ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

東京創元社

索引 東京創元社

株式会社東京創元社(とうきょうそうげんしゃ)は、日本の出版社である。.

115 関係: 加納朋子加藤実秋厚木淳原書房のれん分け叢書吉田満大倉崇裕大良美波子天野祐吉宮崎嶺雄宮内悠介宇山日出臣中島河太郎年刊日本SF傑作選北森鴻ミステリ・フロンティアミステリーズ!ミステリーズ!新人賞ネコアルセーヌ・ルパンアンドルー・ラング世界童話集イラストレーターウサギエドガー・アラン・ポーオノレ・ド・バルザックオーギュスト・ヴィリエ・ド・リラダンキャラクターデザインゲームブックジャン・コクトースーパーアドベンチャーゲームサイエンス・フィクション出版社創元ミステリ'90創元ファンタジイ新人賞創元クライム・クラブ創元ゲームブック・コンテスト創元社創元SF短編賞創元SF文庫創元推理創元推理21創元推理短編賞創元推理評論賞創元推理文庫翻訳田村隆一芦辺拓隆慶一郎高山羽根子...鮎川哲也と十三の謎鮎川哲也賞谷川俊太郎黄金の13近藤史恵長谷川晋一酉島伝法折原一推理小説東京都松崎有理株式会社梓崎優植草甚一本格ミステリこれがベストだ!本格ミステリ大賞本格ミステリ・ベスト10本格派推理小説戦艦大和ノ最期戸川安宣 (編集者)新宿区新小川町愛川晶曽根元吉10月4日11月4日1925年1948年1954年1956年1957年1958年1959年1960年1961年1962年1963年1966年1968年1970年1974年1980年1984年1988年1989年1990年1991年1992年1994年1995年1996年1997年1999年2001年2003年2004年2007年2008年2009年2010年2011年2013年2014年7月16日 インデックスを展開 (65 もっと) »

加納朋子

加納 朋子(かのう ともこ、1966年 - )は日本の小説家・推理作家。福岡県北九州市出身。夫は推理作家の貫井徳郎。.

新しい!!: 東京創元社と加納朋子 · 続きを見る »

加藤実秋

加藤 実秋(かとう みあき、1966年10月8日 - )は、日本の小説家、推理作家。東京都生まれ。 1996年、映画『天使の涙』のノベライズを発表。1998年、講談社X文庫ティーンズハートから少女小説『トゥモロウトゥデイ』を発表。2003年、短編「インディゴの夜」で第10回創元推理短編賞を受賞し本格的に小説家デビュー(同時受賞は獅子宮敏彦「神国崩壊」)。同作をシリーズ化した「インディゴの夜」シリーズはテレビドラマ化、舞台化、漫画化されている。.

新しい!!: 東京創元社と加藤実秋 · 続きを見る »

厚木淳

厚木 淳(あつき じゅん、1930年3月9日 - 2003年5月19日)は、日本の翻訳家、編集者。厚木氏の末裔。.

新しい!!: 東京創元社と厚木淳 · 続きを見る »

原書房

原書房(はらしょぼう)は、日本の出版社。戦史、外交史料集の出版・復刻を出発点としているが、現在はそれに加え推理小説・海外恋愛小説などの文芸書、軍事を扱う書籍、『食人全書』『不潔の歴史』などの一風変わった人文書、『天声人語』の英訳版など、幅広いラインナップを持つ。.

新しい!!: 東京創元社と原書房 · 続きを見る »

のれん分け

のれん分け(のれんわけ)とは、奉公人や家人に同じ屋号の店を出させる(出すことを許可する)ことを言う。商標等を共有しながら円満な形で独立することも指す。なお、運営方針、後継者争い、労働争議、等による敵対的な独立は「分裂」と呼ぶ。.

新しい!!: 東京創元社とのれん分け · 続きを見る »

叢書

叢書(そうしょ)とは、本のシリーズのことである。.

新しい!!: 東京創元社と叢書 · 続きを見る »

吉田満

吉田 満(よしだ みつる、1923年1月6日 - 1979年9月17日)は、日本の小説家である。代表作は映画化、長時間テレビドラマ化もされた小説、『戦艦大和ノ最期』。また、日本銀行行員として要職を歴任した。.

新しい!!: 東京創元社と吉田満 · 続きを見る »

大倉崇裕

大倉 崇裕(おおくら たかひろ、1968年 - )は日本の推理作家。京都府出身。学習院大学法学部卒業。.

新しい!!: 東京創元社と大倉崇裕 · 続きを見る »

大良美波子

大良 美波子(だいら みわこ)は、日本の脚本家、推理作家。日本シナリオ作家協会会員。東京都出身。青山学院大学文学部卒業。シナリオ・センター東京校出身。 代表作に『着信アリ』シリーズの脚本がある。.

新しい!!: 東京創元社と大良美波子 · 続きを見る »

天野祐吉

天野 祐吉(あまの ゆうきち、1933年4月27日 - 2013年10月20日)は、日本のコラムニスト。雑誌『広告批評』主宰者、マドラ出版社主。.

新しい!!: 東京創元社と天野祐吉 · 続きを見る »

宮崎嶺雄

宮崎 嶺雄(みやざき みねお、1908年11月1日 - 1980年9月10日)は、日本のフランス文学者、翻訳家。1930年東京帝国大学心理学科中退。岸田国士に師事して小説を書き、1941年フランス文学賞を受賞。戦後、創元社編集長を務め、フランス文学、推理小説の翻訳を行った。.

新しい!!: 東京創元社と宮崎嶺雄 · 続きを見る »

宮内悠介

宮内 悠介(みやうち ゆうすけ、1979年1月18日 - )は、日本の小説家・SF作家。日本SF作家クラブ会員。日本推理作家協会会員。.

新しい!!: 東京創元社と宮内悠介 · 続きを見る »

宇山日出臣

宇山 日出臣(うやま ひでお/ひでおみ、1944年4月9日 - 2006年8月3日)は、日本の文芸編集者。本名、宇山秀雄。戸川安宣とともに、ミステリ小説のジャンル「新本格」の仕掛け人として知られる。.

新しい!!: 東京創元社と宇山日出臣 · 続きを見る »

中島河太郎

中島 河太郎(なかじま かわたろう、1917年6月5日 - 1999年5月5日)は日本のミステリー文学評論家、アンソロジスト、国文学者。ホラー・恐怖小説や怪奇色が強いミステリ小説にも造詣が深かった。本名は中嶋馨(なかじま かおる)。別名に小城魚太郎、石羽文彦、玉井一二三。.

新しい!!: 東京創元社と中島河太郎 · 続きを見る »

年刊日本SF傑作選

『年刊日本SF傑作選』(ねんかんにほんエスエフけっさくせん)は、東京創元社が刊行する年度別SFアンソロジー。編者は大森望と日下三蔵。2007年の作品を集めた『虚構機関』(2008年12月刊)より、創元SF文庫で毎年刊行されている。 姉妹編として、大森望単独編集の《ゼロ年代日本SFベスト集成》(『〈S〉ぼくの、マシン』『〈F〉逃げゆく物語の話』)が同じく創元SF文庫より刊行された。 毎年十数作に及ぶ日本語SF短編・中編を収録する。日本SFの年刊傑作選の刊行は、『日本SFベスト集成』(筒井康隆編、徳間書店 1960年代版・1971年版~1975年版)以来である。.

新しい!!: 東京創元社と年刊日本SF傑作選 · 続きを見る »

北森鴻

北森鴻 (きたもり こう、本名:新道研治、1961年11月15日 - 2010年1月25日)は日本の推理作家。小学館の編集プロダクションを経て、作家デビュー。骨董や民俗学などの分野を得意とする。.

新しい!!: 東京創元社と北森鴻 · 続きを見る »

ミステリ・フロンティア

ミステリ・フロンティア(英称:MYSTERY FRONTIER)は、東京創元社が発行している推理小説のシリーズ。2003年11月から不定期に刊行されている。.

新しい!!: 東京創元社とミステリ・フロンティア · 続きを見る »

ミステリーズ!

『ミステリーズ!』は、東京創元社が刊行する文芸雑誌である。発売日は偶数月12日。書籍扱い。.

新しい!!: 東京創元社とミステリーズ! · 続きを見る »

ミステリーズ!新人賞

ミステリーズ!新人賞(ミステリーズしんじんしょう)は、東京創元社によって主催される推理小説を対象とした公募新人文学賞である。1994年から2003年まで創元推理短編賞として開催されていたが、発表誌の変更に伴い「ミステリーズ!短編賞」と改称、第2回に再び改称し、現在に至る。 選評および受賞作は東京創元社が刊行している隔月刊のミステリ誌『ミステリーズ!』に掲載される。 贈呈式は毎年、飯田橋にあるホテルメトロポリタンエドモント〈悠久の間〉にて、鮎川哲也賞と合同で行われる。過去にはインターネット生中継も行われていた。.

新しい!!: 東京創元社とミステリーズ!新人賞 · 続きを見る »

ネコ

水槽の金魚を狙うネコ 威嚇をするネコ ネコ(猫)は、狭義には食肉目ネコ科ネコ属に分類されるヨーロッパヤマネコが家畜化されたイエネコ(家猫、)に対する通称である。人間によくなつくため、イヌ(犬)と並ぶ代表的なペットとして世界中で広く飼われている。 より広義には、ヤマネコやネコ科動物全般を指すこともある(後述)。.

新しい!!: 東京創元社とネコ · 続きを見る »

アルセーヌ・ルパン

アルセーヌ・ルパン(Arsène Lupin)は、フランスの小説家モーリス・ルブランが発表した推理小説・冒険小説「アルセーヌ・ルパンシリーズ」の主人公である怪盗、およびシリーズの総称。20世紀初頭の翻訳では「リュパン」と表記されていることがある。 アルセーヌ・ルパンシリーズは、1905年から四半世紀以上にわたって執筆された、フランスの人気小説にしてルブランの代表作である。前期の作品では神出鬼没の「怪盗紳士アルセーヌ・ルパン」の話がメインだが、中盤は「ドン・ルイス・ペレンナ」の愛国冒険もの、後期は「探偵ジム・バーネット」などの探偵もの、本名「ラウール」の名を用いた恋愛冒険ものになるなど、バリエーションが豊かで前期の作品と後期の作品ではそれぞれ趣きも異なる。.

新しい!!: 東京創元社とアルセーヌ・ルパン · 続きを見る »

アンドルー・ラング世界童話集

Henry J. Fordによる。 『アンドルー・ラング世界童話集』(アンドルー・ラングせかいどうわしゅう。Andrew Lang's Fairy Books またはAndrew Lang's "Coloured" Fairy Books)は、童話を収集した本の12冊の双書で構成されている。は、彼の情報源の範囲における口述の伝承からは自ら物語を集めなかったが、独創的に物語を集めて(の場合は著しい例外)、非常に影響力の大きな、物語群の収集物にした。とりわけ、彼が外国語の情報源を用いたことから、これらの物語の多くが初めて英語で出版されることとなった。序文で自ら認めているように、ラングは精選の大部分を自ら行なったが、彼の妻と他の翻訳者が、実際の物語について語る広範な部分を翻訳した。 12冊の書籍はによって挿絵が入れられたが、とジョージ・パーシー・ジェイコム.

新しい!!: 東京創元社とアンドルー・ラング世界童話集 · 続きを見る »

イラストレーター

イラストレーター(Illustrator)とは、情報や概念の視覚化、図解、娯楽化など、何らかのコミュニケーションを主目的とした絵=イラストレーション(イラスト)を描くことを生業としている人のこと。挿絵、表紙、絵本、広告、パッケージ、ポスターなどを主な活動範囲とする。絵師と呼ぶこともある。.

新しい!!: 東京創元社とイラストレーター · 続きを見る »

ウサギ

ウサギ(兎、兔)は、最も広義にはウサギ目、狭義にはウサギ科、さらに狭義にはウサギ亜科もしくはノウサギ亜科 の総称である。 ここでは主にウサギ亜科について記述する(ウサギ目・ウサギ科についてはそれぞれを参照)。現在の分類では、ウサギ亜科には全ての現生ウサギ科を含めるが、かつては一部を含めない分類もあった。ウサギ目はウサギ科以外に、ナキウサギ科と絶滅したプロラグスなどを含む。.

新しい!!: 東京創元社とウサギ · 続きを見る »

エドガー・アラン・ポー

ドガー・アラン・ポー(Edgar Allan Poe、1809年1月19日 - 1849年10月7日)は、アメリカ合衆国の小説家、詩人、評論家。マサチューセッツ州ボストンに生まれる。旅役者であった両親を早くに失い(父親は蒸発、母親は死亡)、名づけ親の商人アラン家に引き取られ、幼少期の一時期をロンドンで過ごした。帰国後17歳でヴァージニア大学に進む。学業成績は極めて優秀で、詩人としても認められるが、賭博、大酒で悪名を馳せる。養父アランと賭博の借金が原因で仲たがいになり退学。家を出て陸軍に入隊。いったん除隊して養父とのよりを戻し、こんどは士官学校に入学するもなじめず、規則違反行為で退学処分。その後、文筆で身をたてるべく詩や短編小説を創作し始める。(筆名には、養家名のアランをそのまま名乗ることはなく、ほとんどエドガー・A・ポー、あるいはエドガー・ポーとしている) ゴシック風の恐怖小説「アッシャー家の崩壊」「黒猫」、世界初の推理小説と言われる「モルグ街の殺人」、暗号小説の草分け「黄金虫」など多数の短編作品を発表、また1845年の詩「大鴉」でも評判を取った。また同時に有能な雑誌編集者であり、文芸批評家でもあったが、飲酒の悪癖などでトラブルを起こす癖はなおらず、いくつもの出版社を渡り歩いた。1833年、当時まだ13歳だった従妹ヴァージニア・クレムと結婚するが、1847年に貧苦の中で結核によって彼女を失い、その2年後にポー自身も謎めいた死を遂げた。 ポーはアメリカにおいて文筆だけで身を立てようとした最初の著名な作家であったが、文名を得てからもその生活はほぼ常に貧窮の中にあった。その作品は当初は本国よりもむしろヨーロッパで評価され、特にボードレールによるポーの翻訳はフランス象徴派の文学観形成に大きく寄与した。またポーが「モルグ街の殺人」で作り出したC・オーギュスト・デュパンの人物像は以後の推理小説における探偵の原型となっており、ポーは近代推理小説の開祖とみなされている。そのほか科学的知見を取り入れた『アーサー・ゴードン・ピムの物語』などの冒険譚はジュール・ヴェルヌら後世のSF作家にも影響を与えている。.

新しい!!: 東京創元社とエドガー・アラン・ポー · 続きを見る »

オノレ・ド・バルザック

ノレ・ド・バルザック(Honoré de Balzac, 1799年5月20日 - 1850年8月18日)は、19世紀のフランスを代表する小説家。なおド・バルザックの「ド」は、貴族を気取った自称である。 イギリスの作家サマセット・モームは、『世界の十大小説』のなかで、バルザックを「確実に天才とよぶにふさわしい人物」と述べている。バルザックは90篇の長編・短編からなる小説群『人間喜劇』を執筆した。これは19世紀ロシア文学(ドストエフスキー、レフ・トルストイ)のさきがけとなった写実的小説群である。 『レ・ミゼラブル』で著名なヴィクトル・ユーゴーや、アレクサンドル・デュマの親友でもある。.

新しい!!: 東京創元社とオノレ・ド・バルザック · 続きを見る »

オーギュスト・ヴィリエ・ド・リラダン

ャン=マリ=マティアス=フィリップ=オーギュスト・ド・ヴィリエ・ド・リラダン伯爵(Jean-Marie-Mathias-Philippe-Auguste, comte de Villiers de l'Isle-Adam、 1838年11月8日 - 1889年8月19日)はフランスの作家、詩人、劇作家。象徴主義を代表する存在の一人。.

新しい!!: 東京創元社とオーギュスト・ヴィリエ・ド・リラダン · 続きを見る »

キャラクターデザイン

ャラクターデザインとは、アニメ・映画・コンピュータゲームなどに登場する登場人物(キャラクター)の外見やイメージをデザインすること。略して「キャラデザ」「キャラデ」とも称する。また、その業務の担当者のことは「キャラクターデザイナー」と称する。キャラクターデザイナーについても前述の略称を用いることがある。.

新しい!!: 東京創元社とキャラクターデザイン · 続きを見る »

ゲームブック

ームブック本文イメージ ゲームブック は、読者の選択によってストーリーの展開と結末が変わるように作られ、ゲームとして遊ばれることを目的としている本である。「アドベンチャーゲームブック」・「アドベンチャーブック」とも呼ばれる。 迷路やなぞなぞなど「遊び」の要素を含んだ書籍(主に児童書)も「ゲームブック」と呼ばれるが、本項で解説するものはこれと本質的に異なるものである。ただし、これら児童書の中でも読者によるストーリー分岐を取り入れたものは、単純ながらも本項で解説するような「ゲームブック」の要素を持ち合わせている。.

新しい!!: 東京創元社とゲームブック · 続きを見る »

ジャン・コクトー

ャン・コクトー、右端 ジャン・コクトー (Jean Cocteau, 1889年7月5日 - 1963年10月11日) は、フランスの芸術家。詩人、小説家、劇作家、評論家として著名であるだけでなく、画家、映画監督、脚本家としての活動も行った。自身は中でも詩人と呼ばれることを望んだという。ダダやシュルレアリスムと相互影響はあったと考えられるが、自身は直接は運動に参加せず、むしろ対立も多かった。.

新しい!!: 東京創元社とジャン・コクトー · 続きを見る »

スーパーアドベンチャーゲーム

『スーパーアドベンチャーゲーム』は、東京創元社が発行する創元推理文庫のゲームブックのシリーズである。.

新しい!!: 東京創元社とスーパーアドベンチャーゲーム · 続きを見る »

サイエンス・フィクション

宇宙戦争』のイラストレーション。Henrique Alvim Corr画(1906年) SF漫画雑誌『プラネット・コミックス』 サイエンス・フィクション(Science Fiction、略語:SF、Sci-Fi、エスエフ)は、科学的な空想にもとづいたフィクションの総称。メディアによりSF小説、SF漫画、SF映画、SFアニメなどとも分類される。日本では科学小説、空想科学小説とも訳されている(詳細は呼称を参照)。.

新しい!!: 東京創元社とサイエンス・フィクション · 続きを見る »

出版社

出版社(しゅっぱんしゃ)とは、書籍や雑誌などを発行し、広く読まれるために書店などの販売者に働きかけたり、広告宣伝を行い、国会図書館などの図書館に書誌的なデータを送り、知識などをパッケージ化して社会に届ける会社。.

新しい!!: 東京創元社と出版社 · 続きを見る »

創元ミステリ'90

創元ミステリ'90(そうげんミステリ'90)は、東京創元社が刊行した全10冊の推理小説シリーズ。1990年から翌1991年にかけて刊行された。.

新しい!!: 東京創元社と創元ミステリ'90 · 続きを見る »

創元ファンタジイ新人賞

創元ファンタジイ新人賞(そうげんファンタジイしんじんしょう)は、東京創元社が主催する長編ファンタジイ作品を対象とした公募新人文学賞。2014年、東京創元社の創立60周年を記念して募集を開始。賞金は印税全額。受賞作は東京創元社から刊行される。 東京創元社が主催する新人賞には他に、創元推理短編賞(1994年 - 2003年、短編推理小説)、創元推理評論賞(1994年 - 2003年)、鮎川哲也賞(1990年 - 、長編推理小説)、ミステリーズ!新人賞(2004年 - 、短編推理小説)、創元SF短編賞(2010年 - 、SF短編)がある。.

新しい!!: 東京創元社と創元ファンタジイ新人賞 · 続きを見る »

創元クライム・クラブ

創元クライム・クラブは東京創元社が刊行している推理小説の叢書。1991年8月から不定期に刊行されている。.

新しい!!: 東京創元社と創元クライム・クラブ · 続きを見る »

創元ゲームブック・コンテスト

創元ゲームブック・コンテスト(そうげんゲームブック・コンテスト)は、1986年から1989年にかけて東京創元社が主催したゲームブックの公募新人文学賞である。 当時ブームであったゲームブックの新人作家の発掘を目的として3回開催された。しかし、ブームの沈静化後の急激なゲームブック市場の縮小により、第3回の審査結果発表は行われなかった。審査結果発表と選評は創元推理文庫のゲームブックレーベル、スーパーアドベンチャーゲームに挿入された小冊子「アドベンチャラーズ・イン」に掲載された。受賞作の大半はスーパーアドベンチャーゲームレーベルから刊行された。.

新しい!!: 東京創元社と創元ゲームブック・コンテスト · 続きを見る »

創元社

創元社(そうげんしゃ)は、日本の出版社。大阪市に本社を置き、主に心理学、歴史学の書籍を出版している。 海外推理小説、SF小説の出版などで知られる東京創元社は、1954年にのれん分けで独立し別会社となったもの。.

新しい!!: 東京創元社と創元社 · 続きを見る »

創元SF短編賞

創元SF短編賞(そうげんエスエフたんぺんしょう)は、2009年に募集が開始された、東京創元社が主催する「広義のSF」の短編を対象とする公募新人文学賞である。プロアマ問わず、商業媒体未発表の作品を募集する。正賞受賞作はその年の創元SF文庫《年刊日本SF傑作選》に掲載され、規定の印税が賞金とされる。また単体で電子書籍が発売される。 正賞は賞状、記念品として賞名と受賞者名を刻んだスケルトン仕様の懐中時計が贈られる。.

新しい!!: 東京創元社と創元SF短編賞 · 続きを見る »

創元SF文庫

創元SF文庫(そうげんエスエフぶんこ)は、株式会社東京創元社が刊行する文庫のSF叢書。これまでに600点以上の作品(主に海外SF作品)を刊行している。.

新しい!!: 東京創元社と創元SF文庫 · 続きを見る »

創元推理

『創元推理』(そうげんすいり)は、東京創元社が1992年から2003年まで発行していた年刊または季刊、年2回刊の文芸雑誌。主に国内の推理小説、評論を掲載していた。2003年に『ミステリーズ!』としてリニューアルされ、刊行が続いている。.

新しい!!: 東京創元社と創元推理 · 続きを見る »

創元推理21

『創元推理21』(そうげんすいり21)は、東京創元社が発行していた文庫サイズの文芸雑誌。表紙には「本格ミステリの専門誌」というコピーが書かれている。2001年5月から2003年2月までで計5冊刊行された。 前身はミステリ雑誌『創元推理』(1992年10月~2000年10月)で、それが21号を迎えるにあたって、改名したものである。 2003年6月、誌名を『ミステリーズ!』に変更し、リニューアルした。.

新しい!!: 東京創元社と創元推理21 · 続きを見る »

創元推理短編賞

創元推理短編賞(そうげんすいりたんぺんしょう)は1994年から2003年までの間、東京創元社によって主催された、推理小説を対象とする公募新人文学賞である。受賞作及び選評などは東京創元社の文芸雑誌『創元推理』および『創元推理21』に掲載されていた。 2004年、発表誌の誌名が『ミステリーズ!』に変更されたのに伴い、ミステリーズ!短編賞に改称した。.

新しい!!: 東京創元社と創元推理短編賞 · 続きを見る »

創元推理評論賞

創元推理評論賞(そうげんすいりひょうろんしょう)は1994年から2003年までの間、東京創元社によって主催された、ミステリー分野の評論・研究を対象とする公募新人文学賞である。第10回をもって休止となった。受賞作や選評などは東京創元社の雑誌『創元推理』、『創元推理21』、『ミステリーズ!』に掲載された。規定枚数は原稿用紙30枚~100枚、賞金は30万円だった。 1995年には、この賞の選考委員と受賞者を中心にして探偵小説研究会が結成され、以来「本格ミステリ・ベスト10」、「本格ミステリこれがベストだ!」の編著をはじめとする評論活動を行っている。.

新しい!!: 東京創元社と創元推理評論賞 · 続きを見る »

創元推理文庫

創元推理文庫(そうげんすいりぶんこ)は、株式会社東京創元社が発行している文庫レーベル。国内・海外のミステリー小説を中心に扱っている。.

新しい!!: 東京創元社と創元推理文庫 · 続きを見る »

翻訳

翻訳(ほんやく)とは、Aの形で記録・表現されているものから、その意味するところに対応するBの形に翻案することである。一般に自然言語のそれを指し、起点言語 (source language、原言語) による文章を、別の目標言語 (target language、目的言語) による文章に変換する。例えば、英文から日本文へ翻訳された場合は、起点言語が英語であり、目標言語が日本語である。起点言語による文を原文といい、目標言語による文を訳文・翻訳文と言う。一方文章ではなく、自然言語の発話を別言語に置き換える行為は通訳とも呼ばれる。.

新しい!!: 東京創元社と翻訳 · 続きを見る »

田村隆一

村 隆一(たむら りゅういち、1923年(大正12年)3月18日 - 1998年(平成10年)8月26日)は、日本の詩人、随筆家、翻訳家。詩誌『荒地』の創設に参加し、戦後詩に大きな影響を与えた。.

新しい!!: 東京創元社と田村隆一 · 続きを見る »

芦辺拓

芦辺 拓(あしべ たく、1958年5月21日 - )は、日本の推理作家。本名小畠 逸介(こばた としゆき)。大阪府大阪市出身。妻の風呂本佳苗はピアニストで、風呂本武敏・風呂本惇子夫妻の娘。.

新しい!!: 東京創元社と芦辺拓 · 続きを見る »

隆慶一郎

隆 慶一郎(りゅう けいいちろう、1923年〈大正〉12年)9月30日 - 1989年〈平成元年〉11月4日)は、日本の脚本家・小説家(時代小説作家)。本名は池田 一朗(いけだ いちろう)。本名で脚本、隆慶一郎のペンネームで小説を執筆していた。 東京市赤坂区生まれ。旧制同志社中学、第三高等学校を経て、東京大学文学部仏文科卒。.

新しい!!: 東京創元社と隆慶一郎 · 続きを見る »

高山羽根子

山 羽根子(たかやま はねこ、1975年 - )は、日本の小説家、SF作家。富山県生まれ。多摩美術大学美術学部絵画学科卒業。.

新しい!!: 東京創元社と高山羽根子 · 続きを見る »

鮎川哲也と十三の謎

鮎川哲也と十三の謎(あゆかわてつやとじゅうさんのなぞ)は東京創元社が刊行した全13冊の書き下ろし国内推理小説シリーズ。1988年から翌1989年にかけて刊行された。監修は推理作家の鮎川哲也。.

新しい!!: 東京創元社と鮎川哲也と十三の謎 · 続きを見る »

鮎川哲也賞

鮎川哲也賞(あゆかわてつやしょう)は、東京創元社が主催する公募の新人文学賞。「創意と情熱溢れる鮮烈な推理長編」を募集する。 1988年、東京創元社が全13巻の書き下ろし推理小説シリーズ「鮎川哲也と十三の謎」を刊行する際、その最終巻を「十三番目の椅子」として一般公募した。翌年、その企画を発展する形で鮎川哲也賞が創設された。正賞はコナン・ドイル像、賞金は印税全額。受賞作は、毎年10月前後に東京創元社より刊行される。 贈呈式は毎年、飯田橋にあるホテルメトロポリタンエドモント〈悠久の間〉にて、ミステリーズ!新人賞と合同で行われる。.

新しい!!: 東京創元社と鮎川哲也賞 · 続きを見る »

谷川俊太郎

谷川 俊太郎(たにかわ しゅんたろう、1931年12月15日 - )は、日本の詩人、翻訳家、絵本作家、脚本家。東京府出身。現在の東京都立豊多摩高等学校を卒業、法政大学文学部卒業。.

新しい!!: 東京創元社と谷川俊太郎 · 続きを見る »

黄金の13

金の13(おうごんの13)は東京創元社が刊行した全13冊の推理小説シリーズ。1991年から1995年にかけて刊行された。.

新しい!!: 東京創元社と黄金の13 · 続きを見る »

近藤史恵

近藤 史恵(こんどう ふみえ、1969年5月20日 - )は日本の推理作家、小説家。.

新しい!!: 東京創元社と近藤史恵 · 続きを見る »

長谷川晋一

長谷川 晋一(はせがわ しんいち、1954年 - )は、東京創元社の元編集者。現代表取締役社長。.

新しい!!: 東京創元社と長谷川晋一 · 続きを見る »

酉島伝法

酉島 伝法(とりしま でんぽう、1970年 - )は、日本のSF作家、デザイナー、イラストレーター。大阪府大阪市此花区在住。大阪美術専門学校芸術研究科卒業。本名非公表。ペンネームは此花区にある2つの地名「酉島」と「伝法」をくっつけたもの。.

新しい!!: 東京創元社と酉島伝法 · 続きを見る »

(オス、牡 Male)は、雌と対比される動物の性別。主に人間以外の動物で使われ、人間の男性に相当する。動物の中で、精子を作り出す個体を言う。記号として、槍と盾をかたどった「♂」が使われる(男性器を表すというのは誤りである)。 雄の作る精子は、雌の作る卵に比べ、遙かに小さいので、それを作るエネルギーは格段に少ない。そのため、雌が卵を作る数に比べ、雄が精子を作る数は格段に多いのが通例である。つまり、雄の作る精子は、その大部分が無駄になる定めである。反面、変異がおきやすい。.

新しい!!: 東京創元社と雄 · 続きを見る »

折原一

折原 一(おりはら いち、1951年11月16日 - )は日本の小説家・推理作家。埼玉県久喜市生まれ、埼玉県白岡市白岡町在住。日本推理作家協会、本格ミステリ作家クラブ会員。.

新しい!!: 東京創元社と折原一 · 続きを見る »

推理小説

*.

新しい!!: 東京創元社と推理小説 · 続きを見る »

東京都

東京都シンボルマーク。1989年(平成元年)に旧東京市の成立100周年を記念して同年6月1日に制定。「東京都の頭文字の「T」を中央に秘めている『都政 2012』東京都生活文化局広報広聴部広報課 編集・発行、2012年3月発行。東京都が作成した、240ページほどの冊子。」と解説されている。(都の木はイチョウではあるが)イチョウの葉の形を象ったわけではない、という。 東京都(とうきょうと)は、日本の首都事実上の首都。詳細後述であり、関東地方に位置する東京都区部(東京23区)、多摩地域(市部、西多摩郡)、島嶼部(大島支庁・三宅支庁・八丈支庁・小笠原支庁)を管轄する広域地方公共団体(都道府県)の一つである。都庁所在地は新宿区(東京と表記する場合もある)。 都公認の英語の表記はTokyo Metropolis (Tokyo Met.) 。他にはTokyo PrefectureとTokyo Metropolitan Prefectureがある。.

新しい!!: 東京創元社と東京都 · 続きを見る »

松崎有理

松崎 有理(まつざき ゆうり、1972年 - )は日本の小説家である。東京都在住。.

新しい!!: 東京創元社と松崎有理 · 続きを見る »

株式会社

株式会社(かぶしきがいしゃ)とは、細分化された社員権(株式)を有する株主から有限責任の下に資金を調達して株主から委任を受けた経営者が事業を行い、利益を株主に配当する、『法人格』を有する企業形態である。.

新しい!!: 東京創元社と株式会社 · 続きを見る »

梓崎優

梓崎 優(しざき ゆう、1983年7月3日 - )は、日本の推理作家。男性。東京都大田区出身。神奈川県在住。慶應義塾大学経済学部卒業。兼業作家。.

新しい!!: 東京創元社と梓崎優 · 続きを見る »

植草甚一

植草 甚一(うえくさ じんいち、1908年(明治41年)8月8日 - 1979年(昭和54年)12月2日)は、欧米文学、ジャズ、映画の評論家。通称“J・J氏”。.

新しい!!: 東京創元社と植草甚一 · 続きを見る »

本格ミステリこれがベストだ!

『本格ミステリこれがベストだ!』(ほんかくミステリこれがベストだ)は、東京創元社が発行していた文庫サイズの推理小説の評論集。2001年から2004年まで毎年1冊ずつ、計4冊刊行された。最初の2冊は、当時刊行されていた文庫サイズのミステリ誌「創元推理21」(2001年5月~2003年2月)の別冊という扱いになっている。.

新しい!!: 東京創元社と本格ミステリこれがベストだ! · 続きを見る »

本格ミステリ大賞

本格ミステリ大賞(ほんかくみすてりたいしょう、2001年 - )は、本格ミステリ作家クラブが主催する推理小説の賞。本格ミステリというジャンルの発展のため、年間の最優秀作品(小説部門、評論・研究部門)を表彰している。候補作を全て読んだ本格ミステリ作家クラブ会員の投票によって決まり、選評はすべて公開される。正賞として京極夏彦がデザインしたトロフィーが授与される。.

新しい!!: 東京創元社と本格ミステリ大賞 · 続きを見る »

本格ミステリ・ベスト10

『本格ミステリ・ベスト10』(ほんかくミステリ・ベストテン)は、探偵小説研究会編著の推理小説のランキング本。毎年12月に原書房より刊行される。.

新しい!!: 東京創元社と本格ミステリ・ベスト10 · 続きを見る »

本格派推理小説

本格派推理小説(ほんかくはすいりしょうせつ)または本格ミステリ(ほんかくミステリ)、本格推理小説(ほんかくすいりしょうせつ)、本格探偵小説(ほんかくたんていしょうせつ)とは、推理小説のジャンルの一つ。推理小説のうち、謎解き、トリック、頭脳派名探偵の活躍などを主眼とするものである出典:『日本ミステリー事典』(権田萬治 新保博久 監修、新潮社、2000年)p284「本格」。なお、本格ミステリという概念・名称は日本独自のもので、英語でのpuzzlerやpuzzle storyあるいはclassical whodunitなどと内容的には類似しているといわれている。.

新しい!!: 東京創元社と本格派推理小説 · 続きを見る »

戦艦大和ノ最期

『戦艦大和ノ最期』(せんかんやまとのさいご)は、吉田満の代表作。著者自らが体験した天一号作戦(坊ノ岬沖海戦)での戦艦大和の出撃から沈没までを綴った記録小説。太平洋戦争(大東亜戦争)を題材とした戦記文学である。 文語体で綴られた初稿は一日足らずで書かれ、1946年(昭和21年)12月の雑誌『創元』創刊号に掲載される予定だったが、GHQの検閲で全文削除された。そのため出版刊行は、独立回復後の1952年(昭和27年)8月に創元社からなされた。この小説が、後の太平洋戦争を描写した小説や映画に与えた影響は大きく、特に天一号作戦を取り上げた作品には、本作の内容を参考として記述されている物も多い。 翻訳版は、1985年にRichard H.Minear 訳(英題:Requiem for Battleship Yamato)で行われている。.

新しい!!: 東京創元社と戦艦大和ノ最期 · 続きを見る »

戸川安宣 (編集者)

戸川 安宣(とがわ やすのぶ、1947年11月14日 - )は、日本の編集者、東京創元社の元社長、元会長「本の雑誌」P.84-91「生涯一東京創元社-戸川安宣インタビュー」2013年8月号 。ミステリ評論家。ミステリ専門書店「TRICK+TRAP」元店主。日本推理作家協会、本格ミステリ作家クラブ、SRの会会員。本格ミステリ作家クラブでは事務局長をつとめた。.

新しい!!: 東京創元社と戸川安宣 (編集者) · 続きを見る »

新宿区

新宿区(しんじゅくく)は、東京都の特別区のひとつで、23区西部に区分される。 郵便番号(上3桁)は160・161・162・163・169。.

新しい!!: 東京創元社と新宿区 · 続きを見る »

新小川町

新小川町(しんおがわまち)は、東京都新宿区の町名。住居表示実施区域である。かつては一~三丁目が存在したが、住居表示が実施された1982年以降は「丁目」の設定がない単独町名となっている。郵便番号は162-0814。.

新しい!!: 東京創元社と新小川町 · 続きを見る »

愛川晶

愛川 晶(あいかわ あきら、1957年5月30日 - )は、日本の小説家・推理作家。福島県福島市生まれ。福島県立福島高等学校を経て、筑波大学第二学群比較文化学類卒業。 高校の社会科教員を勤めながら、1994年、『化身』で第5回鮎川哲也賞を受賞し小説家デビュー。大掛かりなトリックを用いた本格推理小説を数多く執筆している。 シリーズものとしては女子高生探偵が活躍する根津愛シリーズがある。.

新しい!!: 東京創元社と愛川晶 · 続きを見る »

曽根元吉

曽根 元吉(そね もときち、1912年10月12日 - 2000年9月28日)は、フランス文学の翻訳家、編集者。本名・谷口 正元。 京都帝大文学部仏文科卒業。1955年に、休刊していた文芸誌『同時代』の再刊に参加。同志社大学、大谷大学各講師を経て、関西日仏学館教授、明治大学教養部教授などを歴任。 東京創元社編集長もつとめ、『ジャン・コクトー全集』を編纂した。息子は谷口正和。.

新しい!!: 東京創元社と曽根元吉 · 続きを見る »

10月4日

10月4日(じゅうがつよっか)はグレゴリオ暦で年始から277日目(閏年では278日目)にあたり、年末まであと88日ある。.

新しい!!: 東京創元社と10月4日 · 続きを見る »

11月4日

11月4日(じゅういちがつよっか)はグレゴリオ暦で年始から308日目(閏年では309日目)にあたり、年末まであと57日ある。.

新しい!!: 東京創元社と11月4日 · 続きを見る »

1925年

記載なし。

新しい!!: 東京創元社と1925年 · 続きを見る »

1948年

記載なし。

新しい!!: 東京創元社と1948年 · 続きを見る »

1954年

記載なし。

新しい!!: 東京創元社と1954年 · 続きを見る »

1956年

記載なし。

新しい!!: 東京創元社と1956年 · 続きを見る »

1957年

記載なし。

新しい!!: 東京創元社と1957年 · 続きを見る »

1958年

記載なし。

新しい!!: 東京創元社と1958年 · 続きを見る »

1959年

記載なし。

新しい!!: 東京創元社と1959年 · 続きを見る »

1960年

アフリカにおいて当時西欧諸国の植民地であった地域の多数が独立を達成した年であることに因み、アフリカの年と呼ばれる。.

新しい!!: 東京創元社と1960年 · 続きを見る »

1961年

記載なし。

新しい!!: 東京創元社と1961年 · 続きを見る »

1962年

記載なし。

新しい!!: 東京創元社と1962年 · 続きを見る »

1963年

記載なし。

新しい!!: 東京創元社と1963年 · 続きを見る »

1966年

記載なし。

新しい!!: 東京創元社と1966年 · 続きを見る »

1968年

記載なし。

新しい!!: 東京創元社と1968年 · 続きを見る »

1970年

記載なし。

新しい!!: 東京創元社と1970年 · 続きを見る »

1974年

記載なし。

新しい!!: 東京創元社と1974年 · 続きを見る »

1980年

この項目では、国際的な視点に基づいた1980年について記載する。.

新しい!!: 東京創元社と1980年 · 続きを見る »

1984年

この項目では、国際的な視点に基づいた1984年について記載する。.

新しい!!: 東京創元社と1984年 · 続きを見る »

1988年

この項目では、国際的な視点に基づいた1988年について記載する。.

新しい!!: 東京創元社と1988年 · 続きを見る »

1989年

この項目では、国際的な視点に基づいた1989年について記載する。.

新しい!!: 東京創元社と1989年 · 続きを見る »

1990年

この項目では、国際的な視点に基づいた1990年について記載する。.

新しい!!: 東京創元社と1990年 · 続きを見る »

1991年

この項目では、国際的な視点に基づいた1991年について記載する。.

新しい!!: 東京創元社と1991年 · 続きを見る »

1992年

この項目では、国際的な視点に基づいた1992年について記載する。.

新しい!!: 東京創元社と1992年 · 続きを見る »

1994年

この項目では、国際的な視点に基づいた1994年について記載する。.

新しい!!: 東京創元社と1994年 · 続きを見る »

1995年

この項目では、国際的な視点に基づいた1995年について記載する。.

新しい!!: 東京創元社と1995年 · 続きを見る »

1996年

この項目では、国際的な視点に基づいた1996年について記載する。.

新しい!!: 東京創元社と1996年 · 続きを見る »

1997年

この項目では、国際的な視点に基づいた1997年について記載する。.

新しい!!: 東京創元社と1997年 · 続きを見る »

1999年

1990年代最後の年であり、1000の位が1になる最後の年でもある。 この項目では、国際的な視点に基づいた1999年について記載する。.

新しい!!: 東京創元社と1999年 · 続きを見る »

2001年

また、21世紀および3千年紀における最初の年でもある。この項目では、国際的な視点に基づいた2001年について記載する。.

新しい!!: 東京創元社と2001年 · 続きを見る »

2003年

この項目では、国際的な視点に基づいた2003年について記載する。.

新しい!!: 東京創元社と2003年 · 続きを見る »

2004年

この項目では、国際的な視点に基づいた2004年について記載する。.

新しい!!: 東京創元社と2004年 · 続きを見る »

2007年

この項目では、国際的な視点に基づいた2007年について記載する。.

新しい!!: 東京創元社と2007年 · 続きを見る »

2008年

この項目では、国際的な視点に基づいた2008年について記載する。.

新しい!!: 東京創元社と2008年 · 続きを見る »

2009年

この項目では、国際的な視点に基づいた2009年について記載する。.

新しい!!: 東京創元社と2009年 · 続きを見る »

2010年

この項目では、国際的な視点に基づいた2010年について記載する。.

新しい!!: 東京創元社と2010年 · 続きを見る »

2011年

この項目では、国際的な視点に基づいた2011年について記載する。.

新しい!!: 東京創元社と2011年 · 続きを見る »

2013年

この項目では、国際的な視点に基づいた2013年について記載する。.

新しい!!: 東京創元社と2013年 · 続きを見る »

2014年

この項目では、国際的な視点に基づいた2014年について記載する。.

新しい!!: 東京創元社と2014年 · 続きを見る »

7月16日

7月16日(しちがつじゅうろくにち)は、グレゴリオ暦で年始から197日目(閏年では198日目)にあたり、年末まであと168日ある。誕生花はジンジャー、ツユクサ。.

新しい!!: 東京創元社と7月16日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

東京創元新社

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »