ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

接頭辞

索引 接頭辞

接頭辞(せっとうじ)とは、接辞のうち、語基よりも前に付くもの。接頭語(せっとうご)とも言う。.

65 関係: お母さん反物質否定大陸大新聞と小新聞対義語常識幹線人間保守化学接頭辞・接尾辞一覧ミリミリアモノラテン語ヘキサヘクトテトラ (曖昧さ回避)デュオデシ利子キロギリシア語クイントクォートセンチセント元素の系統名BI真人間結合辞異邦人異文化物質DecaDI音速西洋の命数法語基超大陸超音速軽自動車邦人自動車英語OCTSexTRIUNI...接尾辞接辞横浜未成年者月 (暦)成年新幹線新聞新横浜文化日本語旧世界12月9月 インデックスを展開 (15 もっと) »

お母さん

お母さん(おかあさん)とは、日本語で母親を呼ぶ最も一般的な親族呼称のひとつ。 江戸時代に上方の中流階級以上で使われ始め、明治36年(1903年)に尋常小学校の教科書に採用され急速に広まった。それ以前の江戸・東京では「おっかさん」が多かった。近年では代わりにママ(中国語ピン音:,, 英語: mama)と呼ぶ場合も多い。おかあさんは、花街で芸妓が用いる置屋の女主人の呼称でもある。.

新しい!!: 接頭辞とお母さん · 続きを見る »

反物質

反物質(はんぶっしつ、)は、ある物質と比して質量とスピンが全く同じで、構成する素粒子の電荷などが全く逆の性質を持つ反粒子によって組成される物質。例えば、電子はマイナスの電荷を持つが、反電子(陽電子)はプラスの電荷を持つ。中性子と反中性子は電荷を持たないが、中性子はクォーク、反中性子は反クォークから構成されている。.

新しい!!: 接頭辞と反物質 · 続きを見る »

否定

数理論理学において否定 (ひてい、Negation) とは、命題の真と偽を反転する論理演算である。否定は英語で Not であるが、Invert とも言われ論理演算ではインバージョン(Inversion)、論理回路では Not回路やインバータ回路(Inverter)とも呼ばれ入力に対して出力が反転する。 命題 P に対する否定を ¬P, P, !P などと書いて、「P でない」とか「P の否定」、「P 以外の場合」などと読む。 ベン図による論理否定(NOT).

新しい!!: 接頭辞と否定 · 続きを見る »

大陸

大陸と海洋 大陸を色分けで表した動画。様々な考え方を反映するために一部が統合または分割される。例として、ヨーロッパとアジアを合わせてユーラシアとして表した赤系統部分、南北アメリカを一つの大陸と考える緑系統部分がある。 ダイマクション地図では、少ないひずみで各大陸の形状が表現できる。 大陸(たいりく、)とは、地球の地殻上に存在する陸塊である。一般的にはユーラシア大陸・アフリカ大陸・北アメリカ大陸・南アメリカ大陸・オーストラリア大陸・南極大陸の6つの陸上部分を指すが、これは相対的な判断によるもので厳格な基準は設けられていない "Most people recognize seven continents—Asia, Africa, North America, South America, Antarctica, Europe, and Australia, from largest to smallest—although sometimes Europe and Asia are considered a single continent, Eurasia."。衝突や分裂など大陸の動きは、かつては大陸移動説として説明されたプレートテクトニクスで理論化され、地質学の研究課題となっている。.

新しい!!: 接頭辞と大陸 · 続きを見る »

大新聞と小新聞

大新聞(おおしんぶん)と小新聞(こしんぶん)は、明治時代初期(1870年代 - 1880年代)に行われた、新聞の二大別。知識階級を対象に政論を主体としたものを「大新聞」、庶民向けに娯楽記事を主体としたものを「小新聞」と呼んだ。後発の小新聞の方が大新聞より売れたので、大新聞も小新聞的記事を載せるようになり、小新聞も社会状況に遅れないよう論説などの記事を充実させたため、両者は次第に近付き、呼び分けも消滅した。現在の高級紙・大衆紙の別に近い。.

新しい!!: 接頭辞と大新聞と小新聞 · 続きを見る »

対義語

対義語(たいぎご/ついぎご、antonym)とは、意味が反対となる語や、意味が対照的になっている語。アントニム。反義語、反意語、反義詞、反対語、対語などともいう。「対義語」の対義語は「類義語」、「同義語」などである。.

新しい!!: 接頭辞と対義語 · 続きを見る »

常識

常識(じょうしき)は、社会の構成員が有していて当たり前のものとしている。また、客観的に見て当たり前と思われる行為、その他物事のこと。対義語は非常識(ひじょうしき)。社会に適した常識を欠いている場合、社会生活上に支障をきたすことも多い。社会によって常識は異なるため、ある社会の常識が他の社会の非常識となることも珍しくない。これは文化摩擦などとして表面化することもある。.

新しい!!: 接頭辞と常識 · 続きを見る »

幹線

幹線(かんせん)とは、電力網・通信網(電話網など)・交通網(道路網・鉄道網・航空網など)で、主要地点間を結び網の骨格をなす重要路線。.

新しい!!: 接頭辞と幹線 · 続きを見る »

人間

人間(にんげん、英: human beingジーニアス和英辞典「人間」)とは、以下の概念を指す。.

新しい!!: 接頭辞と人間 · 続きを見る »

保守

保守(ほしゅ)、または保守主義(ほしゅしゅぎ、conservatism)とは、従来からの伝統・習慣・制度・社会組織・考え方などを尊重し、革命などの急激な改革に反対する社会的・政治的な立場、傾向、思想などを指す用語、goo辞書。また、そのような政治的な立場を奉ずる人物、勢力をも保守、あるいは保守主義者(conservative)とよぶ。対比語は革新や急進主義、革命主義など。非社会主義国において保守主義は、左翼・右翼の政治的スペクトルでは、通常は右翼や右派に位置づけられる。.

新しい!!: 接頭辞と保守 · 続きを見る »

化学接頭辞・接尾辞一覧

化学接頭辞・接尾辞一覧(かがくせっとうじ・せつびじいちらん)は、化学で用いる接頭辞および接尾辞の一覧。 化学物質の詳しい命名法はIUPAC命名法を参照のこと。.

新しい!!: 接頭辞と化学接頭辞・接尾辞一覧 · 続きを見る »

ミリ

ミリ(milli, 記号:m)は国際単位系 (SI) における接頭辞の一つで、以下のように、基礎となる単位の 10−3倍(.

新しい!!: 接頭辞とミリ · 続きを見る »

ミリア

ミリア (myria) は、1935年までメートル法で使われていた、10.

新しい!!: 接頭辞とミリア · 続きを見る »

モノ

モノ.

新しい!!: 接頭辞とモノ · 続きを見る »

ラテン語

ラテン語(ラテンご、lingua latina リングア・ラティーナ)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派の言語の一つ。ラテン・ファリスク語群。漢字表記は拉丁語・羅甸語で、拉語・羅語と略される。.

新しい!!: 接頭辞とラテン語 · 続きを見る »

ヘキサ

ヘキサ.

新しい!!: 接頭辞とヘキサ · 続きを見る »

ヘクト

---- ヘクト(hecto, 記号:h)は国際単位系 (SI) における接頭辞の一つで、基礎となる単位の102(=100)倍の量であることを示す。 1795年の当初のメートル法で定められた6つの接頭辞の一つである。ヘクトは、ギリシャ語で「百」を意味する ἑκατόν に由来する。当時は、倍量の接頭辞はギリシャ語から、分量の接頭辞はラテン語から作成することとしていた。そこで、ギリシャ語の単語をフランス語風に変更して作られたのがヘクト (hecto) である。なお、フランス語ではエクトと発音する。1960年の第11回国際度量衡総会 (CGPM) でSIが制定される際に正式に承認された。 倍量の接頭辞の記号のほとんどは大文字であるが、ヘクトは小文字である。これは、倍量には大文字を使うという決まりができる前にすでにヘクトが定められており、すでに小文字で定着していたためである。大文字のHは、インダクタンスの単位のヘンリーであるため、混同を避けるためにもヘクトの記号は、原則として大文字を使用してはならない。 今日では、科学的な用途ではヘクトはほとんど用いられない。科学的な用途では、指数が3の倍数であるものの使用が好まれ、例えば2ヘクトメートルではなく200メートルまたは0.2キロメートルと書かれる。例外は圧力の単位ヘクトパスカル (hPa) と面積の単位ヘクタール (ha) である。前者はCGS単位系のバールをSI準拠のパスカルに置き替える際、それまでのミリバール (mbar, mb) と値を同じにするために導入されたものである。後者は、耕地などの面積を示すのにヘクタール (ha)(.

新しい!!: 接頭辞とヘクト · 続きを見る »

テトラ (曖昧さ回避)

テトラ(tetra)とは.

新しい!!: 接頭辞とテトラ (曖昧さ回避) · 続きを見る »

デュオ

デュオ (Duo、(デューオゥ)) - 英語で使われるduoは、元々ギリシア語で2を意味する言葉が語源である。.

新しい!!: 接頭辞とデュオ · 続きを見る »

デシ

デシ(deci, 記号: d)は国際単位系 (SI) における接頭辞の一つで、基礎となる単位の 10−1倍(.

新しい!!: 接頭辞とデシ · 続きを見る »

利子

利子(りし、interest)とは、貸借した金銭などに対して、ある一定利率で支払われる対価。 利息(りそく)と利子は通常同じ意味で使われるが、借りた場合に支払うものを利子、貸した場合に受け取るものを利息と使い分けることがある。また、銀行預金では利息と呼ぶ(ゆうちょ銀行では利子と呼ぶ)。法律用語としては利息を用いるのが通常である。 米の貸し借りの対価として支払われる「利子米(利米)」のように利子は金銭以外で支払われる場合もある。このような実物を対価とする利子を実物利子、金銭を対価とする利子を貨幣利子あるいは金利と呼ぶ。.

新しい!!: 接頭辞と利子 · 続きを見る »

キロ

(kilo, 記号:k)は国際単位系 (SI) における接頭辞の一つで、以下のように、基礎となる単位の103(=1000)倍の量であることを示す。記号は小文字の「k」である。.

新しい!!: 接頭辞とキロ · 続きを見る »

ギリシア語

リシア語(ギリシアご、現代ギリシア語: Ελληνικά, または Ελληνική γλώσσα )はインド・ヨーロッパ語族ヘレニック語派(ギリシア語派)に属する言語。単独でヘレニック語派(ギリシア語派)を形成する。ギリシア共和国やキプロス共和国、イスタンブールのギリシア人居住区などで使用されており、話者は約1200万人。また、ラテン語とともに学名や専門用語にも使用されている。省略形は希語。.

新しい!!: 接頭辞とギリシア語 · 続きを見る »

クイント

イント または クィント (Quint)とは、ラテン語で「5番目」の意味である。.

新しい!!: 接頭辞とクイント · 続きを見る »

クォート

ート(quart)は、ヤード・ポンド法における体積(容積)の単位である。液量にも乾量にも用いられる。 1クォートは2パイント、4クォートが1ガロン、8クォートが1ペックと定義される。quartという言葉はquarterと同根で「4分の1」という意味であり、ガロンの4分の1であることによる名称である。 他の体積の単位と同様、液量と乾量、アメリカとイギリス・カナダでその値が異なる(イギリス・カナダでは液量と乾量の単位を統一している)が、おおむね1リットルである。.

新しい!!: 接頭辞とクォート · 続きを見る »

センチ

ンチ(centi, 記号: c)は国際単位系 (SI) における接頭辞の一つで、基礎となる単位の 10−2倍(.

新しい!!: 接頭辞とセンチ · 続きを見る »

セント

ント.

新しい!!: 接頭辞とセント · 続きを見る »

元素の系統名

元素の系統名(げんそのけいとうめい)とは正式な名称が定まっていない新しい元素を呼ぶために、IUPACが1978年に系統的な命名規則を定めたものである。一般に新しく発見された元素は確認を経て正式名称が決定されるまでに時間がかかる。中には104番元素のラザホージウムのように論争が長期化し、発見の報告から正式名の決定までおよそ30年もかかった例もある。以下に解説する元素の系統名(もしくは組織名)は、正式な名称が決まるまでの間、元素を呼ぶときに一時的に用いられる名称である。原子記号は1、2、ないしは3文字の英字と定められている。 この規則は、104番元素についてアメリカとソ連(当時)が命名権を争った結果長期にわたって正式名称が決まらなかったために定められたものである。 この規則は1978年に定められ、その時点で正式な名称の定まっていなかった104番以降の元素に適用されてきた。2016年11月に118番元素までが命名されてからは、119番以降の元素に使用される。.

新しい!!: 接頭辞と元素の系統名 · 続きを見る »

BI

BI.

新しい!!: 接頭辞とBI · 続きを見る »

真人間

真人間(まにんげん).

新しい!!: 接頭辞と真人間 · 続きを見る »

結合辞

結合辞(けつごうじ)あるいは連結形(れんけつけい)とは、ある意味を表すが、普通は複合語の構成成分としてのみ用いられ、そのままの形の単語としては用いられない形態素のこと。特に、英語などのヨーロッパ語で、古典語(ラテン語、古典ギリシア語)に由来するものを指す。単なる派生ではなく独自の意味機能を持ち、また結合の組み合わせが限定される点で、接辞と異なる。ただし頻繁に用いられるため接辞のように扱われるものもある(-logy、-onymなど)。 例えば、Biography(伝記)はギリシア語に由来する bio-(生)と -graphy(記)という2つの結合辞をつないだものであり、Agriculture(農業)はラテン語結合辞の agri-(農)と -culture(耕)をつないだものである。bio- の -o-、agri- の -i- は、ギリシア語・ラテン語の幹母音と呼ばれる語幹末尾の母音(ただしこの形がそのまま語幹とは限らない)で、接合部を示す標識ともなっている。-graphy は -graph-(「書、描」)と -y(「すること」を表す接尾辞)からできている。 以上のように語頭または語末のいずれかにのみ用いられる結合辞が多いが、-graph- のようにどちらにも使える(graphology/monograph)ものもある。ギリシア語・ラテン語由来の結合辞が混成されることもある。例えば Television(テレビ)はギリシア語 tele-(遠)とラテン語 -vision(見)による(ギリシア語だけで造語すると Telescope「望遠鏡」となり意味が違う)。 現代では、ギリシア語・ラテン語以外の単語でも古典語のような結合辞に作り替えて用いる例が多い。例えば Russo-Japanese(日露)など2国名をつないだものが盛んに使われる。.

新しい!!: 接頭辞と結合辞 · 続きを見る »

異邦人

邦人(いほうじん).

新しい!!: 接頭辞と異邦人 · 続きを見る »

異文化

文化(いぶんか、Different culture)とは、ある人が所属する文化と異にする文化をさす。 どこまでを異にするということについては、民族の単位で見たり、地域の単位、果ては家族の単位で見るため、一概に言えない。しかし、宗教の相違、風俗の相違、人種の相違などで見られることが多い。経済・社会のグローバル化が進む今日、異文化を知ることは重要になってきている。.

新しい!!: 接頭辞と異文化 · 続きを見る »

物質

物質(ぶっしつ)は、.

新しい!!: 接頭辞と物質 · 続きを見る »

白(しろ)は、全ての色の可視光線が乱反射されたときに、その物体の表面を見た人間が知覚する色である。無彩色で、膨張色である。白色(ハクショク、しろいろ)は同義語。「無色」の意味に含まれることもある。.

新しい!!: 接頭辞と白 · 続きを見る »

Deca

* デ.

新しい!!: 接頭辞とDeca · 続きを見る »

DI

DI.

新しい!!: 接頭辞とDI · 続きを見る »

音速

緑線はより厳密な式(20.055 (''x'' + 273.15)1/2 )による。なお、331.5に替えて331.3を当てる場合もある。 音速(おんそく、speed of sound)とは、物質(媒質)中を伝わる音の速さのこと。物質自体が振動することで伝わるため、物質の種類により決まる物性値の1種(弾性波伝播速度)である。 速度単位の「マッハ」は、音速の倍数にあたるマッハ数に由来するが、これは気圧や気温に影響される。このため、戦闘機のスペックを表す際などに、標準大気中の音速 1225 km/h が便宜上使われている。なお、英語のsonicは「音の」「音波の」から転じて、音のように速い.

新しい!!: 接頭辞と音速 · 続きを見る »

西洋の命数法

西洋の命数法(せいようのめいすうほう)では西洋の諸言語における命数法について述べる。.

新しい!!: 接頭辞と西洋の命数法 · 続きを見る »

語基

語基(ごき)とは、.

新しい!!: 接頭辞と語基 · 続きを見る »

超大陸

超大陸(ちょうたいりく)は、地球表面上において大陸とみなされる陸塊を1つ以上含む非常に広大な陸のことをいう。 現在の「大陸」のうちの1つ以上を含んでいることを指す。大陸や亜大陸の定義が任意であるため、超大陸の定義も任意である。.

新しい!!: 接頭辞と超大陸 · 続きを見る »

超音速

超音速(ちょうおんそく、supersonic speed)とは、媒質中で移動する物体と媒質の相対速度が、その媒質における音速を超えること、およびその速度を指す。 音速との比であるマッハ数を使えば、マッハ数が1より大きいとも定義できる。 ただし、速度単位としてのマッハは対気速度で気温や気圧によって変化する。便宜上、超音速機のカタログスペックにおいては、対地速度1225km/h(340.31m/s、15℃・1気圧)をマッハ1とすることが多いが、この場合は物理現象としての音速・超音速とは扱いが異なる。.

新しい!!: 接頭辞と超音速 · 続きを見る »

軽自動車

軽自動車(けいじどうしゃ)とは、現行の道路運送車両法からすれば、日本の自動車の分類の中で最も小さい規格に当てはまる、排気量660cc以下の三輪、四輪自動車のこと。125cc超250cc以下の二輪車も指す。自動車は軽三輪、軽四輪、二輪車は軽二輪ともいう。 元来は日本国外のなどの一種であったが、現在はより本格的な自動車として別種のものと認識されている。 また英語版記事「A-segment」の記述を見る限り、軽自動車は国際的にはAセグメントの一種と見なされている模様である。.

新しい!!: 接頭辞と軽自動車 · 続きを見る »

邦人

邦人(ほうじん).

新しい!!: 接頭辞と邦人 · 続きを見る »

自動車

特殊作業車の例(ダンプカー) 自動車(じどうしゃ、car, automobile)とは、原動機の動力によって車輪を回転させ、軌条や架線を用いずに路上を走る車のこと。.

新しい!!: 接頭辞と自動車 · 続きを見る »

英語

アメリカ英語とイギリス英語は特徴がある 英語(えいご、)は、イ・ヨーロッパ語族のゲルマン語派に属し、イギリス・イングランド地方を発祥とする言語である。.

新しい!!: 接頭辞と英語 · 続きを見る »

OCT

OCT.

新しい!!: 接頭辞とOCT · 続きを見る »

Sex

Sex、セッ.

新しい!!: 接頭辞とSex · 続きを見る »

TRI

TRI, Tri.

新しい!!: 接頭辞とTRI · 続きを見る »

UNI

記載なし。

新しい!!: 接頭辞とUNI · 続きを見る »

暦(こよみ、れき)とは、時間の流れを年・月・週・日といった単位に当てはめて数えるように体系付けたもの。また、その構成の方法論(暦法)や、それを記載した暦書・暦表(日本のいわゆる「カレンダー」)を指す。さらに、そこで配当された各日ごとに、月齢、天体の出没(日の出・日の入り・月の出・月の入り)の時刻、潮汐(干満)の時刻などの予測値を記したり、曜日、行事、吉凶(暦注)を記したものをも含める。 細分すると、.

新しい!!: 接頭辞と暦 · 続きを見る »

接尾辞

接尾辞(せつびじ)とは、接辞のうち、語基の後ろに付くもの。接尾語(せつびご)とも言うが、接尾辞は語ではない。.

新しい!!: 接頭辞と接尾辞 · 続きを見る »

接辞

接辞(せつじ、affix)とは、文法的な機能を担い、それ自体では語として自立しえない形態素のことである。.

新しい!!: 接頭辞と接辞 · 続きを見る »

横浜

横浜、橫濱(よこはま).

新しい!!: 接頭辞と横浜 · 続きを見る »

未成年者

未成年者(みせいねんしゃ)は、まだ成年に達しない者のこと。.

新しい!!: 接頭辞と未成年者 · 続きを見る »

月 (暦)

月(つき、がつ、げつ、month)は、時間の単位の一つ。年と日の中間にある単位で岡田ら (1994)、pp.70-72、四季と暦、月と暦、一年を12分した日数である。現在世界で標準的に用いられるグレゴリオ暦は修正元のユリウス暦の月を汲み、1か月の日数は30もしくは31日を基本とし、2月のみ通常は28日、4年に1度(ただし400年間に3回例外を置く)の閏年には29日としている池内 (1999)、3.俺は北極星のように不動だ、pp.44-47、改暦の歴史。.

新しい!!: 接頭辞と月 (暦) · 続きを見る »

成年

成年(せいねん)または成人年齢(せいじんねんれい)は、法的には、単独で法律行為が行えるようになる年齢のこと。 一般社会においては、身体的、精神的に十分に成熟している年齢を指すことが多い。.

新しい!!: 接頭辞と成年 · 続きを見る »

新幹線

500系、300系 E1系 旅客用時刻表に付属した、1964年10月1日より有効の英語版国鉄路線図。東海道新幹線が赤色の線で示されている 新幹線(しんかんせん)は、JRグループ各社当初はJR東日本、JR東海、JR西日本のみ。2004年(平成16年)からはJR九州、2016年(平成28年)からはJR北海道も運営開始。JR四国は新幹線を運営していない。が運営している日本の高速鉄道である。1987年(昭和62年)までは日本国有鉄道(国鉄)が運営していた。.

新しい!!: 接頭辞と新幹線 · 続きを見る »

新聞

新聞(しんぶん)は、事件、事故や政治や経済や芸能やスポーツや国際情勢などの動向などのニュースを報じるためのメディアで、記事文章や写真、図面などが紙(新聞紙)に印刷され綴じていないものである。 「ポスト」を名に冠する新聞が存在しているのは、帝国郵便が自前の新聞を発行していたことに由来する。.

新しい!!: 接頭辞と新聞 · 続きを見る »

新横浜

新横浜(しんよこはま)は、横浜市港北区にある新横浜駅を中心とする地域及び地名である。狭義の地名としては、新横浜一丁目から三丁目まである。住居表示未実施区域。郵便番号は222-0033。広義には、新横浜北部地区・新横浜長島地区・新横浜南部地区、大豆戸(まめど)町の環状2号沿いも含む。略称は新横(しんよこ)。 新横浜区域は、横浜市における都心(ツインコア)の一つである新横浜都心に指定されている。都心としての新横浜には、上記3地区に城郷地区(小机駅周辺地区)、羽沢地区(羽沢駅(仮称)周辺地区)、新羽地区(新羽・北新横浜駅周辺地区)が加わる。.

新しい!!: 接頭辞と新横浜 · 続きを見る »

文化

文化(ぶんか、)にはいくつかの定義が存在するが、総じていうと人間が社会の成員として獲得する振る舞いの複合された総体のことである。社会組織(年齢別グループ、地域社会、血縁組織などを含む)ごとに固有の文化があるとされ、組織の成員になるということは、その文化を身につける(身体化)ということでもある。人は同時に複数の組織に所属することが可能であり、異なる組織に共通する文化が存在することもある。もっとも文化は、次の意味で使われることも多い。.

新しい!!: 接頭辞と文化 · 続きを見る »

日本語

日本語(にほんご、にっぽんご「にっぽんご」を見出し語に立てている国語辞典は日本国語大辞典など少数にとどまる。)は、主に日本国内や日本人同士の間で使用されている言語である。 日本は法令によって公用語を規定していないが、法令その他の公用文は全て日本語で記述され、各種法令において日本語を用いることが規定され、学校教育においては「国語」として学習を課されるなど、事実上、唯一の公用語となっている。 使用人口について正確な統計はないが、日本国内の人口、および日本国外に住む日本人や日系人、日本がかつて統治した地域の一部住民など、約1億3千万人以上と考えられている。統計によって前後する場合もあるが、この数は世界の母語話者数で上位10位以内に入る人数である。 日本で生まれ育ったほとんどの人は、日本語を母語とする多くの場合、外国籍であっても日本で生まれ育てば日本語が一番話しやすい。しかし日本語以外を母語として育つ場合もあり、また琉球語を日本語と別の言語とする立場を採る考え方などもあるため、一概に「全て」と言い切れるわけではない。。日本語の文法体系や音韻体系を反映する手話として日本語対応手話がある。 2017年4月現在、インターネット上の言語使用者数は、英語、中国語、スペイン語、アラビア語、ポルトガル語、マレー語に次いで7番目に多い。.

新しい!!: 接頭辞と日本語 · 続きを見る »

旧世界

旧世界(きゅうせかい)は、アフロ・ユーラシア大陸(ヨーロッパ・アジア・アフリカ)及びこれらの周辺島嶼部である。旧大陸(きゅうたいりく)ともいう。 クリストファー・コロンブスによるアメリカ大陸の発見以前にヨーロッパの人々に存在が知られていた地域のことで、アメリカ大陸およびその後に発見されたオーストラリア大陸のことを新世界(新大陸)と総称したのに対する呼称である。.

新しい!!: 接頭辞と旧世界 · 続きを見る »

12月

12月(じゅうにがつ)は、グレゴリオ暦で年の第12の月(最後の月)に当たり、31日ある。 日本では、旧暦12月を「師走」、「師馳」(しわす・しはす)又は「極月」(きわまりづき・ごくげつ・ごくづき)と呼んできた。 今では「師走」及び「極月」は、新暦12月の別名としても用いられる。 英語での月名 December は、「10番目の月」の意味で、ラテン語で「第10の」という意味の「decem」の語に由来している。 実際の月の番号とずれているのは、紀元前46年まで使われていたローマ暦が3月起算で(そのため年末の2月は日数が少ない)、3月から数えて10番目という意味である。 グレゴリオ暦の12月1日はその年の9月1日と同じ曜日になる(→365日)。 明治時代に日本が太陰暦から太陽暦に変更した際に、政府が年末の給料を削減するために12月の日数を2日とした(明治5年12月2日の翌日を明治6年1月1日とした)。.

新しい!!: 接頭辞と12月 · 続きを見る »

9月

9月(くがつ)はグレゴリオ暦で年の第9の月にあたり、30日ある。 日本では、旧暦9月を長月(ながつき)と呼び、現在では新暦9月の別名としても用いる。長月の由来は、「夜長月(よながつき)」の略であるとする説が最も有力である。他に、「稲刈月(いねかりづき)」が「ねかづき」となり「ながつき」となったという説、「稲熟月(いねあがりづき)」が略されたものという説がある。また、「寝覚月(ねざめつき)」の別名もある。 9月はその年の12月と同じ曜日で始まるのと同じである。 英語での月名 September は、ラテン語表記に同じで、これはラテン語で「第7の」という意味の「septem」の語に由来しているのに不一致が生じているのは、紀元前153年に、それまで3月を年の始めとしていた慣例を1月に変更したにもかかわらず、名称を変えなかった為であり、7月と8月にローマ皇帝の名が入ってずれたというのは俗説である。これは7月がガイウス・ユリウス・カエサルによって「Julius」に改める以前は「Quintilis」といい、これがラテン語で「第5の」という意味の「quintus」の語に由来していて、既にずれが発生していたことからもわかる。 日本の学校年度や会計年度は大半が4月始まりであるが、世界に目を向けると9月を採用している国が多い。(アメリカ合衆国、カナダ、ヨーロッパ、中華人民共和国など).

新しい!!: 接頭辞と9月 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

ペンタプレフィックス接頭詞接頭語

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »