京急電鉄」となっている。。それに伴い駅掲出のポスター・チラシ類、公式サイトやパスネットなどにおいて略称表記を順次「東急電鉄」に変更している。かつては、英語略称として、T.K.K (Tokyo Kyuko Kabushikigaisha) を使用していた時代もあった。 渋沢栄一が創設した田園都市株式会社が母体企業である。.

新しい!!: 東海道本線と東京急行電鉄 · 続きを見る »

東北本線

東北本線(とうほくほんせん)は、東京都千代田区の東京駅から岩手県盛岡市の盛岡駅を結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線(幹線)である。 首都圏における日暮里駅 - 田端駅 - 赤羽駅間(電車線、山手線・京浜東北線が走る区間)、日暮里駅 - 尾久駅 - 赤羽駅間(中・長距離列車線、本来の東北本線の列車が走る区間)、赤羽駅 - 武蔵浦和駅 - 大宮駅間(埼京線の一部)、仙台近郊における長町駅 - 東仙台駅間(通称宮城野貨物線)、岩切駅 - 利府駅間(通称利府線)、また東北新幹線も東北本線の一部区間であり、これらの正式な線路名称は東北本線である『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』1998年(JTB発行)。なお、2015年に開業した松島駅 - 仙石線高城町駅間の連絡線(仙石線・東北本線接続線)も同様に東北本線の一部区間として扱われている。 東北本線の線路名称上の起点は東京駅であり、同駅は1991年以来東北新幹線の起点ともなっているが、旅客案内上や時刻表などで「東北本線」と呼ばれている中・長距離旅客列車は長年にわたり、東京都台東区の上野駅を起点として運行されていた(東北本線の起点を参照)。また1968年9月30日まで大宮駅 - 赤羽駅間は国電(京浜東北線)と列車が同じ線路を共用していたが、翌10月1日に電車線と列車線に分離が行われ現在の別系統での運転が完成した。東京駅 - 上野駅間の列車線は東北新幹線東京駅延伸による用地確保のため1973年に廃止され、それ以降は電車線を走行する東京近郊の近距離電車(運転系統としての中央線・山手線・京浜東北線)のみとなっていたが、廃止から42年後の2015年より同区間の列車線が再び敷設され上野東京ラインとして東海道線(東海道本線)との相互直通運転が開始された。 以降、本項目では在来線としての東北本線について記す。新幹線については「東北新幹線」などの新幹線路線記事を、また東京駅 - 黒磯駅間については「宇都宮線」も参照。.

新しい!!: 東海道本線と東北本線 · 続きを見る »

東北新幹線

東北新幹線(とうほくしんかんせん)は、東京駅から新青森駅を結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)の高速鉄道路線(新幹線)およびその列車である。.

新しい!!: 東海道本線と東北新幹線 · 続きを見る »

東レ

東レ大阪本社が入る中之島三井ビルディング(大阪市北区) 岡崎工場(愛知県岡崎市矢作町) 東レ株式会社(とうレ、英称:Toray Industries, Inc.)は、東京都中央区日本橋室町に本社、大阪府大阪市北区中之島に大阪本社を置く、合成繊維・合成樹脂をはじめとする化学製品や情報関連素材を取り扱う大手化学企業。 三井グループの中核企業の一つとしてその名を知られており、コーポレート・スローガンは、「Innovation by Chemistry」(化学による革新と創造)。社名にあるレは化学繊維のレーヨンを意味する(旧社名:東洋レーヨン)が、同社は現在、レーヨンの生産は行っていない。.

新しい!!: 東海道本線と東レ · 続きを見る »

東刈谷駅

東刈谷駅(ひがしかりやえき)は、愛知県刈谷市東刈谷町一丁目にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の駅である。 駅そのものは刈谷市域だが、駅北口は安城市の市境に近い。さらに、北へ約500m行くと知立市に入り、駅はこの3市の利用の範囲となる。.

新しい!!: 東海道本線と東刈谷駅 · 続きを見る »

東神奈川駅

西口(2015年7月) 東神奈川駅(ひがしかながわえき)は、神奈川県横浜市神奈川区東神奈川一丁目にある東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と東神奈川駅 · 続きを見る »

東田子の浦駅

東田子の浦駅(ひがしたごのうらえき)は、静岡県富士市中柏原新田(しんでん)にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線(静岡地区)の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と東田子の浦駅 · 続きを見る »

東静岡駅

改札口 東静岡駅(ひがししずおかえき)は、静岡県静岡市駿河区東静岡二丁目にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の駅である。 東海道線に並行してすぐ脇を東海道新幹線が通過する。また、駅の傍らに東海道新幹線の柚木留置線及び柚木保守基地、西方に静岡車両区がある。.

新しい!!: 東海道本線と東静岡駅 · 続きを見る »

東高島駅

東高島駅(ひがしたかしまえき)は、神奈川県横浜市神奈川区星野町4にある日本貨物鉄道(JR貨物)の貨物駅。東海道本線貨物支線(通称高島線)上にある。現在は、車扱貨物の臨時取扱駅となっており、貨物列車の発着はなくなっている。かつて当駅の東側に存在しており、当駅に統合されて廃止となった千若信号場(ちわかしんごうじょう)についても説明する。.

新しい!!: 東海道本線と東高島駅 · 続きを見る »

東近江市

延命公園から望む東近江市街 東近江市(ひがしおうみし)は、滋賀県の東部にある市である。愛知川に沿って鈴鹿山脈から琵琶湖岸まで東西に長い市域を持つ。市名は旧国名に由来。.

新しい!!: 東海道本線と東近江市 · 続きを見る »

東横浜駅

東横浜駅(ひがしよこはまえき)は、かつて神奈川県横浜市西区桜木町1丁目にあった日本国有鉄道(国鉄)の貨物駅である。東海道本線貨物支線(通称、高島線)の駅であった。.

新しい!!: 東海道本線と東横浜駅 · 続きを見る »

東淀川駅

東淀川駅(ひがしよどがわえき)は、大阪府大阪市淀川区宮原二丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)東海道本線の駅である。駅番号はJR-A45。「JR京都線」の愛称区間に含まれている。.

新しい!!: 東海道本線と東淀川駅 · 続きを見る »

東戸塚駅

東戸塚駅(ひがしとつかえき)は、神奈川県横浜市戸塚区品濃町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅である。。.

新しい!!: 東海道本線と東戸塚駅 · 続きを見る »

東海 (列車)

東海(とうかい)とは、かつて日本国有鉄道(国鉄)が、分割民営化後は東海旅客鉄道(JR東海)および東日本旅客鉄道(JR東日本)が、東海道本線で運転していた準急・急行・特別急行列車である。 本項では、東京駅 - 名古屋駅間を結んでいた優等列車の沿革についても記述する。.

新しい!!: 東海道本線と東海 (列車) · 続きを見る »

東海交通事業城北線

| 城北線(じょうほくせん)は、愛知県春日井市の勝川駅から愛知県清須市の枇杷島駅に至る東海交通事業の鉄道路線である。.

新しい!!: 東海道本線と東海交通事業城北線 · 続きを見る »

東海北陸自動車道

東海北陸自動車道(とうかいほくりくじどうしゃどう、TOKAI-HOKURIKU EXPRESSWAY)は、起点の愛知県一宮市から岐阜県を経由して富山県砺波市へ至る、中部地方(東海地方と北陸地方)を縦断する高速道路(高速自動車国道)である。通称東海北陸道(とうかいほくりくどう、TOKAI-HOKURIKU EXPWY)。高速道路ナンバリングでは能越自動車道と共に「E41」が割り振られているほか、白鳥インターチェンジ (IC) - 飛騨清見IC間は中部縦貫自動車道と重複するため、合わせて「E67」も付番されている。.

新しい!!: 東海道本線と東海北陸自動車道 · 続きを見る »

東海総合指令所

東海総合指令所(とうかいそうごうしれいじょ)は、愛知県名古屋市にある東海旅客鉄道(JR東海)東海鉄道事業本部が管轄する在来線を管理する運転指令所である。名古屋圏運行管理システム (NOA) を導入している。.

新しい!!: 東海道本線と東海総合指令所 · 続きを見る »

東海道

東海道(とうかいどう、うみつみち)は、五畿七道の一つ。本州太平洋側の中部の行政区分、および同所を通る幹線道路(古代から近世)を指す。.

新しい!!: 東海道本線と東海道 · 続きを見る »

東海道・山陽新幹線

東海道・山陽新幹線歴代車両 東海道・山陽新幹線(とうかいどう・さんようしんかんせん) とは、新幹線 東京駅 - 博多駅間の通称である。.

新しい!!: 東海道本線と東海道・山陽新幹線 · 続きを見る »

東海道線 (名古屋地区)

東海道線 (名古屋地区) 本項目では、東海旅客鉄道(JR東海)が管轄する東海道本線のうち、名古屋都市圏を含む愛知県豊橋市の豊橋駅から滋賀県米原市の米原駅までの区間の詳細について記述する。.

新しい!!: 東海道本線と東海道線 (名古屋地区) · 続きを見る »

東海道線 (静岡地区)

東海道線 (静岡地区) 本項目では、東海旅客鉄道(JR東海)が管轄する東海道本線のうち、静岡県熱海市の熱海駅から愛知県豊橋市の豊橋駅までの区間についての詳細を記述する。.

新しい!!: 東海道本線と東海道線 (静岡地区) · 続きを見る »

東海道線 (JR東日本)

東海道線 (JR東日本)(とうかいどうせん) この項目では、JRグループの運営する東海道本線のうち、東日本旅客鉄道(JR東日本)が管轄する東京都千代田区の東京駅から静岡県熱海市の熱海駅までの区間について、主にこの区間で運行される中距離旅客列車(いわゆる湘南電車)の運転系統を中心に記述する。.

新しい!!: 東海道本線と東海道線 (JR東日本) · 続きを見る »

東海道貨物線

東海道貨物線(とうかいどうかもつせん)は、東京都港区の浜松町駅と神奈川県小田原市の小田原駅を結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)東海道本線の貨物支線および複々線区間、南武線の貨物支線の通称である。.

新しい!!: 東海道本線と東海道貨物線 · 続きを見る »

東海道本線優等列車沿革

東海道本線優等列車沿革(とうかいどうほんせんゆうとうれっしゃえんかく)では、東海道本線が開業した時以来に運行された、特急列車・急行列車・準急列車の運行を主に記載する。なお、以下のものについてはそれぞれ別項とする。; 除外される主な系統.

新しい!!: 東海道本線と東海道本線優等列車沿革 · 続きを見る »

東海道新幹線

東海道新幹線(とうかいどうしんかんせん)は、東京駅から新大阪駅までを結ぶ東海旅客鉄道(JR東海)の高速鉄道路線(新幹線)およびその列車である。 多くの列車が山陽新幹線に直通する運行体系がとられていることから、総称して「東海道・山陽新幹線(とうかいどう・さんようしんかんせん)」とも呼ばれる。.

新しい!!: 東海道本線と東海道新幹線 · 続きを見る »

東海道新線

東海道新線(とうかいどうしんせん)とは、東海道に沿って東海道本線に次ぐものとして建設しようとした、新しい鉄道のこと。新東海道線ともいう。 東海道メガロポリスと呼ばれるように、この街道付近には大都市が集中していることから、輸送量の増加により将来的には東海道本線だけでは足りなくなるとして、明治期よりいくつも敷設計画があがった。.

新しい!!: 東海道本線と東海道新線 · 続きを見る »

東海旅客鉄道

東海旅客鉄道株式会社(とうかいりょかくてつどう、)社名ロゴの「鉄」の字は金を失うという意味を避けるため「金偏に矢」という「鉃」の文字を使い、『東海旅客鉃道株式会社』と表記しているが、登記上の正式な社名では常用漢字の「鉄」である(JR四国以外の各社も同じ)。 は、1987年(昭和62年)に日本国有鉄道(国鉄)新幹線総局・静岡局・名古屋局から鉄道事業を引き継いだ旅客鉄道会社の一つ。 東海道新幹線を軸として東海地方を中心とした地域に鉄道路線網を有する。本社は愛知県名古屋市と東京都港区。通称はJR東海(ジェイアールとうかい)、英語略称はJR Central。乗車券などには「海」の略号が使われることもある「東」はJR東日本となっているため。ため、「JR海」(ジェイアールかい、ジェイアールうみ)と呼ばれることもある。コーポレートカラーはオレンジ色。東証・名証一部上場企業。日経225(日経平均株価)およびTOPIX Core30の構成銘柄の一社。.

新しい!!: 東海道本線と東海旅客鉄道 · 続きを見る »

東海旅客鉄道静岡支社

東海旅客鉄道静岡支社(とうかいりょかくてつどうしずおかししゃ)は、静岡県静岡市にある東海旅客鉄道(JR東海)東海鉄道事業本部の所属支社。旧国鉄静岡鉄道管理局の流れを汲んでいる。 なお当記事では、配下の各乗務員区所についても併せて記述する。.

新しい!!: 東海道本線と東海旅客鉄道静岡支社 · 続きを見る »

東海旅客鉄道東海鉄道事業本部

JR東海太閤ビル 東海鉄道事業本部(とうかいてつどうじぎょうほんぶ)は、東海旅客鉄道株式会社(JR東海)の内部組織である。在来線全体を管理する組織で、旧国鉄名古屋鉄道管理局(一部は天王寺鉄道管理局)の流れを汲んでいる。.

新しい!!: 東海道本線と東海旅客鉄道東海鉄道事業本部 · 続きを見る »

東海旅客鉄道浜松工場

浜松工場(はままつこうじょう)は、静岡県浜松市中区南伊場町1-1に所在する東海旅客鉄道(JR東海)の車両工場である。.

新しい!!: 東海道本線と東海旅客鉄道浜松工場 · 続きを見る »

東日本旅客鉄道

東日本旅客鉄道株式会社(ひがしにほんりょかくてつどう、)は、1987年4月1日に、日本国有鉄道(国鉄)から鉄道事業を引き継いだ旅客鉄道会社の一つ。通称はJR東日本(ジェイアールひがしにほん)、英語略称はJR East。 日本国内では東北地方、関東地方、甲信越地方を中心とした地域に鉄道路線を有するほか、多様な関連事業を展開する(「関係会社」の節を参照)。英国ウェストミッドランズ鉄道の運行、バンコク・メトロへの車両供給など、国際業務部が他社やグループ企業と連携して、海外事業も展開している。鉄道を運営する会社としての輸送人数×距離で世界最大、運輸収入ではドイツ鉄道と比肩する規模である。 本社は東京都渋谷区。コーポレートカラーは緑色。東証一部上場企業。日経225(日経平均株価)およびTOPIX Core30の構成銘柄の一社。 2012年に発表した「グループ経営構想V 〜限りなき前進〜」で経営の方向性として定めたJR東日本グループのコンセプトワードは「地域に生きる。世界に伸びる。.

新しい!!: 東海道本線と東日本旅客鉄道 · 続きを見る »

東日本旅客鉄道東京支社

東日本旅客鉄道東京支社(ひがしにほんりょかくてつどうとうきょうししゃ)とは、東京都北区東田端2-20-68にある東日本旅客鉄道(JR東日本)の支社の一つ。.

新しい!!: 東海道本線と東日本旅客鉄道東京支社 · 続きを見る »

東日本旅客鉄道横浜支社

東日本旅客鉄道横浜支社(ひがしにほんりょかくてつどうよこはまししゃ)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)の支社の一つ。日本国有鉄道(国鉄)時代の東京南鉄道管理局の大部分と東京西鉄道管理局の一部に相当する。 なお、支社の中(東京支社を除く)では大宮支社とともにウェブサイトを設置していない(2004年頃に閉鎖)。.

新しい!!: 東海道本線と東日本旅客鉄道横浜支社 · 続きを見る »

東急東横線

東横線(とうよこせん)は、東京都渋谷区の渋谷駅と神奈川県横浜市西区の横浜駅を結ぶ東京急行電鉄(東急)の鉄道路線である。 路線図や駅ナンバリングで使用される路線カラーは赤色、路線記号はTY。.

新しい!!: 東海道本線と東急東横線 · 続きを見る »

松田駅

松田駅(まつだえき)は、神奈川県足柄上郡松田町松田惣領にある、東海旅客鉄道(JR東海)・日本貨物鉄道(JR貨物)御殿場線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と松田駅 · 続きを見る »

根岸線

根岸線(ねぎしせん)は、神奈川県横浜市西区の横浜駅から磯子区の根岸駅を経て神奈川県鎌倉市の大船駅を結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線(幹線)である。駅ナンバリングで使われる路線記号はJK。.

新しい!!: 東海道本線と根岸線 · 続きを見る »

根府川駅

根府川駅(ねぶかわえき)は、神奈川県小田原市根府川にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)東海道本線の駅である。 関東の駅百選認定駅。.

新しい!!: 東海道本線と根府川駅 · 続きを見る »

栗東駅

栗東駅(りっとうえき)は、滋賀県栗東市綣(へそ)二丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)東海道本線の駅である。駅番号はJR-A23。「琵琶湖線」の愛称区間に含まれている。.

新しい!!: 東海道本線と栗東駅 · 続きを見る »

桜島線

桜島線(さくらじません)は、大阪府大阪市此花区の西九条駅から桜島駅までを結ぶ西日本旅客鉄道(JR西日本)の鉄道路線(幹線)である。「JRゆめ咲線」(ジェイアールゆめさきせん)の愛称が付けられており、案内表示類や放送では「桜島線」と案内されることはほとんどない。 なお、本項では桜島線の前身である西成線(にしなりせん)についても記述する。.

新しい!!: 東海道本線と桜島線 · 続きを見る »

桜橋駅 (静岡県)

桜橋駅(さくらばしえき)は、静岡県静岡市清水区春日一丁目にある静岡鉄道静岡清水線の駅。駅番号はS13。.

新しい!!: 東海道本線と桜橋駅 (静岡県) · 続きを見る »

桜木町駅

桜木町駅(さくらぎちょうえき)は、神奈川県横浜市中区にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・横浜市交通局(横浜市営地下鉄)の駅である。 1872年(明治5年)、日本で最初に鉄道が開通した時に初代の横浜駅として開業した(神奈川新聞〈カナロコ〉 2014年4月17日)。その後、東海道本線の延伸に伴い「横浜駅」の名称を現在の横浜駅に譲り、1915年(大正4年)に「桜木町駅」に改称された。また、2004年(平成16年)1月30日までは東京急行電鉄(東急)の東横線も乗り入れており、その終着駅であったが、翌々日の2月1日にみなとみらい線が開業したのに伴い廃止となった。本項ではその駅についても記述する。.

新しい!!: 東海道本線と桜木町駅 · 続きを見る »

桂川 (淀川水系)

桂川(かつらがわ)は京都府を流れる淀川水系の一級水系。.

新しい!!: 東海道本線と桂川 (淀川水系) · 続きを見る »

桂川駅 (京都府)

駅東口 桂川駅(かつらがわえき)は、京都府京都市南区久世高田町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)東海道本線の駅である。駅番号はJR-A33。「JR京都線」の愛称区間に含まれている。 筑豊本線及び篠栗線の桂川駅(けいせんえき)と区別するため、当駅発着の切符には「(東)桂川」と印字される(特定都区市内制度適用となるものを除く)。.

新しい!!: 東海道本線と桂川駅 (京都府) · 続きを見る »

梅小路蒸気機関車館

梅小路蒸気機関車館(うめこうじじょうききかんしゃかん、Umekoji Steam Locomotive Museum)は、京都府京都市下京区観喜寺町にあった蒸気機関車専門の鉄道博物館。西日本旅客鉄道(JR西日本)が所有し、公益財団法人交通文化振興財団が運営していた。当館は2015年8月30日閉館し、拡張を伴うリニューアルにより2016年4月29日に京都鉄道博物館として新たにオープンした。本項目では京都鉄道博物館については該当記事に譲り、「梅小路蒸気機関車館」時代について記載する。 また、JR西日本の車両基地としての梅小路運転区についても記述する。.

新しい!!: 東海道本線と梅小路蒸気機関車館 · 続きを見る »

梅田

梅田(うめだ)とは、大阪市北区にあるJR大阪駅や梅田駅を中心とした一帯の地域の名称及び町名。現行行政地名は梅田一丁目から六丁目まで。2010年10月1日現在の人口は384人、世帯数は214世帯。郵便番号は〒530-0001。 JRの他、阪急電車、阪神電車、地下鉄の駅があり、ホテル、百貨店、事務所ビル、歓楽街などが集積する、日本を代表する繁華街の一つである。 梅田から南へ4km程度離れた難波を中心とした一帯を「ミナミ」と呼ぶのに対し、梅田周辺を「キタ」という。最近では、京橋周辺が「ヒガシ」と呼ばれてきている。.

新しい!!: 東海道本線と梅田 · 続きを見る »

梅田信号場

梅田信号場(うめだしんごうじょう)は、大阪市北区大深町にある信号場である。 吹田貨物ターミナル駅(同駅開業以前は登記上吹田駅)より新大阪駅を経由し、大阪環状線の福島駅(実質的には西九条駅)に至る東海道本線の支線(通称:梅田貨物線)上に位置する、西日本旅客鉄道(JR西日本)の信号場である。 この項目では、当信号場の前身であり、2013年まで存在した日本貨物鉄道(JR貨物)の貨物駅である梅田駅(通称「梅田貨物駅」)についても解説する。.

新しい!!: 東海道本線と梅田信号場 · 続きを見る »

梅田駅

梅田駅(うめだえき)は、大阪府大阪市北区にある、阪神電気鉄道・阪急電鉄・大阪市高速電気軌道(Osaka Metro)の駅である。西日本旅客鉄道(JR西日本)の大阪駅や北新地駅、大阪市営地下鉄の東梅田駅・西梅田駅とともにキタ・梅田のターミナルを形成している。.

新しい!!: 東海道本線と梅田駅 · 続きを見る »

梅田貨物線

梅田貨物線(うめだかもつせん)は、大阪府吹田市の吹田貨物ターミナル駅から大阪駅北側の梅田信号場(梅田駅跡)、大阪市福島区の福島駅を経由して同市此花区の西九条駅に至る西日本旅客鉄道(JR西日本)の鉄道路線の通称である。 東海道本線支線吹田貨物ターミナル駅 - 福島駅間と大阪環状線福島駅 - 西九条駅間の2路線に跨っている。旅客列車の増えている現在では「梅田線」と称されることもある。.

新しい!!: 東海道本線と梅田貨物線 · 続きを見る »

横須賀・総武快速線

*.

新しい!!: 東海道本線と横須賀・総武快速線 · 続きを見る »

横須賀線

横須賀線(よこすかせん)は、神奈川県鎌倉市の大船駅から神奈川県横須賀市の久里浜駅を結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線(幹線)である。駅ナンバリングで使われる路線記号はJO。一般的には東京都千代田区の東京駅から品川駅、東海道本線の貨物支線である品鶴線、横浜駅、大船駅と経由し久里浜駅を結ぶ運転系統の呼称として使われている。 本稿では、正式路線である大船駅 - 久里浜駅間を中心に記述するが、運転系統である東京駅 - 大船駅間及び重複する区間については、「横須賀・総武快速線」の記事を参照のこと。.

新しい!!: 東海道本線と横須賀線 · 続きを見る »

横浜博覧会

横浜博覧会(よこはまはくらんかい、英称:YOKOHAMA EXOTIC SHOWCASE '89.

新しい!!: 東海道本線と横浜博覧会 · 続きを見る »

横浜市

横浜市(よこはまし)は、関東地方南部、神奈川県の東部に位置する都市で、同県の県庁所在地。政令指定都市の一つであり、18区の行政区を持つ。現在の総人口は日本の市町村では最も多く、四国地方に匹敵するおおよそ373万人であり1府37県の人口を上回る。人口集中地区人口も東京23区(東京特別区)に次ぐ。神奈川県内の市町村では、面積が最も広い。市域の過半は旧武蔵国で、南西部は旧相模国(戸塚区、泉区、栄区の全域と瀬谷区、港南区の一部)。 幕末以降(詳しくは後述)から外国資本が積極的に当地に進出。そのため近代日本において有数の外資獲得力を誇った。関東大震災後は政府による積極的な振興政策により、京浜工業地帯の中核都市となった。.

新しい!!: 東海道本線と横浜市 · 続きを見る »

横浜市営地下鉄ブルーライン

| ブルーラインは、神奈川県藤沢市の湘南台駅から横浜市青葉区のあざみ野駅までを結ぶ横浜市営地下鉄の鉄道路線である。 ブルーラインの正式名称は「横浜市高速鉄道1号線」「横浜市高速鉄道3号線」である。正式名称は途中の関内駅を境に分かれており、湘南台駅 - 関内駅間が1号線、関内駅 - あざみ野駅間が3号線であるが、関内駅を始発・終着とする列車は運行されておらず、同駅を通る列車はすべて1号線と3号線を直通している。正式な起点は1号線・3号線とも関内駅であるが、運行系統上、起点は湘南台駅になる。横浜国際港都建設法および都市計画法等に基づく都市高速鉄道としての名称は、「横浜国際港都建設計画都市高速鉄道第1号市営地下鉄1号線」、「藤沢都市計画都市高速鉄道1号線」および「横浜国際港都建設計画都市高速鉄道第2号市営地下鉄3号線」である。 4号線(グリーンライン)の開業により、交通局の地下鉄路線が1つでなくなったため、同線が開業した2008年3月30日より、公募で決定した路線愛称ブルーラインの使用を正式に開始した。路線愛称の由来は、「青」が横浜を象徴する色であり、開業時から車両やサイン類でも使用されていて、路線のイメージカラーと認識されていることから。ラインカラーも「ブルー」である。駅ナンバリングで使われる路線記号はB。.

新しい!!: 東海道本線と横浜市営地下鉄ブルーライン · 続きを見る »

横浜線

横浜線(よこはません)は、神奈川県横浜市神奈川区の東神奈川駅 と東京都八王子市の八王子駅 を結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線国土交通省鉄道局監修『鉄道要覧』電気車研究会・鉄道図書刊行会(幹線)である。地元沿線地域での愛称は「ハマ線」。駅ナンバリングで使われる路線記号はJH。 全ての快速電車と一部の各駅停車は、京浜東北線(東海道本線電車線)横浜駅を経由して根岸線桜木町駅・磯子駅・大船駅へ乗り入れる。なお、本記事では根岸線 - 横浜駅 - 東神奈川駅 - 八王子駅間について、実際に運行されている列車番号に合わせて、桜木町方面行を「上り」、八王子方面行を「下り」と記述する。.

新しい!!: 東海道本線と横浜線 · 続きを見る »

横浜羽沢駅

横浜羽沢駅(よこはまはざわえき)は、神奈川県横浜市神奈川区羽沢町にある日本貨物鉄道(JR貨物)・東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅。東海道本線に属し東海道貨物線(羽沢線)上にある。 元々貨物専用駅として開設されたが、国鉄分割民営化を前に、今後旅客営業を行う可能性があるという理由で、形式上旅客営業も行う駅という扱いとなった。しかし、実際には旅客設備はなく、現在まで一般旅客営業された事はない(同様の駅に、東京貨物ターミナル駅や仙台貨物ターミナル駅がある)。東海道線のライナーの一部は当駅経由で運行されているが、全列車通過ということになる。 また、当駅に隣接して相模鉄道(相鉄)の羽沢横浜国大駅の建設が進められており、JRの直通列車の経由地となる予定である。なお、相鉄・JR直通線開業後のJR東日本としての横浜羽沢駅の処遇は発表されていない。.

新しい!!: 東海道本線と横浜羽沢駅 · 続きを見る »

横浜駅

横浜駅(よこはまえき)は、神奈川県横浜市西区にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・東京急行電鉄(東急)・京浜急行電鉄(京急)・相模鉄道(相鉄)・横浜市交通局(横浜市営地下鉄)・横浜高速鉄道の駅である。 JR東日本と京急の駅は高島二丁目、東急・相鉄・横浜市営地下鉄・横浜高速鉄道の駅は南幸一丁目にある。.

新しい!!: 東海道本線と横浜駅 · 続きを見る »

横浜高速鉄道みなとみらい線

みなとみらい線(みなとみらいせん)は、神奈川県横浜市西区の横浜駅から同市中区の元町・中華街駅までを結ぶ横浜高速鉄道の鉄道路線である。都市計画法に基づく都市高速鉄道としての名称は「横浜国際港都建設計画都市高速鉄道第4号みなとみらい21線」。『鉄道要覧』記載の路線名では「みなとみらい21線」となっているが、旅客案内上は使用されていない。 路線図や駅ナンバリングで使用される路線カラーは紺色、路線記号はMM。 2004年(平成16年)2月1日に開業した。全線が地下区間で、横浜みなとみらい21地区、関内地区を通る。馬車道駅 - 元町・中華街駅間では本町通りの直下を走っている。通過する地域は地盤の弱い埋立地であり、各駅とも地下4 - 5階と深いところを走行する。当路線の開業に際して、東急東横線の横浜駅 - 桜木町駅間が廃止され、東横線と当路線の相互直通運転が開始された。.

新しい!!: 東海道本線と横浜高速鉄道みなとみらい線 · 続きを見る »

樽見鉄道樽見線

| 樽見線(たるみせん)は、岐阜県大垣市の大垣駅から岐阜県本巣市の樽見駅に至る樽見鉄道の鉄道路線である。 大垣 - 神海間は日本国有鉄道(国鉄)の特定地方交通線を転換(神海駅は国鉄時代は「美濃神海」と呼称)、神海 - 樽見間は日本鉄道建設公団建設線であった路線である。本来、この路線は鉄道敷設法別表の「大垣ヨリ福井県大野ヲ経テ金沢ニ至ル鉄道」の一部 - 法庫、2015年1月9日閲覧。であったが、国鉄時代は神海駅までの開業にとどまり以北の建設は凍結された。樽見駅までは7割ほど完成していたことから転換後に工事を再開し延伸開業した『樽見鉄道10年史』pp.35-43。VII 新線開業に至るまで、VIII 新線開通式。。 住友大阪セメント岐阜工場のセメント輸送のため、大垣 - 本巣間には貨物列車も運行され、本巣駅から工場までの専用線も存在していた。このセメント輸送は営業収入の約4割を占めていたが、2004年に住友大阪セメントが鉄道輸送の利用を2005年度末で打ち切ることを表明し、2006年3月28日限りでセメント輸送貨物列車の運行を終了した。樽見線の貨物輸送は1990年度には約54万トンあったが、2002年度には約17万トンまで減少していた。その後は経営策として、沿線にあるモレラ岐阜の買い物利用や揖斐川町谷汲地区・本巣市樽見地区の観光利用での促進の強化や、コスト削減のために後述する無人駅「市民駅長」の委託を行っている。.

新しい!!: 東海道本線と樽見鉄道樽見線 · 続きを見る »

標準軌

標準軌(ひょうじゅんき、standard gauge)は、鉄道線路の軌間、すなわちレール頭頂部の内側の間隔が1435mm(4フィート8.5インチ1フィートの長さは地域により異なった。以下では特に断らない限りイングランドやアメリカ合衆国のフィート(1フィート.

新しい!!: 東海道本線と標準軌 · 続きを見る »

機銃掃射

機銃掃射(きじゅうそうしゃ)は、機関銃で敵をなぎ払うように射撃すること。歩兵部隊や要塞陣地・船舶・航空機などが装備した機関銃や機関砲を使用して、地上または海上の目標を連射・速射により攻撃する方法である。.

新しい!!: 東海道本線と機銃掃射 · 続きを見る »

機関車

蒸気機関車:イギリスの鉄道会社グレート・ウェスタン鉄道No. 6833 通称Calcot Grange。イギリスのBristol Temple Meads駅にて 電気機関車:イタリア鉄道会社トレニタリアFS class E412 機関車(きかんしゃ、locomotive)は、鉄道車両の一つで、その車両の中に動力装置を有し、駆動を行わない他車を前から牽引、もしくは後から推進して線路上を運転する車両のことである。機関車に牽引・推進されるのは動力を有しない客車・貨車のみならず、電気方式の相違・故障・回送などの理由で自車の動力を使用できない、または勾配区間で出力が足りない電車・気動車である場合もある。基本的に機関車は列車の駆動のためだけに存在しており、自車には旅客や貨物を搭載しない場合がほとんどである。.

新しい!!: 東海道本線と機関車 · 続きを見る »

武庫川

武庫川の始点。 真南条川と田松川の合流地点@篠山市 武庫川(むこがわ)は、兵庫県南東部を流れる河川。二級水系の本流である。.

新しい!!: 東海道本線と武庫川 · 続きを見る »

武豊線

| 武豊線(たけとよせん)は、愛知県大府市の大府駅から同県知多郡武豊町の武豊駅に至る、東海旅客鉄道(JR東海)の鉄道路線(地方交通線)である。.

新しい!!: 東海道本線と武豊線 · 続きを見る »

武豊駅

ホーム(2016年) 電化開業前のホーム(2007年) 線路終端(2011年8月) 武豊駅(たけとよえき)は、愛知県知多郡武豊町字金下(かなげ)にある、東海旅客鉄道(JR東海)武豊線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と武豊駅 · 続きを見る »

武蔵小杉駅

武蔵小杉駅(むさしこすぎえき)は、神奈川県川崎市中原区小杉町三丁目および新丸子東三丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・東京急行電鉄(東急)の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と武蔵小杉駅 · 続きを見る »

武蔵野線

武蔵野線(むさしのせん)は、神奈川県横浜市鶴見区の鶴見駅から千葉県船橋市の西船橋駅を結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線(幹線)である。他に、新小平駅 - 国立駅間、新秋津駅 - (西武鉄道)所沢駅間、西浦和駅・武蔵浦和駅 - (別所信号場) - 与野駅間、南流山駅 - 北小金駅・馬橋駅間に支線が存在する(詳細は後述)。全線でJR東日本が第一種鉄道事業者、日本貨物鉄道(JR貨物)が第二種鉄道事業者となっている。 鶴見駅(実質は新鶴見信号場) - 府中本町駅間の通称武蔵野南線は貨物列車(旅客列車は「ホリデー快速鎌倉」号などの臨時列車のみ)が、府中本町駅 - 西船橋駅間は旅客列車と貨物列車の併用で運行されている。府中本町駅 - 西船橋駅間は駅ナンバリングが設定されており、その路線記号はJMである。.

新しい!!: 東海道本線と武蔵野線 · 続きを見る »

気動車

JR東日本キハE130形気動車(2007年 袋田駅) 気動車(きどうしゃ)とはエンジンを搭載した列車の車両のことで、人員・荷物もしくは貨物を積載する空間を有し、運転に必要な動力源として内燃機関や蒸気機関などの熱機関を搭載して自走する鉄道車両である。 現在の気動車は、動力として一般に内燃機関の中でも熱効率と安全性に優れるディーゼルエンジンが用いられている。そのため、日本では「ディーゼル動車」または「ディーゼルカー」(Diesel Car, DC)、「汽車」 などとも呼ばれる。対して、欧州では動力分散方式の車両を「マルチプル ユニット」と呼ぶことから、気動車を「DMU」(Diesel Multiple-Unit) と称する。 また「レールカー」(Railcar) とも呼ばれる。 以下、特記ない限り、主に日本国内の事情に基づいて記す。.

新しい!!: 東海道本線と気動車 · 続きを見る »

江崎グリコ

江崎グリコ株式会社(えざきグリコ、英語:Ezaki Glico Company, Limited)は、大阪府大阪市西淀川区歌島四丁目に本社を置く製菓会社である。 コーポレートメッセージは、“おいしさと健康”。英語によるメッセージ表記は当初「GOOD TASTE AND GOOD HEALTH」とされたが、1992年(平成4年)4月付で現行のCIが導入されたのに合わせ、「A WHOLESOME LIFE IN THE BEST OF TASTE」に改められている。 2015年10月1日に完全子会社だったグリコ乳業株式会社と経営統合し、菓子・食品・乳製品・健康食品などを製造・販売する総合食品メーカーとなった。.

新しい!!: 東海道本線と江崎グリコ · 続きを見る »

江ノ島電鉄線

| 江ノ島電鉄線(えのしまでんてつせん)は、神奈川県藤沢市南藤沢の藤沢駅から同市片瀬海岸一丁目の江ノ島駅を経て鎌倉市御成町の鎌倉駅に至る、江ノ島電鉄の鉄道路線。1902年(明治35年)に藤沢 - 片瀬(現・江ノ島)間が開通し、1910年(明治43年)に小町(現・鎌倉)までの全線が開通した。「江ノ電」として広く親しまれている。駅ナンバリングで使われる路線記号はEN。 全区間にて、PASMO・Suicaなどの交通系ICカード乗車券が利用可能である。ただしPASMO・Suica以外の交通系ICカードは改札機でしか利用できず、チャージ等のサービスは有人駅でのみ受けられる。.

新しい!!: 東海道本線と江ノ島電鉄線 · 続きを見る »

江戸

江戸図屏風に見る、初期の江戸 弘化年間(1844年-1848年)改訂江戸図 江戸(えど) は、東京の旧称であり、1603年から1867年まで江戸幕府が置かれていた都市である。 現在の東京都区部に位置し、その前身及び原型に当たる。.

新しい!!: 東海道本線と江戸 · 続きを見る »

汐留駅 (国鉄)

汐留駅(しおどめえき)は、東京都港区東新橋1丁目にあった日本国有鉄道(国鉄)の駅。東海道本線の貨物支線(東海道貨物線)上にあった。.

新しい!!: 東海道本線と汐留駅 (国鉄) · 続きを見る »

池袋駅

池袋駅(いけぶくろえき)は、東京都豊島区にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・東武鉄道(東武)・西武鉄道(西武)・東京地下鉄(東京メトロ)の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と池袋駅 · 続きを見る »

河瀬駅

西口 2番線ホーム 河瀬駅(かわせえき)は、滋賀県彦根市南川瀬町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)東海道本線の駅である。駅番号はJR-A15。「琵琶湖線」の愛称区間に含まれている。.

新しい!!: 東海道本線と河瀬駅 · 続きを見る »

沼津駅

沼津駅(ぬまづえき)は、静岡県沼津市大手町一丁目にある、東海旅客鉄道(JR東海)・日本貨物鉄道(JR貨物)の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と沼津駅 · 続きを見る »

沼津機関区

沼津機関区(ぬまづきかんく)は、かつて静岡県沼津市に存在した、日本国有鉄道(国鉄)の車両基地。沼津駅に隣接して設けられていた。.

新しい!!: 東海道本線と沼津機関区 · 続きを見る »

沼津港駅

沼津港駅(ぬまづこうえき)は、かつて静岡県沼津市千本港町にあった貨物駅(廃駅)である。東海道本線の貨物支線(通称、沼津港線/蛇松線)の終着駅であった。.

新しい!!: 東海道本線と沼津港駅 · 続きを見る »

法会

法会(ほうえ)とは、仏教において仏法を説くためや供養を行うための僧侶・檀信徒の集まりである。特に大きな法会は大会(たいえ・だいえ)と称されることがある。 法会は、古くからインド・中国でも降誕会や成道会は行われており、日本では、蘇我馬子とうすあつがすでに法会を行っていた。奈良時代には宮中の御斎会・興福寺の維摩会・薬師寺の最勝会の3つの法会が重要視され(これらを「南京三会」:なんきょうさんえ と言う)、この3つの法会の講師を務めた僧は三会已講師(さんえいこうじ、略して三会已講、已講ともいう)と称された。この講師を務めることが僧綱(律師・僧都・僧正)に昇進するルートであった。 後三条天皇は延久4年(1072年)に、仁和寺内に建立した円宗寺で法華会を修させ、最初の年には園城寺から、その後は延暦寺(山門)と園城寺(寺門)から隔年で交互に講師を出させた。これは寺門側からの独自の僧綱ルートとなる法会創設の願いに応えたものである。こののち承暦2年(1078年)には、白河天皇主導で法勝寺で大乗会が行われ、先の円宗寺法華会と最勝会とを合わせ「北京三会」(ほっきょうさんえ)とし、寺社勢力を配下に置こうとした。なお円宗寺は鎌倉時代に廃寺となっている。 その後、法会は追善供養などで行われる法要(法事)などと同じ意味で使われるようになった。なお、宗祖や高僧の忌日にその画像(御影)を掲げて供養する法会のことを御影供(みえいく、みえく)と称するが、特に真言宗において日本真言宗の祖である空海の月命日である21日に行われる御影供(3月21日に行われる御影供は正御影供という)は有名である。.

新しい!!: 東海道本線と法会 · 続きを見る »

深谷駅 (滋賀県)

深谷駅(ふかたにえき)は、かつて滋賀県米原市(当時の坂田郡伊吹村)の東海道本線の旧線上に存在した駅(廃駅)である。.

新しい!!: 東海道本線と深谷駅 (滋賀県) · 続きを見る »

淀川

淀川(よどがわ)は、琵琶湖から流れ出る唯一の河川。瀬田川(せたがわ)、宇治川(うじがわ)、淀川と名前を変えて大阪湾に流れ込む。滋賀県、京都府及び大阪府を流れる淀川水系の本流で一級河川。流路延長75.1km、流域面積8,240km2。なお、先述の流路延長は琵琶湖南端よりの延長であり、河口から最も遠い地点は滋賀県・福井県の分水嶺である栃ノ木峠であり、淀川の源の石碑が設置されている。この場所は琵琶湖へ流入する河川・高時川の水源地であり、そこからの河口までの直線距離は約130km、流路延長に換算すると約170kmとなる。 瀬戸内海に流れる河川の中では流域面積が最も広く、流域人口は西日本で最も多い、また琵琶湖に流入する河川や木津川などを含めた淀川水系全体の支流(支川)数は965本で日本一多い。第2位は信濃川(880本)、第3位は利根川(819本)となっている。.

新しい!!: 東海道本線と淀川 · 続きを見る »

温泉都市

温泉街が発達し都市化した別府温泉の中心市街 温泉都市(おんせんとし)とは、温泉街が大規模に発達した都市を指す。泉都の事。 特に、日本最大の温泉地の別府市や、伊東市、熱海市など、国際観光温泉文化都市に指定されている都市でよく用いられる。.

新しい!!: 東海道本線と温泉都市 · 続きを見る »

清須市

清須市(きよすし)は、愛知県北西部(旧尾張国)の市である。清洲城(清須城)があることで知られる。.

新しい!!: 東海道本線と清須市 · 続きを見る »

清見寺

清見寺(せいけんじ)は、静岡市清水区にある臨済宗妙心寺派の寺院。山号は巨鼇山(こごうさん)、正式には「巨鼇山 清見興国禅寺」(こごうさん せいけんこうこくぜんじ)と称する。.

新しい!!: 東海道本線と清見寺 · 続きを見る »

清水埠頭駅

清水埠頭駅(しみずふとうえき)は、静岡県清水市(現静岡市清水区)にあった日本国有鉄道(国鉄)清水港線の駅(廃駅)である。清水港線廃線に伴い1984年(昭和59年)4月1日に廃止となった。.

新しい!!: 東海道本線と清水埠頭駅 · 続きを見る »

清水駅 (静岡県)

清水駅(しみずえき)は、静岡県静岡市清水区真砂町(まさごちょう)にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の駅である。旧・清水市の中心駅で、現在は清水区の中心駅となっている。事務管コードは、▲520113。 身延線経由で甲府駅方面に向かう特急「(ワイドビュー)ふじかわ」が停車する。また廃止された「(ワイドビュー)東海」も停車していた。1986年までは大垣夜行(上りのみ)が深夜に停車していた。.

新しい!!: 東海道本線と清水駅 (静岡県) · 続きを見る »

清水谷戸トンネル

清水谷戸トンネル(しみずやとトンネル)とは、神奈川県横浜市保土ケ谷区境木本町と戸塚区品濃町にまたがる、東日本旅客鉄道(JR東日本)東海道本線の横浜駅と戸塚駅の間にある鉄道トンネルである。.

新しい!!: 東海道本線と清水谷戸トンネル · 続きを見る »

清水港

航空機から見た清水港 上空から見た清水港と富士山 清水港(しみずこう)は、静岡県静岡市清水区にある港湾。港湾管理者は静岡県。港湾法上の国際拠点港湾に指定され、また、中核国際港湾にも指定されている。さらに、港則法上の特定港にも指定されている。神戸港・長崎港と共に『日本三大美港』の一つ。.

新しい!!: 東海道本線と清水港 · 続きを見る »

清水港線

| 清水港線(しみずこうせん)は、静岡県清水市(現:静岡市清水区)の清水駅と同市内の三保駅とを結んでいた、日本国有鉄道(国鉄)の鉄道路線(地方交通線)である。1980年(昭和55年)の国鉄再建法施行により第一次特定地方交通線に指定され、貨物輸送の衰退もあり、1984年(昭和59年)に全線が廃止され、バスに転換された。.

新しい!!: 東海道本線と清水港線 · 続きを見る »

清水港駅

清水港駅(しみこうえき)は、静岡県清水市(現静岡市清水区)新港町にあった日本国有鉄道(国鉄)清水港線の貨物駅である。電報略号は、ナト。.

新しい!!: 東海道本線と清水港駅 · 続きを見る »

清洲城

五条川の桜 清洲城と桜 清洲城(きよすじょう)は、尾張国春日井郡清須(現在の愛知県清須市一場)にあった日本の城。尾張国の中心部に位置し、一時期尾張国の守護所として栄え、京鎌倉往還と伊勢街道が合流し中山道にも連絡する交通の要所として重視された。.

新しい!!: 東海道本線と清洲城 · 続きを見る »

清洲駅

清洲駅(きよすえき)は、愛知県稲沢市北市場町古三味(ふるざんみ)にある、東海旅客鉄道(JR東海)・日本貨物鉄道(JR貨物)東海道本線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と清洲駅 · 続きを見る »

渋谷駅

渋谷駅(しぶやえき)は、東京都渋谷区道玄坂一丁目および同二丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・京王電鉄・東京急行電鉄(東急)・東京地下鉄(東京メトロ)の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と渋谷駅 · 続きを見る »

湊川神社

1961年(昭和36年)当時の湊川神社。市電の架線が見える。 湊川神社(みなとがわじんじゃ)は、兵庫県神戸市中央区多聞通三丁目にある楠木正成を祭る神社。地元では親しみを込めて「楠公(なんこう)さん」と呼ばれている。建武中興十五社の一社で、旧社格は別格官幣社である。.

新しい!!: 東海道本線と湊川神社 · 続きを見る »

湊川駅 (国鉄)

湊川駅(みなとがわえき)は、かつて兵庫県神戸市兵庫区東川崎町にあった日本国有鉄道(国鉄)東海道本線の貨物支線(通称、神戸臨港線)に存在した貨物駅である。同線の終点であったが、1980年代の鉄道貨物輸送事業縮小により、廃止された。跡地は再開発により神戸ハーバーランドとなった。.

新しい!!: 東海道本線と湊川駅 (国鉄) · 続きを見る »

湯河原駅

湯河原駅(ゆがわらえき)は、神奈川県足柄下郡湯河原町宮下にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)東海道本線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と湯河原駅 · 続きを見る »

湯河原温泉

湯河原温泉(ゆがわらおんせん)は神奈川県足柄下郡湯河原町にある温泉。 奥湯河原温泉、湯河原温泉、浜湯河原温泉、伊豆湯河原温泉の総称としても用いる。.

新しい!!: 東海道本線と湯河原温泉 · 続きを見る »

湘南

湘南海岸と江の島 「ここは湘南」の碑(藤沢市片瀬海岸) 湘南(しょうなん)は、神奈川県の相模湾沿岸地方を指す名称である。語源は、かつて中国に存在した長沙国にあった洞庭湖とそこに流入する瀟水と湘江の合流するあたりを瀟湘と呼びその南部に似ていたことから瀟湘と(洞庭)湖南より一字ずつを取り湘南としたとされている。なお、瀟湘は、現在の湖南省南部地域の地名である倭名類聚抄。.

新しい!!: 東海道本線と湘南 · 続きを見る »

湘南モノレール江の島線

| 江の島線(えのしません)は、神奈川県鎌倉市の大船駅から藤沢市の湘南江の島駅まで結ぶ湘南モノレールのモノレール路線である。単に湘南モノレール、湘南モノレール線と呼ばれることが多い。.

新しい!!: 東海道本線と湘南モノレール江の島線 · 続きを見る »

湘南ライナー

湘南ライナー(しょうなんライナー、Shonan Liner、Shonan Rapid Liner)とは、東日本旅客鉄道(JR東日本)管内の東海道本線を運行するホームライナーおよび快速列車の愛称。また、湘南新宿ラインと同様に東海道貨物線・山手貨物線を介して新宿駅に乗り入れるおはようライナー新宿(おはようライナーしんじゅく)・ホームライナー小田原(ホームライナーおだわら)についても本項で詳述する。.

新しい!!: 東海道本線と湘南ライナー · 続きを見る »

湘南貨物駅

湘南貨物駅(しょうなんかもつえき)は、神奈川県藤沢市村岡東一丁目にかつてあった日本国有鉄道(国鉄)の貨物駅である。東海道本線の複々線区間のうち、東海道貨物線上の大船駅と藤沢駅の間に存在した。.

新しい!!: 東海道本線と湘南貨物駅 · 続きを見る »

湘南電車

初代湘南電車80系 湘南電車(しょうなんでんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)東海道本線の湘南地域を走る電車の愛称である。当初は1950年より運行された80系電車による電車列車の愛称であったが、その後、車両によらず東海道本線の東京駅 - 熱海駅・沼津駅間の電車列車(中距離電車)の通称として用いられた。80系電車に用いられた緑色に窓まわりのオレンジを配した塗装は「湘南色」とも呼ばれ、「湘南色」をまとった電車に対する総称としても用いられる様になった。一方、車両形式のとしての80系電車は「湘南形電車」などとも呼ばれた。.

新しい!!: 東海道本線と湘南電車 · 続きを見る »

湘南新宿ライン

湘南新宿ライン(しょうなんしんじゅくライン)は、東京都新宿区の新宿駅を経由し、東北本線(宇都宮線)と横須賀線、および高崎線と東海道線を相互直通運転する東日本旅客鉄道(JR東日本)の中距離電車の系統路線名である。駅ナンバリングで使われる路線記号はJS。(逗子 - 大宮間) 本項では、正式な路線名を記す必要がある場合を除き、東北本線宇都宮駅方面を指す場合は愛称の「宇都宮線」を、東海道本線小田原駅方面を指す場合は旅客案内上の呼称である「東海道線」を用いる。.

新しい!!: 東海道本線と湘南新宿ライン · 続きを見る »

湖西市

湖西市(こさいし)は、静岡県の最も西に位置する市である。旧浜名郡の一部で、1972年に市制施行。2010年3月23日に新居町と合併。歴史、漁業、自動車工業、農業の町。.

新しい!!: 東海道本線と湖西市 · 続きを見る »

湖西線

湖西線(こせいせん)は、京都府京都市山科区の山科駅から、琵琶湖の西岸を経由して滋賀県長浜市の近江塩津駅に至る西日本旅客鉄道(JR西日本)の鉄道路線(幹線)である『歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』42号 15頁。.

新しい!!: 東海道本線と湖西線 · 続きを見る »

準急列車

国鉄キハ55系による準急「きのくに」(1960年頃) 準急列車(じゅんきゅうれっしゃ)は、停車駅が急行列車または快速列車より多く普通列車より少ない列車のこと。準急行列車(じゅんきゅうこうれっしゃ)ともいい、略して準急(じゅんきゅう)という。 通常英訳には「Semi Express」および、略語「Semi-Exp.」が当てられるが、事業者によっては「LOCAL EXP」など異なる表記もされる。 本項では、以下ともに総括して詳述する。.

新しい!!: 東海道本線と準急列車 · 続きを見る »

滋賀県

こちら) 滋賀県(しがけん)は、琵琶湖を擁する日本国・近畿地方北東部の内陸県である。県庁所在地は大津市。.

新しい!!: 東海道本線と滋賀県 · 続きを見る »

濃尾平野

濃尾平野(のうびへいや)は、岐阜県(美濃)南西部から愛知県(尾張)北西部と三重県北部の一部にかけて広がる平野である。地質学的には木曽三川(木曾川・長良川・揖斐川)により形成された沖積平野であり、その土壌は肥沃である。西は伊吹山地と養老山地、東は尾張丘陵、北は両白山地に囲まれ、南は伊勢湾に面する。南西部の木曽三川の河口付近で伊勢平野とつながっている。.

新しい!!: 東海道本線と濃尾平野 · 続きを見る »

朝鮮人街道

朝鮮人街道(ちょうせんじんかいどう)は、近江国(滋賀県)に存在した近世の脇街道である彦根道(ひこねみち)、京道(きょうみち)および八幡道(はちまんみち)の異名である。中山道(上街道)との比較で下街道・浜街道、あるいは朝鮮人道、唐人街道などともいう。.

新しい!!: 東海道本線と朝鮮人街道 · 続きを見る »

朝日新聞出版

株式会社朝日新聞出版(あさひしんぶんしゅっぱん、Asahi Shimbun Publications Inc.)は、日本の出版社。朝日新聞社の完全子会社。.

新しい!!: 東海道本線と朝日新聞出版 · 続きを見る »

木曽川

木曽川(きそがわ)は、長野県から岐阜県、愛知県、三重県を経て伊勢湾に注ぐ木曽川水系の本流で一級河川、いわゆる木曽三川の一つ。源流部では、「味噌川」(みそがわ)とも呼ばれる。.

新しい!!: 東海道本線と木曽川 · 続きを見る »

木曽川駅

木曽川駅(きそがわえき)は、愛知県一宮市木曽川町黒田字東針口にある東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と木曽川駅 · 続きを見る »

木曽川橋梁 (東海道本線)

松町の下流側より撮影 木曽川橋梁(きそがわきょうりょう)は、愛知県一宮市と岐阜県羽島郡笠松町を結ぶ、木曽川に架かる東海道本線の橋梁である。 木曽川駅と岐阜駅の間に架かる鉄道橋である。上り線用と下り線用が別々にある。現在の橋梁は2代目である。.

新しい!!: 東海道本線と木曽川橋梁 (東海道本線) · 続きを見る »

本州

本州(ほんしゅう)は、島国である日本の最大の島である島国(領土がすべて島から成る国)である日本を構成する6,852の島に対する『国土交通省』による区分け 6,852島(本土 5島 ・ 離島 6,847島)。  『国土交通省』サイト 離島振興課 離島とは(島の基礎知識)2009年11月27日閲覧。ただし、島について地理学上はこのような分類・区分けはない。(島 :オーストラリア大陸の面積未満で、四方を水域に囲まれる陸地)。極東そして東アジアの沿岸沖に位置し、最高標高3,776m、面積227,942.85km2。世界の島の中では、面積はインドネシアのスマトラ島に次ぐ第7位、人口はジャワ島に次ぐ第2位である。 地質学や考古学などでは本州島という名称も使用される。 本州には34の地方公共団体がある(1都2府31県)。日本国内では、本州とその付随する島を合わせて「本州地方」と言うが、単に「本州」と呼称する場合もある。 「本州」という名は、日本の主要な島であることに由来し、古代の呼称は「'''秋津島'''」・「'''秋津洲'''」(あきつしま、あきづしま)などが知られる(本州#歴史書における呼称)。.

新しい!!: 東海道本線と本州 · 続きを見る »

本願寺

本願寺(ほんがんじ)は、寺院の名称である。 各地に同名の寺院があるが、一般には本願寺系の浄土真宗(真宗)各派の本山である「本願寺」を指すことが多い。浄土真宗における寺号の由来は、13世紀に親鸞の廟堂に対して亀山天皇より下賜された「久遠実成阿弥陀本願寺」(くおんじつじょうあみだほんがんじ)であるとされる。16世紀末期に東西に分裂、東側は20世紀後期に発生したお東騒動の影響で更に分裂した。東西分裂前の本願寺については本願寺の歴史を参照のこと。.

新しい!!: 東海道本線と本願寺 · 続きを見る »

有楽町駅

銀座口(2015年9月) 有楽町駅(ゆうらくちょうえき)は、東京都千代田区有楽町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・東京地下鉄(東京メトロ)の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と有楽町駅 · 続きを見る »

成田エクスプレス

成田エクスプレス(なりたエクスプレス、Narita Express)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)が大船駅(横須賀駅繁盛期の土日祝にのみ運行。臨時列車として延長運転される。)・横浜駅・高尾駅(富士急行線 河口湖駅繁盛期の土日祝にのみ運行。臨時列車として延長運転される。)・大宮駅・池袋駅・新宿駅・品川駅 - 成田空港駅間で運行する特別急行列車である。 本項目では同区間で運行された臨時列車「ウイングエクスプレス」についても記載する。.

新しい!!: 東海道本線と成田エクスプレス · 続きを見る »

成田国際空港

成田国際空港(なりたこくさいくうこう、Narita International Airport)は、千葉県成田市の南東部、三里塚地区にある国際空港。 滑走路予定地などに、民家や神社、農地などが多数存在しているという、世界的に見ても例のない空港である。 首都圏に発着する国際線や、主要都市への国内線航空便が発着する空港法4条で法定されている空港で、航空法上の混雑空港(IATAのWSGで最も混雑レベルが激しい「レベル3」)でもある。 かつての正式名称は「新東京国際空港」であったが、2004年(平成16年)4月1日、成田国際空港株式会社法が施行され、空港を管理する新東京国際空港公団 (New Tokyo International Airport Authority, NAA) が、日本国政府による100%出資で設立された成田国際空港株式会社 (Narita International Airport Corporation, NAA) に改組し民営化(特殊会社化)されたことに伴い、改称された。「NAA」の略称は、旧公団時代から引き継がれたものである。 日本国内では、上記の改称以前から広く「成田空港」もしくは単に「成田」という呼び方が定着している。また、国際的な視点から見ると、日本国の首都である東京の国際空港として機能しているため、千葉県内に空港が所在しながらも便宜上「東京成田」(Tokyo-Narita)あるいは単に「東京」と呼ばれることもあるが、東京国際空港(通称:羽田空港)と区別するため、後者のみの呼称は避けられている。.

新しい!!: 東海道本線と成田国際空港 · 続きを見る »

成田線

成田線(なりたせん)は、以下の路線から構成される東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線(幹線)。いずれも全区間千葉県内を走行する。.

新しい!!: 東海道本線と成田線 · 続きを見る »

戦後混乱期

戦後混乱期(せんごこんらんき)とは、一般に戦争が終わった後にその国の経済・社会が混乱した時期である。.

新しい!!: 東海道本線と戦後混乱期 · 続きを見る »

戸塚駅

戸塚駅 橋上西口(2011年8月28日) 戸塚駅(とつかえき)は、神奈川県横浜市戸塚区戸塚町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・横浜市交通局(横浜市営地下鉄)の駅である。 JR東日本では「塚」を旧字体の「塚」で表記することがある。横浜市営地下鉄の案内サインでは旧字体の「塚」で表記している。.

新しい!!: 東海道本線と戸塚駅 · 続きを見る »

明治

明治(めいじ)は日本の元号の一つ。慶応の後、大正の前。新暦1868年1月25日(旧暦慶応4年1月1日/明治元年1月1日)から1912年(明治45年)7月30日までの期間を指す。日本での一世一元の制による最初の元号。明治天皇在位期間とほぼ一致する。ただし、実際に改元の詔書が出されたのは新暦1868年10月23日(旧暦慶応4年9月8日)で慶応4年1月1日に遡って明治元年1月1日とすると定めた。これが、明治時代である。.

新しい!!: 東海道本線と明治 · 続きを見る »

明治天皇

明治天皇(めいじてんのう、嘉永5年9月22日(1852年11月3日)- 1912年(明治45年)7月30日)は日本の第122代天皇。諱は睦仁(むつひと)。御称号は祐宮(さちのみや)。お印は永(えい)。倒幕・攘夷派の象徴として近代日本の指導者と仰がれる。功績・人物像から明治大帝(Meiji the Great)・明治聖帝・睦仁大帝(Mutsuhito the Great) とも呼ばれる。.

新しい!!: 東海道本線と明治天皇 · 続きを見る »

春照駅

春照駅(すいじょうえき)は、かつて滋賀県坂田郡春照村(現在の米原市)の東海道本線旧線に設けられていた日本の国有鉄道(鉄道作業局)の駅(廃駅)である。.

新しい!!: 東海道本線と春照駅 · 続きを見る »

昭和

昭和(しょうわ)は日本の元号の一つ。大正の後、平成の前。昭和天皇の在位期間である1926年(昭和元年)12月25日から1989年(昭和64年)1月7日まで。20世紀の大半を占める。 昭和は、日本の歴代元号の中で最も長く続いた元号であり、元年と64年は使用期間が共に7日間であるため実際の時間としては62年と14日となる。なお、外国の元号を含めても最も長く続いた元号であり、歴史上60年以上続いた元号は日本の昭和(64年)、清の康熙(61年)および乾隆(60年)しかない。 第二次世界大戦が終結した1945年(昭和20年)を境にして近代と現代に区切ることがある。.

新しい!!: 東海道本線と昭和 · 続きを見る »

昭憲皇太后

昭憲皇太后(しょうけんこうたいごう、嘉永2年4月17日(1849年5月9日) - 1914年(大正3年)4月9日)は、明治天皇の皇后。旧名・一条美子(いちじょう はるこ)。病弱で実子はなかったが、嫡妻として、明治天皇の側室(柳原愛子)が生んだ嘉仁親王(大正天皇)を養子とした。 欧州の王侯貴族・貴婦人と対峙できるよう近代女子教育を振興し、社会事業の発展、国産の奨励等に尽力した。史上初めて洋装をした皇后。1914年(大正3年)で崩御(64歳)。.

新しい!!: 東海道本線と昭憲皇太后 · 続きを見る »

海神奈川駅

海神奈川駅(うみかながわえき)は、かつて神奈川県横浜市神奈川区千若町二丁目から一丁目にかけて存在した日本国有鉄道(国鉄)東海道本線貨物支線の貨物駅である。電報略号は、ウカ。.

新しい!!: 東海道本線と海神奈川駅 · 続きを見る »

浜名湖

浜名湖(はまなこ)は、静岡県浜松市、湖西市にまたがる湖。.

新しい!!: 東海道本線と浜名湖 · 続きを見る »

浜名湖競艇場

ボートレース浜名湖(はまなこ)は静岡県の浜名湖の南岸にあるボートレース場である。 通称は、BOAT RACE浜名湖(ボートレースはまなこ)。.

新しい!!: 東海道本線と浜名湖競艇場 · 続きを見る »

浜川崎駅

浜川崎駅(はまかわさきえき)は、神奈川県川崎市川崎区にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・日本貨物鉄道(JR貨物)の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と浜川崎駅 · 続きを見る »

浜松市

浜松市(はままつし)は静岡県西部にある政令指定都市。面積と人口は浜松市が同県最大である。 戦国時代には浜松城の城下町、江戸時代には東海道の宿場町として栄えた。.

新しい!!: 東海道本線と浜松市 · 続きを見る »

浜松町駅

浜松町駅舎ビル(2006年5月) 浜松町駅(はままつちょうえき)は、東京都港区にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・東京モノレールの駅である。ただし、東京モノレールでは、モノレール浜松町駅(モノレールはままつちょうえき)が正式な駅名である。 所在地は、JR東日本が海岸一丁目、東京モノレールが浜松町二丁目となっている。.

新しい!!: 東海道本線と浜松町駅 · 続きを見る »

浜松駅

浜松駅(はままつえき)は、静岡県浜松市中区砂山町にある、東海旅客鉄道(JR東海)の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と浜松駅 · 続きを見る »

新垂井駅

新垂井駅(しんたるいえき)は、かつて岐阜県不破郡垂井町大石にあった、日本国有鉄道東海道本線の駅(廃駅)である。 かつて東海道本線大垣駅 - 関ケ原駅間の別線にあった駅である。この線路は下り列車専用であり、停車する列車も下り列車のみであった。 1986年11月1日のダイヤ改正時に廃止された。.

新しい!!: 東海道本線と新垂井駅 · 続きを見る »

新名神高速道路

新名神高速道路(しんめいしんこうそくどうろ、SHIN-MEISHIN EXPRESSWAY)は、三重県四日市市から滋賀県、京都府、大阪府を経由し兵庫県神戸市北区へ至る高速道路(高速自動車国道)である。略称は新名神高速(しんめいしんこうそく、SHIN-MEISHIN EXPWY)、新名神(しんめいしん)など。 高速道路ナンバリングによる路線番号は、新東名高速道路・伊勢湾岸自動車道ともに「E1A」が割り振られている。.

新しい!!: 東海道本線と新名神高速道路 · 続きを見る »

新大阪駅

横方向が新幹線。その下、右はJR京都線、左が御堂筋線。1985年度撮影。国土航空写真 新大阪駅(しんおおさかえき)は、大阪府大阪市淀川区西中島五丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)・東海旅客鉄道(JR東海)・大阪市高速電気軌道(Osaka Metro)の駅である。大阪府内では唯一の新幹線駅である。.

新しい!!: 東海道本線と新大阪駅 · 続きを見る »

新子安駅

ホーム(2015年7月) 新子安駅(しんこやすえき)は、神奈川県横浜市神奈川区子安通2丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅である。駅番号はJK 14。 乗り入れている路線は、線路名称上は東海道本線である(詳細は路線記事および鉄道路線の名称参照)が、当駅には電車線を走る京浜東北線電車のみが停車し、旅客案内では「東海道(本)線」とは案内されていない。また、JRの特定都区市内制度における「横浜市内」に属する。.

新しい!!: 東海道本線と新子安駅 · 続きを見る »

新宿駅

東口駅ビル「ルミネエスト新宿」 南口遠景(2005年5月) 南口遠景(2017年5月) 新宿駅(しんじゅくえき)は、東京都新宿区・渋谷区にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・京王電鉄・小田急電鉄・東京地下鉄(東京メトロ)・東京都交通局(都営地下鉄)の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と新宿駅 · 続きを見る »

新富士駅 (静岡県)

新富士駅(しんふじえき)は、静岡県富士市川成島にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道新幹線の駅。富士山の南正面に位置しており、駅から富士山の全景を見ることが出来る。.

新しい!!: 東海道本線と新富士駅 (静岡県) · 続きを見る »

新居町駅

新居町駅(あらいまちえき)は、静岡県湖西市新居町新居にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の駅である。 駅名と地名の読みが異なり、地名の読みは「あらいちょう」である。.

新しい!!: 東海道本線と新居町駅 · 続きを見る »

新川崎駅

新川崎駅(しんかわさきえき)は、神奈川県川崎市幸区鹿島田一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と新川崎駅 · 続きを見る »

新快速

新快速(しんかいそく)とは、日本国有鉄道(国鉄)が東海道本線・山陽本線などと阪和線で運転を開始し、現在は西日本旅客鉄道(JR西日本)の京阪神圏と東海旅客鉄道(JR東海)の中京圏で運行されている快速列車で、普通列車の種別の一つである。ともに、快速より停車駅が少ない列車種別であるが、京阪神圏と中京圏では性格が異なる。.

新しい!!: 東海道本線と新快速 · 続きを見る »

新神戸駅

新神戸駅(しんこうべえき)は、兵庫県神戸市中央区加納町一丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)・神戸市交通局(神戸市営地下鉄)・北神急行電鉄の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と新神戸駅 · 続きを見る »

新静岡駅

新静岡駅(しんしずおかえき)は静岡市葵区鷹匠一丁目にある静岡鉄道静岡清水線の駅である。同線の起点である。駅番号はS01。 静岡清水線の車両工場が長沼駅に移転するまでは同所に車両工場があり、静岡清水線並びに軌道線車両(静岡市内線・清水市内線)の車両を受け持っていた。また、静岡市内線が健在だったころは同駅が静岡清水線との乗り換えターミナルとなっていた。.

新しい!!: 東海道本線と新静岡駅 · 続きを見る »

新鶴見信号場

新鶴見信号場(しんつるみしんごうじょう)は、神奈川県川崎市幸区鹿島田・小倉にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)の信号場である。 かつての新鶴見操車場で、ヤード集結形貨物輸送の終結に伴い一部機能を残して、1984年(昭和59年)に信号場に格下げされ、約42 ha(うち川崎市約30 ha、横浜市約12 ha)の広大な跡地の多くは長らく更地となっていたが、1990年代の末から再開発が行われてきている。.

新しい!!: 東海道本線と新鶴見信号場 · 続きを見る »

新興駅 (神奈川県)

駅舎入り口の駅名表示 専用線路線図(1975年) 駅舎撤去後。跡地には京浜急行バス新子安営業所が建っている(2014年) 新興駅(しんこうえき)は、かつて神奈川県横浜市神奈川区守屋町三丁目に駅舎を置いていた、日本貨物鉄道(JR貨物)の貨物駅(廃駅)である。東海道本線貨物支線(通称、高島線)上にあった。2002年より貨物列車の発着はなくなり、2010年に正式に廃止された。 かつての駅住所は旧入江駅から分岐する貨物支線(通称:新興線)の終端の鶴見区大黒町4で、そこに駅舎も存在した。営業キロ設定上は廃止時点でも新興線の終端に置かれていたが、廃止時点では新興線のすべてのレールが撤去されていた。.

新しい!!: 東海道本線と新興駅 (神奈川県) · 続きを見る »

新蒲原駅

新蒲原駅(しんかんばらえき)は、静岡県静岡市清水区蒲原にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と新蒲原駅 · 続きを見る »

新長田駅

新長田駅(しんながたえき)は、兵庫県神戸市長田区にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)・神戸市営地下鉄の駅である。JR西日本の駅番号はJR-A65。神戸市営地下鉄の駅番号は西神・山手線がS09、海岸線がK10。.

新しい!!: 東海道本線と新長田駅 · 続きを見る »

新東名高速道路

新東名高速道路(しんとうめいこうそくどうろ、SHIN-TOMEI EXPWY)は、神奈川県海老名市から静岡県を経由し愛知県豊田市へ至る高速道路(高速自動車国道)である。略称は新東名高速(しんとうめいこうそく、SHIN-TOMEI EXP)、新東名(しんとうめい)、第二東名(だいにとうめい)など。法律上の路線名は第二東海自動車道横浜名古屋線。  高速道路ナンバリングによる路線番号は、本線が伊勢湾岸自動車道・新名神高速道路とともに「E1A」、清水連絡路が中部横断自動車道とともに「E52」、引佐連絡路が三遠南信自動車道とともに「E69」と各区間割り振られている。.

新しい!!: 東海道本線と新東名高速道路 · 続きを見る »

新横浜駅

新横浜駅(しんよこはまえき)は、神奈川県横浜市港北区篠原町および新横浜二丁目にある、東海旅客鉄道(JR東海)・東日本旅客鉄道(JR東日本)・横浜市交通局(横浜市営地下鉄)の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と新横浜駅 · 続きを見る »

新橋駅

日比谷口(2007年4月30日) 新橋駅(しんばしえき)は、東京都港区にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・東京地下鉄(東京メトロ)・東京都交通局(都営地下鉄)・ゆりかもめの駅である。 所在地は、ゆりかもめの駅が東新橋一丁目、その他の駅が新橋二丁目となっている。.

新しい!!: 東海道本線と新橋駅 · 続きを見る »

新湘南バイパス

| 新湘南バイパス(しんしょうなんバイパス)は、神奈川県藤沢市から茅ヶ崎市、平塚市の市街地を迂回して神奈川県中郡大磯町に至る国道1号のバイパスで、中日本高速道路株式会社管轄の一般有料道路である。自動車専用道路に指定されているため、排気量125 cc以下の二輪車は通行禁止となっている。 藤沢インターチェンジ (IC) - 茅ヶ崎ジャンクション (JCT) 間は首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の一部を構成するが、千葉東金道路二期区間のように道路名は変更されていないため、本記事では別の道路として扱う。高速道路ナンバリングによる路線番号は、圏央道の一部を構成している上記の区間を圏央道と同じ 「C4」 、それ以外の茅ヶ崎JCT - (新湘南バイパス)大磯IC(計画中、暫定供用)間は西湘バイパスとともに 「E84」 と各区間割り振られている。.

新しい!!: 東海道本線と新湘南バイパス · 続きを見る »

新浜松駅

新浜松駅(しんはままつえき)は、静岡県浜松市中区鍛冶町にある遠州鉄道鉄道線の駅である。駅番号は01。 東海旅客鉄道(JR東海)の浜松駅と相互乗換が可能。.

新しい!!: 東海道本線と新浜松駅 · 続きを見る »

新所原駅

新所原駅(しんじょはらえき)は、静岡県湖西市新所原三丁目にある、東海旅客鉄道(JR東海)・天竜浜名湖鉄道の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と新所原駅 · 続きを見る »

日中戦争

日中戦争(にっちゅうせんそう)は、1937年(民国26年、昭和12年)から1945年まで、中華民国と大日本帝国の間で行われた戦争である。日本政府は、勃発当時は支那事変としたが、1941年12月の対英米蘭との開戦に伴い、支那事変から対英米蘭戦までを大東亜戦争とした。中華民国側は、抗日戦争と呼称している。.

新しい!!: 東海道本線と日中戦争 · 続きを見る »

日光 (列車)

日光(にっこう)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)および東武鉄道が新宿駅 - 東武日光駅間を山手線、東北本線(宇都宮線)、東武日光線経由で運行している特急列車である。 本項では、同じくJR東日本と東武鉄道が新宿駅 - 鬼怒川温泉駅間を山手線、東北本線(宇都宮線)、東武日光線、東武鬼怒川線経由で運行する特急「きぬがわ」について記載するとともに、東北本線および日光線経由で東京方面と日光線方面を結んでいた日本国有鉄道(国鉄)・JR東日本の準急列車や急行列車「日光」などの優等列車の沿革についても記述する。.

新しい!!: 東海道本線と日光 (列車) · 続きを見る »

日清戦争

日清戦争(にっしんせんそう)は、1894年(明治27年)7月25日(光緒20年6月)から1895年(明治28年)3月(光緒21年2月)にかけて行われた主に朝鮮半島(李氏朝鮮)をめぐる日本と大清国の戦争である。前者がイギリス帝国に接近し、治外法権を撤廃させる実質的な外交材料となった。日清講和条約を結ばせた日本は戦勝国であったが、多くの兵を病死させている。また、利率の高い国内軍事公債も戦後に借り替えた。条約により台湾を譲り受けた日本は、台湾総督府や台湾製糖を設置し、民間からは大日本製糖などの製糖会社が台湾に進出した。また日清汽船(大阪商船)などの水運会社が上海に進出した。.

新しい!!: 東海道本線と日清戦争 · 続きを見る »

日本

日本国(にっぽんこく、にほんこく、ひのもとのくに)、または日本(にっぽん、にほん、ひのもと)は、東アジアに位置する日本列島(北海道・本州・四国・九州の主要四島およびそれに付随する島々)及び、南西諸島・伊豆諸島・小笠原諸島などから成る島国広辞苑第5版。.

新しい!!: 東海道本線と日本 · 続きを見る »

日本の鉄道

三代歌川広重作『横浜海岸鉄道蒸気車之図』 日本の鉄道(にほんのてつどう)では、日本国内における広義の鉄道について述べる。.

新しい!!: 東海道本線と日本の鉄道 · 続きを見る »

日本の鉄道史

日本の鉄道史(にほんのてつどうし)では、日本の鉄道の展開過程について述べる。.

新しい!!: 東海道本線と日本の鉄道史 · 続きを見る »

日本の鉄道路線一覧

日本の鉄道路線一覧(にっぽんのてつどうろせんいちらん)は、日本の鉄道路線を五十音順に並べたものである。 この一覧では、記事名に会社名等が冠されているものについては原則として会社名等の部分を外し、線路名称のみで50音順に並べている。ただし、正式の線路名称に会社名等が冠されている場合は、それを含めた名称で並べ、会社名等を外した線名でも重ねて記載した。 また、利用者の検索の便を図るため、正式の線路名称のほか、愛称、通称が設定されているものについても記載した。 参照:.

新しい!!: 東海道本線と日本の鉄道路線一覧 · 続きを見る »

日本の鉄道開業

浮世絵に描かれた開業当初の鉄道(横浜) 日本の鉄道開業(にっぽんのてつどうかいぎょう)では、日本初の鉄道路線である新橋駅 - 横浜駅(現桜木町駅)間が、明治5年9月12日(天保暦、翌年から採用されたグレゴリオ暦では1872年10月14日)の正式開業を迎えるまでについて記す。.

新しい!!: 東海道本線と日本の鉄道開業 · 続きを見る »

日本坂トンネル

日本坂トンネル(にほんざかトンネル)では以下のトンネルについて解説する。.

新しい!!: 東海道本線と日本坂トンネル · 続きを見る »

日本丸メモリアルパーク

日本丸展示ドック 総帆展帆した日本丸 日本丸メモリアルパーク(にっぽんまるメモリアルパーク)は、横浜市西区のみなとみらい地区(23街区の一部)にある同地区で最初に整備された公園(港湾緑地)である。展示施設として帆船日本丸および展示ドック、海事博物館の横浜みなと博物館がある。日本丸と展示ドックは国の重要文化財に指定されている(後述参照)。.

新しい!!: 東海道本線と日本丸メモリアルパーク · 続きを見る »

日本平

西側の朝鮮岩から望む日本平、手前に安倍川と東名高速道路、中央のビルは静岡新聞社本社、山の中腹以下一帯が静岡大学(2016年2月撮影) 日本平(にほんだいら)は、静岡県静岡市の駿河区と清水区の境界にある景勝地である。名称は日本武尊(やまとたけるのみこと)伝説に由来する。.

新しい!!: 東海道本線と日本平 · 続きを見る »

日本国有鉄道

鉄道博物館所蔵) 日本国有鉄道(にほんこくゆうてつどう、にっぽんこくゆうてつどう鉄道総合技術研究所の提供する や、高橋政士『詳解 鉄道用語辞典』山海堂 2006年などでは「にほんこくゆうてつどう」で記載されているが、米国特許(US 3865202、US 3822375、US 4134342など)ではNippon Kokuyu Tetsudoで出願されている。、英称:、英略称: )は、日本国有鉄道法に基づき日本の国有鉄道を運営していた事業体である。 経営形態は政府が100%出資する公社(特殊法人)であり、いわゆる三公社五現業の一つ。通称は国鉄(こくてつ)。 鉄道開業以来、国営事業として政府官庁によって経営されていた国有鉄道事業を、独立採算制の公共事業として承継する国の事業体として1949年6月1日に発足した。すなわち、日本国有鉄道は当時の運輸省の外郭団体であった。 国鉄分割民営化によって発足した政府出資の株式会社(特殊会社)形態のJRグループ各社および関係法人に事業を承継させ、1987年4月1日に日本国有鉄道の清算業務を行なう日本国有鉄道清算事業団(1998年10月22日解散)に移行した。 鉄道事業の経営形態を示す広義の国有鉄道については国鉄を参照のこと。.

新しい!!: 東海道本線と日本国有鉄道 · 続きを見る »

日本貨物鉄道

JRFロゴを標記したコンテナ 日本貨物鉄道株式会社(にほんかもつてつどう、英称:Japan Freight Railway Company)は、1987年4月1日に日本国有鉄道(国鉄)から鉄道事業を引き継いだJRグループ7会社のうちの一つ。 略称はJR貨物(ジェイアールかもつ)、英語略称はJR Freight。コーポレートカラーは「コンテナブルー」(青22号)。社章であるJRグループ共通のJRロゴのほか、独自のサービスマーク「JRF」ロゴも使用しているが、後者は2017年以降コンテナや機関車から撤去され始めている。またロゴの色も19A形以降のコンテナに使用されているJRFレッド(ワインレッド)が用いられる場合がある。四国旅客鉄道以外のJR各社と同様に、ロゴの「鉄」の字は、金を失うという意味を避けるため「金偏に矢」という「鉃」の文字を使っているが、正式な商号は常用漢字の「鉄」である。 全国規模で貨物列車を運行しているほか、遊休地となっていた操車場跡地を利用しての不動産賃貸業や社宅跡地を利用してのマンション分譲も行っており、デベロッパーとしての側面もある。.

新しい!!: 東海道本線と日本貨物鉄道 · 続きを見る »

日本海 (列車)

日本海(にほんかい)は、大阪駅 - 青森駅間を東海道本線・湖西線・北陸本線・信越本線・羽越本線・奥羽本線(日本海縦貫線)経由で運行していた寝台特別急行列車である。2012年(平成24年)3月17日のダイヤ改正以降は臨時列車となったが、2013年(平成25年)1月の臨時列車以降の設定が成されておらず公式発表もないが、七尾線直通以外では北陸新幹線の並行在来線となる第三セクター区間では原則的にJR西日本の特急設定をしない報道もあり、事実上の廃止といえる。.

新しい!!: 東海道本線と日本海 (列車) · 続きを見る »

日本海縦貫線

日本海縦貫線(にほんかいじゅうかんせん)は、近畿地方から東北地方あるいは北海道までの日本海沿岸に敷設された、JRおよびJRから移管された第三セクターの鉄道路線の総称である。複数の路線の全部または一部から構成されるが、長距離運行する優等列車(特急、寝台特急、急行)や貨物列車の運用上、一部で一体的に機能させている。正式な路線名称ではなく、JR旅客会社および第三セクター会社では案内名称としては使用しないが、日本貨物鉄道(JR貨物)では案内名称として使用している社団法人鉄道貨物協会『貨物時刻表』各号。目次には「日本海縦貫線は東海道・北陸・信越・羽越及び奥羽の各本線を縦貫する線です。」と注記がある。。日本海縦貫線の距離は大阪駅 - 青森駅間で1,039.9キロメートル(新潟駅経由)である。.

新しい!!: 東海道本線と日本海縦貫線 · 続きを見る »

旧暦

旧暦(きゅうれき)とは改暦があった場合のそれ以前に使われていた暦法のことである。改暦後の暦法は新暦。多くの国ではグレゴリオ暦が現行暦のため、グレゴリオ暦の前の暦法を指す。.

新しい!!: 東海道本線と旧暦 · 続きを見る »

早川 (神奈川県)

早川(はやかわ)は、神奈川県足柄下郡箱根町および小田原市を流れる河川。二級水系早川の本流。.

新しい!!: 東海道本線と早川 (神奈川県) · 続きを見る »

早川駅

早川駅(はやかわえき)は、神奈川県小田原市早川一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)東海道本線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と早川駅 · 続きを見る »

旅客営業規則

旅客営業規則(りょかくえいぎょうきそく)は、日本国有鉄道やそれを引き継いだJR旅客鉄道会社が旅客との運送契約に適用する条件を定めた運送約款の名称。私鉄の運送約款にも「旅客営業規則」としているものがある。「旅規」(りょき)とも略される。.

新しい!!: 東海道本線と旅客営業規則 · 続きを見る »

摩耶埠頭駅

摩耶埠頭駅(まやふとうえき)は、兵庫県神戸市灘区摩耶埠頭にあった日本国有鉄道(国鉄)の貨物駅。東海道本線の貨物支線上(通称、神戸臨港線)にあった。.

新しい!!: 東海道本線と摩耶埠頭駅 · 続きを見る »

摩耶駅

駅から望む。灘駅構内では元東灘信号所への場内信号が複数並ぶ。内側線からもこの場内信号を抜けて外側待避線路に進入できる。青陽東養護学校があるところには以前保線基地があった。右に映っている保線車両はその保線基地への入口跡。 摩耶駅(まやえき)は、兵庫県神戸市灘区灘南通五丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)東海道本線の駅である。駅番号はJR-A59。「JR神戸線」の愛称区間に含まれている。.

新しい!!: 東海道本線と摩耶駅 · 続きを見る »

摂津富田駅

摂津富田駅の上屋根を支持する双頭レールと縦の形の駅名標 摂津富田駅(せっつとんだえき)は、大阪府高槻市富田町一丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)東海道本線の駅である。駅番号はJR-A39。「JR京都線」の愛称区間に含まれている。.

新しい!!: 東海道本線と摂津富田駅 · 続きを見る »

摂津本山駅

旧南口駅舎 ホーム 旧北口駅舎(2012年解体) 摂津本山駅(せっつもとやまえき)は、兵庫県神戸市東灘区岡本一丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)東海道本線の駅である。駅番号はJR-A56。「JR神戸線」の愛称区間に含まれている。.

新しい!!: 東海道本線と摂津本山駅 · 続きを見る »

播但線

播但線(ばんたんせん)は、兵庫県姫路市の姫路駅から兵庫県朝来市の和田山駅に至る西日本旅客鉄道(JR西日本)の鉄道路線(地方交通線)である。.

新しい!!: 東海道本線と播但線 · 続きを見る »

支線

鉄道における支線(しせん)あるいは枝線(えだせん)(branch line)とは、本線から枝分かれ(分岐)した鉄道路線のことである。まれに「別線(べつせん)」とも。 支線には、起点・終点のどちらか片端だけ他の鉄道路線に接続するものと、両端で本線に接続して本線のバイパス機能を果たすものがある。支線の列車運行は、本線と直通する場合(例:JR鶴見線の海芝浦支線・大川支線)や分離している場合(例:JR埼京線)がある。.

新しい!!: 東海道本線と支線 · 続きを見る »

放出駅

放出駅(はなてんえき)は、大阪府大阪市鶴見区放出東三丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と放出駅 · 続きを見る »

愛知川

愛知川(えちがわ)は、滋賀県東部(湖東地域)を流れる淀川水系の一級河川。.

新しい!!: 東海道本線と愛知川 · 続きを見る »

愛知御津駅

愛知御津駅(あいちみとえき)は、愛知県豊川市御津町西方松本にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と愛知御津駅 · 続きを見る »

愛知県

愛知県(あいちけん)は、太平洋に面する日本の県の一つ。県庁所在地は名古屋市。.

新しい!!: 東海道本線と愛知県 · 続きを見る »

愛知環状鉄道線

| 愛知環状鉄道線(あいちかんじょうてつどうせん)は、愛知県岡崎市の岡崎駅から新豊田駅を経て、愛知県春日井市の高蔵寺駅に至る愛知環状鉄道の鉄道路線である。通称愛環線(あいかんせん)、または愛環(あいかん)。 なお、この路線の大部分の区間の前身となった岡多線(おかたせん)についても本項で記述する。.

新しい!!: 東海道本線と愛知環状鉄道線 · 続きを見る »

愛鷹山

愛鷹山(あしたかやま)は静岡県の東部にある山。富士山の南隣に位置する火山である。最高峰は標高1504.2mの越前岳。狭義には南方にある1,187.5mの愛鷹山峰を指す。愛鷹山塊や愛鷹連峰とも呼ばれることがある。日本二百名山の1つ。.

新しい!!: 東海道本線と愛鷹山 · 続きを見る »

愛野駅 (静岡県)

南口(2006年12月) ホーム(2011年1月) 東海道本線愛野駅と東海道新幹線(2009年1月) 愛野駅(あいのえき)は、静岡県袋井市愛野にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線(静岡地区)の駅である。.

新しい!!: 東海道本線と愛野駅 (静岡県) · 続きを見る »

敦賀港駅

駅構内(2008年撮影) 駅構内(2007年撮影)左側に敦賀セメントへの廃トンネルが見える 敦賀港駅(つるがみなとえき)は、福井県敦賀市金ヶ崎町にある日本貨物鉄道(JR貨物)の貨物駅である。北陸本線貨物支線(通称:敦賀港線)の終着駅である。 2009年3月末まで貨物列車の発着があったが、2009年(平成21年)4月より貨物列車がなくなり、駅設備の一部がオフレールステーションとなり敦賀港新営業所として営業している(後述)。.

新しい!!: 東海道本線と敦賀港駅 · 続きを見る »

急行列車

日本の急行列車の例:「あしずり」 急行列車(きゅうこうれっしゃ)とは、普通列車(緩行)に対し、一部の駅を通過して主要駅にのみ停車し、速達輸送を行なう列車のことをいう。 一般的に停車駅は、特別急行列車(特急)より多く、準急列車(または快速列車)より少ない。急行列車の英訳はExpressが当てられる。 本項では急行料金を必要とする優等列車のほか、以下の列車についても解説する。.

新しい!!: 東海道本線と急行列車 · 続きを見る »

普通列車

207系) 普通列車(ふつうれっしゃ)とは、旅客列車における列車種別の一種である。一般的には運賃のみで乗車可能な各駅に停車する列車を指し、「各駅停車」と案内する事業者もある。 日本国有鉄道(国鉄)・JRの旅客営業規則における用語では、特別急行列車を含む広義の急行列車以外の列車を指し、この場合は快速列車も含まれる概念となる。市販の時刻表では細字で表示されている列車を表す電気車研究会『鉄道ピクトリアル』No.844 p.11。 本項は特に断りがない限り、日本における普通列車を主題として解説している。.

新しい!!: 東海道本線と普通列車 · 続きを見る »

智頭急行

智頭急行株式会社(ちずきゅうこう、、略称: CKK)は、兵庫県・岡山県・鳥取県の3県において旧日本鉄道建設公団建設線の智頭線を運営している鉄道会社である。鳥取県など沿線自治体の出資による第三セクター方式で設立された、第三セクター鉄道の一つである小野まなみ(2014年12月4日).

新しい!!: 東海道本線と智頭急行 · 続きを見る »

智頭急行HOT7000系気動車

智頭急行HOT7000系気動車(ちずきゅうこうHOT7000けいきどうしゃ)は、智頭急行の特急形気動車である。.

新しい!!: 東海道本線と智頭急行HOT7000系気動車 · 続きを見る »

智頭急行智頭線

智頭線(ちずせん)は、兵庫県赤穂郡上郡町の上郡駅から鳥取県八頭郡智頭町の智頭駅に至る智頭急行の鉄道路線である。 京阪神と鳥取を結ぶ短絡線、山陽地域と鳥取を結ぶ高速路線として、特急「スーパーはくと」や特急「スーパーいなば」が運転されている。.

新しい!!: 東海道本線と智頭急行智頭線 · 続きを見る »

10月10日

10月10日(じゅうがつとおか)は、グレゴリオ暦で年始から283日目(閏年では284日目)にあたり、年末まであと82日ある。.

新しい!!: 東海道本線と10月10日 · 続きを見る »

10月11日

10月11日(じゅうがつじゅういちにち)はグレゴリオ暦で年始から284日目(閏年では285日目)にあたり、年末まであと81日ある。.

新しい!!: 東海道本線と10月11日 · 続きを見る »

10月12日

10月12日(じゅうがつじゅうににち)はグレゴリオ暦で年始から285日目(閏年では286日目)にあたり、年末まであと80日ある。.

新しい!!: 東海道本線と10月12日 · 続きを見る »

10月14日

10月14日(じゅうがつじゅうよっか、じゅうがつじゅうよんにち)は、グレゴリオ暦で年始から287日目(閏年では288日目)にあたり、年末まであと78日ある。.

新しい!!: 東海道本線と10月14日 · 続きを見る »

10月18日

10月18日(じゅうがつじゅうはちにち)は、グレゴリオ暦で年始から291日目(閏年では292日目)にあたり、年末まであと74日ある。.

新しい!!: 東海道本線と10月18日 · 続きを見る »

10月1日

10月1日(じゅうがつついたち)はグレゴリオ暦で年始から274日目(閏年では275日目)にあたり、年末まであと91日ある。.

新しい!!: 東海道本線と10月1日 · 続きを見る »

10月23日

10月23日(じゅうがつにじゅうさんにち)は、グレゴリオ暦で年始から296日目(閏年では297日目)にあたり、年末まであと69日ある。.

新しい!!: 東海道本線と10月23日 · 続きを見る »

10月24日

10月24日(じゅうがつにじゅうよっか、じゅうがつにじゅうよんにち)はグレゴリオ暦で年始から297日目(閏年では298日目)にあたり、年末まであと68日ある。.

新しい!!: 東海道本線と10月24日 · 続きを見る »

10月26日

10月26日(じゅうがつにじゅうろくにち)はグレゴリオ暦で年始から299日目(閏年では300日目)にあたり、年末まであと66日ある。.

新しい!!: 東海道本線と10月26日 · 続きを見る »

10月27日

10月27日(じゅうがつにじゅうしちにち)はグレゴリオ暦で年始から300日目(閏年では301日目)にあたり、年末まであと65日ある。.

新しい!!: 東海道本線と10月27日 · 続きを見る »

10月30日

10月30日(じゅうがつさんじゅうにち)は、グレゴリオ暦で年始から303日目(閏年では304日目)にあたり、年末まであと62日ある。.

新しい!!: 東海道本線と10月30日 · 続きを見る »

10月6日

10月6日(じゅうがつむいか)はグレゴリオ暦で年始から279日目(閏年では280日目)にあたり、年末まであと86日ある。.

新しい!!: 東海道本線と10月6日 · 続きを見る »

10月8日

10月8日(じゅうがつようか)は、グレゴリオ暦で年始から281日目(閏年では282日目)にあたり、年末まであと84日ある。.

新しい!!: 東海道本線と10月8日 · 続きを見る »

11月11日

11月11日(じゅういちがつじゅういちにち)はグレゴリオ暦で年始から315日目(閏年では316日目)にあたり、年末まであと50日ある。.

新しい!!: 東海道本線と11月11日 · 続きを見る »

11月12日

11月12日(じゅういちがつじゅうににち)は、グレゴリオ暦で年始から316日目(閏年では317日目)にあたり、年末まであと49日ある。.

新しい!!: 東海道本線と11月12日 · 続きを見る »

11月14日

11月14日(じゅういちがつじゅうよっか、じゅういちがつじゅうよんにち)はグレゴリオ暦で年始から318日目(閏年では319日目)にあたり、年末まであと47日ある。誕生花は松、アルストレメリア(百合水仙)、サフラン。.

新しい!!: 東海道本線と11月14日 · 続きを見る »

11月15日

11月15日(じゅういちがつじゅうごにち)は、グレゴリオ暦で年始から319日目(閏年では320日目)にあたり、年末まであと46日ある。.

新しい!!: 東海道本線と11月15日 · 続きを見る »

11月16日

11月16日(じゅういちがつじゅうろくにち)は、グレゴリオ暦で年始から320日目(閏年では321日目)にあたり、年末まであと45日ある。.

新しい!!: 東海道本線と11月16日 · 続きを見る »

11月19日

11月19日(じゅういちがつじゅうくにち)はグレゴリオ暦で年始から323日目(閏年では324日目)にあたり、年末まであと42日ある。.

新しい!!: 東海道本線と11月19日 · 続きを見る »

11月1日

11月1日(じゅういちがつついたち)はグレゴリオ暦で始から305日目(閏年では306日目)にあたり、年末まであと60日ある。.

新しい!!: 東海道本線と11月1日 · 続きを見る »

11月20日

11月20日(じゅういちがつはつか、じゅういちがつにじゅうにち)はグレゴリオ暦で年始から324日目(閏年では325日目)にあたり、年末まであと41日ある。.

新しい!!: 東海道本線と11月20日 · 続きを見る »

11月24日

11月24日(じゅういちがつにじゅうよっか、じゅういちがつにじゅうよんにち)はグレゴリオ暦で年始から328日目(閏年では329日目)にあたり年末まであと37日ある。.

新しい!!: 東海道本線と11月24日 · 続きを見る »

11月27日

11月27日(じゅういちがつにじゅうしちにち、じゅういちがつにじゅうななにち)はグレゴリオ暦で年始から331日目(閏年では332日目)にあたり、年末まであと34日ある。.

新しい!!: 東海道本線と11月27日 · 続きを見る »

11月28日

11月28日(じゅういちがつにじゅうはちにち)は、グレゴリオ暦で年始から332日目(閏年では333日目)にあたり、年末まであと33日ある。.

新しい!!: 東海道本線と11月28日 · 続きを見る »

11月5日

11月5日(じゅういちがついつか)はグレゴリオ暦で年始から309日目(閏年では310日目)にあたり、年末まであと56日ある。.

新しい!!: 東海道本線と11月5日 · 続きを見る »

11月6日

11月6日(じゅういちがつむいか)はグレゴリオ暦で年始から310日目(閏年では311日目)にあたり、年末まであと55日ある。.

新しい!!: 東海道本線と11月6日 · 続きを見る »

11月8日

11月8日(じゅういちがつようか)はグレゴリオ暦で年始から312日目(閏年では313日目)にあたり、年末まであと53日ある。.

新しい!!: 東海道本線と11月8日 · 続きを見る »

12月10日

12月10日(じゅうにがつとおか)は、グレゴリオ暦で年始から344日目(閏年では345日目)にあたり、年末まであと21日ある。.

新しい!!: 東海道本線と12月10日 · 続きを見る »

12月14日

12月14日(じゅうにがつじゅうよっか、じゅうにがつじゅうよんにち)はグレゴリオ暦で年始から348日目(閏年では349日目)にあたり、年末まであと17日ある。.

新しい!!: 東海道本線と12月14日 · 続きを見る »

12月15日

12月15日(じゅうにがつじゅうごにち)はグレゴリオ暦で年始から349日目(閏年では350日目)にあたり、年末まであと16日ある。.

新しい!!: 東海道本線と12月15日 · 続きを見る »

12月16日

12月16日(じゅうにがつじゅうろくにち)はグレゴリオ暦で年始から350日目(閏年では351日目)にあたり、年末まであと15日ある。.

新しい!!: 東海道本線と12月16日 · 続きを見る »

12月1日

12月1日(じゅうにがつついたち)は、グレゴリオ暦で年始から335日目(閏年では336日目)にあたり、年末まであと30日ある。.

新しい!!: 東海道本線と12月1日 · 続きを見る »

12月20日

12月20日(じゅうにがつはつか、じゅうにがつにじゅうにち)はグレゴリオ暦で年始から354日目(閏年では355日目)にあたり、年末まであと11日ある。.

新しい!!: 東海道本線と12月20日 · 続きを見る »

12月21日

12月21日(じゅうにがつにじゅういちにち)はグレゴリオ暦で年始から355日目(閏年では356日目)にあたり、年末まであと10日ある。.

新しい!!: 東海道本線と12月21日 · 続きを見る »

12月24日

12月24日(じゅうにがつにじゅうよっか、じゅうにがつにじゅうよんにち)は、グレゴリオ暦で年始から358日目(閏年では359日目)にあたり、年末まであと7日ある。.

新しい!!: 東海道本線と12月24日 · 続きを見る »

12月25日

12月25日(じゅうにがつにじゅうごにち)は、グレゴリオ暦で年始から359日目(閏年では360日目)にあたり、年末まであと6日ある。この日はクリスマスである。.

新しい!!: 東海道本線と12月25日 · 続きを見る »

12月28日

12月28日(じゅうにがつにじゅうはちにち)は、グレゴリオ暦で年始から362日目(閏年では363日目)にあたり、年末まであと3日ある。.

新しい!!: 東海道本線と12月28日 · 続きを見る »

12月30日

12月30日(じゅうにがつさんじゅうにち)は、グレゴリオ暦で年始から364日目(閏年では365日目)にあたり、年末まであと1日ある(小晦日)。.

新しい!!: 東海道本線と12月30日 · 続きを見る »

12月4日

12月4日(じゅうにがつよっか)はグレゴリオ暦で年始から338日目(閏年では339日目)にあたり、年末まであと27日ある。.

新しい!!: 東海道本線と12月4日 · 続きを見る »

12月5日

12月5日(じゅうにがついつか)はグレゴリオ暦で年始から339日目(閏年では340日目)にあたり、年末まであと26日ある。.

新しい!!: 東海道本線と12月5日 · 続きを見る »

12月7日

12月7日(じゅうにがつなのか)はグレゴリオ暦で年始から341日目(閏年では342日目)にあたり、年末まであと24日ある。.

新しい!!: 東海道本線と12月7日 · 続きを見る »

12月8日

12月8日(じゅうにがつようか)は、グレゴリオ暦で年始から342日目(閏年では343日目)にあたり、年末まであと23日ある。.

新しい!!: 東海道本線と12月8日 · 続きを見る »

1872年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1872年 · 続きを見る »

1873年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1873年 · 続きを見る »

1874年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1874年 · 続きを見る »

1875年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1875年 · 続きを見る »

1876年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1876年 · 続きを見る »

1877年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1877年 · 続きを見る »

1879年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1879年 · 続きを見る »

1880年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1880年 · 続きを見る »

1881年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1881年 · 続きを見る »

1882年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1882年 · 続きを見る »

1883年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1883年 · 続きを見る »

1884年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1884年 · 続きを見る »

1885年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1885年 · 続きを見る »

1886年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1886年 · 続きを見る »

1887年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1887年 · 続きを見る »

1888年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1888年 · 続きを見る »

1889年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1889年 · 続きを見る »

1890年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1890年 · 続きを見る »

1891年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1891年 · 続きを見る »

1894年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1894年 · 続きを見る »

1895年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1895年 · 続きを見る »

1896年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1896年 · 続きを見る »

1897年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1897年 · 続きを見る »

1898年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1898年 · 続きを見る »

1899年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1899年 · 続きを見る »

1900年

19世紀最後の年である。100で割り切れるが400では割り切れない年であるため、閏年ではなく、4で割り切れる平年となる。.

新しい!!: 東海道本線と1900年 · 続きを見る »

1901年

20世紀最初の年である。.

新しい!!: 東海道本線と1901年 · 続きを見る »

1902年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1902年 · 続きを見る »

1903年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1903年 · 続きを見る »

1904年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1904年 · 続きを見る »

1905年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1905年 · 続きを見る »

1906年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1906年 · 続きを見る »

1907年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1907年 · 続きを見る »

1908年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1908年 · 続きを見る »

1909年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1909年 · 続きを見る »

1910年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1910年 · 続きを見る »

1911年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1911年 · 続きを見る »

1912年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1912年 · 続きを見る »

1913年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1913年 · 続きを見る »

1914年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1914年 · 続きを見る »

1915年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1915年 · 続きを見る »

1916年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1916年 · 続きを見る »

1917年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1917年 · 続きを見る »

1918年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1918年 · 続きを見る »

1919年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1919年 · 続きを見る »

1920年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1920年 · 続きを見る »

1921年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1921年 · 続きを見る »

1922年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1922年 · 続きを見る »

1923年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1923年 · 続きを見る »

1924年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1924年 · 続きを見る »

1925年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1925年 · 続きを見る »

1926年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1926年 · 続きを見る »

1927年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1927年 · 続きを見る »

1928年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1928年 · 続きを見る »

1929年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1929年 · 続きを見る »

1930年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1930年 · 続きを見る »

1931年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1931年 · 続きを見る »

1932年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1932年 · 続きを見る »

1933年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1933年 · 続きを見る »

1934年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1934年 · 続きを見る »

1935年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1935年 · 続きを見る »

1936年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1936年 · 続きを見る »

1937年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1937年 · 続きを見る »

1938年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1938年 · 続きを見る »

1939年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1939年 · 続きを見る »

1940年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1940年 · 続きを見る »

1942年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1942年 · 続きを見る »

1943年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1943年 · 続きを見る »

1944年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1944年 · 続きを見る »

1945年

この年に第二次世界大戦が終結したため、世界史の大きな転換点となった年である。.

新しい!!: 東海道本線と1945年 · 続きを見る »

1946年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1946年 · 続きを見る »

1947年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1947年 · 続きを見る »

1948年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1948年 · 続きを見る »

1949年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1949年 · 続きを見る »

1950年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1950年 · 続きを見る »

1952年

この項目では、国際的な視点に基づいた1952年について記載する。.

新しい!!: 東海道本線と1952年 · 続きを見る »

1953年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1953年 · 続きを見る »

1954年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1954年 · 続きを見る »

1955年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1955年 · 続きを見る »

1956年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1956年 · 続きを見る »

1957年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1957年 · 続きを見る »

1958年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1958年 · 続きを見る »

1959年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1959年 · 続きを見る »

1960年

アフリカにおいて当時西欧諸国の植民地であった地域の多数が独立を達成した年であることに因み、アフリカの年と呼ばれる。.

新しい!!: 東海道本線と1960年 · 続きを見る »

1961年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1961年 · 続きを見る »

1962年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1962年 · 続きを見る »

1964年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1964年 · 続きを見る »

1964年東京オリンピック

18回オリンピック競技大会(だい18かいオリンピックきょうぎたいかい、Jeux de la XVIIIe olympiade、Games of the XVIII Olympiad)は、1964年(昭和39年)10月10日(後の体育の日)から10月24日までの15日間、日本の東京で開かれたオリンピック競技大会。一般的に東京オリンピック(とうきょうオリンピック)と呼称され、東京五輪と略称される。公用文では第十八回オリンピック競技大会の表記もみられる。.

新しい!!: 東海道本線と1964年東京オリンピック · 続きを見る »

1965年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1965年 · 続きを見る »

1966年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1966年 · 続きを見る »

1967年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1967年 · 続きを見る »

1968年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1968年 · 続きを見る »

1969年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1969年 · 続きを見る »

1970年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1970年 · 続きを見る »

1971年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1971年 · 続きを見る »

1972年

協定世界時による計測では、この年は(閏年で)閏秒による秒の追加が年内に2度あり、過去最も長かった年である。.

新しい!!: 東海道本線と1972年 · 続きを見る »

1973年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1973年 · 続きを見る »

1974年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1974年 · 続きを見る »

1976年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1976年 · 続きを見る »

1978年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1978年 · 続きを見る »

1979年

記載なし。

新しい!!: 東海道本線と1979年 · 続きを見る »

1980年

この項目では、国際的な視点に基づいた1980年について記載する。.

新しい!!: 東海道本線と1980年 · 続きを見る »

1980年代

1980年代(せんきゅうひゃくはちじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)1980年から1989年までの10年間を指す十年紀。この項目では、国際的な視点に基づいた1980年代について記載する。.

新しい!!: 東海道本線と1980年代 · 続きを見る »

1981年

この項目では、国際的な視点に基づいた1981年について記載する。.

新しい!!: 東海道本線と1981年 · 続きを見る »

1982年

この項目では、国際的な視点に基づいた1982年について記載する。.

新しい!!: 東海道本線と1982年 · 続きを見る »

1984年

この項目では、国際的な視点に基づいた1984年について記載する。.

新しい!!: 東海道本線と1984年 · 続きを見る »

1985年

この項目では、国際的な視点に基づいた1985年について記載する。.

新しい!!: 東海道本線と1985年 · 続きを見る »

1986年

この項目では、国際的な視点に基づいた1986年について記載する。.

新しい!!: 東海道本線と1986年 · 続きを見る »

1987年

この項目では、国際的な視点に基づいた1987年について記載する。.

新しい!!: 東海道本線と1987年 · 続きを見る »

1988年

この項目では、国際的な視点に基づいた1988年について記載する。.

新しい!!: 東海道本線と1988年 · 続きを見る »

1989年

この項目では、国際的な視点に基づいた1989年について記載する。.

新しい!!: 東海道本線と1989年 · 続きを見る »

1990年

この項目では、国際的な視点に基づいた1990年について記載する。.

新しい!!: 東海道本線と1990年 · 続きを見る »

1991年

この項目では、国際的な視点に基づいた1991年について記載する。.

新しい!!: 東海道本線と1991年 · 続きを見る »

1993年

この項目では、国際的な視点に基づいた1993年について記載する。.

新しい!!: 東海道本線と1993年 · 続きを見る »

1994年

この項目では、国際的な視点に基づいた1994年について記載する。.

新しい!!: 東海道本線と1994年 · 続きを見る »

1995年

この項目では、国際的な視点に基づいた1995年について記載する。.

新しい!!: 東海道本線と1995年 · 続きを見る »

1996年

この項目では、国際的な視点に基づいた1996年について記載する。.

新しい!!: 東海道本線と1996年 · 続きを見る »

1997年

この項目では、国際的な視点に基づいた1997年について記載する。.

新しい!!: 東海道本線と1997年 · 続きを見る »

1998年

この項目では、国際的な視点に基づいた1998年について記載する。.

新しい!!: 東海道本線と1998年 · 続きを見る »

1999年

1990年代最後の年であり、1000の位が1になる最後の年でもある。 この項目では、国際的な視点に基づいた1999年について記載する。.

新しい!!: 東海道本線と1999年 · 続きを見る »

1月10日

1月10日(いちがつとおか)は、グレゴリオ暦で年始から10日目に当たり、年末まであと355日(閏年では356日)ある。誕生花は、スノードロップ。.

新しい!!: 東海道本線と1月10日 · 続きを見る »

1月12日

1月12日(いちがつじゅうににち)はグレゴリオ暦で年始から12日目に当たり、年末まであと353日(閏年では354日)ある。誕生花はキンセンカ、スイートアリッサム、ラケナリア。.

新しい!!: 東海道本線と1月12日 · 続きを見る »

1月15日

1月15日(いちがつじゅうごにち)はグレゴリオ暦で年始から15日目に当たり、年末まであと350日(閏年では351日)ある。誕生花はオンシジューム、白いスミレ、黄色のチューリップ、サンザシ、トゲ。.

新しい!!: 東海道本線と1月15日 · 続きを見る »

1月16日

1月16日(いちがつじゅうろくにち)はグレゴリオ暦で年始から16日目に当たり、年末まであと349日(閏年では350日)ある。誕生花はデンドロビューム、ラッパズイセン、ジンチョウゲ、黄色のヒヤシンス。.

新しい!!: 東海道本線と1月16日 · 続きを見る »

1月17日

1月17日(いちがつじゅうななにち、いちがつじゅうしちにち)は、グレゴリオ暦で年始から17日目に当たり、年末まであと348日(閏年では349日)ある。.

新しい!!: 東海道本線と1月17日 · 続きを見る »

1月19日

1月19日(いちがつじゅうくにち)はグレゴリオ暦で年始から19日目に当たり、年末まであと346日(閏年では347日)ある。.

新しい!!: 東海道本線と1月19日 · 続きを見る »

1月20日

1月20日(いちがつはつか、いちがつにじゅうにち)はグレゴリオ暦で年始から20日目に当たり、年末まであと345日(閏年では346日)ある。 西暦年が4で割り切れる年の翌年のこの日、アメリカ合衆国で大統領の就任式が行われる。.

新しい!!: 東海道本線と1月20日 · 続きを見る »

1月21日

1月21日(いちがつにじゅういちにち)はグレゴリオ暦で年始から21日目に当たり、年末まであと344日(閏年では345日)ある。.

新しい!!: 東海道本線と1月21日 · 続きを見る »

1月24日

1月24日(いちがつにじゅうよっか、いちがつにじゅうよんにち)はグレゴリオ暦で年始から24日目に当たり、年末まであと341日(閏年では342日)ある。.

新しい!!: 東海道本線と1月24日 · 続きを見る »

1月26日

1月26日(いちがつにじゅうろくにち)はグレゴリオ暦で年始から26日目に当たり、年末まであと339日(閏年では340日)ある。.

新しい!!: 東海道本線と1月26日 · 続きを見る »

1月30日

1月30日(いちがつさんじゅうにち)は、グレゴリオ暦で年始から30日目に当たり、年末まであと335日(閏年では336日)ある。.

新しい!!: 東海道本線と1月30日 · 続きを見る »

2001年

また、21世紀および3千年紀における最初の年でもある。この項目では、国際的な視点に基づいた2001年について記載する。.

新しい!!: 東海道本線と2001年 · 続きを見る »

2003年

この項目では、国際的な視点に基づいた2003年について記載する。.

新しい!!: 東海道本線と2003年 · 続きを見る »

2004年

この項目では、国際的な視点に基づいた2004年について記載する。.

新しい!!: 東海道本線と2004年 · 続きを見る »

2006年

この項目では、国際的な視点に基づいた2006年について記載する。.

新しい!!: 東海道本線と2006年 · 続きを見る »

2007年

この項目では、国際的な視点に基づいた2007年について記載する。.

新しい!!: 東海道本線と2007年 · 続きを見る »

2008年

この項目では、国際的な視点に基づいた2008年について記載する。.

新しい!!: 東海道本線と2008年 · 続きを見る »

2009年

この項目では、国際的な視点に基づいた2009年について記載する。.

新しい!!: 東海道本線と2009年 · 続きを見る »

2010年

この項目では、国際的な視点に基づいた2010年について記載する。.

新しい!!: 東海道本線と2010年 · 続きを見る »

2011年

この項目では、国際的な視点に基づいた2011年について記載する。.

新しい!!: 東海道本線と2011年 · 続きを見る »

2012年

この項目では、国際的な視点に基づいた2012年について記載する。.

新しい!!: 東海道本線と2012年 · 続きを見る »

2013年

この項目では、国際的な視点に基づいた2013年について記載する。.

新しい!!: 東海道本線と2013年 · 続きを見る »

2014年

この項目では、国際的な視点に基づいた2014年について記載する。.

新しい!!: 東海道本線と2014年 · 続きを見る »

2015年

この項目では、国際的な視点に基づいた2015年について記載する。.

新しい!!: 東海道本線と2015年 · 続きを見る »

2016年

この項目では、国際的な視点に基づいた2016年について記載する。.

新しい!!: 東海道本線と2016年 · 続きを見る »

2018年

この項目では、国際的な視点に基づいた2018年について記載する。.

新しい!!: 東海道本線と2018年 · 続きを見る »

2019年

この項目では、国際的な視点に基づいた2019年について記載する。.

新しい!!: 東海道本線と2019年 · 続きを見る »

2月10日

2月10日(にがつとおか)は、グレゴリオ暦で年始から41日目にあたり、年末まであと324日(閏年では325日)ある。.

新しい!!: 東海道本線と2月10日 · 続きを見る »

2月11日

2月11日(にがつじゅういちにち)は、グレゴリオ暦で年始から42日目にあたり、年末まであと323日(閏年では324日)ある。.

新しい!!: 東海道本線と2月11日 · 続きを見る »

2月12日

2月12日(にがつじゅうににち)はグレゴリオ暦で年始から43日目にあたり、年末まであと322日(閏年では323日)ある。.

新しい!!: 東海道本線と2月12日 · 続きを見る »

2月13日

2月13日(にがつじゅうさんにち)は、グレゴリオ暦で年始から44日目にあたり、年末まであと321日(閏年では322日)ある。.

新しい!!: 東海道本線と2月13日 · 続きを見る »

2月16日

2月16日(にがつじゅうろくにち)はグレゴリオ暦で年始から47日目にあたり、年末まであと318日(閏年では319日)ある。.

新しい!!: 東海道本線と2月16日 · 続きを見る »

2月1日

2月1日(にがつついたち)はグレゴリオ暦で年始から32日目にあたり、年末まであと333日(閏年では334日)ある。.

新しい!!: 東海道本線と2月1日 · 続きを見る »

2月20日

2月20日(にがつはつか、にがつにじゅうにち)は、グレゴリオ暦で年始から51日目にあたり、年末まであと314日(閏年では315日)ある。.

新しい!!: 東海道本線と2月20日 · 続きを見る »

2月21日

2月21日(にがつにじゅういちにち)はグレゴリオ暦で年始から52日目にあたり、年末まであと313日(閏年では314日)ある。.

新しい!!: 東海道本線と2月21日 · 続きを見る »

2月22日

2月22日(にがつにじゅうににち)はグレゴリオ暦で年始から53日目にあたり、年末まであと312日(閏年では313日)ある。.

新しい!!: 東海道本線と2月22日 · 続きを見る »

2月23日

2月23日(にがつにじゅうさんにち)はグレゴリオ暦で年始から54日目にあたり、年末まであと311日(閏年では312日)ある。.

新しい!!: 東海道本線と2月23日 · 続きを見る »

2月24日

2月24日(にがつにじゅうよっか、にがつにじゅうよんにち)は、グレゴリオ暦で年始から55日目にあたり、年末まであと310日(閏年では311日)ある。グレゴリオ暦では、閏年の場合に限り、閏日とも呼ばれる。詳細は閏日の項を参照。.

新しい!!: 東海道本線と2月24日 · 続きを見る »

2月25日

2月25日(にがつにじゅうごにち)は、グレゴリオ暦で年始から56日目にあたり、年末まであと309日(閏年では310日)ある。.

新しい!!: 東海道本線と2月25日 · 続きを見る »

2月26日

2月26日(にがつにじゅうろくにち)は、グレゴリオ暦で年始から57日目にあたり、年末まであと308日(閏年では309日)ある。.

新しい!!: 東海道本線と2月26日 · 続きを見る »

2月27日

2月27日(にがつにじゅうななにち、にがつにじゅうしちにち)はグレゴリオ暦で年始から58日目にあたり、年末まであと307日(閏年では308日)ある。.

新しい!!: 東海道本線と2月27日 · 続きを見る »

2月28日

2月28日(にがつにじゅうはちにち)は、グレゴリオ暦においては年始から59日目にあたり、年末まであと306日(閏年では307日)ある。平年では、この日が2月の末日になる。 日本においては冬であり、本朝七十二候においては多く「霞始めてたなびく」(「かすみが たなびき始める」)に当たる。誕生花はフリージア(アヤメ水仙)とされる。.

新しい!!: 東海道本線と2月28日 · 続きを見る »

2月2日

2月2日(にがつふつか)は、グレゴリオ暦で年始から33日目に当たり、年末まであと332日(閏年では333日)ある。.

新しい!!: 東海道本線と2月2日 · 続きを見る »

2月3日

2月3日(にがつみっか)はグレゴリオ暦で年始から34日目に当たり、年末まであと331日(閏年では332日)ある。.

新しい!!: 東海道本線と2月3日 · 続きを見る »

2月5日

2月5日(にがついつか)はグレゴリオ暦で年始から36日目に当たり、年末まであと329日(閏年では330日)ある。.

新しい!!: 東海道本線と2月5日 · 続きを見る »

2月6日

2月6日(にがつむいか)は、グレゴリオ暦で年始から37日目に当たり、年末まであと328日(閏年では329日)ある。.

新しい!!: 東海道本線と2月6日 · 続きを見る »

2月8日

2月8日(にがつようか)はグレゴリオ暦で年始から39日目にあたり、年末まであと326日(閏年では327日)ある。.

新しい!!: 東海道本線と2月8日 · 続きを見る »

3月10日

3月10日(さんがつとおか)はグレゴリオ暦で年始から69日目(閏年では70日目)にあたり、年末まであと296日ある。.

新しい!!: 東海道本線と3月10日 · 続きを見る »

3月11日

3月11日(さんがつじゅういちにち)はグレゴリオ暦で年始から70日目(閏年では71日目)にあたり、年末まであと295日ある。 日本では2011年に東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)が発生し、東北地方や関東地方の太平洋沿岸等を巨大な津波が襲った。.

新しい!!: 東海道本線と3月11日 · 続きを見る »

3月12日

3月12日(さんがつじゅうににち)は、グレゴリオ暦で年始から71日目(閏年では72日目)にあたり、年末まであと294日ある。.

新しい!!: 東海道本線と3月12日 · 続きを見る »

3月13日

3月13日(さんがつじゅうさんにち)はグレゴリオ暦で年始から72日目(閏年では73日目)にあたり、年末まであと293日ある。.

新しい!!: 東海道本線と3月13日 · 続きを見る »

3月14日

3月14日(さんがつじゅうよっか、さんがつじゅうよんにち)はグレゴリオ暦で年始から73日目(閏年では74日目)に当たり、年末まであと292日ある。.

新しい!!: 東海道本線と3月14日 · 続きを見る »

3月15日

3月15日(さんがつじゅうごにち)は、グレゴリオ暦で年始から74日目(閏年では75日目)にあたり、年末まであと291日ある。.

新しい!!: 東海道本線と3月15日 · 続きを見る »

3月16日

3月16日(さんがつじゅうろくにち)は、グレゴリオ暦で年始から75日目(閏年では76日目)にあたり、年末まであと290日ある。.

新しい!!: 東海道本線と3月16日 · 続きを見る »

3月18日

3月18日(さんがつじゅうはちにち)は、グレゴリオ暦で年始から77日目(閏年では78日目)にあたり、年末まであと288日ある。誕生花にはアネモネなどがある。.

新しい!!: 東海道本線と3月18日 · 続きを見る »

3月1日

3月1日(さんがつついたち)はグレゴリオ暦で年始から60日目(閏年では61日目)にあたり、年末まであと305日ある。.

新しい!!: 東海道本線と3月1日 · 続きを見る »

3月20日

3月20日(さんがつはつか、さんがつにじゅうにち)はグレゴリオ暦で年始から79日目 (閏年では80日目)にあたり、年末まであと286日ある。.

新しい!!: 東海道本線と3月20日 · 続きを見る »

3月21日

3月21日(さんがつにじゅういちにち)はグレゴリオ暦で年始から80日目(閏年では81日目)にあたり、年末まであと285日ある。.

新しい!!: 東海道本線と3月21日 · 続きを見る »

3月25日

3月25日(さんがつにじゅうごにち)はグレゴリオ暦で年始から84日目(閏年では85日目)にあたり、年末まであと281日ある。.

新しい!!: 東海道本線と3月25日 · 続きを見る »

3月27日

3月27日(さんがつにじゅうななにち、さんがつにじゅうしちにち)は、グレゴリオ暦で年始から86日目(閏年では87日目)にあたり、年末まであと279日ある。.

新しい!!: 東海道本線と3月27日 · 続きを見る »

3月28日

3月28日(さんがつにじゅうはちにち)はグレゴリオ暦で年始から87日目(閏年では88日目)にあたり、年末まであと278日ある。.

新しい!!: 東海道本線と3月28日 · 続きを見る »

3月29日

3月29日(さんがつにじゅうくにち)はグレゴリオ暦で年始から88日目(閏年では89日目)にあたり、年末まであと277日ある。.

新しい!!: 東海道本線と3月29日 · 続きを見る »

3月30日

3月30日(さんがつさんじゅうにち)はグレゴリオ暦で年始から89日目(閏年では90日目)にあたり、年末まであと276日ある。.

新しい!!: 東海道本線と3月30日 · 続きを見る »

3月31日

3月31日(さんがつさんじゅういちにち)はグレゴリオ暦で年始から90日目(閏年では91日目)にあたり、年末まであと275日ある。3月の最終日。 日本では前年4月始まりの年度最終日とされている。.

新しい!!: 東海道本線と3月31日 · 続きを見る »

3月3日

3月3日(さんがつみっか)は、グレゴリオ暦で年始から62日目(閏年では63日目)にあたり、年末まであと303日ある。誕生花は花桃。.

新しい!!: 東海道本線と3月3日 · 続きを見る »

3月5日

3月5日(さんがついつか)はグレゴリオ暦で年始から64日目(閏年では65日目)にあたり、年末まであと301日ある。.

新しい!!: 東海道本線と3月5日 · 続きを見る »

3月6日

3月6日(さんがつむいか)はグレゴリオ暦で年始から65日目(閏年では66日目)にあたり、年末まであと300日ある。.

新しい!!: 東海道本線と3月6日 · 続きを見る »

3月9日

3月9日(さんがつここのか)はグレゴリオ暦で年始から68日目(閏年では69日目)にあたり、年末まであと297日ある。.

新しい!!: 東海道本線と3月9日 · 続きを見る »

4月10日

4月10日(しがつとおか)はグレゴリオ暦で年始から100日目(閏年では101日目)にあたり、年末まではあと265日ある。誕生花はチューリップ、ベニバナアセビ。.

新しい!!: 東海道本線と4月10日 · 続きを見る »

4月11日

4月11日(しがつじゅういちにち)はグレゴリオ暦で年始から101日目(閏年では102日目)にあたり、年末まではあと264日ある。誕生花はヤグルマギク、クンシラン。.

新しい!!: 東海道本線と4月11日 · 続きを見る »

4月15日

4月15日(しがつじゅうごにち)はグレゴリオ暦で年始から105日目(閏年では106日目)にあたり、年末まではあと260日ある。誕生花はモクレン、タンポポ。.

新しい!!: 東海道本線と4月15日 · 続きを見る »

4月16日

4月16日(しがつじゅうろくにち)はグレゴリオ暦で年始から106日目(閏年では107日目)にあたり、年末まであと259日ある。誕生花はヤマブキソウ、ライラック、スノーフレークなど。.

新しい!!: 東海道本線と4月16日 · 続きを見る »

4月17日

4月17日(しがつじゅうななにち、しがつじゅうしちにち)はグレゴリオ暦で年始から107日目(閏年では108日目)にあたり、年末まではあと258日ある。誕生花はハナビシソウ、ユスラウメ。.

新しい!!: 東海道本線と4月17日 · 続きを見る »

4月19日

4月19日(しがつじゅうくにち)は、グレゴリオ暦で年始から109日目(閏年では110日目)にあたり、年末まではあと256日ある。誕生花はキショウブ、カリフォルニアポピー。.

新しい!!: 東海道本線と4月19日 · 続きを見る »

4月1日

4月1日(しがつついたち)は、グレゴリオ暦で年始から91日目(閏年では92日目)にあたり、年末まであと274日ある。誕生花はカスミソウ、クロッカス。 日本や一部の国では4月1日は会計年度・学校年度の初日である。この日は政府機関、企業などで多くの制度の変更、新設、発足が行われ、異動や新入学など大きな変化が起こる日である。.

新しい!!: 東海道本線と4月1日 · 続きを見る »

4月20日

4月20日(しがつはつか、しがつにじゅうにち)はグレゴリオ暦で年始から110日目(閏年では111日目)にあたり、年末まではあと255日ある。誕生花はシバザクラ、ルピナス。.

新しい!!: 東海道本線と4月20日 · 続きを見る »

4月21日

4月21日(しがつにじゅういちにち)は、グレゴリオ暦で年始から111日目(閏年では112日目)にあたり、年末まではあと254日ある。誕生花はミヤコワスレ、ムルチコーレ。.

新しい!!: 東海道本線と4月21日 · 続きを見る »

4月22日

4月22日(しがつにじゅうににち)はグレゴリオ暦で年始から112日目(閏年では113日目)にあたり、年末まではあと253日ある。誕生花はヤマツツジ、ホシクジャク。.

新しい!!: 東海道本線と4月22日 · 続きを見る »

4月25日

4月25日(しがつにじゅうごにち)はグレゴリオ暦で年始から115日目(閏年では116日目)にあたり、年末まではあと250日ある。誕生花はシャガ、モッコウバラ。.

新しい!!: 東海道本線と4月25日 · 続きを見る »

4月26日

4月26日(しがつにじゅうろくにち)はグレゴリオ暦で年始から116日目(閏年では117日目)にあたり、年末まではあと249日ある。この日には地球が元日の時から2天文単位(地球の公転軌道の直径分)動いたことになる。誕生花はスカビオサ、ミヤコワスレ。.

新しい!!: 東海道本線と4月26日 · 続きを見る »

4月29日

4月29日(しがつにじゅうくにち)は、グレゴリオ暦で年始から119日目(閏年では120日目)にあたり、年末まではあと246日ある。誕生花はフジ、ミヤコグサ。.

新しい!!: 東海道本線と4月29日 · 続きを見る »

4月2日

4月2日(しがつふつか)はグレゴリオ暦で年始から92日目(閏年では93日目)にあたり、年末まであと273日ある。誕生花はコデマリ、デイジー。.

新しい!!: 東海道本線と4月2日 · 続きを見る »

4月3日

4月3日(しがつみっか)はグレゴリオ暦で年始から93日目(閏年では94日目)にあたり、年末まであと272日ある。誕生花はゼラニウム、ラナンキュラス。.

新しい!!: 東海道本線と4月3日 · 続きを見る »

4月5日

4月5日(しがついつか)は、グレゴリオ暦で年始から95日目(閏年では96日目)にあたり、年末まであと270日ある。誕生花はカイドウ、コデマリ。.

新しい!!: 東海道本線と4月5日 · 続きを見る »

4月6日

4月6日(しがつむいか)はグレゴリオ暦で年始から96日目(閏年では97日目)にあたり、年末まであと269日ある。誕生花はナスタチウム、スオウバナ。.

新しい!!: 東海道本線と4月6日 · 続きを見る »

4月7日

4月7日(しがつなのか)は、グレゴリオ暦で年始から97日目(閏年では98日目)にあたり、年末まではあと268日ある。誕生花はディモルフォセカ、サクラ。.

新しい!!: 東海道本線と4月7日 · 続きを見る »

4月8日

4月8日(しがつようか)は、グレゴリオ暦で年始から98日目(閏年では99日目)にあたり、年末まではあと267日ある。誕生花はレンゲソウ、フジ。.

新しい!!: 東海道本線と4月8日 · 続きを見る »

4月9日

4月9日(しがつここのか)はグレゴリオ暦で年始から99日目(閏年では100日目)にあたり、年末まではあと266日ある。誕生花はアカシア、ウォールフラワー。.

新しい!!: 東海道本線と4月9日 · 続きを見る »

5月10日

5月10日(ごがつとおか)は、グレゴリオ暦で年始から130日目(閏年では131日目)にあたり、年末まではあと235日ある。誕生花はカーネーション。.

新しい!!: 東海道本線と5月10日 · 続きを見る »

5月11日

5月11日(ごがつじゅういちにち)は、グレゴリオ暦で年始から131日目(閏年では132日目)にあたり、年末まではあと234日ある。誕生花はニセアカシア。.

新しい!!: 東海道本線と5月11日 · 続きを見る »

5月16日

5月16日(ごがつじゅうろくにち)はグレゴリオ暦で年始から136日目(閏年では137日目)にあたり、年末まではあと229日ある。誕生花はイキシア。.

新しい!!: 東海道本線と5月16日 · 続きを見る »

5月19日

5月19日(ごがつじゅうくにち)はグレゴリオ暦で年始から139日目(閏年では140日目)にあたり、年末まであと226日ある。誕生花はクルミ。.

新しい!!: 東海道本線と5月19日 · 続きを見る »

5月1日

5月1日(ごがつついたち)はグレゴリオ暦で年始から121日目(閏年では122日目)にあたり、年末まであと244日ある。誕生花はプリムラ・ポリアンサ。.

新しい!!: 東海道本線と5月1日 · 続きを見る »

5月20日

5月20日(ごがつはつか、ごがつにじゅうにち)は、グレゴリオ暦で年始から140日目(閏年では141日目)にあたり、年末まではあと225日ある。誕生花はデルフィニウム。.

新しい!!: 東海道本線と5月20日 · 続きを見る »

5月23日

5月23日(ごがつにじゅうさんにち)はグレゴリオ暦で年始から143日目(閏年では144日目)にあたり、年末まではあと222日ある。誕生花はアマドコロ。.

新しい!!: 東海道本線と5月23日 · 続きを見る »

5月25日

5月25日(ごがつにじゅうごにち)はグレゴリオ暦で年始から145日目(閏年では146日目)にあたる。年末まで220日ある。誕生花はアスパラガス。.

新しい!!: 東海道本線と5月25日 · 続きを見る »

5月7日

5月7日(ごがつなのか)はグレゴリオ暦で年始から127日目(閏年では128日目)にあたり、年末まではあと238日ある。誕生花はボタン。.

新しい!!: 東海道本線と5月7日 · 続きを見る »

5月7日 (旧暦)

旧暦5月7日(きゅうれきごがつなのか)は旧暦5月の7日目である。六曜は大安である。.

新しい!!: 東海道本線と5月7日 (旧暦) · 続きを見る »

6月11日

6月11日(ろくがつじゅういちにち)はグレゴリオ暦で年始から162日目(閏年では163日目)にあたり、年末まであと203日ある。誕生花はヒゲナデシコ、ガクアジサイ。.

新しい!!: 東海道本線と6月11日 · 続きを見る »

6月12日

6月12日(ろくがつじゅうににち)はグレゴリオ暦で年始から163日目(閏年では164日目)にあたり、年末まであと202日ある。誕生花はライラック、ベロペロネ。.

新しい!!: 東海道本線と6月12日 · 続きを見る »

6月13日

6月13日(ろくがつじゅうさんにち)はグレゴリオ暦で年始から164日目(閏年では165日目)にあたり、年末まであと201日ある。誕生花はトケイソウ、クチナシ。.

新しい!!: 東海道本線と6月13日 · 続きを見る »

6月15日

6月15日(ろくがつじゅうごにち)はグレゴリオ暦で年始から166日目(閏年では167日目)にあたり、年末まであと199日ある。誕生花はタチアオイ、アジサイ。大西歯科医院.

新しい!!: 東海道本線と6月15日 · 続きを見る »

6月16日

6月16日(ろくがつじゅうろくにち)はグレゴリオ暦で年始から167日目(閏年では168日目)にあたり、年末まであと198日ある。誕生花はチューベローズ、カンパニュラ。.

新しい!!: 東海道本線と6月16日 · 続きを見る »

6月17日

6月17日(ろくがつじゅうななにち、ろくがつじゅうしちにち)はグレゴリオ暦で年始から168日目(閏年では169日目)にあたり、年末まであと197日ある。誕生花はバラ、ベニバナ。.

新しい!!: 東海道本線と6月17日 · 続きを見る »

6月1日

6月1日(ろくがつついたち)は、グレゴリオ暦で年始から152日目(閏年では153日目)にあたり、年末まであと213日ある。誕生花はマトリカリア、クレマチス。.

新しい!!: 東海道本線と6月1日 · 続きを見る »

6月21日

6月21日(ろくがつにじゅういちにち)はグレゴリオ暦で年始から172日目(閏年では173日目)にあたり、年末まであと193日ある。誕生花はツキミソウ、マツヨイグサ、サツキ、ウマゴヤシなどがある。.

新しい!!: 東海道本線と6月21日 · 続きを見る »

6月25日

6月25日(ろくがつにじゅうごにち)はグレゴリオ暦で年始から176日目(閏年では177日目)にあたり、年末まであと189日ある。誕生花はアガパンサス、ヒルガオ。.

新しい!!: 東海道本線と6月25日 · 続きを見る »

6月28日

6月28日(ろくがつにじゅうはちにち)は、グレゴリオ暦で年始から179日目(閏年では180日目)にあたり、年末まであと186日ある。誕生花はクチナシ、ツルハナナス。.

新しい!!: 東海道本線と6月28日 · 続きを見る »

6月29日

6月29日(ろくがつにじゅうくにち)はグレゴリオ暦で年始から180日目(閏年では181日目)にあたり、年末まであと185日ある。誕生花はアガパンサス、ペラルゴニウム。.

新しい!!: 東海道本線と6月29日 · 続きを見る »

6月2日

6月2日(ろくがつふつか)は、グレゴリオ暦で年始から153日目(閏年では154日目)にあたり、年末まであと212日ある。誕生花はタイム、シャクナゲ。.

新しい!!: 東海道本線と6月2日 · 続きを見る »

6月30日

6月30日(ろくがつさんじゅうにち)はグレゴリオ暦で年始から181日目(閏年では182日目)にあたり、年末まであと184日ある。6月の最終日である。誕生花はビヨウヤナギ、ヘリオトロープ。.

新しい!!: 東海道本線と6月30日 · 続きを見る »

6月5日 (旧暦)

旧暦6月5日(きゅうれきろくがついつか)は旧暦6月の5日目である。六曜は仏滅である。.

新しい!!: 東海道本線と6月5日 (旧暦) · 続きを見る »

6月6日

6月6日(ろくがつむいか)はグレゴリオ暦で年始から157日目(閏年では158日目)にあたり、年末まであと208日ある。誕生花はジギタリス、スターチス。.

新しい!!: 東海道本線と6月6日 · 続きを見る »

7月10日

7月10日(しちがつとおか)はグレゴリオ暦で年始から191日目(閏年では192日目)にあたり、年末まであと174日ある。誕生花はグロキシニア、マツバボタン。.

新しい!!: 東海道本線と7月10日 · 続きを見る »

7月11日

7月11日(しちがつじゅういちにち)はグレゴリオ暦で年始から192日目(閏年では193日目)にあたり、年末まであと173日ある。誕生花はハイビスカス、インパチェンス。.

新しい!!: 東海道本線と7月11日 · 続きを見る »

7月12日

7月12日(しちがつじゅうににち)は、グレゴリオ暦で年始から193日目(閏年では194日目)にあたり、年末まであと172日ある。誕生花はゼニアオイ、パッションフラワー。.