ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

年鑑

索引 年鑑

年鑑(ねんかん)とは、年刊の書籍。 ある特定の事柄や分野における一年間の展望や調査結果、統計などを収録して刊行される。 刊行元は中央省庁(ザ・ワールド・ファクトブック)や出版社(ジェーン海軍年鑑)、新聞社(読売年鑑、朝日年鑑、毎日年鑑)など。.

12 関係: ザ・ワールド・ファクトブックジェーン海軍年鑑出版社生活暦行政機関読売年鑑逐次刊行物武鑑毎日年鑑朝日年鑑新聞

ザ・ワールド・ファクトブック

『ザ・ワールド・ファクトブック』2013–14年(政府版)表紙 『ザ・ワールド・ファクトブック』(The World Factbook、ISSN 1553-8133、『CIAワールドファクトブック』とも呼ばれる)は、世界各国に関する情報を年鑑形式でまとめたアメリカ合衆国中央情報局 (CIA) の年次刊行物。このファクトブックは、世界中のあわせて268の国家、属領その他の地域について人口統計、地理、通信、政治、経済、軍事の2、3ページの要約を提供している。 『ザ・ワールド・ファクトブック』は、CIAによってアメリカ政府官僚の利用に供するために作成されるので、形式、体裁、範囲、内容は、もっぱら彼らの要求に合うように構成されている。しかしながら、このファクトブックは、学生の論文、ウェブサイト、非政府系の出版物の原資料としてしばしば利用されている。このファクトブックは、アメリカ合衆国政府の著作物なので、アメリカ国内においてはパブリックドメインの状態にある。.

新しい!!: 年鑑とザ・ワールド・ファクトブック · 続きを見る »

ジェーン海軍年鑑

ェーン海軍年鑑(Jane's Fighting Ships)は、英国で出版されている年鑑。軍艦のみを扱う『All the world's fighting ships』というタイトルで創刊されたが、扱う対象分野が徐々に広がっていき、軍艦を扱うものは『Jane's Fighting Ships』として『ジェーン年鑑(Jane's Yearbook)』の一つになっている。.

新しい!!: 年鑑とジェーン海軍年鑑 · 続きを見る »

出版社

出版社(しゅっぱんしゃ)とは、書籍や雑誌などを発行し、広く読まれるために書店などの販売者に働きかけたり、広告宣伝を行い、国会図書館などの図書館に書誌的なデータを送り、知識などをパッケージ化して社会に届ける会社。.

新しい!!: 年鑑と出版社 · 続きを見る »

生活暦

生活暦(せいかつれき)とは、暦によって配当された月日に生活上で必要な情報を書き込んだものをいう。年鑑と呼ぶ場合もある。そこに書き込まれるものは、天体の出没や月齢、日食・月食、気候、占い、年中行事など用途により様々である。 中国や日本の暦では古くから日々の運勢を書き込んだ暦注があった。 Category:暦 Category:逐次刊行物 Category:年鑑.

新しい!!: 年鑑と生活暦 · 続きを見る »

行政機関

行政機関(ぎょうせいきかん)とは、行政権の行使にたずさわる、国や地方公共団体の機関をいう。立法機関(立法府)、司法機関(裁判所)と対比される。行政機関の総体をまとめて行政組織または行政機構という。.

新しい!!: 年鑑と行政機関 · 続きを見る »

読売年鑑

読売年鑑(よみうりねんかん)は、読売新聞東京本社が1950年から発行している年鑑・統計本である。.

新しい!!: 年鑑と読売年鑑 · 続きを見る »

逐次刊行物

逐次刊行物(ちくじかんこうぶつ)とは出版物の一種で、同一標題の元に終期を定めずに刊行される分冊刊行物である。代表的な物に雑誌・新聞・年鑑がある。.

新しい!!: 年鑑と逐次刊行物 · 続きを見る »

武鑑

武鑑(ぶかん)は、江戸時代に出版された大名や江戸幕府役人の氏名・石高・俸給・家紋などを記した年鑑形式の紳士録。.

新しい!!: 年鑑と武鑑 · 続きを見る »

毎日年鑑

毎日年鑑(まいにちねんかん)は、毎日新聞社が1920年 - 1981年に発行した年鑑・統計本である。.

新しい!!: 年鑑と毎日年鑑 · 続きを見る »

朝日年鑑

朝日年鑑(あさひねんかん)は、朝日新聞社が1925年から2000年まで発行した年鑑・統計本である。.

新しい!!: 年鑑と朝日年鑑 · 続きを見る »

代的な本 本(部分) 本(ほん)は、書籍(しょせき)または書物(しょもつ)とも呼ばれ、木、竹、絹布、紙等の軟質な素材に、文字、記号、図画等を筆写、印刷し、糸、糊等で装丁・製本したもの(銭存訓(1990)p.208)。狭義では、複数枚の紙が一方の端を綴じられた状態になっているもの。この状態で紙の片面をページという。本を読む場合はページをめくる事によって次々と情報を得る事が出来る。つまり、狭義の本には巻物は含まれない。端から順を追ってしかみられない巻物を伸ばして蛇腹に折り、任意のページを開ける体裁としたものを折り本といい、折本の背面(文字の書かれていない側)で綴じたものが狭義の「本」といえる。本文が縦書きなら右綴じ、本文が横書きなら左綴じにする。また、1964年のユネスコ総会で採択された国際的基準は、「本とは、表紙はページ数に入れず、本文が少なくとも49ページ以上から成る、印刷された非定期刊行物」と、定義している。5ページ以上49ページ未満は小冊子として分類している。 内容(コンテンツ)的にはほぼ従来の書籍のようなものでも、紙などに文字を書いたり印刷するのではなく、電磁的または光学的に記録・再生されるものやネットワークで流通させるものは、電子書籍という。.

新しい!!: 年鑑と本 · 続きを見る »

新聞

新聞(しんぶん)は、事件、事故や政治や経済や芸能やスポーツや国際情勢などの動向などのニュースを報じるためのメディアで、記事文章や写真、図面などが紙(新聞紙)に印刷され綴じていないものである。 「ポスト」を名に冠する新聞が存在しているのは、帝国郵便が自前の新聞を発行していたことに由来する。.

新しい!!: 年鑑と新聞 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »