ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

撮影

索引 撮影

撮影(さつえい)とはカメラ(撮影機)によって静止画(スチル写真)や動画(映画、テレビ、ビデオ等)を記録する行為のこと。メディアは元々はフィルムであったが、最近はデジタル技術の進歩に伴い、ディスクやスティック、テープ、カードなどの媒体が使われる。 撮像ともいい、特に天体の像を記録する場合に使う(「撮像観測」などと使われる)。.

64 関係: 三脚広角レンズナレーションハードディスクドライブモノクロームモンタージュモーションブラーレンズレンズフィルターロケーション撮影ボケ (写真)トラッキングブルーバックパン (撮影技法)パンフォーカスビデオビデオカメラテレビテレビドラマデジタルデジタル式映画撮影デジタルカメラフィルムホワイトバランスアナモルフィックレンズアカデミー撮影賞オープンカメラカメラワークカメラドリーカラークランクシャッター速度スチル写真スタジオ写メール写真写真家写真レンズ写真フィルム動画磁気テープ編集絞り (光学)画像焦点距離照明音声被写界深度魚眼レンズ...露出 (写真)録音色調F値ISO感度VFX接写構成標準レンズ望遠レンズ映画撮影監督撮影技師撮像素子 インデックスを展開 (14 もっと) »

三脚

三脚(さんきゃく、Tripod )は、三本の脚を持つ台のことである。 三脚架(さんきゃくか)、三脚台(さんきゃくだい)、トライポッドなどともいう。.

新しい!!: 撮影と三脚 · 続きを見る »

広角レンズ

広角レンズ(こうかくレンズ、wide lens, wide angle lens)とは、写真レンズの分類の1つである。「広角レンズ」を定義する厳密な基準はなく、標準レンズよりも「画角の広いレンズ」・「焦点距離が短いレンズ」という分類である。歴史的理由から35mmフィルムカメラで「標準」とされてきた50mmが望遠寄りであるためもあって、標準寄りの広角と、より広角側の広角、といった分類がされることもある。.

新しい!!: 撮影と広角レンズ · 続きを見る »

ナレーション

ナレーション(narration)とは、物語を語ること。映画や演劇などで「冒頭で物語を語ること」も「ナレーション」と呼ぶ。転じて、テレビ番組やCMなどで画面に現れない人物が、内容や状況などについて解説すること。また、その解説。 ナレーションをする者は「ナレーター」(narrator)という。.

新しい!!: 撮影とナレーション · 続きを見る »

ハードディスクドライブ

AT互換機用内蔵3.5インチHDD(シーゲイト・テクノロジー製) ハードディスクドライブ(hard disk drive, HDD)とは、磁性体を塗布した円盤を高速回転し、磁気ヘッドを移動することで、情報を記録し読み出す補助記憶装置の一種である。.

新しい!!: 撮影とハードディスクドライブ · 続きを見る »

モノクローム

モノクローム は、直訳すると「1つの色」を意味し、1色で描画・印刷・表示等された図画のことである。略称モノクロ。 ただしここでいう1色とは、背景色に加え1色ということなので合わせれば2色あり、多くの場合はさらにその間のグラデーションがある。 代表的なモノクロームは白黒(しろくろ)で、印刷・写真・映画・テレビなどで多用される(あるいはかつて多用された)。しかし他の色のモノクロームもあり、たとえば単色印刷(黒以外での)や、セピア調写真がそれである。 美術ではモノクロームの絵画を単色画や単彩画と呼ぶ。 対義語はカラー。.

新しい!!: 撮影とモノクローム · 続きを見る »

モンタージュ

モンタージュ()は、映画用語で、視点の異なる複数のカットを組み合わせて用いる技法のこと。元々はフランス語で「(機械の)組み立て」という意味。映像編集の基礎であるため、編集と同義で使われることも多い。.

新しい!!: 撮影とモンタージュ · 続きを見る »

モーションブラー

モーションブラー (motion blur) は、動いている対象をカメラで撮影した時に生じるぶれ、つまり被写体ぶれ(英語でblur)のことである。 移動する被写体にカメラの動きを追随させて撮影する手法に関しては、『流し撮り』の項目を参照。.

新しい!!: 撮影とモーションブラー · 続きを見る »

レンズ

レンズ レンズの断面形状の種類 レンズ()とは、.

新しい!!: 撮影とレンズ · 続きを見る »

レンズフィルター

62mm UV(上)・円偏光(左)・昼色蛍光灯(右)フィルター レンズフィルターとは、写真や映像を撮影する場合や望遠鏡などで観察する際に、レンズの先端、後端、あるいは中間部分に装着して、そこを通過する光に制限を与えるカラーフィルタやその他の光学フィルターである。 光を波長や偏光で透過あるいは反射により制御する。いわゆるソフト効果や光条効果などを加えるなどといったフィルタもある。.

新しい!!: 撮影とレンズフィルター · 続きを見る »

ロケーション撮影

ーション撮影(ロケーションさつえい)とは、映画・テレビドラマ・バラエティなどの製作に際し、機材などを撮影現場に持ち出して行う撮影のこと。 本項では現場の責任者に無許可での撮影を意味するゲリラ撮影についても記述する。.

新しい!!: 撮影とロケーション撮影 · 続きを見る »

ボケ (写真)

写真におけるボケ(ぼけ、英: bokeh)とは、レンズの焦点(被写界深度)の範囲外に生みだされるボヤけた領域の美しさ、およびそれを意図的に利用する表現手法である。基本的に主たる被写体にはピントが合っていることが前提であり、ソフトフォーカスレンズの効果や、撮影の失敗により画像に焦点が合っていない「ピンボケ写真」とはまったく異なる概念である。この概念や手法は日本国外でもbokehと呼ばれている。 これとは対照に、画面のすべてにピントの合わせることをパンフォーカスやディープフォーカスという。 技術的には、意図的に被写界深度が浅くなるように設定することでそのような映像を撮ることができ、映画撮影での同様な表現は「シャロー・フォーカス」(shallow focus) と呼ばれる。.

新しい!!: 撮影とボケ (写真) · 続きを見る »

トラッキング

トラッキン.

新しい!!: 撮影とトラッキング · 続きを見る »

ブルーバック

ブルーバック (Blue back) とは、映像、表示などにおいて、背景(バックグラウンド)が青い色をしている状態のこと。青い背景は、様々な分野で異なった目的、状況で用いられている。.

新しい!!: 撮影とブルーバック · 続きを見る »

パン (撮影技法)

パン (Pan) は、映像の撮影技法の一つで、カメラを固定したまま、フレーミングを水平方向、または垂直方向に移動させる技術。垂直方向のそれを特に「ティルト」と区別し、パン、ティルトともに相互に利用され得る。'''パンニング'''とも呼ばれる。語源は「パノラマ」。.

新しい!!: 撮影とパン (撮影技法) · 続きを見る »

パンフォーカス

パンフォーカスの写真。焦点距離18ミリ(APS-Cサイズデジタル)、絞りF22。パンフォーカスでない写真。焦点距離21ミリ(APS-Cサイズデジタル)、絞りF2.8 パンフォーカスあるいはディープフォーカスとは、写真または映画の撮影において、被写界深度を深くする事によって、近くのものから遠くのものまでピントが合っているように見せる方法、またはその方法により撮影された写真・映画のこと。絞りを適切に絞ったうえで、焦点を無限遠よりも手前に調整することによって実現される。「パンフォーカス」は和製英語であり、英語では「ディープフォーカス」などと言う。.

新しい!!: 撮影とパンフォーカス · 続きを見る »

ビデオ

ビデオ(Video)とは、狭義にはテレビジョン技術において、電気信号を用いた映像(映像信号またはビデオ信号)の処理技術と、それを利用した周辺技術全般に関わる用語である。広義では、コンピュータのディスプレイ装置など、テレビジョンで用いられるビデオ信号によらない画像を利用する機器全般に用いられる。基本的には、動画を扱う場合が多い。 通常、次のように修飾的に用いる。.

新しい!!: 撮影とビデオ · 続きを見る »

ビデオカメラ

ビデオカメラ(video camera)とは、ビデオ動画を撮影するためのカメラ。ビデオカメラ(カメラヘッド)と録画部(ビデオデッキ)が一体化したものについてはカムコーダを参照。.

新しい!!: 撮影とビデオカメラ · 続きを見る »

テレビ

テレビは、テレビジョン及び「テレビ受像機(テレビジョンセット、television set)」の略語。一般には次のような文脈で用いられる。.

新しい!!: 撮影とテレビ · 続きを見る »

テレビドラマ

テレビドラマとは、テレビ番組の一種で、ドラマ形式のもののこと。.

新しい!!: 撮影とテレビドラマ · 続きを見る »

デジタル

デジタル(digital, 。ディジタル)量とは、離散量(とびとびの値しかない量)のこと。連続量を表すアナログと反対の概念である。工業的には、状態を示す量を量子化・離散化して処理(取得、蓄積、加工、伝送など)を行う方式のことである。 計数(けいすう)という訳語もある。古い学術文献や通商産業省の文書などで使われている。digitalの語源はラテン語の「指 (digitus)」であり、数を指で数えるところから離散的な数を意味するようになった。.

新しい!!: 撮影とデジタル · 続きを見る »

デジタル式映画撮影

デジタル式映画撮影(でじたるしきえいがさつえい、Digital cinematography)とは、映画の撮影の段階で従来の銀塩式フィルムを使用せずに、光を電気信号に変換する撮像素子を使用して磁気テープやハードディスク等の記録媒体に記録する撮影である。 1990年代から部分的に使用されてきたが、スター・ウォーズシリーズ『スター・ウォーズエピソード2』から全編がデジタルで撮影されるようになった。VFXとの親和性も良く、従来のように無駄なフィルムが無く、撮影現場で映像の確認ができる利点も評価され、映画撮影の主流となりつつある。従来、フィルム式の機材を供給していたアーノルド&リヒターやパナビジョンもデジタル化の波に乗るべく参入しており、新規参入のレッド・デジタル・シネマカメラ・カンパニーやシリコン・イメージング、放送用の機材を供給していたソニーやパナソニックも参入している。 デジタルと従来のフィルム式の恩恵に関する議論はまだ続いており、 日本に比べ資金面で余裕のあるハリウッドのメジャー映画においても近年ではデジタル撮影の方が圧倒的に主流であるが、最新のIMAX 70mmフィルムで撮影される作品も増えている。 一方、長期保存に関してはデジタルジレンマが避けられず、保存環境を整えて静置しておくだけのフィルムに比べ、データ消失のリスクや圧倒的な高コストが問題となりつつある。.

新しい!!: 撮影とデジタル式映画撮影 · 続きを見る »

デジタルカメラ

デジタルカメラ (digital still camera、DSC) とは、撮像素子で撮影した画像をデジタルデータとして記録するカメラである。世界で初めてコダックが開発した。 一般に「デジタルカメラ」といえば静止画を撮影する「デジタルスチルカメラ」を指し、動画を撮影録画する「デジタルカムコーダ」ビデオカメラは、本来は撮影するのみの撮像機を指し、撮影と録画が同時にできるものはカムコーダという。だが一般家庭向けにも広く普及したVTRを“ビデオデッキ”、または単に“ビデオ”とも呼称することも多く、また一般向け製品の大半は撮像と録画の両方の機能をもつため、特許など厳密な製品機能を区別を必要する以外は、カムコーダも“ビデオカメラ”の呼称が一般的になってきている。は含めない。現在では静止画撮影が可能なデジタルカムコーダや、動画撮影が可能なデジタルスチルカメラが一般的になっており、双方の性能の向上もあってその境界線が徐々になくなりつつあるが、デジタルカメラはその中でも静止画の撮影に重点を置いたモデルを指す。 「デジカメ」と省略されることも多いが、当該用語は日本国内では三洋電機および他業種各社の登録商標である(2017年4月現在)。 本項で特に断りがない限り、一眼レフカメラはデジタル一眼レフカメラを、コンパクトカメラはデジタルコンパクトカメラを指す。.

新しい!!: 撮影とデジタルカメラ · 続きを見る »

フィルム

フィルム(film、plastic film)は、一般に合成樹脂などの高分子成分などを薄い膜状に成型したものを指す。.

新しい!!: 撮影とフィルム · 続きを見る »

ホワイトバランス

ホワイトバランス(White Balance, Color Balance)とは、カメラにおいて、さまざまな色あいの光源のもとで、望んだ色調の写真を得るための補正のことである。パランスについて純白の被写体をどう写すか、という点に代表させてホワイトバランスと言う。一般に赤みがかったり青みがかったりといった光源が多いため、赤-シアンを主軸とする「色温度」の調整が主となるが、他色の方向での調整も含む。.

新しい!!: 撮影とホワイトバランス · 続きを見る »

アナモルフィックレンズ

手前から見たアナモルフィックレンズ。フィルムを横長に引き伸ばすため、奥が楕円形なのが特徴 図1:圧縮しない場合のワイドスクリーンのフィルムの状態。駒と次の駒の間に黒い帯が入り画質は著しく劣化する。 図2:アナモルフィックレンズを使って圧縮した場合のワイドスクリーンのフィルムの状態。駒一杯に画像が入り画質は向上する。ただし映写時にはアナモルフィックレンズを使用して横に広げて投影する。 アナモルフィックレンズ(anamorphic lens)は、映画フィルムでワイドスクリーンを撮影・再生するための特殊なレンズ。アナモフィックレンズ、円柱レンズともいう。 カメラに取り付けられたアナモルフィックレンズはワイドスクリーンの幅の映像をほぼ半分のサイズに圧縮・縮小し、標準的な35mmフィルムのフレームにフィットさせる。この時のフィルムの画像は縦長になっている。 映写機にとりつけられたアナモルフィックレンズは圧縮していたものを、元のサイズに戻して拡大し(スタンダードの画面サイズ縦横比1:1.33に代わる1:2.35のアスペクト比をもった)ワイドスクリーン映像として映写する。 元来は、フランス人の天文学者アンリ・クレティアン(リッチー・クレチアン式望遠鏡の発明者)が第一次世界大戦のとき、戦車の視界を良くするために開発したものであり、1952年に20世紀フォックスがそのシステムの権利を買い取り、シネマスコープとして商業的に発展させた。『聖衣』(1955年)は最初にこのシステムを用いた映画である。 2つ以上のカメラや特殊な装置を使用する初期のワイドスクリーン・システムに対して、アナモルフィックシステムの大きな強みは、通常の35mmのカメラと映写機を用いても、特殊なレンズさえ用意すれば良い点にあった。別のスタジオでも、それぞれ独自のアナモルフィックシステムあるいはスコープシステムが発展した。 特殊なレンズの特性上、画面左右には歪曲収差が出る。また、被写界深度が浅くなりやすい。 Category:撮影技術.

新しい!!: 撮影とアナモルフィックレンズ · 続きを見る »

アカデミー撮影賞

アカデミー撮影賞(アカデミーさつえいしょう、Academy Award for Best Cinematography)は、アカデミー賞の部門の一つで、最も優れた撮影をした人物・作品におくられる。1928年(第1回)から設けられた。 1939年(第12回)から1956年(第29回)、1958年(第31回)から1966年(第39回)についてはモノクロ作品、カラー作品がそれぞれ選出され受賞した。.

新しい!!: 撮影とアカデミー撮影賞 · 続きを見る »

オープン

ープン (open).

新しい!!: 撮影とオープン · 続きを見る »

カメラ

一眼レフカメラ、ニコンF カメラ店に並ぶさまざまなカメラ(一眼レフカメラ、レンジファインダーカメラなど) カメラ()とは、広義には「像を結ぶための光学系(レンズ等)を持ち、映像を撮影するための装置」である。また、狭義には「写真(静止画像)を撮影するための道具」である。 本項では、狭義の静止画撮影機器に関して記述する。 被写体の像を感光材料(写真フィルムなど)の上に投影し、適正な露光を与えるための装置を備えている。写真機(しゃしんき)またはキャメラともいう。また、ビデオカメラや映画用カメラ(シネカメラ)等動画を撮影するカメラと区別する意味合いから、スチル(スティル)カメラと呼ぶ場合もある。.

新しい!!: 撮影とカメラ · 続きを見る »

カメラワーク

メラワークは、写真や動画の撮影技法用語の総称、ならびに写真家の動作・活動そのものを指す用語である。 一般的に映像作品での撮影技法用語として使われる事が多い。被写体をどの角度から、どのような動きの中で撮影するかによって、表現や心理的印象を変えることができ、効果的な場面表現を行う上でも欠かせない技術となっている。.

新しい!!: 撮影とカメラワーク · 続きを見る »

カメラドリー

メラドリー(単にドリーとも)とは、映画やテレビ番組でカメラを水平に移動させるために使われる、タイヤ付きの台車などのこと。カメラはもちろん、カメラマン(撮影技師)やビデオエンジニアも乗りカメラを操作するほか、カメラアシスタントは前後移動のためにドリーを操作する。カメラドリーは、被写体に近付いたり遠ざかったりするシーンや、動く被写体に追随する撮影に使われることが多く、そのような映像は「ドリーショット」と呼ばれる。またドリーの操作者は、前後移動の操作を正確に行えるよう訓練されている。.

新しい!!: 撮影とカメラドリー · 続きを見る »

カラー

ラー.

新しい!!: 撮影とカラー · 続きを見る »

クランク

ランクとは、.

新しい!!: 撮影とクランク · 続きを見る »

シャッター速度

ャッター速度(Shutter speed )は、カメラによる写真撮影の際、シャッターが開放され、フィルムまたは撮像素子がレンズを通した光にさらされる(露出する)時間(露光時間、シャッタースピード、「SS」とも略される)をいう。この時間が短いほどシャッター速度が速い、長いほどシャッター速度が遅いという。(正確にはスピードという表現はふさわしくない。注釈参照) シャッター速度はISO感度、絞りと並んで露出を決定する三大要素の一つである。またシャッター速度が遅いと手ぶれや被写体ぶれを引き起こす。シャッター速度は、また、それを適切に調節することにより多様な写真表現を可能にできる。.

新しい!!: 撮影とシャッター速度 · 続きを見る »

スチル写真

A still life photo スチル写真(スチルしゃしん、still picture, still photo(graphy))、もしくは、単にスチル()とは、動きのない静止画のこと。.

新しい!!: 撮影とスチル写真 · 続きを見る »

スタジオ

アドリアーン・ファン・オスターデ ''Self portrait.'' 1663年 アルテ・マイスター絵画館 スタジオ(studio)とは、本来は、芸術家の仕事場(アトリエ・工房)などのこと。ラテン語のstudium(勤勉)の変化形studeo(勤勉になる、勤勉に努力する)に由来する。また、ワンルームマンションの部屋を指すこともあり、フランス語などではこの意味が主になっている。 後に意味が広がり、写真・映像・音などのメディア作品の収録、撮影のために使われる施設を意味する。目的に応じてさまざまなものがある。この意味で使われる場合は主調整室や副調整室、編集室など制作に関わる仕事場であっても、撮影、収録を行わない場所は「スタジオ」とは呼ばれない。.

新しい!!: 撮影とスタジオ · 続きを見る »

写メール

写メール(シャメール,ウツシメール)は、ソフトバンク(開始当時はJ-フォン)のメールにおける画像送受信サービスの名称、および同社の登録商標(第4632735号)。 「写メ」や「シャメ」等と略され、他社が提供する電子メールにおける画像送受信サービスや、メール送受信をせずにカメラ付き携帯電話で画像を撮影するに留まる行為に対しても俗語として使われることがある。.

新しい!!: 撮影と写メール · 続きを見る »

写真

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、.

新しい!!: 撮影と写真 · 続きを見る »

写真家

写真家(しゃしんか、photographer)とは、主に写真を撮影もしくは製作する事を生活の中心にしている人。カメラマンと区別して写真家と呼ぶ場合、動画ではない写真を撮影する人をさす場合や、特に芸術的な写真を撮影し発表する人(芸術写真家)を指す場合がある。.

新しい!!: 撮影と写真家 · 続きを見る »

写真レンズ

写真レンズ(単焦点レンズ):焦点距離50mm、F値1.8 レンズ側の絞り制御機構の様子(キヤノンFDマウント) カメラ側の絞り制御機構の様子(キヤノンFDマウント) 写真レンズ(しゃしんレンズ)とは、写真撮影用・写真機(カメラ)用のレンズで、写真用レンズともいう。写真撮影カメラの主要な構成要素のひとつであり、レンズ交換式カメラでは独立したモジュールとして、「レンズマウント」にネジ込み構造やバヨネット構造など他にスピゴット構造などがある。で取り付けられる。レンズ交換式でないカメラでは内蔵ないし通常は取り外されない構造のモジュールとなっている。.

新しい!!: 撮影と写真レンズ · 続きを見る »

写真フィルム

35mmスチールカメラ用のパトローネ入りフィルムの例 写真フィルム(しゃしんフィルム)とは写真(映画も含む)において、カメラから得られた光の情報を記録する感光材料であり、現像されることにより記録媒体となるフィルムのこと。透明な薄い膜状のベース(支持体)に感光剤(主として銀化合物.

新しい!!: 撮影と写真フィルム · 続きを見る »

動画

動画(どうが、video、movie)とは、動く画像(動画像、videograph)のことで、映像と呼称されることも多い。アニメーション(animation)の日本語訳でもある。 静止画と対極の語であり、狭い定義では「動く画像」、広い定義では時間軸に同期させた音声・音楽と共に提供されるメディアパッケージを指す場合もある。選択した静止画を順次切り替える「スライドショー」「紙芝居」とは異なり、連続して変化する静止画像を高速に切り替え続けると人間の視覚の錯覚として静止画が動いているように見えるを利用した表現様式(メディア)である。 日本語の「動画」は、アニメーター・映像作家の政岡憲三が「アニメーション」の訳語として考案・提唱したものが最初とされ、「〜動画」という社名のアニメ会社も複数設立されるなど実際にその意味で使われてきたが、2000年代以降はアニメーションのみにとどまらず、上記のような性質を持った表現様式も含むより広範囲な映像物を指す言葉としても使用されている。.

新しい!!: 撮影と動画 · 続きを見る »

磁気テープ

ーディオ用コンパクトカセット「ソニー・HF」(現在すでに終売)。スケルトン仕様で内装された磁気テープが見える 磁気テープ(じきテープ)とは、粉末状の磁性体をテープ状のフィルムに、バインダー(接着剤)で塗布または蒸着した記録媒体で、磁化の変化により情報を記録・再生する磁気記録メディアの一分類である。.

新しい!!: 撮影と磁気テープ · 続きを見る »

編集

編集(へんしゅう)とは、書物(書籍や雑誌)・文章・映画・ラジオ番組・テレビ番組・動画などの仕分け素材を、取捨選択、構成、配置、関連づけ、調整、などすることである。 古くから「編集」「編輯」「編緝」などの表記があり、特に戦前は「編輯」の表記が多かったが、当用漢字制定後に「編集」に統一された。当用漢字に「輯」の字がなく、似たような意味で同音の字である「集」(「輯」の新字体ではなく、全く別の字)に置き換えたためである(これを「俗用書換え」という)。なお書物の編集においては、全集や辞典・百科事典など大部なものを対象とするときは「編纂(へんさん)」、また歴史書・教科書などを対象とするときは「編修(へんしゅう)」の表記を使うことがある。 転じて、編集をやり直すことや、既存のものに変更を加える(改訂)ことをも編集ということもある。特にコンピュータ関連では、既存のファイルの一部(あるいは全部)を変更することを「ファイルを編集する」と言い表す。ウィキペディア内で散見される「記事(あるいはページ)を編集」という表現も、多くはこの意味である。.

新しい!!: 撮影と編集 · 続きを見る »

絞り (光学)

虹彩絞り 光学系において絞り(しぼり、diaphragm)とは、通過する光の量を調整するために用いる遮蔽物のことである。開口部を指す aperture が訳語になることもある。.

新しい!!: 撮影と絞り (光学) · 続きを見る »

画像

画像(がぞう)とは、事象を視覚的に媒体に定着させたもので、そこから発展した文字は含まない(例:文字と画像、書画)。定着される媒体は主に2次元平面の紙であるが、金属、石、木、竹、布、樹脂や、モニター・プロジェクター等の出力装置がある。また、3次元の貼り絵、ホログラフィー等も含まれる。.

新しい!!: 撮影と画像 · 続きを見る »

焦点距離

点距離(しょうてんきょり、英:focal length)は、光学系の主点から焦点までの距離である。 光学系に対して光軸に平行な光線が入射する場合を考える。光学系を出た後の光線を逆向きに延長した直線を引き、それが光学系に入る前の光線と交わる点から光軸上に下ろした垂線の足が主点であり、そこから焦点までの距離が焦点距離である。.

新しい!!: 撮影と焦点距離 · 続きを見る »

照明

照明(しょうめい、lighting)とは、.

新しい!!: 撮影と照明 · 続きを見る »

音声

音声(おんせい)とは人の声、すなわち人が発声器官を通じて発する音である。 基本要素として母音と子音がある。さらに、これらを細かく分類して、特定の言語で意味の違いを弁別・認識する音声の基本単位を音素といい、特定の言語に依存せずに、音声学で分類・定義する音声の基本単位を単音という。.

新しい!!: 撮影と音声 · 続きを見る »

被写界深度

被写界深度が深い写真 焦点距離18mm(APS-C) 絞り F22 被写界深度が浅い写真 焦点距離50ミリ(APS-C) 絞り F1.4 接写リング使用 被写界深度(ひしゃかいしんど)とは、写真の焦点が合っているように見える被写体側の距離の範囲のこと。写真用レンズにおいては、ある一つの設定で厳密な意味でピントが合っている場所は、一つの平面上にしかないが、一定の許容量を認めることでその前後にも十分にはっきりと像を結んでいるといえる範囲がある。その範囲のことを被写界深度と呼んでいる。 右の二つの写真を比較してみた場合、上の写真では近くのバラにも遠くの洋館にも焦点が合っているように見え、焦点が合っている範囲が手前から奥へと広い。このような状態を「被写界深度が深い」または「パンフォーカス」という。 一方、下の写真では花の「シベ」の部分にしか焦点が合っておらず、花びらでさえ奥側と手前側はぼけている。焦点が合っている範囲が狭いのである。このような状態を「被写界深度が浅い」という。 同じ内容を指して被写体深度と言う表記が用いられることがあるが、これは誤用である。また、焦点深度は別の概念で、結像面(例えばフィルム面)側における範囲のことである。 被写界深度は英語でDepth of fieldといい、略称はDOFである。.

新しい!!: 撮影と被写界深度 · 続きを見る »

魚眼レンズ

円周魚眼レンズによって得られた画像 対角線魚眼レンズによって得られた画像 魚眼レンズ(ぎょがんレンズ)またはフィッシュアイレンズ()とは、カメラなどに使用する写真レンズで、中心射影方式でない射影方式を採用しているものを指す。 魚眼という名称の由来は、魚類の視点である水面下から水面上を見上げた場合、水の屈折率の関係で水上の風景が円形に見えることから来ている魚が水面下から見るであろう景色に着目した命名であり、水中で魚の眼が魚眼レンズのように結像するということではない。。.

新しい!!: 撮影と魚眼レンズ · 続きを見る »

露出 (写真)

写真技術において露出(ろしゅつ、exposure)ないしは露光(ろこう)とは、フィルム、乾板などの感光材料やCCD、CMOSなどの固体撮像素子を、レンズを通した光にさらすこと(現在のカメラでは通常シャッターの開閉により、これを行う)。またはカメラのレンズを通過してくる光の総量や、画像そのものの明るさのことをいい、これらはレンズの絞り(F値)と露光時間(シャッター速度)及びフィルム感度の組み合わせによって決まる。 また、フィルムに記録された画像を印画紙にプリントするために、引き伸ばし機などを使って印画紙に像を焼き付けることもさす。撮影時のことを露出、プリント時のことを露光と呼んで区別することもある。.

新しい!!: 撮影と露出 (写真) · 続きを見る »

録音

録音(ろくおん)または、音声のレコーディング は、音声を記録媒体に記録することである。 一般的には、空気の疎密波を信号に変換して、電気的または光学的または物理的な構造物を媒体として記録する。.

新しい!!: 撮影と録音 · 続きを見る »

色調

色調(しきちょう)、またはカラートーン(英語 Color Tone)とは、色の明度と彩度によって分けられる色の系統をいう。.

新しい!!: 撮影と色調 · 続きを見る »

F値

絞りとF値の模式図。絞り1段ごとに光を集める面積は半分になり、F値は1.4倍となっている。 F値 (エフち、F-number)とは、レンズの焦点距離を有効口径で割った値であり、レンズの明るさを示す指標として用いられる。F値が小さいほどレンズは明るく(.

新しい!!: 撮影とF値 · 続きを見る »

ISO感度

ISO感度(アイエスオーかんど、イソかんど、ISO speed )は、国際標準化機構(ISO)で策定された写真フィルムの規格であり、あるフィルムがどの程度弱い光まで記録できるかを示す。従来のASA感度とDIN感度をまとめて記したものである。.

新しい!!: 撮影とISO感度 · 続きを見る »

VFX

VFX(ブイエフエックス)とは視覚効果を意味する英語ビジュアル・エフェクツの略で、特撮を用いた映画やテレビドラマにおいて、現実には見ることのできない画面効果を実現するための技術のことを指す。視覚効果(しかくこうか)ともいう。VFXは、コンピュータグラフィックスまたは合成処理によって実写映像を加工することである。撮影現場での効果を特殊効果(SFX)と呼ぶのに対し、撮影後のポストプロダクション段階に付け加えられる効果をVFX、もしくは視覚効果と呼ぶ。アメリカのアカデミー賞にはアカデミー視覚効果賞とアカデミー科学技術賞がある。VFXの業界団体としてアメリカには視覚効果協会(VES)、日本にはVFX-JAPANがある。.

新しい!!: 撮影とVFX · 続きを見る »

接写

接写(せっしゃ)は、写真撮影方法のひとつである。マクロ撮影、近接撮影とも呼ばれる。至近距離の被写体をはっきりと撮影するものである。.

新しい!!: 撮影と接写 · 続きを見る »

構成

構成(こうせい)とは、目的に従って統一的にすることである。なお、ある目的に従って構成された組織のメンバーを構成員という。本項には哲学と美学における構成の概念を解説するがこの他にも音楽の作曲をさして構成という場合もある。(コンポーズ).

新しい!!: 撮影と構成 · 続きを見る »

標準レンズ

標準レンズ(35mm判)ニコンAiAFニッコール50mmF1.8D 標準レンズ(ひょうじゅんレンズ)とは、写真レンズの分類の1つである。広角レンズと望遠レンズの中間に位置する。.

新しい!!: 撮影と標準レンズ · 続きを見る »

望遠レンズ

望遠レンズ(35mm判)キヤノンEF300mmF4L IS USM 望遠レンズ(ぼうえんレンズ)は、写真レンズの分類の1つである。スペックの点から見た分類では「望遠レンズ」を定義する厳密な基準はなく、標準レンズよりも「画角の狭いレンズ」・「焦点距離が長いレンズ」ということになる。望遠鏡のように遠くを写すために、また近距離にある被写体を大きく写すために使われる。 レンズの構成から見た分類としては、2種類に分けられ、焦点距離に応じた全長をもついわゆる「長焦点型」と、一般の望遠鏡と同様の、全体として凸レンズの性質を持つ前群と、凹レンズの性質を持つ後群から成る、光学的な焦点距離が鏡筒より長いいわゆる「望遠型」(テレフォト型)がある。後者の逆の構成を逆望遠などと言う。L1 - Tele positive lens group L2 - Tele negative lens group D - Diaphragm -->.

新しい!!: 撮影と望遠レンズ · 続きを見る »

映画

映画(えいが)とは、長いフィルムに高速度で連続撮影した静止画像(写真)を映写機で映写幕(スクリーン)に連続投影することで、形や動きを再現するもの。活動写真、キネマ、シネマとも。 なお、本来の語義からははずれるものの、フィルムではなくビデオテープなどに磁気記録撮影されたものや映画館で上映される動画作品全般についても、慣例的に映画と呼ばれている。.

新しい!!: 撮影と映画 · 続きを見る »

撮影監督

テディカムを利用した撮影。右が監督、背中を向けている緑のジャケットの男が撮影監督 撮影監督(米国: Director of photography(DP)またはCinematographer。英国: Lighting Cameramanなど)とは、映画やテレビの照明と撮影、つまり画面に映る映像全てに於いて責任を負う人物を指す。 米国と英国では制度や仕事内容、下につく技師名などが若干異なる。また、日本では歴史的に撮影監督と照明監督(照明技師)は別にクレジットされる場合が多い。この項目では、米・英国での撮影監督の一般的な説明をする。 撮影監督とは、呼び名は様々でも要は撮影者であり、フィルムに定着させる画像の芸術的な分野を含めた技術的総責任者である。各国、各スタジオ、各現場でそれぞれのシステムが機能して良い結果・良い作品を追求しているが、確立されたシステムが必ずしも良質な作品を保証するものではない。逆に効率を求めすぎるあまり、システムやスタイルが邪魔をすることもある。あくまでも得られた条件の中で作品のスタイルやシステムを設定するのが本筋であろう。 いずれにしても映画作りはチームワークの産物で、1つのパートが独立して機能することはありえず、必ずお互いに関連し合い影響しあっているものである。.

新しい!!: 撮影と撮影監督 · 続きを見る »

撮影技師

撮影技師(さつえいぎし、)とは、映画やテレビのカメラで動画を撮影をする者である。ビデオグラファー()とも呼ばれる。 撮影技師は照明やカメラワーク、レンズやフィルムの選択まで幅広く指示を出すことから、撮影現場の最高位・映画技師の右腕として重要な役割を持つ。 また、撮影技師と撮影監督は狭義では別の意味とされる。日本の撮影現場においては、撮影技師と照明技師というように分業制が取られているが、日本以外の国では一般的に撮影監督が照明も行い、分業ではない。撮影監督は英語でいうDirector of Photographyのことであり、アメリカを初めとする多くの国ではDirector of Photographyの下、撮影が行われている。 英語では"Cinematographer"(シネマトグラファー)や"Cameraman"(カメラマン)とも呼称されるが、日本のような写真家(写真用カメラでスチル撮影をする者:フォトグラファー、)は含まない。.

新しい!!: 撮影と撮影技師 · 続きを見る »

撮像素子

CCDイメージセンサの例 撮像素子(さつぞうそし)とは画像を電気信号に変換する素子である。可視光だけでなく、赤外線や紫外線、X線に感度のある撮像素子などもある。.

新しい!!: 撮影と撮像素子 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

クランクアップクランクイン映画撮影技術撮る撮影協力撮像

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »