ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

小惑星族

索引 小惑星族

小惑星族とは類似した軌道長半径、離心率、軌道傾斜角などの軌道を共有している小惑星を分類したもの。小惑星族に分類されるものは、過去の小惑星同士の衝突によって生じた断片であることもあるが、現在その軌道に偶然入り込んだもので過去は違った軌道を取っていたもの、あるいはたまたま軌道要素が同じだけで別々に形成された場合もある。.

116 関係: 古在由秀天文単位太陽系太陽系外縁天体小惑星小惑星帯平山清次ナエマ (小惑星)ミネルヴァ (小惑星)ミサ (小惑星)マリア (小惑星)マリア族マッサリア (小惑星)マッサリア族ネメシス (小惑星)ハンガリア (小惑星)ハンガリア群ハウメア (準惑星)ハウメア族バティスティーナ (小惑星)バウアー (小惑星)ポラナ (小惑星)メリボエア (小惑星)メルクシア (小惑星)メティス (小惑星)ヤルコフスキー効果ラフィタ (小惑星)ラオディカ (小惑星)リディア (小惑星)リベラトリックス (小惑星)レギニータ (小惑星)ヴィンチェンツォ・ザッパラヴェリタス (小惑星)トロヤ群トゥーティノ族ヘルタ (小惑星)ヘスティア (小惑星)ブラジリア (小惑星)パラス (小惑星)パラス族ヒルダ (小惑星)ヒルダ群ヒギエア (小惑星)ヒギエア族ビビリア (小惑星)テミス (小惑星)テミス族テオバルダ (小惑星)デジャニラ (小惑星)フローラ (小惑星)...フローラ族ファイナ (小惑星)フォカエア (小惑星)ドーラ (小惑星)ニサ (小惑星)ニサ族ホフマイスター (小惑星)ダモクレス (小惑星)ダモクレス族ベスタ (小惑星)ベスタ族アマルテア (小惑星)アリアドネ (小惑星)アデオナ (小惑星)アウグスタ (小惑星)アエオリア (小惑星)アストリッド (小惑星)ウンディーナ (小惑星)エリゴネ (小惑星)エリゴネ族エンディミオン (小惑星)エウノミア (小惑星)エウノミア族エオス (小惑星)エオス族カリン (小惑星)キュビワノ族キュベレー (小惑星)キュベレー族キロン (小惑星)キロパイ (小惑星)クリー・ウィク (小惑星)クレータークロリス (小惑星)ケレス (準惑星)ケンタウルス族 (小惑星)ゲフィオン (小惑星)ゲフィオン族コロニス (小惑星)コロニス族コンコルディア (小惑星)ジュノー (小惑星)ジュノー族スペクトルスペクトル分類スラミティス (小惑星)冥王星冥王星族火星衝突角度軌道傾斜角軌道共鳴軌道要素軌道長半径離心率速度核 (天体)母天体池禅尼 (小惑星)河南 (小惑星)準惑星木星海王星摂動 (天文学)1 E16 s インデックスを展開 (66 もっと) »

古在由秀

古在 由秀(こざい よしひで、1928年4月1日 - 2018年2月5日)は、日本の天文学者交詢社 監修 『日本紳士録 第78版』 交詢社出版局 編集、ぎょうせい 発行、2004年4月5日、こ 436頁。。専門は、天体力学。最後の東京天文台長・初代国立天文台長である藤井旭「初代国立天文台長 古在由秀先生が文化功労者として選出 顕彰記念祝賀会が開催」『天文ガイド』2010年4月号 誠文堂新光社、26頁。。2016年現在、群馬県立ぐんま天文台名誉台長、東京大学・総合研究大学院大学・国立天文台の各名誉教授でもある。.

新しい!!: 小惑星族と古在由秀 · 続きを見る »

天文単位

天文単位(てんもんたんい、astronomical unit、記号: au)は長さの単位で、正確に である。2014年3月に「国際単位系 (SI) 単位と併用される非 SI 単位」(SI併用単位)に位置づけられた。それ以前は、SIとの併用が認められている単位(SI単位で表される、数値が実験的に得られるもの)であった。主として天文学で用いられる。.

新しい!!: 小惑星族と天文単位 · 続きを見る »

太陽系

太陽系(たいようけい、この世に「太陽系」はひとつしかないので、固有名詞的な扱いをされ、その場合、英語では名詞それぞれを大文字にする。、ラテン語:systema solare シュステーマ・ソーラーレ)とは、太陽および、その重力で周囲を直接的、あるいは間接的に公転する天体惑星を公転する衛星は、後者に当てはまるから構成される構造である。主に、現在確認されている8個の惑星歴史上では、1930年に発見された冥王星などの天体が惑星に分類されていた事もあった。惑星の定義も参照。、5個の準惑星、それを公転する衛星、そして多数の太陽系小天体などから成るニュートン (別2009)、1章 太陽系とは、pp.18-19 太陽のまわりには八つの惑星が存在する。間接的に太陽を公転している天体のうち衛星2つは、惑星では最も小さい水星よりも大きい太陽と惑星以外で、水星よりも大きいのは木星の衛星ガニメデと土星の衛星タイタンである。。 太陽系は約46億年前、星間分子雲の重力崩壊によって形成されたとされている。総質量のうち、ほとんどは太陽が占めており、残りの質量も大部分は木星が占めている。内側を公転している小型な水星、金星、地球、火星は、主に岩石から成る地球型惑星(岩石惑星)で、木星と土星は、主に水素とヘリウムから成る木星型惑星(巨大ガス惑星)で、天王星と海王星は、メタンやアンモニア、氷などの揮発性物質といった、水素やヘリウムよりも融点の高い物質から成る天王星型惑星(巨大氷惑星)である。8個の惑星はほぼ同一平面上にあり、この平面を黄道面と呼ぶ。 他にも、太陽系には多数の小天体を含んでいる。火星と木星の間にある小惑星帯は、地球型惑星と同様に岩石や金属などから構成されている小天体が多い。それに対して、海王星の軌道の外側に広がる、主に氷から成る太陽系外縁天体が密集している、エッジワース・カイパーベルトや散乱円盤天体がある。そして、そのさらに外側にはと呼ばれる、新たな小惑星の集団も発見されてきている。これらの小天体のうち、数十個から数千個は自身の重力で、球体の形状をしているものもある。そのような天体は準惑星に分類される事がある。現在、準惑星には小惑星帯のケレスと、太陽系外縁天体の冥王星、ハウメア、マケマケ、エリスが分類されている。これらの2つの分類以外にも、彗星、ケンタウルス族、惑星間塵など、様々な小天体が太陽系内を往来している。惑星のうち6個が、準惑星では4個が自然に形成された衛星を持っており、慣用的に「月」と表現される事がある8つの惑星と5つの準惑星の自然衛星の一覧については太陽系の衛星の一覧を参照。。木星以遠の惑星には、周囲を公転する小天体から成る環を持っている。 太陽から外部に向かって放出されている太陽風は、太陽圏(ヘリオスフィア)と呼ばれる、星間物質中に泡状の構造を形成している。境界であるヘリオポーズでは太陽風による圧力と星間物質による圧力が釣り合っている。長周期彗星の源と考えられているオールトの雲は太陽圏の1,000倍離れた位置にあるとされている。銀河系(天の川銀河)の中心から約26,000光年離れており、オリオン腕に位置している。.

新しい!!: 小惑星族と太陽系 · 続きを見る »

太陽系外縁天体

太陽系外縁天体(たいようけいがいえんてんたい)またはトランスネプチュニアン天体(trans-Neptunian objects, TNO)とは、海王星軌道の外側を周る天体の総称である。エッジワース・カイパーベルトやオールトの雲に属する天体、かつて惑星とされていた冥王星もこれに含まれる。 太陽系についての話題であることが自明な場合には、単に外縁天体とも呼ばれている。.

新しい!!: 小惑星族と太陽系外縁天体 · 続きを見る »

小惑星

光分(左)と天文単位(右)。 ケレス(右)、そして火星(下)。小さな物ほど不規則な形状になっている。 メインベルト小惑星の分布。縦軸は軌道傾斜角。 軌道長半径 6 AU までの小惑星の分布。縦軸は軌道傾斜角。赤い点はメインベルト小惑星。 小惑星(しょうわくせい、独: 英: Asteroid)は、太陽系小天体のうち、星像に拡散成分がないものの総称。拡散成分(コマやそこから流出した尾)があるものは彗星と呼ばれる。.

新しい!!: 小惑星族と小惑星 · 続きを見る »

小惑星帯

光分(左)と天文単位(右) 小惑星帯(しょうわくせいたい、アステロイドベルト、)は、太陽系の中で火星と木星の間にある小惑星の軌道が集中している領域を指す言葉である。ほかの小惑星集中地域に対して、それらが小惑星帯と呼ばれるようになるかもしれないと考えられるようになったころから、区別のためにメインベルト()とも呼称されている。.

新しい!!: 小惑星族と小惑星帯 · 続きを見る »

平山清次

平山 清次(ひらやま きよつぐ、1874年10月13日 - 1943年4月8日)は、日本の天文学者。.

新しい!!: 小惑星族と平山清次 · 続きを見る »

ナエマ (小惑星)

ナエマ (845 Naëma) は小惑星帯にある小惑星。マックス・ヴォルフが1916年にハイデルベルクのケーニッヒシュトゥール天文台で発見した。 ナエマ族という非常に小規模な小惑星族の名前の由来となった。 2007年9月に熊本県で掩蔽が観測された。.

新しい!!: 小惑星族とナエマ (小惑星) · 続きを見る »

ミネルヴァ (小惑星)

ミネルヴァ (93 Minerva) は、小惑星帯に位置するC型小惑星の一つ。主に炭素化合物でできており、暗い。ケレス族またはミネルヴァ族に含まれると考えられていたこともあるが、スペクトル分析によって違うことがわかった。 アメリカ合衆国の天文学者、ジェームズ・クレイグ・ワトソンによりミシガン州アナーバーで発見された。ローマ神話の知恵の女神ミネルヴァにちなみ命名された。 1982年11月22日にフランス、スペイン、アメリカ合衆国で、2008年5月18日に九州で掩蔽が観測された。 2009年8月31日に、直径4kmと3kmの2個の衛星が発見されたことが発表された。2013年12月17日に、この衛星がアイギス(Aegis)とゴルゴネイオン(Gorgoneion)と名付けられた事が発表された。.

新しい!!: 小惑星族とミネルヴァ (小惑星) · 続きを見る »

ミサ (小惑星)

ミサ (569 Misa) は小惑星帯の小惑星である。ヨハン・パリサによってウィーンで発見された。小規模な小惑星族を代表する天体と見られている。 オルペウス教の神にちなんで命名された。.

新しい!!: 小惑星族とミサ (小惑星) · 続きを見る »

マリア (小惑星)

マリア (170 Maria) は、小惑星帯に位置するS型小惑星の一つ。マリア族の名前の元となった。 1877年1月10日にフランスの天文学者、アンリ・ジョセフ・ペロタンにより発見された。アントニオ・アベッティにより軌道が計算され、また彼の姉妹の名前に因んで名付けられた。 1997年6月10日にカナダのマニトバ州で掩蔽が観測された。.

新しい!!: 小惑星族とマリア (小惑星) · 続きを見る »

マリア族

マリア族 (Maria family) は軌道長半径が太陽から2.5〜2.706天文単位にある小惑星族。 軌道傾斜角は12〜17°程度である。 この小惑星族は (170) マリアに因んで名づけられた。 この小惑星族の中心的メンバーの固有軌道要素は大体が以下の範囲に収まる。 マリア族に属する小惑星には以下のものがある。.

新しい!!: 小惑星族とマリア族 · 続きを見る »

マッサリア (小惑星)

マッサリア (20 Massalia) は、太陽系の比較的大きな小惑星のひとつ。火星と木星の間の軌道を公転している。1852年、イタリアの天文学者アンニーバレ・デ・ガスパリスにより発見された。 この名前はフランスの都市マルセイユのラテン語名に由来している。ただし発見者はナポリ在住であった。 マッサリアは、マッサリア族という小惑星族の中で最大の天体である。このグループに所属する他の小惑星は、1.5 - 2億年ほど前にマッサリアに隕石が衝突した際に飛び散った破片であろうと考えられている。 2003年12月に九州で、2009年4月に岡山県と静岡県で掩蔽が観測された。.

新しい!!: 小惑星族とマッサリア (小惑星) · 続きを見る »

マッサリア族

マッサリア族(Massalia family)は、メインベルトの内側に存在するS型小惑星からなる小惑星族である。軌道傾斜角は小さい。既知の小惑星の0.8%が属する。.

新しい!!: 小惑星族とマッサリア族 · 続きを見る »

ネメシス (小惑星)

ネメシス (128 Nemesis) は、小惑星帯に位置するかなり大きく暗い小惑星の一つで、主に炭素化合物からできている。地球時間にして約1日半とかなりゆっくり自転している。ネメシス族という小惑星族の中で最も大きい小惑星である。 1872年11月25日にアメリカ合衆国の天文学者、ジェームズ・クレイグ・ワトソンによってミシガン州アナーバーで発見され、ギリシア神話に登場する復讐の女神ネメシスにちなんで命名された。なお、太陽の伴星が存在するという仮説でもその伴星はネメシスと名付けられている。.

新しい!!: 小惑星族とネメシス (小惑星) · 続きを見る »

ハンガリア (小惑星)

ハンガリア (434 Hungaria) は小惑星帯の内縁部に位置する小惑星。火星と軌道共鳴しているハンガリア群の代表的天体である。1898年9月11日、マックス・ヴォルフがハイデルベルクで発見した。 ハンガリーのラテン語表記にちなんで名づけられた。.

新しい!!: 小惑星族とハンガリア (小惑星) · 続きを見る »

ハンガリア群

木星の軌道以遠の小惑星。ハンガリア群は上側左端の密度の濃い領域である。メインベルトの「核」は赤色で示されている。 ハンガリア群 (Hungaria family) は、太陽の周囲を1.78から2.00天文単位で公転している小惑星である。通常、軌道離心率は0.18以下と低く、軌道傾斜角は16°から34°、軌道周期は約2.5年である。木星と9:2、火星と3:2で軌道共鳴している。この属で最も大きいハンガリアから名前が付けられた。メインベルトでは最も内側に位置する。 ハンガリア群の小惑星の大部分はE型小惑星である。表面は明るい頑火輝石でアルベドは0.30以上と高いが、直径が小さいので双眼鏡で見ることはできない。例えば最も大きいハンガリアでも直径20kmに過ぎず、ハンガリア群はアマチュア用の望遠鏡で見える最も小さい小惑星となっている。 ハンガリア群の小惑星の起源は良く分かっていない。木星と4:1の共鳴関係にある2.06天文単位の軌道にある天体は、非常に扁平で不安定な軌道になり、カークウッドの空隙の最内側を形成する。この4:1共鳴の内側では、軌道傾斜角の小さい小惑星は、木星よりも火星の重力場の影響を強く受け、火星による摂動により、火星の軌道平面から大きく外れているもの以外は、長い時間をかけて4:1のカークウッドの間隙の内側に追いやられることになる。 この過程により、4:1共鳴より内側に残された小惑星は小さな軌道離心率と大きな軌道傾斜角を持つことになる。しかし現時点でも、ハンガリア群のいくつかの小惑星は火星横断小惑星となっており、この過程の途上にある。 火星の軌道の長期的な変動は、ハンガリア群の小惑星の移動の大きな要因であると信じられている。小惑星の昇交点が火星の遠日点の黄経に近づくと、小惑星の軌道離心率は大きくなり、軌道は不安定になる。そして数百万年の時間をかけて、短命のアモール群や地球横断小惑星となる。.

新しい!!: 小惑星族とハンガリア群 · 続きを見る »

ハウメア (準惑星)

ハウメア(136108 Haumea)は、準惑星であり、太陽系外縁天体のサブグループである冥王星型天体の1つ。細長い形を持つことで知られている。スペインのシエラ・ネバダ天文台でホセ・ルイス・オルティスらのグループが発見し、2005年7月29日に公表した。仮符号は。 2008年9月17日に準惑星として国際天文学連合 (IAU) に認められた。同年7月のマケマケに次いで、準惑星としては5個目、冥王星型天体としては4個目である。.

新しい!!: 小惑星族とハウメア (準惑星) · 続きを見る »

ハウメア族

ハウメア族(緑色)、他のキュビワノ族(青色)、冥王星族と他の共鳴外縁天体(赤色)、散乱円盤天体(灰色) ハウメア族 (Haumea family) は、太陽系外縁天体で確認されている唯一の衝突族である。即ち、似たような軌道要素とスペクトル(ほぼ純粋な水の氷)を持ち、1つの祖先天体の衝突に起源を持つことが示唆されている、太陽系外縁天体で唯一のグループである。計算により、恐らく太陽系外縁天体で唯一の衝突族であることが示されている。.

新しい!!: 小惑星族とハウメア族 · 続きを見る »

バティスティーナ (小惑星)

バティスティーナ (298 Baptistina) は小惑星帯にある小惑星の一つ。 1890年9月9日にニースでオーギュスト・シャルロワによって発見された。フランス語の女性の名前が付けられたが、正確な由来は不明である。 フローラ族と似た軌道だが、実際には別の族であることが分かっている。.

新しい!!: 小惑星族とバティスティーナ (小惑星) · 続きを見る »

バウアー (小惑星)

バウアー (1639 Bower) は、小惑星帯にあるC型小惑星の一つ。かなり小規模な小惑星族を代表する小惑星とされている。 シルヴァン・アランがベルギー王立天文台で発見した。アメリカ人の数学者兼天文学者、アーネスト・バウアーに因んで名付けられた。.

新しい!!: 小惑星族とバウアー (小惑星) · 続きを見る »

ポラナ (小惑星)

ポラナ (142 Polana) は、小惑星帯に位置するとても暗い小惑星の一つ。主に炭素でできており、C型小惑星のサブグループのF型小惑星、またニサ族のサブグループであるポラナ族に分類される。1875年1月28日にオーストリアの天文学者、ヨハン・パリサがポーラ(現クロアチア領プーラ)で発見し、発見場所に因んで名付けられた。.

新しい!!: 小惑星族とポラナ (小惑星) · 続きを見る »

メリボエア (小惑星)

メリボエア (137 Meliboea) は、小惑星帯に位置する大きくて暗いC型小惑星。メリボエア族というかなり小規模な小惑星族の中で、最大の小惑星である。1874年4月21日にオーストリアの天文学者、ヨハン・パリサにより発見され、ギリシア神話に登場する2人のメリボエアのいずれかにちなみ命名された。.

新しい!!: 小惑星族とメリボエア (小惑星) · 続きを見る »

メルクシア (小惑星)

メルクシア (808 Merxia) は小惑星帯の小惑星である。ヴィンチェンツォ・ザッパラは比較的小規模な小惑星族を代表する天体であるとしている。 イタリアの天文学者ルイージ・カルネラがハイデルベルクのケーニッヒシュトゥール天文台で発見した。カルネラの義理の父アーダルベルト・メルクスにちなんで命名された。.

新しい!!: 小惑星族とメルクシア (小惑星) · 続きを見る »

メティス (小惑星)

メティス (9 Metis) は、火星と木星の間の小惑星帯にある、大型の小惑星である。.

新しい!!: 小惑星族とメティス (小惑星) · 続きを見る »

ヤルコフスキー効果

ヤルコフスキー効果(Yarkovsky effect)は、天体からの熱放射の不均一が生じることにより、天体にモーメントが生じ、小天体の軌道が影響を受ける効果である。通常その影響が問題になるのは、径が10cmから10kmまでの比較的小さい隕石や小惑星といった天体についてである。 ロシアの土木技術者イワン・ヤルコフスキーによって見出された。ヤルコフスキーは余暇に科学の研究を行い、1900年頃に研究を発表し、自転する小惑星などの天体の「1日」の熱放射の不均一によって生じる微小な力の積み重ねが長い時間がたつと、その小天体の軌道を変化させると主張した。ヤルコフスキーの主張は忘れられたが、エルンスト・エピックによって、太陽系内の隕石軌道の変化に重要である可能性が再検討された。 ヤルコフスキー効果は、小天体の表面が太陽によって暖められてから、熱線を放射して冷却するまでに時間が必要であることから生じる。自転する小惑星の、小惑星の「1日」の夜明けを迎える場所と、夕暮れを迎える部分を比較すると、夕暮れを迎える部分のほうが、すでに太陽によって暖められてきたので熱放射量が大きい。この熱放射の差が夜明けの部分の方向に微小な力を発生し、軌道を変化させる。自転と公転の方向が順行である場合、この力は軌道長半径を増加させる方向に働く。 太陽のまわりを、自転せずに公転のみする小天体のモデルではこの効果は公転速度を遅くする向きに働く。 ヤルコフスキー効果は1991年から2003年の間の12年間に、計測された。小惑星 (6489) ゴレブカの軌道を1991年、1995年、1999年にレーダーを使って精密計測し、予測値からのずれから15kmの軌道変動が計測された。 ヤルコフスキー効果は天体の大きさによって異なり、キロメーターサイズの小惑星では無視できる。ゴレブカの計測では力は約0.25Nと見積もられ、10-10 m/s2の加速度であった。 この力の予測は、天体の形状、表面の反射能のばらつき、表面の凹凸、自転軸の傾きなど多くの要因が影響するためにきわめて困難である。しかしながら地球に衝突する可能性のある小天体の軌道を変更するのに、表面を「塗装」して反射率をかえたり、太陽の光を小天体に集めて加熱するなど、ヤルコフスキー効果をつかって軌道を変更するというシナリオも考えうる。.

新しい!!: 小惑星族とヤルコフスキー効果 · 続きを見る »

ラフィタ (小惑星)

ラフィタ (1644 Rafita) は、小惑星帯に位置する小惑星。小規模な小惑星族を代表する天体である。 スペインの天文学者、ラファエル・カラスコがマドリードで発見した。発見者の下の息子に因んで命名された。.

新しい!!: 小惑星族とラフィタ (小惑星) · 続きを見る »

ラオディカ (小惑星)

ラオディカ (507 Laodica) は、小惑星帯に位置する小惑星である。かなり小規模な小惑星族を代表する小惑星とされる。 レイモンド・スミス・ドゥーガンがハイデルベルクで発見し、ギリシア神話に登場するプリアモスとヘカベーの娘ラーオディケーの名前にちなんで名づけられた。.

新しい!!: 小惑星族とラオディカ (小惑星) · 続きを見る »

リディア (小惑星)

リディア (110 Lydia) は、小惑星帯に位置する比較的大きな小惑星の一つ。M型小惑星でニッケルや鉄を含む。小惑星族の一つであるリディア族の名前の由来となった。 1870年4月19日にフランスの天文学者、アルフォンス・ボレリーにより発見され、紀元前に地中海沿岸にあった国リディアにちなんで命名された。1999年9月18日にリディアによる掩蔽が観測された。.

新しい!!: 小惑星族とリディア (小惑星) · 続きを見る »

リベラトリックス (小惑星)

リベラトリックス (125 Liberatrix) は、小惑星帯に位置する小惑星の一つ。表面の反射率が比較的高く、M型小惑星に分類される。リベラトリックス族という小惑星族を代表する小惑星とされるが、別の小惑星族に所属しているという意見もある。 1872年9月11日にフランスの天文学者、プロスペール=マティユー・アンリにより発見された。プロスペールと兄のポール=ピエールは二人合わせて14個の小惑星を発見したが、これはその最初のものである。 この名前はラテン語で「解放者」といった意味があり、フランスが1870年に第二帝政から解放されたことを記念して命名されたと考えられている(第三共和制初代大統領のアドルフ・ティエール、またはジャンヌ・ダルクのことだという説もある)。これまでに2回掩蔽が観測されている。またこの小惑星の光度曲線は大きな振幅を持ち、いびつな形をしていると考えられている。.

新しい!!: 小惑星族とリベラトリックス (小惑星) · 続きを見る »

レギニータ (小惑星)

レギニータ (1117 Reginita) は、小惑星帯の小惑星。フローラ族のサブグループであるレギニータ族の名前の元になった天体である。ホセ・コマス・ソラがバルセロナのファブラ天文台で発見した。 コマス・ソラの姪に因んで名付けられた。.

新しい!!: 小惑星族とレギニータ (小惑星) · 続きを見る »

ヴィンチェンツォ・ザッパラ

|- |colspan.

新しい!!: 小惑星族とヴィンチェンツォ・ザッパラ · 続きを見る »

ヴェリタス (小惑星)

ヴェリタス (490 Veritas) は小惑星帯の小惑星である。ハイデルベルク天文台でマックス・ヴォルフによって発見された。ヴェリタスはラテン語で真理を意味する。 ヴェリタスの直径は115kmあり、ヴェリタス族の小惑星の中では直径125kmの (92) ウンディーナに次いで大きい。.

新しい!!: 小惑星族とヴェリタス (小惑星) · 続きを見る »

トロヤ群

トロヤ群(トロヤぐん、英語:Trojan asteroid)は、惑星の公転軌道上の、太陽から見てその惑星に対して60度前方あるいは60度後方、すなわちラグランジュ点L4・L5付近を運動する小惑星のグループである。 単に「トロヤ群」という場合は通常「木星のトロヤ群」を意味する。(詳細は上記項目を参照。本項は簡単に記すだけにする。).

新しい!!: 小惑星族とトロヤ群 · 続きを見る »

トゥーティノ族

トゥーティノ族(トゥーティノぞく)は、太陽系外縁天体のうち海王星と軌道共鳴を行う共鳴外縁天体の一種。海王星との間に 1:2 で軌道共鳴している。軌道共鳴の特徴から海王星の公転周期の2倍をかけて太陽を公転している。この言葉は冥王星族(プルーティノ、Poutino)と2 (two) を合成した単語である。.

新しい!!: 小惑星族とトゥーティノ族 · 続きを見る »

ヘルタ (小惑星)

ヘルタ (135 Hertha) は、小惑星帯の内側寄り、ニサ族の軌道に位置する大きな小惑星の一つ。スペクトルからはM型小惑星に分類されるが、レーダー観測では非金属質だと示唆するようなデータもある。また光度曲線のデータから、平坦な形であると推定される。 1874年2月18日にアメリカ合衆国の天文学者、クリスチャン・H・F・ピーターズによりニューヨーク州クリントンで発見された。北欧神話に出てくる大地と豊穣の女神ネルトゥスの別名ヘルタにちなみ命名された。なおネルトゥスという小惑星も別に存在する。 MUSES-C(はやぶさ)後継機の探査対象候補として検討されたことがある。 2000年と2008年に(後者は日本の石川県で)ヘルタによる掩蔽が観測された。.

新しい!!: 小惑星族とヘルタ (小惑星) · 続きを見る »

ヘスティア (小惑星)

ヘスティア (46 Hestia) は暗くて大きい小惑星帯の小惑星。 ヘスティア族最初の小惑星でもある。 ギリシャ神話の炉の女神ヘスティアにちなんで名づけられた。.

新しい!!: 小惑星族とヘスティア (小惑星) · 続きを見る »

ブラジリア (小惑星)

ブラジリア (293 Brasilia) は小惑星帯にある小惑星の一つ。ブラジリア族という小規模な小惑星族に属する。なお、ブラジリア族の範囲は研究者によって異なる。 1890年5月20日にニースでオーギュスト・シャルロワによって発見され、ブラジルにちなんで名づけられた。.

新しい!!: 小惑星族とブラジリア (小惑星) · 続きを見る »

パラス (小惑星)

パラス (2 Pallas) は小惑星帯最大の小惑星。以前はケレスが最大の小惑星であったが、2006年のIAU総会でケレスが準惑星に分類されたため、小惑星帯ではパラスが最大となった。なおパラスも将来的に準惑星に分類される可能性がある。 1802年3月28日にドイツのブレーメンでハインリヒ・オルバースにより発見され、ギリシア神話に登場するトリートーンの娘パラスにちなんで命名された(ギリシア神話にはパラスという名の男性も登場するが、初期の小惑星はすべて女性名が付けられた)。.

新しい!!: 小惑星族とパラス (小惑星) · 続きを見る »

パラス族

パラス族 (Pallas family) は主にB型小惑星からなる、軌道傾斜角の大きい小惑星帯(メインベルト)の中部に位置する小惑星族。 パラス族最大の小惑星はパラスであり、およそ530kmもの直径を持つ超大型の小惑星である。残りのパラス族小惑星ははるかに小さく、最も大きいといわれる (5222) ヨッフェですら直径22キロメートルほどしかない。これらの小惑星はパラスに他の小さい小惑星がぶつかった際にその破片が固まったものと思われる。.

新しい!!: 小惑星族とパラス族 · 続きを見る »

ヒルダ (小惑星)

ヒルダ (153 Hilda) は、小惑星帯の外縁部に位置するかなり大きな小惑星の一つ。 表面は炭素化合物で覆われており暗い。 ヒルダの公転周期は木星と2:3の軌道共鳴になっており、同じような軌道を持つ小惑星のグループはヒルダ群と呼ばれる。ただし物理的な性質がそれぞれ異なるため、ヒルダ「族 (Family)」とは呼ばれない。 1875年11月2日にオーストリアの天文学者・ヨハン・パリサがポーラ(現クロアチア領プーラ)で発見し、天文学者テオドール・オッポルツァーの娘に因んで名付けられた。 光度曲線の振幅は小さく、球体に近い形をしていると考えられていたが、2002年12月31日に日本で掩蔽が観測され、楕円体であることが判明した。.

新しい!!: 小惑星族とヒルダ (小惑星) · 続きを見る »

ヒルダ群

小惑星の位置を表した図。ヒルダ群は褐色である。 2005年1月1日におけるヒルダ群天体の位置。左図の灰色は木星軌道まですべての小惑星、右図の灰色はヒルダ群天体の軌道 黄経緯により木星付近を中心として描いた図。中央横軸が黄道面 ヒルダ群(ヒルダぐん)は、軌道長半径が3.7AUから4.2AUの小惑星で構成される小惑星群。 離心率は0.07以上0.3以下で、軌道傾斜角は20°より小さい。 これらの小惑星は一つの母天体に関連付けられるものではないという意味で、厳密には小惑星'''族'''ではないが、木星に対して2:3の軌道共鳴状態にある小惑星からなる力学的な共通点を持った小惑星群である。 このような共鳴関係にあるため、ヒルダ群の天体が遠日点を通過する際は、太陽を挟んで木星の反対側、あるいは木星より60°ほど前か後ろのラグランジュ点の内側、このいずれかの位置関係になる。太陽と木星を固定して見ると、ヒルダ群の天体はこの三つの「遠日点」を通過する。あるいはある時点におけるヒルダ群天体全体を見ると、中段の図のように三つの遠日点を頂点とする「ヒルダ・トライアングル」を形成する。 小惑星群の名前は (153) ヒルダに由来する。命名されていないものも含め1100個以上存在する。表面色から判断すると、D型またはP型が多いが、一部にC型もある。.

新しい!!: 小惑星族とヒルダ群 · 続きを見る »

ヒギエア (小惑星)

ヒギエア (10 Hygiea) は、火星と木星の間の小惑星帯(メインベルト)にある、将来的に準惑星に分類される可能性がある大型の小惑星。 1849年4月12日にイタリアの天文学者アンニーバレ・デ・ガスパリスよって発見され、ギリシア神話に登場する医神アスクレーピオスの娘で健康の女神、ヒュギエイアにちなんで名づけられた。.

新しい!!: 小惑星族とヒギエア (小惑星) · 続きを見る »

ヒギエア族

ヒギエア族は小惑星帯(メインベルト)の外縁部に位置する、炭素化合物を多く含む暗いB型やC型の小惑星からなる小惑星族。 一番大きいものは (10) ヒギエアである。 メインベルトの既知の小惑星のうち1%程度がこの族に含まれる。.

新しい!!: 小惑星族とヒギエア族 · 続きを見る »

ビビリア (小惑星)

ビビリア (144 Vibilia) は、小惑星帯の内側寄りに位置する比較的大くて暗い小惑星の一つ。ビビリア族という小規模な小惑星族の中では最も大きい。 1875年6月3日にアメリカ合衆国の天文学者、クリスチャン・H・F・ピーターズによりニューヨーク州クリントンで発見され、ローマ神話の女神ビビリアにちなんで命名された。 1993年と2001年の2度、掩蔽が観測された。.

新しい!!: 小惑星族とビビリア (小惑星) · 続きを見る »

テミス (小惑星)

テミス (24 Themis) は小惑星帯の小惑星。直径が198kmと大きく、テミス族の最大の小惑星である。イタリアの天文学者アンニーバレ・デ・ガスパリスが1853年に発見した。 ギリシャ神話の神で、ゼウスの二番目の妻であるテミス(Θέμις)から命名された。また、テミスという名は1905年にウィリアム・ヘンリー・ピッカリングが"発見"を主張し、後に不存在が確認された土星の衛星にも命名された。 テミスの表面には炭素化合物を含んだ水の氷が霜の形で存在している。メインベルトの小惑星にこのような特徴が発見されたのはテミスが初めての例である。氷は小惑星の表面に長期間存在できないと考えられているため、天体深部から漏出してきた水蒸気が固体化したという説や、流星塵が引き起こす侵食により地下の氷の層が露出したという説が唱えられている。.

新しい!!: 小惑星族とテミス (小惑星) · 続きを見る »

テミス族

テミス族 (Themis Asteroid Family) は小惑星帯(メインベルト)の中でも外縁部に位置する小惑星族で、平山清次が発見した平山族のひとつ。太陽からの平均距離3.13天文単位付近に密集している。 多数の小惑星を含むかなり境界がはっきりしたコアと、少数の小惑星を含む周辺領域からなる。コアグループにはこの小惑星族の名前の由来であるテミスも含まれる。 テミス族の小惑星はほとんどが下記の範囲にある。 テミス族は最大級の小惑星族であり、最も早く見つけられた小惑星族の一つである。そして炭素質コンドライトが主成分だと考えられているC型小惑星で構成されている。2005年の時点でテミス族の小惑星はおよそ535個が知られている。有名なところでは下記のようなものが挙げられる。.

新しい!!: 小惑星族とテミス族 · 続きを見る »

テオバルダ (小惑星)

テオバルダ (778 Theobalda) は小惑星帯の小惑星である。ヴィンチェンツォ・ザッパラは小規模な小惑星族を代表する天体としている。 ハイデルベルクのケーニッヒシュトゥール天文台で、ドイツの天文学者フランツ・カイザーが発見した。彼の父親テオバルド・カイザーに因んで命名された。.

新しい!!: 小惑星族とテオバルダ (小惑星) · 続きを見る »

デジャニラ (小惑星)

デジャニラ (157 Dejanira) は、小惑星帯に位置する小惑星の一つ。デジャニラ族という非常に小規模な小惑星族に属する。 1875年12月1日にフランスの天文学者、アルフォンス・ルイ・ニコラ・ボレリーがマルセイユで発見した。ギリシア神話に登場するヘラクレスの妻デイアネイラにちなんで命名された。.

新しい!!: 小惑星族とデジャニラ (小惑星) · 続きを見る »

フローラ (小惑星)

フローラ (8 Flora) は、火星と木星の間の小惑星帯にある大型の小惑星である。.

新しい!!: 小惑星族とフローラ (小惑星) · 続きを見る »

フローラ族

フローラ族 (Flora family) は小惑星帯(メインベルト)の内側寄りに位置するかなり大規模なS型小惑星の一団で、平山清次が発見したのひとつ。小惑星族としての起源や特性については今のところ詳しくわかっていない。 メインベルトの小惑星のうち4 - 5%がこの族に含まれる。 この小惑星族の境界になる基準がよくわかっていなかった頃、フローラ自身の位置がこの族の端に近かったため、フローラが組み込まれるまで、この族は「アリアドネ族」と呼ばれていた。.

新しい!!: 小惑星族とフローラ族 · 続きを見る »

ファイナ (小惑星)

ファイナ (751 Faïna) は小惑星帯に位置する小惑星。ファイナ族というかなり小規模な小惑星族を代表する天体である。1913年4月28日、ロシアの天文学者グリゴリー・ニコラエヴィチ・ネウイミンがシメイズで発見した。 発見者の同僚で最初の妻でもあったファイナ・ミハイロヴナ・ネウイミナにちなんで名づけられた。.

新しい!!: 小惑星族とファイナ (小惑星) · 続きを見る »

フォカエア (小惑星)

フォカエア (25 Phocaea) は小惑星帯(メインベルト)のS型小惑星である。ジャン・シャコルナクが1853年4月6日にマルセイユで発見したもので、彼が最初に発見した小惑星である。フォカエア族という小規模な小惑星族があると考える研究者もいる。フォカエア族は小惑星帯の内側寄りで離心率が比較的大きいため、この族に分類される小惑星の中には火星横断小惑星もある。 イオニア(現在のトルコ西部、フォチャ付近)に建設された古代ギリシアのポリス、フォカエアから名付けられた。 2009年4月に熊本県で掩蔽が観測された。.

新しい!!: 小惑星族とフォカエア (小惑星) · 続きを見る »

ドーラ (小惑星)

ドーラ (668 Dora) は小惑星帯に位置するC型小惑星。比較的小規模な小惑星族を代表する小惑星と考えられている。 アウグスト・コプフがハイデルベルクのケーニッヒシュトゥール天文台で発見した。コプフの友人の妻に因んで名付けられた。なお、仮符号のアルファベット部分が「DO」であることにも関係があると思われる (DOra)。.

新しい!!: 小惑星族とドーラ (小惑星) · 続きを見る »

ニサ (小惑星)

ニサ (44 Nysa) は少し大きめでかなりの明るさを持つ、ニサ族の中で一番明るい小惑星。ギリシア神話に登場する地名ニサにちなんで名づけられた。 スペクトル分類の中でも珍しいスペクトル分類E型に分類されており、その中でも特に大きいものの一つ。(55) パンドラよりも大きいため、おそらくこのタイプでは一番大きいと考えられている。 ライトカーブ観測より円錐のような形と考えられ、接触連星のように二つの小惑星が組み合わさったような形でないかとも考えられている。 また、ニサによる恒星の掩蔽が今までに二度観測されている。 MUSES-C(はやぶさ)後継機の探査対象候補として検討されたことがある。.

新しい!!: 小惑星族とニサ (小惑星) · 続きを見る »

ニサ族

ニサ族 (Nysa family) とは小惑星帯に位置する小惑星族。族の名前はこの小惑星族の中で一番小惑星番号の若いニサから来ている。.

新しい!!: 小惑星族とニサ族 · 続きを見る »

ホフマイスター (小惑星)

ホフマイスター (1726 Hoffmeister) は小惑星帯の小惑星である。ヴィンチェンツォ・ザッパラは小規模な小惑星族を代表する天体としている。 カール・ラインムートがハイデルベルクのケーニッヒシュトゥール天文台で発見した。ドイツの天文学者、天体物理学者、クーノ・ホフマイスターに因んで名付けられた。.

新しい!!: 小惑星族とホフマイスター (小惑星) · 続きを見る »

ダモクレス (小惑星)

ダモクレス (5335 Damocles) は、周期彗星のような軌道を持つダモクレス族(ケンタウルス族とされることもある)の小惑星。1991年2月18日にロバート・マックノートによって発見され、ギリシア神話に登場するダモクレスに因んで命名された。 ダモクレスの軌道は、知られている他の多くの小惑星とは完全に異なっている。太陽からの距離が火星付近から天王星付近に相当する楕円軌道であり、太陽系外部から内部への遷移軌道のようにも見える。ダンカン・スティール、ゲルハルト・ハーン、マーク・ベイリー、デイヴィッド・アッシャーらはその長期間に渡る力学的変化について予測し、将来は高い確率で地球近傍小惑星になること、現在の軌道にいられる期間の4分の1が経過していることを発見した。ダモクレスは軌道傾斜角が大きいので木星や土星にあまり接近しないため、現在の軌道はこれまで数万年間安定していたし、これからもそうだろうと思われる。 火星には、ダモクレスが母天体でりゅう座方向に輻射点を持つ流星群が存在するかもしれないという推測がある。.

新しい!!: 小惑星族とダモクレス (小惑星) · 続きを見る »

ダモクレス族

ダモクレス族(ダモクレスぞく、Damocloid)は周期彗星(例:ハレー彗星)のような楕円軌道を持ち、彗星特有のコマや尾などの現象を伴わない小惑星の分類名である。オールトの雲由来との説が一般的である。また、殆どの逆行小惑星はこれに属する。 中村彰正は「近日点距離 5.2 AU 以下、軌道長半径 8.0 AU 以上、離心率 0.75 以上」あるいは「軌道傾斜角 90°以上」の天体をとしてリスト化しており、またデビッド・C・ジューイットのWebサイトにもがある。それぞれ30個余りの天体が掲載されているが、完全に一致してはいない。一方でジェット推進研究所 (JPL) のにはダモクレス族というクラスが存在せず、該当する天体はケンタウルス族や太陽系外縁天体、もしくはアポロ群に分類されている。 ダモクレス族小惑星について「地球附近を通る長周期彗星のような」と説明されることもあるが、上記のリストに掲載されている天体の大半は近日点が小惑星帯に匹敵する距離にあり、いわゆる地球近傍小惑星には当てはまらない。また、軌道傾斜角こそ大きいが離心率は比較的小さい天体も上記のリストには掲載されている。 太陽から遠方にある限り、彗星は小惑星と区別がつかない(→彗星及び彗星・小惑星遷移天体の説明参照)ため、小惑星としてダモクレス族に分類されていた天体が彗星に分類変更された例がある。例えばは太陽に近づくとともに彗星としての活動を始めた為、C/(LONEOS彗星)に改称された。.

新しい!!: 小惑星族とダモクレス族 · 続きを見る »

ベスタ (小惑星)

ベスタまたはヴェスタ (4 Vesta) は、将来的に準惑星に分類される可能性がある太陽系の小惑星の一つ。1807年3月29日にドイツのブレーメンでハインリヒ・オルバースによって発見され、古代ローマの女神ウェスタにちなんで名付けられた。命名者はカール・フリードリヒ・ガウス。.

新しい!!: 小惑星族とベスタ (小惑星) · 続きを見る »

ベスタ族

ベスタ族は小惑星帯内端付近に位置するV型小惑星の多い小惑星族。最大のものは (4) ベスタ。メインベルト小惑星のうちおよそ6%はこの小惑星族に含まれている。 小惑星でも最大級を誇るベスタを含む小惑星族だが、含まれる小惑星の多くは直径10km前後である。 最も明るい (1929) コッラーと (2045) 北京では絶対等級が12.2で、大きさは7.5km程度であるが、どちらもベスタの反射能を上回っている。 この小惑星族はベスタに他小惑星が衝突することによって生まれたと考えられ、その証左としてベスタの南極付近には大きいクレーターが存在する。この小惑星族にはJ型小惑星も含まれているが、これはベスタの表面より内部から出てきたものと考えられており、衝突が大きなものだったと予測される。 ヴィンチェンツォ・ザッパラが1995年に行ったHCM数値調査によると、軌道の中心部は下記の範囲に収まる。 また、軌道全体を含めると下記の範囲になる。 ザッパラの解析では235の小惑星が中心部にあるとしており、21世紀初頭の数値調査では、96,944個の小惑星のうち、およそ6%に当たる6,051個の小惑星がベスタ族の軌道の範囲に含まれると考えられている。 スペクトル分析によって、ベスタ族に含まれない多数の「侵入者」が存在することが示された。それらはベスタ族とよく似た軌道を回っているがV型ないしJ型以外のスペクトルを持つもので、(306) ウニタス、(442) アイヒスフェルディア、(1697) コスケンニエミ、(1781) ファン・ビースブルック、(2024) マクローフリン、(2029) ビノミ、(2086) ネウェル、(2346) リリオなどが含まれる。.

新しい!!: 小惑星族とベスタ族 · 続きを見る »

アマルテア (小惑星)

アマルテア (113 Amalthea) は、小惑星帯の内側よりの軌道に位置する典型的な小惑星の一つ。1871年3月12日にドイツの天文学者、ロベルト・ルターにより発見され、ギリシア神話に登場する、ゼウスを育てたニンフの一人アマルテイア (Amaltheia) にちなんで命名された。なお木星の衛星にも同名のアマルテアがある。 アマルテアは、(9) メティスとともに、約10億年前にベスタサイズの小惑星が壊れ、そのマントルの部分からできたと考えられている。.

新しい!!: 小惑星族とアマルテア (小惑星) · 続きを見る »

アリアドネ (小惑星)

アリアドネ (43 Ariadne) はやや大きく明るいメインベルト(小惑星帯)のS型小惑星。フローラ族では二番目に大きい小惑星であり、この族自体がアリアドネ族と呼ばれていたこともある。 1857年4月15日、ノーマン・ポグソンによってオックスフォードで発見され、ギリシア神話のアリアドネーにちなんで名づけられた。 ライトカーブ観測からアリアドネは非常に細長い形で、ひょうたん型、あるいはとても角度のある形をしていると推測されている。極が黄道座標に対してほぼ平行であり (β, λ).

新しい!!: 小惑星族とアリアドネ (小惑星) · 続きを見る »

アデオナ (小惑星)

アデオナ (145 Adeona) は、小惑星帯に位置する比較的大きい小惑星。アデオナ族という小惑星族に属する。 1875年6月3日にアメリカ合衆国の天文学者、クリスチャン・H・F・ピーターズによりニューヨーク州クリントンで発見され、ローマ神話の子供の守護神アデオナにちなんで命名された。 表面は暗く、主として炭素化合物でできているらしい。 2002年7月9日と2005年2月3日に(後者は日本で)掩蔽が観測された。.

新しい!!: 小惑星族とアデオナ (小惑星) · 続きを見る »

アウグスタ (小惑星)

アウグスタ (254 Augusta) は、小惑星帯に位置する典型的な小さな小惑星の一つで、S型小惑星に分類される。アウグスタ族の名前の由来となった小惑星であり、この小惑星族の中で最初に発見された。 1886年3月31日にオーストリアの天文学者、ヨハン・パリサがウィーンで発見し、オーストリアの天文学者カール・リットローの未亡人の名前にちなんで命名した。.

新しい!!: 小惑星族とアウグスタ (小惑星) · 続きを見る »

アエオリア (小惑星)

アエオリア (396 Aeolia) は、小惑星帯に位置する典型的な小惑星である。アエオリア族 (Aeolia clump) という極めて小規模な小惑星族の名前の元となった(ただし古在由秀はプロセルピナ族に分類している)。 オーギュスト・シャルロワがニースで発見し、かつて小アジアにあった地名か、またはイタリアのエオリア諸島にちなんで命名された。.

新しい!!: 小惑星族とアエオリア (小惑星) · 続きを見る »

アストリッド (小惑星)

アストリッド (1128 Astrid) は、小惑星帯(メインベルト)に位置する小惑星の一つ。かなり小規模な小惑星族を代表する小惑星とされる。 ベルギー王立天文台でウジェーヌ・デルポルトによって発見され、ベルギー王妃(1929年当時は王太子妃)アストリッドにちなんで名づけられた。.

新しい!!: 小惑星族とアストリッド (小惑星) · 続きを見る »

ウンディーナ (小惑星)

ウンディーナ (92 Undina) は、小惑星帯に位置する比較的大きな小惑星の一つ。M型小惑星で高いアルベドを持つ。約800万年前にできたヴェリタス族の小惑星の中で最も大きい。 1867年7月7日にアメリカ合衆国の天文学者、クリスチャン・H・F・ピーターズ (Christian Heinrich Friedrich Peters) により発見された。ドイツの作家フリードリヒ・フーケの人気小説Undineに登場するヒロインの名前にちなんで命名された。 2006年に岡山県と三重県で掩蔽が観測された。.

新しい!!: 小惑星族とウンディーナ (小惑星) · 続きを見る »

エリゴネ (小惑星)

リゴネ (163 Erigone) は、小惑星帯に位置する大きくて暗い小惑星の一つ。エリゴネ族の一つである。 1876年4月26日にフランスの天文学者、アンリ・ジョセフ・ペロタンにより発見され、ギリシア神話に登場する2人のエリゴネにちなんで命名された。.

新しい!!: 小惑星族とエリゴネ (小惑星) · 続きを見る »

エリゴネ族

リゴネ族 (Erigone family) は、2億8千万年前の小惑星同士の壊滅的な衝突によって出来たと考えられている小惑星族のひとつ。所属している小惑星はどれもよく似た軌道を持つ。この族で最も小惑星番号の若い (163) エリゴネにちなんで名づけられている。2.33から2.39天文単位の軌道長半径を持ち、離心率が014から0.21であり、3°から6°の軌道傾斜角を持つ。約50の小惑星が確認されており、命名されている小惑星は表のものがある。.

新しい!!: 小惑星族とエリゴネ族 · 続きを見る »

エンディミオン (小惑星)

ンディミオン (342 Endymion) は、小惑星帯にある大きな小惑星である。 1892年10月17日にマックス・ヴォルフがハイデルベルクで発見し、ギリシア神話に登場するエンデュミオーンにちなんで命名された。.

新しい!!: 小惑星族とエンディミオン (小惑星) · 続きを見る »

エウノミア (小惑星)

ウノミア (15 Eunomia) は、太陽系の小惑星のひとつ。火星と木星の間の軌道を公転しており、小惑星帯の中では8から12番目に大きい天体である。 またエウノミア族最大の小惑星でもある。このグループの他の小惑星と同様、エウノミアもケイ酸塩とニッケル鉄から構成されており、大きさの割には非常に明るい。 2007年8月に日本で掩蔽が観測された。.

新しい!!: 小惑星族とエウノミア (小惑星) · 続きを見る »

エウノミア族

ウノミア族は、主にS型小惑星で構成される比較的大きな小惑星族。メインベルト(小惑星帯)中部の一番有名な小惑星族であり、メインベルト小惑星のうちおよそ5%がこの小惑星族に属している。.

新しい!!: 小惑星族とエウノミア族 · 続きを見る »

エオス (小惑星)

(221 Eos) は、小惑星帯に位置する大きな小惑星の一つで、K型小惑星に属する。エオス族の名前の由来になった。 1882年1月18日にオーストリアの天文学者、ヨハン・パリサがウィーンで発見し、ギリシア神話の暁の女神エーオースにちなんで命名された。.

新しい!!: 小惑星族とエオス (小惑星) · 続きを見る »

エオス族

族 (Eos family) は、かつて起こった小惑星同士の壊滅的な衝突によって出来たと考えられている小惑星族のひとつ。所属している小惑星はどれもよく似た軌道を持つ。この族で最も小惑星番号の若い (221) エオスにちなんで名づけられている。 平山清次が最初に見つけた小惑星族の一つ。 エオス族は、2.99から3.03天文単位の軌道長半径を持ち、離心率が0.01から0.13であり、8°から12°の軌道傾斜角を持つ。2005年の時点でエオス族に属している小惑星は480個ほど確認されている。.

新しい!!: 小惑星族とエオス族 · 続きを見る »

カリン (小惑星)

リン (832 Karin) は小惑星帯に位置する小惑星である。ハイデルベルクのケーニッヒシュトゥール天文台でマックス・ヴォルフによって発見された。 スウェーデン・ヴァーサ朝の第4代国王であるエリク14世の王妃カリン・モンスドッテルにちなんで命名された。 直径約19kmのS型小惑星である David Nesvorný, Brian L. Enke, William F. Bottke, Daniel D. Durda, Erik Ashaug & Derek C. Richardson Karin cluster formation by asteroid impact, Icarus 183, (2006) pp 296-311.

新しい!!: 小惑星族とカリン (小惑星) · 続きを見る »

キュビワノ族

ュビワノ族とは、軌道長半径が40 - 50天文単位の軌道を公転し、海王星の重力的影響を受けていない、つまり軌道共鳴状態になく、また海王星の軌道と交叉しない軌道を持つ太陽系外縁天体である。 離心率は0.15以下で、軌道傾斜角もほとんどが10°以下である(大きいものもある)。エッジワース・カイパーベルト内で海王星と軌道共鳴状態にない天体の大多数を占めており、Classic KBOs(古典的カイパーベルト天体)とも呼ばれる。 キュビワノ (cubewano) 族という名前は、後に同族として定義された天体の内で最初に発見されたより付けられた(キュー・ビー・ワン + o 族, QB1-o's)。.

新しい!!: 小惑星族とキュビワノ族 · 続きを見る »

キュベレー (小惑星)

ュベレーまたはキベレ (65 Cybele) は、火星と木星の間にある小惑星帯(メインベルト)の小惑星。メインベルトの中でも木星と1:2の軌道共鳴が起こるカークウッドの空隙より外側を公転している、キュベレー族 (Cybele family) またはキュベレー群 (Cybele group) と呼ばれるグループの代表的天体である。 1861年3月8日にエルンスト・テンペルによってマルセイユで発見され、ギリシア神話に登場するキュベレーに因んで命名された。なお、小惑星の名前についてはラテン語式に「キベレ」と表記されることも多いが、グループの名前については「キベレ族(群)」と表記されることはほとんどない。 炭素化合物を多く含むC型ないしP型の小惑星で、表面は暗い。 1979年10月17日に、ソビエト連邦領内でキュベレーによる恒星の掩蔽が初めて観測された。観測結果から導かれた直径は230kmで、IRAS衛星による実測値237kmにきわめて近い。また、この掩蔽の観測によって差し渡し11kmの衛星が存在する可能性が示唆された。 2006年2月には日本の福島県で掩蔽が観測された。.

新しい!!: 小惑星族とキュベレー (小惑星) · 続きを見る »

キュベレー族

ュベレー族(―ぞく、Cybele asteroids)は小惑星帯の小惑星族の一つ。名前はこの族で一番小惑星番号の若い(65)キュベレーに由来する。 類似した軌道特長によって分けられており、太陽からの軌道長半径はおおよそ3.4天文単位程度となっている。起源となった小惑星が同じと考えられ、C型、P型の小惑星が多い。.

新しい!!: 小惑星族とキュベレー族 · 続きを見る »

キロン (小惑星)

ン (2060 Chiron, 95P/Chiron) は、彗星・小惑星遷移天体のひとつ。土星と天王星の間を巡る軌道にある。1977年、パロマー天文台でチャールズ・トーマス・コワルによって発見され、ギリシア神話に登場するケンタウロスの一人、ケイローンにちなんで命名された。 キロンは小惑星として発見されたが、後に彗星かも知れないということで論争になった。1988年、彗星に特徴的な明るさの急激な変化が観測され、また1989年には彗星に見られるようなコマが観測された。 キロンは公式に、周期彗星と小惑星の両方のリストに登録されている。他に周期彗星と小惑星の両方に登録されている天体には (107P/4015) ウィルソン・ハリントン、(133P/7968) エルスト・ピサロ、(174P/60558) エケクルス、(176P/118401) LINEARがある。 キロンは初めて発見されたケンタウルス族の小惑星とされている。ケンタウルス族の小惑星は軌道が不安定で、キロンもやがて巨大惑星に捕らえられてしまうだろうと考えられている。またキロンはおそらくエッジワース・カイパーベルトから現在の位置に移動してきたと考えられている。.

新しい!!: 小惑星族とキロン (小惑星) · 続きを見る »

キロパイ (小惑星)

パイ (3142 Kilopi) は小惑星帯に位置する小惑星。ニース天文台でフランスの天文学者アンドレ・パトリーが発見した。キロパイ族というかなり小規模な小惑星族があると考えられている。 小惑星番号 3142 が円周率 π(パイ)の約1,000倍であることから命名された。.

新しい!!: 小惑星族とキロパイ (小惑星) · 続きを見る »

クリー・ウィク (小惑星)

リー・ウィク (5688 Kleewyck) は小惑星帯の小惑星である。パロマー天文台でエレノア・ヘリンによって発見された。クリー・ウィク族という小規模な小惑星族が存在するらしいが、詳細は不明。 カナダの芸術家、作家のエミリー・カーの異名であり、後に半自伝的な著書の題名にもなった「クリー・ウィク」(Klee Wyck: バンクーバー島西海岸に住む先住民ヌーチャノスの言葉で「笑えるやつ」の意味)から命名された。.

新しい!!: 小惑星族とクリー・ウィク (小惑星) · 続きを見る »

クレーター

月面のクレーター クレーター (crater) とは、天体衝突などによって作られる地形である。典型的には、円形の盆地とそれを取り囲む円環状の山脈であるリムからなるが、実際にはさまざまな形態がある。主に隕石・彗星・小惑星・微惑星などの衝突でできるが、核爆発や大量の火薬などの爆発でも同様の地形ができる。 ギリシャ語で「ボウル」「皿」を意味する語が語源で、本来は成因を問わず円形の窪地を意味し、火山の噴火口や、沈降による穴も含む。英語文献では、そのような意味での使用も少なくない。なお、コップ座の学名はCrater(クラテル)で、同じ語源である。 狭義には、天体衝突で形成された地形のことである。1609年にガリレオ・ガリレイが、月面を天体望遠鏡で観察し、多数の円形の凹地を確認したが、ガリレオは「小さな斑点」と呼んでいる。成因を明確に示したいときは衝突クレーター、インパクトクレーター (impact crater) と呼ぶ。またこの意味で使う場合は、「円形の窪地」という本来の意味ではクレーターと呼べないような形状の地形(たとえば地中構造、リムの一部のみ、など)も含めることが多い。窪地が明瞭なものは隕石孔(いんせきこう)と呼ぶこともある。.

新しい!!: 小惑星族とクレーター · 続きを見る »

クロリス (小惑星)

リス (410 Chloris) は、小惑星帯に位置するとても大きなC型小惑星。かなり小規模な小惑星族を代表しているか、別の小惑星族に所属しているか意見が分かれている。 オーギュスト・シャルロワがニースで発見し、ギリシア神話に登場するニュンペーのクローリス(ローマ神話の女神フローラと同一の存在と言われる)にちなんで命名された。.

新しい!!: 小惑星族とクロリス (小惑星) · 続きを見る »

ケレス (準惑星)

レス()は、準惑星の1つで、小惑星帯に位置する最大の天体。セレスとも発音する。小惑星として初めて発見された天体でもあり、小惑星番号1番を持つ()。.

新しい!!: 小惑星族とケレス (準惑星) · 続きを見る »

ケンタウルス族 (小惑星)

ンタウルス族(ケンタウルスぞく、Centaur)は、木星と海王星の間の軌道を公転する、氷で覆われた小惑星の分類名である。ケンタウルス族の名はギリシア神話に登場する半人半馬の一族・ケンタウロスに由来する。ケンタウルス族天体の命名の際にはケンタウロス族の名前を付ける慣習になっている。 最初に発見されたケンタウルス族天体であるキロンは近日点に近づいた際にコマが観測されたため、現在では公式には彗星 (95/P Chiron) と小惑星両方に分類されている。しかしキロンは典型的な彗星に比べてかなり大きいため、その分類についてはいまだに議論がある。他のケンタウルス族天体については、彗星のような活動が見られないか監視観測が続けられている。 2006年現在、ケンタウルス族として発見された後に彗星だと確認され、番号登録されたものはキロン以外には4つある(LINEAR彗星(仮符号(以下同):2000 B4)、NEAT彗星 (2001 T4)、CINEOS彗星、エケクルス(2000 EC98))。このうち、2000年に発見されたエケクルスは小惑星番号 (60558) を与えられていたが、2005年12月30日に急激に増光し、コマが観測されたことから彗星としても番号登録されると共に、小惑星として命名された。 ケンタウルス族は軌道が不安定で、巨大惑星の作用によっていずれは太陽系から飛び出すと考えられている。公転軌道の力学的な研究から、ケンタウルス族はおそらく太陽系外縁天体から木星族の短周期彗星へと軌道の状態が移り変わる途中の天体であろうとされている。これらの天体はエッジワース・カイパーベルトにあった頃に摂動を受けて間もなく海王星軌道を横切る軌道をとるようになり、海王星と重力的に相互作用をするようになったとみられる。こうしてケンタウルス族に分類されるようになったものの、これらの軌道はカオス的で、外惑星と何度か近接遭遇を繰り返すことにより短い時間スケールで軌道が変化する。ケンタウルス族の中にはこの軌道進化によって木星よりも内側まで入り込む軌道をとるようになり、近日点が太陽系の内側に移って、彗星的な活動性を見せる場合には木星族の彗星として再分類されるようになるものもあると考えられる(その例としてはヴィルト第2彗星がある)。それゆえ、ケンタウルス族は最終的には太陽や惑星と衝突するか、あるいは惑星、特に木星との近接遭遇によって星間空間に放出されると思われる。 今のところ、宇宙探査機によって接近撮影されたケンタウルス族天体はまだないが、2004年にカッシーニ探査機によって撮影された土星の衛星フェーベは土星に捕らえられたケンタウルス族である可能性がある。過去にはハッブル宇宙望遠鏡がケンタウルス族の一つであるアスボルスの表面の特性を調査している。2010年にはニュー・ホライズンズ探査機がケンタウルス族天体クラントルと遠距離のフライバイを行なう予定である。.

新しい!!: 小惑星族とケンタウルス族 (小惑星) · 続きを見る »

ゲフィオン (小惑星)

フィオン (1272 Gefion) は、小惑星帯の小惑星。カール・ラインムートがハイデルベルクのケーニッヒシュトゥール天文台で発見した。 北欧神話に登場するアース神族の女神の一柱であるゲフィオンに因んで命名された。 ゲフィオン族の名前の由来となった。.

新しい!!: 小惑星族とゲフィオン (小惑星) · 続きを見る »

ゲフィオン族

フィオン族 (Gefion Family) は、小惑星帯(メインベルト)にある小惑星族の一つで、S型小惑星によって構成されている。 ゲフィオン族のメンバーは、おおむね以下の範囲内に固有軌道要素を持つ。 コアメンバーの接触軌道要素は以下の範囲内にある。 この小惑星族は、かつては (1) ケレス(小惑星帯で最大の天体)や (93) ミネルヴァなどを含むと考えられており、ケレス族またはミネルヴァ族と呼ばれていた。しかし、スペクトル分析によってそれら最大級のメンバーは他の大部分のメンバーとスペクトルのタイプが異なり、実は侵入者だったことが明らかになった。その他の侵入小惑星としては (255) オッパヴィア、(374) ブルグンディア、(2507) ボボネ、(2559) スヴォボダなども知られている。残されたメンバーのうちで最も若い番号を持っているのが (1272) ゲフィオンだったため、ゲフィオン族と呼ばれるようになった。 しかしながらこの小惑星族はかなり大きく、21世紀初頭に作られた固有軌道データベースからは766個(全体の約0.8%)が確認できる。 (2631) 浙江は直径34kmで、直径がほぼ確実にわかっているメンバーの中では最も大きい。ただし、より明るい (2911) ミアヘレナが0.025という同じ(非常に低い)アルベドを持っているとすれば、直径はおよそ47kmになる。 ゲフィオン族の小惑星の一覧はウィキペディア英語版を、ケレス族と呼ばれていた当時の一覧はを参照。 Category:小惑星族 Category:小惑星の軌道.

新しい!!: 小惑星族とゲフィオン族 · 続きを見る »

コロニス (小惑星)

ニス (158 Koronis) は、小惑星帯に位置するS型小惑星の一つ。 1876年1月4日にベルリン天文台でロシアの天文学者、ヴィクトール・クノールが発見し、彼が発見した最初の小惑星となった。ギリシア神話に複数登場するコロニスのいずれかから名付けられた。 この小惑星自体には際立った特徴はないが、コロニス族は最も大きな小惑星族の一つである。これに属する小惑星の一つ (243) イダはガリレオによって詳しく観測され、コロニス族の概観などが明らかになった。 光度曲線から作られたモデルによると、コロニスの形はイダに似ていて、イダよりも少し大きいと考えられる。 2005年12月13日、日本で掩蔽が観測され、大きさが推測された。.

新しい!!: 小惑星族とコロニス (小惑星) · 続きを見る »

コロニス族

光度曲線から推測されている(イダはガリレオによる撮影)コロニス族の小惑星の形状 コロニス族は小惑星帯(メインベルト)にある小惑星族であり、平山清次が発見した平山族のひとつ。20億年前に起きた二天体間の壊滅的な衝突によって形成されたものと考えられている。 これに属する小惑星の直径はおおよそ20 - 40kmの間であり、ひとかたまりにまとまって同じような軌道を周回している。それらの中で、年代が若い小惑星の群が確認されており、最も番号が若い (832) カリンにちなんでカリン族と呼ばれている。 1993年8月28日、探査機ガリレオによって同族の (243) イダが詳細に観測された。.

新しい!!: 小惑星族とコロニス族 · 続きを見る »

コンコルディア (小惑星)

ンコルディア (58 Concordia) は、小惑星帯に位置するC型小惑星である。1860年3月24日にドイツの天文学者、ロベルト・ルター (Karl Theodor Robert Luther) によりデュッセルドルフで発見された。ローマ神話の調和の女神コンコルディアにちなみ命名された。 2009年12月に茨城県から岡山県にかけての地域で掩蔽が観測された。.

新しい!!: 小惑星族とコンコルディア (小惑星) · 続きを見る »

ジュノー (小惑星)

ュノー (3 Juno) は太陽系の小惑星の1つ。より原音に近い形でユノーあるいはユノとも表記される。1804年9月1日にドイツの天文家カール・ハーディングがニーダーザクセン州のリリエンタールで発見した。 小惑星帯(メインベルト)に位置し、ケレス(2006年以降は準惑星)、パラスに次いで3番目に発見された小惑星である。ローマ神話の女神ユーノーにちなんで命名された。.

新しい!!: 小惑星族とジュノー (小惑星) · 続きを見る »

ジュノー族

ュノー族またはジュノー群 (Juno clump) は、(3) ジュノーの近くにあると考えられている小惑星族。 ジュノーは235kmもの平均径をもつ大きい小惑星であるものの、その形から衝突によって失われた部分があるのではないかと考えられ、このためジュノー群を成していると考えられている。 この群の類族と考えられる小惑星の中で明確に見えるものの中では があり、6kmほどの直径と考えられている。おそらくこれがジュノーに小惑星が衝突した際に飛び散った破片で構成された小惑星と考えられる。.

新しい!!: 小惑星族とジュノー族 · 続きを見る »

スペクトル

ペクトル()とは、複雑な情報や信号をその成分に分解し、成分ごとの大小に従って配列したもののことである。2次元以上で図示されることが多く、その図自体のことをスペクトルと呼ぶこともある。 様々な領域で用いられる用語で、様々な意味を持つ。現代的な意味のスペクトルは、分光スペクトルか、それから派生した意味のものが多い。.

新しい!!: 小惑星族とスペクトル · 続きを見る »

スペクトル分類

ペクトル分類(スペクトルぶんるい、spectral classification)は、恒星の分類法の一つである。スペクトル分類によって細分された星のタイプをスペクトル型 (spectral type) と呼ぶ。恒星から放射された電磁波を捉え、スペクトルを観察することによって分類する。恒星のスペクトルはその表面温度や化学組成により変わってくる。表面温度により分類する狭義のスペクトル型(ハーバード型とも)と、星の本来の明るさを示す光度階級 (luminosity class) があり、両者を合わせて2次元的に分類するMKスペクトル分類が広く使われる。.

新しい!!: 小惑星族とスペクトル分類 · 続きを見る »

スラミティス (小惑星)

ラミティス (752 Sulamitis) は小惑星帯に位置する小惑星。スラミティス族という極めて小規模な小惑星族を代表する天体である。1913年4月30日、ロシアの天文学者グリゴリー・ニコラエヴィチ・ネウイミンがシメイズで発見した。 旧約聖書のシバの女王とソロモン王に関する一節に登場する女奴隷にちなんで名づけられた。.

新しい!!: 小惑星族とスラミティス (小惑星) · 続きを見る »

冥王星

冥王星(めいおうせい、134340 Pluto)は、太陽系外縁天体内のサブグループ(冥王星型天体)の代表例とされる、準惑星に区分される天体である。1930年にクライド・トンボーによって発見され、2006年までは太陽系第9惑星とされていた。離心率が大きな楕円形の軌道を持ち、黄道面から大きく傾いている。直径は2,370kmであり、地球の衛星である月の直径(3,474km)よりも小さい。冥王星の最大の衛星カロンは直径が冥王星の半分以上あり、それが理由で二重天体とみなされることもある。.

新しい!!: 小惑星族と冥王星 · 続きを見る »

冥王星族

冥王星族(めいおうせいぞく、Plutino)またはプルーティノ族(プルーティノぞく)とは、冥王星と似たような軌道を持つ天体である。この族に属する天体は海王星と3:2の共鳴関係にあり、公転周期が海王星の約2分の3倍(243 - 253年)となる。冥王星族はエッジワース・カイパーベルトの内周部分を構成し、知られているカイパーベルト天体の約5分の1を占め、確実に92個の天体が存在し、他に104個の天体が存在する可能性がある。 冥王星とカロンを除くと、最初の冥王星族 (1993 RO) は1993年7月16日に発見された。 冥王星族に冥王星自身を含むことは(冥王星も軌道の性質が同じ為)便利だが、英語表記では plutino に「小さな冥王星」の意味があるために、含むべきではないという主張もある。.

新しい!!: 小惑星族と冥王星族 · 続きを見る »

火星

火星(かせい、ラテン語: Mars マールス、英語: マーズ、ギリシア語: アレース)は、太陽系の太陽に近い方から4番目の惑星である。地球型惑星に分類され、地球の外側の軌道を公転している。 英語圏では、その表面の色から、Red Planet(レッド・プラネット、「赤い惑星」の意)という通称がある。.

新しい!!: 小惑星族と火星 · 続きを見る »

衝突

衝突(しょうとつ、Stoß、collision)とは、運動している2つの物体が接触し、ごく短時間に撃力を相互に及ぼし合う物理的な現象。そこから派生して、相反する立場・利害などがぶつかって争いとなることも衝突と呼ぶ。.

新しい!!: 小惑星族と衝突 · 続きを見る »

角度

角度(かくど、measure of angle, angle)とは、角(かく、angle)の大きさを表す量・測度のことである。なお、一般の角の大きさは、単位の角の大きさの実数倍で表しうる。角およびその角度を表す記号としては ∠ がある。これは角記号(かくきごう、angle symbol)と呼ばれる。 単に角という場合、多くは平面上の図形に対して定義された平面角(へいめんかく、plane angle)を指し、さらに狭義にはある点から伸びる2つの半直線(はんちょくせん、ray)によりできる図形を指す。平面角の角度は、同じ端点を持つ2つの半直線の間の隔たりを表す量といえる。2つの半直線が共有する端点は角の頂点(かくのちょうてん、vertex of angle)と呼ばれ、頂点を挟む半直線は角の辺(かくのへん、side of angle)と呼ばれる。また、直線以外の曲線や面などの図形がなす角の角度も、何らかの2つの直線のなす角の角度として定義される。より広義には、角は線や面が2つ交わって、その交点や交線の周りにできる図形を指す。線や面が2つ交わって角を作ることを角をなすという。ここでいう面は通常の2次元の面に限らず、一般には超平面である。 角が現れる基本的な図形としては、たとえば三角形や四角形のような多角形(たかくけい、polygon)がある。特に三角形は平面図形における最も基本的な図形であり、すべての多角形は三角形の組み合わせによって表現することができる。また、他にも単純な性質を多く持っているため、様々な場面で応用される。有名なものは余弦定理(よげんていり、law of cosines)や、三角形の辺の比を通じて定義される三角関数(さんかくかんすう、trigonometric function)などがある。余弦定理と三角関数は、三角形の角と辺の間に成り立つ関係を示したもので、これらの関係を利用して、三角形の辺の長さからある角の大きさを求めたり、大きさが既知の角から辺の長さや長さの比を求めることができる。このことはしばしば三角形の合同条件(さんかっけいのごうどうじょうけん、congruence condition of triangles)としても言及される。 物理学など自然科学においては、量の次元が重要な役割を果たす。例えば、辺の長さや弧の長さは物理量として「長さ」の次元を持っているが、国際量体系において、角度は辺の長さの比などを通じて定義される無次元量であるとしている。角度が無次元であることは、直ちに角度が単位を持たないことを意味しない。例えば角度を表す単位としてはラジアン(らじあん、radian)や度(ど、degree)が有名である。ラジアンと度の換算は以下の式によって示される。 また、ラジアンで表された数値は単位なしの数として扱うことができる。 角度に関連する物理学の概念として、位相(いそう、phase)がある。位相は波のような周期的な運動を記述するパラメーターであり、その幾何学的な表現が角度に対応している。位相も角度と同様にラジアンが単位に用いられる。 立体的な角として立体角(りったいかく、solid angle)も定義されているが、これは上記の定義には当てはまらない。その大きさは単に立体角と呼ばれることが多く、角度と呼ばれることはほとんどない。 以下、本項目においては平面角を扱う。.

新しい!!: 小惑星族と角度 · 続きを見る »

軌道傾斜角

軌道傾斜角(きどうけいしゃかく、英語:inclination)とは、ある天体の周りを軌道運動する天体について、その軌道面と基準面とのなす角度を指す。通常は記号 iで表す。 我々の太陽系の惑星や彗星・小惑星などの場合には、基準面は主星である天体、太陽の自転軸に垂直な平面つまり太陽の赤道面である。衛星の場合には基準面として主星の赤道面を採る場合と主星の軌道面を採る場合がある。人工衛星の場合には主星である地球の赤道面を基準とするのが普通である(人工衛星の軌道要素を参照)。 軌道傾斜角 iは0°≦i≦180°の範囲の値をとる。i.

新しい!!: 小惑星族と軌道傾斜角 · 続きを見る »

軌道共鳴

軌道共鳴(きどうきょうめい、orbital resonance)とは、天体力学において、公転運動を行なう二つの天体が互いに規則的・周期的に重力を及ぼし合う結果、両者の公転周期が簡単な整数比になる現象である。公転周期がこのような整数比になっている状態を尽数関係 (commensurability) と呼ぶ。尽数とは有理数の古い呼び名である。.

新しい!!: 小惑星族と軌道共鳴 · 続きを見る »

軌道要素

軌道要素(きどうようそ、英語:orbital elements)とは、惑星や彗星、あるいは人工衛星のようにある天体の周囲を公転する天体の運動する軌跡(軌道)を指定するために使用されるパラメータである。 ある天体が重力によって公転する場合、その軌道は重力源となる天体を1つの焦点とする二次曲線を描く。二次曲線の形状を指定するためには、2つのパラメータが必要である。 また、さらにその軌道が存在する平面を指定するために2つのパラメータが必要である。その平面上での軌道がどちらの方向を向いているのかをさらに指定するために1つのパラメータが必要である。 それから、天体がある時刻に軌道上のどの位置に存在するのかを指定するために、少なくとも1組の時刻と軌道上の位置のデータが必要である。 天体の軌道の決定とは、その天体の観測位置をもっとも良く説明できる軌道要素を導き出すことである。軌道の形状、平面、向きを定める5つの独立したパラメータを求めるためには、5つの独立した観測データが必要である。1回の観測で赤経、赤緯の2つの独立した観測データの組が得られる。そのため、軌道の決定には少なくとも3回の観測が必要である。しかし短期間の間の3回の観測では誤差が大きくなる。 パラメータにはいくつかの選び方があり天体の種類などによって使い分けられている。.

新しい!!: 小惑星族と軌道要素 · 続きを見る »

軌道長半径

軌道長半径(きどうちょうはんけい、英語:semi-major axis)とは、幾何学において楕円や双曲線のパラメータを表す数である。.

新しい!!: 小惑星族と軌道長半径 · 続きを見る »

離心率

離心率(りしんりつ)とは、円錐曲線(二次曲線)の特徴を示す数値のひとつである。.

新しい!!: 小惑星族と離心率 · 続きを見る »

速度

速度(そくど、velocity)は、単位時間当たりの物体の位置の変化量である。.

新しい!!: 小惑星族と速度 · 続きを見る »

核 (天体)

核(かく)は、天体の中心部分の構造。中心核(ちゅうしんかく)文部省『学術用語集 地学編』 日本学術振興会、1984年、ISBN 4-8181-8401-2。とも。惑星・衛星・恒星などの核はコア (core) とも言う(彗星・活動銀河の核は英語ではnucleusであるため、コアとは言わない)。.

新しい!!: 小惑星族と核 (天体) · 続きを見る »

母天体

母天体(ぼてんたい)は、流星群を生む流星物質を放出している天体である。母天体は、周期彗星か、最近まで彗星だった小惑星である。母天体が彗星の場合、母彗星とも言う。 彗星が太陽に接近すると、水などの揮発成分にともない、大量のダストが放出される。ダストが放出されるのは太陽に近づいたときだけだが、ダストは彗星とわずかに相対速度を持ち、軌道全体に広がり、ドーナツ状に分布する。これがダストトレイルである。地球がダストトレイルを通過したとき、流星群が見える。 母天体が長く現在の軌道を回っていると、ダストはダストトレイル全体に広がり、毎年安定した流星群が見られる。逆に、現在の軌道をあまり回っていないと、ダストは彗星の前後にしか存在せず、彗星の通過とほぼ同時に地球がダストトレイルを通過しないと、活発な流星群が見られない。ジャコビニ・ツィナー彗星が母天体のジャコビニ流星群、テンペル・タットル彗星が母天体のしし座流星群がこの例である。 長い時間がたつと、短周期彗星は揮発性物質を使い切り、小惑星になると推測されている。ふたご座流星群の母天体であるファエトンは、(天文学的時間スケールで)つい最近まで彗星だったと思われる。このような天体は、彗星・小惑星遷移天体 (CAT) に分類される。 流星群の名前は通常、放射点の星座(しし座流星群など)や近くの星の名前(みずがめ座η流星群など)である。これは、母天体の発見より先に流星群が観測されたからである。しかし、ジャコビニ流星群は例外的に、母天体ジャコビニ・ツィナー彗星(旧称ジャコビニ彗星)の名で呼ばれる。これは、先に彗星が発見され、その後、木星の重力で軌道を変え、地球の軌道と交差し、流星群が見られるようになったからである。 なお、流星になっていない、宇宙空間で採取したダストについて「母天体」と言うことがある。.

新しい!!: 小惑星族と母天体 · 続きを見る »

池禅尼 (小惑星)

池禅尼(いけのぜんに、4945 Ikenozenni)は、小惑星帯にある小惑星である。軌道の離心率が比較的大きい。ヴィンチェンツォ・ザッパラは小規模な小惑星族を代表する天体に位置付けている。 1987年9月18日、鈴木憲蔵と浦田武が愛知県豊田市で発見した。.

新しい!!: 小惑星族と池禅尼 (小惑星) · 続きを見る »

河南 (小惑星)

河南 (ホーナン / かなん、2085 Henan) は、小惑星帯にあるL型小惑星。ヴィンチェンツォ・ザッパラは小規模な小惑星族を代表する天体としている。 1965年、中国・南京市の紫金山天文台で発見された。.

新しい!!: 小惑星族と河南 (小惑星) · 続きを見る »

準惑星

ン(右) 準惑星(じゅんわくせい、dwarf planet)とは、太陽の周囲を公転する惑星以外の天体のうち、それ自身の重力によって球形になれるだけの質量を有するもの。国際天文学連合(IAU)が2006年8月24日に採択した第26回総会決議5A(以下、決議5Aと略)の中で「惑星」を再定義した際に、同時に定義された太陽系の天体の新分類である。.

新しい!!: 小惑星族と準惑星 · 続きを見る »

木星

記載なし。

新しい!!: 小惑星族と木星 · 続きを見る »

海王星

海王星(かいおうせい、Neptunus、Neptune)は、太陽系の太陽に近い方から8番目の惑星である。太陽系惑星の中では最も太陽から遠い位置を公転している。名称のNeptuneは、ローマ神話における海神ネプトゥーヌスにちなむ。.

新しい!!: 小惑星族と海王星 · 続きを見る »

摂動 (天文学)

重力シミュレーターによって計算された水星(赤)、金星(黄)、地球(黒)、火星(ピンク)の軌道離心率。2007年を0として5万年後まで計算。左側の目盛りは地球と金星の離心率を、右側の目盛りは水星と火星の離心率の値を示している。 摂動(せつどう)は、天文学の用語で、ある天体とその母天体(例えば恒星と惑星、または惑星と衛星)の作る系に対し、外部の物体との重力作用によって、その軌道が乱されること。太陽系では、彗星の軌道が特にガス惑星の重力場によってしばしば乱される。例として、1996年4月に木星の重力によって、ヘール・ボップ彗星の軌道周期は4206年から2380年に減少した。 惑星の継続的な摂動は軌道要素に小さな変化をもたらす。海王星は天王星の軌道の摂動の観測に基づいて発見された。金星の軌道は現在、惑星の中で最も円形の軌道であるが、2万5000年のうちに地球は金星より円形の軌道に、つまり軌道離心率がより小さくなるだろう。 その他、摂動の自然原因として、他の彗星、小惑星、太陽フレアなどがある。人工衛星では、空気抵抗や太陽輻射圧が原因となることもある。.

新しい!!: 小惑星族と摂動 (天文学) · 続きを見る »

1 E16 s

1016 - 1017 s(3億2000万 年 - 32億 年)の時間のリスト。.

新しい!!: 小惑星族と1 E16 s · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »