ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

巡航ミサイル

索引 巡航ミサイル

巡航ミサイル(じゅんこうミサイル、cruise missile)は、飛行機のように翼とジェットエンジンで水平飛行するミサイルである。.

138 関係: ACM (ミサイル)AGM-28 (ミサイル)ALCM (ミサイル)ASMP (ミサイル)垂直尾翼偵察偵察衛星あたご型護衛艦大西洋外務省対艦弾道ミサイル対艦ミサイル専守防衛中期防衛力整備計画 (2005)中期防衛力整備計画 (2011)弾道ミサイル弾頭徘徊型兵器ナチス・ドイツナーヴァル・ストライク・ミサイルミサイルミサイル防衛バーブル (ミサイル)ラード (ミサイル)レーダーレッド・ストーム作戦発動レッドサン ブラッククロスレイセオンレギュラス (ミサイル)ロボットロケットエンジンロシアボマーク (ミサイル)トマホーク (ミサイル)ブラモス (ミサイル)ブルース・シンプソンテロリズムアメリカ合衆国アメリカ空軍アメリカ軍アフガニスタンイラク戦争イージス艦イギリスウラジーミル・プーチンエンジンクラブ (ミサイル)グローバル・ポジショニング・システムケタリング・バグシリア騒乱...ジャイロスコープジェットエンジンジェット機ソビエト連邦ターボジェットエンジン冷戦公明党玄武 (ミサイル)玉澤徳一郎火薬空襲第45回衆議院議員総選挙第三次世界大戦第一次世界大戦第二次世界大戦爆撃機産経新聞無人航空機特攻兵器飛行爆弾飛行船飛行機複葉機西側諸国魚雷護衛艦鹵獲軍事研究 (雑誌)軍事衛星航空魚雷航空機航空母艦防衛大臣防衛省防衛計画の大綱防衛技術協会自由民主党 (日本)電波高度計雄風II型 (ミサイル)陸上自衛隊F-15J (航空機)F-35 (戦闘機)HIMARSJoint Strike MissileKh-55 (ミサイル)LRASMMGM-1 (ミサイル)MGM-140 ATACMSNATOコードネームSCALP-EG/ストーム・シャドウSM-62 (ミサイル)SY-1 (ミサイル)Tu-22M (航空機)V1飛行爆弾XASM-3YJ-62 (ミサイル)YJ-8 (ミサイル)YJ-83 (ミサイル)捕虜揚力東のエデン東側諸国核弾頭核ミサイル水平尾翼民主党 (日本 1998-2016)湾岸戦争潜水艦戦略兵器制限交渉海上自衛隊日本日本経済新聞日本軍操縦士攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG慣性航法装置11月7日12月17日12月8日1909年2004年2006年2007年2009年2010年2017年 インデックスを展開 (88 もっと) »

ACM (ミサイル)

AGM-129 ACMは、アメリカ空軍で運用されている巡航ミサイルの一つ。名称末尾のACMは「Advanced Cruise Missile」の略であり、直訳すると発展型巡航ミサイルである。爆撃機より空中発射される核兵器である。.

新しい!!: 巡航ミサイルとACM (ミサイル) · 続きを見る »

AGM-28 (ミサイル)

AGM-28 ハウンド・ドッグ(Hound Dog)は、アメリカ合衆国で開発された大型の空対地ミサイルである。.

新しい!!: 巡航ミサイルとAGM-28 (ミサイル) · 続きを見る »

ALCM (ミサイル)

ALCMは、アメリカ空軍が長距離攻撃スタンドオフ兵器として採用・運用している兵器である。名称は"Air Launch Cruise Missile"の略であり、直訳すると、空中発射巡航ミサイルとなる。制式採用名称はAGM-86で、SRAMの後継ミサイルとして爆撃機に搭載され、運用される。.

新しい!!: 巡航ミサイルとALCM (ミサイル) · 続きを見る »

ASMP (ミサイル)

ASMP(Air-Sol Moyenne Portée / 中距離空対地ミサイル)は、フランス・アエロスパシアル(現MBDA)製の空中発射巡航ミサイルである。核弾頭を搭載し、フランスの核抑止力(Force de frappe)の一翼を担い、全面的な核戦争へ移行する直前の段階で使用される。改良型にASMP-Aがある。.

新しい!!: 巡航ミサイルとASMP (ミサイル) · 続きを見る »

垂直尾翼

垂直尾翼(すいちょくびよく)は、飛行機を始めとする航空機の尾翼の一種で、垂直についている部分。潜水船・高速自動車・ホバークラフト等にも設けられることがある。.

新しい!!: 巡航ミサイルと垂直尾翼 · 続きを見る »

偵察

様々な事柄についての情報を、目視観測などの手段を通じて能動的にかつひそかに収集する活動。.

新しい!!: 巡航ミサイルと偵察 · 続きを見る »

偵察衛星

アメリカの偵察衛星 KH-4Bの構造図 偵察衛星(ていさつえいせい)とは、光学機器(望遠レンズ付カメラ)や電波などを用いて、地表を観察し地上へ知らせる軍事目的の人工衛星である。「スパイ衛星」とも言う。.

新しい!!: 巡航ミサイルと偵察衛星 · 続きを見る »

あたご型護衛艦

あたご型護衛艦(あたごがたごえいかん、)は、海上自衛隊が運用するミサイル護衛艦の艦級。ネームシップの建造単価は約1,475億円であった。 なお、アメリカ海軍の関連団体であるアメリカ海軍協会(USNI)およびイギリスのジェーン海軍年鑑はミサイル駆逐艦、国際戦略研究所の年報(『ミリタリー・バランス』)ではミサイル巡洋艦として種別している。.

新しい!!: 巡航ミサイルとあたご型護衛艦 · 続きを見る »

大西洋

大西洋(たいせいよう、Atlantic Ocean、Oceanus Atlanticus)は、ヨーロッパ大陸とアフリカ大陸、アメリカ大陸の間にある海である。なお、大西洋は、南大西洋と北大西洋とに分けて考えることもある。おおまかに言うと、南大西洋はアフリカ大陸と南アメリカ大陸の分裂によって誕生した海洋であり、北大西洋は北アメリカ大陸とユーラシア大陸の分裂によって誕生した海洋である。これらの大陸の分裂は、ほぼ同時期に発生したと考えられており、したがって南大西洋と北大西洋もほぼ同時期に誕生したとされる。.

新しい!!: 巡航ミサイルと大西洋 · 続きを見る »

外務省

外務省(がいむしょう、Ministry of Foreign Affairs、略称:MOFA)は、日本の行政機関の一つである。 外務省設置法第3条により、「平和で安全な国際社会の維持に寄与するとともに主体的かつ積極的な取組を通じて良好な国際環境の整備を図ること並びに調和ある対外関係を維持し発展させつつ、国際社会における日本国及び日本国民の利益の増進を図ること」を任務とする。.

新しい!!: 巡航ミサイルと外務省 · 続きを見る »

対艦弾道ミサイル

対艦弾道ミサイル(たいかんだんどうミサイル、anti-ship ballistic missile, ASBM)は、海上の艦船を対象とした弾道ミサイルである。 防衛省では対艦攻撃弾道ミサイルと訳している。.

新しい!!: 巡航ミサイルと対艦弾道ミサイル · 続きを見る »

対艦ミサイル

対艦ミサイル(たいかんミサイル)は、陸上、艦艇、潜水艦、航空機などに装備され、名の通り敵の艦船を破壊するのを目的としたミサイル。.

新しい!!: 巡航ミサイルと対艦ミサイル · 続きを見る »

専守防衛

専守防衛(せんしゅぼうえい、Exclusively Defense-Oriented Policy)とは、第二次世界大戦後の日本で練られている防衛戦略である。戦略守勢とも言う。.

新しい!!: 巡航ミサイルと専守防衛 · 続きを見る »

中期防衛力整備計画 (2005)

中期防衛力整備計画(ちゅうきぼうえいりょくせいびけいかく)は、日本国自衛隊の軍備計画。本記事では平成17年度(2005年4月)~平成21年度(2010年3月)における中期防衛力整備計画(17中期防)について解説する。.

新しい!!: 巡航ミサイルと中期防衛力整備計画 (2005) · 続きを見る »

中期防衛力整備計画 (2011)

中期防衛力整備計画(ちゅうきぼうえいりょくせいびけいかく)は、日本国自衛隊の国防計画。本記事では平成23年度(2011年4月)から平成27年度(2016年3月)までの中期防衛力整備計画(23中期防)について解説する。本計画は2012年12月16日に執行された第46回衆議院議員総選挙の結果成立した自由民主党・第2次安倍内閣の2013年1月25日の閣議決定をもって廃止され、26中期防に引き継がれた。 関連して、当初の計画初年度であった2010年度の防衛力整備計画について、自由民主党政権(麻生太郎内閣)下で計画されていた内容と民主党政権(菅直人改造内閣)下で策定されたものも併せて解説する。.

新しい!!: 巡航ミサイルと中期防衛力整備計画 (2011) · 続きを見る »

弾道ミサイル

弾道ミサイル(だんどうミサイル、ballistic missile)は、大気圏の内外を弾道を描いて飛ぶ対地ミサイルのこと。弾道弾とも呼ばれる。弾道ミサイルは最初の数分の間に加速し、その後慣性によって、いわゆる弾道飛行と呼ばれている軌道を通過し、目標に到達する。.

新しい!!: 巡航ミサイルと弾道ミサイル · 続きを見る »

弾頭

弾頭(だんとう)は、高速移動する武器や兵器のうち、先端や先端付近にあって加害の主体を成す部分を指す。.

新しい!!: 巡航ミサイルと弾頭 · 続きを見る »

徘徊型兵器

徘徊型兵器 ("loitering munition")は、攻撃型の無人航空機 (UCAV) の一種に対する呼称で、離陸した無人航空機が数時間にわたって目標地域上空を"徘徊"(loitering)し、高価値目標を発見するかもしくは地上管制システムからの指令を受けると、対地ミサイルのように搭載した爆薬もろとも目標に突入し自爆して攻撃を行うというものである。徘徊可能な時間内に目標が発見できない場合には自爆するか、機種によっては自力で帰投し再使用可能なものもある。 呼称については徘徊型自律兵器 (Loitering Autonomous Weapons) 、徘徊型攻撃システム (Loitering Attack Systems) というようにも表現される。日本語訳ではうろつき型兵器、自爆型UAV、特攻型UAV、カミカゼUAVなど様々に表現されている。.

新しい!!: 巡航ミサイルと徘徊型兵器 · 続きを見る »

ナチス・ドイツ

ナチス・ドイツは、アドルフ・ヒトラー及び国家社会主義ドイツ労働者党(NSDAP、ナチ党)による支配下の、1933年から1945年までのドイツ国に対する呼称である。社会のほぼ全ての側面においてナチズムの考え方が強制される全体主義国家と化した。ヨーロッパにおける第二次世界大戦が終結する1945年5月に連合国軍に敗北し、ナチス政権とともに滅亡した。.

新しい!!: 巡航ミサイルとナチス・ドイツ · 続きを見る »

ナーヴァル・ストライク・ミサイル

ナーヴァル・ストライク・ミサイル()とは、ノルウェーのコングスベルグ・ディフェンス&エアロスペース社が開発した対艦巡航ミサイルである。 元々のノルウェー軍による名称は(新型海上目標ミサイルの意。ペンギンの後継であると示されていた)であり、英語の商用名称である「Naval Strike Missile」は後に採用されたものである。.

新しい!!: 巡航ミサイルとナーヴァル・ストライク・ミサイル · 続きを見る »

ミサイル

ュピター 広くミサイル(missile)として知られる、誘導ミサイルあるいは誘導弾(ゆうどうだん、guided missile)は、目標に向かって誘導を受けるか自律誘導によって自ら進路を変えながら、自らの推進装置によって飛翔していく軍事兵器のことである。.

新しい!!: 巡航ミサイルとミサイル · 続きを見る »

ミサイル防衛

ミサイル防衛(ミサイルぼうえい、)または弾道ミサイル防衛(だんどうミサイルぼうえい、)は、主に弾道ミサイルからある特定の区域を防衛すること及びその構想である。敵のミサイルを迎撃するミサイル防衛は時代と共にその名称が変遷して国家の安全保障にとって重要になってきている。 スタンダードミサイル SM-3.

新しい!!: 巡航ミサイルとミサイル防衛 · 続きを見る »

バーブル (ミサイル)

バーブル(Barbur)またはハトフ7(Hatf VII)は、パキスタンの巡航ミサイル。核弾頭搭載可能で射程距離はおよそ700kmとみられ、ある程度のステルス性を備えている。2007年07月26日、パキスタンは発射実験成功を発表した。.

新しい!!: 巡航ミサイルとバーブル (ミサイル) · 続きを見る »

ラード (ミサイル)

ラード(Ra'ad)またはハトフ8(Hatf VIII)は、パキスタンの空中発射型巡航ミサイル。核弾頭を搭載可能で射程はおよそ350kmとみられ、ステルス性を備えている。陸上、海上の目標を攻撃可能。対艦ミサイルとしても使用可能と思われる。2007年8月25日、パキスタン軍は発射実験成功を発表した。.

新しい!!: 巡航ミサイルとラード (ミサイル) · 続きを見る »

レーダー

レーダー用パラボラアンテナ(直径40m) レーダー(Radar)とは、電波を対象物に向けて発射し、その反射波を測定することにより、対象物までの距離や方向を測る装置である。.

新しい!!: 巡航ミサイルとレーダー · 続きを見る »

レッド・ストーム作戦発動

『レッド・ストーム作戦発動(ライジング)』(原題 Red Storm Rising)は1986年に発表された、アメリカの作家トム・クランシーとラリー・ボンド(en:Larry Bond)の共著による軍事シミュレーション小説。 東西冷戦時代のヨーロッパ及び大西洋を主な舞台としたNATO軍とワルシャワ条約機構軍の全面戦争が描かれている。超音速爆撃機による空母機動部隊への空襲、潜水艦による巡航ミサイル攻撃、当時まだ存在が公開されていなかったステルス攻撃機による奇襲攻撃、F-15発射のASATによる人工衛星に対する攻撃など、核兵器を除く多様なハイテク兵器による現代戦の様子が緻密に描かれている。 実際の軍事対決のシーンはラリー・ボンドがデザインした海戦シミュレーションゲーム「ハープーン」での綿密なシミュレーション結果に基づいて描かれている。「ハープーン」ゲームデザイナーズ・ワークショップ/ホビージャパン 1987年のマーク・ミラーの前書きより.

新しい!!: 巡航ミサイルとレッド・ストーム作戦発動 · 続きを見る »

レッドサン ブラッククロス

『レッドサン ブラッククロス』(Red Sun Black Cross、略称RSBC)とは、.

新しい!!: 巡航ミサイルとレッドサン ブラッククロス · 続きを見る »

レイセオン

レイセオン(英語:Raytheon Company、NYSE:RTN)とはアメリカ合衆国の軍需製品メーカーである。本社をマサチューセッツ州ウォルサムに位置する世界第1位のミサイルメーカーで、年2兆円超の売上のほとんどは軍やアメリカ合衆国政府向けの製品であり、従業員数7万人強のうち4万人近くが技術者である。.

新しい!!: 巡航ミサイルとレイセオン · 続きを見る »

レギュラス (ミサイル)

レギュラス レギュラス (Regulus) は、米ヴォート社によって開発されたアメリカ海軍の艦対地ミサイルである。 レギュラスとは獅子座のα星であるレグルス(Regulus:スペルは同一)の英語読みである。.

新しい!!: 巡航ミサイルとレギュラス (ミサイル) · 続きを見る »

ロボット

ボット(robot)は、人の代わりに何等かの作業を自律的に行う装置、もしくは機械のこと。 主に以下に大別することが可能である。.

新しい!!: 巡航ミサイルとロボット · 続きを見る »

ロケットエンジン

ットエンジンとは推進剤を噴射する事によってその反動で推力を得るエンジンである。ニュートンの第3法則に基づく。 同義語としてロケットモータがある。こちらは固体燃料ロケットエンジンの場合に用いられるのが一般的である。.

新しい!!: 巡航ミサイルとロケットエンジン · 続きを見る »

ロシア

ア連邦(ロシアれんぽう、Российская Федерация)、またはロシア (Россия) は、ユーラシア大陸北部にある共和制及び連邦制国家。.

新しい!!: 巡航ミサイルとロシア · 続きを見る »

ボマーク (ミサイル)

CIM-10 ボマーク(CIM-10 BOMARC)は、アメリカ空軍がソ連の爆撃機を迎撃するために開発した、長距離地対空ミサイルである。 正式名称は F-99、IM-69、IM-99、CIM-10 と多数存在し、導入当初はF-99であった。戦闘機を表す「F」がつけられているのは、配備当時、無人戦闘機として配備されたためで、当時の米空軍はボマークを「最初の無人戦闘機」と喧伝した。.

新しい!!: 巡航ミサイルとボマーク (ミサイル) · 続きを見る »

トマホーク (ミサイル)

トマホーク は、アメリカ合衆国で開発された巡航ミサイル。.

新しい!!: 巡航ミサイルとトマホーク (ミサイル) · 続きを見る »

ブラモス (ミサイル)

ブラモス(露:БраМос 英:BrahMos)は、ロシアとインドによって共同開発されている超音速巡航ミサイルである。.

新しい!!: 巡航ミサイルとブラモス (ミサイル) · 続きを見る »

ブルース・シンプソン

ブルース・シンプソン(Bruce Simpson)はニュージーランド在住のジェットエンジン自作の愛好家、日曜発明家。 2006年、A DIY Cruise Missile「自分で作る巡航ミサイル」という題名で、巡航ミサイルを自宅で作る計画をホームページで公開し、全世界のメディアで取り上げられた。 ジェットエンジンの自作の経験が豊富であり、数々の開発計画とその成果を自らのホームページで公開している。Scrapheap Challengeというテレビ番組ではジェットエンジンを動力としたレースカーの制作アドバイザーとして貢献した。ラジコン飛行機の設計、製作の経験も豊富。巡航ミサイル自作の計画立案にはこれらの経験が活かされている。 Category:ニュージーランドの技術者 Category:ニュージーランドの発明家 Category:存命人物.

新しい!!: 巡航ミサイルとブルース・シンプソン · 続きを見る »

テロリズム

テロリズム(terrorism)とは、政治的な目的を達成するために暴力および暴力による脅迫を用いることを言う。日本語ではテロリズムを「テロ」と略し、テロリズムによる事件を「テロ事件」と呼ぶ場合が多い。またテロリズムの実施者をテロリスト(terrorist)と呼ぶ。.

新しい!!: 巡航ミサイルとテロリズム · 続きを見る »

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国(アメリカがっしゅうこく、)、通称アメリカ、米国(べいこく)は、50の州および連邦区から成る連邦共和国である。アメリカ本土の48州およびワシントンD.C.は、カナダとメキシコの間の北アメリカ中央に位置する。アラスカ州は北アメリカ北西部の角に位置し、東ではカナダと、西ではベーリング海峡をはさんでロシアと国境を接している。ハワイ州は中部太平洋における島嶼群である。同国は、太平洋およびカリブに5つの有人の海外領土および9つの無人の海外領土を有する。985万平方キロメートル (km2) の総面積は世界第3位または第4位、3億1千7百万人の人口は世界第3位である。同国は世界で最も民族的に多様かつ多文化な国の1つであり、これは多くの国からの大規模な移住の産物とされているAdams, J.Q.;Strother-Adams, Pearlie (2001).

新しい!!: 巡航ミサイルとアメリカ合衆国 · 続きを見る »

アメリカ空軍

アメリカ空軍(アメリカくうぐん、United States Air Force, 略称:USAF(ユサフ))は、アメリカ軍の航空部門である。アメリカ合衆国空軍、あるいは単に合衆国空軍、ほかに米空軍とも呼ばれる。任務は「アメリカ合衆国を防衛し、航空宇宙戦力によってその国益を守ること」である。.

新しい!!: 巡航ミサイルとアメリカ空軍 · 続きを見る »

アメリカ軍

アメリカ軍(アメリカぐん、United States Armed Forces)は、アメリカ合衆国が有する軍隊。アメリカ合衆国軍(アメリカがっしゅうこくぐん)、合衆国軍(がっしゅうこくぐん)とも呼ばれ、日本では米軍(べいぐん)と略される。.

新しい!!: 巡航ミサイルとアメリカ軍 · 続きを見る »

アフガニスタン

アフガニスタン・イスラム共和国(アフガニスタン・イスラムきょうわこく)、通称アフガニスタンは、中東・中央アジアに位置する共和制国家。内陸国であり、分離したパキスタンが南及び東に、西にイラン、北にタジキスタン、トルクメニスタン、ウズベキスタンで、国の東端(ワハーン回廊)は中華人民共和国に接する。首都はカーブル。 パシュトゥーン人(狭義のアフガーン人)のほか、タジク人、ハザーラ人、ウズベク人、トルクメン人などの数多くの民族が住む多民族国家でもある。.

新しい!!: 巡航ミサイルとアフガニスタン · 続きを見る »

イラク戦争

イラク戦争(イラクせんそう)とは、アメリカ合衆国が主体となり2003年3月20日から、イギリス、オーストラリアと、工兵部隊を派遣したポーランド等が加わる有志連合によって、イラク武装解除問題の大量破壊兵器保持における進展義務違反を理由とする『イラクの自由作戦』の名の下に、イラクへ侵攻したことで始まった軍事介入である。 正規軍同士の戦闘は2003年中に終了し、同年5月にジョージ・W・ブッシュにより「大規模戦闘終結宣言」が出たが、アメリカが指摘した大量破壊兵器の発見に至らず、さらにイラク国内の治安悪化が問題となり、戦闘は続行した。2010年8月31日にバラク・オバマにより改めて「戦闘終結宣言」と『イラクの自由作戦』の終了が宣言され、翌日から米軍撤退後のイラク単独での治安維持に向けた『新しい夜明け作戦』が始まった。 そして2011年12月14日、米軍の完全撤収によってバラク・オバマが、イラク戦争の終結を正式に宣言した。.

新しい!!: 巡航ミサイルとイラク戦争 · 続きを見る »

イージス艦

イージス艦(イージスかん)とは、イージスシステムを搭載した艦艇の総称。通常、高度なシステム艦として構築されている。 フェーズドアレイレーダーと高度な情報処理・射撃指揮システムにより、200を超える目標を追尾し、その中の10個以上の目標(従来のターター・システム搭載艦は2~3目標)を同時攻撃する能力を持つ。開発当初の目的である艦隊防空だけではなく様々な任務に対応可能な汎用性を持つため、アメリカ海軍ではイージス艦のみで水上戦闘群を編成している。但しズムウォルト級ミサイル駆逐艦をイージス艦に含めるか否かは議論の余地がある。 イージス(Aegis)とは、ギリシャ神話の中で最高神ゼウスが娘アテナに与えたという、あらゆる邪悪を払う盾(胸当)アイギス(Aigis)のこと。.

新しい!!: 巡航ミサイルとイージス艦 · 続きを見る »

イギリス

レートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島々から成る同君連合型の主権国家である。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されている。 また、イギリスの擬人化にジョン・ブル、ブリタニアがある。.

新しい!!: 巡航ミサイルとイギリス · 続きを見る »

ウラジーミル・プーチン

ウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチン(、ラテン文字表記例:、1952年10月7日 - )は、ロシア連邦の政治家。現在は第4代ロシア連邦大統領(2012年5月7日 - )を務める。 第4代大統領就任以前には、第2代大統領(在任2000年 - 2008年)、第5代および第9代政府議長(首相)(1999年 - 2000年、2008年 - 2012年)、統一ロシア党首(2008年 - 2012年)、ベラルーシ・ロシア連合国家(正式名称は「連合国家」)の閣僚会議議長(首相に相当、2008年 - )など政府・政党の要職を歴任している。このほか、サンクトペテルブルクの副市長を務めたこともある。 元KGBのエージェントであり、現在のロシア連邦の政治家でもあり、その中でも特に大きな影響力を持っている政治家である。最終学歴はレニングラード大学(現・サンクトペテルブルク大学)法学部卒業。学位は法学士(サンクトペテルブルク大学)、経済学博士候補ロシアにおける「博士候補」は欧米諸国の「博士(Ph.D.)」に相当する(1997年)。階級は予備役大佐。 1999年12月31日のボリス・エリツィンの大統領辞任により大統領代行を務めたのち、2000年ロシア大統領選挙に勝利して正式に大統領に就任した。2004年の大統領選挙では再選を果たし、2008年5月7日まで大統領を務めた。そして後任の大統領であるドミトリー・メドヴェージェフの指名により同月8日に首相に就任した。 8年間のプーチン政権でロシア経済は危機を脱して大きく成長し、ロシア社会から高い支持と評価を受けている。国内総生産(GDP)は6倍に増大(購買力平価説では72%)し、貧困は半分以下に減り、平均月給が80ドルから640ドルに増加し、実質GDPが150%になった。 その一方で、第二次チェチェン紛争での人権侵害などにより、ロシア国外の政府や人権団体からロシアの人権と自由について追及されている。また、非民主的(反民主的)で、非合法な(謀略的な)手法で支配力を行使し政治を行っていることも様々な調査で明らかになっている。また統計上は良くなったともされるロシア経済についても、その実態としてはウラジーミル・ヤクーニンのような一部のプーチンと親密な関係にある人物たちによって統制が行われてしまっていることがマスメディアの取材で明らかになっている。こうした統制は、ボリス・ネムツォフらプーチン政権の反対派によって厳しく批判されている。 なおKGBに入るためにはスポーツ(格闘技)を身につけるのが有利であったために柔道も身につけているという面もあり、段位は柔道八段来日時に柔道六段を講道館柔道において贈られるも辞退。詳細は後述。称号は、サンボと柔道のロシア連邦スポーツマスター。2005年12月よりヨーロッパ柔道連盟名誉会長を務める。また国際柔道連盟(IJF)の名誉会長でもある。.

新しい!!: 巡航ミサイルとウラジーミル・プーチン · 続きを見る »

エンジン

ンジン(engine)は、以下の用法がある。.

新しい!!: 巡航ミサイルとエンジン · 続きを見る »

クラブ (ミサイル)

3M-54Eの外観図 クラブ('''Клуб'''.)は、ロシアのノヴァトール設計局が開発した巡航ミサイルファミリーである。カリブル(Калибр)とも呼ばれる。艦船発射型はNATOコードネーム:SS-N-27 シズラーと呼ばれる。 “Клуб”とは、社交・親睦団体、及びその場としての「クラブ」の意。NATO名の“sizzler”は、「焼けるような音を立てるもの」「非常に暑い日」の意味である。.

新しい!!: 巡航ミサイルとクラブ (ミサイル) · 続きを見る »

グローバル・ポジショニング・システム

船舶用GPS受信機 グローバル・ポジショニング・システム(Global Positioning System, Global Positioning Satellite, GPS、全地球測位システム)とは、アメリカ合衆国によって運用される衛星測位システム(地球上の現在位置を測定するためのシステムのこと)を指す。 ロラン-C(Loran-C: Long Range Navigation C)システムなどの後継にあたる。.

新しい!!: 巡航ミサイルとグローバル・ポジショニング・システム · 続きを見る »

ケタリング・バグ

タリング・バグ (Kettering Bug) は、アメリカ陸軍が開発した空中魚雷。それは現在の無人航空機や巡航ミサイルの始祖といえる。ケタリング・バグは発射地点から75マイル (120km) 先の目標を攻撃することができた。.

新しい!!: 巡航ミサイルとケタリング・バグ · 続きを見る »

シリア騒乱

リア騒乱(シリアそうらん)は、シリアで2011年3月15日より始まり、現在も続く反政府運動およびシリア政府軍と、シリアの反体制派及びそれらの同盟組織による武力衝突である。後述のとおり、国際連合などにより事実上の内戦状態と認識されていることからシリア内戦の名称が使われることが多いが、ISILなど勢力範囲がシリアに留まらない武装組織の影響も大きいことなどから名称には議論もある事実上の内戦状態としながらも「騒乱」の言葉を用いる報道機関もある。。シリア内戦、シリア騒乱以外にも、シリア危機などの表現を使うメディアもある。 内戦と呼ばれることが多いため、シリア国民同士の紛争と思われがちだが、実際にはシリア国外からの参戦も多い。また、当初はアサド政権派のシリア軍と反政権派勢力の民兵との衝突が主たるものであったが、ジハード主義勢力のアル=ヌスラ戦線とシリア北部のクルド人勢力の間での衝突も起こっている。現在は反政権派勢力間での戦闘、さらに混乱に乗じ過激派組織ISILやアル=ヌスラ戦線、またクルド民主統一党 (PYD/Partiya Yekitiya Demokrat) をはじめとしたシリア北部のクルド人勢力が参戦したほか、アサド政権の打倒およびISIL掃討のためにアメリカやフランスをはじめとした多国籍軍やロシアやイランもシリア領内に空爆を行っており、内戦は泥沼化している。また、トルコ、サウジアラビア、カタールもアサド政権打倒のために反政府武装勢力への資金援助、武器付与等の軍事支援を行い内戦に介入している。 また、実態として西側諸国が穏健派と断定する反政府武装勢力やアルカイダ系組織とISILの間に明確な線引きをするのは難しく、各勢力が強固な組織を基盤としているわけではない。さらに、いずれも反アサド政権・反世俗主義・反シーア派・反少数派イスラム教(アラウィー派・ドゥルーズ派等)、反キリスト教のスンニ派のイスラム主義組織であるという共通点があることから、資金力の増減や戦況の良し悪しによって戦闘員の寝返りや武器交換も相互に行われているため、あくまでもISILも反政府武装勢力のうちの一つととらえた方が実態に近く、イスラム国の残虐性だけが突出しているわけではない。さらに、シリア政府側に立つ組織もシリア軍の他にシーア派民兵やヒズボラやイランのイスラム革命防衛隊なども参戦しており、これもまた統率が取れているわけではない。 シリアで内戦が激化している理由として、主に4つがあげられる。まずは、トルコやアラブ・イスラム世界の中で敵対関係にあるイスラエルなどと国境を接しているという地政学的事情。次にシリアバース党政権が一貫した親露、親イランである一方、親欧米・親NATO諸国であるサウジアラビアを中心としたスンニ派の湾岸諸国とは激しく対立している点、3つ目としては、トルコ政府と対立するクルド人の問題。さらに4つ目はアサド大統領がシーア派の分派でありキリスト教の影響も強いアラウィー派で、イスラム色の薄いスンニ派も含めた世俗派主体に支持者が多いのに対し、反政府勢力はスンニ派イスラム主義勢力が多く、世俗主義とイスラム主義の対立や宗派対立の様相も呈していることにある。.

新しい!!: 巡航ミサイルとシリア騒乱 · 続きを見る »

ジャイロスコープ

ャイロスコープ(gyroscope)とは、物体の角度(姿勢)や角速度あるいは角加速度を検出する計測器ないし装置。ジャイロと略されることもある(ジャイロセンサと呼ばれることもある)。.

新しい!!: 巡航ミサイルとジャイロスコープ · 続きを見る »

ジェットエンジン

ェットエンジン(jet engine)とは、外部から空気を取り入れて噴流(ジェット)を生成し、その反作用を推進に利用する熱機関である。ジェットの生成エネルギーには、取り込んだ空気に含まれる酸素と燃料との化学反応(燃焼)の熱エネルギーが利用される。狭義には、空気吸い込み型の噴流エンジンだけを指す。また、主に航空機(固定翼機、回転翼機)やミサイルの推進機関または動力源として使用される。 ジェット推進は、噴流の反作用により推進力を得る。具体的には、噴流が生み出す運動量変化による反作用(反動)がダクトノズルやプラグノズルに伝わり、推進力が生成される。なお、ジェット推進と同様の噴流が最終的に生成されるものであっても、熱力学的に噴流を生成していないもの、例えばプロペラやファン推力などは、通常はジェット推進には含めない。プロペラやファンは、直接的には回転翼による揚力を推力としている。 ジェット推進を利用している熱機関であっても、ジェット推進を利用しているエンジン全てがジェットエンジンと認識されているわけではなく、外部から取り込んだ空気を利用しないもの(典型的には、ロケットエンジン)は、通俗的にはジェットエンジンに含められていない。ジェットエンジンとロケットエンジンは、用途とメカニズムが異なる。具体的には、ジェットエンジンは、推進のためのジェット噴流を生成するために外部から空気を取り入れる必要があるのに対し、ロケットエンジンは酸化剤を搭載して噴出ガスの反動で進むため、宇宙空間でも使用可能である点が強調される。その代わりにロケットエンジンの燃焼器より前に噴流は全くない。そのため吸気側の噴流も推進力に利用するジェットエンジンと比較して構造も大気中の効率も大幅に異なり、区別して扱われる。 現代の実用ジェットエンジンのほとんどは噴流の持続的な生成にガスタービン原動機を使っている。タービンとはラテン語の「回転するもの」という語源から来た連続回転機のことである。このため、連続的にガスジェットを生成できることが好都合であるが、実際にはタービンを使わないジェットエンジンも多数あり、タービンの有無はジェットエンジンであるか否かの本質とは関係ない。ただしガスタービン原動機を使うことで、回転翼推力とジェット推力の複合出力エンジンとして様々な最適化が可能になり、複数の形式が生まれた。 さらに、ジェットエンジンは熱機関の分類(すなわち「内燃機関」か「外燃機関」か)からも独立した概念である。つまり、ジェットエンジンは基本的には内燃機関であるが、実用化されていないものの、原子力ジェットエンジンのような純粋な外燃機関のジェットエンジンも存在しうる。.

新しい!!: 巡航ミサイルとジェットエンジン · 続きを見る »

ジェット機

ェット機(ジェットき)とは、ジェットエンジンを用い、その推力によって飛行する飛行機である。 ジェットエンジンにはターボプロップエンジンも含まれるが、ターボプロップエンジンでプロペラを駆動する飛行機は一般にプロペラ機に分類される。一方、高バイパス比のターボファンエンジンは推力のほとんどを燃焼ガスによるジェット噴流ではなくエンジン前方のファンによって得るが、この場合はジェット機に分類される。 航空法ではパイロットや整備士の資格は発動機(ピストンかタービン)で区別されており、プロペラの有無は問われない。.

新しい!!: 巡航ミサイルとジェット機 · 続きを見る »

ソビエト連邦

ビエト社会主義共和国連邦(ソビエトしゃかいしゅぎきょうわこくれんぽう、Союз Советских Социалистических Республик)は、1922年から1991年までの間に存在したユーラシア大陸における共和制国家である。複数のソビエト共和国により構成された連邦国家であり、マルクス・レーニン主義を掲げたソビエト連邦共産党による一党制の社会主義国家でもある。首都はモスクワ。 多数ある地方のソビエト共和国の政治および経済の統合は、高度に中央集権化されていた。.

新しい!!: 巡航ミサイルとソビエト連邦 · 続きを見る »

ターボジェットエンジン

ターボジェットエンジン(Turbojet engine)はジェットエンジンの一種。ターボファンエンジンやターボプロップエンジンに対し、レトロニムとしてピュアジェットエンジンとも言われる。.

新しい!!: 巡航ミサイルとターボジェットエンジン · 続きを見る »

冷戦

ワルシャワ条約 (WT) 加盟国朱色.

新しい!!: 巡航ミサイルと冷戦 · 続きを見る »

公明党

公明党(こうめいとう、)は、日本の政党。.

新しい!!: 巡航ミサイルと公明党 · 続きを見る »

玄武 (ミサイル)

武(ヒョンム、현무)は、大韓民国(韓国)が開発した、一連の対地ミサイルのシリーズ名である。韓国軍は弾道ミサイルの「玄武-1」「玄武-2」シリーズと、巡航ミサイルの「玄武-3」シリーズを開発・配備している。2016年の韓国SBSの報道によると、韓国軍は既に玄武-2と玄武-3を合わせて800基保有しており、2017年までの第1次5ヶ年事業で2兆7千億ウォンを費やして900基追加生産して保有数を計1700基に倍増させ、さらに第2次5ヶ年事業で300基追加生産して最終的に計2000基を配備する予定である。これにより北朝鮮のミサイルと長距離砲戦力の70%を除去することができる時間が従来の6日から1日に短縮できるという。.

新しい!!: 巡航ミサイルと玄武 (ミサイル) · 続きを見る »

玉澤徳一郎

玉澤 徳一郎(たまざわ とくいちろう、1937年12月16日 - )は、日本の元政治家。衆議院議員(通算9期)、防衛庁長官(第56代)、農林水産大臣(第28代・第29代)などを歴任。.

新しい!!: 巡航ミサイルと玉澤徳一郎 · 続きを見る »

火薬

無煙火薬 火薬(かやく)は、熱や衝撃などにより急激な燃焼反応をおこす物質(爆発物)のことを指す。狭義には最初に実用化された黒色火薬のことであり、ガン・パウダーの英名通り、銃砲に利用され戦争の歴史に革命をもたらした。また江戸時代には焔硝(えんしょう)の語がよくつかわれ、昭和30年代頃までは、玩具に使われる火薬を焔硝と言う地方も多かった。 GHSにおける火薬類とは、Explosives(爆発物)のことである。.

新しい!!: 巡航ミサイルと火薬 · 続きを見る »

空襲

襲(くうしゅう、Airstrike/Air-raid)は、空中から目標に対して爆弾の投下や機銃掃射などを行うことである。.

新しい!!: 巡航ミサイルと空襲 · 続きを見る »

第45回衆議院議員総選挙

45回衆議院議員総選挙(だい45かいしゅうぎいんぎいんそうせんきょ)は、2009年(平成21年)7月21日の衆議院解散に伴い、同年8月18日に公示、8月30日に執行された衆議院議員総選挙である。.

新しい!!: 巡航ミサイルと第45回衆議院議員総選挙 · 続きを見る »

第三次世界大戦

三次世界大戦(だいさんじせかいたいせん、)は、第二次世界大戦に続く世界で3つ目の世界大戦。今後起こるであろうと予想される仮想の世界大戦を指す。現実に起こった戦争ではないため、文脈によってさまざまな戦争を意味する。.

新しい!!: 巡航ミサイルと第三次世界大戦 · 続きを見る »

第一次世界大戦

一次世界大戦(だいいちじせかいたいせん、World War I、略称WWI)は、1914年7月28日から1918年11月11日にかけて戦われた世界大戦である。.

新しい!!: 巡航ミサイルと第一次世界大戦 · 続きを見る »

第二次世界大戦

二次世界大戦(だいにじせかいたいせん、Zweiter Weltkrieg、World War II)は、1939年から1945年までの6年間、ドイツ、日本、イタリアの日独伊三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリス、ソビエト連邦、アメリカ 、などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の巨大戦争。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻と続くソ連軍による侵攻、そして英仏からドイツへの宣戦布告はいずれもヨーロッパを戦場とした。その後1941年12月の日本とイギリス、アメリカ、オランダとの開戦によって、戦火は文字通り全世界に拡大し、人類史上最大の大戦争となった。.

新しい!!: 巡航ミサイルと第二次世界大戦 · 続きを見る »

メの翼。揚力を発生させる構造を見ることが出来る 翼(つばさ)は、鳥や航空機などの飛翔体が備え、空気中での飛行のために使用される構造。さらに広義の用法もある。文脈によっては「ヨク」とも読む。.

新しい!!: 巡航ミサイルと翼 · 続きを見る »

爆撃機

撃機(ばくげきき)は、より多くの爆弾類を搭載し強力な破壊力を持たせた航空機であり、搭載量が小さいものは攻撃機と呼ばれる。 爆撃機の代表的な任務は前線後方の戦略目標(司令部、生産施設、発電所など)の破壊である。爆撃機の大きな特徴は大量の爆弾類を一度に投下することで大きな破壊力を有していることである。ただ核兵器のような大量破壊兵器を使用する場合にはこういった搭載量は必ずしも必要なくなり、爆撃機部隊を維持するコストもかかるため一定規模の爆撃機部隊を有しているのは2017年時点でアメリカ合衆国、ロシア、中華人民共和国だけである。.

新しい!!: 巡航ミサイルと爆撃機 · 続きを見る »

産経新聞

旧題字の看板を掲示する販売店も存在する 産経新聞(さんけいしんぶん、題字は産經新聞、英称:THE SANKEI SHIMBUN)は、産業経済新聞社が発行する日本の新聞。 産業経済新聞社はフジテレビジョンやニッポン放送、ポニーキャニオンなどとともにフジサンケイグループに属する。 大阪新聞の僚紙である日本工業新聞(1933年(昭和8年)6月20日創刊)を前身とし、時事新報の流れを汲む。キャッチフレーズは「モノをいう新聞」。.

新しい!!: 巡航ミサイルと産経新聞 · 続きを見る »

無人航空機

無人航空機(むじんこうくうき、Unmanned aerial vehicle, UAV)は、人が搭乗しない(無人機である)航空機のこと。通称として、短くドローン(drone)と呼ばれることもある - 国土交通省。.

新しい!!: 巡航ミサイルと無人航空機 · 続きを見る »

特攻兵器

靖国神社の軍事博物館の遊就館の回天一型 特攻兵器(とっこうへいき)とは、戦死を前提とする特攻を目的として発明、もしくは既存の兵器を改装した兵器である。 日本の陸海軍では、劣勢となった太平洋戦争末期に戦局を打開するため、体当たり攻撃、自爆攻撃を水中、空中で行う特攻兵器が開発された。日本の他にドイツにおいても特攻兵器は開発されている(ゾンダーコマンド・エルベを参照)。.

新しい!!: 巡航ミサイルと特攻兵器 · 続きを見る »

飛行爆弾

桜花 飛行爆弾 (ひこうばくだん、Flying bomb)は、大きな弾頭を持つ無人飛行物体または小型の航空機をいい、今日の巡航ミサイルの前駆をなすものである。爆撃機との相違は、爆撃機が爆弾を投下した後に基地に帰還して再度任務に就くものであるのに対し、飛行爆弾は自ら目標に突入し、それにより自らをも破壊するという点である。 飛行爆弾として主に言及されるのは、第二次世界大戦における2種類の兵器、ドイツのV1飛行爆弾と、日本の桜花である。V1は無人だったが、桜花はパイロットを乗せた特攻兵器であった。 「飛行爆弾(flying bomb)」という語は、おそらくこれらによって植えつけられた枢軸側兵器としての響きのため、今日の英語ではあまり用いられず、この定義に該当する兵器は「巡航ミサイル(cruise missile)」と呼ばれるのが一般的である。.

新しい!!: 巡航ミサイルと飛行爆弾 · 続きを見る »

飛行船

ツェッペリンNT飛行船 USSロサンゼルス号1924-1932年頃のニューヨーク市南マンハッタン上空 飛行船(ひこうせん、英:airship)とは、空気より比重の小さい気体をつめた気嚢によって機体を浮揚させ、これに推進用の動力や舵をとるための尾翼などを取り付けて操縦可能にした航空機(軽航空機)の一種である。.

新しい!!: 巡航ミサイルと飛行船 · 続きを見る »

飛行機

飛行機(ひこうき、airplane, aeroplane, plane)とは、空中を飛行する機械である航空機のうち、ジェットエンジンの噴射もしくはプロペラの回転から推力を得て加速前進し、かつ、その前進移動と固定翼によって得る揚力で滑空及び浮上するものをいう平凡社『世界大百科事典』23巻1988年版 p.409-417【飛行機】 項目執筆担当木村秀政・導入部p.409-410。 「飛行機」という表現は、森鴎外が「小倉日記」1901年(明治34年)3月1日条に記したのが初出だとされる。.

新しい!!: 巡航ミサイルと飛行機 · 続きを見る »

複葉機

複葉機(ふくようき)とは、飛行機において、揚力を得るための主翼が2枚以上あるものを指す。しかしほとんどは2枚であり、3枚以上の飛行機は少ない。狭義として2枚のもののみを「複葉機」とし、3枚のものを「三葉機」、4枚以上のものを「多葉機」と区別することもある。但しミサイルに見られるような、胴体を貫通する主翼2枚が十字型に直交して配された物は、一般に「複葉機」と呼ばない。.

新しい!!: 巡航ミサイルと複葉機 · 続きを見る »

西側諸国

西側諸国(にしがわしょこく、西側、資本主義陣営、自由主義陣営とも、英語:Western Bloc、ウェスタンブロック)とは、冷戦中、アメリカ合衆国(アメリカ)を中心とする資本主義陣営に属した国々のことを言う。対する陣営はソビエト連邦(ソ連)などを中心とした東側諸国。 ここでいう西側は、ヨーロッパにおける資本主義陣営と共産主義陣営の境界が東西ドイツを境にしている事に由来するが、実際には欧州東部にも西側諸国は存在した(トルコ、ギリシャ)他、欧州以外のその他の地域では、属する陣営と地理上の東西が反転することもあった。 西側各国はアメリカとの単独・多国間の政治・軍事的保障条約に組み込まれた。それらの機構として有名なものは、北大西洋条約機構(NATO)、米州機構(OAS)などがある。.

新しい!!: 巡航ミサイルと西側諸国 · 続きを見る »

魚雷

魚雷(ぎょらい)は、魚形水雷の略称であり、弾頭にエンジンと高速スクリューを組み合わせ、水中を航行し、目標とした艦船などを爆発によって破壊することを目的とした兵器である。魚雷は艦船の喫水下の部分を破壊するため多大の浸水を与え、行動力を奪う。魚雷を用いて攻撃することを雷撃、魚雷攻撃を浴びることを被雷と呼ぶ。 主に中小型の水上艦(水雷艇、駆逐艦、巡洋艦)と潜水艦、雷撃機に搭載されて運用された。現代において、「水上艦や航空機が用いる対水上艦兵器」としては対艦ミサイルに取って代わられたが、より先進的な誘導能力を付与された上で「潜水艦が用いる対水上艦兼対潜水艦兵器」(長魚雷)や「水上艦や航空機が用いる対潜水艦兵器」(短魚雷)として広く配備・運用されている。.

新しい!!: 巡航ミサイルと魚雷 · 続きを見る »

護衛艦

護衛艦(ごえいかん)は、海上自衛隊が保有する自衛艦の分類の1つ。自衛艦類別表の大分類:警備艦、中分類:機動艦艇、種別:護衛艦となる。 国際法上は、自衛艦旗(国際法上で定義される軍艦旗)を掲揚し、自衛官(国際法上で定義される戦闘員)が運用しているため、軍艦と見なされる。英語ではDestroyerと呼ばれ、駆逐艦と見なされている。.

新しい!!: 巡航ミサイルと護衛艦 · 続きを見る »

鹵獲

鹵獲(ろかく)は、戦地などで敵対勢力の装備品(兵器)や補給物資を奪うこと。接収(せっしゅう)とも。捕獲(ほかく)と称される場合もあるが、軍事用語としては鹵獲が適当な言葉である。.

新しい!!: 巡航ミサイルと鹵獲 · 続きを見る »

軍事研究 (雑誌)

『軍事研究』(ぐんじけんきゅう)は、ジャパン・ミリタリー・レビューが発行する軍事問題を扱う月刊の雑誌。1966年4月創刊。1973年7月号から1979年2月号まで「戦争のあらゆる要因を追求して人類恒久の平和を確立する」言葉が表紙に掲げられていた。 創刊者はのちに『北方ジャーナル』立ち上げにも関わる小名孝雄。日本及び世界各国の軍事、政治、経済情勢についての、記事、論文を掲載している。.

新しい!!: 巡航ミサイルと軍事研究 (雑誌) · 続きを見る »

軍事衛星

軍事衛星(ぐんじえいせい、military satellite)とは、軍事目的に使用される人工衛星で主に無人のものを指す。.

新しい!!: 巡航ミサイルと軍事衛星 · 続きを見る »

航空魚雷

航空魚雷(こうくうぎょらい、英: aerial torpedo)は、航空機(固定翼機やヘリコプター)から投下できるように設計された魚雷(海戦用の兵器)。第一次世界大戦で初めて使用され、第二次世界大戦で広範囲に使用された。現代では、対潜水艦用の航空魚雷以外は、かなりの部分が空対艦ミサイルに取って代わられた。航空魚雷は、一般的に潜水艦や水上艦艇(魚雷艇、水雷艇、駆逐艦など)用の長魚雷よりも小型軽量である。 歴史的に、航空魚雷は巡航ミサイルの前身といえる。.

新しい!!: 巡航ミサイルと航空魚雷 · 続きを見る »

航空機

航空機(こうくうき、aircraftブリタニカ百科事典「航空機」)は、大気中を飛行する機械の総称である広辞苑 第五版 p.889「航空機」。.

新しい!!: 巡航ミサイルと航空機 · 続きを見る »

航空母艦

航空母艦(こうくうぼかん、aircraft carrier)は、航空機を多数搭載し、海上における航空基地の役割を果たす軍艦。略称は空母(くうぼ)。 1921年のワシントン軍縮会議では、「水上艦船であって専ら航空機を搭載する目的を以って計画され、航空機はその艦上から出発し、又その艦上に降着し得るように整備され、基本排水量が1万トンを超えるものを航空母艦という」と空母を定義している。1930年のロンドン海軍軍縮条約で基本排水量1万トン未満も空母に含まれることになった。.

新しい!!: 巡航ミサイルと航空母艦 · 続きを見る »

''アメリゴ・ヴェスプッチ'' 船(ふね、舟、舩)とは、人や物をのせて水上を渡航(移動)する目的で作られた乗り物の総称である広辞苑 第五版 p.2354「ふね【船・舟・槽】」。 基本的には海、湖、川などの水上を移動する乗り物を指しているが、広い意味では水中を移動する潜水艇や潜水艦も含まれる。動力は人力・帆・原動機などにより得る。 大和言葉、つまりひらがなやカタカナの「ふね」「フネ」は広範囲のものを指しており、規模や用途の違いに応じて「船・舟・槽・艦」などの漢字が使い分けられている。よりかしこまった総称では船舶(せんぱく)あるいは船艇(せんてい)などとも呼ばれる(→#呼称参照)。 水上を移動するための乗り物には、ホバークラフトのようにエアクッションや表面効果を利用した船に近いものも存在する。また、水上機や飛行艇のように飛行機の機能と船の機能を組み合わせた乗り物も存在し、水上機のフロートや飛行艇の艇体は「浮舟」(うきぶね)と表現される。 なお、宇宙船や飛行船などの水上以外を航行する比較的大型の乗り物も「ふね」「船」「シップ」などと呼ばれる。これらについては宇宙船、飛行船などの各記事を参照のこと。また舟に形状が似ているもの、例えば刺身を盛る浅めの容器、セメントを混ぜるための容器(プラ舟)等々も、その形状から「舟」と呼ばれる。これらについても容器など、各記事を参照のこと。.

新しい!!: 巡航ミサイルと船 · 続きを見る »

防衛大臣

防衛省が設置されている庁舎 防衛大臣(ぼうえいだいじん、英訳: )は、日本の防衛省を管轄する国務大臣。他の大臣と同様、日本国憲法第66条の規定により、文民統制の観点から文民が任命される。行政組織としての防衛省の最高責任者であるとともに、陸海空の三自衛隊の最高指揮官である内閣総理大臣の下で(統合幕僚長を通じて)自衛隊全体を統督する。防衛大臣の自衛隊の部隊運用に関する指揮は、統合幕僚長が補佐し、統合幕僚長を通じて行われる。命令の執行も統合幕僚長が行う。 就退任に際しては栄誉礼で迎えられる。2007年(平成19年)1月の防衛庁から防衛省への昇格に伴い、長の職名は長官から大臣になった。略称は防衛相(ぼうえいしょう)である。.

新しい!!: 巡航ミサイルと防衛大臣 · 続きを見る »

防衛省

防衛省市ヶ谷庁舎を望む 防衛省(ぼうえいしょう、Ministry of Defense、略称:MOD)は、日本の中央省庁の一つである。 「日本(条文上の表記は、我が国)の平和と独立を守り、国の安全を保つことを目的とし、これがため、陸上自衛隊、海上自衛隊及び航空自衛隊(自衛隊法第2条第2項・第3項・第4項で規定)を管理し、及び運営し、並びにこれに関する事務を行うこと」と「条約に基づく外国軍隊の駐留及び日本国とアメリカ合衆国との間の相互防衛援助協定の規定に基づくアメリカ合衆国政府の責務の日本国内(条文上の表記は、本邦)における遂行に伴う事務で他の行政機関の所掌に属しないものを適切に行うこと」を任務とする(防衛省設置法第3条第1項・第2項)。 日本では防衛省だが、英語での名称は他国の国防省と同じである。.

新しい!!: 巡航ミサイルと防衛省 · 続きを見る »

防衛計画の大綱

防衛計画の大綱(ぼうえいけいかくのたいこう)は、日本における安全保障政策の基本的指針。概ね10年後までを念頭に置き、中長期的な視点で日本の安全保障政策や防衛力の規模を定めた指針で、これに基づいて5年ごとの具体的な政策や装備調達量を定めた中期防衛力整備計画(中期防)が策定される。略称は防衛大綱(ぼうえいたいこう)。また、各大綱は制定時の年度を基に○○大綱とも通称される。 情勢に重要な変化が生じた場合はその都度改訂されることがあり、必要がなければ10年経っても改訂されないこともある。 かつては国防会議あるいは安全保障会議を経て、現在は国家安全保障会議を経て閣議決定される。.

新しい!!: 巡航ミサイルと防衛計画の大綱 · 続きを見る »

防衛技術協会

一般財団法人防衛技術協会(いっぱんざいだんほうじんぼうえいぎじゅつきょうかい)は、日本の一般財団法人。防衛技術開発の啓蒙、防衛基盤の育成・強化及び防衛意識の高揚に寄与することを目的とし、昭和55年(1980年)3月に設立された。理事長は高岡力、、本部は東京都文京区。『防衛技術ジャーナル』の発行、防衛技術に関する資料の作成、講演会・シンポジウムの開催等の事業を行っている。公益法人制度改革による一般財団法人への移行前の所管は防衛省管理局開発計画課。.

新しい!!: 巡航ミサイルと防衛技術協会 · 続きを見る »

自由民主党 (日本)

自由民主党(じゆうみんしゅとう、Liberal Democratic Party of Japan)は、1955年に日本民主党と自由党が合同して結成した保守主義を掲げる日本の政党である。略称は自民党(じみんとう)、自民(じみん)、LDP。1字表記の際は、自と表記される。1955年の結党以来、政権与党の座にあり続けたが、1993年(平成5年)に自民党と共産党以外の政党による連立政権に政権を奪われた。翌1994年に自社さ連立により政権を奪還。2009年に民主党を中心とする連立政権である民社国連立政権に再び政権の座を奪われたが、2012年に公明党との連立により政権を奪還し、現在(2018年)まで、自民党と公明党の連立政権が続いている『政治・経済用語集』(山川出版社),p77。.

新しい!!: 巡航ミサイルと自由民主党 (日本) · 続きを見る »

電波高度計

電波高度計(でんぱこうどけい )は電波を用いた高度計。航空機もしくは宇宙船より地上へ電波を発し、自機の対地高度を測定する。.

新しい!!: 巡航ミサイルと電波高度計 · 続きを見る »

雄風II型 (ミサイル)

II型(ゆうふうにがた、Hsiung Feng II)は、台湾海軍の対艦ミサイル(SSM)。派生型として、巡航ミサイルタイプの雄風IIE型も開発されている。.

新しい!!: 巡航ミサイルと雄風II型 (ミサイル) · 続きを見る »

陸上自衛隊

上自衛隊(りくじょうじえいたい)は日本の自衛隊のうちの陸上部門にあたる組織である。また、官公庁の一つであり、防衛省の特別の機関の集合体である。 略称陸自(りくじ)、英称 Japan Ground Self-Defense Force (JGSDF)。諸外国からは Japanese Army(日本陸軍の意)に相当する語で表現されることがある。.

新しい!!: 巡航ミサイルと陸上自衛隊 · 続きを見る »

F-15J (航空機)

F-15Jは、アメリカ合衆国のマクダネル・ダグラス社(現ボーイング社)が開発したF-15C/Dイーグルを、三菱重工業が中心となり、航空自衛隊向けにノックダウン及びライセンス生産した戦闘機である。.

新しい!!: 巡航ミサイルとF-15J (航空機) · 続きを見る »

F-35 (戦闘機)

F-35 ライトニング II(F-35 Lightning II)は、アメリカ合衆国の航空機メーカー、ロッキード・マーティンが中心となって開発している単発単座の多用途性を備えたステルス戦闘機である。 開発計画時の名称である統合打撃戦闘機(Joint Strike Fighter)の略称JSFで呼ばれる事も多い。 コンピュータによる情報統合を推し進めており、HMDによる360°視界まで実現している。電子装備の充実度はF-22を超えている。.

新しい!!: 巡航ミサイルとF-35 (戦闘機) · 続きを見る »

HIMARS

機動ロケット砲システム(こうきどうロケットほうシステム、High Mobility Artillery Rocket System, HIMARS)は、長射程の阻止砲撃用としてアメリカ陸軍が開発した自走多連装ロケット砲。 HIMARS(ハイマース)と呼ばれ、MLRSの小型版として主にアメリカ軍の緊急展開部隊である空挺部隊と海兵隊、迅速な輸送で集中的な運用が可能な軽歩兵師団に配備されている。.

新しい!!: 巡航ミサイルとHIMARS · 続きを見る »

Joint Strike Missile

Joint Strike Missile(JSM)は、ノルウェーのコングスベルグ・ディフェンス&エアロスペースがナーヴァル・ストライク・ミサイルを元にF-35向けに開発中の対艦/対地/巡航ミサイルである。試験飛行は2015年からF-16に搭載して開始され、2017年の完了を予定している。初期作戦能力(IOC)の獲得は、F-35のブロック4がリリースされる2021年に期待されており、完全運用は2025年からの見込みである。.

新しい!!: 巡航ミサイルとJoint Strike Missile · 続きを見る »

Kh-55 (ミサイル)

Kh-55()は、ソビエト連邦のラドゥガ設計局が開発した空対地ミサイル。西側諸国においては、アメリカ国防総省(DoD)識別番号としてはAS-15、NATOコードネームとしては「ケント」(Kent)と呼ばれた。.

新しい!!: 巡航ミサイルとKh-55 (ミサイル) · 続きを見る »

LRASM

長距離対艦ミサイル()は、アメリカ海軍と国防高等研究計画局(DARPA)により開発されている対艦ミサイル。ハープーンの後継として計画されており、生産はロッキード・マーティン社によって行われている。.

新しい!!: 巡航ミサイルとLRASM · 続きを見る »

MGM-1 (ミサイル)

MGM-1 マタドール()はアメリカ合衆国のマーチンによって開発された初の作戦運用可能な地対地巡航ミサイルである。その設計思想はナチス・ドイツのV1飛行爆弾とよく似ていた。.

新しい!!: 巡航ミサイルとMGM-1 (ミサイル) · 続きを見る »

MGM-140 ATACMS

ATACMSの弾体とコンテナ MGM-140 ATACMS(Army Tactical Missile System)は、アメリカ陸軍の地対地ミサイルの1つである。.

新しい!!: 巡航ミサイルとMGM-140 ATACMS · 続きを見る »

NATOコードネーム

NATOコードネーム(ナトーコードネーム)とは、NATOがソビエト連邦(ソ連)をはじめとする東側諸国の装備(兵器)に付けたコードネームである。正式な英語名は、NATO reporting name(NATO報告名)。アメリカ合衆国、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの5ヵ国によって構成される航空機標準化調整委員会 (ASCC:air standardization coordinating committee) によってコードネームが与えられる。 アメリカ国防総省(DoD)はNATOとは別にソ連の兵器に識別番号を与えており、ソ連の兵器を紹介する際には「SS-6、Sapwood」の様にDoD番号に続けてNATOコードネームが併記される例もある。得られた情報に混乱があったことからNATOコードネームとDoD識別番号が同じ兵器を示さない事もあった。冷戦終結後に情報が公開されると「SS-6 SapwoodはR-7である」といった旧ソ連軍の制式番号との対応が取られたが、その結果、分類上正しくないコードネームを付与した例などの誤認があることも判明した。.

新しい!!: 巡航ミサイルとNATOコードネーム · 続きを見る »

SCALP-EG/ストーム・シャドウ

SCALP-EG/ストーム・シャドウ(Storm Shadow)は、フランスとイギリスの空中発射型巡航ミサイル。MBDA社によって製造され、フランスとイギリス以外にイタリアも導入している。SCALP-EG(Emploi Général)はフランスがつけた名称で、ストーム・シャドウはイギリスがつけた名称である。.

新しい!!: 巡航ミサイルとSCALP-EG/ストーム・シャドウ · 続きを見る »

SM-62 (ミサイル)

SM-62 スナーク SM-62(愛称スナーク)はアメリカ空軍が運用していた大陸間巡航ミサイルである。 スナークとはルイス・キャロルの詩、『スナーク狩り』(原題:The Hunting of the Snark (An Agony in 8 Fits))に登場する架空の生物の名である(開発計画において並行検討された“ブージャム”(Boojum)の名も、ルイス・キャロルの詩に由来する)。.

新しい!!: 巡航ミサイルとSM-62 (ミサイル) · 続きを見る »

SY-1 (ミサイル)

SY-1(, )は、中国で開発された対艦ミサイル。ソビエト連邦製のP-15 テルミート(SS-N-2 スティックス)のライセンス生産版であり、西側諸国においては、アメリカ国防総省(DoD)識別番号としてはCSS-N-1、NATOコードネームとしては「スクラブブラッシュ」()と呼ばれた。 また、のちには、発展型としてHY-1(,; CSS-C-2 シルクワーム)やHY-2(CSS-C-3 シアサッカー; 輸出名はC-201)も開発されており、これらも本項で扱う。.

新しい!!: 巡航ミサイルとSY-1 (ミサイル) · 続きを見る »

Tu-22M (航空機)

Tu-22M(ツポレフ22M;ロシア語:Ту-22Мトゥー・ドヴァーッツァヂ・ドヴァー・エーム)は、冷戦時代にソ連のツポレフ設計局で設計・製造された中距離爆撃機である。超音速、可変翼、長航続距離を特徴とし、ソ連では、「ミサイル爆撃機」に分類された。ロシア連邦により現在も運用されている。 Tu-22MのMとはロシア語の「発展型」の頭文字であり、Tu-22 「ブラインダー」 の発展型であることを示している。北大西洋条約機構(NATO)では バックファイア (英語:Backfire内燃機関で発生する「逆火」現象(燃焼室外燃焼)の意味だが「逆効果」・「裏目(に出る)」を意味するスラングでもある) のNATOコードネームを割り当てた。.

新しい!!: 巡航ミサイルとTu-22M (航空機) · 続きを見る »

V1飛行爆弾

V-1(ブイワン、ドイツ語でファオ-アインス)は、第二次世界大戦時にドイツ空軍が開発したミサイル兵器である。パルスジェットエンジンを搭載した、現在の巡航ミサイルの始祖とも言える兵器である。宣伝相ヨーゼフ・ゲッベルスはこれを「報復兵器第1号(Vergeltungswaffe 1)」と命名して対英報復を煽った。V-1 とは上記の略号で、正式名称はフィーゼラー Fi 103である。.

新しい!!: 巡航ミサイルとV1飛行爆弾 · 続きを見る »

XASM-3

ASM-3は、日本の防衛省技術研究本部と後継の防衛装備庁が開発した空対艦ミサイル(対艦誘導弾)。80式空対艦誘導弾(ASM-1)及び93式空対艦誘導弾(ASM-2)の後継として開発され、2016年度(平成28年度)の開発完了を目指していた。2018年1月に開発完了が報道された。.

新しい!!: 巡航ミサイルとXASM-3 · 続きを見る »

YJ-62 (ミサイル)

YJ-62(, )は、中華人民共和国で開発された対艦ミサイル。輸出名はC-602。.

新しい!!: 巡航ミサイルとYJ-62 (ミサイル) · 続きを見る »

YJ-8 (ミサイル)

YJ-8(, )は、中国で開発された艦対艦ミサイル。輸出名はC-801であり、また、西側諸国においては、アメリカ国防総省(DoD)識別番号としてはCSS-N-4、NATOコードネームとしては「サーディン」()とされている。.

新しい!!: 巡航ミサイルとYJ-8 (ミサイル) · 続きを見る »

YJ-83 (ミサイル)

YJ-83(, )は、中国で開発された対艦ミサイル。輸出名はC-802であり、また、西側諸国においては、アメリカ国防総省(DoD)識別番号としてはCSS-N-8、NATOコードネームとしては「サッケード」()とされている。.

新しい!!: 巡航ミサイルとYJ-83 (ミサイル) · 続きを見る »

捕虜

捕虜(ほりょ, Prisoner of war, POW)とは、武力紛争(戦争、内戦等)において敵の権力内に陥った者をさす。近代以前では、民間人を捕らえた場合でも捕虜と呼んだが、現在では捕虜待遇を与えられるための資格要件は戦時国際法により「紛争当事国の軍隊の構成員及びその軍隊の一部をなす民兵隊又は義勇隊の構成員」等定められている捕虜の定義は、1907年のハーグ陸戦条約附属規則では第1条〜第3条、1929年の俘虜の待遇に関する条約では第1条、1949年のジュネーヴ第3条約では第4条にある。。 第二次世界大戦以前の日本においては、公式には俘虜(ふりょ)と呼ばれた例:ハーグ陸戦条約(陸戦ノ法規慣例ニ関スル条約)では、prisonniers de guerre(フランス語)の訳語に「俘虜」を用いている。。 なお、古代中国においては、中国に攻め込んできた野蛮人(虜)を捕らえる事を捕虜と称した(例:「捕虜将軍」)。.

新しい!!: 巡航ミサイルと捕虜 · 続きを見る »

揚力

揚力(ようりょく、英語:lift)は、流体(液体や気体)中におかれた板や翼などの物体にはたらく力のうち、流れの方向に垂直な成分のこと。 通常の場合、物体と流体に相対速度があるときに発生する力(動的揚力)のみを指し、物体が静止していてもはたらく浮力(静的揚力)は含まない。.

新しい!!: 巡航ミサイルと揚力 · 続きを見る »

東のエデン

『東のエデン』(ひがしのエデン、Eden of The East)は、2009年4月より6月までフジテレビ『ノイタミナ』枠で放送されたテレビアニメ。.

新しい!!: 巡航ミサイルと東のエデン · 続きを見る »

東側諸国

東側諸国 東側諸国(ひがしがわしょこく、東側、社会主義陣営、共産主義陣営とも、Eastern Bloc、イースタンブロック)とは、冷戦の間、ソビエト連邦および中央ヨーロッパ・東ヨーロッパの衛星国(ブルガリア、ルーマニア、ハンガリー、チェコスロヴァキア、東ドイツ、ポーランド、1960年代前半まではアルバニアも含む)を指して使われた言葉である。対する陣営は西側諸国。.

新しい!!: 巡航ミサイルと東側諸国 · 続きを見る »

核弾頭

核弾頭(かくだんとう、nuclear warhead)とは、モジュール化された核兵器のことであり、ミサイルや魚雷などの弾頭として用いられているもののことである。.

新しい!!: 巡航ミサイルと核弾頭 · 続きを見る »

核ミサイル

核ミサイル(かくミサイル)は、核弾頭(核兵器)を搭載したミサイルのこと。核兵器運搬手段の1つ。多くの場合、誘導装置を持つミサイルだけでは無く、無誘導のロケット弾を分類に含める。.

新しい!!: 巡航ミサイルと核ミサイル · 続きを見る »

水平尾翼

水平尾翼(すいへいびよく)は、飛行機を始めとする航空機の尾翼の一種の名称である。.

新しい!!: 巡航ミサイルと水平尾翼 · 続きを見る »

民主党 (日本 1998-2016)

民主党(みんしゅとう、)は、かつて存在した日本の政党。略称は民主、DPJ。.

新しい!!: 巡航ミサイルと民主党 (日本 1998-2016) · 続きを見る »

湾岸戦争

湾岸戦争(わんがんせんそう、Gulf War、حرب الخليج الثانية)は、1990年8月2日のイラクによるクウェート侵攻をきっかけに、国際連合が多国籍軍(連合軍)の派遣を決定し、1991年1月17日にイラクを空爆して始まった戦争である。.

新しい!!: 巡航ミサイルと湾岸戦争 · 続きを見る »

潜水艦

潜水艦(せんすいかん、Submarine、U-Boot、潛艇)は、水中航行可能な軍艦である。.

新しい!!: 巡航ミサイルと潜水艦 · 続きを見る »

戦略兵器制限交渉

ブレジネフ 戦略兵器制限交渉(せんりゃくへいきせいげんこうしょう、Strategic Arms Limitation Talks、略称: SALT)とは、第二次世界大戦以降の東西冷戦のもとでソビエト連邦とアメリカ合衆国が軍備拡張競争抑制のために行った、互いの核兵器の数を制限する条約締結を目指した交渉のことを指す。 2つのラウンドに分かれる。1969年から話し合われ、1972年の条約締結に至った第1ラウンドが第一次戦略兵器制限交渉(SALT I)と呼ばれる。 以降、1979年の条約に至る第2ラウンドは第二次戦略兵器制限交渉(SALT II)と呼ばれる。 SALTにおける交渉は1982年以降、戦略兵器削減交渉(STrategic Arms Reduction Talks, START)として継続された。 Category:核軍縮 Category:軍縮条約.

新しい!!: 巡航ミサイルと戦略兵器制限交渉 · 続きを見る »

海上自衛隊

海上自衛隊(かいじょうじえいたい)は日本の自衛隊のうちの海上部門にあたる組織である。また、官公庁の一つであり、防衛省の特別の機関の集合体である。 略称海自(かいじ)、英称 Japan Maritime Self-Defense Force (JMSDF)海上自衛隊公式HP。諸外国からは Japanese Navy(日本海軍の意)に相当する語で表現されることがある。.

新しい!!: 巡航ミサイルと海上自衛隊 · 続きを見る »

日本

日本国(にっぽんこく、にほんこく、ひのもとのくに)、または日本(にっぽん、にほん、ひのもと)は、東アジアに位置する日本列島(北海道・本州・四国・九州の主要四島およびそれに付随する島々)及び、南西諸島・伊豆諸島・小笠原諸島などから成る島国広辞苑第5版。.

新しい!!: 巡航ミサイルと日本 · 続きを見る »

日本経済新聞

日本経済新聞(にほんけいざいしんぶん、題字:日本經濟新聞、The Nikkei)は、日本経済新聞社の発行する新聞(経済紙)であり、広義の全国紙の一つ。略称は日経(にっけい)、または日経新聞(にっけいしんぶん)。日本ABC協会調べによると販売部数は2017年10月で朝刊約260万部、夕刊約127万部である。最大印刷ページ数は48ページである。.

新しい!!: 巡航ミサイルと日本経済新聞 · 続きを見る »

日本軍

日本軍(にほんぐん、にっぽんぐん)は、広義には日本が有する軍隊のことであるが、狭義には第二次世界大戦以前(以下戦前)の日本が保持していた軍隊(帝国陸軍と帝国海軍の両軍)を指す。第二次世界大戦の敗戦により軍は解体されたため、戦後は旧日本軍(きゅうにほんぐん、きゅうにっぽんぐん)、旧軍(きゅうぐん)などと略称する。また、戦前からの名称・呼称としては陸海軍(りくかいぐん)、帝国陸海軍(ていこくりくかいぐん)、国軍(こくぐん)、皇軍(こうぐん、すめらみいくさ)、官軍(かんぐん)などがある。 戦後、日本の防衛組織として創設された「自衛隊」については、日本国内では「日本軍」と称されることはほとんどない。日本語以外の言語地域では正式には英語名称で「Japan Self-Defense Forces」など「自衛隊」に相当する語で表現するが、「日本軍」に相当する語(「Japanese military」、「Japan Armed Forces」など)で表す場合もある。本項では「旧日本軍」について詳述する。.

新しい!!: 巡航ミサイルと日本軍 · 続きを見る »

操縦士

左から順に、船長ニール・アームストロング、司令船操縦士マイケル・コリンズ、月着陸船操縦士エドウィン・オルドリン。1969年撮影。--> 操縦士(そうじゅうし).

新しい!!: 巡航ミサイルと操縦士 · 続きを見る »

攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG

『攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG』(こうかくきどうたい スタンドアローンコンプレックス セカンドギグ)は、『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』の続編となるSF・TVアニメ。スカパーのパーフェクト・チョイスでは2004年より放送された。前作で解散に追い込まれた公安9課が再結成してからの物語となっている。 当シリーズを約160分にまとめた総集編『攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX Individual Eleven』が製作された。 「STAND ALONE COMPLEX」シリーズとしては続編『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society』も製作されている。.

新しい!!: 巡航ミサイルと攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG · 続きを見る »

慣性航法装置

慣性航法装置(かんせいこうほうそうち、Inertial Navigation System, INS)は、潜水艦、航空機やミサイルなどに搭載される装置で、外部から電波による支援を得ることなく、搭載するセンサ(慣性計測装置、Inertial Measurement Unit, IMU、Inertial Navigation Unit; INU, Inertial Guidance Unit; IGU, Inertial Reference Unit; IRUなども使用される)のみによって自らの位置や速度を算出する。慣性誘導装置(Inertial Guidance System, IGS)、慣性基準装置(Inertial Reference System, IRS)などとも呼ばれる。.

新しい!!: 巡航ミサイルと慣性航法装置 · 続きを見る »

11月7日

11月7日(じゅういちがつなのか)は、グレゴリオ暦で年始から311日目(閏年では312日目)にあたり、年末まであと54日ある。.

新しい!!: 巡航ミサイルと11月7日 · 続きを見る »

12月17日

12月17日(じゅうにがつじゅうななにち、じゅうにがつじゅうしちにち)はグレゴリオ暦で年始から351日目(閏年では352日目)にあたり、年末まであと14日ある。.

新しい!!: 巡航ミサイルと12月17日 · 続きを見る »

12月8日

12月8日(じゅうにがつようか)は、グレゴリオ暦で年始から342日目(閏年では343日目)にあたり、年末まであと23日ある。.

新しい!!: 巡航ミサイルと12月8日 · 続きを見る »

1909年

記載なし。

新しい!!: 巡航ミサイルと1909年 · 続きを見る »

2004年

この項目では、国際的な視点に基づいた2004年について記載する。.

新しい!!: 巡航ミサイルと2004年 · 続きを見る »

2006年

この項目では、国際的な視点に基づいた2006年について記載する。.

新しい!!: 巡航ミサイルと2006年 · 続きを見る »

2007年

この項目では、国際的な視点に基づいた2007年について記載する。.

新しい!!: 巡航ミサイルと2007年 · 続きを見る »

2009年

この項目では、国際的な視点に基づいた2009年について記載する。.

新しい!!: 巡航ミサイルと2009年 · 続きを見る »

2010年

この項目では、国際的な視点に基づいた2010年について記載する。.

新しい!!: 巡航ミサイルと2010年 · 続きを見る »

2017年

この項目では国際的な視点に基づいた2017年について記載する。.

新しい!!: 巡航ミサイルと2017年 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »