ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

映画(えいが)とは、長いフィルムに高速度で連続撮影した静止画像(写真)を映写機で映写幕(スクリーン)に連続投影することで、形や動きを再現するもの。活動写真、キネマ、シネマとも。 なお、本来の語義からははずれるものの、フィルムではなくビデオテープなどに磁気記録撮影されたものや映画館で上映される動画作品全般についても、慣例的に映画と呼ばれている。.

141 関係: 各国の映画実在する特定の病気を主題とした映画の一覧岩波書店世界歴代興行収入上位の映画一覧世界残酷物語年度別日本公開映画幻灯機広辞苑予告編建築彫刻俳優ナチズム・ファシズムの台頭を主題とした映画の一覧ペイ・パー・ビューナショナル劇場ノンリニア編集ノンフィクションネット配信ハリウッドモノクロームリュミエール兄弟レンタルビデオトーキーブロードバンドインターネット接続プロジェクションマッピングビデオビデオテープレコーダテレビテレビ映画デジタルデジタルビデオデジタルシネマフランツ・カフカフランス語ファイル共有ソフトフィクションドラマベン・ハーベータマックスアメリカ合衆国アルビン・トフラーアンナ・カレニナ (1948年の映画)アニメアニメーションアニメーション映画アカデミー賞エミー賞オリジナルビデオカムコーダカンヌ国際映画祭...キネマキネマ旬報キネマ旬報社キネコギリシア語コンピュータアニメーションコンピュータグラフィックスゴールデングローブ賞シネマシネマトグラフシネフィルシネショットジャン・ルノワールジュリアン・デュヴィヴィエスクリーンサラウンドサイレント映画写真写真フィルム光文社動画BETACAMBS特集CD-ROM砂の器磁気テープ磁気記録第三の波 (トフラー)絵画生産消費者DV (ビデオ規格)DVD芸術音楽西部劇近世舞踊興行収入興行成績自主映画HD24PNetflixNHKスペシャルSFXYouTube柳川春三水戸黄門沼野充義活動写真演劇望月哲男戦争と平和 (1967年の映画)戦前明治映像映写映画の一覧映画のレイティングシステム映画の分類映画のジャンル映画の賞映画の著作物映画の配信媒体映画史映画学映画学校映画会社の一覧映画作品一覧映画プロデューサー映画スタッフ映画倫理機構映画祭映画用語映画監督映画療法映画館映画評論文学日本ビデオ倫理協会日本国語大辞典日本歴代興行収入上位の映画一覧日本映画日本放送協会16mmフィルム1920年代1960年代19世紀20世紀21世紀35mmフィルム8ミリ映画 インデックスを展開 (91 もっと) »

各国の映画

各国の映画、その特色など。.

新しい!!: 映画と各国の映画 · 続きを見る »

実在する特定の病気を主題とした映画の一覧

実在する特定の病気を主題とした映画の一覧は映画の中で.

新しい!!: 映画と実在する特定の病気を主題とした映画の一覧 · 続きを見る »

岩波書店

株式会社岩波書店(いわなみしょてん、Iwanami Shoten, Publishers. )は、日本の出版社。.

新しい!!: 映画と岩波書店 · 続きを見る »

世界歴代興行収入上位の映画一覧

本項目では、世界歴代興行収入上位の映画一覧(せかいれきだいこうぎょうしゅうにゅうじょういのえいがいちらん、List of highest-grossing films)を記す。.

新しい!!: 映画と世界歴代興行収入上位の映画一覧 · 続きを見る »

世界残酷物語

『世界残酷物語』(せかいざんこくものがたり、原題:Mondo Cane, 米題:A Dog's World)は、1962年のイタリア映画。イタリアの映画監督グァルティエロ・ヤコペッティによる、世界の野蛮で残酷な奇習・風俗を描いたドキュメンタリー映画である。.

新しい!!: 映画と世界残酷物語 · 続きを見る »

年度別日本公開映画

年度別日本公開映画(ねんどべつにほんこうかいえいが)は、日本で商業公開された映画をおもな対象とする各年度別の一覧、本項はその一覧である。.

新しい!!: 映画と年度別日本公開映画 · 続きを見る »

幻灯機

幻灯機(げんとうき、magic lantern)は、スライド映写機の原型にあたる機械、あるいはその後身であるスライド映写機の古典的呼称である。 ジョゼフ・ニーダムによれば、2世紀の中国で既に幻灯機が文献に現れているとされている。西洋では、1671年、イエズス会のアタナシウス・キルヒャーが Ars Magna Lucis et Umbrae(全文:ECHO(European Cultural Heritage Online)所収) に記したのが最初であった。これは、新たな発明の発表ではなく、既存の機器を描写したものかもしれない。ランプとレンズを使って、ガラスに描かれた画像を適当な幕に投影する。イギリスでは、19世紀には幻灯機を使った巡回上映が盛んとなった。スライドには特殊効果を施したものもあり、複数枚のスライドを重ねたり、一部を回転させたりといった手法が用いられた。子供に人気のあった有名なものとして、The Rat Swallowerがある。これはラットが列をなして眠っている男の口に飛び込んでいくという内容であった。ナポレオン戦争のころには、イギリスの戦艦とフランスの戦艦が戦ってフランスの戦艦が沈むという愛国心をかきたてる内容のものが人気となった。 写真の発明によってスライドの制作や複製が安価に行えるようになり、画像のレパートリーも劇的に増えた。スライドショーには、有名なランドマーク、海外の風景、著名人の肖像が登場するようになった。一連の写真で成功譚や道徳譚を構成させて販売された。19世紀の幻灯機とスライドの市場は映画の発明と共に映画に移っていき、残された幻灯機やスライドは好事家の収集の対象となっている。 日本へは嘉永年間にオランダからもたらされた 横須賀市教育研究所。明治時代になって普及し明治20年代には幻灯ブームもみられた。各地では幻灯会が開催されたほか 相馬デジタルミュージアム、学校では視聴覚教材としても利用された。.

新しい!!: 映画と幻灯機 · 続きを見る »

広辞苑

『広辞苑』(こうじえん)とは、岩波書店が発行している中型の日本語国語辞典である。編著者・新村出、新村猛。.

新しい!!: 映画と広辞苑 · 続きを見る »

予告編

予告編(篇)(よこくへん)は、映画の近日公開作品や連続するテレビ番組(主にドラマ、アニメ、ドキュメンタリー)の次回放送分などを予告紹介するために制作された短時間の宣伝素材である。本編をダイジェスト的に編集し、BGMやナレーション、キャッチコピーなどが効果的に加えられたものが主流。英語ではトレーラー(Trailer)という。.

新しい!!: 映画と予告編 · 続きを見る »

建築

建築(けんちく)とは、人間が活動するための空間を内部に持った構造物を、計画、設計、施工そして使用するに至るまでの行為の過程全体、あるいは一部のこと。また、そのような行為によって作られた構造物そのものを指すこともある。後者は建築物とも呼ばれる。.

新しい!!: 映画と建築 · 続きを見る »

彫刻

彫刻(ちょうこく)とは、木、石、土、金属などを彫り刻んで、物の像を立体的に表すこと。または、それらの表面に書画や図版などを掘り込むこと。あるいは美術的な鑑賞を目的として、様々な素材を用いて立体的に制作された芸術作品のこと。また、その表現領域を指す。以下では西洋美術の概念における、芸術作品としての彫刻(スカルプチャー、英語:sculpture)について述べる。 硬い素材を彫り刻む技法も彫刻(カーヴィング、carving)と呼び、それに対して、可塑性素材を盛りつけて形を作る技法を彫塑(モデリング、modeling)という。彫塑で作られた作品を特に塑像と呼び分けることもある。 使われる素材は、石、木、土、フェルト、石膏、紙、繊維、金属(鉄、銅など)、樹脂、ガラス、蝋など、多種にわたり、また、複数の素材を組み合わせる作品も多い。 彫刻の対象(モチーフ)は元来、人間や身近な動物など具体物であった(具象彫刻)が、20世紀になると、心象を表したもの(抽象彫刻)も多く制作されるようになった。 現在では、表現が多様化し、従来の彫刻の概念では収まらないケースもあり、それらを「立体」、「立体アート」と呼ぶこともあるほか、表現が設置空間全体へ拡散したものは、特に「空間表現」や「インスタレーション」と呼び分けられる。.

新しい!!: 映画と彫刻 · 続きを見る »

俳優

俳優(はいゆう、actor)は、演劇、映画等において、その人物に扮して台詞、身振り、表情などで演じる人のこと。またその職業。役者(やくしゃ)とも呼ばれる。.

新しい!!: 映画と俳優 · 続きを見る »

ナチズム・ファシズムの台頭を主題とした映画の一覧

ナチズム・ファシズムの台頭を主題とした映画の一覧(ナチズム・ファシズムのたいとうをしゅだいとしたえいがのいちらん)では、ナチズムやファシズムの台頭、ヨーロッパ蹂躙、ユダヤ人迫害などをテーマとした映画を紹介する。.

新しい!!: 映画とナチズム・ファシズムの台頭を主題とした映画の一覧 · 続きを見る »

ペイ・パー・ビュー

ペイ・パー・ビュー(pay-per-view、略称はPPV)は、有料コンテンツに料金を支払って視聴するシステムであり、定額制(月額、年額など)に対するシステムである。.

新しい!!: 映画とペイ・パー・ビュー · 続きを見る »

ナショナル劇場

ナショナル劇場(ナショナルげきじょう)は、TBS系列ほかで、1956年4月2日から2008年9月22日まで、毎週月曜日20:00 - 20:54(JST)に放送されていた時代劇を中心としたドラマ番組枠である。旧称『ナショナル ゴールデン・アワー』。.

新しい!!: 映画とナショナル劇場 · 続きを見る »

ノンリニア編集

ノンリニア編集(ノンリニアへんしゅう、Non-linear editing)はコンピュータを使用した非直線的(ノンリニア)な映像編集方式のこと。2台以上のデッキを使いテープからテープへ映像をコピーするリニア編集に比べ、編集箇所を自由に選択でき、映像データを即座に追加・削除・修正・並べ替えることができる利点がある。1990年代に登場し、PCと共に急速に普及した。 編集システムとしてはAvid、Adobe Premiere、Corel Ulead VideoStudio、Final Cut Pro、EDIUS、flame、Kino、Canopus CWSシリーズ、Canopus HDWSシリーズ、CyberLink PowerDirectorなどが代表的である。 1990年代になると、VTRを使用して実時間以上を要する編集を克服するためのブレークスルーがランダムアクセス記録媒体を用いた記録装置によって実現された。 1980年代の終盤からHDDやDRAMを用いた記録装置が一部の放送機器メーカーから発売された。これらはD2コンポジットデジタルあるいはD1コンポーネントデジタル形式で数分程度の記憶容量しかなかったが、一部の編集プロダクションで多重合成編集を行う場面などで用いられた。 1990年代の初期、全素材をHDDに収録し、ランダムアクセス機能を利用して必要な場面だけ飛び飛びに再生する編集システムが登場した。一連の再生の順番を記述したプレイリストに再生開始・終了点を指定し、それに従って再生することで編集結果が得られるもので、記録媒体間で一切コピーを行わずに済む。インサート編集も編集のやり直しもプレイリストの内容を変更するだけで行える。場面転換で複数素材の合成を行う場合も、複数箇所同時再生が可能な記録再生装置を用いればA/Bロール機能相当の編集が可能になる。また必要な場面の先頭映像をキャプチャし縮小映像としてGUI画面に表示することにより、複数の場面への頭出しが容易にできるなど、編集作業の効率化をもたらすものであった。 初期の製品はPCベースでHDDの記録容量は小さく、低ビットレートに圧縮した映像しか扱えなかった。このためオフライン編集にしか用いることができず、番組やCM編集に関わる人からはそれほど評価されなかったようである。 しかし、ニュース制作の分野などから米国を中心に徐々に普及し、HDDの大容量化、ハードウェアの高速化、高効率符号化(圧縮)技術の進歩により放送画質の編集・制作が可能になった。特にニュース編集システムでは、素材をテープからHDDにコピーしたあとは自由に編集してそのまま送出可能なため、非常に効率のよい運用が可能になることから、普及が進んでいる。初期のノンリニア編集システムの代表例としてはMacintoshIIを用いたAvidや、Amigaを用いたVideo Toasterが良く知られる。現在ではより高品質、大規模なシステムが多くの放送機器メーカーから供給されており、編集から送出まで一括して行えるビデオサーバとして用いられている。 一方、イギリスのQuantel社の「ヘンリー」、カナダのdiscreet社の「インフェルノ」など、複雑な映像合成に絞った高画質・高機能なシステムもあり、CGや画像処理の機能も含めた制作工程で用いられる。 また、PCの高性能化やSVRT(Smart Video Rendering Technology)などのソフトウェアの高性能化や記録形DVD・BDの普及により、PCベースのノンリニア映像編集システムが個人や業務用として用いられるようになった。今日では、市販のBDレコーダーやDVDレコーダーやHDDレコーダーで簡易なプレイリスト編集ができるようになっている。.

新しい!!: 映画とノンリニア編集 · 続きを見る »

ノンフィクション

ノンフィクション(英語:non-fiction) とは、史実や記録に基づいた文章や映像などの創作作品。また、その形態。ドキュメンタリーやインタビューなど多肢にわたる。製作上の綿密な調査や取捨選択など作成者の独自色が出る。 日本では雑誌記事の分類としてノンフィクションという言葉は使われていたが、概念として一般に認知されるようになったきっかけは筑摩書房が1960年4月から月刊で刊行を始めた全50巻の『世界ノンフィクション全集』である。その後の1970年の文藝春秋の「大宅壮一ノンフィクション賞」と1979年の講談社の「講談社ノンフィクション賞」によって広く知られるようになったと言われる。現代文学のジャンルとしてルポルタージュ文学が定着していたアメリカに対して、日本では日中戦争など戦争や事件があると、出版社が作家を現地に派遣して現地報告を書かせるのが主流であり、文学としては低く見られていた。こうした作家の余技としてでなく、ノンフィクション・ライターが登場するようになったのは1960年代から1970年代にかけてである。雑誌社系の週刊誌の登場で、チーム取材による特集記事が需要が生まれ、文学者の余技ではない無名のライターによるノンフィクションの記事が成立した。.

新しい!!: 映画とノンフィクション · 続きを見る »

ネット配信

ネット配信(ネットはいしん)とは、広域ネットワーク(インターネットなど)を経由してデータを求めるユーザーの元に送信するサービスをいう。WEB配信、オンライン配信、デジタル配信などとも言われる。 マルチメディア関連のコンテンツのデジタル化が急速に進んだうえ、ネットワーク通信・メディア再生ともに機器の性能やインフラの整備が格段に向上したことから、高音質・高画質の映像や音楽などの音声コンテンツデータをネットワークを通じて配信することが可能になった。こうした流れの中で、ネットを通じた映画の配信も行われるようになった。また、アニメやドラマの有料配信もされている。映画のネット配信はユーザーにとっては歓迎すべき状況だが、製作者側の立場に立ってみれば課題も多い。課題としてよく挙げられるのが、著作権をどう守っていくかということと、課金システムをどう整備していくか、である。著作権保護の観点からいうと、ユーザビリティを高めつつ違法コピーを防止する技術・法整備など(プライバシーの保護との兼ね合いが難しいが)の確立が急務である。.

新しい!!: 映画とネット配信 · 続きを見る »

ハリウッド

ハリウッド(英語:Hollywood )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州のロサンゼルス市にある地区。映画産業の中心地。アメリカ映画のことを指してハリウッドとも呼ばれる。.

新しい!!: 映画とハリウッド · 続きを見る »

モノクローム

モノクローム は、直訳すると「1つの色」を意味し、1色で描画・印刷・表示等された図画のことである。略称モノクロ。 ただしここでいう1色とは、背景色に加え1色ということなので合わせれば2色あり、多くの場合はさらにその間のグラデーションがある。 代表的なモノクロームは白黒(しろくろ)で、印刷・写真・映画・テレビなどで多用される(あるいはかつて多用された)。しかし他の色のモノクロームもあり、たとえば単色印刷(黒以外での)や、セピア調写真がそれである。 美術ではモノクロームの絵画を単色画や単彩画と呼ぶ。 対義語はカラー。.

新しい!!: 映画とモノクローム · 続きを見る »

リュミエール兄弟

リュミエール兄弟(左が兄のオーギュスト、右が弟のルイ) リュミエール兄弟(リュミエールきょうだい)は、トーマス・エジソンと並び称せられるフランスの映画発明者。「映画の父」と呼ばれる。世界初の実用カラー写真の開発者でもある。.

新しい!!: 映画とリュミエール兄弟 · 続きを見る »

レンタルビデオ

レンタルビデオ店の店内 レンタルビデオとは、映画・アニメ・テレビ番組などの作品が録画されている映像ソフト(ビデオテープ やDVDとブルーレイのビデオディスク )を有料で貸すサービス。.

新しい!!: 映画とレンタルビデオ · 続きを見る »

トーキー

ーモンの発声映画を宣伝するポスター(1902年) トーキー (talkie) は、映像と音声が同期した映画のこと。talkie という語は talking picture から出たもので、moving picture を movie と呼んだのにならったものである。サイレント映画(無声映画)の対義語として「トーキー映画」と呼ばれることもあるが冗語である。無声映画の対義語としては「発声映画」と呼ばれる。音声が同期した映画が一般的な現在では、あえて「トーキー」と呼ぶことはない。発声映画が最初に上映されたのは1900年のパリでのことだったが、商業的に成り立つにはさらに10年以上を要した。当初は映画フィルムとは別にレコード盤に録音したものを使っていたため同期が難しく、しかも録音や再生の音質も不十分だった。サウンドカメラの発明によって同期が簡単になり、1923年4月にニューヨークで世界で初めてその技術を使った短編映画が一般上映された。 発声映画の商業化への第1歩はアメリカ合衆国で1920年代後半に始まった。トーキーという名称はこのころに生まれた。当初は短編映画ばかりで、長編映画には音楽や効果音だけをつけていた(しゃべらないので「トーキー」ではない)。長編映画としての世界初のトーキーは、1927年10月公開のアメリカ映画『ジャズ・シンガー』(ワーナー・ブラザース製作・配給)であり、ヴァイタフォン方式だった。これは、前述のレコード盤に録音したものを使う方式で、その後はサウンド・オン・フィルム方式(サウンドトラック方式)がトーキーの主流となった。翌1928年に、サウンドトラック方式を採用したウォルト・ディズニー・プロダクション製作の『蒸気船ウィリー』が公開される。『蒸気船ウィリー』は短編ながら、初のクリックトラックを採用した映画である。しかし、世界初のトーキーアニメーション映画に関しては、1926年に、フライシャー・スタジオの『なつかしいケンタッキーの我が家』がすでに公開されている。 1930年代に入るとトーキーは世界的に大人気となった。アメリカ合衆国ではハリウッドが映画文化と映画産業の一大中心地となることにトーキーが一役買った(アメリカ合衆国の映画参照)。ヨーロッパや他の地域では無声映画の芸術性がトーキーになると失われると考える映画製作者や評論家が多く、当初はかなり懐疑的だった。日本映画では1931年(昭和6年)の『マダムと女房』(松竹キネマ製作、五所平之助監督、田中絹代主演)が初の本格的なトーキー作品である。しかし、活動弁士が無声映画に語りを添える上映形態が主流だったため、トーキーが根付くにはかなり時間がかかった。インドの映画はトーキーの到来によって急速に成長し、1960年代以降はアメリカを抜き、世界一の映画製作数を誇るようになった。.

新しい!!: 映画とトーキー · 続きを見る »

ブロードバンドインターネット接続

ブロードバンドインターネット接続(ブロードバンドインターネットせつぞく、Broadband Internet access; BIA)とは、大容量通信ができるインターネット接続サービスを指す。 2015年1月から、米国連邦通信委員会(FCC)が、下り25Mbps/上り3Mbpsをブロードバンドとしている(2010年には下り4Mbps/上り1Mbpsをブロードバンドとしていた)。2015年第1四半期、ユニークIPアドレスの4.6%が少なくとも25Mbpsの平均接続速度でアカマイに接続し、前四半期に対して12%増となった。 比較的低容量なダイヤルアップ接続や一部のPHSなどを「ナローバンド」と称しているが、これに比較して大容量な場合に、「ブロードバンド」と称される事が多い。.

新しい!!: 映画とブロードバンドインターネット接続 · 続きを見る »

プロジェクションマッピング

プロジェクションマッピング (Projection Mapping) とは、コンピュータで作成したCGとプロジェクタ等の映写機器を用い、建物や物体、あるいは空間などに対して映像を映し、時には音と同期させる技術の総称をいう。.

新しい!!: 映画とプロジェクションマッピング · 続きを見る »

ビデオ

ビデオ(Video)とは、狭義にはテレビジョン技術において、電気信号を用いた映像(映像信号またはビデオ信号)の処理技術と、それを利用した周辺技術全般に関わる用語である。広義では、コンピュータのディスプレイ装置など、テレビジョンで用いられるビデオ信号によらない画像を利用する機器全般に用いられる。基本的には、動画を扱う場合が多い。 通常、次のように修飾的に用いる。.

新しい!!: 映画とビデオ · 続きを見る »

ビデオテープレコーダ

ビデオテープレコーダ(videotape recorder、VTR)とは映像信号(ビデオ信号)を記録するテープレコーダーである。アンペックス(AMPEX)社がアメリカ合衆国で商標として用いたことや家庭に普及したのはカセットテープ型だったことから、家庭用のビデオデッキなどの呼称としてはVCRと表記されることもある。.

新しい!!: 映画とビデオテープレコーダ · 続きを見る »

テレビ

テレビは、テレビジョン及び「テレビ受像機(テレビジョンセット、television set)」の略語。一般には次のような文脈で用いられる。.

新しい!!: 映画とテレビ · 続きを見る »

テレビ映画

テレビ映画(テレビえいが)とは、一般の映画のようにフィルム(現在はビデオが主)で撮影され、最初に映画館で上映される映画ではなく、テレビ番組のドラマとして放送されるために製作される映像作品をいう。.

新しい!!: 映画とテレビ映画 · 続きを見る »

デジタル

デジタル(digital, 。ディジタル)量とは、離散量(とびとびの値しかない量)のこと。連続量を表すアナログと反対の概念である。工業的には、状態を示す量を量子化・離散化して処理(取得、蓄積、加工、伝送など)を行う方式のことである。 計数(けいすう)という訳語もある。古い学術文献や通商産業省の文書などで使われている。digitalの語源はラテン語の「指 (digitus)」であり、数を指で数えるところから離散的な数を意味するようになった。.

新しい!!: 映画とデジタル · 続きを見る »

デジタルビデオ

デジタルビデオ(Digital Video)はその名の通り、デジタル方式でビデオ信号を記録するビデオ録画手法。また、デジタル化されたビデオ信号の規格については動画圧縮のコーデックを参照されたい。なお、DV は特定のデジタルビデオ規格名である。 デジタルビデオは磁気テープに記録され、DVD-Video・BD-Videoを代表とする光ディスク媒体で販売されることが多い。ただし、DVDに直接録画するカムコーダや、Digital8のようにデジタルビデオを従来のアナログテープに記録するもの、ハードディスクに記録するカムコーダなどもある。近年では可動部が存在しないメモリーカードを使用したカムコーダも多い。 また2015年現在、日本におけるテレビ放送はすべてデジタル放送となっており、テレビジョン放送局からの送出に用いられる機材や家庭で放送録画を行う(エアチェック)機材もデジタルビデオとなっている。.

新しい!!: 映画とデジタルビデオ · 続きを見る »

デジタルシネマ

デジタルシネマ(Digital cinema)とは、銀塩フィルムの映画カメラの代わりに、デジタル記録方式のビデオカメラを撮影に使って録画・録音し、さらに映像編集から配給・上映・映写機に至るまでの一連のプロセスに、デジタルデータを使用する映画である。.

新しい!!: 映画とデジタルシネマ · 続きを見る »

フランツ・カフカ

フランツ・カフカ(Franz Kafka, ときにFrantišek Kafka, 1883年7月3日 - 1924年6月3日)は、出生地に即せば現在のチェコ出身のドイツ語作家。プラハのユダヤ人の家庭に生まれ、法律を学んだのち保険局に勤めながら作品を執筆、どこかユーモラスで浮ついたような孤独感と不安の横溢する、夢の世界を想起させるような独特の小説作品を残した。その著作は数編の長編小説と多数の短編、日記および恋人などに宛てた膨大な量の手紙から成り、純粋な創作はその少なからぬ点数が未完であることで知られている。 生前は『変身』など数冊の著書がごく限られた範囲で知られるのみだったが、死後中絶された長編『審判』『城』『失踪者』を始めとする遺稿が友人マックス・ブロートによって発表されて再発見・再評価をうけ、特に実存主義的見地から注目されたことによって世界的なブームとなった。現在ではジェイムズ・ジョイス、マルセル・プルーストと並び20世紀の文学を代表する作家と見なされている。.

新しい!!: 映画とフランツ・カフカ · 続きを見る »

フランス語

フランス語(フランスご)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派に属する言語。ロマンス諸語のひとつで、ラテン語の口語(俗ラテン語)から変化したフランス北部のオイル語(またはウィ語、langue d'oïl)が母体と言われている。日本語では、仏蘭西語、略して仏語とも書く。 世界で英語(約80の国・地域)に次ぐ2番目に多くの国・地域で使用されている言語で、フランス、スイス、ベルギー、カナダの他、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国を中心に29カ国で公用語になっている(フランス語圏を参照)。全世界で1億2,300万人が主要言語として使用し、総話者数は2億人以上である。国際連合、欧州連合等の公用語の一つにも選ばれている。このフランス語の話者を、'''フランコフォン''' (francophone) と言う。.

新しい!!: 映画とフランス語 · 続きを見る »

ファイル共有ソフト

ファイル共有ソフト(ファイルきょうゆうソフト)とは、インターネットで不特定多数の利用者とファイルをやり取りする、いわゆるファイル共有のためのソフトウェア。本記事では不特定多数の人の間でファイルを共有するソフトウェアやウェブサービス(アップローダー)について説明する。限られた人数、あるいは組織内でのみファイルを共有するソフトウェア(ドキュメント共有)についてはグループウェア、オンラインストレージ(クラウドストレージとも)などを参照のこと。.

新しい!!: 映画とファイル共有ソフト · 続きを見る »

フィクション

フィクション(fiction)とは、作り事、虚構のこと広辞苑 第五版 p.p2298大辞泉。あるいは、作り話。創作。.

新しい!!: 映画とフィクション · 続きを見る »

ドラマ

ドラマ(drama)とは、演劇、芝居すなわち劇のことである。これは観客の目の前の舞台で生の俳優が演じる演劇だけでなく、ラジオの音声やテレビ画面で聞かせたり見せたりする劇、すなわちラジオドラマやテレビドラマをも指す。こういった意味以外に戯曲・脚本をもドラマと言う。また劇的な事件や劇作品のストーリー・物語上の大きな山場を指してドラマとも言う。.

新しい!!: 映画とドラマ · 続きを見る »

ベン・ハー

1880年の初版 『ベン・ハー』(Ben-Hur: A Tale of the Christ、副題『キリストの物語』)は、アメリカのルー・ウォーレスが1880年に発表した小説である。.

新しい!!: 映画とベン・ハー · 続きを見る »

ベータマックス

ベータマックスのビデオデッキ(下の2台と右側最上部1台) テープサイズの比較。Betamax(上)とVHS(下) ビデオデッキの内部構造(SL-HF150) ビデオテープ ベータマックス(βマックス、Betamax)は、ソニーが販売していた家庭向けビデオテープレコーダおよびその規格である。規格全体を指す名称としては、東芝や三洋電機などが参画した時点から「ベータフォーマット」や「ベータ規格」、「ベータ方式」を用いていた。Hi-Band ベータ(ハイバンドベータ)やEDベータ(Extented Definition Beta、ED Beta)もベータマックスの記録フォーマットの一種である。この項では規格および製品について詳述する。.

新しい!!: 映画とベータマックス · 続きを見る »

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国(アメリカがっしゅうこく、)、通称アメリカ、米国(べいこく)は、50の州および連邦区から成る連邦共和国である。アメリカ本土の48州およびワシントンD.C.は、カナダとメキシコの間の北アメリカ中央に位置する。アラスカ州は北アメリカ北西部の角に位置し、東ではカナダと、西ではベーリング海峡をはさんでロシアと国境を接している。ハワイ州は中部太平洋における島嶼群である。同国は、太平洋およびカリブに5つの有人の海外領土および9つの無人の海外領土を有する。985万平方キロメートル (km2) の総面積は世界第3位または第4位、3億1千7百万人の人口は世界第3位である。同国は世界で最も民族的に多様かつ多文化な国の1つであり、これは多くの国からの大規模な移住の産物とされているAdams, J.Q.;Strother-Adams, Pearlie (2001).

新しい!!: 映画とアメリカ合衆国 · 続きを見る »

アルビン・トフラー

アルビン・トフラー(Alvin Toffler、1928年10月4日 - 2016年6月27日)は、アメリカの評論家、作家、未来学者。 妻のハイジ・トフラーも作家であり未来学者である。晩年のトフラーは妻とともにカリフォルニア州ロサンゼルスのベル・エア地区(サンセット大通りの北)に在住。ともにアメリカ国防大学教授、国際連合女性開発基金米国委員会の共同議長を務めている。.

新しい!!: 映画とアルビン・トフラー · 続きを見る »

アンナ・カレニナ (1948年の映画)

『アンナ・カレニナ』(原題:Anna Karenina)は、1948年に製作・公開されたイギリス映画である。撮影は1947年5月から8月。レフ・トルストイの小説『アンナ・カレーニナ』の映画化作品であり、ジュリアン・デュヴィヴィエが監督、ヴィヴィアン・リーが主演した。.

新しい!!: 映画とアンナ・カレニナ (1948年の映画) · 続きを見る »

アニメ

アニメは、アニメーションの略語である。アニメーションを用いて構成された映像作品全般を指す。.

新しい!!: 映画とアニメ · 続きを見る »

アニメーション

アニメーション(animation)は、動画(どうが)とも呼ばれ、コマ撮りなどによって、複数の静止画像により動きを作る技術。連続して変化する絵や物により発生する仮現運動を利用した映像手法である。略語はアニメ。.

新しい!!: 映画とアニメーション · 続きを見る »

アニメーション映画

*.

新しい!!: 映画とアニメーション映画 · 続きを見る »

アカデミー賞

アカデミー賞(アカデミーしょう、Academy Awards)は、アメリカ映画の健全な発展を目的に、キャスト、スタッフを表彰し、その労と成果を讃えるための映画賞。授与されるオスカー像から、単にオスカー(Oscars)とも呼ばれる。 アカデミー賞は授賞式前年の1年間にアメリカ国内の特定地域で公開された作品を対象に選考され、また映画産業全般に関連した業績に対して授与される。 前年の作品が対象となるため(第7回から)、2012年に開催されたアカデミー賞を2011年度などと表示することが慣例である。第1回アカデミー賞は、1927年から1928年7月31日までに公開された映画がノミネート対象となっている。なお、テレビ中継はアメリカの放送局、ABCで放送され、日本ではWOWOWで放送される。.

新しい!!: 映画とアカデミー賞 · 続きを見る »

エミー賞

ミー賞(エミーしょう、Emmy Award)は、米国テレビ芸術科学アカデミー(The Academy of Television Arts & Sciences)の主催で、アメリカのテレビドラマを始めとする番組のほか、テレビに関連する様々な業績に与えられる賞である。知名度が非常に高く、単に「エミー」と略されることが多い。似た賞でピーボディ賞が存在するが、エミー賞はそれに比べるとより娯楽性を重視した賞である。第1回のエミー賞は1949年1月25日に開催された。 エミー賞の対象部門は様々に分類されており、放送時間による分類(プライムタイムに放送される娯楽番組、デイタイムに放送される番組)やスポーツ、ニュース、ドキュメンタリー番組など、海外制作の番組などのほか、制作技術や放送機器・技術に対しても表彰が行われている。.

新しい!!: 映画とエミー賞 · 続きを見る »

オリジナルビデオ

リジナルビデオとは、劇場公開や放送を前提としないビデオ専用の映画、レンタルビデオ店での貸出用に作られた劇映画をいう#Vシネ伝説#シナリオ、p4。前提であるため、後にビデオ以外で公開されてもオリジナルビデオである(銀河英雄伝説など)。 中には、劇場公開や放送を前提としながらも諸事情によりパッケージ専用となった映画もあるが、こちらはビデオスルーと呼んで区別している。ネット配信業者が国や地域で独占的に配信する映画やドラマは配信業者のオリジナル(『Amazonオリジナル』や『Netflixオリジナル』)と配信業者が称している。 略称はOV。その他の通称として、ビデオ映画、Vシネマ、Vシネがある。ここでは主に実写作品について述べる。アニメ作品に関してはOVA(オリジナル・ビデオ・アニメーション)を参照。.

新しい!!: 映画とオリジナルビデオ · 続きを見る »

カムコーダ

MiniDV方式の製品で、パナソニックのNV-GS300である。) カムコーダは、ビデオカメラの一種で、撮影部(ビデオカメラ)と録画部(ビデオデッキ)を一体化したもの。ビデオ映像の撮影用カメラとしては主流の様式となっており、一般には単に「ビデオカメラ」というと、大半の場合はカムコーダをさす。 カムコーダ(Camcorder)はvideo CAMeraと(当初は)videocassette reCORDERを合わせた造語である。ムービーカメラ(又は、ビデオムービー)ともいわれている。.

新しい!!: 映画とカムコーダ · 続きを見る »

カンヌ国際映画祭

ンヌ国際映画祭(カンヌこくさいえいがさい、Festival International du Film de Cannes)は、1946年にフランス政府が開催して以来、毎年5月(1948年、1950年は中止)にフランス南部コート・ダジュール沿いの都市カンヌで開かれている世界で最も有名な国際映画祭の一つ。単にカンヌ映画祭(Festival de Cannes)とも呼ばれる。.

新しい!!: 映画とカンヌ国際映画祭 · 続きを見る »

キネマ

ネマ (kinema) は映画を意味するキネマトグラフの略。.

新しい!!: 映画とキネマ · 続きを見る »

キネマ旬報

『キネマ旬報』(キネマじゅんぽう)は、キネマ旬報社が発行する映画雑誌である。1919年7月創刊。毎月5日・20日刊行。通称「キネ旬」。.

新しい!!: 映画とキネマ旬報 · 続きを見る »

キネマ旬報社

株式会社キネマ旬報社(キネマじゅんぽうしゃ)は、日本の出版社。『キネマ旬報』をはじめとして、数々の映画業界関連、映像エンタテインメント関連の雑誌・ムック・書籍を発行している。 2008年1月、親会社で業界誌『ビデオ・インサイダー・ジャパン』、『DVDナビゲーター』を発行するフットノート(映画配給会社ギャガ・コミュニケーションズの出版事業部が前身/沿革を参照)と合併した。.

新しい!!: 映画とキネマ旬報社 · 続きを見る »

キネコ

ネコ (Kineco) とはテレビジョン受像機(以下テレビ受像機)映像またはビデオ映像をフィルムに変換・逆変換を行う作業、あるいはその機器である。キネレコともいう。 元来「キネスコープ・レコーダ (Kinescope Recorder) 」と呼ばれていたテレビ映像(NTSCの場合、毎秒30フレーム)をフィルム(24フレーム)に変換する装置が「キネ・レコ」「キネコ」と短縮して呼ばれるようになったもの。イギリスでは「Telerecording」と言い、アメリカでは「Kinescope」と言う。元々はKinescopeとはブラウン管の商標名である。.

新しい!!: 映画とキネコ · 続きを見る »

ギリシア語

リシア語(ギリシアご、現代ギリシア語: Ελληνικά, または Ελληνική γλώσσα )はインド・ヨーロッパ語族ヘレニック語派(ギリシア語派)に属する言語。単独でヘレニック語派(ギリシア語派)を形成する。ギリシア共和国やキプロス共和国、イスタンブールのギリシア人居住区などで使用されており、話者は約1200万人。また、ラテン語とともに学名や専門用語にも使用されている。省略形は希語。.

新しい!!: 映画とギリシア語 · 続きを見る »

コンピュータアニメーション

モーションキャプチャによるコンピュータアニメーション コンピュータアニメーション(英: computer animation)とは、コンピュータを使って動画を制作する技法、またはコンピュータで制作されたアニメーションである。.

新しい!!: 映画とコンピュータアニメーション · 続きを見る »

コンピュータグラフィックス

ンピュータグラフィックス(computer graphics、略称: CG)とは、コンピュータを用いて作成される画像である。日本では、和製英語の「コンピュータグラフィック」も使われる。.

新しい!!: 映画とコンピュータグラフィックス · 続きを見る »

ゴールデングローブ賞

ールデングローブ賞(ゴールデングローブしょう、Golden Globe Awards)は、アメリカ合衆国における映画とテレビドラマに与えられる賞。ハリウッド外国人映画記者協会(Hollywood Foreign Press Association, HFPA)の会員の投票により選定される。毎年1月に発表され、アカデミー賞の前哨戦としての注目度も高い。 1944年から映画の賞として開催され、1956年にテレビドラマが対象に加わった。2008年の授賞式は脚本家によるストライキの影響で中止となった。2012年に行われた第69回ゴールデングローブ賞からテーマ曲が設定され、日本のミュージシャンのYOSHIKIが作曲した「ゴールデングローブのテーマ」が使用されている。.

新しい!!: 映画とゴールデングローブ賞 · 続きを見る »

シネマ

ネマ (CINEMA).

新しい!!: 映画とシネマ · 続きを見る »

シネマトグラフ

上映中のシネマトグラフ シネマトグラフ(cinématographe)とは、世界初の撮影と映写の機能を持つ複合映写機である。世界初の実写映画の作成と映画を商業公開することで映画史に名を残した。1890年代に発明された。.

新しい!!: 映画とシネマトグラフ · 続きを見る »

シネフィル

ネフィル(cinéphile)とは映画通、映画狂を意味するフランス語。「cinéma」(映画)と「phil」(「愛する」という意味の接尾辞)をもとにした造語である。 映画が多ジャンル化した昨今の傾向として、シネフィルとは言い難い映画通も増えている。 彼らは意識と反省から映画を批評し、自ら映画を制作した。従って、彼らにとっては古今東西の映画を見続けることは自明であると同時に、アイデンティティでもあった。 しかし、こうした引用論は彼らのオリジナルではなく、マルセル・デュシャンのレディ・メイド作品『泉』(1917年)を出発点とする現代美術/芸術論にある。「芸術は全て、過去の遺産の引用の織物であり、オリジナリティーなどというものはない」と唱える主張だが、20世紀初頭にはこうした考えがあらゆる芸術領域に行き渡り、美術、音楽、文学などにおいて「引用の織物」説を前提とした様々な試みがなされた。.

新しい!!: 映画とシネフィル · 続きを見る »

シネショット

ネショットは、映画が映写されたスクリーンを射撃する遊戯である。.

新しい!!: 映画とシネショット · 続きを見る »

ジャン・ルノワール

ャン・ルノワール(Jean Renoir, 1894年9月15日 - 1979年2月12日)は、フランスの映画監督、脚本家、俳優。印象派の画家ピエール=オーギュスト・ルノワールの次男。ジャン・ルノアールと表記される場合もある。.

新しい!!: 映画とジャン・ルノワール · 続きを見る »

ジュリアン・デュヴィヴィエ

ュリアン・デュヴィヴィエ(Julien Duvivier, 1896年10月3日 - 1967年10月30日)は、フランスの映画監督、脚本家、俳優である。.

新しい!!: 映画とジュリアン・デュヴィヴィエ · 続きを見る »

スクリーン

リーン()は、映写機やプロジェクターから投射される映像(映画など)を映し出す平面のこと。映写幕、銀幕、投射スクリーンともいう。映像を映し出す平面という意味から、コンピュータの表示画面をスクリーンと呼ぶこともある。 かつての映写幕は、表面に銀皮膜を塗布していたことから「銀幕」と呼ぶことがあり、そこから映画作品のことを比喩的に「銀幕」と呼び、映画作品で著名な女優ともなると「銀幕のヒロイン」などと呼び習わすようになった。.

新しい!!: 映画とスクリーン · 続きを見る »

サラウンド

ラウンド(英語:surround)は、音声の記録再生方法のひとつである。モノラル(1.0ch)、ステレオ(2.0ch)音声よりも多くのチャンネル(3ch以上)を有する。 一般的には単にサラウンド、あるいはサラウンド音声という言い方がされる。.

新しい!!: 映画とサラウンド · 続きを見る »

サイレント映画

イレント映画(サイレントえいが、silent film)は、音声・音響、特に俳優の語るセリフが入っていない映画のことである、デジタル大辞泉、小学館、コトバンク、2010年2月4日閲覧。。.

新しい!!: 映画とサイレント映画 · 続きを見る »

写真

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、.

新しい!!: 映画と写真 · 続きを見る »

写真フィルム

35mmスチールカメラ用のパトローネ入りフィルムの例 写真フィルム(しゃしんフィルム)とは写真(映画も含む)において、カメラから得られた光の情報を記録する感光材料であり、現像されることにより記録媒体となるフィルムのこと。透明な薄い膜状のベース(支持体)に感光剤(主として銀化合物.

新しい!!: 映画と写真フィルム · 続きを見る »

光文社

株式会社光文社(こうぶんしゃ)は、日本の出版社。.

新しい!!: 映画と光文社 · 続きを見る »

動画

動画(どうが、video、movie)とは、動く画像(動画像、videograph)のことで、映像と呼称されることも多い。アニメーション(animation)の日本語訳でもある。 静止画と対極の語であり、狭い定義では「動く画像」、広い定義では時間軸に同期させた音声・音楽と共に提供されるメディアパッケージを指す場合もある。選択した静止画を順次切り替える「スライドショー」「紙芝居」とは異なり、連続して変化する静止画像を高速に切り替え続けると人間の視覚の錯覚として静止画が動いているように見えるを利用した表現様式(メディア)である。 日本語の「動画」は、アニメーター・映像作家の政岡憲三が「アニメーション」の訳語として考案・提唱したものが最初とされ、「〜動画」という社名のアニメ会社も複数設立されるなど実際にその意味で使われてきたが、2000年代以降はアニメーションのみにとどまらず、上記のような性質を持った表現様式も含むより広範囲な映像物を指す言葉としても使用されている。.

新しい!!: 映画と動画 · 続きを見る »

BETACAM

BETACAM(ベータカム)はソニーが開発したアナログコンポーネント記録のカセット式VTR。放送用、業務用における撮影において世界中で事実上の標準方式となっている。通称「ベーカム」。ベータマックス(Betamax)と同規格のテープを、3~6倍の速度で使うことで、記録密度を下げ見かけ上の磁界強度を上げて高周波記録を実現している。.

新しい!!: 映画とBETACAM · 続きを見る »

BS特集

BS特集(ビーエスとくしゅう)は、NHK衛星第1テレビジョンおよびNHKデジタル衛星ハイビジョンで放映されるノンフィクション番組である。内容は討論、ドキュメンタリーなど多岐にわたる。放送時間は不定期である。.

新しい!!: 映画とBS特集 · 続きを見る »

CD-ROM

CD-ROM(シーディーロム、Compact Disc Read only memory、JIS X 6281-1992、ISO/IEC 10149:1989)は、コンピュータやゲーム機などで取り扱うデータが記録されているコンパクトディスクのこと。.

新しい!!: 映画とCD-ROM · 続きを見る »

砂の器

『砂の器』(すなのうつわ)は、松本清張の長編推理小説。1960年5月17日から1961年4月20日にかけて『読売新聞』夕刊に連載され(全337回。連載時の挿絵は朝倉摂)、同年7月に光文社(カッパ・ノベルス)から刊行された。後に電子書籍版も発売されている。 都会の駅の操車場で起きた、とある殺人事件を発端に、刑事の捜査と犯罪者の動静を描く長編小説であり、清張作品の中でも特に著名な一つ。ハンセン氏病を物語の背景としたことでも知られ、大きな話題を呼んだ。ミステリーとしては、方言周圏論に基く(東北訛りと「カメダ」という言葉が事件の手がかりとなる)設定が重要な鍵を握る、などの試みがなされている。 1974年に松竹で映画化、またTBS系列で2回、フジテレビ系列で1回、テレビ朝日系列で2回の5度テレビドラマ化され、その都度評判となった。.

新しい!!: 映画と砂の器 · 続きを見る »

磁気テープ

ーディオ用コンパクトカセット「ソニー・HF」(現在すでに終売)。スケルトン仕様で内装された磁気テープが見える 磁気テープ(じきテープ)とは、粉末状の磁性体をテープ状のフィルムに、バインダー(接着剤)で塗布または蒸着した記録媒体で、磁化の変化により情報を記録・再生する磁気記録メディアの一分類である。.

新しい!!: 映画と磁気テープ · 続きを見る »

磁気記録

磁気記録(じききろく、magnetic recording)または磁気記憶(じききおく、magnetic storage)は、データを磁気媒体に記録/記憶することを指す工学用語。磁気記録を行う電子媒体を磁気媒体、磁気記録を行う装置を磁気記憶装置と呼ぶ。磁気記録は磁性体における様々な磁化パターンを使ってデータを格納することで、一種の不揮発性メモリを形成している。情報へのアクセスには1つ以上の磁気ヘッドを使う。コンピュータ分野では「磁気記憶」、音声やビデオの分野では「磁気記録」と呼ぶことが多いが、区別する意味はない。.

新しい!!: 映画と磁気記録 · 続きを見る »

第三の波 (トフラー)

『第三の波』(だいさんのなみ、)とは1980年出版されたにアメリカの未来学者であるアルビン・トフラーの著書。 本書の中でトフラーは、人類はこれまで大変革の波を二度経験してきており、第一の波は農業革命(18世紀の農業における変革でなく、人類が初めて農耕を開始した新石器革命に該当)、第二の波は産業革命と呼ばれるものであり、これから第三の波として情報革命による脱産業社会(情報化社会)が押し寄せると唱えている。.

新しい!!: 映画と第三の波 (トフラー) · 続きを見る »

絵画

絵画(かいが)は、物体の形象を平面に描き出したもの広辞苑。 日本語では類語の絵が幅広く用いられ、絵画という語は、特に芸術作品としての絵を指す場合がある。ただし、絵と絵画を区別して用いるとは限らない。また画を後ろにつけて描写の技法や対象を示す用語もある(水墨画、静物画など)。 フランス語の peinture(パンチュール)、英語の painting(ペインティング)、日本語の雅言的表現で絵と呼ぶこともある。 文字などを「書く」ことより早く、絵画を「描く」行動は幼少期から見られる行動である。発達心理学などの分野では、14歳から18歳程度で完成期と呼ばれる時期を迎え、多くの人はその頃から、ほとんど描かなくなる。子どもの絵に関する社会科学的研究は豊富だが、大人の絵に関する同様の研究は少ない。その一方で、多くの人が描かなくなる年齢を過ぎても活動的に絵を描く人々が居る。歴史的に代表的なのは画家であると言えるが、現代ではより多くの業種に見出される傾向である。なお、人間の発達には個人差があり、柔軟な姿勢が必要である。.

新しい!!: 映画と絵画 · 続きを見る »

生産消費者

生産消費者 (せいさんしょうひしゃ、prosumer) もしくは生産.

新しい!!: 映画と生産消費者 · 続きを見る »

DV (ビデオ規格)

DV(ディーブイ)とは、1994年HDデジタルVCR協議会より家庭用として発表されたデジタルビデオの規格のひとつ。開発当初はハイビジョン映像をベースバンドで記録するHD規格のVTRであったが、製品としては1995年にSDテレビ映像を記録するビデオカメラ(カムコーダ)からスタートした。その後HD規格の製品化が進まない中、SD規格の製品が普及してDV.

新しい!!: 映画とDV (ビデオ規格) · 続きを見る »

DVD

市販のDVDレコーダー(ソニー製) 市販のDVD録画用生ディスク(パナソニック製DVD-RAM) DVD(ディー・ブイ・ディー)は、デジタルデータの記録媒体である第2世代光ディスクの一種である。.

新しい!!: 映画とDVD · 続きを見る »

芸術

芸術(げいじゅつ、、 techné、 とは、表現者あるいは表現物と、鑑賞者が相互に作用し合うことなどで、精神的・感覚的な変動を得ようとする活動。文芸(言語芸術)、美術(造形芸術)、音楽(音響芸術)、演劇・映画(総合芸術)などを指す。藝術の略式表記。 Jolene.

新しい!!: 映画と芸術 · 続きを見る »

音楽

音楽(おんがく、music)の定義には、「音による芸術」といったものから「音による時間の表現」といったものまで、様々なものがある。 音楽は、ある音を選好し、ある音を選好しない、という人間の性質に依存する。 音楽には以下の3つの要件がある。.

新しい!!: 映画と音楽 · 続きを見る »

西部劇

駅馬車』より 『シェーン』より 西部劇(せいぶげき)は、19世紀後半のアメリカ合衆国の西部開拓時代に当時フロンティアと呼ばれた主にアメリカ西部の未開拓地を舞台にした映画(テレビ映画を含む)や小説である。Western(ウェスタン)の訳語。.

新しい!!: 映画と西部劇 · 続きを見る »

近世

近世(きんせい、英語:early modern period)とは、歴史学における時代区分のひとつ。中世よりも後で、近代よりも前の時期を指す。.

新しい!!: 映画と近世 · 続きを見る »

舞踊

舞踊(ぶよう).

新しい!!: 映画と舞踊 · 続きを見る »

興行収入

興行収入(こうぎょうしゅうにゅう)とは、映画館の入場料金収入のこと。興収と略される。英語では、チケット売り場も示すBox Officeと言う。映画以外の興行でも言う場合がある。.

新しい!!: 映画と興行収入 · 続きを見る »

興行成績

興行成績(こうぎょうせいせき)は、映画の売れ行きを示す言葉である。興行収入・配給収入や観客動員数等によって公開される。.

新しい!!: 映画と興行成績 · 続きを見る »

自主映画

自主映画(じしゅえいが)とは映画の種類を指す。自主制作映画(じしゅせいさくえいが)、インディーズ・ムービー、インディペンデント映画、同人映画などとも呼ばれる。 日本では商業映画で無いもの、欧米ではハリウッドのメジャースタジオ6社の傘下に属していないものや単に自己資金で制作されたもの(ジョージ・ルーカスのスター・ウォーズ新三部作など)である。.

新しい!!: 映画と自主映画 · 続きを見る »

HD24P

HD24P(エイチディーにじゅうよんピー)は、20世紀末に登場した、映画撮影のためのビデオカメラおよびHDTV映像信号の規格の一種である。ジョージ・ルーカスによって提案され、ソニーによって製品化された。「HD24p」と、Pを小文字にして表記する場合も多い。会話の中では、単に「24P」(にじゅうよんぴー)とも呼ばれる。また、「HD/24P」とも表記される。 通常、HD/24Pといえば「HD1080/24P」を指すが、簡易版の「HD720/24P」という規格も存在する。本項内では特に断りのない限り、HD1080/24Pについて記す。.

新しい!!: 映画とHD24P · 続きを見る »

Netflix

Netflix(ネットフリックス、)は、アメリカ合衆国のオンラインDVDレンタル及び映像ストリーミング配信事業会社。 本社はカリフォルニア州ロスガトスに置かれている。10万種類、延べ4200万枚のDVDを保有し、レンタル向けに1,600万人の顧客を得ている。また、ストリーミング配信では既存のコンテンツに加え、独占配信やオリジナル作品も扱っている。 2017年12月の時点で190ヵ国以上で配信事業を展開する。アメリカのほか、オランダ、ブラジル、インド、日本、韓国にオフィスを構える。.

新しい!!: 映画とNetflix · 続きを見る »

NHKスペシャル

『NHKスペシャル』(エヌエイチケイスペシャル)は、NHKのドキュメンタリー番組。略称は「Nスペ」。単発のドキュメンタリーを制作・放送していたNHK特集に代わり、1989年4月2日放送開始。原則、毎週日曜日の21:00 - 21:50に放送するが時間枠を拡大したり他の曜日・時間に放送することもある。再放送は、火曜・水曜深夜。多くはハイビジョン放送である。 本項では前身である『NHK特集』(エヌエイチケイとくしゅう)についても記述する。.

新しい!!: 映画とNHKスペシャル · 続きを見る »

SFX

SFX(エス・エフ・エックス)は、特殊撮影(特撮)を意味する英語の略語で、フィルム、ビデオ映像に対して美術、光学処理などにより特殊な視覚効果を施し、通常ではあり得ない映像を作り出す技術をいう。特殊効果とも呼ばれる。英語ではSFX、SPFX、あるいは単にFXと略称される。古くは活動写真の時代から「トリック撮影」と呼ばれ、「特殊効果」や「特撮」と呼ばれていたが、映画評論家・中子真治著『SFX映画の世界 CINEMATIC ILLUSION』(1983年)のタイトルに用いられて以降、一般に広く使われるようになった。1980年代以降はコンピュータグラフィックスなど、映像を後から加工する技術が生まれ、それらはSFXに対して視覚効果(VFX)と呼ばれている。映画業界ではSFXとVFXは別々のものとしてはっきりと区別する傾向が強いが、一般には浸透しておらず混同されている。.

新しい!!: 映画とSFX · 続きを見る »

YouTube

YouTube(ユーチューブ)は、アメリカ合衆国・カリフォルニア州サンブルーノに本社を置く世界最大の動画共有サービス。Youは「あなた」、Tubeは「ブラウン管(テレビ)」という意味である。.

新しい!!: 映画とYouTube · 続きを見る »

柳川春三

柳河 春三(やながわ しゅんさん、天保3年2月25日(1832年3月27日) - 明治3年2月20日(1870年3月21日)は、幕末の洋学者。後に良三。姓は栗本、名は春蔭。初名は西村辰助。号は臥孟、楊江。オランダ語、英語、フランス語に通じる。.

新しい!!: 映画と柳川春三 · 続きを見る »

水戸黄門

水戸黄門(みとこうもん)とは、権中納言である江戸時代の水戸藩主・徳川光圀の別称かつ、徳川光圀が隠居して日本各地を漫遊して行なった世直しを描いた創作物語の名称。かつては専ら『水戸黄門漫遊記』(みとこうもんまんゆうき)と呼ばれていた。 講談・歌舞伎・演劇・小説・映画・テレビドラマ・漫画・アニメ等において描かれている。.

新しい!!: 映画と水戸黄門 · 続きを見る »

沼野充義

沼野 充義(ぬまの みつよし、1954年6月8日 - )は、日本のスラヴ文学者。東京大学教授。専門はロシア・ポーランド文学。現代日本文学など世界文学にも詳しく、その文芸評論は文芸誌・新聞などでしばしば見られる。.

新しい!!: 映画と沼野充義 · 続きを見る »

活動写真

活動写真(かつどうしゃしん)は明治・大正期における映画の呼称。motion pictureの直訳語であり、元来は幻灯機のことを指す。後に意味が変じて、映画を指すようになった。単に活動とも。自動幻画、活動大写真、自動写真という呼称もあった。映画という名称が広く使われるようになるのは大正後期になってからである。 活動写真は映画の昔の呼び名ではあるが、映画とは意味が少々違い、活動写真は荒唐無稽な時代劇や演劇の実写化したもののことを指す。大正時代に起こった純映画劇運動によって活動写真は、芸術的水準を持ち、活動写真とは一線を画した映画へと生まれ変わっていった。.

新しい!!: 映画と活動写真 · 続きを見る »

演劇

演劇(えんげき、英語:theatre, theater)とは、観客に対し、俳優が舞台上で身振りや台詞などで、何らかの物語や人物などを形象化し、演じて見せる、芸術のこと。俳優が観客を前にして、舞台上で、なんらかの思想や感情などを表現し伝達しようとする一連の行為。.

新しい!!: 映画と演劇 · 続きを見る »

望月哲男

望月 哲男(もちづき てつお、1951年1月6日 - )は、ロシア文学者、北海道大学スラブ研究センター教授。 静岡県生まれ。1975年東京大学露文科卒、1982年同大学院博士課程単位取得退学、同助手、1986年北大助教授、1994年教授、1996年木村彰一賞受賞。『アンナ・カレーニナ』、『白痴』の新訳を出した。.

新しい!!: 映画と望月哲男 · 続きを見る »

戦争と平和 (1967年の映画)

『戦争と平和』(せんそうとへいわ、)はロシアの文豪レフ・トルストイの代表作の1つである大河歴史小説『戦争と平和』を映画化した作品。1965年から1967年にかけて公開されたソビエト連邦の歴史映画の4部作であり、戦闘シーンに12万人を超すエキストラが動員されて、セリフのある役が559人の出演者、当時のソ連が国を挙げて国家事業として製作撮影して全4部で上映時間が6時間半を超す超大作の映画である。.

新しい!!: 映画と戦争と平和 (1967年の映画) · 続きを見る »

戦前

戦前(せんぜん、antebellum、prewar、Vorkriegszeit)とは、ある戦争が始まる前の時代。対義語は戦後。.

新しい!!: 映画と戦前 · 続きを見る »

明治

明治(めいじ)は日本の元号の一つ。慶応の後、大正の前。新暦1868年1月25日(旧暦慶応4年1月1日/明治元年1月1日)から1912年(明治45年)7月30日までの期間を指す。日本での一世一元の制による最初の元号。明治天皇在位期間とほぼ一致する。ただし、実際に改元の詔書が出されたのは新暦1868年10月23日(旧暦慶応4年9月8日)で慶応4年1月1日に遡って明治元年1月1日とすると定めた。これが、明治時代である。.

新しい!!: 映画と明治 · 続きを見る »

映像

映像(えいぞう).

新しい!!: 映画と映像 · 続きを見る »

映写

映写(えいしゃ、projection)とは、写真や映画をスクリーンに映すことである。特に、映画を映画館などで公に写すことを上映(じょうえい)という。ここでは、映写を行うのに必要な映写装置と、それを扱う映写技師についても述べる。 映写機はフィルムに現像された静止画に光を当て、その透過光をレンズを用いてスクリーンに映像として映し出す。映画の場合には、残像効果を利用して、動きおよびコンティニュイティ(連続性)の錯覚を引き起こす速さで断続的に映し出し、動画としてみせる。サイレント映画時代の映像は毎秒16フレーム(16コマ)で行われていたが、のちに、サウンドが加えられ、現在は動きが滑らかで音質も優れた毎秒24フレーム(24コマ)で行われている。.

新しい!!: 映画と映写 · 続きを見る »

映画の一覧

ここでは映画分野の一覧記事についてまとめる。:Category:映画の一覧も参照のこと。.

新しい!!: 映画と映画の一覧 · 続きを見る »

映画のレイティングシステム

映画のレイティングシステム(えいがのレイティングシステム、film rating system)とは、映画鑑賞の際にその映画を見ることができる年齢制限の枠、およびその規定。 先進国を中心に多くの国で規定されており、日本では映画倫理機構(映倫)が審査を行っている。.

新しい!!: 映画と映画のレイティングシステム · 続きを見る »

映画の分類

映画の分類(えいがのぶんるい)としては、どういう分類の仕方をするかによって名称が変わってくる。 映画を「作品」としてとらえ、単に知見を広めたり視聴覚的に情報を得るためではなく、 映画独自の表現を楽しむ事を主たる目的として「鑑賞」する観点からは以下の三つに大別する事が出来る。.

新しい!!: 映画と映画の分類 · 続きを見る »

映画のジャンル

映画のジャンル(ジャンル映画) 広義には、映画構成諸要素(主題、題材、ストーリーテリング、スタイル、登場人物など)の共通の特徴を基準に映画をメディアと大衆が通俗的に分類したものである。狭義には、ジャンル映画と呼ばれる種々分類された典型的な娯楽映画を指す。キネマ旬報『現代映画用語辞典』、キネマ旬報社、P.66。   映画をジャンル分けする際の明確な定義というものがある訳ではない。便宜上、その作品の中の特徴的な要素を恣意的に取り出して分類しているだけである。だから、分類方法も基準も選者によって、違ってくることも多い。また、特定のジャンルのみに固定できる映画ばかりでもない。公開時(放送、リリース時)のセールスの仕方に従っているのが通例である。 インターネット・ムービー・データベースは、映画のジャンルを23の基本的ジャンルに分類している。アクション映画、冒険映画、アニメーション映画、伝記映画、コメディ映画、犯罪映画、ドキュメンタリー映画、ドラマ、ファミリー映画、ファンタジー映画、フィルムノワール、歴史映画、ホラー映画、音楽、ミュージカル映画、ミステリー映画、ロマンス、SF映画、短編映画、スポーツ、スリラー映画、戦争映画、西部劇である。.

新しい!!: 映画と映画のジャンル · 続きを見る »

映画の賞

映画の賞(えいがのしょう)では、映画に与えられる賞について述べる。 映画の賞には大きく分けて2種類ある。観客側(マスメディア等含む)が与える賞と、映画製作関係者による技術的な部分にも目を向けた賞とである。前者が監督や俳優等への賞に集中するのに対して、後者は撮影や録音、音楽、美術等といった映画スタッフへの賞も設けている。ハリウッドのアカデミー賞等は後者の代表格である。 以上のものが年間を通しての評価であるのに対して、映画祭で与えられる賞もある。これにはコンペティション部門で与えられるもの、新人監督、永く映画界に貢献のあった監督に与えられるものなどがある。.

新しい!!: 映画と映画の賞 · 続きを見る »

映画の著作物

映画の著作物(えいがのちょさくぶつ)は、主に著作権保護に関する条約や法律における用語であり、著作権の保護対象となる著作物のうち、劇場映画作品その他動的な映像表現を伴う著作物を、他の一般著作物と区別して言い表すために使用される言葉である。映画の著作物は、その創作過程および流通過程に他の著作物にはない特徴をもつことから、その著作権の性質を規定する特別な条項が、条約および各国の法律にみられる。 以下、日本の著作権法(昭和45年法律第48号)の条文を示すときは、条数のみ記載する。.

新しい!!: 映画と映画の著作物 · 続きを見る »

映画の配信媒体

映画の配信媒体(えいがのはいしんばいたい)は、フィルムやビデオカセットなどの形で制作された映画が視聴者に映画として鑑賞されるまでに通る経路を指す。その主なものとして、次のような媒体があるとされている。.

新しい!!: 映画と映画の配信媒体 · 続きを見る »

映画史

映画史(えいがし)は、映画がどのような経緯をもって誕生し、世界で発展してきたかという歴史である。映画史を研究する学問もあり、映画史の研究者を映画史家(えいがしか)と呼ぶ。.

新しい!!: 映画と映画史 · 続きを見る »

映画学

映画学(えいががく、英語:cinema studies、film studies)は大学・大学院や専門学校などにおいて映画について学び研究する学問のひとつである。大きくは制作分野と理論分野に分けることができる。なお、名称が映画学、であってもテレビ、ビデオ、写真を並列的カリキュラムとして設置している教育機関が多い。.

新しい!!: 映画と映画学 · 続きを見る »

映画学校

映画学校(えいががっこう)は映画学に特化した学校で、映画理論、映画評論、映画史、演技、撮影、照明などを学ぶ事が出来る。多くの俳優・映画スタッフを輩出し、映画界に寄与している。 映画学校による教育は日本以外でも盛んであり、国立映画大学が各国に設置されているほか、多くの映画人を輩出した実績のある映画学部も多い。日本においては専門学校や芸術系大学の一学科という位置づけが中心で、映画に焦点を絞った大学はごく少なく、国立の映画大学は存在しない。.

新しい!!: 映画と映画学校 · 続きを見る »

映画会社の一覧

以下は、現存する世界の映画会社の一覧。会社の実体を持たない部門やブランドなども含まれる。五十音順。.

新しい!!: 映画と映画会社の一覧 · 続きを見る »

映画作品一覧

映画作品一覧(えいがさくひんいちらん)は、ウィキペディア日本語版内に記事のある映画のタイトルの一覧である。 括弧内は、製作年および製作国。.

新しい!!: 映画と映画作品一覧 · 続きを見る »

映画プロデューサー

映画プロデューサー(えいがプロデューサー、film producer)は、映画を企画、立案し、作品にする総合責任者である。.

新しい!!: 映画と映画プロデューサー · 続きを見る »

映画スタッフ

映画スタッフ(えいがスタッフ)は、専門技術をもって、演出側(監督)の要求に応じて映画作品作りに参加している人々を指す。広い意味では、宣伝・配給など監督の権限が及ばない分野の関係者も指す。.

新しい!!: 映画と映画スタッフ · 続きを見る »

映画倫理機構

一般財団法人映画倫理機構(えいがりんりきこう、)は、主に映画作品の内容を審査し、レイティング設定を行う日本の一般財団法人である、映画倫理機構、2017年4月10日閲覧。。略称は映倫(えいりん)。1949年(昭和24年)に設立された映画倫理規程管理委員会(通称「旧映倫」)を基礎に、1956年(昭和31年)に新たに設立された映画倫理管理委員会(通称「新映倫」)、それを2009年(平成21年)に改称した任意団体・映画倫理委員会を前身とし、2017年(平成29年)に設立された。.

新しい!!: 映画と映画倫理機構 · 続きを見る »

映画祭

映画祭(えいがさい)とは、特定の場所で期間限定で開催される映画関連のイベント。通常、年に一度など定期的な開催サイクルを持ち、名称は(ベルリン国際映画祭などのように)開催地の地名を冠したものである事が多い。映画の上演が主となるが、加えてエントリー作品の審査及び賞の授与や、映画に関するイベント(講演会、研修会、見学会、レセプション、等)を含むこともある。 最も有名なのは国際映画祭であるが、ファンタスティック映画祭、ドキュメンタリー映画祭、女性映画祭などテーマ別の映画祭も多数ある。複合的に国際アニメーション映画祭といった名称・分類もあり、東京国際映画祭の協賛企画として東京国際女性映画祭が開かれる場合などもある。作品上映の前後に、監督や出演者などの舞台挨拶、ティーチイン(観覧者との質疑応答)などが行われる事も多い。.

新しい!!: 映画と映画祭 · 続きを見る »

映画用語

映画用語(えいがようご)は、映画用語の一覧。.

新しい!!: 映画と映画用語 · 続きを見る »

映画監督

映画監督(えいがかんとく、film director)とは、映画の映像作成を統括する責任者で、テレビではディレクターとも呼ぶ。一般に、製作を担当する製作者(プロデューサー)に対して、その映画のトップ2となる。 テレビ番組やビデオ作品などについても「監督」・「ディレクター」という言葉が用いられるが、「映画監督」は、劇場用映画(劇映画)や、フィルムで撮影されたまとまったドキュメンタリー作品の監督のみを意味することがある。商業映画であれば何百という人間が動くが、「映画は監督のモノ」と映画評論家に言われるほどその立場は重要で、程度の違いこそあれ制作現場では作品創作全体の統一のための権力を有しているが、映画は創作者集団による総合芸術であり、芸術としての映画を厳密公正に研究・分析する場合「制作者」は俳優やプロデューサーや監督以外にも制作創作スタッフ全体がその対象となる。 「映画監督」と「(テレビ番組やビデオ作品の)監督」の職務内容には、規模の違いこそあれ大きな差はないため、本稿では両者をまとめて扱う。.

新しい!!: 映画と映画監督 · 続きを見る »

映画療法

映画療法(えいがりょうほう、Cinema therapy, Movie therapy)とは、アメリカにて、うつ病を和らげるために映画が有効ではないかという試みである。映画が与えるカタルシスが良い影響を与えるのではないかという仮説に基づく。 ただし、臨床実証された治療ではない。.

新しい!!: 映画と映画療法 · 続きを見る »

映画館

映画館(えいがかん、cinema, movie theater)とは、映画を観客たちに見せることを主目的とした施設のこと。映画劇場とも。 英国英語では「cinema」、米国英語では「movie theater」あるいは単に「theater」と称し、日本でも「シアター」と称する場合があるが、「theater」は映画館と(演劇用の)劇場とを総称する言葉である。フランス語では「salle de cinéma サル・ド・シネマ」(=映画ホール)あるいは略して「cinéma」とも言うので、日本では短い方を採用してフランス風に「シネマ」とも呼ばれる。.

新しい!!: 映画と映画館 · 続きを見る »

映画評論

映画評論(えいがひょうろん、英語:film criticism)とは、映画を分析し、評論(批評)する事。 日本のマスメディアにおいては、印象批評的な文章が映画評論として扱われている事がしばしば見受けられるが、実際、感想文や批判ではなく、映画をどう評論していくかはかなりの修練が必要とされる。基本は数多くの映画を注意深く鑑賞する事に始まるが、そこから先の方法論となると、多種多様である。「第七芸術」である映画は文芸評論や美学とも違い、映像、音声も含めた総合的な評論が必要だが、一面的な捉え方からの評論や流行している評論の流用、単なる批判で終わっていることがある。 映画評論の歴史はサイレント初期にまで遡る。ヨーロッパではその頃から映画を美学的考察の対象とした人々がおり、詩人で映画脚本も書いたベラ・バラージュ、美学者ルドルフ・アルンハイムなどが出た。これより少し遅れるが、日本では今村太平がこの傾向の代表者である。第二次世界大戦前のこの段階では、映画学と映画評論は現在ほど大きく分離していた訳ではない。より正確に言えば、学問としての「映画学」は公式には存在せず、他分野の研究者や在野の研究者が映画評論家を兼ねる部分が大きかった。ともあれ、これらの映画美学的著書の数々は、現在に至るまで映画学における映画理論の最重要文献と見なされている。 現在の映画評論に最も大きな影響を与えたのは、1950年代後半から1960年代初頭にかけてのフランスに現れた「作家主義」という考え方である。映画監督アレクサンドル・アストリュックの「カメラ万年筆論」に始まり、評論家アンドレ・バザンがそれを代表した。この考えによれば、映画は監督や脚本家の思想を体現した「作品」であり、それはエイゼンシュテインの映画であってもヒッチコックの映画であっても同じことである。これ以前にも、映画を監督や脚本家の「作品」として捉える見方がなかった訳ではないが、「作家主義」はヌーヴェル・ヴァーグという創作上の運動を生み出し、それと連動していたために、国外への影響力が大きかった。「作家主義」的な立場からは厳密な評論の方法論は生まれえず、その亜流達は原始的な印象評論に退行した。 1960年代半ば以降、その反動として個々の映画の価値判断をしない映画記号学という方法論が映画学界を席巻することになった。言語学的モデルに支えられたこの方法論は評論との共通点をほとんど持っておらず、映画学を学問として成立させることはできても、映画評論に影響を与えることはできなかった。1970年代に入り、精神分析学的映画記号学の出現は事態を更に紛糾させた。そこに至って方法論の厳密さすら失われ、映画学はますます蛸壺化したからである。映画評論と映画学の不幸な分離をもたらしたこの状況は、1980年代まで続く。 1980年代以降、映画学の中で、個々の作品の意味を作者(監督)の意図やスタイルとも関連付けながら、分析・解釈してゆく動きが見られた。映画研究への物語論(ナラトロジー)の応用、ポストモダニズム的な現代の文化状況における「イデオロギー装置」としての映画の研究が、必然的にそのような動きをもたらしたと言えよう。主に英語圏で行われたこれらの研究の成果は、日本の映画評論には十分に反映されていない。一方で、各国で映画史的な研究が評論家によって精力的に行われていた。映画史は厳密な方法論を要求しなかったからである。 映画評論に方法論が必要かどうかという問題は、評論家の良心が記述の客観性と明快さ、作品分析の厳密さを求めるかどうかという問題でもある。評論家が映画文化の担い手としての社会的責任を果たすためには、自らにそのような戒律を課すことも必要であろう。その意味で、第二次大戦以前の古典的な映画理論家達に学ぶべき事は多い。 旧態依然の評論が多かったが、ビデオテープやレーザーディスク、DVD、Blu-ray Discなどの記録メディアの出現によって、より多くの人が評論できるインターネット環境や映画評サイトも揃い、例えば、ロジャー・イーバートのようにネット上に評論を出している専門家も出てきた。中には映画館で見ないで評論する人も増えている。同時に、「Rotten Tomatoes」のように集団で評論をしあい、集計することも可能になってきた。 作り手もフランソワ・トリュフォーの『ある映画の物語』(『華氏451』撮影日記)や『アメリカの夜』、トリュフォーとアルフレッド・ヒッチコックの『定本 映画術』、伊丹十三の『「お葬式」日記』や多くのメイキング映画などのように撮影の方法論について明らかにすることも増えてきた。 作り手側の意見としては、『月刊シナリオ』2009年8月号において同誌代表者である浦崎浩實が言及している。映画評論家・石上三登志の「ミステリマガジン」連載記事の文章について、「悪文に閉口」「手柄話を連ね、読む方が赤面」「何ものをも生産しない(生産できない)批評家なるものは悲しい。自分で自分の力を吹聴してプライドを維持するのか」と断罪した上で、「今、映画批評家たちは、ご飯粒どころか、テーブルから落ちたパンくずに群がっているようなものではなかろうか?飛躍するようだが、批評の自律性がほぼ完全に失われている、ように思える」と厳しい指摘を行っている。黒澤明の口癖は「伝えたいメッセージがあるなら、看板でも作って繁華街を練り歩くことだ」だった。.

新しい!!: 映画と映画評論 · 続きを見る »

文学

ジャン・オノレ・フラゴナール『読書する女』(1772年) 文学(ぶんがく)とは、言語表現による芸術作品のこと。文芸ともいう。それらを研究する学問も文学と称されるが、これについては文芸学で扱う。狭義には、詩・小説・戯曲・随筆・文芸評論などを典型的な文学の例とする。 西洋での文学(、、、、)はラテン語のlittera(文字)及びその派生語litteratura(筆記、文法、教養)を語源とし、現在では主に以下の意味を持つ。.

新しい!!: 映画と文学 · 続きを見る »

日本ビデオ倫理協会

日本ビデオ倫理協会(通称: ビデ倫、Nihon Ethics of Video Association、略してNEVA)は、日本のアダルトビデオの制作会社で構成する会員制の自主審査組織で、法人格を有しない任意団体である。.

新しい!!: 映画と日本ビデオ倫理協会 · 続きを見る »

日本国語大辞典

日本国語大辞典(にほんこくごだいじてん)は、小学館が発行する日本で最大規模の国語辞典である。初版は日本大辞典刊行会編。.

新しい!!: 映画と日本国語大辞典 · 続きを見る »

日本歴代興行収入上位の映画一覧

日本歴代興行成績上位の映画一覧(にほんれきだいこうぎょうせいせきじょういのえいがいちらん)は、日本で公開された邦画・洋画の興行成績、興行収入と観客動員数の各ランキング。.

新しい!!: 映画と日本歴代興行収入上位の映画一覧 · 続きを見る »

日本映画

日本映画(にほんえいが)は、一般的に日本国内の映画館などで公開されることを前提として、日本国籍を持つ者、あるいは日本の国内法に基づく法人が出資(製作)している映画を指すが、詳細な定義は識者によって異なる。邦画(ほうが)とも呼称される。また、時代によって活動写真、キネマ、シネマ等とも呼ばれる。 トーマス・エジソンによって1891年に発明されたキネトスコープが世界的な映画の起源となるが、それを用いて日本で最初に上映がなされたのは1896年11月で、当時の西洋技術の最先端である映画が到来した年にあたる。日本人による映画撮影としては1898年の浅野四郎による短編映画『化け地蔵』『死人の蘇生』に始まる。ここから現代に至るまで日本映画は日本文化の影響を強く受けつつ、独自の発展を遂げ、日本を代表する大衆娯楽のひとつとして位置付けられていった。 日本映画をジャンルとして明確に定義することは困難であり、「日本人監督によって、日本人の俳優を用いて、日本で撮影し、日本で上映する日本語の映画」という条件のもと、そのいくつかが当てはまるものを一般に日本映画と呼称している。このため、『ホノカアボーイ』などの総海外ロケの映画や、フランスの資本を基に黒澤明や大島渚が撮影した映画、崔洋一、李相日などの在日韓国・朝鮮人監督による映画など、全ての条件を満たしていなくても日本映画と認知されるものもある。 外国映画(洋画)に対する日本の映画という意味での呼称は存在するが、市場のボーダレス化等、製作、配給の両面において多国籍化が一般化している今日において、ジャンルとしての厳密な定義はほぼ無意味なものとなりつつある。.

新しい!!: 映画と日本映画 · 続きを見る »

日本放送協会

日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 公式略称は、「NIPPON HOSO KYOKAI」の頭文字を取り「」と呼称・記される。 公共放送としての事業規模は、英国放送協会 (BBC) などと並び、国内にNHKエンタープライズ、NHKグローバルメディアサービス、NHK出版など13の連結子会社を持つ。また、関連会社として日本国外にNHKコスモメディアアメリカ、NHKコスモメディアヨーロッパが設立されている。1986年には子会社である株式会社NHKエンタープライズを出資母体として、NHKエンタープライズ25%、株式会社電通25%の共同出資による株式会社総合ビジョンを設立した。しかし、これは事業の縮小を経て2013年7月1日付けでNHKエンタープライズに吸収合併した。 愛宕山。 中継車(いすゞ・フォワード).

新しい!!: 映画と日本放送協会 · 続きを見る »

16mmフィルム

富士フイルム製スーパー16mm(100フィート) 16mmフィルムを用いたジュークボックス、スコーピトーン 16mmフィルム(16mm Film )は、フィルムの規格。 主に動画撮影用として使われる。35mmカメラよりもカメラも映写機も小型化できるため、テレビニュースのロケ撮影・テレビドラマ・低予算の劇場用映画で使われる。かろうじて個人での機材所有も可能であり、8mmフィルムに飽き足らないハイアマチュアが16mmにステップアップする例も見られた。また、映画館や劇場、公共ホールなどにも16mmの映写機を備え付けている施設は多く、それらの施設で行われる小規模な上映会に供するため、35mmの劇場映画を16mmフィルムにプリントしたものも多く制作され、映画センターなどを通じて貸し出しや上映が行われていた。近年はビデオカメラやビデオプロジェクターの高画質化、低価格化のため使用される機会は減少傾向にある。 かつてはスチルカメラにも用いられており、主に小型カメラへ採用された。第二次大戦後には16mmフィルムを使った豆カメラのブームもあった。35mmカメラの低価格化と小型化などの影響により次第に市場が縮小し、残っていたミノルタなどの製品も、1972年に登場した110フィルム使用のカメラと入れ替わるように姿を消した。.

新しい!!: 映画と16mmフィルム · 続きを見る »

1920年代

1920年代(せんきゅうひゃくにじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)1920年から1929年までの10年間を指す十年紀。.

新しい!!: 映画と1920年代 · 続きを見る »

1960年代

1960年代(せんきゅうひゃくろくじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)1960年から1969年までの10年間を指す十年紀。この項目では、国際的な視点に基づいた1960年代について記載する。.

新しい!!: 映画と1960年代 · 続きを見る »

19世紀

19世紀に君臨した大英帝国。 19世紀(じゅうきゅうせいき)は、西暦1801年から西暦1900年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: 映画と19世紀 · 続きを見る »

20世紀

摩天楼群) 20世紀(にじっせいき、にじゅっせいき)とは、西暦1901年から西暦2000年までの100年間を指す世紀。2千年紀における最後の世紀である。漢字で二十世紀の他に、廿世紀と表記される場合もある。.

新しい!!: 映画と20世紀 · 続きを見る »

21世紀

21世紀(にじゅういっせいき、にじゅういちせいき)とは、西暦2001年から西暦2100年までの100年間を指す世紀。3千年紀における最初の世紀である。.

新しい!!: 映画と21世紀 · 続きを見る »

35mmフィルム

35mmフィルム(35mm film)は、写真用・映画用の両方で広く使われているフィルムの代表的な規格である。 1892年にジョージ・イーストマンから供給されたフィルムをウィリアム・K・L・ディクソンとトーマス・エジソンが用いだして以来、比較的変化が少ないものである。名前の由来は、写真用フィルムの幅が35mm(約1と3/8インチ)であることからきている1.377 inches is the actual dimension specified by SMPTE, or 34.975mm.

新しい!!: 映画と35mmフィルム · 続きを見る »

8ミリ映画

8ミリ映画(8ミリえいが、通称8ミリ)とは、8mm幅のフィルムを利用した映画。映写にあたって免許資格が不要であり、取り扱いが簡便なことから、主に家庭用に1932年から発売され、さらには教育用や産業用などでも広く使われた。.

新しい!!: 映画と8ミリ映画 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

映画の起源映画作品映画化映画鑑賞電影

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »