ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

索引 扉

ヴッパータール市) 扉(とびら)、ドア(英: door)とは一般に建物(家屋など)やその内部の部屋、自動車・鉄道車両・航空機などの乗り物の出入口につけられる建具である。戸(と)とも言うが、扉は開き戸、戸は引き戸の事を指す事が多い​​。ドアという言葉も開き戸に対して使われ、通常は引き戸の事はドアとは言わない。 人や物の出入りを主目的しない建物の開口部は窓に分類する。人や物が出入りをするフランス窓、吐き出しなどをどう分類するとよいかは業界や立場によって異なる。扉に取り付けた飼い犬や飼い猫などが通るための押し開き式の小さな扉は「ペットドア」という。自動車業界では室内の扉や戸を全てドアと呼ばれ、後部のハッチや後部座席の引き戸もドアである。カメラなどの小型の物の開口部もドアと呼ばれる場合も有る。 なお、収納用の家具で物を出し入れする部分に取り付けられる開閉式の板も扉という。戸棚、押入れが典型的である。.

72 関係: 客車家屋容器川嶋あい三和シヤッター工業交通事故建具圧力地震ペットドアナブテスコノンステップバスバルブバス (交通機関)ユニットバスユニフローラッチリンク機構ボトルネックトヨタ自動車プラグドアパニックフルテックホームドア呼び鈴インターホンエレファントカシマシエアロックガルウィングドアスライドドアスイングドア全国FM放送協議会動力国鉄キハ35系気動車火災火災報知機災害群集事故蝶番観光バス観音開き路線バス車椅子軌跡 (数学)軌条部屋...都市新バスシステム航空機開口部 (建築)自動自動ドア自動車鉄道車両英語集合住宅LIXILLIXILグループLIXIL鈴木シャッターYKK AP押入れ東京ドーム東洋シヤッター戸袋文化シヤッター日本シャッター製作所支点 インデックスを展開 (22 もっと) »

壁(かべ、wall)とは、家の四方を囲うもの、または室と室の隔てとなるもの。建物の仕切りとなる平板状の部分ブリタニカ百科事典【壁】。.

新しい!!: 扉と壁 · 続きを見る »

客車

客車(きゃくしゃ)とは、主に旅客を輸送するために用いられる鉄道車両である。座席車と寝台車を中心とするが、展望車、食堂車、荷物車、郵便車なども構造的には共通であり、旅客車と一体での運用も多いことから、これらも客車に分類される。 狭義では、機関車などにより牽引される無動力(動力集中方式)の旅客車両を指す。電車や気動車とは区別される。本稿では狭義の客車について記す。 同じく機関車に牽引される車両の中でも、貨物を運ぶ車両は貨車といい、客車とは区別される。.

新しい!!: 扉と客車 · 続きを見る »

家屋

家屋(かおく)は、人が居住する建築物のこと。家(いえ)、住宅(じゅうたく)。.

新しい!!: 扉と家屋 · 続きを見る »

容器

容器(ようき)とは、物を入れる器のこと。「入れ物」とも言う。.

新しい!!: 扉と容器 · 続きを見る »

川嶋あい

川嶋 あい(かわしま あい、本名: 川島 愛、1986年2月21日 - )は、日本の女性シンガーソングライター。歌手になることを目指して2002年から始めた路上ライブは2005年に1,000回に達し、「路上の天使」と呼ばれた。2003年にI WiSHのボーカルとしてデビューし「明日への扉」がヒット。ソロでの代表曲は「見えない翼」「My Love」など。透明感のある声は「天使の歌声」と称される。阪神・淡路大震災の被災地での無料ライブや発展途上国での学校建設支援など社会貢献活動にも取り組んでいる。福岡県福岡市早良区出身。つばさエンタテインメントグループのダブルウィング所属。.

新しい!!: 扉と川嶋あい · 続きを見る »

三和シヤッター工業

三和シヤッター工業株式会社(さんわシャッターこうぎょう)は、シャッター等の建材メーカー。 シャッター、ビル・マンション用ドア、アルミフロントでは、業界第1位である(第2位は文化シヤッター、第3位は東洋シヤッター)。 商号(社名)の『三和』とは、会社設立時の事業所を尼崎市の三和本通商店街に置いたことが命名理由。なお、同社は商号の表記において、シャッターの拗音「ャ」を大書きした「シヤッター」を採用しているが、発音は「シャッター」である。.

新しい!!: 扉と三和シヤッター工業 · 続きを見る »

交通事故

木に正面衝突した単独事故 横転したトラックミキサ 交通事故(こうつうじこ)とは、広義には陸上・海上・航空交通における事故の総称をいう。交通安全の施策や統計などでは道路交通事故のほか、鉄道交通事故、海上交通事故、航空交通事故などを含む広い意味で用いられる場合もある。一般的には道路における自動車・自転車・歩行者などの間に発生した道路交通事故を指すことが多い。 以下では基本的に道路交通事故について記述する。踏切事故を含む鉄道の事故は鉄道事故、船舶の事故は海難事故・水難事故(川下りなど)、航空機の事故は航空事故の項をそれぞれ参照。.

新しい!!: 扉と交通事故 · 続きを見る »

建具

建具(たてぐ)は、建築物の開口部に設けられる開閉機能を持つ仕切り。おもに壁(外周壁や間仕切壁)の開口部に取り付けられて扉や窓として用いられることが多い。用途は、出入口、通風口、採光、遮音、防犯など多岐にわたり、それぞれさまざまなタイプの建具が用いられている。.

新しい!!: 扉と建具 · 続きを見る »

弧(こ、arc).

新しい!!: 扉と弧 · 続きを見る »

圧力

圧力(あつりょく、pressure)とは、.

新しい!!: 扉と圧力 · 続きを見る »

地震

地震(じしん、earthquake)という語句は、以下の2つの意味で用いられる日本地震学会地震予知検討委員会(2007)。.

新しい!!: 扉と地震 · 続きを見る »

ペットドア

ペットドアをくぐる黒猫 センサーを備えたペットドア ペットドア(Pet Door)は犬、猫などのペット用の出入り口ドア。猫扉、猫ドアとも呼ばれる。一般に、引き戸や開き戸の下部に開口部を設けて設置する。 ペットドアは、部屋のドアを半開きにしなくてもペットの出入りが出来るようになっており、人間用の扉を操作できないペットが自由に出入りできるよう配慮されたものである。また、暖房や冷房などで戸外との温度差がある場合、この開口部から戸外の冷気・熱気が出入りしては具合が悪いため、のれん状のものがペットドア上部に取り付けられ、ペットの出入りが無いときは蓋となって部屋の空気を保つことが出来るよう設計されている。 しかし、防犯面などから戸外と屋内をつないでいる扉への使用は危険なケースもあり、それ以外にも野生動物などの闖入といった問題も発生しうる。このため近年では、自身では鍵の付いた扉を操作できないペットのために、首輪などの形で「出入りが許可されたペット」とそれ以外を識別し、自動的にロックが外れる製品も登場している。 Category:建具 Category:扉 Category:ペット.

新しい!!: 扉とペットドア · 続きを見る »

ナブテスコ

ナブテスコ株式会社(Nabtesco Corporation)は、日本の機械メーカー。.

新しい!!: 扉とナブテスコ · 続きを見る »

ノンステップバス

ノンステップバスの例(日産ディーゼル・スペースランナーRA。東急バス) ノンステップバスの車内(標準仕様認定車両) ノンステップバスの中扉付近(手前の板は車いすスロープ) 前後車軸間に車椅子乗車スペースを兼ねた折り畳み座席が設置される ノンステップバス(和製英語: Non step Bus)とは、出入口の段差を無くして乗降性を高めた低床バス(low-floor bus)の日本における呼称である。バス事業者や行政機関によっては超低床バス、超低床ノンステップバスとも称される。.

新しい!!: 扉とノンステップバス · 続きを見る »

バルブ

バルブ(valve)は、液体や気体の配管など、流体が通る系統において設けられる流れの方向・圧力・流量の制御を行う機器の総称石福昭監修・中井多喜雄著 『建築設備用語辞典』技報堂出版 p.563 1998年。特に用途や種類などを表す修飾語が付く場合には「弁(べん)」という語が用いられる。この「弁」の元の用字は“瓣”すなわち花弁・はなびらを意味する。 手動操作バルブのほか、電動弁など動力化により遠隔操作可能なバルブもある。また、一部の工場作業者はベルブと言い換える場合がある。 バルブには、流体の種類(液体、気体)、性質(可燃性、毒性、腐食性、圧力、温度)、特性、さらには、バルブ本体の材料(金属、非金属)により、豊富な種類の構造のものがある。一般生活においては水道、ガス、給湯器などの家庭用や、タンクや、ボンベを初めとした産業設備、金管楽器等に使用されている。 イギリス英語においては真空管を、電気信号の開閉スイッチの役割を果たすことから thermionic valve, radio valve と呼んでいる。.

新しい!!: 扉とバルブ · 続きを見る »

バス (交通機関)

バス(bus)は、大量の旅客輸送を目的に設計された乗り物である。 最も一般的なバスはのであり、より大規模な積載人数のおよび連節バス、より小規模な積載人数のおよびマイクロバス、長距離サービスにはが用いられる。 都市交通バスおよび都市間バスのように、多くの種類のバスが運賃を設定する。一方、小学校および中学校のスクールバス又は中等後教育キャンパスのシャトルバスは運賃を設定しない。多くの法域において、バスの運転士になるには通常の運転免許に加え、特別な免許が要件とされる。.

新しい!!: 扉とバス (交通機関) · 続きを見る »

ユニットバス

ユニットバスの内部。壁と浴槽が一体成形されている。 ホテルヴィラフォンテーヌ心斎橋内の3点ユニット ユニットバスとは、工場などで予め防水性の高い素材を用いて天井・浴槽・床・壁などを成型しておき、現場に搬入した後にそれらを組み立てる浴室のことである リプロス フラットエージェンシー ビッグ。間取図などで用いられる記号はUB。.

新しい!!: 扉とユニットバス · 続きを見る »

ユニフロー

株式会社ユニフローは、東京都品川区に本社を置く業務用ドア・シャッターを製造販売する企業である。 スーパーマーケットなどの商業店舗で見られる、売場とバックヤードを間仕切るスイングドアと呼ばれる扉(多くはアルミやステンレスで作られた自閉式の扉。海外ではswing doorまたはtraffic door)の国内最大手。市場シェアは、公称で80%である。 米国製の全自動製氷機を主とする輸入販売業として発足したが、同じく輸入商品であったスイングドアで成功したのをきっかけにメーカーに転じた。現在は自社生産しているスイングドアやシートシャッターをはじめ、軽量引戸や住宅用金具など扱い製品を広げている。 ちなみに「ユニフロー」の社名は、創業当初に扱っていた製氷機のブランド名が由来とされる。.

新しい!!: 扉とユニフロー · 続きを見る »

ラッチ

ラッチ().

新しい!!: 扉とラッチ · 続きを見る »

リンク機構

4つの節と1つの自由度を持つプライヤの例。調整用のねじを考慮すれば5つの節と2つの自由度を持つ。 リンク機構(リンクきこう)とは複数のリンクを組み合わせて構成した機械機構のことである。.

新しい!!: 扉とリンク機構 · 続きを見る »

ボトルネック

ボトルネック概念図 ボトルネック (bottleneck) とは、システム設計上の制約の概念。英語の「瓶の首」の意。一部(主に化学分野)においては律速(りっそく、「速さ」を「律する(制御する)」要素を示すために使われる)、また『隘路(あいろ)』と言う同意語も存在する。 80-20の法則などが示すように、物事がスムーズに進行しない場合、遅延の原因は全体から見れば小さな部分が要因となり、他所をいくら向上させても状況改善が認められない場合が多い。このような部分を、ボトルネックという。 瓶のサイズがどれほど大きくても、中身の流出量・速度(スループット)は、狭まった首のみに制約を受けることからの連想である。 ボトムネックは誤記。.

新しい!!: 扉とボトルネック · 続きを見る »

トヨタ自動車

トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 トヨタグループ全体の2017年の世界販売台数は約1038万台で3位、トヨタブランド単独では約847万台で世界第1位である。またインターブランドジャパンの調査による、世界展開している日本企業のブランド価値ランキングで10年連続1位を獲得している。 本社が位置する豊田市は、奈良時代から約1,300年間「挙母(ころも、挙母市)」と称された地名を1959年に「豊田(豊田市)」へ改称することを市議会で決議し、本社所在地の表示が「挙母市大字下市場字前山8番地」から「豊田市トヨタ町1番地」に変更された。日本の企業城下町で、市名に企業名が採られた稀な事例である。.

新しい!!: 扉とトヨタ自動車 · 続きを見る »

プラグドア

鉄道車両の側扉に採用されたスライド式プラグドアの例(JR東海371系電車)。リンク機構式は前面への使用例も多い。 バスのプラグドアの例 プラグドアとは、ドアの形式のひとつであり、通常の引き戸とちがい、締め切った状態で車体外壁と面一になるものをいう。プラグとは「栓」という意味である。 一般的には鉄道車両やバス車両で用いられるものを指す。近年は建築用途のものも登場している。.

新しい!!: 扉とプラグドア · 続きを見る »

パニック

1873年恐慌で銀行に殺到する人々 パニック (panic) とは、個人または集団において突発的な不安や恐怖(ストレス)による混乱した心理状態、またそれに伴う錯乱した行動を指す。恐慌とも言う。動物の同種行動に関しては、暴発行動とも呼ばれる。.

新しい!!: 扉とパニック · 続きを見る »

フルテック

フルテック株式会社は自動ドア装置などの販売代理店である。北海道・東北・関東地方全域を営業範囲とする。 自動ドアの他、ステンレス建具・分煙機トルネックス・遮煙スクリーン-ファイヤーブロック等を取り扱い品目としている。.

新しい!!: 扉とフルテック · 続きを見る »

ホームドア

勝利公園駅にある世界初のホームドア ホームドアまたはスクリーンドアとは、鉄道駅でプラットホームの線路に面する部分に設置される、可動式の開口部を持った仕切りである。 ホームからの転落や列車との接触事故防止などを目的とした安全対策の一つである。なお、「ホームドア」は和製英語であり、英語では ''Platform screen door'' または''Automatic platform gate'' と呼ばれる。.

新しい!!: 扉とホームドア · 続きを見る »

呼び鈴

呼び鈴(よびりん)とは、ホテルやレストラン等や、住宅の玄関や門に設置し、訪問者(お客)が居住者(従業員)を呼び出すために使われる装置のことである。 特に住居等の場合は、ドアチャイムとも呼ばれる。戸建て住宅では既にドアホン(ビデオモニター付インターホン)が主流になっており、アパート以外では減少傾向である。.

新しい!!: 扉と呼び鈴 · 続きを見る »

インターホン

インターホンは、建物などに設置される構内専用の電話である。法的には有線電気通信法および有線放送電話に関する法律の規制が適用されないものをさす。本項目では鉄道車両において乗務員間の連絡や乗客・乗務員の連絡用のインターホンについても解説する。 狭い意味では、内線電話と区別する意味で交換設備や専用線の接続されていないものをいう。広い意味では、NTTなどの公衆交換電話網に接続せず住宅・事業所・船舶・航空機等の構内回線のみで通話が可能な通信設備一般を言う。 なお、「インターホン」は和製英語であり、日本語では高声電話機という。英語ではintercom(インターカム、インターコム)という。フランス語では「interphone」と綴るほか、英語圏でもinterphoneと綴ることがある。.

新しい!!: 扉とインターホン · 続きを見る »

エレファントカシマシ

レファントカシマシ(THE ELEPHANT KASHIMASHI、ELEPHANT KASHIMASHI)は、日本のロックバンドである。1981年結成。.

新しい!!: 扉とエレファントカシマシ · 続きを見る »

エアロック

アロック(英語: airlock)とは、圧力容器内の気圧低下と空気の損失を最小限にしつつ、人間や物体などを圧力容器の内外に通過させる装置である。エアロックは2枚の気密扉が順に並んでいて、それらが同時には開かないようになっている。気閘(きこう)とも呼ばれる。.

新しい!!: 扉とエアロック · 続きを見る »

ガルウィングドア

モメの翼 ガルウィングドア(gull wing door )とは自動車などのドアの開閉方式の1つである。「ガルウィング」は「カモメの翼」の意味。.

新しい!!: 扉とガルウィングドア · 続きを見る »

スライドドア

ライドドアは、自動車の乗降用ドアの一種。 通常のヒンジドアは、支点を中心に外へスイングして開閉するが、スライドドアは、車のボディーに平行に開閉する。.

新しい!!: 扉とスライドドア · 続きを見る »

スイングドア

イングドア(英:Swing door,Traffic door)は、ヒンジ(蝶番)を軸にドアパネルが前後両方向に回動開閉するドアのことを称する。 この項では、スーパーマーケットをはじめとする商業店舗や工場において間仕切として使用される建具である「スイングドア」について解説する。.

新しい!!: 扉とスイングドア · 続きを見る »

全国FM放送協議会

全国FM放送協議会(ぜんこくエフエムほうそうきょうぎかい、英称:JAPAN FM NETWORK ASSOCIATION)は、日本の民間放送ラジオのネットワークでの1つである。通称はJAPAN FM NETWORK(ジャパン・エフエム・ネットワーク、略称:JFN)。会長は冨木田道臣(株式会社エフエム東京代表取締役会長)。.

新しい!!: 扉と全国FM放送協議会 · 続きを見る »

動力

動力(どうりょく、power)とは、機械等を動かすために必要となるエネルギーのこと。「動力性能」という語があるが、その場合は仕事率を指すことが多い。.

新しい!!: 扉と動力 · 続きを見る »

国鉄キハ35系気動車

ハ35系気動車(キハ35けいきどうしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)が1961年(昭和36年)から非電化通勤路線向けに製造した通勤輸送用の気動車である。 この呼称は、車両形式称号規程に則った制式のものではないが、同一の設計思想によって製造された気動車のグループを便宜的に総称したものである。具体的には、キハ35形・キハ36形・キハ30形およびこれらの改造車を指す。.

新しい!!: 扉と国鉄キハ35系気動車 · 続きを見る »

火災

火災(かさい)とは、火による災害である。一般的には火事(かじ)ともいう。また、小規模な火災のうちに消し止められたものは小火(ぼや)、焼失面積が大きく被害が甚大なものは大火(たいか)ともいう。被害は有形財産の焼失はもとより、怪我人や死者がでることも頻繁にある。.

新しい!!: 扉と火災 · 続きを見る »

火災報知機

火災報知機(かさいほうちき)は感知器によって火災を感知若しくは火災を発見した人間が発信機を操作することで警報を発したり、消防機関に通報する機器の総称である。自動火災報知設備や住宅用火災警報器、消防機関に通報する火災報知設備がこれに含まれる。なお、一般に火災報知器と表記されることがあるが、日本の消防法規および業界団体では火災報知機と表記している。.

新しい!!: 扉と火災報知機 · 続きを見る »

災害

自然的な要因による災害の例(1991年、フィリピン・ピナツボ火山の噴火による火山灰での被害) 人為的な原因による災害の例(1952年、ロンドンスモッグによる大気汚染の被害) 災害(さいがい、英: disaster)とは、自然現象や人為的な原因によって、人命や社会生活に被害が生じる事態を指す林春夫「災害をうまくのりきるために -クライシスマネジメント入門-」、『防災学講座 第4巻 防災計画論』、134頁。後藤・高橋、2014年、19頁。。.

新しい!!: 扉と災害 · 続きを見る »

窓(部屋の中から) 窓(部屋の外から) 窓(まど)とは、採光、通風、眺望といった目的のために日常は人の出入りに供さない開口部に設置される可動型もしくははめ込み型の建具 特許庁。部屋や廊下などの建物の外壁部分や屋根などに設けられる。近代化された建物ではガラス戸などが取り付けられていることが多い。また、ステンドグラスなどの高度な装飾が施されることもある。自動車や鉄道車両などの車体、航空機の機体などにも設けられる(なお、自動車の窓についてはパワーウィンドウ、三角窓も参照)。.

新しい!!: 扉と窓 · 続きを見る »

群集事故

群集事故(ぐんしゅうじこ)とは無秩序な集団(人の集まり)によって発生する事故の形態である。災害によって誘発されたパニックの際に発生しやすいことはよく知られるが、パニック状態ではないときに発生することもある。.

新しい!!: 扉と群集事故 · 続きを見る »

典型的な鍵 鍵(かぎ、キー、Key)は錠前(ロック、Lock)を解錠する(操作する)ための器具である。鍵と錠前は扉や物品などに取り付けて、鍵を開けられる人間以外の使用を制限するための道具。人身や財産の保護、保安などの目的で用いる。典型的な鍵(右図)は、錠前の鍵穴に差し込まれる個々に形状の異なるブレード部分と、鍵穴には入らず手でつまんでブレードを回転させるのに使う頭部から成る。ブレード部は一般に一つまたは少数の特定の錠前にしか合わない。 日常会話では、鍵と錠前をまとめて「かぎ」と呼ぶ場合が多い(例: 「かぎを掛ける」)が、本頁では主に鍵自体について記述する。 鍵は、建物や自動車といった財産について、完全ではないが(ピッキング行為参照)安価なアクセス制御手段を提供する。そのため、鍵は現代の先進地域ではありふれたものであり、世界的にもよく使われている。.

新しい!!: 扉と鍵 · 続きを見る »

蝶番

蝶番(ちょうつがい、hinge)とは、開き戸・開き蓋などの開く建具を支え開閉できるようにする部品である。建築業界では丁番の表記、「ちょうばん」の読み方が主流である。英語のhingeからヒンジの呼称も使用される。.

新しい!!: 扉と蝶番 · 続きを見る »

観光バス

観光バス(かんこうバス)は、観光を主目的としたバスの総称。団体での貸切運行を行う貸切バス(かしきりバス)や、乗合バスによる定期観光バスがある。 ここでは、特記ない限り、日本国内の観光バス(道路運送法に規定される「一般貸切旅客自動車運送事業」の形態として運行されるバス)または特定バス(道路運送法に規定される「特定旅客自動車運送事業」の形態として運行されるバス)について記述する。.

新しい!!: 扉と観光バス · 続きを見る »

観音開き

観音開き扉の例 木造弥勒菩薩半跏像(興福寺)を収める厨子の観音開き扉 フレンチウィンドウの例 観音開き(かんのんびらき)は、両開きの一種で、2枚の戸またはそれに類似したものが、それぞれ左右の端部を軸に、中央から左右に回転する開き方である。また、そのような方法で開閉する扉等も指す。.

新しい!!: 扉と観音開き · 続きを見る »

路線バス

路線バス(ろせんバス)とは、一般道路を主体に路線を設定して運行されるバス。高速道路を主体に走行する長距離路線バス(都市間高速バス)については、「高速バス」も併せて参照。.

新しい!!: 扉と路線バス · 続きを見る »

車椅子

一般的な車椅子。公共の施設などでの車椅子利用者のために設けられたスペースの一例。詳しくは車椅子スペース参照 国際シンボルマーク(International Symbol of Access)。車椅子に限らず、障害者全般が利用できる施設である事を示す。ピクトグラムを参照 車椅子(くるまいす、wheelchair)とは、身体の機能障害などにより歩行困難となった者の移動に使われる福祉用具。日本の道路交通法では、そもそも「車両」とは異なり、「身体障害者用の車いす」として扱われ、さらに通行のために供されている物、つまり通行中に限っては歩行者として扱われる。一般的なものは、椅子の両側に自転車に似た車輪が1対、足元にキャスター(自在輪)が1対の、計4輪を備える。 筋力などの理由により一般的なものの利用が困難な場合、「電動車いす」の利用が検討される。こちらは動力に電動モーターを使用したものであるが、いわゆる「セニアカー(シニアカー)」などと呼称されるものとは構造が異なる。そのほかにも、重度な障害者向けにストレッチャーのような形態のものや、各種障害者スポーツに特化したものも存在しており、以下、該当項目を参照して欲しい。 かつて長期にわたり「椅」(い)が常用漢字外であった常用漢字外だったのは2010年11月30日まで。こともあり、日本の法令では「椅子」を平仮名にした車いすと表記されているほか、法令以外でも車いすの表記が用いられることも多い。 使用者として、身体障害者の内でも下肢障害者が思い浮かべられるが、脳性まひなどによる不随意運動やパーキンソン病などによる振戦により身体の動作がうまくいかない場合や、内部疾患(心臓や呼吸器)により中長距離の歩行が困難な者、加齢による筋力低下、怪我(骨折など)による一時的使用者など、幅広く使われており、そのため、普段は使わない人でも、中長距離歩行に不安の有るものが移動の時には使用しており、これらの方々の利用に供する為、公共施設や病院には備え付けのものが常備されていたり、自治体などでは貸し出しのシステムが備えられている場合がある。.

新しい!!: 扉と車椅子 · 続きを見る »

軌跡 (数学)

イクロイドは「直線上を転がる円の一点が描く軌跡」である。 数学における軌跡(きせき;英: locus)とは、何らかの同一の条件を満たす点の集合である。軌跡という用語は普通、平面や空間における曲線や面といった形を表すために用いられる。.

新しい!!: 扉と軌跡 (数学) · 続きを見る »

軌条

レール(50Nレール) 軌条(きじょう)とは、鉄道の線路(軌道)を構成する要素のひとつで、車両を直接支持し、車輪の転動のガイドとなる役割をもつ。一般的にはレールと呼ばれる場合が多い。鉄鋼分野では、条鋼の一種に分類されている。 一般的には、断面が逆Tの字型をした棒状の鋼製品が用いられる。これを所定の間隔で2本平行に並べ、道床の上に並べられた枕木の上に締結装置(犬釘など)を用いて固定する。枕木と軌条は垂直である。この様にして敷かれた線路上を走る鉄道を普通鉄道という。普通鉄道のほか、桁状の1本の案内路を使うモノレールや、特殊な案内路を用いる案内軌条式鉄道もあり、これらの軌道の材質は鋼に限られずコンクリートなども用いられる。 ここでは、普通鉄道に使われる鋼製の断面が逆T字型をした鉄道レールを中心に記述する。.

新しい!!: 扉と軌条 · 続きを見る »

部屋

日本のユースホステルの部屋の一例 居間 病院の病室 部屋(へや)とは、壁、間仕切り、襖、床、天井などで仕切られ、生活の場などに用いられる、住居などの建物内部の隔てられた一空間のこと。部屋の中を室内、外を室外という。 すべての部屋が生活の場であるわけではなく、車庫、厩舎、物置部屋のようなものもあれば、玄関、廊下、風呂、便所のように敢えて部屋とは呼ばない箇所も含む。なお、船上では通常「部屋」とは言わず、「キャビン」「船室」などの名称で呼ぶ。 部屋には通常、出入りをするための扉があり、自然光や外気を室内に取り込むための窓を持っていることが多い。.

新しい!!: 扉と部屋 · 続きを見る »

都市新バスシステム

都市新バスシステム(とししんバスシステム)とは、日本国内の都市における交通体系上根幹となるべき主要なバス路線において様々な施策を行い、バスの利便性を改善するために行われたシステムのことである。 1988年に運輸省が定義した都市新バスシステムの事業内容の例示では、バス専用レーンの設置と合わせて、バス車両については乗客サービスの向上に資する車両を導入し、バス停留所においてはシェルター化やバス接近表示の設置を行った上、バスの運行システム全体を整備する事業と位置づけている『バス・ジャパン7号』p.9。.

新しい!!: 扉と都市新バスシステム · 続きを見る »

航空機

航空機(こうくうき、aircraftブリタニカ百科事典「航空機」)は、大気中を飛行する機械の総称である広辞苑 第五版 p.889「航空機」。.

新しい!!: 扉と航空機 · 続きを見る »

開口部 (建築)

開口部(かいこうぶ)とは、建築物で屋根、壁、床、天井の一部が開放された部分をいう。採光、通風、換気、人や物の出入りなどの目的で設ける。窓、戸、出入り口など。 Category:建築構造.

新しい!!: 扉と開口部 (建築) · 続きを見る »

自動

自動(じどう)とは、機械装置が人間などの他の力を必要としないで、能動的に作動することをいう。.

新しい!!: 扉と自動 · 続きを見る »

自動ドア

自動ドア 自動ドア(じどうドア、Automatic door)は、扉の開閉を人力でなく電気などの動力によって行う設備のこと。その中でもとくに、人や物の接近を自動的に検出して扉を開き、通過を確認して扉を閉じる機構を持つ設備を指すこともある。また日本のタクシーのように動力が運転手による人力であってもドアに直接触れずに開閉操作できるものを自動ドアと称する場合もある。.

新しい!!: 扉と自動ドア · 続きを見る »

自動車

特殊作業車の例(ダンプカー) 自動車(じどうしゃ、car, automobile)とは、原動機の動力によって車輪を回転させ、軌条や架線を用いずに路上を走る車のこと。.

新しい!!: 扉と自動車 · 続きを見る »

鉄道車両

鉄道車両(てつどうしゃりょう)は線路またはそれに準じる軌道の上を走行する車両である。.

新しい!!: 扉と鉄道車両 · 続きを見る »

英語

アメリカ英語とイギリス英語は特徴がある 英語(えいご、)は、イ・ヨーロッパ語族のゲルマン語派に属し、イギリス・イングランド地方を発祥とする言語である。.

新しい!!: 扉と英語 · 続きを見る »

集合住宅

集合住宅(しゅうごうじゅうたく)は、一つの建物の中に、複数の世帯が入居している住宅の形態。 法規上は共同住宅(きょうどうじゅうたく)と長屋(タウンハウス)に大別される。この最も古い例は、古代ローマ時代のインスラと呼ばれるローマ人が住んだ大規模なアパートである。これは歴史的建造物としても有名である。その他、古くからの集合住宅としては中国の客家の土楼が有名である。19世紀のベルリンでは、ミーツカゼルネ(Mietskaserne、賃貸集合住宅)という高層集合住宅が、ドイツ帝国政府主導のもとで建設されている。世界初の公営の集合住宅はロンドンのLCCによるバウンダリーストリート(Boundary Estate、1896年)である。 マカオや香港、日本など、国土が狭く、人口密度の高い地域、あるいは各国の都市部で多く建てられている。また、公営住宅の多くが共同住宅の形態をとっている。 日本では比較的規模の大きい鉄筋コンクリート造集合住宅をマンションと呼称する場合があるが、後述のように英語本来の表現ではない。なお、法令や国勢調査では「共同住宅」の語が用いられる。寮、病院等とは用途によって、長屋とは全住戸が敷地から建築物内を介さずに直接出入りする形態をとるか否かによって区別される。.

新しい!!: 扉と集合住宅 · 続きを見る »

LIXIL

株式会社LIXIL(リクシル、LIXIL Corporation)は、建築材料・住宅設備機器業界最大手の企業で、株式会社LIXILグループの主要企業の一つである。.

新しい!!: 扉とLIXIL · 続きを見る »

LIXILグループ

株式会社LIXILグループ(リクシルグループ、LIXIL Group Corporation)は、サッシ・建材・住宅機器メーカーを傘下とする持株会社。.

新しい!!: 扉とLIXILグループ · 続きを見る »

LIXIL鈴木シャッター

株式会社LIXIL鈴木シャッター(リクシルすずきシャッター、LIXIL SUZUKI SHUTTER CO., LTD.)は、東京都豊島区に本社を置くシャッターなどを製造する企業である。かつて三機工業の傘下に置いていたが、現在は株式会社LIXILの傘下に置いている。.

新しい!!: 扉とLIXIL鈴木シャッター · 続きを見る »

YKK AP

YKK AP株式会社(ワイ・ケイ・ケイ エイ・ピー、)は、アルミ建材メーカー。YKKグループでファスナー事業と並ぶ中核事業を担う。アルミサッシの国内シェアはLIXIL(トステム)に次いで第2位。社名の「AP」の部分は「Architectural Products」の略。.

新しい!!: 扉とYKK AP · 続きを見る »

押入れ

一例 押入れ(おしいれ)とは、日本の住宅や和室において寝具・衣類・道具などを収納するための空間。大抵は四方のうち三方が壁で一方を襖(ふすま)で仕切ってあり、そこから荷物を出し入れする。ほぼ部屋の一方の壁全体をその入り口にする。押込み(おしこみ)と呼ぶこともある。.

新しい!!: 扉と押入れ · 続きを見る »

東京ドーム

東京ドーム(とうきょうドーム)は、東京都文京区に所在するドーム型野球場。プロ野球・セントラル・リーグ(セ・リーグ)の読売ジャイアンツ(読売巨人軍)が専用球場(本拠地)としている。 1988年(昭和63年)3月18日に開場した日本初の屋根付き球場であり“広い!高い!東京ドーム 上棟式で初公開”.

新しい!!: 扉と東京ドーム · 続きを見る »

東洋シヤッター

東洋シヤッター株式会社(とうようシヤッター、Toyo Shutter Co., Ltd.)は、日本の大手シャッターメーカー。業界第3位で、三和シヤッター工業、文化シヤッターに次ぐ。本社は大阪市中央区南船場。大手三社のうち、同社だけがエクステリア関連事業には未着手だが、ドア、ドアノブ、ドアハンドル製造は同社の特徴であり、シャッターに次ぐ主力商品である。 正式表記は「シヤッター」であり「シャッター」ではない。.

新しい!!: 扉と東洋シヤッター · 続きを見る »

棚(たな、英:shelf; rack)とは、板を水平にかけ渡したもので、物をのせる装置広辞苑第六版【棚】。 板を水平に固定する方法としては、垂直な棒や板を用いて(それと組み合わせて)固定する方法や、水平板を壁に(直接)取り付けて固定する方法などがある。「棚」に対応するの英語は「shelf シェルフ」である。「rack ラック」のほうは、もともとは物をひっかけておくための棒状のものなどであり、それに棚(水平の板)をひっかけて用いることもあるので、結果として、棒状の部品と水平板で構成される構成物全体を指す用法も定着したのである。.

新しい!!: 扉と棚 · 続きを見る »

溝(みぞ、こう).

新しい!!: 扉と溝 · 続きを見る »

戸袋

戸袋(とぶくろ)とは、引き戸において、戸を開けたときに戸が収納される場所のことである。部屋の外側からも内側からも戸をあけた状態では戸が見えない、名前のとおりの袋状であることが多いが、部屋の内側からは戸が見える簡易なものもある。引き戸と同じ仕組みの窓をあけたときの収納場所も戸袋という。日本の住宅ではしばしば見かけるが、雨戸がない海外ではあまり見られない。旧来の戸袋は、戸袋から戸を引き出す部分がちょうど鳥の出入り口となるような構造になっているため、長いこと雨戸を開けないでいると、鳥が戸袋を巣箱として利用する場合がある。.

新しい!!: 扉と戸袋 · 続きを見る »

文化シヤッター

文化シヤッター(ぶんかシヤッター)は、シャッター、アルミニウム建材を取り扱う総合建材メーカー。三和シヤッター工業に次ぐ業界第2位。本社は東京都文京区。なお、社名の正式表記は、「シヤッター」であるが、発音は「シャッター」である。.

新しい!!: 扉と文化シヤッター · 続きを見る »

日本シャッター製作所

日本シャッター製作所(にほんシャッターせいさくしょ)は、シャッターを取り扱うメーカー。1986年業界第4位であった(旧)日本シャッター製作所・大阪本社が、業界第3位の東洋シャッターと合併。以後独立しブランド名を継承した。本社は東京都大田区。工場は群馬県高崎市。.

新しい!!: 扉と日本シャッター製作所 · 続きを見る »

支点

構造力学において支点(してん、support)とは、構造物と地盤あるいは構造物と構造物を結合し二見(1963)、p.18。、構造物を静止させ安定させる支持点のこと崎本(1991)、p.35。。単に支持(しじ)ともいう西野・長谷川(1983)、p.10。。 橋梁においては、支承という装置に該当する米田(2003)、p.7。。 構造物に荷重が作用し、その反作用で支点に発生する力を支点反力(してんはんりょく、reaction二見(1963)、p.25。)という。.

新しい!!: 扉と支点 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

とびらドアドアードアノッカードアステップドアスコープグライドスライドドア引き戸引戸回転ドア回転扉折り戸開き戸

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »