ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

心臓

索引 心臓

心臓と肺。古版『グレイの解剖学』より 心臓(しんぞう)とは、血液循環の原動力となる器官のこと大辞泉【心臓】。血液循環系の中枢器官のこと広辞苑 第五版 p.1386【心臓】。.

168 関係: えら単板綱右心室右心房右胸心多細胞生物多板綱大動脈大動脈弁妊娠左心室左心房上大静脈両生類三尖弁下大静脈乳酸交感神経系人工多能性幹細胞二酸化炭素二枚貝廣川信隆代謝徐脈循環循環器循環系心不全心筋心膜心臓 (KREVAのアルバム)心臓ペースメーカー心臓病心臓血管外科学心電図心房性ナトリウム利尿ペプチド心拍数医歯薬出版ナトリウムミリメートルマッコウクジラマイクロメートルノウサギ属マガモマグロマスハチドリハツハツカネズミ...ハクチョウバイソン属ポンプモルモットモグラ僧帽弁ヨーロッパアマツバメラットライオンリスワライガエルワタリガラスボアコンストリクタートラザメヘルツヒトヒキガエルピルビン酸ツバメフランク・スターリングの心臓の法則ファイアサラマンダーニワトリニシキヘビホッキョクグマダチョウ刺激伝導系呼吸アマオブネアリゲーター属アフリカゾウアホロートルアカゲライヌウマウシガエルウサギエネルギーオウムガイカメカモカラスカワカマス属カケスカサガイガンキツネキジクロウタドリコイコウノトリシロナガスクジラシビレエイ目シジュウカラズアオアトリセグロカモメサケ哺乳類再生医学冠動脈副交感神経系動物動脈血個体器官移植 (医療)筋肉節足動物粘膜細胞線毛縦隔爬虫類環形動物生物無板綱随意筋聴診器静脈静脈血頭足類頻脈血液食道解糖系骨格筋魚類鳥類軟体動物転義法胎児肺動脈肺動脈弁肺静脈肋骨脊椎動物脳性ナトリウム利尿ペプチド脂肪酸腎臓酸化酸素腹足綱除細動恒温動物東京大学東京化学同人植え込み型除細動器横紋筋横隔膜機能洞房結節液体月経房室結節摩擦 インデックスを展開 (118 もっと) »

えら

えら(鰓、腮、顋)とは、.

新しい!!: 心臓とえら · 続きを見る »

単板綱

単板綱(たんばんこう、 学: Monoplacophora)は軟体動物の綱の一つ。絶滅群であると考えられていたが、1952年、深海海底から発見された。現在まで十数種の現生種が発見されている。Monoplacophora は「一つの殻を持つもの」を意味する。現生種は深海底に住む。 単板類の生態はあまりわかっていない。殻は一枚であり、丸く、左右対称である。ヒザラガイ(多板綱)やカサガイ(腹足綱)の殻に似る。殻は薄くもろい。殻の頂点は前方に向く。 各器官には体節様の繰り返しが認められる。この体節制は環形動物の体節制に類似しており、両動物群の関係を暗示している。 筋肉質の円盤状の足で移動する。左右に5~6対存在する鰓によって呼吸を行う。 頭部に目や触角を欠く。泥やデトリタスを食べているものと考えられている。 Neopilina galatheae が1952年に現生種として初めて発見された。それ以前に古生代の化石が報告されている。体長は0.5~3.0cm程度。.

新しい!!: 心臓と単板綱 · 続きを見る »

右心室

右心室(うしんしつ、right ventricle、ventriculus dexter)は、心臓を構成する左右の心房と心室からなる4つの部屋の1つ、右側の心室のこと。.

新しい!!: 心臓と右心室 · 続きを見る »

右心房

右心房(うしんぼう、right atrium)とは心臓の4つの部屋のひとつ。正面から見て左上に当たる。 上・下大静脈からの静脈血を受け、三尖弁を経て右心室へ送る。.

新しい!!: 心臓と右心房 · 続きを見る »

右胸心

右胸心(うきょうしん、Dextrocardia)または右心症とは、心臓の胸腔内での位置の分類の一種であり、心臓の大部分が右胸腔に位置している状態を指す。.

新しい!!: 心臓と右胸心 · 続きを見る »

多細胞生物

多細胞生物(たさいぼうせいぶつ、、)とは、複数の細胞で体が構成されている生物のこと。一つの細胞のみで体が構成されている生物は単細胞生物と呼ばれる。動物界や植物界に所属するものは、すべて多細胞生物である。菌界のものには多細胞生物と若干の単細胞生物が含まれている。肉眼で確認できる大部分の生物は多細胞生物である。 細かく見れば、原核生物にも簡単な多細胞構造を持つものがあり、真核の単細胞生物が多い原生生物界にも、ある程度発達した多細胞体制を持つものが含まれる。 多細胞体制の進化は、その分類群により様々な形を取る。おおざっぱに見れば、その生物の生活と深く関わりがあるので、動物的なもの・植物的なもの・菌類的なものそれぞれに特徴的な発達が見られる。 最も少ない細胞数で構成されている生物は、シアワセモ (Tetrabaena socialis) の4個である。.

新しい!!: 心臓と多細胞生物 · 続きを見る »

多板綱

多板綱(たばんこう)は、軟体動物の一群で、一般的にはヒザラガイ類として知られている。扁平な体で、背面に一列に並んだ8枚の殻を持っており、現生の軟体動物では最も体節制を思わせる体制をもっている。.

新しい!!: 心臓と多板綱 · 続きを見る »

大動脈

# 解剖学: 心臓より流れ出し全身に血流を送り出す大元となる動脈。この項目で記述。.

新しい!!: 心臓と大動脈 · 続きを見る »

大動脈弁

大動脈弁(だいどうみゃくべん、aortic valve、valva aortae)は、心臓の左心室から大動脈への血液の流出路にある弁である。.

新しい!!: 心臓と大動脈弁 · 続きを見る »

妊娠

妊娠している女性(妊婦) 妊娠(にんしん、英:pregnancy)とは、受精卵が卵管内を移動し、子宮内膜表面に着床し、母体と機能的に結合し、(胎盤から臍帯を介して)栄養や酸素の供給を受けて成長し、やがては出産にいたるまでの生理的経過(およびその状態)を指す。.

新しい!!: 心臓と妊娠 · 続きを見る »

左心室

左心室(さしんしつ、Left ventricle)とは心臓の4つの部屋のひとつ。左心房から受けた動脈血を周りの壁の収縮により大動脈に送り循環させる。.

新しい!!: 心臓と左心室 · 続きを見る »

左心房

左心房(さしんぼう、Left atrium)とは心臓の4つの部屋のひとつ。正面から見て右上に当たる。肺静脈から動脈血化された血液を受け、その壁の収縮により左心室に送る。.

新しい!!: 心臓と左心房 · 続きを見る »

上大静脈

上大静脈(じょうだいじょうみゃく、superior vena cava(SVC))とは上半身の血液を集めて右心房に流れ込む短く太い静脈である。なお下半身の血液を集めているのは下大静脈である。.

新しい!!: 心臓と上大静脈 · 続きを見る »

両生類

両生類(りょうせいるい)とは、脊椎動物亜門両生綱 (Amphibia) に属する動物の総称である。.

新しい!!: 心臓と両生類 · 続きを見る »

三尖弁

三尖弁(さんせんべん、tricuspid valve、valva tricuspidalis)は、心臓の右心房と右心室の間にある弁。右房室弁ともいう。.

新しい!!: 心臓と三尖弁 · 続きを見る »

下大静脈

下大静脈(かだいじょうみゃく、inferior vena cava(IVC))とはヒトの体の中でいちばん大きな静脈で、その直径は約3.5cmである。下半身からの血液を集めて心臓に流れ込んでいる。 下大静脈は腹腔の後部で脊柱の右側を上行しており、右下方の後面から右心房に入る。.

新しい!!: 心臓と下大静脈 · 続きを見る »

乳酸

乳酸(にゅうさん、lactic acid)は、有機化合物で、ヒドロキシ酸の1種である。分子式 C3H6O3、示性式 CH3CH(OH)COOH、IUPAC置換命名法 2-ヒドロキシプロパン酸 (2-hydroxypropanoic acid) と表される。ただし、キラル中心を1つ持つため鏡像異性体が存在するので、R体かS体かの区別が必要な場合がある。乳酸の塩やエステルは ラクタート あるいは ラクテート(lactate)と呼ぶ。解糖系の生成物として現れる。.

新しい!!: 心臓と乳酸 · 続きを見る »

交感神経系

交感神経系(こうかんしんけいけい、sympathetic nervous system, SNS、pars sympathica divisionis)は、自律神経系の一つ。「闘争と逃走の神経(英語ではFight and Flight)」などとも呼ばれるように、激しい活動を行っている時に活性化する。.

新しい!!: 心臓と交感神経系 · 続きを見る »

人工多能性幹細胞

人工多能性幹細胞(じんこうたのうせいかんさいぼう、induced pluripotent stem cellsイギリス英語発音: インデューストゥ・プル(ー)リポウトゥントゥ・ステム・セルズ)とは、体細胞へ数種類の遺伝子を導入することにより、ES細胞(胚性幹細胞)のように非常に多くの細胞に分化できる分化万能性 (pluripotency)「pluripotency」の日本語訳については、科学者の間では「多能性」と訳されるが、「totipotency(全能性)」と「multipotency(多能性)」の中間の分化能として捉えた場合、「万能」と表記した方が分かりやすいため、報道や講演などで多用される。なお、ES細胞は特定の条件下において胚体外組織へと分化できることが分かっており、現在では「pluripotency」とは、それだけでは個体になり得ないが、すべての細胞・組織に分化できる能力とされている。と、分裂増殖を経てもそれを維持できる自己複製能を持たせた細胞のこと。2006年(平成18年)、山中伸弥率いる京都大学の研究グループによってマウスの線維芽細胞(皮膚細胞)から初めて作られた。 英語名の頭文字をとって、iPS細胞(アイピーエスさいぼう、iPS cells)と呼ばれる。命名者の山中が最初を小文字の「i」にしたのは、当時世界的に大流行していた米アップルの携帯音楽プレーヤーである『iPod』のように普及してほしいとの願いが込められている。 以下、「iPS細胞」という表記を用いる。.

新しい!!: 心臓と人工多能性幹細胞 · 続きを見る »

二酸化炭素

二酸化炭素(にさんかたんそ、carbon dioxide)は、化学式が CO2 と表される無機化合物である。化学式から「シーオーツー」と呼ばれる事もある。 地球上で最も代表的な炭素の酸化物であり、炭素単体や有機化合物の燃焼によって容易に生じる。気体は炭酸ガス、固体はドライアイス、液体は液体二酸化炭素、水溶液は炭酸・炭酸水と呼ばれる。 多方面の産業で幅広く使われる(後述)。日本では高圧ガス保安法容器保安規則第十条により、二酸化炭素(液化炭酸ガス)の容器(ボンベ)の色は緑色と定められている。 温室効果ガスの排出量を示すための換算指標でもあり、メタンや亜酸化窒素、フロンガスなどが変換される。日本では2014年度で13.6億トンが総排出量として算出された。.

新しい!!: 心臓と二酸化炭素 · 続きを見る »

二枚貝

二枚貝(にまいがい、)は、軟体動物の一群である。分類階級としては二枚貝綱(にまいがいこう)。斧足類・斧足綱(ふそくるい/ふそくこう、)、弁鰓類・弁鰓綱(べんさいるい/べんさいこう、、)とも。 体の左右に1対2枚の貝殻をもつ。敵が来ると軟体部分を殻にひっこめ、閉殻筋(貝柱)で殻を閉じて身を守る。.

新しい!!: 心臓と二枚貝 · 続きを見る »

廣川信隆

廣川 信隆(ひろかわ のぶたか、1946年3月25日 - )は日本の分子生物学者、東京大学医学系研究科特任教授。キネシンスーパーファミリー (KIF) を中心に、細胞生物学、分子生物学、発生学、生物物理学の研究をしている。.

新しい!!: 心臓と廣川信隆 · 続きを見る »

代謝

代謝(たいしゃ、metabolism)とは、生命の維持のために有機体が行う、外界から取り入れた無機物や有機化合物を素材として行う一連の合成や化学反応のことであり、新陳代謝の略称である生化学辞典第2版、p.776-777 【代謝】。これらの経路によって有機体はその成長と生殖を可能にし、その体系を維持している。代謝は大きく異化 (catabolism) と同化 (anabolism) の2つに区分される。異化は物質を分解することによってエネルギーを得る過程であり、例えば細胞呼吸がある。同化はエネルギーを使って物質を合成する過程であり、例えばタンパク質・核酸・多糖・脂質の合成がある。 代謝の化学反応は代謝経路によって体系づけられ、1つの化学物質は他の化学物質から酵素によって変換される。酵素は触媒として、熱力学的に不利な反応を有利に進めるため極めて重要な存在である。また、酵素は、細胞の環境もしくは他の細胞からの信号(シグナル伝達)の変化に反応することにより代謝経路の調節も行う。 有機体の代謝はその物質の栄養価の高さがどれだけか、また、毒性の高さがどれだけかを決定する。例えば、いくつかの原核生物は硫化水素を使って栄養を得ているが、この気体は動物にとっては毒であることが知られている。また、代謝速度はその有機体がどれだけの食物を必要としているかに影響を与える。.

新しい!!: 心臓と代謝 · 続きを見る »

徐脈

徐脈(じょみゃく)は不整脈の一種で、洞性徐脈、徐脈性不整脈とも言われる。成人の安静時心拍数は一般に毎分60〜75回(bpm)であるが、60回(bpm)未満を徐脈と定義する。徐脈は脳に必要な血液を送ることができなくなるため、めまい、失神、ふらつきなどを生じせしめたり、ときに理解力や記憶の低下が見られボケに似た症状が出る場合などがあり、こうしたケースでは適切な治療が必要となる。マラソン選手などのスポーツ心臓でも心室内腔の拡大による洞性徐脈がみられるが、この場合は通常治療の必要はない。.

新しい!!: 心臓と徐脈 · 続きを見る »

循環

循環(じゅんかん、circulation, cycle)とは、.

新しい!!: 心臓と循環 · 続きを見る »

循環器

循環器(じゅんかんき、、)とは、動物の器官の分類のひとつで、血液やリンパ液などの体液を体内で輸送し循環させる働きを行う。この器官の群は循環器系()と呼ばれ、そのほとんどが管状であるため脈管系とも呼ばれる解剖学第2版、p36、第2章 循環器系。これには2つの系統があり、血液を循環させるものを血管系、リンパ液を循環させるものをリンパ系と言う。 すべての細胞は、その活動のために酸素や栄養分を必要とし、また二酸化炭素などの老廃物を除去する必要があるため、これを血液の形ですべての細胞とやり取りする必要がある。脊椎動物では、このシステムは心臓とそれに接続された血管によって達成されている。血管は、心臓から体の各部まで血液を運んだ後、再び心臓まで戻るような経路になっており、文字通り「循環」するようになっている。これに加えて、血液は免疫のためのリンパ球をも運んでおり、白血球の機能に関する器官も循環器に含めることが多い。.

新しい!!: 心臓と循環器 · 続きを見る »

循環系

循環系(じゅんかんけい、circulatory system)とは、動物の器官系のうちで、体液を決まった形で体内を循環させる器官、すなわち循環器の系(システム)を指すものである。循環器系(じゅんかんきけい)とも言う。 動物の体腔は体液で満たされ、これを通じて消化管からの栄養の供給、呼吸器系、排出系とのやりとりが行われるのが普通である。そのためには体液は体内を規則正しく流れる方がよい。それを確保するため、体液を流す管状の構造や、そこに流れを作るポンプのような器官が見られることが多い。具体的には、血液の通り道である血管と、血液を循環させる役割をする心臓などをまとめて、循環系という。 一般に体液を流すための管状の構造を血管といい、連続した血管の全体を血管系という。血管系は大きくは解放血管系と閉鎖血管系に分けられる。解放血管系では、血管の先端が口を開いていて、血液はそこから出ると自由に体腔内を流れることができる。閉鎖血管系では、そのような口がなく、血液が血管内に閉じこめられている。実際には血管の壁を通って液体成分は出入りする。 なお、脊椎動物では、血管系とは別にリンパ管とリンパ節からなるリンパ系がやや独立した循環系として存在する。リンパ管を通る体液はリンパ液と呼ばれる。 血管系の一部に筋肉が集中し、血液を強制的に流すようになったものが心臓である。脊椎動物では心臓は腹面側の胸部にかたまり状に生じるが、節足動物や環形動物では背中側を通る腸管の背面を走る太い血管の特定の体節に生じる。 循環系を持たない動物も多い。刺胞動物や扁形動物では体腔そのものがない。いずれも消化管が体内に枝を出してその役割の一部を担う。腹毛動物や線形動物では、体液はあるが特に循環系に当たるものがない。身体の運動によって体液循環をおこなうものである。また、特に名付けられた特殊なものとして、刺胞動物のクラゲ類に見られる胃水管系、棘皮動物の水管系なども循環系の役割を果たしている。.

新しい!!: 心臓と循環系 · 続きを見る »

心(こころ)は非常に多義的・抽象的な概念であり文脈に応じて多様な意味をもつ言葉であり、人間(や生き物)の精神的な作用や、それのもとになるものなどを指し、感情、意志、知識、思いやり、情などを含みつつ指している。.

新しい!!: 心臓と心 · 続きを見る »

心不全

心不全(しんふぜん、heart failure)は、心臓の血液拍出が不十分であり、全身が必要とするだけの循環量を保てない病態を指す。.

新しい!!: 心臓と心不全 · 続きを見る »

心筋

心筋(しんきん)は、心臓を構成する筋肉のことをいう。 心筋は、骨格筋と同じ横紋筋であるが、骨格筋は随意筋で多核の細胞でできているのに対して、心筋は単核(稀に2核)の細胞でできており、不随意筋である。また、ミトコンドリアが非常に多く存在しており、心筋が要求するエネルギーの大部分をまかなっている。心房には血圧と血流の制御に関連する心房性ナトリウム利尿ペプチドと呼ばれるペプチドホルモンを合成、分泌する心筋細胞が存在する。心筋細胞は介在板により結ばれ、心筋線維を形成する。心筋線維は静止時には細胞外に対して-50~-90mVの膜電位を有する。骨格筋の絶対不応期は1~3msecなのに対して、心筋の絶対不応期は200msecと長い。.

新しい!!: 心臓と心筋 · 続きを見る »

心膜

心膜(しんまく、pericardium)は、心臓を包む強靭な結合組織性の嚢で、漿膜性心膜と線維性心膜より構成される。心臓は心膜により他の臓器と隔てられている。漿膜性心膜の壁側板と臓側板の間には心膜液を含む心膜腔があり、心臓の過拡張を防いでいる。また、心膜液は心臓の活動を円滑にする潤滑油の働きをしている。心膜に炎症が生じると心膜液の増量や心膜の肥厚が生じ、超音波検査では心膜液は無エコー領域として描写される。心膜腔内に急速に液体が貯留すると、心機能の低下を招く(心タンポナーデ)。心内膜と区別して心外膜ということもある。.

新しい!!: 心臓と心膜 · 続きを見る »

心臓 (KREVAのアルバム)

『心臓』(しんぞう)は、2009年9月8日に発売されたKREVAの4枚目のアルバム。発売元はポニーキャニオン。.

新しい!!: 心臓と心臓 (KREVAのアルバム) · 続きを見る »

心臓ペースメーカー

心臓ペースメーカー(米GUIDANT社製) 心臓ペースメーカー(しんぞうペースメーカー、)は、心筋に電気刺激を与えることで必要な心収縮を発生させる医療機器である。電気パルスの生成装置である本体と、生成した電気パルスを心筋に伝達するための導線から構成される。前者はペーサーまたはパルスジェネレーターとも呼称し、後者はリードまたは電極と呼称される。心臓ペースメーカーは狭義には本体のみを指し、広義には本体とリードを含むシステム全体を指す。.

新しい!!: 心臓と心臓ペースメーカー · 続きを見る »

心臓病

心臓病(しんぞうびょう、英: heart disease)は、心臓の疾患の総称で、心疾患(しんしっかん)とも呼ばれる。全身へ血液を送るポンプという性質上、重篤な症状を起こすものも多い。.

新しい!!: 心臓と心臓病 · 続きを見る »

心臓血管外科学

心臓血管外科学(しんぞうけっかんげかがく、英語:cardiovascular surgery)とは、心臓や血管などを中心に扱う外科学の一分野である。 欧米では一般に、心臓疾患を扱う「心臓外科学(cardiac surgery)」と血管疾患を扱う「血管外科学(vascular surgery)」という2つの分野に分かれている。しかし日本では多くの場合、心臓、大血管、末梢血管を含めて循環器系統の疾患を対象する統合された外科学領域として心臓血管外科学としている。また、共に胸部の臓器を扱う心臓外科学と呼吸器外科学を合わせて胸部外科学または胸部心臓外科学としていることもある。また、診療科としては同じ循環器系統の疾患を扱う循環器内科と共に循環器センターを設置している施設もある。.

新しい!!: 心臓と心臓血管外科学 · 続きを見る »

心電図

心電図(しんでんず、Electrocardiogram, ECG、Elektrokardiogramm, EKG)は、心臓の電気的な活動の様子をグラフの形に記録することで、心疾患の診断と治療に役立てるものである。心臓のみの筋電図とも言える。電気生理学的検査の代表的なものであり、日常診療で広く利用されている。 心電図は1903年にオランダの生理学者ウィレム・アイントホーフェンによって検流計で測定された。彼はこの業績によって1924年、ノーベル生理学・医学賞を授与されている。日本には内科学者呉建により導入された。.

新しい!!: 心臓と心電図 · 続きを見る »

心房性ナトリウム利尿ペプチド

心房性ナトリウム利尿ペプチド(しんぼうせいナトリウムりにょうペプチド、英語名:Atrial Natriuretic Peptide、ANP )は、生理活性を持つアミノ酸28個からなるペプチドの1種であり、主に心房で生合成して貯蔵され、必要に応じて血液中に分泌され、ホルモンとして作用する。.

新しい!!: 心臓と心房性ナトリウム利尿ペプチド · 続きを見る »

心拍数

心拍数(しんぱくすう、英語: heart rate)とは、一定の時間内に心臓が拍動する回数をいう。通常は1分間の拍動の数(bpm、beats per minute)をいう。また、心臓が血液を送り出す際には、動脈に拍動が生じるので、この回数を脈拍数(みゃくはくすう)あるいは単に脈拍という。.

新しい!!: 心臓と心拍数 · 続きを見る »

医歯薬出版

医歯薬出版株式会社(いしやくしゅっぱん、Ishiyaku Publishers,Inc.)は、1921年に創業を開始した日本の出版社で、医学、歯学などの医療系分野を専門とする大手出版社である。 本社は、東京都文京区本駒込1-7-10である。.

新しい!!: 心臓と医歯薬出版 · 続きを見る »

ナトリウム

ナトリウム(Natrium 、Natrium)は原子番号 11、原子量 22.99 の元素、またその単体金属である。元素記号は Na。アルカリ金属元素の一つで、典型元素である。医薬学や栄養学などの分野ではソジウム(ソディウム、sodium )とも言い、日本の工業分野では(特に化合物中において)曹達(ソーダ)と呼ばれる炭酸水素ナトリウムを重炭酸ソーダ(重曹)と呼んだり、水酸化ナトリウムを苛性ソーダと呼ぶ。また、ナトリウム化合物を作ることから日本曹達や東洋曹達(現東ソー)などの名前の由来となっている。。毒物及び劇物取締法により劇物に指定されている。.

新しい!!: 心臓とナトリウム · 続きを見る »

ミリメートル

ミリメートル(記号mm)は、国際単位系の長さの単位で、1/1000メートル(m)である。.

新しい!!: 心臓とミリメートル · 続きを見る »

マッコウクジラ

龍涎香(りゅうぜんこう) マッコウクジラ(抹香鯨、Physeter macrocephalus)は、偶蹄目(鯨偶蹄目とする説もあり)マッコウクジラ科マッコウクジラ属に分類されるクジラ類。本種のみでマッコウクジラ属を構成する。 ハクジラ類の中で最も大きく、歯のある動物では世界最大で、巨大な頭部形状が特徴。.

新しい!!: 心臓とマッコウクジラ · 続きを見る »

マイクロメートル

マイクロメートル(micrometre, 記号µm)は、国際単位系 (SI) の長さの単位である。 マイクロメートルはメートルにSI接頭辞のマイクロをつけたものであり、は (m) に等しい。よって、、 とも等しい。 マイクロメートルは赤外線の波長程度の長さである。 ナノメートル ≪ マイクロメートル ≪ ミリメートル.

新しい!!: 心臓とマイクロメートル · 続きを見る »

ノウサギ属

ノウサギ属(ノウサギぞく、学名:Lepus)は、ウサギ目ウサギ科の属。.

新しい!!: 心臓とノウサギ属 · 続きを見る »

マガモ

マガモ(真鴨、学名:Anas platyrhynchos)は、カモ目カモ科に分類される鳥類の一種。.

新しい!!: 心臓とマガモ · 続きを見る »

マグロ

マグロ(鮪)は、サバ科マグロ属(学名:)に分類される硬骨魚類の総称。暖海性で外洋性、回遊性の大型肉食魚で、日本を始めとする世界各地で重要な食用魚として漁獲されている。.

新しい!!: 心臓とマグロ · 続きを見る »

マス

マス(鱒、鮅)は、サケ目サケ科に属し日本語名に「マス」がつく魚、または日本で一般にサケ類(シロザケ(いわゆる鮭)、ベニザケ、キングサーモンなど)と呼ばれる魚以外のサケ科の魚をまとめた総称。マス、トラウト共にサケ類の陸封型の魚、及び降海する前の型の魚を指すことが多い。主に、イワナ、ヤマメ、アマゴ、ニジマス、ブラウントラウトなどがマス類、トラウト類など呼ばれる。.

新しい!!: 心臓とマス · 続きを見る »

ハチドリ

ハチドリ (蜂鳥)は鳥類アマツバメ目ハチドリ科 の総称である。.

新しい!!: 心臓とハチドリ · 続きを見る »

ハツ

ブタのハツ ハツは、焼肉、焼き鳥などの食材として使用される、ウシやニワトリ、ブタなどの心臓のこと。英語のhearts(ハーツ、心臓を表すheartの複数形)がなまったものが語源とされる。他にもココロなどと称される。 特に牛のハツは多く食べられ、脂肪が少なく淡白な味わいである。動物によってはハツ刺し等で生食する場合もある。.

新しい!!: 心臓とハツ · 続きを見る »

ハツカネズミ

ハツカネズミ(二十日鼠、廿日鼠、鼷、House mouse)は、ネズミ目(齧歯目)ネズミ科 ハツカネズミ属の1種である。学名は Mus musculus。.

新しい!!: 心臓とハツカネズミ · 続きを見る »

ハクチョウ

ハクチョウ(白鳥、swan)とは、カモ科の7種の水鳥の総称。シベリアやオホーツク海沿岸で繁殖し、冬季は温暖な日本などへの渡りをおこない越冬する大型の渡り鳥である。 現生の空を飛ぶ鳥の中では最大級の重量を有している。 おとなしいイメージもあるが、子育て中の野生個体は警戒心が強くなっており、雛を捕まえようとした人間を追い払う例も報告されている。 日本語のハクチョウは、文字通り「白い鳥」という意味だが、名称に反してハクチョウ属には「黒い鳥」である「コクチョウ」も存在する。 寿命は野生で最長20年ほど、飼育状態では20年から30年ほどである。.

新しい!!: 心臓とハクチョウ · 続きを見る »

バイソン属

バイソン属(バイソンぞく、Bison)は、ウシ目(偶蹄目)ウシ科に分類される属。.

新しい!!: 心臓とバイソン属 · 続きを見る »

ポンプ

井戸ポンプ(手押しポンプ) ポンプ(pomp)は圧力の作用によって液体や気体を吸い上げたり送ったりするための機械 特許庁。機械的なエネルギーで圧力差を発生させ液体や気体の運動エネルギーに変換させる流体機械である。喞筒(そくとう)ともいう。 動物の心臓も一種のポンプである。また、機械的なポンプのようにエネルギーの蓄積や移送を行う目的の仕組みに「ポンプ」の語を当てることがある(ヒートポンプなど)。 動作原理により、非容積型、容積型、特殊型に分類される。.

新しい!!: 心臓とポンプ · 続きを見る »

モルモット

モルモット(学名:Cavia porcellus、guinea pig)は、テンジクネズミ属の一種。温和で比較的飼いやすいため、愛玩用、実験動物として養殖されている齧歯類。guinea pigをモルモットと呼ぶのは、山に生息する他の齧歯(げつし)動物 リス科マーモット属、山鼠またはウッドチャック、英名マーモットmarmot に由来する。1843年最初に長崎に天竺ネズミを持ち込んだオランダ商人がこれらをモルモットと称した。オランダではというが、オランダ商人の語弊が広まった。.

新しい!!: 心臓とモルモット · 続きを見る »

モグラ

モグラ(土竜)は、トガリネズミ形目に含まれるモグラ科(モグラか、Talpidae)の構成種の総称。.

新しい!!: 心臓とモグラ · 続きを見る »

僧帽弁

僧帽弁(そうぼうべん、英: mitral valve, 羅: valva mitralis)とは、心臓の左心房と左心室の間にある弁である。その形状がカトリックの司教冠に似ているとして命名された。二尖弁、左房室弁ともいう。.

新しい!!: 心臓と僧帽弁 · 続きを見る »

ヨーロッパアマツバメ

ヨーロッパアマツバメ(学名:Apus apus)は、アマツバメ目アマツバメ科に分類される鳥類の一種。 ツバメやニシイワツバメと良く似た外見の小さな鳥である。しかしこれらスズメ目の鳥と違って、アマツバメ科はアマツバメ目に分類されている。似たような生態のため、収斂進化してきたと考えられている。 学名のApusは、ギリシア語で「足がない」という意味を表す απους という語に由来する。この鳥は足がとても短く、垂直な面に立つ時にのみ足を使う。地面に降りることは滅多にない。.

新しい!!: 心臓とヨーロッパアマツバメ · 続きを見る »

ラット

ラットは実験動物の一種。野生のドブネズミ()を改良して作られた実験用の飼養変種である。愛玩動物として飼われることもある。.

新しい!!: 心臓とラット · 続きを見る »

ライオン

ライオン(Panthera leo) は、食肉目ネコ科ヒョウ属に分類される食肉類。 別名はシシ(獅子)。オスであれば体重は250キログラムを超えることもあり、ネコ科ではトラに次いで2番目に大きな種である。現在の主な生息地はサブサハラであるが、インドのジル国立公園のインドライオンは絶滅が危惧されている。北アフリカや西南アジアでは有史時代に姿を消している。更新世末期、約1万年前までライオンはヒトに次いで広く分布する大型陸上哺乳類だった。そのころよく見られた地域は順に、アフリカ、西ヨーロッパからインドにかけてのユーラシア、ユーコンからペルーまでのアメリカである。 飼育個体は20年以上生きることもあるが、野生のライオンの寿命はより短く、特にオスが10年以上生きることは稀である。縄張りをめぐって他のオスと常に争うために傷を負い、それが寿命を大きく縮める原因となる。典型的な生息地はサバンナや草原であるが、茂みや森などに棲む場合もある。ライオンは他のネコ科の動物にはあまり見られない社会性を持っている。メスと子ライオン、そして少数の成熟したオスがプライド(群れ)を形成する。狩りの特徴はメスの集団が連係することであり、おもに大型の有蹄類を襲う。ライオンは捕食者の頂点でありまた象徴的な存在であるが、屍肉も漁ることもある。賢く、性質が、他のネコ科よりも比較的穏和なため、ライオンがヒトを襲うことはほとんどないが、ライオンによる犠牲者がいることは知られている。 ライオンは危急種である。アフリカではこの20年間で30-50パーセントまで頭数が減っており、おそらく回復しないだろうとされている。保護区や国立公園に指定された地以外では生息が難しくなっている Database entry includes a lengthy justification of why this species is vulnerable.

新しい!!: 心臓とライオン · 続きを見る »

リス

リス(栗鼠)は、ネズミ目(齧歯目)リス科に属する動物の総称である。 リス科には、5亜科58属285種が含まれる。 樹上で暮らすリスのほか、地上で暮らすマーモット、プレーリードッグ、シマリス、イワリス、ジリス、滑空能力のあるモモンガ、ムササビもリスの仲間である。.

新しい!!: 心臓とリス · 続きを見る »

ワライガエル

ワライガエル(Rana ridibunda)は、アカガエル科アカガエル属に分類されるカエル。.

新しい!!: 心臓とワライガエル · 続きを見る »

ワタリガラス

ワタリガラス(渡鴉、学名 Corvus corax)は、スズメ目カラス科に分類される鳥。英名は「コモン・レイヴン (common raven)」あるいは「レイヴン、レーヴァン (raven)」。 「ワタリガラス」という和名の由来は、日本では渡り鳥として北海道で見られることに由来する。オオガラス(大烏)とも呼ばれる。.

新しい!!: 心臓とワタリガラス · 続きを見る »

ボアコンストリクター

ボアコンストリクター(学名:)は、ボア科ボア属に分類されるヘビ。本種のみでボア属を形成する(マダガスカルボア属の構成種とサンジニアボアをボア属に含める説もある)。特定動物。別名アカオボア、爬虫類愛好家の符牒的呼称でボアコン(亜種を含めれば数多くの別名がある)。.

新しい!!: 心臓とボアコンストリクター · 続きを見る »

トラザメ

トラザメ はトラザメ科に属するサメの一種。北西太平洋の岩礁域に分布する普通種である。底生で、水深320mまで生息する。最大でも50cm。体は細く、吻は丸い。皮膚は粗く、体色は褐色で鞍状の模様がある。雄のクラスパーには無数の鈎状構造がある。鼻孔と口の間に溝はなく、口角の溝は上顎には伸びない。 餌は軟体動物など。卵生で、雌は卵鞘に包まれた卵を一度に2個産む。卵は四隅の巻きひげで海藻などに絡みついて固定される。人には無害で、飼育しやすいためモデル生物とされることもある。IUCNは保全状況を軽度懸念としている。.

新しい!!: 心臓とトラザメ · 続きを見る »

ヘルツ

ヘルツ(hertz、記号:Hz)は、国際単位系 (SI) における周波数・振動数の単位である。その名前は、ドイツの物理学者で、電磁気学の分野で重要な貢献をしたハインリヒ・ヘルツに因む。.

新しい!!: 心臓とヘルツ · 続きを見る »

ヒト

ヒト(人、英: human)とは、広義にはヒト亜族(Hominina)に属する動物の総称であり、狭義には現生の(現在生きている)人類(学名: )を指す岩波 生物学辞典 第四版 p.1158 ヒト。 「ヒト」はいわゆる「人間」の生物学上の標準和名である。生物学上の種としての存在を指す場合には、カタカナを用いて、こう表記することが多い。 本記事では、ヒトの生物学的側面について述べる。現生の人類(狭義のヒト)に重きを置いて説明するが、その説明にあたって広義のヒトにも言及する。 なお、化石人類を含めた広義のヒトについてはヒト亜族も参照のこと。ヒトの進化については「人類の進化」および「古人類学」の項目を参照のこと。 ヒトの分布図.

新しい!!: 心臓とヒト · 続きを見る »

ヒキガエル

ヒキガエル、蟇蛙、蟾蜍、蟆.

新しい!!: 心臓とヒキガエル · 続きを見る »

ピルビン酸

ピルビン酸(ピルビンさん、Pyruvic acid)は有機化合物の一種で、示性式が CH3COCOOH と表されるカルボン酸である。IUPAC命名法では 2-オキソプロパン酸 (2-oxopropanoic acid) と表される。α-ケトプロピオン酸 (α-ketopropionic acid) あるいは焦性ブドウ酸 (pyroracemic acid) とも呼ばれる。水、エタノール、エーテルなど、さまざまな極性溶媒や無極性溶媒と任意な比率で混和する。酢酸に似た酸味臭を示す。2位のカルボニル基を還元すると乳酸となる。 生体内では解糖系による糖の酸化で生成する。 ピルビン酸デヒドロゲナーゼ複合体の作用により補酵素Aと結合するとアセチルCoAとなり、クエン酸回路や脂肪酸合成系に組み込まれる。 また、グルタミン酸からアミノ基を転移されるとアラニンになる。.

新しい!!: 心臓とピルビン酸 · 続きを見る »

ツバメ

ツバメ(燕、Hirundo rustica)は、スズメ目ツバメ科ツバメ属に分類される鳥類。古くはツバクラメあるいはツバクロと呼ばれた。.

新しい!!: 心臓とツバメ · 続きを見る »

フランク・スターリングの心臓の法則

フランク・スターリングの心臓の法則(フランク・スターリングのしんぞうのほうそく、law of Frank-StarlingもしくはStarling's law of the.

新しい!!: 心臓とフランク・スターリングの心臓の法則 · 続きを見る »

ファイアサラマンダー

ファイアサラマンダー(Salamandra salamandra)は、ヨーロッパに生息する陸生有尾類。古来サラマンダー(火蜥蜴)と称されてきたのは本種である。Salamandra はギリシャ語の「火のトカゲ」または毒を発射するという意味の(ファイアー)が語源。.

新しい!!: 心臓とファイアサラマンダー · 続きを見る »

ニワトリ

ニワトリ(鶏、学名:Gallus gallus domesticus「仮名転写:ガルス・ガルス・ドメスティカス」)は、鳥類の種のひとつ。代表的な家禽として世界中で飼育されている。ニワトリを飼育することを養鶏と呼ぶ。.

新しい!!: 心臓とニワトリ · 続きを見る »

ニシキヘビ

ニシキヘビ.

新しい!!: 心臓とニシキヘビ · 続きを見る »

ホッキョクグマ

ホッキョクグマ(北極熊、Ursus maritimus)は、クマ科クマ属に分類される食肉類。.

新しい!!: 心臓とホッキョクグマ · 続きを見る »

ダチョウ

ダチョウ(駝鳥、Struthio camelus)は、ダチョウ目ダチョウ科ダチョウ属に分類される鳥。鳥でありながら飛ぶことは出来ず、平胸類に分類される(飛べない鳥も参照)。亜種として北アフリカダチョウ、マサイダチョウのレッドネック系、ソマリアダチョウ、南アフリカダチョウのブルーネック系、南アフリカで育種されたアフリカンブラックがある。 属名 Struthio はギリシア語でダチョウの意。 往時、ダチョウはサハラ以北にも棲息し、地中海世界にもある程度馴染みのある鳥であった。 この語はまた、ostrich など、ヨーロッパ各国でダチョウを意味する語の語源でもある。 種小名 camelus は「ラクダ」の意。.

新しい!!: 心臓とダチョウ · 続きを見る »

刺激伝導系

刺激伝導系(しげきでんどうけい)とは、洞房結節で発生した心拍のリズムをあたかも神経のように心臓全体の心筋に伝え、有効な拍動を行わせるための構造である。興奮伝導系(こうふんでんどうけい)とも呼ばれる。 刺激伝導系を構成する細胞は特殊心筋と呼ばれ、心房・心室の壁を構成する一般の心筋細胞である固有心筋とは区別する。固有心筋は心房では長さ100μm、直径5μmの紡錐形をしており、心室では長さ100μm、直径10μmの枝分かれした円柱状をしているが、特殊心筋はこれら周辺の固有心筋とは明らかに異なった形態をしており、組織学的には区別できる。.

新しい!!: 心臓と刺激伝導系 · 続きを見る »

呼吸

生物における呼吸(こきゅう)は、以下の二種類に分けられる。.

新しい!!: 心臓と呼吸 · 続きを見る »

アマオブネ

アマオブネ(蜑小舟)、学名 Nerita albicilla は、アマオブネガイ目アマオブネガイ科に分類される巻貝の一種。南日本を含むインド太平洋暖海域の岩礁海岸に生息する半卵形の巻貝である。 和名末尾に「貝」をつけ「アマオブネガイ」(蜑小舟貝)と呼ばれることもある。またアマオブネガイ科貝類のうち海産・大形の種類は「○○アマオブネ」という和名がついたものが多い。Nerita 属を細分化した分類では Theliostyla 亜属に分類され、これを属として学名 Theliostyla albicilla とした文献もある黒田徳米・波部忠重・大山桂 生物学御研究所編『相模湾産貝類』1971年 丸善 ISBN 4621012177。.

新しい!!: 心臓とアマオブネ · 続きを見る »

アリゲーター属

アリゲーター属 (genus 、Alligator) は、爬虫綱ワニ目正鰐亜目アリゲーター科に属する属の1つ。模式種はアメリカアリゲーター。現生種は2種。.

新しい!!: 心臓とアリゲーター属 · 続きを見る »

アフリカゾウ

アフリカゾウ(Loxodonta africana)は、長鼻目ゾウ科アフリカゾウ属に分類されるゾウ。.

新しい!!: 心臓とアフリカゾウ · 続きを見る »

アホロートル

アホロートル (Axolotl).

新しい!!: 心臓とアホロートル · 続きを見る »

アカゲラ

アカゲラ (赤啄木鳥、Dendrocopos major)は、キツツキ目キツツキ科アカゲラ属に分類される鳥類。.

新しい!!: 心臓とアカゲラ · 続きを見る »

イヌ

イヌ(犬、狗、学名:Canis lupus familiaris、ラテン語名:canis、英語名[国際通用名]:dog、domestic dog)は、ネコ目(食肉目)- イヌ科- イヌ属に分類される哺乳類の一種である。.

新しい!!: 心臓とイヌ · 続きを見る »

ウマ

ウマ(馬)は、ウマ目(奇蹄目)のウマ科に属する動物の総称である。現生は、いずれもウマ科に属するウマ、シマウマ、ロバの仲間、5亜属9種のみである。狭義の「ウマ」は、このうち特に種としてのウマつまり学名で「Equus caballus」) と呼ばれるもののみを指す。 社会性の強い動物で、野生のものも家畜も群れをなす傾向がある。北アメリカ大陸原産とされるが、北米の野生種は、数千年前に絶滅している。欧州南東部にいたターパンが家畜化したという説もある。 古くから中央アジア、中東、北アフリカなどで家畜として飼われ、主に乗用や運搬、農耕などの使役用に用いられるほか、食用にもされ、日本では馬肉を「桜肉(さくらにく)」と称する。軍用もいる。 競走用のサラブレッドは、最高87km/hを出すことができる。 学名は「Equus caballus(エクゥウス・カバッルス)」。「equus」も「caballus」ともにラテン語で「馬」の意。.

新しい!!: 心臓とウマ · 続きを見る »

ウシガエル

ウシガエル (Lithobates catesbeiana) は、無尾目アカガエル科アメリカアカガエル属に分類されるカエル。.

新しい!!: 心臓とウシガエル · 続きを見る »

ウサギ

ウサギ(兎、兔)は、最も広義にはウサギ目、狭義にはウサギ科、さらに狭義にはウサギ亜科もしくはノウサギ亜科 の総称である。 ここでは主にウサギ亜科について記述する(ウサギ目・ウサギ科についてはそれぞれを参照)。現在の分類では、ウサギ亜科には全ての現生ウサギ科を含めるが、かつては一部を含めない分類もあった。ウサギ目はウサギ科以外に、ナキウサギ科と絶滅したプロラグスなどを含む。.

新しい!!: 心臓とウサギ · 続きを見る »

エネルギー

ネルギー(、)とは、.

新しい!!: 心臓とエネルギー · 続きを見る »

オウムガイ

ウムガイ(鸚鵡貝)はオウムガイ目 - オウムガイ科に属する軟体動物。生きている化石のひとつでもある。 触手を伸ばしたオオベソオウムガイ.

新しい!!: 心臓とオウムガイ · 続きを見る »

カメ

メ(亀、ラテン語名:Testudo、英語名:Turtle, etc.

新しい!!: 心臓とカメ · 続きを見る »

カモ

モ(鴨、Duck)とは、カモ目カモ科の鳥類のうち、雁(カリ)に比べて体が小さく、首があまり長くなく、冬羽(繁殖羽)では雄と雌で色彩が異なるものをいう。カルガモのようにほとんど差がないものもある。分類学上のまとまった群ではない。.

新しい!!: 心臓とカモ · 続きを見る »

カラス

ラス(烏、鴉、鵶、雅)は、鳥類カラス科の1グループ。カラス属 または近縁な数属を含む。 多くは全身が黒く、黒い鳥の代表とみなされ、諺などではよく白いサギと対比させられる。ただし、実際は、白黒2色のコクマルガラス、暗褐色に白斑のホシガラスなどもおり、必ずしも真っ黒のものだけではない。.

新しい!!: 心臓とカラス · 続きを見る »

カワカマス属

ワカマス属 (Esox) は、カワカマス目(またはサケ目)カワカマス科の属。1科1属。パイク属とも。パイクと総称する。カワカマスとも総称するが、カワカマスは1種の名でもある。 学名はギリシャ語のイソクス ίσοξ からである。英語で槍を意味する。パイクはつるはしの意味の古語で、頭部の形が似ていることから。 パイクはもともとは成魚のことで、若魚はピッケレル と呼ぶが、ピッケレルは現在では、類似のさまざまな魚も意味する。カワカマスは、その外観が海水魚カマス(魳)に似た川魚であることから川魳(カワカマス)と名づけられた。別名にヤリウオ、ヤリノウオ、ヤリなどがある。.

新しい!!: 心臓とカワカマス属 · 続きを見る »

カケス

(橿鳥、懸巣、鵥、Garrulus glandarius)とは鳥綱スズメ目カラス科カケス属に分類される鳥である。.

新しい!!: 心臓とカケス · 続きを見る »

カサガイ

イ(笠貝・傘貝)は、狭義にはヨメガカサ科(ツタノハガイ科とも)に属する巻貝の一種 Cellana mazatlandica の標準和名である。 しかし一般的には、軟体動物門・腹足綱・始腹足亜綱・笠形腹足上目に属する腹足類の総称として用いられることが多い。さらに広義には、他のグループであってもカサガイ類と似た形の傘型や皿型の貝殻を持つ腹足綱の貝類もカサガイ類と呼ばれることがある。.

新しい!!: 心臓とカサガイ · 続きを見る »

ガン

ン.

新しい!!: 心臓とガン · 続きを見る »

キツネ

ツネ(狐)は、哺乳綱ネコ目(食肉目)イヌ科イヌ亜科の一部。 狭義にはキツネ属のことである。広義には、明確な定義はないがイヌ亜科の数属を総称するが、これは互いに近縁でない属からなる多系統である。 最も狭義にはキツネ属の1種アカギツネのことである。古来、日本で「狐」といえば、アカギツネの亜種ホンドギツネのことだったが、蝦夷地進出後は、北海道の別亜種キタキツネも含むようになった。 ただし、この記事では広義のキツネを扱うものとする。キツネ属、アカギツネについてはそれぞれの記事を参照。.

新しい!!: 心臓とキツネ · 続きを見る »

キジ

(雉子、雉鳥類図鑑 (2006)、102-103頁里山の野鳥ハンドブック (2011)、13頁)は、キジ目キジ科キジ属に分類される鳥類。日本産の個体群のみで独立種P.

新しい!!: 心臓とキジ · 続きを見る »

クロウタドリ

ウタドリ(学名Turdus merula)とは、スズメ目ツグミ科に分類される鳥。.

新しい!!: 心臓とクロウタドリ · 続きを見る »

コイ

イ飼育型 コイ飼育型とソウギョ(中央はニシキゴイ) コイ(鯉、学名:Cyprinus carpio)は、コイ目・コイ科に分類される魚で、比較的流れが緩やかな川や池、沼、湖、用水路などにも広く生息する淡水魚である。ニゴイとは同科異亜科の関係にある。.

新しい!!: 心臓とコイ · 続きを見る »

コウノトリ

ウノトリ(鸛、鵠の鳥、Ciconia boyciana)は、鳥綱コウノトリ目コウノトリ科コウノトリ属に分類される鳥類。.

新しい!!: 心臓とコウノトリ · 続きを見る »

シロナガスクジラ

ナガスクジラ(白長須鯨、Balaenoptera musculus)は、鯨偶蹄目ナガスクジラ科ナガスクジラ属に属するクジラの1種である。 現存する最大の動物種であるだけでなく、かつて地球上に存在した確認されている限りの恐竜や動物を含めても、あらゆる既知の動物の中で最大の種であり、記録では体長34メートルのものまで確認されている。 長身であることを指して、江戸時代にはナガスクジラとともに「長須鯨」と呼ばれた。「白」を冠した現在の和名は、浮かび上がる際に水上からは白く見えることに由来する。 英語では一般に blue whale (ブルー・ホエール)と呼ぶが、腹側に付着した珪藻によって黄色味を帯びて見えることから sulphur bottom (「硫黄色の腹」)の異称もある。.

新しい!!: 心臓とシロナガスクジラ · 続きを見る »

シビレエイ目

ビレエイ目、痺鱝目・痺鱏目、Torpediniformes は、軟骨魚綱板鰓亜綱の下位分類群で、エイのグループのひとつ。2科12属60種を含む。捕食・防御のための発電器官を持つことで知られ、その電圧は8-220ボルト (単位)に達するMartin, R. Aidan.

新しい!!: 心臓とシビレエイ目 · 続きを見る »

シジュウカラ

ュウカラ(四十雀、Parus minor)は、鳥綱スズメ目シジュウカラ科シジュウカラ属に分類される鳥類。.

新しい!!: 心臓とシジュウカラ · 続きを見る »

ズアオアトリ

アオアトリ(頭青花鶏、学名:)は、スズメ目アトリ科に分類される鳥類の1種である。.

新しい!!: 心臓とズアオアトリ · 続きを見る »

セグロカモメ

モメ (学名:Larus argentatus) は、チドリ目カモメ科に分類される鳥類の一種。.

新しい!!: 心臓とセグロカモメ · 続きを見る »

サケ

0歳の稚魚(2004年5月 札幌市豊平川さけ科学館) 遡上する鮭(2005年11月) 産卵後の死骸。生息個体が特に多い小規模河川の河口部では、産卵期に多数見られる。'''ホッチャレ'''とも呼ばれる。 孵化したてのサケ サケ(鮭 Oncorhynchus keta)は、サケ目サケ科サケ属の魚。狭義には種としてのO.

新しい!!: 心臓とサケ · 続きを見る »

哺乳類

哺乳類(ほにゅうるい、英語:Mammals, /ˈmam(ə)l/、 学名:)は、脊椎動物に分類される生物群である。分類階級は哺乳綱(ほにゅうこう)とされる。 基本的に有性生殖を行い、現存する多くの種が胎生で、乳で子を育てるのが特徴である。ヒトは哺乳綱の中の霊長目ヒト科ヒト属に分類される。 哺乳類に属する動物の種の数は、研究者によって変動するが、おおむね4,300から4,600ほどであり、脊索動物門の約10%、広義の動物界の約0.4%にあたる。 日本およびその近海には、外来種も含め、約170種が生息する(日本の哺乳類一覧、Ohdachi, S. D., Y. Ishibashi, M. A. Iwasa, and T. Saitoh eds.

新しい!!: 心臓と哺乳類 · 続きを見る »

再生医学

再生医学(さいせいいがく、Regenerative medicine)とは、人体の組織が欠損した場合に体が持っている自己修復力を上手く引き出して、その機能を回復させる医学分野である。この分野における医療行為としては再生医療(さいせいいりょう)とも呼ばれる。.

新しい!!: 心臓と再生医学 · 続きを見る »

冠動脈

心臓を前から見た図。右冠動脈および左冠動脈の前部の下行枝を示す。 冠動脈(かんどうみゃく、Arteriae coronariae、coronary artery)は、大動脈基底部(大動脈弁直上)のバルサルバ洞に端を発し、心筋にエネルギーを供給する動脈のことである。肝動脈との区別をつけるために、一般的には冠状動脈(かんじょうどうみゃく)と言う。.

新しい!!: 心臓と冠動脈 · 続きを見る »

副交感神経系

副交感神経系(ふくこうかんしんけいけい、Parasympathetic nervous system, PNS、Pars parasympathica divisionis)は、自律神経系の一部を構成する神経系であり、コリン作動性である。.

新しい!!: 心臓と副交感神経系 · 続きを見る »

動物

動物(どうぶつ、羅: Animalia、単数: Animal)とは、.

新しい!!: 心臓と動物 · 続きを見る »

動脈血

動脈血(どうみゃくけつ)とは、肺に入って酸素を多く含んだ血液のことである。動脈血は二酸化炭素を多く含んだ静脈血に比べ、赤みを帯びている。 ヒトの場合、動脈血は、肺から肺静脈を通って心臓の左心房に入る。そこから左心室に行き、大動脈を通って心臓から出て、身体の各部位に酸素を供給する。 血管の動脈、静脈の別は心臓から出るか心臓に向かうかで分けられているが、血液の動脈血、静脈血の別は、肺から出るか肺に向かうかの別で分けられるため、肺静脈を動脈血が、肺動脈を静脈血が流れるという言葉の上での矛盾が生じる。.

新しい!!: 心臓と動脈血 · 続きを見る »

個体

'''個体と群体''' 群体ボヤ ''Symplegma rubra''の例 ホヤはヒトと同じ脊索動物門に属する動物である。入水口を一つずつ備える各個体は心臓と血管系をもつ。しかしながら、血管系は互いに接続されており、協調して動作する。 個体(こたい)とは、個々の生物体をさす言葉である。生物体の単位と見なされるが、その定義や内容は判断の難しい部分が多い。.

新しい!!: 心臓と個体 · 続きを見る »

器官

器官(きかん、organ)とは、生物のうち、動物や植物などの多細胞生物の体を構成する単位で、形態的に周囲と区別され、それ全体としてひとまとまりの機能を担うもののこと。生体内の構造の単位としては、多数の細胞が集まって組織を構成し、複数の組織が集まって器官を構成している。 細胞内にあって、細胞を構成する機能単位は、細胞小器官 (細胞内小器官、小器官、オルガネラ) を参照。.

新しい!!: 心臓と器官 · 続きを見る »

移植 (医療)

移植(いしょく)とは、提供者(ドナー)から受給者(レシピエント)に組織や臓器を移し植える医療行為のこと。移植で用いられる組織や臓器を「移植片」という。以下に示すように様々な移植の形態が存在するが、一般には臓器を移植する場合が話題となるため臓器移植(ぞうきいしょく)として知られている。.

新しい!!: 心臓と移植 (医療) · 続きを見る »

筋肉

'''骨格筋の構造''' 筋肉は複数の筋束からなる(中央上)。筋束は筋繊維(筋細胞)の集まりである(右上)。複数の筋原繊維が束ねられて筋繊維を形作る(右中央)。筋原繊維はアクチンタンパク質とミオシンタンパク質が入れ子状になった構造を取る(右下)。 Cardiac muscle) 筋肉(きんにく、羅: musculus; 独: Muskel; 仏, 英: muscle)は、動物の持つ組織のひとつで、収縮することにより力を発生させる、代表的な運動器官である生化学辞典第2版、p.357 【筋肉】。 動物の運動は、主として筋肉によってもたらされる。ただし、細部に於ける繊毛や鞭毛による運動等、若干の例外はある。 なお、筋肉が収縮することにより発生する力を筋力と呼び、これは収縮する筋肉の断面積に比例する。つまり筋力は、筋肉の太さに比例している。 また、食用に供する食肉は主に筋肉であり、脊髄動物の骨格筋は湿重量の約20%をタンパク質が占め、主にこれを栄養として摂取するために食される生化学辞典第2版、p.357 【筋(肉)タンパク質】。(ただし、食料品店で肉と表示されているものは筋肉だけでなく脂身(脂肪分の塊)も一緒になった状態で、タンパク質ばかりでなく、かなりの高脂肪の状態で販売されていることが多い。) 中医学では肌肉とも言われる。.

新しい!!: 心臓と筋肉 · 続きを見る »

節足動物

足動物(せっそくどうぶつ)とは、動物界最大の分類群で、昆虫類、甲殻類、クモ類、ムカデ類など、外骨格と関節を持つグループである。種多様性は非常に高く、陸・海・空・土中・寄生などあらゆる場所に進出して様々な生態系と深く関わり、現生種は約110万種と名前を持つ全動物種の85%以上を占めるただし未記載の動物種もいまだ多く、最近の研究では海産の線形動物だけで1億種以上いると推定されているた --> 。なお、いわゆる「虫」の範疇に入る動物は当動物門のものが多い 。.

新しい!!: 心臓と節足動物 · 続きを見る »

粘膜

粘膜(ねんまく、mucous membrane)は、上皮細胞に覆われた外胚葉由来の上皮層である。吸収と分泌に関わる。さまざまな体腔に配置し、外部環境や内部臓器に面している。鼻孔、唇、耳、生殖器、肛門などあちこちで肌とつながる。 粘膜や腺から分泌された濃い粘性の流体が粘液である。粘膜は体内において見られた場所を指し、全ての粘膜が粘液を分泌するわけではない。その表面がいつも粘液性の分泌物で濡れている柔性膜を称するときに限り、「粘膜」という呼称を用いる。位置的には中空性臓器の内腔表面に多い。粘膜上皮、粘膜固有層、粘膜筋板より構成される。 大概の呼吸器系は粘膜が特徴的である体腔に含まれる。陰茎亀頭(陰茎の頭部)、陰核亀頭、陰茎包皮、陰核包皮は粘膜であって、皮膚ではない。.

新しい!!: 心臓と粘膜 · 続きを見る »

細胞

動物の真核細胞のスケッチ 細胞(さいぼう)とは、全ての生物が持つ、微小な部屋状の下部構造のこと。生物体の構造上・機能上の基本単位。そして同時にそれ自体を生命体と言うこともできる生化学辞典第2版、p.531-532 【単細胞生物】。 細胞を意味する英語の「cell」の語源はギリシャ語で「小さな部屋」を意味する語である。1665年にこの構造を発見したロバート・フックが自著においてcellと命名した。.

新しい!!: 心臓と細胞 · 続きを見る »

線毛

線毛(せんもう)は、細菌の細胞外構造体で、タンパク質が重合して繊維状となるもので、鞭毛以外を指す。英語では pilus(複数形 pili)、または fimbria(複数形 fimbriae)という。通常、pilus と fimbria は区別しないで使用される。線毛は1950年代に走査型電子顕微鏡観察によって発見されたが、2つの研究グループがこれらの名称を別々に用いたことが、現代まで続いている。 線毛の主要なサブユニットタンパク質はピリン(pilin)またはフィンブリリン(fimbrillin)という(フィンブリンとは異なる)。性線毛(sex pili)、クラスI型線毛、IV型線毛など多数の種類が知られており、一つの細胞が複数種の線毛をもつことも多い。線毛は、細菌の鞭毛(らせん型の剛体で、根元で回転して推進力を与える)とは本質的に異なるが、その構造やはたらきは多種多様である。真核生物の繊毛ともまったく異なる。また、医学用語では、この繊毛を「線毛」と呼ぶので注意が必要である。.

新しい!!: 心臓と線毛 · 続きを見る »

縦隔

縦隔 (じゅうかく) とは、左右の肺と胸椎、胸骨に囲まれた部分をいう。上部は頚部、下部は横隔膜までである。縦隔には心臓をはじめとする重要な臓器が存在する。 縦隔は成書によって様々な区分がされている。区分にはっきりとした解剖学上の構造物がないため、これらの区分はあくまで便宜上のものである。;前縦隔;中縦隔;後縦隔 縦隔の嚢胞は単胞性、多胞性で分類することが多い。単胞性では前腸嚢胞(気管支嚢胞、食道重複嚢胞、神経腸嚢胞)、心膜嚢胞、心膜憩室、胸腺嚢胞、膵偽嚢胞があり、多胞性ではリンパ管腫や奇形腫があげられる。;体腔の連続性 ヒトの身体において独立した腔は腹膜腔、胸膜腔、心膜腔の3つだけである。この3つは正常では他からの交通は存在しない。例外としては女性の腹膜腔は卵管を通じて外界に交通している。これ以外の後腹膜腔、縦隔、胸膜外腔、腹膜外腔、皮下組織は互いに連続している。気腔や腸管内圧が亢進状態やステロイドを使用した場合はエアーリークが生じやすいことが知られている。具体的には、間質性肺気腫、気胸、縦隔気腫、心嚢気腫、腹膜気腫、後腹膜気腫、腸管壁気腫、皮下気腫、全身空気塞栓は互いに移行ししやすいことが知られている。.

新しい!!: 心臓と縦隔 · 続きを見る »

爬虫類

虫類(爬蟲類、はちゅうるい)は、脊椎動物の分類群の一つで、分類上は爬虫綱(はちゅうこう、Reptilia)という単位を構成する。現生ではワニ、トカゲ(ヘビを含む)、カメ、ムカシトカゲが含まれる。爬虫類の「爬」の字は「地を這う」の意味を持つ。.

新しい!!: 心臓と爬虫類 · 続きを見る »

環形動物

形動物(かんけいどうぶつ)とは、環形動物門(学名: )に属する動物の総称である。ミミズ、ゴカイ、ヒルなどが環形動物に属する。陸上、海中、淡水中と広い範囲に生息しており、体長は 0.5mm 程度から 3m に達するものまで多岐にわたる。.

新しい!!: 心臓と環形動物 · 続きを見る »

生物

生物(せいぶつ)または生き物(いきもの)とは、動物・菌類・植物・古細菌・真正細菌などを総称した呼び方である。 地球上の全ての生物の共通の祖先があり(原始生命体・共通祖先)、その子孫達が増殖し複製するにつれ遺伝子に様々な変異が生じることで進化がおきたとされている。結果、バクテリアからヒトにいたる生物多様性が生まれ、お互いの存在(他者)や地球環境に依存しながら、相互に複雑な関係で結ばれる生物圏を形成するにいたっている。そのことをガイアとも呼ぶものもある。 これまで記録された数だけでも百数十万種に上ると言われており、そのうち動物は100万種以上、植物(菌類や藻類も含む)は50万種ほどである。 生物(なまもの)と読むと、加熱調理などをしていない食品のことを指す。具体的な例を挙げれば“刺身”などが代表的な例としてよく用いられる。.

新しい!!: 心臓と生物 · 続きを見る »

無板綱

無板類(むばんるい)は、軟体動物に含まれる1群で、殻を持たず、細長い形をしている。現在では分割されることが多いので、簡単に総説する。なお、分類群の名称としては無板綱であるが、溝腹綱もよく使われた。しかし、後述のようにより狭義の使い方でも同じ名称を使うため、この項では無板綱の名を用いる。.

新しい!!: 心臓と無板綱 · 続きを見る »

随意筋

随意筋(ずいいきん)は、自己意識下で動かすことの出来る筋肉。体を動かす骨格筋がこれにあたる。自己意識下で動かすことの出来ない筋肉は不随意筋(ふずいいきん)と呼ばれ、心筋、平滑筋(胃腸などの筋肉)がこれにあたる。 筋肉を運動させる時、脳から出た電気信号は運動神経(α-neuron)によって筋肉の筋紡錘へと伝わる。筋紡錘から筋肉全体の筋細胞へと電導が生じて、筋細胞は収縮し、筋肉全体が収縮する。筋紡錘からは紡錘感覚神経が脊髄へと入力し、ここで抑制神経に連絡する。抑制神経は抑制運動神経(γ-neuron)を介して、筋紡錘へと連絡している。これにより筋肉の収縮を抑え、過剰な筋収縮を防いでいる。 四肢の運動は基本的に伸筋と屈筋の連動で動いている。つまり伸ばす動きでは、伸筋の収縮と屈筋の弛緩が同時に起こっている。これは、伸ばす動きを意識するときに自動で連動する。高次運動障害では、この連動性が失われている場合がある。また、痙攣時には伸筋、屈筋が同時に収縮している。 Category:筋肉.

新しい!!: 心臓と随意筋 · 続きを見る »

ここでは音(おと)について解説する。.

新しい!!: 心臓と音 · 続きを見る »

聴診器

アセスメントする際に用いる高性能なリットマン聴診器 コメディカルが血圧測定などの限定的な目的で用いる汎用聴診器 聴診器(ちょうしんき。stethoscope、)は、物体の表面に接触させ、内部から発生する可聴域の振動(伝導音)をチューブで導いて聴く道具。医療における聴診の道具の1つとして発達し、臨床医療の現場で医師や看護師が心臓・肺・血管等が発生する音を聴くのに用いられる。医療現場では「ステート」と呼ばれることも多い。戦前、医学用語がドイツ語に基づいて用いられていた時代は「ステト」と(独:Stethoskop )と長音記号を含まない発音において呼称されていた。.

新しい!!: 心臓と聴診器 · 続きを見る »

静脈

静脈の断面図。 静脈(じょうみゃく、vein、ラテン語:venae)は、毛細血管から発生した静脈血を心臓に送るために使われる血管。毛細血管の吻合により細静脈に至り、静脈となる。ただし、肺静脈のみ、他の静脈とは機能が異なり、動脈血が流れる。.

新しい!!: 心臓と静脈 · 続きを見る »

静脈血

静脈血(じょうみゃくけつ)とは、全身に酸素を供給した後の、二酸化炭素を多く含んだ血液のことである。反対は動脈血。 静脈血は動脈血に比べ、黒ずんだ赤色をしている。 ヒトの場合は、大静脈を通って心臓の右心房に行き、右心室に送られ、さらに肺動脈を通って肺に送られる。その後肺で二酸化炭素を放出、酸素を吸収した後に動脈血として心臓に送られ、全身に運ばれる。 ちなみに心臓から肺に送られる際、肺動脈を静脈血が流れるという言葉の逆転が起きているが、多く含むのが酸素か二酸化炭素かによって動脈血と静脈血を区別し、心臓から出るか心臓に向かうかで動脈と静脈を区別している以上、必然的に起こることである。これは動脈血も同様である。 Category:血液 Category:静脈.

新しい!!: 心臓と静脈血 · 続きを見る »

頭足類

頭足類(とうそくるい、Cephalopoda)は、軟体動物門 頭足綱に属する動物の総称。イカ、タコ、オウムガイ、コウモリダコや絶滅したアンモナイト等が含まれる。体は胴・頭・足に分かれていて、足も多数に分かれている。触角はないが、軟体動物の中でも特に目や神経系、筋肉が発達していて、運動能力にすぐれる。.

新しい!!: 心臓と頭足類 · 続きを見る »

頻脈

頻脈(ひんみゃく)とは、心拍数が増加している状態。 成人の安静時心拍数はおよそ毎分50~70回(bpm)であるが、100bpmを超える状態を頻脈という。 心臓は自律神経(交感神経と副交感神経)によって支配されており、何らかの要因で交感神経が優位になると心拍数が増える。心因性、運動性の要因が多いが、薬物性要因による場合もある。心因性による場合は、比較的短時間の内に解消される。運動性による場合には適度な過負荷訓練により反復訓練を行うことによって、解消される。薬物性因子による場合は、当該薬物の使用を即時中止するとともに、緊急に医療機関の受診を行い、薬物の中和をおこなわなければ、人体に深刻な影響を及ぼす場合もある。 また心臓の刺激伝導回路に異常があって頻脈となる場合もあり(発作性上室性頻拍など)、早急に医師の診察を必要とする。 なお、発生因子の関連が不明である頻脈は通常、医師の受診と経過観察を必要とする。もっとも、120bpm以下で徐々に遅くなるのであれば、大抵は病的なものではない。.

新しい!!: 心臓と頻脈 · 続きを見る »

血液

血液 血液(けつえき、blood)は、動物の体内を巡る主要な体液で、全身の細胞に栄養分や酸素を運搬し、二酸化炭素や老廃物を運び出すための媒体である生化学辞典第2版、p.420 【血液】。.

新しい!!: 心臓と血液 · 続きを見る »

食道

食道(しょくどう、Esophagus)は、消化管の一部で、口腔、咽頭に続き、食物が胃に送り込まれるときに通過する管状の器官のこと。なお、食道で食物の消化は行われない。.

新しい!!: 心臓と食道 · 続きを見る »

解糖系

解糖系 解糖系(かいとうけい、Glycolysis)とは、生体内に存在する生化学反応経路の名称であり、グルコースをピルビン酸などの有機酸に分解(異化)し、グルコースに含まれる高い結合エネルギーを生物が使いやすい形に変換していくための代謝過程である。ほとんど全ての生物が解糖系を持っており、もっとも原始的な代謝系とされている。嫌気状態(けんきじょうたい、無酸素状態のこと)でも起こりうる代謝系の代表的なものである一方で、得られる還元力やピルビン酸が電子伝達系やクエン酸回路に受け渡されることで好気呼吸の一部としても機能する。.

新しい!!: 心臓と解糖系 · 続きを見る »

骨格筋

格筋(こっかくきん、skeletal muscle)は、動物の筋肉の一分類であり、骨格を動かす筋肉を指す。ここではヒトの骨格筋について記す。 骨格筋は組織学的には横紋筋であり、内臓筋が平滑筋であるのと対照をなしている。ただし浅頭筋などにみられる皮筋や、舌や咽頭、横隔膜のような内臓筋の一部も骨格を支えているわけではないが、骨格筋組織である横紋筋である。.

新しい!!: 心臓と骨格筋 · 続きを見る »

魚類

魚類(ぎょるい)は、脊椎動物亜門 から四肢動物を除外した動物群。日常語で魚(さかな)。脳や網膜など神経系の発達にも関与するといわれている。流行歌のおさかな天国には「魚を食べると頭が良くなる」というフレーズがあるが、上記の健康影響を考えると無根拠とも言えない。 村落単位で見た生活習慣では、労働が激しく、魚又は大豆を十分にとり、野菜や海草を多食する地域は長寿村であり、米と塩の過剰摂取、魚の偏食の見られる地域は短命村が多いことが指摘されている。 魚介類の脂肪酸にて、魚介類100g中の主な脂肪酸について解説。.

新しい!!: 心臓と魚類 · 続きを見る »

鳥類

鳥類(ちょうるい)とは、鳥綱(ちょうこう、Aves)すなわち脊椎動物亜門(脊椎動物)の一綱岩波生物学辞典 第4版、928頁。広辞苑 第五版、1751頁。に属する動物群の総称。日常語で鳥(とり)と呼ばれる動物である。 現生鳥類 (Modern birds) はくちばしを持つ卵生の脊椎動物であり、一般的には(つまり以下の項目は当てはまらない種や齢が現生する)体表が羽毛で覆われた恒温動物で、歯はなく、前肢が翼になって、飛翔のための適応が顕著であり、二足歩行を行う『鳥類学辞典』 (2004)、552-553頁。.

新しい!!: 心臓と鳥類 · 続きを見る »

軟体動物

軟体動物(なんたいどうぶつ、)とは、後生動物旧口動物の分類群である。門としては軟体動物門。 貝類のほか、二次的に貝殻を喪失したウミウシ、クリオネ、ナメクジ、イカ、タコなど、および、原始的で貝殻のない少数の種を含む。.

新しい!!: 心臓と軟体動物 · 続きを見る »

転義法

転義法(てんぎほう)あるいは転義(てんぎ)(英:trope)とは、修辞学の修辞技法の一種で、例えば、言葉を文字通りの使い方あるいは標準的な使い方とは別の方法で用いることを指すための学術的な用語。 日本語で通常「比喩」「比喩的用法」あるいは「喩」などと呼ばれているものは、およそこれに相当する。洒落も転義法に含まれる。.

新しい!!: 心臓と転義法 · 続きを見る »

胎児

胎児(たいじ、fetus)とは、生物学上は胎生の動物の母体の中で胚が器官原基の分化が完了してから出産までの成長中の子を指す。 ヒトの場合は、生物学、医学のみならず法律上の扱いも加わる。 レオナルド・ダ・ヴィンチによる胎児と子宮のスケッチ(1510年頃).

新しい!!: 心臓と胎児 · 続きを見る »

肺(はい、)は、脊椎動物の器官の1つである。肺臓とも呼ばれる。空気中から得た酸素を体内に取り込んだり、老廃物である二酸化炭素を空気中に排出する役割(呼吸)を持つ。これに対して水中から得た酸素を取り込み、水中に排出する器官が鰓(えら)である。 なお、無脊椎動物においても、体内に一定の腔所を持ち、その内側でガス交換を行う器官をこう呼ぶ。節足動物のクモ型綱、軟体動物の腹足綱にその例がある。 ヒトの肺(濃い灰色の臓器)は左右に一対備わる呼吸器の一つ。この図では中央下の心臓を露出するために肺の心臓よりの部分をめくりあげている。.

新しい!!: 心臓と肺 · 続きを見る »

肺動脈

肺動脈(はいどうみゃく)は、心臓の右心室から肺へ血液を送り出す動脈であり、静脈血(脱酸素化された血液)を運ぶ唯一の動脈である(胎児の臍帯動脈を除く)。 人間の心臓の場合、肺動脈は右心室の肺動脈弁から始まり、比較的太く短い肺動脈幹(長さ5cm、直径3cm程度)を経たのち、2つの肺動脈(左肺動脈、右肺動脈)に分岐して、それぞれ左右の肺に静脈血を運ぶ。.

新しい!!: 心臓と肺動脈 · 続きを見る »

肺動脈弁

肺動脈弁(はいどうみゃくべん、英: pulmonary valve, 羅: valva trunci pulmonalis)は、心臓の右心室から肺動脈への血液の流出路にある弁である。.

新しい!!: 心臓と肺動脈弁 · 続きを見る »

肺静脈

肺静脈(はいじょうみゃく)は、肺より心臓の左心房に戻る静脈のこと。 肺静脈は肺の機能血管であり、肺で酸素を補給された動脈血を運んでいる。肺内においては、小葉間隔壁内を走行して動脈血を集めたのち、区域と区域のあいだを走って肺門部に還る。 肺静脈は、左右の肺からそれぞれ2本ずつが左心房につながっている。各肺静脈の名称は以下の通り。.

新しい!!: 心臓と肺静脈 · 続きを見る »

肋骨

肋骨(ろっこつ)は、胸部内臓を覆う骨である。あばら骨とも言い、脊椎から内臓を取り囲む形で付いている。ほとんどの脊椎動物には肋骨があり、外界からの衝撃から内臓を保護する役割を果たしている。.

新しい!!: 心臓と肋骨 · 続きを見る »

脊椎動物

脊椎動物(せきついどうぶつ、Vertebrata)は、動物の分類のひとつ。現在主流の説では脊索動物門に属するとされ、脊索と置き換わった脊椎をもつ。魚類、鳥類、両生類、爬虫類、哺乳類の5類からなり、無脊椎動物に比べて(脊椎動物である)人間にとって類縁関係が近く、なじみの深い生物によって構成されているグループである。.

新しい!!: 心臓と脊椎動物 · 続きを見る »

脳性ナトリウム利尿ペプチド

脳性ナトリウム利尿ペプチド(のうせいナトリウムりにょうペプチド, 英 brain natriuretic peptide; BNP)は心臓から分泌されるホルモンである。主として心室で合成される。.

新しい!!: 心臓と脳性ナトリウム利尿ペプチド · 続きを見る »

脂肪酸

脂肪酸(しぼうさん、Fatty acid)とは、長鎖炭化水素の1価のカルボン酸である。一般的に、炭素数2-4個のものを短鎖脂肪酸(低級脂肪酸)、5-12個のものを中鎖脂肪酸、12個以上のものを長鎖脂肪酸(高級脂肪酸)と呼ぶ。炭素数の区切りは諸説がある。脂肪酸は、一般式 CnHmCOOH で表せる。脂肪酸はグリセリンをエステル化して油脂を構成する。脂質の構成成分として利用される。 広義には油脂や蝋、脂質などの構成成分である有機酸を指すが、狭義には単に鎖状のモノカルボン酸を示す場合が多い。炭素数や二重結合数によって様々な呼称があり、鎖状のみならず分枝鎖を含む脂肪酸も見つかっている。また環状構造を持つ脂肪酸も見つかってきている。.

新しい!!: 心臓と脂肪酸 · 続きを見る »

腎臓

腎臓(じんぞう、ren、kidney)は、泌尿器系の器官の一つ。血液からの老廃物や余分な水分の濾過及び排出を行って尿を生成するという、体液の恒常性の維持を主な役割とする。.

新しい!!: 心臓と腎臓 · 続きを見る »

腸(ちょう、intestines)は、食物が胃で溶かされた後、その中の栄養や水分を吸収する器官。末端は肛門であり、消化された食物は便となり、排便により体外へと排出される。腸の構造は動物によって異なり、摂取する食物による違いが大きい。.

新しい!!: 心臓と腸 · 続きを見る »

酸化

酸化(さんか、英:oxidation)とは、対象の物質が酸素と化合すること。 例えば、鉄がさびて酸化鉄になる場合、鉄の電子は酸素(O2)に移動しており、鉄は酸化されていることが分かる。 目的化学物質を酸化する為に使用する試薬、原料を酸化剤と呼ぶ。ただし、反応における酸化と還元との役割は物質間で相対的である為、一般的に酸化剤と呼ぶ物質であっても、実際に酸化剤として働くかどうかは、反応させる相手の物質による。.

新しい!!: 心臓と酸化 · 続きを見る »

酸素

酸素(さんそ、oxygen)は原子番号8、原子量16.00の非金属元素である。元素記号は O。周期表では第16族元素(カルコゲン)および第2周期元素に属し、電気陰性度が大きいため反応性に富み、他のほとんどの元素と化合物(特に酸化物)を作る。標準状態では2個の酸素原子が二重結合した無味無臭無色透明の二原子分子である酸素分子 O として存在する。宇宙では水素、ヘリウムに次いで3番目に多くの質量を占めEmsley (2001).

新しい!!: 心臓と酸素 · 続きを見る »

腹足綱

腹足綱(ふくそくこう、Gastropoda)は、軟体動物門に属する分類群の名称。軟体動物の中ではもっとも種類数が多い。本来は巻貝を持つが、貝殻を失った種も多い。.

新しい!!: 心臓と腹足綱 · 続きを見る »

除細動

細動(じょさいどう、Defibrillation)は、不整脈に対しての治療の一つで、電気的な刺激や薬物等の外力によって異常な電気信号経路を遮断し、正常の電気信号経路への改善を促す方法。 電気的除細動器.

新しい!!: 心臓と除細動 · 続きを見る »

恒温動物

恒温動物(こうおんどうぶつ、homeotherm, homoiotherm、animal homéotherme、Homoiotherme, homöothermes Tier)とは、気温や水温など周囲の温度に左右されることなく、自らの体温を一定(homeostatic)に保つことができる動物。かつては、定温動物、温血動物とも言われた。対義語は変温動物。.

新しい!!: 心臓と恒温動物 · 続きを見る »

東京大学

記載なし。

新しい!!: 心臓と東京大学 · 続きを見る »

東京化学同人

株式会社 東京化学同人(とうきょうかがくどうじん)は、主に理・工・農・薬・医・家政学系などの教科書類、専門書、辞典類および雑誌を出版・販売する日本の出版社。.

新しい!!: 心臓と東京化学同人 · 続きを見る »

植え込み型除細動器

植え込み型除細動器(うえこみがたじょさいどうき、Implantable Cardioverter Defibrillator, ICD)は、体内植え込み式で、心室頻拍や心室細動などの致死的不整脈を止め、心臓の働きを回復する補助人工臓器(医療機器)である。.

新しい!!: 心臓と植え込み型除細動器 · 続きを見る »

横紋筋

横紋筋(おうもんきん)は脊椎動物の筋肉の一種で、外見上規則正しい横紋がみられるためにこう呼ばれる。さらに骨格筋、皮筋(表情筋など)と心筋に区別される。 この横紋は、筋繊維(線維)を構成するアクチンとミオシンが規則正しく並んでいるためにみられる。それらから構成される筋原繊維(線維)は細胞を貫いて並び、そのために細胞の区分はなく、細長く伸びて内部に筋原繊維の並んだところに複数の核がある、いわゆる合胞体となっている。 他の筋肉では細胞内にアクチンとミオシンの繊維(線維)がばらばらに入っているのに対して、横紋筋ではそれらが規則正しく交互に配置し、そのために明るい帯と暗い帯が交互に配列する様子が光学顕微鏡でも確認できる。これが筋収縮の分子レベルでの理解へ近づく入り口となった。 Category:マクロ解剖学.

新しい!!: 心臓と横紋筋 · 続きを見る »

横隔膜

横隔膜(おうかくまく、thoracic diaphragm)は、呼吸運動に関する筋肉の1つ。 哺乳類にのみ存在する。.

新しい!!: 心臓と横隔膜 · 続きを見る »

機能

機能(きのう、)とは、もののはたらきのこと。相互に連関し合って全体を構成しているものの各要素や部分が、それぞれ荷っている固有の役割。作用。 また、そうした役割を果たすこと。たとえば「機能する」とか「腸が機能していない」などと使う。.

新しい!!: 心臓と機能 · 続きを見る »

死(し、death)とは、.

新しい!!: 心臓と死 · 続きを見る »

洞房結節

洞房結節(どうぼうけっせつ、、, 洞結節)は、心臓の右心房付近にあるペースメーカーの役目をする部分。発見者の名前からキース・フラック結節(Keith-Flack node)とも呼ばれる。70回/分のリズムを作る刺激伝導系の初端であり、生理的な心臓の収縮を指令する。その後刺激は房室結節へと伝わる。 Category:心臓解剖学.

新しい!!: 心臓と洞房結節 · 続きを見る »

液体

液体の滴は表面積が最小になるよう球形になる。これは、液体の表面張力によるものである 液体(えきたい、liquid)は物質の三態(固体・液体・気体)の一つである。気体と同様に流動的で、容器に合わせて形を変える。液体は気体に比して圧縮性が小さい。気体とは異なり、容器全体に広がることはなく、ほぼ一定の密度を保つ。液体特有の性質として表面張力があり、それによって「濡れ」という現象が起きる。 液体の密度は一般に固体のそれに近く、気体よりもはるかに高い密度を持つ。そこで液体と固体をまとめて「凝集系」などとも呼ぶ。一方で液体と気体は流動性を共有しているため、それらをあわせて流体と呼ぶ。.

新しい!!: 心臓と液体 · 続きを見る »

月経

月経(げっけい、menstruation)は、成熟した人間の女性および高等霊長類のメスの子宮から周期的に起こる、生理的出血である生化学辞典第2版、p.427 【月経周期】。正式な医学用語は月経だが、生理(せいり)、女の子の日、メンス、アレなど様々に呼ばれる。他には#別名節を参照。 月経は、思春期に始まり(初潮)、個人差はあるが、閉経時期までの間におよそ28日周期で起こり、通常4-7日間続く(正常月経周期:25-38日)。.

新しい!!: 心臓と月経 · 続きを見る »

房室結節

房室結節(ぼうしつけっせつ、田原結節、田原-アショフ結節、アショフ-田原結節、英 atrioventricular node: AV node)は、心臓における刺激伝導系の一部である。 田原淳がルードヴィッヒ・アショフの研究室で発見した。右心房の下方で心室中隔近くにある。洞房結節から房室結節までを刺激が伝わる速度(毎秒約1 m程度)や、プルキンエ線維などを刺激が伝わる速度(毎秒2 mを超える)と比べて、房室結節では毎秒約5 cmから、速くとも毎秒約10 cmと刺激伝導速度が10分の1以下と大変に遅い。また、刺激伝導の上で心房と心室は結合組織によって絶縁されており、心房の固有心筋の間を伝わる刺激は、ケント束のような奇形がある場合を除いて、心室の固有心筋へは直接伝わらないようになっている。したがって、房室結節へ伝わった刺激が、刺激伝導の上で心房と心室とを隔ている結合組織を唯一貫いているヒス束を伝わることで、心室側へと刺激が伝導される。以上の理由により、心房と心室の収縮に時間差を持たせることができる。正常な状態では心房からの興奮をヒス束に伝えるが、洞房結節の作るリズム(70回/分)が途絶えた場合、房室結節の持つ自動能が、調律の機能をある程度補完する。しかし、その時に作り出すリズムは40回/分程度と遅く、徐脈となる。.

新しい!!: 心臓と房室結節 · 続きを見る »

摩擦

フラクタル的な粗い表面を持つ面どうしが重なり、静止摩擦がはたらいている様子のシミュレーション。 摩擦(まさつ、friction)とは、固体表面が互いに接しているとき、それらの間に相対運動を妨げる力(摩擦力)がはたらく現象をいう。物体が相対的に静止している場合の静止摩擦と、運動を行っている場合の動摩擦に分けられる。多くの状況では、摩擦力の強さは接触面の面積や運動速度によらず、荷重のみで決まる。この経験則はアモントン=クーロンの法則と呼ばれ、初等的な物理教育の一部となっている。 摩擦力は様々な場所で有用なはたらきをしている。ボルトや釘が抜けないのも、結び目や織物がほどけないのも摩擦の作用である。マッチに点火する際には、マッチ棒の頭とマッチ箱の側面との間の摩擦熱が利用される。自動車や列車の車輪が駆動力を得るのも、地面との間にはたらく摩擦力(トラクション)の作用である。 摩擦力は基本的な相互作用ではなく、多くの要因が関わっている。巨視的な物体間の摩擦は、物体表面の微細な突出部()がもう一方の表面と接することによって起きる。接触部では、界面凝着、表面粗さ、表面の変形、表面状態(汚れ、吸着分子層、酸化層)が複合的に作用する。これらの相互作用が複雑であるため、第一原理から摩擦を計算することは非現実的であり、実証研究的な研究手法が取られる。 動摩擦には相対運動の種類によって滑り摩擦と転がり摩擦の区別があり、一般に前者の方が後者より大きな摩擦力を生む。また、摩擦面が流体(潤滑剤)を介して接している場合を潤滑摩擦といい、流体がない場合を乾燥摩擦という。一般に潤滑によって摩擦や摩耗は低減される。そのほか、流体内で運動する物体が受けるせん断抵抗(粘性)を流体摩擦もしくは摩擦抵抗ということがあり、また固体が変形を受けるとき内部の構成要素間にはたらく抵抗を内部摩擦というが、固体界面以外で起きる現象は摩擦の概念の拡張であり、本項の主題からは離れる。 摩擦力は非保存力である。すなわち、摩擦力に抗して行う仕事は運動経路に依存する。そのような場合には、必ず運動エネルギーの一部が熱エネルギーに変換され、力学的エネルギーとしては失われる。たとえば木切れをこすり合わせて火を起こすような場合にこの性質が顕著な役割を果たす。流体摩擦(粘性)を受ける液体の攪拌など、摩擦が介在する運動では一般に熱が発生する。摩擦熱以外にも、多くのタイプの摩擦では摩耗という重要な現象がともなう。摩耗は機械の性能劣化や損傷の原因となる。摩擦や摩耗はトライボロジーという科学の分野の一領域である。.

新しい!!: 心臓と摩擦 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

心室心房心臓弁

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »