ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

掩蔽

索引 掩蔽

1997年7月29日のアルデバランの掩蔽。アルデバランが月の暗縁から出現した直後。 掩蔽(えんぺい、)とは、ある天体が観測者と他の天体の間を通過するために、その天体が隠される現象である。.

134 関係: おとめ座イータ星てんびん座アルファ星へびつかい座シータ星ふたご座イータ星ふたご座イプシロン星いて座いて座ラムダ星いて座パイ星いて座シグマ星さそり座ベータ星かぐや協定世界時合 (天文)天王星太陽太陽帆太陽面通過宇宙望遠鏡人工衛星土星地球ミヒャエル・メストリンハイデルベルクポルックス (恒星)ラグランジュ点リッチモンド (バージニア州)レア (衛星)レグルスディオネ (衛星)アメリカ大陸アルデバランアンタレスエルゼビアカンタベリーガニメデ (衛星)グリニッジ天文台グローバル・ポジショニング・システムジョン・ベヴィススラスタースピカ火星等級 (天文)環 (天体)衛星食 (天文)視差角直径黄道黄道座標近点・遠点...金星金星の太陽面通過通過 (天文)連星探査機恒星水星水星の太陽面通過木星月相月食望遠鏡惑星海王星日食10月1日10月25日10月27日10月3日10月4日1170年11月10日11月17日11月19日11月22日12月3日12月9日1590年1702年1705年1708年1737年1771年1793年1808年1818年1906年1910年1940年1947年1959年1965年1971年1976年1977年1981年1984年1989年1月3日2035年2044年2046年2052年2065年2067年2078年2079年2088年2094年2100年代22世紀2月17日2月23日4月7日4月8日5月13日5月28日6月10日7月14日7月15日7月20日7月21日7月27日7月29日7月3日7月7日8月11日8月21日8月29日9月12日9月14日9月19日9月27日 インデックスを展開 (84 もっと) »

おとめ座イータ星

おとめ座η星 (おとめざイータせい、η Vir / η Virginis) は、おとめ座の方角にある恒星で4等星。.

新しい!!: 掩蔽とおとめ座イータ星 · 続きを見る »

てんびん座アルファ星

てんびん座α星(てんびんざアルファせい、α Lib / alpha Librae)は、てんびん座の二重星である。.

新しい!!: 掩蔽とてんびん座アルファ星 · 続きを見る »

へびつかい座シータ星

へびつかい座θ星は、へびつかい座の恒星で3等星。 天球上では、銀河系の中心やパイプ星雲の近くに位置する。.

新しい!!: 掩蔽とへびつかい座シータ星 · 続きを見る »

ふたご座イータ星

ふたご座η星は、ふたご座の恒星で3等星。.

新しい!!: 掩蔽とふたご座イータ星 · 続きを見る »

ふたご座イプシロン星

ふたご座ε星は、ふたご座の恒星で3等星。.

新しい!!: 掩蔽とふたご座イプシロン星 · 続きを見る »

いて座

天の川といて座 いて座(射手座、Sagittarius)は、黄道十二星座の1つで、トレミーの48星座の1つでもある。冬至点や銀河の中心がこの星座の領域にある。.

新しい!!: 掩蔽といて座 · 続きを見る »

いて座ラムダ星

天の川といて座 いて座λ星は、いて座の恒星で3等星。.

新しい!!: 掩蔽といて座ラムダ星 · 続きを見る »

いて座パイ星

いて座π星(いてざパイせい、π Sgr / π Sagittarii)は、いて座の恒星系である。.

新しい!!: 掩蔽といて座パイ星 · 続きを見る »

いて座シグマ星

天の川といて座 いて座σ星は、いて座で2番目に明るい恒星で2等星。南斗六星を作る星の1つ。.

新しい!!: 掩蔽といて座シグマ星 · 続きを見る »

さそり座ベータ星

さそり座β星は、さそり座の恒星で3等星。.

新しい!!: 掩蔽とさそり座ベータ星 · 続きを見る »

かぐや

かぐや(SELENE, Selenological and Engineering Explorer、セレーネ)は、宇宙航空研究開発機構 (JAXA) の月周回衛星。「SELENE」はギリシア神話の月の女神セレネ (Σελήνη, Selene) にちなんだ名称である。この衛星を利用した月探査計画はSELENE Project(セレーネ計画)と呼ばれ、アメリカ航空宇宙局 (NASA) のアポロ計画以降、最大の月探査計画とされる(日本初の月探査は1990年打ち上げのひてん)。主衛星と2機の子衛星で構成され、14種類の観測機器を搭載していた。 「かぐや」の愛称は、JAXAの行った一般公募によって決定された。後に子衛星2機にも愛称がつけられ、リレー衛星は「おきな」(OKINA)、VRAD衛星は「おうな」(OUNA) と命名された。それぞれ、竹取物語の中で月へと帰るかぐや姫と、育ての親の翁(おきな)、嫗(おうな)にちなむ。 当初は2007年8月16日に打上げが予定されていたが、キャパシタの取り付けミスや天候悪化などのため9月14日に延期された。打ち上げ後は順調に飛行を続け、予定通りに月周回軌道に入り、2機の子衛星を分離後に月面から高度100kmの月周回観測軌道に投入された。 かぐやはその後の中国(嫦娥1号)・インド(チャンドラヤーン1号)・アメリカ(ルナー・リコネサンス・オービター)と続く一連の月探査機群の先陣を切るプロジェクトとなった。太陽系探査はもともとアジアでは日本が大きく先行していた分野だったが、すでに中国が米ロに次ぐ宇宙大国と認識されていた当時、かぐやは日本が中国に追い付くものとして日本国外メディアからも注目された。 2009年6月に月面に制御落下させられるまで、約1年半にわたり月を周回しながら様々な観測を行った。NHKのハイビジョンカメラを搭載し、 かぐやの周回に伴って月に隠れていた地球が見えてくる「地球の出(アース・ライズ)」なども撮影されている。.

新しい!!: 掩蔽とかぐや · 続きを見る »

協定世界時

時間帯で色分けされた世界地図 協定世界時(きょうていせかいじ、UTC, Coordinated Universal Time, Koordinierte Weltzeit, Temps Universel Coordonné本来は「調整された世界時」の意だが、多数の国で法定常用時の基礎に採られており、日本語では協定と意訳する。)とは、国際原子時 (TAI) に由来する原子時系の時刻で、UT1 世界時に同調するべく調整された基準時刻を指す。国際原子時に調整を加えて作られた世界時で、国際協定に基づき人為的に維持されている時刻系である。.

新しい!!: 掩蔽と協定世界時 · 続きを見る »

合 (天文)

合(ごう、英語:conjunction)とは位置天文学や占星術において、二つの天体がある観測点(通常は地球)から見てほぼ同じ位置にある状態を指す言葉である。特に太陽系天体の場合には、地球から見てある天体が太陽とほぼ同じ位置にある状態を指す。後者の合は厳密には、その天体と太陽の地球から見た黄経の差が0度となる瞬間として定義される。内惑星の合は内合と外合に分けられる。合を表す記号は ☌(Unicode: 0x260c)(画像:)である。.

新しい!!: 掩蔽と合 (天文) · 続きを見る »

天王星

天王星(てんのうせい、Uranus)は、太陽系の太陽に近い方から7番目の惑星である。太陽系の惑星の中で木星・土星に次ぎ、3番目に大きい。1781年3月13日、イギリスの天文学者ウィリアム・ハーシェルにより発見された。名称のUranusは、ギリシア神話における天の神ウーラノス(Ουρανός、ラテン文字転写: Ouranos)のラテン語形である。 最大等級+5.6等のため、地球最接近時は肉眼で見えることもある。のちにハーシェル以前に恒星として20回以上の観測記録(肉眼観測も含む)があることが判明した。.

新しい!!: 掩蔽と天王星 · 続きを見る »

太陽

太陽(たいよう、Sun、Sol)は、銀河系(天の川銀河)の恒星の一つである。人類が住む地球を含む太陽系の物理的中心尾崎、第2章太陽と太陽系、pp. 9–10であり、太陽系の全質量の99.86%を占め、太陽系の全天体に重力の影響を与えるニュートン (別2009)、2章 太陽と地球、そして月、pp. 30–31 太陽とは何か。 太陽は属している銀河系の中ではありふれた主系列星の一つで、スペクトル型はG2V(金色)である。推測年齢は約46億年で、中心部に存在する水素の50%程度を熱核融合で使用し、主系列星として存在できる期間の半分を経過しているものと考えられている尾崎、第2章太陽と太陽系、2.1太陽 2.1.1太陽の概観 pp. 10–11。 また、太陽が太陽系の中心の恒星であることから、任意の惑星系の中心の恒星を比喩的に「太陽」と呼ぶことがある。.

新しい!!: 掩蔽と太陽 · 続きを見る »

太陽帆

太陽帆の構想図 太陽帆(たいようほ・たいようはん)はソーラー帆、ソーラーセイル、光帆(こうはん・ひかりほ)とも呼ばれ、薄膜鏡を巨大な帆として、太陽などの恒星から発せられる光やイオンなどを反射することで宇宙船の推力に変える器具のこと。これを主な推進装置として用いる宇宙機は太陽帆船、宇宙ヨットなどと呼ばれる。 化学ロケットや電気推進と比べ発生する推力は小さいものの、燃料を消費せずに加速が得られるという利点がある。現在は研究段階だが、実用化すれば惑星間などの超長距離の移動が容易になる。また、将来的な構想として、出発地から照射された強力なレーザーを帆に当てて推進力とする宇宙船も考案されている(レーザー推進を参照)。 20世紀初頭の起想より、長らく「SFに描かれる未来の技術」という存在であったが、2010年7月9日、日本の宇宙開発機関JAXAの打ち上げた小型ソーラー電力セイル実証機「IKAROS」において、史上初の太陽帆航行が確認された。.

新しい!!: 掩蔽と太陽帆 · 続きを見る »

太陽面通過

金星の太陽面通過(日本、長崎)2004年6月8日 17:28(JST) 太陽面通過(たいようめんつうか)とは、ある天体にいる観測者から見て、見かけ上太陽の表面を別の天体が通過する現象である。日面通過(にちめんつうか)や日面経過(にちめんけいか)、太陽面経過とも呼ばれる。普通、地球から見て内惑星である水星または金星が太陽の表面を通過する現象のことを差す。これは太陽と内惑星と地球が一直線に並んだときに見られるもので、地球では水星と金星でのみみられる天体現象である。水星、金星は太陽に比べ大きさがかなり小さいので小さな黒い点がゆっくり太陽の表面を移動していく形で観測される。 ヨハネス・ケプラーは、1627年に初めて金星の太陽面通過が1631年12月6日に起こると予想した(実際に起きたのは12月7日)。.

新しい!!: 掩蔽と太陽面通過 · 続きを見る »

宇宙望遠鏡

宇宙望遠鏡(うちゅうぼうえんきょう)とは、地球の衛星軌道上などの宇宙空間に打ち上げられた天体望遠鏡のことである。地上に設置された望遠鏡に対して多額の費用がかかることと、打ち上げを要する困難さはあるが、地球大気に邪魔されず観測できるため、現代観測天文学の重要な設備となっている。.

新しい!!: 掩蔽と宇宙望遠鏡 · 続きを見る »

人工衛星

GPS衛星の軌道アニメーション 人工衛星(じんこうえいせい)とは、惑星、主に地球の軌道上に存在し、具体的な目的を持つ人工天体。地球では、ある物体をロケットに載せて第一宇宙速度(理論上、海抜0 mでは約 7.9 km/s.

新しい!!: 掩蔽と人工衛星 · 続きを見る »

土星

土星(どせい、、、)は、太陽から6番目の、太陽系の中では木星に次いで2番目に大きな惑星である。巨大ガス惑星に属する土星の平均半径は地球の約9倍に当る。平均密度は地球の1/8に過ぎないため、巨大な体積の割りに質量は地球の95倍程度である。そのため、木星型惑星の一種とされている。 土星の内部には鉄やニッケルおよびシリコンと酸素の化合物である岩石から成る中心核があり、そのまわりを金属水素が厚く覆っていると考えられ、中間層には液体の水素とヘリウムが、その外側はガスが取り巻いている。 惑星表面は、最上部にあるアンモニアの結晶に由来する白や黄色の縞が見られる。金属水素層で生じる電流が作り出す土星の固有磁場は地球磁場よりも若干弱く、木星磁場の1/12程度である。外側の大気は変化が少なく色彩の差異も無いが、長く持続する特徴が現れる事もある。風速は木星を上回る1800km/hに達するが、海王星程ではない。 土星は恒常的な環を持ち、9つが主要なリング状、3つが不定的な円弧である。これらはほとんどが氷の小片であり、岩石のデブリや宇宙塵も含まれる。知られている限り62個の衛星を持ち、うち53個には固有名詞がついている。これにはリングの中に存在する何百という小衛星(ムーンレット)は含まれない。タイタンは土星最大で太陽系全体でも2番目に大きな衛星であり、水星よりも大きく、衛星としては太陽系でただひとつ有意な大気を纏っている。 日本語で当該太陽系第六惑星を「土星」と呼ぶ由来は、古代中国において五惑星が五行説に当てはめて考えられた際、この星に土徳が配当されたからである。英語名サターンはローマ神話の農耕神サートゥルヌスに由来する。.

新しい!!: 掩蔽と土星 · 続きを見る »

地球

地球(ちきゅう、Terra、Earth)とは、人類など多くの生命体が生存する天体である広辞苑 第五版 p. 1706.。太陽系にある惑星の1つ。太陽から3番目に近く、表面に水、空気中に酸素を大量に蓄え、多様な生物が生存することを特徴とする惑星である。.

新しい!!: 掩蔽と地球 · 続きを見る »

ミヒャエル・メストリン

ミカエル・モエストリヌス(ミヒャエル・メストリン) ミヒャエル・メストリン(Michael Maestlin または Mästlin。 Moestlin,Möstlin とも綴る。1550年9月30日 - 1631年10月20日)はドイツの天文学者。ヨハネス・ケプラーの師で地動説を教えたことで知られる。 ゲッピンゲン(w:Göppingen)で生まれた。テュービンゲン大学で神学、数学、天文学をフィリップ・アピアンなどに学んだ。1576年に助祭となった。1577年の大彗星の観測結果を出版した。1580年にハイデルベルク大学の数学教授となり、天文学の教本を出版した。1583年からテュービンゲン大学の教授となった。 ガリレオ・ガリレイと同時期に、地球照が地球の反射が月を照らす現象であると説明し、彗星の観測結果から彗星が月より上の現象であると結論し、アリストテレスの宇宙論を批判した。コペルニクスの宇宙論をケプラーに教えた師である。 Category:ドイツの天文学者 Category:16世紀の学者 Category:エバーハルト・カール大学テュービンゲンの教員 Category:ルプレヒト・カール大学ハイデルベルクの教員 Category:ヨハネス・ケプラー Category:1550年生 Category:1631年没.

新しい!!: 掩蔽とミヒャエル・メストリン · 続きを見る »

ハイデルベルク

ハイデルベルク(Heidelberg )は、ドイツ連邦共和国バーデン=ヴュルテンベルク州北西部に位置する都市。ライン川とネッカー川の合流点近くに位置する。ネッカー川及び旧市街を見下ろす高台にあるかつてのプファルツ選帝侯の宮廷であった城跡や、ドイツで最も古い大学ループレヒト=カールス大学で知られ、世界中の数多くの観光客や学者を惹きつけている。人口140,000人強のこの都市はバーデン=ヴュルテンベルク州で5番目に大きな都市である。この都市は郡独立市であると同時にライン=ネッカー郡の郡庁所在地でもある。ハイデルベルクが近隣のマンハイムやルートヴィヒスハーフェン・アム・ラインと形成する人口密集地域はライン=ネッカー大都市圏と呼ばれている。.

新しい!!: 掩蔽とハイデルベルク · 続きを見る »

ポルックス (恒星)

ポルックス(Pollux)は、ふたご座β星、ふたご座で最も明るい恒星で全天21の1等星の1つ。冬のダイヤモンドを形成する恒星の1つでもある。.

新しい!!: 掩蔽とポルックス (恒星) · 続きを見る »

ラグランジュ点

ラグランジュ点(ラグランジュてん、Lagrangian point(s)、略称:L 点)とは、天体力学における円制限三体問題の5つの平衡解である。SFでは『機動戦士ガンダム』を嚆矢に、しばしばラグランジュ・ポイントと表現される。.

新しい!!: 掩蔽とラグランジュ点 · 続きを見る »

リッチモンド (バージニア州)

ェームズ川からのダウンタウン・リッチモンド風景 バージニア州議会 リッチモンド (Richmond) はアメリカ合衆国東海岸、バージニア州の中心部に位置する都市で、州都である。2010年国勢調査での人口は204,214人で、州内の都市で第4位である(バージニアビーチ、ノーフォーク、チェサピークに次ぐ)。リッチモンド都市圏の人口は1,231,675人で、全米で43番目の規模、州内では ハンプトン・ローズ都市圏(ノーフォークを中心としたチェサピーク湾一帯の都市群)に次ぐ大きさである。 歴史の古い都市として知られ、近郊にはイギリスによる北米最初の恒久的植民地ジェームズタウンが位置していることから、1609年には最初の入植が試みられているが、町が形成されたのは1737年になってからである。アメリカ独立戦争時にはバージニア植民地の首都がウィリアムズバーグからリッチモンドに移され、イギリス軍の攻撃を受けることとなった。1861年に創設されたアメリカ連合国の首都が置かれたが、その後の南北戦争による戦禍を被り、市街地は壊滅した。 かつてはタバコの集散地として栄え、現在はタバコ、化学、薬品などの産業が中心で、タバコや食品業界で有名なフィリップモリスの本社が置かれているほか、様々な業種の企業が本社を置いている。また、1995年から産業創出と経済再生などを目指したバージニアバイオテクノロジーリサーチパークが設けられてから、多数の企業や政府、非営利団体が研究機関を置くようになるなど、全米有数のバイオテクノロジー研究最先端基地としての成長が著しい。2007年には地元経済を牽引してきたフィリップモリス社も350万ドルを投じ、同リサーチパークに研究施設を設けている。2010年現在、現在約3000人に上る研究者や技術者、学者が同リサーチパークで雇用されている。 バージニア美術館やバージニア科学美術館、バージニア・コモンウェルス大学、バージニア・オペラ団、リッチモンド交響楽団、リッチモンド・バレエ団などがこの街に所在する。 また、13の合衆国控訴裁判所の一つ、第4巡回区の合衆国控訴裁判所および12の連邦準備銀行の一つ、リッチモンド連邦準備銀行がこの街に置かれている。 海外からの玄関口として、近郊にリッチモンド国際空港がある。 州都として栄える一方で、全米有数の犯罪都市としても知られていたが、近年は改善の兆しがあり、20万人を割り込んでいた市域人口は再び20万人を突破している。.

新しい!!: 掩蔽とリッチモンド (バージニア州) · 続きを見る »

レア (衛星)

レア (Saturn V Rhea) は、土星の第5衛星である。土星の衛星の中ではタイタンに次いで2番目に大きい。.

新しい!!: 掩蔽とレア (衛星) · 続きを見る »

レグルス

レグルス (Regulus)は、しし座α星、しし座で最も明るい恒星で全天21の1等星の1つ。1等星の中では最も暗い。.

新しい!!: 掩蔽とレグルス · 続きを見る »

ディオネ (衛星)

ディオネ (Saturn IV Dione) は、土星の第4衛星である。1684年3月21日にジョヴァンニ・カッシーニによってテティスと共に発見された。.

新しい!!: 掩蔽とディオネ (衛星) · 続きを見る »

アメリカ大陸

アメリカ大陸(アメリカたいりく)とは、南アメリカ大陸と北アメリカ大陸をあわせた呼称。両アメリカや新大陸などとも言う。 南北に分かれた二大陸であるが、両者はパナマ地峡で接続しているため、まとめて超大陸と見なすこともできる。なお、広くアメリカ州(米州)というときは、カリブ海やカナダ北部の島々・海域をも含める場合が多い。 「アメリカ」と言う名称は、イタリアの探検家アメリゴ・ヴェスプッチの名から付けられた。詳細はアメリカ州を参照。.

新しい!!: 掩蔽とアメリカ大陸 · 続きを見る »

アルデバラン

アルデバラン (Aldebaran)、またはおうし座α星は、おうし座で最も明るい恒星で全天21の1等星の1つ。冬のダイヤモンドを形成する恒星の1つでもある。木星の数倍の質量の惑星を持つ。 惑星探査機パイオニア10号は現在、おおよそ、アルデバランの方向へ飛行を続けているが、アルデバランに最接近するのは約200万年後と考えられている。.

新しい!!: 掩蔽とアルデバラン · 続きを見る »

アンタレス

アンタレス(Antares)は、さそり座α星、さそり座で最も明るい恒星で全天21の1等星の1つ。夏の南の空に赤く輝くよく知られる恒星の1つである。.

新しい!!: 掩蔽とアンタレス · 続きを見る »

エルゼビア

thumb エルゼビア (Elsevier B.V.、エルゼビア・ベーフェー) は、オランダ・アムステルダムを本拠とする国際的な出版社。医学・科学技術関係を中心とする世界最大規模の出版社で、学術雑誌も多数発行している。現在はレレックス・グループの100%子会社である。日本法人はエルゼビア・ジャパン株式会社。.

新しい!!: 掩蔽とエルゼビア · 続きを見る »

カンタベリー

ンタベリー (Canterbury) は、イギリス・イングランド南東部ケント州東部に位置するシティ・オブ・カンタベリーの中心エリア。中世から代表的な巡礼地として栄えてきた。.

新しい!!: 掩蔽とカンタベリー · 続きを見る »

ガニメデ (衛星)

ニメデ (Jupiter III Ganymede) は、木星の第3衛星。太陽系に存在する衛星の中では最も大きく、惑星である水星よりも大きい。比較的明るい衛星で、双眼鏡でも観察できる。.

新しい!!: 掩蔽とガニメデ (衛星) · 続きを見る »

グリニッジ天文台

かつてグリニッジ子午線の基準になっていた、グリニッジ天文台旧本館北面の窓。現在の本初子午線はこの窓の中心から東に約102.5mの位置を通過している。 グリニッジ天文台(グリニッジてんもんだい、英: Royal Observatory, Greenwich、旧称: Royal Greenwich Observatory)は、ロンドン郊外グリニッジ地区のテムズ川河畔グリニッジ・パーク内に存在する天文台。ロンドン中心部から東におよそ5km、テムズ川河畔からは南におよそ800mの丘に建てられている。 1675年にイングランド国王チャールズ2世が設立した王立天文台で、初代天文台長はジョン・フラムスティード。1957年にイースト・サセックスのハーストモンソーに移転し、「グリニッジ旧王立天文台」となった。1990年にケンブリッジに移転した後、1998年に閉鎖され、再び「グリニッジ王立天文台」と呼ばれるようになった。現在は観測機器はなく、史跡として維持されている。 1851年に台長エアリーが本館(当時)に子午環を設置し、窓の中心を基準として観測を行い、この地点(グリニッジ子午線上)の平均太陽時であるグリニッジ平均時を定めていた。その後、世界共通の経度の基準(経度0度、本初子午線)と定められ、世界の経度および時刻の基準を担っていた。1833年に設置された報時球は現在も稼働している。 なお、現在では、エアリーの子午環は、正確には本初子午線ではなくなっている。本初子午線は、エアリーの子午環から東へ、角度 5.301 秒、距離にして102.478 m の位置を通過している(詳細は本初子午線、IERS基準子午線を参照のこと)。 近隣のブラックヒースには、ジェームズ1世 (イングランド王)が1608年に最初7ホールを造らせたゴルフクラブがある。これは今も超一流コースとして利用されている。.

新しい!!: 掩蔽とグリニッジ天文台 · 続きを見る »

グローバル・ポジショニング・システム

船舶用GPS受信機 グローバル・ポジショニング・システム(Global Positioning System, Global Positioning Satellite, GPS、全地球測位システム)とは、アメリカ合衆国によって運用される衛星測位システム(地球上の現在位置を測定するためのシステムのこと)を指す。 ロラン-C(Loran-C: Long Range Navigation C)システムなどの後継にあたる。.

新しい!!: 掩蔽とグローバル・ポジショニング・システム · 続きを見る »

ジョン・ベヴィス

ョン・ベヴィス(John Bevis、1693年10月31日 – 1771年11月6日)はイギリスの医師で、アマチュア天文学者である。1750年に星図Uranographia Britannicaを完成し、そこにはかに星雲M1などが記載されておりそれらの天体の発見者である。原版の一部は完成していたが出版元が破産したなどで、広く知られることなく、それらの発見は他の天文学者のものとされた。 WiltshireのOld Sarumに生まれた。オクスフォードで医学を学び、ロンドンで開業した。アマチュア天文家として観測を行い、1731年にはかに星雲(M1)を発見した。これはメシエが発見する27年前のことである。1738年にロンドンの北に私設天文台をつくり、観測を行い、1750年までに, 星図Uranographia Britannicaを完成した。1750年にベルリン科学アカデミー、1765年に王立協会の会員になった。1771年、望遠鏡から落ちる事故で没した。 ベヴィスは、1603年に全天恒星図『ウラノメトリア』を発刊したヨハン・バイエルや、1712年に『天球図譜』を出版したジョン・フラムスティードの後をついで、79の星座を網羅する星図を製作した。恒星ばかりでなく星雲・星団も収録し、その中には M1、M31アンドロメダ銀河、M42オリオン大星雲、M44プレセペ星団、M45プレアデス星団、M11、M13、M22、M35、ケンタウルス座オメガ星団、NGC 6231が含まれていた。 1748年にニコラ・ルイ・ド・ラカーユへの手紙のなかでこの仕事について述べ、180枚ほどが印刷されたが印刷業者が破産し、公式には出版されず、20世紀にはいるまでこの星図は忘れられた存在となった。1737年に金星が水星を掩蔽するのをグリニッジ天文台で初めて観測したことでも知られる。.

新しい!!: 掩蔽とジョン・ベヴィス · 続きを見る »

スラスター

ラスター (thruster) は、スラスト(推す、thrust)に由来する言葉で、広義には推進システムの総称。.

新しい!!: 掩蔽とスラスター · 続きを見る »

スピカ

ピカ(Spica)は、おとめ座α星、おとめ座で最も明るい恒星で全天21の1等星の1つ。春の夜に青白く輝く。.

新しい!!: 掩蔽とスピカ · 続きを見る »

火星

火星(かせい、ラテン語: Mars マールス、英語: マーズ、ギリシア語: アレース)は、太陽系の太陽に近い方から4番目の惑星である。地球型惑星に分類され、地球の外側の軌道を公転している。 英語圏では、その表面の色から、Red Planet(レッド・プラネット、「赤い惑星」の意)という通称がある。.

新しい!!: 掩蔽と火星 · 続きを見る »

等級 (天文)

天文学において等級(とうきゅう、magnitude)とは、天体の明るさを表す尺度である。整数または小数を用いて「1.2等級」あるいは省略して「1.2等」などと表す。恒星の明るさを表す場合には「2等星」などと呼ぶ場合もある。等級の値が小さいほど明るい天体であることを示す。また、0等級よりも明るい天体の場合の明るさを表すには負の数を用いる。 等級が1等級変わると明るさは100の5乗根倍、すなわち約2.512倍変化する。よって等級差が5等級の場合に明るさの差が正確に100倍となる。言い換えれば等級とは天体の明るさを対数スケールで表現したものである。.

新しい!!: 掩蔽と等級 (天文) · 続きを見る »

環 (天体)

(わ、planetary ring)は、惑星の周囲を公転する塵やその他の小さな粒子が平らな円盤状の領域に分布しているリング状の構造である。最も壮大で有名な惑星の環は土星の環であるが、太陽系に4つ存在する巨大ガス惑星、すなわち木星・土星・天王星・海王星は全て環を持っている。 また小惑星のうちカリクローにも環があることが、カリクローによる恒星の掩蔽の観測より確認されている。宇宙探査機カッシーニの撮影結果から、土星の第5衛星レアにも環がある可能性があるとみられていたが、撮影結果の精査の結果、結局環はなかったとされている。.

新しい!!: 掩蔽と環 (天体) · 続きを見る »

衛星

主要な衛星の大きさ比較 衛星(えいせい、natural satellite)は、惑星や準惑星・小惑星の周りを公転する天然の天体。ただし、惑星の環などを構成する氷や岩石などの小天体は、普通は衛星とは呼ばれない。.

新しい!!: 掩蔽と衛星 · 続きを見る »

食 (天文)

食(しょく、eclipse、ギリシア語 εκλειπσισ「力を失う」に由来)とは、ある天体が別の天体の動きによって隠される天文現象である。 蝕と表記する場合がある。 食は移動する天体の動きに従う光量の変化として観測される。観測者が、光源天体からの光を隠す天体を見ているのか、光を隠している天体が別の天体表面に投射した影(像、写像)を見ているのかによって区別できるが、どちらも食と呼ばれている。 区別されるときは、前者は「掩蔽」(例:日食)といい、後者は影による食(例:月食)という。掩蔽のうち、隠す天体が隠される天体に比べ極端に視直径が小さい場合を通過といい、隠されるほうの天体が太陽の場合を特に太陽面通過という。 食を説明するときは、概ね観測者を地球に置くことが多かったが、探査機の開発により、地球外での観測も可能となっている。地球上で日食が起きているとき、これを月面から見るとすると地球上に「影による食」が見える。また、地球上から月食が見られているとき、これを月面上の「影による食」の部分で日食が起きている。 「食」は食物を囓った痕が歯型により残った湾曲した形に因むが、日食・月食以外にはその意はほとんどない。日食や月食が起きるしくみが知られていなかった時代には、インドなどではラーフやケートゥなどの見えない星が食の原因と説明されていたことがあった。 英語「エクリプス」は天文以外の他分野でも用語として用いられている。.

新しい!!: 掩蔽と食 (天文) · 続きを見る »

視差

視差(しさ)は、二地点での観測地点の位置の違いにより、対象点が見える方向が異なること、または、その角度差。パララックス (英:parallax)ともいう。 もっぱら.

新しい!!: 掩蔽と視差 · 続きを見る »

角直径

角直径(かくちょっけい、angular diameter)とは、ある位置から天体を見た時の見かけの大きさを、その天体の直径を見込む角度で表した値のことである。視直径(しちょっけい、appearent diameter)と同義。すなわち角直径 \delta は以下の式で表される。 ここで d は天体の直径、r は天体までの距離である。 天文学では、天球上の天体の大きさを表す際に、その天体の実際の大きさではなく地球から見た時の角直径で表す場合がしばしばある。.

新しい!!: 掩蔽と角直径 · 続きを見る »

黄道

上図は地動説から黄道を説明したもの。地球は太陽の周りを公転しているが、地球から見ると、太陽が天球を一周しているように見える。 黄道(こうどう、Ecliptic)とは、天球上における太陽の見かけ上の通り道(大円)をいう。.

新しい!!: 掩蔽と黄道 · 続きを見る »

黄道座標

道座標(こうどうざひょう、ecliptic coordinate system)は天球上の天体の位置を表すための天球座標系の一種で、黄道を基準とする座標系である。.

新しい!!: 掩蔽と黄道座標 · 続きを見る »

近点・遠点

近地点と遠地点の位置関係 近点・遠点(きんてん・えんてん、periapsis and apoapsis) とは、軌道運動する天体が、中心天体の重力中心に最も近づく位置と、最も遠ざかる位置のことである。両者を総称して軌道極点またはアプシス(apsis) と言う。 特に、中心天体が太陽のときは近日点・遠日点(きんじつてん・えんじつてん、perihelion and aphelion )、主星が地球のときは近地点・遠地点(きんちてん・えんちてん、perigee and apogee )、連星系では近星点・遠星点(きんせいてん・えんせいてん、periastron and apastron)と言う。地球を周回する人工衛星については英単語のままペリジー・アポジーとも言う。主星が惑星の場合、例えば木星の衛星や木星を周回する探査機(ジュノーなど)の軌道の木星に対する近点・遠点は近木点・遠木点(きんもくてん・えんもくてん、perijove and apojove)、土星ならば近土点・遠土点(きんどてん・えんどてん、perichron and apochron)と表現することもある。 中心天体の周りを周回する天体は楕円軌道を取るが、中心天体は楕円の中心ではなく、楕円の長軸上にふたつ存在する焦点のいずれかに位置する。このため周回する天体は中心天体に対して、最も接近する位置(近点)と最も遠ざかる位置(遠点)を持つことになる。遠点・近点および中心天体の重力中心は一直線をなし、この直線は楕円の長軸に一致する。 中心天体の重力中心から近点までの距離を近点距離(近日点距離、近地点距離)、遠点までの距離を遠点距離(遠日点距離、遠地点距離)といい、それぞれ軌道要素の1つである。軌道長半径、離心率、近点距離、遠点距離の4つの軌道要素のうち2つを指定すれば、軌道の2次元的な形状が決まる。通常、軌道長半径と離心率が使われるが、放物線軌道・双曲線軌道(特に、彗星の軌道)については通常の意味での軌道長半径を定義できないので、近点距離と離心率が使われる。なお、人工衛星については近地点高度・遠地点高度という言葉もあるが、これらは地球の海面(ジオイド)からの距離である。 他の天体による摂動、一般相対論的効果により、近点は(したがって遠点も)少しずつ移動することがある。これを近点移動(近日点移動、近地点移動)という。.

新しい!!: 掩蔽と近点・遠点 · 続きを見る »

金星

金星(きんせい、Venus 、 )は、太陽系で太陽に近い方から2番目の惑星。また、地球に最も近い公転軌道を持つ惑星である。 地球型惑星であり、太陽系内で大きさと平均密度が最も地球に似た惑星であるため、「地球の姉妹惑星」と表現されることがある。また、太陽系の惑星の中で最も真円に近い公転軌道を持っている。 地球から見ると、金星は明け方と夕方にのみ観測でき、太陽、月についで明るく見える星であることから、明け方に見えるのが「明けの明星」、夕方に見えるのが「宵の明星」という。.

新しい!!: 掩蔽と金星 · 続きを見る »

金星の太陽面通過

2004年6月8日の金星の太陽面通過。ドイツのイェーナにて。 地球における金星の太陽面通過(きんせいのたいようめんつうか)は、金星が太陽面を黒い円形のシルエットとして通過していくように見える天文現象である。金星が地球と太陽のちょうど間に入ることで起こる。日面通過や日面経過、太陽面経過とも呼ばれる。記録に残る初の観測は、1639年にエレミア・ホロックスによってなされた。 金星の太陽面通過は非常に稀な現象で、近年では、8年、105.5年、8年、121.5年の間隔で発生する。直近では協定世界時2012年6月5日から6日にかけて起こった。次回は2117年12月10日から11日にかけて起こる。 金星の太陽面通過を観察することで、地球と太陽の間の距離(1天文単位)が算出可能となる。1天文単位の距離を得るために、1761年と1769年の太陽面通過では欧州を中心として国を超えた国際的な観測事業が行われ、世界各地に天文学者が派遣された。この観測プロジェクトは科学における初の国際共同プロジェクトとも評される。.

新しい!!: 掩蔽と金星の太陽面通過 · 続きを見る »

通過 (天文)

フォボスの太陽面通過 通過(つうか、)は、天文学において、以下の2つの意味を持つ。.

新しい!!: 掩蔽と通過 (天文) · 続きを見る »

連星

連星(れんせい、)とは2つの恒星が両者の重心の周りを軌道運動している天体である。双子星(ふたごぼし)とも呼ばれる。連星は、地球から遠距離にあると、一つの恒星と思われ、その後に連星である事が判明する場合もある。この2世紀間の観測で、肉眼で見える恒星の半数以上が連星である可能性が示唆されている。通常は明るい方の星を主星、暗い方を伴星と呼ぶ。また、3つ以上の星が互いに重力的に束縛されて軌道運動している系もあり、そのような場合にはn連星またはn重連星などと呼ばれる。 また、二重星という言葉も連星を示す場合が多い。しかし、実際には、複数の恒星が地球から見て、同じ方向に位置しており、「見かけ上、連星のように見える」場合を表す。それぞれの恒星の、地球からの距離は全く異なり、物理的にも何の関連性も無い。二重星は、距離が異なるので、光度の差から、年周視差や視線速度を正確に求める事が出来る。しかし、中にはアルビレオのように、二重星か真の連星かが分かっていないものもある。.

新しい!!: 掩蔽と連星 · 続きを見る »

探査機

はやぶさ 無人海洋探査機かいこう 探査機(たんさき)とは、何らかの現象をその起きている場所にまで移動していって観測し、これを記録する機械装置や、あるいは観測者を輸送するための乗物に、観測機器が積まれているものである。.

新しい!!: 掩蔽と探査機 · 続きを見る »

恒星

恒星 恒星(こうせい)は、自ら光を発し、その質量がもたらす重力による収縮に反する圧力を内部に持ち支える、ガス体の天体の総称である。人類が住む地球から一番近い恒星は、太陽系唯一の恒星である太陽である。.

新しい!!: 掩蔽と恒星 · 続きを見る »

水星

水星(すいせい、英:Mercury マーキュリー、Mercurius メルクリウス)は、太陽系にある惑星の1つで、太陽に最も近い公転軌道を周回している。岩石質の「地球型惑星」に分類され、太陽系惑星の中で大きさ、質量ともに最小のものである以前最小の惑星だった冥王星は2006年に準惑星へ分類変更された。。.

新しい!!: 掩蔽と水星 · 続きを見る »

水星の太陽面通過

2006年11月8日に観測された水星の太陽面通過 地球における水星の太陽面通過(すいせいのたいようめんつうか)は、水星が地球と太陽のちょうど間に入る天文現象である。21世紀では2003年、2006年、2016年に起こった。次は2019年に起こるが、日本で見られるのはその次の2032年になる。日面通過や日面経過、太陽面経過とも呼ばれる。.

新しい!!: 掩蔽と水星の太陽面通過 · 続きを見る »

木星

記載なし。

新しい!!: 掩蔽と木星 · 続きを見る »

月(つき、Mond、Lune、Moon、Luna ルーナ)は、地球の唯一の衛星(惑星の周りを回る天体)である。太陽系の衛星中で5番目に大きい。地球から見て太陽に次いで明るい。 古くは太陽に対して太陰とも、また日輪(.

新しい!!: 掩蔽と月 · 続きを見る »

月相

月相(げっそう、英語:lunar phase、phase of the moon)とは、月の公転によって、月面のうち輝いて見える部分が変化する様子のことである。 月面の輝く部分の形は、地球(中心で考える)から見た月と太陽のなす角度によって決まる。ただしこれでは新月で0とならないので、黄緯差は無視し、太陽と月の黄経差を月相と定義する。月相は本質的には角度であるが、月齢との比較を容易にするため、1周を360°のかわりに28に換算した値で表す。.

新しい!!: 掩蔽と月相 · 続きを見る »

月食

2003年11月9日に起こった皆既月食 月食(げっしょく、)とは地球が太陽と月の間に入り、地球の影が月にかかることによって月が欠けて見える現象のことである。 月蝕と表記する場合がある。 望(満月)の時に起こる。日食と違い、月が見える場所であれば地球上のどこからでも同時に観測・観察できる。.

新しい!!: 掩蔽と月食 · 続きを見る »

望遠鏡

望遠鏡(ぼうえんきょう)とは、遠くにある物体を可視光線・赤外線・X線・電波などの電磁波を捕えて観測する装置である。古くは「遠眼鏡(とおめがね)」とも呼ばれた。 観測に用いられる電磁波の波長により、光学望遠鏡と電波望遠鏡に大別される。電磁波を捕える方式による分類では反射望遠鏡と屈折望遠鏡がある。.

新しい!!: 掩蔽と望遠鏡 · 続きを見る »

惑星

惑星(わくせい、πλανήτης、planeta、planet)とは、恒星の周りを回る天体のうち、比較的低質量のものをいう。正確には、褐色矮星の理論的下限質量(木星質量の十数倍程度)よりも質量の低いものを指す。ただし太陽の周りを回る天体については、これに加えて後述の定義を満たすものだけが惑星である。英語 planet の語源はギリシア語のプラネテス(さまよう者、放浪者などの意。IPA: /planítis/ )。 宇宙のスケールから見れば惑星が全体に影響を与える事はほとんど無く、宇宙形成論からすれば考慮の必要はほとんど無い。だが、天体の中では非常に多種多様で複雑なものである。そのため、天文学だけでなく地質学・化学・生物学などの学問分野では重要な対象となっている別冊日経サイエンス167、p.106-117、系外惑星が語る惑星系の起源、Douglas N. C.Lin。.

新しい!!: 掩蔽と惑星 · 続きを見る »

海王星

海王星(かいおうせい、Neptunus、Neptune)は、太陽系の太陽に近い方から8番目の惑星である。太陽系惑星の中では最も太陽から遠い位置を公転している。名称のNeptuneは、ローマ神話における海神ネプトゥーヌスにちなむ。.

新しい!!: 掩蔽と海王星 · 続きを見る »

日食

2006年3月29日のトルコでの皆既日食 2012年5月21日に茨城県鹿嶋市で観測された金環日食 日食(にっしょく、solar eclipse)とは太陽が月によって覆われ、太陽が欠けて見えたり、あるいは全く見えなくなる現象である。 日蝕と表記する場合がある。 朔すなわち新月の時に起こる。.

新しい!!: 掩蔽と日食 · 続きを見る »

10月1日

10月1日(じゅうがつついたち)はグレゴリオ暦で年始から274日目(閏年では275日目)にあたり、年末まであと91日ある。.

新しい!!: 掩蔽と10月1日 · 続きを見る »

10月25日

10月25日(じゅうがつにじゅうごにち)はグレゴリオ暦で年始から298日目(閏年では299日目)にあたり、年末まであと67日ある。.

新しい!!: 掩蔽と10月25日 · 続きを見る »

10月27日

10月27日(じゅうがつにじゅうしちにち)はグレゴリオ暦で年始から300日目(閏年では301日目)にあたり、年末まであと65日ある。.

新しい!!: 掩蔽と10月27日 · 続きを見る »

10月3日

10月3日(じゅうがつみっか)はグレゴリオ暦で年始から276日目(閏年では277日目)にあたり、年末まであと89日ある。.

新しい!!: 掩蔽と10月3日 · 続きを見る »

10月4日

10月4日(じゅうがつよっか)はグレゴリオ暦で年始から277日目(閏年では278日目)にあたり、年末まであと88日ある。.

新しい!!: 掩蔽と10月4日 · 続きを見る »

1170年

記載なし。

新しい!!: 掩蔽と1170年 · 続きを見る »

11月10日

11月10日(じゅういちがつとおか)はグレゴリオ暦で年始から314日目(閏年では315日目)にあたり、年末まであと51日ある。.

新しい!!: 掩蔽と11月10日 · 続きを見る »

11月17日

11月17日(じゅういちがつじゅうななにち、じゅういちがつじゅうしちにち)は、グレゴリオ暦で年始から321日目(閏年では322日目)にあたり、年末まであと44日ある。 毎年この日ごろしし座流星群が観測できる。.

新しい!!: 掩蔽と11月17日 · 続きを見る »

11月19日

11月19日(じゅういちがつじゅうくにち)はグレゴリオ暦で年始から323日目(閏年では324日目)にあたり、年末まであと42日ある。.

新しい!!: 掩蔽と11月19日 · 続きを見る »

11月22日

11月22日(じゅういちがつにじゅうににち)は、グレゴリオ暦で年始から326日目(閏年では327日目)にあたり、年末まであと39日ある。.

新しい!!: 掩蔽と11月22日 · 続きを見る »

12月3日

12月3日(じゅうにがつみっか)はグレゴリオ暦で年始から337日目(閏年では338日目)にあたり、年末まであと28日ある。.

新しい!!: 掩蔽と12月3日 · 続きを見る »

12月9日

12月9日(じゅうにがつここのか)は、グレゴリオ暦で年始から343日目(閏年では344日目)にあたり、年末まであと22日ある。.

新しい!!: 掩蔽と12月9日 · 続きを見る »

1590年

記載なし。

新しい!!: 掩蔽と1590年 · 続きを見る »

1702年

記載なし。

新しい!!: 掩蔽と1702年 · 続きを見る »

1705年

記載なし。

新しい!!: 掩蔽と1705年 · 続きを見る »

1708年

記載なし。

新しい!!: 掩蔽と1708年 · 続きを見る »

1737年

記載なし。

新しい!!: 掩蔽と1737年 · 続きを見る »

1771年

記載なし。

新しい!!: 掩蔽と1771年 · 続きを見る »

1793年

記載なし。

新しい!!: 掩蔽と1793年 · 続きを見る »

1808年

記載なし。

新しい!!: 掩蔽と1808年 · 続きを見る »

1818年

記載なし。

新しい!!: 掩蔽と1818年 · 続きを見る »

1906年

記載なし。

新しい!!: 掩蔽と1906年 · 続きを見る »

1910年

記載なし。

新しい!!: 掩蔽と1910年 · 続きを見る »

1940年

記載なし。

新しい!!: 掩蔽と1940年 · 続きを見る »

1947年

記載なし。

新しい!!: 掩蔽と1947年 · 続きを見る »

1959年

記載なし。

新しい!!: 掩蔽と1959年 · 続きを見る »

1965年

記載なし。

新しい!!: 掩蔽と1965年 · 続きを見る »

1971年

記載なし。

新しい!!: 掩蔽と1971年 · 続きを見る »

1976年

記載なし。

新しい!!: 掩蔽と1976年 · 続きを見る »

1977年

記載なし。

新しい!!: 掩蔽と1977年 · 続きを見る »

1981年

この項目では、国際的な視点に基づいた1981年について記載する。.

新しい!!: 掩蔽と1981年 · 続きを見る »

1984年

この項目では、国際的な視点に基づいた1984年について記載する。.

新しい!!: 掩蔽と1984年 · 続きを見る »

1989年

この項目では、国際的な視点に基づいた1989年について記載する。.

新しい!!: 掩蔽と1989年 · 続きを見る »

1月3日

1月3日(いちがつみっか)はグレゴリオ暦で年始から3日目に当たり、年末まであと362日(閏年では363日)ある。日本ではこの日まで正月休みとされることがある。誕生花はクロッカス。.

新しい!!: 掩蔽と1月3日 · 続きを見る »

2035年

この項目では、国際的な視点に基づいた2035年について記載する。.

新しい!!: 掩蔽と2035年 · 続きを見る »

2044年

この項目では、国際的な視点に基づいた2044年について記載する。.

新しい!!: 掩蔽と2044年 · 続きを見る »

2046年

この項目では、国際的な視点に基づいた2046年について記載する。.

新しい!!: 掩蔽と2046年 · 続きを見る »

2052年

この項目では、国際的な視点に基づいた2052年について記載する。.

新しい!!: 掩蔽と2052年 · 続きを見る »

2065年

この項目では、国際的な視点に基づいた2065年について記載する。.

新しい!!: 掩蔽と2065年 · 続きを見る »

2067年

この項目では、国際的な視点に基づいた2067年について記載する。.

新しい!!: 掩蔽と2067年 · 続きを見る »

2078年

この項目では、国際的な視点に基づいた2078年について記載する。.

新しい!!: 掩蔽と2078年 · 続きを見る »

2079年

この項目では、国際的な視点に基づいた2079年について記載する。.

新しい!!: 掩蔽と2079年 · 続きを見る »

2088年

この項目では、国際的な視点に基づいた2088年について記載する。.

新しい!!: 掩蔽と2088年 · 続きを見る »

2094年

この項目では、国際的な視点に基づいた2094年について記載する。.

新しい!!: 掩蔽と2094年 · 続きを見る »

2100年代

2100年代(にせんひゃくねんだい)は、.

新しい!!: 掩蔽と2100年代 · 続きを見る »

22世紀

22世紀(にじゅうにせいき)とは、西暦2101年から西暦2200年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: 掩蔽と22世紀 · 続きを見る »

2月17日

2月17日(にがつじゅうななにち、にがつじゅうしちにち)はグレゴリオ暦で年始から48日目にあたり、年末まであと317日(閏年では318日)ある。.

新しい!!: 掩蔽と2月17日 · 続きを見る »

2月23日

2月23日(にがつにじゅうさんにち)はグレゴリオ暦で年始から54日目にあたり、年末まであと311日(閏年では312日)ある。.

新しい!!: 掩蔽と2月23日 · 続きを見る »

4月7日

4月7日(しがつなのか)は、グレゴリオ暦で年始から97日目(閏年では98日目)にあたり、年末まではあと268日ある。誕生花はディモルフォセカ、サクラ。.

新しい!!: 掩蔽と4月7日 · 続きを見る »

4月8日

4月8日(しがつようか)は、グレゴリオ暦で年始から98日目(閏年では99日目)にあたり、年末まではあと267日ある。誕生花はレンゲソウ、フジ。.

新しい!!: 掩蔽と4月8日 · 続きを見る »

5月13日

5月13日(ごがつじゅうさんにち)はグレゴリオ暦で年始から133日目(閏年では134日目)にあたり、年末まではあと232日ある。誕生花はサンザシ。.

新しい!!: 掩蔽と5月13日 · 続きを見る »

5月28日

5月28日(ごがつにじゅうはちにち)は、グレゴリオ暦で年始から148日目(閏年では149日目)にあたり、年末まではあと217日ある。誕生花はアマリリス。.

新しい!!: 掩蔽と5月28日 · 続きを見る »

6月10日

6月10日(ろくがつとおか)はグレゴリオ暦で年始から161日目(閏年では162日目)にあたり、年末まであと204日ある。誕生花はジャスミン、ラベンダー。.

新しい!!: 掩蔽と6月10日 · 続きを見る »

7月14日

7月14日(しちがつじゅうよっか、しちがつじゅうよんにち)は、グレゴリオ暦で年始から195日目(閏年では196日目)にあたり、年末まであと170日ある。誕生花はノウゼンカズラ、ハナトラノオ。.

新しい!!: 掩蔽と7月14日 · 続きを見る »

7月15日

7月15日(しちがつじゅうごにち)はグレゴリオ暦で年始から196日目(閏年では197日目)にあたり、年末まであと169日ある。誕生花はネムノキ、カンナ。.

新しい!!: 掩蔽と7月15日 · 続きを見る »

7月20日

7月20日(しちがつはつか、しちがつにじゅうにち)はグレゴリオ暦で年始から201日目(閏年では202日目)にあたり、年末まであと164日ある。誕生花はナス、ルコウソウ。.

新しい!!: 掩蔽と7月20日 · 続きを見る »

7月21日

7月21日(しちがつにじゅういちにち)はグレゴリオ暦で年始から202日目(閏年では203日目)にあたり、年末まであと163日ある。誕生花はヤマユリ、アサガオ。.

新しい!!: 掩蔽と7月21日 · 続きを見る »

7月27日

7月27日(しちがつにじゅうななにち、しちがつにじゅうしちにち)はグレゴリオ暦で年始から208日目(閏年では209日目)にあたり、年末まであと157日ある。誕生花はフウロソウ、ホオズキ。.

新しい!!: 掩蔽と7月27日 · 続きを見る »

7月29日

7月29日(しちがつにじゅうくにち)は、グレゴリオ暦で年始から210日目(閏年では211日目)にあたり、年末まであと155日ある。誕生花はサボテン、エキザカム。.

新しい!!: 掩蔽と7月29日 · 続きを見る »

7月3日

7月3日(しちがつみっか)は、グレゴリオ暦で年始から184日目(閏年では185日目)にあたり、年末まではあと181日ある。誕生花はハス、バラ。.

新しい!!: 掩蔽と7月3日 · 続きを見る »

7月7日

7月7日(しちがつなのか)はグレゴリオ暦で年始から188日目(閏年では189日目)にあたり、年末まであと177日ある。誕生花はスイレン、ヒオウギ。.

新しい!!: 掩蔽と7月7日 · 続きを見る »

8月11日

8月11日(はちがつじゅういちにち)はグレゴリオ暦で年始から223日目(閏年では224日目)にあたり、年末まであと142日ある。.

新しい!!: 掩蔽と8月11日 · 続きを見る »

8月21日

8月21日(はちがつにじゅういちにち)は、グレゴリオ暦で年始から233日目(閏年では234日目)にあたり、年末まであと132日ある。.

新しい!!: 掩蔽と8月21日 · 続きを見る »

8月29日

8月29日(はちがつにじゅうくにち)はグレゴリオ暦で年始から241日目(閏年では242日目)にあたり、年末まであと124日ある。.

新しい!!: 掩蔽と8月29日 · 続きを見る »

9月12日

9月12日(くがつじゅうににち)はグレゴリオ暦で年始から255日目(閏年では256日目)にあたり、年末まであと110日ある。.

新しい!!: 掩蔽と9月12日 · 続きを見る »

9月14日

9月14日(くがつじゅうよっか、くがつじゅうよんにち)はグレゴリオ暦で年始から257日目(閏年では258日目)にあたり、年末まであと108日ある。.

新しい!!: 掩蔽と9月14日 · 続きを見る »

9月19日

9月19日(くがつじゅうくにち)は、グレゴリオ暦で年始から262日目(閏年では263日目)にあたり、年末まであと103日ある。.

新しい!!: 掩蔽と9月19日 · 続きを見る »

9月27日

9月27日(くがつにじゅうななにち、くがつにじゅうしちにち)は、グレゴリオ暦で年始から270日目(閏年では271日目)にあたり、年末まであと95日である。.

新しい!!: 掩蔽と9月27日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

惑星食星食

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »