ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

新バビロニア

索引 新バビロニア

新バビロニア(しんバビロニア、紀元前625年 - 紀元前539年)は、ナボポラッサルによりメソポタミア南部のバビロニアを中心に建国され、アケメネス朝ペルシアのキュロス2世によって征服されるまで、地中海沿岸地域に至る広大な領土を支配した帝国。首都はバビロン。以前はカルデア王国とも呼ばれたが、現在の研究によればナボポラッサルはカルデア人ではなく、この呼称は正しいとはいえない。.

30 関係: 君主小作制度ナボポラッサルナボニドゥスネルガル・シャレゼルネブカドネザル2世バビロンバビロンの空中庭園ラバシ・マルドゥクニネヴェ (メソポタミア)ニネヴェの戦い (紀元前612年)ベルシャザルアメル・マルドゥクアラム語アッカド語アケメネス朝イシュタル門カルデアカルケミシュの戦いキュロス2世紀元前536年紀元前539年紀元前555年紀元前556年紀元前560年紀元前562年紀元前604年紀元前605年紀元前7世紀摂政

君主

フランス国王ルイ14世 君主(くんしゅ)とは、一般に、世襲により国家を治める最高位の人。伝統的に、国家で特定の一人が主権を持つ場合、その主権者が君主であり、王・帝王・天子・皇帝・きみ等ともいう。.

新しい!!: 新バビロニアと君主 · 続きを見る »

小作制度

小作制度(こさくせいど)とは、農民が生産手段としての土地をもたず、その土地の所有者や占有者から土地の使用権を得て農作物の生産に従事する制度。小作制度は土地の性格あるいは所有権や占有権の性格の差異によって多様な様相をもつ。.

新しい!!: 新バビロニアと小作制度 · 続きを見る »

ナボポラッサル

ナボポラッサル(Nabopolassar、アッカド語表記ではナブー・アパル・ウスル Nabû-apal-usur、? - 紀元前605年)は、新バビロニアの建国者(在位:紀元前625年 - 紀元前605年)。セム系アラム人とされる。.

新しい!!: 新バビロニアとナボポラッサル · 続きを見る »

ナボニドゥス

ナボニドゥス(Nabonidus, ? - 紀元前539年)は新バビロニア最後の王(在位:紀元前555年 - 紀元前539年)。アラム系であると言われ、アッカド語では名前はナブー・ナイド(Nabû-nā'id)と表記される。.

新しい!!: 新バビロニアとナボニドゥス · 続きを見る »

ネルガル・シャレゼル

ネルガル・シャレゼル(Nergal-sharezer、アッカド語:Nergal-šar-uṣur)は、新バビロニアの第4代王(在位:紀元前560年 - 紀元前556年)。ネリグリッサル(Neriglissar)とも呼ばれる。名は「ネルガル神よ、王を守り給え」の意。.

新しい!!: 新バビロニアとネルガル・シャレゼル · 続きを見る »

ネブカドネザル2世

ネブカドネザル2世(Nebuchadnezzar II, 本来のアッカド語表記ではナブー・クドゥリ・ウスル(Nabû-kudurri-uṣur)、紀元前634年 - 紀元前562年)は新バビロニア王国の2代目の王である(在位:紀元前605年 - 紀元前562年)。アッカド語の名前「ナブー・クドゥリ・ウスル」は「ナブー神よ、私の最初の息子を守りたまえ」を意味する。マルドゥク神の息子ナブー神は、バビロニアにおける知恵の神である。彼の名前はかつて誤って「ナブー神よ、クドゥル(Kudurru:国境の境界石)を守りたまえ」と翻訳された。 だが、統治者の名前に組み入れられたとき、クドゥルは「最初の息子」または「最も年上の息子」の意味になる。 碑文ではネブカドネザルは彼自身のことを「ナブー神に愛されし者にして寵臣」と称している 。 彼はナボポラッサルの長男である。在位中、荒廃したバビロンの復興工事やエルサレムのバビロン捕囚などを行った。聖書中の「ダニエル書」ほか各種の書に登場する。.

新しい!!: 新バビロニアとネブカドネザル2世 · 続きを見る »

バビロン

バビロンはメソポタミア地方の古代都市。市域はバグダードの南方約90kmの地点にユーフラテス川をまたいで広がる。.

新しい!!: 新バビロニアとバビロン · 続きを見る »

バビロンの空中庭園

バビロンの空中庭園(バビロンのくうちゅうていえん、Hanging Gardens of Babylon)は、古代ギリシアの数学者・フィロンが選んだ「世界の七不思議」の建造物の一つの屋上庭園。バビロンの吊り庭園(バビロンのつりていえん)ともいう。 名前からは、重力に逆らって空中に浮かぶ庭園が連想されるが、実際には高台に造られた庭園である。.

新しい!!: 新バビロニアとバビロンの空中庭園 · 続きを見る »

ラバシ・マルドゥク

ラバシ・マルドゥク(Labashi-Marduk)は、新バビロニアの第5代王(在位:紀元前556年)。ネルガル・シャレゼル(ネリグリッサル)の息子。 父王の4年の治世の後、幼くして即位した。あまりに幼すぎたためか、国政が立ち行かず、即位後わずか9ヶ月で暗殺された。その結果、ナボニドゥスが新王に選ばれた。一般的に、彼はカルデア王朝の王として位置づけられている。おそらくはネルガル・シャレゼル(ネリグリッサル)とその妻(ネブカドネザルの娘)の間に生まれた子である。 Category:バビロニアの君主 Category:幼君.

新しい!!: 新バビロニアとラバシ・マルドゥク · 続きを見る »

ニネヴェ (メソポタミア)

ニネヴェ(Nineveh)は、古代メソポタミア北部にあったアッシリアの都市。アッシリア帝国の後期には首都が置かれた。なお、ニネヴェという名は旧約聖書(ヨナ書など)の表記によるものであり、アッカド語ではニヌアと呼ばれる。新改訳聖書では、ニネベと表記される。現在は、対岸のモースル市域に含まれる。.

新しい!!: 新バビロニアとニネヴェ (メソポタミア) · 続きを見る »

ニネヴェの戦い (紀元前612年)

ニネヴェの戦い(ニネヴェのたたかい、英語: Battle of Nineveh)は、紀元前612年 にメディア人、カルデア人、バビロニア人、アッシリア人反乱軍の連合軍と、その同盟者である遊牧民族のスキタイ人、キンメリア人が、アッシリア帝国の首都ニネヴェ (現イラクのモースル市の対岸)を包囲した戦い。長い攻城戦と激しい市街戦の末にニネヴェは連合軍によって略奪され破壊された。首都が陥落したはその3年後に滅亡し、古代オリエントの覇権国家が姿を消すことになった。連合軍を率いた将軍ナボポラッサルが新バビロニア王国を建国してメソポタミアの支配を引き継ぎ、首都のバビロンはニネヴェに代わりオリエントの中心になった。.

新しい!!: 新バビロニアとニネヴェの戦い (紀元前612年) · 続きを見る »

ベルシャザル

ベルシャザル (Belshazzar) は、新バビロニアの王、ナボニドゥスの息子。遠征で国内を空ける事の多かった同王によって国内統治を任されていた。アッカド語ではベル・シャル・ウツル(Bel sarra usur)と表記される。 旧約聖書ダニエル書の第5巻と第8巻では彼が最後のバビロニア王として記録されている。 ヘロドトスやベロッススといった新バビロニアの歴史を著した史家たちはベルシャザルという名の王を記録していなかったため、旧約聖書のダニエル書のみが主な情報源となっていたベルシャザルの実在については、ダニエル書の歴史的信憑性と共に歴史学や高等批評によって疑われていた時期があった。しかし1854年にナボニドゥスの円筒形碑文が発見され、その内容からベルシャザルという名の王族の実在と、彼がナボニドゥス治世下にバビロン市において実質的な統治権を託されていたことが確認された。.

新しい!!: 新バビロニアとベルシャザル · 続きを見る »

アメル・マルドゥク

アメル・マルドゥク(Amel-Marduk。アッカド語ではAmēl-MardukまたはAmil-Marduk、ただし発音はAwēl-MardukまたはAwîl-Marduk)は、新バビロニアの第3代王Sack, R.H. Evil-Merodach in Freedman, et al.

新しい!!: 新バビロニアとアメル・マルドゥク · 続きを見る »

アラム語

記載なし。

新しい!!: 新バビロニアとアラム語 · 続きを見る »

アッカド語

アッカド語(アッカド語: - EME.ak.kA.Dû4 - lišānum akkadītum)は、「アッシリア・バビロニア語(Assyro-Babylonian)」とも呼ばれ、古代メソポタミアで、主にアッシリア人やカルデア人(バビロニア人)やミタンニ人に話されていた言語。当時は国際共通語でもあった。アフロ・アジア語族セム語派に分類される。現在知られているなかで最も古いセム語である。楔形文字で表記された。またシュメール語からの借用語が非常に多いのも特徴の一つである。.

新しい!!: 新バビロニアとアッカド語 · 続きを見る »

アケメネス朝

アケメネス朝(古代ペルシア語: 𐏃𐎧𐎠𐎶𐎴𐎡𐏁 ハカーマニシュ、Ἀχαιμένης アカイメネース)は、古代オリエントに存在した王朝・帝国・遊牧国家。.

新しい!!: 新バビロニアとアケメネス朝 · 続きを見る »

イシュタル門

2004年に復元されたバビロンのイシュタル門 イシュタル門(Ishtar Gate、アッシリア語:ܕܵܪܘܲܐܙܲܐ ܕܥܵܐܫܬܲܪ 音訳: Darwaza D'Ishtar, دروازه ایشتار、بوابة عشتار)は、バビロンの北域に位置する、8番目の門。.

新しい!!: 新バビロニアとイシュタル門 · 続きを見る »

カルデア

ルデア(Chaldea, Chaldæa、ギリシア語の Χαλδαία, より; アッカド語: māt Ḫaldu; כשדים,; アラム語: ܟܠܕܘ, )はメソポタミア南東部に広がる沼沢地域の歴史的呼称である。紀元前10世紀以降にこの地に移り住んだセム系遊牧民の諸部族はカルデア人と呼ばれるようになった。カルデア人は紀元前7世紀に新バビロニア王国を建国した。 短命に終わったバビロン第11王朝(BC6世紀)を、歴史家は慣習的にカルデア王朝、カルデア帝国、あるいは新バビロニア王国と呼ぶ。と言っても、この王朝の歴代の支配者のうち、カルデア人であると分かっているのは最初の4人だけである。最後の支配者ナボニドゥス(そしてその息子であった摂政ベルシャザル)の出自ははっきりしていないが、一説にはアッシリア出身とも言われる。カルデア人が定住した地域はバビロニア南部にあり、主にユーフラテス川の東岸沿いにあった。カルデアという名は一般にメソポタミア南部全域を指す言葉として使われるようになったが、本来のカルデアは実のところ、ユーフラテス川とチグリス川の堆積物によってメソポタミア南東端に形成された、この2つの川の流れに沿った長さ約400マイル、幅およそ100マイルに広がる広大な平原であった。.

新しい!!: 新バビロニアとカルデア · 続きを見る »

カルケミシュの戦い

ルケミシュの戦い(カルケミシュのたたかい、英語: Battle of Carchemish)は、紀元前605年にカルケミシュ(現在のトルコ・シリア国境)で起こった、エジプト王国・アッシリア帝国亡命政権の同盟軍と、新バビロニア王国、メディア王国、スキタイの連合軍の間の戦いである。 新バビロニア連合軍が大勝し、エジプト王国は近東への足がかりを失った。.

新しい!!: 新バビロニアとカルケミシュの戦い · 続きを見る »

キュロス2世

ュロス2世(古代ペルシャ語: 𐎤𐎢𐎽𐎢𐏁 、Κῦρος キューロス、کوروش、紀元前600年頃 - 紀元前529年)は、アケメネス朝ペルシアの初代国王(諸王の王:紀元前550年 - 紀元前529年)。古代エジプトを除く全ての古代オリエント諸国を統一して空前の大帝国を建設した。現代のイラン人は、キュロスをイランの建国者と称えている。.

新しい!!: 新バビロニアとキュロス2世 · 続きを見る »

紀元前536年

紀元前536年は、西暦(ローマ暦)による年。紀元前1世紀の共和政ローマ末期以降の古代ローマにおいては、ローマ建国紀元218年として知られていた。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前536年と表記されるのが一般的となった。.

新しい!!: 新バビロニアと紀元前536年 · 続きを見る »

紀元前539年

紀元前539年(きげんぜんごひゃくさんじゅうきゅうねん)は、西暦(ローマ暦)による年。 紀元前1世紀の共和政ローマ末期以降の古代ローマにおいては、ローマ建国紀元215年として知られていた。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前539年と表記されるのが一般的となった。.

新しい!!: 新バビロニアと紀元前539年 · 続きを見る »

紀元前555年

紀元前555年は、西暦(ローマ暦)による年。紀元前1世紀の共和政ローマ末期以降の古代ローマにおいては、ローマ建国紀元199年として知られていた。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前555年と表記されるのが一般的となった。.

新しい!!: 新バビロニアと紀元前555年 · 続きを見る »

紀元前556年

紀元前556年は、西暦(ローマ暦)による年。紀元前1世紀の共和政ローマ末期以降の古代ローマにおいては、ローマ建国紀元198年として知られていた。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前556年と表記されるのが一般的となった。.

新しい!!: 新バビロニアと紀元前556年 · 続きを見る »

紀元前560年

紀元前560年は、西暦(ローマ暦)による年。紀元前1世紀の共和政ローマ末期以降の古代ローマにおいては、ローマ建国紀元194年として知られていた。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前560年と表記されるのが一般的となった。.

新しい!!: 新バビロニアと紀元前560年 · 続きを見る »

紀元前562年

紀元前562年は、西暦(ローマ暦)による年。紀元前1世紀の共和政ローマ末期以降の古代ローマにおいては、ローマ建国紀元192年として知られていた。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前562年と表記されるのが一般的となった。.

新しい!!: 新バビロニアと紀元前562年 · 続きを見る »

紀元前604年

紀元前604年は、西暦(ローマ暦)による年。紀元前1世紀の共和政ローマ末期以降の古代ローマにおいては、ローマ建国紀元150年として知られていた。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前604年と表記されるのが一般的となった。.

新しい!!: 新バビロニアと紀元前604年 · 続きを見る »

紀元前605年

紀元前605年は、西暦(ローマ暦)による年。紀元前1世紀の共和政ローマ末期以降の古代ローマにおいては、ローマ建国紀元149年として知られていた。紀年法として西暦(キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前605年と表記されるのが一般的となった。.

新しい!!: 新バビロニアと紀元前605年 · 続きを見る »

紀元前7世紀

アッシリアの世界帝国。強力な軍事力と過酷な統治体制でアッシリアは最初の「世界帝国」を樹立した。画像は都ニネヴェの北宮殿を飾っていたアッシリア王アッシュールバニパルの浮き彫り(ロンドンの大英博物館蔵)。 第25王朝の崩壊とともにエジプトを離れ故地へと南下したヌビア人はこの地に幾つものピラミッドを造営した。 スパルタ。第二次メッセニア戦争でメッセニア人に勝利したことでスパルタは厳しい軍律を定める国民皆兵の社会を確立した。画像は現在のスパルタで、前景に古代の遺跡を、中景に新市街スパルティを、後景にタイゲトス山を望むことができる。 騎馬民族スキタイ。スキタイはユーラシア中央部に拠点を持ち交易や略奪を通じてオリエント諸国に大きな影響を与えた。画像はアゼルバイジャンのミンガチェヴィルで発見された黄金製動物意匠のベルトの留め金。 神武天皇。『日本書紀』『古事記』の神武東征の記録によると日向高千穂から出立し瀬戸内海を経て大和に入り、橿原宮で即位し初代の天皇になったとされる。画像は月岡芳年『大日本名将鑑』の金の鵄(とび)を従えて敵を圧倒する神武天皇。 紀元前7世紀(きげんぜんななせいき、きげんぜんしちせいき)は、西暦による紀元前700年から紀元前601年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: 新バビロニアと紀元前7世紀 · 続きを見る »

摂政

摂政(せっしょう、英:Regent)とは、君主制を採る国家において、君主が幼少、女性、病弱、不在などの理由でその任務(政務や儀式)を行うことが出来ない時、君主に代わってそれを行う(政を摂る)こと、またはその役職のことである。 多くの場合、君主の後継者(皇太子など)、兄弟、母親、あるいは母方の祖父や叔父などの外戚が就任する。.

新しい!!: 新バビロニアと摂政 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

カルデア王国新バビロニア帝国新バビロニア王国

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »