ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

弦楽器

索引 弦楽器

弦楽器(げんがっき)(絃楽器とも)とは、弦に何らかの刺激を与えることによって得られる弦の振動を音とする楽器の総称である。弦の振動を得るために、弦とそれを張力をもって張っておく装置を備え、多くの場合は得られた音を共鳴させて音を拡大するための装置を持つ。 楽器分類学では弦鳴楽器と呼ぶ。.

142 関係: 偏微分方程式その他古琴古筝合成繊維境界条件大正琴太鼓奚琴密度尺八中胡三弦三味線三線三曲三曲合奏一五一会一弦琴京胡二弦琴二胡弦 (楽器)弦楽合奏弱音器伽耶琴張力位相幾何学当道座地歌ナイロンミンミン (楽器)マンドリンマンドリンオーケストラマンドーラチョーキングチェロチェンバロハープバチバンジョーポピュラー音楽モリンホールヤトガラバーブリュートヴァイオリンヴァイオリン属ヴィーナヴィオラ...ヴィオラ・ダモーレヴィオラ・ダ・ブラッチョヴィオラ・ダ・ガンバヴィオール属ヘルツブズーキプサルタリービブラートピッツィカートピックアップ (楽器)ピアノピアノ線ツィンバロムツィターツィター属フレットドンブラニュートンダルシマー初期値問題和琴アルペジョーネインピーダンス整合ウードウォームギヤエレクトリック・ギターエレクトリックベースエオリアン・ハープオートハープカンテレカーヌーンガットギターギター・アンサンブルクラシック・ギターコムンゴコラ (楽器)コントラバスシタールスライドギターストリングススティール・ギタースコルダトゥーラセタールタール (弦楽器)サロードサーランギーサズ共鳴倍音琵琶秦琴管楽器箜篌音の強さ音高音色響板非線形性調律高胡魂柱質量近似胡弓阮咸開放弦重量キログラム長さF字孔揚琴板胡楽器楽器分類学波動方程式振動振動板月琴指板明和電機撥弦楽器擦弦楽器打弦楽器打楽器 インデックスを展開 (92 もっと) »

偏微分方程式

偏微分方程式(へんびぶんほうていしき、partial differential equation, PDE)は、未知関数の偏微分を含む微分方程式である。.

新しい!!: 弦楽器と偏微分方程式 · 続きを見る »

その他

その他(そのた、そのほか)は、特定の事柄以外のものを一つにまとめて指す語。 多くのヨーロッパの言語やその影響を受けた言語では、ラテン語の et cetera(エト・ケーテラ、エト・セトラ)の略字である etc. が使われることが多い。 統計の際、どの分類項目にも属さない事項をまとめて「その他」とすることがあり、この項目はバスケット項目と呼ばれる。.

新しい!!: 弦楽器とその他 · 続きを見る »

古琴

100px 古琴(こきん、クーチン、)は、中国の古い伝統楽器。七弦琴(しちげんきん)とも呼ぶ。3000年の歴史がある撥弦楽器で、八音の「糸」に属し、7本の弦を持つ。箏などと違い、琴柱(ことじ)はなく徽(き)と呼ばれる印が13あり、これに従い、左指で弦を押さえて右指で弾く。古琴演奏技は、2003年、ユネスコの無形文化遺産保護条約に基づく「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」に掲載され、2009年9月に無形文化遺産として正式登録された。 古琴は中国の文人が嗜むべきとされた“琴棋書画”の一番目である。孔子、諸葛孔明、竹林の七賢の嵆康、陶淵明、白居易など、歴史上著名な多くの文人によって演奏された。日本でも菅原道真、重明親王が学んだことが知られる。「君子左琴」「右書左琴」「伯牙絶弦」「知音」など、琴にまつわる故事成語も多い。 ボイジャーのゴールデンレコードには管平湖による古琴の演奏が収められている。.

新しい!!: 弦楽器と古琴 · 続きを見る »

古筝

古筝(こそう、グーチェン、あるいは単に筝、)は中国の伝統的なツィター属の撥弦楽器である。弦の本数は地方によって異なるが、現代では21本のものが代表的である。弦の材質には金属弦・絹糸の弦・金属芯のナイロン弦などがある。右手の指にはめた義爪で弦をはじいて演奏する。.

新しい!!: 弦楽器と古筝 · 続きを見る »

合成繊維

6,6-ナイロン 合成繊維(ごうせいせんい、synthetic fiber)とは、有機低分子を重合させてつくった高分子を原料とする化学繊維のこと。合繊と略す。石油を原料としているものが多い。 1935年にウォーレス・カロザースが合成した 6,6-ナイロン が世界初の合成繊維とされる。天然化合物を原料として化学的に加工して得た繊維は、19世紀から使用されてきた人絹(人造絹糸)にさかのぼる(項目: レーヨン、ビスコース を参照)。.

新しい!!: 弦楽器と合成繊維 · 続きを見る »

境界条件

境界条件(きょうかいじょうけん、boundary condition)とは、境界値問題に課される拘束条件のこと。特に数学・物理学の用語としてよく用いられる。 境界条件は、境界値問題において興味のある解の探索領域とそれ以外の領域とを分けるために設定される。境界上では、境界内部で成り立つ方程式だけでは解の形を決定することができないので、補助的な条件を設定することで解を定める必要がある。この境界条件は多くの場合、対象とする境界値問題より一般的に成り立つであろう解の性質によって決定される。それは例えば境界上での解の値であったり、解の連続性や滑らかさであったりする。 時間的な境界条件の一つとして初期条件がある。時間発展を記述する方程式について、初期条件は応用上特別な意味を持つため、一般の境界条件とは分けて言及されることが多い。.

新しい!!: 弦楽器と境界条件 · 続きを見る »

大正琴

大正琴 大正琴(たいしょうごと)は、木製の中空の胴に2〜12本の金属弦を張り、簡単な鍵盤(キー)を備え、鍵盤を左手で押さえて右手の義甲(ピック)で弾いて演奏する、琴(弦楽器)の一種である。.

新しい!!: 弦楽器と大正琴 · 続きを見る »

太鼓

太鼓(たいこ)は、動物の皮などで作った薄い膜を枠(胴)に張り、それをたたいて音を出す楽器である。楽器分類学では「膜鳴楽器」と呼ぶが、実用上の楽器分類では「体鳴楽器」とともに打楽器に分類される。太鼓は古くから存在する楽器のひとつで、世界各地に広く分布し、その地域によって特色ある太鼓が存在している。楽器として使用されるほか、かつて西アフリカにおいては太鼓によって遠距離通信を行う、いわゆるトーキングドラムという使用法が広く行われていた。 胴と膜の枚数によって、以下のように分類される。.

新しい!!: 弦楽器と太鼓 · 続きを見る »

奚琴

奚琴(けいきん、中国語: シーチン、朝鮮語: ヘグム)は、奚により古代中国にもたらされ、朝鮮半島に伝わった擦弦楽器。属の楽器の始祖とも言われるため、モリンホール、二胡などを含むモンゴル、中国、朝鮮半島の全ての擦弦楽器の起源とも言える。.

新しい!!: 弦楽器と奚琴 · 続きを見る »

密度

密度(みつど)は、広義には、対象とする何かの混み合いの程度を示す。ただし、科学において、単に密度といえば、単位体積あたりの質量である。より厳密には、ある量(物理量など)が、空間(3 次元)あるいは面上(2 次元)、線上(1 次元)に分布していたとして、これらの空間、面、線の微小部分上に存在する当該量と、それぞれ対応する体積、面積、長さに対する比のことを(それぞれ、体積密度、面密度、線密度と言う)言う。微小部分は通常、単位体積、単位面積、単位長さ当たりに相当する場合が多い。勿論、4 次元以上の仮想的な場合でも、この関係は成立し、密度を定義することができる。 その他の密度としては、状態密度、電荷密度、磁束密度、電流密度、数密度など様々な量(物理量)に対応する密度が存在する(あるいは定義できる)。物理量以外でも人口密度、個体群密度、確率密度、などの値が様々なところで用いられている。密度効果という語もある。.

新しい!!: 弦楽器と密度 · 続きを見る »

尺八

尺八の前面(左)と背面(右) 尺八(しゃくはち)は日本の木管楽器の一種である。リードのないエアリード楽器に分類される。中国の唐を起源とし、日本に伝来したが、その後空白期間を経て、鎌倉時代から江戸時代頃に現在の形の祖形が成立した。 名称は、標準の管長が一尺八寸(約54.5cm)であることに由来する 。語源に関する有力な説は、『旧唐書』列伝の「呂才伝」の記事によるもので、7世紀はじめの唐の楽人である呂才が、筒音を十二律にあわせた縦笛を作った際、中国の標準音の黄鐘(日本の十二律では壱越:西洋音階のD)の音を出すものが一尺八寸であったためと伝えられている 。演奏者のあいだでは単に竹とも呼ばれる。英語ではあるいは、とも呼ばれる。 真竹の根元を使い、7個の竹の節を含むようにして作るものが一般的である。上部の歌口に息を吹きつけて音を出す。一般的に手孔は前面に4つ、背面に1つある。 尺八に似た楽器として、西洋のフルートや南米のケーナがある。これらは、フィップル(ブロック)を持たないエアリード楽器である。.

新しい!!: 弦楽器と尺八 · 続きを見る »

中胡

中胡(ちゅうこ、zhonghu、ピンイン:zhōnghú:チョンフー)は、中国の弦楽器の一つ。 二胡や高胡と同じ胡琴の仲間の中で、その中でも低い音を出す。 この楽器は20世紀に胡琴の仲間として発達したという、ヨーロッパのヴィオラと似た経歴を持ち、京伝統音楽のオーケストラでつかわれる。 中胡は二胡と同じ姿をしているが、わずかに大きく、音も二胡より低い。 胴体は蛇の皮でおおわれている。 弦は2本あり、 Aと EまたはGと D(注:これはヴァイオリンの弦の中でも低い音を出す2本の弦を示している)の 完全五度のインターバルに合わせてある。.

新しい!!: 弦楽器と中胡 · 続きを見る »

三弦

三弦(大三弦) 三弦奏者。清の乾隆時代(1780年頃)。 沖縄の真壁型三線 三弦(または三絃、さんげん。サンシエン、。意味は文字通り「三本の弦」)は、中国の伝統楽器で、ロングネックリュートタイプの撥弦楽器である。弦子(シエンズ、xiànzi)とも呼ばれる。日本では中華三味線(ちゅうかじゃみせん)、支那三味線(しなじゃみせん)と呼ばれることもある。 三弦の語は元のころにはじめて使われるようになった。.

新しい!!: 弦楽器と三弦 · 続きを見る »

三味線

三味線(しゃみせん)は、日本の有棹弦楽器。もっぱら弾(はじ)いて演奏される撥弦楽器である。四角状の扁平な木製の胴の両面に猫や犬の皮を張り、胴を貫通して伸びる棹に張られた弦を、通常、銀杏形の撥(ばち)で弾き演奏する。.

新しい!!: 弦楽器と三味線 · 続きを見る »

三線

真壁型(志多伯開鐘写し)本皮 三線(さんしん)は、弦楽器の一種。日本の沖縄県で主に用いられる。.

新しい!!: 弦楽器と三線 · 続きを見る »

三曲

三曲(さんきょく)は、地歌三味線(三弦)、箏、胡弓の三種の楽器の総称。またはそれらの音楽である地歌、箏曲、胡弓楽の総称。後に尺八が加わった。また三曲合奏のこと。.

新しい!!: 弦楽器と三曲 · 続きを見る »

三曲合奏

三曲合奏(さんきょくがっそう)とは、三曲の楽器である地歌三味線(三弦)、箏、胡弓の三種の楽器による合奏編成、及びそれにより演奏される音楽をいう。古くは「三曲合わせ」などとも呼ばれた。後に尺八が参入し、特に明治以降、三味線、箏、尺八による編成が多くなった。今日の文献によっては、胡弓入り三曲合奏が現在では行われていないかのような記述がしばしば見られるが、実際には現在においても胡弓入り三曲合奏は少なからず行われているので、これは明らかに誤りであり、十分な注意が必要である。.

新しい!!: 弦楽器と三曲合奏 · 続きを見る »

一五一会

一五一会(いちごいちえ)は、弦楽器の一種。楽器分類上は「構造はギターに近いが調弦は三線に近い4絃のリュート属撥弦楽器」ということになる。バリエーションである音来(ニライ)と奏生(かない)についても取り扱う。.

新しい!!: 弦楽器と一五一会 · 続きを見る »

一弦琴

一弦琴(いちげんきん、一絃琴)とは、細長い木製の胴に一本の弦を張った琴で、弦楽器の一種蒲生『国史大辞典』「一絃琴」。須磨琴・独弦琴・板琴などともいう三谷『日本史大事典』「一弦琴」。 一般的なものは、胴の長さは110cmくらい、幅は頭部で11cm・尾部で8cmくらい、中間に2か所のくびれがある。胴の表面部には徽とよばれる12個の目印がはめ込まれている。弦は絹糸で作られている。 奏者は左側に尾部を見るようにして頭部の横側に正座して演奏を行う。元々は膝の上に琴を載せて演奏していたが、後には台の上に置いて演奏するようになった。右手人差指に竜爪(短管)と呼ばれる義甲を、左手中指に転管(長管)という管をそれぞれはめて、転管で徽がはめられている感所(勘所)を抑えながら、竜爪で撥弦(弦をはじく)して演奏する。竜爪と転管は、8cmくらいの竹もしくは象牙の管の中間から少し外れた場所から斜め切りにし、短い方を竜爪に、長い方を転管にして用いる。 日本における一弦琴の由来は諸説あって不明である。『日本後紀』によれば、延暦18年(799年)7月のこととして三河国に流れ着いた天竺の人が一弦琴をひいたのが最古の記録であるが、インドのビーナに近いものであったと推定される。「一弦琴の祖」と称される須磨琴については、幕末に松平四山が著した『当流板琴大意抄』によれば、平安時代(9世紀)に在原行平が須磨に流された際に庇の板で琴を作ってつれづれを慰めたとする説を載せているが、同時代の富士谷御杖が著した『北辺随筆』ではこの説を否定している。 中根淑の説では今日知られる一弦琴は寛文年間(17世紀)に中国(清)から伝えられた比較的新しいもので、宝暦から明和年間の頃(18世紀)に河内国金剛輪寺にいた覚峯(麦飯真人と号する)という僧侶が普及させ、中山信敬(備前)・中川蘭窓ら弟子に伝えられた。幕末から明治にかけて大坂で真鍋豊平やその門人である土佐(高知)の徳弘太橆や東京の富田豊春が活躍して隆盛となり、志士たちからは一弦琴の練習を口実に密会を重ねたとされる。だが、その隆盛も短い間であり、高雅で繊細な楽曲に向いていたが余りに地味であったため、明治末期以降衰微して、現在わずかに行われるのみである。.

新しい!!: 弦楽器と一弦琴 · 続きを見る »

京胡

right 京胡(jinghu、ピンイン: jīnghú)は、京劇で用いられる中国の弦楽器である。胡琴の一種で、胡琴の変種の中では最も小さく、音が高い楽器である。 演奏方法も、他の胡琴類とは異なり、京胡の演奏はそれ専用の学習と練習が必要である。.

新しい!!: 弦楽器と京胡 · 続きを見る »

二弦琴

二弦琴(にげんきん、二絃琴)とは、ツィター属の弦楽器の一種。二本の弦を同音に調律するのが特徴である。 日本における二弦事の一番古い形は八雲琴で、明治期にこれを改良・分岐した東流(二絃琴)、更に大正期に東流を改良・分岐した大正琴、これらとは別の流れである竹琴が知られている三谷『国史大辞典』「二弦琴」。 八雲琴は文政3年(1820年)に伊予国の中山琴主が出雲大社の神託を受けて作ったものとされ、当初は出雲琴・玉琴とも呼ばれた。元々は竹を2つに割って作ったが、今日では杉や桐の板で作られ、表板には竹を模した3つの節を、裏板には2つの響穴を刻んでいる。また、表板の表面には31か所の徽と呼ばれる目印が記され、徽に刻まれた31文字を読むと「ヤクモコトツホハウエヨリシタマテヲワカノミソチニナラヒキメヌル(八雲琴(の)壺(=目印)は)上より下までを和歌の三十一(文字)に倣ひ決めぬる)」となる。胴の長さは約109cm、幅は11.5cm(尾部)~12.4cm(頭部)ある。頭部に開けられた2個の孔から絹糸で出来た2本の弦が出て、尾部に開けられた1個の孔を通して転軫に巻き付ける。転軫とは糸巻きのことで弦の張力調整機能を持つ。実際の演奏は琴を琴台に載せ、左手中指にはめた転管で弦を抑え、右手人差指にはめた竜爪を弾いて演奏した。琴主の没後は、大岸元琴(琴主の実弟)・村田友琴・黒田琴翁によって三派に分かれて明治に隆盛を迎えるが、大正以降は衰微して今日に至っている。 大岸元琴の弟子で囃子方であった藤舎廬船(長唄家元としては初代藤舎呂船)は明治の初めに裏板を設けず、表板の裏側を船形にくり抜いた新しい琴を開発して新たな流派を創設して「東流」と称した。廬船が囃子方であったことから、歌舞伎の世界で用いられ始め、三味線とも組み合わされて演奏された。大正の初めには森田吾郎が更なる改良を行って大正琴を発明した。 竹琴は明治の初めに盲目の地歌箏曲家であった葛原勾当が発明したもので、八雲琴とは別の系列に属する。.

新しい!!: 弦楽器と二弦琴 · 続きを見る »

二胡

二胡(にこ、)は中国の伝統的な擦弦楽器の一種。 (画像)北京にて路上演奏.

新しい!!: 弦楽器と二胡 · 続きを見る »

弦 (楽器)

弦(げん)とは、弦楽器の発音体、すなわち、最初に振動する部分である。糸状になっており、材質や太さはなるべく均質に作られている。両端または片方の端は、さまざまな方法によって弦楽器の本体に固定され、張力を持って張られている。表記については、絃とするのが正式である。また、和楽器においては糸 (いと)と呼ばれる。.

新しい!!: 弦楽器と弦 (楽器) · 続きを見る »

弦楽合奏

弦楽合奏(げんがくがっそう)は、ヴァイオリン属の弦楽器による合奏。使用される楽器は、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ及びコントラバスの4つ。.

新しい!!: 弦楽器と弦楽合奏 · 続きを見る »

弱音器

ントラバスの弱音器 トランペットの弱音器 トロンボーンの弱音器 弱音器(じゃくおんき)とは、(西洋音楽の)楽器の音を弱めるために必要に応じて楽器に取り付けられる器具である。音を弱める目的は、.

新しい!!: 弦楽器と弱音器 · 続きを見る »

伽耶琴

伽耶琴(かやきん、カヤグム、가야금)は朝鮮半島の伝統的な撥弦楽器。カヤッコ(가얏고)とも呼ぶ。.

新しい!!: 弦楽器と伽耶琴 · 続きを見る »

張力

張力(ちょうりょく、英語:tension)という言葉は、一般には単に引っ張る力というような意味で用いられる言葉であるが、物理学においては、物体のある平面において、引っ張り合う垂直応力として定義されている。 ただし、力学の例題で扱われる滑車の問題等において、紐が物体を引っ張る力を張力Tと表現するなど、物理学においても引っ張る力、特にひも状の物体に対して加わる力の反作用としてひも状の物体がその力を及ぼしている物体に対して加える力の意味で張力という言葉を用いることもある。 なお、ベルト伝動装置、チェーン伝動装置などの巻掛け伝動のものにおいては確実な動力の伝達のためには張力の管理が重要となる。 引っ張る力としての張力と、たるみからなる曲線をカテナリー曲線という。.

新しい!!: 弦楽器と張力 · 続きを見る »

位相幾何学

一つの面と一つの辺を持つメビウスの帯は位相幾何学で研究される対象の一種である。 自明な結び目)を三次元で描いたもの 数学の一分野、位相幾何学(いそうきかがく、topology, トポロジー)は、その名称がτόπος(「位置」「場所」)と (「言葉」「学問」) に由来し、「位置の学問」を意味している。 トポロジーは、何らかの形(かたち。あるいは「空間」)を連続変形(伸ばしたり曲げたりすることはするが切ったり貼ったりはしないこと)しても保たれる性質(または位相不変量)に焦点を当てたものである。位相的性質において重要なものには、連結性およびコンパクト性などが挙げられる。 位相幾何学は、空間、次元、変換といった概念の研究を通じて、幾何学および集合論から生じた分野である。このような考え方は、17世紀に「位置の幾何」(geometria situs)および「位置の解析」(analysis situs)を見越したゴットフリート・ライプニッツにまで遡れる。レオンハルト・オイラーの「ケーニヒスベルクの七つの橋」の問題および多面体公式がこの分野における最初の定理であるというのが定説となっている。用語 topology は19世紀にによって導入されたが、位相空間の概念が起こるのは20世紀の最初の10年まで待たねばならない。20世紀中ごろには、位相幾何学は数学の著名な一分野となっていた。 位相幾何学には様々な分科が存在する。.

新しい!!: 弦楽器と位相幾何学 · 続きを見る »

当道座

当道座(とうどうざ)とは、中世から近世にかけて日本に存在した男性盲人の自治的互助組織。.

新しい!!: 弦楽器と当道座 · 続きを見る »

地歌

地歌(ぢうた、地唄)は、江戸時代には上方を中心とした西日本で行われた三味線音楽であり、江戸唄に対する地(地元=上方)の歌。当道という視覚障害者の自治組織に属した盲人音楽家が作曲、演奏、教授したことから法師唄ともいう。長唄と共に「歌いもの」を代表する日本の伝統音楽の一つ。また三曲の一つ。.

新しい!!: 弦楽器と地歌 · 続きを見る »

ナイロン

ナイロン6とナイロン6,6の分子構造 ナイロン(nylon)は、ポリアミド合成樹脂の種類である。当初は主に繊維として使われた。世界初の合成繊維のナイロン6,6(6,6-ナイロンなどとも)が含まれる。 1935年、アメリカのデュポン社のウォーレス・カロザースが合成に成功した。ナイロンは本来、インビスタ社(旧デュポン・テキスタイル・アンド・インテリア社)の商品名だが、現在ではポリアミド系繊維(単量体がアミド結合(-CO-NH-)により次々に縮合した高分子)の総称として定着している。 ナイロン(nylon)の名称は、「伝線(run)しないパンティストッキング用の繊維」を意図した「norun」に由来する。 また、ナイロン登場前に絹の圧倒的シェアを誇っていた日本に対して「Now You Lousy Old Nipponese」(古い日本製品はもうダメだ)の頭文字をとったという説もある 種類としては、ナイロン6、ナイロン6,6、ナイロン4,6などがある。これらの数字は、合成原料の炭素原子の数に由来す 構造(右図)は、.

新しい!!: 弦楽器とナイロン · 続きを見る »

ミンミン (楽器)

ミンミンは、アマチュアウクレレ奏者の川合ケンが考案し、楽器輸入卸業のHOSCO(有限会社細川)と共同開発をした3弦ギター。ギターと三線の特徴を併せ持ち、ギターのコードを指一本で押さえられる。スティック・ダルシマーやストラムスティック・BEGINの一五一会をヒントに制作された。 基本的なチューニングはCチューニング(3弦からC,G,C)で、弾きやすいキーはC、F、Cm、Am、Fm。また、DチューニングやBチューニング、ウクレレチューニングも可能である。 演奏方法はギターと同様にピックを使って行い、ストラップを使い肩から提げる形をとる。重量は470gと軽量で、厚さも3cm程度であり、子どもや高齢者など誰にでも扱い易い楽器とされている。小さいながらもかなりの音量が出る。 価格は2万5千円程度と比較的安価だが、一五一会ほど知名度が高くないため、普及はしていない。間伐集成材を用いた「ミンミン-ECO(エコ)」とその組立キット、また同コンセプトの「ミンミン-ECOウクレレ」とその組立キットなどのバリエーションもある。 ゴンチチのチチ松村が愛用している。 ミンミンという名称は「みんなの民族楽器」の略。.

新しい!!: 弦楽器とミンミン (楽器) · 続きを見る »

マンドリン

マンドリン(、独・、)は、イタリア発祥の撥弦楽器。 現在、もっとも一般的にみられるのは17世紀中頃に登場したナポリ型マンドリンから発展したもので弦はスチール製の8弦4コース、調弦はヴァイオリンと同じく低い方からG-D-A-E。ただしヴァイオリンと違って指板にはフレットがあり、弓ではなくピックを使って演奏する。 撥弦楽器であるマンドリンはギターと同じく持続音が出せない楽器である。この問題は高音においてギターより大きな問題となり、その結果、持続音を模したトレモロ奏法が使われる。その他の奏法には、アルペジオ、ピッツィカート、ハーモニクスなどがある。 19世紀末にアメリカ合衆国で派生したフラットマンドリンは、ブルーグラス、カントリーなどの音楽ジャンルで、フィドルやバンジョーなどとともに使用されることが多い。.

新しい!!: 弦楽器とマンドリン · 続きを見る »

マンドリンオーケストラ

マンドリンオーケストラは、マンドリン属を中心に編成されたオーケストラ。.

新しい!!: 弦楽器とマンドリンオーケストラ · 続きを見る »

マンドーラ

マンドーラ (Mandora) は、リュート属の楽器。通常6コースの弦とやや長いネックを持ち、調弦は現代のクラシックギターと似る。別名ガリコン(Gallichon)、ガリゾーナ(Gallizona)、コラション(Colachon)、calchedonoとも。ソロの他に通奏低音にもよく用いられた(ゲオルク・フィリップ・テレマンが残した膨大な量のカンタータの多くにマンドーラが指定されている)。ヨハン・ゲオルク・アルブレヒツベルガー、ジュゼッペ・アントニオ・ブレシャネッロなどがマンドーラのための作品を書いている。なおドイツでは1850年ごろから1920年ごろにかけてマンドーラの子孫にあたるリュートギター(英語::en:lute guitar,ドイツ語::de:Gitarrenlaute)と呼ばれる単弦6弦でギターと同じ調律をする楽器が作られた。.

新しい!!: 弦楽器とマンドーラ · 続きを見る »

チョーキング

thumb チョーキング(bending)とは弦を弾いた後に押弦している指で弦を引っ張り、無段階に音の高さを変えるギターの演奏技法である。 そもそもチョーキングは「絞める」という意味の英語だが、この言葉が使われるのは日本のみで、日本国外では意味が通じない。 古くからアメリカの黒人ブルースミュージシャン達(B.B.キングなど)や、白人カントリーミュージシャン達が使っていたテクニックである。それ以前よりジャズやブルース音楽でのサックスは持続音の中で音程を上げるピッチベンドという奏法を用いていたが、ブルース音楽のギタリスト達がこの管楽器のピッチベンドを模して使いだした奏法がチョーキングである。これが世の中に広まったのは、白人のロックミュージシャン達(エリック・クラプトンなど)が多用して以来と見る向きもある。太い弦を使用するアコースティックギターの時代から存在したテクニックだが、エレクトリックギターの時代になって以降、ロックの殿堂入りバンド、 の が張力の弱い細い弦を考案し、それ以降、ようになった。 チョーキングで音程を上げた状態において、ビブラートをかけることをチョーキングビブラートという。 同様の技法はヴァイオリン、三味線のようなフレットのない有棹弦楽器を除く弦楽器に広く用いられており、例えば箏の「押し手」の技法は弦を引っ張る方向こそチョーキングとは違えど原理は全く同じである。また、インドのシタールのミンドはチョーキングに極めて近い奏法である。.

新しい!!: 弦楽器とチョーキング · 続きを見る »

チェロ

チェロ(ヴィオロンチェロ、セロとも)は、西洋音楽で使われるヴァイオリン属の弦楽器の一種である。弦の数は4本。略号は「Vc」。.

新しい!!: 弦楽器とチェロ · 続きを見る »

チェンバロ

チェンバロ(Cembalo, clavicembalo)は、鍵盤を用いて弦をプレクトラムで弾いて発音させる楽器で、撥弦楽器(はつげんがっき)、または鍵盤楽器の一種に分類される。英語ではハープシコード (harpsichord)、フランス語ではクラヴサン (clavecin) という。 狭義にはグランド・ピアノのような翼形の楽器を指すが、広義には同様の発音機構を持つヴァージナルやスピネット等を含めた撥弦鍵盤楽器を広く指すE.

新しい!!: 弦楽器とチェンバロ · 続きを見る »

ハープ

ハープ(harp)は、西洋音楽で用いられる弦鳴楽器。 コンサートハープ ダブル・アクション・ペダル・ハープ ハープの7本のペダル(左足用が3本と右足用が4本) 現代のコンサートハープの基本的な構成要素と用語(英語) ケルティック・ハープを弾く女性 ハープと演奏者を表したサーサーン朝ペルシア時代のモザイク。インド、ビシャプール発掘。ルーブル美術.

新しい!!: 弦楽器とハープ · 続きを見る »

バチ

バチ.

新しい!!: 弦楽器とバチ · 続きを見る »

バンジョー

バンジョーは、アフリカ系アメリカ人が、アメリカにおいてアフリカのいくつかの楽器の特徴を取り入れて生み出した撥弦楽器である。.

新しい!!: 弦楽器とバンジョー · 続きを見る »

ポピュラー音楽

ポピュラー音楽(ポピュラーおんがく、popular music ポピュラー・ミュージック)とは、広く人々の好みに訴えかける音楽のことであるOxford Dictionaries.

新しい!!: 弦楽器とポピュラー音楽 · 続きを見る »

モリンホール

モリンホール(、、Morin khuur)は、モンゴルの民族楽器である。 モリンホール(モンゴル国式) モリンホール(内モンゴル式).

新しい!!: 弦楽器とモリンホール · 続きを見る »

ヤトガ

ヤトガは、モンゴルの伝統的なツィター属の撥弦楽器である。 おもにモンゴル国および内モンゴル自治区で演奏される。.

新しい!!: 弦楽器とヤトガ · 続きを見る »

ラバーブ

ラバーブ(رباب ラバーブまたは ربابة‎‎ ラバーバ、rebap レバプ、rebab ルバブ)は擦弦楽器のひとつ。 イスラム教の普及とともに西アジア、北アフリカ、ヨーロッパ、東アジアへと広がっていった。現在でもモロッコ、インドネシアなど各地で広く演奏されているが、地域によって大きく形が異なる。 弓で演奏される。中世ヨーロッパのレベックのもとになったと考えられている。 なお、アフガニスタンでラバーブと呼ばれる楽器は、多数の共鳴弦を持つ撥弦楽器で、弓は用いない。.

新しい!!: 弦楽器とラバーブ · 続きを見る »

リュート

リュート(Lute:ルート、Liuto:リウト、Luth:ルュト、Laute:ラウテ)は撥弦楽器の一種で、主に中世からバロック期にかけてヨーロッパで用いられた古楽器群の総称。ひとまとめにしてリュート属とも呼ばれるこれらの楽器群には時代や目的によってさまざまな形態のものがある。 リュートはアラブ文化圏のウード(العود al-ʿūd)および中国や日本の琵琶と近縁の楽器であり、いずれも中央アジアの「」(بربات barbat)を祖先とする楽器であると考えられている。 リュートやウードの名前は「木」を意味するアラビア語の"al‘ud"(アル・ウード)に由来するとされてきた。英語では、リュート奏者はlutenist、リュート製作者はluthierという。.

新しい!!: 弦楽器とリュート · 続きを見る »

ヴァイオリン

ヴァイオリンまたはバイオリンは弦楽器の一種。ヴァイオリン属の高音楽器である。ヴァイオリン属に属する4つの楽器の中で最も小さく、最も高音域を出す楽器である。弦を弓や指などで振動させて音を出す、弦鳴楽器に属する。しばしば「Vn」「Vl」と略記される。.

新しい!!: 弦楽器とヴァイオリン · 続きを見る »

ヴァイオリン属

ヴァイオリン属 (ヴァイオリンぞく=ヴァイオリン族とも書く)はヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスの4種の弦楽器からなる楽器群のこと。前述の順で大きくなり、音域が低くなる。(コントラバスを、その歴史から、ヴァイオリン属に含めず、むしろヴィオール属とする考え方もある。) これらの楽器は、それぞれ音域が異なり、そのため大きさや大きさの割合が異なるが、形状、構造、奏法、用法に共通点が多い。(楽器の構造や奏法の詳細は、それぞれの楽器の項目、特にヴァイオリンの項を参照のこと。)それぞれの楽器において、太さ(.

新しい!!: 弦楽器とヴァイオリン属 · 続きを見る »

ヴィーナ

ヴィーナ(Veena/Vina, ヒンディー語:वीणा, タミル語:வீணை)は古代インド音楽の弦楽器の総称。ペルシア弦楽器の「~タール」や中国弦楽器の「~琴」に相当する。一般的には南インド古典音楽に用いられる代表的な撥弦楽器のことを指す。しかし古くは,インド周辺の弦楽器の大部分をヴィーナといったこともあり,時代により場所により,言葉の実際の内容はさまざまである。現在使われているヴィーナにも各種あり,南インドでは前記のヴィーナ,北インドではビーン(Bin)とも呼ばれる。主なものは,直径約50cmで共鳴器になる中が空洞の木または瓢箪の台座2つを,約70cmの竿で繋いだ形をしており,全長は約120cm。竿に7本の弦が張ってあり,棹の上には金属製のフレットがついている。フレットは南インドのヴィーナは24個,北インドのヴィーナは20~26個である。弦をピックで弾くことにより音を出し,微妙な音色を奏でることができる。弦の先端のヘッドの部分に,竜の飾りがつけられたものが多い。竜の首が演奏者側を向いているものは南インドのヴィーナ,反対側を向いているものは北インドのヴィーナであり,フレットの数を考慮に入れれば北と南どちらのヴィーナかを見分けることができる。主なものとして、北インドのヴィーナはヒンドゥスターニー音楽に,南インドのヴィーナはカルナータカ音楽に使用される。.

新しい!!: 弦楽器とヴィーナ · 続きを見る »

ヴィオラ

ヴィオラまたはビオラは、西洋音楽で使われるヴァイオリン属の弦楽器である。長い間独奏楽器としてはほとんど無視された存在であったが、近代以降では独奏曲も数多く作られるようになってきている。合奏や重奏の中では中音部を受け持つ。しばしば「Va」「Vla」と略記される。.

新しい!!: 弦楽器とヴィオラ · 続きを見る »

ヴィオラ・ダモーレ

ヴィオラ・ダモーレ(viola d'amore)は、バロック時代、特に17世紀の終わりから18世紀の前半に用いられた、6ないし7弦の演奏弦と同数の共鳴弦を持つ擦弦楽器である。.

新しい!!: 弦楽器とヴィオラ・ダモーレ · 続きを見る »

ヴィオラ・ダ・ブラッチョ

ヴィオラ・ダ・ブラッチョ(伊:viola da braccio)とは、肩と腕で支えて演奏する擦弦楽器の総称。語義は「腕のヴィオラ」。 16世紀にヴァイオリンが登場したため、ヴィオラ・ダ・ガンバ(語義は「脚のヴィオラ」)と区別する目的で16~18世紀頃に用いられた言葉である。一般にはヴァイオリン属を指すが、ヴァイオリンの原型を指していると思われる場合もある。なお、ヴァイオリン属であるチェロは、脚で支えるにもかかわらずヴィオラ・ダ・ブラッチョの一種として考えられていたようである。この問題については、18世紀中頃まで、単にヴィオロンチェロと表記された場合、現代のチェロと同音域ながら肩からひもで吊ってヴァイオリンのように弾く楽器(ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラ=肩かけチェロ)を主に指していたのではないかという説が近年出され、復元楽器も作られて有名バロック・ヴァイオリン奏者による復元演奏が行なわれている。 「ブラッチョ(braccio)」は派生してドイツ語の「ブラーチェ(Bratsche)」になった。この語は現在でいう「ヴィオラ」をあらわす。 バッハのブランデンブルク協奏曲第6番でヴィオラ・ダ・ブラッチョと指定された楽器も現代でいう「ヴィオラ」であると考えられている。この曲ではヴィオラ・ダ・ガンバも使われており、これと区別するために「ダ・ブラッチョ」という語を付け加えたものと思われる。.

新しい!!: 弦楽器とヴィオラ・ダ・ブラッチョ · 続きを見る »

ヴィオラ・ダ・ガンバ

ヴィオラ・ダ・ガンバ(イタリア語:Viola da gamba)は、16世紀から18世紀にヨーロッパで用いられた擦弦楽器。フランス語ではヴィオール(viole)、英語ではヴァイオル(viol)、ドイツ語ではガンベ(Gambe)と呼ばれる。 「ヴィオラ・ダ・ガンバ」とは「脚のヴィオラ」の意味で、楽器を脚で支えることに由来する(これに対して「ヴィオラ・ダ・ブラッチョ(=腕のヴィオラ)」と呼ばれたのがヴァイオリン属)。この場合の「ヴィオラ」は擦弦楽器の総称を意味する。ヴィオラ・ダ・ガンバはヴァイオリン属(ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ)よりも歴史がやや古く、外観がヴァイオリン属に似ていること、18世紀後半にいったん完全に廃れてしまったことから、しばしばヴァイオリン属の原型の楽器と誤解されるが、両者は異なる系統である。 ヴァイオリン属に比べ音量が小さいヴィオラ・ダ・ガンバは、劇場や野外での演奏には適さず、もっぱら宮廷や上流市民の家庭における室内楽、および教会音楽で用いられた。市民社会の成熟に伴って音楽演奏の場が大規模な会場に移ると、リコーダー、リュート、チェンバロなどと同様に使用されなくなったが、19世紀末以来の古楽復興運動により復活を遂げるに至った。.

新しい!!: 弦楽器とヴィオラ・ダ・ガンバ · 続きを見る »

ヴィオール属

ヴィオラ・ダ・ガンバ ヴィオール属(ヴィオールぞく、Viol Family)は、擦弦楽器に関する括りの一つ。 「ヴィオール (Viole) 」というフランス語は、イタリア語のヴィオラ Viola と同様古くは擦弦楽器の総称であったとの見解もある。だがこの語は17~18世紀フランスにおいては、イタリア語のヴィオラ・ダ・ガンバと同じ楽器を指した。この意味でのヴィオール属の解説は「ヴィオラ・ダ・ガンバ」の項目を参照。 「~属 (Family) 」 とは、本来、いくつかの音域からなる一つの(同じ構造の)楽器に用いられる表現である。しかし今日、実際には、ヴィオールと似ている、あるいは何らかの関係があると考えられる他の擦弦楽器も含めて「ヴィオール属」と呼ぶことが多い。これは、擦弦楽器の総称としての「ヴィオール」(当然ヴァイオリン属も含む)とは別の用法であり、しばしばヴァイオリン属との対比の意味で用いられる。フランス語圏や英語圏(ヴァイオル Viol)ではこのような用法は見られない。.

新しい!!: 弦楽器とヴィオール属 · 続きを見る »

ヘルツ

ヘルツ(hertz、記号:Hz)は、国際単位系 (SI) における周波数・振動数の単位である。その名前は、ドイツの物理学者で、電磁気学の分野で重要な貢献をしたハインリヒ・ヘルツに因む。.

新しい!!: 弦楽器とヘルツ · 続きを見る »

ブズーキ

ブズーキ()は現代のギリシャ音楽で中心となる楽器であり、またセルビアやボスニア・ヘルツェゴビナといったバルカン半島の民族音楽でも使用される。さらにアイルランド音楽でも使用される。洋梨を半分に割った形のボディと長いネックを備えた弦楽器である。リュート属で、マンドリンに似ている。ピックで演奏され、鋭い金属的な音が特徴的。.

新しい!!: 弦楽器とブズーキ · 続きを見る »

プサルタリー

プサルタリー(英語:Psaltery)とは、木箱に24本のピアノ線を張った楽器を指す。ギリシャ語では、プサルテリオン(Psalterion)。.

新しい!!: 弦楽器とプサルタリー · 続きを見る »

ビブラート

ビブラート(vibrato)とは、演奏・歌唱において音を伸ばすとき、その音の見かけの音高を保ちながら、その音の特に高さを揺らすことである。バイブレーション(vibration)も似た言葉だが音楽においては、ビブラートには含まれないタイプの音の揺れや、感情の揺れ等を示すことが多い。.

新しい!!: 弦楽器とビブラート · 続きを見る »

ピッツィカート

ピッツィカート(pizzicato)は、ヴァイオリン属などの本来は弓でひく弦楽器(擦弦楽器)の弦を指ではじくことによって音を出す演奏技法である。日本語の片仮名表記は古くからピチカートが用いられたが、より元の言語の発音に近い表記にした場合は「ピッツィカート」となり、現在は後者も使われている。.

新しい!!: 弦楽器とピッツィカート · 続きを見る »

ピックアップ (楽器)

ピックアップとは、楽器自体や弦などの振動を、電気信号として検出する装置のこと。検出した電気信号は、多くはボリュームやトーンコントローラー(コンデンサ系)などを経由した後、アンプやチューナーなどに送られる。 楽器に取り付けるものでも楽器自体の振動は検出せずに空気の振動を検出するものはコンタクトマイクロフォンなどと呼ばれ、区別される(マイクロフォンを参照)。.

新しい!!: 弦楽器とピックアップ (楽器) · 続きを見る »

ピアノ

ピアノは、弦をハンマーで叩くことで発音する鍵盤楽器の一種である。鍵を押すと、鍵に連動したハンマーが対応する弦を叩き、音が出る。また、内部機構の面からは打楽器と弦楽器の特徴も併せ持った打弦楽器に分類される。 一般に据え付けて用いる大型の楽器で、現代の標準的なピアノは88鍵を備え、音域が非常に広く、オーケストラの全音域よりも広いフランツ・リストの『ハンガリー狂詩曲』やビゼーの『子供の遊び』、モーリス・ラヴェルのほとんどの作品にみられるように、多くのオーケストラの作品はピアノ曲の編曲である。Samuel Adler, The Study of Orchestration (Third Edition, NORTON, 2002) p.666-667.

新しい!!: 弦楽器とピアノ · 続きを見る »

ピアノ線

ピアノ線(ピアノせん、Piano wire, music wire)は、炭素鋼で作られた金属線。.

新しい!!: 弦楽器とピアノ線 · 続きを見る »

ツィンバロム

ツィンバロム(ハンガリー語:cimbalom)は、ハンガリーを中心とする中欧・東欧地域で見られる大型の打弦楽器。多くのものは39コース以上の弦、4オクターブ以上の音域を持つ。チンバロン、ツィンバロンなどの表記も多く用いられる(ツィンバロムは日本打弦楽器協会推奨表記)。ロマの音楽で多く用いられる他、コダーイ、ストラヴィンスキー、クルターグ・ジェルジなどの近現代の作曲家にもしばしば用いられている。コダーイがオペラから編んだ組曲『ハーリ・ヤーノシュ』(第3曲、第5曲でソロ的に扱われる)が特に有名で、しばしば演奏される。 外形的には、彫刻を施されたクラシックな雰囲気のものが多いが、最近では装飾を一切廃した楽器なども作られるようになってきている。メーカーとしては、Bohak の評価が高く、近年では Bohak から独立した Kosmos の工房の楽器の評価があがってきている。.

新しい!!: 弦楽器とツィンバロム · 続きを見る »

ツィター

ツィター(、、)は、主にドイツ南部、オーストリア、スイスなどでよく使用される弦楽器(弦鳴楽器)。チターとも。 日本の箏(琴)に似た形状をしているが、長さは短い。約30本の伴奏用弦と5、6本の旋律用のフレット付き弦が張られている。これを親指につけたプレクトラムと呼ばれる爪を使って弾く。 ソードマンデル(スワルマンダル)と呼称される楽器と極めて近い構造を持っており、一般的には明確に分類されていない。 ヨハン・シュトラウス2世のワルツ『ウィーンの森の物語』の冒頭と末尾で演奏されるソロが有名であり、映画『第三の男』のテーマソングをアントーン・カラスが弾いた楽器としても知られている。 中東からヨーロッパにかけ、類似した楽器がある。特にアラビアやトルコのカーヌーンは有名。.

新しい!!: 弦楽器とツィター · 続きを見る »

ツィター属

ツィター属、チター属(ツィターぞく)は弦楽器の分類のひとつ。ヨーロッパ・チロル地方の撥弦楽器であるツィターに由来する。琴属とも。.

新しい!!: 弦楽器とツィター属 · 続きを見る »

フレット

フレット(Fret)とは、ある種の弦楽器が持つ構造で、ネック(棹)にある突起であり、弦の出す音の高さを変えるための仕組みのひとつである。撥弦楽器に多いが、擦弦楽器にも見られることがある。一般にフレットと呼び、フレットのある楽器のことをフレッテッド、フレッテド(Fretted)と呼ぶが、琵琶では柱(じ)と呼んでいる。.

新しい!!: 弦楽器とフレット · 続きを見る »

ドンブラ

ドンブラは、カザフの民族楽器である。.

新しい!!: 弦楽器とドンブラ · 続きを見る »

ニュートン

ニュートン(newton、記号: N)は、 国際単位系 (SI)における力の単位。1ニュートンは、1kgの質量を持つ物体に1m/s2の加速度を生じさせる力。名称は古典力学で有名なイギリスの物理学者アイザック・ニュートンにちなむものである。.

新しい!!: 弦楽器とニュートン · 続きを見る »

ダルシマー

ダルシマー(ハンマード・ダルシマー、ハンマーダルシマー)は、ツィター属打弦楽器の英語圏における呼称。擦弦楽器である「アパラチアン・ダルシマー(マウンテン・ダルシマー)」と区別するため「hammered dulcimer」と表記されることが多い。日本では通常「ハンマーダルシマー」と呼ばれるが、単語のつづりや意味からは「ハンマード・ダルシマー(槌で打たれるダルシマー)」が正しい。「dulcimer」という語の由来はラテン語であり、「甘美な旋律」を意味する「dulce melos」が語源として推察されている。箱型の共鳴体に張られた多数の金属製の弦を、ばちで打って演奏する。弦を弓などで擦るか、弾いて音を出す演奏法が圧倒的に多い弦楽器の中では、数少ない例である。金属製の弦を打って音を出す点や、音色の類似性から「ピアノの先祖」と呼ばれることもある。同系の楽器として、西南アジアのサントゥール、ハンガリーのツィンバロム、中国の揚琴(洋琴)、ドイツのハックブレットがある。 アジアで使用されるダルシマーは比較的小型であるが、ヨーロッパではオーケストラで使用するにあたって音域を広げる必要が出てきた為に大型化が試みられ、中には100キロ近い重量をもつものも作られている。 ヨーロッパの移民がもたらした楽器の一つに「アパラチアン・ダルシマー」(マウンテン・ダルシマー、ラップ・ダルシマーとも)と呼ばれるものがあるが これらは撥弦楽器であり、打弦楽器のダルシマーとは別物である。.

新しい!!: 弦楽器とダルシマー · 続きを見る »

初期値問題

数学の微分方程式の分野における初期値問題(しょきちもんだい、Initial value problem)とは、未知関数のある点における値を初期条件として備えた常微分方程式のことを言う(コーシー問題とも呼ばれる)。物理学あるいは他の自然科学の分野において、あるシステムをモデル化することはある初期値問題を解くことと同義である場合が多い。そのような場合、微分方程式は与えられた初期条件に対してシステムがどのように時間発展するかを特徴付ける発展方程式と見なされる。.

新しい!!: 弦楽器と初期値問題 · 続きを見る »

和琴

和琴(わごん)は、雅楽の国風歌舞でもちいられる日本固有の弦楽器で、日本最古の楽器。大和琴(やまとごと)、東琴(あずまごと)とも。 現在日本でよく知られる箏は大陸からの渡来楽器が基となっており、和琴とは起源や系統が異なる。 なお、和琴の起源は神代紀の「天沼琴」(あめのぬごと)である。「天石窟(あめのいわや)前で天香弓六張をならべ弦を叩いて音を調べた」とある。.

新しい!!: 弦楽器と和琴 · 続きを見る »

アルペジョーネ

アルペジョーネ、Henning Aschauer が1968年に製作、Alfred Lessing の仕様に基づく。 アルペジョーネもしくはアルペッジョーネ()は、1823年から1824年にウィーンのギター製造者ヨハン・ゲオルク・シュタウファー(, 1778–1853)により発明された、6弦の弦楽器である。 弓で演奏するが、チェロを小ぶりにしたような本体のために重音を出すことが容易であり、また24のフレットを持つなど、ギターの特徴も併せ持つ。このため「ギター・チェロ」という別名でも呼ばれたが、外見はバロック時代のヴィオラ・ダ・ガンバに似ている。.

新しい!!: 弦楽器とアルペジョーネ · 続きを見る »

インピーダンス整合

インピーダンス整合(インピーダンスせいごう、impedance matching)とは、一例としては電気信号の伝送路において、送り出し側回路の出力インピーダンスと、受け側回路の入力インピーダンスを合わせることである。概念として、より広く力学一般に、音響その他の振動系に拡張できる。損失なく最大の効率で伝送を行うために、また特に高周波では整合がとれていない接続部分で反射が起きるため、整合するよう設計しなければならない。.

新しい!!: 弦楽器とインピーダンス整合 · 続きを見る »

ウード

ウード (عود ()、ud、barbat、oud、スペイン語:laud) は、リュート属に分類される撥弦楽器。 プレクトラムを用いて演奏する。中東から(アラビア、イラクなど)北アフリカのモロッコにかけてのアラブ音楽文化圏で使われる。リュートや琵琶と近縁であり、半卵形状の共鳴胴を持ち、ネックの先が大きく反っている。ただし、リュートや琵琶と違いフレットを持たない。弦は一般に6コース11弦で、10本の弦を5対の複弦とし最低音の弦のみ単弦である。.

新しい!!: 弦楽器とウード · 続きを見る »

ウォームギヤ

ウォームギアの実例。このウォームは3条であり進み角が大きく、ウォームホイールからウォームを回転させることができる(セルフロックがかからない)。またウォームとウォームホイールの材質が異なっており、これにより摩擦係数の低減の図っている。なお青いギアケース内の右下部にはウォームギアとは別に斜歯歯車がある。 ウォームギヤ(worm drive)は、ねじ歯車(ウォーム)とそれに合うはす歯歯車(ウォームホイール)を組み合わせた機構である。.

新しい!!: 弦楽器とウォームギヤ · 続きを見る »

エレクトリック・ギター

レクトリック・ギター(electric guitar)は、ギターの一種。ギター本体とギターアンプをシールド(ケーブル)で接続し、弦の振動をピックアップ(マイク)で電気信号に変え、任意の音量で演奏できるギター。エフェクターなどで音質を変化させやすいため、多彩な表現が可能。通称・略称はエレキギター及びエレキ。.

新しい!!: 弦楽器とエレクトリック・ギター · 続きを見る »

エレクトリックベース

レクトリックベース(electric bass、エレキベースとも)は低音部の撥弦楽器である。日本では「エレクトリックベース」と略さずに呼ばれることは少なく、エレキベース、電気ベース、あるいは単にベースと呼ばれる(本項本文では主にエレキベースと表記する)。弦は基本的に4本。5本や6本以上のものは多弦ベースと呼ばれることもある。 21世紀ではポピュラーな楽器だが、登場初期は非常に高価な代物でヴァン・ヘイレンのベーシスト、マイケル・アンソニーはエレクトリックギターの1弦と2弦を外してエレキベースの練習をしていたという。また、Mr.Big、ナイアシンのベーシスト、ビリー・シーンは「当時ギターよりエレキベースが高価で買えなかったから、ギターでベースラインを弾いていたんだ」と語っている。ベース弦もギター弦にくらべると高価である。 目立たなかったベースをメジャーに押し上げたのはビートルズのポール・マッカートニーがスチュワート・サトクリフの脱退によりそれまで担当していたサイドギターからチェンジしベースに転向してからである。.

新しい!!: 弦楽器とエレクトリックベース · 続きを見る »

エオリアン・ハープ

right エオリアン・ハープ(Aeolian Harp)は弦楽器の一種。ウインド・ハープ(Wind Harp)とも 中安真理『箜篌の研究:東アジアの寺院荘厳と弦楽器』思文閣出版 2016年、ISBN 9784784218493 pp.6-8.

新しい!!: 弦楽器とエオリアン・ハープ · 続きを見る »

オートハープ

ートハープは一連のコードバーを持つ弦楽器である。コードバーは、押し下げられたときに望まれた和音を構成する弦以外をミュートする。オートハープは、その名前にもかかわらず全くハープではなく、むしろツィターである。一般名称は「coded zither(コード化されたツィター)」である。.

新しい!!: 弦楽器とオートハープ · 続きを見る »

カンテレ

39弦 コンサート・カンテレ カンテレ (kantele) はフィンランドの民族楽器の一つで、ツィター属に属する撥弦楽器の一種である。フィンランドの国民的叙事詩であるカレワラの中で、老賢者ワイナミョイネンがカンテレを開発したことになっているため、フィンランドでは民族意識の象徴として扱われることも多い。5弦から40弦まで、用途に応じ、異なる数の弦が張られた楽器を使い分ける。なお、カンテレの外見は様々であるが、一部範疇の弦数の場合の形状は他の諸外国の楽器に近似する場合(持ち運び出来る大きさで弦数の多い物は例えば日本の琴に似る場合がある等)がある。.

新しい!!: 弦楽器とカンテレ · 続きを見る »

カーヌーン

ーヌーン(アラビア語:قانون、Qanún, Kanun)はアラブ音楽で伝統的に使われる撥弦楽器。台形の箱に多数の弦が張り巡らされており、それを日本の琴の様につまびいて演奏する。ウード・カーヌーン・ナーイはアラブ古典音楽で使われる代表的な楽器。 ペグを用いて九分音を出せることで有名な楽器。特殊な倍音成分がある割には音量は小さく、200席のホールの後ろではほとんど聞こえない。 名前はギリシア語の「カノン」に由来する。.

新しい!!: 弦楽器とカーヌーン · 続きを見る »

ガット

ット.

新しい!!: 弦楽器とガット · 続きを見る »

ギター

ター(Guitar)は、リュート属に分類される弦楽器。指、またはピックで弦を弾くことにより演奏する撥弦楽器である。 クラシック音楽、フラメンコのほか、ジャズ、ロック、フォルクローレ、ポピュラー音楽など幅広いジャンルで用いられる。 ギターの演奏者をギタリスト(Guitarist)という。 また、エレクトリック・ギター(エレキギター)を単にエレキ、もしくはギターと呼ぶ場合も多い。.

新しい!!: 弦楽器とギター · 続きを見る »

ギター・アンサンブル

ターアンサンブルは、各種のクラシックギターによる合奏、または合奏を行うオーケストラのこと。 ギターアンサンブルは通常のオーケストラと違い、ギターのみで演奏を行う。オーケストラにヴァイオリンからコントラバスまで多様な音階を持つ弦楽器があるように、クラシックギターにもいくつか種類があり、それによってアンサンブルが奏でられる。 ギターアンサンブルに使用されるギターは以下の通りである。;ソプラノギター;アルトギター;プライムギター;アルトチェンバロギター、プライムチェンバロギター;バスギター;コントラバスギター;ギタロン その他にコントラバス、管楽器(フルート・クラリネットなど)、打楽器(ティンパニ・小太鼓など)が用いられることもある。.

新しい!!: 弦楽器とギター・アンサンブル · 続きを見る »

クラシック・ギター

代の標準的なクラシック・ギター スケールやボディ・サイズが全く異なる2本のクラシックギター クラシック・ギターとは、ガット、ナイロン、フロロカーボンなどの弦が張られた、ギターのことである。スパニッシュ・ギター、ガット・ギターとも呼ばれる。 フラメンコに使用されるクラシック・ギターは、激しい演奏からボディトップを保護するためのゴルペ板を装着するなどフラメンコ演奏に最適化された仕様となっており、クラシック・ギターとは区別してフラメンコギターと呼ばれる。.

新しい!!: 弦楽器とクラシック・ギター · 続きを見る »

コムンゴ

コムンゴ コムンゴ(거문고)は、朝鮮の伝統楽器で、玄琴ともいう。琴の一種で、弦は6本ある。左手で弦を押え、右手で持ったスルテ(술대)という棒で弦を弾いて演奏する。「三国史記」によると、高句麗時代に王山岳が、中国の琴を改造して発明したという。 Category:弦楽器 Category:アジアの楽器 Category:朝鮮の音楽.

新しい!!: 弦楽器とコムンゴ · 続きを見る »

コラ (楽器)

ラ (kora) は、西アフリカが発祥のリュート型撥弦楽器。セネガル、ガンビア、マリ、ギニア、ブルキナファソなどの国々で300年以上に渡って受け継がれてきた伝統的な民族楽器で、特にセネガルとガンビアに代表される。長いネック、ヒョウタンの共鳴胴、そして21本の弦が特徴。 ハープやギターの原型とも言われ、アフリカの民族楽器の中でも最も美しい音色を持つとされる。.

新しい!!: 弦楽器とコラ (楽器) · 続きを見る »

コントラバス

ントラバスは音楽における音域の区分のひとつ。バスのオクターヴ下に位置づけられる。また、この音域をもつ弦楽器のひとつ。本項では弦楽器としてのコントラバスについて記述する。 4本または5本の弦を持つ大きな弦楽器である。略号は「Cb」。単にバスもしくはベース(Bass)(英語圏ではこの呼び方をする人が多い)、ダブルベース(英語起源)、ストリングベース(英語圏においてエレクトリックベースに対し)、ウッドベース(和製英語)、弦バス(日本の吹奏楽において管楽器バス(チューバ等)に対し)、アップライトベース、アコースティックベース(ポピュラー音楽でエレクトリックベースに対し)、ベース・フィドル(ケルト系の音楽でヴァイオリンの呼称であるフィドルに対して)とも言う。呼称が多いのは、コントラバスがさまざまな場面で使われることの表れである。画像:Kontrabas.jpg-->.

新しい!!: 弦楽器とコントラバス · 続きを見る »

シタール

タール(ヒンディー語:सितार、英語:Sitar)は、北インド発祥の弦楽器。民族楽器の一つ。.

新しい!!: 弦楽器とシタール · 続きを見る »

スライドギター

ライドギター(slide guitar、別名:ボトルネックギター)は、ギターの奏法のひとつ。スライドバーと呼ぶ棒を指に装着または持ち、弦がフレットや指板から浮いた状態のままバーを任意の位置で弦に接触させ、ピッキングして発音する奏法である。.

新しい!!: 弦楽器とスライドギター · 続きを見る »

ストリングス

トリングス(英語:strings)は、弦楽器および弦楽器を主体とした演奏のこと。.

新しい!!: 弦楽器とストリングス · 続きを見る »

スティール・ギター

ティール・ギター(steel guitar)は、ギターの演奏方法の一種である。また、その演奏方法向けに作られたギターの一種でスチールギターとも言う。ギターを水平に置き、指もしくはスライドバーで弦を押さえ、その反対側の手で持ったピックで弾いて演奏する。ギターを正面に構えて持つ一般的な奏法に比べて演奏が難しいと言われている。 膝の上に載せる小型のタイプはラップ・スティール・ギター(lap steel guitar)と呼ばれる。ラップ・スティールギターの種類には、ラップ・スライド・ギター、リゾネーター・ギター、エレクトリック・ラップ・スティール・ギターがある。また、ボリュームペダル、弦の調を変えるためのペダル、ニーレバー(膝レバー)で音程を調整するベンド機構を備えた大型のスタンドタイプをペダルスティール・ギター(pedal steel guitar)という。エレクトリック・コンソール・スティール・ギターも存在する。.

新しい!!: 弦楽器とスティール・ギター · 続きを見る »

スコルダトゥーラ

ルダトゥーラ(イタリア語:scordatura)とは、変則調弦あるいは特殊調弦とも呼ばれ、ヴァイオリン属やリュート・ギターなどの弦楽器において、楽器本来の調弦法とは違う音に調弦(チューニング)することである。バロック時代においては珍しくない奏法であったが、弦楽器の演奏法が確立された古典派以降では、例外的な奏法となった。主に作曲者の指示により普通とは違う楽器の響きを出したい時などに、スコルダトゥーラを行う。一般に、スコルダトゥーラした楽器のための楽譜は、楽譜通り演奏すると求める音が出るように書かれるため、移調楽器となる。.

新しい!!: 弦楽器とスコルダトゥーラ · 続きを見る »

セタール

タール(setar、سه‌تار)はイランの楽器。リュート属の楽器で、ペルシア語で三弦という意味である。の子孫で、イスラム教の普及とともにイランから各地へ広がっていった。約250年ほど前に4本目の弦が加えられた。インドのシタールと混同されやすいが、全く別の楽器である。 -------.

新しい!!: 弦楽器とセタール · 続きを見る »

タール (弦楽器)

タール(تار、tar)はイラン、アゼルバイジャン、ジョージア、アルメニアその他のカフカース地方で見られる長いネックのリュート属の楽器である。「タール」とはペルシア語で弦をさす。18世紀中ごろ現在の形になったといわれる。桑の木を切り分けて2つの椀をあわせた型をしており、表面は羊の皮を伸ばした薄い膜でおおわれている。25から28のフレットと、3対の弦があり、真鍮のピックで演奏される。 Category:弦楽器 category:中近東の楽器 Category:無形文化遺産.

新しい!!: 弦楽器とタール (弦楽器) · 続きを見る »

サロード

ード(、、)は、インドの古典音楽で使われる弦楽器である。 シタールと同じく、北インドの古典音楽の中では最も有名とされている。シタールの甘く芳醇な音とは対照的に、サロードの音は深く重く内省的な音をしている。 低音部の音質はクラシック・ギターのものと似ているが、高音部はその音よりか細い。 インド音楽はグリッサンド(一音一音を区切ることなく、隙間なく滑らせるように流れるように音高を上げ下げする奏法)を多用するため、サロードもまた他のインドの楽器と同じくフレットを持たない。右手で弦を弾くにはココヤシの殻で作られたプレクトラムを用いる。.

新しい!!: 弦楽器とサロード · 続きを見る »

サーランギー

ーランギー (सारंगी, Sārangī) はインド周辺に多い擦弦楽器(ボウイングによる弦楽器)。インド伝統音楽であるヒンドゥスターニー音楽でも重要な楽器である。インドの楽器の中では最も人間の声に近いと言われており、特に(ビブラート)や(ポルタメント)といった奏法で顕著。マスターするのが難しい楽器でもある。.

新しい!!: 弦楽器とサーランギー · 続きを見る »

サズ

(Saz)は、イラン・トルコ・バルカン半島諸国で一般的な、長いネックを持つリュート属の撥弦楽器である。ブズーキと同様に古代ギリシアのパンドゥーラの子孫の1つで、主にトルコ国民音楽で用いられる。同族の楽器にブルガリアのタンブーラ、クロアチアのタンブリッツァがある。.

新しい!!: 弦楽器とサズ · 続きを見る »

共鳴

共鳴(きょうめい、)とは、物理的な系がある特定の周期で働きかけを受けた場合に、その系がある特徴的な振る舞いを見せる現象をいう。特定の周期は対象とする系ごとに異なり、その逆数を固有振動数とよぶ。 物理現象としての共鳴・共振は、主に の訳語であり、物理学では「共鳴」、電気を始め工学的分野では「共振」ということが多い。 共鳴が知られることになった始原は音を伴う振動現象であると言われるが、現在では、理論式の上で等価・類似の現象も広く共鳴と呼ばれる(バネの振動・電気回路・核磁気共鳴など)。.

新しい!!: 弦楽器と共鳴 · 続きを見る »

倍音

倍音 正弦波 倍音(ばいおん、、、、、)とは、楽音の音高とされる周波数に対し、2以上の整数倍の周波数を持つ音の成分。1倍の音、すなわち楽音の音高とされる成分を基音と呼ぶ。 弦楽器や管楽器などの音を正弦波(サインウェーブ)成分の集合に分解すると、元の音と同じ高さの波の他に、その倍音が多数(理論的には無限個)現れる。 ただし、現実の音源の倍音は必ずしも厳密な整数倍ではなく、倍音ごとに高めであったり低めであったりするのが普通で、揺らいでいることも多い。逆に、簡易な電子楽器の音のように完全に整数倍の成分だけの音は人工的な響きに感じられる。.

新しい!!: 弦楽器と倍音 · 続きを見る »

琵琶

琵琶(びわ、, 特に日本のものは )は、東アジアの有棹(リュート属)弦楽器の一つ。弓を使わず、もっぱら弦をはじいて音を出す撥弦楽器である。古代において四弦系(曲頚琵琶)と五弦系(直頚琵琶)があり、後者は伝承が廃絶し使われなくなったが、前者は後に中国及び日本においていくつもの種類が生じて発展し、多くは現代も演奏されている。ヴェトナムにはおそらく明代に伝播した四弦十数柱のものが伝承され、ダン・ティ・バと呼ばれる。なお、広義には阮咸(げんかん)や月琴などのリュート属弦楽器も琵琶に含めることもある。 四弦系(曲頚)琵琶は、西アジアのウード、ヨーロッパのリュートと共通の起源を持ち、形もよく似ている。すなわち卵を縦に半分に割ったような形の共鳴胴に棹を付け、糸倉(ヘッド)がほぼ直角に後ろに曲がった形である。五弦系(直頚)琵琶はインド起源とされ、糸倉は曲がらず真っすぐに伸びている。正倉院に唯一の現物である「螺鈿紫檀五絃琵琶」(らでんしたんごげんのびわ、図参照)が保存されている。.

新しい!!: 弦楽器と琵琶 · 続きを見る »

秦琴

250px 秦琴(しんきん)は、中国の主に広東で用いられる弦楽器である。 共鳴箱と琴格とネックは木でできており、音箱はウメの花の形をしているため、梅花琴または梅花秦琴とも呼ばれている。 弦はたいてい3本張ってあり、絹またはナイロンでできている。 台湾の北管では、歌仔戯や布袋劇でも用いられる。 Category:弦楽器 Category:中国の楽器.

新しい!!: 弦楽器と秦琴 · 続きを見る »

箏(そう)は、日本の伝統楽器。十三本の糸を有するが、十七絃箏など種々の多絃箏がある。箏は一面、二面(いちめん、にめん)と数える。弦楽器のツィター属に分類される。 一般的に、「箏(こと)」と呼ばれ、「琴(きん)」の字を当てることもあるが、「箏」と「琴」は別の楽器である。最大の違いは、箏は柱(じ)と呼ばれる可動式の支柱で弦の音程を調節するのに対し、琴は柱が無く弦を押さえる場所で音程を決める。ただし、箏の柱(箏の駒)は「琴柱」とするのが一般的で(商品名も琴柱)、箏の台は琴台(きんだい)と必ず琴の字を使う。 箏 総象牙巻繰り甲の箏(金子誠次作).

新しい!!: 弦楽器と箏 · 続きを見る »

管楽器

管楽器(かんがっき)は、旧来の楽器分類法における分類のひとつであり、吹奏楽器(すいそうがっき)ともいう。今日の楽器分類学においては気鳴楽器と呼ばれる。.

新しい!!: 弦楽器と管楽器 · 続きを見る »

箜篌

(くご)とは、古代東アジアで使われたハープや箏に似た撥弦楽器。演奏用の楽器の他、仏教建築を演出するための仕掛けとして使用された。.

新しい!!: 弦楽器と箜篌 · 続きを見る »

糸 糸(いと)とは、天然繊維、化学繊維の両方、もしくはいずれか一方の繊維を引き揃えて、撚りをかけた物のことである。糸を造ることを紡績、これを生業としたものを「製糸業」「紡績業」という。工業的に撚りをかけたもののことを専門的には撚糸(ねんし)という。 フィラメント糸やクモの糸の様な紡績とは無関係な長細い形状の物も含めて糸と呼ぶ。 英語では「縫い糸」は「スレッド」(thread)、「紡ぎ糸」は「ヤーン」(yarn)、 「たこ糸」「楽器の弦」は「ストリング」(string)、「釣り糸」は「ライン」(line)と呼び方が異なる。.

新しい!!: 弦楽器と糸 · 続きを見る »

絹 蚕の繭 絹(きぬ、sericum、Seide、silk、soie)は、蚕の繭からとった動物繊維である。独特の光沢を持ち、古より珍重されてきた。蚕が体内で作り出すたんぱく質・フィブロインを主成分とするが、1個の繭から約800 - 1,200メートルとれるため、天然繊維の中では唯一の長繊維(フィラメント糸)である。絹織物などに用いる。 蚕の繭(まゆ)を製糸し、引き出した極細の繭糸を数本揃えて繰糸の状態にしたままの絹糸を生糸(きいと)というが、これに対して生糸をアルカリ性の薬品(石鹸・灰汁・曹達など)で精練してセリシンという膠質成分を取り除き、光沢や柔軟さを富ませた絹糸を練糸(ねりいと)と呼ぶ。ただし、100%セリシンを取り除いたものは数%セリシンを残したものに比べ、光沢は著しく劣る。生糸は化学染料、練糸はいわゆる草木染めに向くが、歴史的に前者の手法が用いられはじめたのは明治維新以降であり、昔の文献や製品にあたる際、現在の絹織物とは別物に近い外観と性質をもつ。また、養殖(養蚕)して作る家蚕絹と野性の繭を使う野蚕絹に分けられる。.

新しい!!: 弦楽器と絹 · 続きを見る »

瑟(しつ)は、古代中国のツィター属の撥弦楽器。古筝に似て、木製の長方形の胴に弦を張り、弦と胴の間に置かれた駒(柱)によって音高を調節するが、弦の数が25本ほどと多い。八音の糸にあたる楽器のひとつで、後世には祭祀の音楽である雅楽専用の楽器になった。.

新しい!!: 弦楽器と瑟 · 続きを見る »

銅(どう)は原子番号29の元素。元素記号は Cu。 周期表では金、銀と同じく11族に属する遷移金属である。英語でcopper、ラテン語でcuprumと言う。.

新しい!!: 弦楽器と銅 · 続きを見る »

ここでは音(おと)について解説する。.

新しい!!: 弦楽器と音 · 続きを見る »

音の強さ

音の強さ、あるいは音響インテンシティとは、単位面積を通して伝わる音響パワーである。単位はW/m²。 音響インテンシティの大きさを、基準値との比の常用対数によって表現した量が音響インテンシティレベルである。単位はデシベル (dB)。 基準値は最小可聴音 I_0.

新しい!!: 弦楽器と音の強さ · 続きを見る »

音高

音高(おんこう)、ピッチとは、.

新しい!!: 弦楽器と音高 · 続きを見る »

音色

音色(おんしょく、ねいろ、timbre)とは、音の質を表現するために用いられる用語である。音高や音圧が同じであっても音色の異なる音は異なる聞こえ方をする。.

新しい!!: 弦楽器と音色 · 続きを見る »

響板

響板(きょうばん、Sound board、Resonanzboden)は、グランドピアノまたはアップライトピアノのである。厚さが6から13 mmのトウヒ属(スプルース)材から成り、弦の振動を増幅する。その他の楽器の共鳴体とは対照的に、 空洞もも存在しない。.

新しい!!: 弦楽器と響板 · 続きを見る »

非線形性

非線形性(ひせんけいせい、Non-linearity)あるいは非線形(ひせんけい、Non-linear)は、線形ではないものを指すための用語。.

新しい!!: 弦楽器と非線形性 · 続きを見る »

調律

調律(ちょうりつ)とは、楽器の音高を、演奏に先立って適切な状態に調整すること。楽器全体の音高は、楽器の各音の中の特定の音を特定の高さにすることで調整され、各音の音高の相対的な関係は、一定の音律に従って調整される。.

新しい!!: 弦楽器と調律 · 続きを見る »

高胡

胡(こうこ)は中国の伝統楽器。擦弦楽器。広東音楽で使われる粤胡(ユエフー)のことで、広東では二胡(アルフー)とも呼んでいる。大体1920年代に二胡の改良によってできたものである。 胴の部分は二胡に比べて小さく、調弦は二胡よりも4~5度高いので高胡と呼んでいる。 1950年代以降に広く用いられるようになり、現在では民族オーケストラの中で高音の擦弦楽器になっている。合奏、伴奏、独奏に用いる。.

新しい!!: 弦楽器と高胡 · 続きを見る »

魂柱

魂柱(たまばしら・こんちゅう)とは、ヴァイオリン属の楽器において、表板と裏板を直接つなげる唯一の棒である。魂柱により音が裏板まで振動し、楽器全体に音が響くようになる。 弦の張力によって表板にかかる圧力で、裏板との間に挟まれている状態で取り付けられている。駒より若干下の位置にある。材料はスプルースである。 弦の交換時に全ての弦を外してしまうと、表板に対する圧力が無くなり、結果として魂柱が外れてしまうことがある。 その場合は、専門家による取り付けが必要となる。取り付けはf字孔から行う。.

新しい!!: 弦楽器と魂柱 · 続きを見る »

質量

質量(しつりょう、massa、μᾶζα、Masse、mass)とは、物体の動かしにくさの度合いを表す量のこと。.

新しい!!: 弦楽器と質量 · 続きを見る »

近似

近似(きんじ、approximation)とは、数学や物理学において、複雑な対象の解析を容易にするため、細部を無視して、対象を単純化する行為、またはその方法。近似された対象のより単純な像は、近似モデルと呼ばれる。 単純化は解析の有効性を失わない範囲内で行われなければならない。解析の内容にそぐわないほど、過度に単純化されたモデルにもとづいた解析は、近似モデルの適用限界を見誤った行為であり、誤った解析結果をもたらす。しかしながら、ある近似モデルが、どこまで有効性を持つのか、すなわち適用限界がどこにあるのかは、実際にそのモデルに基づいた解析を行ってみなければ分からないことが多い。.

新しい!!: 弦楽器と近似 · 続きを見る »

胡弓

#胡弓(こきゅう)は日本の擦弦楽器。概説1および歴史以下に説明する。.

新しい!!: 弦楽器と胡弓 · 続きを見る »

阮咸

阮 咸(げん かん、生卒年不詳)は、竹林の七賢の一人。字は仲容。三国時代の魏および西晋の文人。陳留郡尉氏県(河南省開封市)の人。 また、伝説によりこの人が伝えたとされる4弦のリュート属撥弦楽器もその名を冠して「阮咸」と呼ばれる。.

新しい!!: 弦楽器と阮咸 · 続きを見る »

開放弦

開放弦(かいほうげん)は弦楽器を演奏する際、指で弦を押さえずに音を出すこと、または指で弦を押さえていない状態そのものをいう。弦を抑えた状態と音色が異なるため、意図的に利用されたり、回避されたりする。 一般に弦は、他の条件が同じであれば、弦の長さに弦の振動の周波数が反比例する。すなわち、弦を短くすることで音を高くすることができる。この仕組みを楽器の奏法に取り入れた楽器は多くあり、ヴァイオリンやチェロなどのヴァイオリン属、ギター、三味線などの有棹弦楽器では、指を指板と呼ばれる板に押さえつけることによって振動する弦の長さを短くする。また、ハープなどでも、音の高さを半音ないし全音高めるために、振動する弦の長さを短くする仕組みを持っている。このような楽器にあって、弦を短くしない、すなわち振動する弦の長さを最大にとった状態を開放弦と呼ぶ。 開放弦は弦の振幅が大きいために、他のどの音よりも豊かな響きが得られる。また、他の弦を弾いた音が開放弦と同音やその倍音関係にある場合、共振して響く役割も持っている。.

新しい!!: 弦楽器と開放弦 · 続きを見る »

重量キログラム

重量キログラム(じゅうりょうキログラム)は、MKS重力単位系における重さおよび力の単位である。重力キログラム(じゅうりょくキログラム)、キログラム重(キログラムじゅう)とも称する。記号は、kgf (kilogram-force) 、kgw (kilogram-weight) 、ドイツなど一部ヨーロッパ諸国はkp(ドイツ語:Kilopond)、を用いる。.

新しい!!: 弦楽器と重量キログラム · 続きを見る »

長さ

長さ(ながさ、length)とは、.

新しい!!: 弦楽器と長さ · 続きを見る »

鋼(はがね、こう、釼は異体字、steel)とは、炭素を0.04~2パーセント程度含む鉄の合金。鋼鉄(こうてつ)とも呼ばれる。強靭で加工性に優れ、ニッケル・クロムなどを加えた特殊鋼や鋳鋼等とあわせて鉄鋼(てっこう)とも呼ばれ、産業上重要な位置を占める。.

新しい!!: 弦楽器と鋼 · 続きを見る »

F字孔

'''f字孔''' 左端に写っている駒と、f字孔の切り欠きの位置関係に注意。孔の奥に魂柱が見える f字孔(えふじこう、f-hole)とは、ヴァイオリン属及びヴィオール属の弦が張られている表板の中央付近にあけられている、左右対称の穴をいう。イタリック体の「f 」に似ているためこの名が付いた。この穴から楽器内部に貼られた製作者のラベルなどを見る事ができる。また、ヴァイオリン属の楽器は、この穴から魂柱を立てる作業を行う。 このf字孔の形によって楽器の音は大きく異なる。 この形に落ち着いたのは16世紀以後のイタリアで作られた楽器からであり、16世紀以前に製作された、ヴィオラ・ダ・ガンバに代表されるヴィオール族のf字孔は現在の形状よりも大きく異なっておりむしろCの形に近い。 弦を張るための駒の位置は、f字孔中程の駒側の切り欠きに合わせて取り付けられるため、単なる装飾ではなく、組み立て上の正確な位置を示している。 なぜ「f」の字であるのかは、強度的に優れている説、女性の英訳である「female」の頭文字から取った説、より華やかな装飾を追求する過程で生まれた説など諸説ある。 内部が空洞となっているホロウボディギターにも穿たれる。また、ギタリストのポール・ギルバートや今井寿は自身のモデルにダミーのf字孔を描き、トレードマークとしている。グレッチはf字孔のないホロウギターにf字孔をペイントしている。 Category:弦楽器.

新しい!!: 弦楽器とF字孔 · 続きを見る »

揚琴

揚琴(ようきん)は、中国の伝統的な打弦楽器の一種である。明清ごろに西方から伝わった。日本でも明清楽で使われた。 洋琴、楊琴とも書く。.

新しい!!: 弦楽器と揚琴 · 続きを見る »

板胡

板胡(ばんこ、またはパンフー、ピンイン: bǎnhú)は、中国の伝統的な胡琴の仲間である、弓の付いた弦楽器である。主に中国北部で使われる。なお、「板」は中国語で木片を表し、「胡」は胡琴の略である。 この楽器は二胡や高胡に近く、2本の弦を弓がこすることで音が出る。板胡が二胡と違うのは、二胡の音箱が、胡琴系の音箱が蛇の皮でできている代わりにココヤシの殻でできていることが多いのに対し、板胡の音箱は薄い板でできている。中国北西部、陝西省の地方劇「秦腔」で梆子(bangzi、拍子木)と共によく使われるので、梆胡("banghu"、バンフー)とも呼ばれる。 これとは別に、椰胡はココヤシのボディと木の面でできたものもあり、主に中国南部で使われている。.

新しい!!: 弦楽器と板胡 · 続きを見る »

楽器

楽器(がっき、musical instrument)とは一般的には「音楽の素材としての音を発するための道具の総称下中直也(編) 『音楽大事典』 全6巻、平凡社、1981年」「音楽に使用される音を出す器具『音楽中辞典』 音楽之友社、1979年」とされる。.

新しい!!: 弦楽器と楽器 · 続きを見る »

楽器分類学

楽器分類学(がっきぶんるいがく)は、楽器を体系的に分類するための学問である。比較音楽学の一部である比較楽器学を基礎とする。現在は、ザックス=ホルンボステル分類をもとに、体鳴楽器・膜鳴楽器・弦鳴楽器・気鳴楽器・電鳴楽器の5つに分類するのが一般的である。同じような意味で「楽器分類法」ということばが用いられることもあるが、こちらは学問的考察によらず、歴史的な経緯で用いられている分類を意味する場合が多い。.

新しい!!: 弦楽器と楽器分類学 · 続きを見る »

様々な槌(三木市立金物資料館) 槌(つち)とは、物を打ち付けたり、潰したりする工具の総称。英語からハンマー(hammer)とも。漢字では、打撃部分が木製のハンマーを槌、打撃部分が金属製のハンマーを鎚と書く。「かなづち」はもっぱら「鎚」の方を意味する。.

新しい!!: 弦楽器と槌 · 続きを見る »

波動方程式

波動方程式(はどうほうていしき、wave equation)とは、 で表される定数係数二階線型偏微分方程式の事を言う。 は波動の位相速度 (phase velocity) を表す係数である。波動方程式は振動、音、光、電磁波など振動・波動現象を記述するにあたって基本となる方程式である。.

新しい!!: 弦楽器と波動方程式 · 続きを見る »

振動

振動(しんどう、oscillation、vibration)とは、状態が一意に定まらず揺れ動く事象をいう。英語では、重力などによる周期が長い振動と、弾性や分子間力などによる周期の短い振動は別の語が充てられるが、日本語では周期によらず「振動」という語で呼ばれる。周期性のある振動において、単位時間あたりの振動の数を振動数(または周波数)、振動のふれ幅を振幅、振動の一単位にかかる時間を周期という。 振動は、同じ場所での物質の周期的な運動であるが、物理学においてさまざまな現象の中に現れ、基本的な概念の一つとして扱われる。物理的にもっとも単純な振動は単振動である。また、振動する系はそれぞれ固有振動(数)をもつ。振動の振幅を減少させる要因がある場合には、振動が次第に弱まる減衰振動となる。外部から一定の間隔で力を与えることなどにより振動を引き起こすことを強制振動とよぶ。強制振動の振動数がその系の固有振動数に近い場合、共振(または共鳴とも)を引き起こす。古典物理学だけでなく、電磁気学では電気回路や電場・磁場の振動を扱い、またミクロな現象を扱う現代物理学などにおいても、振動は基本的な性質である。 波動現象は、振動が時間的変化にとどまらず空間的に伝わっていく現象であり、自然現象の理解になくてはならない基礎概念へと関連している。.

新しい!!: 弦楽器と振動 · 続きを見る »

振動板

振動板(Diaphragm:ダイアフラム)は、音波と電気信号を相互に変換する機構。 マイクロホンやスピーカーの音波とのインターフェイスで、マイクロホンの場合は音波を受けて振動し、これを電気変換系に伝える役目をし、スピーカーの場合は電気信号を受けて振動し、空中に音波を放射する役目をするもの。 ダイナミックマイクロホンの場合は薄いプラスチックフィルムを用いて、周辺に襞を設けたドーム状円板に成形したものが多く用いられる。 コンデンサマイクロホンの場合は、更に薄いプラスチックフィルムの片面に金属をコートした膜が用いられる。 ダイナミックスピーカーの場合は、パルプやプラスチック、軽金属などをコーン状やドーム状に成形したものが用いられる。 聴診器の場合では、集音のためにチェストピースに張られた膜のことを指す。低音域をカットし、高音域を強調する役目がある。呼吸音、心音、心雑音、血管雑音など、高調音を聴くのに適しており、チェストピースを押さえる圧を調節することで、高調音と低調音を聞き分ける機能をもたせたダイアフラムもある。 空気圧縮機や燃料ポンプ等にも使用される。後者は振動板が吸気による負圧で振動する事により燃料をエンジンに供給する。.

新しい!!: 弦楽器と振動板 · 続きを見る »

月琴

月琴(げっきん、中国語名:yueh-ch'in, yueqin、英語名:moon guitar, moon-zither)は中国・日本の伝統楽器。.

新しい!!: 弦楽器と月琴 · 続きを見る »

指板

指板(しばん、フィンガーボード、フレットボードとも)は弦楽器の一部分である。ネックの表面に貼られた薄く長い木片で、この上に弦が張られる。演奏時に弦を指板に押さえつける位置を変えることにより、振動長を変え、結果的に音程が変わる。.

新しい!!: 弦楽器と指板 · 続きを見る »

明和電機

明和電機(めいわでんき、Maywa Denki)は、土佐 信道(とさ のぶみち)プロデュースによる、中小電機メーカーに偽装した芸術ユニット。所属事務所は吉本興業。作品制作のほか、音楽活動、舞台パフォーマンス、タレント活動も行っている。.

新しい!!: 弦楽器と明和電機 · 続きを見る »

撥弦楽器

撥弦楽器(はつげんがっき)とは、何らかの方法で弦をはじく(撥)ことによって音を出す楽器の総称である。共鳴胴を利用して音を増幅させる構造の物が多い。ギターのように抱えて演奏するものや、琴のように置いた状態で演奏するものなどがあり、それぞれが地域によって改良・発展をしているためにバリエーションは多い。広義においては、チェンバロ等も含まれる。.

新しい!!: 弦楽器と撥弦楽器 · 続きを見る »

擦弦楽器

擦弦楽器(さつげんがっき)とは、弓または棒で、弦をこする(擦・さつ)ことによって音を出す楽器の総称である。.

新しい!!: 弦楽器と擦弦楽器 · 続きを見る »

打弦楽器

打弦楽器(だげんがっき)とは、弦を何らかの方法で叩いて発音させる楽器の総称。弦の振動を響板や共鳴胴によって増幅する物もある。広義においてはピアノや打楽器の一部も含まれる。.

新しい!!: 弦楽器と打弦楽器 · 続きを見る »

打楽器

打楽器(だがっき)とは、打つ、こする、振るなどして音を出す楽器の総称で、各民族に様々な楽器がある。弦楽器や管楽器、鍵盤楽器に含まれる楽器は通常は打楽器から除外される。弦楽器や管楽器と比べて原始的で、長い歴史を持つと考えられている。楽器分類学では体鳴楽器と膜鳴楽器に分けられる。.

新しい!!: 弦楽器と打楽器 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

共鳴弦絃楽器

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »