ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

戦闘爆撃機

索引 戦闘爆撃機

戦闘爆撃機(せんとうばくげきき)は、爆弾などを搭載し対地攻撃を行う武装搭載量が多い戦闘機。戦闘攻撃機(せんとうこうげきき)も同項で扱う。 戦闘爆撃機は、戦闘機と爆撃機の能力を兼ね備えた機体。戦闘攻撃機は、戦闘機用の兵装と攻撃機用の兵装の双方を搭載でき、また状況に応じて戦闘機としても攻撃機としても活動できる機体。戦闘機としても攻撃機としても能力を兼ね備えた多用途機である。戦闘機に爆弾などを搭載することはできるが、対地攻撃用システムを積んでいないものは、精度が低いものになるので戦闘攻撃機とは言わない。攻撃機の搭載量が高まった面から見れば、戦闘爆撃機と戦闘攻撃機は同じものとなった。 また、対地攻撃をメインとして爆弾を投下した後に空中戦もこなせる航空機を戦闘爆撃機、対地攻撃と空中戦の両方を十分にこなせる機体を戦闘攻撃機とする書籍もある。爆装を施した戦闘機の全てを戦闘爆撃機とするもの、ジェットエンジンのマルチロール機と同義とするものなど、様々な基準がある。マルチロール機が発展してからは、爆撃機(攻撃機)の能力を持つ戦闘機が一般的となり、単に戦闘機と呼ばれることが多い。.

91 関係: 大尉大日本帝国海軍対テロ戦争少将専守防衛山本五十六北大西洋条約機構ミラージュ5 (航空機)マルチロール機バトル・オブ・ブリテンメッサーシュミット Bf109メッサーシュミット Bf110ユーロファイター タイフーンラファール (航空機)レーダーロケット弾ロシア航空宇宙軍トーネード IDSヘルダイバーフォッカー アインデッカードーバー海峡ドイツドイツ国防軍ドイツ空軍 (国防軍)ドイツ語ベトナム戦争制空権アメリカ同時多発テロ事件アメリカ空軍アメリカ海軍アフリカアフガニスタン紛争 (1978年-1989年)アジアイラクイラク戦争イギリス軍クフィル (航空機)コソボ紛争ジェットエンジンソ連崩壊ソ連空軍サーブ 37 ビゲンサーブ 39 グリペン冷戦第一航空戦隊第二次世界大戦爆弾爆戦爆撃機青木謙知...装甲西側諸国航空母艦赤城 (空母)艦上戦闘機艦載機零式艦上戦闘機連合国 (第二次世界大戦)F-105 (戦闘機)F-111 (航空機)F-15 (戦闘機)F-15E (航空機)F-16 (戦闘機)F-2 (航空機)F-22 (戦闘機)F-35 (戦闘機)F/A-18 (航空機)F/A-18E/F (航空機)G.91 (航空機)HF-24 (航空機)J-10 (航空機)JH-7 (航空機)MiG-27 (航空機)MiG-35 (航空機)Su-17 (航空機)Su-24 (航空機)Su-34 (航空機)Su-35 (航空機)核兵器横須賀海軍航空隊湾岸戦争源田実戦略爆撃機戦闘機戦闘機一覧支援戦闘機攻撃機急降下爆撃急降下爆撃機1934年2001年 インデックスを展開 (41 もっと) »

大尉

大尉(たいじょう)は、古代日本の律令制の職名の一。左右衛門府および左右兵衛府に置かれた。長官・次官・判官・主典の四等官中の判官に相当する。 ---- 大尉(たいい、だいい)は軍隊の階級の一。 尉官の最上級であり、中尉の上、少佐の下に位置する。.

新しい!!: 戦闘爆撃機と大尉 · 続きを見る »

大日本帝国海軍

大日本帝国海軍(だいにっぽんていこくかいぐん、旧字体:大日本帝國海軍、英:Imperial Japanese Navy)は、1872年(明治5年) - 1945年(昭和20年)まで日本(大日本帝国)に存在していた軍隊(海軍)組織である。通常は、単に日本海軍や帝国海軍と呼ばれた。戦後からは、別組織であるもののその伝統を重んじる傾向にある海上自衛隊との区別などのため、旧日本海軍もしくは旧帝国海軍とも呼ばれる。.

新しい!!: 戦闘爆撃機と大日本帝国海軍 · 続きを見る »

対テロ戦争

対テロ戦争(たいテロせんそう、War on Terrorism または )は、アメリカ同時多発テロ事件を引き金とした、アメリカ合衆国政府とそれに与する政府の有志連合による、国内外における外交、軍事作戦、金融、犯罪捜査、国土防衛、人道支援を通じたテロリズムとの戦いである。正式名はテロとのグローバル戦争()と呼び、第三次世界大戦やテロとの戦いとも呼ばれた。.

新しい!!: 戦闘爆撃機と対テロ戦争 · 続きを見る »

少将

少将(しょうしょう)はもともとは律令制における官職の一つ。転じて軍隊の階級の一。 将官に区分され、中将の下、大佐または准将または代将の上に位置する。 北大西洋条約機構の階級符号(NATO階級符号)では、OF-7に相当する。 また、陸海空軍でそれぞれ呼称の異なる少将を総称しTwo-star rankと呼ぶこともある。 将官のなかでは、最下級、又は准将がある場合には下から2番目の階級となる。 英呼称は、陸軍:major general(メイジャー ジェネラル)、海軍:rear admiral(リア アドミラル)。 なお、将官の階級を部隊階梯で表現する国々では「師団将軍」あるいは「旅団将軍」と呼称する。詳細はフランスの項を参照。アメリカ軍やフランス陸軍および空軍(海軍は中将)では、正規階級(regular rank)における最高位とされ、それよりも上の二階級は役職に応じた臨時階級(temporary rank)である。.

新しい!!: 戦闘爆撃機と少将 · 続きを見る »

専守防衛

専守防衛(せんしゅぼうえい、Exclusively Defense-Oriented Policy)とは、第二次世界大戦後の日本で練られている防衛戦略である。戦略守勢とも言う。.

新しい!!: 戦闘爆撃機と専守防衛 · 続きを見る »

山本五十六

山本 五十六(やまもと いそろく、1884年(明治17年)4月4日 - 1943年(昭和18年)4月18日)は、日本の海軍軍人。第26、27代連合艦隊司令長官。海軍兵学校32期生。最終階級は元帥海軍大将。前線視察の際、ブーゲンビル島上空で戦死(海軍甲事件)。旧姓は高野。.

新しい!!: 戦闘爆撃機と山本五十六 · 続きを見る »

北大西洋条約機構

北大西洋条約機構(きたたいせいようじょうやくきこう)は、北大西洋条約に基づき、アメリカ合衆国を中心とした北アメリカ(=アメリカとカナダ)およびヨーロッパ諸国によって結成された軍事同盟である。前身はブリュッセル条約 (1948年)。 略称は頭字語が用いられ、英語圏では、North Atlantic Treaty Organization を略した NATO(ネイトー)と呼ばれ、日本やドイツ語圏では NATO(ナトー)、フランス語圏・スペイン語圏・ポルトガル語圏等では OTAN(オタン)と呼ばれる。.

新しい!!: 戦闘爆撃機と北大西洋条約機構 · 続きを見る »

ミラージュ5 (航空機)

ミラージュ5(Mirage 5)は、フランスのダッソー社がミラージュIII Eをベースとして開発した戦闘爆撃機。 本項では、発展型のミラージュ50(Mirage 50)についても解説する。.

新しい!!: 戦闘爆撃機とミラージュ5 (航空機) · 続きを見る »

マルチロール機

マルチロール機とは、装備を変更することで制空戦闘、各種攻撃任務、偵察などの任務を実施できる戦闘機。マルチロールファイター(多任務戦闘機)とも呼ばれる。.

新しい!!: 戦闘爆撃機とマルチロール機 · 続きを見る »

バトル・オブ・ブリテン

バトル・オブ・ブリテン(Battle of Britain, Bataille d'Angleterre)あるいは日本語で英国空中戦(えいこくくうちゅうせん)は、第二次世界大戦におけるドイツ空軍とイギリス空軍の戦いのうちで、ドイツによるイギリス本土上陸作戦の前哨戦としてイギリスの制空権の獲得のために行われた一連の航空戦を指す。戦略目標を達することなく独ソ戦を前にしてヒトラーによって中止された。 ドイツ語ではイングランド航空戦(Luftschlacht um England )という。.

新しい!!: 戦闘爆撃機とバトル・オブ・ブリテン · 続きを見る »

メッサーシュミット Bf109

Bf 109は、第二次世界大戦におけるナチスドイツ空軍の主力戦闘機。世界で初めて一撃離脱戦法を前提に開発されたとされ、機体重量に比し小さく薄い主翼を持ち、モーターカノンや主脚のエンジンマウントなど、特徴のある設計となっている。本機の生産数は30000機を超え、歴史上もっとも生産された戦闘機であると同時にエーリヒ・ハルトマンやゲルハルト・バルクホルンといったエースパイロットを輩出させた。 1934年、バイエルン航空機製造(Die Bayerische Flugzeugwerke、BFW)で開発が開始され、翌1935年、生産開始。設計主任は、かつてBf 108を設計したロベルト・ルッサー技師。後にバイエルン航空機製造はメッサーシュミット社となった。.

新しい!!: 戦闘爆撃機とメッサーシュミット Bf109 · 続きを見る »

メッサーシュミット Bf110

メッサーシュミット Bf110 (現状版で紹介されている参考文献では、日本での一般的な読み方については特に言及されていない)は第二次世界大戦前にドイツで開発され、大戦で活躍した双発レシプロ重戦闘機または多用途機。ドイツ空軍では当初「駆逐機」(Zerstörer)と称されており、「駆逐航空隊」に配備されていた。 1939年の第二次世界大戦開戦後より活躍するがバトル・オブ・ブリテンでイギリス空軍により大きな損害を被り、戦闘機同士が戦う制空戦闘機としての価値は激減した。だがその後も双発が故の大きな積載力や火力と航続距離を生かして対地支援・哨戒、夜間戦闘機の主力として活躍。後継機になるはずであったMe210の開発失敗もあり、敗戦直前の1945年2月まで生産が続けられ、総生産機数は5,700機以上にのぼった。 なお、メッサーシュミット社の機体であるためMe110と呼ばれる場合もあり、飯山 (2004) によればそれが正式でもあるのだが、前身であるバイエルン航空機製造時代に開発が始まった機体はBfを冠するのが(少なくとも)日本では慣例であるため、本項ではこれに倣う(メッサーシュミット Bf109#名称 も参照)。.

新しい!!: 戦闘爆撃機とメッサーシュミット Bf110 · 続きを見る »

ユーロファイター タイフーン

ユーロファイター タイフーン(Eurofighter Typhoon)は、NATO加盟国のうちイギリス、ドイツ(計画開始当時は西ドイツ)、イタリア、スペインの4ヶ国が共同開発した戦闘機で、デルタ翼とコックピット前方にカナード(前翼)を備え、カナードデルタ(canard-delta)と呼ばれる形式の機体構成をもつマルチロール機のことである。.

新しい!!: 戦闘爆撃機とユーロファイター タイフーン · 続きを見る »

ラファール (航空機)

ラファール(Rafale)は、フランスのダッソー社が開発した戦闘機。フランス空軍・海軍でマルチロール機として運用されている。当初フランスは、イギリス、ドイツとの共同開発で欧州戦闘機開発を行っていたが、軍事的・政治的理由(後述)で脱退。その後、単独で開発に着手し、完成させた。 クロースカップルドデルタ(close coupled canard/delta)と呼ばれる無尾翼デルタ式にカナード翼を組み合わせた翼を持つ。機体名称は、フランス語で「疾風、突風」の意味。.

新しい!!: 戦闘爆撃機とラファール (航空機) · 続きを見る »

レーダー

レーダー用パラボラアンテナ(直径40m) レーダー(Radar)とは、電波を対象物に向けて発射し、その反射波を測定することにより、対象物までの距離や方向を測る装置である。.

新しい!!: 戦闘爆撃機とレーダー · 続きを見る »

ロケット弾

ット弾(ロケットだん)は、推進剤である火薬の燃焼や圧縮ガスの噴出によって推力を得、自力で飛行する能力のある爆弾、または砲弾である。.

新しい!!: 戦闘爆撃機とロケット弾 · 続きを見る »

ロシア航空宇宙軍

ア航空宇宙軍(ロシアこうくううちゅうぐん、ロシア語:Воздушно-Космические Силы России、略称:ВКС)は、ロシア連邦軍の大気圏内および宇宙を作戦空間とする軍種。 2015年8月1日に空軍と独立兵科の航空宇宙防衛軍は統合され、「ロシア航空宇宙軍」に再編成された。.

新しい!!: 戦闘爆撃機とロシア航空宇宙軍 · 続きを見る »

トーネード IDS

トーネード IDS(Tornado IDS)は、イギリス、西ドイツ(開発当時)、イタリアが国際協同開発した全天候型多用途攻撃機(マルチロール機)であるイギリスの軍用機1945-1995,株式会社デルタ出版,P141-142,1995年。 次世代機を共同開発する計画がヨーロッパ諸国とカナダの間で挙ったが、プロジェクトが本格的に実動する前にカナダ、ベルギー、オランダが計画から脱退し、イギリス、西ドイツ、イタリアの3ヶ国で開発された。実際には名前の通りイギリスが開発のほとんどを実施している。主に航空阻止を主任務とし、プロジェクトにより合理化され、要撃、近接航空支援、艦艇攻撃、偵察などをこなすため多数の派生型が開発された。 実戦でもトーネードは湾岸戦争で最も危険な任務に従事し、入念な訓練や準備を重ねた作戦によって驚異的な戦果を挙げており、イラク戦争にも参加した。.

新しい!!: 戦闘爆撃機とトーネード IDS · 続きを見る »

ヘルダイバー

ヘルダイバー (Hell diver).

新しい!!: 戦闘爆撃機とヘルダイバー · 続きを見る »

フォッカー アインデッカー

フォッカー アインデッカー(Fokker Eindecker)は、オランダ人技術者アントニー・フォッカーが設計した第一次世界大戦時のドイツの単座単葉戦闘機であるBoyne 1988。「アインデッカー(Eindecker)」とは単葉機を意味するドイツ語である。フォッカー E.IからE.IVまでの機体を指す。 当機は、パイロットがプロペラを打ち抜くことなくその回転面を通して機関銃を発射することのできる同調装置を備え、対空戦闘を目的に量産された最初の戦闘機でもあった。その威力は「フォッカーの懲罰(Fokker Scourge)」として連合国から恐れられた。.

新しい!!: 戦闘爆撃機とフォッカー アインデッカー · 続きを見る »

ドーバー海峡

ドーバー海峡(ドーバーかいきょう、Strait of Dover)は、イギリスとフランスを隔てるイギリス海峡の最狭部である。フランス語ではカレー海峡(Pas de Calais)と呼ばれる。.

新しい!!: 戦闘爆撃機とドーバー海峡 · 続きを見る »

ドイツ

ドイツ連邦共和国(ドイツれんぽうきょうわこく、Bundesrepublik Deutschland)、通称ドイツ(Deutschland)は、ヨーロッパ中西部に位置する連邦制共和国である。もともと「ドイツ連邦共和国」という国は西欧に分類されているが、東ドイツ(ドイツ民主共和国)の民主化と東西ドイツの統一により、「中欧」または「中西欧」として再び分類されるようになっている。.

新しい!!: 戦闘爆撃機とドイツ · 続きを見る »

ドイツ国防軍

ヘルメットにデカールされていた紋章 1941年、国防軍の陸軍歩兵下士官 ドイツ国防軍(ドイツこくぼうぐん、Wehrmacht)は、1935年から1945年にかけて存在したドイツの武力組織である陸軍、海軍、空軍の三軍の総体を指す。国家唯一の武装者(独:Waffenträger der Nation)と定義される存在であったが、当時のドイツにはナチス党の組織である武装親衛隊など管轄外の武装組織も存在していた。 1935年の再軍備宣言後は徴兵制が復活し総兵力が50万人になり、ポーランド侵攻直前の兵力は318万人と世界でも屈指の規模であった。.

新しい!!: 戦闘爆撃機とドイツ国防軍 · 続きを見る »

ドイツ空軍 (国防軍)

ドイツ空軍(ドイツくうぐん、Luftwaffe(ルフトヴァッフェ))は、1935年から1945年までの期間に設置されていたドイツ国防軍の空軍。.

新しい!!: 戦闘爆撃機とドイツ空軍 (国防軍) · 続きを見る »

ドイツ語

ドイツ語(ドイツご、独:Deutsch、deutsche Sprache)は、インド・ヨーロッパ語族・ゲルマン語派の西ゲルマン語群に属する言語である。 話者人口は約1億3000万人、そのうち約1億人が第一言語としている。漢字では独逸語と書き、一般に独語あるいは独と略す。ISO 639による言語コードは2字が de、3字が deu である。 現在インターネットの使用人口の全体の約3パーセントがドイツ語であり、英語、中国語、スペイン語、日本語、ポルトガル語に次ぐ第6の言語である。ウェブページ数においては全サイトのうち約6パーセントがドイツ語のページであり、英語に次ぐ第2の言語である。EU圏内では、母語人口は域内最大(ヨーロッパ全土ではロシア語に次いで多い)であり、話者人口は、英語に次いで2番目に多い。 しかし、歴史的にドイツ、オーストリアの拡張政策が主に欧州本土内で行われたこともあり、英語、フランス語、スペイン語のように世界語化はしておらず、基本的に同一民族による母語地域と、これに隣接した旧支配民族の使用地域がほとんどを占めている。上記の事情と、両国の大幅な領土縮小も影響して、欧州では非常に多くの国で母語使用されているのも特徴である。.

新しい!!: 戦闘爆撃機とドイツ語 · 続きを見る »

ベトナム戦争

ベトナム戦争(ベトナムせんそう, Vietnam War)は、インドシナ戦争後に南北に分裂したベトナムで発生した戦争の総称。第二次インドシナ戦争(Second Indochina War)ともいわれた。ベトナム社会主義共和国では米国戦争()、対米抗戦()、抗米救国戦争()などと呼ばれる。.

新しい!!: 戦闘爆撃機とベトナム戦争 · 続きを見る »

制空権

制空権(せいくうけん、control of the air及び、その段階であるair supremacy 及び air superiority)とは、航空戦において味方の航空戦力が空において敵の航空戦力を撃破または抑制して優勢であり、所望の空域を統制または支配し、敵から大きな妨害を受けることなく、陸・海・空の諸作戦を実施できる状態およびその力である。 NATO(北大西洋条約機構)及びアメリカ国防総省は「control of the air(制空権)」を、完全に航空脅威を取り除き制圧した状態である「Air supremacy」と一時的に航空脅威を排除して諸作戦を実施しやすくする「Air superiority」の段階に分けている。 日本では、前者の段階を「制空権」、後者の段階を「航空優勢(こうくうゆうせい、air superiority)」と区別することもある。また、戦史叢書では、航空兵力で所要空域を制圧する状態を「制空(せいくう)」、制空の実を持続することを「制空権を取る」と区別している。.

新しい!!: 戦闘爆撃機と制空権 · 続きを見る »

アメリカ同時多発テロ事件

アメリカ同時多発テロ事件(アメリカどうじたはつテロじけん)は、2001年9月11日にアメリカ合衆国内で同時多発的に発生した、航空機等を用いた4つのテロ事件の総称である。 航空機が使用された史上最大規模のテロ事件であり、全世界に衝撃を与えた。その後、アメリカ合衆国と有志連合は報復としてアフガニスタン紛争、イラク戦争を行った。また、航空機のマンハッタン超高層ビルへの大規模衝突事件としては、1945年のエンパイア・ステート・ビルディングへのB-25激突事故以来となった。.

新しい!!: 戦闘爆撃機とアメリカ同時多発テロ事件 · 続きを見る »

アメリカ空軍

アメリカ空軍(アメリカくうぐん、United States Air Force, 略称:USAF(ユサフ))は、アメリカ軍の航空部門である。アメリカ合衆国空軍、あるいは単に合衆国空軍、ほかに米空軍とも呼ばれる。任務は「アメリカ合衆国を防衛し、航空宇宙戦力によってその国益を守ること」である。.

新しい!!: 戦闘爆撃機とアメリカ空軍 · 続きを見る »

アメリカ海軍

アメリカ海軍(アメリカかいぐん、United States Navy、略称:USN)は、アメリカ合衆国が保有する海軍である。.

新しい!!: 戦闘爆撃機とアメリカ海軍 · 続きを見る »

アフリカ

衛星画像 NASA) 南部アフリカ アフリカ(ラテン語:Āfrica、英語:Africa)は、広義にはアフリカ大陸およびその周辺のマダガスカル島などの島嶼・海域を含む地域の総称で、六大州の一つ。阿州。漢字表記は阿弗利加。.

新しい!!: 戦闘爆撃機とアフリカ · 続きを見る »

アフガニスタン紛争 (1978年-1989年)

アフガニスタン紛争(1979年 - 1989年)では、アフガニスタンで断続的に発生している紛争のうち、1978年に成立したアフガニスタン人民民主党政権に対するムジャーヒディーンの蜂起から、1979年にソビエト連邦が軍事介入、1989年に撤退するまでの期間を扱う。 日本のマスメディアでは、ソ連軍の侵攻以降の局面はアフガニスタン侵攻などと呼ばれる事も多い。ソ連・アフガン戦争と呼んだ場合、アフガニスタンの反政府組織や義勇兵とソ連軍の間で発生した戦闘を指す。ソ連軍のアフガニスタン国内での戦闘は、1979年の出兵から1989年の完全撤収まで約10年に及んだ。 ソ連側は1万4000人以上が戦死、アフガン側はその数倍の戦死者を出す結果となった。.

新しい!!: 戦闘爆撃機とアフガニスタン紛争 (1978年-1989年) · 続きを見る »

アジア

アジア アジアの地図 東南アジア アジア(ラテン語: Asia古典ラテン語では「アシア」だが、現代ラテン語では「アジア」とも発音する。)は、世界の大州のひとつ。現在では一般的にヨーロッパを除くユーラシア大陸全般を指すが、政治的・経済的な立場の違いにより、様々な定義がなされる場合がある。亜州。 アッシリア語で東を意味する「アス」に語源をもつ。古代では現在の小アジアを指した。.

新しい!!: 戦闘爆撃機とアジア · 続きを見る »

イラク

イラク共和国(イラクきょうわこく、、)、通称イラクは、中東・西アジアの連邦共和制国家である。首都はバグダードで、サウジアラビア、クウェート、シリア、トルコ、イラン、ヨルダンと隣接する。古代メソポタミア文明を受け継ぐ土地にあり、世界で3番目の原油埋蔵国である。.

新しい!!: 戦闘爆撃機とイラク · 続きを見る »

イラク戦争

イラク戦争(イラクせんそう)とは、アメリカ合衆国が主体となり2003年3月20日から、イギリス、オーストラリアと、工兵部隊を派遣したポーランド等が加わる有志連合によって、イラク武装解除問題の大量破壊兵器保持における進展義務違反を理由とする『イラクの自由作戦』の名の下に、イラクへ侵攻したことで始まった軍事介入である。 正規軍同士の戦闘は2003年中に終了し、同年5月にジョージ・W・ブッシュにより「大規模戦闘終結宣言」が出たが、アメリカが指摘した大量破壊兵器の発見に至らず、さらにイラク国内の治安悪化が問題となり、戦闘は続行した。2010年8月31日にバラク・オバマにより改めて「戦闘終結宣言」と『イラクの自由作戦』の終了が宣言され、翌日から米軍撤退後のイラク単独での治安維持に向けた『新しい夜明け作戦』が始まった。 そして2011年12月14日、米軍の完全撤収によってバラク・オバマが、イラク戦争の終結を正式に宣言した。.

新しい!!: 戦闘爆撃機とイラク戦争 · 続きを見る »

イギリス軍

イギリス軍(イギリスぐん)は、イギリスの保有する軍隊。公式な文章では、「アームド・フォーシーズ・オブ・ザ・クラウン」 (Armed Forces of the Crown)なのだが、一般的にはイギリス軍(British Armed Forces)、または、国王/女王陛下の軍 (His/Her Majesty's Armed Forces)と表記される。 イギリス軍の名目上の最高指揮権はイギリスの君主(1952年よりエリザベス2世)にあるが、その行使は首相の助言の通りになさねばならないため、事実上の総指揮権は首相にある。管理は国防省 (MoD) の国防委員会(Defence Council)が担当する。 イギリス軍はイギリス本国と海外の領土を防衛してイギリスの幅広い将来的国益を保護し、国際的な平和維持活動の支援を任ぜられている。その他にも、NATOへ正規参加しており、合同作戦の活動を行っている。.

新しい!!: 戦闘爆撃機とイギリス軍 · 続きを見る »

クフィル (航空機)

フィル(Kfir)は、イスラエルのイスラエル・エアクラフト・インダストリー(Israeli Aircraft Industries,IAI)がミラージュIIIをベースに独自改良を行って開発した戦闘機。Kfirとはヘブライ語で子ライオンの意。日本語ではクフィールと表記されることもある。.

新しい!!: 戦闘爆撃機とクフィル (航空機) · 続きを見る »

コソボ紛争

ボ紛争(コソボふんそう、アルバニア語:Lufta e Kosovës、セルビア語:Рат на Косову и Метохијиは、バルカン半島南部のコソボで発生した2つの武力衝突を示す。.

新しい!!: 戦闘爆撃機とコソボ紛争 · 続きを見る »

ジェットエンジン

ェットエンジン(jet engine)とは、外部から空気を取り入れて噴流(ジェット)を生成し、その反作用を推進に利用する熱機関である。ジェットの生成エネルギーには、取り込んだ空気に含まれる酸素と燃料との化学反応(燃焼)の熱エネルギーが利用される。狭義には、空気吸い込み型の噴流エンジンだけを指す。また、主に航空機(固定翼機、回転翼機)やミサイルの推進機関または動力源として使用される。 ジェット推進は、噴流の反作用により推進力を得る。具体的には、噴流が生み出す運動量変化による反作用(反動)がダクトノズルやプラグノズルに伝わり、推進力が生成される。なお、ジェット推進と同様の噴流が最終的に生成されるものであっても、熱力学的に噴流を生成していないもの、例えばプロペラやファン推力などは、通常はジェット推進には含めない。プロペラやファンは、直接的には回転翼による揚力を推力としている。 ジェット推進を利用している熱機関であっても、ジェット推進を利用しているエンジン全てがジェットエンジンと認識されているわけではなく、外部から取り込んだ空気を利用しないもの(典型的には、ロケットエンジン)は、通俗的にはジェットエンジンに含められていない。ジェットエンジンとロケットエンジンは、用途とメカニズムが異なる。具体的には、ジェットエンジンは、推進のためのジェット噴流を生成するために外部から空気を取り入れる必要があるのに対し、ロケットエンジンは酸化剤を搭載して噴出ガスの反動で進むため、宇宙空間でも使用可能である点が強調される。その代わりにロケットエンジンの燃焼器より前に噴流は全くない。そのため吸気側の噴流も推進力に利用するジェットエンジンと比較して構造も大気中の効率も大幅に異なり、区別して扱われる。 現代の実用ジェットエンジンのほとんどは噴流の持続的な生成にガスタービン原動機を使っている。タービンとはラテン語の「回転するもの」という語源から来た連続回転機のことである。このため、連続的にガスジェットを生成できることが好都合であるが、実際にはタービンを使わないジェットエンジンも多数あり、タービンの有無はジェットエンジンであるか否かの本質とは関係ない。ただしガスタービン原動機を使うことで、回転翼推力とジェット推力の複合出力エンジンとして様々な最適化が可能になり、複数の形式が生まれた。 さらに、ジェットエンジンは熱機関の分類(すなわち「内燃機関」か「外燃機関」か)からも独立した概念である。つまり、ジェットエンジンは基本的には内燃機関であるが、実用化されていないものの、原子力ジェットエンジンのような純粋な外燃機関のジェットエンジンも存在しうる。.

新しい!!: 戦闘爆撃機とジェットエンジン · 続きを見る »

ソ連崩壊

連崩壊(ソれんほうかい、Распад СССР)とは、1991年12月のソビエト連邦共産党解散を受けた各連邦構成共和国の主権国家としての独立、ならびに同年12月25日のソビエト連邦(ソ連)大統領ミハイル・ゴルバチョフの辞任に伴い、ソビエト連邦が解体された出来事である。.

新しい!!: 戦闘爆撃機とソ連崩壊 · 続きを見る »

ソ連空軍

ビエト連邦空軍旗 ソビエト連邦空軍(ソビエトれんぽうくうぐん、Военно-воздушные силы СССР)は、ソビエト連邦の空軍組織の一つ。略称はVVS。もう一方のソ連の空軍組織としてソビエト連邦防空軍がある。.

新しい!!: 戦闘爆撃機とソ連空軍 · 続きを見る »

サーブ 37 ビゲン

ーブ 37 ビゲン(SAAB 37 Viggen)はサーブ 35 ドラケンの後継として、1970年から1990年にかけてスウェーデンのサーブによって生産され、スウェーデン空軍のみによって運用された戦闘機。 対地攻撃任務主体型のAJ 37に始まり、偵察型のSF 37, SH 37や戦闘任務主体型のJA 37などへと派生した。 なお、愛称のViggenは英語のbolt(稲妻、電光)である。スウェーデン語の発音ではヴィッゲンが近いが、本項では慣用読みであるビゲンを用いる。.

新しい!!: 戦闘爆撃機とサーブ 37 ビゲン · 続きを見る »

サーブ 39 グリペン

ーブ 39(JAS39 JASは「ヤース」と発音)は、スウェーデンのサーブ社を中心として開発された戦闘機。愛称のグリペン()はグリフォン(有翼獅子)の意味。メーカーでは『The smart fighter』というキャッチコピーを用いている。.

新しい!!: 戦闘爆撃機とサーブ 39 グリペン · 続きを見る »

冷戦

ワルシャワ条約 (WT) 加盟国朱色.

新しい!!: 戦闘爆撃機と冷戦 · 続きを見る »

第一航空戦隊

一航空戦隊(だいいちこうくうせんたい)とは、日本海軍の機動部隊の一翼を担った部隊である。略称は一航戦。または一空戦。.

新しい!!: 戦闘爆撃機と第一航空戦隊 · 続きを見る »

第二次世界大戦

二次世界大戦(だいにじせかいたいせん、Zweiter Weltkrieg、World War II)は、1939年から1945年までの6年間、ドイツ、日本、イタリアの日独伊三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリス、ソビエト連邦、アメリカ 、などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の巨大戦争。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻と続くソ連軍による侵攻、そして英仏からドイツへの宣戦布告はいずれもヨーロッパを戦場とした。その後1941年12月の日本とイギリス、アメリカ、オランダとの開戦によって、戦火は文字通り全世界に拡大し、人類史上最大の大戦争となった。.

新しい!!: 戦闘爆撃機と第二次世界大戦 · 続きを見る »

爆弾

対地普通爆弾(500LB爆弾) 爆弾(ばくだん、Bombe)は、爆発による熱や衝撃などによって対象とする生物や物体を殺傷、破壊するための兵器である。一般に、爆薬とそれを装填する容器、信管などの発火装置で構成される。なお、兵器以外でも、発破などの民間利用に用いられる同様の装置を指して爆弾と呼ぶことがある。 軍事利用の面では、特に航空機から投下される航空機搭載爆弾を指して爆弾の語が使われる。他にも爆薬を使った兵器として、小型で人力により投射される手榴弾、水中に投下される機雷や爆雷、大砲から投射するものを榴弾、推進装置を持つ物をロケット弾、さらに誘導装置まで持つものをミサイルと呼ぶ。ただし、推進装置は持たないが誘導装置を持つ物は一般的に誘導爆弾に分類される。.

新しい!!: 戦闘爆撃機と爆弾 · 続きを見る »

爆戦

戦(ばくせん)とは、零式艦上戦闘機に250キロ爆弾を携行できるようにした戦闘爆撃機。あるいは戦爆(せんばく)ともいう。500kg爆弾も搭載するようにもなり、特攻にも使用された。 爆戦は「爆装零戦」(ばくそうれいせん)や「爆撃戦闘機」(ばくげきせんとうき)、「爆装戦闘機」(ばくそうせんとうき)の略称である。戦爆は「戦闘爆撃機」(せんとうばくげきき)の略称である。.

新しい!!: 戦闘爆撃機と爆戦 · 続きを見る »

爆撃機

撃機(ばくげきき)は、より多くの爆弾類を搭載し強力な破壊力を持たせた航空機であり、搭載量が小さいものは攻撃機と呼ばれる。 爆撃機の代表的な任務は前線後方の戦略目標(司令部、生産施設、発電所など)の破壊である。爆撃機の大きな特徴は大量の爆弾類を一度に投下することで大きな破壊力を有していることである。ただ核兵器のような大量破壊兵器を使用する場合にはこういった搭載量は必ずしも必要なくなり、爆撃機部隊を維持するコストもかかるため一定規模の爆撃機部隊を有しているのは2017年時点でアメリカ合衆国、ロシア、中華人民共和国だけである。.

新しい!!: 戦闘爆撃機と爆撃機 · 続きを見る »

青木謙知

青木 謙知(あおき よしとも、1954年12月6日 - )は日本の航空ジャーナリスト。日本テレビ客員解説員。.

新しい!!: 戦闘爆撃機と青木謙知 · 続きを見る »

装甲

装甲(そうこう)とは、兵器のような機械や生物等を、過酷な環境で他の物体との衝突や熱などから護るために取り付ける板状の部品、または、それらを取り付ける事を指す。 兵器に限らず、苛酷な環境下で運用される建築機械や探査装置のような機械類でも内部を保護する装甲を備え、甲羅や貝殻といった生き物でも同様である。本項目では、特に断らない限り兵器に使用される装甲について記述する。 、、と表記される。は、現代では完全に戦車を意味する単語となっている。 兵器は常に相手の兵器によって破壊される危険があり、破壊されずに機能する事が要求される。相手の攻撃から防護するために多くの兵器が装甲を備えており、兵器の歴史は「矛と盾」で象徴されるように盾となる装甲の歴史である。.

新しい!!: 戦闘爆撃機と装甲 · 続きを見る »

西側諸国

西側諸国(にしがわしょこく、西側、資本主義陣営、自由主義陣営とも、英語:Western Bloc、ウェスタンブロック)とは、冷戦中、アメリカ合衆国(アメリカ)を中心とする資本主義陣営に属した国々のことを言う。対する陣営はソビエト連邦(ソ連)などを中心とした東側諸国。 ここでいう西側は、ヨーロッパにおける資本主義陣営と共産主義陣営の境界が東西ドイツを境にしている事に由来するが、実際には欧州東部にも西側諸国は存在した(トルコ、ギリシャ)他、欧州以外のその他の地域では、属する陣営と地理上の東西が反転することもあった。 西側各国はアメリカとの単独・多国間の政治・軍事的保障条約に組み込まれた。それらの機構として有名なものは、北大西洋条約機構(NATO)、米州機構(OAS)などがある。.

新しい!!: 戦闘爆撃機と西側諸国 · 続きを見る »

航空母艦

航空母艦(こうくうぼかん、aircraft carrier)は、航空機を多数搭載し、海上における航空基地の役割を果たす軍艦。略称は空母(くうぼ)。 1921年のワシントン軍縮会議では、「水上艦船であって専ら航空機を搭載する目的を以って計画され、航空機はその艦上から出発し、又その艦上に降着し得るように整備され、基本排水量が1万トンを超えるものを航空母艦という」と空母を定義している。1930年のロンドン海軍軍縮条約で基本排水量1万トン未満も空母に含まれることになった。.

新しい!!: 戦闘爆撃機と航空母艦 · 続きを見る »

赤城 (空母)

赤城(あかぎ)は、日本海軍の航空母艦。.

新しい!!: 戦闘爆撃機と赤城 (空母) · 続きを見る »

艦上戦闘機

艦上戦闘機(かんじょうせんとうき)とは、航空母艦から、発艦する戦闘機のことを指す。略して「艦戦」(かんせん)ともいう。.

新しい!!: 戦闘爆撃機と艦上戦闘機 · 続きを見る »

艦載機

ドニー」とスーパーマリンウォーラス(1940年) 艦載機(かんさいき)は、軍艦に搭載され、かつそこから運用可能な航空機のこと。広義には、艦船に搭載される全ての航空機(水上機を含めた飛行機、ヘリコプター)を指す。 大日本帝国海軍では、航空母艦に搭載される航空機を艦上機と呼び、他の艦船(戦艦、巡洋艦、水上機母艦、潜水艦など)に搭載される水上機を艦載機と称していた。ただし厳密な区別がなされていたわけではなく、本来は艦上機とすべきものを艦載機と表現している場合も多かった。.

新しい!!: 戦闘爆撃機と艦載機 · 続きを見る »

零式艦上戦闘機

零式艦上戦闘機(れいしきかんじょうせんとうき)は、第二次世界大戦期における日本海軍(以下、海軍と表記する)の艦上戦闘機。略称、零戦(ぜろせん、れいせん)(以下、零戦と表記)。試作名称は十二試艦上戦闘機。連合軍側のコードネームは、「ZEKE(ジーク)」であるが、 支那事変(太平洋戦争勃発前の日中戦争)から太平洋戦争初期にかけ、2,200 kmの長大な航続距離・20mm機関砲2門の重武装・優れた運動性能で、米英の戦闘機に対し優勢だったことにより、敵パイロットから「ゼロファイター(Zero Fighter)」や「ゼロゼロ(Zero Zero)」と主に呼ばれた。大戦中期以降は、アメリカ陸海軍の対零戦戦法の確立やF4UコルセアやF6Fヘルキャットなど新鋭戦闘機の投入で劣勢となるが、後継機の開発の遅れで、終戦まで日本海軍航空隊の主力だった。また、用途も拡大し、戦闘爆撃機や特攻機としても使われた。 開発元は三菱重工業(以下「三菱」)。三菱に加え中島飛行機でもライセンス生産、総生産数の半数以上は中島製である。生産数は日本の戦闘機では最多の1万機以上。 各型の零戦の詳細は、「零式艦上戦闘機の派生型」を参照。.

新しい!!: 戦闘爆撃機と零式艦上戦闘機 · 続きを見る »

連合国 (第二次世界大戦)

ターリン) 第二次世界大戦における連合国(れんごうこく、Allies、United Nations)とは、枢軸国(ドイツ、イタリア、日本など)と敵対した国家連合。一般的に連合国共同宣言に署名した国などが該当する。 第二次世界大戦における連合国は、1939年9月1日、ドイツ国によるポーランド侵攻にはじまる欧州戦線でドイツの陣営と戦った国々と、1941年12月8日の日本によるマレー作戦及び真珠湾攻撃に始まる太平洋戦争(大東亜戦争)において日本の陣営と戦った国々がある。このうちイギリス、アメリカ合衆国、中華民国、オーストラリアを含む大部分の諸国は参戦の時点から終戦までの期間に日独両陣営と戦争状態にあったが、ソビエト連邦が対日戦に参戦したのは1945年8月のことである。 ドイツやその他の枢軸国から攻撃を受けるなどし、領域を喪失した政府が亡命政府となり、戦争に参加している。戦後これらの亡命政府の多くは帰国したが、ソ連の影響力が強い地域の亡命政府は復帰することができない例や、戦後まもなく亡命政府の継承政権が打倒されることもあった。一方でユーゴスラビアのパルチザンなど交戦当時は国家を代表する存在ではなかったが、国家を代表する存在として連合国の政府として承認される事例もあった。 連合国は戦後処理問題などで比較的緊密な連絡を取った。現在の国際連合 (United Nations) は、戦争中の連合国協議によって生まれた国際機関であり、連合国諸国が原加盟国となっている。特に中心となったアメリカ・イギリス・ソビエト連邦・フランス・中華民国は、国際連合憲章によって安全保障理事会における「常任理事国」の地位が与えられ、拒否権などの特権を有するなど、国際社会において強い影響を持つこととなった。.

新しい!!: 戦闘爆撃機と連合国 (第二次世界大戦) · 続きを見る »

F-105 (戦闘機)

F-105 サンダーチーフ (F-105 Thunderchief:雷の王、雷神の意) はアメリカのリパブリック社が開発した軍用機である。.

新しい!!: 戦闘爆撃機とF-105 (戦闘機) · 続きを見る »

F-111 (航空機)

F-111はジェネラル・ダイナミクス社が開発した軍用機。センチュリーシリーズに数えられることがある。.

新しい!!: 戦闘爆撃機とF-111 (航空機) · 続きを見る »

F-15 (戦闘機)

F-15は、アメリカ合衆国のマクダネル・ダグラス社(現ボーイング社)の開発した制空戦闘機。制式機の受領は1972年(正式編成は1976年)、愛称はイーグル(ワシ)(Eagle)。.

新しい!!: 戦闘爆撃機とF-15 (戦闘機) · 続きを見る »

F-15E (航空機)

F-15Eは、マクドネル・ダグラス社(現ボーイング社)が開発した戦闘爆撃機(マルチロール機)である。愛称はストライクイーグル(Strike Eagle:攻撃する鷲、の意味)であるが、アメリカ空軍の正式愛称は「イーグル」のままである。.

新しい!!: 戦闘爆撃機とF-15E (航空機) · 続きを見る »

F-16 (戦闘機)

F-16は、アメリカ合衆国のジェネラル・ダイナミクス社が開発した第4世代ジェット戦闘機である。愛称はファイティング・ファルコン (Fighting Falcon)。 ジェネラル・ダイナミクス社軍用機部門のロッキード社への売却と、ロッキードのマーティン・マリエッタ併合によるロッキード・マーティンへの改称により、現在はロッキード・マーティン社の製品となっている。.

新しい!!: 戦闘爆撃機とF-16 (戦闘機) · 続きを見る »

F-2 (航空機)

F-2(エフに、エフツー)は、F-1の後継として開発された日本・航空自衛隊の戦闘機である。1995年(平成7年)に初飛行を行い、2000年(平成12年)から部隊配備を開始した。 公式な愛称ではないが、関係者やファンからは「平成の零戦」や「バイパーゼロ」などと呼ばれることがある。.

新しい!!: 戦闘爆撃機とF-2 (航空機) · 続きを見る »

F-22 (戦闘機)

F-22は、ロッキード・マーティン社とボーイング社が共同開発した、レーダーや赤外線探知装置などからの隠密性が極めて高いステルス戦闘機。愛称は猛禽類の意味のラプター(Raptor)。複数の用途での運用が可能なマルチロール機であり、開発元のロッキード・マーティン社はAir Dominance(航空支配)というキャッチフレーズを用いている。.

新しい!!: 戦闘爆撃機とF-22 (戦闘機) · 続きを見る »

F-35 (戦闘機)

F-35 ライトニング II(F-35 Lightning II)は、アメリカ合衆国の航空機メーカー、ロッキード・マーティンが中心となって開発している単発単座の多用途性を備えたステルス戦闘機である。 開発計画時の名称である統合打撃戦闘機(Joint Strike Fighter)の略称JSFで呼ばれる事も多い。 コンピュータによる情報統合を推し進めており、HMDによる360°視界まで実現している。電子装備の充実度はF-22を超えている。.

新しい!!: 戦闘爆撃機とF-35 (戦闘機) · 続きを見る »

F/A-18 (航空機)

F/A-18は、アメリカ合衆国のマクドネル・ダグラス(現ボーイング)社が開発した戦闘攻撃機。また、採用国によっては防空任務が主な目的であることからF-18などと呼ばれることもある。 スズメバチを意味するホーネット(Hornet)が愛称で、現在は発展型であるF/A-18E/F スーパーホーネットと区別する意味でレガシー(旧来の)ホーネットと記載・呼称されることがある。ボーイングでは『F/A-18 Hornet Fighter』と記載している。.

新しい!!: 戦闘爆撃機とF/A-18 (航空機) · 続きを見る »

F/A-18E/F (航空機)

F/A-18E/Fは、マクドネル・ダグラス社が開発したF/A-18A-D ホーネットの発展型戦闘攻撃機。F/A-18E/Fとは本シリーズの総称であり、その内容は単座型のF/A-18Eと複座型のF/A-18Fからなる。 愛称は、ホーネットを超越しているという意味を込めて「スーパーホーネット」(Super Hornet)に変更された。A型からD型までのレガシーホーネットと識別するために、「ライノ」(Rhino)という愛称を無線でコールする際に用いている。「レガシーホーネット」・「ライノ」ともに非公式な呼称でもある。.

新しい!!: 戦闘爆撃機とF/A-18E/F (航空機) · 続きを見る »

G.91 (航空機)

フィアットG.91はイタリアのフィアット社(後に航空部門を切り離しアエリタリア社になった)が1960年代に開発した戦闘爆撃機。非公式にジーナ(Gina)の愛称で親しまれた。バリエーションとしては、複座練習機型のG.91T、偵察能力を持つ本格量産型のG.91R、拡大改良型といえる'''G.91Y'''がある。.

新しい!!: 戦闘爆撃機とG.91 (航空機) · 続きを見る »

HF-24 (航空機)

HF-24は、インドのヒンドスタン社が開発した超音速戦闘爆撃機。愛称はマルート(Marut;インド神話に登場する風の精)。1961年6月17日に初飛行した。.

新しい!!: 戦闘爆撃機とHF-24 (航空機) · 続きを見る »

J-10 (航空機)

J-10(殲撃十型、Jian-10、歼-10)は、中華人民共和国の航空機メーカー、成都飛機工業公司によって設計され、生産が行われている戦闘機。西側諸国ではヴィゴラス・ドラゴン(Vigorous Dragon:猛龍)と呼ばれる。NATOコードネームは「ファイヤーバード」(Firebird)。 高価な主力戦闘機 (J-11) とともに配備され機数を確保する混合運用(ハイ・ロー・ミックス)のための軽戦闘機として開発・配備された。.

新しい!!: 戦闘爆撃機とJ-10 (航空機) · 続きを見る »

JH-7 (航空機)

JH-7(殲轟7、歼轰7)は、中華人民共和国の第603航空機設計所で開発、西安飛機工業公司で製造された全天候型戦闘爆撃機である。老朽化したQ-5攻撃機の後継機として開発され、現在中国人民解放軍のみで運用されている。輸出名はFBC-1、愛称はフライング・レオパルド(Flying Leopard、飛豹、飞豹)である。NATOコードネームはフラウンダー (Flounder)。.

新しい!!: 戦闘爆撃機とJH-7 (航空機) · 続きを見る »

MiG-27 (航空機)

MiG-27(ミグ27;ロシア語:МиГ-27ミーグ・ドヴァーッツァチ・スィェーミ)は、ソ連のミグ設計局の開発した戦闘爆撃機である。MiG-23前線戦闘機のソ連国内向け戦闘爆撃機型として製作された。1980年代、スホーイ設計局のSu-17M3/4とともにソ連空軍戦闘爆撃機部隊の中核を担った。北大西洋条約機構(NATO)の使用するNATOコードネームはフロッガーD/F/H/J/J-2 (Flogger D/F/H/J/J-2)。 なお、このページで扱うMiG-27シリーズはMiG-23の戦闘爆撃機型であり、その輸出型はMiG-23BK/BNと呼ばれている。このように、MiG-23シリーズとMiG-27シリーズは併せて考えるべきである。MiG-23/27シリーズの全体についてはMiG-23 (航空機)を参照のこと。.

新しい!!: 戦闘爆撃機とMiG-27 (航空機) · 続きを見る »

MiG-35 (航空機)

MiG-35 (ミグ35;ロシア語:МиГ-35ミーク・トリーッツァチ・ピャーチ) は、ロシアのRSK「MiG」によって開発された、マルチロール機である。北大西洋条約機構 (NATO)の使用するNATOコードネームはファルクラムF (Fulcrum-F) 。非公式名称であるがスーパーファルクラム (Super Fulcrum) の愛称が用いられることもある。ロシアでは当機を第4++世代ジェット戦闘機に定義している。.

新しい!!: 戦闘爆撃機とMiG-35 (航空機) · 続きを見る »

Su-17 (航空機)

Su-17(スホーイ17、スホイ17;ロシア語:Су-17スー・スィムナーッツァチ)は、ソ連のスホーイ設計局が開発した超音速ジェット軍用機である。Su-7を改良した可変翼機で、戦闘爆撃機や前線偵察機として使用された。 NATOコードネームはSu-7から続く「フィッター」(Fitter:「仕立物屋」)で、派生型に応じて「フィッターC」から「フィッターK」までが割り当てられた。Su-20(Су-20スー・ドヴァーッツァチ)やSu-22(Су-22スー・ドヴァーッツァッドヴァー)は、Su-17の輸出向けの派生型である。.

新しい!!: 戦闘爆撃機とSu-17 (航空機) · 続きを見る »

Su-24 (航空機)

Su-24(スホーイ24、スホイ24;ロシア語:Су-24スー・ドヴァーッツァチ・チトゥィーリェ)は、ソ連で戦術爆撃機として使用されていたYak-28の後継として開発された大型の戦闘爆撃機。現在ロシアやウクライナ、ベラルーシなど旧ソ連諸国の主力攻撃機となっている。NATOコードネームはフェンサー(英:Fencer、フェンシングをする人・剣士の意)。.

新しい!!: 戦闘爆撃機とSu-24 (航空機) · 続きを見る »

Su-34 (航空機)

Su-34(スホーイ34、スホイ34;ロシア語:Су-34スー・トリーッツァチ・チトィーリェ)は、ロシア(ソ連)のスホーイ社によって開発された、Su-27の発展型の戦闘爆撃機である。 ロシアにおいては、Многофункциональные Самолеты(多機能航空機)、あるいは、Su-24と同様Фронтовые Бомбардировщики(前線爆撃機)と呼ばれている。NATOコードネームはフルバック(Fullback、後衛・フルバックと呼ばれる、スポーツのポジションの一つ)。.

新しい!!: 戦闘爆撃機とSu-34 (航空機) · 続きを見る »

Su-35 (航空機)

Su-35(スホーイ35、スホイ35;ロシア語:Сухой Су-35スー・トリーッツァチ・ピャーチ)は、ロシア連邦のスホーイ社が開発し、Yu.A.ガガーリン記念コムソモーリスク・ナ・アムーレ航空機工場(KnAAZ)が製造する長距離多用途戦闘機。Su-27を発展させた第4++世代ジェット戦闘機であり、MAKS-2007航空ショーで発表された。.

新しい!!: 戦闘爆撃機とSu-35 (航空機) · 続きを見る »

核兵器

核兵器(かくへいき、nuclear weapon)は、核分裂の連鎖反応、または核融合反応で放出される膨大なエネルギーを利用して、爆風、熱放射や放射線効果などの作用を破壊に用いる兵器の総称。原子爆弾、水素爆弾、中性子爆弾等の核爆弾(核弾頭)とそれを運搬する運搬兵器で構成されている。 核兵器は生物兵器、化学兵器と合わせてNBC兵器(又はABC兵器)と呼ばれる大量破壊兵器である。一部放射能兵器も含めて核兵器と称する場合があるが、厳密には放射能兵器を核兵器に分類するのは誤りである。 核兵器は、人類が開発した最も強力な兵器の一つであり、その爆発は一発で都市を壊滅させる事も可能である。そのような威力ゆえに、20世紀後半に配備数が増えるにつれ核戦争の脅威が想定されるようになり、単なる兵器としてだけではなく、国家の命運、人類の存亡にも影響するものとして、開発・配備への動きのみならず、規制・廃棄の動きなど様々な議論の対象となってきた。また、実戦使用されたのがアメリカ合衆国による、第二次世界大戦における二発(広島・長崎)のみであり、使用ではなく、主に配備による抑止力として、その意義が評価されている側面を持つ。 核兵器は核分裂を主とする原子爆弾と核融合を主とする水素爆弾の大きく二つに分類される。原子爆弾は大威力化に限界があり、水素爆弾の方が最大威力は大きくすることができる。また、兵器の形態としても、開発当初は大型航空爆弾のみであったが、プルトニウム型の場合高度な製造技術を必要とする反面、小型化が可能でありミサイルや魚雷の弾頭、砲弾までも様々なものが開発されている。.

新しい!!: 戦闘爆撃機と核兵器 · 続きを見る »

横須賀海軍航空隊

横須賀海軍航空隊(よこすかかいぐんこうくうたい)とは、大日本帝国海軍で最初に設立され、終戦まで存続した航空部隊。航空隊要員の教育・練成、新型機の実用実験、各機種の戦技研究を担当した。有事の際は東京湾防衛の任に就くことになっており、戦況の押し詰まった1944年(昭和19年)2月からは、実戦配備にも付いた。.

新しい!!: 戦闘爆撃機と横須賀海軍航空隊 · 続きを見る »

湾岸戦争

湾岸戦争(わんがんせんそう、Gulf War、حرب الخليج الثانية)は、1990年8月2日のイラクによるクウェート侵攻をきっかけに、国際連合が多国籍軍(連合軍)の派遣を決定し、1991年1月17日にイラクを空爆して始まった戦争である。.

新しい!!: 戦闘爆撃機と湾岸戦争 · 続きを見る »

源田実

源田 実(げんだ みのる、源田 實、1904年(明治37年)8月16日 - 1989年(平成元年)8月15日)は、日本の海軍軍人、航空自衛官、政治家。海軍では海兵52期を卒業し、最終階級は大佐。戦闘機パイロット、航空参謀を歴任し、第三四三海軍航空隊司令として終戦を迎えた。自衛隊では初代航空総隊司令、第3代航空幕僚長を務め、ブルーインパルスを創設した。航空自衛隊の育ての親。政治家としては参議院議員を4期24年務めた。赤十字飛行隊の初代飛行隊長を務める。.

新しい!!: 戦闘爆撃機と源田実 · 続きを見る »

戦略爆撃機

B-2 スピリット 戦略爆撃機(せんりゃくばくげきき)は、前線後方の戦略目標(司令部、生産施設、発電所など)の破壊に使用される爆撃機。爆撃機の発展とともに戦略爆撃機のみになったが、戦術爆撃にも使用される。戦略目標の爆撃に戦術機の戦闘攻撃機で核兵器を投入できるようになり、戦略爆撃と戦術爆撃の区別が難しくなり、冷戦後は明確な戦術機と戦略機の区別がなくなっている。.

新しい!!: 戦闘爆撃機と戦略爆撃機 · 続きを見る »

戦闘機

F-15 戦闘機(せんとうき、英:fighter aircraft, あるいは単にfighter)とは敵対する航空機との空対空戦闘を主任務とする軍用機。現在では空対空戦闘にとどまらず、場合によっては対地攻撃や対艦攻撃、爆撃などの任務を行う場合もある。なお、地上や洋上の目標の攻撃を主任務とするのが攻撃機である。 フランス空軍のローラン・ギャロスが1915年モラーヌ・ソルニエ Lの中心線に固定銃を装備したことで思想が生まれ、ドイツによるフォッカー アインデッカーの量産によって、固定銃を装備して敵の航空機を撃墜する機体として登場した。時代が進むにつれて技術の発達、戦訓により戦闘機の任務は多様化し、技術的、思想的にも違いが生まれていった。また、高い運動性を持つため、特殊飛行の公演にも利用される。 世界で最も生産された戦闘機はドイツのBf109の約35,000機。ジェット機最多はソビエト連邦のMiG-15の約15,000機(超音速機ではMiG-21の約10,000機)。日本最多生産機は零式艦上戦闘機の約10,000機。 英語では「Fighter」だが、1948年以前のアメリカ陸軍航空軍では「pursuit aircraft (追撃機)」と呼ばれていた。戦闘機の命名方法については軍用機の命名規則を参照。また、兵器を搭載できる航空機全般を指して戦闘機と呼ぶ場合があるが、その意味での戦闘機は軍用機を参照。.

新しい!!: 戦闘爆撃機と戦闘機 · 続きを見る »

戦闘機一覧

戦闘機一覧(せんとうきいちらん)は、各国で開発された戦闘機を国別に一覧でまとめた物である。.

新しい!!: 戦闘爆撃機と戦闘機一覧 · 続きを見る »

支援戦闘機

支援戦闘機(しえんせんとうき)は、航空自衛隊における攻撃機の名称。任務は対艦攻撃、対地攻撃、近接航空支援と幅広く、状況に応じて航空脅威の対処にも使用される。 「攻撃」という言葉を避けるため、地上部隊や艦隊を空から「支援」する、ということにより名づけられた航空自衛隊独自の呼称。 英語では『Support Fighter』など翻訳される。.

新しい!!: 戦闘爆撃機と支援戦闘機 · 続きを見る »

攻撃機

攻撃機(こうげきき)は、地上や洋上の目標の攻撃を主任務とする航空機である。主要搭載兵装は空対地、空対艦ミサイル、精密誘導爆弾、通常爆弾、ロケット弾で、多くの攻撃機が任務や目標に応じて搭載兵装を変更できる多用途性を有している青木謙知『ミリタリー選書1現代軍用機入門(軍用機知識の基礎から応用まで)』イカロス出版12頁。 似た軍用機として爆撃機があり、より多くの爆弾類を搭載し強力な破壊力を持たせた航空機は爆撃機として分類される。進化が進み、トーネード IDSが9トン以上、F/A-18Cは7トン以上の爆弾類を搭載でき、第二次世界大戦の爆撃機並みの搭載量だが、純粋な爆撃機も進化が進みB-52Hは27トン、B-1Bは34トン、ステルス性を優先し搭載量を若干犠牲にしたB-2Aでも22トンと、従来より飛躍的に増加している。 航空機のジェット化が進み、レーダー、電子技術、ミサイルなどの兵装の発達で従来の機種は整理され、特に戦闘機は空戦を専門とするタイプと大量の兵装を装備できる戦闘攻撃機タイプが主流になり、兵装の交換により対空、対地、対艦といった幅広い任務に対応するマルチロール機へと進化していった。攻撃機はマルチロール化した戦闘機に集約されて機種が減る一方、練習機などと基本設計が兼用の軽攻撃機も広く使われる。 航空自衛隊では「攻撃」という表現が避けられ、支援戦闘機と呼ばれていたが、マルチロール機の発展で通常の戦闘機に役割を統合され消滅した。.

新しい!!: 戦闘爆撃機と攻撃機 · 続きを見る »

急降下爆撃

急降下爆撃と水平爆撃の違い。同じ精度で投弾を行っても、急降下爆撃の方が着弾誤差が小さくなる 急降下爆撃(きゅうこうかばくげき)は、急降下しながら機体の軸に沿って爆弾を投下する爆撃。.

新しい!!: 戦闘爆撃機と急降下爆撃 · 続きを見る »

急降下爆撃機

急降下爆撃機(きゅうこうかばくげきき)とは、急降下爆撃を行うために、特に開発された軍用機である。第二次世界大戦において多用されたが、誘導兵器の発達や、雷撃機との統合により、その役割は攻撃機に集約されていき急降下爆撃の黄金期,白石光,歴史群像,2016年10月号,P105-113,学習研究社、更にジェット化後戦闘爆撃機にその多くの機能が統合された。 なお、大日本帝国海軍では、急降下爆撃を行える機体を爆撃機、水平爆撃および雷撃のみを行える機体を攻撃機と分類・呼称していた。.

新しい!!: 戦闘爆撃機と急降下爆撃機 · 続きを見る »

1934年

記載なし。

新しい!!: 戦闘爆撃機と1934年 · 続きを見る »

2001年

また、21世紀および3千年紀における最初の年でもある。この項目では、国際的な視点に基づいた2001年について記載する。.

新しい!!: 戦闘爆撃機と2001年 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

ヤーボ戦闘攻撃機

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »