ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

徐星

索引 徐星

徐 星(じょ せい、シュー・シン、ピン音:Xú Xīng、1956年 - )は多数の恐竜の命名者として有名な中国の古生物学者、執筆家、映画監督である。 命名した恐竜の例として、ジュラ紀の角竜類インロング、ジュラ紀のティラノサウルス類グアンロン、巨大なオヴィラプトル類ギガントラプトル、トロオドン科のメイがある。徐は1969年に中国、新疆ウイグル自治区伊寧に生まれた。北京大学の地質学部を卒業後、北京の中国科学院古脊椎動物・古人類研究(IVPP)の研究員となっている。 鳥類の特徴を持つ恐竜の化石を発見、研究することで、羽毛の進化に関する理論を発展させ、古生物学に大きく貢献している。.

54 関係: 中国科学院地質学北京大学ナンヤンゴサウルスミクロラプトルネイモンゴサウルスポール・セレノメイ・ロンリャオニンゴサウルスリャオケラトプスリンヘラプトルトロオドン科ティラノサウルス科ディロングホンシャノサウルスベイピアオサウルスアウロルニス・シュイインロングインキシヴォサウルスイークシャノサウルスエルリアンサウルスオヴィラプトロサウルス類カオヤングサウルスギガントラプトルグラキリラプトルグルジャ市グアンロンシノルニトサウルスシノヴェナトルシノニムシンジャンゴベナトルシヌソナススジュラ紀ジンゾウサウルスジェホロサウルスソニドサウルス米国科学アカデミー紀要羽毛羽毛恐竜角竜類董枝明恐竜新疆ウイグル自治区1956年1999年2000年2001年2002年2003年2004年...2005年2006年2007年2010年 インデックスを展開 (4 もっと) »

中国科学院

中国科学院(ちゅうごくかがくいん、英名:Chinese Academy of Sciences)は、中華人民共和国におけるハイテク総合研究と自然科学の最高研究機関であり、国務院の直属事業単位である。設立は中華人民共和国設立からちょうど1カ月後の1949年11月1日である。 中国科学院の実質的な前身は、中央研究院と北平研究院である。中央研究院は中華民国および国民政府の台湾移転に伴い、台北市へ移転し、そこで再建された。一方、北京では中華人民共和国の建国後、残った施設や人員により中国科学院が創設された。創設当時は、中央研究院と同様、人文・社会科学に関する研究所も同院には存在した。1955年に学部が成立し、中国科学技術の最高諮問機関。現在、数学物理、化学、生命科学・医学、地学、情報技術科学、技術科学学部の6学部がある。 1977年に中国社会科学院が創設されて、人文・社会科学の研究所はそちらへ移管された。また1994年には中国工程院(The Chinese Academy of Engineering)が設立されていて、中国科学院と共に「両院」と呼ばれている。 北京、上海など12都市に分院があり、研究所、国家重点研究室、新聞発行機関、国家授時センター(標準電波局)を所有する。中国科学技術大学、中国科学院大学は同科学院に隷属する大学である。 ネイチャーのランキングでハーバード大学を抑えて科学誌に掲載された論文数が世界一となった。.

新しい!!: 徐星と中国科学院 · 続きを見る »

地質学

地球の外観 地質学時標図 地質学(ちしつがく、)とは、地面より下(生物起源の土壌を除く)の地層・岩石を研究する、地球科学の学問分野である。広義には地球化学を含める場合もある。 1603年、イタリア語でgeologiaという言葉がはじめてつかわれた。当時はまれにしか使用されていなかったが、1795年以降一般に受け入れられた。.

新しい!!: 徐星と地質学 · 続きを見る »

北京大学

北京大学(ペキンだいがく、ピンイン:Běijīng Dàxué、英名:Peking University)は、北京市海淀区に所在する中華人民共和国の国立大学である。1898年に創立された。大学の略称は北大(ベイダァ)。.

新しい!!: 徐星と北京大学 · 続きを見る »

ナンヤンゴサウルス

ナンヤンゴサウルス(Nanyangosaurus)は白亜紀前期に生息した鳥盤目草食恐竜の属の一つである。イグアノドン類に属し現在の中国に生息していた。 1994年、河南省南陽市の内郷県で真鳥脚類の化石が発見された。この化石は2000年にタイプ種 Nanyangosaurus zhugeiiとして徐星、趙喜進、呂君昌、黄萬波、李占揚および董枝明により命名、記載された。属名は南陽(Nanyang)市に由来し、種小名はかつて現在の南陽市に居住していた三国志の有名な軍師である諸葛亮(Zhuge Liang)に献名されたものである。 ホロタイプ標本IVPP V 11821はの白亜紀前期の地層から発掘された。頭骨を欠く部分骨格であり、8個の後部の胴椎、6個の椎骨からなる1つの仙骨、36個の尾椎、各1個の部分的な坐骨、前肢、後肢で構成される。 真鳥脚類としてはかなり小型であり、全長4-5 mと推定されている。大腿骨の長さは517 mmである。手が長く、前肢は比較的長い。手の第1指は中手骨を含めて完全になくなっている。記載者らはこれは化石化の過程で失われたものではなく、生前からなかったものだとしている。そのためこの種には近縁種に見られるようなスパイク状の第1指がなかったと考えられている。 記載者らによる分岐分析によれば、ナンヤンゴサウルスはの基底部に位置し、プロバクトロサウルスより派生的でハドロサウルス科に近縁である。.

新しい!!: 徐星とナンヤンゴサウルス · 続きを見る »

ミクロラプトル

ミクロラプトル()とは中生代白亜紀前期に生息した小型羽毛恐竜である。竜盤目 - 獣脚亜目 - ドロマエオサウルス科に属する。発掘地は中華人民共和国遼寧省など。名前の意味は“とても小さい泥棒”。.

新しい!!: 徐星とミクロラプトル · 続きを見る »

ネイモンゴサウルス

ネイモンゴサウルス(Neimongosaurus "内蒙古のトカゲ")中国内モンゴル自治区の上部白亜紀より知られるテリジノサウルス類()の草食獣脚類恐竜の属である。 ネイモンゴサウルスはテリジノサウルス上科で、部分的な脳函、右下顎の前方、完璧に近いaxial column、叉骨、肩帯、両側の上腕骨、骨盤の一部分、左の橈骨、後肢の一部分から構成される部分的に保存された頭骨と骨格化石であるホロタイプLH V0001により知られる。この標本は1999年に内モンゴル自治区、サンハンゴビのイレン・ダブス累層(en)、カンパニアン後期もしくはマーストリヒチアン前期、7200万年前〜6800万年前の地層から収集された。第2の標本LH V0008は腸骨と仙骨から構成されパラタイプに指定された。 タイプ種であるNeimongosaurus yangiはZhang Xiaohong、 Xu Xing、 Paul Sereno、 Kwang Xuewen、およびTan Linにより2001年に記載された。属名は中国語で内モンゴルを意味する内蒙古(Nei Mongol)から派生している。種小名は楊鍾健に献名されたものである。Zhang, Xu, Sereno, Kwang and Tan, (2001).

新しい!!: 徐星とネイモンゴサウルス · 続きを見る »

ポール・セレノ

ポール・カリスタス・セレノ (Paul Callistus Sereno、1957年10月11日 -) は、ナショナルジオグラフィックの探検家でシカゴ大学の古生物学教授。内モンゴル、ニジェール、モロッコ、アルゼンチン、インド等、様々な大陸のいくつもの新種恐竜を発見していることで知られる。彼の最も有名な発見の一つは、ニジェールのテネレ砂漠におけるサルコスクスの完全に近い標本の発見である。.

新しい!!: 徐星とポール・セレノ · 続きを見る »

メイ・ロン

メイ・ロン(寐龍、Mei long)は、中国遼寧省北票市の中生代白亜紀前期の地層から発見された小型の肉食恐竜である。メイ・ロングとも。メイ・ロンとは、中国語で「眠る竜」を意味する(漢字表記では寐竜)。これは本種が眠るときに現生の鳥類と同様の姿勢をとっていたと考えられることにちなんでいる。なおメイは属名、ロンは種名であるが、現在のところ模式種であるロン種のみしか知られていない。 メイ・ロンは小型の獣脚類であるトロオドン科に分類される。発見された個体はまだ成長途上と見られ、全長53cmほどである。発掘されたときの化石の状態は、現生鳥類が眠るときにとる姿勢と同様に、首を後ろに回して頭部を肘の下に入れる形をとっていた。骨の脱臼がほとんどなかったことから、土砂の重みなどで死後に変形したものではなく、睡眠中または休息中の姿勢でそのまま化石化したものであると考えられている。 鳥類だけが持つと思われていた習性が恐竜にも見られたことで、メイ・ロンは鳥類が恐竜から進化したとする学説を補強する存在となった。さらに、この姿勢は恒温動物にとって頭部や頸部の体温低下を防ぐ効果があるため、メイ・ロンが一定の恒温性を獲得していた可能性が指摘されている。ただし、重要な器官である頭部を中心に体を丸めることはヘビ・トカゲや蛾の幼虫など、変温動物でも普通に認められる休息姿勢である。.

新しい!!: 徐星とメイ・ロン · 続きを見る »

リャオニンゴサウルス

リャオニンゴサウルス (Liaoningosaurus) は白亜紀前期に生息していた曲竜類(鎧竜類)の恐竜。ほぼ完全な骨格が1体のみ発見されており、全長は約31.2cm。脊椎骨の癒合が進んでいないことから幼体と考えられている。爪は四肢共に鋭く、腹部にも発達した装甲をもつ。この装甲が邪魔になり、四肢を完全に直立させた歩行は出来なかったと考えられている。 Category:ノドサウルス科 Category:白亜紀の恐竜.

新しい!!: 徐星とリャオニンゴサウルス · 続きを見る »

リャオケラトプス

リャオケラトプス(Liaoceratops)は"遼の角のある顔"を意味し、角竜類恐竜であり、角のあるケラトプス類(Ceratopsidae)の初期の近縁種であると考えられている。約1億3000万年前の白亜紀初期に生息していた。アメリカと中国の科学者チームより中国で発見された。リャオケラトプスは後の近縁種よりもはるかに小さく、このグループの恐竜の初期進化を垣間見ることができる。.

新しい!!: 徐星とリャオケラトプス · 続きを見る »

リンヘラプトル

リンヘラプトル(Linheraptor)は白亜紀後期に現在の中国に生息していたドロマエオサウルス科の獣脚類恐竜の属の一つである。2010年に徐星らによって命名され、現在のところLinheraptor exquisitus のみがこの属に含まれている。全長2 m弱の鳥に似た恐竜で、唯一にしてほぼ完全な骨格が内モンゴル自治区で発見されている。.

新しい!!: 徐星とリンヘラプトル · 続きを見る »

トロオドン科

トロオドン科は、トロオドンを含む、恐竜のグループの一つ。始祖鳥よりも真鳥類に近縁で、原始的な鳥類と見なされることもある。 トロオドンは、中生代白亜紀後期(約7400万--約6500万年前)の現北アメリカ大陸に生息していた恐竜である。 ところが2009年、中国で1億6100万年~1億5100万年前(ジュラ紀後期)に属する化石が新たに見つかった。メイ・ロンと名付けられている。これが形態的にトロオドンと同じ仲間であると見なされた。 これらの全体が、トロオドン科と見なされる。 トロオドン科(英名 Troodontidae)には、シノヴェナトルや、メイ・ロン(Mei long) などが含まれる。ドロマエオサウルス科とは近縁であり、あわせてデイノニコサウルス類を形成する。これらは鳥類と最も近い恐竜の一群でもあり、羽毛恐竜である。.

新しい!!: 徐星とトロオドン科 · 続きを見る »

ティラノサウルス科

ティラノサウルス科 もしくはティラノサウルス類は、代表的な種としてティラノサウルスを含む獣脚類恐竜の分類群であり、分類学においては科の階級が与えられている。.

新しい!!: 徐星とティラノサウルス科 · 続きを見る »

ディロング

ディロング (帝龍、Dilong) は中生代白亜紀前期(約1億3,000万年前)の満洲に生息した、羽毛恐竜の一つ。ティラノサウルス上科に分類され、知られている中で最も祖先的な形態を持つ。出土地は遼寧省熱河層群。 属名 は中国語における呼び名「帝龍」(ピンイン:; ティーロン)に由来する。 模式種の種小名 は(ギリシャ語由来の)ラテン語で、「常識を超えた、驚くべき」の意。.

新しい!!: 徐星とディロング · 続きを見る »

ホンシャノサウルス

ホンシャノサウルス(Hongshanosaurus "紅山のトカゲ"の意味)は東アジアの白亜紀前期(約1億2500万年前)より知られる角竜類プシッタコサウルス科(en)の恐竜の属である。記載された化石資料は2つの頭骨のみであるが、近縁種との比較の結果、小型で上下の顎の先がとがったくちばしになった二足歩行の草食動物であることが示唆される。この化石は中国遼寧省義縣累層(en)から発掘された多くの特別保存状態のよい化石の一つである。.

新しい!!: 徐星とホンシャノサウルス · 続きを見る »

ベイピアオサウルス

ベイピアオサウルス(Beipiaosaurus)は白亜紀前期に生息していた恐竜の一種。テリジノサウルス類に属し、それらの中では古い種のひとつ。 全長は2 - 2.2メートル程でテリジノサウルス類としては小型。化石は近年、いわゆる“羽毛恐竜”の発掘が相次いでいる中国の遼寧省で発掘された。前肢に原始的な羽毛と思しき痕跡が認められたことから、生前は体を羽毛に包まれていた可能性がある。前肢の相対的な長さと体のサイズから飛翔は不可能だったと見られ、(少なくとも本種については)羽毛は体温保持の目的が主だったのだろうと推測される。 他種と同様に前肢には長く鋭い爪を持つ3本の指が存在した。テリジノサウルス類は後肢の機能指4本が全て接地するのが特徴のひとつだが、ベイピアオサウルスの後肢の機能指は3本のみが接地し、残る1本の指は他系統の獣脚類のように小さなままだった。 学名は中国の地名「北票」(ベイピャウ)に因む命名。 Category:テリジノサウルス類 Category:白亜紀の恐竜 Category:羽毛恐竜 Category:アジアの恐竜.

新しい!!: 徐星とベイピアオサウルス · 続きを見る »

アウロルニス・シュイ

アウロルニス・シュイ (Aurornis xui) とは、約1億6000万年前のジュラ紀オクスフォーディアンに生息した、竜盤目に属する恐竜の1種。アウロルニス属 (Aurornis) の模式種でもある。最も初期の鳥類であると推定する説がある。.

新しい!!: 徐星とアウロルニス・シュイ · 続きを見る »

インロング

インロング(隠龍、Yinlong)は初期の角竜類の属で、ジュラ紀後期の中央アジアに生息していた。彼らは小型で原始的な二足歩行性の草食動物で、体長は約1.2mであった。インロングは既知の角竜の中で最も古く、最も原始的である。.

新しい!!: 徐星とインロング · 続きを見る »

インキシヴォサウルス

インキシヴォサウルス(Incisivosaurus "切歯のトカゲ"の意味)白亜紀前期、現在の中国に生息した小型でおそらく草食の獣脚類恐竜の属である。最初に記載( Xu et al. (2002))された標本IVPP V13326は頭骨で、遼寧省西部北票市近郊の四合屯にある(バーレム期、1億2500万年前)の最下部(河成陸家屯層)、で収集されたものである。この恐竜の最も顕著で、特異な特徴は明らかに草食もしくは雑食性の生態である。属名は顕著な齧歯類のような前歯にちなむもので、この歯は一般に草食恐竜で見られる摩耗パターンを示していた。種小名gauthieriは分岐分類法の先駆者であるジャック・ゴーティエに献名されたものであるXu, X., Cheng, Y.-N. Wang, X.-L., and Chang, C.-H. (2002).

新しい!!: 徐星とインキシヴォサウルス · 続きを見る »

イークシャノサウルス

イークシャノサウルス(Yixianosaurus "義県のトカゲ"の意味)は白亜紀前期、現在の中国に生息していたマニラプトル類の獣脚類恐竜の属である。 タイプ種Yixianosaurus longimanusは2003年、徐星および汪筱林により、2001年、中国北東部遼寧省王家郷で発見され部分骨格に基づいて記載された。属名はと「トカゲ」を意味する古代ギリシャ語のσαυροσ(sauros)に由来し、種小名はラテン語「長い」を意味する longusと「手」を意味するmanusから「長い手を持つ」の意味であるXu, X. and Wang, X. (2003).

新しい!!: 徐星とイークシャノサウルス · 続きを見る »

エルリアンサウルス

ルリアンサウルス(Erliansaurus)は、中生代白亜紀に生息した獣脚類の恐竜。中国の内モンゴル自治区で発見された。体長は3-4メートル程である。 テリジノサウルス科としては原始的なものと考えられる。尾椎には気嚢の発達を思わせる大きな側腔を持つなど独自の特徴も見られるが、基本的な特徴は他のテリジノサウルス類と共通する。頭骨は獣脚類としては体の割に小ぶりで、首と前肢は比較的長く、手には3本のよく発達したかぎ爪を備えていた。また、古竜脚類のものと似て、縁に鋸歯のある木の葉型の歯を持っていた。これらはいずれも植物の葉や種子を効率よく集め、食べるための適応と考えられている。腹部は獣脚類としては大きく、とても薄いが頑丈な腸骨が側方に張り出し、恥骨は後方へカーブして座骨と平行に走っている。これらは植物質を消化吸収するためのスペースを確保するのに必要な、大きな腸を収めるための適応と思われる。足は幅が広く、太く短い4本の指を持っていた。これは進化段階の高いテリジノサウルス類に共通して見られる特徴だが、獣脚類としては異例である。おそらく、走行よりも体重を支えることを重視した適応だと考えられている。 復元図.

新しい!!: 徐星とエルリアンサウルス · 続きを見る »

オヴィラプトロサウルス類

ヴィラプトロサウルス類あるいはオヴィラプトロサウリア(Oviraptorosauria)は中生代白亜紀のローラシア大陸に生息した恐竜の分類群。代表種のオヴィラプトルを始め歯のない短いくちばしもつ奇妙な獣脚類である。一部の種で羽毛の化石が発見されており羽毛のある恐竜のグループの一つである。テリジノサウルス類と近縁とする説もある。.

新しい!!: 徐星とオヴィラプトロサウルス類 · 続きを見る »

カオヤングサウルス

ヤングサウルス (Chaoyangsaurus) は周飾頭亜目に属する恐竜で、ジュラ紀後期の中国に生息した。より詳しくは角竜類(オウムような嘴を持つ草食恐竜で、白亜紀の北アメリカとアジアで繁栄したグループ)に含まれる。カオヤングサウルスも、他の角竜と同様、基本的には草食性であった。"Chaoyang"は発見された土地の名前、"saurus"はギリシア語で「トカゲ」の意。.

新しい!!: 徐星とカオヤングサウルス · 続きを見る »

ギガントラプトル

ントラプトル(Gigantoraptor 「巨大な泥棒」の意味)は白亜紀後期(7000万年前)に現在のモンゴルに生息した、オヴィラプトロサウルス類の獣脚類恐竜の属の一つである。.

新しい!!: 徐星とギガントラプトル · 続きを見る »

グラキリラプトル

ラキリラプトル(Graciliraptor 「繊細な泥棒」の意味)は白亜紀前期に生息していた獣脚類恐竜の属の一つである。ドロマエオサウルス科のに分類されている。 タイプ種Graciliraptor lujiatunensisは2004年に徐星と汪筱林により初めて記載、命名された。属名はラテン語で「繊細な」を意味するgracilisと「泥棒」を意味するraptor から造語されている。種小名は化石の発見地である陸家屯(Lujiatun)に由来する。ホロタイプ標本IVPP V 13474は中国、遼寧省、北票市で発見された。.

新しい!!: 徐星とグラキリラプトル · 続きを見る »

グルジャ市

ルジャ市(グルジャし)は、中央アジアの中央部のイリ地方の中心にある市。現在中華人民共和国が統治しており、新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州に所属する県級市である。中国語での名称は伊寧市(イーニンし)、ウイグル語での名称はグルジャ、カザフ語での名称はクルジャ。また、イリ地方の中心でもあるため、話し言葉でイリと呼称されることも多い。 新疆西北部、イリ川河谷内の重要な物資収集散地にして行政や工業の中心。清代にはイリ将軍の駐屯地の一つであり、現在はイリ・カザフ自治州の首府にして新疆生産建設兵団農四師の師部所在地でもある。.

新しい!!: 徐星とグルジャ市 · 続きを見る »

グアンロン

アンロン(冠龍)は、鶏冠がある恐竜。獣脚類の一種。広義の原始的なティラノサウルス類に属する。「Guanlong」は中国語で、「鶏冠竜」という意味である。中国で発掘された。.

新しい!!: 徐星とグアンロン · 続きを見る »

シノルニトサウルス

ノルニトサウルス(Sinornithosaurus "中華鳥トカゲ"の意味)は現在の中国にある義県累層(en)の白亜紀前期アプチアン前期の地層から発見された羽毛を持つドロマエオサウルス科の恐竜の属であるSwisher, Carl C., Wang, Yuan-qing, Wang, Xiao-lin, Xu, Xing, Wang, Yuan.

新しい!!: 徐星とシノルニトサウルス · 続きを見る »

シノヴェナトル

ノヴェナトル(Sinovenator "中国の狩人"の意味)は白亜紀前期に中国に生息したトロオドン科の獣脚類の属の一つである。最初の発見は中国、遼寧省の下部、(1億2500万年前)の地層から見つかった2つの化石であるZhou, Z. (2006).

新しい!!: 徐星とシノヴェナトル · 続きを見る »

シノニム

ノニム(synonym)とは、同意語、別名のこと。まれに類語を含むこともある(英語のsynonymは類語を含む)。省略して「Syn.」と表記されることもある。 一般的にはあまり使われない言葉であるが、生物の分類や情報処理においては重複や競合の意味を含んで使われる。これらの分野では、まず、類語の意味は持たず、専ら同意語、別名の意味で使われる。.

新しい!!: 徐星とシノニム · 続きを見る »

シンジャンゴベナトル

ンジャンゴベナトル(Xinjiangovenator "新疆のハンター"の意味)は白亜紀前期バランギニアンからアルビアンにかけて生息したコエルロサウルス類の恐竜の属である。.

新しい!!: 徐星とシンジャンゴベナトル · 続きを見る »

シヌソナスス

ヌソナスス(Sinusonasus)は白亜紀前期に生息した獣脚類の属で、化石は中国、遼寧省のから発見されている。獣脚類の中でも特にトロオドン科に属するとされる。この属名はシノサウルス()と混同しやすいので注意。 タイプ種Sinusonasus magnodens は2004年に徐星および汪筱林により命名、記載された。属名は正弦波(sinusoid)にちなむもので、鼻骨の側面の見た目に由来している。種小名はラテン語で「大きな歯の」という意味であるXu X. and Wang X.-l. 2004.

新しい!!: 徐星とシヌソナスス · 続きを見る »

ジュラ紀

ュラ紀(ジュラき、Jurassic period)は現在から約1億9960万年前にはじまり、約1億4550万年前まで続く地質時代である。三畳紀の次で白亜紀の1つ前にあたる中生代の中心時代、あるいは恐竜の時代といえる。ジュラ紀の名前は、フランス東部からスイス西部に広がるジュラ山脈において広範囲に分布する石灰岩層にちなみ、1829年にアレクサンドル・ブロンニャールにより提唱された。その後、1962年と1967年に開かれた国際ジュラ系層序小委員会により、11の階(期)の区分が確立された(時代区分参照)。なお、漢字を当てる場合は「侏羅紀」となるが、一般的ではない。.

新しい!!: 徐星とジュラ紀 · 続きを見る »

ジンゾウサウルス

ンゾウサウルス(Jinzhousaurus)は白亜紀前期に中国に生息したハドロサウルス上科の恐竜の属である。 タイプ種(唯一知られている種でもある)はJinzhousaurus yangiである。属名は錦州(Jinzhou)市にちなみ、種小名は中国古生物学の創設者、楊鍾健に献名されたものである。2001年に汪筱林と徐星により初めて記載された。.

新しい!!: 徐星とジンゾウサウルス · 続きを見る »

ジェホロサウルス

ェホロサウルス(Jeholosaurus)は白亜紀前期に生息していた鳥盤類恐竜の属の1つである。草食で小型の鳥脚類と考えられ、真鳥脚類である可能性があるとされていたが、現在では鳥脚類ですらなくテスケロサウルス類に含められている。.

新しい!!: 徐星とジェホロサウルス · 続きを見る »

ソニドサウルス

ニドサウルス(Sonidosaurus "ソニドのトカゲ"の意味)は白亜紀後期に中国に生息したティタノサウルス類の竜脚類恐竜の属である。タイプ種はSonidosaurus saihangaobiensisで2006年に中国科学院古脊椎動物・古人類研究所の徐星らによって記載された。小型のティタノサウルス類であり体長9mほどであった。 これは同時代の巨大なオヴィラプトル類であるギガントラプトルと比べても若干大きい程度である。化石は内モンゴル自治区のイレン・ダバス累層(en)から発見されている.

新しい!!: 徐星とソニドサウルス · 続きを見る »

米国科学アカデミー紀要

『米国科学アカデミー紀要』(英語:Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America、略称:PNAS または Proc.

新しい!!: 徐星と米国科学アカデミー紀要 · 続きを見る »

羽毛

羽毛(うもう)とは、.

新しい!!: 徐星と羽毛 · 続きを見る »

羽毛恐竜

アンキオルニスの復元図 羽毛恐竜(うもうきょうりゅう)とは羽毛の痕跡が化石記録で確認されている恐竜を指す言葉である。とくに1990年代以降、中国の東北部(旧満洲)の遼寧省から多数の羽毛恐竜の化石が発見され、鳥類の起原や羽毛の発生に関する議論の中で大きな役割を果たした。 古くは1861年に発見された始祖鳥の化石にはっきりとした羽毛の印象が残されていた。しかし、始祖鳥はあくまでも“鳥”であり、系統的に近い獣脚類が羽毛を生やしていた証拠は長年見つかっていなかった。 1960年代の恐竜ルネッサンス以降、恐竜と鳥の系統関係が再びクローズアップされるようになった。その流れの中で、ロバート・バッカーやグレゴリー・ポールなどの恐竜恒温説を唱える一派は羽毛を生やした恐竜復元図をさかんに描くようになった。それでも羽毛の明確な痕跡が残っている恐竜化石の発見は1990年代まで待たなければならなかった。 現在では、羽毛の痕跡が見つかっている恐竜は20属以上にのぼり、そのほとんどが獣脚類である。そして,そのほとんどは中国の遼寧省に分布する熱河層群の義県層から見つかっている。なかでも、シュヴウイアの化石の羽毛の印象部分からは、免疫学テストでβ角質(鳥類の羽毛の主要タンパク質)が検出された。このように現在では、すくなくとも一部の恐竜が羽毛を生やしていたこと(あるいは羽毛の原型となる体毛をもっていたこと)は化石記録から確実視されている。.

新しい!!: 徐星と羽毛恐竜 · 続きを見る »

角竜類

角竜下目もしくは角竜類 (Ceratopsia) は、鳥盤目に属し、トリケラトプス(''Triceratops'')に代表される角を持ったサイのような恐竜、ケラトプス類とその祖先、またオウムのようなくちばしの小型恐竜プシッタコサウルス (''Psittacosaurus'') からなる草食恐竜の分類群である。グループ名の由来となった恐竜ケラトプスとはceras(角)、ops(顔)で、角のある顔という意味である。.

新しい!!: 徐星と角竜類 · 続きを見る »

董枝明

董 枝明(とう ぎめい、ドン・チミン ピン音: Dǒng Zhimíng 、1937年1月 - )は北京の中国科学院古脊椎動物・古人類研究所(IVPPに所属し、中国の指導的古生物学者の一人である 。1937年山東省威海市で生まれ、1962年、上海の復旦大学の生物学科を卒業し、当時の所長であった楊鍾健に師事し、IVPPに勤務し始めた。シュノサウルス、ダトウサウルス(en)およびオメイサウルスといった竜脚類やアルカエオケラトプスなどを含む多数の恐竜化石を記載している。董は大山鋪層(en)の調査、記載を行った;この地層は一般にあまり化石が得られていないジュラ紀前期の地層で構成されておりこの調査は科学的に重要な貢献をした。 董教授は多数の中国の恐竜についての著作を行っており、英語で書かれたものもある。.

新しい!!: 徐星と董枝明 · 続きを見る »

恐竜

恐竜(きょうりゅう)は、脊椎動物の分類群の一つである。中生代三畳紀に現れ、中生代を通じて繁栄した。多様な形態と習性のものに適応放散し、陸上動物としては非常に大きくなったものもあったが、約6,600万年前の白亜紀と新生代との境に多くが絶滅した(アラモサウルスなどの一部の属については、この後もしばらく生き延びていた可能性を主張する研究者もいる)。 古典的分類では爬虫綱 - 双弓亜綱 - 主竜形下綱に属し、分類階級は上目とされてきた。なお、系統樹に基づく分岐学的観点から、単に「恐竜」と呼んだ場合、学術的には「鳥類」を含めることが多くなっている(後述)。このため、上記の分類群(恐竜から鳥類を除いたグループ)を指す上では、より厳密な「非鳥類型恐竜(non-avian dinosaur)」の使用が、学術論文を中心に見られる。ただし一般に「恐竜」と言えば鳥類を除いたものを指すケースが多く、依然分類群としても簡便で有用である。よって本項では特に言及のない限り、「恐竜」と言えば「非鳥類型恐竜」を指すものとする。 大衆的に恐竜の一群としてイメージされやすい翼竜・首長竜・魚竜などは恐竜には含まれない。ただし翼竜は恐竜やワニと同じく主竜類に属し、恐竜とは「姉妹群」の関係にあたる。その一方、首長竜や魚竜は恐竜とは遠縁の水棲爬虫類である。.

新しい!!: 徐星と恐竜 · 続きを見る »

新疆ウイグル自治区

新疆ウイグル自治区(新疆維吾爾自治区)(しんきょうウイグルじちく)(شىنجاڭ ئۇيغۇر ئاپتونوم رايونی / Shinjang Uyghur Aptonom Rayoni)は、中華人民共和国の西端にある自治区である。1955年に設立され、首府はウルムチである。 民族構成はウイグル族のほか、漢族、カザフ族、キルギス族、モンゴル族(本来はオイラト族である)などさまざまな民族が居住する多民族地域であり、自治州、自治県など、様々なレベルの民族自治区画が置かれている。中華民国時代には、1912年から新疆省という行政区分が置かれていた。 本来中国には時差が設定されていないが、新疆では非公式に北京時間(UTC+8)より2時間遅れの新疆時間(UTC+6)が使われている。.

新しい!!: 徐星と新疆ウイグル自治区 · 続きを見る »

1956年

記載なし。

新しい!!: 徐星と1956年 · 続きを見る »

1999年

1990年代最後の年であり、1000の位が1になる最後の年でもある。 この項目では、国際的な視点に基づいた1999年について記載する。.

新しい!!: 徐星と1999年 · 続きを見る »

2000年

400年ぶりの世紀末閏年(20世紀および2千年紀最後の年)である100で割り切れるが、400でも割り切れる年であるため、閏年のままとなる(グレゴリオ暦の規定による)。。Y2Kと表記されることもある(“Year 2000 ”の略。“2000”を“2K ”で表す)。また、ミレニアムとも呼ばれる。 この項目では、国際的な視点に基づいた2000年について記載する。.

新しい!!: 徐星と2000年 · 続きを見る »

2001年

また、21世紀および3千年紀における最初の年でもある。この項目では、国際的な視点に基づいた2001年について記載する。.

新しい!!: 徐星と2001年 · 続きを見る »

2002年

この項目では、国際的な視点に基づいた2002年について記載する。.

新しい!!: 徐星と2002年 · 続きを見る »

2003年

この項目では、国際的な視点に基づいた2003年について記載する。.

新しい!!: 徐星と2003年 · 続きを見る »

2004年

この項目では、国際的な視点に基づいた2004年について記載する。.

新しい!!: 徐星と2004年 · 続きを見る »

2005年

この項目では、国際的な視点に基づいた2005年について記載する。.

新しい!!: 徐星と2005年 · 続きを見る »

2006年

この項目では、国際的な視点に基づいた2006年について記載する。.

新しい!!: 徐星と2006年 · 続きを見る »

2007年

この項目では、国際的な視点に基づいた2007年について記載する。.

新しい!!: 徐星と2007年 · 続きを見る »

2010年

この項目では、国際的な視点に基づいた2010年について記載する。.

新しい!!: 徐星と2010年 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »