ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

心臓弁膜症

索引 心臓弁膜症

心臓弁膜症(しんぞうべんまくしょう、valvular disease of the heart)は、心臓にある4つの弁のうちのひとつまたは2つ以上が機能障害を起こす疾患の総称である。弁膜性心疾患と呼ぶ場合もある。.

28 関係: 加瀬川均半分の月がのぼる空大動脈弁奇形三尖弁下町ロケット循環器学心筋梗塞心臓心臓血管外科学チャック・ウィルソンチアノーゼ僧帽弁ライトノベルリウマチ熱フォンタン手術動脈硬化症動脈管開存症疾病及び関連保健問題の国際統計分類病気開心術開胸術肺動脈弁脳梗塞橋本紡池井戸潤浮腫手術

加瀬川均

加瀬川 均(かせがわ ひとし)は、心臓血管外科医。加瀬川循環器クリニック院長。医学博士。.

新しい!!: 心臓弁膜症と加瀬川均 · 続きを見る »

半分の月がのぼる空

『半分の月がのぼる空』(はんぶんのつきがのぼるそら)は、電撃文庫から刊行された橋本紡のライトノベル(全8巻)。また、それを原作とする漫画・アニメ・テレビドラマ・実写映画作品である。ライトノベルとしては唯一「漫画・ドラマCD・アニメ・実写ドラマ・実写映画」の5分野で作品化されている。 原作ライトノベルは『完全版 半分の月がのぼる空』としてのリメイク刊行がされている。.

新しい!!: 心臓弁膜症と半分の月がのぼる空 · 続きを見る »

大動脈弁

大動脈弁(だいどうみゃくべん、aortic valve、valva aortae)は、心臓の左心室から大動脈への血液の流出路にある弁である。.

新しい!!: 心臓弁膜症と大動脈弁 · 続きを見る »

奇形

奇形(きけい、畸形・畸型とも)とは、主に生物が先天的に肉眼形態上の異常を持っていることを指す。その結果として機能障害をきたすこともある。また、形態上の異常ではない疾患(純粋な機能異常である)精神発達遅滞や内分泌障害は奇形とは呼ばれないことが多いが、これらが奇形に合併することも多い。 なお、「奇形」という語は「めずらしい形」が原義である。例えば芸術作品などにおいて、標準から大きく外れた形態を持つ作品などを「奇形」と表現することもある。.

新しい!!: 心臓弁膜症と奇形 · 続きを見る »

三尖弁

三尖弁(さんせんべん、tricuspid valve、valva tricuspidalis)は、心臓の右心房と右心室の間にある弁。右房室弁ともいう。.

新しい!!: 心臓弁膜症と三尖弁 · 続きを見る »

下町ロケット

『下町ロケット』(したまちロケット)は、池井戸潤の小説、及びこれを原作としたテレビドラマ・ラジオドラマである。宇宙科学開発機構の研究員だった佃航平が、死んだ父の経営していた中小企業「佃製作所」の社長となり、社員たちと共に奮闘する姿を描く。 小学館発行の『週刊ポスト』に2008年4月18日号から2009年5月22日号まで連載され、加筆・訂正の後、2010年11月24日に単行本が小学館より刊行された。2013年12月21日には小学館文庫版が刊行された。第145回(2011年上半期)直木三十五賞受賞作品、および、第24回(2011年)山本周五郎賞候補作品。 2011年にWOWOWの連続ドラマWでテレビドラマ化された。 2012年3月20日には、TBSラジオでもドラマスペシャルとしてラジオドラマ化された。 2015年10月3日から、続編『下町ロケット2 ガウディ計画』が朝日新聞に連載され、2015年11月5日に書き下ろし単行本が刊行された。『下町ロケット』はロケットエンジンのキーパーツであるバルブシステムの開発に賭ける佃製作所の奮闘が描かれ、『下町ロケット2』では心臓手術に使用する人工弁「ガウディ」開発に取り組む様子が描かれる。 2015年10月18日からTBS系の日曜劇場でテレビドラマ化された。10月3日から朝日新聞に連載された『下町ロケット2』が、6話からの「ガウディ編」として映像化され、新聞連載とテレビドラマの同時進行で描かれた。.

新しい!!: 心臓弁膜症と下町ロケット · 続きを見る »

循環器学

循環器学(じゅんかんきがく、)は、内科学の一分野。 語源でもある「心臓学(cardiology)」という名称からわかるように、主に心臓を研究する分野として発展し、心臓・冠動脈・大動脈・血圧等の循環器(circulation)全般を取り扱う分野。 外科学分野においては心臓血管外科学が携わる。診療科としては循環器内科と心臓血管外科が共に循環器センターを設置している施設もある。.

新しい!!: 心臓弁膜症と循環器学 · 続きを見る »

心筋梗塞

心筋梗塞(しんきんこうそく、myocardial infarction)は、虚血性心疾患のうちの一つ。心臓の筋肉細胞に酸素や栄養を供給している冠動脈に閉塞や狭窄などが起きて血液の流量が下がり、心筋が虚血状態になり壊死してしまった状態。通常は急性に起こる「急性心筋梗塞(AMI)」のことを指す。心臓麻痺・心臓発作(heart attack)とも呼ばれる。 心筋が虚血状態に陥っても壊死にまで至らない前段階を狭心症といい、狭心症から急性心筋梗塞までの一連の病態を総称して急性冠症候群(acute coronary syndrome, ACS)という概念が提唱されている。.

新しい!!: 心臓弁膜症と心筋梗塞 · 続きを見る »

心臓

心臓と肺。古版『グレイの解剖学』より 心臓(しんぞう)とは、血液循環の原動力となる器官のこと大辞泉【心臓】。血液循環系の中枢器官のこと広辞苑 第五版 p.1386【心臓】。.

新しい!!: 心臓弁膜症と心臓 · 続きを見る »

心臓血管外科学

心臓血管外科学(しんぞうけっかんげかがく、英語:cardiovascular surgery)とは、心臓や血管などを中心に扱う外科学の一分野である。 欧米では一般に、心臓疾患を扱う「心臓外科学(cardiac surgery)」と血管疾患を扱う「血管外科学(vascular surgery)」という2つの分野に分かれている。しかし日本では多くの場合、心臓、大血管、末梢血管を含めて循環器系統の疾患を対象する統合された外科学領域として心臓血管外科学としている。また、共に胸部の臓器を扱う心臓外科学と呼吸器外科学を合わせて胸部外科学または胸部心臓外科学としていることもある。また、診療科としては同じ循環器系統の疾患を扱う循環器内科と共に循環器センターを設置している施設もある。.

新しい!!: 心臓弁膜症と心臓血管外科学 · 続きを見る »

チャック・ウィルソン

チャールズ・ケント・ウィルソン(Charles Kent Wilson、1946年10月26日 - )は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン出身のスポーツインストラクター、外国人タレント、俳優、著作家。日本にエアロビクスを紹介した人物でもある。柔道六段。血液型はO型。身長178cm、体重100kg。所属。.

新しい!!: 心臓弁膜症とチャック・ウィルソン · 続きを見る »

チアノーゼ

チアノーゼ (Zyanose、cyanosis) とは、皮膚や粘膜が青紫色である状態をいう。一般に、血液中の酸素濃度が低下した際に、爪床や口唇周囲に表れやすい。医学的には毛細血管血液中の脱酸素化ヘモグロビン(デオキシヘモグロビン)が5g/dL以上で出現する状態を指す。貧血患者には発生しにくい(ヘモグロビンの絶対量が少ないために還元ヘモグロビンの量が5g/dL以上になり難いため)。 主な原因としては、.

新しい!!: 心臓弁膜症とチアノーゼ · 続きを見る »

僧帽弁

僧帽弁(そうぼうべん、英: mitral valve, 羅: valva mitralis)とは、心臓の左心房と左心室の間にある弁である。その形状がカトリックの司教冠に似ているとして命名された。二尖弁、左房室弁ともいう。.

新しい!!: 心臓弁膜症と僧帽弁 · 続きを見る »

ライトノベル

ライトノベルは、日本で生まれた小説の分類分けの1つ。英単語のlightとnovelを組み合わせた和製英語。略語としてはラノベ。.

新しい!!: 心臓弁膜症とライトノベル · 続きを見る »

リウマチ熱

リウマチ熱(リウマチねつ)とは、A群溶連菌に感染して後1~3週間に生じる全身性の非化膿性疾患の一つである。特徴として結合織の炎症が関節、心臓、血管、神経等を冒すとされる。特に心臓では弁膜、心内外膜、心筋が好発部位であり、5~15歳が好発年齢である。.

新しい!!: 心臓弁膜症とリウマチ熱 · 続きを見る »

フォンタン手術

フォンタン手術(Fontan procedure)とは、単心室症を含む複雑心奇形に対する機能的修復術である。体循環からの静脈血を直接肺動脈に流す(即ち、解剖学的右室をバイパスする = フォンタン循環)ように血流を転換する手術である。本術式は1971年にフォンタンとクロイツェルにより三尖弁閉鎖症に対する外科治療としてそれぞれ独立に報告された。 本項では、上大静脈からの静脈血を肺動脈に流すグレン手術(Glenn procedure)についても併せて記載する。グレン手術は、フォンタン手術を行う前段階の手術として行われることが多い。.

新しい!!: 心臓弁膜症とフォンタン手術 · 続きを見る »

動脈硬化症

動脈硬化症(どうみゃくこうかしょう、arteriosclerosis)とは、動脈硬化により引き起こされる様々な病態の総称。 心臓から全身に血液を送り込む役割を担う動脈の内壁が肥厚し硬化した状態を指して動脈硬化と呼称する。本症はこの動脈硬化が原因で身体にさまざまな症状が現れることを指す。 動脈硬化には、アテローム性動脈硬化(粥状動脈硬化)、細動脈硬化、中膜石灰化硬化(メンケベルグ硬化)の3つのタイプが存在するが、一般に「動脈硬化」といえばアテローム性動脈硬化を指すことが多い《》《》。 アテローム性動脈硬化は、脂質異常症(旧・高脂血症)や糖尿病、高血圧、喫煙、運動不足などの危険因子により生じると考えられ、最終的には動脈の血流が遮断されて、酸素や栄養が重要組織に到達できなくなる結果、脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こす原因となる。 最近では本症の危険因子の一つとして考えられている脂質異常症や、その脂質異常症を招く元となっている内臓脂肪型肥満(内臓脂肪の蓄積)の上に高血糖・高血圧・脂質異常のうち2つ以上が集積した状態にあって動脈硬化を急速に進行させるといわれるメタボリックシンドロームについての研究が盛んである。.

新しい!!: 心臓弁膜症と動脈硬化症 · 続きを見る »

動脈管開存症

動脈管開存症(どうみゃくかんかいぞんしょう、patent ductus arteriosus; PDA)とは、胎生の哺乳類で、出生後動脈管が閉鎖しなかった結果として生じる先天性心疾患。初期には大動脈から肺動脈への血液の流入(左→右短絡)により肺の血液量が増加し、左心系うっ血性心不全を示すが、病気の進行により肺動脈圧が大動脈圧を超えると肺動脈から大動脈への血液の流入(右→左短絡)が生じ、静脈血が全身に循環することにより低酸素血症を示す(アイゼンメンガー症候群)。動脈管開存症では通常の血流量より多くの血液が流れるため、肺動脈や肺静脈の血管径は拡張する。.

新しい!!: 心臓弁膜症と動脈管開存症 · 続きを見る »

疾病及び関連保健問題の国際統計分類

病及び関連保健問題の国際統計分類(しっぺいおよびかんれんほけんもんだいのこくさいとうけいぶんるい、略称:国際疾病分類、英:International Statistical Classification of Diseases and Related Health Problems、英略称: International Classification of Diseases、ICD)は、世界保健機関 (WHO) が死因や疾病の国際的な統計基準として公表している分類である。死因や疾病の統計などに関する情報の国際的な比較や、医療機関における診療記録の管理などに活用されている。 現在の最新版は、1990年の第43回世界保健総会で採択された第10版であり、ICD-10として知られている。ICD-10では、分類はアルファベットと数字により符号化されており、最初のアルファベットが全21章から成る大分類(Uを除く)、続く数字が中分類を表している。また、ICD-10は後に2007年版として改定が行なわれている。最新版は2016年改訂版であるが、厚生労働省では現在2013年改訂版までをウェブ公開している。.

新しい!!: 心臓弁膜症と疾病及び関連保健問題の国際統計分類 · 続きを見る »

病気

病気(びょうき)、病(やまい)は、人間や動物の心や体に不調または不都合が生じた状態のこと。(本記事で後述)。一般的に外傷などは含まれない。病気の類似概念としての、症候群(しょうこうぐん)、疾病(しっぺい)、疾患(しっかん)は、本記事でまとめて解説する。 別の読みである、病気(やまいけ)は、病気が起こるような気配をいう。.

新しい!!: 心臓弁膜症と病気 · 続きを見る »

開心術

開心術(Open heart surgery)、または直視下心臓手術とは、心臓外科手術において患者の心臓を切開し手術操作を行う方法である。人工心肺を用いた体外循環のもとに、心停止下に行う。 心内病変の修復を行うには心臓の壁を切開して心内に到達する必要があるが、単純に切開しただけでは大出血が起こり全身への血液灌流が停止してしまう。また手術操作のためには、心内から血液が排出された状態(無血視野)が得られること、そして心臓の拍動が止まり、静止した状態で手術が行えることの二条件が得られることが望ましい。これを可能とするために、開心術においては全身組織への血液灌流と酸素化を代替する人工心肺が使用される。また心筋保護、即ち心停止を得ると同時に心停止中の心筋障害を最小限に抑えることを目的として心筋保護液(cardioplegia)を用いるのが主流である。 本項では、弁膜症手術など心内操作のために心臓切開が必要な手術に加え、その他広く心停止法・人工心肺による体外循環を必要とする心臓手術も含めて述べる。.

新しい!!: 心臓弁膜症と開心術 · 続きを見る »

開胸術

開胸術(かいきょうじゅつ、英Thoracotomy)とは、手術方法の一つ。 胸壁を切開し、胸腔を開放する手術方法のこと。 近年では対照的に「胸腔鏡手術」がある。.

新しい!!: 心臓弁膜症と開胸術 · 続きを見る »

肺動脈弁

肺動脈弁(はいどうみゃくべん、英: pulmonary valve, 羅: valva trunci pulmonalis)は、心臓の右心室から肺動脈への血液の流出路にある弁である。.

新しい!!: 心臓弁膜症と肺動脈弁 · 続きを見る »

脳梗塞

脳梗塞(のうこうそく、stroke)、または脳軟化症(のうなんかしょう)「脳軟化症」の名の由来は、脳細胞は壊死すると溶けてしまうこと(「融解壊死」)から。とは、脳を栄養する動脈の閉塞、または狭窄のため、脳虚血を来たし、脳組織が酸素、または栄養の不足のため壊死、または壊死に近い状態になることをいう。また、それによる諸症状も脳梗塞と呼ばれることがある。なかでも、症状が激烈で(片麻痺、意識障害、失語など)突然に発症したものは、他の原因によるものも含め、一般に脳卒中と呼ばれる。それに対して、ゆっくりと進行して認知症(脳血管性認知症)などの形をとるものもある。 日本における患者数は約150万人で、毎年約50万人が発症するとされ、日本人の死亡原因の中で高い順位にある高頻度な疾患である。また、後遺症を残して介護が必要となることが多く、寝たきりの原因の約3割、患者の治療費は日本の年間医療費の1割を占めており、福祉の面でも大きな課題を伴う疾患である。.

新しい!!: 心臓弁膜症と脳梗塞 · 続きを見る »

橋本紡

橋本 紡(はしもと つむぐ、本名: 橋本雅哉(はしもと まさや)、1967年9月22日 - )は、日本の小説家。三重県伊勢市生まれ。血液型AB型。.

新しい!!: 心臓弁膜症と橋本紡 · 続きを見る »

池井戸潤

池井戸 潤(いけいど じゅん、1963年6月16日 - )は、日本の小説家。岐阜県出身。岐阜県立加茂高等学校から慶應義塾大学文学部および法学部卒。.

新しい!!: 心臓弁膜症と池井戸潤 · 続きを見る »

浮腫

浮腫(ふしゅ)とは、顔や手足などの末端が体内の水分により痛みを伴わない形で腫れる症候。浮腫み(むくみ)ともいう。.

新しい!!: 心臓弁膜症と浮腫 · 続きを見る »

手術

アキレス腱の手術 手術(しゅじゅつ、surgery, operation)とは、外科的機器やメスなどを用いて患部を切開し、治療的処置を施すこと。通称、略称としてオペとも呼ばれる(独: Operationに由来)。.

新しい!!: 心臓弁膜症と手術 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

三尖弁狭窄症三尖弁閉鎖不全症三尖弁閉鎖症大動脈弁閉鎖不全症弁膜性心疾患弁膜症

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »